ログイン新規登録(無料)

シナリオセット【ダブルクロス】The Only Neat Thing to Do.の内容

基本情報

うみぜり

シナリオセット  1

登録:2018/09/04 11:01

更新:2018/10/18 15:00


タイトル: The Only Neat Thing to Do.
TRPGシステム: ダブルクロス
適正プレイ人数: 1~4人
適正レベル: なし
概要:
これはDX3rd初心者に対するチュートリアルを想定したシナリオである。 基本的にエンディングに分岐は無く、一本道で話は進む。 想定プレイ人数は1PL~4PL程度。ミドル戦闘は想定にいれていない。
 いいね!  1
ダウンロード

目次・解説など及びシーン情報

下の「クリックで開く」を押して閲覧できる内容はネタバレになります。

(▲ クリックで閉じる ▲)

目次・解説など:

●シーンナンバーについて
頭の書き出しだけ作ってある。あとは適当にやってほしい。


●ハンドアウト
全員共通で、「UGNから緊急のジャーム討伐依頼を受けた」程度の内容でいい。
PLが望むなら、PCにはそれぞれ個別のハンドアウトを適当にくばるといい。
ジャームにぶっ殺されて覚醒しただの、友人がジャーム化したので討たねばならないだのといったあたりが無難である。
 
●NPC
『UGNエージェント』 
PC達にジャーム討伐の依頼をするエージェント。
今後のセッションで、UGNに対するPC達の窓口ともなる人物である。
人物像は何でも良い。
公式NPCでも無論構わないので、GMが動かしやすい人物にするといい。
PLが不慣れな場合、このNPCを使ってプレイの手本を見せるという役割もある。
GMが慣れているなら、UGNエージェントのシートを新たに作り、それをNPCデータとして運用すると言う手もある。
適当に手持ちのPCを持ち込むのも手だが、あくまで手本が目的であり、PC自慢が目的になってはならない。

  
『ジャーム』 
今回のボス。典型的な衝動に押しつぶされたジャームであれば人物像は何でも良い。
助ける余地や会話の余地がありそうなタイプにすると、優しいタイプのPCは助けようとしてしまうので、
プレイを円滑にするためにも、どう見ても手遅れなタイプのジャームにする事を勧める。
(殺戮衝動が暴走して既に何人か手に掛けてしまっているなど)
このシナリオの目的はあくまでチュートリアルであるという事を忘れてはならない。
また、このジャームの描写はGMが「今後どういう雰囲気の卓にしたいのか?」という事を鑑みて行うと良い。
勧善懲悪にしたいのなら、オーヴァードでなければ討てぬ卑劣かつ獰猛な悪に。
異能者の悲哀を描きたいなら、望まぬ力を持ってしまった悲惨なジャームの末路に。
ギャグテイストにしたいなら、死んでも死なない春日恭二に……と、言った具合で好きなタイプのエネミーを選ぶといい。
 
  
●エネミーデータ
基本ルルブ記載のデータを適当に抜きだすだけでいい。
オススメは基本ルルブ2記載の「ジャーム:クラッシャー」に適当にHPを盛った物である。
PC人数×20点ほど追加で盛っておくといいだろう。
思ったより早く倒されてしまった場合は「蘇生復活」や「魔獣の証」などで時間を稼ぐ。
キュマイラは見た目からしてバケモノであるため、手遅れ感を出しやすい。
基本的にコンボの使い方と、「リザレクト」とロイスの使い方を戦闘では覚えさせたいと思われるので、
侵食率を手早く100%まで引き上げるために「加速する刻」や「増腕」などを持つのも悪くない。
装甲無視を持っているPCがいる場合はさらに「剛身獣化」などを盛っておく。
範囲攻撃やシーン全体攻撃を持つPCがいる場合は、トループの取り巻きも適当に付けると良い。
キュマイラ混じりのエネミーなので、トループは困ったら適当にジャームに支配された野犬だのなんだのとでも言い訳して、
データは「警察官」や「機動隊」などのデータをそのまま抜き出すだけでいい。
 
 
●オープニング
UGNエージェントからPC達にジャーム討伐を依頼する。
PC達にロールプレイの練習などをさせるためにも個別OPが望ましいが、
時間がない場合は手早くUGN支部などに集め、NPCからPC達に概要を説明してしまおう。
個別OPにする場合は、PCが望むなら、ジャームはPCの日常の知人などに設定してしまうのも悪くない。
OPでジャームに討たれた事でオーヴァードとして覚醒した、という導入なども良いだろう。
NPCと会話が終わったら、ロイスの取り方などもついでに教えておこう。
要件が済んだらさっさとPC達を移動させ、調査を開始しよう。
無論、PLが多少RPやPCの自己紹介に慣れているようなら、オープニングシーンは自由に演出して貰って構わない。
 

●ミドル
最低限与えるべき情報は、
 「ジャームは既に家族や友人を手にかけており、侵食率も高く、明らかに手遅れである」
 「ジャームの潜伏場所」
といったところ。
推奨技能は情報:UGNや情報:噂話といった定番で構わない。
目標値は7前後程度でいいが、基本的にはGMの好みである。
他の情報は好みで適当に付け足せばいい。
PCの数が増えるようなら、1PCが最低1回ずつ情報判定に挑戦できる程度までは、情報項目の数を水増しするといい。
調達判定に挑んで貰うという手もある。
ここで基本的な判定方法や財産点の使い方などをPLに覚えて貰おう。
PLが不慣れでシーンを作るのも覚束無いという場合は、最初にNPCが手本を見せて手解きをするといい。
ミドル戦闘を行いたい場合は、適当な感じでボスと遭遇して適当に殴り合い、
適当な所で「瞬間退場」などを使って適当に切り上げよう。
 
 
●クライマックス
ジャームの潜伏先に踏み込んだらクライマックスである。
衝動判定や一通りの戦闘ルールなどの大まかな流れをPLに覚えて貰おう。
 

●エンディング
ジャームを討伐したら無事エンディングである。
悲惨なタイプのジャームを討伐した場合、PCやPLが落ち込む事もあるので、
そういう時はNPCがPC達に労いの言葉をかけて、フォローをしてあげよう。
シーンNo. 種別 発言者 コマンド 説明

シーン.1 (解説)

システム

何でもない毎日の筈だった。
今日は昨日の続きでしかないし、明日も今日の続きでしかない。
そういう日常が続くはずだった。
それだけの日常のはずだった。
たった、それだけで……たった、それだけだからこそ……尊い、日常の筈だった。
 

だけど、それはもう、二度と――お前の手には、戻らない。
 

 
ダブルクロス 3rd Edition 『The Only Neat Thing to Do.』
 
ダブルクロス――それは裏切りを意味する言葉

シーン.2 (解説)

システム

――日本某所。
とあるUGN支部の管轄区にて、凶悪なオーヴァード事件が発生する。
内容は連続殺傷。犠牲者は延べ既に六人以上。
この犠牲者の中には下級のUGNエージェントも含まれている。
UGN日本支部は当該事件の犯人をジャームと断定。
そして、UGN日本支部は可及的速やかな事態収束を図る為――この事件の解決を、とあるオーヴァード達へと依頼した。

シナリオセット一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだコメントがありません。