ダイバー@TRPG休業中さんの詳細

ダイバー@TRPG休業中さんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

自己PR

■自己紹介

現在、諸事情によりTRPGを休んでいます。

★映画ファンにして、物語重視派のPL、GMです。

★中身は、ポール=ヴァーフォーベン的フェミニストのアラフォーのおっさんです。

★Twitterアカウントはありますが、役に立たないつぶやきが多いので、無理にはフォローしないで下さい。
@mplsRaTWUjReKW5

■アイコンゆめの。様より
探索者「大泉 風助」から

■2019年の方針「日記より抜粋」
★私のオンセン登録の2018年4月から12月までの自分の卓の参加、開催を数えてみますと、PL参加は18回、GMは10回。計28回を9ヶ月で割ると、1ヶ月の参加は3回。
忘年会や定例会は除いた回数のため、自分のゲームとライフバランスを考えると、1ヶ月に出来る卓の数はこれが上限。

★私の場合は、これを超えると生活のどこかしらに歪みが出るので、1年で考えて、3×12=36回。

★優先順位として、私には動画を作成する技術は無いので、zoomを使用して、録画録音したセッションを、卓の参加者にプレゼントすると共に、シナリオ作成者の許可を得た上で、youtubeにアップする事に専念する事にします。なので、卓の比率は、GMがメインになります。

★COCについては、私はシナリオ「蒼穹」(青井様作)が好きになってしまったので、このシナリオを2019年も回します。これはこのシナリオの良さを、もっともっと多くの方に知って頂きたいからです。

★ゆうやけこやけの卓も開きます。ゆうやけこやけについては、不慣れながらも卓を開いた事がきっかけです。
ゆうやけこやけのプレイ動画は数が少なく、世界観に興味があってルルブを買ったのは良いけれども、遊び方が分からず、積みルルブになっている、潜在的なプレイヤーが多いと考えているからです。
潜在的なプレイヤーを、遊べるプレイヤーにしていくためには、動画の量が必要なため、ここを増やす事にしたいと思います。

★卓の参加者の募集方法として、野良募集は2019年もしません。
「物語を一緒に紡ぐ事が出来る方」と思われる方に、直接的にお声がけをしたり、参加したいと言う希望があった方、日記などで反応があった方、日記を見て興味を持った方、トピックなどの書き込みを見て興味を持った方、これらの方を中心にお誘いし、卓を成立する形を取ります。

★セッションを録画、録音をすると言う事は、プレイングやマスタリングの確認が出来る。
セッションが記憶だけでは無く、記録として残る事で参加者全員の財産として残る。
YouTube などにあげる事により、プレイヤー人口を増やす事が出来る。
シナリオ作成者に喜ばれる。
などなどが有ります。
大人が貴重な時間を使ってゲームをする以上、一石一鳥ではなく、三鳥、四鳥も狙っていきたい。以上の事を考えております。


■オンラインボイスセッションは、これからはzoom

★zoomは音質・声質・安定性に優れており、オンラインセッションの主流になると思います。またセッションの様子を録画・録音が出来ますので、参加される方により楽しい時間を過ごして頂くとともに、記録としてセッションを財産にして頂きたいと思います。

★物事の優先順位として、TRPG業界全体のてこ入れとして、業界全体がユーザーからのフィードバックを集める事をほとんど行っていないため、フィードバックを集める意味や、業界とプレイヤーをつなげる意味、そしてシナリオ作成者などのクリエイターとプレイヤーをつなげる意味でも、今はzoomを広げる事が優先と考えおります。



【回せるシナリオ】
クトゥルフ神話TRPG 「蒼穹」(青井様作  ダイバー改変版)
クトゥルフ神話TRPG「ロッカー」
クトゥルフ神話TRPG「灯篭流し」
クトゥルフ神話TRPG「水底に沈みし想い」(さといも牧場様作 ダイバー改編版)

ゆうやけこやけTRPG 
シナリオ集「神立」より
「きみの手のひらで」
「嵐を食らうおおかみ」

シナリオ集「想緋沢」より
「薄紅の幽かな呼び声」


【好きなシナリオの傾向】
COC・・・善悪の価値観を揺さぶり、心に傷を残すもの

____________________________

【クトゥルフ神話TRPG 自卓ハウスルール (2018年9月17日更新】

■基本ルールブックを所持されている方に限らせて頂きます。

■スペシャルはクリティカルと同じように扱います。

■シナリオクリアの技能成長について
シナリオのクリアに応じた、成長ポイントを差し上げますので、使用した技能・使用しなかった技能に関わらず、技能成長のポイント内で使用してください。

■シナリオクリアによるSAN回復
そのシナリオに適したと思われるポイントを差し上げます。そのポイント内で回復をしてください。

■継続探索者の参加は、応相談です。

■新規探索者の場合の作成は、100ポイントを、STR、CON、POW、DEX、APP、SIZ、INT、EDUに振り分けて下さい。
POWの最低値は9。EDUの最低値は社会人であれば11。その他の最低値は6で、作成して下さい。

■新規探索者の作成の技能の上限は80にて作成下さい。継続探索者で、80を越えている技能は、80にて判定ロールを行います。重要な情報は技能判定の成否に限らず、提供はしますし、探索技能失敗によりクリア不可能になる様なキーパリングは致しませんので、ご安心下さい。

■呪文やアーティファクトの持ち込みは禁止とさせて頂きます。

■「シナリオの世界観に合っていない」「リアリティが無い」「他のPCと協力してプレイが出来ない」と、私が判断したPCを提出される方は、参加をお断りする事があります。

■「TRPGのセッションの目的が、KPや他のPLと協力して物語りを作っていく」という事の理解が無く、シナリオの進行の最中、他のPLに迷惑を掛ける行為および、シナリオを破壊する様な行動を取られる方には、途中退場して頂く事もあります。予めご了承下さい。

ダイバー@TRPG休業中さんの日記を全て見る

ダイバー@TRPG休業中さんが答えた100の質問を見る

ダイバー@TRPG休業中さん主催のセッションを見る

ダイバー@TRPG休業中さんが参加申請したセッションを見る

ダイバー@TRPG休業中さんの立てたトピックを見る

スケジュール

060606060606060606060606060607070707070707070707070707070707070707070707070707070707070707080808080808080808080808080808
171819202122232425262728293001020304050607080910111213141516171819202122232425262728293031010203040506070809101112131415
(曜)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)
                                                            
                                                            
                                                            

スケジュール・メモ

5月より無期限休業致します。

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

所持するルールブック (6)

ダイバー@TRPG休業中さんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

ダイバー@TRPG休業中
2019/06/14 12:35[web全体で公開]
😆 オンセン三周年おめでとうございます
諸事情により、TRPGセッションから遠ざかっておりますが、オンセンのおかげで、素晴らしい作品を作ることが出来た事。加えてその作品により、シナリオ作成者の方にも、恩返し事が出来た事。
重ねてお祝いを申し上げます。

私にとっては、TRPGは、人のリアルに良い影響を与えるために存在するものですので、まだやることはあるのですが、それを念頭において、TRPGと接していきたいと思います。

皆様も良いセッションを。
 25
ダイバー@TRPG休業中
2019/06/09 18:08[web全体で公開]
😲 ゆうやけこやけ 「薄紅の幽かな呼び声」 録画公開
しました。
セッション自体はやっていないものの、過去に撮った録画の編集などがあり、連絡などで相変わらず、ログインはしておりますが、こうして形として残せる事が出来、ありがたい限りです。

黒兎そよ様作 シナリオ集「想緋沢」より「薄紅の幽かな呼び声」(2019/5/02 セッション)

  https://youtu.be/2Nuhn1monYU   
 15
ダイバー@TRPG休業中まる=チーズ。
2019/05/28 16:40[web全体で公開]
> 日記:グチか自己嫌悪か反省かわからないので畳みます。

断ることは大事だと思います。
まるさんは、気に病む必要は無いと思います。
ダイバー@TRPG休業中
2019/05/28 12:46[web全体で公開]
😆 蒼穹9回目を振り返ります①
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 8
チハダイバー@TRPG休業中
2019/05/26 20:45[web全体で公開]
>ダイバーさん 
コメントありがとうございます!
■困った時はフードを使う。
■予め、各PC一人一人に見せ場を用意しておく。

なるほど、「フードを使う」は眼から鱗でした!

過去のセッションを振り返ってみると、PL/PCをパーティーとしてまとめる/絡める/絡んでもらうとき、とっさに「食」系を使って、結果的に上手く動いた記憶が確かにあります(!?)。 その時は特に意識せずに、そのまま進行させて終わっていましたが、手法として「フードを使う」と言葉にすると、なるほど合点です。ありがとうございます!

もう一点、各PCお一人お一人に「フック」をもたせて見せ場を用意しておく。これも、確かにそうですね、な・る・ほ・ど、と腑に落ちました! 実のところ、これまで、既成品の読み込みに傾注しすぎた際は、実際のPC/PLの皆さんの側からの視点が欠落してしまいがちでした。今後、毎回のセッション準備のルーティーンとして、その回の各PCの「フック」を押さえておこうと思います! ありがとうございます!
ダイバー@TRPG休業中チハ
2019/05/26 12:15[web全体で公開]
> 日記:むー

全然違っていたら、申し訳ないのですが、私がやっている事を書かせて頂きます。

■困った時はフードを使う

冒頭や序盤のシーンで、PC全員で食事を取るシーンを作る。
これによって、初めて顔を合わせたPL同士でも、ロールプレイがしやすくなるのと、何をどう食べるかで、キャラクターの演出がしやすくなり、PL間の緊張もとりやすくなります。

ラストの決戦の直前に、ガムをみんなで分け合って食べても良いですし、きつけに酒を回し飲んで、ひとこと言せるだけで、PC同士が盛り上がると思います。これはフード理論というもので、映画やフィクションの演出で多用されている理論です。

■予め、各PC一人一人に見せ場を用意しておく

シナリオをそのまま回すのではなく、改編して回しているのですが、PC1にはこのNPCを予め顔見知りだった事にする。PC2には、NPC2が絡んでいくようにする。一番初めに異常事態に気がづくのはPC3にする。など各PCが活躍できるシーンや演出を用意しておくと、皆、喜ばれますよ。

御参考になれば幸いです。良いセッションを。
ダイバー@TRPG休業中
2019/05/23 20:00[web全体で公開]
🤔 お休みと、作業の進行状況 (関係者のみなので畳みます)
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 11
ダイバー@TRPG休業中カカオ@指揮官
2019/05/17 18:28[web全体で公開]
> 日記:ボイセ、振り返って

カカオさんの声、聞き取りやすくて、とても良いと思いますよ。
KPの私の話が、一番聞き取りにくいです(苦笑)
ダイバー@TRPG休業中
2019/05/16 21:18[web全体で公開]
😆 フード理論を使う意味 
5月から無期限休業という事で、5月12日にラストのセッションである蒼穹9回目(青井様作 ダイバー改編版)を回させて頂きました。過分なほめ言葉を頂き、恐縮ですが、卓の感想は、録音を聞きなおしているので改めて書かせて頂きたいと思います。
そして、今まで録音、録画チェックに手を付けられなかったセッションも、時間が取れましたので、順次作業をさせて頂きます。お待たせして申し訳ありませんでした。

今回の卓は、私も参加者の方から、感想を頂くまで、回数を重ねているので、かえって気が付かなかったのですが、フード理論が効果的に働いた回でもあり、締めくくりとしても、素晴らしい完成度になった回でもありました。

フード理論については、何回も日記で取り上げていますが、元々は、お菓子研究家の福田里香さんが、映画やフィクションを分析するための理論で、食べ物(フード)描写を使って、登場人物を分析するための理論です。

簡単に言えば、
善人はフードを美味しそうに食べる
悪人はフードを粗末に扱う
聖人は自分が食べるより先に、家畜やペットにフードを与える

というものです。

こう言われれば、簡単に聞こえる事ですが、実際のセッションで、この理論を使ってマスタリングをされているGMは、どれくらいおられるのかは分かりません。

なぜかと言えば、シナリオを回していく時に、実際の旅行ではあるまいし、PCは別に腹が減るわけではありません。食わなかったって、HPやMPが減るわけではありません。
そして、COCなら、クローズドの空間であれば、そもそも食べ物自体が無い事もあります。
ゆうやけこやけだって、別に食べ物が必要不可欠という訳でもない。

そして、もともとの映画だって、登場人物に物を食べさせれば、俳優の口の中が見えてしまう事もある訳です。

しかしそこでなぜ、食べ物を食べる描写を入れる必要があるのか。

それは食べ物を食べる描写を入れる事によって、効果的に登場人物の特徴や性格を演出する事が出来るからです。

スタジオジブリの映画の登場人物達が、何をどのように食べているのかについては、皆さん覚えがあるのではないでしょうか。
最近の映画でも、記録的ヒット作品となった、アベンジャーズ・エンドゲームでは、なぜ作戦会議をする時に、あるキャラクターはサンドイッチを食べているのか。そのキャラクターは何を求めていたのか。
作戦会議をするのに会議室でも良いのに、どうしてファミレスで食べているのか。その結果何が起こったか。
失意のために暴飲暴食を繰り返したキャラクターが現状どうなったのか。などが描かれています。
これは、フード理論の応用編といったところでしょう。ルッソ兄弟恐るべしです。

キャラクターが、どこで、何を食べて、何を飲んでいるのか、これは言葉で説明されるよりも、もっと明確にキャラクターを語る要素になります。

私の場合は、割と冒頭に、PC全員で食事をするシーンを盛り込みます。これは食事をする事を通じて、各PC、NPCの性格が出るのと、ロールプレイが苦手な人も、それを通じてロールプレイを行う事によって、プレイングをしやすくする意図があります。

TRPGとは言え、全てを言葉で説明すると、野暮ったくなりますし、GMや、人の説明をずっと聞いているのは、退屈な時もあります。ですのでこのような形で自然に、互いの性格などを把握しやすくすると、それが後の展開に、効果的に効いてきます。

マスタリングが上手くいっている方は、そのままで良いと思いますが、壁にぶつかっている方や、まだ試していない方は、フード理論を使う事によって、PCやNPCをより生き生きとさせる事が出来ると思いますので、おすすめ致します。
 15

過去のタイムラインを見る