ピーナッツさんの詳細

TRPGオンセンのユーザー「ピーナッツ」さんのプロフィール紹介ページです。

ピーナッツさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

プロフィール

自己PR

主にマギロギを中心にやっているものです。
卓を詰め込むのに抵抗があるのでプレイ回数だと少ないけどTRPG歴というとそれなりなことになってきてベテランとも初心者とも言えないようなやつです。

GM・PL傾向

プレイヤーのみ

GM




PL

プレイ傾向

ロールプレイ
戦闘
推理・考察
秘匿
PvP
恋愛
茶番
燃え展開
鬱展開
R15+
キャラロスト
過程を楽しみたい
改変を許容する

スケジュール

060606060606070707070707070707070707070707070707070707070707070707070707070808080808080808080808080808080808080808080808
252627282930010203040506070809101112131415161718192021222324252627282930310102030405060708091011121314151617181920212223
(曜)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)
                                                            
                                                            
                                                            

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

平常時のお誘い受け可能な時間帯(あくまで目安です)

 

平日

土曜

日曜

所持するルールブック (27)

ピーナッツさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

システム
システムピーナッツ
2021/04/03 23:26[web全体で公開]
システムからのお知らせ
コミュニティ「【CP】不思議の子どもたち」の参加が承認されました。
ピーナッツ
ピーナッツ日記
2019/04/30 00:35[web全体で公開]
😶 セッション感想をまとめて
GMをやってみようと思い立ち、自分でシナリオを考えて幾月か、悩みに悩み過去のリプレイを見返し、
そういえばずっと日記書かなくなってんじゃん、とはたと気づき書こうと思いたったのさ、というお話。

ネタばれ回避と書いてない分をまとめて書くため、短めですが、どれも楽しかったことをあらかじめ宣言しておきます。

以下敬称略

「それはすぐ隣に」インセイン 
GM: 黒猫紳士
PL: 薙 ピーナッツ
タイトルのとおり身近なホラーでした、短いシナリオでまとまってて、うまいなぁと感嘆しました。
珍しく張っちゃけた自分と、いつも通りキレッキレ(誉め言葉)だった薙さんがPL陣が最初振り回し気味だったのに、ホラー展開になってから、立場逆転な感じになり(除く薙)、やはり右往左往してる感じが自分は好みなのかなと再認識。
簡単めになっていたらしいのにもかかわらず、恐怖判定に失敗し続け、フレーバーっぽい判定にファンブルを出し狂気カードを引き続け、どうしてこんなに追い込まれているのかと首をかしげられた思い出。


「夜汽車」シノビガミ
GM: 海王
PL:  律 クロ おおさか ピーナッツ
仲良し(あるいは仲たがい)をしている他のお三方をのんびり眺めておりました。
記憶喪失から始まる物語だったので、RPがちょっと変わったものになっていたのに、新鮮な面白さを感じました。
攻撃奥義もちのいない中、荒れ狂う極地さんを見て、やっぱ極地って怖い、と再確認いたしました。というか、シノビガミはプレイ回数少ないのですが、なんか、しょっちゅう極地を見ていて存在が当たり前みたいな気分になります。


「浸食する悪夢の帳」マギカロギア(黄昏選書)
GM: 薙
PL: 零時 黒猫紳士 ツキミーチェ ピーナッツ
合言葉はおのれカワシマン!いや、公式シナリオって難易度が高いんだなぁと思わざるを得なかった。
ダイス運が悪いところも色々ありましたが、普通に難しかった。
何とか、みんなの協力で勝ち残れたので、助け合いの心はやはり大事だなぁと。マギカロギアは協力ゲーム、魔法使いは助け合い(魔力1の味方二人いる状況で飛行を使いながら)。
そして、意外と難易度って高くても大丈夫なんだなぁと分かったので参考にしていきたいところ。


「Reverse World」ダブルクロス
GM: NANA
PL: がぶ 雪柾弐 いちにい ニグレット ピーナッツ
王道という感じのシナリオに面倒なメンバーたち(全員がというわけではない)のいい感じの物語でした。
自分は面倒臭いことしてしまったり、キャラの心情をうまく伝えられなかったりと結構反省点は多いです。(割とよくやってしまっている気もする)
ちょっとセッションの中心から離れますが、このセッションで印象深いのは、本日より前にキャラ間の設定を煮詰めていったことです。こういうことをやったことがなかったのもあり、インパクトが強かったです。
いいね! 8
ピーナッツ
ピーナッツ日記
2018/09/25 18:27[web全体で公開]
😶 マギカロギアキャンペーン3話感想
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
いいね! 6
ピーナッツ
ピーナッツ日記
2018/09/11 13:26[web全体で公開]
😶 セッション感想
8月3日にしたシノビガミ「釣果」GM:ガタルさんのセッションの感想です。
ネタバレは避けているつもりですが。推測できてしまうしれないので避けたい人は見ない方がよいかもしれません。

また一か月以上空けてる。セッションいっぱい入れてるわけでもないし余裕はあるのになぁ。なんでだろう。毎度こんなこと書いてきそうでちょっと怖くなってきた。

割とグチっぽくなってきた前書きは短めにして以下セッション感想

「釣果」シノビガミ
GM:ガタルさん
PL:雪花菜さん・koinさん・すじこンヌさん・自分

なんだかすごい勢いでバッドエンドに直進しましたが何やらかんやらがあって最終的にクライマックスは余裕をもってハッピーに終わるという、なんとも上がり下がりの激しいものになりました。序盤の全体的な出目の悪さに真剣にバッドエンドも覚悟したんですが無事に終わってなによりでした。

今回は無事使命達成できました、あんまり自分の力で勝ち取ったって感じではなかったですが(というか、達成だけならあんまり難しくなかった)これもまた良し。

久しぶりに開幕ファンブルとかして変な笑いが浮かびましたが、神通丸万歳という気持ちでいっぱいになりました。神通丸は一個は持っとかないと安心できない・・・

最後に一つ反省点を、特別教室の使用タイミングを忘れてしまいました。後から使わせてもらいましたが今後は忘れないようにしないと。マギロギでも同じようなミスしてるからなぁ、まるで成長していない・・・。

最後にGM,PLの皆さまありがとうございました。
いいね! 6
ピーナッツ
ピーナッツ日記
2018/08/05 03:04[web全体で公開]
😶 のんびりセッション感想
6月27日マギカロギア「嘘と亡霊の法則」GM:しるふぁさんのセッション感想を書いていきます。
ネタバレはしていないようにするつもりですが。ネタバレを避けたい人は見ない方がよいかもしれません。

タイトルはセッションが終わってから一月ぐらい空けて感想書くのをのんびりだなどという謎のごまかし。終了直後と感想が変わってくるから速く書きたくはあるんですけど、いざ書こうとすると別のことしちゃう悪癖。掃除中漫画読み出してしまうやつみたいなものなのかなぁ。セッションやったテンションとか記録するための日記でもあったような気もするのに。あんまり高頻度でセッションしないこともあり、なかなかたまらないから、書くのに追われないのでどんどん遅くなっていく…
キャラシを製作中魔法構成に行き詰まり息抜きに書きだしたが、結果オーライかもしれない



さて、以下セッション感想です


「嘘と亡霊の法則」マギカロギア
GM:しるふぁさん
PL:ocgさん・はちじょーさん・自分

6シーンで断章・禁書が出ないということもあり、どういう風に挑むのが正解なのかと始まる前から頭を悩ましていました。禁書がでないなら書籍卿にめっちゃ警戒しとくべきなのか、あるいは越境者か?、なんてやたらと必死に考えていて、そういう意識で挑んだためにおそらく杞憂に過ぎないことをを考えまくっていました。タイトルに嘘と入っているのもあり、やっている最中はNPCにとても疑心暗鬼になってました。
そういう個人的なものもあり、最終的に無事に解決して全員でおやすみなさいしてエンディングを迎えたのがなんだかとてもハッピーエンド感が強くすごく和やかな気持ちになりました。
何気に禁書がでないシナリオは初めてなので新鮮な体験でもありました。

今回の自PCは南雲新九郎、深く設定を考えないようにした異端者。なんだか妙に明るく(?)なってムードメーカー的な存在になってたきもする。というか、すんごく軽い、なんか雑に軽い。気が付けば珍しくそれなりにウケがとれていたみたいで妙な嬉しさありました。


今回の蔵書の記録
騎士召喚・怪力・魔族・攻殻・禁呪(袋綴)・再生(阿房宮の予備)でした。
真の姿、元型変化を使いたいなぁと思ってやった構成。なかなか使われませんが(個人の印象です)、元型変化は楽しいですよ。元型変化に合わせた組み方をしてもらうとすごい爆発力にもなりますし、召喚ミスを一回補える保険ぐらいの気分でも行けます。うまいこといったらRP的にもはかどりますし。
クライマックスは怪力でぶん殴って後は元型変化して味方にお任せみたいな感じの構成。
再生はなんで取ったんだったか思い出せない…メインフェイズの戦闘用だったかな、でも予備だしなぁ
騎士召喚なのは一発殴ってはい、おしまいみたいな感じで考えたから、魔王でもよかったけど、今回はサイクル短いから魔素たまらないかなと考えたため。
今回は結果的に1回しか元型変化しなかったのでちょっと不完全燃焼、いずれまた攻殻で元型変化はやりたいけど、阿房宮なのが面倒ではある。
袋綴は真の姿重視のキャラだったためで、あんまシナジーはなかった気がする。
袋綴は真の姿の効果を使用できるとという書き方で解放するじゃないから、素の真の姿の解放と同戦闘中に使えるんじゃないかと考えて言ってみたら、今回はOKとの裁定が出たけど、今後はちゃんとあらかじめ質問しておくべき要因なので注意。文の穴をついてる感じだし(攻殻では一戦闘中に2回解放できないとの書き方だったから解放じゃないからいけるんじゃねという無理がありそうな考え方)。


最後にGM,PLの皆さまありがとうございました。


追伸というか質問
元型変化した場合、変化した元型の領域ってどうなるか知ってる人いませんか?
連結みたいにその魔法使いの領域といっしょだと思い込んでたんですけど、まったくそんなことが書いてなかったので。
いいね! 6
ピーナッツ
ピーナッツ日記
2018/07/21 12:41[web全体で公開]
😶 シノビガミ感想とちょっとの考え事
6月1日にしたシノビガミ「業龍忍秘伝」GM:しらたきさん、の感想になります。
ネタバレは避けているつもりですが。推測できてしまうしれないので避けたい人は見ない方がよいかもしれません。


セッションと直接は関係ないのですが、シノビガミに関する悩みが何度かやっていて生まれました。なのでそれに関した、
ちょっとした前書き。(こんなこと考えてるから感想日記が遅くなる…)

簡潔に言うと「他の人の使命達成のことはどの程度考えるべきなのか」ということです。
協力したくないとか邪魔をしたいとかいうわけではありません(むしろできる限り達成できるものはした方がいいと思う)

シノビガミのシステム上、PVP的な面もあるので対立型や自分の使命との兼ね合いなどで使命不達成な人がでるのは問題ないと思っています。

しかし、RPした結果、信念とかを考えると誰かの使命達成を邪魔するのが自然になるようなことがあると思います。
例えば、NPCと何らか約束(悪い人から守ってあげるみたいな善の方向性のもので)をしたらそれを守ると誰かの使命が達成できないとなってPC信念が「情」だったら、といった感じです。(例は今回のセッションとは一切関わりがありませんのであしからず。)
悪気があって邪魔したいわけはないのですが、秘密を知らなかったため、結果的にそういう形になってしまったり。
こういった場合
1.多くの人の使命達成が大事と考えキャラの考え方を多少捻じ曲げてでも協力する
2.さっきまで知らなかったからしょうがないと割り切ってそのままの流れで進める
どっちの方がよいのだろうかなぁ、とまぁこういうことを悩んでいるわけです。

自分は特に使命不達成でもそれはそれで楽しめる質なので良いのですが、功績点にも関わりますし、いやな気分になる人もいそうだなぁと、無駄に考えすぎてるような気もしますが少々悩んでいます。

さてやたらと長くなった前置きはさておき(誤解を減らそうとして無駄に長くなる悪癖)
以下にセッションの感想を

「業龍忍秘伝」シノビガミ (6月1日)
GM:しらたきさん
PL:dさん・みよかんさん・ラルドさん・自分

まず最初にあほすぎる反省点
接近戦攻撃の特技を忘れる、忍法を間違えるという二つのミスをしました。
前者はド忘れ、後者は書き換えミスなのですがとにかくあほであります。特に後者が。事前に提出して見返してもいたのにまったく気づかない間抜けがいました。直させてもらえたので助かりましたが、シノビガミは対立もあり得るシステムである以上、後になって変えた行為と思われても仕方のないことです。本当に申し訳ありませんでした。

今回は使命達成できました。漁夫の利的な感じだったけど…というかこれまでも真っ向から勝った覚えが全然ないな…。
あんまり強い忍法構成ではなかったと思うけどなんかうまいこと回ったなぁという感じでした。
なんというか他の人やシナリオとの相性って重要だなぁと思いました。忍法は大体趣味でしか考えないけど。

シナリオについては簡潔に、使命をめくるたびに驚きがあり、そうなってんの!?、あれ、そうなるのかと驚かされたり予想外だったりなことのオンパレードでした。
特殊型or対立型ということもあり、いろんな意味で気が抜けなかった。
やっぱりPCにも秘密がありいろんな思惑とか予想外の展開があるのがシノビガミの面白いポイントの一つだと思います。
なんかいろいろやりたい放題やって使命達成はできましたが自PCについては若干ビターエンドっぽくなったのはきっと自分の趣味です。

そういえばクライマックスまで判定を全然ミスらなかったのが謎の感動ポイントでした。


最後に改めてGM、PLの皆様、とても楽しかったです。ありがとうございました。

いいね! 6
ピーナッツ
ピーナッツ日記
2018/06/07 19:57[web全体で公開]
😶 マギカロギアキャンペーン2話感想
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
いいね! 11

過去のタイムラインを見る