【D&D5版】リプレイ「【Tomb of the Ghast Queen】3」

蘇民將來リプレイ  2
登録日:2017/10/22 01:32最終更新日:2017/10/22 01:32
※参加者向けの備忘録として
 尚、オリジナルシナリオからギミック・脅威度等を若干変更。

蘇民將來:皆さん、お集まりいただきありがとうございます
蘇民將來:準備が整いましたら、部屋10(骨)からの続きとさせていただいてもよろしいでしょうか?
ターダック・アースチョッパー:了解です
イメルダ:了解しました
ソラディン:はい
レイリア:OKです
蘇民將來:ありがとうございます
蘇民將來:骨との1戦終えたあととして、暗視が効くキャラが多いので南北の状況を説明いたします
蘇民將來:北11
蘇民將來:煤けております(何かが大量に燃えた跡のような
蘇民將來:南9
蘇民將來:東側の天井が崩落しています
蘇民將來:ぱっと見たところ、そんな感じです
ターダック・アースチョッパー:燃えた跡はまだ新しいです?
蘇民將來:結構時間が経っているようですね
ガース:どちらからいきますかね
イメルダ:北と南、物音や動くものの気配を感じないか

ターダック・アースチョッパー:南かなあ、頻繁に来ないとはいえ炎を出すものはこわい
イメルダ:知覚で調べてみたいです
蘇民將來:では、難易度10でチェックを
システム:イメルダさんのロール(1d20+4) → 10 (6)
ソラディン:私も
ターダック・アースチョッパー:おお
蘇民將來:おぉ成功
イメルダ:ぴったり成功です
ソラディン:おー
蘇民將來:では、ソラディンもお願いします
システム:ソラディンさんのロール(1d20+2) → 22 (20)
蘇民將來:素晴らしい
イメルダ:20!
ターダック・アースチョッパー:んむんむ
ソラディン:まさかの20w
蘇民將來:物音は聞こえません。ソラディンは南の天井崩落が自然(経年劣化)によるものだと判る
ターダック・アースチョッパー:手がついてないのかな、比較的
ソラディン:そのようですね
ターダック・アースチョッパー:床が抜けないよう気を付けながら進みますか
ターダック・アースチョッパー:っていうか、知覚で先の床を見れます?
蘇民將來:はい
蘇民將來:ターダックとソラディンは9のエリアに踏み込んだ立ち位置で宜しいですか?
ターダック・アースチョッパー:はい。
ソラディン:はい
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「床を見る(知覚」ロール(1d20+4) → 10 (6)
蘇民將來:床に不自然な状況は見受けられません。また、天井が崩落している此の部屋には何の関心を引くものも無さそうだ。
蘇民將來:恐らく油絵や彫像といった芸術品を収容するのに使われていたのだろうが、今は瓦礫があるだけ。
ターダック・アースチョッパー:芸術品があれば、当時の文化とかわかったのにな。なんかの風習の絵があったりとか
ターダック・アースチョッパー:とりあえず、もうちょい先に進んでみますか
ソラディン:そうしましょう
レイリア:そうしましょう
イメルダ:はい
ガース:おk
ターダック・アースチョッパー:マーチングオーダーはこんな感じでいいかな?
ターダック・アースチョッパー:と言っても行き止まりになりそうですが
蘇民將來:南に少し進みますと、開けた空間が
イメルダ:イメルダは弓も撃てますし、この位置でよいかと
蘇民將來:青いマーキングの所に
ガース:まあこっちは本命ではない
蘇民將來:(イメルダが持っている照明を反射するものがあるのか)キラっと光ったような
ソラディン:まぁ目的は宝探しですし、何か金目のものでもあればそれはそれで!w
イメルダ:なにかあるのかな? 気になりますね
ターダック・アースチョッパー:まぁねー
レイリア:何かあるなら気になりますね
蘇民將來:この部屋は床や壁に幾何学的な模様が彫られており、Divination Room(占術の部屋)だったと思われるが、以前の盗掘で完全に破壊されたようである。
レイリア:何てことを・・・
蘇民將來:暗視の効くドワの方々はDC10で、
ターダック・アースチョッパー:幾何学模様だったら罠を警戒してもいいかもだけど、どちらかっていうと魔法的なものかな
イメルダ:動くものはいないでしょうか?
システム:ターダック・アースチョッパーさんのロール(1d20) → 18 (18)
システム:ソラディンさんのロール(1d20) → 20 (20)
蘇民將來:判定は余裕の感じですね。動くものは見当たりません。
ターダック・アースチョッパー:カッティングパイで左右に敵がいないか確認しながら前進
蘇民將來:光るのもは、金貨(3枚)が見える
レイリア:金貨から年代がわかりますか?
蘇民將來:加えて
ターダック・アースチョッパー:3枚ぽっち…ただそれがあるだけじゃおもしろくないな、なにかうらがあってもいいな
ソラディン:破壊された時期とかは分かりますか
蘇民將來:赤くマーキングしたエリアの床は、幾何学的な模様が薄くなっているのに気がつく
ターダック・アースチョッパー:そこだけが薄く?
蘇民將來:ソラディンは再度20出しているんですよね
イメルダ:人が頻繁に通って、そこだけ磨り減ってるとか?
レイリア:そうかもねぇ>イメルダ
蘇民將來:イメルダ惜しい、ソラディンには「溶けて溝が薄くなっている」のが判ります
ターダック・アースチョッパー:溶けて…
イメルダ:床って石造りですよねw
ソラディン:溶けている?
ターダック・アースチョッパー:硫酸みたいなのがあるとしたら、金ぐらいしか残らないよな
ターダック・アースチョッパー:いや、石も一応大丈夫か
イメルダ:天井を警戒して見てみます
蘇民將來:石は構成にもよるでしょうね
ガース:まあ溶かす生物もいるが、知覚の数値を見るとそれを見破れないほどでもない
蘇民將來:イメルダDC5で
システム:イメルダさんのロール(1d20) → 7 (7)
イメルダ:出目だけで成功です
蘇民將來:天井(の南東隅の方)にタール状?のシミ?みたいなものが見える
レイリア:シミ・・・
ターダック・アースチョッパー:ジャヴェリンがとどけば、先っちょをそのシミにつけてみようかな
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 1 (1)
蘇民將來:どうぞ
ターダック・アースチョッパー:ではちょいとさわってみます、ジャヴェリンの先で
蘇民將來:シミに見えたものが、ぼとっと落ちてきます
システム:キャラクターリストにOが追加されました。
ターダック・アースチョッパー:ぐえ、まさか能動的に落ちた
レイリア:Oh。。。
ターダック・アースチョッパー:スペルキャスターに任せないとな
蘇民將來:飢餓状態に有ったのか貴方達に気が付かなかったようですが、目の前にご馳走が
ソラディン:あぁこんなところじゃ獲物もいなさそうですしね
蘇民將來:といった状況でしょう
ガース:まあありがちですな
ターダック・アースチョッパー:「しまった、こいつ金属まで食うんじゃ…」
蘇民將來:イニシアチブどうぞ
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「イニシ」ロール(1d20+2) → 5 (3)
システム:レイリアさんの「イニシアチブ」ロール(1d20+2) → 13 (11)
システム:イメルダさんのロール(1d20+3) → 7 (4)
システム:ソラディンさんのロール(1d20) → 14 (14)
蘇民將來:どなたかプリンセスの分をお願いします
システム:ターダック・アースチョッパーさんのロール(1d20) → 13 (13)
ターダック・アースチョッパー:でも姫様多分これを食いもんとして認識はしない…
蘇民將來:ガースもイニシアチブお願いします
システム:ガースさんのロール(1d20) → 13 (13)
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 7 (7)
蘇民將來:-2で5
ガース:DEXは低いのか。まあ早くても遅くても納得は行くが
レイリア:一旦逃げるとか?
イメルダ:こっちが先に動けますね
ガース:魔法陣に期待か
ターダック・アースチョッパー:ソラディン>レイリア、姫、ガース>イメルダ>ターダック>うーず
ソラディン:遠くからちまちま行きますか
ターダック・アースチョッパー:まぁそうなのかな、下がりつつ
蘇民將來:では、手番順にどうぞ
レイリア:捕まったら耐えられないなHP的に
ソラディン:戦う感じでいいんですよね
ガース:追ってこないなら放置でもいいけど、追ってきたら厄介ですね
ターダック・アースチョッパー:たしかに
イメルダ:お腹すいてるみたいだし、おってきそう
ソラディン:扉とかはないんでしたっけ
ソラディン:この部屋は
ターダック・アースチョッパー:たぶんみんな遠隔かなぁ、素早くないことを祈って
蘇民將來:はい、南北吹き抜け(なので冒頭に遠目から様子を伺えたわけです
ソラディン:了解
ソラディン:んでは、部屋の入り口付近でセイクリッド・フレイムを打ちます
イメルダ:天井が崩れてるくらいですよね>扉
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 2 (2)
蘇民將來:燃えてます
ソラディン:命中!
システム:ソラディンさんのロール(1d8) → 2 (2)
ソラディン:ダメージは低いな
蘇民將來:次の方どうぞ
ターダック・アースチョッパー:キャントリップですしね
ガース:まあ積み重ねましょう
レイリア:イメルダの後ろに移動して
ソラディン:ですね
ガース:私は投げる武器もないから本当に傍観しかない
ターダック・アースチョッパー:出は姫は一目散に逃げだすでしょうね。期待値ワンパン死亡だし
レイリア:ウーズが見えたらレイオブフロストを打ちます>待機
ターダック・アースチョッパー:お、4版式に待機アクション出来るんでしたっけ
蘇民將來:おkです
レイリア:ベーシックに待機ってありましたよ
ターダック・アースチョッパー:おお、苦手な行動だからつい忘れてしまう…
ターダック・アースチョッパー:ガースですね
ガース:ううむ
ガース:ちょっと下がっておくか。盾になろうかとも思ったけど瓦礫で視界も悪いし
ガース:あまり見えなくなっても困る
ガース:というわけで次どうぞ
ターダック・アースチョッパー:イメルダです
イメルダ:では
ターダック・アースチョッパー:LV2でしたっけ今
イメルダ:前回の分で上がりました
ターダック・アースチョッパー:おお
ターダック・アースチョッパー:ボーナスアクション隠れ味>攻撃できますね
ターダック・アースチョッパー:どこに隠れるかがですが
イメルダ:9の数字のところまで移動して
蘇民將來:瓦礫をですね
イメルダ:ウーズを狙って弓を撃てますか?
蘇民將來:では、ノロノロと(10’
蘇民將來:どうぞ
システム:イメルダさんのロール(1d20+5) → 21 (16)
ターダック・アースチョッパー:ん、瓦礫
蘇民將來:余裕で命中
ターダック・アースチョッパー:後知恵ですみません、瓦礫ってカバーに使える感じです?
システム:イメルダさんのロール(1d6+3) → 7 (4)
蘇民將來:まぁ、崩落が図の通りですので
ガース:抵抗や無効が心配ですが果たして。
イメルダ:とりあえず今回は普通に攻撃します
蘇民將來:ブスッと刺さります
蘇民將來:レイリアも射程内に入っているようなら、待ちの攻撃をどうぞ
イメルダ:刺突7ダメージ
ターダック・アースチョッパー:わたしも今ジャベリン投げます
蘇民將來:お願いします
ターダック・アースチョッパー:あ、先どうぞ
ガース:投擲武器でも用意しないとなぁ。ハルバードだけだから溶けると困る…
レイリア:待機攻撃しますね
蘇民將來:お願いします
システム:レイリアさんの「レイ・オブ・フロスト」ロール(1d20+5) → 21 (16)
レイリア:よし
蘇民將來:うわ~痛い
システム:レイリアさんの「[冷気]ダメージを受け、君の次のターン開始時まで移動速度が10フィート減少する。」ロール(1d8) → 4 (4)
ターダック・アースチョッパー:あ
イメルダ:移動速度0になる?w
蘇民將來:はい、効いてますね。見た目も汚いゼリーが汚いシャーベットになった感じ
ソラディン:おー、それはありがたいw
ターダック・アースチョッパー:ではこちらもジャヴェリン投げ
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「ジャヴェリン」ロール(1d20+5) → 14 (9)
蘇民將來:アタリ
システム:ターダック・アースチョッパーさんのロール(1d6+3) → 4 (1)
レイリア:これは当て続けられれば封殺できるか
イメルダ:動けないならやりたい放題ですね
蘇民將來:(汚いシャーベットに)ジャベリンが突き刺さっている
ターダック・アースチョッパー:溶けなくてももう触りたくないな
蘇民將來:で、(飢えた)オーカー・ジェリーは動けず
ガース:オーカー・ジェリーのほうか
蘇民將來:以上
ガース:ではそらでぃんからですね
ソラディン:再びこちらですね
蘇民將來:はい
ソラディン:じゃあもういっちょフレイムを
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 12 (12)
蘇民將來:命中
システム:ソラディンさんのロール(1d8) → 7 (7)
ソラディン:7点!あとは一応ターダックの後ろへ移動します
蘇民將來:いいで目でしたね。シャーベットが砕けます
レイリア:凍ったウーズがデロデロに
ガース:「やれやれだのう」
ソラディン:おー、倒したか
蘇民將來:450xp(何もできずに終了…
イメルダ:お見事!
レイリア:よかったよかった
ターダック・アースチョッパー:「きったねぇなあ、どうしてこんな奴が、誰かが置いたのかな…」
蘇民將來:金貨三枚を回収できます
ターダック・アースチョッパー:姫の餌代だな
蘇民將來:贅沢なw
ターダック・アースチョッパー:だって約束しちゃったもん、これ終わったらいい肉与えるって
蘇民將來:他に目ぼしいものは食われてるのでしょう。何も無さそうです
ガース:では↑いきますか
イメルダ:では引き返して北へ向かいますか?
ターダック・アースチョッパー:ですね
レイリア:下手に消耗せずにすんで良かったですね
ソラディン:そうしますか
レイリア:残りの部屋を見て回りましょう
ソラディン:無傷だったのはホントありがたいですね
蘇民將來:後退して遠距離は良い戦術でしたね。無理に四つ相撲を取る必要はありませんので。では11で
ターダック・アースチョッパー:うんうん

蘇民將來:暗視で+30’先を見ると
蘇民將來:この部屋は放火によって破壊され、絵画や彫刻が焼き払われた形跡がある。天井は煤けており、割れたり炭化した欠片が散乱してる。
蘇民將來:パッと見た感じは以上です
ターダック・アースチョッパー:「ちっ、誰だかわからねえが意味のない破壊をしやがって…」
ガース:「普通に殴れる相手がおらんかな」
ソラディン:「ひどいもんだな。これじゃまともなもんは残ってなさそうだ」
イメルダ:いったい誰がこんなことをやったのかしら?
三年寝太郎:「こんなところで火を使うなんて」
ターダック・アースチョッパー:そうだ、酸素が薄くなってたりはないです?
蘇民將來:殴れる相手が居ないかDC10で >ガース
蘇民將來:焼かれてから年月が経っているのかガスや酸欠の心配は無さそうです
システム:ガースさんのロール(1d20) → 12 (12)
ガース:成功
蘇民將來:成功
レイリア:そんなこと言いながらバーニングハンズとか使っちゃったりしますけどねw
蘇民將來:燃えかすの中に
システム:キャラクターリストにAが追加されました。
システム:キャラクターリストにBが追加されました。
ガース:なんだろこれ
レイリア:ヤムチャと、Bはなんだろ
ソラディン:画像がw
ターダック・アースチョッパー:動いたらヤバそうだな
蘇民將來:炭化した遺体が見つかるが、何故か全て南(貴方達の方に)頭が向いている
レイリア:実は這い寄ってきてる?
ターダック・アースチョッパー:宗教的なものか、それとも俺たちに本当に向かってか…
蘇民將來:Bもヤムチャ(今やっているオリジナルストーリーの)です
ソラディン:こっちに向かって逃げていたと中途とか?
ガース:今は動いてないのですよね
イメルダ:何かから逃げようとして背中から燃やされた感じですかね?
蘇民將來:はい、動いていません。詳細についてはDC15を振ってみて下さい
ターダック・アースチョッパー:何判定でしょうか?
蘇民將來:状況判断に使えそうな得意なものを宣言して頂ければ
ターダック・アースチョッパー:とりあえず知覚かなぁ
システム:ターダック・アースチョッパーさんのロール(1d20+4) → 11 (7)
レイリア:近づかないなら知覚かなぁ
ターダック・アースチョッパー:だめだ
ガース:知覚くらいしかないな
システム:ガースさんのロール(1d20+3) → 22 (19)
ソラディン:じゃ医術で死体の様子を遠めに見てみます
システム:レイリアさんの「知覚」ロール(1d20+5) → 23 (18)
システム:ソラディンさんのロール(1d20+4) → 17 (13)
システム:イメルダさんの「同じく知覚」ロール(1d20) → 3 (3)
イメルダ:+4しても失敗です
蘇民將來:焼死体の周囲の、炭と化しているもの(かつての財宝)が
蘇民將來:押しのけられているような形跡や
蘇民將來:焼死体がしばらく床を這いずった跡が判ります
ガース:ガスト……でもないか
ターダック・アースチョッパー:第三者がいなければ、これは動くやつだ
レイリア:「なんとも惨い」
蘇民將來:ソラディンは(燃えた跡も)結構動いていたことが判ります
ターダック・アースチョッパー:普通の死体だったとしたら、いざこざでもあったんだろうか
レイリア:「とりあえず、アシッドスプラッシュでもぶっかけてみます?」
ソラディン:普通の焼死体ということかな
蘇民將來:どうぞ
ガース:離れて干渉できるならどうぞ
ソラディン:普通のというのもへんだけど
イメルダ:でも、炭化するほど燃えてるのに、動き回れるものでしょうか?
ガース:とりあえず動きがないようなら近づこうとは思いますが
レイリア:射程はあるんでこの位置から
レイリア:敏捷セーブですけど、動かないなら掛かったでいいですか?
蘇民將來:回避はありません(返事がない、ただのヤムチャのようだ…
ソラディン:あーなるほど
ソラディン:>炭化しているのに動き回れるか
蘇民將來:炭にサイダーでも振ったようにジュクジュクと
レイリア:掛けたのは一番手前のやつです
蘇民將來:ソラディンどうぞ
ソラディン:念のため、私もセイクリッドフレイム打っておきます
蘇民將來:回避はありません(以下同文
蘇民將來:炭に火を近づけたみたいに
イメルダ:本当にただの死体ぽいね
ソラディン:了解 敵というわけではなさそうですね
レイリア:「やはり反応は無しですか」
蘇民將來:反応はありません
ソラディン:「妙な遺体だが、この先に進めばその原因が分かるかもしれんな」
ガース:問題はアレをそうしたものがここにいるorあるかもしれない
ターダック・アースチョッパー:「非礼を許し給え、あとで必ず弔おうぞ」>そのあとソラディンを見やる
ソラディン:反応がないなら進んでしまいますか
イメルダ:そうしましょう
レイリア:そうですね
ターダック・アースチョッパー:しかしあれを吐く生き物がいるなら、総力戦になりそうだ
ソラディン:「そうだな、彼らの冥福を祈ろう」

蘇民將來:残骸だらけですがそれなりに広く、西に開けています
ガース:さて西には何がある?
蘇民將來:ツートップが(暗視で)覗くと12の空間は、床・壁・天井が美しく整えられており、荘厳な雰囲気を感じる。
蘇民將來:そして部屋の中央には大理石でできた石棺も見える。
ターダック・アースチョッパー:異様だな、ここがいきなり…
イメルダ:ここは燃えてないんですね
蘇民將來:はい
レイリア:「ここだけ無事というのも変ですわね」
ターダック・アースチョッパー:「夢でも見ているんじゃなかろうか、ここだけ」
ガース:「なんもおらんのか。つまらんの」
ソラディン:「確かに妙だな」
イメルダ:遠くから石棺を観察してみて、宗教技能でなにかわかるか試してみます
蘇民將來:燃やされたのは宝が有ったであろう部屋11ですね
蘇民將來:>イメルダ DC10で
システム:イメルダさんの「宗教」ロール(1d20+3) → 14 (11)
ターダック・アースチョッパー:こちらは石工の感(歴史ボーナス)で調べるかな
イメルダ:成功です
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「石工の感」ロール(1d20+3) → 4 (1)
蘇民將來:特段宗教的な(又は呪詛的)な文様等はありません
レイリア:美術品的なものが飾られてたりしますか?
蘇民將來:床・天井・壁に劣らず手の込んだ飾り立てはされております
蘇民將來:あと、前衛二人は部屋の奥、南側が開いてるのがうっすらみえる
ターダック・アースチョッパー:足を踏み入れる系だと、コインでも投げ入れてみれば何かわかるかもしれない
蘇民將來:>ターダック コイン投げますか?
ターダック・アースチョッパー:1gpやってみましょう
蘇民將來:ターダックがコインを投げると、カラカラと音を立てて床に転がる音が
ターダック・アースチョッパー:「…穴みたいのはないみたいだな、たぶん」
レイリア:扉空いてるならだれかいるかも?
蘇民將來:奥は南に伸びている通路のようですね
レイリア:あ、通路か扉じゃなくて
蘇民將來:今の位置ですと見える範囲は此のくらいです
レイリア:それじゃ、奥から物音がしないか聞き耳立ててみてから通路前まで行く感じかな?
ソラディン:そうしましょう
ターダック・アースチョッパー:うんうん
イメルダ:OKです
ソラディン:そこで罠とかなければ、準備整えて行ってみましょう
蘇民將來:赤いマークのアタリでしょうか?
レイリア:そうですね>赤いマーク
ターダック・アースチョッパー:とりあえず、ここまで移動
ガース:行ってみますかね
イメルダ:棺はスルーします?
蘇民將來:>ソラディン 罠チェックならDC10です
システム:ソラディンさんのロール(1d20) → 9 (9)
蘇民將來:どうぞ
ターダック・アースチョッパー:ではこちらも
ソラディン:たりなかった
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「知覚」ロール(1d20+4) → 12 (8)
蘇民將來:成功。罠は無い!
イメルダ:赤マークまで移動したら聞き耳「知覚」判定をば
ターダック・アースチョッパー:先行します?>イメルダ
蘇民將來:はいDC10で
イメルダ:それでもいいです。では先行で
システム:イメルダさんの「知覚」ロール(1d20+4) → 24 (20)
蘇民將來:おぉ20。静かです
ソラディン:おー
イメルダ:壁の向こうのもぐらの気配も感じ取れそうw
ターダック・アースチョッパー:ふうむ
蘇民將來:その他、皆さん判断DC15を振ってみて下さい
イメルダ:では、合図して仲間を呼びますか
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「判断セーヴ」ロール(1d20+2) → 9 (7)
システム:レイリアさんの「判断」ロール(1d20+2) → 21 (19)
蘇民將來:イメルダ、ソラディンも罠・聞き耳と別で
システム:ソラディンさんのロール(1d20+2) → 6 (4)
レイリア:おk
蘇民將來:レイリア成功
システム:イメルダさんのロール(1d20+2) → 12 (10)
イメルダ:失敗です
蘇民將來:姫が部屋11に興味を引くような何かを見つけたようだ
ターダック・アースチョッパー:おお
ガース:おお
レイリア:待って、姫が何かみつけたみたい
ガース:姫が見つける興味あるもので石棺のある部屋にある物……骨?w
イメルダ:なんだろう、見てみましょう
ターダック・アースチョッパー:ですね
ソラディン:なんでしょうね
蘇民將來:興味を示したのは先のヤムチャがあった部屋です
レイリア:気になるものは全部消していきましょう
蘇民將來:其処にはひんやりと
ターダック・アースチョッパー:え
蘇民將來:ガラスのように透き通った冷たい矢が4本
レイリア:アイスアロー的な?
蘇民將來:レイリア正解、財宝が燃えた跡でも残ったようです
ソラディン:我々も使えるものかな
ターダック・アースチョッパー:触って低温やけどしないといいけど
ガース:弓使いじゃないしなぁ
蘇民將來:Arrow of Frost、コモン
ガース:ああ。
蘇民將來:霜の矢は 、氷だけで作られているかのように見えますが、溶けません。 矢がターゲットに当たったとき、矢は魔法の氷を少量生み出すので、追加で1d8のダメージを与えます。  霜の矢がクリーチャーに追加ダメージを与えると、それは破壊される。
レイリア:イメルダが持つといいんじゃない?
ターダック・アースチョッパー:ですね
イメルダ:そうですね。ありがたく使わせていただきましょう
ソラディン:ですね
ソラディン:4本とはいえ、1戦闘ならたりそう
蘇民將來:コモンの割に使い捨て故か、追加ダメがそれなりにありますからね
ターダック・アースチョッパー:クリティカルすれば2d8だからね、おっかね
蘇民將來:では、赤マークの所に戻る状況で宜しいでしょうか
レイリア:急所と合わせれば瞬間火力はかなり
イメルダ:おおー確かに。
ターダック・アースチョッパー:はい。
ソラディン:だねぇ
イメルダ:はい
ガース:3レベルでアサシンになれば不意打ちは自動クリティカルだから怖い怖い

蘇民將來:ツートップのお二人が赤マークの位置から(暗視で)覗く感じで宜しいですか?
ガース:おk
ターダック・アースチョッパー:はい。
蘇民將來:ガースとターダックが覗くと、行き止まりに石造りの扉
ガース:先生お願いしますw<扉
イメルダ:扉の前まで歩いていって
ターダック・アースチョッパー:まずは知覚ですね
蘇民將來:通路幅は10’で二人が並べます。扉に近づく前に少し隙間が空いていることがわかります
イメルダ:それなら
イメルダ:隠密で先行して隙間からなかを覗いてきましょうか?
ターダック・アースチョッパー:あ、いいですね
レイリア:お願いします
ターダック・アースチョッパー:ではジャヴェリン構えてバックアップします
ソラディン:お願いします
イメルダ:では、いきます
ガース:なんか出てきたらぶった卓準備だけしておこうw
システム:イメルダさんの「隠密」ロール(1d20+7) → 27 (20)
蘇民將來:こんな感じでしょうかね(隊列
レイリア:すばらしい
ターダック・アースチョッパー:はい。
蘇民將來:凄いな
ターダック・アースチョッパー:おお!
レイリア:隊列OKです
蘇民將來:ヒロイックな出目のでインスピを
イメルダ:20は命中の時でてほしいw ありがとうございます!
蘇民將來:イメルダが扉に近づいて隙間から覗くと
システム:キャラクターリストに1が追加されました。
レイリア:なんかおる
ガース:戦士
イメルダ:なんかいますね
蘇民將來:禍々しい気配を帯びた人影が
ソラディン:人型のようですね
ガース:女王の没落の原因になったのって
ガース:たしか剣闘士か戦士か何かだったよね
ターダック・アースチョッパー:ああー
イメルダ:そういえば…
レイリア:あー
蘇民將來:>ガース正解 インスピどうぞ
蘇民將來:あんな姿です
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 10 (10)
ガース:ふむふむ
イメルダ:部屋のようすとかはわかりますか?
ターダック・アースチョッパー:CD&Dみたいにさっとデテクトできればいいんだけどなあ
蘇民將來:南の角は崩れていますが、瓦礫の下に棺があったようです
蘇民將來:青マークの所
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 2 (2)
イメルダ:では、もどってみんなに見たことを伝えます
ターダック・アースチョッパー:ではハンマーに構えなおして突入準備
ガース:「ようやく本気で殴り合えそうな強敵かの」
ソラディン:あ、ここでブレス使っておきますかね
ターダック・アースチョッパー:ありがたい
ソラディン:3人までなので
ソラディン:ターダック、イメルダ、ガースかな
ソラディン:呪文が終了するまで、目標は攻撃ロールまたはセーヴィング・ス ローを行なう時には常に、1d4をロールして、その結果を攻撃ロ ールまたはセーヴィング・スローの結果に加算できる
ターダック・アースチョッパー:「呪われている存在なら、解放してやりたいな」
イメルダ:了解です!
ガース:「戦士ならば戦って死ぬのが本望であろうよ」
レイリア:OK
蘇民將來:格好いいですね
ターダック・アースチョッパー:「お前がそう思うならそうかもしれない、が、少なくともそれができずにいたのかもしれないな」
ターダック・アースチョッパー:ではいきましょう
蘇民將來:扉を開きますか
ターダック・アースチョッパー:はい。
ソラディン:はい
イメルダ:はい
蘇民將來:ターダックが扉を開くと
レイリア:はい
ガース:オープンザゴマ
蘇民將來:(暗視が有るにも関わらずイメルダの気配を感知できなかった)嘗ての剣士が
ソラディン:「みんなに祝福を!呪われた相手ならば有効じゃろう」>さっきの三人へブレス
蘇民將來:イニシアチブです
システム:ターダック・アースチョッパーさんのロール(1d20+2) → 20 (18)
イメルダ:勘が鈍ってる>嘗ての剣士
システム:ガースさんのロール(1d20+2) → 12 (10)
システム:レイリアさんの「イニシアチブ」ロール(1d20+2) → 14 (12)
システム:イメルダさんのロール(1d20+3) → 18 (15)
システム:ソラディンさんのロール(1d20) → 3 (3)
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 6 (6)
蘇民將來:+2で8
ターダック・アースチョッパー:「そなたはおそらく苦しんでおられる。そなたの苦しみを終わらせたく候、いざ尋常に!」
ターダック・アースチョッパー:ダック>イメルダ>レイリア>ガース>ボス>ソラディンの順
ターダック・アースチョッパー:ではさっそく攻撃しましょう
システム:ターダック・アースチョッパーさんのロール(1d20+5) → 11 (6)
ターダック・アースチョッパー:ぐぬ
ガース:(ブレスの)+1d4を忘れずに
ターダック・アースチョッパー:では怒涛でもう一回
蘇民將來:ですね
ガース:ブレス分の
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「サージ」ロール(1d20+5+1d4) → 12 (5、2)
ソラディン:攻撃ロールのときですね
蘇民將來:ハズレ
ターダック・アースチョッパー:どのみち堅そうだな、鎧によってはきつい
ターダック・アースチョッパー:終了
イメルダ:ではお次。部屋のなかに入って右上の角まで移動します
蘇民將來:はい
ターダック・アースチョッパー:最後っぽいからインスピ切ってもいいですね
蘇民將來:どうぞ
イメルダ:アローオブフロストで射撃します
システム:イメルダさんのロール(1d20+5+1d4) → 16 (10、1)
蘇民將來:アタリ
蘇民將來:通常+追加D8
ターダック・アースチョッパー:チェインぐらいかな>AC
ガース:このあと女王のゴーストとか出てこなければ、かなぁ。11の火も不明だし。こいつ自身は如何にも殴ってきそうなタイプではある
システム:イメルダさんのロール(1d6+3+1d6+1d8) → 13 (5、4、1)
レイリア:確かに>ガース
イメルダ:急所こみです
ソラディン:そういえば、原因まで判明出来てなかったね
ガース:流石<13ダメ
ターダック・アースチョッパー:うんうん
蘇民將來:イメルダの放った矢が敵の右腕に命中。敵の腕が凍る
イメルダ:イニシアチブの並びが理想的でしたね
ソラディン:これは一気に削れてそう
レイリア:この位置からレイオブフロストを撃ちます
システム:レイリアさんの「レイ・オブ・フロスト」ロール(1d20+5) → 17 (12)
蘇民將來:アタリ
システム:レイリアさんの「[冷気]ダメージを受け、君の次のターン開始時まで移動速度が10フィート減少する。」ロール(1d8) → 1 (1)
レイリア:ダメージしょっぱw終了です
蘇民將來:レイリアの冷気により、敵は更に凍りつく
ガース:ふむ。仮にゴースト出てきたら殴っても大して効かなさそうだし、何より戦士には敬意を払わねばなるまい。というわけで激怒して
ガース:移動して攻撃
システム:ガースさんのロール(1d20+6+1d4) → 24 (16、2)
ターダック・アースチョッパー:おお
システム:ガースさんのロール(1d10+6) → 8 (2)
蘇民將來:命中b
ガース:出目がしょっぱいな
ガース:ともあれ8斬撃で終わり
蘇民將來:ガースが踏み込んで叩きつけるが、手応えが今ひとつ
ガース:ダメージ抵抗斬撃か。まあ構わん。
ガース:2倍殴ればいいだけの事よ。次が敵だっけ?
ターダック・アースチョッパー:ですね
ソラディン:だね
蘇民將來:禍々しい者は久方ぶりの来訪者に喜びを隠せないようだ。声にならないおぞましい絶叫を上げ、剣を両手に構える!
蘇民將來:奇数ターダック、偶数ガース
システム:蘇民將來さんのロール(1D2) → 2 (2)
蘇民將來:ガース
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 12 (12)
ガース:AC15
ガース:当たってそうですな
蘇民將來:ギリギリ命中
ターダック・アースチョッパー:+3か
システム:蘇民將來さんのロール(1D10) → 4 (4)
蘇民將來:7ダメ
ガース:「その程度かぁ」
ガース:斬撃?
蘇民將來:さすがに屈強ですね。斬撃(ロングソードを両手持ちで
ガース:では4ダメ。お互いに抵抗持ちか
蘇民將來:ソラディン、御大の出番です
ソラディン:はい
ターダック・アースチョッパー:というとこいつやっぱり…
ソラディン:まぁーセイクリッドフレイムで!
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 20 (20)
ソラディン:出目がでかぁい。失敗、それで終了です
レイリア:攻撃ロールじゃなくてよかったと思うしか。。。
蘇民將來:「フン」といった感じで、聖なる炎は振り払われました
ソラディン:まぁたしかにw
蘇民将来:次のターン
ターダック・アースチョッパー:集中はまだあります?>ブレスの
ターダック・アースチョッパー:では殴り掛かる
ソラディン:「ぬぅ、こいつやはりやるなあ」
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「攻撃!」ロール(1d20+5) → 23 (18)
蘇民將來:最大1分
ガース:ソラディンがダメージ受けるか別の集中呪文使わない限り1分持つ
ターダック・アースチョッパー:どのみち当たりじゃい
蘇民將來:ターダック命中
システム:ターダック・アースチョッパーさんの「実は片手武器戦闘だったのを忘れてた」ロール(1d8+5) → 12 (7)
ソラディン:判定は攻撃受けたときだったと思う>集中
蘇民將來:ターダックが殴りつけると、手応えが堅い
ターダック・アースチョッパー:ふむ
蘇民將來:イメルダどうぞ
イメルダ:これは長引くとやな感じですね
イメルダ:インスピ使います
ソラディン:ガースさんの言う通り、一分間でした>ブレス
システム:イメルダさんのロール(2 1d20+5+1d4) → 
→ 1回目:18 (12、1)
→ 2回目:20 (11、4)
蘇民將來:有利な目を
イメルダ:お
蘇民將來:命中
イメルダ:あたりですね
ターダック・アースチョッパー:インスピでも急所突くのを忘れずに
ターダック・アースチョッパー:付く*
システム:イメルダさんのロール(1d8+1d6+1d8+3) → 13 (3、3、4)
ガース:まあ見方が隣接しているから有利なくても急所は乗る
イメルダ:Okです
レイリア:でかい
ガース:流石ですねー
イメルダ:フロストアロー使用で13点です
ターダック・アースチョッパー:ローグつおい
蘇民將來:追い打ちで凍らされ、敵から怒り?のオーラを感じる
ソラディン:うん、流石にデカいね
イメルダ:矢も強いですしねw
レイリア:気づいて良かった
蘇民將來:レイリア、お願いします
レイリア:私もインスピ使ってレイオブフロスト撃ちます
システム:レイリアさんの「レイ・オブ・フロスト」ロール(1d20+5) → 7 (2)
システム:レイリアさんの「レイ・オブ・フロスト」ロール(1d20+5) → 9 (4)
レイリア:出目。。。終了です
ガース:そういうこともある
蘇民將來:冷気は回避です
ガース:では私の攻撃
システム:ガースさんのロール(1d20+6) → 12 (6)
システム:ガースさんのロール(1d4) → 1 (1)
ガース:13じゃ無理だな
ガース:次どうぞ
ソラディン:敵ですかね
蘇民將來:敵が左手に剣を持ち替え
蘇民將來:左手のを剣でターダック
ターダック・アースチョッパー:うむ
蘇民將來:堅いと気づいたガースには
蘇民將來:ダークネスフィンガーが
蘇民將來:まずターダック
ターダック・アースチョッパー:ピットファイターつおい
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 13 (13)
蘇民將來:+3
ターダック・アースチョッパー:AC18
ガース:堅いねぇ
蘇民將來:キン、と敵の剣は弾かれる
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 2 (2)
蘇民將來:ガースが闇の拳を見きった
蘇民將來:ソラディンどうぞ
ターダック・アースチョッパー:モンクだったらゴッドフィンガーでやり返してた
ソラディン:はい
ソラディン:セイクリッドフレイムを放ちます
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 1 (1)
蘇民將來:ダメージどうぞ
システム:ソラディンさんのロール(1d8) → 7 (7)
レイリア:いい出目
イメルダ:いいダメージ
蘇民將來:さっきのオーカー・ジェリーと同じ結末ですね。氷漬けだったワイトは砕けます。ソラディン、討ち取りGJ!
ターダック・アースチョッパー:ワイトだったのか
ソラディン:お、倒せたのか
ターダック・アースチョッパー:「剛の者よ!我らが内に生きよ!」
ソラディン:「哀れな者じゃ・・・・。せめて安らかに眠ってもらいたいものだな」
蘇民將來:スタデッド・レザーと、ロングソード
ターダック・アースチョッパー:「あとで弔うか。もう一体その必要があるものがいるかもしれんがな…」>北を見て
蘇民將來:それとxpは700の大物
ターダック・アースチョッパー:すげえ!GT!
ガース:大物ですなー
レイリア:経験値たけぇ。「それにしても、あの焼死体は誰が・・・」
ターダック・アースチョッパー:そうだ、ロングソード調べてみます一応?
ガース:物理だと抵抗で半減される難物ですしね。
ソラディン:うむ、めっちゃタフでしたね
イメルダ:ですねぇ
ターダック・アースチョッパー:うんうん
蘇民將來:5版は簡単に分かる状況なのでいいですよね(同調が必要でも小休憩で。剣は+1
ターダック・アースチョッパー:おお
蘇民將來:ガースさんの言うとおり、通常武器だとダメ抵抗で半減
ガース:まあ高レベルだと同調枠が3つじゃ足りずに難儀するけどw<5E
ターダック・アースチョッパー:「いただくのはそなたたちの流儀に反するかもしれぬが、ここで朽ちるよりはいいだろう。許し給え」
蘇民將來:ダークネスフィンガーを食らうとDC13耐久力
ターダック・アースチョッパー:「しかし剣は幾月ぶりだなあ」
ガース:「とりあえず一通り回ったのかな。どこか行ける場所あったか」
蘇民將來:失敗で体力削られて、成れの果てはZQNになります
イメルダ:「使ってあげた方がその剣もよろこぶわよ、きっと」
ターダック・アースチョッパー:「だな。さらばだ、剛の者よ」一礼して部屋を出る
レイリア:「武器は使ってこそですわね」
蘇民將來:はい

イメルダ:あと残ってるのは、前の部屋の棺くらいですかね
ソラディン:「一応すべて回ったが、まだまだ謎なところが多いな。特にさっきの焼死体なんかは・・・・・」
イメルダ:の前に、この部屋の
レイリア:もう敵もいないだろ>フラグ 棺調べてみましょう
イメルダ:南西にあるつぶれた棺を調べてみましょうか
ターダック・アースチョッパー:ですね
ソラディン:だね
蘇民將來:13の部屋の瓦礫で潰れた棺(の成れの果て
レイリア:棺開けようとして、火を噴く罠に掛かったとかかな?
蘇民將來:中身はマジシャンのように脱出していたようだ(さっき目の前にいた
イメルダ:副葬品とかはなさそうですね
蘇民將來:剣と鎧が副葬品だったのでしょう
ターダック・アースチョッパー:鎧はたぶんチェインシャツとかそんなもんかな
イメルダ:お宝があるって話だったし、本命は豪華なほうの棺でしょうね
ターダック・アースチョッパー:15ぐらいで当たるからなあ
ガース:ひょっとして鎧もいいもの?
蘇民將來:は普通の鎧でした
ガース:ふむ
ガース:では戻ります?
ソラディン:じゃあ12のほう行ってみますか
イメルダ:前の部屋にもどって、石棺を調べてみます?
ターダック・アースチョッパー:うん
蘇民將來:はいDC10知覚で
システム:ターダック・アースチョッパーさんのロール(1d20+4) → 19 (15)
システム:イメルダさんのロール(1d20+4) → 14 (10)
蘇民將來:罠はない。蓋は重そうなので二人がかりと言った感じ
ターダック・アースチョッパー:そうだな、二人で開けて、一人待機アクションでもしますか
イメルダ:罠がないのなら、開けてみますか
ガース:じゃあ力持ちで開けますか
ターダック・アースチョッパー:ですね。運動判定要ります?
イメルダ:弓構えて警戒しておきます
蘇民將來:不要です。棺の蓋を開けますと
システム:キャラクターリストにBOSSが追加されました。
蘇民將來:呪詛の根源と考えられていたエスメラルダ三世の遺骸は、(祟りを恐れた街のものから其れ相応に)手厚く葬られている。
蘇民將來:ここは支配者が永遠の眠りについた場所のようだ
ガース:……何この絵w<女王
ソラディン:ほんとにこっちがボスだったか
蘇民將來:骨と化した遺体と共に、50GP相当のヒスイ3枚、100GP相当のジルコンが埋め込まれた首飾り、各10GP相当の琥珀の指輪×2 副葬品は以上です
レイリア:フレディ?
蘇民將來:フレディ 骨と化してます
蘇民將來:
ターダック・アースチョッパー:ああー
ソラディン:と思ったが、普通の遺骨かな?動いたりはしていない感じですか
ターダック・アースチョッパー:う、ハンマーとソードどっちがいいんだ…>攻撃ロール化倍加ダメージか
ターダック・アースチョッパー:いや、ソードだな。
蘇民將來:ソラディンはクレなので判りますが、普通の遺骸です
ターダック・アースチョッパー:こんなところでメタ読みやっても無粋だ
レイリア:「ゾラディン的にはこの副葬品は持ち出してもOK?」
イメルダ:ワイトは女王の遺体を守っていたんですかねぇ
ソラディン:「ふむ、こちらは特に危険はないようだな。」
蘇民將來:古の支配者にして此の墓の主エスメラルダ三世が、<今どうなっていたのか>PTが知り得たことに対し各人50xp
ターダック・アースチョッパー:ふむふむ
ガース:「ただの死体か。つまらんが仕方あるまい」
ソラディン:混沌属性だし、私は気にしないよw元々墓荒らしみたいな目的だったし
ターダック・アースチョッパー:「しかし、また掘り返されてしまってはかわいそうだ。俺たちでこれを最後にしようぜ。」
ターダック・アースチョッパー:「この遺跡は、うずめてやるか」
レイリア:「それじゃあ、持って帰りましょう」
レイリア:「聖職者のソラディンが問題ないならいいわ」
蘇民將來:宝は持ち帰ることで、皆さんは3のシャフトからロープを伝って地上へと

蘇民將來:<エピローグ>
ソラディン:「確かにほめられたことではないが、死者には不要なものさ。せめて我らで活用してやろうじゃないか」>レイリアへ
蘇民將來: 「還ったものは居ない」と謳われた墳墓から、街に生還した貴方達はちょっとした英雄である。
蘇民將來:武勇譚を聞きに来るものが絶えず、当面の美味い酒や温かい寝床に欠くことは無さそうだ。
ターダック・アースチョッパー:「言っておくが、もう何もないと思うぜ。変な期待を抱いて向かうのはやめときな」>話を聞く連中に
蘇民將來:ハンターギルドの首領も「さすがは俺が見込んだ連中だ!」などと調子の良いことを言っているが、
蘇民將來:武勇譚を聞かしてもらった返礼として、興味深い話を聞かせてくれる。
ターダック・アースチョッパー:次の冒険かな
蘇民將來:以前、隣町を荒らしたというドラゴンカルトの手配犯が捉えられたとのこと。
蘇民將來:その者からの情報では 、この街(TallyWood)があるSouthWoodの森から南に位置する中原の都市Greenestにて、ドラゴンカルトによる武装蜂起の計画があり、
蘇民將來:軍資金を集めるため(簒奪者として)周辺の街や村に送り込まれていたらしい。
イメルダ:聞き捨てならないわね
ターダック・アースチョッパー:もちろん許せないな。人が労働によって得たものを奪うとは。
蘇民將來:という話を聞かしてくれる。
レイリア:捕らえたってことは誰かが阻止したのね
ターダック・アースチョッパー:「また楽しい話が聞きたければ、みんな協力してくれ。これはこの地域みんなの問題だ。」
ターダック・アースチョッパー:お、ソードコースト
蘇民將來:サウスウッドが赤丸
蘇民將來:グリーネストが緑丸
イメルダ:けっこう離れてますね
ターダック・アースチョッパー:次はワイルダネスかな
蘇民將來:アドベンチャーリーグのHoard of the Dragon Queenへと
蘇民將來:http://dnd.wizards.com/products/tabletop-gamespg-products/hoard-dragon-queen
ターダック・アースチョッパー:なるほどー
レイリア:なるほど
ガース:ドラゴンブレスまともに受けて消し飛ぶところ?w<イラスト
蘇民將來:イラストからは1~3Lvとはとても思えないですよね
ガース:ですなぁ
蘇民將來:一応、此のシナリオは
蘇民將來:THE RISE OF TIAMATの布石として設定されたシナリオのようです
蘇民將來:http://dnd.wizards.com/products/tabletop-gamespg-productsise-tiamat
ターダック・アースチョッパー:なるほど。
蘇民將來:いわゆる、続きモノ
レイリア:ティアマトに繋がるのか
蘇民將來:以上でございます

レイリア:お疲れ様でした
ターダック・アースチョッパー:おつかれさまでしたー
蘇民將來:遅くまで、ありがとうございました。
ソラディン:おつかれさまでしたー
ガース:お疲れ様でした
レイリア:こちらこそキャンペーンありがとうございました
ターダック・アースチョッパー:わたしもそのうちDMしますゆえ、お待ちくださいー
イメルダ:DMありがとうございました、お疲れ様です
ターダック・アースチョッパー:うんうん、楽しみですねこれからが。
蘇民將來:いえいえ、拙い卓に参加いただきありがとうございました
ターダック・アースチョッパー:いえいえ、早くからのDMありがとうございます!
ターダック・アースチョッパー:ソードコーストかあ、ガイド買ったのに読んでない…
ターダック・アースチョッパー:リーグのやつを固定で回せばすごいことになりそう
蘇民將來:原書は揃っているのですが、後は訳が…
蘇民將來:HJ社が、どれだけ本気を見せてくれるのか
ターダック・アースチョッパー:お疲れ様です…
ターダック・アースチョッパー:わたしも何か訳そうかなあ、それもまたいい気がしてきた。
ターダック・アースチョッパー:二人で分担とかもいいかもですね
蘇民將來:お気遣い有難うございます
蘇民將來:例えば4版の恐怖の墓も
ターダック・アースチョッパー:5版コンバートできましたよね
蘇民將來:巨人のシナリオやオリジナルとMIXさせながら、キャラを育成して進めるのがよいとHJ社も言っていたので
ターダック・アースチョッパー:ほう
レイリア:へー
蘇民將來:5版のキャンペーンも、合間にショートシナリオを組みながら
ターダック・アースチョッパー:モンメのテン・ダンジョンを5版にコンバートするかなあ(ずっとこの計画口だけ…
蘇民將來:進めていったほうが(アイテムとかの集まりも)良いかもしれませんね
ターダック・アースチョッパー:うんうん
ターダック・アースチョッパー:ダックとガースが抜きんでてるので、1,2卓ほどDMに回してもいいかなあ
ガース:まあできるだけ買い支えるつもりではあります。売れなきゃ続かないですしね<日本語版
イメルダ:そうですよねw
レイリア:シナリオは売れないから厳しいよねぇ
蘇民將來:たぶん発売日が近づくと、5版を遊ばれたいという方も増えるでしょうし
ターダック・アースチョッパー:どのみち、頑張って買おうかな。コア3冊は両方で持っておきたい
ターダック・アースチョッパー:そうそう、12月発売っぽいので、ホビーショップでドリッズドと握手!
蘇民將來:CD&DでCOBRAさんが遊ばれているような感じで
ターダック・アースチョッパー:注意、今回は書籍扱いじゃないので、ホビーショップぐらいしか店頭には並ばないかな。
ソラディン:12月か、もう少しですね
蘇民將來:気楽にPT組んで冒険に出られるようになれば
ターダック・アースチョッパー:うんうん
蘇民將來:では、改めまして卓へのご参加ありがとうございました
ターダック・アースチョッパー:うちのホームメードワールドも今比較的平穏なので、ポータル開いておくかなあ(オリシナやるよー
ターダック・アースチョッパー:おつかれさまでした!
蘇民將來:また遊んで下さい。今後とも宜しくお願いします。
ターダック・アースチョッパー:まぁコミュでいろいろ予告とかの予定がありますので、気が向いたらー
ターダック・アースチョッパー:また遊びましょうー
イメルダ:お疲れさまでした またよろしくお願いします!
レイリア:お疲れ様でした。またよろしくお願いします
ターダック・アースチョッパー:おやすみなさいー
蘇民將來:>ヒラヲカさん ありがとうございます。宜しくお願いします
ソラディン:はい、またよろしくお願いしますー
イメルダ:おやすみなさい~
ソラディン:お疲れ様でした
ガース:またよろしくお願いします
レイリア:おやすみなさい
蘇民將來:お疲れ様でした
ガース:おやすみなさい
蘇民將來:ちょっと、ログ取りして、備忘録代わりにリプレイあげておきます
蘇民將來:しばし放置。おやすみなさい
ソラディン:おやすみなさいー
ターダック・アースチョッパー:ですね。会計もございますし。おやすみですー
ガース:では失礼します。またー
システム:蘇民將來さんが、退室しました。
 いいね!  2

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。