【CD&D】リプレイ「【Quest for the Silver Sword Ⅱ】(白銀剣の探索2)」

蘇民將來リプレイ  1
登録日:2017/03/25 23:31最終更新日:2017/03/25 23:31
<白銀剣の探索 中編> ※一部ネタバレを含みます
●シュバルツ(シャドウエルフシャーマン1Lv:C) COBRAさん
 アメコミの某社長のような個性派集団の纏め役。
●ウィンフリッド(シーフ1Lv:N) プロスペロさん
 全てを射抜くトリックスター。
●ターマ(マジックユーザー2Lv/ワーフォックス0Lv:N)朱理さん 
 泰山流の鞭使い?要所要所で大技を決める!
●アレーナ(クレリック1Lv:L)現人虫さん
 危機感知能力をフルに発揮し、最短経路を真っしぐら。
●アル(マジックユーザー1Lv: ) アルさんさん
 腕前を村長に見込まれ先発隊と合流
 <以上、参加順>
●レンチ (野エルフ1Lv:N) NPC
 麻痺してただけ・・・

GM/蘇民將來:強引な流れで申し訳ありませんが、
GM/蘇民將來:11の部屋で休憩を取っていた先発隊が
システム:キャラクターリストにアルが追加されました。
GM/蘇民將來:冒険再開後、入口付近に戻った際に、
GM/蘇民將來:アルさんを見かけ(村長に頼まれた話を伺い)合流と行った
GM/蘇民將來:感じで宜しいでしょうか
アレーナ:了解です
ウィンフリッド:仲間は多いに越したことはないですからね。了解です!
システム:キャラクターリストにレンチが追加されました。
朱理:了解です
COBRA:OK
GM/蘇民將來:で、アルさんに続いて説明を失礼します
GM/蘇民將來:レンチという赤いのが今いるところが入口で
GM/蘇民將來:この2の部屋で先発隊に合流(机の上に髑髏の蝋燭台が残っています
GM/蘇民將來:12の部屋(ゴミの山)まで歩いたと行った流れです
GM/蘇民將來:12の部屋の描写を改めて
GM/蘇民將來:この部屋は,かつては豪華なダンスホールだったようです が,いまでは生ごみと瓦礫でいっぱいです。精巧な細工を施し たシャンデリアがいまだに天井からぶら下がっていますが,そ の荘厳さはかすかに痕跡を残すの
GM/蘇民將來:残すのみです。
GM/蘇民將來:では、改めまして宜しくお願い致します
COBRA:よろしく
ウィンフリッド:よろしくお願いします!
アレーナ:よろしくお願いします
ターマ:宜しくお願いします☆
ターマ:(今日はマジックミサイル、スリープ一発ずつで~す
シュバルツ:この部屋って鼠を倒した後に探索ってしましたっけ?
GM/蘇民將來:どうぞ、Lv2ですからねぇ
GM/蘇民將來:はい
GM/蘇民將來:ネズミというより、漁ったのはゼリー状の大きな化物で
シュバルツ:あー、そうでした!
GM/蘇民將來:漁っている間に鼠が湧いた
ターマ:流石にネズミは何も持ってないかな
GM/蘇民將來:いかがします?
アレーナ:まあ奧に向かうのでよさそうな
ウィンフリッド:そうですね
ターマ:ターマ的にはダンスホールは嫌な思い出でいっぱいになったので、先に行きたいです!
シュバルツ:ダンジョンの掃除屋がいたにしてはあまり綺麗じゃない部屋ですし
シュバルツ:ぐずぐずしててワンダリングモンスターがでてくるのも
シュバルツ:というか、今回のコーラーは如何します?
GM/蘇民將來:>アルさん 前回、12の部屋にはゴミを漁るゼリー状の怪物が潜んでおりました
シュバルツ:引き続き私が引き受けますか?
ウィンフリッド:引き続きシュバルツさんにお願いできれば
アレーナ:ターマはそれに飲まれました。皆で必死に助け出しましたw<ゼリー
ターマ:シュバルツさんお願いします
シュバルツ:了解です。では先の部屋を聞き耳&インフラビジョンで
アレーナ:まあそれが手っ取り早い。お願いします。
シュバルツ:14の部屋を
ターマ:(溶ける前に助けてもらえてよかった
ウィンフリッド:14の部屋を聞き耳します
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d100) → 35 (35)
GM/蘇民將來:>アルさん インフラビジョンというのはエルフ・ドワーフなどが有する
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 4 (4)
ターマ:この前より怯えている為、みんなの陰に隠れるようにして聞き耳します
システム:ターマさんのロール(1D6) → 6 (6)
GM/蘇民將來:赤外線視野で夜目(暗闇でも温度等で)がききます
ターマ:「何も居ないよ…たぶん><」
ウィンフリッド:おなじく、何もいないと思いました
GM/蘇民將來:そして音を聞くのは1D6してみてください(画面左下のダイスです
GM/蘇民將來:1が出たら聞き取り成功となります
GM/蘇民將來:離席されてるのでしょうか
シュバルツ:隊列は私が先頭で次はどうしますか?
ターマ:レンチも聞き耳するんだ~
システム:レンチさんのロール(1D6) → 2 (2)
シュバルツ:AC低いアルを守る形でしんがりはレンチという感じ?
アレーナ:それでいいかと
GM/蘇民將來:こんな配置ですかね
シュバルツ:アルさん、「1d6」ってタイプしてもダイスがふれますよ
アレーナ:後ろはあくまで保険ですし。既に騒ぎは起こしているから実際のところ後ろから来る可能性はほとんどない。
シュバルツ:では明かりで14を目視しますか
GM/蘇民將來:では、話を勧めます
GM/蘇民將來:メモです
ターマ:おk
ウィンフリッド:おk
シュバルツ:OK
シュバルツ:カビは何色?
GM/蘇民將來:青・緑・城
GM/蘇民將來:白
シュバルツ:黄色でなければOK!W
アレーナ:OK
ターマ:倉庫だったのかな?空箱ばかりだけど
アレーナ:まあ気持ちはよくわかるがw<黄色
シュバルツ:先が続いてるのは判るけど13を潰しておかないと、背後が不安に
GM/蘇民將來:ターマの判断どおり、倉庫です50xpどうぞ
ターマ:わ~い
ウィンフリッド:13の部屋は気になりますね
アレーナ:可能性はあるが、構造的に「こんなところを倉庫にするのか?」とは思ったw
シュバルツ:13に聞き耳&インフラ
ウィンフリッド:シュバルツさんについていって、聞き耳します
GM/蘇民將來:インフラでみると、小動物がカサコソ
シュバルツ:鼠?
シュバルツ:サイズ的には
GM/蘇民將來:大きさ的には
GM/蘇民將來:ですね
GM/蘇民將來:聞き耳は
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 1 (1)
ターマ:おお~
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d100) → 74 (74)
シュバルツ:きこえた
アレーナ:生き物を相手にはしたくないが、どう見ても何かありそうな部屋ではあるんだよなぁ。
ウィンフリッド:一応降ってみましたがなにも聞こえませんでしたね
シュバルツ:カサコソだけ?
GM/蘇民將來:チューチュー鳴く声と
GM/蘇民將來:ですね
シュバルツ:扉が無いから、そっとじができないけど、明かりで見ていいですか?
ターマ:じゃあ灯りがかりもそっちに行きます
GM/蘇民將來:はい、ではメモを
シュバルツ:ドアが開かないのも困るけど、面倒な敵を遮断できないのも困りものだな
ウィンフリッド:メモおk
アレーナ:OK
ターマ:おk
アレーナ:残骸っぽいからあまり物はありそうにないか。
シュバルツ:OK
アレーナ:飛ばしちゃう?
シュバルツ:金庫のカギは何処だろう
アレーナ:15か16を見てから考えるとかw
シュバルツ:エルフの4人組もいないよねえ
ターマ:骨ばっかり…誰かお食事でもしたのかしら><
シュバルツ:先に15みますか
シュバルツ:鼠相手にしてダメージ貰っても、このレベルだと危ないし
ターマ:椅子も机も粉々なのかな
GM/蘇民將來:大きなベッドは散らかっているけど
ターマ:骨に触るのはなんだか嫌なので、シュバルツ達の方に向かいます
ウィンフリッド:おなじく
シュバルツ:「何」が食事した残骸なんだろう?けだもの系なフレンズ?
ターマ:あとでアレーナにお祈りしてもらっておこう
GM/蘇民將來:ワイルドかも
アレーナ:まあ今はもういないことを祈ろうw
シュバルツ:14もカビだらけだと物色する気が減るけど
シュバルツ:先に15確認しましょう。聞き耳&インフラ
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 3 (3)
ウィンフリッド:同じく聞き耳します
シュバルツ:無音
ターマ:15聞き耳お手伝い~
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d100) → 11 (11)
システム:ターマさんのロール(1D6) → 1 (1)
シュバルツ:お
GM/蘇民將來:インフラしなくても、とてつもなく寒いことが判る
シュバルツ:お
GM/蘇民將來:故に真っ青
ターマ:なんか聞こえた~
シュバルツ:呪いの根源かな?
アレーナ:さて気合い入れますかなぁ
シュバルツ:では明かりで目視
ターマ:冷蔵庫というより冷凍庫かなぁ
GM/蘇民將來:静かというよりは、大気が膨張して熱が奪われて
GM/蘇民將來:こちらに冷気が流れ込んでくる感じ
GM/蘇民將來:明かりで目視ということでメモ
ターマ:「なんか寒い~」
シュバルツ:熱で膨張するのが科学だが、まあ魔法なんだろうW
アレーナ:「これは」
ターマ:おk
ウィンフリッド:おk
アレーナ:ようやく出てきたかw<シルバーそーぞ
アレーナ:OK
シュバルツ:OK
GM/蘇民將來:熱は圧縮!
シュバルツ:呪いの剣?
ターマ:「あれが、呪いの原因って…氷漬けだよ」
GM/蘇民將來:冷凍サイクルでは、それが原則
GM/蘇民將來:話がそれましたが、未だ部屋の続きが
GM/蘇民將來:メモを
システム:キャラクターリストにBOSSが追加されました。
シュバルツ:圧縮されれば熱は高まるけど、熱に触れたものは普通は膨張する
ターマ:おk
ウィンフリッド:メモおk
アレーナ:OK
アレーナ:こんなところで活動して行けるのは、まあ生きていないものだわなぁ
シュバルツ:OK
GM/蘇民將來:どっこい生きてるw
ターマ:こんな中で生きてるって言うより、持ち主だから影響されないのかな?
シュバルツ:ビビビW
アレーナ:どうだろう。まあどのみち肉体言語で交渉するほかありますまい
シュバルツ:♪どっこい生きてる氷の~な~か~
GM/蘇民將來:まぁ、此処までの描写が判るくらい、皆さん部屋の中ということで
シュバルツ:コマンドワード使うより殴った方がいいかな?
シュバルツ:話を聴いてみたい気もするんだけど
GM/蘇民將來:彼は「ゆっくりと大きな声で」自分の名前がケシュートであると話し始めます。
ターマ:ふむふむ
GM/蘇民將來:そして2 年前にこの土地にやってきたと語ります。
シュバルツ:「私の名はシュバルツ。おくつろぎの所を失礼する」
ターマ:「こんばんは。私はおたまです
シュバルツ:(シュバルツは差別されたくないが故に差別もしない性格)
GM/蘇民將來:ケシュート「礼儀正しい者たちだな」と冷笑
アレーナ:私は黙っている。
ウィンフリッド:おなじく、状況を注視しています
アレーナ:相容れないということを本能が告げている
シュバルツ:「ここに4体ほどエルフが訪れた筈だが、既に隣室で食事の後と化しているものがそれだろうか?」
ターマ:(ひぃぃぃ><)
シュバルツ:(でも、エルフは4体呼ばわりW)
GM/蘇民將來:ケシュート「何を食べたか特に気にしてないのでね
ターマ:(食べたんか~~~
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D4) → 2 (2)
シュバルツ:「なるほど。好き嫌いがないのが、こんなところでも元気の秘訣と(苦笑)」
シュバルツ:あー
GM/蘇民將來:ケシュートは彼を崇拝するラットリングたちを,はるか彼方の土地(それ以上のことは言いません)から連れてきて,この廃墟を見つけて占領することにしたのです。
シュバルツ:援軍来る前に片づけちゃいますか
GM/蘇民將來:と自慢話
GM/蘇民將來:>シュバ 50xp
GM/蘇民將來:[
アレーナ:「ではこの寒波も貴方の仕業ですか?」
GM/蘇民將來:「ゆっくりと大きな声で」の真意
シュバルツ:だよねー
アレーナ:一応止め方も聞けるものなら聞いておきたい。
シュバルツ:確かに>止め方
GM/蘇民將來:研究室跡で見つかったさまざまな魔法の品の中に、鏡のように輝く氷で出来た剣があった。それを使って,ケシュートは氷の玉座を作り,剣を其の中に閉じ込めてしまいました。
GM/蘇民將來: そのことは思いがけない効果をもたらしました。この地域一体で冬の季節が永遠に続くようになってしまった。
ターマ:「冬が長すぎて、みんな困ってます。飢え死にしない様にもっと寒い場所を限定出来ないですか?この砦の中だけとか」
GM/蘇民將來:そして彼は現在,トーリンに住み着いている人間たちを一掃して,谷はすべて自分のものだと主張しようとしています。
GM/蘇民將來:ケシュート「こんなに素晴らしいものを止める必要など無い
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D4) → 3 (3)
シュバルツ:[]
ターマ:交渉決裂?
GM/蘇民將來:ケシュート「皆、凍え死ぬか、我々に殺されるかだ
シュバルツ:「部下を呼ぼうとしてるみたいだし、近所迷惑もこの辺にしといてもらおうか」
アレーナ:「民のいない地を統べて何の意味がありましょう。ラットリングをどれだけ連れてきたか知りませんが、彼らにとってもこの寒さは堪えるでしょうに」
アレーナ:「いずれにせよ見過ごすことはできません。やめないというなら止めるまでです」
GM/蘇民將來:>アレーナ 良いRPなので50xp
GM/蘇民將來:ただ、ケシュートを見ていて気がついたのは
GM/蘇民將來:彼が狡猾なのに加え
ターマ:「…ケシュートもラットリングなのかな」
ターマ:(人の差別はえぐいからなぁ
GM/蘇民將來:あたかも、この廃墟の嘗ての主が乗り移ったのかのような狂気も感じる
アレーナ:ああ。そういう可能性もあるか。
アレーナ:ではやりますか
GM/蘇民將來:イ・ニ・シ・ア・チ・ブですかね
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 4 (4)
ターマ:「差別されるのは辛いのは判るから、せめて、さっくりと葬ってあげよう」
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 1 (1)
シュバルツ:「仕掛けてきたか!」←イニシア負けただけ
ウィンフリッド:「まずいな、どうやら挟まれたようだぞ」
GM/蘇民將來:アレーナとウィンは後方の異変に気づく
アレーナ:こんな狭い場所で数の利など活かさせるものかよ
GM/蘇民將來:ケシュートは・・・
アレーナ:蓋をすれば一度に相手にするのは1匹で事足りる
ターマ:後ろの団体さんにスリープ打ちますよ~
GM/蘇民將來:錫杖を振りかざす
シュバルツ:魔法使うのかー
GM/蘇民將來:ターゲットは異形の二人のどちらか
GM/蘇民將來:123シュバ 456毛玉
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 6 (6)
シュバルツ:アルさん、こちらの手番になったらスリープ撃ってもらえますか
シュバルツ:毛玉イキロ
GM/蘇民將來:毛玉 麻痺セーブ
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D20) → 5 (5)
シュバルツ:凍らせてくるのか!
GM/蘇民將來:パタッ
アレーナ:ロッドだと……
シュバルツ:まじで!
ターマ:ねずみ男の始末が先か
GM/蘇民將來:後ろのラットリングは寄ってきて終わり
ターマ:アルさんにスリープ任せて、マジックミサイル撃つね
GM/蘇民將來:そちらの攻撃どうぞ
ターマ:勿論、ケシュートに向けて
システム:ターマさんのロール(1D6) → 5 (5)
ターマ:6ダメ
GM/蘇民將來:痛い
アレーナ:あとはタコ殴りよろしく
ウィンフリッド:ケシュートに弓を撃ちます!
GM/蘇民將來:アルさんは
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d20+3) → 12 (9)
ウィンフリッド:AC7までですね
GM/蘇民將來:いらっしゃらないようなのでスリープ撃ったという処理をさせてもらいます
システム:GM/蘇民將來さんのロール(2D8) → 11 (7、4)
GM/蘇民將來:ラットリング寝た
ターマ:おお~
GM/蘇民將來:では、シュバルツの取って置きどうぞ
シュバルツ:これで心置きなく
ターマ:これでボスに専念できますね
GM/蘇民將來:AC7だと惜しいです
アレーナ:ふむ
シュバルツ:詰めちゃいましょうW
アレーナ:ではケシュートに攻撃
GM/蘇民將來:どうぞ
アレーナ:じゃないか。今回は詰めるだけかな
アレーナ:ああ。できるのか
システム:アレーナさんのロール(1d20+1) → 12 (11)
GM/蘇民將來:プレートでも20’ラウンド移動で
アレーナ:はずれ
GM/蘇民將來:殴れ申す
システム:シュバルツさんのロール(1D20) → 8 (8)
GM/蘇民將來:ハズレ
GM/蘇民將來:イニシアチブ
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:現在ロール中のため、GM/蘇民將來さんのロールは行われませんでした。
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 6 (6)
GM/蘇民將來:本気出す
ウィンフリッド:これは・・・やばい感じですかね
シュバルツ:ださんでよしW
ターマ:一気に倒しちゃいましょう!
GM/蘇民將來:モリモリ体が大きくなって・・・
ターマ:いやぁぁ
GM/蘇民將來:異形狙いでシュバ
シュバルツ:かめはめ波をうつ(違)
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D20) → 2 (2)
アレーナ:ふ
GM/蘇民將來:あ
シュバルツ:ほんきWWW
ターマ:力みすぎちゃったんだね
GM/蘇民將來:ばっち、こいや~
アレーナ:ロッドを使うべきだろうに。数で圧倒されたんだから……頭は悪いな
システム:シュバルツさんのロール(1D20) → 1 (1)
システム:アレーナさんのロール(1d20+1) → 11 (10)
アレーナ:当たらん
シュバルツ:本気ではこっちも負けないWWW
GM/蘇民將來:ふ
ターマ:アレーナの後ろから鞭
システム:ターマさんのロール(1D20) → 12 (12)
ターマ:外れ
ウィンフリッド:では弓いきます
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d20+3) → 20 (17)
ウィンフリッド:おお
GM/蘇民將來:刺さらない
ターマ:AC5までなら当たる?
GM/蘇民將來:当たらない
GM/蘇民將來:何故なら
シュバルツ:エンチャンテッドモンスターか!
GM/蘇民將來:ビビビの完全体だから
ターマ:+1ダガ―じゃなきゃダメか!
システム:アルさんさんが、入室しました。
ウィンフリッド:むぅ
アレーナ:おかえりなさい
アルさん:すいません!なんも操作できなくて......
GM/蘇民將來:お帰りなさい。スミマセンが大詰めの状況です
シュバルツ:おかー
ターマ:おかえり~☆
ウィンフリッド:おかえりなさい!
アルさん:ど、どうすれば
シュバルツ:これ、銀の剣をとりだすとか?
GM/蘇民將來:>シュバ 魔法は?
シュバルツ:一発勝負でコマンドワード使ってみるか
GM/蘇民將來:アルさんは、スリープの魔法を使って
GM/蘇民將來:上の5匹を寝かせ(たという事となりました
アルさん:なるほど
GM/蘇民將來:勝手にキャラを使ってスミマセン
アルさん:いえいえ、自分が悪いので
GM/蘇民將來:で、残りの行動は?
シュバルツ:コマンドワード使って「お前に勝ち目はない!とっととここから去れ!」と唱えます
アレーナ:あとはCD&Dにはない気もするが局所攻撃?で奴のロッドを奪うか。
シュバルツ:とっとこハム太郎!
GM/蘇民將來:と言うと
アルさん:俺はなにしましょう?
GM/蘇民將來:倒れているラットリング(鼠)の寝首を掻かれるとか
ターマ:その辺りが妥当ですね
ターマ:前に立つと瞬殺されちゃうでしょうし
GM/蘇民將來:で、コマンドワードはSAVE余地なし
シュバルツ:CD&Dでデイスアーム使うにはウエポンマスタリーかファイターコンバットオプション使うしかルール上ではないかも
GM/蘇民將來:一先ず逃亡
シュバルツ:やった!WWW
ターマ:逃げたww
シュバルツ:逃げてくれた方が逆に助かる!
ウィンフリッド:おお、すごい! 効いたw
アルさん:おぉ
アレーナ:効くのかw
シュバルツ:勝ち目ないもん。このままだとこっちは
ターマ:コマンドワードつえぇぇ
シュバルツ:あぶねええ
アレーナ:1レベルだと魔法の武器なんてないよねぇw<CD&D
シュバルツ:でも、また襲ってくるかもしれない
アレーナ:でも逃げるってもどこに。
GM/蘇民將來:それは・・・此処の・・・物色が・・・
ターマ:隠し扉がどっかにあるんだ!
アルさん:案外オープンなところに逃げてるかも
GM/蘇民將來:15→14→12→何処か
シュバルツ:シークレットドア探してみますか
ターマ:探してみましょう
ターマ:この砦のどこかにいるってことですか
シュバルツ:物色して魔法の武器を手に入れないと
GM/蘇民將來:どうでしょう?追ってみますか?呪文切れるかしれないですが
シュバルツ:こちらのパーティーの武器で奴に効果あるの+1ダガーしかないし
ターマ:氷の塊から剣を掘り出してみる?
アルさん:追わない方がいいかもよ?
アレーナ:まあ探そう。というより剣を開放しよう
ウィンフリッド:ラットリングの始末はどうしましょう? あと氷漬けの剣も気になりますが・・・
シュバルツ:ラットリングはサクサクとどめをさしましょう
アレーナ:剣が魔法の剣であるのは間違いないし。それならシュバルツに使ってもらえばいい。
ターマ:ラットリングは始末しましょうか
GM/蘇民將來:ラットリングはアルさんが始末されたのかと
ターマ:あ、そっか
ウィンフリッド:ああ、なるほど
GM/蘇民將來:で、剣はメモを
シュバルツ:なるほど
アルさん:眠らせた!
ウィンフリッド:おk
ターマ:ディスペルなんて持ってないよ?
ターマ:おk
シュバルツ:剣を取り出すにはディスペルとかリムーブカースとかしかなさそう
シュバルツ:OK
アルさん:GMさん、12の部屋ってどこか物色できる?
GM/蘇民將來:はい。アルさんは前回お宝探ししてないので
GM/蘇民將來:1d100を降ってみて下さい
GM/蘇民將來:振って
システム:アルさんさんのロール(1D100) → 42 (42)
GM/蘇民將來:42は
ターマ:16に何かないか、物色しましょう
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D4) → 3 (3)
アレーナ:15.16を探して、それでもなければダガー+1で頑張るしかないか
GM/蘇民將來:アルさんが12のゴミ山を探っていると
GM/蘇民將來:子犬ほどの大きさの
アレーナ:きたかw
ウィンフリッド:またかいw
ターマ:またネズミw
アルさん:ふむ
GM/蘇民將來:で、イニシアチブとなりますが
アレーナ:まあたまさんスリープ残ってるよね。サクッと始末しちゃってw
シュバルツ:あとはターマのスリープをボスにかけて+1ダガーでトドメをさすとか位かな(寝ればだけど)
GM/蘇民將來:CD&Dでは
アルさん:…( ゚д゚)
GM/蘇民將來:PTのリーダー(コーラー)が代表して振ります
シュバルツ:ここで使っちゃうかW
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 6 (6)
GM/蘇民將來:子犬ほどの大きさの鼠が3匹
アルさん:余計なことした?w
GM/蘇民將來:そちらが先攻
アレーナ:ぶっちゃけめんどくさいw<ラット
シュバルツ:逃げちゃわない?と思ったけど3匹かー
GM/蘇民將來:いえいえ、スリルが有って宜しいかと
ターマ:スリープ打って、ビバークしてからボスいきます?
シュバルツ:スリープ使ってビバーク作戦てのもあるけど
GM/蘇民將來:1d100で出目が良ければという設定ですので
アルさん:スリープってたしか僕使えたっけな
シュバルツ:ボスに有効な武器が16とかにある可能性も
GM/蘇民將來:アルさんの判断は良いと思いますよ(50xpをどうぞ
アレーナ:家探ししてから考えようw<対応
GM/蘇民將來:アルさんのスリープは離席されている間に、ラットリングに使ってしまったという設定でして
アルさん:経験値もらったけどどうすればいいか分からんから後でGMさんに聞きますわ
ターマ:アルさんのスリープさっきつかっちゃったのでは
GM/蘇民將來:はい
アルさん:そうか!
ターマ:1レベは1発しか使えないんですよ
シュバルツ:ここで一泊しちゃいますか。ならターマにスリープ撃ってもらって、皆の呪文も補充でsきる
GM/蘇民將來:で、そちら先攻で
ターマ:ではスリープ打ちます~
システム:GM/蘇民將來さんのロール(2d8) → 2 (1、1)
システム:現在ロール中のため、ターマさんのロールは行われませんでした。
GM/蘇民將來:説明のため入力したら
シュバルツ:そうすれば、また補充が効くからアルさんもスリープが翌日なら撃てる
GM/蘇民將來:ダイスが
システム:ターマさんのロール(2D8) → 9 (1、8)
シュバルツ:ねたねた
シュバルツ:サクサクとどめ
ターマ:ネタから始末しましょう
GM/蘇民將來:寝ました。
シュバルツ:経験値ゲットW
アルさん:(ृ ˘ ꒳ ˘  ृ  )ु
アレーナ:さあ家探ししようw
シュバルツ:16をみてからビバークしちゃおうと思います。
ターマ:マジックミサイル2発だな、今回は
GM/蘇民將來:毛玉と回復は?(特に回復重要
ターマ:毛玉を起さなくちゃ
ウィンフリッド:毛玉は・・・どれくらいで回復するんだろう
アルさん:この家地下とかないんかな
ターマ:「まだしびれてるか~?」つんつん
シュバルツ:銀の武器を調達するために一旦撤収まで考えたけど
GM/蘇民將來:2d4ターン
システム:GM/蘇民將來さんのロール(2D4) → 6 (2、4)
シュバルツ:毛玉って凍ったの?
GM/蘇民將來:うぉい
GM/蘇民將來:麻痺ってた
シュバルツ:1時間
GM/蘇民將來:16見ますか?
シュバルツ:では16を物色したいです。、
ターマ:見ましょう!
ウィンフリッド:銀といえば、銀製の食器を見つけていましたよね?
アルさん:賛成!
シュバルツ:パーテイーが散開してるのもヤバイので纏まりましょう
シュバルツ:奴が何処に潜んでるのか解らないし
ターマ:あー、ナイフあったね
GM/蘇民將來:メモを
シュバルツ:銀食器のナイフでチクチクと!W
ターマ:フォークもあるからザクザクもできる?
シュバルツ:OK、保存食か。こいつらの装備を物色
ターマ:おk
GM/蘇民將來:できる(1ダメ±修正値)
アルさん:ボスにも弱点ありそうやな、ありそうやな、一点集中してフォークさせば破裂とかw
ウィンフリッド:メモおk
GM/蘇民將來:凍ってる
アレーナ:OK
ターマ:使えそうな装備ないか見てみたいです。氷は溶かしてみる?
シュバルツ:魔法的な氷?松明とかで炙っても無理そう?
アレーナ:魔法の武器でも持っていればいいのだけど
ターマ:なければ本当に銀食器アタックだ><
GM/蘇民將來:ではINTチェック(1d20)で、能力値以下
アルさん:この氷を会えて冷やしてみよう
システム:シュバルツさんのロール(1D20) → 2 (2)
システム:ターマさんのロール(1D20) → 2 (2)
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d20<=4) → 失敗 16 (16)
シュバルツ:INT成功
ターマ:成功
システム:アルさんさんのロール(1D20) → 19 (19)
GM/蘇民將來:成功が2人いるので
GM/蘇民將來:1時間位焚き火とかに当てれば溶けそう
GM/蘇民將來:と判る
シュバルツ:おし!松明持ってる
ターマ:焚火しましょう
アルさん:火はもつかな?
シュバルツ:エルフなのに松明持ってて良かったW
アレーナ:油5本持っている
ターマ:14の部屋の箱の残骸使えば良さそうですし
アルさん:最悪12のゴミでも
シュバルツ:それいい!>14の部屋
ターマ:ちょっとにおいそうだけどね><
GM/蘇民將來:よく気が付きましたね>ターマとアル50xp
アルさん:やった
ターマ:わ~い
アレーナ:13のベッドとかもよく燃えそうかな
シュバルツ:♪焚火だ焚火だ エルフ焼き~
ターマ:シャーベットになったり焼き物になったり…エルフも大変だ
GM/蘇民將來:大きなベッドですからねぇ
アルさん:12のゴミ燃やしたら臭そう、この匂いをボスに有効活用できないかな
ターマ:それは、私たちも巻き添えになるんじゃw
シュバルツ:でも、単独行動は禁止ね!それと全員に銀食器のナイフやフォークを念の為武器として分配
GM/蘇民將來:ネズミたちより先に、文明人であるキャラクターたちが
GM/蘇民將來:倒れるかと
ターマ:ですよね☆
アルさん:( •́ฅ•̀ )
アレーナ:だいたい私はナイフもフォークも使えないw
シュバルツ:皿で殴るとかW
GM/蘇民將來:では、誰が何をどうされるか
ターマ:スプーンで殴る!
GM/蘇民將來:宣言を
アルさん:ボスが現れた部屋ってどこですか?
GM/蘇民將來:ボスは15です
シュバルツ:スプーンで目をえぐる(残酷超人)
シュバルツ:ボスは15
GM/蘇民將來:今、15の描写をあげますね
アルさん:15に地下とかありません?最悪、ダクトとかでも
シュバルツ:15の部屋は魔法の寒さが溜まってるということは換気は無いと思われ
ターマ:ビーカー類の中にポーションないかな
アルさん:んむ
GM/蘇民將來:シークレットドアの確認は重要ですね。皆さん1d6してもいいですよ(1で発見
ターマ:調べます
システム:アレーナさんのロール(1d6) → 6 (6)
アレーナ:エルフに期待
GM/蘇民將來:シュバと毛玉は12だけど
システム:ターマさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:現在ロール中のため、アルさんさんのロールは行われませんでした。
GM/蘇民將來:毛玉麻痺中
システム:アルさんさんのロール(1D6) → 4 (4)
ターマ:はっけ~ん!
GM/蘇民將來:ターマ成功
ウィンフリッド:いいですね!
GM/蘇民將來:無いことがわかった
ターマ:あららww
アルさん:ナイスって、えw
ターマ:そんなものよね~
シュバルツ:15は物色しても凍った剣とガラクタ&玉座と
ターマ:後は解凍が終わったエルフの装備が頼みか
アレーナ:この部屋にないとして、16は牢屋扱い、ある可能性が高そうなのは13とか?
アレーナ:結局入ってないし
シュバルツ:14から木材を運んで、16で焼きエルフしたいです
GM/蘇民將來:はい
アルさん:凍った剣は実はどこかのレバー代わりでした〜......とかはないか
ウィンフリッド:取り出せそうにないですからねぇ
ターマ:後は6と8を見てないけど、その間にボスに遭いそうだし
GM/蘇民將來:では焚き火している間に毛玉の麻痺がとけます
シュバルツ:毛玉って凍ってたの?>GM
GM/蘇民將來:そして、焚き火をしていると・・・今度は判断力(WIS)チェックで能力値以下
システム:アルさんさんが、入室しました。
GM/蘇民將來:麻痺!
シュバルツ:麻痺か
GM/蘇民將來:お帰りなさい
システム:シュバルツさんのロール(1D20) → 1 (1)
システム:ターマさんのロール(1D20) → 5 (5)
シュバルツ:おおし1
システム:アルさんさんが、入室しました。
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d20<=13) → 失敗 17 (17)
GM/蘇民將來:アルさん、ログはプルダウンしてご確認頂ければ
ターマ:おたまも成功だ~
システム:アレーナさんのロール(1d20) → 11 (11)
アレーナ:まあ失敗はしない
アルさん:わいもやる?
GM/蘇民將來:是非
システム:アルさんさんのロール(1D20) → 2 (2)
GM/蘇民將來:おぉ
GM/蘇民將來:成功した人が多いのでよく分かることが
アルさん:おっ、なんか起きるかな
GM/蘇民將來:先の「残念ながら彼らは死んでいるように見えます。」の描写で、見えますとは?
アレーナ:なるほどね。
シュバルツ:実は生きていた!
アレーナ:お姫様状態か
ウィンフリッド:む 死んでいるようにみえるが、実は死んでなかったとか?
アルさん:見えるだけ、仮死か
ターマ:生きた壁が出来た訳だ
GM/蘇民將來:メモを御覧ください
ウィンフリッド:おk
シュバルツ:OK
シュバルツ:でも、うごけないでしょ。この状態や
アルさん:メモ1がない?
ターマ:鎖でつながれてるんだっけ
シュバルツ:スマホだとメモがポップアップしないとか?
アレーナ:OK
GM/蘇民將來:すみません、メモ1消してしましました
アレーナ:OK
ターマ:おk
アルさん:更新できたできた
GM/蘇民將來:もう一度出します
アレーナ:まあ蜘蛛か
シュバルツ:よかた
ターマ:ウィンフリッドに鍵開けて貰うかな?
ウィンフリッド:やってみましょうか
シュバルツ:オープンロックで脱出させるのか
アルさん:ウィンフリッド怪しい匂いがプンプンするぜ
アレーナ:確率は0ではありませんからねw
ターマ:クモ居るのかなぁ…やだなぁ
シュバルツ:蜘蛛がまだいるのかよ・・・
GM/蘇民將來:で、エルフたちは<大変>弱っています・・盾というより皆さんの足枷・・
アルさん:弱ってるのか、下手に救うよりもこの状態の方がむしろ安静かもしれない
シュバルツ:ともあれ、こいつらは焚火にあたらせとこう。というかここで焚火しながら一旦ビバーク
ターマ:ボスにダメージを入れる為に、エンチャントされている武器が居るんですが、持っていたら貸してもらえませんかと聞いてみたいです
シュバルツ:銀の武器でも可
GM/蘇民將來:蜘蛛が居たのは入口から右の場所だった、ということが判る
シュバルツ:行かなくてよかったーーー!
アルさん:蜘蛛ってクソでかいのかな?
ターマ:6の辺りとかに居たのかな
アレーナ:まあ予想はできた話。回ってないところで蜘蛛のいそうなところは限られる。
GM/蘇民將來:エルフたちの武器は取り上げられている状態です
シュバルツ:ですよね
ターマ:じゃあ、どこかに保管されてるのか
シュバルツ:金庫?
アルさん:エルフたちに自分の魔力を与えればマシになるかな
ターマ:魔力譲渡は出来ないですよ
GM/蘇民將來:元気玉ですか
アルさん:なるほど
シュバルツ:エルフはスペルブックもとりあげられてるだろうし
シュバルツ:この世界の魔法使い系呪文は呪文書からチャージする形なので
アレーナ:金庫も本型だと開けられても入っている武器はサイズ的に高知れてますよな。
アレーナ:鍵はボスでも持っているのだろうか
ターマ:どこかほかにまとめて捨ててありそうだわ
シュバルツ:ここでビバークしたいです。どうでしょう
アルさん:んん〜......
GM/蘇民將來:>シュバルツ チャームの高INTモンスへの有効時間は
GM/蘇民將來:2~3時間だったような
アルさん:GMさん、不思議な氷のサイズ聞いてもいいですかい?
GM/蘇民將來:コマンドワードもチャーム同様1Lv
シュバルツ:ここで見張ながら回復とかも考えたのですが
GM/蘇民將來:はい 外見は白銀の剣が閉じ込められた玉座(あたかも水中花のよう
アルさん:持ち出せるような状態ではないと
ターマ:これ、エルフつれて1回逃げ出す方がいいのかしら
GM/蘇民將來:そのとおりです(描写だしますね
シュバルツ:このあと呪文ナシで行く形よりは一旦撤収か
アルさん:剛鉄のように硬いなら金庫ぶつけまくって金庫破壊できるかな、時間かかるけど
GM/蘇民將來:氷の描写は、メモ4です
シュバルツ:ええと。行動宣言がバラバラなので
シュバルツ:ビバークしますか?エルフ連れて一時撤退しますか?
シュバルツ:この後、呪文ナシで押し切りますか?危険ですけど
ターマ:ビバークが出来るならビバークする方がいいです。ダメなら一時撤退がいいです
アレーナ:普通の人かも効かないんでしたっけ?効くなら松明で殴ってもいいんですが<ボス
アルさん:撤退最中に何者かに合わないこともないですよね?
アレーナ:火とか
アルさん:氷の硬さを利用してボスを誘導してゴチン!
GM/蘇民將來:CD&Dだと、其のへんの解釈が微妙なんですよね
ターマ:金庫は、本型金庫自体価値がありそうだから、壊すのは反対
GM/蘇民將來:オーガー並みの力が有ればダメージ行くような説明も有ったり
ウィンフリッド:13の部屋を探ってみて、なにも見つからなければ一時撤退はどうでしょう?
シュバルツ:エンチャンテッドモンスターにSTR18以上のダメージは抜けますけど。落下ダメージとか
アルさん:とりあえず殺り合わない方針がええな
シュバルツ:13は見てみますか
ターマ:ウィンフリッドの言う通り、13見て何も無ければ撤退しましょう
アルさん:見てみよう
GM/蘇民將來:では13
アレーナ:まあ13漁って何もなければ撤退しますか。少なくともこの冷気自体は1日遅れたところでそう致命的な話ではありませんし。まあ差し迫っているのは確かですけど
シュバルツ:なんかユニットが勝手に動いてるんだけど
アルさん:13の壁には窪みとか何も無いですか?真っ平な壁かな?
GM/蘇民將來:1d6を
システム:アルさんさんのロール(1D6) → 3 (3)
シュバルツ:そういえば、ここも鼠が。まあジャイアントラットでないから探すか
GM/蘇民將來:振ってみて下さい
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d6) → 3 (3)
システム:現在ロール中のため、ターマさんのロールは行われませんでした。
システム:アレーナさんのロール(1d6) → 3 (3)
システム:ターマさんのロール(1D6) → 5 (5)
アレーナ:Ⅲが並ぶw
ウィンフリッド:3ばっかりw
シュバルツ:すげえ3ばっかりW
ターマ:レンチもするんだ~
システム:レンチさんのロール(1D6) → 5 (5)
アレーナ:ダメだw
アルさん:コwれwはw
ターマ:ないですな
ウィンフリッド:ベッドを調べてみたいのですが
ターマ:ベッドの下とかは?
シュバルツ:どけてみる?
シュバルツ:数人がかりで
GM/蘇民將來:ウィンは上、ターマは下、それともどける?
ウィンフリッド:どけてみましょう
ターマ:どかそう。うんしょ うんしょ
シュバルツ:チェストが隠されてるとか?
GM/蘇民將來:インテリ集団だから3人必要かな
シュバルツ:ちぇすとー
アルさん:俺この部屋にある油まみれの毛布ほしいな
シュバルツ:俺、ウィン、ターマの3人?
GM/蘇民將來:持ち上げる人
ウィンフリッド:はい! STR7ですがw
GM/蘇民將來:並びは?
アレーナ:持ち上げましょ
アレーナ:STRあるのって私とシュバルツくらい
GM/蘇民將來:このベッドに対して
ウィンフリッド:こっちの端っこもちます
GM/蘇民將來:5人であげるの?
シュバルツ:皆さん、この配置でよろし?
アレーナ:ACならPT1だし頭の方を担当しよう
ターマ:じゃあ、アレーナの隣で頭の方を持ち上げる
GM/蘇民將來:では
アルさん:俺は見張ってるわ
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 1 (1)
シュバルツ:よろ>あるさん
シュバルツ:ワンダリングモンスター?
ターマ:ねずみかなぁ
GM/蘇民將來:ベッドの下から30cmくらいの大きな虫が現れて不意打ち成功
シュバルツ:もしくは不意打ち?
ターマ:ひぃぃぃ
シュバルツ:きたか
アルさん:ボスの餌じゃ
GM/蘇民將來:並び順に1・2・3・4・5  6は明後日の方向へ攻撃
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 4 (4)
GM/蘇民將來:4番目シュバ?
アレーナ:柔い人は見ててよかったのにw
アレーナ:シュバなら問題ないか
シュバルツ:まあどうぞ
GM/蘇民將來:アルさんは正解でしたね
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D20) → 3 (3)
アルさん:なにが?
GM/蘇民將來:ハズレ
GM/蘇民將來:ベッド持ち上げずに
ターマ:さっさとかたづけましょう
アルさん:あぁ
GM/蘇民將來:イニシアチブをどうぞ
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 1 (1)
GM/蘇民將來:ターマ
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D20) → 7 (7)
ターマ:AC6だからはずれ
GM/蘇民將來:ですな
GM/蘇民將來:どうぞ
ターマ:鞭でしばいちゃる
システム:ターマさんのロール(1D20) → 6 (6)
ターマ:流石に外れかな
アレーナ:殴る
システム:アレーナさんのロール(1d20+1) → 17 (16)
アレーナ:AC2まで
GM/蘇民將來:辺り
システム:アレーナさんのロール(1d6+1) → 3 (2)
アレーナ:ダメージダイスが走らないのですよな。
システム:シュバルツさんのロール(1D20) → 12 (12)
GM/蘇民將來:まだ元気
シュバルツ:5まで
GM/蘇民將來:あたり
システム:シュバルツさんのロール(1D8) → 2 (2)
アルさん:虫ならメモにある油まみれのボロボロの毛布で燃やせないか、松明あるから行けると思ったんだがな
シュバルツ:3発
GM/蘇民將來:未だ生きてる
ウィンフリッド:弓には近すぎるのでノーマルソードで殴ります!
ターマ:レンチもなぐってくれ~
GM/蘇民將來:はい
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d20-1) → 11 (12)
ウィンフリッド:AC8までだときつそうですね
GM/蘇民將來:毛玉ベッド上げてないのでよるだけ
シュバルツ:毛布を命中させた次のラウンドに、火のついたものを命中させればできますよ>アルさん
ターマ:残念☆
GM/蘇民將來:8はずれ
シュバルツ:今はダガー投げたりした方が>アルさん
アルさん:難しそうですな>シュバルツさん
ターマ:火を付けるところからスタートかな、アルさん
GM/蘇民將來:イニシアチブかな>みなさん
アルさん:うーん、この毛布はあとで使えるかもだから残しておこうかな
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D6) → 3 (3)
シュバルツ:アルさんは飛び道具で攻撃とかは?
アルさん:俺飛び道具あったかな、出来ることといえばスリープくらい......
システム:シュバルツさんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:シュバルツさんのロール(1D20) → 9 (9)
アレーナ:殴る
システム:アレーナさんのロール(1d20+1) → 12 (11)
GM/蘇民將來:>アルさん CD&DのMUはダガーが近接・投擲の武器です
シュバルツ:8までじゃ流石に。。。
ターマ:鞭~!
システム:ターマさんのロール(1D20) → 15 (15)
アレーナ:AC7までじゃなぁ
ターマ:AC4まで
GM/蘇民將來:装備等のご案内も出来ていない状況でしたので、ダガー3本持っていたという
アルさん:ならダガーを投擲しようかな、〜D〜?
GM/蘇民將來:設定でお願いします
システム:GM/蘇民將來さんのロール(1D20) → 17 (17)
GM/蘇民將來:1D20を
システム:ターマさんのロール(1D2) → 1 (1)
システム:アルさんさんのロール(1D20) → 14 (14)
ターマ:虫さんに1ダメ!
GM/蘇民將來:ボロボロだけど生きてる
シュバルツ:ダガーあたってるんじゃない?
GM/蘇民將來:アルさん筋+1で
GM/蘇民將來:じゃない投げは
アルさん:やった
シュバルツ:白兵かよ!
GM/蘇民將來:敏も+1だ
GM/蘇民將來:あたりです
GM/蘇民將來:ダメージは1d4です
シュバルツ:投擲なら1d4ダメージ
GM/蘇民將來:どうぞ振ってみて下さい
シュバルツ:アルさん、1d4ふってください
システム:アルさんさんが、入室しました。
GM/蘇民將來:お帰りなさい
GM/蘇民將來:命中です1d4でダメージを与えてください
システム:アルさんさんのロール(1D4) → 2 (2)
GM/蘇民將來:虫はさくっと
GM/蘇民將來:息絶えました
ターマ:やっと死んだ…
アルさん:なーんかこの虫殺したら勿体ないなぁ......って死んだわ
シュバルツ:安全が確保できたなら一応、部屋を物色
ターマ:ベッドの下は結局何も無かったのかな
GM/蘇民將來:まず、ベッドの下に弓が4つ 矢が
ターマ:おお
アルさん:おぉ
シュバルツ:銀来たか!
システム:GM/蘇民將來さんのロール(3D10) → 27 (8、10、9)
GM/蘇民將來:27本
アレーナ:4つってまさかエルフの面々の?
アルさん:俺油まみれの毛布ほすぃい
GM/蘇民將來:聞く?
GM/蘇民將來:どうぞ
アルさん:(∩´∀`)∩ワーイ
GM/蘇民將來:エルフに聞きますか?
ターマ:シルバーアローだったらいいなぁ
シュバルツ:アローだけ?
アルさん:聞いて損は無いと思いますよ
GM/蘇民將來:アローは銀ではないというかノーマル
ターマ:他にはないのかな><
アレーナ:聞いてみよう
シュバルツ:エルフ達、弓矢だけで来たって事は流石になさげだけど
GM/蘇民將來:弱々しく答える 矢は普通のものだが
アルさん:布団持ち上げるだけでいいの?枕カバーとかシーツとかは剥がさない?
ターマ:弓の方が?
GM/蘇民將來:弓は一族の至宝 エルブンボウ
ウィンフリッド:おお!
シュバルツ:おっと!
アレーナ:あれかよw
ターマ:いいのが来た
アルさん:?強いのかな
アレーナ:でも私には使えんw
ターマ:私も使えませんw
ウィンフリッド:エルフじゃないと使えないやつです?
シュバルツ:シャーマンで良かったW
GM/蘇民將來:生命の樹の枝より作られた逸品で
ターマ:シュバが使えますね
GM/蘇民將來:いえ、弓が使えれば
シュバルツ:でたー、ツリーオブライフ!
ターマ:じゃあ、ウィンも使えますね
GM/蘇民將來:命中・ダメージの補正はありませんが
アレーナ:エルフの一族が作り出した強い弓だと思ってください<エルブンボウ
アルさん:GMさん、俺まだこのベッド気になる
シュバルツ:これで銀食器で戦わずに済みそうだ
GM/蘇民將來:魔法の武器しか効かない相手にもダメージが与えられる(1種のマジックアイテム
GM/蘇民將來:はい、ベッドには他に
ターマ:ボスに効くから助かりますね。貸してください、エルフの皆さま
GM/蘇民將來:小さな金庫が見つかります。
シュバルツ:コイツラ、それなりの氏族の戦士だったろうに、右に行ったがためにこのザマか
ターマ:金庫来たー!
ターマ:ウィン、開けてみて欲しいです
ウィンフリッド:鍵と罠を調べてみましょう
GM/蘇民將來:ラットリングに多勢に無勢だったんだってばよ
シュバルツ:その前に罠チェック
ウィンフリッド:まずファインドトラップからいきます
GM/蘇民將來:>ウィン お願いします
ターマ:わくわく
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d100<=10) → 失敗 77 (77)
アルさん:(0゜・∀・)ワクワクテカテカ
ウィンフリッド:ずばり罠はありません!
ターマ:www
アルさん:こいつw
シュバルツ:スペルにスリープが無くて、全員リードランゲージだったとかW
ウィンフリッド:鍵はかかってるんですよね?
GM/蘇民將來:はい WISチェックを
アレーナ:きっと財宝を運ぶために全員フローティングディスクだったんですよw
ターマ:www
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d20<=13) → 成功 6 (6)
ターマ:エルフ運輸
アレーナ:1レベルシーフの能力にははなから期待しな(殴)
ウィンフリッド:WIS成功です
シュバルツ:全員フローティングディスクってどんな運送屋さんWWW
GM/蘇民將來:おぉ、凄い。相変わらず肝心なところは押さえますね
GM/蘇民將來:魔法に寄って鍵がかけられているが
ウィンフリッド:おかげで本来の仕事ができてないことが気づかれない!
シュバルツ:ノックの呪文なんてないよ
GM/蘇民將來:前回開けられなかった本型の金庫と何か関連があるかも・・と閃く
ターマ:ないないノシ
シュバルツ:ほほう
アルさん:ううむ
アレーナ:3レベルになったらノックよろしくねw>たまちゃん
ウィンフリッド:そのことをみんなに伝えますが・・・開ける方法がなにかあるのかな?
ターマ:…師匠が居ないと取れないですよ><
ターマ:(師匠にお金払えば開発してもらえるかなぁ
アルさん:とりまGMさん、ベッド本体を物色させて
シュバルツ:金庫と近づけてみるとか?
GM/蘇民將來:再度+40%(ボーナス)で、本型の金庫を試していいですよ
ターマ:ウィン頑張れ~☆
ウィンフリッド:オープンロックで15+40=55%・・・いきます!
ターマ:(もしかしてノックのスクロールが入っているのかしら
システム:ウィンフリッドさんのロール(1d100<=55) → 成功 52 (52)
シュバルツ:非接触型の鍵
GM/蘇民將來:ベッドを物色すると、後は人とか亜人の骨が(夜食としてた?
ウィンフリッド:やった!
アレーナ:おお
シュバルツ:おお!
ターマ:おめ~!
GM/蘇民將來:先ず、本型の鍵が開くと
アルさん:開いたか
シュバルツ:何で俺のユニット二人いるの・・・
GM/蘇民將來:金庫の中には,青水晶でできた鍵が入っています
アルさん:破壊しなくて良かったw
シュバルツ:おおお!
ターマ:これでこっちの鍵が開くのかな?
アレーナ:まあありがちw
ウィンフリッド:試してみましょう
シュバルツ:これだけでも価値ありそう!
ターマ:青水晶なんて珍しい
ターマ:お宝に入れておきましょう
アレーナ:それでそっちの鍵を開けると、氷を解かす道具?
ターマ:なるほど!
アルさん:エルフの足枷の鍵かも
GM/蘇民將來:青水晶の鍵で
GM/蘇民將來:この金庫が開く
ターマ:わくわく
ウィンフリッド:何が入ってるんだろう
アルさん:お
GM/蘇民將來:青水晶の鍵は100gp相当
シュバルツ:やっぱ鍵自体がお宝
GM/蘇民將來:袋が入っていた
アレーナ:何が入っているかな<袋
シュバルツ:ホールディングバッグ期待W
アルさん:開けたくねーw
ターマ:金庫の中に袋に入れて入っているとか、貴重品だわ
アルさん:魔物かもw
アレーナ:ホールディングバッグの可能性は高そう。とはいえ、今は中身が気になるw
GM/蘇民將來:中身は
アレーナ:デボアリングバッグも役には立つけどさ。ゴミ箱にw
GM/蘇民將來:ダガー1本、ワンド1本と
ターマ:おおー!
アルさん:ワンド!
アレーナ:どのワンドか…
GM/蘇民將來:宝石(それぞれ3d6×10 gp の価値が あるものが5 つ)が入った袋が1 つと,金貨が500 枚入った小さ な木箱
アルさん:何製かな?
GM/蘇民將來:各自3d6振ってみて下さい
アルさん:お宝!帰ろうぜw
システム:ターマさんのロール(3D6) → 14 (6、3、5)
システム:アルさんさんのロール(3D6) → 8 (2、4、2)
システム:現在ロール中のため、ウィンフリッドさんのロールは行われませんでした。
GM/蘇民將來:で、どなたか合算して結果を教えてw
システム:アレーナさんのロール(3d6) → 17 (5、6、6)
システム:現在ロール中のため、ウィンフリッドさんのロールは行われませんでした。
アレーナ:ふ
システム:シュバルツさんのロール(3d6) → 9 (4、1、4)
システム:ウィンフリッドさんのロール(3d6) → 11 (6、3、2)
アルさん:俺もカッスw
アレーナ:59かな
シュバルツ:鍵のが価値あるじゃんWWW
アレーナ:×10
アルさん:壊さなくて良かった
アレーナ:だから590
シュバルツ:あそっか
GM/蘇民將來:ありがとうございます。宝石の価値合計で590gp
アルさん:ん?16の部屋のヤツらなんだ?
アレーナ:エルフ
シュバルツ:エルフ
ターマ:助けたエルフでしょ
シュバルツ:置いときましたメモに
アルさん:あぁ、猿に見えた
GM/蘇民將來:それと金貨500
ターマ:メモしました
GM/蘇民將來:ありがとうございます。
ターマ:ダガ―はどんなダガ―ですか?
シュバルツ:これ13の部屋みなかったら御宝スカスカだったな!
GM/蘇民將來:では一旦村に撤収で宜しいでしょうか?
アレーナ:弓とダガーあればまあ戦って勝てないこともないだろうけど
アルさん:無視に合わなければ完璧だった
ターマ:魔法もない事ですし、戻りましょう
シュバルツ:エルフも居るし撤収&休憩で良いような
ウィンフリッド:ですね ではエルフを解放してあげないと
アルさん:エルフ大丈夫か?村につれて帰って、変なマーキング魔法とかかかってないよな
アレーナ:では戻りますか。氷を解かすものとかはボスかな
ウィンフリッド:オープンロックしてみて、ダメだったら力づくでお願いしますw
シュバルツ:まあ撤収前にボスが襲ってくるでしょW(メタ)
ターマ:ダガ―とワンド配っておく方がいいかな?
GM/蘇民將來:オープンロックしなくても力技でいけます
シュバルツ:そうだね
アルさん:いや、配らない方が......
ターマ:+1ダガ―私持ってますので、アルにダガ―を
ターマ:ワンドはどうしましょう?
アルさん:貰ったけどキャラクターシートに記入した方がいいかな?
GM/蘇民將來:どうぞ
シュバルツ:ワンドは使ってみないと解らない?若しくは解析呪文?
GM/蘇民將來:使ってみる?MU・E・SEは使える
ウィンフリッド:エルブンボウはお預かりしてていいんですか?
GM/蘇民將來:どうぞ
シュバルツ:帰るまではエルフ弓の方がよさげだけど、一応ワンド装備してていい?
ターマ:どうぞ
シュバルツ:預かります
GM/蘇民將來:エルフたちは当面まともに動けそうもない状態ですので
GM/蘇民將來:どうぞ(ワンドは殴る時1d6ダメ
シュバルツ:そっか(ワンドは武器でもある)
アルさん:そろっと撤退します?
シュバルツ:では警戒しつつ撤収にうつりますか?
ターマ:エルフを護衛しつつの撤退ですね
アルさん:エルフの後ろ守ります
シュバルツ:一応、金庫のある2までは行った形?
シュバルツ:あ、本型だから持ってきてたっけ
ターマ:ですです
シュバルツ:では移動開始
アルさん:怖えー
GM/蘇民將來:村でおk?
アレーナ:OKかと
シュバルツ:お!無事帰れた
アルさん:流石に数人残して探索してるのは怖いからね
ターマ:回復したいです~><
GM/蘇民將來:では、追っ手を心配したが村に帰れたということで
アルさん:やったぁ
ターマ:そして体も洗いたい!
ウィンフリッド:それ大事ですねw
GM/蘇民將來:時間がかかってしまい申し訳ありませんが、本日はこの辺でお開きに
シュバルツ:でも、呪いの元を解かないと!で回復後にダンジョンにまた戻る。そして銀の武器を調達
ターマ:無理ならお湯で濡らしたタオルでごしごし
アルさん:俺は自分よりエルフたちを洗いたいな
GM/蘇民將來:追って、今回の経験値とか金目のものについては
ターマ:了解です。お疲れさまでした
アレーナ:このまま戻っても仕方ない。方策を用意しないと。
GM/蘇民將來:セッションの会計にて、ご報告します
アルさん:はーい!次はいつかな?
ターマ:村に銀の武器撃ってるかなぁ
アレーナ:氷が何とかできなければ。ボスが今更戻ってくるとも思えんし。
ターマ:売って
ターマ:手紙が絹だったから、結構はぶりのいい村の気もするんだけどどうなんだろ?
アルさん:初めてで怖かったー
シュバルツ:金は手に入った。売ってればシルバーダガーも買える
シュバルツ:では来週という形で
アルさん:勇気出して参加して良かった
GM/蘇民將來:皆さん、遅くまでお付き合い頂きありがとうございました。
ターマ:お疲れさまでした
アルさん:(*´∇`*)オツカレサマー
シュバルツ:お疲れさまでした!
ウィンフリッド:お疲れさまでした! おやすみなさい~
アレーナ:私も落ちますね。
アレーナ:おやすみなさい

(あとがき)
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
前後篇で終わる予定が終わらない・・TRPGの醍醐味ですね。
結果、本セッションが後篇ではなく中篇となりました。
次回で決着?ケシュートは?白銀剣は?村の呪いは解けるのか?
 いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。