シナリオセット【クトゥルフ神話TRPG】<第二話>残酷な天使のガーゼ[究極のパンツサーガ]の内容

基本情報

pomaシナリオセット  1
登録日:2020/05/15 17:37最終更新日:2020/06/01 05:47

タイトル: <第二話>残酷な天使のガーゼ[究極のパンツサーガ]
TRPGシステム: クトゥルフ神話TRPG
適正プレイ人数: 3~4人
適正レベル: 1~2レベル
概要:
シナリオ 館で起きた殺人事件。 奇妙な石像。 果たして、今度こそ彼女を蘇らせられるのか?
 いいね!  1

目次・解説など及びシーン情報

下の「クリックで開く」を押して閲覧できる内容はネタバレになります。

(▲ クリックで閉じる ▲)

目次・解説など:

みてんの病室に新聞が置かれている。
新聞には、秘境鈴村にて秘宝発見!という見出しが。
秘宝天使のガーゼには、死者でもハゲでも、なんでも治す不思議な力があると言う。
探索者求む!と小さく書いてあるのが見える。



行ってみようか。
村にたどり着くと、あなた達以外にも胡散臭いなぁと思う連中がいます。
フリーターらしきと、だいすこさむれぇたちと嫌な感じの学者です。

いかない。
行かない場合、電話がかかってくる。
上桐の声で、天使のガーゼについて聞かせてもらえる。
もしかしたら未天を救えるかもしれない。
いかずにはいられなくなってしまうでしょう。

村につくと、奥まった所に大きな屋敷が見えます。
村人に話を聞くと、わるいことはいわねぇから、あそこに行くのはやめない。と言われます。

屋敷に行くと、恰幅の良さそうな男とボロボロの服装の召使が出迎えてくれます。

「ようこそおいでくださいました。我が名は、富竹太郎。この屋敷の主にして、天使のガーゼの所有者!」
「本日は特別に、天使のガーゼを見せてあげるとしましょう」

館の奥に行くと、巨大な象がありました。
それは骸骨のようなもので、不思議と吸い寄せられるような魅力があります。
「どうです?素晴らしい彫刻でしょう?」
さわさわと「さっさと魔法を見せろよ」といった雰囲気になると、ボロボロの召使を呼びつけて、全力でパンチして殺します。

脈が止まったことを適当な誰かに確認させると、
「たまっしぃいぃ、のルフゥーーラァン!(文言変更は自由)」と、叫び出します。
すると、像が怪しげな光を放ち、
脈を確認しに行った人の体力が1d5削られます。
削られた分だけ回復して、召使は蘇ります。
SANチェック
削られた人は失敗で1d5成功で0
その光景を目撃した人は失敗で1d9成功で1

「…これが、この彫刻の真の力です。誰か道中で怪我をした人は、居ませんかな?ああ、持病のある方でも良いでしょう。私がこの力で直して進ぜよう」
とても得意げです。
交渉系技能で振っても手放す気はないようです。

部屋の外に出ると、大雨が降っていて館から出ることができません。
「……ふむぅ。これでは仕方ない。皆様、今日のところは私めのこの屋敷にお泊まりください。」
「…おい!部屋をご用意するんだ!」と召使に怒鳴ります。


フリーター、学者、だいすこさむれぇたちと会話ができます。
フリーター 右腕にアザのような紋章が付いている
「おれの名はジョン=ウィンガード。よろしく…へへへ」
      「なんだよ。偽名だろって?当たり前だろ、これから俺は世紀の大泥棒になるんだから、な」
                      「アレはあんなクズやろーの手には置いておけないぜ。まさか本物だとは思わなかったけど」伏線
学者「アレは、きっとインチキです」
   「召使の彼女。・・・彼女は、私が助けて進ぜましょう」
            「私は、幼い頃娘を誘拐事件に巻き込まれてしまいましてね。だからなんでしょうか、彼の行動はとても・・・。なんにせよ、彼は許しがたいです」 
だいすこさむれぇ「実は僕たち、雇われの身なので。金さえ積んでくだされば、なんでもします。騙して悪いな」
「こいつのなまえはりんごろう」
「ここに来た理由?教えられんよ」有益な情報は無し

しばらくすると、お食事の時間になります。
食事中しばらくして、屋敷の主人はばたりと倒れ、泡を拭いて死にます。

召使は厨房にいます。
厨房を調べると、
助けを呼ぼうと村に降りようとすると、もう遅いからと召使は引き留めようとする

無理やり村へ降りると、死屍累々、死山血河が積まれている。

逃げる事はできないと強く念じられ、足が動かない。

家主の部屋には日記、最近自分でやったシナリオの思い出を書いたものと、いくつかの冒険の果てに天使のガーゼを手に入れたこと、自分は犯罪者だから、表舞台には立たないが政治家を操ればいい感じに勝ち組になれるんじゃないかと考えてあるのが書かれている。魔導書:お手製封印シール帳が手に入る。


召使の部屋には、避妊薬とボロボロの女児用の服が隠されている。
日記的なものには、力を手に入れた、殺人してやる殺人してやる…と書かれている。

それを学者に見せると、召使と2人きりになろうとする。特にその様子を隠すことはないが、なぜかまでは言ってくれない。

とにかく、2人きりになる学者と召使の会話が始まるタイミングは探索者がそれぞれ行動した後。

会話の内容は、
学者「君は、私の娘の。……央美、だね?」聞き耳必須
 召使 「…そんなわけ…そんなわけ…そんな…」
「大丈夫だ。一緒にここから出よう。あんな奴は死んで当然だったんだ」
「それと、すまなかった。今まで見つけてやれなくて…」
召使「…………」召使が、一瞬だけ学者の手を握り、突如召使は全てを焼き付けくす暴力へと姿を変える。
戦闘です。
その場にいなくても、屋敷の天井と床をぶっ壊して一緒くたに戦闘シーンにしてしまいます。
ここでフリーターが、拳銃を抜き、ナイフを抜き、CQCをキメます。
成功で1失敗で2d4のSANc

全てを焼き尽くす暴力(偽)戦のあとフリーターが、「ここらで別れだ。今度会うときは多分お前たちのことを覚えてないから。そのつもりで。」

天使のガーゼとの契約
天使のガーゼがある場所に行くと、異形の天使が「yo!まってたぜ。・・・どうだ、俺の力を完全に取り込めば、お前たちが倒したあいつ以上の力を手に入れられるし、それに。毛根絶滅病でも意識不明の重体でもなんでも治してやれるぜ?」

契約をする  デメリット:月一で誰かを食べなくてはいけなくなる。
「天使の力」 相手の身体を自由に弄れる。メタリカするにはpow、肉体労働等をさせる場合はINTを消費する。
「残念な天使」 対象に体力を1d10吐き出す
「残酷な天使」 肉体が強化される。30ポイントもらえる。そのポイントを全ての能力値に自由に降ってよい。mpを3消費する。
「心無い天使」 対象の体力を1d10吸い込める


未天の目覚め
天使のガーゼを使うと未天は目覚める。
「・・・ふふぁ~~あ。あれ、\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?・・・・いや、割と本気で」
などと、ふざけながら宅は終了する。
目覚めなかったばあいは、第8話(予定。とりあえずルート分岐する)へ。

クリア報酬
1d10のsan回復
親子を殺さなかった 1d6のSAN回復
契約を結んだ 1d2のmp上限増加
召使を殺さなかった 1d4の技能ポイント
学者を殺さなかった 1d4の技能ポイント
シーンNo. 種別/発言者 コマンド/説明

1

 

解説

システム

2

 

解説

システム

TRPG 人気 作品一覧 - DLsite 同人

シナリオセット一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだコメントがありません。