シャドウラン 5th Edition

書籍説明

シャドウラン 5th Edition システム:

シャドウラン5版

明るい ☆☆☆★☆ ダーク
書籍種類: 基本ルルブ リアル ☆☆★☆☆ ファンタジー
発行年月: 2018-09 直感的 ☆☆☆★☆ 頭脳的
所持する人: 148人 短時間 ☆☆☆★☆ 長時間
コメント数: 1件 初心者向け ☆☆☆★☆ 玄人向け
著者/編集:ジェイソン・M・ハーディー
出版社:新紀元社

舞台は、サイバーパンクとファンタジーが融合した近未来。超巨大企業が世界を牛耳り、
勢力拡大のために暗闘を繰り広げる世界だ。
通信網マトリックスが世界を覆い、人々は自らの身体を機械に置き換えている。
世界には魔法が復活し、おとぎ話の登場人物だったドラゴンやモンスター、エルフやドワーフが、
当たり前に世界を闊歩している。
企業の暗闘、犯罪組織の勢力争い――腕利きのプロの犯罪者“シャドウランナー"は常に求められている。
シャドウランナーとなって、銃と魔法、そして己の頭脳を駆使して、都会の影を駆け抜けろ!!
サイバーパンクRPGの金字塔、最新版ルールブックが登場!

シャドウラン 5th Editionへのコメント一覧

水無月彦丸
1. 水無月彦丸
2021/02/07 21:20
このルールブックを全部読んで、すべてを把握してからGMしよう、と思ったら一生できないだろうな、というくらいのデータの情報量です。
むずかしく考えるととてつもなくむずかしくなるし、簡単にすまそうと思えばできなくはない、という。
なんちゃってサイバーパンクを楽しみたいって人は最初はむずかしそうなところを省いてセッションすればいいのではないかと思います。
銃撃戦したい!とか魔法で攻撃したい!とかそこらへんならまだ簡単なほうですね。
いろいろ細かいところあるけども、最初はそこらへん入れずに、慣れてきたらそういう要素も入れていけばいいのではないかと。
電脳戦したいとかドローンたくさん使って戦いたいあたりになると難易度が上がります。
やること多すぎて管理が大変だったりしますから。
索引がしっかりしているので、探しやすさはそこそこです。
それでもわからなくなる場合は、GMの判断にゆだねるか、GMとPLとでいっしょに相談して決めてください。
ハードな世界観を楽しむもよいし、ハートフルなシナリオで遊んでみるのもいいかもです。

セッションの究極の目的は、基本ルールブックのP334「ゲームマスターの役割」にしっかりと書かれています。
「プレイヤーとゲームマスターを含む、すべての参加者が楽しむことです」と。
それさえしっかり胸に刻んでおけばいいのではないかと思います。
いいね! いいね!3