幾年のこひ③

天使もがみ掲示板セッション[web全体で公開]  0
登録日:2019/05/11 17:59最終更新日:2019/05/11 17:59
幾年のこひ/ユーガタ様作
探索者の友人、苦ヶ原黄太(くがはらおうた)の依頼でいなくなった彼の娘を探しながら煮えたり煮えなかったり戦ったりする、大正 帝都を舞台にしたシティ系シナリオです。

セッション用掲示板の3つ目です。

通知に関してはオフに設定していますので、こまめにスレッドを確認いただけますと助かります…!
 いいね!  0

スレッド一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

コメント一覧

83. あーこ
2019/06/28 19:24
幸村「君はお腹が空かないのかい?映画もいいがキネマではお喋りができないからねぇ。
とりあえず食事にでも行って話そうじゃないか。」
とりあえず情報共有目当てで近場の食事処などを探してみます。
 いいね!0
82. 天使もがみ
2019/06/27 00:37
星子「竹ノ内様、僕を逢引してくださるの?それならキネマへ行ってみたいわ!」
星子は嬉しそうにニコニコしながらあなたの手を引きます。

しづめ「はい、わかりました」
と頷くと、しづめは苦ヶ原邸へ戻って行きました。
 いいね!0
81. あーこ
2019/06/23 11:15
幸村「お嬢さんの決意は固そうだが、恋がどういうものかまだよくわかっていないようだ。
相手に許可を求めるものでもないんだよ。
まずは俺のことを知った上でよく考えてごらん。
…さて、この辺りは夜になると物騒になるからね。
食事がてら移動しようか。
しづめさん、すまないが一旦君は戻って、苦ヶ原へ報告をお願いできるかな?」

ちゃっかり星子の手を取りつつ、しづめさんの安全確保を図っておきます。
さてどこに移動したものか…。
 いいね!0
80. 天使もがみ
2019/06/22 22:31
星子「私なら大丈夫よ、危ない事なんてないわ。それに素敵な恋ができるまでは絶対に帰らないって決めたの
竹ノ内様は、あたしと恋してくださる?」
星子はじっと竹ノ内さんを見詰めて問い掛けます。
彼女の決心は固そうなので、説得も難しいでしょう。
 いいね!0
79. あーこ
2019/06/22 22:08
幸村「なんだそんなことか。
調整がどんなものかはわからないが、何日も家にこもりきりなんて事がないよう、俺があいつを説得しよう。
夜は危険が多くなる。
俺は君に危ない目にあって欲しくないんだよ。」
と、目を合わせながら言います。
説得技能(70)でなんとか帰る気持ちになってもらえないかな。
 いいね!0
78. 0-53
2019/06/22 15:32
堂本(日没には何とか片をつけるか人気の無いところに誘導する必要があるな。)
 いいね!0
77. 天使もがみ
2019/06/22 13:12
星子「外へ行きたいって言っても、お父様は調整があるからって許してくれないんですもの。帰ったらまた外に出られなくなってしまうわ!」
と不満そうに言います。
喫茶店なら星子は喜んで着いて行きますね。

日没ならあと1時間くらいですかね
 いいね!0
76. 0-53
2019/06/21 16:52
堂本「ふむわかった。」日が暮れるまで後どれくらいですかね
 いいね!0
75. あーこ
2019/06/21 07:57
幸村「お転婆なお嬢さんはどうしてもお家に帰りたくないようだ。父親に何か嫌なことでもされたかな?
外は危険もあるから俺としてはお嬢さんには日が暮れるまでには安全なところに居てもらいたいんだがね…。
立ち話もなんだし場所をうつそうか。
堂本、ちょっときな臭いことになってきてな。
お前にも話があるんだ。」
と、近場の喫茶店へ移動を促します。
 いいね!0
74. 天使もがみ
2019/06/20 20:40
竹ノ内さん>
カガは知らない、とでも言うように視線を逸らしますがしづめは無言でこくこくと頷きます。
しかし星子はぷいっとそっぽを向きました。
星子「嫌よ、僕は絶対に帰らない。お話なら外でもできるでしょう?そうだ、お茶をするなら喫茶店に入るのもいいわ!」
 いいね!0
73. 0-53
2019/06/20 15:38
堂本(よ、よくできるな)驚いたような顔をしている
 いいね!0
72. あーこ
2019/06/20 12:19
幸村「恋がしたい、ね。
君は恋というものが何なのかわかるかい?
…いや、わからないからこそこうやって初めて会った者に頼むのだろう。
恋というのはね、お互いのことを知ることから始めるんだよ。
なぁ、そうだろうしづめさん?カガくん?

…まずは君のことをもっと教えてもらわなくっちゃね。
君のお家でお茶でもしながらゆっくり話さないか?可愛いお嬢さん。」
と、星子に手を差し伸べます。
 いいね!0
71. 天使もがみ
2019/06/20 01:17
堂本さん>
星子「でも…年上の男性ですし…」
と困ったように考え込みます

竹ノ内さん>
星子「あたしは恋がしたいんです!でも、堂本様には断られてしまって…」
星子はどこかしょんぼりしています
 いいね!0
70. あーこ
2019/06/17 09:12
幸村「俺は竹ノ内幸村。君のお父さんや堂本とは…なんというか、腐れ縁ってやつかな。
ずいぶん家族を心配させたようだが、お嬢さんは何をしていたのかな?」
 いいね!0
69. 0-53
2019/06/16 19:12
堂本「様付けなんてしなくていいよ、僕はそんなお偉い人間じゃないからね」
 いいね!0
68. 天使もがみ
2019/06/16 14:20
了解しました🙆🏻‍♀️

星子「えぇ、あたし星子っていうの!お父様と…それと堂本様ともお知り合いなのかしら?あなたのお名前は?」
 いいね!0
67. 0-53
2019/06/14 23:35
堂本「どうしたものかね、このままだと戻る気は無さそうなんだよな。」
 いいね!0
66. あーこ
2019/06/14 07:08
ってことは星子ちゃんAPP12くらいか…
子ども扱いしようかちょっと迷ってたんですが、幸村は星子を1人のレディとして扱う方向でいきます(。’ω’)

幸村「あぁ、苦ヶ原の言った通りだ。雰囲気でわかるよ。
君が星子さんかな?可愛いお嬢さん…?」
 いいね!0
65. 天使もがみ
2019/06/14 03:47
カガ「あぁ、もちろん」

では成功値は60ですね。このまま振りますー
●竹ノ内 幸村
<APP対抗>60→74(失敗)
 いいね!0
64. あーこ
2019/06/12 23:03
幸村「そうだな、その時は君も一緒に来てくれるか?」
と言いつつ、その辺りで牛込橋に到着します。

幸村「おーい堂本、しづめさん、待機ご苦労だったな。
…っと、そちらのお嬢さんはもしかして…?」
幸村からの対応を決めたいので、星子とのAPP対抗ロールを振ってほしいです←
幸村のAPPは14です。
 いいね!0