【ソード・ワールド2.0】【初心者歓迎】アシュラウトの無限工房(五回目)

貞夫リプレイ  4
登録日:2018/05/12 17:37最終更新日:2018/05/20 22:57
GM/貞夫:ではー、アシュラウトの五回目始めたいと思いますー
PL一同:よろしくおねがいしまーす。
GM/貞夫:皆さんは、クレアの工房に雇われている冒険者ですー。
GM/貞夫:今回は、補充要員として参加していただく人がいますので、自己紹介から始めたいと思います
PL一同:はーい
ドルベ:「俺はドルベ!ひたいのツノ見て貰えばわかるが、ナイトメアだぜ!」
ドルベ:「まぁ小さい頃からとやかく言われてきたが、だいたい気にしちゃいないからよ、よろしくな!」
ドルベ:だいたいこんな感じでしょうか?
フェイ:終わったら、以上です。とかあると分かりやすいかもですね!
ドルベ:あ、以上です!
一同:パチパチパチパチ~
GM/貞夫:じゃあ、次ミカル~
ミカル・バレット:はーい
ミカル・バレット:「ミカルです~グータラしてます~」
ミカル・バレット:「依頼ならいつでも受けるよ~」
ミカル・バレット:「ドゥーム来ないかな」
ミカル・バレット:以上です~(`・ω・´)
一同:パチパチパチパチ~
レヴィ:来いよドゥーム、銃なんて捨ててかかってこい
GM/貞夫:じゃあ、次レヴィお願いします
レヴィ:了解しましたー
ドルベ:「よろしくなぁ!ミカル!」抱きついてひたいに口付けします
GM/貞夫:セクハラはほどほどにw
ミカル・バレット:「うん~よろしく~」
GM/貞夫:あれ、動じてない?
ドルベ:注意:ドルベ流の挨拶です
フェイ:リストのメモに輝く一般技能……これは、こちらがメイン技能という可能性も……?(ミカルはなぜかメモにスカラーとパフォーマーの一般技能持ち)
レヴィ:「初対面の女の子にあのスキンシップ、やっぱり都会は進んでるな……」
レヴィ:「あ。僕はレヴィ、キルヒア様に仕える神官だよ。」
レヴィ:「ハイマンっていう種族で、それなりに魔法は扱えるからみんなを助けられるように頑張るね」
フェイ:これは無理にでもドゥームを登場させてないとミカルさんに失礼ってものですね。そして重なる死体
レヴィ:「身体を動かす事と……人間、というか、女性の扱いはちょっと苦手かな」
ドルベ:こらw
GM/貞夫:出るかどうかはダイス目次第
レヴィ:「ちょっと前にね……いや、なんて事はないんだけど…うん。気にしないで、ほんとに。もうこの話は終わり…ね?」
ミカル・バレット:「私の挨拶はこれだよ~」といってドルベに抱きつき返します
レヴィ:「と、ともかく!頼りないかもしれないけど、みんなの役に頑張るから。よろしくね」
レヴィ:以上ですー
一同:パチパチパチパチ~
レヴィ:ダイス目次第でドゥームさんでるんですね
フェイ:おお、出る可能性はあるのですね!
GM/貞夫:(一応、遺跡に行けば会える可能性はあるよな。まあよっぽど運が悪く(良く?)ないとでないけど)
ドルベ:「レヴィもよろしくなぁ!」ミカルにした事と同じことします
ジゼル:あら~
フェイ:ミカルさんとドルベさんが意気投合している!
ミカル・バレット:「レヴィ~よろしく~」
ジゼル:あ、次私か
ドルベ:ドルベもにっこり
GM/貞夫:ドルベ=キス魔。ちぃ、おぼえた(ちょ〇っツ知ってるかな~?)
GM/貞夫:じゃあ次ジゼル~
レヴィ:「やっ、やめてったら…、もう。嬉しいけど、そんなの僕にしたってなにも出ないよ?」>ドルベ
ドルベ:あ、レヴィがデレたw
ジゼル:はーい、いきまーす
ジゼル:「ジゼルと申します、この子は使い魔のブランシュちゃんです!」
ジゼル:「ヨロシクネー(精いっぱいの裏声)」
ジゼル:「今度は皆さんを必ず、必ずとも!魔法で援護します!よろしくお願いします!」
ミカル・バレット:「ジゼル~~」
ジゼル:スカウトひとつレベル上げました、以上ですよろしくお願いします
GM/貞夫:ジゼル乱心事件は深い影を落としたようだな(前回、ジゼルは味方を巻き込んでライトニングを撃ってしまったw もちろんわざとではないが)
フェイ:使い魔が! きっとかわいい使い魔ですね
一同:パチパチパチパチ~
ジゼル:トラウマものです、やらかした私がなるものではありませんが
GM/貞夫:じゃあ、最後、フェイどぞ
ドルベ:「ジゼルもよろしく!」以下略
ジゼル:「きゃ!ブランシュちゃんたすけてー」
レヴィ:「ジゼルさんか、よろしくね。援護は僕も頑張るけど、期待してるね」
フェイ:「フェイです。最近はメイドのような動きで工房の御手伝いをさせていただいています。今日は晴れになって欲しいと私の主たるお嬢様にご飯を用意しました。うん、きっと晴れます」
フェイ:「ジゼルさんジゼルさん、少しこれ(メイド服)を着てみてください。あと髪とかまとめて服の中にいれていると完璧です。言葉は発さず後姿だけを、寝室に見せておいてください、髪色似ていますので。あ、では私はちょっと遊ん……仕事に行ってきます」
ジゼル:新規絵だ~!可愛い
フェイ:投擲するフェンサー5レンジャー2で、一応前衛です。
フェイ:そしてフェンサー3→5に大成長しました。投擲Sも取り、いつでも武器屋解放どんとこいで待機しています。いろんなもの投げたいのでAランクだけでも! 建築! しましょう!
ミカル・バレット:「わかった~レヴィ~よろしくねー」
フェイ:ありがとうございます! 工房にいるときだけですけれどメイド服です
フェイ:あとジゼルさんにメイド服(80G)買ってあげたいです。これで私の影武者に……。
フェイ:よろしくお願いします。以上です
GM/貞夫:Aランクは第2段階じゃないとね~
一同:パチパチパチパチ~
フェイ:そうなのです、ほしい
ドルベ:「フェイもよろしくな~!」いかry
GM/貞夫:じゃあ、今日はこんな5人でお送りしたいと思いますー
レヴィ:メイド服はジャスティス。偉い人も言ってました。
GM/貞夫:じゃあ、まずは今日の天気を決めたいと思いますー
ジゼル:近頃晴れ続きなので期待しちゃいます
GM/貞夫:上から順に降っていきますので、まずはドルベ1dをどぞ
レヴィ:あーしたてんきになーれ
ドルベ:はーい
フェイ:あしたではなく、今日頼みます!
システム:ドルベさんのロール(1D6) → 2 (2)
GM/貞夫:大雨ですw
フェイ:!!
ドルベ:はっはっはっ!
ジゼル:Oh
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
GM/貞夫:今日一日、探索判定に-2のペナルティ
フェイ:お嬢様、私が間違っていました……。お嬢様の体調さえ壊せば天気になると……
レヴィ:なんやて…
ミカル・バレット:「あるぇー(´・ω・`)」
ジゼル:むしろフェイさんが…?
GM/貞夫:ただし、魔物と遭遇した時に2分の1の確率で魔物が逃走します
フェイ:-2はつらいですね
ドルベ:「雨だなぁ」
ジゼル:上げたスカウトが無に帰しましたね
GM/貞夫:次にメインクエストの受注です
フェイ:あ、気が付いてしまいましたね。となれば知っている人には、いやエルフには……>ジゼルさん
レヴィ:「それもかなり強い雨だね。視界が悪いし、色々と大変になりそうだ」
ジゼル:あ~、秘密にするのでどうかご慈悲を~
GM/貞夫:現在受けられるメインクエをメモ2に貼りましたー
:
:クエスト名:天馬の捕獲
:依頼人:”女騎士”アルティナ
:内容:私は悟った。いつも遺跡でブロブに鎧を壊されるのは、地上にいるからだ!
:そこで、ペガサスを捕獲してきてほしい。
:期限:3日
:報酬:6000G
:
:
:クエスト名:立派な壺の作成
:依頼人:とある資産家
:内容:客人の土産用に立派な壺を合成してもらいたい。
:期限:無期限
:報酬:任意の「上級素材」×1
:
:
:クエスト名:縄張り争い
:依頼人:森林探索隊
:内容:ゴルゴルたちが縄張りを広げ始めた。このままだと、街道にまで現れるようになって交易に支障が出てしまう。早めに退治してほしい。
:期限:2日
:報酬:7000G
:
:
フェイ:「はい、このような天気になるとは私の努力はいったいなんだったのかと、ちょっと悔やんでいます」
ミカル・バレット:「うーん………寝よう」
GM/貞夫:この中から1つ選ぶことができますー。
フェイ:大丈夫ですよ^^>ジゼルさん
ドルベ:ペガサスかゴルゴルか壺か……
レヴィ:「ミカルさん、晴耕雨読っていいますよ。こういう日は家にこもって本を読むといいことがあると昔の人は言ってました」
ジゼル:ペガサスいいですねえ、壺は素材使うので施設が若干遠のく…のかな
ミカル・バレット:「じゃあ曇りの日は~」
ジゼル:嘆き1に艶やか3か…ちょっと苦しいですね
フェイ:「我々は一日を無駄にすると死ぬような環境下におかれているのです。この工房がなくなったら食い扶持がなくなるので本を読んでいる暇はありません」
ドルベ:「雨の日だって泥遊び楽しいぞ?」そとで泥にまみれてます
レヴィ:「曇りの日は……間をとって、外で本を読むか、本でドッジボールでもしましょう」
フェイ:「ドッジボールをするなら折角ですし、賭けができるような環境を整えて……(小声)えっとレヴィさんがわ負ける方でお願いします」>レヴィさん
フェイ:ですね、作成ものは辛そうです>ツボ
クレア/GM:「ペガサスはヴァリトラウテ火山に出没すると聞いたことがありますね」
ミカル・バレット:「私は色々な冒険者の店に行って来てるからいいけどねー」
レヴィ:PC的にはともかくPL的には女騎士に会いたいですね
ドルベ:くっころ
GM/貞夫:ちなみにまだ冒険者の店はなかったかと
ジゼル:NPCに居ましたよね確か
レヴィ:絡まれるとなんだかんだめんどくさい人なんでしょうが←
PL一同:いいですよー
GM/貞夫:じゃあ、天馬の捕獲を受注するおー
GM/貞夫:じゃあ、”女騎士”アルティナが訪れます
フェイ:今回の布陣を見るに、物理攻撃の相手なんて敵じゃ無さそうですね。これはもらいました!
ドルベ:くっ
レヴィ:ころ
アルティナ/GM:「すまない、仕事を頼みたい」
ミカル・バレット:「私は色々地方の店に行っていますからね~」>フェイさん
GM/貞夫:ちなみにアルティナの立ち絵はないです
ドルベ:「仕事か?」泥まみれで現れます
フェイ:「いらっしゃいませ、はい。どうぞこちらへ」と通してお茶出しています
レヴィ:※みなさまの脳内でお好きな女騎士をご想像ください
アルティナ/GM:「じつはまたブロブに鎧を壊されてしまってな」
フェイ:「ドルベさん、お店を汚さないでください。店先しか掃除していませんが、ここだけはお客さんに見られるので綺麗にしているのに」>ドルベさん
ジゼル:「あら、またですか?大変ですねえ…」
アルティナ/GM:「この間、ここで作ってもらったばかりなのだが」
アルティナ/GM:「そこで、私は考えたのだ」
レヴィ:「鎧が溶かされ……それは大変だね。また鎧を作りに来たんですか?」
アルティナ/GM:「鎧が壊されるのは地上に居るからだとな」
フェイ:「ふむふむ」
ドルベ:「いやぁ、ついついはしゃいじまった」>フェイ
アルティナ/GM:「つまり、空を飛べばいいわけだ」
レヴィ:「え??あ、はい。そうですね……」
ジゼル:「なるほど!」
アルティナ/GM:「しかし、私は魔法は使えない」
ミカル・バレット:「ふ~ん………いいですね~」
フェイ:「よしよし」頭をなげながら、拭く用のタオルを渡します>ドルベさん
アルティナ/GM:「ならば、空を飛ぶ騎獣に乗ればいいんじゃないかと」
ドルベ:「おう!サンキューな!」>フェイ
ミカル・バレット:「レッサードラゴン?」
アルティナ/GM:「そう思って、新しくできたライダーギルドに行ったのだが」
アルティナ/GM:「現在、空を飛ぶ騎獣は扱ってないと言われた」
アルティナ/GM:「そこで、君たちにペガサスを捕獲してきてほしい」
ミカル・バレット:「じゃあレッサードラゴンとかいうやつ捕まえてくる?」
フェイ:「名案ですね。ペガサスはお高くつくので良い鴨とかは思っていませんが、素晴らしいアイディアだと思います。」>アルティナさん
アルティナ/GM:「レッサードラゴンとはまた無謀な考えだな」
ドルベ:「ペガサス?絵本のなかの存在じゃなかったのか……」
フェイ:「ミカルさんが餌になるのなら、チャンスはありそうですね」>ミカルさん
アルティナ/GM:「乗り手としての能力に不安があるので、例えレッサーDが捕獲できたとしても私には乗りこなせまい」
レヴィ:「アルティナさんのようなきれいな方であれば、ドラゴンよりペガサスの方が似合うんですよ。あとはユニコーンとか」
フェイ:ライダーギルドが育てば、自動的に消える依頼なのかもしれませんね
アルティナ/GM:「世辞はいらん、そういうのはもっと可愛らしい人に言ってやれ」
ミカル・バレット:「わかった~ペガサスね~」
フェイ:「私は引き受けたいと思いますが、皆さんはどうでしょうか? ミカルさんは良さそうですね」
ドルベ:「?アルティナはきれいだぞ?謙遜すんなって」
レヴィ:「僕もいいですよ。こうして頼まれた以上、お引き受けしない理由はありませんし」
ドルベ:「おう!どうせ仕事しなきゃ食い倒れるからな、喜んで受けるぜ!」
ジゼル:「私も賛成です!なんでもこなしてみせますよ!」
アルティナ/GM:「謙遜ではない、こんな筋肉で硬くなった体など可愛くもなんともない」
レヴィ:世間にはなぁ!腹筋の割れた女騎士を可愛いと思う人種もいるんだよ!
アルティナ/GM:「こほん、ではペガサスの捕獲のほうは受けてもらえるでいいのだな?」
フェイ:「アルティナさんは綺麗です。いまならペガサスにセットでさらに綺麗になるペガサスお化粧セット1000G(原価10G)を付けますよ。考えておいてください」>アルティナさん
ミカル・バレット:「私は他の地方の店に行けばいいけど、ここ割と好きだしね~」
ドルベ:「もちろんだぜ!」
ジゼル:「ええ、捕獲はお任せください~、必ずや結果を出してみせます!」
レヴィ:「フェイさん…それは、詐欺ギリギリなやつなのでは……」
フェイ:「レヴィさんが熱く語ってらっしゃる……ふむふむ」
レヴィ:いや、あれはPLの叫びです
フェイ:「いえ、ここは出来立ての町、いろいろな商売があるだけの話です」>レヴィさん
フェイ:あ、PL発言でしたね。すみません。
アルティナ/GM:「おお、そういえば報酬の話をしなかったな。報酬はガメル銀貨で払おう。6000G用意した。よろしく頼む」
GM/貞夫:と言って、帰って行きましたー
レヴィ:「充分です。ご期待にそえるように頑張らせていただきますね」
フェイ:「では、また夕方にお越しください」ぺこり
GM/貞夫:あとは緊急依頼と合成依頼だね
GM/貞夫:まず、緊急から行こうか
ドルベ:緊急?
GM/貞夫:ミカル、2dをどぞ
ミカル・バレット:はーい
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[3、2]  → 5
フェイ:クリアしてもしなくても良い依頼ですね。緊急とはありますが
GM/貞夫:じゃあ、大工のハヌマという人物が訪ねてきます
レヴィ:緊急クエストみたいな、ポップアップした以来ってことですか
ハヌマ/GM:「ごめんくださいよっと」
ジゼル:「は~い、いらっしゃいませ~」
ドルベ:「ん?客か?」
ハヌマ/GM:「わりいんだがよぉ、艶やかな香木があまってたりしねぇか?」
フェイ:最低限クリアが最初のクエスト。緊急と合成はサブクエスト?みたいなもので、1日で終わるけれどクリアしてもしなくても良い程度のものです
ジゼル:無いですねえ…
ドルベ:なるほどー
ハヌマ/GM:「あー、ここもか! くそっ納期に間に合わねぇ」
フェイ:「(そ、それは私にとても必要なものなので、渡したくありません)」フェイは硬直して周りの動向を伺っています
レヴィ:「すいません、その素材はうちに無いみたいで。あ、これお茶です」
ジゼル:「ごめんなさいあいにく切らしてて…」
ドルベ:「悪いなぁ、力になってやらなくて」
ハヌマ/GM:「あ、すまねぇな。ゴクゴク」
フェイ:「すみません、お茶ももも、おおお出ししませんで……」
ミカル・バレット:「………」
フェイ:「レヴィさんありがとうございます」
ハヌマ/GM:「くそっどこの工房も切らしてやがる」
ジゼル:「まあ、フェイさん大丈夫ですか?汗がすごいですよ」
ドルベ:「フェイ?なんか挙動不審じゃねぇか?」
レヴィ:「どうしたんですか?気分がすぐれないようでしたら、お休みになりますか?」
ハヌマ/GM:「お前さんたち今日も探索に出るんだろ、見つけたら分けて欲しいんだが」
ミカル・バレット:「(ふーん………なるほど)」
レヴィ:「わかりました。見つけたらすぐに連絡しますね」
ドルベ:「おう!見つけたら渡すぜ!」
フェイ:「は、はい。大丈夫です。すみません、少し動揺してしまいましました」
ハヌマ/GM:「すまねぇ、頼んだ。その代わり報酬ははずむぜ、ひとつ辺り1000Gで買い取る。じゃあな」
GM/貞夫:と言って帰っていきます
ジゼル:「見つけたら、ですね。承りました~」
ミカル・バレット:「(フェイさん………何に使うのかな………)」
GM/貞夫:では、次合成依頼ですね、レヴィ2dを
レヴィ:はーい
システム:レヴィさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[5、4]  → 9
ドルベ:「疲れてんなら無理すんなよ?代わりに仕事はこなすからよ」
GM/貞夫:www
フェイ:普通に武器屋に使った気がします。もしかしたら革のほうだったかもです
ジゼル:武器屋で使いますねえ…
レヴィ:あ、武器屋ほしい。土建屋に渡すのはやめよう
GM/貞夫:あー、合成依頼がアルティナだからさー、さっきのついでに鎧を新しく作る依頼もうけたってことでいい?
ドルベ:大丈夫だよね?
ジゼル:二段階目で3つ必要っぽいです、高価すぎるので見つけてないことにしましょう
フェイ:「ありがとうございます。でも今日は休むわけにはいかないのです。馬車馬のごとく働いているアピールをそろそろしておかないとまずいのです」>ドルベさん
レヴィ:いいですよー
GM/貞夫:いや、帰ってきたところからもう一度来るのって不自然だからさぁ
ドルベ:「おう!こうこくってやつだな!」
フェイ:アルティナさんドジっ子
レヴィ:あっ、いっけなーい合成合成!
フェイ:「え、はい。そうです(私がお嬢様にアピールしておきたいだけでした。前さぼっているのを見られてしまったかもしれません……)>ドルベさん」
フェイ:そうやって合成依頼をしに公園を通ると……いや、この話はやめましょう
ジゼル:鎧Bが炎鉄3…あ、今8個あるのか…
フェイ:結構あるのですね
ドルベ:「フェイも大変だなぁ……俺にも手伝えることあるならどんどん頼れよ?」>フェイ
ジゼル:そういえば前回結構取れましたね、作るのこれなら全然ありな気がします
ドルベ:在庫あるなら大丈夫ではないでしょうか?
フェイ:「なんとお優しい……、是非頼りにさせて頂きます。(目の色が似ていますね。カツラとメイド服で……)」
GM/貞夫:じゃあ、今日はどのフィールドに行きますか?
ジゼル:火山ですっけペガサス
フェイ:でしたね。火山いきましょう!
GM/貞夫:クレア情報だと火山です
ドルベ:おかえりー
フェイ:私の影武者が二人できそうで満足です
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
フェイ:とても仲間思いの方たちで感動ものですね
ドルベ:よからぬことをw
クレア/GM:「みなさん、お弁当用意しましたので、お昼に食べてくださいね」
ジゼル:「ありがとうございますクレアさん、頑張ってきますね!」
ドルベ:「お、これはありがてぇな、ありがとうな!」
レヴィ:「わぁ、ありがとう。クレアさん気が利くね」
フェイ:「いつもありがとうございます。今日もいっぱい成果をあげてきます!」
GM/貞夫:ちなみにお弁当はフレーバーなので持ち物に書かなくていいです
ミカル・バレット:「ありがと~クレア~」
GM/貞夫:ただ、食べ忘れて後日腐った弁当を発見したらクレア泣きます
ジゼル:可愛い…もちろん食べますとも!
GM/貞夫:では、火山フィールドへ出発しますねー
フェイ:ですね、残すなんてありえません
ドルベ:当たり前だよなぁ?
レヴィ:これは完食して「美味しかったですありがとう」の手紙と共に返さねば
GM/貞夫:(うわっ、みんないい子だw)
ジゼル:れっつごーです
フェイ:ごーごー
ドルベ:火山って雨降ってるのかな?
GM/貞夫:道中は何事もなく火山の手前まで着きます。火山周辺も雨です。
レヴィ:雨がじゅーじゅーいってそう
フェイ:「火山の熱で落ちた雨が蒸発し……ここは地獄です」
ミカル・バレット:「あう~………寒いよ~」といってドルベに抱きつきます
ジゼル:「久しぶりに雨見ました~、これはこれで気持ちのいいものですねえ」
ドルベ:「寒がりだなぁ、ほれ、もうちょい密着してろよ?」
フェイ:「エルフなジゼルさんは快適そうで羨ましいです」
レヴィ:「熱いけど、濡れた服がすぐに乾くかもね」
GM/貞夫:フィールド探索の説明いる人ー
ミカル・バレット:「うん………」
ドルベ:ノ
ミカル・バレット:ノ
レヴィ:ノ
GM/貞夫:よし、じゃあフェイ! 任せた!
レヴィ:ドルベはあれか、天然ジゴロか
フェイ:はーい
フェイ:まず最初に深度を決めます。どれだけフィールドを進んだかですね
ドルベ:ふむふむ
フェイ:これはPLとGMがお互い1dで決まります。GM側のダイスはシークレットで、これは探索の時に深度確認(セージ)で調べることができます
レヴィ:ほむほむ
ミカル・バレット:ふんふん
フェイ:深度が進むほど、強い敵や、恐ろしい主がでます。しかし、素材も良くなり、クエストのボスも奥にいかないと出ません
ミカル・バレット:つまりクィンドゥームが………
フェイ:奥に行くのに制限がないのでずっとすすめば、レベル10とかの敵にもあえますよ! 以上です
フェイ:次の説明は、またその時に!
レヴィ:クィンドゥームはちょっと…
ドルベ:要は博打だな
ジゼル:主に会うともれなく轢き殺されますよ…
レヴィ:死なない程度にガンガンいこうぜってことですね
フェイ:ですです
ミカル・バレット:このまえサンバに会いました
フェイ:さ、サンバ?
ドルベ:サンダーバードですよー
フェイ:あ。GMさんが準備しているなら次の説明もします
レヴィ:Thunder bird?
フェイ:なるほど
GM/貞夫:おし、準備おk
ミカル・バレット:3連打ぁ!
GM/貞夫:説明ありがとーございますー
フェイ:いえいえー。現在は深度の説明のみです
レヴィ:ありがとうございますー
GM/貞夫:じゃあ、まずは1dを振ってみましょうか
GM/貞夫:ジゼルかな
ジゼル:レヴィさんですよ~
ジゼル:あれ、私だった…
レヴィ:自分さっき振りましたよー
システム:ジゼルさんの「ポンコツで申し訳ない」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
フェイ:レヴィさん、その頭脳でわれわれの道案内を!
レヴィ:よーしまかせろー(バリバリ)
ミカル・バレット:頑張れ~
フェイ:ジゼルさん、その頭脳で……!
ドルベ:どうなるかなぁ
ジゼル:ジゼルはあまり頭脳面では期待できないのです
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
レヴィ:えぇんやで
ミカル・バレット:う~………
GM/貞夫:じゃあ、深度を進めたあと、ラスボスや主がでなければイベント処理です
ミカル・バレット:………ん?
GM/貞夫:今回はまだどっちも出ないのでイベント表ですね
GM/貞夫:フェイ、2dどぞ
システム:フェイさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
フェイ:きわめて安定したダイスです
GM/貞夫:(噴火の兆候か、まだ入り口付近だから、影響はないだろうな)
GM/貞夫:では、山道を歩いているとふと、地面に振動を感じました
フェイ:「!!」
GM/貞夫:PC全員2dを振ってください
レヴィ:「なんか…揺れてる?」
システム:レヴィさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[4、3]  → 7
システム:ジゼルさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
フェイ:「ドルベさん危ない!」といって体のしっかりしてそうなドルベさんにしがみつきます
ミカル・バレット:「何………これ………」
システム:フェイさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[4、6]  → 10
システム:ドルベさんのロール(2D6) → 6 (4、2)
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6+)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+)  →  5[1、4]  → 5
ジゼル:「あ、あら~?なんだか揺れてます~!?」
ドルベ:「お、なんだなんだ?」わくわくしながら
フェイ:さすがドルベさん、安定していますね。私が10出しました。かわりにドルベさんが……
ドルベ:大丈夫ですよー
ミカル・バレット:「ううっ………怖いよ~」といってドルベさんに抱きつきます
GM/貞夫:うん、その出目なら、地揺れだけで済みます
フェイ:ありがとうございます>大丈夫ですよ
レヴィ:「何だったんだろうね……って、ドルベさん人気者だね」
GM/貞夫:しばらくすると地面の揺れは収まります
ドルベ:「おいおい、2人とも心配しすぎだぜ」
フェイ:「ふむ。何でもなかったようです」揺れが終わったらさっと離れます
ミカル・バレット:「うう………グスッ」
フェイ:「いえ、ドルベさんの足元が揺れたかに見えたので焦りました。決してささえ杖にしようなどとは……」
GM/貞夫:イベントが終了したので、次は探索チェックです
ドルベ:「おいおい、泣くなよ。ほら?」背中さすさす
ジゼル:探索します~
ミカル・バレット:「ありがと………ドルベ………」
フェイ:私も探索です!
ミカル・バレット:探索行きます
フェイ:探索チェックはPLがおのおの決めるものですね
ジゼル:「ドルべさん、すごくモテるんですねえ」
レヴィ:探索では役に立てないので深度確認でー
ドルベ:探索かなー
GM/貞夫:一人一人が行動を決めますが、町に帰るだけは全員が同じ用に帰るを選択しなければいけません
レヴィ:「(あれがモテる男なんだな…そうか……)」心の声
フェイ:「レヴィさん、この辺りで素材になりそうなものを探すので、周囲警戒と調査(深度)のほうお願いします」>レヴィさん
GM/貞夫:じゃあ、まずは探索の目標値を決めます
レヴィ:「わかったよ。僕が見てるから、みんなは探索に集中してね」
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
フェイ:「ありがとうございます。安心して採集に励めます」
GM/貞夫:探索の目標値は9です
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
GM/貞夫:深度確認も9ですね
ドルベ:「素材素材っと」
フェイ:優秀な深度担当でしたジゼルさんが探索メンバーに!
システム:ジゼルさんの「探索」ロール(2d6+5-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5-2)  →  7[5、2]+5-2  → 10
システム:ドルベさんのロール(2D6+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3)  →  7[4、3]+3  → 10
ジゼル:セージは捨てます!もうスカウトに転向しました!
システム:フェイさんのロール(2d6+4-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4-2)  →  2[1、1]+4-2  → 4
レヴィ:ゴジッテーン
フェイ:わ、わーい
ドルベ:あらかわいいw
GM/貞夫:おめでとー つ【50点】
ドルベ:あ、-つけ忘れた
フェイ:なるほど、素早く動き回るジゼルさんになったのですね
ドルベ:達成値8です
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+1+4-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+1+4-2)  →  7[3、4]+1+4-2  → 10
システム:レヴィさんの「深度確認」ロール(2d6+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  6[2、4]+6  → 12
GM/貞夫:天気の-2を忘れずにね
ジゼル:そうです、かさかさと動き回りますよ~
レヴィ:カサカサカサ…
フェイ:かさかさ……!
ミカル・バレット:ゴソゴソ
GM/貞夫:深度確認から行きますね。GMが振った目は「6」です
GM/貞夫:探索に成功した人は追加で2dをお願いします
フェイ:結構進んでいますね
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[5、1]  → 6
システム:ジゼルさんの「たんさくー」ロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[4、5]  → 9
GM/貞夫:ミカル=炎鉄1、ジゼル=壊れたパーツ1
レヴィ:「けっこうペースが早いかも。まだ大丈夫だと思うけど慎重に、ね」
フェイ:レヴィさんに調査を頼んだ後、フェイは久しぶりの冒険に疲れてさぼっているのでした(1ゾロ)
ミカル・バレット:「………あった」
ジゼル:「まあ、良いものを見つけました!今日はラッキーです」
レヴィ:お茶目なフェイさん
フェイ:「むにゃむにゃ、ラッキー良かったですね、むにゃむにゃ」
ミカル・バレット:「炎鉄か………」
ドルベ:「だめだなー、こっちは無いなぁ」
GM/貞夫:ここまでで1ターンとして、これを繰り返します
ジゼル:「フェイさん、だめですよ~!お嬢様に言い付けちゃいますよ?」
レヴィ:「フェイさん、雨の中で寝ると風邪ひきますよ」
:続く2ターン目、深度はPLが4、GMが5、合計深度は16。
:イベント表は7、結果は何もない山道、順調に進んでいきます。
:探索チェックでは、レヴィが深度確認に成功、探索班はジゼルとミカルとフェイが成功。
:ジゼル=壊れたパーツ1、ミカル=壊れたパーツ1、フェイ=穢れた皮1、を手に入れた。
:3ターン目は、PLが3、GMが2で、合計深度は21になった。
:イベント表は5、熱気で頭がぼーっとして深度確認に-2のペナルティです。
:探索チェックではレヴィが-2のペナルティをものともせず、深度確認に成功、探索班はフェイとミカルが成功。
:フェイ=炎鉄2、ミカル=炎鉄2 を手に入れた。
:4ターン目、深度はPLが3、GMも3で合計深度は27。
:そして…。
:…。
GM/貞夫:イベント表を2dどぞ
フェイ:「ふむふむ、よい友情が育まれているようですね」
ジゼル:「ペガサスちゃ~ん、どこにいらっしゃいますか~」
ドルベ:「仲間を大切にするのは当然だろう?」
フェイ:「ここにいますよー」声音かえて
ミカル・バレット:「ドルベ………ありがと………」
GM/貞夫:そこは「ここにいるぞー」と言って欲しかった。馬岱
ジゼル:「まあ!ペガサスがここに……ふぇ、フェイさんじゃないですか~」
フェイ:「そうですね。仲間は大事なものです。決して体をささせるための杖代わりにするなんてしちゃいけない存在ですよね」>ドルベさん
ドルベ:「いいってことだよ、どんどん頼れよ」>フェイ、ミカル
フェイ:ついつい口調が出ちゃいました!
ジゼル:ドルべさんですね、イベント
ミカル・バレット:「えへへ………」
レヴィ:「そうですよ、仲大切な仲間をモノ扱いなんてもってのほかですよね。僕もそう思います」>フェイさん
ドルベ:2d6でしたっけ?
ジゼル:ですです
フェイ:です
GM/貞夫:ですです
システム:ドルベさんのロール(2D6) → 6 (4、2)
GM/貞夫:じゃあ、進んでいくと、少し開けた道に出ましたねー
フェイ:ふむふむ
GM/貞夫:で、その開けた道には魔物が陣取っていました
レヴィ:なんかでたー
GM/貞夫:???「グルグル」
ミカル・バレット:「………」
フェイ:!!
ドルベ:「お出ましかぁ?」剣に手をかけます
GM/貞夫:じゃあ、何が出るかはダイス次第! 1dどぞ!
フェイ:「こ、これは魔物なりの闘技場か何かでしょうか……」
ジゼル:「あらペガサスさんかしら~」
フェイ:ミカルさん、ダイスどうぞー
ミカル・バレット:銃に手を掛けて構えます
ミカル・バレット:はーい
レヴィ:「ペガサスって、あんなだったかな…?」
システム:ミカル・バレットさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
フェイ:「ペガサスというのは空を飛んで、人が乗れそうなものだそうです。あれは……」
GM/貞夫:えーと、それじゃあちょっと大柄な蛮族と小悪魔っぽいのがいます
レヴィ:とりあえずペガサスじゃないね
フェイ:「ジゼルさん、あれに乗って空とんでみます?」>ジゼルさん
GM/貞夫:うん、羽が生えた馬はいません
ジゼル:「……た、確かにペガサスというにはちょっと…怖そうですね?」
ジゼル:「え、遠慮させていただきます~!」
ミカル・バレット:「あれはペガサスじゃない………」
GM/貞夫:では、まもちき2種。小悪魔→蛮族の順でよろ
システム:フェイさんの「ひらめです」ロール(2 2d6)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[5、5]  → 10<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
システム:ジゼルさんの「まもちき小悪魔から」ロール(2 2d6+4)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  6[2、4]+4  → 10<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  7[4、3]+4  → 11
システム:ミカル・バレットさんの「平目だと」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
システム:ドルベさんのロール(2D6+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3)  →  6[2、4]+3  → 9
システム:ドルベさんのロール(2D6+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3)  →  9[4、5]+3  → 12
システム:ミカル・バレットさんの「平目だと」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
システム:レヴィさんの「小悪魔⇒蛮族」ロール(2 2d6)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  12[6、6]  → 12<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
フェイ:2d6の前に半角スペースをあけて2をつけると一度に二回ふれますよー!
ジゼル:す、すごいです!
レヴィ:あ、固定値足し忘れてた
ドルベ:つけ忘れたちゃった……
フェイ:レヴィさんのダイスすごい、さすが知識の人
レヴィ:18と16です
GM/貞夫:レヴィ、セージあるよね?
ドルベ:知識すごい
GM/貞夫:うん、両方弱点まで抜けました
GM/貞夫:ディープグレムリンとボガード×2です
GM/貞夫:まずは、逃走チェックー
システム:GM/貞夫さんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
フェイ:「これにはさすがの私も本当に感心しました。こうまで詳しい人がいるのですね」
GM/貞夫:逃げませんでしたね。戦闘になります
ドルベ:「すごい安心感があるぜ」
レヴィ:「前に本で読んだことがあるけど、あれはディープグレムリンとボガートだね。ちょっと気をつけないと」
ジゼル:あらら
ミカル・バレット:先制振ります~
ドルベ:仕方ない
GM/貞夫:どぞ、こっちは11です
システム:ドルベさんのロール(2D6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  7[5、2]+2  → 9
システム:ジゼルさんの「先制」ロール(2d6+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  6[3、3]+4  → 10
システム:ミカル・バレットさんの「先制」ロール(2d6+1+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+1+4)  →  8[2、6]+1+4  → 13
システム:フェイさんの「ひらめ」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[5、3]  → 8
システム:レヴィさんの「ひらめ」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[3、6]  → 9
GM/貞夫:じゃあ、先制とったね。配置よろ
ドルベ:とれたねー
ミカル・バレット:前衛行きます
レヴィ:もち後衛ですー
ドルベ:前衛ですよー
フェイ:前衛いきます
ジゼル:後衛でがんばります~
フェイ:髪しばって、前衛へダッシュ!
GM/貞夫:じゃあ、ボガ2体は前線です
ドルベ:グレムリンは後ろか……
ドルベ:動くなら、先に後衛陣からどうぞー
レヴィ:蛮族ならセイクリッドウェポンかけますか
GM/貞夫:では、1回表の攻撃どぞ
フェイ:ウェポン心強いですね! でも、どちらでも構いませんよー。
レヴィ:行動開始してよかでしょうかー?
レヴィ:ではフェイとドルベに拡大してセイクリッドウェポンをかけます
フェイ:もしダメだったら止めてくださるので、どんどん行動して良いと思いますよ!
システム:レヴィさんの「行使判定」ロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  5[2、3]+8  → 13
レヴィ:命中+1と物理ダメージ+2です
フェイ:あ、セイクリッドウェポンって武器にかかるのです? だとしたらスリングで大丈夫ですか? もしやセットしている石に必要でしたり?
レヴィ:たぶん本人…?
GM/貞夫:不思議パワーでなんとかなる、でいいです
フェイ:了解です! ありがとうございます
フェイ:不思議パワーすごい
レヴィ:「目的の前に消耗するわけにはいきませんね。申し訳ないですが、さくっと片づけさせていただきましょう」魔法ふわぁー
フェイ:ではバックラー捨てて、スリングとストーンでグレムリンに攻撃します
レヴィ:不思議ぱぅあー
ドルベ:「へぇ、こいつが聖なる加護ってやつかぁ……鉄塊と言うよりは剣らしくなったかな?」
フェイ:「ついに後衛らしい敵が出てきました。私が前にいる意味がついに!」
システム:フェイさんの「スリング→ストーン」ロール(2 2d6+7)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  7[1、6]+7  → 14<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  12[6、6]+7  → 19
GM/貞夫:(うげー! 躱せるかよそんなの! 後衛キラーだな!)
GM/貞夫:両方命中ー
レヴィ:接近投石少女
システム:フェイさんのロール(k12+13@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.12c[10]+13  →  2D:[6、3]=9  →  5+13  → 18
システム:フェイさんのロール(k6+13@11)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.6c[11]+13  →  2D:[1、5]=6  →  2+13  → 15
GM/貞夫:うん、落ちた。何その基準値は!
フェイ:武器使いたくて習熟Sまでしましたが火力すごい
ドルベ:つよーい
レヴィ:習熟Sと技能レベルの差ですね…
フェイ:レベル5+筋力3+習熟3+セイクリッド2です
ボガたち/GM:「ガウガウ(訳:やべえオヤブンヤラレタ」
ドルベ:「へぇ、石でも十分やれるんだなぁ」
フェイ:「……え、石すごかったです」
ジゼル:「瞬殺ですね~フェイさん流石です~」
ドルベ:「俺も頑張らねぇとなぁ」鉄塊構えますよー
ミカル・バレット:「………強いなぁ」
フェイ:以上です。武器屋のことも考えると習熟Sは後回しでも良かったような気がしてきました
レヴィ:「歴史によると投石は最も古く効率的な武器ですからね。それにしてもあの距離で正確に当てられるフェイさんの技術もありますが」
GM/貞夫:せっかくボガ強化しようと思ったのにー
:後衛のディープグレムリンがやられたことで、浮き足立ったボガードにさしたる苦戦もせず、2ラウンド目には、暇な人たちが、クレアお手製の弁当を食ってる始末。
:まもなくボガ2匹も親分のもとに旅立つのでした。
GM/貞夫:じゃあ、剥ぎ取っちゃってください
ミカル・バレット:「………………」
ドルベ:「石ってすごいんだなぁ」
ジゼル:「もぐもぐ…ウッ……だれか、お、おみずを……」ぷるぷる
フェイ:剥ぎ取りしちゃいます
システム:フェイさんのロール(3 2d6)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[1、5]  → 6<br>→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
フェイ:さいごぐれ
GM/貞夫:そんな慌てて食わんでも
フェイ:むりん
GM/貞夫:じゃあ、グレから奇妙な首飾り(160G)
ドルベ:「ジゼル、焦って食わなくてもいいだろ?ほら」
フェイ:「投げた私が一番驚いています。なんか武器ないかなっと拾った石がこんな殺人マシーンとなるなんて思いませんでした」
ミカル・バレット:「弁当美味しかった~」
GM/貞夫:ボガ2から意匠を凝らした武器(150G)
ジゼル:「ふぅ~…ドルべさんありがとうございます…」
GM/貞夫:ボガ3から武器(30G)
GM/貞夫:以上ですー
レヴィ:「やっぱり火山の石は他より熱くて強いんですかね?」
ドルベ:「投擲の技じゃないか?」
ジゼル:「フェイさん、素晴らしい腕でした~、流石ですねえ」
フェイ:戦利品、了解です。
GM/貞夫:じゃあ、イベントは終了ですー。続いて探索チェック
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
ジゼル:探索しますー
レヴィ:いくぜ深度確認!
フェイ:「火山の石は、ちょっと熱かったり脆かったりで扱いにくいです。おほめ、ありがとうございます」
フェイ:探索いきます!
GM/貞夫:探索目標値は11
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
GM/貞夫:深度確認も11ー
ドルベ:探索いくよー
システム:フェイさんのロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  5[2、3]+2  → 7
ミカル・バレット:探索行きます
システム:ドルベさんのロール(2D6+3-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3-2)  →  11[5、6]+3-2  → 12
システム:レヴィさんの「深度確認」ロール(2d6+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  6[1、5]+6  → 12
システム:ジゼルさんの「探索」ロール(2d6+5-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5-2)  →  8[3、5]+5-2  → 11
ドルベ:お、いいね
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+1+4-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+1+4-2)  →  9[6、3]+1+4-2  → 12
GM/貞夫:各自ペナ忘れないでね
ジゼル:ぎ、ぎりぎり…
ドルベ:成功だよ
フェイ:はい。今回は+4-2のところ+2にしておきましたー
ミカル・バレット:成功した
レヴィ:はっ、ペナ忘れていた…-2して10です
GM/貞夫:ん、んじゃ失敗だねー
レヴィ:弁当食べていて注意が散漫になっていました
ドルベ:深度ではペナないんじゃ?
GM/貞夫:残念ながら、熱気で湯だった頭では深度を計れませんでした
ジゼル:イベント表で私が引き当ててしまいましたよ…
フェイ:話のつながりがある理由良いですね! お話っぽいです
ドルベ:なるほど
レヴィ:「もぐもぐ……あ、イカリング入ってる。僕これ好きなんですよね」弁当に夢中
GM/貞夫:では、探索成功した人2dどぞ
システム:ドルベさんのロール(2D6) → 9 (4、5)
システム:ジゼルさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[6、1]  → 7
システム:ミカル・バレットさんの「出目悪いなー」ロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[4、3]  → 7
GM/貞夫:ドルベ=火炎銀1、ジゼル=丈夫な木片1、ミカル=丈夫な木片1、ですー
フェイ:「私のイカリングあげるので、そちらのミートボールください」>レヴィさん
ドルベ:「お、あったあった、銀だな」
フェイ:メモ更新終了しましたー
ミカル・バレット:「ドルベ………こっちも………あった」
レヴィ:「フェイさんミートボール好きなんですか?いいですよ、交換しましょう。はいどうぞー」ほほえま
レヴィ:>フェイ
ジゼル:「う~ん…ペガサスちゃんも居ないかしら~?」
フェイ:「甘くて良いですよね。もぐもぐ」>レヴィさん
GM/貞夫:5ターン目の深度を進めてください
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
フェイ:次誰でした? 忘れてしまいました
ジゼル:ミカルさんでしたね、確か
ミカル・バレット:はーい
ドルベ:そうですね
フェイ:ありがとうございます!
ジゼル:1d6です
システム:ミカル・バレットさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
GM/貞夫:うん、その出目なら出るね
ドルベ:お、お出ましか
フェイ:え
フェイ:こわいものです?
ミカル・バレット:?
ジゼル:ま、まあ…ペガサスちゃんかしら~…
レヴィ:ざわざわ…
GM/貞夫:じゃあ、皆さんは上空からバサバサと羽ばたく音を聞きます
フェイ:ペガサスちゃんだー! ファンタジー!
ドルベ:「ん?」
ミカル・バレット:「あ、あれは………」
フェイ:「んん、羽音のようなものが?」
ジゼル:「まあ~、今度こそペガサスちゃんですね!」
GM/貞夫:ふと見上げると、1匹の羽が生えた馬と2匹のなんかが飛んできます
ドルベ:「なんか余計なのが付いてきてないか?」
フェイ:空飛ぶドゥーム
ミカル・バレット:「?」
ジゼル:「………な、なにか違うのも混じってますね…?」
フェイ:「たしかに3匹のペガサス……ではなさそうですね」
GM/貞夫:2匹の方は馬となにかの生物が混ざった感じです
レヴィ:空飛ぶケンタウロス?
GM/貞夫:ペガサスは神々しいほど真っ白ですが2匹の方は茶色い
フェイ:「こちらには博識な方が3人います。ささ、どうぞ先生方!」
ジゼル:「こっちのほうも捕まえれれば報酬増えないかしら…?」
GM/貞夫:じゃあ、まもちきどぞ、推定ペガサス→推定ヒポグリフでよろ
システム:ジゼルさんの「当てにならないセージ」ロール(2 2d6+4)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  11[5、6]+4  → 15<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  6[4、2]+4  → 10
フェイ:「できれば全部捕まえたいですが、3匹は連れ帰るの大変そうです」>ジゼルさん
システム:フェイさんの「ひらめ」ロール(2 2d6)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[1、5]  → 6
システム:ドルベさんのロール(2D6+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3)  →  9[6、3]+3  → 12
システム:ミカル・バレットさんの「平目だと」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[4、3]  → 7
ドルベ:また忘れた……
システム:ドルベさんのロール(2D6+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3)  →  7[2、5]+3  → 10
フェイ:空飛ぶケンタロスってありそうでない魔物ですね
ミカル・バレット:私もです
システム:ミカル・バレットさんの「平目だと」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
レヴィ:推定ペガにデジャヴ、推定ヒポにペネトレイト使用で
フェイ:前世が蘇る!
システム:レヴィさんの「まもちきペガ⇒ヒポ」ロール(2 2d6+6+2)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+6+2)  →  4[3、1]+6+2  → 12<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+6+2)  →  5[4、1]+6+2  → 13
ジゼル:キルヒア信仰したくなりますね
レヴィ:うおああ出目があああ
システム:ザキ風呂さんが、入室しました。
GM/貞夫:残念、データだけは抜けました
キルヒア神/フェイ:「お弁当うまいのう、むしゃむしゃ」
ドルベ:間違えて出ちゃった
フェイ:データが分かれば上等です!
ドルベ:ペガサスたちはこっちに向かってきてるです?
GM/貞夫:うん、君たちに向かってきます
レヴィ:「目的のペガサスと…もう一匹はヒポグリフですね。どちらも飛んでいて攻撃が当たりにくいので気を付けましょう」
レヴィ:我々に何の恨みが……
ジゼル:「フェイさんの腕ならきっとちょちょいのちょいですね!」
ドルベ:先に魔法行使出来そうですか?
ミカル・バレット:「よし………マシになった………」
GM/貞夫:今回、剣のかけらの強化はHPじゃなくてほかの能力に振ります
フェイ:「うー、素早い。ペガサスの動きを見るに、ちょっと難しいかもしれません」両手使うと9以上で命中です>ジゼルさん
GM/貞夫:なんかちょうどいいコマがないからこれで
ドルベ:「俺も動き大きいからなぁ、当たるかは五分五分だぜ」
ミカル・バレット:「………」
GM/貞夫:ヒポは固定値、ペガは振ります
ドルベ:はーい
GM/貞夫:まずは先制判定を
ミカル・バレット:はーい
GM/貞夫:こっちの先制値は16
システム:ミカル・バレットさんの「先制」ロール(2d6+1+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+1+4)  →  3[1、2]+1+4  → 8
システム:ジゼルさんの「先制」ロール(2d6+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  11[5、6]+4  → 15
システム:ドルベさんのロール(2D6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  5[3、2]+2  → 7
レヴィ:さすが馬はやい
ジゼル:うーん、惜しいです…
ミカル・バレット:変転使いましょう
ドルベ:お、それなら抜けますね
フェイ:お、人間ですもんね!
GM/貞夫:抜けたなら、そちらから配置よろ
レヴィ:後衛で―
ミカル・バレット:前衛行きます
ジゼル:ありがたいです…!私後衛行きますねー
ドルベ:ん~……今回は後衛からで
フェイ:前衛いきます
フェイ:バックラー装備で
GM/貞夫:じゃあ、3びきは前衛に配置します
フェイ:いこう
GM/貞夫:では、1回表どぞ
ドルベ:お先に行きます
フェイ:どうぞー
ドルベ:異貌してからファナシズム行使します
ドルベ:対象は自身で
システム:ドルベさんのロール(2D6+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  9[3、6]+4  → 13
ドルベ:行動終了だよー
:続いて、ジゼルが3倍数拡大でパラライズをかけるがペガサスは抵抗、ヒポは両方回避に-2のペナルティ。
:次にミカルが2丁拳銃でヒポ2に攻撃し、パラライズのペナルティで両方命中、ダメージを22点与えて虫の息。
ヒポ2/GM:「グァグァ(訳:いたいいたい)」
ジゼル:いいダメージですね!
ミカル・バレット:「ふーん、痛いのかな?」
ヒポ1/GM:「ガァグァ(訳:ヒポ2ーーー!! 死ぬんじゃない)」
フェイ:ではスリングでヒポ2に攻撃します
ジゼル:ドラマが今生まれようとしてますね
フェイ:くっ、敵の友情ものとは卑怯なり!
システム:フェイさんのロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  5[3、2]+8  → 13
フェイ:パラライズありがとうございます!
ドルベ:慈悲はない
システム:フェイさんのロール(k12+11@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.12c[10]+11  →  2D:[6、6 3、2]=12、5  →  7、2+11  →  1回転  → 20
ヒポ2/GM:「ガァグァ(訳:アイツのパインサラダを食べるまでは死なない!)」
ジゼル:今回は役に立ってる…!よかった…!
フェイ:慈悲はなかった……
レヴィ:本当に慈悲がなかった
ドルベ:回転したw
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
フェイ:「ぐわうわいっているのを、一匹やりましたよ!」
ヒポ2/GM:「ガハッ(訳:すまない。俺は帰れそうもない。あとは頼…んだ…)」
ミカル・バレット:「………」
GM/貞夫:次の方ー
フェイ:最後は賢人レヴィさんですね
レヴィ:「良い調子です!何言ってるか分かりませんが、きっと大したことない内容でしょう!」
ミカル・バレット:「あるぇー(´・ω・`)」
ドルベ:「この調子でいこー!」
レヴィ:様子見もいいですが、ペガサスにウィークポイントを試みてみましょう
システム:GM/貞夫さんの「抵抗するぜー」ロール(2d+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  9[6、3]+7  → 16
システム:レヴィさんの「行使判定」ロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  7[4、3]+8  → 15
レヴィ:ふぇぇ
GM/貞夫:残念無念また来週ー
フェイ:来週はすぐにやってきますよ!
レヴィ:次のターンに復讐の来週を…
GM/貞夫:来週もまた見てくださいね
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
フェイ:これで、こちらは全員終わりですね
フェイ:次回は「フェイ死す」
レヴィ:comming soon...
ドルベ:おわりですー
フェイ:よろしくね!
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
:1回裏、まずはヒポ1がミカルに14点のダメージを与える。
:ここでGM痛恨のミス。連続攻撃の存在を忘れていた。PLさんの指摘で気づくも後の祭り。そのまま連続攻撃はなしで続行。
:続いてペガサスの攻撃はフェイに、だがフェンサー5でしかも敏捷Bが高いフェイに同値回避される。
:そんな感じで1回裏の攻撃は終了。
:2回表、ジゼルが、またパラライズをペガサスに、出目5,6を出して、抵抗を抜いた。回避にペナルティを受ける。
:次にドルベが前線に上がってきてヒポに魔力撃、かろうじて躱す。
:そして、フェイの攻撃、盾を捨てて、ヒポにスリングと石の投擲、スリングのみ当たり。ダメージが振るわずなんとか生き残る。
:今度はミカルがペガサスに2丁拳銃、回避に失敗し、あわせて16点ダメージ。
:最後に、レヴィがミカルにキュアウーンズ、与えたダメージがほぼ回復。ぐぬぬ。
:で、2回裏。
:
GM/貞夫:じゃあ、ヒポ1から行くぞい
システム:GM/貞夫さんのロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 2
GM/貞夫:ドルベに13と言って攻撃
ドルベ:こっち来たか
システム:ドルベさんのロール(2D6+4-3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4-3)  →  6[1、5]+4-3  → 7
GM/貞夫:じゃあダメージいくよー
システム:GM/貞夫さんのロール(2d+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  6[5、1]+4  → 10
フェイ:ジゼルさん的にはひっかき傷はチャームポイントなのですね
GM/貞夫:10てーん
システム:ドルベさんの「もう一回遊べるドン!」ロール(2D6+4-3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4-3)  →  8[6、2]+4-3  → 9
GM/貞夫:続いてペガ
ドルベ:防護点差し引いて5点もらいます
フェイ:なかなかの硬さです。これぞ金属
ミカル・バレット:ハードレザー4点
GM/貞夫:うーん、とりあえずドルベが当たりやすそうと見て集中攻撃します
システム:GM/貞夫さんの「避けてみんせい」ロール(2d+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  6[2、4]+9  → 15
フェイ:ハードなレザーも非金属では良きもの
GM/貞夫:くそっ今日は出目がわるい
フェイ:当たりやすいが突破は不可能……!
ドルベ:ヒポ2回目来なかっただと……
システム:ドルベさんのロール(2D6+4-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4-2)  →  12[6、6]+4-2  → 14
GM/貞夫:あ、また忘れてた、まあいいや
ドルベ:自動成功で
レヴィ:ヒポさんはやはりドジっ子だった
ジゼル:わお
GM/貞夫:はいじゃあ、3回表どぞ
フェイ:「ペガサスに匹敵する動き! ドルベさん……あなたは一体!?」
ジゼル:二倍掛けリープスラッシュしますー
ドルベ:「まぁ、直感てやつだ!何回も出来やしないよ」
フェイ:おおー
レヴィ:ペガサス流星拳!
システム:ジゼルさんの「行使」ロール(2 2d6+7)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  12[6、6]+7  → 19<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  8[2、6]+7  → 15
システム:GM/貞夫さんの「ペガちゃん抵抗ー」ロール(2d+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  4[2、2]+7  → 11
GM/貞夫:両方通った
レヴィ:ここにきてジゼルの本気が
ドルベ:どっちも失敗してるなぁ
システム:ジゼルさんの「上からペガサス」ロール(2 k20+7@10)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+7  →  2D:[1、6]=7  →  5+7  → 12<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+7  →  2D:[6、6 3、3]=12、6  →  10、4+7  →  1回転  → 21
フェイ:「勘を信じれば、あれだけ動けるのですね」
ジゼル:あら?
レヴィ:おほー
ドルベ:つ、つよい!
フェイ:これがジゼルさん! ついに真の力を!!
ジゼル:惜しい…逆ならば…!行動終わりです
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
ドルベ:ヒポは倒したなぁ
ヒポ1/GM:「グァガァ(訳:ヒポ2、おれもお前のところに行くぜ)」
ドルベ:さてと、今度こそ当てたい
レヴィ:「なんかあのヒポグリフ、死に急いでる気がしますね……」
GM/貞夫:くそっ連続攻撃を忘れてなければ
ドルベ:忘れていたビートルスキンを使用しますよー
フェイ:「ひ、ひぃ。あわわエルフの魔法」
ジゼル:優しいヒポグリフさんでしたね
ミカル・バレット:「強いなぁ」
ドルベ:「エルフはすごいなぁ」
ジゼル:「まあ、フェイさんそんなに怯えて…どうかしましたか?」
GM/貞夫:天国のヒポ1,2「ガァグァ(訳:僕らは悪いヒポグリフじゃないよ)」
ミカル・バレット:「………」
ドルベ:それじゃあ今度こそ当てたい
ドルベ:ペガサスに魔力撃で
システム:GM/貞夫さんの「躱してみせる!」ロール(2d+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  9[4、5]+6  → 15
フェイ:「ジゼルさんの顔がお母さんの顔に似てきました(がくぶる)」自己紹介で使ったきりで設定に書いてなかったですね。育ての母親は私ごと魔法を撃つエルフだったと……!
システム:ドルベさんのロール(2D6+6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6+2)  →  8[3、5]+6+2  → 16
GM/貞夫:1たりない
レヴィ:なんて母や……
フェイ:良かった、仲良く過ごせているようですね。>ヒポ
ミカル・バレット:出たな妖怪1足りない
システム:ドルベさんの「一撃は重い!」ロール(k34+7+4+1@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+12  →  2D:[3、6]=9  →  10+12  → 22
レヴィ:逝ったああっぁぁぁ
ドルベ:あと1、1出目があれば!
フェイ:母エルフ「強い子に育つんやで^^」
GM/貞夫:じゃあ、ドルベの攻撃が命中すると、ペガサスは力なく失速し、地面に墜落しました
ドルベ:「そぉれぇ!」
フェイ:完全?勝利です!
レヴィ:スパルタという名の愛情
ザキ風呂:怖い怖い
フェイ:「捕獲! 捕獲しましょう! 6000Gを!!」
GM/貞夫:戦闘終了ー
ドルベ:「ふぃ……決まったぜ」
レヴィ:「落ちましたね、捕えて、連れて帰りましょう」
ジゼル:「さあペガサスちゃん、怖くありませんよ~おうちにきましょうね~」
ペガ/GM:「ヒヒーン(訳:煮るなり焼くなり好きにせい)」
ミカル・バレット:「うーん………疲れた………」
フェイ:「ジゼルさん、ペガサスちゃんは泡をふいて痙攣しているようです」
フェイ:起きてました!
レヴィ:「大丈夫、優しくて綺麗なお姉さんが待ってるから安心してね」>ぺがさす
フェイ:「ミカルさん、あとはドルベさんが担いでいってくれますよ」
ミカル・バレット:「ペガサス、大丈夫か?」
GM/貞夫:じゃあ、無事ペガサスを捕獲できましたー
ジゼル:ゲットだぜ
ドルベ:「なんだ?ミカル疲れたのか?」
ミカル・バレット:「うん………流石にね………」
ドルベ:「背中は剣があるからなぁ……よし、これでいいか」お姫様だっこ
GM/貞夫:それじゃあ、イベント表を振ってみましょうかー
レヴィ:はーい
システム:レヴィさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[3、5]  → 8
レヴィ:お姫様抱っこ……だと…
ジゼル:「仲がいいですねえ、良いことです~」
ミカル・バレット:「ドルベ………ありがとう………」
GM/貞夫:8か、ではまた地揺れが発生します
GM/貞夫:ゴゴゴゴ
レヴィ:ドドドドドドドド
GM/貞夫:PC全員2dをどぞ
ジゼル:「きゃ~、また揺れてますぅ~!?」
フェイ:「お、ちょっと憧れます。レヴィさん、ちょっとお願いします」
システム:ジゼルさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
システム:フェイさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[3、5]  → 8
ドルベ:「やれやれまたかぁ……」
システム:ドルベさんのロール(2D6) → 12 (6、6)
ミカル・バレット:「うう………怖いよ………」
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[6、3]  → 9
レヴィ:「え?え?やめて、フェイさん、僕につかまらないで、僕の方が筋力ないから…」
GM/貞夫:レヴィも2dよろ
システム:レヴィさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[1、5]  → 6
フェイ:筋力、レヴィさんの2倍あるんですよね……。
GM/貞夫:うん、じゃあ今度も地揺れだけで収まりました
GM/貞夫:では、探索チェックー
ジゼル:「ああ、怖かった…」
フェイ:失敗したら何が起きるのでしょう、恐ろしいです
フェイ:探索します!
ミカル・バレット:探索行きます
ジゼル:探索します
ドルベ:探索でー
GM/貞夫:まだ、帰らなくていいのん?
システム:ドルベさんのロール(2D6+3-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3-2)  →  6[3、3]+3-2  → 7
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
フェイ:あ、帰る時はここでしたね
レヴィ:深度確認ー
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+1+4-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+1+4-2)  →  11[5、6]+1+4-2  → 14
GM/貞夫:探索目標値は12ー
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
フェイ:真のラスボスは奥にいるという我々の探求心でしょうか
システム:フェイさんのロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  8[5、3]+2  → 10
GM/貞夫:深度確認も12-
システム:ジゼルさんの「探索」ロール(2d6+5-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5-2)  →  9[6、3]+5-2  → 12
レヴィ:もしくは少しでも素材を集めたいという物欲か
システム:レヴィさんの「深度確認」ロール(2d6+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  7[3、4]+6  → 13
ジゼル:なんとか成功です
レヴィ:またペナ忘れ…
GM/貞夫:まずはGMの出目は「4」です
GM/貞夫:あら、まあ今回は成功ってことでいいです
レヴィ:わぁい
GM/貞夫:で、探索成功した人は2dをどぞ
システム:ジゼルさんの「探索」ロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5
ミカル・バレット:はーい
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[4、6]  → 10
ジゼル:しょっぱい…
GM/貞夫:ジゼル=帯電する歯車1 ミカル=火炎銀2
GM/貞夫:以上かな?
ジゼル:これで温泉作れますね!
フェイ:わーい、オンセン!
GM/貞夫:はーいでは6ターン目、深度を進めてください
システム:(シークレットダイス) GM/貞夫さんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
レヴィ:オンセンだー
システム:ジゼルさんのロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
ドルベ:ほほう、温泉ですか
ミカル・バレット:温泉かー
GM/貞夫:では、イベント表を2dお願いします
システム:フェイさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
GM/貞夫:なんということでしょう!
フェイ:なんでしょう!
GM/貞夫:温泉が沸いています!
ドルベ:ざわ……さわ……
フェイ:オンセンが既にできていた!
レヴィ:えええ
ミカル・バレット:ワクワク
ジゼル:噂をすれば!
フェイ:温泉の方からやってきましたね
ドルベ:「お、温泉だな」
フェイ:「ですね、湯加減は……」わくわく
ミカル・バレット:「本当だ」
GM/貞夫:一回探索深度を進めて温泉に入ればHPとMPが回復します
レヴィ:「やっぱり火山だからかな、久しぶりに見たよ温泉」
ジゼル:わお
ドルベ:どうしようか……
GM/貞夫:ここは、アレです。読者サービス!
ジゼル:「気持ちよさそうですね~」
フェイ:「ふむふむ、火山に温泉はつきものなのですね」
フェイ:どうせ今回でかえるのなら進行度の100や200ぐらい!
ドルベ:浸かっていきます?
レヴィ:「なんだか空からこの温泉に入れって声が聞こえるし、少し休んでいこうか?」
フェイ:どうします?
GM/貞夫:君たちは温泉に入ってもいいし、入らなくてもいい(世界樹〇迷宮っぽく)
ジゼル:ぬくぬくします?
ミカル・バレット:「ドルベ~温泉入ろうよ」
フェイ:しちゃっても?
レヴィ:えぇんやで?
ドルベ:「たしかに、けっこう疲れたしなぁ、いいかもな」
ドルベ:しかしこれ混浴だよね?
フェイ:「ミカルさん、男女は別ですよ。ドルベさんとは離れたところです」
GM/貞夫:まあ、天然なので仕切りとかはないです
フェイ:あらま
ジゼル:スリープをかければ…!
フェイ:このためのスリープ!
レヴィ:眠らされるんか我ら……!
GM/貞夫:ここは全力で抵抗すべきでしょう!
フェイ:抵抗できたら寝たふりでも
ドルベ:そうだね
ドルベ:抵抗できる気はしないが
フェイ:とんだ茶番イベントですね!
ジゼル:どうせ回復しますし、次で買えるっぽいので行使いきますね!
GM/貞夫:www
フェイ:面白いですけどねw
システム:ジゼルさんの「スリープキャラシ順」ロール(2 2d6+7)<br>→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  5[2、3]+7  → 12<br>→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  9[3、6]+7  → 16
レヴィ:遠くに聞こえる声だけで男にとっては桃源郷なのです……!
システム:ドルベさんのロール(2D6+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  8[2、6]+5  → 13
フェイ:くっ、ひくめ!
ドルベ:A.コロンビア
フェイ:なん……だと……
システム:レヴィさんのロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[3、3]+7  → 13
ジゼル:「皆さん、しばらく休んでてください!」
フェイ:おやすみなさい
レヴィ:あ、寝た……
レヴィ:( ?ω?)スヤァ……
ジゼル:「これで安心ですね!」
フェイ:「良くやりましたジゼルさん」
ドルベ:「ん?なに……スヤァ」寝たふり
GM/貞夫:ドルベはどうする?
フェイ:「~♪ ミカルさんもこちらにー」
ドルベ:起きてても2度目かけられるだけだからね
ミカル・バレット:「はーい」
レヴィ:( ?ω?)スヤァ(これでいいんだ……僕に女性の肌を見る資格なんてないんだ……むにゃむにゃ)
フェイ:あとでログを見返して真顔になるプレイが今はじまります
レヴィ:ファイッ
ドルベ:「(なんだかいい事してる気はしないぜ……だがっ!この背徳感はなんだ…!?)」
フェイ:「ふぅ。まさか冒険に出て、このような美味しい思いがあるとは思いませんでした」
ジゼル:「こんなのが街にもあればいいですねえ」
GM/貞夫:じゃあ、女性陣は男性陣が寝たのを確認して、しずしずと衣服を脱ぎます。
ミカル・バレット:「温泉温かいですね~」
フェイ:「温泉の予定はあるようですし、えっと今回の素材で建てられそうですね。申請してみましょう」
GM/貞夫:温泉は白濁した湯で温度もちょうど良く、リフレッシュできそうです。
ジゼル:「ぽかぽかです~」
GM/貞夫:なんとなく、肌がツルツルになった気がします
フェイ:やったー
フェイ:「ぽかぽか~」のぼせ
ドルベ:「(起きたらまずい……ここはやり過ごそう……)」
GM/貞夫:で、それを薄目を開けて見ているドルベ
ミカル・バレット:「スヤァ(( _ _ ))..zzzZZ
GM/貞夫:バレたら地獄行き決定です
ジゼル:気付かれて制裁パティーンですね!
フェイ:「寝たら死にますよ。ぶくぶく」
ミカル・バレット:(( _ _ ))..zzzZZスヤァ
GM/貞夫:じゃあ、気づいたかどうかを判定でもしますか?w
フェイ:落としどころ、どこです!?
ドルベ:スカウト低いからなぁw
ミカル・バレット:寝ているので振りませんw
フェイ:では最後はそれで締めます?w
フェイ:のぼせているので-2ぐらいします。レンジャーですが
レヴィ:( ?ω?)スヤァ「のぞきはしけい……それがよのことわり……」寝言
ジゼル:では締めに振らせていただきます
GM/貞夫:冒険者レベル+知力Bで
GM/貞夫:女性陣が高ければ気づく、ドルベが高ければ桃源郷
システム:ジゼルさんの「起きてる?」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  9[6、3]+7  → 16
システム:フェイさんの「のぼせで-2」ロール(2d6+7-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7-2)  →  9[6、3]+7-2  → 14
ミカル・バレット:「(( _ _ ))..zzzZZスヤァ………」
フェイ:強い
システム:ドルベさんの「A起きてます」ロール(2D6+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  9[3、6]+5  → 14
フェイ:直感を信じるのです!
レヴィ:( ?ω?)スヤァ「どるべ…つよくいきろ……」寝言
GM/貞夫:じゃあ、ジゼルが気づいたw
フェイ:「ぶくぶく……」
ミカル・バレット:「(( _ _ ))..zzzZZスヤァ………」
ドルベ:ジゼル-2してない?
フェイ:のぼせているのは私だけなのです。おそらく
ジゼル:マイナスしてないので…14?受動有利ですかね
ドルベ:これ14で受動有利なんじゃ・・・
GM/貞夫:あくまで、フェイの自己申告なのでジゼルはのぼせてない
レヴィ:覗きとそれに気付く判定ってどっちが受動なんだ
ジゼル:「ハッ、ブランシュちゃん!!ドルべさんに攻撃!!」
ドルベ:ほら、真偽判定みたいなものですよ
ジゼル:と銀鳩がつっつきに
https://www.dropbox.com/s/m2lsco3qf0fe9rz/%2305-01.jpg?dl=0
フェイ:私は気が付いてないで良いですよー。ドルベさんとジゼルさんの会話見てみたいです
フェイ:今回、この二人の会話は珍しいです
フェイ:興味津々
ジゼル:「起きてますね!?起きてますよねドルべさん!!」
ミカル・バレット:「(( _ _ ))..zzzZZスヤァ………」
GM/貞夫:適当なところで以上ですって言ってくれればそこで終了しますのでー
ドルベ:「……!と、とりあえず服着てください……」
フェイ:ドルベ君紳士的!
ミカル・バレット:「(-_-)zzz」
ジゼル:「ぶ、ブランシュちゃん制裁お願いしますー!」
レヴィ:ちぃしってる、変態と紳士は紙一重
フェイ:「ぶくぶく、ぼ~」
フェイ:なるほど!
ミカル・バレット:(_ _).。o○んん」
ジゼル:ぎんばとこうげきー
フェイ:つんつん、嘴ですね
ミカル・バレット:「(´-`).。oOふあぁ………」
ドルベ:ビートルスキンで硬くなります
フェイ:「ぼ~~ooOO」
フェイ:ビートルスキン、その手がありましたか!
ジゼル:つんつんひたすら頭をー
ドルベ:「あの~……湯気で見えないからはやくのぼせてる2人を引っ張り上げては・・・」
フェイ:頭を攻め続ける!
ジゼル:「ああ~、お二人ともしっかり~」
ミカル・バレット:「(p_-)なにかあるの~」ドルベいって温泉の外に出てドルベの方に行きます
フェイ:「は、はい……私フェイです、今日も一日頑張ります!」びしっ!
ジゼル:「み、見ないでくださいよ!?絶対ですよ!!」
フェイ:ぼけーとしながらです
レヴィ:禿げてしまう…
ドルベ:「(今だっ!)」後ろを向いて正座
ジゼル:と二人を引き上げ終わりましょう
フェイ:では救出されます
ジゼル:流石に長引きました、悪ふざけはよくありませんね
レヴィ:( ?ω?) スリープの効果時間って3分だからたぶんこの間にレヴィ君起きてるけど素知らぬふりを決め込みます
レヴィ:そろそろ帰りましょうか
フェイ:くー、レヴィ君知能的!
フェイ:はいー、以上ですね!
GM/貞夫:はいじゃあ、イベント終了ー
ドルベ:特に後はないかなー
フェイ:ミカルさんがドルベさんに会いに行っててんやわんやはあったかもですけれどw
GM/貞夫:えーっとHPは最大値の1割、MPは半分回復しますー
ドルベ:たぶん帰りもお姫様だっこしたんでしょう
GM/貞夫:で、深度を進めるダイスをだれか1dを
フェイ:おお、お姫様だっこ慣れしてきましたね
ジゼル:順番的にはドルべさんですかね?
ドルベ:こっちか
フェイ:探索はどうなります?
システム:ドルベさんのロール(1D6) → 3 (3)
GM/貞夫:じゃあ、これで温泉イベントは終了です
GM/貞夫:探索チェックー
フェイ:ああ、なるほど。温泉の深度上昇もダイスだったのですね
ジゼル:かえりましょー
ドルベ:ここで切り上げて帰りますかー
GM/貞夫:探索してもいいのよw
フェイ:ですね、帰還です
レヴィ:帰りましょう―
フェイ:そろそろ恐ろしいものが出そうです!
ミカル・バレット:帰ります、ドルベにお姫様抱っこされながら
ジゼル:そうです、またトカゲに轢かれてしまうかもしれません
GM/貞夫:じゃあ、みなさん町に帰りましたー。道中は何事もなく工房に着きます
レヴィ:「なぁペガサス君、知ってるかい?あれがりあじゅうってやつだ……」
フェイ:「お、お姫様抱っこの達人ですね。あとでお願いします」>ドルベさん
ペガサス/GM:「ブヒーン(訳:そんなん俺に言われてもしらんがな)」
ドルベ:「ま、別に減るもんじゃないしな」>フェイ
GM/貞夫:じゃあ、皆さんをクレアが出迎えてくれます
ドルベ:「連れてきたぞー!」
ジゼル:「ただいま戻りました~、お弁当美味しかったです!」
クレア/GM:「おかえりなさい、ペガサスは…無事捕まえられたみたいですね」
ミカル・バレット:「弁当美味しかった」
フェイ:「ただいま戻りました。では、報告の方はみなさんにお任せしましょう。私は夕食の準備でも……」
ドルベ:「(そういや俺の口に入ってなかったなぁ……)」
フェイ:おお、クレアさんの立ち絵が……!
クレア:「あら、お弁当ちゃんと食べてもらえたんですね。お粗末さまでした」
フェイ:しまった、私が反応すると半透明になって見えない!
クレア:容姿の記述がなかったんで適当に描きました
ザキ風呂:危険察知
レヴィ:「お弁当、美味しかったですよ。また作ってもらえると嬉しいです」
ジゼル:「クレアさんの料理の腕は素晴らしいですよ、私が男性ならお嫁さんにほしいくらいです!」
GM/貞夫:じゃあ、みなさんが帰ってきたタイミングでアルティナが計ったようなタイミングで訪れます
フェイ:しっかりしてそうな方ですね。クール美人です!
ドルベ:「あ、アルティナさん」
ジゼル:来ました、鎧とペガサスでしたね
フェイ:私はクレアさんを鑑賞しているので、どうぞ報告等お願いします。
アルティナ/GM:「依頼の進捗の確認に来たが」
ドルベ:「捕まえてきたけど、こいつでいいか?」
アルティナ/GM:「おお、立派なペガサスじゃないか!」
ジゼル:「はい、こちらにご用意いたしました~」
アルティナ/GM:「うん、体格もいいし、なんとなく気品を感じるぞ」
ドルベ:きっとペガサスがトゥクンするはず…!
レヴィ:「そもそもブロブのためだけにペガサスに乗るのもどうかと思いますが…。これでもう安心ですね」
ジゼル:「これで鎧をまた溶かされることがないのですね!」
アルティナ/GM:「ライダーギルドの登録は私の方でやっとくから、報酬の方は今渡しておこう」
ドルベ:「大切にしてやりなよ!」
ジゼル:「ありがとうございます~」
フェイ:青系の黒髪や、ちょこんとしたアクセサリも良いですね! 素晴らしい。
GM/貞夫:というわけで6000Gを手渡します
レヴィ:わぁいお金や―
ジゼル:へへへ…6000Gですよ…
ミカル・バレット:いいですね~
アルティナ/GM:「じゃあ、また何かあったら頼む」
フェイ:っと、観賞席から戻ってきました
ドルベ:分割で1200Gずつかな?
ジゼル:「あ、よ、鎧はいいんですか!?」
フェイ:ですね、一人頭1200Gです
GM/貞夫:あ、鎧忘れてた
GM/貞夫:Bランクでいいかな?
フェイ:「鎧の方、クレアさんが作っていましたので、奥からお持ちします」と取ってきます
ジゼル:OKです
フェイ:はい、良さそうです
ドルベ:大丈夫、大丈夫ー
レヴィ:アルティナさんはブロブホイホイなんですね
GM/貞夫:じゃあ、炎鉄3を消費して鎧を作りましたので、合成のかけら1つです
ミカル・バレット:大丈夫ですね~
ジゼル:はーい
フェイ:立ち絵が知能指数の高そうな二人に挟まれてしまいました。これで私の知力も+6ぐらいするでしょうか
アルティナ/GM:「じゃあ、今度こそ帰るぞ。また何かあったら頼む」
フェイ:ホイホイっぽいですね。ブロブを倒すなら連れて歩けば……!
ジゼル:「またのご利用お待ちしてますね~」
GM/貞夫:レアドロップ目当てに狩り尽くしますか
フェイ:「お待ちしています!」
ドルベ:「じゃあなー」手を振って見送る
レヴィ:そうしたら夢の知力ボーナス3ですね
GM/貞夫:じゃあ、続いてハヌマが訪れます
ミカル・バレット:「またね~」
フェイ:「このアシュラウドの鎧需要を支えている第一人者ですからね、大切なお客様です」
レヴィ:あぁ忘れていたハヌマ
フェイ:うんうん、B3はとても魅力的です
ハヌマ/GM:「どうだ?艶やかな香木は手に入ったか?」
ジゼル:「艶やかな香木でしたね…残念ながら…」
ドルベ:「やっぱ火山にはなかったぜ」
フェイ:「残念ながら……ですね、お帰りはあちらになります」ささっと扉を開けます
ハヌマ/GM:「くそっ、納期に間に合わん。しかたない、頭を下げて済めばいいんだが
レヴィ:「見つかったけど隠してるとかではなく、本当に見つからず、申し訳ないです…」
ジゼル:「懲りずにまたきてくださいね~」
フェイ:「私どもも力を尽くしたのですが……うう、実に難しい素材で」
ハヌマ/GM:緊急依頼で5を振ったらまた来るぜ
ドルベ:「すまん……」
フェイ:5の男、と覚えれば良いのですね
GM/貞夫:じゃあ、依頼の方は以上ですー
:このあと、なし崩し的に宴会が始まり、フェイが酒飲んで酔っ払って変な行動を起こしたりなんかしたが、概ねいつもどおりであったとさ。
GM/貞夫:では、今回のセッションはこれで終了です。お疲れ様でしたー
PL一同:お疲れ様でしたー
 いいね!  4

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

6. 貞夫
2018/05/12 21:09
躍動感ありますか? よかったです。卓がすぐ埋まっちゃって申し訳ないっす。次回ルナさんの予定が空いてれば優先してお誘いしますので、よろしくお願いします。
 いいね!2
5. ルナ
2018/05/12 20:09
こんばんは
リプレイお疲れ様です!
温泉イベントの挿絵………寝ているのが私ですかね?
絵に躍動感があるのでよく伝わりますw
やっぱり、こういうのは観るのも楽しいですね!
そしてすぐに埋まるセッション………人気ですね
 いいね!2
4. 貞夫
2018/05/12 19:43
いやー、温泉作ろうとかって話をしているところに、ちょうどイベント表で温泉が来たので笑いましたw
これは、読者サービスのチャンス、と思いましたね。
ティーノくんが参加できなくて残念でした。どういう反応したのかなぁ。
次回もなにかインスピレーションが沸いたら描くかもしれません。やっぱ描かないと画力ってつかないですからねぇ。
 いいね!1
3. みのり
2018/05/12 19:00
温泉イベントなんてあったんですか……
参加出来なかったのが尚更悔しくなりますね……

……お色気シーン(?)……実際にセッション内で見たかった……_(┐「ε: )_
 いいね!1
2. 貞夫
2018/05/12 18:37
わーい、感想ありがとうございます。今回のあのシーンは是非とも、読んでくれた人にサービスをしなくては、と思って頑張りました。また機会があれば続けていこうかなって思います。
 いいね!1
1. kuro
2018/05/12 18:21
こんばんは。
わああああ、挿絵ありがとうございます。やはり貞夫さんの絵は動きのある姿が映えます!
自キャラを人に描いてもらうなんて新鮮で良いですね。ふへへ。

 いいね!2