【クトゥルフ神話TRPG】リプレイ「瑠璃色絵画【初&超初心者KP】」

wagaseリプレイ  2
登録日:2018/07/10 01:52最終更新日:2018/07/10 01:52
システム:wagaseさんが、入室しました。
GM/wagase:可能であればキャラシートをキャラ一覧へお願い致します。又、メモ欄に記載がない方はふりがな、
GM/wagase:SAN値、PL名、DEXの記載をよろしくお願い致します。
システム:wagaseさんが、退室しました。
システム:帝釈10さんが、入室しました。
システム:帝釈10さんが、入室しました。
システム:wagaseさんが、入室しました。
システム:wagaseさんが、退室しました。
システム:ジュノーさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに涼月 ミナモが追加されました。
ジュノー:15分くらい前にまたきます~
システム:ジュノーさんが、退室しました。
システム:帝釈10さんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに明石 晴海(アカシ ハルミ)が追加されました。
システム:キャラクターリストから明石 晴海(アカシ ハルミ)が削除されました。
システム:キャラクターリストに明石 晴海が追加されました。
明石 晴海:こんなもんで。
明石 晴海:頭頂部の見切れ修正
明石 晴海:もう一回
明石 晴海:おっけ。
システム:ジュノーさんが、入室しました。
ジュノー:こんばんは~
明石 晴海:こんばんはー
明石 晴海:afkしてました。
システム:kamisamannさんが、入室しました。
kamisamann:こんばんは~
涼月 ミナモ:こんばんは
システム:キャラクターリストにクリアウィング・シンクロ・ドラゴンが追加されました。
明石 晴海:こんばんはー
涼月 ミナモ:なんかチャットが重いんですが、うちだけですかね?
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:自分は普通ですね
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:でけえw
明石 晴海:いや、でけえっつうか、種族があまりに違いすぎません?
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:元ネタと立ち絵が違うだけで、クトゥルフ上ではちゃんと人間ですよ?
涼月 ミナモ:うーん、入りなおしてきますかね……
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:警察官です。警察官
システム:ジュノーさんが、退室しました。
システム:ジュノーさんが、入室しました。
ジュノー:治っていることを祈る(’ω’)!
ジュノー:治った!
明石 晴海:いやまあ、それはいいんですがせめてゴドウィン辺りに差し替えてくれるとしっくりきそうなのになとは思っております。
明石 晴海:おめでとうございます>ジュノー
ジュノー:ありですw
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:元々オフセで作った四天の竜の一角なので
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:それだけは譲れない
ジュノー:特にGMからコメントないけれど、30分後ってことなんですかね?
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:そうなのではないでしょうか
明石 晴海:なのかなぁ?
システム:wagaseさんが、入室しました。
wagase:皆様お待たせして申し訳ありません…!
涼月 ミナモ:こんばんは~
明石 晴海:こんばんはー
wagase:こんばんは!今日はよろしくお願いいたします
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:こんばんはです。
涼月 ミナモ:はーい!よろしくお願いします!
wagase:コメント拝見していただけていたようですが、開始を30分遅らせてもよろしいでしょうか?
涼月 ミナモ:私は構いませんよ~
明石 晴海:その辺は大丈夫です。
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:一向にかまいません
明石 晴海:その余裕で眉毛を書き忘れていたのを思い出しました。
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:30分の間になるべく小さい立ち絵探してきますw
wagase:ありがとうございます。いらっしゃるまで雑談でも…w
涼月 ミナモ:これってみんな友達っていう設定でいいんですよね?
明石 晴海:小さい立ち絵というか、ホントわがままで申し訳ないのですが人間に見えるビジュアルをですね・・・
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:ネットにあるクリアウィングシンクロドラゴンの立ち絵女しかないんですよ~
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:ユーゴもなんかこれじゃない感があるしで
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:特に指定がない場合友達でいいのでは
wagase:ロールプレイで自己紹介したりしたいでしょうか?もしそうであればたまたま居合わせた他人などでも構いません~
明石 晴海:確かに、ユーゴはどっちかっつーとカラーリング的にネオスっぽいのは否めませんが生のドラゴンよりは。
涼月 ミナモ:いや~友達だったらドラゴンさんはドラちゃんって呼べばいいかなとか考えてたんですよ
wagase:w
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:あ、友人から呼びにくいと言われたので
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:クトゥルフ上では「水晶 翼」という名前になっています
wagase:私は設定がちゃんと人間していたので、いいかな、と思ったんですが
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:身内卓のPCなんで… そういう人外がよくいるんですよ
涼月 ミナモ:じゃあそっちの名前で呼びましょうかね
wagase:若干は気になりますよねw
明石 晴海:ま、まさかクリアウィング氏の身内って・・・ゆっくりクズども・・・?
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:ビィくんとかが身内は流石にない
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:ですが、あれに匹敵する人たちですね
wagase:身内人外卓なら他にもたくさんありますしね~((
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:近々身内が動画化するらしいですが
wagase:無音寂しいのでBGM失礼
明石 晴海:あれは初心者KPには刺激が強すぎると思うんで、ぱっと見は穏やかに薄めてください(白目)
涼月 ミナモ:は~い
明石 晴海:ありがとうございます。
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:はい
wagase:そうですね、さすがに制御しきれませんので、身内以外の卓でされることないと信じてますが…w
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:私、PC以外で暴走する気ありませんよ?
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:設定は人外でも一人の人間として普通にクトゥルフ楽しんでます。
明石 晴海:まあ、強要できる話でもないし、見方によらずともKP盾にしたわがままにしか見えないとは自分で思いますが
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:ううん…
wagase:まぁまぁ
wagase:こうして話しているだけですが、大丈夫だと思ってますので
明石 晴海:少なくとも、SANチェックに失敗して発狂するクリアウィングシンクロドラゴンを見たくないといいますか
涼月 ミナモ:元ネタ知らないけど目からビーム出してそう
明石 晴海:遊戯王世界のドラゴンはイコールヒーローですんで!(めんどくさいオタク)
wagase:ww
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:翼からならビーム的なの出してましたよ
涼月 ミナモ:じゃあ発狂したらビームでますね٩( ’’ω’’ )و
wagase:デュエマ派だったので遊戯王は詳しくなくて申し訳ない
涼月 ミナモ:(どっちも全然知らない人
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:まあ遊戯王は難しいですしね
明石 晴海:難しいのはコンマイ語の翻訳であって、遊戯王自体の難易度はネクロニカ程度なのでは。
wagase:そうなんですよね~。若干覚えることが多いうえに増える()
明石 晴海:ペンデュラム召喚ってなんだ?から始まってリンクモンスターってなんだ?が始まる。
wagase:ネクロニカ未プレイなのでわかりかねます…(m´・ω・`)m 
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:対象の有無が個人的に一番つらかった
明石 晴海:ペンデュラム召喚の時点では「へー、面白いやん」って流せたんですけどね。
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:いや、ペンデュラムそれで流せるのすごいですよ
明石 晴海:ペンデュラム召喚は、まだ「シンクロ、エクシーズの素材を展開してヒャッハー」という面白さに一役買うなと判断できたんですが
明石 晴海:リンクモンスターでその辺全否定ですからね。5Dsの最終話を公式で再現できなくなる地獄。
明石 晴海:ちなみに、ネクロニカのシステム上、マニューバという特殊効果の応酬があるんですが、それが遊戯王のチェーン処理そっくりなんです。
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:リンクの原因はペンデュラムが暴走しすぎたんですよ
wagase:ネクロニカも面白そうですねぇ
明石 晴海:表紙でふるい落とされていないなら、是非どうぞというシステムですね。
システム:サトウ イツキさんが、入室しました。
wagase:知り合いが好きらしいので、表紙はみたんですけど、とてもよいと思います
wagase:お
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:お
wagase:こんばんは~。お待ちしておりました!
涼月 ミナモ:こんばんは~
明石 晴海:こんばんはー
サトウ イツキ:いやはや申し訳ないです
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:こんばんはです
GM/wagase:いえいえ!
システム:キャラクターリストに霜月 有恵が追加されました。
霜月 有恵:よろしこお願いします┏○))
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:みんな普通だ…(不安)
明石 晴海:とりあえず、一時的にでもクリアウィングのキャラシの名前を水晶翼にしてくれれば私の要求は完全に通ってるかなみたいなところはありますんで。
水晶 翼:アイコンだけは変えたくない(強情)
霜月 有恵:いやなんかすっごいのいるw
明石 晴海:ていうか、ログで常にクリアウィングシンクロドラゴンなのが一番つらみ
GM/wagase:アイコンはいいですよ
GM/wagase:と、KPは個人的に思ってます
明石 晴海:アイコンは思い入れが伝わったので、スルーします。
水晶 翼:通った…
GM/wagase:改めて、皆様よろしくお願いいたします!
明石 晴海:よろしくお願いします。
涼月 ミナモ:よろしくお願いします~
GM/wagase:初KPなので愚だったり
霜月 有恵:長い名前はメモ欄にフルネーム書いて、名前の欄には相性とかかくとよいですね
GM/wagase:送信してしまった
霜月 有恵:よろしくお願いします┏○))
明石 晴海:立ち絵を起動していきましょうぞ。
水晶 翼:あるある
GM/wagase:ぐだったり、アドリブできなかったりしますが、よろしくお願いいたします
涼月 ミナモ:は~い
水晶 翼:よろしくお願いします
霜月 有恵:いぇあ
明石 晴海:よろしくお願いします
明石 晴海:画像は縦200pxくらいが収まり良いみたいですね。
システム:サトウ イツキさんが、入室しました。
システム:サトウ イツキさんが、入室しました。
水晶 翼:なんか画像を保存できなくなってたんで立ち絵なしで
GM/wagase:ひとまず、キャラ一覧の上の方から自己紹介と、PC紹介よろしくお願いいたします
明石 晴海:なんと。なんだか申し訳ない。
涼月 ミナモ:じゃあ私からですね
涼月 ミナモ:涼月ミナモ、20歳の芸術家です。大学へ通う傍ら作家として活動しているっていう設定です。よろしくお願いします٩( ’’ω’’ )و
GM/wagase:よろしくお願いいたします~!
霜月 有恵:アイコンがドストライクすぎてつらい
明石 晴海:立ち絵が出ないのが残念でならない!
明石 晴海:よろしくお願いします。
明石 晴海:次はボクですかね
水晶 翼:自分以外の方はどうぞ立ち絵出してください
GM/wagase:はい、お願いします
涼月 ミナモ:立ち絵ないです(小声
霜月 有恵:用意してないや……
明石 晴海:明石晴海、28歳漫画家です。21歳デビューで主に生息域はツイッターという色物です。
GM/wagase:今回、ボード使わない(そこまで手が回るかわからない)のでお気になさらず
明石 晴海:セレベスト織田信長みたいなのばかり描いてまともな歴史漫画は描いたことがありません。よろしくお願いします。
霜月 有恵:よっ!高INT!
涼月 ミナモ:よろしくお願いします!
GM/wagase:よろしくお願いいたします!
水晶 翼:私か…
水晶 翼:あ、よろしくお願いします
GM/wagase:どうぞ!
明石 晴海:キャラシートに使った絵をそのままキャラシート画面から立ち絵にうpすれば、君も立ち絵デビューよ!
水晶 翼:警察官のクリアウィングシンクロドラゴン クトゥルフでは『水晶 翼』と申します。
水晶 翼:これまで多くの犯罪を検挙していますので
水晶 翼:よろしくお願いします
涼月 ミナモ:よろしくお願いします!
明石 晴海:よろしくお願いします
霜月 有恵:強そう(確信
GM/wagase:よろしくお願いいたします~!初KPで見た目ドラゴンさんを抱えてしまったw
システム:kamisamannさんが、入室しました。
kamisamann:なんか抜けちゃったw
kamisamann:今回KPが初心者とのことなので、権力はあまり使いません
GM/wagase:おかですw
明石 晴海:おかです。
GM/wagase:サトウさんどうぞ~!
霜月 有恵:次自分ですねー
GM/wagase:お願いしますー!
霜月 有恵:霜月有恵、元工作員ですが、現在はカウンセラーなどを育成する大学の、助手のようなものをしています
システム:帝釈10さんが、入室しました。
霜月 有恵:妖精の存在を信じており、何かにつけて妖精を探そうとします
霜月 有恵:幸運95の化け物です。よろしくお願いします┏○))
涼月 ミナモ:よろしくお願いします!
GM/wagase:よろしくお願いいたします
kamisamann:よろしくお願いします!!
GM/wagase:淡泊になってしまった…(´・ω・`)
明石 晴海:よろしくお願いします
GM/wagase:改めて確認ですが、皆さん友人、という設定で大丈夫でしょうか?他人でも問題ありませんが
涼月 ミナモ:はーい大丈夫です
霜月 有恵:以前ミゴを妖精だと言い張ったことがあるくらいなので友人で大丈夫です
明石 晴海:同じ美術館の常連同士、友達と言って差し支えないでしょう。
明石 晴海:大丈夫ですよね?
GM/wagase:ずいぶん物騒な妖精さんがww
涼月 ミナモ:脳髄を引き抜く妖精なんて…(
システム:キャラクターリストに妖精さんが追加されました。
kamisamann:問題ありません
GM/wagase:キャラ的に美術館はいきそうもない、PCとかいらっしゃいます?
明石 晴海:の〜みそこねこねの妖精さん
GM/wagase:なんかいるぅw
kamisamann:行かないことはなさそう
霜月 有恵:まあ大丈夫だと思います
涼月 ミナモ:たぶん好きでしょうw
kamisamann:EDU20だし
明石 晴海:!?
明石 晴海:あと、kamsamannさん、名前、名前
GM/wagase:ステの固定は設けてませんのでいくつでも大丈夫ですが数値ww
水晶 翼:水晶はDEX以外がほぼ高ステータスなんで
水晶 翼:ちなみにこれ嘘じゃないですよ?
霜月 有恵:速さが足りない
水晶 翼:ダイス振ってこの数値が出ました。
GM/wagase:では皆さんは不定期ではありますが、各地の美術館をよくめぐっている、ということで
涼月 ミナモ:は~い
水晶 翼:了解です
明石 晴海:各地っつーか、今回の事件の美術館だけで良いような。
霜月 有恵:「人の多くて楽しいところには妖精さんもいるはずね!」
GM/wagase:あ、そうです?
涼月 ミナモ:細かい事は気にしてはいけない
GM/wagase:友人同士ならよくいくかな、と思ったので
明石 晴海:うん。友人関係になれるほど顔見知りになる程度なら1箇所の美術館というのが一番良いような。
水晶 翼:確かに
GM/wagase:RPの時はお手数ですが「」にセリフ入れてお願いします~
涼月 ミナモ:了解です
明石 晴海:いや、21歳の女性を侍らせて美術館巡りとか、おじさんには無理無理。気恥ずかしいわ怪しいわツイッターに書かれないか心配だわで
霜月 有恵:美術館行っても作品見ないでソファの裏とか見てますね
GM/wagase:ww
涼月 ミナモ:確かに妖精は額縁にはいないだろうな……w
水晶 翼:普通に美術品を見てます
明石 晴海:不思議な子がいるなーと思います>霜月
GM/wagase:今回はたまたま別の美術館にいるということにしてくだしぃ…
霜月 有恵:はーい
涼月 ミナモ:は~い
明石 晴海:あ、土地が重要になるシナリオなのね。
霜月 有恵:「妖精さんいないかしら……」
GM/wagase:普段からいってる美術館で変な現象おきたら嫌じゃないです?
水晶 翼:クトゥルフでは割とよくある
霜月 有恵:係員「そこstaffonlyですよ!」
GM/wagase:―――貴方達は、普段から通う美術館ではなく、都内で開催された美術展にやってきていた。
明石 晴海:嫌っちゃ嫌だけど、作家的にはツイッターにかけるからばっちこい。
水晶 翼:ちなみに展示テーマって決まってます?
明石 晴海:都内なら遠征感覚でこれちゃうな。
GM/wagase:暫らくすると、人気のない奥の方で貴方達は不思議な絵画を見つける。
GM/wagase:>>いきなり導入<<
霜月 有恵:「妖精さん~♪って、なにかしらこれ……」
水晶 翼:>>唐突な導入<<
GM/wagase:それは瑠璃色の額縁に、真っ白に塗りたくられた絵画だった。
明石 晴海:さて、僕たちはどんな触れ込みの展示に誘われて来ちゃったんだろう?
GM/wagase:いつまでも妖精さん探せそうだったので強行ですよ!w
明石 晴海:あと、僕のキャラ、確実に涼月さんに先輩ヅラしそうだな〜。
水晶 翼:「なんだこの白い絵画は、準備中なのか?」
涼月 ミナモ:芸術の分野違いますけどねw
明石 晴海:霜月さんをちょいちょい引っ張って誘導しながら、順路通り、そして迷い込みますね。
霜月 有恵:進めろと言われればスッと進めます
GM/wagase:それを見つけた途端、探索者たちは抗い難い眠気に襲われる。
霜月 有恵:スッ
霜月 有恵:スヤァ
涼月 ミナモ:スヤァ_(”_´ω`)_ペショ
明石 晴海:がくーん
水晶 翼:( ˘ω˘)スヤァ
GM/wagase:妖精さん探してる姿を想像するだけでかなり可愛いので無限にしててほしさもあるんですけどぅ…
GM/wagase:あなた達四人が再び目を開けると、そこは美術館ではなく真っ白な空間だった―――。
涼月 ミナモ:ここからRPしていい感じですか?
霜月 有恵:さてはニャルラt(ry
GM/wagase:ということで、見覚えのない場所で目が覚めたあなた達はSANCです(0/1)
明石 晴海:何でもかんでもニャルのせいにしてるとそのうち本物にきつく怒られるぞと
GM/wagase:okedesu
GM/wagase:~
GM/wagase:ああぁ…
システム:涼月 ミナモさんの「SAN」ロール(ccb<=54)
→ Cthulhu : (1D100<=54)  →  24  → 成功
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=67)
→ Cthulhu : (1D100<=67)  →  83  → 失敗
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  83  → 失敗
水晶 翼:あ~減った
GM/wagase:これでよいのではないでしょうか?
システム:霜月 有恵さんのロール(ccb<=92)
→ Cthulhu : (1D100<=92)  →  64  → 成功
涼月 ミナモ:妖精さんが増えたw
涼月 ミナモ:「う~ん、ここは……」
霜月 有恵:「うっ、うう……妖精さん!……なんだ夢かぁ」
明石 晴海:[]
GM/wagase:妖精さんばいばい…
明石 晴海:「ん・・・うわぁ、なんだここ!?」
GM/wagase:増えるぅ!
涼月 ミナモ:「あれ?美術館は?」
水晶 翼:「また奇怪なところに来たもんだな…」
GM/wagase:ここは真っ白な正方形の空間で、中央には小さな机があります
霜月 有恵:「なんか前にもこんなことあったなぁ……」ピアスをイジイジ
GM/wagase:四隅の壁にはそれぞれ、赤、青、白、黒色の扉がありますね
明石 晴海:とりあえず、机に何かないかささっと見る。
GM/wagase:はい
霜月 有恵:机の下に妖精さんがいないかさがします
涼月 ミナモ:私も机を調べます
水晶 翼:部屋全体に目星しよう
霜月 有恵:ひとりだけ机の下に潜る構図
GM/wagase:では、机を調べたお二人は、机の上にメモ用紙と、ガラスの器に入った瑠璃色の薔薇をみつけます
涼月 ミナモ:メモを見ます
GM/wagase:机の下にもぐった霜月さんは妖精さんがいないことがわかります(
明石 晴海:瑠璃色か・・・瑠璃色っつーと青っぽい色だよな。
GM/wagase:水晶さん目星どぞ
霜月 有恵:「いなぁい……」
GM/wagase:メモですね
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  7  → スペシャル
涼月 ミナモ:「いたらびっくりだよ……」
涼月 ミナモ:幸先が良い
メモ:「私のアトリエへようこそ。その薔薇は貴方の*(掠れて読めない)、朽ち果てるまでどうぞ楽しんで」
明石 晴海:青い薔薇が自然界にありえない色なのを知ってて良いですか?
GM/wagase:とあります
GM/wagase:薔薇の色については知っていていいですよ
GM/wagase:お
明石 晴海:わかりました。
涼月 ミナモ:「この薔薇私達のみたいですよ」
???:「瑠璃!?なぜ瑠璃がここに、逃げたのか…まさか自力で脱出を?」
GM/wagase:今回はスぺ採用しているので、成長マークよろです
GM/wagase:無言の腹パン
水晶 翼:マークの仕方わからないんでメモっています
霜月 有恵:立ち上がって膝を払いますポンポン
GM/wagase:自分が覚えていてくださればいいです
明石 晴海:「青い薔薇・・・かい?珍しい色だね。というか、自然界に存在しない色のはずだよ。」
明石 晴海:青い薔薇を調べます。無論丁寧に
涼月 ミナモ:「それじゃ……造花とか?」
霜月 有恵:「きっとまだ誰も見つけてないだけだよぉきっと」
GM/wagase:薔薇ですね
明石 晴海:「ネットニュースでクローン的に青いのを作ったとか作らないとかの話もあるけどね。」
GM/wagase:ちょっと待ってくださいね!!!((
涼月 ミナモ:「あ、確かに私達をここに連れて来た妖精はいるかも……」
水晶 翼:目星の結果ぇ…
GM/wagase:まず、目星情報から。スぺなのでいっぺんに
水晶 翼:はい
霜月 有恵:「この前はうさぎさんだったけどねーへへへ」
GM/wagase:部屋にめぼしいものはないが、扉をよくみると、鍵穴がないことがわかります
水晶 翼:ほう…
明石 晴海:「アリスかなんかのつもりかい?まあ、女の子の憧れみたいな話だからね。分からなくもないよ。」
明石 晴海:>霜月
GM/wagase:あと、ちらっと見えたのか、メモの裏に「真実は瑠璃色だけ」と書かれているのをみつけます
霜月 有恵:「ほんとだってー。そのときのうさぎさんだよ?」つってピアスを見せびらかします
GM/wagase:目星情報以上です
GM/wagase:で、薔薇
明石 晴海:「うわ、このピアスちゃんとした毛皮だったのか。気付かなかった。」マジックアイテムなんて知る由も無い反応。
GM/wagase:花びらが淡く光っているようにも見える、とても美しい花です。光っている原理などはわかりません。生花のようにも思えます
システム:水晶 翼さんのロール(1d4)
→ Cthulhu : (1D4)  → 2
涼月 ミナモ:一体どんなピアスなんだ……
GM/wagase:花弁が六枚ありますね
水晶 翼:青の扉に対して目星or聞き耳
GM/wagase:聞き耳どうぞ
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  41  → 成功
明石 晴海:見てわかる情報はいよいよ出尽くした感があるな。とりあえず、この部屋のことをツイッターに書いてみる。
GM/wagase:あ、すみません、先ほどの目星で追加ありました()プレートがかけられていることもわかっていていいです。
明石 晴海:文面は「なんか白い部屋なう。」
GM/wagase:電波は入っておりませぬ
涼月 ミナモ:あ、持ち物ってあります?
明石 晴海:「・・・あれぇ?ここ、圏外みたいだぞ?都内のど真ん中なのに、辺だな?」
GM/wagase:なんと書いてあるかは近づかないと不明、ということで
霜月 有恵:「ワープしてきたのかも?別世界だったりして」
霜月 有恵:「今話題の異世界転生だね!」
涼月 ミナモ:「妖精の仕業ならさもありなん……」
涼月 ミナモ:「チート能力が芽生えてないかなぁ」
水晶 翼:じゃあ聞き耳したときに追加でプレートも見ておこう
GM/wagase:持ち物は一通りもっていても大丈夫ですが、先ほどのようにスマホは圏外になっています
明石 晴海:「んなわきゃない。ていうか、僕は締め切りがある以上は今異世界転生なんてされちゃ困るよ!」
霜月 有恵:涼月に向かって厨二病ポーズでハッて言います
GM/wagase:青い扉のプレートには『帰りたいなら瑠璃色を』とあります。また、何も聞こえてきません
涼月 ミナモ:中二ポーズで返します
水晶 翼:なるほど
明石 晴海:楽しそうだ。
水晶 翼:みんなのところに戻ります
水晶 翼:情報共有
明石 晴海:ふむふむ。
GM/wagase:はい
霜月 有恵:「なんもでないやぁ」
霜月 有恵:「帰りたいか帰りたくないかと言われれば、帰りたいかなぁ」
GM/wagase:机の近くにいる方いますか?
霜月 有恵:遊んでますね
明石 晴海:ふむ、とりあえずGM、青い扉と瑠璃色の薔薇を見比べて、色合いを確かめて見たい。
涼月 ミナモ:たぶん机の知覚ですねw
明石 晴海:あ、机のそばにいますよ
水晶 翼:みんな机の近くだったからみんなですね
GM/wagase:では目星振ってみてください
水晶 翼:遠くから言えばよかったかもしれん
GM/wagase:全員どうぞ
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  19  → 成功
システム:涼月 ミナモさんの「目星」ロール(ccb<-60)
→ Cthulhu : (1D100)  → 61
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  12  → スペシャル
水晶 翼:これ成功しなかったほうがよかったやつかぁ?
システム:霜月 有恵さんの「目星」ロール(ccb<=65)
→ Cthulhu : (1D100<=65)  →  72  → 失敗
霜月 有恵:うそん
涼月 ミナモ:妖怪1足りない
明石 晴海:スペシャルした。成長チェックかな?
霜月 有恵:まあ薔薇関連っしょ
GM/wagase:失敗した方は余所見でもしていたのかもしれません。成功された方は薔薇の花弁が落ちた瞬間を目撃します
水晶 翼:あ~
水晶 翼:タイムリミットがある感じか
GM/wagase:花弁が散っただけなのでなにもないです
水晶 翼:KP
GM/wagase:SANCなどが、という意味で
水晶 翼:花の花弁を落とさずに持ち歩くって可能ですか?
GM/wagase:はい
霜月 有恵:厨二病ごっこしてるから見落とすんだなぁ
水晶 翼:じゃあ誰か持ち歩いたほうがいいのでは
GM/wagase:気をつけてあるけば不用意に散らすことはないでしょう
水晶 翼:共有します。
GM/wagase:どうぞ
涼月 ミナモ:きっと黒い波動に思考が飲まれてるんだ……
水晶 翼:「今、この花の花弁が落ちたぞ、さっきのメモと言い、一応持っておいたほうがいいだろう」
水晶 翼:的な情報共有を
霜月 有恵:「可愛いお花なのに。残念」
涼月 ミナモ:「転んだら木っ端みじんにならない?」
明石 晴海:「ああ、僕も見た。なんだか、メモの内容と照らし合わせても嫌な感じだね。」
水晶 翼:「それは転ばないように気を付けるしかない」
GM/wagase:又、扉の色合いですが、青と瑠璃色なので近い色ではありますが薔薇のほうが若干濃いですね
水晶 翼:「誰が持つ、あまり派手に動くことができないものが持つべきだろう」
霜月 有恵:「君だね」
水晶 翼:具体的には戦闘が苦手な人
涼月 ミナモ:「ここに置いておいてもいいと思うんだけれど……」
霜月 有恵:あ、そっちか
明石 晴海:ところで、流れちゃったけど目星の成長チェックつけて良いんだっけ?
GM/wagase:持ち歩くことも可能ですし、置いておくことも可能です
GM/wagase:いいですよ。一応こちらでも控えてあります
明石 晴海:はい。
水晶 翼:多分これカウントダウンなんだよなぁ 常に確認しておいたほうがいい
水晶 翼:次に花弁が落ちた時にその間の時間がわかれば最終的な期限がわかる
霜月 有恵:「まあ、なんとかなるっしょ」
明石 晴海:それはそれとして、落ちた方の花弁を調べたいな。
涼月 ミナモ:私は他の扉も調べたいですね
霜月 有恵:ふわぁ~っと赤の扉へ
水晶 翼:自分も赤に行こう
GM/wagase:花弁ですが、散ったばかりからか特に変化はなく、おかしな点も見当たりません
霜月 有恵:看板を見ませい
涼月 ミナモ:私は白の扉でも見に行きます
GM/wagase:赤に行かれる方は二人でしょうか?
水晶 翼:いや、こういうクローズド系はあまり別行動にならない方がいい
霜月 有恵:いぇあ
涼月 ミナモ:看板見に行くだけですよね?
水晶 翼:あと、花は一応自分が持っていく
霜月 有恵:とりあえずは
水晶 翼:可能なら調べたい
GM/wagase:見に行くだけなら単独でもどうぞ
霜月 有恵:とりあえず見ます
水晶 翼:扉にはなんて書いてある?
GM/wagase:霜月さんがプレートをみると『赤は嘘つき』とありますね
水晶 翼:聞き耳
明石 晴海:ログはどんどん流れていくから、できれば共有メモに情報を書き込んでおきたいっすね。
GM/wagase:薔薇に関しては先ほどの情報以上のものはありません
明石 晴海:メモ2を借りますよ。
水晶 翼:わかりました
霜月 有恵:あいさ
涼月 ミナモ:あ、ちょっと書いちゃいました
GM/wagase:あーでは共有2に扉情報記載します
水晶 翼:聞き耳いいですか?
明石 晴海:あ、ありがとうございます。
GM/wagase:お待ちを
水晶 翼:OK
GM/wagase:お待たせしました
明石 晴海:お疲れ様です
霜月 有恵:助かります
涼月 ミナモ:ありがとうございます!
GM/wagase:お好きに追加してくだしあ
水晶 翼:ありがとうございます
GM/wagase:で、白の扉ですが
涼月 ミナモ:はい
GM/wagase:プレートには『白は忘れんぼう』と書いてあります
明石 晴海:プレート見るだけならタダだ、黒の扉のプレートを確認します。
涼月 ミナモ:扉に聞き耳を振りたいです
水晶 翼:赤に聞き耳
GM/wagase:先に明石さんから
霜月 有恵:「白い部屋に白い扉とかセンスを疑うなぁ」
GM/wagase:黒い扉には『黒は乱暴』と書かれています
明石 晴海:物騒なことが書いてある。
GM/wagase:聞き耳振る方どうぞ
システム:涼月 ミナモさんの「聞き耳」ロール(ccb<=60)
→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  69  → 失敗
明石 晴海:じゃあ黒の扉に聞き耳
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=75)
→ Cthulhu : (1D100<=75)  →  76  → 失敗
システム:水晶 翼さんの「聞き耳じゃあ」ロール(CCB<=)
→ Cthulhu : (1D100)  → 57
水晶 翼:80なんで成功です
明石 晴海:ダメダメか。
GM/wagase:では水晶さんだけ
涼月 ミナモ:ダイスに捧げるお祈りが足りない
GM/wagase:赤い扉の向こうからは微かに「クスクス」と笑い声が聞こえてきます。男女の声どちらも聞こえますね
GM/wagase:失敗したお二人は特になにも聞こえませんでした
水晶 翼:ココニダレカイルゾォ
涼月 ミナモ:「何にも聴こえないなぁ」
水晶 翼:「いや、ここからは声がするな」
水晶 翼:白の扉に聞き耳
涼月 ミナモ:「え?まさか妖精の声!?」
霜月 有恵:「おほーっ!」
水晶 翼:「かもしれんが、今は行くなよ」
霜月 有恵:「ぶー」頬を膨らませます
明石 晴海:「何故です?人がいるなら話を聞けるかもしれないのに。」
水晶 翼:白の扉に聞き耳
水晶 翼:「こういう怪しいところに監禁されてんだ。犯人だったらどうする」
GM/wagase:各行動を別々に行う場合、しらみつぶしになってしまうので、何名でも構いませんが二週のみでお願いします…。追記遅くて申し訳ない
GM/wagase:聞き耳どうぞ~!
水晶 翼:「突っ込んで捕まるのがオチだ」
涼月 ミナモ:は~い
システム:水晶 翼さんの「聞き耳の連続攻撃」ロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  69  → 成功
明石 晴海:「うーん、監禁犯だったら確かに怖いですけど・・・」
GM/wagase:白い扉からはなにも聞こえません
涼月 ミナモ:「まあ、怪しいよね。普通の人じゃなさそう」
GM/wagase:安定してますねぇ!
水晶 翼:当然
GM/wagase:と、ここで薔薇を持っている水晶さん。持ってますよね…?(
水晶 翼:プロですから(ニッコリ)
霜月 有恵:「私が犯人だったら、監視カメラとかつけて別室でくすくすしちゃうかなぁ」
水晶 翼:持ってます
GM/wagase:また一枚、花弁が散りました
明石 晴海:そういえば青い扉からは聞き耳結果何も聞こえないんだっけ。
GM/wagase:残りは四枚です
水晶 翼:ここまで何分かかったかわかります?
GM/wagase:はい、青い扉からは音がきこえてきておりません
霜月 有恵:「また花びらが……100物語の蝋燭みたい……」
GM/wagase:KPに聞いてます?
水晶 翼:はい
水晶 翼:PCがわかっているのか、ダイスが必要なら何を振ればいいのかを
明石 晴海:霜月のセリフを聞いて、部屋にカメラがないか目星したくなった。
GM/wagase:電波は届いていないとはいえ、時計機能くらいは生きていると思うので、30分ほど経過しているかな?と感じます
水晶 翼:あと、2時間…
水晶 翼:さっき目星したけど情報はなかったからないんじゃない?
明石 晴海:そういえば目星はスペシャルでしたね。
GM/wagase:はい、白い部屋には目星でこれ以上情報ないですね
明石 晴海:では、
明石 晴海:「水晶さんの言うことが正しいなら、カメラなんかはないはずだよ?有恵ちゃん」と
水晶 翼:聞き耳なんですけど、調べたのは白い扉です。
GM/wagase:白い扉からは何も聞こえてきておりません
霜月 有恵:「ふーむ」
涼月 ミナモ:最初に青い扉にもしてませんでしたっけ
霜月 有恵:「千里眼的な奴」
水晶 翼:黒以外全部にしましたね
GM/wagase:情報出してますぅ…
涼月 ミナモ:ですね
明石 晴海:黒は僕が失敗して終わったの。
GM/wagase:現時点で失敗成功で、聞こえてきているのは赤のみです
涼月 ミナモ:とりあえず黒も確認しちゃいましょうか
GM/wagase:どうぞ
涼月 ミナモ:黒の扉に聞き耳します
システム:涼月 ミナモさんの「聞き耳」ロール(ccb<=60)
→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  39  → 成功
水晶 翼:自分は白の部屋に入る。
水晶 翼:ミナモさんの描写が終わったら
GM/wagase:では、黒い扉からは人の声のようなものはしませんが、何か細かいものが落ちるような音が一瞬だけ聞こえました
涼月 ミナモ:まあ私もその時は白の部屋に入りますかね
GM/wagase:他の二名はいかがなさいますか?
霜月 有恵:うーん
明石 晴海:うむ、メモの掠れに対して芸術:絵画で判定を行いたい。
涼月 ミナモ:「この中からなんか物が落ちる音がした……」
霜月 有恵:白行ってるっぽいし青かな
明石 晴海:掠れが意図的なものなのか、掠れた内容が修復可能なのかを確認できても良さそうだ。
GM/wagase:芸術判定どうぞ
明石 晴海:はい。
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  96  → 致命的失敗
GM/wagase:お部屋まってくださいね
明石 晴海:ファンブルしやがった。
水晶 翼:わお
涼月 ミナモ:ダイスが調子出してきたな٩( ’’ω’’ )و
霜月 有恵:わー
GM/wagase:部屋っていっちった
GM/wagase:うそwwwww
明石 晴海:なんか悪いことがあるかな?
霜月 有恵:そしたら赤の部屋に芸術妖精で笑い声が妖精かどうか
GM/wagase:明石さんはメモの掠れをどうにかできないか、と観察しましたがうっかり力を入れすぎて破きました…
涼月 ミナモ:ビリビリ
明石 晴海:「あっ!!!まずった・・・」
涼月 ミナモ:「えっ、どうしたの?」
明石 晴海:「元々掠れてたとはいえ、これじゃあもう復元は難しいか。」
GM/wagase:戻ってきてから白探索でいいですか?
涼月 ミナモ:構いませんよ~
GM/wagase:早かった
明石 晴海:「ごめん、掠れた内容を読もうとしたんだけど・・・引っ張りすぎて敗れた。」>ミナモ
GM/wagase:おかです。では白から
涼月 ミナモ:「あちゃ~やっちゃいましたね」
涼月 ミナモ:お二人は白の部屋入りませんか?
明石 晴海:「本当にすまない。読めそうだと思ったんだ。」
霜月 有恵:入るか
明石 晴海:ついていきますか。
GM/wagase:皆さんで白でいいですか?
霜月 有恵:「まあまあ、そういうこともあるって。明石くんも白の部屋いこー?」
水晶 翼:自分が先導します
明石 晴海:「とほほ・・・」おkです。
水晶 翼:拳銃構えておきます
GM/wagase:あ、見落としてました。霜月さん妖精振って大丈夫です!申し訳ない
霜月 有恵:あ、もう白いくかんじで大丈夫ですよー
GM/wagase:ちょいお待ち…(;´・ω・)
GM/wagase:いいですか?
霜月 有恵:フレーバーなのでw
GM/wagase:後ほど振っていただいても大丈夫ですので!w
霜月 有恵:はいw
涼月 ミナモ:次赤に入る前に振るしかない٩( ’’ω’’ )و
涼月 ミナモ:成功したらどんな描写になるんだろう
GM/wagase:水晶さんが先導して扉を開けて足を踏み入れると、そこは白い壁、木造の床でできた、最初の部屋と同じ正方形の部屋です
GM/wagase:ぱっとみてもわかるのですが、壁際には小さな本棚が一つ、床には白いキャンバスが複数立てかけられています
霜月 有恵:ざっとみた感じ他に何かないですか
霜月 有恵:ほむ
GM/wagase:又、積み上げられた段ボールも目に入りますね
水晶 翼:目星
明石 晴海:キャンバスのみ立ってるのか。イーゼルが立ってるわけではなく。
涼月 ミナモ:本棚を調べます
水晶 翼:部屋全体で
霜月 有恵:「明石くんの家もこんな感じだったりして。……狭いっ」
GM/wagase:目星どうぞ
システム:水晶 翼さんの「目星ぃ…」ロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  36  → 成功
霜月 有恵:ダンボールの裏に目星
GM/wagase:本棚を調べる場合は図書館お願いします
水晶 翼:当然正位置だ
システム:涼月 ミナモさんの「図書館」ロール(ccb<=75)
→ Cthulhu : (1D100<=75)  →  93  → 失敗
システム:霜月 有恵さんの「目星」ロール(ccb<=65)
→ Cthulhu : (1D100<=65)  →  99  → 致命的失敗
GM/wagase:段ボールの裏もどうぞw
明石 晴海:「失敬な・・・と反論したいところだけど、実際この部屋と50歩100歩な自覚はある。」
涼月 ミナモ:ここで外していくスタイル
水晶 翼:わお
涼月 ミナモ:「えっ……そうなの?」
霜月 有恵:は?
涼月 ミナモ:このダイス……荒れる!
GM/wagase:w
明石 晴海:「便利すぎるんだよ、アマゾンが!!」
霜月 有恵:はい(大の字)
水晶 翼:「通販というのは便利だが使い過ぎはよくないぞ、流通が止まったら生活に支障が出る」
GM/wagase:まず部屋全体の目星ですが、先ほどの情報以外には何も見当たりません。しかし、段ボールに小さく道具、と書かれているのをみつけました
水晶 翼:「それに段ボールなどの処理も必要だからな:
水晶 翼:なるほど
霜月 有恵:「だからトイザらスも潰れちゃうんだよ」
涼月 ミナモ:「ひもじいからって段ボール食べちゃダメですからね」
水晶 翼:本棚を調べよう
明石 晴海:「僕はヤギかなんかか!?」
GM/wagase:えー本棚を調べていた涼月さんは特にめぼしいものはみつかりません
涼月 ミナモ:はい
霜月 有恵:今のセリフ可愛すぎ(吐血
涼月 ミナモ:ヤギ萌えだったか……
水晶 翼:ヤギ萌えは草
霜月 有恵:ミ ナ モ だ よ
GM/wagase:で、段ボールの裏を見ようとした霜月さんですが、不安定な積み方をされた段ボールを不幸にも覗いたため、中身の入った段ボールが頭に落ちてきました。1ダメで…
明石 晴海:まあ、キャンバスをざっと調べて見ます。目星or芸術で。
GM/wagase:水晶さん図書館どうぞ
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  5  → 決定的成功/スペシャル
涼月 ミナモ:やったぜ
霜月 有恵:「まあ実際やぎっぽいとこあるよn……みゃああぁぁぁ」
水晶 翼:みんな俺に運気を吸われてるんじゃないか不安
GM/wagase:キャンバスお好きなほうどうぞ
システム:明石 晴海さんの「芸術」ロール(ccb<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  53  → 成功
霜月 有恵:ダンボールに埋もれます
水晶 翼:というか序盤クリティカルとか起こると、たいていろくな目に合わないんだよなぁ
涼月 ミナモ:「あー……アロエちゃんが漫画みたいなことに……」
GM/wagase:では、図書館から
明石 晴海:絵の具を塗ってる塗ってないくらいはわかるはず
GM/wagase:水晶さんは、本棚から一冊の分厚いファイルをみつけます。
GM/wagase:そこには様々な絵が挟まれており
GM/wagase:最初のページには子供がクレヨンで書いたような拙い絵があり
GM/wagase:ページをめくるごとにどんどん上達しているのがわかります
GM/wagase:しかし、ある程度めくったところで、水晶さんはある一定のページから風景や人物画の多かった絵が、不気味で抽象的なものに変わっていることにきがつきました
水晶 翼:やっべ
水晶 翼:SANCだぁ
涼月 ミナモ:やったねSANが減るよ!
霜月 有恵:ホラゲでよくみるやつぅ
明石 晴海:つ、翼さーん!!
水晶 翼:俺が死んだら…スマホを風呂に投げ入れてくれよな… グフッ
GM/wagase:最後までめくると、虹色の空の上で有翼の美しい人間が人々を眠らせている絵が描かれており、右下をみると、【私の神様】とタイトルつけされています
水晶 翼:怖いというより、痛い
GM/wagase:人間×青年〇
涼月 ミナモ:一体スマホに何があるのか……
水晶 翼:ついでにPCも…
明石 晴海:三年目の浮気くらい大目に見ろよと言う意思表明的なものでは?
GM/wagase:不気味な絵に変わるさまをみてしまった水晶さん、0/1でどうぞ
システム:水晶 翼さんの「SANCだね」ロール(CCB<=66)
→ Cthulhu : (1D100<=66)  →  93  → 失敗
GM/wagase:で、キャンバスを調べた明石さんですが
明石 晴海:はい。
水晶 翼:オッフ…
GM/wagase:すべて観察してもどれも真っ白で手が付けられていないことがわかります
GM/wagase:あと水晶さん
明石 晴海:どれもこれもか。
水晶 翼:なんでっしゃろ
GM/wagase:拙い絵の中に不思議な女の子が描かれていたことにも気が付いていいです。彼女の瞳は美しい瑠璃色です
GM/wagase:あとは…埋もれている霜月さん
霜月 有恵:「いてて……」
涼月 ミナモ:埋もれたままなら引っこ抜きに行きます
水晶 翼:見終わったんで手伝います
GM/wagase:抜け出そうともがいていると、いつの間にかに瑠璃色の絵の具を手につかんでいました
霜月 有恵:「む?」
GM/wagase:ここでまた一枚花弁が散ったことに気が付いていいです
水晶 翼:30分経過
水晶 翼:当然みんなに伝えます
明石 晴海:30分経過なの?
涼月 ミナモ:「いやぁ~急がないといけないみたいだね……」
GM/wagase:リアル時間ではありませんのでそこだけ
霜月 有恵:「いてて……ありがとね。これ、何、絵の具?」
明石 晴海:リアル時間でないことはわかってるけど、実際にゲーム内で30分も経ったのかと。
涼月 ミナモ:「見た感じ普通の絵の具だけど……どうなんだろうね」
霜月 有恵:あのチューブのやつってことで大丈夫ですか
GM/wagase:えっと、先ほどの30分は二枚落ちた時点で、という意味かと思ったので…
水晶 翼:「瑠璃色の絵の具だな、また瑠璃色か」
涼月 ミナモ:ということは1枚15分だ(
GM/wagase:大体15分で落ちてますね
明石 晴海:思ったよりも時間がないらしい。
水晶 翼:マジか
GM/wagase:ちなみに最初に落ちた花弁はしおれてますね
霜月 有恵:ザ・ワールド
GM/wagase:チューブの絵の具です
水晶 翼:自分は部屋から出ます
明石 晴海:こりゃ急いだ方が良さそうだ。部屋を出ます。
涼月 ミナモ:私も次の部屋に向かいましょうかね
水晶 翼:黒の部屋に行こう
涼月 ミナモ:黒の部屋へ突撃だ
霜月 有恵:「こんなところにダンボール積んだのは誰じゃー!」ダンボール開けます
GM/wagase:霜月さん幸運の半分どうぞ
明石 晴海:私は青の部屋を確認しようかと。
GM/wagase:黒の部屋から先に処理します
水晶 翼:当然拳銃は構えます。
システム:霜月 有恵さんの「幸運」ロール(ccb<=47)
→ Cthulhu : (1D100<=47)  →  99  → 致命的失敗
霜月 有恵:は?
涼月 ミナモ:連続してファンブルとは
水晶 翼:またですか…
明石 晴海:ご機嫌な女神様
GM/wagase:wwww
水晶 翼:霜月さん、メモにファンブルした技能書いとかないと
GM/wagase:霜月さんは散らばったものに足を取られて転びました。1ダメで
霜月 有恵:「あ痛ぁー!」
明石 晴海:ファンブルした技能ってなんかありましたっけ?
GM/wagase:何もしてないのに霜月さんだけボロボロに…
涼月 ミナモ:ドジっこ属性がついちゃう!
GM/wagase:芸術fしてませんでしたっけ?
水晶 翼:もうついてる気がする
明石 晴海:してましたけど、ファンブルしたら何かその技能に起こったっけ?って意味です。
涼月 ミナモ:成長チェック付きますよ
水晶 翼:成長できたはず
GM/wagase:ですです
GM/wagase:今回
明石 晴海:ファンブルでもできたのか。知らなんだ。
霜月 有恵:「中には、一体何が入っているのよ……」
GM/wagase:成長シナリオじゃないですけど、参加得点だと思ってください
明石 晴海:はーい。
GM/wagase:で、黒い部屋ですが
GM/wagase:早速はいりますか?
水晶 翼:先導は当然俺
涼月 ミナモ:任せますよ٩( ’’ω’’ )و
水晶 翼:涼月さんは一回外にいてもらう
水晶 翼:入っても大丈夫なら呼ぶ形で
霜月 有恵:ダンボールの中身はなんかないですかね
涼月 ミナモ:はーい
水晶 翼:「一応音がしたからな、ここで待っててくれ、安全なら俺が呼ぶ」
GM/wagase:はい。では、再び水晶さんが拳銃を構えて中へ入ると、四肢を砕かれた石膏像が無造作に、いくつも積み上げられています
涼月 ミナモ:「うん、分かった」
GM/wagase:段ボールちょいお待ち
GM/wagase:石膏像をよくみると、それらは全て、憎しみにみちたような、泣き叫ぶような、どれも苦悶の表情を浮かべています
GM/wagase:で、少し戻って段ボールですが、散らばったものの中からケースに名いった彫刻刀セットを見つけますね
霜月 有恵:「これ踏まなくて良かった……」
GM/wagase:黒い部屋に入っているのは水晶さんだけですか?
涼月 ミナモ:ですかね?
GM/wagase:入った〇
水晶 翼:入ったのは自分だけです
GM/wagase:おけです。では水晶さん目星どうぞ
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  30  → 成功
水晶 翼:当然
霜月 有恵:「ミナちゃぁん、痛いよぉ……」ヨロヨロ
GM/wagase:はい。では積まれた石膏像の隙間から二つ折りにされた一枚の紙きれをみつけます
涼月 ミナモ:「またぶつけたの?大丈夫?」
水晶 翼:とりあえずSANチェックなかったし大丈夫かな
水晶 翼:涼月さん呼びますか
霜月 有恵:「ぶつけたー。あと彫刻刀見つけたよー……」イテテ
GM/wagase:中に何か書いてあるようですが、一緒にみますか?
涼月 ミナモ:流れ的にアロエさんにも一緒に入ってもらいますか
明石 晴海:ちなみに私だけフラーっと青い部屋に入っていってます。>アロエ
涼月 ミナモ:私は呼ばれたら入ってみます
霜月 有恵:ミナモについていきますかね
水晶 翼:「おい、どうやら入っても大丈夫なようだぞ」
涼月 ミナモ:明石さんが一人に……w
明石 晴海:なぁに、逃げ足には自信がある。
涼月 ミナモ:「はーい、今行きます!」
霜月 有恵:腰に手を回して電車ごっこみたいな感じでついていきます
GM/wagase:かわいいw
霜月 有恵:尚年上である
涼月 ミナモ:ミナモの方が年下という
霜月 有恵:siz9だけどね
GM/wagase:良き…とても良き…
水晶 翼:俺年長か…
涼月 ミナモ:SIZ15……デカい!
水晶 翼:SIZ18
明石 晴海:siz15である
明石 晴海:ガタイがいいなぁ、水晶さん
水晶 翼:立ち絵と一緒なんよ 大きさが
涼月 ミナモ:それじゃ、紙読みます?
水晶 翼:読みます。まずは俺一人で
涼月 ミナモ:任せます٩( ’’ω’’ )و
水晶 翼:SIZ18って大体2mなんか…
GM/wagase:はい。では水晶さん、紙切れにはこう書かれています
古びたメモ用紙:「もう駄目だ、時間が無い。あの子供も信用ならないし、脱出方法もわからない。花はもうすぐ散ってしまう。嫌だ、死にたくない、死にたくない死にたくない死にたくない死にたくない死にた」
霜月 有恵:ヒェ
水晶 翼:ここに別の奴が来ていたのか
GM/wagase:このメモの内容を、以前1/1D3のSANCです
GM/wagase:ああぁ…
水晶 翼:知ってた
霜月 有恵:前の探索s(
システム:水晶 翼さんの「SAN値ピンチ!!」ロール(CCB<=65)
→ Cthulhu : (1D100<=65)  →  59  → 成功
GM/wagase:以前、迷い込んだ自分たちと同じ者の末路であると知った貴方は
涼月 ミナモ:ピンチを切り抜けてイクゥ!
水晶 翼:妖怪 1しか減らない
GM/wagase:あるある
水晶 翼:紙は裏を見て、何もなければ破り捨てます
明石 晴海:刻んでいく。
水晶 翼:メリットはない感じだし、問題ないでしょ
霜月 有恵:「なんかあったぁ?」はい、ひょっこりはん
水晶 翼:「いや、くだらないことしか書いてなかった。」
涼月 ミナモ:「すごい彫刻だ」
霜月 有恵:彫刻にオカルト
GM/wagase:裏には何もありませんね。石膏像からメモについたのか、少し手に白い粉が付くくらいです
GM/wagase:オカルトどうぞ
システム:霜月 有恵さんの「オカルト」ロール(ccb<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  76  → 成功
霜月 有恵:ハァ…ハァ
GM/wagase:破り捨ててもらっても構いません
水晶 翼:白い粉ねぇ
涼月 ミナモ:キマりそう
霜月 有恵:おくすり
霜月 有恵:「今なんか感じた」
GM/wagase:オカルトに成功した霜月さんは、石膏像の四肢は砕かれていると同時に、体の一部が削られているように思います。又、近くにすり鉢がありますね
GM/wagase:オカルト的な話じゃなくてすまぬぅ…
霜月 有恵:「むむ、ちょっと削れてる?」
水晶 翼:目星関連やろな
霜月 有恵:すり鉢の中身はありますか
涼月 ミナモ:「なんで削ったんだろう?」
GM/wagase:ですよね(´;ω;`)
GM/wagase:すり鉢の中はいろんな色が少しこびりついてます
水晶 翼:瑠璃色かなぁ
霜月 有恵:一部が削れてるってのは砕けた部分がきれいになってるとかそういう?
GM/wagase:いえ、意図的に削ったような、ところどころ削られている、といった感じで。遠目からは派手に削られているわけではないのでわかりませんね
霜月 有恵:なるほど
GM/wagase:ぶっちゃけここもう情報ないです(大泣き)
涼月 ミナモ:ww
霜月 有恵:「いっそう不気味……早く帰りたい……」
涼月 ミナモ:明石さんのシーンだ!
霜月 有恵:一方その頃!
GM/wagase:青い部屋ですね
水晶 翼:よし、ここからでよう
GM/wagase:時間は巻き戻る!
水晶 翼:バイツァ・ダスト(負けて死ね)
明石 晴海:よぅし、一足早く真相に近づいてタッチダウンポイントをゲットだ!(そう言うゲームではありません)
涼月 ミナモ:それ死亡フラグや!
霜月 有恵:(時計がグルグル回る音)
GM/wagase:青い部屋に入ると、最初の部屋と同じように正方形ではありますが
GM/wagase:中はオレンジ色の照明一つのみで、薄暗く、真ん中には青い革の椅子があります。
GM/wagase:丁度照明の当たる場所にあるため、椅子には幼い子供がうつむいたまま微動だにせず座っています
霜月 有恵:!?
明石 晴海:幼い子供か。 子供・・・だと!?
涼月 ミナモ:ここにきて第一村人発見
明石 晴海:まあ、とりあえず子供に近づきます。
GM/wagase:先ほど白い部屋でみた図書館情報は共有してますか?
GM/wagase:はい
霜月 有恵:妖 精 さ ん
明石 晴海:共有してる?水晶さん教えてくれた?
涼月 ミナモ:どうだろ……してないかも?
霜月 有恵:不気味な絵はしてないかなぁ
明石 晴海:私の記憶が確かならしてない気がするけども。
GM/wagase:子供に近づいた明石さんは
GM/wagase:それが、人間ではなく精巧に作られた人形である、ということがわかります。
霜月 有恵:おほー
明石 晴海:人形か・・・。目星。
GM/wagase:また、その人形は両手を胸のあたりで祈るように重ね、小さなゼンマイを大事そうに握っています。
GM/wagase:目星どうぞ
明石 晴海:ほうほう。
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  1  → 決定的成功/スペシャル
水晶 翼:お!
涼月 ミナモ:しゅごい……
GM/wagase:や っ た ぜ
霜月 有恵:おおお
涼月 ミナモ:これにはGMもニッコリ
霜月 有恵:絶対吸われてるわ(ダイス運を)
明石 晴海:しかし、ゼンマイか。ゼンマイというと、巻くためのカギのことを言うのか、ゼンマイ装置そのもののことを言うのか曖昧だな。
明石 晴海:おそらく巻くためのカギのことなのだろうが。
水晶 翼:原因は私と明石だったか…
GM/wagase:では、薄暗いながらもよく人形を観察した明石さんはその人形が女の子の姿をしていること、うなじに小さな丸い穴があることに気が付きます
GM/wagase:さらにその穴はゼンマイを差し込むにはちょうどよいものだとも気が付きます
霜月 有恵:なんてローゼンメイデン
明石 晴海:やはりカギか。いつゼンマイを巻く?私も同行する。
明石 晴海:今でしょ。ゼンマイを慎重に抜き取って、うなじに刺し、回して見ますよ。
涼月 ミナモ:わらうwww
GM/wagase:了解です
GM/wagase:おひとりさまなんだよなぁ
GM/wagase:wwwwww
明石 晴海:それはそうと、その女の子の人形、ちゃんと服は着てるんだよね?嫌だよ?おじさん変質者扱いされるの。
霜月 有恵:晴海はもう人形幼女ルート
GM/wagase:明石さんがゼンマイを巻き終わると、キリキリと音を立てて人形がゆっくりと顔を上げます
GM/wagase:きてますwwww
システム:キャラクターリストに人形が追加されました。
霜月 有恵:cvもこお
涼月 ミナモ:近づいてくるみたいに見えた
水晶 翼:俺よりも大きい…だと
明石 晴海:まあ、メインヒロインでしょうなあ。
GM/wagase:いや小さいかなと思ってw
GM/wagase:こんなんだよーとww
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:比較すれば大きさがわかる
涼月 ミナモ:ヒロインは攻略しなきゃ
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:うん、小さいね
GM/wagase:でかいわwww
霜月 有恵:大きくwなっていくw
明石 晴海:こっちも対抗じゃい!
霜月 有恵:アロエこんなだわ
水晶 翼:立ち絵もちっちゃくなるかな
涼月 ミナモ:一人だけ小さい
明石 晴海:遊び始めるPLたちの明日はどっちだ。
明石 晴海:さて、まあ、反応を見るかな。
水晶 翼:妖精予想以上にでかいw
水晶 翼:さてと、
GM/wagase:顔を上げた人形が、瑠璃色の瞳を瞬かせると、立ち上がり、丁寧お辞儀をする
水晶 翼:青の部屋の描写がある程度終わったのなら、俺は赤の部屋に向かう
明石 晴海:おお、精巧な仕掛けのようだ。
人形:「初めまして、お兄ちゃん!」
霜月 有恵:おほー!
明石 晴海:「おお、精巧な仕掛けのようだ・・・喋った!?」
涼月 ミナモ:さあ明石さんに妹属性はあるのか
人形:「お兄ちゃんがわたしを起こしてくれたの?」
明石 晴海:「あ・・・初めまして。」
明石 晴海:「ゼンマイを巻いたと言う意味では、そうだね。」
GM/wagase:喋る人形を目にしたあなたは0/1のSANCです
涼月 ミナモ:wwww
システム:明石 晴海さんの「知ってた。」ロール(ccb<=69)
→ Cthulhu : (1D100<=69)  →  78  → 失敗
涼月 ミナモ:悲しみを感じる
霜月 有恵:削れていくぅ
明石 晴海:まあ心底びっくりよ。オタクじゃなかったら人形叩くレベルだね!
明石 晴海:僕世代はローゼンにドンピシャだから絶対に人形を叩く真似はしないけど!
人形:「わたし、お兄ちゃんをもとの世界に戻してあげるわ!」
霜月 有恵:ほ
GM/wagase:そういって部屋の外へ引っ張ろうとします
明石 晴海:「え、そうなのかい?」
霜月 有恵:え、なに、ひとりだけトゥルーエンドなの
水晶 翼:あ、そういうことか!
霜月 有恵:妹エンドなの!?
涼月 ミナモ:妹エンドwww
水晶 翼:わかったぞ、これ
GM/wagase:出るのであれば、最初の部屋で合流してください
明石 晴海:「ちょ、ちょっと待ってくれ。お兄さん、お友達がいるんだ。その人たちも帰してもらえるかな?」
GM/wagase:www
水晶 翼:いや、まだクリアできない
水晶 翼:多分ね
明石 晴海:わっふるわっふる
霜月 有恵:その頃には部屋出ますかね
人形:「そうなの?それならみんなでいっしょに帰りましょう」
明石 晴海:「ホ・・・よかった。あとで紹介するよ。」
明石 晴海:では、導かれるまま出ましょうか。
水晶 翼:自分はすぐに赤の扉に向かっておきます
涼月 ミナモ:タイミング的に合流ですかね
水晶 翼:「せっかくだから俺はこの赤のトビラを選ぶぜ」
水晶 翼:個人的に赤を調べておきたいな
涼月 ミナモ:「あれ……」
GM/wagase:と、ここで水晶さんは花弁がまた散っていることに気が付きます
霜月 有恵:人形幼女も出てきてるんですかこれ
水晶 翼:あと一枚か…
GM/wagase:人形も出ますね
涼月 ミナモ:「明石さんその子は……どこでたぶらかしてきたんですか?」
明石 晴海:花弁はあと2枚くらいだった気がする。
涼月 ミナモ:あと二枚では
霜月 有恵:「どこで拐かしてきたんですか」
水晶 翼:ならまだ問題ないか
水晶 翼:拳銃もって赤の部屋に入る
GM/wagase:ちなみに戻してあげる!と声高らかに言ってますが、方法自体は知らないようです
GM/wagase:二枚ですね
涼月 ミナモ:知らんのかーい!
水晶 翼:やっぱりね
明石 晴海:「やあみんな、帰れるよ!」「って、対面するやなんだい僕へのその最悪の評価は!?」
霜月 有恵:「110……はっ、圏外……」
水晶 翼:「はい、もしもし警察ですが」
涼月 ミナモ:「あっ、すぐ近くにいたね!」
人形:「わぁ、素敵なお花ね!見てもいいかしら?」
霜月 有恵:ジト目で晴海を見ます
明石 晴海:「彼女は青の部屋の奥にいたんだ。恐らくゼンマイ仕掛けの人形だよ。」
涼月 ミナモ:「えっ?人形?人形が喋るの!?」
GM/wagase:とてとて、と水晶さんへ、というか持っている薔薇に興味を示して近づきます
水晶 翼:こいつ、独断で赤の部屋に…
霜月 有恵:「うぇ、人形……、晴海くん……人形に欲j……」
GM/wagase:まだ入らないでね
明石 晴海:「いや、ゼンマイ仕掛けにしては機敏に動くし、こんな風に可愛らしく会話までしてるんだけど。」
明石 晴海:「してない!やめたまえ!」
水晶 翼:じゃあ会話に参戦しますか
GM/wagase:KPの処理が大渋滞です
霜月 有恵:スッとモナミの影に隠れます
水晶 翼:「おうおう、警察官がいる前で誘拐とは、こいつぁ見逃せねえな」
涼月 ミナモ:なんか姉妹にいそうだな……モナミ
システム:(シークレットダイス) 人形さんのロール(s1d2)
→ Cthulhu : (1D2)  → 1
涼月 ミナモ:「こんなの見たことないなぁ。ところで帰れるってどういうこと?」
水晶 翼:うっわ、SDとかこっわ
霜月 有恵:「明石くん、これ場合によってはクリアウィングシンクロドラゴンを召喚せざるを得ないよ」
GM/wagase:頑張って薔薇をみようとしたのか、人形は頑張って飛んだり跳ねたりしていましたが、拍子にバランスを崩して転倒します
涼月 ミナモ:「ああ!!こんなに美しい美術品に傷が!!!」
水晶 翼:俺が受け止めよう、なんのダイスが必要かな?
水晶 翼:近距離だし、可能でしょ
霜月 有恵:「あっ!大丈夫!?」
明石 晴海:「ええい、君たち僕をなんだと思ってるんだ! って、危ない!」
GM/wagase:では、人形自体重くはないのでうまく抱えられたか幸運どうぞ
システム:水晶 翼さんの「俺の幸運は70です」ロール(CCB<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  38  → 成功
水晶 翼:余裕
霜月 有恵:95でもFでるからあ!
GM/wagase:では水晶さんは人形を優しく抱き留めてあげました
涼月 ミナモ:ジェントルメァン……
明石 晴海:「ホッ・・・」
涼月 ミナモ:「よかった~……」
人形:「あ、ありがとう…!」
水晶 翼:「大丈夫かい、人形の嬢ちゃん」
GM/wagase:トゥンク
水晶 翼:「これからは気をつけろよ」
涼月 ミナモ:お、人形ルートかな?
明石 晴海:さて、そういえば水晶の見たファイルとこの人形が関係あるみたいな話をKPしてたけど、ここらでロールのしどころさんでは?
霜月 有恵:男2人幼女人形ルート確定
水晶 翼:そういえば、この人形とファイルの女の子は似てます?
GM/wagase:人形、と呼ばれると少しむっとしますが、助けてくれた水晶さんにこころなしか顔を赤らめますね
水晶 翼:やったぜ
霜月 有恵:あらかわ
涼月 ミナモ:「名前を聞いてあげなよ(コソコソ」
GM/wagase:待ってましたといわんばかりにめっちゃ似てます。というか本人では?って思いますね
涼月 ミナモ:「そして名前で呼んであげるんだよ!!(コソコソ」
水晶 翼:「そういえば、嬢ちゃんは…名前なんていうのかな、人形なんて言われたくないだろ」
明石 晴海:「なんで僕の時はロリコン犯罪者みたいな扱いで、水晶さんだとこんな応援される感じになるんだ・・・理不尽だ!」
水晶 翼:ちなみにこのお人形 目って瑠璃色?
霜月 有恵:明石にひざかっくんします
人形:「あまり好きじゃないけど…わたし、なまえないの…」
涼月 ミナモ:「私にも何故だか分からないよ……ごめんね明石さん」
GM/wagase:少し悲しそうにそう言います
水晶 翼:「そうか、名前がないのか」
GM/wagase:はい、人形の瞳は瑠璃色ですね
涼月 ミナモ:「名前、つけてあげたら?」
水晶 翼:「じゃあ、瑠璃色の瞳だ。瑠璃と名付けよう」
霜月 有恵:ラピスラズリィ
???:「まさか自力で脱出を…」
涼月 ミナモ:「瑠璃ちゃんか~よろしくね!」
明石 晴海:「晴れて名前がついたのでめでたしだね。よろしく瑠璃ちゃん。」
霜月 有恵:「たぶんsiz同じくらいだよね!仲良くしてね♪」
人形:「瑠璃、素敵なお名前ね!わたしの目と同じだわ!」
GM/wagase:嬉しそうに目を輝かせて笑います
GM/wagase:メタぁ…
涼月 ミナモ:よき
水晶 翼:(そりゃあ、その名前からとったからな)
GM/wagase:良き
水晶 翼:名前× 瞳〇
霜月 有恵:瑠璃は英語でラピスラズリィ
水晶 翼:ラピスラズリは長井
水晶 翼:長い
GM/wagase:で、赤全員でいきます?
涼月 ミナモ:行きましょうか
明石 晴海:さて、ヒロインが加わったところで赤の嘘を見に行って見ますか。
霜月 有恵:あ、芸術妖精
GM/wagase:どうぞw
システム:霜月 有恵さんの「妖精」ロール(ccb<=50)
→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  82  → 失敗
霜月 有恵:あ、うん。もうダイス振るのやめるよ
涼月 ミナモ:ww
涼月 ミナモ:そういえば忘れてたんですけど
GM/wagase:あきらめないで…()
GM/wagase:はい
涼月 ミナモ:アロエちゃんのファンブルでついた傷って応急手当触れます?
GM/wagase:いいですよ
涼月 ミナモ:やったぜ
涼月 ミナモ:振ります
GM/wagase:治せないものではないので
システム:涼月 ミナモさんの「応急手当」ロール(ccb<=55)
→ Cthulhu : (1D100<=55)  →  61  → 失敗
霜月 有恵:アザーッス
涼月 ミナモ:ここで失敗していくスタイルね
GM/wagase:うーんこの
霜月 有恵:アッ
霜月 有恵:言って傷2つあるよ!
水晶 翼:一応振ります
GM/wagase:どうぞ
涼月 ミナモ:ミナモは適当に絆創膏貼って治療した気になります(
水晶 翼:持ち物に応急キットあるんで補正付きませんかね?
GM/wagase:ではテープが傷口に被ってますね
霜月 有恵:雑ぅ
水晶 翼:それをいったんはがして、消毒液をつけて、もう一度貼りなおす
涼月 ミナモ:バツが悪そうな顔をしておきます
水晶 翼:絆創膏なかったから助かった
GM/wagase:では+10でどうぞ
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  31  → 成功
水晶 翼:適確な処置
霜月 有恵:たぶん生足なので一応恥ずかしそうにしておきます
水晶 翼:SANC以外失敗してないZE
GM/wagase:ただ一つのダイス吸引力
水晶 翼:エアサイクロン式ダイス吸引緑
霜月 有恵:回復量のダイスをば
水晶 翼:力
水晶 翼:なんぼやっけ
涼月 ミナモ:周囲のダイス運を吸引していく
霜月 有恵:1d4です
システム:GM/wagaseさんのロール(1d3)
→ Cthulhu : (1D3)  → 1
霜月 有恵:3か
GM/wagase:間違えたw
システム:水晶 翼さんの「振ります」ロール(1d4)
→ Cthulhu : (1D4)  → 1
水晶 翼:結局やった
霜月 有恵:でも1だ
涼月 ミナモ:運命が収束していく
GM/wagase:1d3で振りなおしてもいいですよ(小声)
水晶 翼:やったぜ
システム:水晶 翼さんのロール(1d3)
→ Cthulhu : (1D3)  → 3
霜月 有恵:これが運命力
GM/wagase:やったぜ
水晶 翼:当然最大値ぃ
涼月 ミナモ:運命を引き当てる男
水晶 翼:これが、運命なのだよ
GM/wagase:全回復どうぞ
霜月 有恵:だから私は、Xperia
明石 晴海:遊戯王でダイスを味方につけるとクリティカルが分布図を無視してガンガン出るからな
霜月 有恵:助かりますー
涼月 ミナモ:これで心置きなく赤の部屋へゆける٩( ’’ω’’ )و
GM/wagase:赤い部屋突入おk?
明石 晴海:さて、赤の部屋の探索結果次第だぞい
涼月 ミナモ:はい
水晶 翼:拳銃は構える
霜月 有恵:「ええい、妖精じゃないならなんでもいいわぁい!」バーン
明石 晴海:ドアに手をかける。
GM/wagase:顔文字の腕が時間の向こう側に…
涼月 ミナモ:え……万年筆加えておく
明石 晴海:バーンてアロエちゃん何したの・・・
涼月 ミナモ:咥える
水晶 翼:突入だ
明石 晴海:まあ入ろう
水晶 翼:そういえば、瑠璃はどうしてる?
GM/wagase:拳銃を構えた水晶さんが壁際に、明石さんが扉を開けようとし、霜月さんが扉バーンでいいんですか?
霜月 有恵:「妖精の時間じゃこらぁ!」
霜月 有恵:足でバーンします
涼月 ミナモ:明石さんごとバーンされてそうな構図だ
システム:wagaseさんが、入室しました。
明石 晴海:つまり、扉に手をかけてた私が真っ先にパーンしちゃうと。よしきた。
wagase:(´・ω・`)
涼月 ミナモ:おかですw
水晶 翼:おかです
明石 晴海:おかです
サトウ イツキ:おかですー
水晶 翼:(´・ω・`)
霜月 有恵:kpをバーンしていく
霜月 有恵:赤い扉と明石くんがバーンされたところか
明石 晴海:「うわああ!?」
水晶 翼:瑠璃はどうしてます?
GM/wagase:バーンされた扉に二人が最初に転がり込むと、中は長い通路になっており、赤い絨毯が敷かれています
霜月 有恵:「わわ!明石くんごめんなさい!つい!」
GM/wagase:瑠璃はわくわくした表情をしたまま、水晶さんの横、扉からは遠い位置にいますね
水晶 翼:OK
霜月 有恵:いい感じに抱き合って転がり込みます
GM/wagase:w
涼月 ミナモ:後ろからニコニコしてみてます
GM/wagase:では先ほどより鮮明にクスクスと笑う声が聞こえますね
明石 晴海:声の主は見える?
霜月 有恵:トゥンク
GM/wagase:声の主を探そうとすると、壁には等間隔に照明と、赤、黒、白の額縁に入った肖像画が飾られており、声の主は肖像画であることがわかります
水晶 翼:とりあえず、瑠璃をいつでも庇える状態でいよう
涼月 ミナモ:「Live2Dかな?」
GM/wagase:瑠璃は転がっていった二人を心配しながら、後ろをぴったりくっついてます
水晶 翼:ハリーポッターで見たことある
明石 晴海:通路はどれくらい続いてるのかな?っと目星。
GM/wagase:似たようなものだと思いますw
水晶 翼:便乗目星
GM/wagase:目星振る方はどうぞ
涼月 ミナモ:わたしも
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  16  → スペシャル
システム:涼月 ミナモさんの「目星」ロール(ccb<-60)
→ Cthulhu : (1D100)  → 100
システム:水晶 翼さんの「目星じゃおらぁ」ロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  27  → 成功
涼月 ミナモ:おや(*’ω’*)?
水晶 翼:100がいるぞぉ
GM/wagase:ファーーーーーwwww
霜月 有恵:ミナモおおぉ
涼月 ミナモ:何やってんだミナモォ!
霜月 有恵:いやほんとよく出るからF
水晶 翼:お は ル ビ
GM/wagase:え、えー…www
GM/wagase:成功処理からします
涼月 ミナモ:GMも困惑の100f
水晶 翼:あ、待って
水晶 翼:赤の扉、子供いないよね…
水晶 翼:な~るほどね
明石 晴海:??
水晶 翼:黒の扉のメモ
水晶 翼:「あの子供は信用できない」ってやつがあったんよ
GM/wagase:通路の一番奥には人ひとり通れそうな大きさの、何も塗られていない木製の額縁に真っ白な絵画が飾られています
GM/wagase:又
霜月 有恵:明石くんの手って以外と大きいんだなぁと思いながら自分の手のひらを見つめてグーパーしてます
GM/wagase:瑠璃色の額縁が存在せず、ふ、と周囲の肖像画が一斉にケタケタと、あなた達をあざ笑うように声を上げます。
明石 晴海:ふむ、真っ白な絵画というのは絵画というからには顔料が塗られているのかな?
明石 晴海:SANチェックやろなぁ
涼月 ミナモ:ハリーポッター許すまじ
GM/wagase:先ほどの微かな笑いとは違いはっきりと恐怖を感じたあなた達は1/1d3のSANCです
システム:水晶 翼さんの「ハリーポッターに殺意が芽生えたよ」ロール(CCB<=64)
→ Cthulhu : (1D100<=64)  →  76  → 失敗
霜月 有恵:音割れてそう
システム:涼月 ミナモさんの「SAN」ロール(ccb<=54)
→ Cthulhu : (1D100<=54)  →  9  → スペシャル
水晶 翼:SANCは失敗する俺
システム:水晶 翼さんのロール(1d3)
→ Cthulhu : (1D3)  → 2
システム:明石 晴海さんの「音割れポッターやめろ」ロール(ccb<=68)
→ Cthulhu : (1D100<=68)  →  48  → 成功
GM/wagase:スぺ0でいいです
システム:霜月 有恵さんの「sanc」ロール(ccb<=94)
→ Cthulhu : (1D100<=94)  →  90  → 成功
涼月 ミナモ:やったぜ
霜月 有恵:あっぶ
水晶 翼:額縁から何か話しかけてくる気配がないのならこっちから話そう
涼月 ミナモ:「ええ~気持ちわる……」
霜月 有恵:「ひっ」近くにいた明石にピトッ
水晶 翼:KP、あいつらはなんか話しかけてくる?
GM/wagase:どの色にしますか?
涼月 ミナモ:手前から順番で良いんじゃないですか?
GM/wagase:どの色にしても、おかしそうに笑っています
水晶 翼:瑠璃色やろうな
GM/wagase:瑠璃色は存在してませんね
涼月 ミナモ:赤白黒の3つですね
明石 晴海:・・・よし、まずは赤い額縁に対して「何がそんないおかしい?」と
水晶 翼:赤だな
霜月 有恵:明石の影からそれを見てます
涼月 ミナモ:一緒に見てます
赤い額縁の女:「クスっ。あなた達、みない顔ね。新入りさん?」
GM/wagase:小ばかにされてんなって思いますね
涼月 ミナモ:「いいえご主人様よ」
明石 晴海:「えーと、ここに来たのが大体・・・1時間くらい前だから新入りでしょうな。」
霜月 有恵:ドSかな
水晶 翼:「そうだが、お前らは何人ぐらい俺らみたいのにあった?」
明石 晴海:そういや、肖像画に描かれてるのはどんな人々?
赤い額縁の女:「いちいち新入りのことなんて覚えてないわよぅ」
GM/wagase:黒は男、白は子供のようにみえますね
水晶 翼:「一番めんどくせえ回答がやってきたな」
水晶 翼:「ここはどこだ、お前らは何者だ」
霜月 有恵:「聞いてもどうせちゃんとした答えなんて帰ってこないよきっと」
水晶 翼:ねえねえ 誰か瑠璃色の絵の具もってない?
涼月 ミナモ:「赤は嘘つきだっけ?」
霜月 有恵:もってゆ
水晶 翼:それをさ、何も塗ってない額縁に塗ってくれない?
霜月 有恵:「嘘つきー。ばーかばーか」
水晶 翼:真実は瑠璃色だけってやつ
赤い額縁の女:「え~、そんなことしってどうするつもり?帰る方法なら教えてあげるけど!」
涼月 ミナモ:とりあえず話聞いてからでもいいんじゃないですか?
霜月 有恵:それより前にきっと石膏と混ぜて量を増やすんじゃないかと思っていたりする
水晶 翼:「どうしようもないから聞いてる。変える方法よりここがどこかが気になる」
水晶 翼:「あ、あれはそのためか」
霜月 有恵:しらんけど
赤い額縁の女:「ここはあの子の空間!居場所!」
水晶 翼:誰か石膏とってきてくれない?
水晶 翼:心理学だお
霜月 有恵:一通り見てからにしよ
涼月 ミナモ:ですね
GM/wagase:どうしますか?
水晶 翼:本来ならそうしたいけど
水晶 翼:時間が惜しい
GM/wagase:心理学は振っていただいて構いません
水晶 翼:心理学はKPがシークレットで振るんよ
GM/wagase:オープンでも可ですよ
水晶 翼:ラッキー
システム:水晶 翼さんのロール(CCB<=80)
→ Cthulhu : (1D100<=80)  →  79  → 成功
水晶 翼:当然
霜月 有恵:そんなことがあるのか
明石 晴海:失礼、オープンで心理学振って良いことになったら、
GM/wagase:シクレにするときはしますが、別にシクレで振るほどではないかと
涼月 ミナモ:まあ、GMの匙加減ですね
明石 晴海:「この出目だと心理学失敗か。つまりこれからKPが言う「嘘だよ」「本当だよ」は参考にならないなよっしゃあ!」ってなっちゃうの。
GM/wagase:赤い額縁の女は嘘は彼女の話からは事実だと感じますが、元の場所に帰る、という部分についてはやや不信感を覚えます
水晶 翼:やっぱり
水晶 翼:オープンの場合大抵あやふやな答えなんだよなあ
GM/wagase:なんか日本語崩壊してるぅ
涼月 ミナモ:ww
GM/wagase:彼女の嘘は、の嘘は、はミスです。失礼
明石 晴海:まあ、それならクローズで振らざるを得ない質問をするだけじゃ
GM/wagase:違う、女の
霜月 有恵:これ同時に3つの肖像画と話すのはkpが厳しいですよね
水晶 翼:さて、誰も取りにいかないのなら俺が取りに行くか…
明石 晴海:ドアプレートの「赤は嘘つき」は正しいんだろうなーと感じた だね
GM/wagase:順番に処理でもよければ
霜月 有恵:のでこの時間で黒とお話します
GM/wagase:はい
涼月 ミナモ:じゃあ同タイミングで白と離します
GM/wagase:黒からですが、何かききますか?
水晶 翼:瑠璃を連れて、黒の部屋に石膏を取りに行きます
霜月 有恵:「貴方はだぁれ?」
明石 晴海:じゃあ赤に話しかけよう
水晶 翼:特に描写をしないのなら飛ばして構いません
黒い額縁の男:「彼女の最高の作品だよ!なんたって材料も最高品なんだ」
霜月 有恵:「ほえ。お名前とかではないのね。阿呆かしら」
涼月 ミナモ:煽りよる
黒い額縁の男:「名前?彼女の作品ってだけで十分だろ」
霜月 有恵:「私はあろえ。気づいたらここにいて困っているのだけどお、何か知らない?」
黒い額縁の男:「あろえねぇ。そうだなぁ、帰る方法なら知ってるぜ」
GM/wagase:名前には興味を示しませんね
霜月 有恵:「どうせただじゃ教えてくれないだろうから、もし教えてくれたらいいものをあげる」
霜月 有恵:「どう?」
黒い額縁の男:「ふぅん、いいぜ。帰る方法はな…」
黒い額縁の男:「―――人形だ。人形を殺/せ!そいつの血で額縁を塗るんだ!」
GM/wagase:大笑いしながらそう叫びます
涼月 ミナモ:急に発狂した
霜月 有恵:「なるほど。音が割れてるわよ。耳障り」
霜月 有恵:「教えてくれて感謝するわ。じゃあちょっとプレゼントとってくるから、待っててね」
霜月 有恵:中央の部屋に戻ります
GM/wagase:先ほどの赤い額縁の女もですが、煽られても気にすることはありません
霜月 有恵:「はぁー!変な人と喋るの疲れるぅー」
GM/wagase:了解しました。男はまたな、というだけですね
涼月 ミナモ:きっと今までの探索者にも散々煽られてきたんだろうなぁ
GM/wagase:では涼月さん
明石 晴海:なるほど、まあ、集めた情報で推理できるからこれを聞いても良いだろう。
涼月 ミナモ:はい
GM/wagase:白い額縁には子供が描かれています
涼月 ミナモ:「こんにちは、私はミナモ。貴方素敵な絵ね」
涼月 ミナモ:「お姉さんちょっと困ってるんだけれど、力を貸してくれないかなぁ」
霜月 有恵:性格が出る
白い額縁の子供:「そうでしょう!お姉ちゃんが僕を作ってくれたんだ」
白い額縁の子供:「うーん…確かどこかになにかがあったような…?ごめんね、忘れちゃった」
涼月 ミナモ:一応心理学振れます?
GM/wagase:謝ってはいますが悪びれた様子は感じられないです
GM/wagase:どうぞ
システム:涼月 ミナモさんの「心理学」ロール(ccb<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  6  → スペシャル
涼月 ミナモ:やったぜ
GM/wagase:やったぜ
GM/wagase:本当に忘れていると思いますね。わざとすっとぼけているわけでもなさそうですし、嘘は感じられません
涼月 ミナモ:なるほど
涼月 ミナモ:「そっか、ありがとう。また何か思い出したら教えて欲しいな」
白い額縁の子供:「わかった!」
GM/wagase:とはいうものの思い出しそうにもないこともスぺんなんでわかっていいです
涼月 ミナモ:分かったことは人形の血で額縁を塗らなきゃいけないということだけか
水晶 翼:やっぱり
涼月 ミナモ:ふむ
GM/wagase:明石さんは赤ですよね?
明石 晴海:さ、赤の女王様と一騎打ちだ。
赤い額縁の女:「なぁに、まだ何かある?」
明石 晴海:「さて、麗しのお嬢様と存じ上げますが、いかがかな?」わざわざ芝居っぽく言う
赤い額縁の女:「うふふ、変な人ね」
明石 晴海:「嘘つきなら褒められて怒り出すかと思ったが、そうでもないようですね。」
赤い額縁の女:「変なうえに失礼なのね、貴方。ふふ」
明石 晴海:「まあ、この部屋から出て行く方法は大方見当がついてますから、余裕があるんですよ。」カマかけ
霜月 有恵:黄色じゃなくて良かった
赤い額縁の女:「へぇ、すごいわね!ちなみに瑠璃色のバラはみつけたかしら?」
明石 晴海:「勿論。真ん中の部屋のアレでしょう。」
赤い額縁の女:「じゃあそのバラをすりつぶして額縁に塗るつもりなんでしょう?見つけちゃうなんて本当にすごいわぁ」
明石 晴海:心理学。
赤い額縁の女:どうぞ
霜月 有恵:変な事言ってるよぉ
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  65  → 成功
GM/wagase:戻し忘れたw
涼月 ミナモ:ww
GM/wagase:明石さんは、この女がはっきりと嘘を言っている、と感じました。感心している様も、薔薇をすりつぶす方法についてもです
水晶 翼:もう知ってたとしかいえない
霜月 有恵:ではそろそろシンキングタイムといこうか
明石 晴海:「ええ、『薔薇をすり潰した』綺麗な顔料をお目にかけましょう。」と、言って白の部屋へ。
明石 晴海:訂正。『薔薇をすり潰したような』に
涼月 ミナモ:宣言してなかった。ミナモの白の部屋に戻ります
GM/wagase:最初の部屋ではなく?
涼月 ミナモ:最初の部屋だ……
霜月 有恵:中央ですね
明石 晴海:白の部屋です。道具の中に瑠璃色の絵具があったんですよね?
霜月 有恵:持ってきてますよ
GM/wagase:絵の具は霜月さんがもってます
霜月 有恵:はいkp
GM/wagase:ほい
明石 晴海:いや、99%絵具チューブ一本では足りない。SAN値くらいなら賭けたって良い
霜月 有恵:この絵の具1つで額縁全て塗れそうですか
GM/wagase:かけなくても大丈夫と宣言します。特大サイズもってていいです
水晶 翼:一応石膏持って行ってるから問題ないでしょ
明石 晴海:え。
涼月 ミナモ:これは一斗缶でゲットしたな
霜月 有恵:「急に大きくなったきがするこの絵の具」
GM/wagase:でかすぎぃ!
水晶 翼:手に持てるサイズの一斗缶
涼月 ミナモ:「アロエちゃん、きっと妖精さんの仕業だよ」
GM/wagase:水晶さんは黒の部屋で石膏像削るでいいんですか?
水晶 翼:妖精の力ってすげ~
明石 晴海:一斗缶は確かに手で持てるが、中身いっぱいの一斗缶を受けてダメージ1なのはさすがにおかしい気がしないでもない。
GM/wagase:www
水晶 翼:いや石膏の道具だけ持っていく
霜月 有恵:「それだ。いたずら好きのコボルトさんかな?」ウフフ
水晶 翼:それで最初の部屋に戻る
涼月 ミナモ:細かいことを考えてはだめだ!
明石 晴海:まあ良いや。白の部屋で筆でも見繕ってこよう。
GM/wagase:黒の部屋だと、石膏像とすり鉢しかありませんが、すり鉢ですかね?
涼月 ミナモ:「コボルト……そうだよ。きっとそう」
水晶 翼:それだ、すり鉢
明石 晴海:無きゃ無いでスケッチブックを切って作れば良い。
GM/wagase:明石さん幸運どうぞ
システム:明石 晴海さんのロール(ccb<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  13  → スペシャル
霜月 有恵:最悪ぶっかける
明石 晴海:やっぱりね。
GM/wagase:w
涼月 ミナモ:ここで決めるのが本物ってやつですよ
水晶 翼:流石
霜月 有恵:「明石くーん。なんかこう、筆?あるー?」
GM/wagase:では明石さんは幸いなことに瑠璃も含めた人数分の絵筆を見つけることができました
涼月 ミナモ:「瑠璃ちゃんにも手伝ってもらおうか」
明石 晴海:「あるとも。」(岸辺露伴風にドヤァァァァっとポーズ)
人形:「お絵描き?したい!」
GM/wagase:筆をもらってわーいとジャンプします
涼月 ミナモ:「うん、みんなでお絵かきしようね~」
水晶 翼:「だから気に入った」(岸辺露伴風にどや顔)
霜月 有恵:「背景にカタカナが見える!」
明石 晴海:ドヤアアァァ たっぷり。
涼月 ミナモ:「流石先生!そこに痺れる憧れるゥ!」
明石 晴海:最近はたっぷり と言う平仮名の擬音も追加されたジョジョ界隈。
GM/wagase:では、明石さんが最初の部屋に戻ったあたりでついに薔薇の花弁が一枚になります
涼月 ミナモ:アカン(
明石 晴海:「さあ、瑠璃色の額縁に飾られた白い絵画を作ろうか。」
涼月 ミナモ:「レッツ芸術!」
霜月 有恵:「よし、じゃあ時間も無いっぽいし、みんなでスプ○トゥーンだー!」
水晶 翼:「まかせろ~バリバリ~」
明石 晴海:すり鉢の石膏に顔料を混ぜ、赤の廊下を激走じゃー
人形:「わーい!みんなでお絵描き、楽しいね!」
明石 晴海:あ、赤の女性にたっぷりとドヤ顔を決めるのも忘れずに行います。(約5秒)
水晶 翼:KP、人形の名前を瑠璃に変えて
涼月 ミナモ:わらうwww
霜月 有恵:じゃあ額縁を塗る感じで
涼月 ミナモ:塗りましょう!
GM/wagase:木製の額縁を瑠璃色に塗った、ということでよろしいですか?
水晶 翼:変えて(懇願)
水晶 翼:はい
霜月 有恵:芸術妖精ィ!
涼月 ミナモ:はい
明石 晴海:そうだぞ。人形じゃなくて瑠璃だぞ。
GM/wagase:ごめんなちぃ…
明石 晴海:現役漫画家、額縁を塗る。
水晶 翼:警察官、みんなでお絵かき
瑠璃:「わたしね、寂しかったの」
システム:霜月 有恵さんの「芸術妖精」ロール(ccb<=50)
→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  66  → 失敗
霜月 有恵:もういいよ
瑠璃:「だから、みんなと一緒にお絵描きできてとっても楽しいよ!ありがとう」
霜月 有恵:唐突なラスボス臭
涼月 ミナモ:「瑠璃ちゃんが楽しそうだから私も楽しいよ~」
涼月 ミナモ:やめて(懇願
霜月 有恵:「~♪」
明石 晴海:「そうだとも。絵を描くのは楽しいことさ。」
水晶 翼:「俺も絵を描く面白さを知った。瑠璃のおかげだ」
霜月 有恵:鏡の中のマリオネットをハミングしながら色を塗っています
GM/wagase:全員で色を塗った額縁は、瑠璃の瞳と同じ美しい瑠璃色に彩られ、真っ白な絵画は波紋が広がるように、あなた達の現実世界を写しだします
明石 晴海:「よし、それじゃあ行こうか。」
水晶 翼:「瑠璃は、行かないのか」
涼月 ミナモ:「瑠璃ちゃんとはここでお別れなのかな?」
瑠璃:行ってもいいの?
霜月 有恵:「皆で手をつないでジャンプで行こう?ちゃんも、くるでしょう?」
瑠璃:「」わすれるぅ
明石 晴海:手ならいくらでも差し伸べるぞ
霜月 有恵:瑠璃ちゃんん
水晶 翼:「もちろんだとも、お前は俺たちの友達だ」
涼月 ミナモ:「おいで、一緒に行こう」
明石 晴海:「ここまで来て一人ぼっちになんてできない。さあ、行こう。」
瑠璃:「……うん!いっしょがいい!」
霜月 有恵:マップの感じで手をつなぎます
GM/wagase:瑠璃はぎゅっと手を握ります
水晶 翼:「戻ろう、元の世界に」
明石 晴海:「さあ、行くぞ!」
霜月 有恵:きめろきららジャンプ
涼月 ミナモ:「フフ……君にとっては新しい世界だけれどね」
霜月 有恵:「せーのっ!」
涼月 ミナモ:ピョーン
GM/wagase:そうしてあなた達が絵画へ触れると、吸い込まれるように中へ入ることができ、まばゆい光に包まれる
GM/wagase:眩い光が落ち着いたころ、あなた達はふと目を開ける。 
GM/wagase:そこはあの不思議な空間に入る前の美術展の中であり、あったはずの瑠璃色の額縁は、もう飾られていなかった。
水晶 翼:当然瑠璃はいますよね
GM/wagase:手を繋いで入ったはずの瑠璃の姿も見えず、業者に聞いてもそんな絵画は展示していないと言われ、いささか腑に落ちないまま貴方は日常へ戻っていく。
水晶 翼:何やて工藤
霜月 有恵:「瑠璃ちゃん……」
涼月 ミナモ:何でや工藤!
霜月 有恵:「妖精さん、だったのかな……」
明石 晴海:密かに「いない!瑠璃ちゃんだけいない!!」と、展示スペース中探し回るぞ
GM/wagase:数日後、あなた達は、いつもの美術館で集まっていた。
明石 晴海:あ、さすがに大声は出しません。
GM/wagase:探してもみつかりません
涼月 ミナモ:不審者ww
水晶 翼:「瑠璃ぃぃぃぃぃ!!」
明石 晴海:娘を捜す父親にも見えなくは無いだろ。
霜月 有恵:←日頃から妖精さがしてる
水晶 翼:不味い、どんどん黒咲化していく
明石 晴海:妖精探し部発足
GM/wagase:ふ、と展示物に目をやると、大きな瑠璃色の額縁の、美しい絵画の下には、探していた少女、瑠璃の姿があった。
明石 晴海:面子に会うなら、「やあ、その後どう?」と
瑠璃:「お兄ちゃん、お姉ちゃん!」
明石 晴海:おお、
霜月 有恵:「……っ!?」言葉が出ない
涼月 ミナモ:「瑠璃ちゃん!」
水晶 翼:何やて工藤!!
明石 晴海:「やあ瑠璃ちゃん!はぐれた時はどうしようと思ったよ!」
明石 晴海:と、さりげなくうなじをチェック。具体的にはゼンマイ穴
GM/wagase:そういって駆け出し、近づいてくる瑠璃にあなた達も駆け寄ることだろう。
水晶 翼:「瑠璃、なぜ瑠璃がここに… 逃げたのか、まさか自力で脱出を!?」
霜月 有恵:いややってることだけ聞いたら変態
GM/wagase:関節部も露出してますが人間ですね
涼月 ミナモ:やったぜ!
明石 晴海:あ、絵画内では球体関節だったんだ?
霜月 有恵:「なぁんだ。妖精じゃないのか」嬉しそうに呟きます
GM/wagase:人形だとさすがに球体関節じゃないと駆動しないかna、to
GM/wagase:なと
水晶 翼:na、to
GM/wagase:突然英字にんあるのやめてぇ…
水晶 翼:「そうか、無事にここにこれてとてもうれしいぞ」
GM/wagase:誤字のオンパレードで草
涼月 ミナモ:w
水晶 翼:英字にん
霜月 有恵:ままある
明石 晴海:んある(動詞)
水晶 翼:あるある
瑠璃:「もう、寂しくないよ!お兄ちゃんたちが連れ出してくれたから!」
霜月 有恵:「そういえば瑠璃ちゃん、これからどうするの?ひとりじゃまた、寂しくない?」
水晶 翼:「おう!これからはもう寂しいことなんてずっとない」
水晶 翼:「それに関してだがな」
水晶 翼:「今言っておこう」
明石 晴海:「そうだとも!」
明石 晴海:「ん?」
GM/wagase:瑠璃はそういって小さな腕で全員をぎゅっと抱きしめるようにすると、花のような笑顔をあなた達に向けるのでした
水晶 翼:「俺は警視庁警視総監 水晶翼というものだ」
涼月 ミナモ:黙って頭撫でておきます
GM/wagase:といった感じでシナリオクリアです
水晶 翼:「ようは警察で2番目に偉い人」
GM/wagase:アッ
水晶 翼:RPさせて、
水晶 翼:「
明石 晴海:「ア、ハイ」
涼月 ミナモ:(
霜月 有恵:警視総監???
GM/wagase:RPは続けていただいて構いません
水晶 翼:「この子は警察官が身柄を保護する」
霜月 有恵:「え」
明石 晴海:「ええええ!?」
涼月 ミナモ:「独身の男は養子取れないよ~?」
GM/wagase:瑠璃は幼女なので難しい単語には???って感じですね
水晶 翼:「という建前だ。この子は警察として俺が預かる。俺を通して、いつでも会うことができるぞ」
霜月 有恵:「なんか色々やっかいごとになりそうなのでうちで保護します」
水晶 翼:「なんでやねん」
霜月 有恵:「警察にイイオモイデナイアル」
瑠璃:「わたし、ひとりしかいないよぉ」
涼月 ミナモ:「瑠璃ちゃんに選ばせてあげなよ笑」
水晶 翼:「とりあえず、本来は書類とか戸籍問題とかのめんどくせえ問題は俺が対処しておく」
明石 晴海:「いやまあ、確かに戸籍もないし色々と問題がある気がするけれども。」
GM/wagase:預かる、保護、という単語だけは拾える感じで
水晶 翼:「そうだな、誰について行くかは瑠璃が決めろ」
瑠璃:「えー!みんな一緒はダメなの?」
涼月 ミナモ:ここにきて探索者シェアハウス案が浮上する
水晶 翼:「もちろんみんな一緒だ。みんなにはいつでも会える」
涼月 ミナモ:「瑠璃ちゃんがそうしたいのなら私は構わないよ~?」
明石 晴海:「うーん、難しい話になったぞぅ!一つ屋根の下とはいかない話だからね!」
GM/wagase:w
水晶 翼:「ただ、少しだけ長くいる子を選ぶだけだ」
システム:(シークレットダイス) GM/wagaseさんのロール(s1d4)
→ Cthulhu : (1D4)  → 2
霜月 有恵:そんなこんなで、話し合いは加熱していくのだった……
水晶 翼:「俺、一応一軒家持ってるんだけど…」
霜月 有恵:fin
明石 晴海:「僕の家はここから徒歩20分、ダンボールを片付けるだけで一人部屋を確保できるぞ!」
水晶 翼:「瑠璃にはわかりにくんじゃないかな」
瑠璃:「んんーっと…」
霜月 有恵:「いやダンボール多過ぎw」
明石 晴海:「何故か他3名からの心象最悪だけど。」
瑠璃:「名前をつけてくれたお兄ちゃん!お名前くれたからお父さんみたいだもの!」
霜月 有恵:お
涼月 ミナモ:よかったねw
明石 晴海:なんですとぉ
水晶 翼:勝った
霜月 有恵:「瑠璃ちゃん。何かあったらすぐお姉さんに言うんだよ?」耳打ち
GM/wagase:ダイス神の思し召し…
水晶 翼:「わかった。俺が責任をもって彼女を育てよう」
涼月 ミナモ:「そうだぞ~。男は野獣だからね」
涼月 ミナモ:「すぐにあることないこと本にしてあげるからね!」
霜月 有恵:「野獣なら逆に問題ないけれど」
明石 晴海:「まあ、そうだよねぇ。水晶さん、一番親子って言われてピンとくる感じだもんね。」
水晶 翼:「お前は将来、立派な警察官になれるぞ」
明石 晴海:「ところで、水晶さん、ご結婚は?」
水晶 翼:「この俺が保証する」
GM/wagase:とりあえずSAN回復適当なタイミングでしてくださいwシナリオクリアで1D6、人形、瑠璃と共に脱出したので1D3です
涼月 ミナモ:はーい!お疲れ様でした!
水晶 翼:さらに養子ゲット
システム:霜月 有恵さんのロール(1d6+1d3)
→ Cthulhu : (1D6+1D3)  →  1[1]+3[3]  → 4
水晶 翼:お疲れさまでした~
システム:涼月 ミナモさんのロール(1d6+1d3)
→ Cthulhu : (1D6+1D3)  →  3[3]+2[2]  → 5
瑠璃:「わー!おまわりさん!」
霜月 有恵:お疲れ様です┏○))
システム:明石 晴海さんのロール(1d6+1d3)
→ Cthulhu : (1D6+1D3)  →  6[6]+2[2]  → 8
霜月 有恵:すごw
涼月 ミナモ:今回SAN減少無しだw
GM/wagase:お疲れ様でしたー!!ありがとうございました!
システム:水晶 翼さんのロール(1d6+1d3)
→ Cthulhu : (1D6+1D3)  →  5[5]+2[2]  → 7
水晶 翼:よし、前回の消失をチャラにできた
霜月 有恵:sanが最大値いきそうで怖い
GM/wagase:あとは成長もですね~。チェックした技能ロール失敗で上昇しますん
明石 晴海:でも、ゼンマイを回して部屋から連れ出したという意味では、お父さんに当たるのは僕じゃなかろーか?
水晶 翼:お疲れさまでした!!今回はとても面白かったです!!
システム:涼月 ミナモさんの「目星」ロール(ccb<=60)
→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  66  → 失敗
水晶 翼:名前つけたり助けたの俺だから
GM/wagase:生まれた雛が~みたいな?
システム:明石 晴海さんのロール(ccb>=80)
→ Cthulhu : (1D100)  → 50
システム:霜月 有恵さんの「目星」ロール(ccb<=65)
→ Cthulhu : (1D100<=65)  →  73  → 失敗
涼月 ミナモ:名前つけよ~って言いだしたのはミナモだゾ……
水晶 翼:俺はこうなることを想定して後半行動してた
明石 晴海:目星失敗。
システム:涼月 ミナモさんのロール(1d10)
→ Cthulhu : (1D10)  → 9
水晶 翼:瑠璃気にしてたのもそのため
GM/wagase:失敗した方はう~んいくつにしよ
システム:霜月 有恵さんのロール(1d10)
→ Cthulhu : (1D10)  → 5
システム:明石 晴海さんの「芸術」ロール(CCB>=80)
→ Cthulhu : (1D100)  → 58
水晶 翼:シークレットダイスで決まるときはほんまひやひやした
GM/wagase:あ、決まってるわ
GM/wagase:なんでもありません()
涼月 ミナモ:あ、1d10じゃありませんでしたか?
明石 晴海:お、おのれダイスの女神め・・・
霜月 有恵:失敗で1d10じゃないですか?
システム:涼月 ミナモさんの「心理学」ロール(ccb<=70)
→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  1  → 決定的成功/スペシャル
涼月 ミナモ:ミナモォ!
霜月 有恵:いや草
涼月 ミナモ:それはセッション中に出すんだよ!!
GM/wagase:失念です!忘れて!((
涼月 ミナモ:はーいw
GM/wagase:暴露するとシクレは、瑠璃の血の色が絵の具である、というのを出したかったのでコケるか机に強打かのロールで
霜月 有恵:そういえば彫刻刀持ち帰ったんですけど、これAFですか
霜月 有恵:そんな気がした
涼月 ミナモ:てかあの情報なかったのによく絵の具で塗ればいいって分かりましたね
水晶 翼:そしたらまさかの救助
GM/wagase:まぁさっきのは誰のとこにするか決められなかったんで振りました
水晶 翼:いや、瑠璃色にこだわってたからさ
涼月 ミナモ:絵の具と血が同じという保証はないなあって自分は初見の時迷ったので
明石 晴海:真実はいつもシナリオタイトルに・・・というか、最悪赤の部屋と青の部屋だけ見れば脱出はできたのね。
涼月 ミナモ:今回は誰かが人形をぶち壊さないかヒヤヒヤしてたりしました
水晶 翼:真実は瑠璃色~ってやつと、青色の額縁だけないのと、帰りたいなら瑠璃色をでそうかなって
水晶 翼:まさかの無傷
GM/wagase:絵の具も本当は赤の部屋→絵の具あるんじゃね?なんですけど、段ボールひっくり返したんじゃさすがにw
霜月 有恵:2連F
涼月 ミナモ:あれは草
水晶 翼:すごいドジっ子してた
GM/wagase:皆さんNPCに優しくてうれしかったですw
GM/wagase:あ、彫刻刀はただの彫刻刀です
水晶 翼:昔NPCを死なせてしまってな
明石 晴海:白の部屋の絵の具が余裕で足りるっていうのは少々おかしなアドリブだった気もするけど、まあ、私の場合はね・・・
霜月 有恵:もうダイス降らないでシナリオクリアする目標たてようかしらん
水晶 翼:それ以降クローズド系のNPC(幼女)は全員救助してる
涼月 ミナモ:やはりロリコンであったか……
明石 晴海:「瑠璃色の絵の具が足りないだって?グリーンとブルーならあんだろ!!」と、絵の具を足す展開とばかり。
霜月 有恵:絵の具と石膏で増やすのかと思った
水晶 翼:毒入りスープとか
GM/wagase:絵の具に関しては記載がなくてですね…
水晶 翼:というかすり鉢はあの使い方でよかったの?
涼月 ミナモ:初見の時そんなの気にせずにそのまま塗りましたね(
水晶 翼:あれ以外にすり鉢の使い方が思いつかんかった
GM/wagase:元人間なので削るとは思いませんでした()
涼月 ミナモ:www
明石 晴海:hai?
霜月 有恵:聞いたら一斗缶だった
GM/wagase:すり鉢はぁ!!!完全にぃ!!アドリブです!!!!
涼月 ミナモ:一斗缶を持ち歩く少女
涼月 ミナモ:ですよねww
水晶 翼:SIZ18の警視総監&竜
涼月 ミナモ:あれ?なんか知ってるのと違うな?って途中から思ってましたw
GM/wagase:シナリオに存在しません!!!!
霜月 有恵:ほわーい
水晶 翼:そうだったのかwwww
明石 晴海:ちなみに、瑠璃色はグリーンとブルーを7:15で混ぜこぜすると作ることができるのよ。
GM/wagase:うまいこと軌道に乗っていたのでめちゃくちゃ安心しました((
水晶 翼:まあすり鉢取りに行くおかげで瑠璃との親交は深まった
霜月 有恵:明石のリアルINTが炸裂する
水晶 翼:あ、そんなめんどくさい方法だったのか、正規だと
明石 晴海:まあ、初KPをあんまりいじめるつもりはない。
水晶 翼:というかKPうまかったですよ、今回
水晶 翼:アドリブとか自分は到底まねできなかった
GM/wagase:うう…ありがとうございます…
水晶 翼:過去形じゃねえ現在形だ
涼月 ミナモ:最後のシーンもアドリブですよね?
水晶 翼:そうなん!?
GM/wagase:思ったより青い部屋いかなくてどうしようって思ってました…
明石 晴海:ちなみに、私は恐らくシナリオの正攻法は「瑠璃色の瞳をすり潰して顔料にして、SAN値を減らしながら顔料を足す」とかだと思っていたのだ。
GM/wagase:最後もアドリブです…
涼月 ミナモ:あれ前回は瑠璃みたいな子を見かけたよ~終わりだったんで
GM/wagase:やめたげてよぉ!!!
水晶 翼:ちなみにハッピーエンドの条件は?
霜月 有恵:素晴らしいわ
涼月 ミナモ:ちゃんと絡めてめちゃくちゃ嬉しかったんですよね!!!
GM/wagase:達成してますよ
明石 晴海:ぼくのボーイミーツガール展開ェ・・・
涼月 ミナモ:明石さんがエグイ黒魔術してる…
水晶 翼:これであってたのか
水晶 翼:俺はクリアウィング・シンクロ・ドラゴンの効果発動
水晶 翼:明石の効果を無効にし、破壊する
明石 晴海:だって私がKPで、瑠璃色の顔料が足りなさそうだってシナリオにするんだったら絶対そうするもん。
GM/wagase:シナリオにないことばかり聞かれておえええええってなりながらKPしてました…
霜月 有恵:いやでも自分がシナリオ作るなら、瑠璃を削るか、PCが犠牲になるか
明石 晴海:人形に血が通ってるとはよもや思わないし。
水晶 翼:クトゥルフではよくあること
GM/wagase:転ばなかったですからね
涼月 ミナモ:正直困ってそうだなぁって思いながらやってましたww
GM/wagase:くうぅwwww
霜月 有恵:めちゃくちゃ難しい第3の選択作るかな
涼月 ミナモ:あそこで気づくんですもんねw
水晶 翼:俺は自分のやりたいようにしてた
霜月 有恵:瑠璃を殺/すルートはあってもよかった
明石 晴海:深〜く考えないPCを絶望に叩き込むんだったら、やっぱり白の部屋の絵具はちょっぴりにしておくべきだなと。
霜月 有恵:絶対殺/さないけどね!!!!
涼月 ミナモ:ありますよね
GM/wagase:なので、霜月さんに絵の具握らせといてよかったなって心底思ってます
霜月 有恵:一斗缶ガール
水晶 翼:あれは草生えた
GM/wagase:絵の具(一斗缶)
水晶 翼:一握りの一斗缶
霜月 有恵:そういえば彫刻刀って瑠璃を殺/す道具なんですかね
明石 晴海:絵の具一斗缶はまさかすぎる。
涼月 ミナモ:STRいくつなんだろう(
GM/wagase:いえ、何かないか、と言われたのでアドリブです
水晶 翼:なるほど
霜月 有恵:持ち帰ったけどただの彫刻刀ですかね
水晶 翼:違和感全くなかった。瑠璃を殺/す道具だと思い込んでた
明石 晴海:ちなみに、私なら白の部屋を緑の部屋にして、色見本を本棚に設置するかな。
GM/wagase:はい、いい彫刻刀です。売ってます
霜月 有恵:メルカリで出品します
涼月 ミナモ:まあ、初心者向けシナリオですからね、これ
水晶 翼:まあそうだろうね
GM/wagase:さよなら~^^
明石 晴海:彫刻刀ぉぉぉぉぉぉぉ!!
水晶 翼:序盤のときはすごく難しそうに感じた
システム:霜月 有恵さんの「円」ロール(100d100)
→ Cthulhu : (100D100)  →  5172[39、35、53、84、83、48、37、13、98、96、7、71、3、14、45、89、51、93、36、86、95、40、32、37、9、18、40、33、46、46、86、78、96、23、61、87、51、67、41、49、67、51、77、75、62、31、19、47、25、55、63、8、10、26、73、17、49、3、34、50、27、34、27、65、58、75、79、93、26、99、58、100、90、23、45、97、78、38、55、35、38、51、96、49、47、3、6、42、57、20、13、99、73、79、36、54、88、50、73、38]  → 5172
GM/wagase:公開されてますのでタイトル検索で出るかと
明石 晴海:かつかつだもんねぇ。時間が。
涼月 ミナモ:鯖が死ぬからそれはやめてあげて…
霜月 有恵:5172円でした
霜月 有恵:テヘッ
彫刻刀:「俺は止まんねえからよぉ、お前らが止まらねえ限り、その先に俺はいるぞ!!」
GM/wagase:ほぼ元値で売れました
彫刻刀:「だからよぉ… 止まるんじゃねえぞ…」
霜月 有恵:キボウノハナー
GM/wagase:何やってんだよ団長!
明石 晴海:希望の花 繋いだ絆が 今僕らの 胸の中 にあるからー
水晶 翼:消して散ることのない 生きる力 希望の花
霜月 有恵:瑠璃色の花やろな
システム:涼月 ミナモさんの「結構当たる団長の拳銃ロール」ロール(ccb<=50)
→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  32  → 成功
明石 晴海:カラオケルームセッションだったのか。なるほど。
GM/wagase:真相いります?
涼月 ミナモ:なんだよ……結構当たるじゃねえか……
水晶 翼:あ、聞きたいです
GM/wagase:結構あたんじゃねぇかwwwww
明石 晴海:「何やってんだよ、団長!!」
霜月 有恵:キボウノハナー
GM/wagase:美大生である橘瑠璃子は、近年稀に見る天才画家だと一部の間で謳われていた。実は彼女はヒプノスの狂信者であり、彼の物質を変化させる力を分け与えてもらいこの白い空間で作品を作っていたのだ。 作品の材料は主に人間である。(人形を除く) 瑠璃子は力を使いすぎたのか寿命であったのか、数年前に命を落とす。 その時から空間の主は瑠璃子から人形へと移り変わり、人形は寂しさからか無意識に探索者たちを引き込んでしまった
水晶 翼:ニコニコにTRPGでファンブルする団長って動画ありましたね
GM/wagase:コピペどーん
水晶 翼:なるほど
水晶 翼:本名瑠璃子なんか
明石 晴海:ていうかシナリオ全体的にIbゥ・・・
霜月 有恵:ニアミス
涼月 ミナモ:転生していい感じの名前になった
霜月 有恵:あだ名はルリリだな
明石 晴海:瑠璃が次々生存者を頃していくホラーシナリオもあり得ましたねぇ・・・
水晶 翼:どうしよう…俺ユーゴなんだけど
GM/wagase:リプレイ動画でもコメでibっぽいって言われてましたね
明石 晴海:彼女は瑠璃ではない(腹パン)
水晶 翼:瑠璃は普通ユーとだろ…
水晶 翼:ibなつい
明石 晴海:いや瑠璃だろと。
涼月 ミナモ:瑠璃だね
明石 晴海:散っていく薔薇が寿命直結とか明らかに。
水晶 翼:瑠璃だけど、瑠璃じゃなかった(トトロ風)
水晶 翼:あれはすぐにわかった
霜月 有恵:あなたはだぁれぇ!?
明石 晴海:???「テケリ・・・ルゥ・・・リィ・・・」
水晶 翼:帰ったらキャラ紙の家族欄に瑠璃って書かなきゃ
霜月 有恵:そういえばこの前のうさぎさんってニャルだったんですよね普通に
GM/wagase:シナリオ作成者様のプレイでは花弁一枚=10分=一時間だったらしいですが、ぶっちゃけ、部屋を一つ探索ごとに一枚くらいのペースにしてました
GM/wagase:いいですよw
霜月 有恵:守るものが増えてしまいましたね
明石 晴海:6枚が一番めの部屋で二つ散った時は心底ビビったのですが、それによって私が瑠璃を見つけましたね。
GM/wagase:15分くらいあれば探索できるかな~とゲーム内時間はざっくりです
水晶 翼:これカウントダウンってわかったけど、枚数的に「これムズイ」って思ったけど、案外行けた
GM/wagase:二枚目は時間かかってんな!って思ったので散りました((
涼月 ミナモ:www
水晶 翼:花持つ行為がまさか瑠璃につながるとはね
涼月 ミナモ:散っておこうか?ってノリですね
明石 晴海:「枚数的に全部屋じっくりは見られないやつだ」と感づいた時は死ぬほど焦りました。
水晶 翼:誰も持つって言わなかったことが逆に良かった
水晶 翼:結局2枚ぐらい残ってたもんね
涼月 ミナモ:私が持っていたら100fの時に木っ端みじんになって全滅ですよ
霜月 有恵:私もですね
明石 晴海:うまい塩梅で圧縮してましたからね。探索時間。
GM/wagase:わーい薔薇!→こける→大変血が絵の具だ!っていう流れが薔薇を持ち歩き可にしたおかげで死にました
霜月 有恵:ダブルF
水晶 翼:逆に瑠璃を助けられた good
水晶 翼:そういえば、SANC以外失敗してなかったんだけど…
水晶 翼:自分
GM/wagase:さすがに薔薇おじゃんにすることはないですが、むしろ傷のつかない器をみてSANCですね
涼月 ミナモ:なるほど
霜月 有恵:なる
明石 晴海:なるほど。
涼月 ミナモ:そっちにも仕掛けがあったんですか
水晶 翼:なるほど
明石 晴海:しかし、見事な時間分配で一日で終わりましたね。
水晶 翼:一日で終わってほんとよかった
霜月 有恵:ミナモ可愛すぎ、明石は個人的に好き。翼は成功しすぎ
水晶 翼:他セッションの予約上ね
霜月 有恵:素晴らしいパーティーだった
涼月 ミナモ:今回楽しかったですねw
水晶 翼:クリティカルはなくとも安定していた。
水晶 翼:やはりクリアウィング・シンクロ・ドラゴンで来たのは間違いではなかった
GM/wagase:プレイ時間は1~2時間ってあったんですけど、テキセは倍以上時間かかるの知っていたので五時間とりましたがよかったです
明石 晴海:明日もあるのですね。
涼月 ミナモ:テキセ2倍の法則
水晶 翼:あるある
明石 晴海:オンセ3倍則ですね。
GM/wagase:初KPながらとても楽しかったです!
GM/wagase:ですねw
霜月 有恵:シナリオ作るのも楽しいですよ!
涼月 ミナモ:こちらこそ楽しかったです!ありがとうございました!
水晶 翼:今回のセッションとても面白かったので、またKPやるときとか誘ってほしいな
霜月 有恵:次は自作シナリオということでね
霜月 有恵:楽しみにしてますw
水晶 翼:おお、それは楽しみ
GM/wagase:脳みそまだリアルCoC知識が足りないので勘弁してくだしあ
水晶 翼:自分クトゥルフやって一週間で自作シナリオ作ってましたよ
水晶 翼:当然クソシナリオでしたが
明石 晴海:私もシナリオを作ってみたはみたんだけどね・・・人のことを言えないギャグシナリオが脳からひり出されました。
GM/wagase:w
涼月 ミナモ:オリシ作るの楽しいですよね
霜月 有恵:やってるうちにギャグ化はする
水晶 翼:キャラ紙ぺらぺらめくって出てきたやつを適当に敵にしてました
GM/wagase:興味はありますけどね!
明石 晴海:夏のインスマスで、プールだ!っていうすごく単純なシナリオ。
明石 晴海:多分SAN値回復のためだけにある。
霜月 有恵:2010と2015は現代シナリオというより日本刀の類がでるから楽しい
涼月 ミナモ:来週あたりに新しいオリシ仕上げたいなぁ
水晶 翼:雪山をイゴ=ロナクが群れを成してたw
GM/wagase:サプリも欲しいとこです
水晶 翼:私もズァーク作らなきゃ
涼月 ミナモ:一体どんな状況なんだ……
霜月 有恵:今考えてるシナリオが高尚すぎて訳わからんくなって積んでる
GM/wagase:いやすぎるww
明石 晴海:イゴーロナクが群れをなすっていうと某沖縄が真っ先に頭に浮かんでダメだった。
水晶 翼:沖縄w
明石 晴海:伝わるかなーこの書き方で。
GM/wagase:崩壊系なら神話生物PLやりたいな~ってずっと思ってますけど、秒で終わる予感しかしないので困る
明石 晴海:お前がコービットになるんだよ!というシナリオは笑いましたね。ニコニコでみたの。
霜月 有恵:自分が作った探索者を陥れる卓
涼月 ミナモ:草しか生えない
水晶 翼:そんな動画あるんだ
GM/wagase:こーびっとのあれやばかったですねww
水晶 翼:http://www.nicovideo.jp/watch/sm32379591
涼月 ミナモ:あ、私はこの辺で失礼します!今日はありがとうございました!
水晶 翼:あ、はい
涼月 ミナモ:またよろしくお願いします!
水晶 翼:お疲れさまでした
明石 晴海:http://www.nicovideo.jp/watch/sm32036736
GM/wagase:こちらこそありがとうございました!!お疲れさまでした
霜月 有恵:お疲れ様です
水晶 翼:またよろしくです
涼月 ミナモ:それではお休みなさい~
明石 晴海:お疲れ様でしたー。
システム:ジュノーさんが、退室しました。
霜月 有恵:自分もそろそろ落ちまする。お疲れ様です┏○))
水晶 翼:お休みです~
明石 晴海:お疲れ様でしたー
システム:サトウ イツキさんが、退室しました。
水晶 翼:私も失礼します
システム:kamisamannさんが、退室しました。
GM/wagase:はい、ありがとうございました!
明石 晴海:お疲れ様でーす。
GM/wagase:おやすみなさいです
GM/wagase:いい時間なので解散しましょう!
明石 晴海:うーん、喋りたい気がするけども、喋ることがないぞー
明石 晴海:お疲れ様でーす。
GM/wagase:w
GM/wagase:お疲れさまでした!
システム:キャラクターリストから涼月 ミナモが削除されました。
システム:キャラクターリストから明石 晴海が削除されました。
システム:キャラクターリストからクリアウィング・シンクロ・ドラゴンが削除されました。
システム:帝釈10さんが、退室しました。
システム:wagaseさんが、退室しました。
 いいね!  2

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。