マルチジャンル・ホラーRPG インセイン

書籍説明

システム:

インセイン

明るい ☆☆☆★☆ ダーク
書籍種類: 基本ルルブ リアル ☆★☆☆☆ ファンタジー
発行年月: 2013-09 直感的 ☆☆★☆☆ 頭脳的
所持する人: 836人 短時間 ☆☆★☆☆ 長時間
コメント数: 7件 初心者向け ☆★☆☆☆ 玄人向け
このルールブックを入手する
このルールブックの概要 (▼ クリックで閉じる ▼)
誰もが秘密を持っている。隣りに住む優しいお姉さんは殺人鬼。学校の先生は邪神ハンター。クラスの気になるあの娘は吸血鬼って噂があるけど…。一見、何の変哲も無い世界で、心に秘密を抱えた人物たちが、奇妙な怪事件に巻き込まれていく。そこに待ち受けるのは破滅か、それとも…?恐怖と狂気に翻弄される人間たちを描く、マルチジャンル・ホラーRPG登場。

ルールブック一覧に戻る

マルチジャンル・ホラーRPG インセインへのコメント一覧

7. amalilith
2019/06/03 23:28
ホラー、というジャンルに対しての汎用性を追求したシステム、とでも言いましょうか。
とにかくホラーと名の付くシナリオであれば大抵のことは出来るようになっています。ワールドセクションも現代からヴィクトリア朝までとにかく豊富。敵データもクトゥルフ系から都市伝説系まで多種多様。
ざっくりした流れとしましては、調査→戦闘。それだけです。
判定はサイフィク系、と申し上げればお分かりになられるでしょうか。慣れてしまえば至ってシンプル。そんなシステムです。
キャラクターを作る上でも中々個性は出せますし、とにかく手軽に気軽にホラーTRPGを楽しみたい、という方の入門用として、優秀なTRPGだと思います。
 いいね!0
6. はーべ
2019/03/21 16:01
ルルブは比較的安価な部類かと思われる。
判定をする際の目標値の算出が少々面倒だが(手動でやったらまず間違いなく補正値の適用忘れや数え間違え等が生じると思う)、ネットに落ちているツールを使えばまったく問題はないだろう。
ホラー要素をある程度絡めていればSCPだろうがクトゥルフだろうが妖怪だろうが何でも登場させられるのも嬉しいところ。
 いいね!0
5. はやみー
2018/07/08 18:27
好き!(挨拶
 いいね!0
4. うさぎ
2018/06/26 15:20
2セッション経験有。
楽園
メリーゴーランドは終わらない
 いいね!0
3. くま
2018/03/27 02:28
隠された情報、それを暴くこと、そして狂気。全てが噛み合ってる素晴らしいシステム
 いいね!0
2. 柾木
2018/02/08 19:35
サイコロ・フィクションは色んなジャンルで応用できるルールなので、とても初心者向け。
ルルブも安い方だと思うし、あらゆるホラーを難なく当てはめられるのが嬉しい。
「秘密」と「狂気」のシステムが、シナリオを作る楽しさを増やし、作成時にもプレイ時にも難易度をぐんと下げている。
まだ読み込んでいる最中だが、このルルブはもっと有名になって欲しいと思う。
 いいね!1
1. ティーガー
2019/07/21 17:03
マルチジャンルホラーRPGと銘打ってることからわかるようになんでもありなシステムです。

有名な「貞子」を例に挙げて説明しましょう。
ホラーをしたければ、「貞子」の呪いに翻弄されるシナリオになるでしょう。
SFをしたければ、電脳世界で呪いを拡散しようとする「貞子」の野望を食い止めるシナリオになるでしょう。
ミステリーをしたければ、閉ざされた館で殺人を繰り広げる「貞子」を追い詰めるシナリオになるでしょう。
バトルをしたければ、「貞子」とプロレスするシナリオになるでしょう。

これらはただの一例ですが、見て分かるように「なんかホラーっぽい要素」があれば大体許されます。
そういうシステムです。

※追記
 各PCに「心の闇」という「個人の秘密や抱える狂気」などがGMによって配られることが前提のシステムです。
 ちゃんとルールでもサポートされてるので、人間のドロドロした感情などを描くのに向いているシステムだと思います。
 いいね!0

ルールブック一覧に戻る