【ソード・ワールド2.0】リプレイ「CP【フェアリーガーデン】妖精郷の冒険第9話」

山火事リプレイ  0
登録日:2018/04/13 17:01最終更新日:2018/04/18 15:11
システム:ルーム「CP【フェアリーガーデン】妖精郷の冒険第9話」が作成されました。

鸚哥:良かった〜Lv7なってなかった
紅碧:次回あたりファイターレベル7の予定です
鸚哥:次には射手の体術取りたい
GM/山火事:ええなぁ、成長はやっぱり楽しそうだ
紅碧:ふむぅ...鸚哥さんが前に来るんですね
鸚哥:魔動ビークルとアタッチメントトラドール取ったんで3連射行くぞー
紅碧:鉄壁の取りどころと見ました
鸚哥:自分の身は自分で守るつもりだけど
鸚哥:オートガードとかもあるしね
鸚哥:前出るにあたって防具は新調しなきゃ
紅碧:デバフかかって回避できなかったり、そういう時に盾がいるでしょう?
鸚哥:生物騎獣なら騎獣の献身とれば解決するんだけどね
紅碧:無駄に騎芸枠を減らさなくていいメリットもあるですよ?
鸚哥:まぁ頼るところは頼らせて頂きますよん
紅碧:(LV9まで1回しかかばえませんがね!)
鸚哥:なに、その前に決めれば良いのだろう?
紅碧:火力は皆さんに任せますよー
鸚哥:クリティカルバレット3連射舐めるなよー!
紅碧:鸚哥さんのダイス運があれば強いですねぇ!
鸚哥:ショットガン3連射とか最高だよね
鸚哥:ちょっと生物騎獣の運用も考えるかな
鸚哥:Lv9とかだと動きにくい感じする(魔動機だと)
紅碧:Lv9帯のライダー使用したことないので何とも...
鸚哥:ですよねw
鸚哥:とりあえず器用度B5なったんでシューター若干成長後退させつつかな
紅碧:でも、最近ライダー始めたんですよね つよい!
紅碧:命中値が一緒でも、騎獣の方が当たる...やはり騎獣はダイス運強い
鸚哥:なんだかんだヴァルキリーハマった反動でライダーも使っちゃうっていう

鸚哥:ミストキャッスルってもう無いのかな
紅碧:霧の町は名前しか聞いたことしかないですねぇ
鸚哥:今取り寄せお願いしたら絶望的だって感じ
紅碧:絶版なんです?
鸚哥:かもしれない
鸚哥:1番評判いい感じだからそれにしようかと思ったけどみすとぐ
鸚哥:ミストグレイヴとかにしようかな
紅碧:グレイヴは確か続編でしたっけ?
鸚哥:そうなの
紅碧:ゲームブック書店にはおいてないからなぁ...というかサプリ全般がない
鸚哥:それでフェアリーガーデンとエタエンは齧ったから他のにしようかなと
紅碧:アシュラウトはどうですか?
鸚哥:アシュラウトってどんな感じなんですかね
紅碧:(書店の在庫にもないのでキンドル化のリクエストを飛ばしてみた)
紅碧:んーとですね、システムはどのゲームが近いかなぁ...
紅碧:不思議のダンジョンっぽい?かんじですかね...深く潜るほどレアな素材が入って、それで発展していく感じです
鸚哥:あー私バトルキャンペーンブックが欲しいんですの
紅碧:なるほど
GM/山火事:他のキャンペーンブックにはカルゾラルの魔道天使やカースドランドがありますねぇ!
鸚哥:カーストは内容が重そうだなーと思ったのと
鸚哥:カルゾラルは個人的に行きたいんですけど内容が分かりにくいとの事で
GM/山火事:魔道天使は俺もやってみたい、くそほどややこしい分それ以外は面白いと評判でしたbyなんかのブログ
鸚哥:友達とやる時に使えるようなのが欲しくて
鸚哥:カルゾラル買おうかなー
GM/山火事:なるほど
GM/山火事:ミスキャは○mazon中古しかなかったですね、
紅碧:密林は不良品が怖くて使えないマン
鸚哥:分かるw
GM/山火事:そ~7日~

鸚哥:( ゚д゚)
GM/山火事:( ゚д゚ )
紅碧:( ゚д゚  )
鸚哥:その時3人が見たものとは!?
紅碧:1、2、3!
鸚哥:〜CM〜
鸚哥:CM明け十秒前でーす

鸚哥:最近戦闘においてあんまり働けてないから頑張らなきゃ
紅碧:最近ティダン様にストーカーされてるからここで誰かに渡さなきゃ
GM/山火事:おっしゃ!死ぬほど強い敵大量に出すから頑張って活躍してね!
紅碧:ふえぇぇぇ
鸚哥:私世界のナベアツに取り憑かれてまさぁ
鸚哥:GMがテンション上げてらっしゃる
鸚哥:マギテックLv6の方が良かったかなー
GM/山火事:3の倍数しか出ないってピンゾロ出ないし6ゾロの可能性上がるしでいいことずくめやん!
紅碧:うらやますぃ
GM/山火事:今週一週間で主要な敵キャラのデータシートまとめてたんでね(完成率20%)
鸚哥:3!丶(°▽、°)ノ
GM/山火事:再起動してきます
紅碧:行ってらっしゃいませ
鸚哥:って言っても今日は難しそうなの行くつもり無いけども
鸚哥:推奨Lv7に突っ込む勇気無い
紅碧:まだ6ですし、レベル10くらい差を付けていかなきゃ(ポケモン脳)
鸚哥:頭突きで100%怯まされて負けたクソゲーです
紅碧:速さが足りないのです
鸚哥:鈍足水ポケでどうしろと
紅碧:それは...仕方ない
鸚哥:5発耐えたのに全部怯みましたよ
鸚哥:ポケモン変えても怯みましたよ
紅碧:こっちの80%は当たらないんですがねぇ
鸚哥:((꜆꜄•௰•)꜆꜄꜆オラオラオラオラ。
鸚哥:敵の10%は当たるのに味方の90%は当たらないんやで(スパロボ脳)
紅碧:それわかります
0-53:うちのラプラスは零度決めてくれるから…
鸚哥:20%と10%直撃して撃墜されるビルバインなんてリストラです
紅碧:命中30なのに当たるとかおかしい...おかしい...
GM/山火事:ポケモン懐かしいなぁ、昔はいたずらごころボルトロスで友達をはめ頃したものだ…(なおそこから小さくなるどくどくハピナスやらでくそげー化した友達間ポケモンバトル大会)
紅碧:ボ..ボルトロ..?
0-53:ハピナスは格闘物理で殴ればおっけー
鸚哥:ポケモンはクソゲー
くーちゃん:ポケモン?
紅碧:ダイパまでしかわからない勢
0-53:せやはよリメイクせんかい
鸚哥:ダイパリメイク出たら久々に買おうかな
0-53:はよゴウカザル強化はよ
くーちゃん:ORASやSM時代はレート3桁でよく遊んでました(笑)
紅碧:ORASは...まだわかる
GM/山火事:3桁は草
紅碧:SMってなんだ...
ケニー:(サンムーンですね)
カリリル:(プレイかと思いました)
鸚哥:ドリアの大好きなやつだよ
0-53:ゴブシャーがやってたあれよ(違う

GM/山火事:では準備できたら始めましょうか
GM/山火事:点呼オオオオオオ!
紅碧:理性枠のタビット...!?
鸚哥:謎の2つ名がw
くーちゃん:理性枠って誰に言われたんだっけな💧
くーちゃん:15!
カリリル:点呼が15から始まって困惑してるマン
ケニー:GMがいることわかればへーきへーき
カーフ:点呼なんて飾りです偉い人には
GM/山火事:全員いますね!ではFGキャンペーン第8話盛り上がっていきましょオオオオオオ!
ライカ:困ったら53って言っておけばよろし
ケニー:9話ですよ!?
カーフ:呼んだか?53
GM/山火事:おっと
GM/山火事: 全員いますね!ではFGキャンペーン第9話盛り上がっていきましょオオオオオオ!
カリリル:おぉぉ!
ケニー:\( ’ω’)/ヒィヤッハァァァァァァァア!!!
カーフ:ドンドンパフパフ
ライカ:( ̄0 ̄)/ オォー!!
ケニー:...ふう。(突然落ち着く人)
ライカ:ふぅ(`・ω・´)▅=┻┳=━💥
ケニー:_(:3 」∠)_ぐふぅ
カリリル:ふぅ プシュッ
カーフ:33ー4
ケニー:何阪関無
GM/山火事:さて、何話で終わるのか先が見えないこのキャンペーンの前回はヴァン肉を追って迷走しながら色んな情報が集まってきたところからですね
ライカ:温泉だー!ψ(`▽´)ψ
カーフ:止まるんじゃねえぞなキャンペーン

GM/山火事:では14日目TB朝、RP絡めて依頼決めちゃって下さいな
カリリル:「いやー温泉での酒もまたよかったなぁ」
カーフ:「酒さえ飲めれば地獄にでも行きそう…」
ケニー:「いっつも飲んでるけど違うものなのかい?」
GM/山火事:グラタン「うん!僕としてもお風呂用意の手間が省けて大変うれしい限りだよ!」
カリリル:「今回は特別な酒だしな!ははは」
ライカ:「こんなところで温泉入れるだなんて幸せ_( _´ω`)_」
ケニー:「確かに落ち着く感じはしたよねぇ」
カーフ:(こいつらの誰かが敵?そんな事は無いと信じたいけど…)
GM/山火事:グラタン「てなわけで今日はサンドウィッチだね!色々あるから好きなのを選んでね!」
ライカ:「もう朝からでも行きたいんだけどね」
カーフ:「それはやめてくれ」
ケニー:「そうだね、ハムとレタスのサンドウィッチを貰おうか」
カーフ:「ツナサンドを貰うかな」
GM/山火事:グラタン「ハイハイ~!ほかのみんなは?」
カリリル:「そうそうフィットチーネ聞きたいことがあったんだよ」
GM/山火事:ロッテ「私はたまごサンドがもらいたいです~」モグモグ
カリリル:「お前さんは妖精王と近しかったんだろ?どんな奴だったんだ?」
GM/山火事:フィットチーネ「?なんでしょう」
ライカ:「私なんでもいいよー」
カーフ:「マルキとは会えたのか?」
GM/山火事:フィットチーネ「はい!とてもお優しい方でした!」
ライカ:「時間見つけて朝風呂しなければ(使命感)」
GM/山火事:ドライ「ではマスターにはハムとレタスのサラダをお願い致します(健康志向)」
カリリル:「ほーん...それでな?ちょっと小耳にはさんだ話なんだけどな?妖精の軍団が~って聞いてんだが、そんなお伽噺知ってるか?」
GM/山火事:ロッテ「いえ、ここは広くて探すのにも一苦労ですね」
GM/山火事:フィットチーネ「そんなわけないですよ!妖精王様はあらゆる妖精に敬愛される存在です!そんなこと絶対しません!」
カリリル:「ほーん..だよなぁお前たちの様子見ててもそんなわけないと思って入るんだが...うーんやっぱりねじれた御伽話か?」
GM/山火事:グラタン「まぁ一口に妖精って言っても色々いるしねぇ、悪意が尾ひれをついてそんな話になったのかも」
カリリル:PLが思ってることをルルルが思いつくか微妙だなぁ
カリリル:「なるほどなぁ」
カーフ:「事実は小説より奇なり、なんかあるかもね、ないかもだけど」
GM/山火事:他のPCに思いついてもらうのも一つの手ですよ
カリリル:ふむ..前回の最後の歌のことなんですが
カーフ:普段ぶらぶらしててバシッと決めるのもいいと思います
ライカ:ルールルルルルルールルしてたやつね
ケニー:ふむ
カリリル:ほとんどわからないけど、6色の鎖って説があったんです
カリリル:節
カリリル:それがですね、妖精鉱の種類が6種類...関係ありそうだなって思うんですよ
ケニー:ほほう...それは面白そうですな
カリリル:まだ何とも言えませんが、おそらく何らかの場所で、妖精鉱の色だったり属性が関係ある場所のことなのかなって
カリリル:もしくは、人物か
カーフ:ふむ私は光精鉱があるけれど
カリリル:光は白じゃないですか、地名にもあるんですよね 他の色がないですけど
GM/山火事:ドライ君は水精鉱がありまっせ
ライカ:フェアリーテイマーいればやりやすそうだけど
ケニー:PCの知力にPLの頭がついて言ってない例←
ライカ:私は炎持ってます
カリリル:同じく
ケニー:メモの通り私は風ですねー
カーフ:pcの元ネタとかけ離れている例←
カリリル:まぁ、つまり属性だったり色が関係する人物や土地だ関係あるかな?って例えばグラタンたちの毛並みとか?
GM/山火事:ちょいまち>毛並み調べてくる
カリリル:以上前回まとめてて思ったお話でした
ライカ:今考察しても仕方なさそうだけど留めておく価値はありそうね(上からっぽくてすみません<(_ _*)>)
カリリル:なおマクリール・ルーとフェアリーロード金色の髪の母はわかりません
カリリル:まぁ酔っ払いの戯言として受け流してくださいませ
ケニー:ほっほう...一応頭に入れておこう
ライカ:聞いた段階で全部ネタバレ済みってのもないだろうし
ケニー:まぁ冒険する内に分かってくるでしょう(単なる丸投げですが)
カリリル:「とまぁこんなこと思ったんだが関係ねえか!」
GM/山火事:あーどうだろうなぁ
カーフ:(この人実は凄い切れ者だったりして)
GM/山火事:幸運判定として2d6振ってもらっていいですか?、8以上で成功>カリリル
カリリル:ふぇ
ケニー:(見た目は酔いどれの頭は残念系だと思ったんだけどねw)
システム:カリリルさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[1、5]  → 6
GM/山火事:残念
カリリル:酔っ払いは酔っぱらい
GM/山火事:フィットチーネ「うーーーーーん、すみません、なんか引っかかってはいるんですがねぇ>ルルルの考察」
カーフ:帳簿の時もロールしてたしなあ、核心に近い可能性はあるんだがなあ
カリリル:「そーかー」
カリリル:以上です引き留めて申し訳ない
鸚哥:「筋は通ってるけど…カリリルってこんなに頭回るんだ(/◎\)ゴクゴク」
カーフ:「叩けば治るって聞いたぞ、思い出せるかも」やらんけど
ケニー:んでは考察は取り敢えずここまでにして...呼び子行きますか(うずうず)
鸚哥:名前ェ
カリリル:逝きましょうかー
ライカ:今日ネット回線悪い_( _´ω`)_
カーフ:漢字ぇ
ケニー:「酒が回れば頭も回るのかい?」
カリリル:「んー?私はこれでも感がいいって言われるんだぜー?あのパズルとかなー」
カリリル:PCの知能とPLの知能が追い付いていない件
GM/山火事:あ、依頼決まりました?
カリリル:決まりましたー
ケニー:はいなー、決まりますたー
GM/山火事:風の予備校だっけ?
GM/山火事:呼子
ケニー:(・ω・(ヾ)YES
カリリル:です!リーダーからの宣言があれば出発できます!
ライカ:(b・ω・d)イェァ♪
GM/山火事:パスタ「えっとでは、依頼についてですね」
ライカ:リーダーは朝風呂行こうとしてるからw
カーフ:誰か止めたれw
ケニー:「ちょ、リーダーどこ行くの💧」
ライカ:娯楽の無いところに温泉が出来ればこうもなろうw
GM/山火事:パスタ「風の呼子は、鏡の池、か、凍てつく山、か、骨の丘、か、巨人たちの墓場、にあると思います」
ケニー:「候補多っ!?」
ライカ:「え、今のうちに温泉行きたいんだけど…ダメ?」
カリリル:「なるほど...鏡の池は知らねえなー」
GM/山火事:ドライ「あー、どうしましょうか>マスター」
カーフ:「ずいぶんとざっくり」
ライカ:「とりあえず手短に行ける場所から候補潰していくしかなさそうだね」
GM/山火事:ドライ「流石に帰ってからにしてください、ゆっくり浸かれませんよ?」
GM/山火事:んじゃd66代表者
システム:ライカさんのロール(1d66)
→ SwordWorld2_0 : (1D66)  → 32
カーフ:「こういうのって大体最後にあったりして…」
カリリル:(未定)、北西、北、北西かー
ライカ:「分かったよ、ドライと入るために帰ってからにする」
カーフ:もしもしポリスメェン
カリリル:「(いつの間にそんな仲まで発展してたんだ...?)」
GM/山火事:ドライ「…流石に混浴はまずいかと思うのですが…」
GM/山火事:パスタ「え、ええっと鏡の池は、東エリアだったと思います…」
GM/山火事:東エリアに44鏡の池を書き込んでください
カリリル:鏡池だけ反対側かぁ
ライカ:「ルーンフォークだしもう裸見られてるしいいかなって(投げやり)」
GM/山火事:ドライ「……申し訳ございませんでした」
カリリル:「東かぁ...」OKです
ケニー:おっけー
ライカ:「いやいや、ドライ君に罪はないよ」
カーフ:「切腹っていう謝り方がどこかの世界にはあるらしいぞ」おっけーです
ライカ:東OK
ケニー:「これが主従関係か...」
GM/山火事:グラタン「じゃあお土産話期待してるねー!いってらっしゃーい!」
ライカ:手当り次第行くしかないけど新エリアも気になるね
カリリル:「どっちから行くか?一筆書きなら...東かぁ?」
GM/山火事:あ、最後に
カリリル:はいさい
GM/山火事:ミッション受けなくても外出はできますんで、報酬とかはないけど
ケニー:ほうほう?
GM/山火事:戦闘分の経験値や剝ぎ取り代とかはもらえるから一応
ライカ:はーい( ・ω・)ノ
カリリル:まだ沼とか言ってないとこ沢山

GM/山火事:んじゃ先ずは移動宣言からですね、しかる後移動して移動判定
ライカ:鏡の池行こうかな
カリリル:OKです
GM/山火事:では移動判定どうぞ~
システム:ライカさんの「まぁ見てなって」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[4、6]  → 10
カリリル:さすりだ!
GM/山火事:OK
カーフ:出目がいいね
システム:GM/山火事さんの「ランダムに引っかからなければな!」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
ライカ:ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
カーフ:あっ(察し
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
カリリル:あ゛っ
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
カリリル:あっあっあっ
ライカ:いっぱい振ってるよぉぉぉぉ
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
ケニー:嫌な予感()
GM/山火事:あー、
カーフ:妖精怖いガクブル
カリリル:ひえぇぇ
GM/山火事:皆さんは気が付くと四つの鐘楼に囲まれています
カーフ:これがカゴメカゴメか
カリリル:ふぁ鐘楼?
カリリル:それはあの?
GM/山火事:あれね、宿の時になってたあれ
GM/山火事:んで
カリリル:はい
GM/山火事:気が付くとおもてなし亭に戻っていました!
カーフ:なん…だと
ケニー:なにぃ!?
GM/山火事:まぁ今回は特別に普通に移動を再開できたとしましょう
ライカ:私のダイス目とは
ライカ:10なんて滅多に無いんだよ?
カリリル:温情...
GM/山火事:もう一回移動判定して成功したらTB消費なしで移動できます
ケニー:魔法ならクリですね
カーフ:なおイベント…
GM/山火事:イベントはなしで>2回は流石に
カーフ:勝ったな(フラグ
ライカ:ではもっかい
システム:ライカさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[1、3]  → 4
GM/山火事:無情
ライカ:ψ(`▽´)ψ
ケニー:はい。
カリリル:無情破顔拳
カーフ:ダイス神は全て見通していた?
GM/山火事:あ、皆さん妖精郷同化度に+2してくださいな
ライカ:( ’ω’)ファッ!?
カリリル:ふぇ
ケニー:(;・`_・´)ナン…ダト!?
カリリル:あ、+2消してなかったからこのままでいいや
システム:GM/山火事さんの「24/34/22/26」ロール(1d4)
→ SwordWorld2_0 : (1D4)  → 4

GM/山火事:では停留所ですね
GM/山火事:ぽつりぽつりと光が漏れるなかなだらかな丘に停留所がある
カリリル:「また来たなぁ...でもこっちだっけか?」
GM/山火事:では1d6+6/代表者
ケニー:「違う...はず?」
システム:ライカさんのロール(1d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6+6)  →  2[2]+6  → 8
カーフ:「どうだろうさっきので方向感覚狂ったから」
GM/山火事:小道から少し外れた丘の上になんかありますね、
ライカ:「迷うなんて日常茶飯事でしょ」
GM/山火事:なんだろうね、闇が輪っかを作ってる(って書いてある)
カーフ:「闇?」
カリリル:「なんだあれ?」警戒しつつ近づきます
GM/山火事:どうやら入ることができそうですね、入ります?>はいるなら全員でね
ケニー:入ってみます?
ライカ:入りたくないけど入るw
カーフ:「なんだろうねこれ」石ころぽーい
カリリル:「入るなら何があるかわからないから先頭行くな?」
GM/山火事:吸い込まれて消えます、どうなってるかはわからない
GM/山火事:はいるでFA?
カーフ:リーダーの仰せのままに
カリリル:先頭で入ります!
ケニー:うむ
ライカ:入る入る
GM/山火事:では皆さんが入るとですねぇ
GM/山火事:夜になります
GM/山火事:現在tbは14日目夜
ケニー:ど、どういう事だ...?
GM/山火事:んで、
カーフ:踏んだり蹴ったりすぎる…
GM/山火事:先頭のルルルは闇精鉱を見つけますね
GM/山火事:因みに後ろには光の輪っかがある
カリリル:「お?なんかあったな?」
ライカ:全然理解出来ないw
カリリル:今どこかとかわかりますか?
GM/山火事:停留所だね
カーフ:「ここを引き返せば昼に?」
ケニー:光の輪っかには触れるのかい?
GM/山火事:ドライ「そういうことかと>カーフ」
GM/山火事:触れますね、またくぐる?
カーフ:輪っかをくぐれば昼夜が逆転するらしい
カーフ:またくぐると15日目になるかと
GM/山火事:カーフ正解
ケニー:なるほど...
カリリル:どうしましょうね?
ライカ:時間は経ってる判定だろうから寝ないといけないし
カリリル:テントなら任せろー!
ライカ:野営するくらいなら1回帰ってもいいんだよね
GM/山火事:あ、いや、睡眠食事的な経過はしていないですね
カリリル:なるほど
ライカ:ってことは今日は寝ないで活動しても大丈夫?
GM/山火事:うん、ペナルティはない、暗闇ペナルティくらい
ライカ:そしたら鏡の池だけ行ってから考えよっか
カーフ:暗闇なら任せろー
GM/山火事:んでは14日目tb夜移動判定どうぞ~
システム:ライカさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5
GM/山火事:はい
カリリル:Hey!
ライカ:♪~(´ε`;)
システム:GM/山火事さんの「24/34/22」ロール(1d3)
→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 2
GM/山火事:では26停留所と34さかさまの沼をつないでくださいな
カリリル:o、
カリリル:前々から気になってたところですねぇ
ケニー:まぁ沼行ったことないから悪くは無いのかな?
ケニー:確か変なカエルがいたとか
ライカ:「また変な場所に出た...」
カリリル:「ここはあのグラランが言ってた場所か始めてくるな!」
カーフ:「まあよかった?のかな」
ケニー:「そういえば来たこと無かったね~」
カリリル:描写待ちぃ..Now Loading...

GM/山火事:一歩先で地面が終わり空が始まっている見上げると頭上10Mのところで空が終わり地面が始まっている空が下に、地面が上になっている頭上に見える地面は沼地になっていて木々が下向きに生えている、まるで空と大地がくるりと反転したようだ

GM/山火事:ドライ「…ここは酔いそうになりますねぇ、」
カリリル:「おぉ?これはどうなってるんだ」
カーフ:「今日は天変地異がよく起こる」
ライカ:「ルーンフォークでも酔うの?」
GM/山火事:皆さん、この沼に一歩近づきますか?
ライカ:怖いけど行くしかないw
カリリル:上の木に近づこうと飛翔してみます
GM/山火事:ドライ「はい、ここはやっぱりきついです」
ケニー:そうだなー...私は辞めとこう
GM/山火事:んーじゃあリーダーやな、1d6+6
システム:ライカさんのロール(1d+6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6+6)  →  2[2]+6  → 8
GM/山火事:うんじゃあライカは一歩踏み出すわけですが
GM/山火事:君が歩みを進めると、君は上空に向けて”落下する”
ライカ:( ’ω’)ファッ!?
カリリル:あのあの私も進んでるんですが一蓮托生な感じですか
カーフ:手とか取れないかな?
GM/山火事:かりりるは、重力がおかしくなって、気分悪くなるかな
カリリル:なるほど
カーフ:変なところで飛ぶと酔うのか
ケニー:落下か...ダメージがどうなるか
GM/山火事:ライカは冒険者+敏捷で13どうぞ
システム:ライカさんのロール(2d6+9)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  3[2、1]+9  → 12
カーフ:イチタリナイ
ライカ:器用に下回るスタイル
ライカ:アンカーとかでどうにもならない感じ?
GM/山火事:あー、では咄嗟に反応できたかの判定、カーフとドライは冒険者+敏捷で15@魔法はさすがに無理かと
システム:カーフさんのロール(2d6+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  4[1、3]+10  → 14
カリリル:ルルルちゃんは上空でひっくり返ったり戻ったりしてオロロロってしてます
システム:GM/山火事さんの「救出」ロール(2d6+6+3)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6+3)  →  7[3、4]+6+3  → 16
GM/山火事:OK
ケニー:ドライ君が有能ですね
GM/山火事:では落下しそうになるのをドライはうまく助けられました、ペナルティはなしです>ライカ
カーフ:あぶね器用に下回ってたから焦った
カーフ:「さすが主従」
GM/山火事:ドライ「…ヒヤッとしましたよ、もう少し注意深くしましょう」
カリリル:「お゛え゛ぇ゛ぇ゛」きりもみしつつ地面(上)に着水
ケニー:「面白い見た目の割に危ない所だね...」
ライカ:「これ、どこまで続いてるんだろ...」
GM/山火事:んではこのギミックも分かったことなんで慎重に進めばこの沼が探索できますね
ケニー:「...何してるんだい?」肩を揺すってやる
GM/山火事:探索で13どうぞ
カリリル:「飛んだら...上と下が...ぐるんぐるんして...お゛え゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛」
システム:カリリルさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  4[3、1]+6  → 10
ライカ:「何はともあれありがとう、ドライ」
システム:ケニーさんの「ほーい」ロール(2d+9)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  5[1、4]+9  → 14
システム:ライカさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
GM/山火事:ドライ「マスターを救うのは従者として当然です」
システム:カーフさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  8[6、2]+6  → 14
ライカ:「ドライ君がかっこいいこと言ってくる〜。・゚・(ノД`)・゚・。」
GM/山火事:では男性陣はこの沼が一定の所から上下が逆になっているのがわかる、さかさまの領域に入ると女性陣からはまるで天井に立っているように見えますね
GM/山火事:うん、うまく説明できないや!
ケニー:つまり、その場所に入るとさっきみたいになっちゃうって訳か。
ライカ:ん、中からも空に立ってるように見える?
GM/山火事:その通り、んでね~さかさまの領域で探索中の男性陣は変な蛙を見つける
GM/山火事:男性陣からは女性陣が逆さに立っているように見える
カリリル:これって通常の重力地帯から見たとき、まっすぐ柱状に地層が続いてるのかな...?
カーフ:「ん?カエルこれが元凶だったり、ないか」
GM/山火事:ごめん底まではわからない>なんか変な感じになってるよーとだけ
ケニー:「これがあの蛙...かな? なんか2人が逆さまに見えるけど」
カリリル:なるほど
ライカ:私的には隔絶されてるイメージ
カリリル:たこ焼き状と脳内補完しておこう
GM/山火事:んでそのカエル、どうします?
ケニー:「触ってみたら分かるんじゃないか?」手を伸ばしてみます
カリリル:食べる?
ケニー:その発想はなかった
GM/山火事:抱っこされても特に反応せず、首をかしげてますね>カエル
ライカ:解剖しよう
GM/山火事:食べる?
カリリル:かわいい
GM/山火事:解剖w
GM/山火事:できない理由はないし食べるも解剖もOK
カーフ:「試しに連れて行ってみようかな」
GM/山火事:因みにカエルは白黒の縞模様
カリリル:うしがえるだ!
GM/山火事:あ、連れ出そうとするとさかさまの領域からは出ようとしませんね
GM/山火事:逃げちゃう
ケニー:うーむ?
ケニー:センスマジックとか反応するのかな?
カリリル:酒呑ませる?
カリリル:動物の言葉がわかる何か...ないか
GM/山火事:センスマジックOKよ
GM/山火事:講師どうぞ
GM/山火事:酒飲ませても反応しないね
GM/山火事:酔っぱらった様子もない
カリリル:まだ飲ませてないからぁ!減らさないでぇ!
GM/山火事:OKです
システム:ケニーさんの「ほーい」ロール(2d+8)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  7[3、4]+8  → 15
GM/山火事:魔法反応○
カリリル:ふぉ
GM/山火事:これはマジックアイテムだ!
ケニー:やはり何かしらあったか!
カリリル:ディスペルしてみます?
GM/山火事:達成値はそうだなぁ、89(自動成功なし)とか
カリリル:美女と野獣的な出会いがあると信じてる(乙女思考)
ケニー:無理(笑)
カリリル:ふぇぇぇ夢が壊れたぁ
カリリル:「けろけーろ?」
GM/山火事:皆さんはこのカエル型マジックアイテムどうする?
ケニー:89で自動成功無しとか何回セッション必要なんすか...w
GM/山火事:カエル「?ろーけろけ」
ケニー:「何かしら使えたらいいけど...」
カリリル:お反応した
ケニー:ん?
ケニー:蛙→かえる→ひっくり返る?
カーフ:「逆さまにはなすのかな?」
カリリル:「?っこげ」
GM/山火事:おお!
ケニー:逆さまなここと何かしら関係がありそう
GM/山火事:カエル「げこっ?」
ライカ:「人が死にかけたってのに何捕まえてるのよ」
カリリル:「なるほどぉ...」
GM/山火事:ドライ「どうやらこれマジックアイテムのようですね」
GM/山火事:ドライ「皆さんはこれに心当たりとかないんですか?」
カリリル:「どうやら反対の言葉喋ってるみたいだなぁ...」
GM/山火事:というわけで、宝物館亭判定
GM/山火事:ケニー君は核心に触れてたので目標値18それ以外は24
GM/山火事:ドライは判定しません
システム:カリリルさんの「ヒラメ」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[5、3]  → 8
ライカ:「魔動機文明とは...関係無いかな」
システム:ケニーさんのロール(2d+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  7[6、1]+6  → 13
システム:ライカさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[2、3]  → 5
カリリル:「逆さ言葉はわかったが...何なんだ?この場所と関係があるのか?...うーん」
システム:カーフさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  9[4、5]+6  → 15
GM/山火事:ではカーフ君は達成値高かったんでボーナス
GM/山火事:これはね、古代魔法文明のしろもの、5桁は軽くいく値段してる
カリリル:oh
ケニー:Oh
カーフ:まじか
GM/山火事:うん、あとこれ武器だわ
カリリル:えっ
ケニー:武器!
ライカ:そんな高価な代物ってことは相当使えるのね
GM/山火事:カテゴリやランクは内緒
ライカ:投擲かな?
GM/山火事:ではそんなところかな、ここでの探索は
カリリル:ひっくり返す案はどうなったんですの?PL発想だから無し?
GM/山火事:では14日目TB深夜、移動宣言及び判定どうぞ
GM/山火事:ケニーが達成値高かったらその辺はつたえたかも
ケニー:すまんねー...💧
GM/山火事:カーフが達成値高かったからスカウト的に値段方面での情報提供にした
カリリル:そうですかーもっと修行してから来ましょうか
GM/山火事:ケニー君はこの判定18でできるからね
カーフ:そうか申し訳ない
ライカ:マーキングとかしとく?
ライカ:と思ったらメインソーサラーいないんだった
GM/山火事:籠にでも入れておく?
カリリル:かわいそう...
ケニー:ソーサラー1レベ足りない...
カーフ:「なくごう」
ライカ:籠なんて持ち合わせてるかな
GM/山火事:カエル「うごくな」
カリリル:「シャベッタァァァ」
ケニー:「!?」
カーフ:手にとってみるかな、逃げるか否か
ライカ:「どう考えてもここに関係ありそうだけど」
GM/山火事:カエル「ァァァタッベャシ」
GM/山火事:手に取る分にはそのまま、さかさまの領域から出そうとすると逃げる
GM/山火事:カエル「?!」
ライカ:どうやって発音してるんだw
GM/山火事:ほかにすることないなら移動宣言どぞ
カリリル:現状出来ないですし、いどうします?
ケニー:そだね
カーフ:なんとももどかしい
ライカ:今度こそ鏡の池行こう
GM/山火事:ではカエルはそんな皆さんを見送るとどこかに行ってしまいますね
システム:ライカさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
GM/山火事:OK
システム:GM/山火事さんの「ランダムの時間だ!」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
GM/山火事:んではですねぇ
GM/山火事:妖精の時間だ
カリリル:ドーモ、妖精=サン カリリルデス
GM/山火事:全員2d6
システム:カリリルさんの「グワーーッ」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  3[2、1]  → 3
システム:ライカさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[4、6]  → 10
システム:GM/山火事さんの「ドライ」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[1、5]  → 6
システム:カーフさんの「ラスト」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[3、1]  → 4
システム:ケニーさんのロール(2D6) → 7 (6、1)
GM/山火事:こいつはひでぇや
カリリル:wktk
GM/山火事:先ずはカーフ
GM/山火事:カーフ君の顔が変顔になる
カリリル:www
ライカ:www
ケニー:変顔www
GM/山火事:カー夫君を対象として魔法行使する際には精神抵抗力で15を行って失敗すると笑いだしてしまって詠唱できなくなる
ケニー:えぇーっ!?
カリリル:こいつぁひでえや!
GM/山火事:次にケニー君はなんもない
ケニー:よしよし
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
カリリル:あーこれ私が非道目に合う奴
GM/山火事:ドライ君は胸のあたりが輝きだす
ライカ:期待値許さん
GM/山火事:ルルルちゃんは例の透視能力
システム:ケニーさんの「今のうちに行使テストしとこう」ロール(2d+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  10[4、6]+10  → 20
ケニー:無駄に高ぇ!
GM/山火事:魔道機械が見えなくなる
ライカ:マジンザハンドとか出せそう(胸光る)
カリリル:わぁお
GM/山火事:ライカはね
ライカ:ラストって1番悪い
GM/山火事:あ、因みにルルルは全員が全裸に見えるで
カリリル:「お前らなんで脱いでんだぁ!?」
GM/山火事:透視だからね
ライカ:「もしかしてまた?」
ケニー:「いやいや...頭でも打ったのかい?」怪訝な顔をする
GM/山火事:ライカには小妖精がまとわりつきます
カリリル:「あ゛ーこっち向くなこっち向くなぁ!」
GM/山火事:ライカのあらゆる判定において3が自動失敗、11が自動成功となる
カリリル:おぉ!
GM/山火事:もちろんピンゾロ6ゾロも健在
ライカ:ギャンブラーじゃないか
カリリル:鸚哥さんなら大丈夫
ケニー:怖いけど上手くいかせれば...!ってとこかな?
GM/山火事:但し出目3では経験点は得られないので注意>五十点はピンゾロのみ
GM/山火事:ではちょっといつ帰ってくるかわからないので進めますね
ケニー:はーい
カリリル:継続時間を...
GM/山火事:継続は力なり
ケニー:ドライ君は光るだけでそれ以外影響はないのかな?
GM/山火事:じゃなくて1TBね
GM/山火事:あ、ドライは隠密できなくなる
カリリル:了解です
ケニー:ほいほい
GM/山火事:間違えた、1日
GM/山火事:6TB
GM/山火事:では鏡の池
ライカ:(・ω・(ヾ)YES
GM/山火事:背の高い葦が広がる湿地帯に出ますね
ライカ:「私だけ何かまとわりついてるんだけど、気になる...」

GM/山火事:14日目TBは深夜、あと34さかさまの沼と44鏡の池つないでおいてくださいな
カリリル:「草が邪魔だぁ!」
カリリル:OKです
GM/山火事:では1d6+6どぞ>代表者
システム:ライカさんのロール(1d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6+6)  →  6[6]+6  → 12
カリリル:鏡の池っていうからウユニ塩湖みたいなのを想像してた
GM/山火事:ではですねぇ、
GM/山火事:皆さんは近くから泣いている声が聞こえますね
カリリル:「誰か泣いてないかー?」
GM/山火事:(T_T)とすすりなくような声ですね
ライカ:「ただでさえ暗いんだから怖いこと言わないでよ」
ケニー:「なんだろ、またブラウニーとかかな?」
カリリル:「まぁ誰であろうとも酒を飲んで悩みを吐けば笑顔になれるさ!」
GM/山火事:では鳴き声のするほうに向かうとディーラがいますね、ちまっこいの
ライカ:「そのあとが怖い」
カリリル:まもちき?
GM/山火事:ウーロン茶の奴と同じだしいらないよ
ケニー:「誰かと思ったらディーラか。 何しているんだい?」
GM/山火事:ディーラはどうやらけがをしているみたいですね、翼がひどく傷ついている
カリリル:「怪我してんのか...治そうか?」
ケニー:応急手当反応してみようかな
カリリル:ウーンズ使う?
GM/山火事:HPにして10点分回復すればよさそう
ケニー:あ、了解
カリリル:行使してみますね
GM/山火事:応急手当でもOK、目標値10
システム:カリリルさんの「神聖行使」ロール(2d+4)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  9[4、5]+4  → 13
ケニー:アースヒールで十分だと💧
カリリル:あーでももう行使振っちゃったしなぁ
カーフ:カリリルの方がmp使わんしいいんでね、多分
ケニー:まぁそうか...というかカリリルがプリ取ってたことを抜かしていたぜ
システム:カリリルさんの「お酒だばーして消毒後にウーンズ」ロール(k10+4@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.10+4  →  2D:[6、5]=11  →  6+4  → 10
カリリル:いえす!
ケニー:サカロス神官だね
GM/山火事:ではけがが治りましたね
カリリル:「大丈夫か?よしよし」
GM/山火事:ディーラ「…おねーさん、ありがと」
GM/山火事:ディーラ「…おねーちゃん、うーろんのもりにいる、あいにきてね」
GM/山火事:そういってとことこ歩いて帰っていきました
カリリル:「おーう気を付けて帰れよー!」
ケニー:「お姉ちゃんが烏龍に...か。」
GM/山火事:というかルーちゃん幼女枠にもてるね
カリリル:特に何も聞かずに帰してしまった...
カリリル:ロリコンじゃないですし百合でもないです
ライカ:「何だったんだろ」
GM/山火事:あ、特に意味はないです、ただのそういうイベント
カリリル:なるほど
ケニー:カリリルPTお母さん的な立ち位置か
ライカ:てことはここには何も無いか、一旦帰る?
カリリル:おか..ん?
ケニー:どうやらここではなさそう...かな?
カリリル:行きましょうー北の骨の丘が一番近いです
GM/山火事:ではここらで探索判定と行きましょう
ケニー:お!待ってましたー
GM/山火事:探索で14どぞ
システム:ケニーさんの「探索行動」ロール(2d+9)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  7[5、2]+9  → 16
GM/山火事:あ
システム:カリリルさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[3、4]  → 7
ケニー:どうかしましたー?
GM/山火事:深夜だから暗視餅以外は-2のペナルティをと言おうと思ったが成功されてたでござる
システム:ライカさんの「50点プリーズ」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[2、5]  → 7
カリリル:a、
カリリル:+6わすれてました
ケニー:この探索で見つかるのかな?
カリリル:失敗ですがね
GM/山火事:うんみつかるね、
ケニー:( f ‘∀‘ )fヤッタゼ!
システム:カーフさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  5[3、2]+6  → 11
GM/山火事:では風の呼子は見つかった、他には見つからなかった
ケニー:「あったあった~これじゃないかな!呼子」
GM/山火事:後は帰ればミッションクリア
カリリル:「おぉ!すんなり見つかったな!」
ケニー:「迷ったけど無駄足踏まずに済んだのはリーダーのおかげだね!」
GM/山火事:因みに他に成功者がいたらボーナスアイテムがもらえた
ケニー:取り敢えず一旦帰りますかー
GM/山火事:では現在TB未明、移動宣言どぞ
カーフ:「そうだねあのカエルは色々試してみたい」
ライカ:「見つかったなら帰って大丈夫だよね」

GM/山火事:14日目、TB未明
カリリル:「おーぅかえるかー!」
ライカ:これ今来た道辿って帰れば安全よね
ケニー:だねー
カーフ:ですねー
GM/山火事:では
システム:GM/山火事さんの「らんだむさん」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
カリリル:ぶらうにーかもかも
システム:GM/山火事さんの「このイベントのきめかたなぁ、めんどい」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
GM/山火事:お
GM/山火事:では帰り道、
カーフ:イベントがましだといいなぁ
GM/山火事:皆さんはいそいそと木の根っこに入っていく多ビットを見つける
GM/山火事:ついていく?
カリリル:行ってみたいけど...どうします?
ライカ:引き留められない?
GM/山火事:引き止められない
ケニー:仲間...?
GM/山火事:話しかけても聞こえないかのように行ってしまう
カーフ:「これ以上の厄介ごとは避けたいけれど」
カリリル:「目的達成してるし寄り道もいいんじゃねえか?」
ケニー:同じ種族ならPC的には着いていきたいかな
ライカ:「早く温泉入りたい…けどタビットも気になる・・・どうしよう」
カーフ:(寄り道しかしてないような)
GM/山火事:ではついていくと
ケニー:「温泉は後でも入れるでしょー」グイグイ
GM/山火事:では皆さんがトトロ的な隠し穴に入っていくとですねぇ
カーフ:(また面倒ごとの予感)
システム:GM/山火事さんの「妖精のいたずらD」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
GM/山火事:OH
カリリル:oh?
GM/山火事:鏡の池、つまり戻った
カリリル:oh...
ケニー:Oh...
GM/山火事:まぁいいや、何事もなく帰れました
カーフ:「今日よく戻されるなあ」
ケニー:悪戯恐ろしや💧
GM/山火事:ミッションクリアです

GM/山火事:現在TBは14日目未明
ライカ:「帰ってきたー!」
カリリル:「ただいまぁ!」
ケニー:そういえばいたねー。
カーフ:今ならやれそうかな
ライカ:ドゥーム程度なら余裕でしょ
ライカ:クエストがてらってのがベストだけど
GM/山火事:ではキリをよくするため15日目TB朝まで仮眠休憩等してから火柱の党に向かうでOK?
GM/山火事:あ
GM/山火事:ちょいまち
GM/山火事:ミッション追加
GM/山火事:そこでね、火柱の塔向かうから
GM/山火事:25/妖精郷の鐘の材料を集めてください 推奨LV7 依頼人:フィットチーネ 概要 6種類の〈妖精鉱〉を手に入れて戻ってくる 但しそのうち3種類集めたら一旦フィットチーネのところに戻る
カリリル:なら行かなくてもよいか...
GM/山火事:話まとまったら教えてくださいな
カーフ:3種類ならもう持ってるけど
カリリル:届け物?おつかい?ラザニア?どうしましょ
カリリル:推奨7行くのです?
GM/山火事:うんえっとね、フィットチーネの依頼は、全部の妖精鉱を持って火柱の塔にきてっていうもの
ケニー:全部のか...
GM/山火事:あ、今ランダム妖精鉱降ってもいいよ?
システム:カリリルさんの「はーい」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
システム:ケニーさんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:カーフさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
GM/山火事:妖精鉱/1d6で対応するものを獲得 1炎精鉱/2水精鉱/3風精鉱/4土精鉱/5闇精鉱/6光精鉱
システム:ライカさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
カリリル:土がないかな?
カーフ:ですね
システム:GM/山火事さんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
GM/山火事:b
カリリル:さすがです
カーフ:さすが
カーフ:できる従者は格が違った
ライカ:(自分だけ炎2個目なんて言えない...:(´◦ω◦`):)
GM/山火事:今トータルで何個ずつですかね
カリリル:don’t mind!
カリリル:炎1風1
GM/山火事:自分は水、土の一個ずつ
ケニー:風と光です
GM/山火事:ルルルは闇も持ってますぜ
ライカ:炎×2w
カーフ:闇と光
カリリル:どうでした
カリリル:あー拾いました
ライカ:カーフかっこいいw
GM/山火事:うんでは後は火柱の塔に向かうだけやね
カリリル:いっちゃうぅ?
ライカ:いくいく!
ケニー:いっちゃお!
カーフ:よっしゃあ軽くしめてやるぜー
GM/山火事:では
GM/山火事:フィットチーネ「私先に向かってますので!」そういって駆け出していきました
ライカ:もう朝?

GM/山火事:現在TB朝15日目
カリリル:「じゃああとから行くなー」
ケニー:朝ですよー
カリリル:睡眠はとってます?
カーフ:「サクッとあれをスクラップだぜ」
GM/山火事:うん、未明に取ったってことにします
GM/山火事:では皆さんは火柱の塔に向かったと
ライカ:「皆さっさと寝ちゃうんだもんなー」
カリリル:OKです
カーフ:okです
GM/山火事:では相変わらず入り口には立ち入り禁止の文字が
GM/山火事:入ります?
カーフ:当然
ケニー:「出たなー...? 前はビビっちゃったけど」
カリリル:いえす!
ケニー:入場だぜ
GM/山火事:OK
ライカ:魔動ビークル出せます?
カーフ:「30秒足らずでスクラップだな」
GM/山火事:では相変わらずのでゅーむくん
GM/山火事:るるぶ1P400
ケニー:壊し屋頼んます!
GM/山火事:警告してくるけど当然無視よね
GM/山火事:では
GM/山火事:15で弱点判定ののち先制判定12
GM/山火事:場所はどこでもOK
システム:GM/山火事さんのロール(2d6+6>=15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6>=15)  →  8[5、3]+6  → 14 → 失敗
システム:ケニーさんの「セージ」ロール(2d+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  8[6、2]+6  → 14
ケニー:1足りない
カーフ:器用に下回る
GM/山火事:では弱点はわからず、先制どうぞ~
システム:ケニーさんの「やっぱり知力5はありがたい」ロール(2d+8)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  6[5、1]+8  → 14
システム:カーフさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  7[3、4]+6  → 13
GM/山火事:ではPCどうぞ~
GM/山火事:あ、その前に配置しちゃって
カリリル:とりあえず今回はカーフさんの体力もあるしいざとなるまでかばわない方針で行きますね
GM/山火事:ではPCどうぞ~
ケニー:はいよー
ケニー:攻陣Ⅰ
カーフ:受けます
GM/山火事:うける
カリリル:私ももらいます
ライカ:抵抗
ケニー:カーフ&カリリルにファイア・ウェポン拡大で
GM/山火事:行使どうぞ
システム:ケニーさんの「2回目のカーフには15以上」ロール(2 2d+11)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  9[4、5]+11  → 20
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  10[5、5]+11  → 21
ケニー:次どぞー
カーフ:そういや変顔で戦うのかしまらねぇw
カーフ:マッスルベアー全力攻撃でいいかな
ケニー:変顔したまま敵に突っ込むってどんな狂人だよ💧
GM/山火事:命中どうぞ
システム:カーフさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  3[2、1]+14  → 17
GM/山火事:ダメージ
カーフ:ピンゾロ怖い
ケニー:基礎値の暴力()
GM/山火事:ピンゾロ以外あたるからなこいつ
システム:カーフさんのロール(k45+30@12)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.45c[12]+30  →  2D:[3、2]=5  →  7+30  → 37
カーフ:デストローイ
GM/山火事:下半身残り9
ライカ:5の威力じゃ無いんだよね
GM/山火事:どこで間違えた…
ケニー:一度でいいから見てみたい♪ カーフが回転する所
カーフ:む、かけらありだったか
GM/山火事:いや、
カーフ:見間違いか失礼
GM/山火事:胴体40防護点6
カリリル:どうされる?私が下半身壊す?
GM/山火事:ルルルは命中-4ね>見えないから
ケニー:行ったれー
カリリル:しまったっ!?
カーフ:砲塔見てたすまん
ライカ:当たるんじゃない?(適当)
カリリル:飛びます 0m移動後 盾殴り です
GM/山火事:命中どうぞ
システム:カリリルさんのロール(2d+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  2[1、1]+6  → 8
GM/山火事:はい
カリリル:えへへ
ケニー:おめでとう!
GM/山火事:ライカどぞ
カーフ:ティダンが見ている
ライカ:んー獅子奮迅で3連クリティカルバレット
GM/山火事:上下どっち?
GM/山火事:砲塔か機銃か
ケニー:お、ライカさんライダーもう5になってたのよね、流石
ライカ:下から潰す
GM/山火事:では命中
システム:ライカさんの「まずライカ」ロール(2d6+11)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  6[5、1]+11  → 17
GM/山火事:OK
システム:ライカさんのロール(k20+10@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+10  →  2D:[6、4 4、6 3、3]=10、10、6  →  8、8、4+10  →  2回転  → 30
カリリル:おぉ
ケニー:うひょー
カーフ:えぇ
GM/山火事:下半身がぐちゃぐちゃになった
カーフ:オーバーキル怖い(ガクブル
ライカ:あと2発
システム:ライカさんのロール(2 2d6+10)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  9[6、3]+10  → 19
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  7[2、5]+10  → 17
GM/山火事:うちのアタッカーズ怖い
ケニー:カーフが言えた事か!?
GM/山火事:こっちは砲塔かな?
GM/山火事:ダメージどぞ
システム:ライカさんのロール(2 k20+10@9)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+10  →  2D:[2、1]=3  →  1+10  → 11
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+10  →  2D:[5、6 5、6 4、2]=11、11、6  →  9、9、4+10  →  2回転  → 32
カリリル:この卓の化け物じゃない枠は私とケニーさんだな(白目)
カリリル:また回しよって..
カーフ:くるくる回るよ
GM/山火事:しんだ

ケニー:私が化け物となるのはまだまだ先ですよ...経験点が全然足りない。
ライカ:1人で制圧できた件について
カリリル:それ
GM/山火事:こいつらどういうことだよ1tキルとか
カーフ:ガンは強いなぁ
カリリル:おかしくなぁい?ルーちゃんまったく活躍してないよぉ?
GM/山火事:ドライ君いじけるぞ
ライカ:そして未だに異貌出してない
ケニー:マギシューは強いなぁ(白目)
GM/山火事:因みにルルルは防護点いくつ?
カーフ:カリリルさんはゴジッテーン貰ったでしょ(理不尽
ライカ:ていうか何で私も化け物の仲間入りしてるの
カリリル:んーとですねぇ?虫甲つかってようやく16です
ケニー:ようやく...?
GM/山火事:聖騎士(LV7)の防護点が10です、つまりおかしい
カリリル:えっ
ケニー:私防護点7しかないよ...?
カーフ:化け物卓ですね間違いないw
ケニー:まぁ盾も無い上に習熟まだ取ってないのもあるけど
カーフ:5しかないんだがw
GM/山火事:防護点16わね、ラクシアでもこのLV帯なら最高値よ
ケニー:カーフさんはまだ鎧買い換えないのかな?
カリリル:ふぇぇぇそんな
ライカ:今のダメージでMP3しか使ってなかったり
カーフ:それを簡単に貫くガンってやっぱ強え
カーフ:鎧より火力に回してるから、やられる前にやれのスタンスですからw
GM/山火事:はい、というわけで皆さんが頭おかしいのは把握したのでオリジナル系は遠慮せずに行きます
ケニー:...それはそうとして、ドゥームも粉砕した事だし探索とか出来る?
GM/山火事:できるで
ケニー:私おかしくないっすよ!?
システム:ケニーさんの「探索」ロール(2d+9)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  6[1、5]+9  → 15
GM/山火事:知力B5は普通におかしい
ライカ:「見事なまでに手応え無かったね」
ケニー:タビットだから...そんなに変かなぁ?
GM/山火事:うんではねぇ君は魔方陣を見つける
カリリル:ですねぇB5とか人の沙汰ではないです
ケニー:ほうほう
カーフ:「豆腐でも殴ったのかと」
GM/山火事:知力B5はね、おかしいのよ(経験談)
カリリル:「ちえー...活躍できなかったぁ」しょぼんとしてます
ライカ:私器用度B5なんだけど...人外なの?ていうかカリリルも平気で生命超えてるし
ケニー:大金はたいて勇者の証勝ってるからまだまだ成長するつもりです
カーフ:あれまともなのカーフだけ?
GM/山火事:んでね、炎精鉱を持つ二人はそれが反応しているのがわかる
ライカ:「射撃訓練にもなりゃしない」
カリリル:「おぉ?なんか反応して?」
GM/山火事:B5は人外魔境、覚えておこうね!
ライカ:「ん、何だろ」
カーフ:「ゼラとタイマンしなければ」(使命感)
ケニー:アッハイ
GM/山火事:んでね魔方陣の近くに看板があって
GM/山火事:炎精鉱を持つものはいるべからず、と書かれてる
カリリル:「なんて書かれてるかわかるか?」
GM/山火事:魔法文明語で
カーフ:「なるほどわからん」
ケニー:「炎精鉱持つもの入るべからず...振りかな?」
ライカ:「ドライ、読める?」
カリリル:「おぉ?なら私が持たずに入ってみるか?」
GM/山火事:ドライ「炎精鉱持つもの入るべからず、ですね」
GM/山火事:持たずに入ってもなんも起きない
カリリル:「なんだー期待外れだな」
ケニー:「持って入ってみたら?」
ライカ:「そうだねちょっと入ってみる」
カリリル:では持って入りますかねー
GM/山火事:そっかー

GM/山火事:???/18%

GM/山火事:では
ライカ:あ、これ所有者以外でも試すべきだったかな
カリリル:おぉ?おぉぉ?
GM/山火事:持って入るとですね

GM/山火事:瞬間、空気が震える

GM/山火事:次第にそれは建物に、大地に広がる

カリリル:「んだ?これっ...」

GM/山火事:炎精鉱は魔方陣に吸い寄せられ

GM/山火事:火柱の塔に赤色の光か満ちる

GM/山火事:そして、

GM/山火事:揺れは収まった

ケニー:「なんだいなんだい?」

GM/山火事:皆さんは周囲がマナで満ちていくのがわかりますね

カリリル:「ただの地震でなかったのだけは..たしかだな」
GM/山火事:ドライ「………」
カリリル:建物の外に出て周囲を確認してみたいです
ケニー:んだね、何かしら変化が見つかればいいんだけど
ライカ:「全員周囲に異常なものとか見えてない?」
GM/山火事:うんそうだね、君は塔の頂上から光の柱が伸びているのがわかる、以前までの噴炎とは明らかに違っているね
カリリル:「お、おいあれ!」
ケニー:「前はこんなのなかった...よね?」
カリリル:光の柱は赤色ですか?
GM/山火事:うん赤色
ライカ:「危険なものじゃなさそうだけど」
カリリル:「もしかして...」
GM/山火事:うん、一個無くなった、ルルルの分がね
カリリル:「やっぱり...なのか?」消え入るように
ケニー:「なにか分かったのかい?」
カリリル:「なぁ...私はまだはっきりとわかったわけじゃないんだがよ...昨日の朝の話覚えてるか?」
GM/山火事:ドライ「……マクリール・ルーの歌のことですか?」
カリリル:「そうだ...6色の鎖が...って話で妖精鉱の色と人物か建物かの話をしただろ?」
カーフ:「だとするとあと5つか」
ライカ:「これと同じのがあるってこと?」
ケニー:「6色の鎖...解き放つか。」
カリリル:「あと5つも大事なんだがな?少なくともあの歌は【実際の出来事か未来の預言】について触れてるんじゃないかって私は思うんだ」
ケニー:「全部解いたら何が起きるのだろう...? そして残りは何処に」
GM/山火事:ドライ「未来の…予言?」
ライカ:「そういえばフィットチーネは?」
カリリル:「いまこうしてあたしたちが鎖を解き放ったんだと思う...少なくともこれは過去にあった大きな出来事だったか...今起こっていることの歌か」
GM/山火事:ここにはいませんね、階段があるのが見える
GM/山火事:その先にいるんじゃないかなと推測できていい
ライカ:「わざわざここに誘導したってことはカリリルの疑問の解決の糸口くらいは知ってるかもしれないし」
GM/山火事:ドライ「過去にあった…大きな出来事…」
カリリル:「だとすると...だ 死の神ってのはもしかするんじゃないかって...何かが眠ってるんじゃないかって思うんだ」
GM/山火事:ドライ「………!」
ケニー:「お、おいおい...あくまでも推測だろう? 仮にそうだとしたら...」
ライカ:そういえばドライ君って私と会う前にもに色々あったんだっけ
カリリル:「まだ不確定だけどな...?でも可能性はある話じゃないかと思う」
カリリル:「前にも言ったが、お伽噺や民謡には【実際の出来事】がかかわっていたりすることもあるんだ」
GM/山火事:その辺は語っていませんね、主にマスターに魔銃を渡すよう言われているだけ
GM/山火事:語られている部分は
カーフ:「しかし厳重に誰かが封印したんだ、解いたら悲劇再来なんてのも充分ありそうだけど」
GM/山火事:そうやね
ライカ:「お伽噺なんて聞かなかったなぁ、生まれのせいだろうけど」
システム:GM/山火事さんの「D/F」ロール(1d2)
→ SwordWorld2_0 : (1D2)  → 1
カリリル:「........そのことを頭に入れておかないといけないな...【魔女】がもしかしたら絡んでるかもしれねえし」
ケニー:「悲劇...ねぇ、突如消えたとか言うのはあったけど」
GM/山火事:ではですねぇ、ライカは冒険者+知力Bで16
システム:ライカさんのロール(2d6+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  6[3、3]+10  → 16
GM/山火事:お
カリリル:おぉ
GM/山火事:ではですねぇ、
ライカ:「封印っていうと神殿も怪しかったなぁ」
GM/山火事:ライカはドライがルルルの話を聞いていて僅かに動揺したのを見咎めました
ライカ:「ドライ君さ、何か隠してない?」
GM/山火事:ドライ「………?、マスター、どうかしましたか?」
ライカ:「いや、今ちょっと動揺したように見えたってのと正直私から見たらドライ君も謎多い存在だからね」
GM/山火事:ドライ「………、」
ライカ:「半分勘で聞いてみただけ」
GM/山火事:ドライ「…大丈夫です、特にないですよ」
GM/山火事:ドライ「少しスケールの大きな話だったので驚いただけです」
ライカ:「その言葉、信じていいんだよね?」
GM/山火事:ドライ「………僕はマスターの従者です」
ライカ:「分かったよ、変なこと聞いてごめんね」
GM/山火事:ではこんなもんかな、
ライカ:「ただ、何か気づいたら教えてね?」
GM/山火事:ドライ「大丈夫です」
GM/山火事:では特になければ続きどうぞ
カリリル:すごくシリアスなムードを演出してしまった...飲兵衛の明るいキャラどこ行った
GM/山火事:階段登る?
カリリル:「まぁ、今は頭の片隅にとどめてフィットチーネのとこ行こうぜー!」
カーフ:「スクラップが増えないといいねー」ボソッ
ライカ:「ん、ごめん待たせちゃった?」
ケニー:「なるようになるんじゃない...かな?」適当そうに
GM/山火事:ドライ「すみません、先程の揺れで彼女にも何かあるかもしれません、急ぎましょう」
GM/山火事:では階段を上るでOK?
ケニー:おk
システム:0-53さんが、入室しました。
ライカ:行くぞー
GM/山火事:ではそうだなぁ
GM/山火事:少し時間も押してるんで牧で行きます
GM/山火事:では皆さんはらせん階段を上っていくんだけど少しぼろい、
カーフ:(味方が味方とは限らないか)登りながら
GM/山火事:冒険者+敏捷で11、成功でうまく登れるが失敗すると少しもたつく>過半数成功
ライカ:ってことはビークルしまわないとダメか
システム:ケニーさんの「敏捷はらめええええ」ロール(2d+7)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[2、4]+7  → 13
システム:ライカさんのロール(2d6+9)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  5[1、4]+9  → 14
ケニー:行けた💧
システム:カリリルさんのロール(2d6+8) → 15 (3、4)
システム:カーフさんのロール(2d6+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  9[3、6]+10  → 19
GM/山火事:OKではうまくのぼれた
GM/山火事:最上階はガラクタだらけ、なんかでゅーむくんみたいなのが散らかっている
GM/山火事:んで
GM/山火事:最奥部には扉がある
カリリル:「フィットチーネいるか―?」
GM/山火事:半開きで2つの影が見えるね
GM/山火事:反応なし
カーフ:「2つ?」
カリリル:扉に近づきます
ライカ:待って
カリリル:ふぃ?
GM/山火事:BGMミスった
ライカ:センスエネミィで敵意あるか探ってからの方がよくない?
GM/山火事:やるまでもなくない
カリリル:あれするとばれるからなぁ
ライカ:脱出回みたいな不意打ちくらうよりマシよ
カリリル:二つの影の姿かたちは確認できますか?
GM/山火事:一つは妖精のエインセルだね、
ライカ:こちらが大声出してるのに反応無しってのが怖い
カーフ:先手必勝で不意打ちかますという手もあるけど
GM/山火事:もう一つはフィットチーネ、だけど様子がおかしいね
ケニー:様子がおかしい?
カリリル:どんな様子?
ライカ:何だ、フィットチーネいるのか
カーフ:単に集中してるだけだといいんだが
GM/山火事:近づくなら描写する
カリリル:近づきたいですが 少なくとも私はほとんど警戒しない
ケニー:まぁ近付くよね...?
ライカ:なら近づいて大丈夫そうね
GM/山火事:うん、では描写
カーフ:こちらは警戒でさっきのビーコンの影響?
GM/山火事:彼女は震えていた、
GM/山火事:顔は真っ青で肩を抱いて震えている、
GM/山火事:目は瞬きすることはなく涙を流している
カリリル:「フィットチーネ?どうしたんだ?フィット...チー...ネ?どうした!」駆け寄ります
GM/山火事:こんな感じかな
ケニー:「おーい...どうかしたのかい?」
カリリル:即座に抱えてエインセルを警戒します
GM/山火事:エインセル「そうなんです!さっき揺れた時からずっとこんな感じで…」
カーフ:「また何かいるのか?」カリリルについていくけど
GM/山火事:エインセル「私フィットチーネちゃんとここでお話ししていたんですけど」
カリリル:「大丈夫か?あいつに何かされたのか?」背中を優しくさすりながら「お前は誰だ?」
GM/山火事:エインセル「揺れの時に急に立ち上がって、そこからこんな感じに…」
GM/山火事:エインセル「あ、私はスクーデルって言います、エインセルです」
ライカ:「揺れっていうとここが光り始めた辺り?」
GM/山火事:スクーデル「ここで魔法装置の管理をしてました」
GM/山火事:スクーデル「はい!今もここは炎のマナにあふれてて…」
ケニー:「やっぱり不味かったのか...? 入るべからずって書いてあったからさ。」
GM/山火事:みんなはここがあったかいことに気が付く
カリリル:「何か...怖いものでも見たのか?」落ち着かせるように抱きかかえながら
カーフ:「先に行くべきだったか」
GM/山火事:彼女は固まったままですね、ただひたすらに涙を浮かべながら
GM/山火事:ーーーー小さくつぶやいたーーー
カリリル:「...そうか...今は話せないなら無理はしなくてもいいぞ?」
GM/山火事:冒険者+器用で25
カーフ:「とりあえずおもてなし亭に?」
カリリル:くぅつらい!
システム:ケニーさんの「無理ぽ」ロール(2d+7)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[2、4]+7  → 13
ライカ:「落ち着かせたいし1回連れて帰る?」
システム:カリリルさんのロール(2d6+8) → 15 (2、5)
システム:カーフさんのロール(2d6+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  9[3、6]+10  → 19
システム:ライカさんのロール(2d6+11)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  10[4、6]+11  → 21
GM/山火事:おお
GM/山火事:んじゃカーフライカは少しだけ聞き取れた
カーフ:よしっ
カリリル:ないすですっ
GM/山火事:ーーーーめーーさいーーーー
ライカ:1番思いつくのはごめんなさいだけども
ケニー:うむ
カーフ:「ごめんなさい?一体なにが?」
GM/山火事:ドライ「………」
ライカ:まめくださいかもしれないw
カーフ:「とりあえずおもてなし亭に連れて帰るか」
GM/山火事:w
カーフ:なんでや
カリリル:おぉ?
ケニー:めんどくさいとかじゃない?w
カリリル:やめてくださいとかもありえる

GM/山火事:~マスターシーン~
GM/山火事:妖精郷、さかさまの城
GM/山火事:そこに眠るのは、小さな神、
GM/山火事:幾度も目覚め、幾度も眠る
GM/山火事:???「まずは一つ、かぁ」
GM/山火事:???「彼らは順調なようだね、ここまで来たのは、32組、」
GM/山火事:???「”ココ”まで来たのは、二組だけ、」
GM/山火事:???「そして、」
GM/山火事:???「彼らはどこまでかな?」
GM/山火事:???「もし、ここまで来たなら、」
GM/山火事:???「彼らはどんな色を見せてくれるのかな?」
GM/山火事:小さな神様は未だ微睡む
GM/山火事:妖精郷の光は遠い
GM/山火事:ー白百合の谷ー
GM/山火事:ディアナ「………また、始まったのですか」

GM/山火事:こんなところかな
GM/山火事:では皆さんはどうします?
カリリル:なるほど...いろいろ分かってきたかも
ケニー:ディアナ久し振り!
カリリル:これはここまで見えてるPL目線だからPCには反映させないようにしないと
カーフ:なんか凄くやらかした感があるけど、カリリルさんに推理は任せた(丸投げ
ケニー:私も少しは思い付いたけど
ケニー:取り敢えず強くならないとこれからの物語は厳しい戦いになるのではと。
ライカ:とりあえず帰還しようかな
GM/山火事:OK
カリリル:歌の中のマクリールについて少しわかったかもしれない...とだけ聞きたければ中途半端な予想なうえ、不確かですがお話します
カリリル:帰還OKです
GM/山火事:俺が聞きたいかな>推理
カリリル:では稚拙な私の考えですが、失礼
カリリル:歌の歌詞、穢れをはらう祈りに~ 不死なる神をころせとあります
カリリル:これは、マクリールが父子なる神滅ぼす存在であることは明白にわかります
カリリル:明白(自分目線)
カリリル:父子じゃないです不死です
カリリル:まずは一つとの先ほどの発言...歌の中の歌詞的に、
GM/山火事:まぁ当たってるとも限らないしね?
カリリル:城が、現段階では【1つ】ありますよね?
ライカ:第1推測は推測にしかならないからね
カリリル:妖精王の城です。あと、先ほど解放したら【逆さの城】の謎の存在が笑っていました
カリリル:これは、もしかすると、城に封印されている【妖精王】と関係がある
カリリル:歌詞の中の妖精たちを奮い立たせよは、冠のことか?
カリリル:...これはもしかすると、ですが 逆さまで私の頭に浮かんだ光景が表裏一体のお城だったんですよ (主に鏡の池と逆さまの沼の影響)
カリリル:水面?のようなものを境に反転しているお城みたいな
ケニー:ふーむ...?
カリリル:とすると、妖精王と同一人物か、もしくは肉親のような存在が封印されてるのかと
GM/山火事:にゃるほどにゃるほど
カリリル:鏡合わせで、良い人物 と 欲深い、軍を率いた人物 がこれまた鏡合わせのようで
カリリル:タイプミスですが、つまりフェットチーネの言い分良い人物との反転した感じ...何が言いたいかわからん成ってきた
カリリル:結論>> マクリール・ルー は妖精王もしくは???もしくは両方と仮説づけてます(ガバガバ)
GM/山火事:ふむふむ
カーフ:えーとジキル&ハイドみたいな二重人格の可能性とかはあるのかな?よくわかって無いけど
カリリル:そういうこと
GM/山火事:まぁGMからの言及はなし、ということで

※今回のエピローグ
その後、フィットチーネは目を覚ましました。そして彼女は謝罪して直ぐに妖精鉱を持って火柱の塔に向かいました。
引き止めても「大丈夫ですから」と困ったように笑っていってしまいますね。そしてしばらくしたら妖精郷の鐘を作って戻ってきますね

システム:GM/山火事さんのロール(4d2)
→ SwordWorld2_0 : (4D2)  →  5[2、1、1、1]  → 5
カリリル:歌をよく見ると、???であり、妖精王のような記述が散見されるということでした
システム:GM/山火事さんの「上半身/下半身」ロール(2 2d6)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[3、5]  → 8
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[3、4]  → 7
システム:ケニーさんのロール(5 gr)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : [1、2]->(器用度 or 敏捷度)
→ 2回目: SwordWorld2_0 : [5、5]->(知力)
→ 3回目: SwordWorld2_0 : [3、5]->(筋力 or 知力)
→ 4回目: SwordWorld2_0 : [1、6]->(器用度 or 精神力)
→ 5回目: SwordWorld2_0 : [2、1]->(敏捷度 or 器用度)
カリリル:5 gr
システム:カリリルさんのロール(5 gr)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : [3、4]->(筋力 or 生命力)
→ 2回目: SwordWorld2_0 : [6、6]->(精神力)
→ 3回目: SwordWorld2_0 : [1、4]->(器用度 or 生命力)
→ 4回目: SwordWorld2_0 : [3、2]->(筋力 or 敏捷度)
→ 5回目: SwordWorld2_0 : [4、4]->(生命力)
システム:ライカさんのロール(5 gr)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : [6、4]->(精神力 or 生命力)
→ 2回目: SwordWorld2_0 : [5、2]->(知力 or 敏捷度)
→ 3回目: SwordWorld2_0 : [2、5]->(敏捷度 or 知力)
→ 4回目: SwordWorld2_0 : [1、5]->(器用度 or 知力)
→ 5回目: SwordWorld2_0 : [3、2]->(筋力 or 敏捷度)
システム:ケニーさんの「証」ロール(2 gr)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : [5、4]->(知力 or 生命力)
→ 2回目: SwordWorld2_0 : [4、1]->(生命力 or 器用度)
システム:カーフさんのロール(5 gr)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : [4、2]->(生命力 or 敏捷度)
→ 2回目: SwordWorld2_0 : [5、1]->(知力 or 器用度)
→ 3回目: SwordWorld2_0 : [6、3]->(精神力 or 筋力)
→ 4回目: SwordWorld2_0 : [5、3]->(知力 or 筋力)
→ 5回目: SwordWorld2_0 : [5、6]->(知力 or 精神力)
カリリル:生命、精神、生命、筋力、生命
ケニー:知力 知力 知力 生命 精神
GM/山火事:特になければ今日は解散ですね、エンディングに関して(めも4の奴)質問ややりたいことがあればどうぞ
カーフ:生命 知力 筋力 筋力 知力
カリリル:GMさんGMさんさっき推察したことを分かりやすくまとめてトピックあたりにでもまとめるのはありですか?
GM/山火事:いやしかし、こうやってPLが考察したりしてくれるとありがたいですねぇ!GM冥利に尽きる
GM/山火事:OKですよ~
カリリル:考察大好き勢です
GM/山火事:GM歓喜
カリリル:あと生命が2伸びれば生命Bが6に届きそう
GM/山火事:では解散ですかね、雑談するなりにお部屋はご活用くださいな
カリリル:おつかれさまですー
GM/山火事:乙です~
カーフ:お疲れ様です
システム:キャラクターリストからカリリルが削除されました。
ライカ:知力あと1か2でB5届く
ケニー:あと知力2でボーナス6か
カーフ:B6とか魔境だなぁ
システム:山火事さんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにカリリルが追加されました。
カリリル:こうなりました
カリリル:あっちがうわ
カリリル:こうだわ
カリリル:はいHP70点到達しました
山火事:きたかぁ、タフネス
カリリル:ついにきました
紅碧:鉄壁もとったのでリーダーが前に出てきても大丈夫
システム:キャラクターリストからカーフが削除されました。
山火事:アタッカーは魔法D3連で飛ばしてきたり、固定値で30かましてきたりするしディフェンスは鉄壁だったりコンジャラーだったり、やばいなあ
山火事:コンジャラーのバフは実際やばい
0-53:色々おかしいPTだなぁ
紅碧:固定値30は本当におかしい
山火事:うそみたいだろ、まだ全力攻撃Ⅰなんやでこいつ
紅碧:まぁじぃ?
0-53:このままファイター全振りでもええねんで(にっこり
山火事:このままじゃ妖精郷が蹂躙される!
紅碧:この後はFAIをLv9まで一直線の予定
山火事:まぁこっちもいくつか隠し球あるしな、>戦闘は期待していいですぜ
紅碧:Lv9でガーディアンとろ
0-53:一回横伸ばし挟むべきかなあ
山火事:いや、成長は制限しないから好きに伸ばしてくださいな、その方がこっちとしてもいいから
0-53:ふむ上げるかサブも充実させるか、悩むなあ
システム:キャラクターリストからケニーが削除されました。
システム:キャラクターリストにケニーが追加されました。
ケニー:ふぅ...
紅碧:(インペリアルの鎧欲しいなぁ...)ボソッ
山火事:きちゃったかーDT
ケニー:コンジャ7 ライダー5になったー... ソーサラーも伸ばさないと
紅碧:インペリアル使えるころには防護点が20超えるなぁ
ケニー:とりまメイン呪文その1は覚えたけど その2までが遠いよぉ
山火事:前衛コンジャラー本領発揮ですねぇ
山火事:その2、こっちは俺が知らない奴かな
ケニー:ソーサラーは7か8どっちで止めるか迷い中
ケニー:その2
ケニー:先に言っときましょか?
山火事:いやいい、
山火事:楽しみにしておくです
ケニー:はいなー、披露は随分先になるだろうけど
紅碧:こうして魔物が超強化されるのであった
山火事:魔物データはもう既にある程度纏めてありまっせ
紅碧:魔法もしくはガンを使ってくる強いやついっぱいいるんだろうなぁ
山火事:いや?そんなことはない
0-53:それはそれで
山火事:防護点が生きないと面白くないでしょうから
ケニー:取り敢えずお金が足りなそうだぜ☆
山火事:真正面から潰す
紅碧:それはそれでつらいけど楽しいのでよし!
0-53:カリリルの防護点ブチ抜いてくる宣言とか怖い
紅碧:よっしゃそのころには防護点20代行ってやるぅ(なお経験値)
山火事:まぁ色んなギミック考えておきましょう
山火事:いやー敵データ作成が捗る捗る
紅碧:20代行くならLv13くらいになります(遠回しな命乞い)
ケニー:ドリアの変換効率を何とかしたいものだけどなぁ
山火事:今キャンペーンLV15まで想定しているので(経験点あげすぎた)
紅碧:あ、ならいけます
ケニー:おー
山火事:皆さんさえ良ければ超越も視野に入る
ケニー:ではゆっくりウィザード育てますかな
0-53:ここには化け物しかいないのか
紅碧:超越ってサプリ何が必要でしたっけ
ケニー:超越はアレだ
ケニー:FC
0-53:フォルトナコードだったかな
山火事:フォルトナコードですね、サプリなしでも出来るようこちらで手配するつもりです
紅碧:取り寄せよう
山火事:あ、大丈夫です
山火事:超越はお金に負担かけちゃうのでこちらである程度手回しします
山火事:まぁそこまでいくかわからないし、多少はね?(LV13までは行くと思う)
ケニー:私の最終形態ってどんな感じだろ...妄想が止まらぬ
0-53:私はLLと一緒に近々買う予定だから大丈夫です
紅碧:別卓でも超越で遊びたいですし、買います
ケニー:あ、けどもう戦闘特技はほぼ確定かなー 取り敢えず11Lvまでは
山火事:LLかぁ、買おうかな
ケニー:1番見てますよLL(笑)
0-53:超越者がぽんぽんいるラクシアかぁ終わったな
山火事:俺はキャンペーンのビルドは最初の段階で全部決める派
紅碧:LLとAWも欲しいなぁ...
ケニー:あと使える卓は少ないけどAOGも浪漫あるよね
紅碧:AoG
紅碧:AoG売っててなんでAWないんや!
0-53:ほいバークメイルっと
ケニー:あ、そだGMさんや
ケニー:リビルド温泉あったけど...流石に生まれまでは無理よね(単に聞いてみただけ)
山火事:生まれはむり、諦めて
0-53:流石に色々めんどくさそう
山火事:後リビルド温泉に関しては基本的にGMがある程度制約を決めます
システム:キャラクターリストにカーフが追加されました。
ケニー:おkおk
山火事:まぁ基本方針を変えるなってだけ
山火事:ガラッとビルド変わるとメンバーにも弊害が出るので
0-53:ビルドはほいほい変わってしまう…基本方針は変えないけど
山火事:まぁだからこそリビルド温泉は本来よりも制約をかなり重くしている
山火事:そんだけ払うなら認めますって感じ
ケニー:リビルドはまぁ基本的にはできるだけしないようには考えてるけどねぇ
ケニー:取り敢えず改造は早めに解禁したいね💧 騎乗しながら杖と盾の両手持ちとかはしてみたい(笑)
山火事:改造の為にはニョッキの依頼ですね
紅碧:盾が増えていく...
山火事:イフリートの奴
ケニー:んだねー、武器預けなきゃだから発動体は売らずに取っておいてますぜ
山火事:壁2枚、アタッカー2枚ですもゆねー
ケニー:そう考えればバランスは良いのかな?
山火事:ラクシアでの戦いはここから激化していきますからねー
0-53:最終的に全員前衛で蹂躙してそう
紅碧:一人はリジェネ付き盾 一人は魔法系盾 ...つよい
山火事:実際全員前衛だもんな現状
ケニー:んー、けどまだ次回は本領発揮できないかと。
山火事:ライカは回避盾、純粋な盾のルルル、前衛コンジャラーケニー
ケニー:ホースには搭載が無いからなぁ、遠隔指示で指示はできても移動が出来ないしね
0-53:あれ?もしかして守られてばっかでは
紅碧:アタッカーは任せた
ケニー:殴りは任せたぜ!
紅碧:物理身代わりなら任せろ
山火事:あ、大丈夫ですよー、今回ので騎獣解放されたんで
ケニー:お?
0-53:あれいつのまに
ケニー:どこまで開放されたんです?(*・ω・*)wkwk
山火事:呼び子よ
山火事:ウォーホース、キャリッジ、ドルフィン、ピポグリフ、ペガサス、ワイバーン
山火事:後はexのカバとか
山火事:ヒポポタマス
ケニー:お目当てのカバキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ケニー:さっそくレンタルじゃい
0-53:幻獣に乗って戦うのはロマンがある
山火事:ちょっちまっち
0-53:カバ目当てだったんです?
ケニー:む、何でしょうか
山火事:カバさんのレンタル代確認
紅碧:かばのかばう...なんでもなす
システム:0-53さんが、入室しました。
ケニー:LLだとレンタルは2000ですな 購入だと20000だけど
山火事:2000MMやね
ケニー:当然払いますー、暫く世話になりますぜぃ
山火事:サプリ本体にはなかったから、確認してたの>他との照らし合わせ
ケニー:にゃるほど
システム:0-53さんが、入室しました。
山火事:いやはやしかし、はてさてどうなることやらって感じですね
山火事:先が楽しみ
ケニー:うむうむ。 考察もどこまであってるんだか(笑)
山火事:それを言ったら、ねぇw
ケニー:楽しみにしてますw
山火事:詳しくは君の目で確かめてみろ!って感じでね
ケニー:んではカバのデータも作っておかねば...10話でお会いしましょう!
ケニー:サラダバー
紅碧:おつかれさまでしたー
0-53:お疲れ様でした
システム:キャラクターリストからカーフが削除されました。
システム:キャラクターリストにカーフが追加されました。
山火事:ては俺も寝ますか、乙ですー
0-53:お疲れ様です
紅碧:あ、明日早いの忘れてた まっずい
紅碧:お休みなさいませー! 降雪とかは明後日位にまとめます
紅碧:考察!
0-53:おやすみなさいー
紅碧:ノシ
0-53:ノ
0-53:そういやドラゴンインファントは追加対象なんだろうか
山火事:Dインファイトも追加しますぜ
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。