【ソード・ワールド2.5】リプレイ「魔導の探究者_第四話「未知の金属」」

白猫
白猫トピックリプレイ 押されたいいね! 1
登録日:2022/05/10 00:22最終更新日:2022/05/10 00:22

本作は、「グループSNE」及び「株式会社KADOKAWA」が権利を有する『ソード・ワールド2.0/2.5』の二次創作物です。

システム:旅野さんが、入室しました。
システム:白猫さんが、入室しました。
システム:大久野しぐれさんが、入室しました。
システム:大久野しぐれさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにトレモロ・コルタードが追加されました。
システム:arcさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにイセン=チャッカが追加されました。
システム:ろっくさんが、入室しました。
システム:旅野さんが、入室しました。
旅野:こんばんは
システム:キャラクターリストにガジェ・ベシュレルが追加されました。
システム:キャラクターリストにロームパペット1号が追加されました。
大久野しぐれ:こんばんは~、本日もよろしくお願いします。
システム:キャラクターリストにジョシュア・ジョンストンが追加されました。
ろっく:よろしくお願いします
白猫:kkonnbannwa-
白猫:こんばんわー
ろっく:ゆとシートで管理
GM/白猫:5ふんほどおおもちください
ろっく:了解です
大久野しぐれ:承知しました~
旅野:了解です。
白猫:よし、固まっていたPCが復活したんでいきます。
ろっく:はーい
arc:はーい
大久野しぐれ:はーい
旅野:はーい
GM/白猫:では、魔導の探究者_第四話「未知の金属」をはじめていきます
イセン=チャッカ:よろしくお願いしまーす
ろっく:よろしくお願いします
トレモロ・コルタード:よろしくお願いします!
ガジェ・ベシュレル:よろしくお願いいたします。
GM/白猫:夏も折り返し、日差しもわずかに和らいだころ。
システム:白猫さんが、入室しました。
GM/白猫:日射しから逃げるかのように君たちはサークル部屋に集まっていた
GM/白猫:薄闇と静寂の漂う部屋のなかには君たちしかいない
イセン=チャッカ:「んん…さすがに…この日差しの中…鎧着てると…熱い…。 でも…ここは涼しくて…いいな」のんびりしてる
トレモロ・コルタード:「天気がいいのは喜ばしいことだが……そろそろ涼しくなってくれると助かる。ここは快適だ」
ガジェ・ベシュレル:「暑い…ゴーレムの土臭さがひやっこい…」ぐでん
ガジェ・ベシュレル:そういえば夏休みはないんですっけ、魔導学院
GM/白猫:さて、そんなこんなできみたちがいい感じにとろけていると廊下から誰かが走ってくる足音がする
イセン=チャッカ:「うん…? 誰か…来たね? 誰だろう…」
ガジェ・ベシュレル:「あの騒がしい感じは姉御だろうか」居住まいを正しながら
システム:白猫さんが、入室しました。
白猫:途中でまるで穴に落ちたかのような鈍い音のあと、部屋の扉が勢い良く開かれる
ガジェ・ベシュレル:(そういえば結局穴を誰も直してなかったな…)と思いつつ扉の方を見ます
白猫:「きら君たちがこの合金を見つけたんだよね!いったいどこで見つけたんだい!!」
ガジェ・ベシュレル:「……(知らん人に言ってもいいのかな?の顔)」
トレモロ・コルタード:「ええと……要件から切り出してくれるのは助かるが、まずは名前を名乗るべきではないか」
白猫:「い、すまないね。僕の名前はエール。しがない魔動機術師だよ」
白猫:そこには頬に煤をつけ、ローブの裾がすこし焦げている少年がたっているね
イセン=チャッカ:「…なる…ほど。イセン…です。よろしく…お願いします」
ガジェ・ベシュレル:「マギテックか。どうりで誰も面識がない。ガジェです。エール…先輩?」
GM/白猫:そしてその手には以前、君たちが競技場で暴走ゴーレムから手に入れた合金が握られている。
トレモロ・コルタード:「なるほど、エールと。オレはトレモロだ。それで、合金というのは……確か、」(ガジェに目配せする)
システム:キャラクターリストにえーるが追加されました。
システム:キャラクターリストからえーるが削除されました。
えーる:「アリッサと生徒会から依頼されてこの合金に関して調べてたんだ。でも調べれば調べるほどに分らなくなっていく」
ガジェ・ベシュレル:(トレモロと目くばせをして)「それはそうだな。ある女生徒がゴーレムの素材として使っていたものだ」
イセン=チャッカ:「その…合金は…たしか」
えーる:「結論から言おう。この合金は未知の金属だ。ベースがイグニタイトだってことはすぐに分かった。けどそれだけなんだ」
えーる:「成分も配合比率も分からない。ただ、この合金を作った奴は間違いなく天才だ」
GM/白猫:そういうとどこか恍惚とした笑みで合金を眺め始める
イセン=チャッカ:「女生徒は…誰かに渡された…って言ってたけど…」
ガジェ・ベシュレル:「…確か、怪しい奴から貰ったものだとは聞いたが…」
えーる:「怪しい奴か・・・。ならあの話ももしかして?」 急に現実に戻ってくるale
トレモロ・コルタード:「あの話、というのは? 詳しく聞かせてくれると助かるのだが、構わないか」
えーる:「実は西区の路地裏、スラム街で最近妙な人影の目撃談が相次いでいる」
ガジェ・ベシュレル:「順序だてて頼みたい。みんな暑さで溶けているんだ…」
えーる:「死んだはずの人を見た、手足が金属の人とすれ違った、などというものだ」
えーる:「しかも話を聞くと話に出てきた金属とはこの合金らしいんだ。ぜひとも調査してほしい」
えーる:「でだ。この合金を見つけてきた君たちに依頼したい。もっとサンプルが欲しいんだ。流石にこれ一個じゃやれることに限界がある」
ガジェ・ベシュレル:(ってことは、下水道で見つけた認証キーを渡しても仕方ないんだろうなぁという顔)
トレモロ・コルタード:「なるほど、さんぷる……ええと、とにかくそれと同じものをたくさん集めてほしい、ということだろうか」
ガジェ・ベシュレル:「えーと、それは先輩からの命令か?依頼か?」
イセン=チャッカ:「…金属の手ってその合金なの…かな?」
えーる:「依頼と思ってくれて構わない。研究資金から出そう。教授も説得できるはずだ」
えーる:「まだなんともいえないが、可能性は高いはずだ」
ガジェ・ベシュレル:「依頼か。なら…ジョシュア…溶けてないで起きてくれ、依頼が来たぞ。」といって訪問者が男性だから全く動かないジョシュアをつんつんします
イセン=チャッカ:「依頼だとしたら…受けても…いいです…けど」
えーる:「手に入れたら魔動機術学科の研究室まで持ってきてほしい。これ、研究室までの地図ね」
トレモロ・コルタード:「なるほど、お金が絡むのか。それなら真剣にやらねばならないな」(背筋を改めてしゃんと伸ばし、地図を受け取る)
えーる:「サンプルは多くて困ることはない。必要以上に集まったら買い取りもしよう。ぜひとも頼むよ」
イセン=チャッカ:「未知の合金…高そう…」
イセン=チャッカ:「みんな…受ける方向で…いいよね?」
トレモロ・コルタード:「もちろん、受けよう。例の七不思議と関係があるかもしれないからな」
ガジェ・ベシュレル:「いいよ。ガジェもその金属は気になっていた。暴走さえしなければゴーレムの素材にしたいくらいだ」
ろっく:「興味はないけど結構なお金になるなら」
ガジェ・ベシュレル:「というわけで、報酬は弾んで欲しい。頑張るので。」
えーる:「一人当たり1200G。さんぷるのついかがあればひとつ1000Gで買い取るよ」
ろっく:「この金属には危険が絡んでいるみたいだし、もう一声どう?」
イセン=チャッカ:「悪くは…ないかな? 探索するのはスラム…でいいんです…よね?」
えーる:「そうだよ。西区のスラム街。けっこう奥の方らしいよ」
ろっく:「消耗品の類でもいいからさ」
えーる:「そうだな・・・。今度魔動機術学科の女の子とお茶するんだけど、一緒に来る?」
ろっく:「よく調べているようだ。完璧だね」
ろっく:「君は依頼の完遂をのんびりまってればいい」
ガジェ・ベシュレル:「ジョシュアはお茶が好きだなぁ…」
えーる:「そういってくれると心強いよ。じゃあ、あとはお願いね!」
えーる:そういうとエーいちどあなにはまりながらのように颯爽と(一度穴にハマりながら)さっていく。
トレモロ・コルタード:「……いい加減、あの穴は塞いでしまおう」
イセン=チャッカ:「本当に…ね」
えーる:さて、特に何もなめれば西区に移動になります
ガジェ・ベシュレル:「ガジェたちは何かとスラム街に縁があるな。気を付けて行こう。(先輩方に書き置きをして出発しようとします)」
イセン=チャッカ:いきます
トレモロ・コルタード:行きまーす
ろっく:いきますー
ガジェ・ベシュレル:イクゾー
えーる:では、君たちは再び西区へと来た。
えーる:相変わらずの澱んだ空気に死んだ目の人たち。
えーる:しかし依然来た時とは違って何かにおびえているようだ。君たちと目が合うと相手は目をそらして去っていく。
ガジェ・ベシュレル:「…様子がおかしいな。なんだろう」
イセン=チャッカ:「…どうしたん…だろう。なにか…怯えている…ようだけど。 …これ・・聞き込みできるのか…な?」
ろっく:よそ者に対してって感じですかね?
GM/白猫:聞き込むなら適当な浮浪者に話しかけることもできるよ。どちらかというと人影に対してって感じだね。
ろっく:全体的にかぁ
ガジェ・ベシュレル:死んだ人うんぬんの噂が原因かなぁ?とりあえず聞き込みをしたいです
ろっく:聞き込み判定できますか?
ろっく:「ちょっとお酒を飲みながら話をしたいんだけどいいかい?勿論おごるよ」
GM/白猫:では任意の技能+任意の能力値で難易度13です。
システム:イセン=チャッカさんのプリースト使用でロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 10[5、5]+7 → 17
ジョシュア・ジョンストン:お酒奢る分で口軽くなったりできます?そこそこのエールだすとして
ジョシュア・ジョンストン:あとフェアウィ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 11[5、6]+6 → 17
GM/白猫:そしたらボーナスで+2が出るね
ジョシュア・ジョンストン:ありがとうございます!通常〈エール〉が1Gなので3Gほどだしときます
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト観察ロール(2d6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 12[6、6]+10 → 22
ジョシュア・ジョンストン:草
GM/白猫:やる気が凄いな・・・
システム:ガジェ・ベシュレルさんのコンジャラーで聞き込みロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 10[5、5]+7 → 17
ジョシュア・ジョンストン:RP関係なしにクリった
システム:トレモロ・コルタードさんのウォーリーダーで聞き込みロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 5[1、4]+7 → 12
ガジェ・ベシュレル:これはもう洗いざらい吐いてもらえるな
トレモロ・コルタード:……自分だけ聞き込み下手だなぁ
GM/白猫:「・・・それで、優秀な学生さんがこんなスラムに何の用だ」
ジョシュア・ジョンストン:出目はしゃーない
ジョシュア・ジョンストン:「なぁに、こういうとこには必要な情報がある者さ」
ジョシュア・ジョンストン:「必用な人も当然いる。だから手間暇を払ってでも教えてもらいに来たのさ」
GM/白猫:「その様子、まさか、お前達。死んだ人間でも追いかけてきたのか?」
イセン=チャッカ:「死んだはずの人を見た…とか…手足が金属の人…とか、目撃情報とか…知らない…かな?」
トレモロ・コルタード:「ご存じ、なのですか。それから、手足が金属の人。知っているのであれば、どこにいたのか、どこへ向かったのか。教えていただければ」
GM/白猫:「・・・お前さんたちは運がいいな。俺はこの辺りの情報をまとめている、情報屋だ。エールの分くらいは教えてやる」
GM/白猫:といってニヤリとわたっらあと、メモ1の情報を教えてくれる
ジョシュア・ジョンストン:「ありがとう。今後ともよろしく。君の利益になりそうなことがあったら提供するようにするよ」
ガジェ・ベシュレル:これは死んだはずの人なのか手が金属のひとなのか
GM/白猫:「もっと知りたければ・・・分かるだろう」 といって20Gを要求してくるよ
ジョシュア・ジョンストン:30G渡します
イセン=チャッカ:多い・・
ジョシュア・ジョンストン:「まぁ、今後ともってね」
ガジェ・ベシュレル:それを見て「…ジョシュアはこういう「お話」が上手いな。見習いたい」とニヤリ
GM/白猫:「話が速い奴は好きだぜ」 そういうと追加で話してくれる メモ1更新 
ガジェ・ベシュレル:後で4で割ろうね
イセン=チャッカ:「…下水道…なんだ」
ジョシュア・ジョンストン:金属かぁ
GM/白猫:以上だね。これ以上は彼も知らないようだ
ジョシュア・ジョンストン:ありがとうございます!
イセン=チャッカ:「あり…がとう。…下水道に…向かってみる?」
ガジェ・ベシュレル:「金属を身に着けていない…いや、ガジェはすでに体の一部が金属なのだが…囮になれるか…」
ジョシュア・ジョンストン:「流石まとめ役だ。俺に用があったらショーヤーとも知り合いだから話しかけてくれ」
トレモロ・コルタード:「下水道か……情報ありがとうございます。早速向かうとしよう。……あまり長居はしたくないが」
ガジェ・ベシュレル:「下水道なら気になる場所も残していたし、ちょうどいいな。ありがとう情報屋」
ジョシュア・ジョンストン:イクゾー
GM/白猫:「あいよ、あいつとも知り合いか。何かあったらよろしくな」
GM/白猫:レッツゴー
GM/白猫:君たちは情報通り下水道の入り口にいる。
GM/白猫:日が傾き始めたころ、夕暮れの茜色の光に照らされる道の奥から誰かがやってくる。
GM/白猫:足を引きずっているかのようなぎこちない動きだ。建物の陰から三体ほど現れる。
ジョシュア・ジョンストン:フェアウィはしときます
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 8[5、3]+6 → 14
ガジェ・ベシュレル:攻撃とかしてきますか?
イセン=チャッカ:「彼ら…は?」
GM/白猫:特に行動はしないね。君たちを認識すると、じっと立ち止まる
ガジェ・ベシュレル:「……害意はない、のか?話しかけてもいいか?」
トレモロ・コルタード:「あの情報屋の情報通りだ。死体ではないとのことだが、話は通じるだろうか。……君たちの名前を聞かせてくれるか! オレの名前はトレモロだ」
イセン=チャッカ:「…そう…だね。 僕は…警戒しておく…よ」
GM/白猫:へんじはない・・・
ガジェ・ベシュレル:ただのしかばねのようだ・・・
GM/白猫:地数いたトレロモは分かるかな。彼らの虚ろな目からは生気を感じないね。
GM/白猫:近づいた
トレモロ・コルタード:「……どういうことだ、生気を感じない。死体、ではないな……まさか、人形か何かか?」
ガジェ・ベシュレル:「腐敗臭はしないらしいから……はっ!まさかこれも一種のゴーレム…?!」
GM/白猫:シンクロした動きでトレロモをじっと眺めていた三体だが、その後ゆっくりとイセン、ガジェに視線を向ける
GM/白猫:そして君たちをまっすぐと見つめると、おもむろに武器を構える。
イセン=チャッカ:「! 」
GM/白猫:その姿にはそれまでのぎこちなさは鳴りを潜め、まるで一流の冒険者のように思えた。
ガジェ・ベシュレル:「おっと?」近づこうとしてたのをやめてトレモロを引っ張る
GM/白猫:というわけで、戦闘開始です
トレモロ・コルタード:「!! ガジェか、助かった」
イセン=チャッカ:「…いきなり…どうして…。でもくるなら…戦う…よ!」盾を構えながら
ジョシュア・ジョンストン:はーい
GM/白猫:よし、ではまずは魔物知識だ。12/14 12/14 12/15 の三体だね
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(3 2d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 9[3、6] → 9
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 8[5、3] → 8
→ 3回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 6[3、3] → 6
システム:トレモロ・コルタードさんの平目まもちきロール(3 2d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 8[5、3] → 8
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 6[5、1] → 6
→ 3回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 9[4、5] → 9
システム:ガジェ・ベシュレルさんのセージ知識ロール(3 2d6+6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+6) → 8[5、3]+6 → 14
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+6) → 12[6、6]+6 → 18
→ 3回目: SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[1、6]+6 → 13
ガジェ・ベシュレル:三体目の弱点は抜けずかな
GM/白猫:了解。メモ2にデータ出します
ジョシュア・ジョンストン:ありがとうございます!
ジョシュア・ジョンストン:6-7かぁ
ガジェ・ベシュレル:「あれは…やはり人ではない。骨格が金属のようだ…魔動機だな」
GM/白猫:では先制判定だ 目標値は13
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの先制力ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 2[1、1]+7 → 9
ジョシュア・ジョンストン:すまん
ジョシュア・ジョンストン:ゴジッったぁ!
イセン=チャッカ:後攻…ですね
トレモロ・コルタード:軍師の知略使います!
システム:ガジェ・ベシュレルさんの平目で一応ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 5[1、4] → 5
ジョシュア・ジョンストン:2人になっててよかった
システム:トレモロ・コルタードさんの知略先制!ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 11[6、5]+7 → 18
イセン=チャッカ:ナイスゥ
ジョシュア・ジョンストン:よしよし
GM/白猫:おk、PCがわからだ。
ガジェ・ベシュレル:トレモロが見切った!
イセン=チャッカ:自分は前に出るだけなんで他の人ドゾ
トレモロ・コルタード:「……この流れなら、先手を取れる! ……ふふん、軍師として決まったかな」(後衛です~)
ジョシュア・ジョンストン:魔法が痛いんでカンタマしときます?
ジョシュア・ジョンストン:私はバータフかサモンしようかな
ガジェ・ベシュレル:では5倍拡大カウンターマジック
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 4[2、2]+7 → 11
ガジェ・ベシュレル:発動。全員精神抵抗+2
ジョシュア・ジョンストン:サモンしとこうかな
ジョシュア・ジョンストン:イセンさん事故で落ちたらヤバいので
ジョシュア・ジョンストン:次行きます
ジョシュア・ジョンストン:サモフェⅡ
ガジェ・ベシュレル:あっ補助でバークメイルイセンさんに!
ガジェ・ベシュレル:シュッ!(効果音)
ジョシュア・ジョンストン:振る前でよかった
ジョシュア・ジョンストン:魔晶石5割ります
GM/白猫:はーい
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 6[2、4]+6 → 12
ジョシュア・ジョンストン:スプライト
システム:キャラクターリストにスプライトが追加されました。
ジョシュア・ジョンストン:相手は《鷹の目》ないからイセンさんだけにバータフでいいですかね?
イセン=チャッカ:スプライト召喚できましたっけ? いまレベル3ですよね?
ジョシュア・ジョンストン:3種縛りで4に上がりますね
イセン=チャッカ:それは各属性だけで、共通の魔法は上がらないので
イセン=チャッカ:…たぶんだったはず?
ジョシュア・ジョンストン:共通もになってなかった?
ジョシュア・ジョンストン:見直してみよ
イセン=チャッカ:うん、基本妖精魔法は対象外ですね
イセン=チャッカ:MA128pあたり
GM/白猫:MAのP128の下の方にありますね 基本は変わらないようです
ジョシュア・ジョンストン:前卓でゾック性関係なくなったって言われてたので行けるんだってなってた
ジョシュア・ジョンストン:じゃあウィプスか自分でバータフか
ジョシュア・ジョンストン:自分でバータフでいいや
ジョシュア・ジョンストン:失礼しました
ジョシュア・ジョンストン:イセンさんにバータフ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 2[1、1]+6 → 8
ジョシュア・ジョンストン:ふええ
GM/白猫:おっと
ジョシュア・ジョンストン:以上!
ガジェ・ベシュレル:動揺が出目に
ジョシュア・ジョンストン:動揺はないから単純に出目
イセン=チャッカ:よく稼ぐ…
GM/白猫:では次のお方
トレモロ・コルタード:それでは自分が。まず補助で防陣Ⅰ使用、それからライトニングで重戦士狙い、ゴーレムが前に出ているのなら魔法制御で除外で
システム:トレモロ・コルタードさんの魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 6[3、3]+9 → 15
システム:GM/白猫さんの重戦士の精神抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 5[4、1]+6 → 11
システム:GM/白猫さんの巻き込み判定 軽戦士 魔術師ロール(2 1d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 6
→ 2回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 5
ジョシュア・ジョンストン:つよい
システム:トレモロ・コルタードさんの重戦士のダメージロール(k20+9)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[4、1]=5 → 3+9 → 12
トレモロ・コルタード:-1で11ダメージか
トレモロ・コルタード:以上です
イセン=チャッカ:では最後に
イセン=チャッカ:前に出て
イセン=チャッカ:補助動作でビートルスキンを使用して
イセン=チャッカ:以上
GM/白猫:ではエネミーです
GM/白猫:まずは重戦士から
GM/白猫:補助でキャッツアイ、マッスルベアー
GM/白猫:主動作で全力攻撃1 イセンに行くぞー
システム:GM/白猫さんの命中ロール(2d6+7+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7+1) → 9[6、3]+7+1 → 17
システム:イセン=チャッカさんの 回避ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 5[2、3]+4 → 9
システム:GM/白猫さんのダメージロール(2d6+6+4+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4+2) → 10[6、4]+6+4+2 → 22
イセン=チャッカ:11点ダメ
GM/白猫:では続いて軽戦士
イセン=チャッカ:いや、9点か
ガジェ・ベシュレル:バークメイルでー2できるから
イセン=チャッカ:Aだったんですか…ならさらに-1ですね
イセン=チャッカ:8ダメ
トレモロ・コルタード:防陣でさらに-1でしょうか
GM/白猫:かったいなぁ
イセン=チャッカ:現状防護点が14ですね
ガジェ・ベシュレル:すみません、AB持ってるから言うべきでした。
システム:GM/白猫さんの命中 両手利き、双撃でイセンに行くぞーロール(2d6+8-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8-2) → 6[1、5]+8-2 → 12
GM/白猫:軽戦士の行動
システム:イセン=チャッカさんの 回避ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 7[4、3]+4 → 11
ガジェ・ベシュレル:おしい
システム:GM/白猫さんのダメージロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[5、2]+6 → 13
イセン=チャッカ:はじいた
システム:GM/白猫さんの二回目の命中ロール(2d6+8-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8-2) → 2[1、1]+8-2 → 8
イセン=チャッカ:お
GM/白猫:???
ジョシュア・ジョンストン:太陽が良く見える
トレモロ・コルタード:出目が荒れる荒れる
GM/白猫:では最後、魔術師の攻撃
GM/白猫:拡大/数 でイセンとゴーレムにリープスラッシュ
システム:GM/白猫さんの行使判定 イセン ゴーレム の順でロール(2 2d6+8)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+8) → 2[1、1]+8 → 10
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+8) → 6[2、4]+8 → 14
GM/白猫:???
イセン=チャッカ:やったね?
トレモロ・コルタード:操ってる人混乱してるなこれ
ガジェ・ベシュレル:GMとろっくさんがぞろ目並んでますね!
システム:ガジェ・ベシュレルさんのゴーレム精神抵抗カンタマ込みロール(2d6+5+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+2) → 7[3、4]+5+2 → 14
システム:GM/白猫さんのゴーレムにダメージロール(hk20+8@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20+8 → 2D:[2、4]=6 → (4+8)/2 → 6
ジョシュア・ジョンストン:お互い2回ずつ(なお振った回数
GM/白猫:以上です
イセン=チャッカ:回復はガジェに任せて平気かな?
ジョシュア・ジョンストン:ですねぇ
イセン=チャッカ:ガジェが前衛回復してくれるなら、自分はフォースなり行きますが
ガジェ・ベシュレル:まかせろーばりばりー!というわけで2倍拡大アースヒールで補助でゴーレムにバークメイルA
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 11[6、5]+7 → 18
システム:ガジェ・ベシュレルさんのアースヒール回復量 イセン、ゴーレムの順ロール(2 k0+7@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.0+7 → 2D:[2、3]=5 → 0+7 → 7
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.0+7 → 2D:[4、6]=10 → 3+7 → 10
ガジェ・ベシュレル:そしてゴーレムが重戦士を殴る
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロームパペット命中ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 5[3、2]+4 → 9
システム:GM/白猫さんの回避ロール(2d6+5-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5-2) → 4[3、1]+5-2 → 7
システム:ガジェ・ベシュレルさんのダメージロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 3[1、2]+4 → 7
ガジェ・ベシュレル:はじかれた…
ガジェ・ベシュレル:以上です
GM/白猫:弾いた
GM/白猫:では次の方
トレモロ・コルタード:おや、もう一発はいかないのですかね>2回攻撃
ガジェ・ベシュレル:あ!忘れてた。もう一発殴っていいですか?
GM/白猫:おk
ガジェ・ベシュレル:おふたりともありがとうございます!
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロームパペット命中ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 5[1、4]+4 → 9
システム:GM/白猫さんの回避ロール(2d6+5-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5-2) → 8[6、2]+5-2 → 11
GM/白猫:避けた
ガジェ・ベシュレル:今度こそ以上!
トレモロ・コルタード:では次は自分が。補助で防陣Ⅱ鉄鎧、ライトニングを重戦士に、制御でイセンとゴーレムを除外です
ジョシュア・ジョンストン:お先どうぞー
システム:トレモロ・コルタードさんの魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 8[6、2]+9 → 17
システム:GM/白猫さんの重戦士の精神抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[2、5]+6 → 13
システム:GM/白猫さんの巻き込み 軽戦士 魔術師ロール(2 1d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 1
→ 2回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 3
GM/白猫:当たったか
ジョシュア・ジョンストン:いいですねぇ
システム:GM/白猫さんの軽戦士の精神抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 9[5、4]+6 → 15
イセン=チャッカ:強い
システム:GM/白猫さんのm術師の精神抵抗ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 3[1、2]+8 → 11
GM/白猫:???
ジョシュア・ジョンストン:全突破
システム:トレモロ・コルタードさんの重戦士、軽戦士、魔術師ロール(3 k20+9)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[1、4]=5 → 3+9 → 12
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[2、2]=4 → 2+9 → 11
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[4、3]=7 → 5+9 → 14
トレモロ・コルタード:おっと、それぞれ-1でした、すみません
GM/白猫:痛いなー
ガジェ・ベシュレル:つよいなー!
イセン=チャッカ:すごいなー
ジョシュア・ジョンストン:今PTで一番冒険者Lvも高いですしね
トレモロ・コルタード:それで魔術師からなんか飛んでくるんでしたっけ……弱いの来い
GM/白猫:はい。では魔術師の体から黒い靄のようなものが人の顔のような形になってとれろもに飛んでくる
システム:GM/白猫さんの歪んだ妄執の情念が飛んでくるぞーロール(k15@10)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.15c[10] → 2D:[6、4 1、2]=10、3 → 6、1 → 1回転 → 7
GM/白猫:チッ
GM/白猫:以上です
トレモロ・コルタード:回ったけど助かったぁ~……!
トレモロ・コルタード:こちらも以上です
ジョシュア・ジョンストン:じゃあカッター投げときます
ジョシュア・ジョンストン:ウインドカッターを重い方に
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 10[6、4]+6 → 16
システム:GM/白猫さんの精神抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 5[2、3]+6 → 11
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのダメージロール(k10+6)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+6 → 2D:[5、6 4、5]=11、9 → 6、5+6 → 1回転 → 17
ジョシュア・ジョンストン:よすよす
イセン=チャッカ:ナイスゥ
ジョシュア・ジョンストン:以上!
トレモロ・コルタード:ナイスです!
イセン=チャッカ:では最後
ジョシュア・ジョンストン:私は戻ってきた!(出目
イセン=チャッカ:重戦士と魔術師に2倍拡大でフォース
ガジェ・ベシュレル:重戦士あと15くらいかな?
システム:イセン=チャッカさんの プリースト魔法行使ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 8[6、2]+7 → 15
システム:GM/白猫さんの重戦士ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 8[5、3]+6 → 14
システム:GM/白猫さんの魔術師ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 12[6、6]+8 → 20
GM/白猫:おお
イセン=チャッカ:抵抗された…
システム:イセン=チャッカさんのフォース 重戦士分ロール(k10+7@10)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+7 → 2D:[5、6 4、5]=11、9 → 6、5+7 → 1回転 → 18
ジョシュア・ジョンストン:つよい
イセン=チャッカ:ちょうどいったかな?
ジョシュア・ジョンストン:重戦士おちましたねー
トレモロ・コルタード:ピッタリ行った! すごい!
システム:イセン=チャッカさんのフォース 魔術師分ロール(hk10+7@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10+7 → 2D:[2、2]=4 → (1+7)/2 → 4
イセン=チャッカ:で、以上です
GM/白猫:ではヒトガタ_重戦士が倒れていく。その眼にはわずかながら感謝の意が宿っていたようにも思えた
GM/白猫:そしてエネミー側だー
GM/白猫:軽戦士がイセンを狙う
システム:GM/白猫さんの命中ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 5[4、1]+8 → 13
システム:イセン=チャッカさんの 回避ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 3[1、2]+4 → 7
システム:GM/白猫さんのダメージロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 8[2、6]+6 → 14
イセン=チャッカ:はじいた
ガジェ・ベシュレル:硬い
システム:GM/白猫さんの二回目の命中ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 10[4、6]+8 → 18
システム:イセン=チャッカさんの 回避ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 7[4、3]+4 → 11
システム:GM/白猫さんのダメージロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 10[5、5]+6 → 16
イセン=チャッカ:1点
GM/白猫:うへぇ
GM/白猫:魔術師の行動だ 食らえ、巻き込みでライトニング。対象はイセン
システム:GM/白猫さんの行使判定ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 7[1、6]+8 → 15
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 5
システム:GM/白猫さんの軽戦士巻き込みロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 4
ジョシュア・ジョンストン:自分回避
システム:トレモロ・コルタードさんの避けろ~ロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 4
トレモロ・コルタード:回避です
ジョシュア・ジョンストン:ガジェさんはゴーレム含め2回
システム:ガジェ・ベシュレルさんのガジェ、ゴーレム巻き込みロール(2 1d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 6
→ 2回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 2
システム:イセン=チャッカさんの生命・精神抵抗力ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 11[6、5]+6 → 17
イセン=チャッカ:抵抗
ジョシュア・ジョンストン:ゴーレムは当たるのでゴーレムの抵抗ですねー
システム:ガジェ・ベシュレルさんのゴーレム精神抵抗ロール(2d6+5+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+2) → 8[3、5]+5+2 → 15
ジョシュア・ジョンストン:両抵抗
システム:GM/白猫さんのダメージ イセン ゴーレムロール(2 hk20+8@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+8 → 2D:[3、4]=7 → (5+8)/2 → 7
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+8 → 2D:[4、3]=7 → (5+8)/2 → 7
GM/白猫:以上
ガジェ・ベシュレル:ゴーレムに14ダメージ
イセン=チャッカ:痛い…
イセン=チャッカ:14ダメ?
ガジェ・ベシュレル:あっ何故か足してました
ガジェ・ベシュレル:7!
GM/白猫:ではPCターンです
ガジェ・ベシュレル:では2倍拡大アースヒールでいいでしょうか
イセン=チャッカ:いいかと
ガジェ・ベシュレル:ほいさ!
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 7[1、6]+7 → 14
システム:ガジェ・ベシュレルさんのアースヒール回復量 イセン、ゴーレムの順ロール(k0+7@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.0+7 → 2D:[6、6]=12 → 4+7 → 11
システム:ガジェ・ベシュレルさんのアースヒール回復量 ゴーレム!ロール(k0+7@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.0+7 → 2D:[6、6]=12 → 4+7 → 11
イセン=チャッカ:強くない?
トレモロ・コルタード:出目がすごくいい……
ジョシュア・ジョンストン:うらやましい
ジョシュア・ジョンストン:GMは席外しているようなので、とりあえずゴーレムの殴り結果置いておけばいいと思います
ガジェ・ベシュレル:やったぜ
ガジェ・ベシュレル:じゃあゴーレムくん殴り命中をば
システム:ガジェ・ベシュレルさんのゴーレム命中ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 11[5、6]+4 → 15
システム:ガジェ・ベシュレルさんのゴーレム命中2発目ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 12[6、6]+4 → 16
ガジェ・ベシュレル:ええ…出目が良くて怖い…戒めが来そう…
イセン=チャッカ:…やっぱ強い…
トレモロ・コルタード:……メッチャあやかりたいんですけど。なんですかその出目
システム:GM/白猫さんの回避ロール(2 2d6+7)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+7) → 4[3、1]+7 → 11
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+7) → 5[1、4]+7 → 12
GM/白猫:当たったかな
システム:ガジェ・ベシュレルさんのゴーレムダメージロール(2 2d6+4)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+4) → 7[5、2]+4 → 11
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+4) → 9[5、4]+4 → 13
ガジェ・ベシュレル:6点8点、かな
GM/白猫:6,8点くらった
ジョシュア・ジョンストン:次行きますー
ジョシュア・ジョンストン:ウインドカッター:軽戦士
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 8[2、6]+6 → 14
システム:GM/白猫さんの抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[5、2]+6 → 13
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのダメージロール(k10+6)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+6 → 2D:[4、4]=8 → 4+6 → 10
ジョシュア・ジョンストン:以上!
ガジェ・ベシュレル:軽いのあと…8くらい?
イセン=チャッカ:なら自分が拡大して、倒し終わったら、後ろに魔法打ってもらったほうが効率いいかな?
トレモロ・コルタード:軽い方落とせるなら先に落としていただけるとありがたいです、ライトニング当たらないかもなので
ジョシュア・ジョンストン:ですねぇ
イセン=チャッカ:というわけで先に行きます。
イセン=チャッカ:…落とせなかったらその時はその時で
イセン=チャッカ:では自分の手番
トレモロ・コルタード:その時は頑張って巻き込みます!
イセン=チャッカ:魔法拡大/数を宣言して、軽戦士と魔術師に2倍拡大フォースで
システム:イセン=チャッカさんの プリースト魔法行使ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 9[4、5]+7 → 16
システム:GM/白猫さんの抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 8[6、2]+6 → 14
GM/白猫:ダメージどうぞ
システム:GM/白猫さんの魔術師ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 7[1、6]+8 → 15
GM/白猫:両方失敗
システム:イセン=チャッカさんのフォースロール(2 k10+7@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+7 → 2D:[3、6]=9 → 5+7 → 12
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+7 → 2D:[3、6]=9 → 5+7 → 12
GM/白猫:では軽戦士も倒れる。
イセン=チャッカ:以上
トレモロ・コルタード:それでは自分が。一応補助で防陣Ⅱ鉄鎧、魔術師にライトニング、制御でイセンとゴーレムを除外です
ガジェ・ベシュレル:魔術師も多分ひとけた
ジョシュア・ジョンストン:リプスラで抵抗されてもいけそうですね
ジョシュア・ジョンストン:あれ10mだっけ
ジョシュア・ジョンストン:じゃあ無理だな!
トレモロ・コルタード:リプスラ射程1なので届かないですね。ライトニングで行きます(弱点も抜けてないですし)
システム:トレモロ・コルタードさんの魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 6[3、3]+9 → 15
システム:GM/白猫さんの抵抗ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 4[1、3]+8 → 12
システム:トレモロ・コルタードさんの倒れろ~ロール(k20+9-1@10)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+8 → 2D:[5、1]=6 → 4+8 → 12
GM/白猫:うぼあー
ジョシュア・ジョンストン:お疲れさまでしたー
トレモロ・コルタード:倒した~お疲れ様でした!
GM/白猫:では魔術師も倒れる。
イセン=チャッカ:お疲れ!
ガジェ・ベシュレル:お疲れ様でした~!
GM/白猫:では、ドロップです
GM/白猫:三体分誰かお願いします
ジョシュア・ジョンストン:じゃあまとめて
イセン=チャッカ:どぞ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(3 2d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 5[3、2] → 5
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 5[1、4] → 5
→ 3回目: SwordWorld2.5 (2D6) → 10[5、5] → 10
トレモロ・コルタード:お願いします~
ガジェ・ベシュレル:頼んだ
イセン=チャッカ:5がいっぱい
ジョシュア・ジョンストン:1つ10いった
ジョシュア・ジョンストン:まじで5関連ばかり
GM/白猫:武器:600G/黒白B*3と自動で超合金の欠片:1000G/赤Sだね
ガジェ・ベシュレル:サンプルが増えたね!
GM/白猫:さて、君たちの目の前には剥ぎ取られたヒトガタが転がっている。とはいえ、これ以上動く気配はない
トレモロ・コルタード:あら、トレジャーは後ですかね
GM/白猫:あ、トレジャーも行きます
トレモロ・コルタード:ではB表振ります、よろしいでしょうか?
ガジェ・ベシュレル:頼みます
ジョシュア・ジョンストン:どぞー
システム:トレモロ・コルタードさんのとれじゃあロール(d66)
→ SwordWorld2.5 (D66) → 33
トレモロ・コルタード:守りの聖水(6レベル)
イセン=チャッカ:「なんだったんだろう・・彼らは…。後でこのことを、衛兵の人たちに…伝えると…して。このあたりを…探索しよう…か」
ジョシュア・ジョンストン:こちらをうかがっていた者はどんな感じかわかります?
GM/白猫:ローブとマスク、サングラスのせいで人相や性別は不明だね。戦闘中に去っていったようだ。ただ、以前女生徒から聞いたのによく似ている
ジョシュア・ジョンストン:ありがとうございますー
GM/白猫:探索をするならば自動的に周囲の足跡が頻繁に下水道に出入りしていることがわかる。しかし、今は鍵がかかっているね
ジョシュア・ジョンストン:「観戦者は途中帰宅したみたいだし今日はここまでかな」
ジョシュア・ジョンストン:「直接話を聞きたいなら急いだほうがいいけど」
ガジェ・ベシュレル:「鍵は開けられないタイプか?」
イセン=チャッカ:「…下水道の先に…進んでいる…みたいだけど…」
イセン=チャッカ:30分時間かけてるから無理じゃないかな?
トレモロ・コルタード:「やはりこの下水道か。……奥まで進む必要があるだろうが、鍵が必要だな。関連する依頼を受けて、鍵をもらうしかないだろうか?」
GM/白猫:今から追いかけても見失うだろうね
イセン=チャッカ:「このことを…報告すれば…もしかしたら…探索の依頼が来るかも…ね?」
ジョシュア・ジョンストン:「開錠やアンロックって手もあるけど、依頼にそこまでないしな」
ジョシュア・ジョンストン:「ということで帰ろう」
ガジェ・ベシュレル:「噂の人物らしいからな。それはそれで報酬が出た方が嬉しいし、結構消耗してしまったしな」
ジョシュア・ジョンストン:「一応はまとめ役にも話しておこう」
ジョシュア・ジョンストン:「下水に長く痛くもないしな」
ジョシュア・ジョンストン:カエルゾー
イセン=チャッカ:「うん…いったん帰ろうか」衛兵とかに報告しつつ帰ります
トレモロ・コルタード:「さんぷる、は入手できたからこれで依頼は達成か。喜んでくれると嬉しいが」帰り~
GM/白猫:おk。では君たちは無事に魔動機術学科の研究室までくる
GM/白猫:部屋の中ではエールが首を長くして待っているね
ガジェ・ベシュレル:「エール先輩。かくかくしかじかでこちらがサンプルになりそうな金属だ」
GM/白猫:「ああ、早速見つけてきてくれたんだね」
えーる:「間違いない。同じ超合金だ。報酬を払わないとね。これでいいかな」
えーる:1200G/一人 を渡してくるね
イセン=チャッカ:「ありがとう…ございます。…それだけでたり…るんです…か?」
ガジェ・ベシュレル:「あ、ジョシュアが情報屋に払った分、出して置こうか」10Gチャリン
えーる:「二個あれば一個は壊せるから、結構無茶な検証も出来るようになるのさ」
トレモロ・コルタード:「ありがとう。……ああそうだった、ジョジョにも頑張ってもらったのだった。オレからも出そう」10Gをジョシュアに
イセン=チャッカ:すごい半端な金額になるけど、返済どうすればいいんだ?
ガジェ・ベシュレル:お賽銭みたいになってる
ジョシュア・ジョンストン:「斥候なんだし別にいいけど渡すのなら」
ガジェ・ベシュレル:「頑張ってくれて、結果が出た。その恩恵は受けたから、渡したい」
トレモロ・コルタード:「ジョジョがいなければ情報は得られなかった。オレは聞き込みが下手だからな、とても助かっているんだ。受け取ってほしい」
ガジェ・ベシュレル:「あと、仲間だから…報酬も、支出も、分け合えたらいいなと思う」
えーる:では、その一方でエールは少し難しい顔をする
えーる:「それにしても死体を使った魔動機か。以前のゴーレムの件もある。・・・君たちが何を追っているかは知らない」
ガジェ・ベシュレル:「なんならガジェたちも知らないぞそれは…」
えーる:「だが、相手は間違いなく天才だ。何が出てきても驚かない方がいいかもな」
えーる:「僕は僕で可能な限りこの金属を調べる。もしかしたら意外な脆弱性が見つかるかもしれないし」
イセン=チャッカ:「…うん…そう…ですね。なにが…でてくるの…かな?」
トレモロ・コルタード:「死者を弄ぶのは、あまりにも許しがたい。これ以上の悪事は、どうにかして止めなければ。しかしどうやって見つければいいんだろう……」
ガジェ・ベシュレル:「安全確認が出来たら是非ゴーレムの素材として使わせてくれ」
えーる:「この一見は流石に街の冒険者ギルドも学園内の冒険者ギルドも、どっちも動くはずだ。生徒会もこの件には気にしているしね」
えーる:「多分、年内にも何かしらの大規模調査があるだろうさ」
ガジェ・ベシュレル:(コンジャラーなので…いつか自分も死者を操ることがあるかもなぁと…ちょっとシュンとしてる)
イセン=チャッカ:「そう…ですね。なにが…あるか、わからない…ですし」
ガジェ・ベシュレル:「いっそ学園を上げてスラム街と下水道の大掃除でもしたらいいと思う…」
えーる:「それと、この合金、組み込みたければ相当質のいいコア(15レベル相当)が必要だぞ。なずもって使い物にならないだろうさ」
トレモロ・コルタード:「なるほど。……ガジェ、どれくらいすごいか分かるか? オレには分からない」
えーる:「さて、ボクはこれから早速研究だ。サンプルをありがとう」
ガジェ・ベシュレル:「……そうか…(´・ω・‘)頑張って勉強します」
ガジェ・ベシュレル:「ガジェが5人くらいいて合体したら扱えるレベルのものだと思う…」>トレモロ
トレモロ・コルタード:「そうか、ガジェが5人か。……うーむ、なるほど」(たぶん分かってない)
えーる:では、部屋を出るとセッション終了になります
ジョシュア・ジョンストン:はーい
ジョシュア・ジョンストン:特に聞きたいことないし私は出ていいかなって
ジョシュア・ジョンストン:聞きたいことある人いればどうぞー
イセン=チャッカ:大丈夫です
トレモロ・コルタード:「とりあえず、下水道について調査できるような依頼が来たなら、教えてくれると助かる。よろしく頼む」
ガジェ・ベシュレル:はーい。勉強頑張ろ…って出ていく。先輩方に報告の書き置きはしておく。
トレモロ・コルタード:とりあえずそれだけ言って自分も出ていきます
ガジェ・ベシュレル:ぞろぞろ出る中でエール先輩だけ穴にハマるんだろなあ
えーる:というわけで魔導の探究者_第四話「未知の金属」を終わります。
イセン=チャッカ:お疲れさまでしたー
ガジェ・ベシュレル:お疲れ様でした
トレモロ・コルタード:お疲れ様でした~
えーる:お疲れ様でしたー
えーる:報酬です
えーる:経験点:1690+ファンブル
ジョシュア・ジョンストン:お疲れさまでしたー!
えーる:ガメル:1900/一人
えーる:名誉点:20点 西区の治安維持に多大な貢献をした
えーる:成長:一回
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [5、5]->(知力)
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [5、4]->(知力 or 生命力)
システム:トレモロ・コルタードさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [6、3]->(精神力 or 筋力)
えーる:次回は来週月曜日の21時からを予定しています
システム:イセン=チャッカさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [3、4]->(筋力 or 生命力)
トレモロ・コルタード:精神で
ジョシュア・ジョンストン:次回了解!
イセン=チャッカ:筋力
ジョシュア・ジョンストン:成長は知力
トレモロ・コルタード:次回了解です
ガジェ・ベシュレル:依頼料1200と1900は別です?
イセン=チャッカ:了解です
ガジェ・ベシュレル:次回開催了解です。
トレモロ・コルタード:そういえばトレジャーの守りの聖水6レべ、売ってないですね
えーる:レベルキャップは5 次回は前半/後半に分かれて二週続く感じです。間に買い物を挟む暇はないので気を付けてください
ジョシュア・ジョンストン:使い道あまりないし売っちゃいましょうか
トレモロ・コルタード:2000の半額で1000、4人で割って、一人250Gです
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(c(1900+250))
→ SwordWorld2.5 c(1900+250) → 2150
トレモロ・コルタード:集計ありがとうございます、2150Gですね。
ガジェ・ベシュレル:ジョシュアさんにお賽銭10G忘れずに(メモ)
トレモロ・コルタード:おっとそうでした。そちらもありがとうございます
ジョシュア・ジョンストン:はーい
ジョシュア・ジョンストン:ありがとうございます!
えーる:質問がなければ各自解散で
ジョシュア・ジョンストン:質問大丈夫です!
トレモロ・コルタード:大丈夫です~
ガジェ・ベシュレル:質問大丈夫です。今回もお疲れ様でした~
えーる:では、お疲れ様でしたー
トレモロ・コルタード:お疲れ様でした~!
システム:白猫さんが、退室しました。
ジョシュア・ジョンストン:お疲れさまでしたー

いいね! いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。