小さな勇者のRPG ウタカゼ

書籍説明

小さな勇者のRPG ウタカゼ システム:

ウタカゼ

明るい ☆★☆☆☆ ダーク
書籍種類: 基本ルルブ リアル ☆☆☆☆★ ファンタジー
発行年月: 2013-08 直感的 ☆★☆☆☆ 頭脳的
所持する人: 544人 短時間 ☆★☆☆☆ 長時間
コメント数: 3件 初心者向け ☆★☆☆☆ 玄人向け

あなたは身長20cm前後の小さな種族“コビット族”の選ばれた勇者“ウタカゼ”になって冒険を繰り広げる!冒険の舞台である“想いがかたちをなす大地”には、ネズミ・イタチ・カエル・モグラ・リスといった小動物たちがコビット族と会話ができる“言葉ある種族”として暮らしている。“ウタカゼ”は、心を蝕む“悪意の精霊”の魔の手から、みんなを守るのだ!全3話からなる連続シナリオと短編シナリオの計4本を掲載。これらのシナリオは、1人で遊ぶことも可能だ!さらに公式ウェブサイトには、シナリオが続々とアップされる予定だ。シナリオをすぐに用意できなくてもこれで安心だぞ!

編集履歴/説明文の編集

小さな勇者のRPG ウタカゼへのコメント一覧

3. amalilith
2019/06/03 23:54
何が良いって、ランダムでシナリオが出来てしまうサポート体制が素晴らしい! そんなシステムです。
世界観としては、ほのぼのまったり。動物と小人の共存する(人類滅亡後の)世界で、ウタカゼと呼ばれる勇者たちが世界に起こる様々な危機や問題を解決していくようなストーリーです。
判定方法が少し特徴的ですが、慣れてしまえば簡単ですよ。キャラクターメイキングも膨大なデータがあったりはせず、簡素です。動物をキャラクターに選ぶと、語尾が指定されたりしていてちょっと楽しいですモゴ。
日々の殺伐としたシステムに疲れたらいかがでしょうか? 童話のような世界観が魅力のTRPGですよ。
 いいね!0
2. SHIN
2018/01/08 10:40
小人の勇者達が、動物さん達と一緒に冒険するメルヘンファンタジー。
ほのぼの系がメインではありますが、実は人類絶滅後の世界という、こっそりヘビーな世界観なので、
やろうと思えばガチシリアスも割とできると思います。
公式のPVが凄くクオリティ高いので、世界観等に興味ある方は是非どうぞ。ちょっと涙腺に来るPVです。

ルールが簡単で、キャラメイクもダイス振ってるだけでほぼ終わる、とても初心者向けなシステムです。
更に基本ルルブは大判で150ページ以上あるのに2000円ぽっきりという、価格まで初心者向けの一冊。
TRPGそのものが初めて、という方にもオススメできます。
ファンタジーが好き、メルヘンが好き、自分のTRPG経験が少ない、TRPG経験が少ない人と遊ぶ。
そういった人は是非このルルブを手に取って下さい。そしてPVを見てください(二度目)
素敵なウタカゼの世界に誘われることでしょう。

あ、ちなみに公式ではイタチ族は「~だっチ!」とかネズミ族は「~でチュ」とか語尾を付けるのが一般的とか
書いてありますが、テキセならともかく、ボイセで語尾やるのツライわ!って人は、
語尾回りの世界観はスルーしていいと思います。特にシリアスやる時はね……(笑)
 いいね!4
1. ざーろっく
2017/01/24 04:07
小さな勇者“ウタカゼ”となって、困っている人たちを助ける、そんなほのぼのとしたTRPGです。
オンセの場合、ルールブックを持っていないと遊べないシステムが多いですが、
ウタカゼの場合はGMさえ持っていれば遊べるので、気軽に遊ぶことができます。
プレイ人数は1~4人で、GM1人でも遊べます。
 いいね!2