スカイノーツ ハウスルール導入の提言

トクメー
トクメー酒場:その他[web全体で公開] 押されたいいね! 2
登録日:2020/04/29 19:14最終更新日:2021/02/21 19:04

スカイノーツのキャンペーンシナリオを経験したことのある人なら、もしかしたら同意して頂けるかもしれないのですが、スカイノーツはセッションが長期化すればするほど、戦闘面に緊張感がなくなっていくと感じています。

以下に、昔仲間内で話し合った、その原因と対応策となるハウスルールの原案を書いていきます。

ご指摘や改善など、皆様のお力をお貸し下さい。

※戦闘周りで大幅にルールを改変することになりますので、ご不快に思われる方は読まずに無視して下さい。

※本ハウスルール提案は、旧版(同人時代のもの)時代に作ったものです。新版(冒険企画局のもの)に対応出来るかは不明です。私も余裕があれば検証いたします。
いいね! いいね!  2

スレッド一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

コメント一覧

トクメー
12. トクメー
2020/04/29 19:22
参考までに、このハウスルールを導入した状態で1CP回してみましたが、問題なく回りました。
ただ、導入前の環境に比べ、敵側の強さ調整がシビアになりますので、慣れない内は当ルールを導入せずにやってみた方が良いと思います。

以上、お耳汚しを失礼致しました。
いいね! いいね!2
トクメー
11. トクメー
2020/04/29 19:20
⑦殺人光線の取得は禁止する。
↓
余りにも強力な上、対策が難しく、ゲームバランスを崩壊させる要因である。
いいね! いいね!2
トクメー
10. トクメー
2020/04/29 19:20
⑥攻撃時の処理順序を、以下のように変更する。

ダメージロール→命中・回避判定→ダメージの確定
↓
判定支援というリソースをより有効に使用出来るような環境に変更。
いいね! いいね!2
トクメー
9. トクメー
2020/04/29 19:20
⑤判定支援の効果を、「判定後、判定値-1する」に変更。効果の累積も認める。
↓
運に左右されない、PC側のみ所持可能なリソースを設けることで、事故率を下げ、ゲーム性の向上をはかる。
これにより、PCと同格程度の敵を出すことも可能となってくる。
いいね! いいね!2
トクメー
8. トクメー
2020/04/29 19:19
④飛行機は体力3の飛行生物として扱う。
↓
飛行機のリスク低減策。1撃で搭乗者が死ぬリスクを防止する。
いいね! いいね!2
トクメー
7. トクメー
2020/04/29 19:18
③弾道学持ちは命中後、後出しで着弾位置を調整可能。
↓
弾道学の存在価値を増大、専業砲手の船内に於ける立場の向上をはかる。
いいね! いいね!2
トクメー
6. トクメー
2020/04/29 19:18
②命中・回避の目標値に届いていない場合は、現状通り失敗扱いとなる。
↓
戦闘における能力値の高低が与える影響を確保する。
いいね! いいね!2
トクメー
5. トクメー
2020/04/29 19:18
①命中、回避側の両者が判定に成功した場合、それぞれの達成値を比較し、命中側が回避を上回った場合、回避を無効化可能にする。(同値は回避優先)
↓
回避に制限をかけることで、有効打が入りやすくなるように調整。短期決戦化が可能となる。また、ダイスロールに対する緊張感を確保し、単調化の防止もはかる。
いいね! いいね!2
トクメー
4. トクメー
2020/04/29 19:17
つまり、回避偏重の現状では、ある特定の武装を取らない限り、判定自体はかなりの高確率で成功するのにも関わらず、相手に有効打を与えることが難しくなっている。

これに対する解決策として、戦闘に関してハウスルールを導入することを提案する。
いいね! いいね!2
トクメー
3. トクメー
2020/04/29 19:16
・原因3:
弾道学の仕様上、砲手が割を食っており、有効打を敵船に与えることが難しい。
砲手が現状、攻撃面に寄与出来る影響は、射撃の成功・失敗が殆ど。弾道学で弾道をコントロールし、有効打を与える確率上昇を図ることは一応可能なものの、与える影響は多くはないと考えられる。
回避偏重な現状では、火炎放射・殺人光線などの、攻撃の命中箇所に関わらず致命打を与えることが可能だったり、射撃位置を自在にコントロールすることが可能な武装以外で、有効打を与えることが難しい。
いいね! いいね!2