【CD&D】リプレイ「脱出」

COBRAリプレイ  0
登録日:2017/09/21 20:14最終更新日:2017/09/23 20:51
DM発言はボイスで対応しているのでテキストとしては記録されていません。

またシナリオネタバレ防止の為にダンジョン部屋番号の発言箇所や、手に入った財宝などを編集削除してあります。
---

システム:ルーム「脱出」が作成されました。

メレディ:「おや、爺さんが一人で野営してるのか…」
ジョエル・サスタス:「たった1人きりで?」
ジョエル・サスタス:「1人きりっていうのが不用心すぎるよね」
メレディ:「困ったこと?」
メレディ:「ふーん」そういってじろじろとアントンの身なりを観察してみます
ジョエル・サスタス:「まあ、手助けるのは別にいいんだけど…」
メレディ:そこそこいい身なりしてます?
メレディ:なるほど。そこそこいい身なりなら、多少は信憑性があるか
ジョエル・サスタス:でも、敵対している勢力も金持ちの人間なら、やっぱりその配下も身なりはいいでしょうし。
ギャレット:「公爵様のお役に立てるなら、彼の力になりたいな。みんなの言うことももっともだと思うけど」
ジョエル・サスタス:そうそう。身分証みたいなのがあればいいわね
メレディ:「まあ、面白そうなら首突っ込んでも私は構わないよ?」
ジョエル・サスタス:「私も、人助けになるならやってもいいと思うけど」
ジョエル・サスタス:確かに。往来でする話じゃないな。これって罠かも
COBRA:http://www.pandius.com/expert-set-karameikos-6-1983.png
メレディ:めぼしい町らしいものは見当たらないのね
ジョエル・サスタス:じゃあ、人に聞かれる心配はないのかな
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 失敗 75 (75)
ジョエル・サスタス:「ブラックイーグルとか言われても、旅慣れない私には何のことやら」
メレディ:「私は、西の出身なんでね。この辺りの勢力関係には疎いんだ。その辺りを教えてもらいつつ話を聞きたいな」
ギャレット:「こんな場所で立ち聞きしてる人もいないかな。話を聞くだけでも聞いてみない?」
ナタリ=キャホ・バーンズ:「あいつらの組には入らない方がいいよ、(表記不可能)みたいにつまんないから」
メレディ:そういいながら、爺さんの隣に腰をおろしますね
ジョエル・サスタス:「へえ、厄介な連中なのね」
メレディ:ろくでもなーい
ジョエル・サスタス:「まあ、今の話でだいたい想像はついたわ」
ギャレット:「だったら、なおさらこの人を助けてあげないとね」
ジョエル・サスタス:「お家争いにまつわる何か、でしょ?」
ナタリ=キャホ・バーンズ:「でもつかまったりしたら最後だよ。この目でよーく見てきたんだから」
ジョエル・サスタス:「そうね。そういう輩に捕まったらどうなるかは簡単に想像できるわ」
メレディ:「まあ、ここまで話を聞いてしまって、ハイサヨナラってのもまずいんじゃないの?」
ジョエル・サスタス:朝まで待つ間に、話はできそうだけどね。
ジョエル・サスタス:そのくらいなら1時間くらいで話せるでしょう、多分。
メレディ:「爺さんが連れてこれなくなったってのは、代わりに連れてこいってことかい?」
ジョエル・サスタス:「そのルルンって街まで行って、密偵に合えばいいのね?」
ジョエル・サスタス:あ、ローンツリーヒルの街に行くのか…
メレディ:「連絡員は一人。どんな人かも、爺さんも知らないってやつかな」
メレディ:人気のない場所で待ち合わせか。
メレディ:「で、そいつを無事スペキュラルムに連れていくのか~」
メレディ:「この辺りの地理にあまり詳しくないんだが、まあ、それ位ならいいか」
ジョエル・サスタス:ローンツリーヒルで連絡員に会って、その人を首都まで連れていく、と。
メレディ:「急いで連れていく方がいいのか?それとも確実に連れていく方がいいのか
ジョエル・サスタス:もちろん、生きた状態でないと駄目だよね?
ギャレット:「ローンツリー・ヒルまで行って、そこで会った人物をスペキュラルムまで連れていけばいいんだね」
メレディ:ローンツリーヒルからルルンまで、目につかなそうな道とか知ってたら、教えて欲しい
ナタリ=キャホ・バーンズ:「合言葉とかってないの?」
ジョエル・サスタス:「確かに。何かないと連絡つかないしね」
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d20) → 11 (11)
システム:メレディさんのロール(1D20) → 13 (13)
システム:ギャレットさんのロール(1d20<=10) → 失敗 17 (17)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d20) → 20 (20)
メレディ:わかった
メレディ:行き当たりばったりなのか、何かあるのかw
ギャレット:「アントンさんは、その連絡員に会ったことはあるの?」
ジョエル・サスタス:「あったことがあれば、どんな風貌な人なのかわかるわよね」
メレディ:「あった事ない、風貌も判らない、合い言葉もない」
ジョエル・サスタス:「なんか怪しい」
ジョエル・サスタス:「引き受けたふりをしてみるの?」
メレディ:受ける振りして、あしたの朝にトンズラ?
ジョエル・サスタス:「うーん。それなら最初からお断りする方が良心的だと思うけど」
ジョエル・サスタス:(ローフルキャラってこういう時面倒だw)
メレディ:「まあ、あしたの朝気分が乗ったら協力してあげるよ。今日はもう眠い・寝る」
ジョエル・サスタス:「ですね。じゃ、休みながら考えてみましょう」
メレディ:(といって、寝た振りをして横になります。寝ませんよ
ジョエル・サスタス:(真面目に考えて眠れない)
ギャレット:「返答は明日の朝するよ。おやすみ、アントン」
システム:COBRAさんのロール(2D8) → 14 (7、7)
メレディ:みんな強制的に眠らされてしまったのね~
ジョエル・サスタス:zzzz………
メレディ:「…やられたなぁ」といいながら、自分の状態を確認します
ジョエル・サスタス:「あれ、私いつの間にか寝ちゃったわ」
ジョエル・サスタス:「……って、ここどこ!?」
ギャレット:「やぁみんな、おはよう。アントンの姿が見えないけど、彼はどこにいったのかな?」
ジョエル・サスタス:「なんか建物の中のようだけど」
ギャレット:「・・そういえば」
メレディ:「服だけはきてる感じ?」そういいながらバンダナをしてるか確かめます
ナタリ=キャホ・バーンズ:「やっぱどころか、財布やパイプまでもない…」
ジョエル・サスタス:「うそ! 私たちあのジジイに騙されたんだわ!」
メレディ:縛られてます?
ジョエル・サスタス:「困ったわね。扉は開錠の魔法で何とかなるけど、さすがに足枷は外せないわ」
メレディ:そいつを襲って鍵を奪うしかないね
メレディ:松明に、手は届きますかね?それで、ノールに殴りかかるかな
メレディ:足かせがあるからね
メレディ:椅子とか、そういった類は部屋の中に何かありますか?
メレディ:じゃあ、難しいか
ジョエル・サスタス:戦うなら、マジックミサイルお見舞いしてあげるわよ
メレディ:次の食事の時に襲おう
ジョエル・サスタス:「あのクソジジイ!!!」
ギャレット:「僕たちを捕まえたのは、奴隷として売り飛ばすためだったのか。許せないな」
メレディ:「このままだと、売り飛ばされるな」
ナタリ=キャホ・バーンズ:「まだましな方さ、もっとひどい目にやった奴らだっている」
ジョエル・サスタス:「何とか逃げ出してやるわ!」
ジョエル・サスタス:「こんな所でくたばってたまるもんですか」
メレディ:上手くこっちにノールを引きつけて撲殺かな
ギャレット:「あのハイエナ頭は鍵の束を持っていたね。やつが次にやって来た時が脱出のチャンスかも」
ジョエル・サスタス:スリープ&マジックミサイル&ノックですよ
ジョエル・サスタス:なら、スリープを使いましょうか。
メレディ:静かに迅速にだね
ジョエル・サスタス:ここぞというタイミングになったらスリープしますよ…
メレディ:ではジョエルの呪文に気付かれない様にノールの気を引きましょう
メレディ:「なあなあ、あんた。ここでこんな風に使われてて楽しいのか?」
メレディ:そういって、こっちに呼ぶw
メレディ:「私の祖国だと、ノール達のが人を奴隷にしてるぜ?」
メレディ:「ヒュールだ」
ナタリ=キャホ・バーンズ:「ところで、あたしたちっておいくらGP?」
ジョエル・サスタス:「あら、それは興味あるわね。1人あたりいくらかしら?」
メレディ:「私を連れて行けば、そこで楽しい生活させてやれるように伝手を使ってやるからよ」
ジョエル・サスタス:「おほほほほ、私には家族なんていませんわよ」(すっとぼけ)
メレディ:背の丈の黄金か~すご~いw
メレディ:「なあ、私だけでもこっそり逃がしてくれねぇか?こんな場所で燻ってるのも嫌だろ?」
メレディ:「一緒に行けばいいじゃねぇか」
ジョエル・サスタス:聞くだけ聞いてからぶっこんだ方がいいと思うのw
ナタリ=キャホ・バーンズ:「じゃあ、あんたよりよっぽど強い奴がいるか、ほかのやつらの数が多いんだ。」
メレディ:「へぇ、どれだけいるんだよ?」
ジョエル・サスタス:「他にどんな奴らがいるのかしらね」
メレディ:数十人か
メレディ:「隊長が強いって、ノールのあんたより強いのか?}
ジョエル・サスタス:「やっぱり人間が多いのかしら?」
ギャレット:「そういえば、アントンと話してた偉そうな人は誰なの?」
メレディ:訓練施設
ジョエル・サスタス:(ノールはこいつ1匹だけ。あとはゴブリンと人間か)
メレディ:面倒なのは、視察官と隊長、あとアントンのじじい
ギャレット:MUが1名はいるはずですからね
ジョエル・サスタス:バーグル様?
メレディ:「だれだそれw」
メレディ:良かった帰ってるのか
メレディ:「ふーん。大臣自ら奴隷狩りに精を出すのか」
ジョエル・サスタス:「アントンのジジイも魔法使えるのかな?」
メレディ:「隊長って、戦士だよなぁ?私より強いのかな」
ナタリ=キャホ・バーンズ:「そういえばあたしらの持っていたものって、どうなるの?あんたらの余禄にでもなるわけ?」
メレディ:…流石にまだ売られてないだろうから、装備品はどこかにまとめておいてあるのかなー
ジョエル・サスタス:出来れば取り戻したいわねー。
ギャレット:ここから出られれば取り戻せるさ
メレディ:「取り上げた荷物は、ここで鑑定してるのか?」
ジョエル・サスタス:「どうせ私の荷物はそこらの店で買える安物しかないけどね」
ジョエル・サスタス:じゃ、スリープね。
システム:ジョエル・サスタスさんの「寝かせますー」ロール(2d8) → 11 (7、4)
メレディ:流石に寝たでしょうw
ジョエル・サスタス:良かった。うまく通じたみたい♪
メレディ:ノールの鎧じゃ着れないでしょう
ジョエル・サスタス:でかすぎるのかw
メレディ:鍵で足かせ外せます?
メレディ:サクッと始末しましょうw
ジョエル・サスタス:ですね
メレディ:死体は部屋の中に運び入れましょう
メレディ:松明をゲットしていきたいです「私は、松明貰ってくよ」
メレディ:松明で殴る方がいい
ジョエル・サスタス:魔法使いは武器持っててもあれだしなぁ…
ギャレット:「じゃあ、メイスはもらっておこうかな」
メレディ:聞き耳して、声のしない方に行こう
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 失敗 74 (74)
システム:メレディさんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 3 (3)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 4 (4)
メレディ:www
メレディ:じゃあ、北には詰め所があるかな?南側から回ってみようか
ジョエル・サスタス:南からかな。それが無難そう
メレディ:あ、でも装備があるのは詰所のほうか?
メレディ:装備を手に入れてからの方が手堅いかな
ジョエル・サスタス:うーん…悩むなあ
ジョエル・サスタス:魔法使い的にはどちらでもそんなに変わらないけど…
ギャレット:武器はともかく、防具を見つけてACを下げたいぞw
ジョエル・サスタス:誰か1人通路の先に偵察に行かせるとか…?
メレディ:じゃあ、シーフとハーフリングにお願いします
システム:ギャレットさんのロール(1d100<=33) → 失敗 51 (51)
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100) → 11 (11)
メレディ:成功だね
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 失敗 60 (60)
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 3 (3)
メレディ:付いてきて聞き耳
システム:メレディさんのロール(1D6) → 5 (5)
ジョエル・サスタス:じゃ私も
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 5 (5)
メレディ:わかんな~い
ジョエル・サスタス:聞こえないなー
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=25) → 失敗 90 (90)
メレディ:鍵開けはツールがないとw
ジョエル・サスタス:そのためのノックの呪文ですよw


メレディ:そっと開けて覗いてみましょうよ
ジョエル・サスタス:何があるかな
メレディ:お
メレディ:シールド、持ってもいいかな
メレディ:おお~じゃあ、有難く
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d6) → 6 (6)
メレディ:隊長の装備だったりしてね
ジョエル・サスタス:さすが軍事施設。装備もいいな。
ジョエル・サスタス:訓練とか言ってたからそうかなーって。
メレディ:シールドをギャレットに渡して自分はチェーンメールを着ましょう
メレディ:AC幾つですか?
ギャレット:DEX+1なので6ですね、シールド持って
メレディ:AC5やった~><
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんの「歩哨とか歩いてたりしてないかな」ロール(1d100<=40) → 失敗 42 (42)
メレディ:あ、見ておこうか
ジョエル・サスタス:見ておこう
メレディ:地図とか張ってないかな?
メレディ:では、ここはこれで終わりで


システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 成功 8 (8)
ジョエル・サスタス:入ろう
メレディ:では、覗いてから
メレディ:普通のかな?
ジョエル・サスタス:チェストの中は何だろうなー?
メレディ:チェストも開くかな?
メレディ:ギャレットも着て
ジョエル・サスタス:頑丈になったな~
メレディ:かたいな~
ジョエル・サスタス:魔法のスクロールのある部屋はないかなーw
メレディ:こっち側って、兵隊の部屋?


システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 成功 27 (27)
メレディ:入っちゃおう
メレディ:開けてみましょう
メレディ:個人の趣味かな
ジョエル・サスタス:兵士の装備か
メレディ:この先も似た大きさの部屋っぽいから同じ感じかな?


メレディ:盾は、多分隊長格の人位しか持ってないと思うんだ~
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 成功 12 (12)
システム:ギャレットさんのロール(1d100<=33) → 失敗 61 (61)
メレディ:T字で誰も来ないか見張りながら様子を見ますね
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 失敗 74 (74)
ジョエル・サスタス:背後で隠れてますね
メレディ:わら?
メレディ:ゴブリンか?
ジョエル・サスタス:馬小屋? トイレ?
メレディ:ぎゃーー
ジョエル・サスタス:拷問部屋!!
メレディ:監視の部屋かw
メレディ:拷問させろって言ってたから、ここでやりたい放題だったのねw
メレディ:鞭!
ジョエル・サスタス:魔法使いは装備できないかな?
メレディ:誰もいないなら、拾ってこよう
メレディ:エンタングルもできるから結構便利よ
ジョエル・サスタス:鞭って魔法使いでも使えるの?
メレディ:使えます
ジョエル・サスタス:なら、鞭欲しいかな…
メレディ:では鞭をジョエルに
ジョエル・サスタス:じゃ、いただきます
メレディ:これでみんなに一通り武器が渡ったね


システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 成功 7 (7)
ジョエル・サスタス:すごいね
メレディ:こっそりのぞいて
メレディ:お、ショートボウ
メレディ:やった~
ジョエル・サスタス:もらっちゃえ!
メレディ:ありがとう
ジョエル・サスタス:ダガーをもらっていきましょう
ジョエル・サスタス:ないのか。じゃあ、弓貰いますか
メレディ:ジョエル、弓は装備出来ないから
メレディ:この松明を上げよう
ジョエル・サスタス:これも使えないか…
ジョエル・サスタス:じゃ、ダガーと松明を貰い受ける感じで
メレディ:マジックユーザーは仕える武器ほぼないのよ
メレディ:大変よ、初期はACも9だしね
ジョエル・サスタス:白兵戦はほぼ役に立たないという悲しみよw
メレディ:では、脱出口を
ジョエル・サスタス:さっさと逃げちゃおう。こんな所
メレディ:見なくていい?
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 失敗 62 (62)
メレディ:なんかありそうだよね
ジョエル・サスタス:気になる
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 失敗 76 (76)
システム:メレディさんのロール(1D6) → 5 (5)
メレディ:聞き耳失敗
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 1 (1)
ギャレット:成功です
メレディ:こっそり開けて覗くかな?
ジョエル・サスタス:何かな
メレディ:樽?
ジョエル・サスタス:味見したいなw
メレディ:食糧庫かな?お酒しかない?
ジョエル・サスタス:酒瓶貰って行こうかな。お土産として
メレディ:ワイン1本くすねて行こう
メレディ:飲み水代わりだ
システム:メレディさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 4 (4)
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d6) → 4 (4)
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 1 (1)
ジョエル・サスタス:おお!
メレディ:わ~いw
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 失敗 93 (93)
メレディ:行きましょう
ジョエル・サスタス:行こう行こう
メレディ:袋の中身はなに入ってるかな?
ジョエル・サスタス:お金か?
メレディ:結構重い
メレディ:罠を見てから
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんの「罠発見」ロール(1d100<=25) → 失敗 28 (28)
メレディ:開けてもらおうか
メレディ:重いね
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 2 (2)
メレディ:これが無くなったら、黒鷲の方も結構なダメージかな?
ジョエル・サスタス:www
ジョエル・サスタス:じゃ、持って行こう。
メレディ:他に財産ないかな~と見回ってみましょうか
システム:メレディさんのロール(1D6) → 5 (5)
メレディ:めぼしいものはないね
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d6) → 4 (4)
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 6 (6)
システム:ジョエル・サスタスさんの「宝はないか」ロール(1d6) → 2 (2)
ジョエル・サスタス:何もないようだね。
メレディ:そうだねぇ
ジョエル・サスタス:安全がわかってるなら、そっちへ行こう
メレディ:荷物を運びながら続くところをヒアノイズかな
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 4 (4)
システム:メレディさんのロール(1D6) → 5 (5)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 5 (5)
メレディ:静かなんだよ、きっと
メレディ:では、覗いてみましょう
メレディ:窓からは逃げられないって感じか
メレディ:結構真面目に訓練してる感じだね
ジョエル・サスタス:東の方なのかな、出口は
メレディ:十字路でヒアノイズかな?
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 成功 20 (20)
メレディ:辺りを通ると見つかっちゃうかな
ジョエル・サスタス:避けていこうと
メレディ:談話室とか
ジョエル・サスタス:南は言ったから、北かなあ
メレディ:北側を通って早いとこ脱出が吉かな
システム:ギャレットさんのロール(1d6) → 4 (4)
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=40) → 成功 8 (8)
メレディ:南側から誰も来ないか警戒しつつ


メレディ:お~
ジョエル・サスタス:おお
メレディ:遊んでる人がいるのか
メレディ:見張り?ダイスの音ってことは、1人じゃないね
メレディ:2人以上いるってこと
ジョエル・サスタス:www
メレディ:見張りを始末して脱出かな?
メレディ:こっそりのぞくかな
ジョエル・サスタス:もう1晩やすめばスリープが復活するけど、無理だよな
メレディ:これは玄関だね~
メレディ:2人か
ジョエル・サスタス:でも、騒ぎになると部屋から次々と増援が…
メレディ:不意打ちで出来ないと大変だね
ジョエル・サスタス:ここでスリープを撃てばよかったかw
メレディ:不意打ちやりつつ、ナタリにハイドインシャドーからバックスタブかけてもらって…かな?
メレディ:マジックユーザーもいるからね
ジョエル・サスタス:マジックミサイルは残ってるけど…
メレディ:他の人がねwもうプレートだからガチャガチャいうわ
ジョエル・サスタス:じゃらじゃら音がする
メレディ:お宝も持ってるし
メレディ:変装はできそうにないね
メレディ:火はつかないですよ
ジョエル・サスタス:それはいいかもね
メレディ:じゃあ、それで行きます?
メレディ:松明もあるしね
ジョエル・サスタス:マジックミサイルで発火装置か
メレディ:それ届きそうね
ジョエル・サスタス:藁を積んでおけばいいんじゃない? 出来れば油も巻いて
メレディ:油もいっぱいあるよ~2本
メレディ:わらに油1本分かけておきましょう
メレディ:部屋でなくて、通路で燃やしちゃおうか
メレディ:上手く、部屋の中にまで油で火が回る様にできません?
メレディ:そうそう
ジョエル・サスタス:ですね
メレディ:じゃあ、使いますね
ジョエル・サスタス:マジックミサイル発射~
メレディ:www
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6+1) → 6 (5)
メレディ:ばっちり倒れた
ジョエル・サスタス:いい感じに燃えてますな
ジョエル・サスタス:あとは逃げるだけ!
メレディ:お風呂!
ジョエル・サスタス:それは盲点だったw
メレディ:wwww
メレディ:ばれたら、超やばいw
ジョエル・サスタス:司令官、首を斬られるなw
メレディ:放火されて、軍資金も持ち逃げされたってやばいよね
ジョエル・サスタス:www
メレディ:www


脱出に成功したパーティーは街へ向かう。


COBRA:http://www.pandius.com/expert-set-karameikos-6-1983.png
メレディ:これ、軍事施設の事どっかにタレ込んだ方が良くない?
ジョエル・サスタス:ライバルである大公さまのところとか?
メレディ:あとは近所の町とか色々被害にも遭ってそうだね
ジョエル・サスタス:じゃ、次はルルンかな
メレディ:歴史ある町なのか、
メレディ:報告して報酬も貰えないかな~
メレディ:市長に面会しよう
ジョエル・サスタス:ありのままに、おこったことを全て市長に話すぜw
メレディ:「至急知らせておきたい事があので、市長に目通りさせてくれないか」
ジョエル・サスタス:「ブラックイーグルについての耳寄りなお話ですよ」
メレディ:おや。女性だ
システム:キャラクターリストにサーシャが追加されました。
メレディ:かなりの人数の居る砦があったよと
ジョエル・サスタス:アントンとかバーグルの名前も出しておこう
メレディ:そうだね
メレディ:ゴブリンの襲撃は撃退できたのね。役には立ったか

ジョエル・サスタス:お疲れ様でしたー
メレディ:お疲れさまでした~
メレディ:ワインくすねて良かったね
メレディ:強盗だw
ジョエル・サスタス:話だけ聞くとこちらが悪党みたいだw
メレディ:焼き印って家畜じゃないんだから
ジョエル・サスタス:魔法使いの経験値ってどのくらいでしたっけ?
メレディ:魔法使いは経験値沢山かかるからねぇ苦難の道ですよw


予定時間より30分早く終わったので、次回「ホブゴブリンの王」のワイルダネスパートをやりました。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=150592751624COBRA

ジョエル・サスタス:ウィルダネスか。
メレディ:ワイルダネスも面白いよね
メレディ:なるほど。それなら参加してもいいかな?
ジョエル・サスタス:参加したいですね。
システム:メレディさんのロール(1D8) → 5 (5)
メレディ:丘に不気味な墓地がある
システム:ギャレットさんのロール(1d8) → 1 (1)
メレディ:うーん…
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d8) → 6 (6)
メレディ:数百年前丘の上に修道院
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d8) → 3 (3)
メレディ:ん~
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 8 (5、3)
メレディ:なんか、色々と探ったら出てきそうな感じはありますね
ジョエル・サスタス:丘の上に墓地と修道院。さらに魔女とオグルの群れか…
メレディ:行ってみます?
ジョエル・サスタス:まあ、他に行くあてもないし、行ってみましょうか。
システム:メレディさんのロール(4D8) → 12 (3、4、1、4)
メレディ:人食いグールかー
メレディ:必要なのは油と松明と聖水かな
ジョエル・サスタス:次回までに聖水を買っておこうか…
メレディ:聖水高いんだもん
ジョエル・サスタス:ああ、そっか。魔法使いは1000払って呪文も覚えなあかんしなー
メレディ:魔女がいるなら、スペルもあるかもね
メレディ:爺さん?
ジョエル・サスタス:アントンじゃなきゃいいや
メレディ:www
メレディ:村の長老か
メレディ:何処にいるの?
メレディ:じゃあ、くすねたワインを爺さんに揚げよう
メレディ:美味しいかどうかは知らんw
ジョエル・サスタス:「毒見係w」
メレディ:ドラゴン?
ジョエル・サスタス:危険な場所やなぁ
メレディ:なかなか楽しそうだなぁw
メレディ:キャラ的にその話を聞いたらチャレンジしに行きたくなっちゃうね
ジョエル・サスタス:呪文書が欲しいなw
メレディ:川を渡るのか
メレディ:船がないとね
ジョエル・サスタス:漁師は渡してくれないのか…
メレディ:無くなったら困るもんね
メレディ:一回買って、帰って来れたら売るとかw
メレディ:船の値段は?
システム:COBRAさんのロール(1D4) → 3 (3)
メレディ:70gpか
メレディ:渡し賃は1人につき?
メレディ:帰りがあるかどうかだよねー
メレディ:待っててくれるのかしら?
メレディ:なるほど
ジョエル・サスタス:ふむふむ
メレディ:まあ、船を繋いでおいて、無事かどうかもあるからなー
ジョエル・サスタス:船が壊れてたら泣くに泣けないな
メレディ:今回は渡してもらおう
メレディ:「これは?」
メレディ:ヒーリングポーション3回分
ジョエル・サスタス:いいね
メレディ:なんか凄いアイテムだな
メレディ:「土産話、期待してな」
メレディ:特にないなら右側でいいですか~?
ジョエル・サスタス:はい
メレディ:15メートルの滝
メレディ:綺麗な場所だね
メレディ:ロッククライミングからスタートか
ジョエル・サスタス:登れるかな……
メレディ:ナタリ、おねがい~
システム:ナタリ=キャホ・バーンズさんのロール(1d100<=89) → 成功 87 (87)
ジョエル・サスタス:ぎりぎりw
メレディ:ギリギリ
メレディ:「こわ~w」
メレディ:洒落にならないね
ジョエル・サスタス:「落っこちなくてよかったわ」
メレディ:じゃあ、キリキリ登るよ
メレディ:池みたいなのね
ジョエル・サスタス:池じゃないあたりが味噌ね
メレディ:綺麗なのか
メレディ:食べられる実が付いてるかな?調べましょう
ジョエル・サスタス:食べてみる?
メレディ:池に魚もいるのね
ジョエル・サスタス:魚がいるなら水は飲めるかな
メレディ:大きなラズベリー
メレディ:1つもいで見ようか
ジョエル・サスタス:ラズベリーはおいしそうw
メレディ:匂いが美味しそうだったら
メレディ:ちょっと齧ってみましょうか
ジョエル・サスタス:ここで食べてみる?と聞くべきだったw
メレディ:じゃあ、ちょっとだけ
メレディ:おお、美味しい
ジョエル・サスタス:が、その後腹を下すとか…w
メレディ:えー
システム:メレディさんのロール(1D4) → 2 (2)
メレディ:凄いな、この木の実
ジョエル・サスタス:なに?
メレディ:持ち歩きは難しいかもだけど
メレディ:これでジャムとかジュース作ったら回復するアイテムになりそう
ジョエル・サスタス:栽培する研究なら私やってみようかな?
メレディ:だめかーw
メレディ:ポーションの原料になるなら凄い事になるよね
ジョエル・サスタス:実をとって種を回収しましょう
メレディ:実から種を取ってジョエルに渡そう
メレディ:え?
メレディ:じゃあ、接ぎ木して増やすタイプか
ジョエル・サスタス:じゃあ、苗を持って帰らなければダメなのか
メレディ:増えればだけどね
メレディ:まあ、怪我したらここに食べに戻ってくればいいかな?
メレディ:そういいながらむしゃむしゃ食べます
メレディ:おいしいな~
ジョエル・サスタス:じゃあ、食べ終わった人から種だけもらっておきましょう
メレディ:「ざんねん、種はなかったのだ><」
ジョエル・サスタス:味見してみよう
ジョエル・サスタス:「本当だ。美味しいけど、種がない…」
メレディ:怪我してて食べたら感動したんだろうね
COBRA:残り17
ギャレット:1ついただいておきます
メレディ:どっちへ行く?
COBRA:残り16
メレディ:じゃ、南の池だかがある方行こうか
ギャレット:そうしましょう
ジョエル・サスタス:ですね
メレディ:こっちの池は汚いのか~
ジョエル・サスタス:嫌な予感w
メレディ:テント?数あります?
メレディ:獣皮が5、葉っぱが3つ
ジョエル・サスタス:グールとか?
メレディ:グールはテントいらないんじゃないかな
メレディ:ゴブリンとかオグルかなぁ
ジョエル・サスタス:あ、そっちね
ジョエル・サスタス:オグルって強そうだし…
メレディ:葉っぱがゴブリンかな
ジョエル・サスタス:ゴブリンならまだ何とかなるかもしれないけども…
メレディ:じゃあ、記憶に残しておいて戻りますか
メレディ:更に南に行く?
メレディ:スル―して南に行きましょう
ジョエル・サスタス:行こう行こう
メレディ:環境に良くないねw
メレディ:先に何かあるなら、見に行ってみましょうか
メレディ:用心しつつ
メレディ:コテージ?
ジョエル・サスタス:「噂の魔女の家っていう奴かな?」
メレディ:回りも人の手が入っているのかな
メレディ:こっそり中がのぞけないかな
ジョエル・サスタス:魔法関係の品が欲しいなあ
メレディ:「ごきげんよう、ご婦人がた」
メレディ:どんな感じのおばあさん?
COBRA:http://1.bp.blogspot.com/-JzKsTY3-f8s/Vgl9PFpTFbI/AAAAAAAAB-M/oT4vJx8wmak/s1600/DnDB4Interior.jpg
メレディ:「…折角だ。御相伴にあずかろうか」
メレディ:と、私は付いていこうかと思います。みんなはどうする?
ジョエル・サスタス:「まあ、貴重な機会だし、誘いを受けましょうか」
メレディ:20フィートのコテージだったのに、なんか凄い広い
メレディ:これか、あばら家が宮殿「見た目とちがって、広い」
ジョエル・サスタス:こんな魔法が使えるなら、このおばあさん凄い術者なんじゃ?
メレディ:そうなんじゃないのかね
メレディ:「有難く頂きます」そういって、お茶を飲んでお菓子を摘まみます
ジョエル・サスタス:「同じく、いただきます」
メレディ:「庭も綺麗ですし、おかしいも美味しいです」
ジョエル・サスタス:「自然が豊かでいいところですねえ」
メレディ:「この辺りに住んで長いのですか?」
メレディ:「この丘についていろんな噂を聞いたんですが…」

メレディ:了解です
ジョエル・サスタス:了解です
メレディ:ありがとうございます
メレディ:アイテムの分配もここの掲示板でしましょう。お疲れさまでした
ジョエル・サスタス:ありがとうございました
メレディ:ノシ
ギャレット:お疲れさまでした~ 次回もよろしくお願いします
ーーー
続きは此方です。
https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic150616727816
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。