【ブラインド・ミトスRPG】『秘密の花園』

youリプレイ  4
登録日:2018/03/22 19:28最終更新日:2018/03/22 19:28
男は誘われる、その花園に。それは、寂しい少女の一人遊びか。または、病に冒された少年の夢なのか。『秘密の花園』に続く鍵はどこに。
ブラインド・ミトス
『秘密の花園』

真っ直ぐな願いでも世界は歪む


GM/you:では、よろしくお願いします
夕栗あんこ:よろしくお願いしますー!
餅雪:よろしくお願いします!
UROURO:宜しくお願い致します!
リャナン:よろしくおねがいします(o*。_。)oペコッ

GM/you:では、一人ずつ簡単な自己紹介お願いします
夕栗あんこ:はーい
村国 育:「オレは村国 育(ムラクニ イク)。普通の高校生……だったらよかったんだけどな。交通事故で死にかけた時、悪魔に出会ってこんな力に目覚めちまった。この力のせいで、ぜんっぜん楽しくねぇ……初恋も破れちまったし、オレの青春を返しやがれ、悪魔の野郎!」
村国 育:という風な、禁書能力がある以外はどこにでもいる高校生です。よろしくお願いしますー
GM/you:ありがとうございます。ひどい思春期だw
UROURO:よろしくお願いします~凄い踏んだり蹴ったり

GM/you:では、次の方どうぞ
リャナン:はーい
ララン・ラン:「ララン・ランですゎ、みなさんどうぞよろしくですゎ。兄が一人、弟が四人、妹が四人の10人兄弟の長女ですゎ。兄も禁書使いで、いろいろあって私も覚醒してしまいましたの。現在は幼少期に一目惚れした彼と一緒に学者をしてますのょ!。まぁ何度もいっても仕方ないけど、よろしくですゎ」
ララン・ラン:以上です、どうぞよろしくおねがいしますm(_ _”m) 中身は初めてやります!お手数おかけしますとおもいます(o*。_。)oペコッ
GM/you:色々ツッコミどころがありすぎてw
村国 育:よろしくお願いしますー!
UROURO:お願いします~!
餅雪:よろしくお願いします!
GM/you:禁書も何でもありを地でいってるしw
ララン・ラン:凹○ポテッ

GM/you:次はUROUROさんお願いします
UROURO:はいはい!すみませんPL挨拶からさせてください~。皆さん初めましてUROUROと申します!ブラミがやりたくてやりたくて今回コミュ外ながら混ぜて頂きました。どうぞよろしくお願いいたします~
GM/you:これを機に入ってもいいのよ?w
ララン・ラン:自分はこれを機に入れさせていただきましたー
UROURO:ありがとうございますありがとうございます;
村国 育:初心者コミュは初心者経験者問わず受け入れ態勢ウェルカムです
UROURO:おお!こんなPLでもよろしければ是非~。ではそろそろPC紹介はいらせていただきます
白坂 竜胆:「押忍!警視庁禁書課所属、白坂竜胆だ。禁書とはガキの頃からの付き合いだ。叩き上げで死ぬ目に何度もあったが…場数はだけ踏んでるつもりだ。アンタらも何かあったら、俺とこの『百万回生きた猫』に頼るんだな!」
白坂 竜胆:こんなかんじで強面警官の禁書猫使いです。
GM/you:雄度の高そうなのがきました
白坂 竜胆:PCのキャラ的に乱暴者であたりが強くなってしまうかもしれないですが(;’∀’)
村国 育:よろしくお願いしますーオッスオッス
白坂 竜胆:よろしくお願いいたします~!
ララン・ラン:よろしくですー
GM/you:大人の男枠
白坂 竜胆:ありがとうございます!

GM/you:では、最後お願いします
餅雪:私もPL挨拶からさせて下さい。
GM/you:はいお願いします
餅雪:初めまして!餅雪と申します。オンセンでのセッションはこれが始めてで、不慣れな部分も目立つと思いますがよろしくお願いします。
ララン・ラン:よろしくです(n*´ω`*n)
村国 育:よろしくお願いします!
GM/you:どんどんぱふぱふ
餅雪:では、PC紹介の方に。
GM/you:おねがいしますー
西野 真里亜:「西野真里亜よ。街で占い師をしているわ。小さい頃、旅行先で親友と大冒険をしたの。まぁ唯の迷子だったんだけど。その時に妙なものと出会ってね、気が付いたら覚醒してた訳。まぁ色々あったけど今は独立して平和に暮らしてるわ。何はともあれ、よろしくね。」
西野 真里亜:「:以上です、よろしくお願いします。
GM/you:今回のクールお姉さん枠
村国 育:よろしくお願いしますー!
白坂 竜胆:お願いします~!
ララン・ラン:よろしくですー
GM/you:親がファイラーなので、何気にサラブレッド
白坂 竜胆:ラランさんはおっとりお姉さん枠ですね
GM/you:育くん主人公だw
村国 育:自分以外皆成人してる!
西野 真里亜:皆さん雰囲気が違っていいですね!
ララン・ラン:マンガっぽいw

GM/you:さて、みなさん、準備できたら始めましょう
村国 育:了解です
白坂 竜胆:はいはい!準備完了です(∩´∀`)∩
西野真里亜:はい!
ララン・ラン:おkです

GM/you:始めますー
村国 育:よろしくお願いしますー! ぱちぱち
白坂 竜胆:888888888
ララン・ラン:88888
西野 真里亜:ぱちぱちぱち!


GM/you:では、最初のシーン。真里亜さん、あなたのところにお客が来ます。男は大層やつれて、くたびれた雰囲気ですが、身に着けているものは高級そうです。
GM/you:男「最近、夢を見るんです」
GM/you:男「大きな庭園に立ってるんですが、いつも誰かに呼ばれる気がして」
GM/you:その夢を見てから、体調も悪くなり精神的にも披露してるそうで、病院に行ってもらちが明かず、藁にも縋る思いでここに来たそうです。とりあえず、真里亜には禁書の気配を男から感じます
村国 育:ほほう
GM/you:さて、まぁそんな感じで、真里亜の禁書も反応してます
西野 真里亜:「心中お察しします。何か他に気付いた事はございませんか?夢の内外どちらでも。」禁書さん反応してるー
GM/you:男「分かりません…が、あの声は…」と、言ったとたんに、男は椅子から崩れ落ちます。
西野 真里亜:慌てて男の方を支えようとします。
GM/you:眠ってるようですが、寝息は荒いです
西野 真里亜:あ、椅子でした!だったら慌てて男の方の側に行きます。
GM/you:ダンタリオン「真里亜よ。奴の魂は書にとらわれているようだ」今のところ、眠ってる以外に男に異常はなさそうです
西野 真里亜:「大方その夢を見ているんでしょう?…今起こしていいものかしら。でもこのままじゃ…」
GM/you:とりあえず病院ですかねw
西野 真里亜:じゃあタクシー呼んで病院まで運びます。
GM/you:では、次のシーンに行きます

GM/you:竜胆さん
白坂 竜胆:はいはい!
GM/you:お仕事です
白坂 竜胆:「待ってやした!!」暴れるぞ~!このシーンに出る感じでしょうか?
GM/you:行方不明事件が多発してるのでその捜査という、地味なお仕事ですw
白坂 竜胆:なるほど…内容を聞いてちょっとテンションが下がります
GM/you:とりあえず、行方不明になる直前、過眠症の症状が出てたということで病院にあたってます
白坂 竜胆:なるほど、しぶしぶ聞き込み調査に廻っています。「んなことわざわざ対禁書課に回さなくたってなぁ…」ぶつくさ
GM/you:では、襲撃された組長を見舞いに来ている若頭のような風貌で病院に入ると、ちょっとロビーがあわただしいです
白坂 竜胆:テキトーな方に声かけて事情を聴きたいですね「おいおい、なんだってんだこりゃぁ…」
GM/you:では、タクシーで一緒に来ていた女性がいます。真里亜さん出番ですw
白坂 竜胆:真里亜さんすみません…
西野 真里亜:はいはい!
白坂 竜胆:「ちっとお嬢ちゃん、こりゃあどうしたってんだ?」声をかけます
西野 真里亜:「この人、急に倒れたの。ただ眠ってるだけなんだけど、ちょっとね…」知らない人に話しかけられたので濁して説明します。
白坂 竜胆:「なるほどねぇ眠ってる、過眠症か…」

GM/you:では、ちょっと場面変わって、育君とランさん
ララン・ラン:はい
村国 育:はいな
GM/you:あなたたちも、各々の事情でこの病院に居ます。ロビーの方に出ると、ストレッチャーに乗せられた男が運ばれていくところです
ララン・ラン:「学者は大変ですゎ。発掘中にケガしちゃうなんて。。。」お仲間のお見舞い中
村国 育:「母ちゃん、病院なんて大袈裟なんだよ。ちょっと頭打っただけなのに……おっと」急患っぽい雰囲気にしげしげ見ちゃいますね
ララン・ラン:わたわたしてる病院を見渡しときます。
GM/you:ついでヤクザのお嬢さんと護衛のひとみたいな二人も見えます
村国 育:(わ、あれヤベー奴だ、近寄らないどこ)
ララン・ラン:(あのお嬢さん大丈夫かしら・・・変な事件に絡まれてるのかしら)
GM/you:そうしたら、運ばれていく男を中心に怪異が発生します


GM/you:はーい、戦闘の練習だよーw
ララン・ラン:!
村国 育:おお!
西野 真里亜:戦闘!
GM/you:病院の内部が、林道のような光景に置き換わっていきます
ララン・ラン:身構えます。
西野 真里亜:さっと辺りを見回して警戒します。
白坂 竜胆:倒れた男もこっちに来ていますか?
GM/you:男が居た地点には、蛇が三匹鎌首をもたげています
白坂 竜胆:「?!あの男…」
村国 育:「また妙な事に……悪魔め!」さっと禁書取り出して警戒します

GM/you:さあ識別判定しましょうか。禁書知識ある人
白坂 竜胆:(∩´∀`)∩
村国 育:普通の学生に禁書知識なんてあるわけないんだぜ!w
西野 真里亜:はい!
ララン・ラン:Lv1ですー
GM/you:ハイ女性陣
白坂 竜胆:だ、男性も持っております…
ララン・ラン:w
村国 育:www
GM/you:いたのかw
西野 真里亜:忘れられてたw
GM/you:えーと2d6にレベルと同じ個数のダイスを振ります。竜胆のように1レベルなら3d6です。そのダイスのなかで、4以上出たダイスの数が成功度です

白坂 竜胆:一応禁書で家族食べさせていますので…では振りますね
システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 8 (2、3、3)
白坂 竜胆:はっはっは

システム:ララン・ランさんのロール(3D6) → 5 (1、3、1)
ララン・ラン:凹○ポテッ

システム:西野真里亜さんのロール(3D6) → 14 (4、5、5)

村国 育:竜胆さん真里亜さんリロールですかね
GM/you:ぞろ目が出たら、リロードと言って、その分ダイスを振り足せます
村国 育:5、5がゾロ目なのであと2D振れるのです
ララン・ラン:( ..)φメモメモ
西野 真里亜:なるほど!

白坂 竜胆:竜胆は2.3.3なので2振り足します
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D6) → 8 (4、4)
村国 育:おお!
GM/you:うお
ララン・ラン:さらに?
白坂 竜胆:更にリロールですね
GM/you:出る限り続きます
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D6) → 3 (2、1)
GM/you:ここまでです
白坂 竜胆:んー結局、達成2ですね

西野 真里亜:真里亜も5が2つだから2振りたしかな
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 8 (3、5)
GM/you:真里亜は5が3つ出たので、達成値3です
村国 育:ちなみに1のゾロ目はリロールできません。そして判定失敗時に1の目があると、その数だけ「汚染」が溜まります
GM/you:育君、フォローありがとうw
村国 育:振ってないからねw
ララン・ラン:私汚染されてるってことですか ガクブル
村国 育:いえ、汚染は全員で共有しますよ。みんなで汚染2ですね
ララン・ラン:おおん なんか申し訳ない;;
村国 育:これが20になるとゲームオーバーなので気を付けましょうw
白坂 竜胆:大丈夫です私もこれからいっぱい貯めますから!
西野 真里亜:運だから仕方ないですよ!
村国 育:私もいっぱい貯める自信があります!w
ララン・ラン:w

GM/you:そして、禁書ビットというのも合わせてもらえます。成功で出したダイスの数字と同じ種類のビットが貰えます。キャラクターシートの右下にへクスがあります。これに書かれてるラインを、左の矢印から右の矢印までつなげると、禁書能力1個、そのシナリオ中新たに取得できます
白坂 竜胆:私は4の目二つで成功したので4のビットを二つ貰います~
GM/you:真里亜さんのばあい5が3つ
白坂 竜胆:いきなり5だと形が悪くて一つも置けないですね…
西野 真里亜:ああそうか、起点じゃ駄目なのか。
白坂 竜胆:私も4の二つ目は置けないので1つ破棄します
西野 真里亜:おぉ、パズルみたいで面白い。
村国 育:パズルにはめられなかったビットは消滅してしまうんですよね~……
ララン・ラン:なんと・・・ストックできないのですかー はめれるようになった時に使うはできないということか。。。
GM/you:左側の矢印がスタートで、向きを変えたりして順番に右の矢印まで線をつなげていきます。まぁ、真里亜さんは今回残念と言う事で。そして、汚染が2溜まるw
ララン・ラン:おおん;;
GM/you:これが、判定の基本の流れです
白坂 竜胆:汚染は何処でカウントしていくのですか?
GM/you:共通メモに小人さんが書いてくれました
白坂 竜胆:なるほど了解です
村国 育:ありがとう小人さん
GM/you:ありがとう
西野 真里亜:小人さんありがとう。
白坂 竜胆:小人さん?!!

GM/you:というわけで、データが分かりました
ララン・ラン:「私にはわかりませんでしたのょ。こんなに勉強していますのに・・・あなたたちなにかわかられたようですね。教えていただけません?」
村国 育:「ヤベー!あれ、何なんだよ!?」
白坂 竜胆:「わからんで問題ねえですよ教授先生。ありゃあこの世のもんじゃねえからな!」
GM/you:では、戦闘に入ります
村国 育:はーい
白坂 竜胆:わーい戦闘だ
西野 真里亜:「来るわ、注意して!」
ララン・ラン:「ええ!」

GM/you:運動で判定して達成値が行動値になります
白坂 竜胆:レベル1です。3つ振りますね
システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 13 (6、2、5)
白坂 竜胆:2です。6.5のビット獲得

GM/you:皆さんもどうぞ
村国 育:運動Lv1ですー
システム:村国 育さんのロール(3d6) → 8 (1、1、6)
GM/you:あぶない
村国 育:あぶねーw

西野真里亜:運動なしです。そのまま振ります。
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 8 (5、3)
GM/you:真里亜さんまた5w

ララン・ラン:勉強ばかりしてる私は運動はできません;;
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 12 (6、6)
GM/you:ランさんすごーい
西野 真里亜:6ゾロ凄いw
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 5 (3、2)
ララン・ラン:凹○ポテッ
GM/you:ランさんビット6を2つ
ララン・ラン:付けましたv

GM/you:では、前衛と後衛にもコマを置いてください
白坂 竜胆:竜胆は後衛に
村国 育:育は前衛に
ララン・ラン:どちらがいいかわかりませんが、前衛へ
西野 真里亜:では後衛に。
GM/you:では始めましょう
白坂 竜胆:お願いしますー!

GM/you:行動値2の人ー
ララン・ラン:はいー
白坂 竜胆:はいはい。先に動きましょうか
GM/you:竜胆さんのお手本を
白坂 竜胆:世界樹の杖を使用します。コストは《変な癖ができた》喪失2です
GM/you:はい
白坂 竜胆:酒の席で失敗した記憶をコストに殴ります
GM/you:むしろ消えていいのではw
白坂 竜胆:2つ振り足せて射撃戦5d振りますね
システム:白坂 竜胆さんのロール(5D6) → 23 (2、6、6、4、5)
白坂 竜胆:けっこういいのが
GM/you:うわぁ
白坂 竜胆:4ダメですね
GM/you:はーい
村国 育:やりますねえ!
GM/you:射撃はリロードありません
白坂 竜胆:「うらぁ!二日酔いが何だってんだ!」
GM/you:Aは瀕死だ
白坂 竜胆:あと1ですね

GM/you:ではランさん
ララン・ラン:では、Aに近接戦闘いきますー
GM/you:はーい
システム:ララン・ランさんのロール(4D6) → 9 (4、3、1、1)
村国 育:お、ちょうど落ちたかな
GM/you:ちょうどですね
白坂 竜胆:よしよし!
ララン・ラン:やったー╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 振り直さなくてもいい感じv
GM/you:あと2体

GM/you:つぎ育君
村国 育:では、Bに近接戦闘します
システム:村国 育さんの「近接」ロール(4d6) → 15 (6、3、1、5)
GM/you:2点
村国 育:2ダメかー
白坂 竜胆:あと半分!

GM/you:次は真里亜さん
西野 真里亜:Bに射撃攻撃します。
システム:西野真里亜さんのロール(3D6) → 11 (6、2、3)
GM/you:1点
西野 真里亜:しょっぱい

GM/you:では蛇です。Bは育
システム:GM/youさんのロール(3d6) → 14 (3、5、6)
GM/you:2点
村国 育:うぇ
システム:村国 育さんのロール(1d6) → 5 (5)
村国 育:絆1にトラウマ2点と

GM/you:ではCはランに
システム:GM/youさんのロール(3d6) → 8 (1、2、5)
GM/you:むぅ1点。1d6振ってください
システム:ララン・ランさんのロール(1D6) → 1 (1)
GM/you:初恋の記憶にトラウマを1点チェックしてください
白坂 竜胆:大事な恋人さんとの思い出が…
ララン・ラン:うぁあ
GM/you:こうやって、記憶や精神を破壊されていくのです

GM/you:というわけで第2ラウンド。行動値決定しましょう
白坂 竜胆:行動順3d
システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 6 (1、2、3)
GM/you:おうふ
白坂 竜胆:はっはっは汚染1貯めちゃいました…

システム:村国 育さんのロール(3d6) → 9 (4、2、3)
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 9 (5、4)
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 10 (4、6)
GM/you:おお
村国 育:女性陣はやいなー
白坂 竜胆:後は頼みました…
GM/you:二人とも2ですね

GM/you:では、行動値2の人
ララン・ラン:はいー
西野 真里亜:ランさん先どうぞー
ララン・ラン:りょうかいですー
GM/you:Cがノーダメ、Bが瀕死
ララン・ラン:では、Bに近接戦闘でとどめを!
村国 育:前衛はリロールがあるからワンチャンありますよ!
ララン・ラン:では、やっぱりCに!
GM/you:はーい
システム:ララン・ランさんのロール(4D6) → 15 (1、6、3、5)
GM/you:とりあえず2点
村国 育:ワンチャンとか言ってすまねぇ……
ララン・ラン:中途半端な数字がでてしまった;;後は託しました 凹○ポテッ
白坂 竜胆:教授サーン!!
西野 真里亜:イキテー!

GM/you:真里亜がとどめを刺すのですw
ララン・ラン:ふぁいとー!
西野 真里亜:BもCも瀕死でどちらに…ううんBかな?
GM/you:Bの方がダメージ負ってます
西野 真里亜:Bに射撃攻撃で、眷属召喚使いたいです。
村国 育:Bは確実に落としたい所
西野 真里亜:ああ、ではそのまま振ります。
システム:西野 真里亜さんのロール(3D6) → 9 (5、3、1)
白坂 竜胆:入ったー!
GM/you:1点
村国 育:ヒュー!
GM/you:ずどーん
西野 真里亜:最低限の仕事は出来た!
白坂 竜胆:後は育さんに託された…!
GM/you:よし、育で終わりだw
村国 育:デキルカナーw

村国 育:ではCに近接戦闘です
システム:村国 育さんのロール(4d6) → 11 (1、2、5、3)
ララン・ラン:主人公ならできないわけないなー(棒
GM/you:oh…
村国 育:勇者の剣!ダイス目を裏返すぜ!
GM/you:おお
白坂 竜胆:やった!
GM/you:6524
村国 育:初恋の記憶を2点喪失してターンエンドだ!
GM/you:達成値3。こっちも恋の記憶がw
白坂 竜胆:甘酸っぱい戦闘でした…
GM/you:二人の恋の記憶と引き換えに蛇は倒れましたw

村国 育:「……戻ってこい。ジョバンニ、カムパネルラ」
白坂 竜胆:「なかなかやるじゃねえか坊主!」
村国 育:「あ、あざす……」
西野 真里亜:「やったわ!皆さんお疲れ様よ。」
ララン・ラン:「みなさんすばらしいですゎ!」
GM/you:もうひと噛みできなかった
白坂 竜胆:よかったよかった


GM/you:さて、ここで絆2を取りましょうか
村国 育:はーい
白坂 竜胆:はいはい
西野 真里亜:はい!

村国 育:では育はランさんに「尊敬」を。マジリスペクトっす
ララン・ラン:はいー

白坂 竜胆:はいはい
GM/you:ランは竜胆に。1d62回振ろう
システム:ララン・ランさんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:ララン・ランさんのロール(1D6) → 3 (3)
GM/you:プレッシャー。まぁ外見が…
白坂 竜胆:そんな!?
ララン・ラン:威圧的ですからね。感じますよねw
白坂 竜胆:健全なまちのお巡りさんです

GM/you:では竜胆w
白坂 竜胆:真里亜さんへの感情
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D6) → 8 (4、4)
GM/you:友情
白坂 竜胆:一度殴り合ったらダチ理論ですね
ララン・ラン:殴りあわないデーw
GM/you:相手は女性ですがw
白坂 竜胆:共闘した仲間って感じでw「お嬢ちゃんもなかなかいいパンチ持ってたな!」
GM/you:女の子に言うセリフじゃないw
西野 真里亜:まだ殴ってないです。まだ。
GM/you:まだw

GM/you:では、真里亜さん
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 8 (3、5)
GM/you:劣等感。育に劣等感をw
村国 育:こんな普通の学生にw
西野 真里亜:何でしょう、まっとうな主人公感がするから…?
白坂 竜胆:難しいのが…
GM/you:普通の子というのに劣等感かな
ララン・ラン:10代っていいなとかw
村国 育:ああーw
西野 真里亜:それだ、10代っていいなぁ。
白坂 竜胆:大人の女性ならではですね
GM/you:真里亜って思春期の記憶持ってないし
西野 真里亜:持ってたとしてもダンタリオン手懐けるのに使ってそうなので…
白坂 竜胆:ほんとだ
ララン・ラン:ホントダ!思春期謳歌してる育には劣等感もっててもおかしくないですよねー
GM/you:なんか…灰色の学生生活だったんだろうなぁ…とかw
西野 真里亜:羨ましくもあり、劣等感もあり…って感じなんでしょうね。
GM/you:まぁそんな感じで決まりました
白坂 竜胆:はいはい


GM/you:では、一息ついてるうちに、病院は元に戻ります。
白坂 竜胆:「ふん…ともかく事件と禁書が無関係ってこたぁ無さそうだな」
西野 真里亜:「あら、事件って…何か知っているの?」
白坂 竜胆:失踪事件についてみなさんにかくしかします
村国 育:「オレはフツーのコウコウセイなんで帰っちゃ……ダメ、だよなぁ……」
ララン・ラン:「私も仲間のお見舞いに来ただけですのに・・・」
村国 育:「お巡りさんに事件の事まで教えられたし……こりゃまた首突っ込まざるを得ないパターンかよぉ……」
白坂 竜胆:「お前らも禁書使いだろう。関わったからには手を貸してもらうぞ」
村国 育:「へぇーい……」
ララン・ラン:「そうですわよねぇー 取り組む以上。ちゃんと最後までやりきりますゎ」
白坂 竜胆:捜査協力感謝
西野 真里亜:「失踪ねぇ…もしかしなくても夢が関係あるんでしょうね。」男から聞いた夢の内容をかくしかします。
ララン・ラン:「過眠の人の失踪。占い師さんのお客様の睡眠・・・同じ事件の香りがしますわねぇ。」
白坂 竜胆:「だなぁ…何にしてももう少し調べる必要がありそうだ」
ララン・ラン:「そのお客様のそばにいれば、何かつかめたりしないかしら?」
西野 真里亜:「そういえば男の方から禁書の匂いがしたわ。ダンタリオンも反応してたし間違いではないと思う。」
村国 育:「そんでそのお客から禁書災害が発生と……でも、側にいる理由はどう作るんすか?お巡りさんは何とかなるとしても、オレら他人だしなぁ」
白坂 竜胆:「そりゃあ国家権力にお任せよ!」
村国 育:「お、頼もしい。じゃあお客はお巡りさんに任せて、オレらは…………えーと、どうします?」
西野 真里亜:「一応私のお客様だから側にいる口実は何とか出来るけれど…。2人はどうするの?」
ララン・ラン:「そうねぇー なにかあったらすぐ駆け付けれるくらいのそばにいればいいんじゃないかしら?病院にいるから、待合室とかで待機とか。」
村国 育:「あー、なるほど」

白坂 竜胆:学生だとなかなか事件のきっかけが難しいですね…竜胆の方から巻き込んだ方がいいのでしょうか?
村国 育:というか警察かTBファイラーでないと積極的に首突っ込む動機がないのですよw
GM/you:まぁ、警察のように張り込むわけにはいかないですが、禁書使いというだけで、竜胆が監視する名目はありますね。一旦、この場はお開きという形でもいいと思いますし
村国 育:「オレ達は待合室とか売店とかで暇潰すぐらいしかできないっすね」
ララン・ラン:「監視は二人に任せて、何かあったら番号教えますので、こちらに連絡下さるかしら?すぐ駆け付けますゎ」
白坂 竜胆:では連絡先だけ交換して解散でいいです?
GM/you:巻き込まれたから保護という言い訳も、竜胆的にはいけるかも。まぁこの病院でなんかあったら、ランの同僚もヤバいでしょうし
白坂 竜胆:では一旦事情聴取ということでまた署に来るように伝えておきます
村国 育:了解ですー
GM/you:では、シーン終わります?
西野 真里亜:了解です、2人に連絡先を渡しておきます。
白坂 竜胆:大丈夫です~
村国 育:みんなに連絡先を渡してシーン終わりで~


GM/you:では、ランと育
ララン・ラン:はい
村国 育:はーい
GM/you:病院を出たところで、発見で判定してください
村国 育:うぃす
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 12 (6、6)
システム:村国 育さんの「発見」ロール(2d6) → 10 (5、5)
GM/you:なにこれ
村国 育:両方リロールw
白坂 竜胆:素晴らしい
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 4 (1、3)
システム:村国 育さんのロール(2d6) → 8 (3、5)
GM/you:なにこれw
白坂 竜胆:ビットザクザク
ララン・ラン:凹○ポテッ
村国 育:3成功です
GM/you:ビットもってけw
ララン・ラン:6を2枚もらえる感じでいいんですよね?
村国 育:やった1個だけビット置けるぞ!

GM/you:では、お二人
村国 育:はい
GM/you:目の前を影がよぎります
村国 育:「!?何だ、今の!」
ララン・ラン:「今日はいろいろあったので疲れたわねぇ・・・ん?疲れよねぇ・・・」
GM/you:正体は、駒鳥のようです
村国 育:「……って、鳥かぁ」
ララン・ラン:「あら。びっくりしたゎ ただの鳥なのね!」
GM/you:ですが、君たちにはただの鳥じゃないことが分かります
村国 育:おお
GM/you:とはいえ、君たちに何かするでもなく飛んでるだけです
白坂 竜胆:かわいい
ララン・ラン:「んー不吉ねぇ…」
GM/you:浸食が始まってきてるのでしょう
村国 育:「……?」捕まえてみたら情報吐き出さないかな?
GM/you:やってみます?


GM/you:その前に病院組に行きます
西野 真里亜:はい
白坂 竜胆:はいはい
GM/you:さて、お二人は一応一緒に居ますか?
白坂 竜胆:一緒でいいですかね
西野 真里亜:そうですね、離れてすることもないので。
GM/you:二人も発見で
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D6) → 9 (3、6)
白坂 竜胆:あ、すみません私ももう1つ振れました
システム:白坂 竜胆さんのロール(1D6) → 6 (6)
GM/you:おっと
村国 育:お、リロール
白坂 竜胆:よしよし!
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D6) → 3 (2、1)
白坂 竜胆:よし…

西野 真里亜:真里亜は入れないから病室の前で待機かな。発見Lv1です。
システム:西野真里亜さんのロール(3D6) → 10 (3、2、5)
GM/you:っていうか真里亜さんまた5
西野 真里亜:そろそろ5以外が欲しい…!
GM/you:ダイス格差。成功はしてるんですが
白坂 竜胆:ビットのためにアクロバットダイス使うのもありですかね?
GM/you:場合によってはそれもやむなし…
白坂 竜胆:折角眷属召喚ありますし、戦闘以外で使っていくのもいいかもですね

GM/you:さて 、二人には声が聞こえます
白坂 竜胆:聞き耳だった
GM/you:該当する技能が発見ぐらいしかないw
白坂 竜胆:なるほどw
GM/you:子供の声ですね、複数の子供の声のようです
西野 真里亜:言葉は聞き取れますか?
白坂 竜胆:「やっぱり妙なことになってやがるか…」どこの方向から聞こえるとか分かりますか?部屋の中からか外からか
GM/you:部屋の外ですね。会話というよりはしゃいでる感じです。たまに、シャベルだの種だの水だのという単語が聞こえます
白坂 竜胆:出て見てみます
GM/you:中庭の方です
白坂 竜胆:行ってみましょうか
GM/you:廊下の窓の下が中庭です
白坂 竜胆:声を追いかけてみます、居るかなぁ
西野 真里亜:「何か引っかかるわね…行ってましょう。」
GM/you:窓を覗いてみます?
西野 真里亜:追い掛けて中庭まで行ってみます。
GM/you:分かりました
白坂 竜胆:続きます
GM/you:じゃあ中庭に降りたときには声は消えてます
西野 真里亜:ううん、窓を覗くべきだったんでしょうか。
白坂 竜胆:どちらにしても誰もいなかったと思いますよ。これは…不審な男さん消えてないといいですが


GM/you:さて、再び病院外。駒鳥捕獲です?
村国 育:捕獲チャレンジ
ララン・ラン:私は見守りますw
GM/you:運動で4です
村国 育:お、運動きた
白坂 竜胆:不安ならアクロバットダイスを~
村国 育:振っていいですか?
GM/you:いいですよ
ララン・ラン:「動物愛護協会の人に見られないかしら 心配だゎ 捕まえるなら早くね!」キョロキョロ
システム:村国 育さんの「捕ったどー」ロール(3d6) → 14 (2、6、6)
システム:村国 育さんのロール(2d6) → 11 (6、5)
GM/you:うわああ
村国 育:4成功やったね
白坂 竜胆:神業だぁ
ララン・ラン:すごいw
西野 真里亜:凄いですw

白坂 竜胆:こんなにビットあったら完成しちゃうんじゃw
村国 育:これでパズル完成です
GM/you:育君おめでとう、6個で完成ですね。
村国 育:育はファンタジーLv2なので、Lv3以下の能力を取れますね。というわけでファンタジーLv3、《神の啓示》を得ました
GM/you:わお
西野 真里亜:おぉ、おめでとうございます!
白坂 竜胆:わーい欠落祭りだぁ(∩´∀`)∩
村国 育:これは記憶の欠落でアクロバットダイスを得た時にダイスをさらに1個追加できるスキルです
白坂 竜胆:竜胆も持っているので更に+1です
GM/you:ガンガン使っていいそうです、アクロバットw
村国 育:w

GM/you:では、神の領域に達した育の手には、駒鳥が
西野 真里亜:これが神の手…
村国 育:「よっし、捕まえた!お前のご主人様はどこだー?」
ララン・ラン:「しゃべれるのかしら?」
GM/you:と、手を見たら一本のカギになってます
ララン・ラン:!
村国 育:「……お?」
GM/you:シリンダー鍵のものではなくて、もっとレトロなものですね
村国 育:「ランさん、鳥がカギになった……」
ララン・ラン:「ええ!びっくりね。事件に関係してるものなのかしら?」
村国 育:「これ、とりあえずお巡りさん達にも伝えときましょ」
ララン・ラン:「なんの鍵かしら・・・?相談した方がよさそうね。」
GM/you:Uターンします?
村国 育:しまーす
ララン・ラン:まだ近くですし、戻りましょう!


GM/you:では、病院組
白坂 竜胆:はーい
西野 真里亜:はい
白坂 竜胆:消えてないといいなおっさん
GM/you:病室に戻りますか?
白坂 竜胆:急いで戻ります!
西野 真里亜:後に続きます。
GM/you:はい、では彼はまだいますが、うなされてます
白坂 竜胆:ほっ…今更ですが身に着けている物とかで身元を調べたりできないでしょうか?
GM/you:「健一…お前なのか…」と、一言つぶやいて、また落ち着きます
白坂 竜胆:「やっぱり夢を見てるみたいだな…お嬢ちゃんが言ってた通りだ」
GM/you:ここからですが、竜胆は身元の洗い出しですか?
白坂 竜胆:できるのならやって見たいです
GM/you:それなら情報収集で、難易度1でいいですよ
白坂 竜胆:無い!真里亜さんはスキルで3つになりますね、お願いできませんか?
GM/you:真里亜さんの場合、難易度上がります
白坂 竜胆:あーそれは…
GM/you:難易度1は警察パワーです
白坂 竜胆:わかりました。アクロバット1貰います。汚染が怖い
GM/you:はーい
白坂 竜胆:すみません後で戻します
システム:白坂 竜胆さんのロール(3d) → 12 (5、6、1)
白坂 竜胆:よしよし
GM/you:成功
白坂 竜胆:ビットも貰いますね

GM/you:彼の名前は御堂雄一、会社社長でそこそこ資産家です
白坂 竜胆:公権力でもって荷物をごそごそ…
GM/you:あと、事前に照会頼んでたとかで情報手に入ります
白坂 竜胆:やったぁ真里亜さんにペラペラしゃべる公権力
西野 真里亜:とても有難いw
白坂 竜胆:「お嬢ちゃん占い師だったか?なかなかいい客持ってるな」ダチだと思っているので!
GM/you:彼には子供がいたらしいですが、亡くなってるようです
GM/you:会社の実権も譲って、失意のうちに引退してしまったとのことです
白坂 竜胆:健一この子っぽいですね
西野 真里亜:恐らくそうでしょうね…
GM/you:では、合流していいですよ
白坂 竜胆:結構情報が出ましたね
GM/you:育君たちも合流できます

ララン・ラン:「ただいまですゎ。育くんが駒鳥を捕まえて、鍵を手に入れましたゎ! なんの鍵かは・・・事件に関係あるかもわかりませんが」
村国 育:ノックして入りますー「お巡りさん、なんか変な鳥捕まえたと思ったらカギになってましたー」
GM/you:育www
西野 真里亜:「あら、おかえりなさい。鍵って…どこの鍵かしら」話を聞きながらしげしげと鍵を眺めてます。
村国 育:「多分これ禁書絡みっすよ」
白坂 竜胆:「は?まぁ汚染が進めばそういうこともある…のか?」半信半疑
GM/you:情報交換します?
白坂 竜胆:ぺらぺーらします
村国 育:「でも、現実にカギはここにあるんすから。渡しときますよ」ぺらぺらしますー
白坂 竜胆:「いや、お前さんが持っとけ。人の手柄横取りするような刑事じゃないんでな」
村国 育:「え、はい……」押し付けられるかと思ったのにー
白坂 竜胆:主人公枠として持ってて頂かないと

GM/you:では、全員判定しましょうか。まず一般知識を2で、禁書の元の物語に心当たりがあるか
村国 育:一般知識は1ある!
システム:村国 育さんのロール(3d6) → 13 (2、5、6)
ララン・ラン:持ってません;;
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 11 (5、6)
西野 真里亜:持ってないです…成功してる方がいるから、そのままでいいかな。
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 6 (1、5)
白坂 竜胆:持ってない!禁書に聞きます
GM/you:口の悪い猫にw
白坂 竜胆:【知識の奔流】で《変な癖ができた》喪失2コストに。みんな知ってるけど竜胆は見当もつかないのでにゃんこに聞きます
GM/you:まぁ、タイトルにもなってるのであれですが「秘密の花園」に共通点があります
白坂 竜胆:なるほどアレか…(わかってない)という顔をしておきます
村国 育:なんか昔読んだ本に似てるって話をしときますね。禁書知識では役に立たないだろうしw

GM/you:つぎに禁書知識を2で
システム:ララン・ランさんのロール(3D6) → 14 (6、4、4)
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 7 (6、1)
GM/you:おおう
村国 育:おお
白坂 竜胆:さっきから出目が凄い
ララン・ラン:ゴールもしました(n*´ω`*n)
GM/you:ランさんゴール
村国 育:おめでとうございますー
白坂 竜胆:おめでとうございます!
GM/you:ランさんは「旅の仲間」が解放されました

西野 真里亜:太古の記憶、使います!禁書Lv1+太古の記憶で4d6のはず
システム:西野真里亜さんのロール(4D6) → 18 (6、6、4、2)
GM/you:やっと5以外がw
西野 真里亜:やっと5以外が…!
白坂 竜胆:かなりいいのが
西野 真里亜:6ゾロリロールします
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 6 (4、2)
西野 真里亜:やっと半分埋まりました。

GM/you:はーい
白坂 竜胆:lv1
システム:白坂 竜胆さんのロール(2d) → 7 (5、2)
白坂 竜胆:あ、2dにしてました、もう1つ振ります
システム:白坂 竜胆さんのロール(1D6) → 2 (2)
村国 育:あ、リロールできる
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D6) → 7 (2、5)
白坂 竜胆:成功!
村国 育:おおー
GM/you:なんだこれわw

システム:村国 育さんのロール(2d6) → 5 (4、1)
白坂 竜胆:失敗だった!!
GM/you:そして汚染がw
村国 育:ギャーw
ララン・ラン:育くん><、
村国 育:汚染リーチがーw

GM/you:成功した方は、花園の入り口にあたりを付けられます
村国 育:たしか成功してないので鍵を持ってウロウロしてます
白坂 竜胆:竜胆は成功だったかな?前子供が消えた場所でしょうか?
GM/you:中庭の一角に元の物語に似た場所があると気付きました
白坂 竜胆:「そういうことなら少々匂う場所があったな、行ってみるか」
ララン・ラン:「匂う場所ですか?そちらに行ってみましょう!」
村国 育:「オレは良く分からないんで、ついていきますよ」
西野 真里亜:「そうね、行ってみて確かめましょう」


GM/you:では中庭の一角、壁に囲まれたエリアがあって、その外側にやってきました
白坂 竜胆:鍵があるから安心ですね
GM/you:コンクリートの壁に不釣り合いな、古めかしい装飾の扉がついてます
西野 真里亜:「変ね、ちょっと鍵を試してみてくれない?」
ララン・ラン:「この扉の鍵なのかしら?」
白坂 竜胆:「うし!ビンゴっぽいな!」開けてもらいましょ~
村国 育:「そうだといいんすけど。とりあえず、開けてみますよー」

GM/you:ここまでくると、向こう側の汚染が進んでいる事に気が付きますね。確実に禁書本体が居ると確信できるレベルです
白坂 竜胆:入ると即戦闘とかでしょうか?ビットちょっと足りなかったなぁ
GM/you:メタな話すると、入ってすぐにはいませんw
村国 育:ここらで、みんなで浄化使ってもいいかもですね
GM/you:えー汚染もう1ポイント溜めましょうよーw
白坂 竜胆:なるほど、ちょうどリーチかかってますし浄化を使いましょうか
GM/you:華麗にスルーw
村国 育:もう一ポイント貯めると大惨事表でしょうw
白坂 竜胆:汚染でうっかりビット全部回収されたことがあるので。あと一枚で完成なのに;;

GM/you:では守護星誰が行きます?
村国 育:全員振ってもいいんじゃないですか?汚染4なら腐らないし
白坂 竜胆:とりあえず自分から行きますね。オンだとダイスでしたよね
GM/you:1d10二回ですね
白坂 竜胆:了解です
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D10) → 16 (8、8)
村国 育:おお
白坂 竜胆:だめ!!
村国 育:ゾロ目w
GM/you:ふっふっふw

村国 育:ではいきますー
システム:村国 育さんの「浄化」ロール(2d10) → 12 (3、9)
白坂 竜胆:これで決めてた守護性ナンバーが出ると汚染が減ります
村国 育:よし、1浄化
GM/you:しゅわー
白坂 竜胆:とりあえずこのまま1出すとまずいことになるので減らそうって感じです

ララン・ラン:よくわかってないんですが、振りますー
GM/you:1d10どうぞー
システム:ララン・ランさんのロール(1D10) → 8 (8)
GM/you:もういっかい
システム:ララン・ランさんのロール(1D10) → 1 (1)
白坂 竜胆:ランさんは309ですね、残念…
ララン・ラン:なるほど。3か0か9が出ればいいのですか。残念;;
GM/you:ダイス目のうちどれかが守護星№にかかってたら成功です
白坂 竜胆:キャラシの守護星欄の特技はこんな感じで使う感じです
GM/you:オフだと、実際に本をめくってページ数見るんですけどね
村国 育:ちなみに今更ですが連番は守護星No.にできないので、オフセの時は特にお気をつけて

GM/you:真里亜さんも判定してみますか?
西野 真里亜:振っていいなら振りますー
GM/you:どうぞー
システム:西野真里亜さんのロール(1D10) → 3 (3)
白坂 竜胆:真里亜さんは049ですね
GM/you:二回振ります
システム:西野真里亜さんのロール(1D10) → 2 (2)
GM/you:ざんねん
西野 真里亜:駄目でした
ララン・ラン:残念
村国 育:残念
白坂 竜胆:大体半々の確立なので…
GM/you:では、汚染は1減りました
白坂 竜胆:固有守護星で失敗しなきゃいいのです!!
村国 育:ですね!
西野 真里亜:それってフラグでは…?
白坂 竜胆:はっはっは

GM/you:さて、壁の向こうもわずかに汚染が緩みました
白坂 竜胆:「ちっとは空気もマシになったな、乗り込むか?」
村国 育:「行きがかりだけどここまで来たんすよ、行くしかないっしょ!」
西野 真里亜:「仕方ないわね。見なかった振りも出来ないし行くしかないでしょう?」
ララン・ラン:「ええ!行きますゎ!」
白坂 竜胆:では行きましょうか~
村国 育:はーい
ララン・ラン:はーい
西野真里亜:殴り込みに!
白坂 竜胆:「うし!カチコミだぁー!」
GM/you:やっぱりヤクザだったw
村国 育:www
ララン・ラン:w
西野真里亜:ww
白坂 竜胆:竜胆なりの気合の入れ方なのです…


GM/you:扉を開いた瞬間、多くのバラの花が咲き乱れる美しい花園に出ます
ララン・ラン:「うわぁー綺麗な花園ですこと!」
白坂 竜胆:「こいつは…なんだか落ち着かねぇな」頭かきかき
村国 育:「うっわ、病院にこんな花園……やっぱ禁書ってのは悪魔の力だな……」
GM/you:そして、物凄く広いです。原典の記述より広いですね
西野真里亜:「まぁ…!綺麗…だけど、やけに広いわね?」辺りを見渡して気配を探ります
白坂 竜胆:「さーてどこが本丸かねぇ」禁書の気配を探れるでしょうか?
GM/you:その前に、ちょっと精神抵抗を1で判定してみましょう。失敗したら喪失1点です

村国 育:精神抵抗ないんだよなぁ
白坂 竜胆:同じくですね。ビットもらっておきたいですしアクロバット頂いていいでしょうか?
ララン・ラン:どうぞー
村国 育:どうぞー
西野真里亜:どうぞどうぞ
白坂 竜胆:ありがとうございます~後で倍にして返します!
村国 育:ダイス返し(記憶の欠落し)ちゃだめぇ!
システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 10 (3、6、1)
白坂 竜胆:ちょうど1成功。そして6のビットをもらってパズル完成です
GM/you:はーい
白坂 竜胆:スキル《魔法陣展開》を新しく獲得しビットを全破棄します

村国 育:では自分は2dでー
システム:村国 育さんの「精神抵抗」ロール(2d6) → 8 (5、3)

ララン・ラン:ありますー
システム:ララン・ランさんのロール(3D6) → 11 (2、6、3)
ララン・ラン:セフセフ

西野真里亜:精神抵抗Lv1ありますー
システム:西野真里亜さんのロール(3D6) → 9 (4、3、2)
GM/you:あれ?みんな成功かw
西野真里亜:駄目だ4つながらない、ぽいっ

GM/you:周りから声が聞こえてきます。その声は、どうやら草木などから発せられてるようです。悪夢にうなされているような、不明瞭なうめき声で言葉らしいものは判別できません
白坂 竜胆:メルヘーンな雰囲気…じゃないな
村国 育:こわーい
西野 真里亜:ダークメルヒェン…
村国 育:失踪した人たちは草木になってるんだろうか
ララン・ラン:そういえば失踪事件・・・
白坂 竜胆:そういえばそうでした
GM/you:それに気づいた人は正気度チェックw
システム:村国 育さんのロール(1d100) → 22 (22)
村国 育:たぶん成功!w
ララン・ラン:www
GM/you:せやなw
システム:白坂 竜胆さんのロール(1D100) → 4 (4)
西野 真里亜:おぉーw
村国 育:クリったw
白坂 竜胆:成功だー!
ララン・ラン:すごいw
白坂 竜胆:「こんなもんにビビッて刑事やってられるかよ!」やったぁ
GM/you:って、無駄に運をw


GM/you:さて、気配を探ると言ってたので、何か人影を見つけます
村国 育:おお
GM/you:遠くの方を、奥に向かって歩いてますね
白坂 竜胆:怪しい人影!
ララン・ラン:!
白坂 竜胆:職質だぁ!「おいちょっとアンタ…こんなとこで何してるんだ?」話しかけてみます
GM/you:近づいてみると、御堂雄一氏ですね
白坂 竜胆:ここに来てたのか…
GM/you:彼は、君に気づかないかのように歩いていきます
西野 真里亜:「あら?御堂さんじゃない。もしかして…夢遊病なのかしら。」気づいてない風を見て首傾げ
GM/you:確かに夢遊病っぽいですね
村国 育:「あ、待てよおっさん!この先はたぶん危ないって!」
GM/you:御堂「健一…どこにいるんだ…」
ララン・ラン:「このまま放っておくわけにもいかないわね…ついていきましょうか?」
白坂 竜胆:「だぁな、話が通じないんじゃ他にどうしようもねぇ…」
村国 育:「うーん、他に手掛かりもないっぽいっすしね…」
西野 真里亜:「そうね。上手く行けば健一さんが見つかるかもしれないわ。」
GM/you:では、だんだんと体が透明になっていきます
白坂 竜胆:エエエ
ララン・ラン:「えっ!?体が透き通ってきますゎ!」
村国 育:「ちょ、これはやばくね!?」
白坂 竜胆:「おい!ちっとどうしたんだよ!」体を掴んだりできるでしょうか?
GM/you:お。竜胆さんの心に、イメージが流れ込んできます
白坂 竜胆:エエエコワイヨー!

白坂 竜胆:咄嗟に皆さんに共有できるよう象徴体にその様子を投影してもらいます
GM/you:はい
白坂 竜胆:薄靄に浮かぶ影!!
GM/you:大きな社長室らしいディスクに座って、電話を受けている彼が見えます。何やら、「私は忙しいんだ!」とかそんなことを言って、一方的に電話を切ってしまいます
村国 育:「これは……おっさんの記憶?」
ララン・ラン:「のようですね!」
GM/you:雄一「知らなかったんだ…健一が…そこまで酷かったなんて…」
GM/you:雄一「ゆるしてくれ…」と、最後に聞こえて、現実に引き戻されます
ララン・ラン:「健一さんはもう既に…そして、それ以来後悔し続けてるんですね…」
白坂 竜胆:「そこに禁書が漬け込んだって訳か」

GM/you:御堂氏は、半透明になりながら歩いていきます。もう、見た目に現実感が無くなってきてますね
白坂 竜胆:このままじゃ消えてしまうんでしょうか…
西野真里亜:「ええ…後悔しているからこそ夢で探しているのでしょう。…どうにかしなければ」
GM/you:まだ完全に消える気配はないですが、時間の問題ですね
村国 育:「……なんて言っていいかわからないけど、とりあえずは禁書の在処を探しましょ」
白坂 竜胆:「ああ、早くしねぇと完全に取り込まれちまう…」
西野真里亜:大本の禁書の場所が分からないんですもんね…うーん
GM/you:彼が向かってる先に小さなテラスが見えます
村国 育:ほう、テラス
GM/you:あの、立派な庭園にあったりする、白い円柱形の屋根付きの奴です
白坂 竜胆:先回りとかできるでしょうか?
GM/you:御堂氏は、ゆっくりとしたペースなので追い抜けますよ
村国 育:ではたたっと先回りしてテラスに向かいましょうか
ララン・ラン:そうしましょう。
GM/you:では、みなさんのRPが終わり次第、シーンを移します
白坂 竜胆:育さんを追いかけます
西野 真里亜:皆さんを追いかけます


GM/you:テラスには、3人の少年少女が遊んでます。テラスのテーブルには、うめき声を上げる種らしきものも
白坂 竜胆:エエエなんだこれ
村国 育:「うっわ……こいつらが、この禁書の根っこなのか……?」
西野 真里亜:少年達が人を種にしてる…?いやまさか
GM/you:一人の少年は「これもパパじゃない」って言って、持ってた種をテーブルに放ります
白坂 竜胆:「ほっとくとあの親父さんもあの姿ってわけか…」
ララン・ラン:何がどうなってるのか…
西野 真里亜:「…ちょっと。なにをしているの?」少年たちに声をかけます
GM/you:少女「あら、客なの?」
村国 育:「客っていうか、おまえら何してんだ?」
白坂 竜胆:「おう、お嬢ちゃんたち邪魔してるぜ」仁王立ち
GM/you:少女と背の高い少年は外国人みたいです。もう一人の少年は、少なくとも日系人に見えます
西野 真里亜:もしかして健一じゃ…
ララン・ラン:日本人の少年が健一っぽいですねー
白坂 竜胆:パパって言ってましたしね…

GM/you:少女「私はメアリーよ!お嬢ちゃんじゃないわ!」
GM/you:メアリー「こっちの背が高いのはディコン。陰気臭いのはコリン」
ララン・ラン:日系なのにコリンだった…
GM/you:メアリー「それよりも、おじさんたち誰?手伝いにでも来たの?」
村国 育:コリンか…
白坂 竜胆:健一君はどこに…
西野 真里亜:「ああごめんなさいね。メアリーちゃんにディコン、コリン。お手伝い出来るかわからないから、何をしてたか教えてくれない?」子どもたちの目線に合わせて屈みます

ララン・ラン:3人じゃないってことかな?もっと少年が居る?
GM/you:前回、一般常識成功した人はわかります。コリンは主人公の一人ですが、少なくとも日系人ではないです
村国 育:じゃあ一般知識で秘密の花園に思い当たった人は違和感を覚えますね
GM/you:はい
白坂 竜胆:前回、猫に教えてもらったので今回も象徴体から教えてもらいます
村国 育:(おかしいな、あれがコリン…?)
白坂 竜胆:「禁書が歪んでるってことか?何にしろ妙な子供だが…」
GM/you:猫が「あんた気が付かないのか?」とバカにしたようにw
白坂 竜胆:「うっさいわ!俺がこんなかあいらしい本読めるかい!!」あっさり釣られます
西野 真里亜:猫w
村国 育:チェシャ猫みたいになってるw
GM/you:この猫と一緒に居られるって、相当に煽り耐性ありそうですね。竜胆w

西野真里亜:(おかしいわね…登場人物が入れ替わってるのかしら)
GM/you:禁書知識でもしてみます?難易度1で情報出ます
白坂 竜胆:まだ御堂さんはこちらに来ないのでしょうか?
GM/you:このままだとじきに来るかもです
白坂 竜胆:では振っておきますか~
村国 育:禁書知識は0振りこわいので放棄
ララン・ラン:同じくLv1なので振ってみますー
システム:ララン・ランさんのロール(3D6) → 7 (3、2、2)
ララン・ラン:凹○ポテッ
GM/you:リロール
村国 育:やった!リロールだ!
白坂 竜胆:まだリロールが!
ララン・ラン:おおそうだった!
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 8 (2、6)
ララン・ラン:1げっと
GM/you:ランさん奇跡の復活

西野 真里亜:せっかくなので振りますー
システム:西野真里亜さんのロール(3D6) → 14 (5、5、4)
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 7 (3、4)
白坂 竜胆:真里亜さんビットザックザクですね
西野 真里亜:5ビットいただきます!
白坂 竜胆:真里亜さんこれで完成じゃないですか?
西野 真里亜:あ、出来た
村国 育:やったー!
白坂 竜胆:良かった!
ララン・ラン:おめでとー!
西野真里亜:ありがとうございます!
GM/you:では、眷属召喚ですね

システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 14 (6、6、2)
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D6) → 8 (3、5)
白坂 竜胆:成功3、566のビット獲得です
村国 育:みんなリロールだー
GM/you:おお
白坂 竜胆:私は5のビットだけ破棄
GM/you:ここにきて、誰も汚染してくれない
白坂 竜胆:出目が走ってますね

GM/you:では、恐らく登場人物のロールを被っているのだろうというのが分かります。原典のコリンは病弱で、接し方が分からないでいる父親に避けられていたという子です。境遇が同じだった為、死後、禁書に核として使われたのでしょう
白坂 竜胆:なるほど、健一君やっぱり死んでるんですね…
GM/you:はい、すでに
村国 育:カワイソス
ララン・ラン:;;
GM/you:なお、あくまでもイグニッションとしての役割なので、禁書はもう自立活動を始めています。健一君は、汚染を拡大させるための道具に過ぎないです
西野 真里亜:でも、そうと分かれば遠慮なく禁書燃やせますね(?)
白坂 竜胆:なるほど…この姿を御堂さんに見せるのは忍びないですね
村国 育:断ってやらないとかわいそうですね
西野 真里亜:彼がテラスに付く前に片付けちゃいましょう

GM/you:メアリー「…ねぇ、あんたたち、邪魔しに来たの?」
白坂 竜胆:「ああ、悪いが禁書をとっちめるのが俺の仕事なんでね」
村国 育:「みんなを失踪させたの、お前らだろ?タチの悪いイタズラにはお仕置きしなきゃな」
GM/you:コリン(健一)「まだ、種集まってないんだけどなぁ…パパが来るまでに、この花園を完成させなきゃならないんだ」
ララン・ラン:「健一くん。ここじゃなくて、ちゃんとした場所に戻りましょう!」本を取り出し構えます。
西野 真里亜:「…パパが悲しむから駄目よ。ちゃんとお片付けしないと、ね。」
村国 育:「パパは来ない。来させちゃならないんだ」(わかってない)

GM/you:庭園の草花が蠢き始めます
西野 真里亜:「ダンタリオン。あなたの知識と力を、此処に。」本を取り出して構えます。
村国 育:「ジョバンニ、カムパネルラ。行くぞ。何の楽しみもない楽園に」本を取り出し構えますー
白坂 竜胆:「おう!ちいせえのに上等だ!やろうじゃねぇかニャン公!」目つきの悪いとら猫がだるそうに現れます
GM/you:コリン(健一)「…邪魔するなら…」
GM/you:一塊になった草木が割れて、一冊の絵本が出現します


GM/you:禁書『秘密の花園』


白坂 竜胆:そこそこ居ますね…
GM/you:前衛と後衛に2体づつです
村国 育:前衛は雑魚からしか攻撃できないので後衛組がんばってください
白坂 竜胆:ちまちま削ります~
GM/you:それでは、戦闘開始です

GM/you:まずは識別ですね。これは禁書知識で目標値2です
白坂 竜胆:了解です
村国 育:了解です
ララン・ラン:はい
システム:ララン・ランさんのロール(3D6) → 13 (2、5、6)
白坂 竜胆:早速出ましたね
GM/you:うむ、成功です
村国 育:お、ランさん成功
ララン・ラン:2げっと

システム:西野真里亜さんのロール(3D6) → 13 (5、6、2)
システム:村国 育さんの「敵識別」ロール(2d6) → 11 (6、5)

システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 6 (1、1、4)
村国 育:\デデーン/ 竜胆さん、アウトー
ララン・ラン:デデーン
白坂 竜胆:すみません…振り足し使えばよかった
ララン・ラン:竜胆さん>M<
西野 真里亜:竜胆さんどんまい…
村国 育:どんまいです
白坂 竜胆:汚染が5に

GM/you:では、汚染チャートー
白坂 竜胆:わーぱちぱち()
西野 真里亜:どんどんぱふぱふー
白坂 竜胆:せめてましなの来て!
GM/you:竜胆さんに振っていただきましょうか?
白坂 竜胆:やめてください!無理です!これ以上胃痛を増やさないでください;;
GM/you:では私がw
システム:GM/youさんのロール(2d6) → 11 (5、6)
システム:GM/youさんのロール(1d6) → 2 (2)
村国 育:痛い!
GM/you:PC全員にトラウマ4点です
白坂 竜胆:重い奴が
ララン・ラン:;;
西野 真里亜:これは自由に振っていいんでしょうか?
GM/you:特に書いてないので、好きなところですね
西野 真里亜:あ、はい!
村国 育:了解です
白坂 竜胆:ありがたい
ララン・ラン:1点づつとかもありなのですか?
GM/you:一つに4点とありますので、一か所です
白坂 竜胆:変な癖ができたに4受けます。このまま落とせば省エネ
村国 育:初恋の記憶に4受けましょう
西野 真里亜:村国育への劣等感に4受けます
ララン・ラン:誇りに思うことをしたに4点
GM/you:禁書の圧に膝をついた感じですね。ゴゴゴゴゴゴゴ……!
白坂 竜胆:圧がすごい!「ぐっ!なかなかやるじゃねえか…」自分のせいだけども!
村国 育:「くっそ……なんとか保てよ、二人とも……!」
西野真里亜:「はっ!…当たり前よ、こんな所で終わってたまるものですか。」
ララン・ラン:「余裕ですゎ!これからですもの!」

GM/you:では最初のラウンドの行動値を
白坂 竜胆:運動1で3d。振ります!
システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 10 (1、6、3)
白坂 竜胆:まあまあ

ララン・ラン:運動は0;;
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 5 (3、2)

システム:村国 育さんの「行動値」ロール(3d6) → 10 (4、5、1)
GM/you:育くんが先手取れましたか
村国 育:わーい
白坂 竜胆:思いっきりアクロバット使っちゃってください!近日入荷
GM/you:おお

システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 7 (5、2)
GM/you:真里亜さんは1成功なので、行動値1ですね
西野 真里亜:はい!

村国 育:ダメージ1確定してて厄介なディコンから落とします
GM/you:щ(゚Д゚щ)カモーン
村国 育:ではディコンに近接戦闘
システム:村国 育さんのロール(4d6) → 12 (6、2、1、3)
村国 育:勇者の剣ー!出目を裏返して3ダメージ!
白坂 竜胆:おおー!!
GM/you:1564ですね。一撃でおちたー
白坂 竜胆:これはカッコイイ
GM/you:ディコン「なんだって!?」
村国 育:そして初恋の記憶に2喪失!うすれていく甘酸っぱい日々
GM/you:せつない
ララン・ラン:切ない::
白坂 竜胆:禁書使いの宿命ですね…
GM/you:ディコン「ごめん…“健一”」
村国 育:「え…… っと、いけないいけない!次行くぞ、ジョバンニ!カムパネルラ!」

GM/you:次は禁書『秘密の花園』だー。キャラ一覧、上からランダムで
システム:GM/youさんのロール(1d4) → 1 (1)
村国 育:こいやー
GM/you:育にきた
システム:GM/youさんのロール(4d) → 16 (2、5、3、6)
GM/you:2点にプラス1で3
システム:村国 育さんのロール(1d6) → 4 (4)
村国 育:悪魔に出会った記憶に3ダメージ!
GM/you:あ、書き忘れてた。今回発動しませんでしたが、追い打ちA持ってます
村国 育:おおっと
白坂 竜胆:それは何ですか?
GM/you:簡単に言うとダメージ値が最低2になると言う事です。絶対に2点は飛んできます
白坂 竜胆:なるほどです、エネミーが持ってる特技なのですね
GM/you:今回、3点だったので発動しませんでした

GM/you:では次の方ー
白坂 竜胆:お先頂いていいですか?
西野 真里亜:どうぞー
白坂 竜胆:とりあえず頭数減らしましょう健一君に射撃戦
GM/you:きますかー
白坂 竜胆:《世界樹の杖》《魔法陣展開》で+3です
西野 真里亜:うーん、何か嫌な予感がする気も…
白坂 竜胆:コストは変なクセができた2、スポーツで活躍した2。変な癖が欠落します
GM/you:はーい
白坂 竜胆:《神の啓示》を使用しアクロバットダイスを+1
村国 育:欠落した今がチャンスだ神の啓示!
白坂 竜胆:コストはスポーツで活躍したトラウマ3
村国 育:竜胆さんも持ってるのか、同時使用できます?
GM/you:タイミング任意なのでできますね
白坂 竜胆:よかった!
村国 育:はーい、では手放せないおもちゃがあった記憶にトラウマ3でさらにアクロバットダイス1
GM/you:猫とかカンパネルラが助言を与えてくれます
村国 育:合計4個のアクロバットダイス追加ですねー
白坂 竜胆:神の啓示すごい。スポーツで活躍した記憶が結局素行が悪くて大会出してもらえなかった悲しい記憶に!
村国 育:悲しい…!
白坂 竜胆:射撃戦行きます!
GM/you:あばば
システム:白坂 竜胆さんのロール(6D6) → 25 (2、5、1、6、5、6)
白坂 竜胆:微妙!
村国 育:ひゅー!
白坂 竜胆:いや4入ったか。落としました!!
GM/you:おちたー(泣)
ララン・ラン:健一も落としましたね!
白坂 竜胆:欠落したので失われる感情決めますね
白坂 竜胆:上から
システム:白坂 竜胆さんのロール(1D6) → 2 (2)
白坂 竜胆:怒り
GM/you:メアリー「“健一”が!」
白坂 竜胆:「へっ!なーに妙な顔してやがる」メアリーの怒りが理解できない感じに
GM/you:コリン「大丈夫…“ボク”が…“ボク”の代わりに…」健一がパタリと倒れます
白坂 竜胆:えーやっぱ何かあるのか…
GM/you:いえ、特に健一君が動く様子はありません
白坂 竜胆:なるほどです。一安心
ララン・ラン:びっくりしたw
GM/you:ただ、服装が入院着になってます
村国 育:おおう…
GM/you:メアリー「あいつよくも!」でも、とどかない
白坂 竜胆:「はっ!悪いなお嬢ちゃん」

西野真里亜:さてどちら狙いましょうか
GM/you:1ターンでみんなおちるー
白坂 竜胆:折角のダイスなので使ってくださいね…残ると切ないので
GM/you:真里亜さんどぞー
村国 育:メアリーに全力叩き込めば禁書を前衛に引きずり出せますが、どうなるか
GM/you:眷属召喚あるんですよねー
西野 真里亜:じゃあ全力でメアリー殴りますね
白坂 竜胆:おおー!
白坂 竜胆:ダイスは最大7まで増やせますので~
村国 育:眷属召喚すてき
西野 真里亜:射撃戦闘に眷属召喚上乗せでー。何個増やそうかな…眷属召喚で2個増やせますか?トラウマ2点追加して。
GM/you:むりですー
西野 真里亜:すみません、じゃあ普通にそのまま!
村国 育:アクロバットダイス使っちゃいましょう
白坂 竜胆:アクロバットダイスをお持ちください;;
村国 育:真里亜さんなら3個まで上乗せできます
GM/you:狂気に陥ってまで増やしたサイコロw
村国 育:w
ララン・ラン:w
白坂 竜胆:やりたかったので悔いは無いです
西野 真里亜:えっと、じゃあアクロバットダイスを3個…?
GM/you:ようするに7d6振れますw
白坂 竜胆:どうぞどうぞ!
村国 育:どうぞー!
西野 真里亜:ありがとうございます!使わせてもらいます
GM/you:ひくいめでろー(念)
システム:西野真里亜さんのロール(7D6) → 28 (3、1、6、5、5、6、2)
GM/you:ああん
ララン・ラン:惜しい
白坂 竜胆:いちたり
村国 育:おしい!
GM/you:近接だったらおちてた
白坂 竜胆:射撃の辛いとこですよね…しかし次で行けるはずです!
西野 真里亜:あ、さっきの眷属召喚のコストは村国育への劣等感に入れました
GM/you:メアリー「いやー!悪魔の群れがー!」
白坂 竜胆:ソロモンの悪魔がw
西野 真里亜:「どっちが悪魔よ!」
GM/you:悪魔の群れに襲われる10歳の女の子
西野 真里亜:悪魔は悪魔だけど悪く言われてぷんぷんです。

システム:GM/youさんの「八つ当たり」ロール(1d2) → 1 (1)
村国 育:こいやーw
GM/you:育に八つ当たる
システム:GM/youさんのロール(3d6) → 14 (6、5、3)
村国 育:うへえ
GM/you:2点
システム:村国 育さんのロール(1d6) → 3 (3)
ララン・ラン:初恋がドンドンw
白坂 竜胆:リロール無いだけ運いいです
村国 育:ああ、初恋の記憶が欠落!
GM/you:初恋の記憶w
白坂 竜胆:ああー!!
システム:村国 育さんのロール(1d6) → 2 (2)
村国 育:怒りが失われ、ここで神の啓示!
GM/you:うわあ
白坂 竜胆:同じく《神の啓示》!
村国 育:初めて旅行した記憶にトラウマ3!
白坂 竜胆:真里亜さんの記憶にトラウマ3。あの子大人しそうに見えて結構やるな…!という歪み方で
GM/you:甘酸っぱい記憶が消えて、クールになっちゃった
村国 育:アクロバットダイスを11に増やしてターンエンドだ!
白坂 竜胆:凄いダイスが無限に増える
GM/you:また一時的狂気でダイスが増えるw

ララン・ラン:とりあえずメアリーを近接戦闘でさくっと倒します!
GM/you:はーい
村国 育:がんばですー!
システム:ララン・ランさんのロール(4D6) → 17 (2、6、5、4)
GM/you:ああああん
白坂 竜胆:(∩´∀`)∩
村国 育:やったー
ララン・ラン:ポコパン
GM/you:メアリー「そんな…」メアリーも消えました。フィールドががら空きだぜ!
村国 育:これで禁書を引きずり出せたぞー
西野 真里亜:すっきりー!
白坂 竜胆:もうこっちのもんだぜ!

GM/you:では、行動値決めてください
村国 育:はーい
システム:村国 育さんの「行動値」ロール(3d6) → 11 (3、6、2)
ララン・ラン:はいー
システム:ララン・ランさんのロール(2D6) → 9 (4、5)
システム:西野真里亜さんのロール(2D6) → 7 (5、2)
システム:白坂 竜胆さんのロール(3D6) → 12 (6、5、1)
GM/you:ああああ
白坂 竜胆:よっし!2!
GM/you:つぎ込む気ね!?全部リソースぶち込む気ねっ!?
村国 育:アクロバットダイスも守護星もガンガン使って決めちゃってー!
白坂 竜胆:わーい近接で7振って2桁ダメだしてくださーい(∩´∀`)∩
西野 真里亜:思いっきりどうぞー!

白坂 竜胆:先頂きましょうか?
ララン・ラン:さきどうぞー
白坂 竜胆:ありがとうございます~折角だし守護星いきましょう
システム:白坂 竜胆さんのロール(2D10) → 9 (4、5)
GM/you:射撃なら耐えられる
白坂 竜胆:135です発動
GM/you:ああん
白坂 竜胆:これで射撃+3。更にアクロバットダイス+1で7振ります。射撃!
GM/you:全部成功しても1残る!
システム:白坂 竜胆さんのロール(7D6) → 26 (6、4、2、1、5、3、5)
白坂 竜胆:まあまあいいかんじ
GM/you:むしろただのなぶり殺しやん…w
白坂 竜胆:3ダメですね
GM/you:はーいのこり4
白坂 竜胆:「まあ前座としちゃあこんなもんかな。後は頼むぜ!」

GM/you:ではランさん
ララン・ラン:では自分も固有守護星を!
システム:ララン・ランさんのロール(2D10) → 14 (10、4)
白坂 竜胆:発動!
村国 育:おお!
ララン・ラン:309だから成功?
GM/you:10は0あつかいですのでー
ララン・ラン:やたー。アクロバットダイス+1を頂いて 7でふりますー
システム:ララン・ランさんのロール(7D6) → 16 (6、2、1、4、1、1、1)
ララン・ラン:勇者の剣つかいますー。男性の恋人ができたを喪失 2点で
GM/you:1563666です
村国 育:ぴったり死んだ!
GM/you:生き残ったと思ったけどそんなことは無かったぜ!
ララン・ラン:さよならなのだ
白坂 竜胆:これリロールがやばいことに
ララン・ラン:www
村国 育:勇者の剣で裏返った出目はリロールできないのです
ララン・ラン:ホントダ書いてますね!ならちょうどでよかったw
GM/you:よかった…いや、しんでるし!
白坂 竜胆:そうなのですね。でもすげえや
西野 真里亜:南無ー
白坂 竜胆:成仏しろよ!
ララン・ラン:人
村国 育:禁書死すべし。慈悲はない


GM/you:禁書『秘密の花園』は、その花園の草花と共に燃えていきます


GM/you:そうすると、後の方から雄一氏が
白坂 竜胆:やばい見られたか
GM/you:雄一「健一…どこだ…」彼は消えかかってますね
白坂 竜胆:これは元の世界に還れるってことかな?
GM/you:原典を知ってた人は、ラストシーンを思い出しました。最期に、元気になったコリンと父親のグレイブンは、花園で抱き合って和解します
白坂 竜胆:そういうことかー!
GM/you:さて、禁書災害は収束していきますが、何か行動を起こしたいのであればまだ動けます
白坂 竜胆:悪いことをしてしまった…
村国 育:こっちもやられる可能性あったから仕方ないね
西野 真里亜:あの時は仕方ない
白坂 竜胆:何も考えす反射で殴ってしまいました…
西野 真里亜:うーん、健一はもう動かないですか?
白坂 竜胆:もうコリン君は消えてしまったのですか?
GM/you:健一くんは倒れているだけで消滅はまだしていません
村国 育:起こしてみます?
白坂 竜胆:ですね。罪滅ぼしに顔ぺしぺしして起こします
西野 真里亜:なら最後に会わせてあげたい、かな…起こしてみます?
GM/you:ただ、この世界は崩壊しかかってますので、悠長にはできません。起きるのを待ってるうちに、元に戻っちゃうでしょう
白坂 竜胆:そんな…;;
ララン・ラン:;;
西野 真里亜:御堂さんを健一のところへ案内するのも間に合わないですか?
白坂 竜胆:せめて全力で揺さぶって起こします!!ぺしぺし!!
GM/you:父親が抱きしめてやれるくらいの時間はあります
白坂 竜胆:竜胆は自分の至らなさにしょんぼりしています
村国 育:じゃあ抱き上げて雄一さんの所に連れていきます
GM/you:わかりました


GM/you:雄一「健一!……すまなかった…ごめん…ごめんなぁ」
村国 育:「おっさん。せめて今だけは、抱きしめてやれよ。起きたら、また前を向いて進まなきゃいけないんだからさ」
白坂 竜胆:「くっ畜生…!いい話じゃねえか…」泣く
ララン・ラン:「よかったゎ」
西野 真里亜:「…良かったのよね。これで」
GM/you:「……ぱぱ」一瞬、声が聞こえた気がしました。世界は元に戻ります


GM/you:気が付くと、焼却炉の前に居ます
白坂 竜胆:一応ですが禁書は回収できてますか?
GM/you:足元には、端が焼け焦げた「秘密の花園」の絵本が落ちています
白坂 竜胆:焼却炉…健一君の物だったのでしょうか
村国 育:「あのおっさんには良かったんじゃないっすかね。オレはもーへとへとですけど」
白坂 竜胆:「だな、あの親父さんもこれでちっとは気が晴れるといいんだがな」大事に回収しておきますね
GM/you:では、竜胆が絵本に触れた瞬間
白坂 竜胆:エエーまたなのです?!
村国 育:竜胆さんハプニング担当?w
ララン・ラン:!
GM/you:美しい庭園を走る「4人」の子供たちを見た気がしました。そこには、ゆがんだものは一切感じられません
ララン・ラン:良かったw
村国 育:おお
西野 真里亜:仲良く遊んでそうで一安心
白坂 竜胆:エエーでも4人…?もう一人は一体
西野 真里亜:もともとの三人と健一じゃないかな?
村国 育:健一くんは絵本の中で永遠になったんだね
ララン・ラン:いい話
白坂 竜胆:なるほど…素敵なお話だ

GM/you:ここでエンディングに入ります、それぞれは日常に帰ってこれました。シナリオの最初の場所ということで、真里亜の店です
白坂 竜胆:ですね~禁書は署に置いてきました
GM/you:禁書の方は、とりあえず警察の方で一時保管ですね。後に聖ビブリオに移送されるでしょうけど
白坂 竜胆:では禁書の方は安心していいと伝えに来たことにしますね
西野、真里亜:あ、そういえば御堂さんはどうなったんでしょう
GM/you:御堂雄一は、無事退院しました。憑き物が落ちたように気力を取り戻してます
白坂 竜胆:よかったよかった
村国 育:よかったー
白坂 竜胆:真里亜さんも依頼達成ですね
西野 真里亜:よかったー!
GM/you:真里亜さんのところにもお礼を言って、ついでに見料として、お金もたくさんもらいましたw
西野 真里亜:ほくほくw
GM/you:状況的には、被害もなく丸く収まった感じです。君たちの記憶以外はw

村国 育:「占いの店って初めて来たけど、なんつーか雰囲気あるっすね」
ララン・ラン:「そうですねー!私もこういったお店は初めてきましたゎ!」
白坂 竜胆:「折角来たんだし、俺も手相でも見てもらおうかね」
西野 真里亜:「こういうのは雰囲気が大事なのよ。試しに何か占ってみる?」
村国 育:「あ、じゃあ恋愛運とか!」
ララン・ラン:「あらあら育くんの恋愛とか苦いものになりそうねw」
白坂 竜胆:初恋の記憶が無いままなのに…
村国 育:記憶がないからガンガンいけるんですよw
西野 真里亜:「いいわよ、外れても責任は取らないけど。ちなみに今気になる子はいるの?」
村国 育:「じゃあ」と初恋の子の名前を出します。まあ記憶はアフタープレイで復活しますしw後遺症あるけど
西野真里亜:「へぇ、どんな子?親しいの?同じ学校?」普通の恋愛話しながらタロット切ってますー
村国 育:「まぁ、幼なじみっていうか。最近はそんなに喋ってないけど、ちょっと気になってるんすよねー」
西野 真里亜:「幼馴染に片思いねぇ…若いわね」劣等感刺激されて遠い目
GM/you:真里亜もやばい
白坂 竜胆:常に正気がピンチ
西野 真里亜:さんち、ぴんち!

GM/you:さて、今回の禁書災害について色々不思議だったことがあると思います
白坂 竜胆:もともとの禁書の持ち主とか気になりますね
GM/you:禁書を回収しましたが、ビブリオの見立てではもう抜け殻みたいな感じになってたそうです
村国 育:ふむふむ、禁書としてはもう使い物にならないと
GM/you:絵本の裏には、御堂健一と記されていました
村国 育:持ち主の死の際に禁書化しちゃったのかー
GM/you:真里亜は、お礼を言いに来た御堂氏の話を思い出します
白坂 竜胆:そうかぁ…焼却炉に持って行ったのは誰なのだろう
GM/you:御堂雄一です。彼が自分の子を避けていた原因。それは息子の病気のこともありましたが、いつしか彼が架空の友人たちを作るようになったことがきっかけだったと
西野 真里亜:それがあの三人だったって事かな…イマジナリーフレンドだろうけど
ララン・ラン:ふむふむ。じゃあ失踪事件とは関係ないのか・・・?
白坂 竜胆:確かに男親は対応困っちゃうかもしれないですね
村国 育:病室で独りぼっちだとイマジナリーフレンドも作っちゃいますね
西野 真里亜:病気で御堂さんが距離置くようになって、寂しくてイマジナリーフレンドを作る…の悪循環かも
白坂 竜胆:うーん殴っちゃってなかなかに大人げなかった…
GM/you:医者もイマジナリーフレンドの話をしてましたが…貴方たちは、それがなんなのか心当たりがあるはずです
西野真里亜:もしかして禁書?
GM/you:今となっては、真実は闇の中です。ですが、あの子を“健一”と読んだ時のメアリーたちは、見た目通りの子供たちだった…ように感じました
白坂 竜胆:禁書が失踪者を取り込んでたのは間違いないですかね
村国 育:悲しいなぁ
ララン・ラン:切なく悲しい。暖かいお話でした::
西野真里亜:健一が禁書使いになってた可能性もあるのかもなぁ

GM/you:では、ここでシナリオは終了します
ララン・ラン:888888888
西野真里亜:詳しいことはわからないので憶測ですが。お疲れ様でした!
白坂 竜胆:888888888888888
村国 育:お疲れ様でした!ええ話や…
白坂 竜胆:しんみり美しかったですね
GM/you:おつかれさまでしたー
白坂 竜胆:もっと子供たちを大切にしてあげればよかったです
GM/you:いえ、あれは正しい判断です。先ほど竜胆さんが言った通り、歪んでしまえば災害です
白坂 竜胆:うーんそうなら仕方ないのですね
白坂 竜胆:お疲れ様でした!素敵なシナリオありがとうございました
ララン・ラン:いろいろ考察できますよね!それがまたいいです! ありがとうございましたm(_ _”m)
GM/you:(/ω\)イヤン はずかしい
村国 育:いえいえー、珍しくPC1ロールができて楽しかったです!
白坂 竜胆:いえいえ二日間とても楽しかったです!皆様ありがとうございましたありがとうございました
白坂 竜胆:うへえ
西野真里亜:道中ぐだつかせて申し訳なかったです。楽しかった!
GM/you:こんなお話でしたが楽しんでいただければ嬉しいですーお疲れ様でした




GM/you:後遺症は選択ルールですが、やってみますか?w
村国 育:後遺症やってみたいですー
GM/you:欠落してるのは何でしたっけ
白坂 竜胆:怒はちょっと重そうなのが多いのでやめておきます…
GM/you:はいw
村国 育:怒ですね
GM/you:8以上出れば大丈夫w
村国 育:後遺症ふりまーす
GM/you:記憶とかは回復するです。2d6どぞ
白坂 竜胆:もしや今は破れた記憶がない感じなのか…欠落した方がいい記憶もある…(酒の席で失敗した記憶)
システム:村国 育さんのロール(2d6) → 6 (4、2)
村国 育:怒り方が激しくなる
GM/you:怒り方が激しくなる
村国 育:まだ恋に破れてないと思ってますねw
白坂 竜胆:辛!!
GM/you:怒らせること言ったら大変なことに
白坂 竜胆:最近の若い子は激しいなぁ
村国 育:キレる10代
GM/you:とりあえず、育君はカウンセリングですね
村国 育:一度怒ると何でかカーッとなってしまってスクールカウンセラーを紹介される…w
GM/you:終わった後、精神病院ってCoCですか
ララン・ラン:w
GM/you:このゲーム、SAN値で殴り合ってるみたいなものですね…


次の本で会いましょう
 いいね!  4

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。