【ソード・ワールド2.5】リプレイ「魔導の探究者_第二話 「穢れた妖精」」

白猫
白猫トピックリプレイ 押されたいいね! 1
登録日:2022/06/28 00:41最終更新日:2022/06/28 00:41

本作は、「グループSNE」及び「株式会社KADOKAWA」が権利を有する『ソード・ワールド2.0/2.5』の二次創作物です。

システム:白猫さんが、入室しました。
システム:arcさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにイセン=チャッカが追加されました。
白猫:ばんわー
システム:大久野しぐれさんが、入室しました。
大久野しぐれ:こんばんは、今回もよろしくお願いします。
システム:キャラクターリストにトレモロ・コルタードが追加されました。
システム:ろっくさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにジョシュア・ジョンストンが追加されました。
ジョシュア・ジョンストン:よろしくお願いします!
システム:旅野さんが、入室しました。
白猫:bannwa-
白猫:ばんわー
ジョシュア・ジョンストン:ばんわー
システム:キャラクターリストにガジェ・ベシュレルが追加されました。
システム:キャラクターリストにボーンアニマル1号 チャシュタが追加されました。
ガジェ・ベシュレル:こんばんは~。
白猫:では、皆さんそろいましたので始めて行きます
ジョシュア・ジョンストン:はーい
arc:はーい
GM/arc:こっち
GM/白猫:魔導の探究者_第八話「穢れた妖精」 よろしくお願いします
ジョシュア・ジョンストン:よろしくお願いします!
イセン=チャッカ:何度も間違える
ガジェ・ベシュレル:よろしくお願いします~
イセン=チャッカ:よろしくお願いしまーす
トレモロ・コルタード:よろしくお願いします!
GM/白猫:さて、美しかった花々が散り、木々には力強く緑の葉が生い茂る今日この頃。
GM/白猫:学園の中も中央広場では芝生が生い茂り、そのうえでレジャーシートを広げお茶をしている生徒たちがいる。
GM/白猫:そんな学園の中で最近になってとあるうわさが広がり始めた。
GM/白猫:「妖精が死んでいた」「妖精同士で殺しあっていた」 どうにも不穏な噂である
GM/白猫:そんな昨今だが、今日はなぜか生徒会室に呼び出されているPC達。
GM/白猫:というわけで、生徒会室前からのスタートです
イセン=チャッカ:「ん…何の用だろう…ね? 妖精のこと…なの…かな?」
ジョシュア・ジョンストン:ガチャ
ガジェ・ベシュレル:「生徒会がなんだろう?この前の依頼のことかな…」
ガジェ・ベシュレル:「失礼します」とジョシュアに続いて入ります
イセン=チャッカ:「なんか最近、妖精の…変な噂がある…し」ジョジョに続いて中に入ります「失礼…します」
GM/白猫:では、君たちは話をしながら扉を開ける。そこには小さく積み重なった書類の山と格闘しているティーレがいる。
GM/白猫:というかティーレしかいない
トレモロ・コルタード:「ティーレだけ、か。……しかし忙しそうだな、声を掛けない方がいいだろうか」
ティーレ・ライトリア:君たちが入ってくるとティーレが気づき、話しかけてくるよ
ガジェ・ベシュレル:「でも用があるなら仕方ないだろう。…ティーレ、今大丈夫?」
ティーレ・ライトリア:「ああ、問題ない。私も君たちを待っていたんだ」
ティーレ・ライトリア:「まずはそこのソファーに座ってくれ。少し長くなる」
イセン=チャッカ:「では…しつれいして」おとなしく座ります
ガジェ・ベシュレル:ちょこん(座る音)
ジョシュア・ジョンストン:すわるー
トレモロ・コルタード:同じく座る
ティーレ・ライトリア:「まずは、そうだな。君たちは最近妖精の噂があることは知っているな」
イセン=チャッカ:「はい…なんか変な‥噂でし…た」
ティーレ・ライトリア:「ほら、君たちが受けたコロロポッカの森の調査結果の件もあってな、今、学園では妖精に関してかなり気にかけている」
ガジェ・ベシュレル:「ふむふむ」
ティーレ・ライトリア:「今回の噂も生徒会としては放っておけない。という事で調査することになったんだ」
トレモロ・コルタード:「なるほど」
ティーレ・ライトリア:「調査自体は順調だった。問題は見つかった妖精の方なんだ。こちらが想定していた以上に好戦的で敵対的だった」
イセン=チャッカ:「妖精…が?」
ティーレ・ライトリア:「ああ。どうにも様子が変だった。そのせいで調査員として参加していた生徒の一人が全治一か月のケガを負ってしまった」
トレモロ・コルタード:「全治一か月……いったいどうして、妖精たちが、そこまで」
ガジェ・ベシュレル:「確か…この前の一件で、ティタニアが怒っているとは伝えたはずだが、それを刺激するような調査をしていたわけではないのだろう?」
ティーレ・ライトリア:「ああ。もちろんだ。こちらとしてもほぼ非武装邪謡での調査だったよ」
ティーレ・ライトリア:「で、ここからが本題。君たち四人に依頼だ。私たちの調査を手伝ってほしい。生半可な実力ではあの妖精をどうこうしようとは出来ない」
ティーレ・ライトリア:「報酬は約束できる。今回の調査費用から経費で落とせる。これでも一応、私が調査隊の隊長に任命されていてな。ある程度自由がきくんだ」
トレモロ・コルタード:「分かった。こちらとしても、これ以上被害が広がるのは見過ごせない。オレは手伝うが、みんなはどうだろうか」
ジョシュア・ジョンストン:「個人として言うなら気がのらないかな」
イセン=チャッカ:「僕たちに…協力できること…なら…手伝う…よ」
ガジェ・ベシュレル:「もちろん手伝うよ。妖精が見えなくても役に立てるなら」
ジョシュア・ジョンストン:「妖精相手に非武装とか関係ないし、関わりすぎるのは妖精にとっても」
ジョシュア・ジョンストン:「まぁどうしようもないなら報酬次第」
ティーレ・ライトリア:「生徒会としては一般生徒に被害が出る前に事態を収めたい。それに私も妖精魔法の使い手としては妖精を殺したいわけではない。最終的には共存、もしくはすみわけが出来ればいいと思っているさ」
ティーレ・ライトリア:メモ1参照
ティーレ・ライトリア:「依頼を受けてくれるなら詳細な調査結果の共有をしよう」
ガジェ・ベシュレル:「うーん、手段といっても、妖精に話を聞いてもらうか、この前のように異変がないかを調べる感じかな。」
イセン=チャッカ:「構わない? …ジョジョ?」
ジョシュア・ジョンストン:「過半数が同意してるし受領でしょ」
トレモロ・コルタード:「ありがとう、ジョジョ。妖精との受け答えは任せきりだからな、何か手伝えることがあれば、言ってくれると助かる」
ガジェ・ベシュレル:「そんなに気が進まないなら無理に受けることはないと思うが…そうもいかないのだろう?ティーレ」
ティーレ・ライトリア:「ああ、放っておくと妖精の討伐、ともなりかねない。今のうちに対処したいところだ」
ティーレ・ライトリア:「・・・これが今わかっている情報だ。何か質問があったら聞いてくれ」 といって一枚の調査報告書を出す
ティーレ・ライトリア:メモ2参照
イセン=チャッカ:「校内…なんだ」
トレモロ・コルタード:「穢れを持った妖精? ……妙だな、本当に妖精なのだろうか」
イセン=チャッカ:「とりあえず、その時間帯に…妖精魔法学科内をうろついていればいいのか…な? とりあえずは…寝ようか」
ガジェ・ベシュレル:「そうだな、夜中の学校は…怖そうだ」
ジョシュア・ジョンストン:「そうだな。各自準備して時間まで解散で」
ティーレ・ライトリア:「ああ、では時間になったら妖精魔法学科の前で集合としよう」
トレモロ・コルタード:「分かった。それじゃあ、また後で」
イセン=チャッカ:「そうだね…」ということでいったん解散して、夜まで寝ます
ガジェ・ベシュレル:ジョシュアは妖精使いだから色々思うところがあるんだろうなあと思いつつ解散
ティーレ・ライトリア:では何か買い物ややりたいことがなければこのまま夜になります
ジョシュア・ジョンストン:買い物は大丈夫です!
イセン=チャッカ:ありません
ガジェ・ベシュレル:特になしです~。すやすや
トレモロ・コルタード:大丈夫です~
GM/白猫:はーい。では時間が進んで深夜12時ちょっと前。集合場所に集まるところだ
GM/白猫:昼間と違って人気のない校舎。窓に見えるカーテンがまるで幽霊のように見えてくる
ガジェ・ベシュレル:あれ、ティーレが隊長として同行してくれる感じですか?
GM/白猫:同行しますよ
システム:キャラクターリストにティーレ・ライトリアが追加されました。
ガジェ・ベシュレル:じゃあもういるであろうティーレと合流します
トレモロ・コルタード:小さくあくびをして、それから自分の頬を軽く叩いて合流場所へ到着しました。
GM/白猫:妖精魔法学科の前にはティーレが真剣な顔をして待っている
イセン=チャッカ:「よろしく…ディーレ」
ティーレ・ライトリア:「ああ、こちらこそ。よろしく頼むよ」
ジョシュア・ジョンストン:「トレモロ、【ライト】もらえる?」矢を向けて
トレモロ・コルタード:「ああ、分かった。用意しよう」
システム:トレモロ・コルタードさんの行使ロール(2d6+11)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11) → 5[1、4]+11 → 16
ジョシュア・ジョンストン:「サンキュー」
ジョシュア・ジョンストン:「じゃあいく?」
トレモロ・コルタード:「ああ、オレは問題ない。しかし、不穏な空気だ。時間は短いが、焦らず油断せずに調査、だな」
ガジェ・ベシュレル:「行けるなら行こう」
ティーレ・ライトリア:「そうだな。そろそろ時間だ。気を付けてくれよ」
イセン=チャッカ:「うん…いこう」
ジョシュア・ジョンストン:イクゾー
GM/白猫:では、君たちは真夜中の校舎へと進んでいく。
GM/白猫:というわけで、ここからは校舎内の調査になります
ジョシュア・ジョンストン:はい!
GM/白猫:調査可能な個所は「調査隊員が襲われた場所」「目撃情報のあった場所A」「目撃情報のあった場所B」「未調査領域」があります
GM/白猫:どこに行くかを決めたのち、その場所を調査していく感じですね
イセン=チャッカ:まあ、先頭から順に調べていくでいいんじゃないかな?
ジョシュア・ジョンストン:同じく
トレモロ・コルタード:ですね、ひとまずそれでよいかと
ガジェ・ベシュレル:はーい、そんな感じで。
GM/白猫:ではまずは調査委員が襲われた場所に行きます
GM/白猫:夜闇に包まれた校舎。その三階が被害のあった場所である。
GM/白猫:校舎の端、使われなくなった空き教室。うっすらと積もった埃の上には調査隊員の者だろう足跡が残っている。
GM/白猫:そして襲われた際に部屋の中が荒れたのだろう。貸せ寝てあった机やいすが散乱し、カーテンなども一部が裂けている
ティーレ・ライトリア:「ここが調査隊員が襲われた場所だ。一人で調査していた際に背後から、らしいな」
イセン=チャッカ:「たしかに争った跡…? があるね」きょろきょろと
ガジェ・ベシュレル:「なんで1人で…人員不足か?」
トレモロ・コルタード:「後ろから襲われた、とのことだから、お互いの後ろには一応気をつけよう。まだいるかもしれないからな」
ティーレ・ライトリア:「一人だったのはこちらの不手際だな。本来なら二人一組だったんだが、一人がトイレに行っていたそうだ」
ティーレ・ライトリア:「で、帰ってきたら倒れている相方を発見。という流れだ」
ガジェ・ベシュレル:「それは仕方ないな。ガジェたちも出来るだけ離れないようにしよう」
ジョシュア・ジョンストン:「背後に気を付けつつ調査するか」
ジョシュア・ジョンストン:「ファミリアもいることだし見廻りもできるし」
ティーレ・ライトリア:では調査開始。探索判定で難易度13 です
ジョシュア・ジョンストン:フェアウィ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[5、2]+9 → 16
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト観察ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 10[6、4]+8+1 → 19
システム:ガジェ・ベシュレルさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 9[4、5] → 9
システム:トレモロ・コルタードさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 8[2、6] → 8
ジョシュア・ジョンストン:成功
ジョシュア・ジョンストン:ライダー/ジオマンサーでもできるし後衛でも使える技能なので、そこに集約してしまう
ティーレ・ライトリア:では、成功した人は散らかった床から一つの聖印を見つけることが出来る
ジョシュア・ジョンストン:共有
ジョシュア・ジョンストン:「お、なんかあったな」
トレモロ・コルタード:「これは……聖印、だろうか。……どの神のだろう?」
ティーレ・ライトリア:聖印に関しては見識判定で難易度11 だ
システム:イセン=チャッカさんの見識ロール(2d6+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 12[6、6]+5 → 17
システム:ガジェ・ベシュレルさんのセージ+知力Bロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 9[6、3]+8 → 17
イセン=チャッカ:完璧だわ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのバード見識ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 11[6、5]+6 → 17
システム:トレモロ・コルタードさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 8[2、6] → 8
ガジェ・ベシュレル:さすが神官
トレモロ・コルタード:皆さんお強い……
ジョシュア・ジョンストン:出目がいい
ティーレ・ライトリア:では、わかる。第二の剣の神”不死の女王ツァイデス”の物だ
ジョシュア・ジョンストン:「ツァイデスかぁ」
ティーレ・ライトリア:[
イセン=チャッカ:「なんでこんなものがここに…? 誰のだ‥ろう」
ティーレ・ライトリア:「この学園には一応第二の剣の神官はいないはずだ。なんでここに」
ジョシュア・ジョンストン:「調べていけばわかるさ」
ティーレ・ライトリア:「ああ、そうだな。」
トレモロ・コルタード:「第二の剣の神……そういえば、この間の奴も確か。つながりがあるのだろうか……」
ティーレ・ライトリア:「そういえば報告書にあったな。私も読んだよ。・・・ほかの場所も調べた方がよさそうだ」
GM/白猫:というわけで、この部屋ではここまでです
イセン=チャッカ:「じゃあ次行こうか…」目撃Aに
ジョシュア・ジョンストン:ですね
ガジェ・ベシュレル:「うん。行こう」
トレモロ・コルタード:「そうだな……しかしちょっと埃っぽくて―ーくしっ」移動~
GM/白猫:では、君たちが部屋を出てて移動する。目撃情報があったのは一階。妖精魔法用の宝石窓が保管されている倉庫内だ。
ティーレ・ライトリア:「宝石に異常がないかを見回っている当直の教師が発見した。見たのは少女の後ろ姿だったそうだ。追いかけてみたが行き止まりで姿を見失ったらしい」
ジョシュア・ジョンストン:「行き止まりでねぇ」
GM/白猫:というわけで探索判定、もしくは異常感知判定 難易度は14
ジョシュア・ジョンストン:フェアウィ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[2、5]+9 → 16
システム:ガジェ・ベシュレルさんのスカウト観察ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 5[2、3]+4 → 9
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト観察ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 5[4、1]+8+1 → 14
ジョシュア・ジョンストン:ギリ成功
システム:トレモロ・コルタードさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 8[5、3] → 8
GM/白猫:では、成功した人は妖精が消えたという行き止まり、そこに違和感を覚える。
ジョシュア・ジョンストン:「?」
ジョシュア・ジョンストン:「よくみてみます」
GM/白猫:というわけで、行き止まりに対して審議判定をどうぞ 難易度は12だ
ジョシュア・ジョンストン:物理的に何もないならトレモロかなぁ
GM/白猫:真偽判定
ジョシュア・ジョンストン:全員に共有して真偽
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの冒険者+知力ロール(2d6+6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+3) → 7[5、2]+6+3 → 16
システム:イセン=チャッカさんの真偽ロール(2d6+5+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+4) → 4[2、2]+5+4 → 13
ジョシュア・ジョンストン:成功
システム:トレモロ・コルタードさんの一応平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 3[2、1] → 3
システム:ガジェ・ベシュレルさんの冒険者+知力ロール(2d6+6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+3) → 4[2、2]+6+3 → 13
トレモロ・コルタード:あそっか、真偽だから平目じゃなかったですね、失礼しました
GM/白猫:では、成功した人は壁が最近塗り直されていることに気が付くぞ
ジョシュア・ジョンストン:「塗り直されてるな」
ガジェ・ベシュレル:「塗り直し?老朽化でもしたのかな。もう乾いてるんだろうか?」
ガジェ・ベシュレル:壁を触ってみてもよろしいです?
ジョシュア・ジョンストン:「剥がしてみるか」
ティーレ・ライトリア:「生徒会にはそんな話は来ていないな。施設の報酬なら必ず耳に入るはずだ。一体誰が」
イセン=チャッカ:「してみようか」
GM/白猫:では、剥がすと裏からは元の壁が出てくる。しかしそこには怪しげな魔方陣が書かれている
トレモロ・コルタード:「魔法陣? どうしてこんなところに。それで、これは……」
GM/白猫:というわけで子の魔方陣の解析だ。魔法行使判定で難易度15
イセン=チャッカ:「なんの…魔法陣だろう…ね」
システム:イセン=チャッカさんの 魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 4[3、1]+9 → 13
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使 魔力+知力Bロール(2D6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 12[6、6]+10 → 22
システム:トレモロ・コルタードさんの魔法行使ロール(2d6+11)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11) → 3[1、2]+11 → 14
ジョシュア・ジョンストン:つよい
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 9[4、5]+9 → 18
トレモロ・コルタード:冴えてますね
ガジェ・ベシュレル:「魔法陣はゴーレム作成でちょっと学んだからわかるぞ!」
トレモロ・コルタード:「……うーむ、分からない。何だったかな、ここまで出てきてるんだけど」
GM/白猫:では成功した人はこの魔方陣が別の場所につながっていることがわかる。どこかまでは判らないがこの妖精魔法学科の構内なのは間違いない
GM/白猫:そこら辺の石を投げ込めばすっと入って消えていく
ガジェ・ベシュレル:「移動用の魔法陣…?つまりここで目撃された少女は妖精ではない可能性…」
トレモロ・コルタード:「なるほど。消えたのではなく、他の場所へ移動していたのか」
ジョシュア・ジョンストン:「トレモロさえよければ先行させてみない?」
ガジェ・ベシュレル:手を突っ込みたそうにうずうずしてる
ジョシュア・ジョンストン:人形あるならサイトで手に載せて視界共有で【ファミリア】にみてもらいます?
ガジェ・ベシュレル:「人形ならあるぞ」ポッケからハニワを出すガジェ
ガジェ・ベシュレル:MP5(軽減で4)で普通にリモートドールできる
GM/白猫:では、ハニワに乗せてファミリアで見てみますか?
ジョシュア・ジョンストン:サイトして投げるかリモートで入ってもらえばいいから【ファミリア】ちゃんは大丈夫かな
ジョシュア・ジョンストン:お任せします(何もできない
トレモロ・コルタード:ああそうか。ではここは人形に任せましょう
ガジェ・ベシュレル:じゃあハニワくんへリモートドール
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使 魔力+知力Bロール(2D6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 7[1、6]+10 → 17
ガジェ・ベシュレル:ハニワがにゅっと動き出した!魔法陣に突撃!
GM/白猫:ではガジェの操るハニワが壁ににゅっと吸い込まれていく。
GM/白猫:そして数秒間視界が暗転したのち、ハニワは一つの部屋に出る。
ガジェ・ベシュレル:ハニワガジェ「きょろきょろ。何かないかな」
GM/白猫:ぐるっと見渡すが扉もなければ窓もない。あるのはコロロポッカの森で見た妖精をいけにえにしようとしていた祭壇によく似たものと壁に掛かれた移動用の魔方陣だけだ。
ガジェ・ベシュレル:ハニワガジェ「ここは…扉も窓もない部屋だ。校内にこんな……あ!コロロポッカで見た祭壇!」
ガジェ・ベシュレル:ハニワガジェ状態はガジェが目をつむりながらめちゃ普通に喋ってます
ガジェ・ベシュレル:ハニワガジェ「祭壇は結局早く森を出るんで見なかったんだったな…近づいてよく見てみよう。」
GM/白猫:では近づいてみると祭壇には聖印が刻まれている。”不死の女王ツァイデス”の物だね。
ガジェ・ベシュレル:「ああ、この祭壇もツァイデスのものだ…うーん。あとはなにかないか…」
GM/白猫:祭壇自体は作られてから半年といったところだ。それ以外は現時点では判らないね。時間をかけて調査する必要がありそうだ
ガジェ・ベシュレル:「むむむ、作られてから半年…ガジェたちが入学したあとだな。詳しくはわからない」
ジョシュア・ジョンストン:「具体的な場所がわからないなら最後かな」
ガジェ・ベシュレル:「壁の魔法陣でもどるぞ。よいしょよいしょ」
GM/白猫:では無事に戻ってこれる
ジョシュア・ジョンストン:「あ、戻れるんだ」
ジョシュア・ジョンストン:「いっちゃう?」
ガジェ・ベシュレル:「はっ!普通に戻れた。ポケットに戻ろう」ガジェをよじよじ上るハニワ
イセン=チャッカ:「戻ってこれたん…だ」
ガジェ・ベシュレル:「もしや一方通行かと思ったが、これなら後日生徒会に改めて見てもらった方がいいかもしれない」
トレモロ・コルタード:「無事に戻ってこれてよかった。しかし、祭壇か……どうしてそんなものが学園内に。誰も気付かなかったのだろうか」
ティーレ・ライトリア:「それならいいが、誰かが手引きしていたとなると問題だな・・・」
ガジェ・ベシュレル:ポケットからハニワの頭を出して、1時間はハニワごしに後ろとガジェで視界を切り替えて遊ぼう…
ティーレ・ライトリア:ではここでは以上です
ジョシュア・ジョンストン:取りあえず置いといて次いきます?
ガジェ・ベシュレル:ですね。Bに行きましょ~
トレモロ・コルタード:ですね、順番に回っていきましょう。Bへ!
ジョシュア・ジョンストン:じゃあBへごー!
イセン=チャッカ:ごー
GM/白猫:では目撃情報のあった場所Bだ。場所は構内の二階。講義室の一室だね。
ティーレ・ライトリア:「深夜に忘れ物を取りに来た生徒が目撃者だ。黒い影の姿をしていたらしい」
ティーレ・ライトリア:「その生徒は妖精魔法学科の生徒だったため、その影が妖精だという事は分かったらしいが、詳しいことは判らなかったそうだ。ただ、その生徒曰く、穢れを持っていたそうだ」
ティーレ・ライトリア:というわけで探索判定。難易度は13だ
ジョシュア・ジョンストン:フェアウィ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[3、4]+9 → 16
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト観察ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 12[6、6]+8+1 → 21
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 9[6、3]+4 → 13
システム:トレモロ・コルタードさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 5[1、4] → 5
ジョシュア・ジョンストン:みんな6ゾロだしてきたな?
ガジェ・ベシュレル:6ゾロが多いなあ
ティーレ・ライトリア:すげぇな
ジョシュア・ジョンストン:ほんそれ
ジョシュア・ジョンストン:揺り返しが怖い
トレモロ・コルタード:う。羨ましい……いや、この流れなら次は自分が出すな、うん
ティーレ・ライトリア:では成功した人はこの部屋に確かに妖精がいたという事がわかる。
GM/白猫:それも割と最近。時間的には10分前といったところだ。どうやら天井を抜けて上へと向かったようだ
ジョシュア・ジョンストン:共有
イセン=チャッカ:「上に…? 空を飛んだの…かな?」
トレモロ・コルタード:「なるほど、調べる順番次第では、出会っていた可能性もあるか。……ここの上というと、どこだろうか」
イセン=チャッカ:「…とりあえず…ここにはもう何もなさそう…だし、次行こうか」
ジョシュア・ジョンストン:「だな」
ティーレ・ライトリア:「そうだな。それにこの真上となると、ちょうど「未調査領域」と重なる」
トレモロ・コルタード:「そうか。であれば、そこへ向かおう」
GM/白猫:では移動になります
ガジェ・ベシュレル:階段を上がったり下ったりする調査隊
GM/白猫:では再び三階。襲われた場所とはちょうど反対側の場所だ。
ティーレ・ライトリア:「前回の調査では隊員に被害が出たためにここは調査しないで引き揚げた場所だ。まさかここに妖精が・・・」
ティーレ・ライトリア:というわけで皆さん部屋に入りますか?
ガジェ・ベシュレル:聞き耳的なことをしておきます?
ジョシュア・ジョンストン:未調査ということなので警戒しながら調べられるとこは調べて入ります
ティーレ・ライトリア:では部屋に入るなり危険感知判定だ!天井の方からなんか飛んでくるぞ。 難易度は13
イセン=チャッカ:まあ、警戒しながらな感じで
システム:イセン=チャッカさんの レンジャー観察ロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 3[1、2]+7 → 10
ガジェ・ベシュレル:あっもう入った
イセン=チャッカ:さっきから出目が低い…
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 9[5、4]+4 → 13
ジョシュア・ジョンストン:危険感知ならトレモロがいける
システム:トレモロ・コルタードさんの危険感知!ロール(2d6+11)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11) → 8[2、6]+11 → 19
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト観察ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 9[5、4]+8+1 → 18
ジョシュア・ジョンストン:+1ないから17
GM/白猫:では一人でも成功者が居れば避けることが出来る
トレモロ・コルタード:「危ない、何かが来る!」
ガジェ・ベシュレル:「!」ぴゃっと避ける
イセン=チャッカ:「おっと…」
GM/白猫:では無事に避ける。
GM/白猫:魔法が飛んできた方を見ると少女の姿をした妖精が意地の悪そうな顔で君たちを見下している
システム:白猫さんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにスフィアが追加されました。
スフィア:「あら、私の魔法避けたのね」
システム:キャラクターリストからスフィアが削除されました。
スフィア:「まあ、人間なんて死んじゃえば同じよね。さあ、いい声で悲鳴を上げてね」
GM/白猫:というわけで戦闘開始になります
ジョシュア・ジョンストン:はーい
イセン=チャッカ:はーい。準備はなし
ジョシュア・ジョンストン:準備なし
トレモロ・コルタード:準備は軍師の知略を使用です
ガジェ・ベシュレル:イセンにバークメイルBをペタ。防護点+1
GM/白猫:ではマモチキです 知名/弱点 12/18 です
システム:ガジェ・ベシュレルさんのセージ+知力B とんがりで+1ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 6[1、5]+8+1 → 15
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 3[2、1] → 3
システム:トレモロ・コルタードさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 3[2、1] → 3
イセン=チャッカ:妖精ならパークメいらない説はある
ガジェ・ベシュレル:あ~なるほど…まあ見えてないので…みんなの様子から戦闘かな?って思ったので癖ですきっと
GM/白猫:では先制判定 難易度は14
システム:トレモロ・コルタードさんの先制ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 7[5、2]+12 → 19
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの先制力ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 4[2、2]+9 → 13
ガジェ・ベシュレル:妖精見えてないのにまもちき出来るガジェ
ジョシュア・ジョンストン:助かるぅ
システム:ガジェ・ベシュレルさんの先制ロール(2d6+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+2) → 6[3、3]+2 → 8
GM/白猫:ではPCからだね エネミーデータはメモ4,5参照
ジョシュア・ジョンストン:スフィアなら知ってるな
GM/白猫:あー、フェアテは知名は自動成功だ。
GM/白猫:すまない。ガバだ
ジョシュア・ジョンストン:いえいえ
ジョシュア・ジョンストン:共有
GM/白猫:ではPC達の手番からです
ジョシュア・ジョンストン:攻撃していっていいですか?
イセン=チャッカ:自分はいつも通り最後に
イセン=チャッカ:どぞ
ジョシュア・ジョンストン:サモンはせずに単発でいこうかな
ジョシュア・ジョンストン:いきます
ジョシュア・ジョンストン:ストブラ:エネミー
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 9[5、4]+9 → 18
GM/白猫:この戦闘にはティーレも参加します 指示があればその通りに動きます
システム:スフィアさんの抵抗ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 4[1、3]+12 → 16
ジョシュア・ジョンストン:ティーレ前置きでいい説
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのダメージロール(k20+9)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[6、1]=7 → 5+9 → 14
ジョシュア・ジョンストン:以上!
ガジェ・ベシュレル:じゃあ6倍タフパワーを撃ちますね
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使 魔力+知力B 深智タフパワー、精神生命ともに抵抗に+2ロール(2D6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 7[1、6]+10 → 17
ジョシュア・ジョンストン:カオスのが怖いかも
ジョシュア・ジョンストン:あ
ジョシュア・ジョンストン:大丈夫です
ジョシュア・ジョンストン:皿2とったんだ
ガジェ・ベシュレル:チャシュタが前に出て殴ります
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュタ殴るロール(2d6+6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4) → 7[1、6]+6+4 → 17
システム:スフィアさんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 2[1、1]+8 → 10
システム:ガジェ・ベシュレルさんのダメロール(2d6+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 7[1、6]+5 → 12
スフィア:おうっふ
システム:ガジェ・ベシュレルさんのもう一発殴れるドンロール(2d6+6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4) → 4[2、2]+6+4 → 14
スフィア:6点通った
システム:スフィアさんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 2[1、1]+8 → 10
スフィア:???
ガジェ・ベシュレル:GM???
トレモロ・コルタード:揺り戻しがそっちにいったか……
イセン=チャッカ:2連続w
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロール(2d6+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 8[3、5]+5 → 13
ジョシュア・ジョンストン:こわぁ
スフィア:7点通った
ガジェ・ベシュレル:ピンゾロ連続ってどんな確率…
ガジェ・ベシュレル:以上です!
ジョシュア・ジョンストン:ティーレに必殺してもらいます?
ジョシュア・ジョンストン:せっかくだし3回転くらい
イセン=チャッカ:もらっていいんじゃないかな? どうせ殴ってこないだろうし
トレモロ・コルタード:ですね、やってもらいましょう
ジョシュア・ジョンストン:じゃあティーレにお願いしてスフィアに《必殺攻撃Ⅰ》を!
ジョシュア・ジョンストン:(君の《必殺攻撃Ⅰ》見たことないような気がするし
ティーレ・ライトリア:では必殺攻撃をします
ティーレ・ライトリア:補助でキャッツアイ 主動作でひさっつ攻撃
システム:ティーレ・ライトリアさんの命中ロール(2d6+9+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+1) → 10[5、5]+9+1 → 20
システム:スフィアさんのくりてぃかる回避―ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 5[3、2]+8 → 13
ジョシュア・ジョンストン:お
ジョシュア・ジョンストン:回せ回せ―!
トレモロ・コルタード:回れ~
システム:スフィアさんのまわれーロール(k20+8@9#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[9]a[+1]+8 → 2D:[6、2 4、6 5、2]=9、11、8 → 7、9、6+8 → 2回転 → 30
ジョシュア・ジョンストン:草
トレモロ・コルタード:おお
イセン=チャッカ:ナイスゥ
ジョシュア・ジョンストン:PL側になると出目が良くなる
スフィア:22点ダメージ
ジョシュア・ジョンストン:防護8だし22入りか
トレモロ・コルタード:頼れる味方ですね
ジョシュア・ジョンストン:半分切った
イセン=チャッカ:これ変転斬ればさらに回るな
スフィア:痛い・・・
トレモロ・コルタード:では手番貰いましょう。補助で防陣、スフィアにリープスラッシュ
イセン=チャッカ:回してもらいます? 次行くか
システム:トレモロ・コルタードさんの行使ロール(2d6+11)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11) → 8[3、5]+11 → 19
スフィア:どぞ
システム:スフィアさんの抵抗ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 10[4、6]+12 → 22
ジョシュア・ジョンストン:急にきた
システム:トレモロ・コルタードさんの半減ロール(hk20+11)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20+11 → 2D:[2、2]=4 → (2+11)/2 → 7
トレモロ・コルタード:終了です
イセン=チャッカ:じゃあ最後
イセン=チャッカ:前に出てスフィア殴ります
システム:イセン=チャッカさんの命中ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 5[1、4]+8 → 13
イセン=チャッカ:低い…
システム:スフィアさんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 8[3、5]+8 → 16
スフィア:よし、避けた
イセン=チャッカ:ではビースキ使って終了で
スフィア:ではPCは以上かな。
ジョシュア・ジョンストン:はい
スフィア:ではエネミーのターン。
スフィア:6倍ディストラクション
システム:スフィアさんの行使判定ロール(2d6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 4[1、3]+10 → 14
スフィア:え、ヒック・・・
システム:イセン=チャッカさんの精神抵抗ロール(2d6+8+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2) → 3[2、1]+8+2 → 13
イセン=チャッカ:ひふみん…
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの精神抵抗力ロール(2d6+9+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2) → 5[1、4]+9+2 → 16
システム:トレモロ・コルタードさんの精神抵抗ロール(2d6+9+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2) → 9[4、5]+9+2 → 20
システム:ガジェ・ベシュレルさんの精神抵抗力ロール(2d6+9+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2) → 8[5、3]+9+2 → 19
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュタ精神抵抗ロール(2d6+6+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+2) → 6[3、3]+6+2 → 14
イセン=チャッカ:余談だけど、ゴーレムにディストラクションは無意味である
スフィア:行っちゃったからそのまま通す。 以上
システム:ティーレ・ライトリアさんの抵抗ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[5、2]+9 → 16
ジョシュア・ジョンストン:まぁ次Rは使えないし(抵抗失敗したら
ティーレ・ライトリア:エネミーは致命的なミスをしながら終了。PCの番です
イセン=チャッカ:とりあえず殴るしかできない。ので他の人からどうぞ
ジョシュア・ジョンストン:ティーレに《必殺攻撃Ⅰ》をお願いします
ジョシュア・ジョンストン:がんばえー!
ティーレ・ライトリア:おk
ティーレ・ライトリア:必殺攻撃
システム:ティーレ・ライトリアさんの命中ロール(2d6+9+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+1) → 7[4、3]+9+1 → 17
システム:スフィアさんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 3[1、2]+8 → 11
ジョシュア・ジョンストン:いいね
システム:ティーレ・ライトリアさんの回る?ロール(k20+8@9#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[9]a[+1]+8 → 2D:[4、6 4、4 2、5]=11、9、8 → 9、7、6+8 → 2回転 → 30
トレモロ・コルタード:回れ回れ~
ジョシュア・ジョンストン:草
ティーレ・ライトリア:???
ガジェ・ベシュレル:ティーレさん強いなあ(二回目)
ジョシュア・ジョンストン:一人で半分近くいってんね
ジョシュア・ジョンストン:ガジェ頼んだ―
ジョシュア・ジョンストン:ゴーレム君で倒せばMPが節約できるという期待
ガジェ・ベシュレル:えっと、じゃあインテンスコントロールしてチャシュタを強化で殴ります
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使 魔力+知力Bロール(2D6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 6[5、1]+10 → 16
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュタ命中ロール(2d6+6+4+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4+2) → 4[2、2]+6+4+2 → 16
システム:スフィアさんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 4[3、1]+8 → 12
システム:ガジェ・ベシュレルさんのダメロール(2d6+5+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+2) → 7[6、1]+5+2 → 14
スフィア:8点ダメージ
システム:ガジェ・ベシュレルさんのもう一発殴れるドンロール(2d6+6+4+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4+2) → 4[2、2]+6+4+2 → 16
システム:スフィアさんの回避も出来るドンロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 7[3、4]+8 → 15
システム:ガジェ・ベシュレルさんの残念だったなロール(2d6+5+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+2) → 5[1、4]+5+2 → 12
スフィア:4点ダメージ
ガジェ・ベシュレル:ちょっと残っちゃった。以上です!
ジョシュア・ジョンストン:ストブラするかぁ
ジョシュア・ジョンストン:いきます
トレモロ・コルタード:お願いします
ジョシュア・ジョンストン:対象:スフィア
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[3、4]+9 → 16
システム:スフィアさんの抵抗ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 3[1、2]+12 → 15
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのダメージロール(k20+9)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[1、2]=3 → 1+9 → 10
スフィア:出目ぇ・・・ティーレに吸われてやがる
ジョシュア・ジョンストン:ほんそれ
トレモロ・コルタード:なんか今回出目がめちゃくちゃだ……6ゾロめっちゃ出たりピンゾロ連続したり
GM/白猫:では戦闘終了です!
GM/白猫:君たちを襲った妖精は君たちに返り討ちに合うとむむっっとした様子で話しかけてくる
ガジェ・ベシュレル:「た、倒した、のか?相手は見えないが、ティーレすごかったなあ!」チャシュタを撫でつつ
イセン=チャッカ:「そう…だね」
GM/白猫:倒したというか戦意は失った。死んではいないかな
トレモロ・コルタード:「……ティーレの剣技の冴え、恐ろしい限りだ。味方になってくれると、本当に頼もしい」
ジョシュア・ジョンストン:「ほんとね。前は勝てただけよかった」
ジョシュア・ジョンストン:「んで、遊んであげたんだから知ってること教えてほしいんだけど」
ジョシュア・ジョンストン:妖精チラリ
スフィア:「チェッ。まあいいわ。ここで逃げてもかっこ悪いもの。何が聞きたいの?」 ふてぶてしい態度で
システム:白猫さんが、退室しました。
システム:白猫さんが、入室しました。
システム:白猫さんが、退室しました。
システム:白猫さんが、入室しました。
システム:大久野しぐれさんが、入室しました。
システム:arcさんが、入室しました。
システム:arcさんが、入室しました。
システム:ろっくさんが、入室しました。
システム:旅野さんが、入室しました。
白猫:こんばんわー
ジョシュア・ジョンストン:ばんわー
白猫:では、皆さんそろいましたので、続きを行っていきます。
イセン=チャッカ:よろしくお願いしまーす
トレモロ・コルタード:よろしくお願いします~
ジョシュア・ジョンストン:よろしくお願いします!
ガジェ・ベシュレル:よろしくお願いします
白猫:前回は深夜の妖精魔法科の構内を探索し、穢れを持った妖精と遭遇、戦闘を行いました。戦闘後、お話モードになったところですね。
ジョシュア・ジョンストン:取りあえず倒したし話ききます
スフィア:「痛ったいわね。まったく。一体こんなところに何の用なのよ」 痛そうにしながらむっとした顔で君たちを見てくるぞ
ジョシュア・ジョンストン:「この学園で問題を起こしてる奴がいるってきいてね」
ジョシュア・ジョンストン:軽く事情離します
スフィア:「ふーん。なるほどねぇ。それ、あいつらの事ね」 
ジョシュア・ジョンストン:「知ってること話してくれるなら、ここで何かしてたことは見なかったことにするよ」
スフィア:「話が分かる人は好きよ。なんだけっな、確か失敗作とかとばれてたやつらね」
スフィア:「変な黒いローブ着た奴がそれのこと事をそう呼んでいたわ」
スフィア:みたいなことかの変な場所。ガラス瓶がずらっと並んでいてその中に妖精とアンデットを詰め込んで混ぜ合わせる、みたいなことやってるやつがいわのよ」
スフィア:「それで何か作っては『また失敗か』とか言ってその失敗作を捨ててたの。別に殺していたわけじゃないから何体かここまで紛れ込んでたわね」
スフィア:「私も絡んでくるのを何体か消し飛ばしたけど。私もうまい事あそこを逃げ出せていなかったらああなってたかと思うとぞっとするわ」
スフィア:「私が知っているのはこんなところよ。ま、妖精の私から見ても碌でもないわね、あれ」
ジョシュア・ジョンストン:見れるとこみましたっけ(転移先の祭壇のとこ以外
GM/白猫:見れるところは見た感じですね。少なくともつながっている場所は全部確認済みです。(祭壇以外
ガジェ・ベシュレル:多分ココが最後の未調査区域だったところかな
イセン=チャッカ:なら祭壇か
ジョシュア・ジョンストン:「転移先以外全部みたけど、転移先もいってみる?」
イセン=チャッカ:「行ってみる…しか…ない…かな。死者の…利用は見過ごせない…よ」
トレモロ・コルタード:「祭壇へ向かおう。……こんなこと、許されるはずがない」
ガジェ・ベシュレル:「まあ、人形を使って、一方通行じゃないことはわかったしな。ガジェだけで短時間だったし、みんなで行こうか」
ティーレ・ライトリア:「そうだな。何があるか確認しておかないと」 では例の場所まで移動
GM/白猫:では、皆さんは無事に例の魔方陣の前までくる。ちなみにスフィアはついてこないぞ。ふわふわとどっかに飛んで行った
ジョシュア・ジョンストン:「ばいばーい」
イセン=チャッカ:「ここ…だね。じゃあ、入る…よ」
ジョシュア・ジョンストン:ごー
トレモロ・コルタード:「一応油断せずに入ろう。離れている間に、何か戻ってきているかもしれない」入ります
ティーレ・ライトリア:では、君たちが魔方陣に入ると一瞬視界が暗転し、次の瞬間には別の部屋に出てきている。
GM/白猫:部屋に窓はなく、壁際に祭壇があるのみだ。祭壇には不死の女王ツァイデスの聖印が描かれている
ガジェ・ベシュレル:「窓も扉もやっぱりない。妖精学科の近くのはずなんだが…」
ガジェ・ベシュレル:さっき人形で見つけたものをコレコレ~!ってやってます
GM/白猫:さて、では探索です。レンジャーは不可です。目標値13で探索判定 もしくは難易度14で見識判定をどうぞ
イセン=チャッカ:「この…祭壇はなん…だろう…ね」
システム:イセン=チャッカさんの見識ロール(2d6+1+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+1+4) → 5[2、3]+1+4 → 10
システム:トレモロ・コルタードさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 3[1、2] → 3
システム:ガジェ・ベシュレルさんのスカウト観察ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 7[6、1]+4 → 11
ジョシュア・ジョンストン:フェアウィ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 12[6、6]+9 → 21
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト観察ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 8[5、3]+8+1 → 17
イセン=チャッカ:余裕だった
ジョシュア・ジョンストン:成功
ジョシュア・ジョンストン:よくあるバフクリ
GM/白猫:ではジョシュアは判る。祭壇の下から風と共に妖精ん気配と腐臭が漂ってくる。
ジョシュア・ジョンストン:共有
イセン=チャッカ:「地下…? …この祭壇をどけてみようか」押してみます
トレモロ・コルタード:「何となく嫌な空気ではあったが、そういうことか。……とりあえず、下を調べてみよう、抜け道か何かがあるのかもしれない」
ガジェ・ベシュレル:「妖精の気配はもちろんだが…人形だと匂いもわかりづらいんだろうか、すまない見落としてた…」
GM/白猫:では君たちが祭壇を押すと、ズズズっと音を立てて動き、地下へと続く階段が現れる。
イセン=チャッカ:「あい…た。進もう…か。明かり…は必要…かな?」
GM/白猫:階段に明かりはない。
ジョシュア・ジョンストン:「たいまつでいいか」
ジョシュア・ジョンストン:先行&たいまつ
GM/白猫:まるで一つの深淵、死者の国へと続いていくかのような闇の中をジョシュアを先頭に歩いていく。
ガジェ・ベシュレル:暗視持ちなので最後尾ガジェくん
トレモロ・コルタード:前後ともに注意を払う真ん中のトレモロ
イセン=チャッカ:ふつうにジョジョの後ろをついていく前衛?神官
GM/白猫:生者がいることが場違いだと感じる程の闇の中。しばらく歩くと階段の下から人工の明かりがさしていることに気が付く
ジョシュア・ジョンストン:フェアウィしときます
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 2[1、1]+9 → 11
ガジェ・ベシュレル:ゴジッテーン
ジョシュア・ジョンストン:ゴジッ
GM/白猫:どうやら人が居るようだ。何かをつぶやく声が聞こえる
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[5、2]+9 → 16
ジョシュア・ジョンストン:私もサモンしたら呪歌なので大丈夫っちゃ大丈夫
GM/白猫:さて、つぶやきを聞くなら聞き耳で目標値14 こっそり中を覗き込むなら隠密判定で難易度15だ
システム:ガジェ・ベシュレルさんのスカウト観察ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 3[1、2]+4 → 7
システム:トレモロ・コルタードさんの聞き耳平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 9[3、6] → 9
システム:イセン=チャッカさんのロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 9[3、6]+7 → 16
イセン=チャッカ:聞き耳です
ジョシュア・ジョンストン:イセンさんの聞き耳?
ジョシュア・ジョンストン:じゃあ隠密しよう
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト運動ロール(2d6+9+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+1) → 9[5、4]+9+1 → 19
ジョシュア・ジョンストン:こっち隠密
トレモロ・コルタード:頼りになります
ガジェ・ベシュレル:前を行く二人が頼もしい
ジョシュア・ジョンストン:スカウトですから!
イセン=チャッカ:ふゅーふゅー
GM/白猫:ではまずは聞き耳の結果からだ
GM/白猫:『ちっ、また失敗か。やはり魔動機とは違って生きているものと融合させるのは面倒だな。成功したらしい一体も目を離したすきに逃げやがって。上の連中もただ命令するだけ。ボスなんて姿さえ見せねぇ。うぜぇったらありゃしないぜ」』
GM/白猫:みたいなことをボヤいています
イセン=チャッカ:的なことを、小声でみんなに伝えます。
GM/白猫:で、隠密に成功したジョシュア。部屋の中は20m四方位の広い部屋に大小さまざまなガラスの容器が立ち並んでいる。その一つ一つに妖精と死体がセットになって入っている。どうやらソフィアの話した通りの様だ
GM/白猫:そのガラスの前には一つの机があり、そこには杖を持った骸骨の刺繍がされている黒いローブの男が君たちに背を向けた状態で立っている。
ジョシュア・ジョンストン:小声で共有
トレモロ・コルタード:「つまり、ここでは確かに実験が行われているが、ここにいるのは手下で元締めは別にいる、ということか。……捕まえて、ボスの場所を聞きださなければならないな」
イセン=チャッカ:「…不意打ちする?」小声で
ジョシュア・ジョンストン:不意打ちハンドサイン
ガジェ・ベシュレル:「いるのは手下、生け捕りだな。了解した」小声で
ガジェ・ベシュレル:ついにハンドサインを使う特殊部隊学生たち
トレモロ・コルタード:「じゃあ、いくぞ」詠唱、リープスラッシュを男に打ち込む
GM/白猫:おkではトレロモのリプスラからの不意打ちで先頭開始だ。
GM/白猫:では戦闘開始 まずはマモチキだ!
GM/白猫:知名度/弱点値 10/なし
システム:トレモロ・コルタードさんのまもちき平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 7[1、6] → 7
システム:ガジェ・ベシュレルさんのセージ+知力B まもちきはとんがりで+1ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 6[3、3]+8+1 → 15
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのマモチキロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 8[4、4] → 8
黒いフードの男:成功。メモ4、5参照で
黒いフードの男:ではPC達の手番からです。ティーレは皆さんの意見に従います
イセン=チャッカ:まあ、後ろからでいいんじゃないかな
トレモロ・コルタード:とりあえず全員後ろで問題ないかと
ジョシュア・ジョンストン:全員後ろですかね
ガジェ・ベシュレル:後方で~
GM/白猫:敵は前衛に来ます。
GM/白猫:さあ、どうぞ
ジョシュア・ジョンストン:私最後に動きます
ジョシュア・ジョンストン:攻撃するかバータフするかって感じになるので
イセン=チャッカ:はい
イセン=チャッカ:自分もまあ前に出て殴るだけですね
ガジェ・ベシュレル:今回はタフパワーでなくカンタマで良いかな?
イセン=チャッカ:大丈夫ですね
トレモロ・コルタード:ですね、カンタマ撒いてもらえたら
ガジェ・ベシュレル:はーい、じゃあカンタマからのチャシュタで殴りますね
トレモロ・コルタード:お願いします
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使 魔力+知力B 6倍拡大カンタマロール(2D6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 5[3、2]+10 → 15
ガジェ・ベシュレル:全員精神抵抗+2
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュタが殴るロール(2d6+6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4) → 7[5、2]+6+4 → 17
システム:黒いフードの男さんの回避―ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 12[6、6]+8 → 20
黒いフードの男:おお
ガジェ・ベシュレル:ここで6ゾロだと…?!ターンエンドです
トレモロ・コルタード:全力で避けられたー
黒いフードの男:「一体何奴!?」 さっと避けるぞー
GM/白猫:次は誰?
トレモロ・コルタード:では次は自分が。補助で防陣Ⅰ、男にリースラを予告通り打ち込みます
システム:トレモロ・コルタードさんの行使ロール(2d6+11)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11) → 6[3、3]+11 → 17
システム:黒いフードの男さんの抵抗ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 11[6、5]+12 → 23
黒いフードの男:出目たっけぇw
システム:トレモロ・コルタードさんの半減リースラロール(hk20+11)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20+11 → 2D:[5、2]=7 → (5+11)/2 → 8
ジョシュア・ジョンストン:出目やばぁ
イセン=チャッカ:ひどいなぁ
イセン=チャッカ:では続きますか
トレモロ・コルタード:かったい……終了です
イセン=チャッカ:前線に上がって、フードの男を殴ります
システム:イセン=チャッカさんの命中ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 6[1、5]+8 → 14
システム:黒いフードの男さんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 7[6、1]+8 → 15
イセン=チャッカ:だめか…。以上
黒いフードの男:「まさか、ここを見つけるとはな!」 ひらり
ジョシュア・ジョンストン:ティーレもいるし回復任せるか
ジョシュア・ジョンストン:次行きます
ジョシュア・ジョンストン:いや、ティーレが一撃してくれるかも
ジョシュア・ジョンストン:ティーレに必殺をお願いします
ジョシュア・ジョンストン:20回てんだ
ティーレ・ライトリア:では先に動こう
ティーレ・ライトリア:補助で移動、キャッツアイ。主動作でひさっつ
システム:ティーレ・ライトリアさんの命中ロール(2d6+9+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+1) → 9[4、5]+9+1 → 19
システム:黒いフードの男さんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 8[6、2]+8 → 16
ジョシュア・ジョンストン:さっきから期待値以上しか出てない
システム:黒いフードの男さんの何回転するかなーロール(k20+8@9#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[9]a[+1]+8 → 2D:[1、6]=8 → 6+8 → 14
ティーレ・ライトリア:なぜここで回らない?
トレモロ・コルタード:残念0回転……次に期待ですね
ジョシュア・ジョンストン:OC
ジョシュア・ジョンストン:ノーム読んで殴るか
ジョシュア・ジョンストン:いきます
ジョシュア・ジョンストン:魔晶石(5点)
ジョシュア・ジョンストン:サモフェ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 2[1、1]+9 → 11
ジョシュア・ジョンストン:マジ?
ジョシュア・ジョンストン:以上!
ジョシュア・ジョンストン:ヤバイ(出目が
ジョシュア・ジョンストン:こっち終わりですねー
黒いフードの男:「くそ、ここを嗅ぎ付ける奴がいるとはな!しかもお前達、コロロポッカの森での儀式をつぶした奴らだな!なら手加減なしだ。来い、出来損ないども!!」
黒いフードの男:と言うわけで、エネミーが二体追加です。 改めてマモチキをどうぞ 知名度/弱点値 12/15 ジョシュアとティーレは自動成功です
システム:ガジェ・ベシュレルさんのセージ+知力B まもちきはとんがりで+1 上からロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 8[3、5]+8+1 → 17
システム:ガジェ・ベシュレルさんのセージ+知力B まもちきはとんがりで+1ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 9[6、3]+8+1 → 18
黒いフードの男:では改めてメモ4,5を参照で
黒いフードの男:エネミー側です
黒いフードの男:まずは黒衣のローブの男から。拡大数で三倍拡大フォース
システム:黒いフードの男さんの行使判定ロール(2d6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 4[2、2]+10 → 14
黒いフードの男:ヒックいなぁ
イセン=チャッカ:前衛3人でいいのかな
黒いフードの男:前衛三人です
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2) → 8[3、5]+8+2 → 18
システム:ティーレ・ライトリアさんの精神抵抗ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 5[3、2]+9 → 14
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュタロール(2d6+6+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+2) → 9[3、6]+6+2 → 17
ジョシュア・ジョンストン:全員抵抗か
黒いフードの男:3hk10+10@13全員抵抗か
システム:黒いフードの男さんの全員抵抗か 上からイセン、ゴーレム、ティーレロール(3 hk10+10@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+10 → 2D:[5、3]=8 → (4+10)/2 → 7
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+10 → 2D:[6、6]=12 → (7+10)/2 → 9
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+10 → 2D:[5、4]=9 → (5+10)/2 → 8
黒いフードの男:抵抗抜いてたら回ってたのに・・・
イセン=チャッカ:出目高いんよ…
黒いフードの男:では妖精A。三倍ストーンブラスト 前衛三人に
システム:穢れた妖精さんの行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 9[4、5]+9 → 18
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2) → 7[3、4]+8+2 → 17
システム:ティーレ・ライトリアさんの精神抵抗ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 3[1、2]+9 → 12
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュター!ロール(2d6+6+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+2) → 9[3、6]+6+2 → 17
イセン=チャッカ:イチタリナイ
ガジェ・ベシュレル:イチタリナイ
システム:穢れた妖精さんの回れー! イセン、ゴーレム、ティーレロール(3 k20+9@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[3、5]=8 → 6+9 → 15
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[3、1]=4 → 2+9 → 11
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[4、6 2、6]=10、8 → 8、6+9 → 1回転 → 23
穢れた妖精:マジかよ・・・
イセン=チャッカ:ティーレ…はまあHP多いし何とかなるだろ
イセン=チャッカ:あれ…HP回復してない…まさか
穢れた妖精:では妖精Bです。おんなじ行動 三倍ストーンブラスト 前衛に
システム:穢れた妖精さんの行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 3[2、1]+9 → 12
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2) → 7[2、5]+8+2 → 17
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュタロール(2d6+6+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+2) → 8[5、3]+6+2 → 16
システム:ティーレ・ライトリアさんの精神抵抗ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 8[5、3]+9 → 17
システム:穢れた妖精さんのイセン、ゴーレム、ティーレロール(3 k20+9@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20+9 → 2D:[5、1]=6 → 4+9 → 13
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20+9 → 2D:[5、5]=10 → 8+9 → 17
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20+9 → 2D:[5、5]=10 → 8+9 → 17
穢れた妖精:クッソ、抵抗さえ抜いていれば・・・
穢れた妖精:7,9,9ですね
ジョシュア・ジョンストン:ティーレにマルアク宣言でサモフェ:ケットシーと通常攻撃お願いします
ティーレ・ライトリア:では行きます。まずはサモンフェアリーでケットシー
システム:ティーレ・ライトリアさんの妖精魔法行使 5点魔晶石割りロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 9[6、3]+9 → 18
ティーレ・ライトリア:では無事にケットシー召喚
ティーレ・ライトリア:ついで通常攻撃
システム:ティーレ・ライトリアさんの命中ロール(2d6+9+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+1) → 10[6、4]+9+1 → 20
システム:黒いフードの男さんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 5[2、3]+8 → 13
システム:黒いフードの男さんの回るかなーロール(k20+8@10#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]a[+1]+8 → 2D:[6、2]=9 → 7+8 → 15
イセン=チャッカ:あれ、c値10?
ジョシュア・ジョンストン:マルアク宣言してるから
ジョシュア・ジョンストン:+1ないはず
システム:キャラクターリストにケットシーが追加されました。
ジョシュア・ジョンストン:あい!
イセン=チャッカ:ああ…武器自体のC値が9ってわけじゃないのか?
黒いフードの男:違うね。ベースがC9だ いろいろと間違った
ジョシュア・ジョンストン:ケットシーにアドヒをイセン・ティーレにお願いします
ジョシュア・ジョンストン:他へってる人いないよね?
イセン=チャッカ:で必殺入ってない…まあ、あんま変わんないか
トレモロ・コルタード:後衛組は大丈夫ですね
ケットシー:二倍アドバンスドヒール イセン、ティーレ
システム:ケットシーさんの行使ロール(2d6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 4[1、3]+10 → 14
ジョシュア・ジョンストン:ケットシーは魔力10だから成功で18回復
ジョシュア・ジョンストン:私は超雑魚なのでレジスタンスなので最後にいきます!
イセン=チャッカ:結構回復するな
ジョシュア・ジョンストン:ケットシー/クーシーはマジで強い
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使 魔力+知力B トレモロにスペルエンハンスロール(2D6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 12[6、6]+10 → 22
トレモロ・コルタード:ありがとうございます
ガジェ・ベシュレル:(チャシュタ回復できなくてごめんな…)って思ってたら6ゾロが出たのでトレモロに全て賭けている感
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュタ殴るよ命中ロール(2d6+6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4) → 11[6、5]+6+4 → 21
システム:黒いフードの男さんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 7[6、1]+8 → 15
システム:ガジェ・ベシュレルさんのダメージロール(2d6+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 11[5、6]+5 → 16
システム:ガジェ・ベシュレルさんのもう一発殴れるドンロール(2d6+6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4) → 4[2、2]+6+4 → 14
システム:黒いフードの男さんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 7[4、3]+8 → 15
黒いフードの男:流石に避けるドン
ガジェ・ベシュレル:一発当ててくれただけでも良いぞぉ!頑張った!ターンエンド!
トレモロ・コルタード:では、魔力を貰った自分が。補助で防陣鉄鎧、男にライトニング、制御でイセン、チャシュタ、ティーレ、ケットシーを除外
システム:トレモロ・コルタードさんの行使ロール(2d6+11+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11+1) → 10[6、4]+11+1 → 22
ジョシュア・ジョンストン:いい出目だぁ
システム:穢れた妖精さんの巻き込まれ判定、ABロール(2 1d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 6
→ 2回目: SwordWorld2.5 (1D6) → 5
トレモロ・コルタード:うーむ、運のいい奴らめ
システム:黒いフードの男さんの抵抗ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 9[4、5]+12 → 21
黒いフードの男:惜しい
システム:トレモロ・コルタードさんの回ってほしいなロール(k20+11+1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+12 → 2D:[6、1]=7 → 5+12 → 17
トレモロ・コルタード:まあよし、以上です
イセン=チャッカ:では次…
イセン=チャッカ:ん-。すなおにウーンズにしときますか
ジョシュア・ジョンストン:私レジくらいしかないから・・・すまぬ・・・
イセン=チャッカ:魔法拡大/数を宣言して自分とディーレにキュア・ウーンズ
システム:イセン=チャッカさんの神聖行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 4[2、2]+9 → 13
システム:イセン=チャッカさんのウーンズ 自分・ディーレの順ロール(2 k10+9@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+9 → 2D:[2、6]=8 → 4+9 → 13
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+9 → 2D:[1、3]=4 → 1+9 → 10
イセン=チャッカ:以上
ジョシュア・ジョンストン:いきますー
ジョシュア・ジョンストン:レジスタンス
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの呪歌演奏ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 8[4、4]+6 → 14
ジョシュア・ジョンストン:生命精神+1
ジョシュア・ジョンストン:以上!
黒いフードの男:ではえめみーの手番だ
黒いフードの男:まずは6倍フォース
システム:黒いフードの男さんの行使ロール(2d6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 8[6、2]+10 → 18
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2+1) → 10[5、5]+8+2+1 → 21
システム:トレモロ・コルタードさんの精神ロール(2d6+9+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2+1) → 8[2、6]+9+2+1 → 20
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの精神抵抗力ロール(2d6+9+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2+1) → 12[6、6]+9+2+1 → 24
ティーレ・ライトリア:三倍の間違いじゃんか。射程単なくて草
ティーレ・ライトリア:なんでもなかった。行ける行ける
システム:ガジェ・ベシュレルさんのチャシュター!ロール(2d6+6+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+2+1) → 6[4、2]+6+2+1 → 15
ジョシュア・ジョンストン:いけますね
ジョシュア・ジョンストン:MPさえあれば
システム:ティーレ・ライトリアさんの抵抗ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 3[2、1]+9 → 12
ティーレ・ライトリア:あとはガジェ自身の抵抗もドぞ
トレモロ・コルタード:あとはガジェの分の抵抗ですね
システム:ガジェ・ベシュレルさんの精神抵抗力ロール(2d6+9+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2+1) → 8[6、2]+9+2+1 → 20
ジョシュア・ジョンストン:失敗2成功4
システム:ティーレ・ライトリアさんのゴーレム、ティーレロール(2 k10+10@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+10 → 2D:[1、1]=2 → ** → 自動的失敗
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+10 → 2D:[6、1]=7 → 3+10 → 13
システム:ティーレ・ライトリアさんのイセン、ジョシュア、ガジェ、トレロモロール(4 hk10+10@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+10 → 2D:[6、4]=10 → (5+10)/2 → 8
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+10 → 2D:[1、4]=5 → (2+10)/2 → 6
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+10 → 2D:[3、3]=6 → (3+10)/2 → 7
→ 4回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+10 → 2D:[3、5]=8 → (4+10)/2 → 7
ガジェ・ベシュレル:おう、邪神官に50点
黒いフードの男:ここは変転を使ってゴーレム分クリティカルにするぞ
トレモロ・コルタード:おお、容赦がない……
ジョシュア・ジョンストン:ここでの使用はむしろ助かる・・・
システム:黒いフードの男さんのロール(k10+10+7)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10c[10]+17 → 2D:[6、1]=7 → 3+17 → 20
黒いフードの男:20点ですね
ガジェ・ベシュレル:チャシュタ~~~!-12!
穢れた妖精:では穢れた妖精 二倍ストーンブラスト
システム:穢れた妖精さんの行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 6[4、2]+9 → 15
穢れた妖精:前衛二体で
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2+1) → 4[3、1]+8+2+1 → 15
システム:ティーレ・ライトリアさんの精神抵抗ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 3[1、2]+9 → 12
ティーレ・ライトリア:+3入ってないや 入れて同値
ジョシュア・ジョンストン:あぶないあぶない
穢れた妖精:2
システム:穢れた妖精さんのイセン、ティーレロール(2 hk20+9@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20+9 → 2D:[2、2]=4 → (2+9)/2 → 6
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20+9 → 2D:[1、2]=3 → (1+9)/2 → 5
穢れた妖精:では穢れた妖精B 同じ行動 二倍ストブラ
システム:穢れた妖精さんの行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 9[4、5]+9 → 18
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2+1) → 8[5、3]+8+2+1 → 19
システム:ティーレ・ライトリアさんの抵抗ロール(2d6+9+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2+1) → 9[5、4]+9+2+1 → 21
システム:ティーレ・ライトリアさんのいい出目だったのに イセン、ティーレロール(2 hk20+9@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20+9 → 2D:[4、1]=5 → (3+9)/2 → 6
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20+9 → 2D:[2、4]=6 → (4+9)/2 → 7
ティーレ・ライトリア:以上
ジョシュア・ジョンストン:ティーレにまた必殺お願いしますか
トレモロ・コルタード:ですね、今度こそ回してもらいましょう
ガジェ・ベシュレル:あ、二倍ファイアウェポンしましょうか
ジョシュア・ジョンストン:ティーレ必殺/ケットシー:アドヒ前衛2人
ティーレ・ライトリア:おk
ティーレ・ライトリア:行きます 必殺攻撃
システム:ティーレ・ライトリアさんの命中ロール(2d6+9+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+1) → 3[2、1]+9+1 → 13
システム:黒いフードの男さんのかいひーロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 6[1、5]+8 → 14
黒いフードの男:低レベルな戦い
ジョシュア・ジョンストン:倒せたら後ろにスパれるからって思ったけど倒せないね!
トレモロ・コルタード:ティーレさん変転できますっけ
ティーレ・ライトリア:出来るね。忘れてたわw
ジョシュア・ジョンストン:行っちゃっていいと思う
トレモロ・コルタード:じゃあここで変転をお願いしましょう
ティーレ・ライトリア:では変転してヒット
ジョシュア・ジョンストン:オラ!回れ!
システム:ティーレ・ライトリアさんの回るかなーロール(k20+8@9#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[9]a[+1]+8 → 2D:[5、6 4、3]=12、8 → 10、6+8 → 1回転 → 24
ジョシュア・ジョンストン:ええやん
トレモロ・コルタード:回ったー!
ケットシー:ではアドバンスドヒーリング、前衛に
システム:ケットシーさんの行使ロール(2d6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 10[6、4]+10 → 20
ジョシュア・ジョンストン:イセンさんのフォースと私のペプルでいけるかも?
ケットシー:イセン、ティーレが18回復 以上
ジョシュア・ジョンストン:イセンさん、ティーレさん18回復
ジョシュア・ジョンストン:イセンさんって【フォース】でどれくらいでます?
ジョシュア・ジョンストン:ガジェさんはいったん街ですかね
ジョシュア・ジョンストン:待ち
イセン=チャッカ:んー、抵抗されるだろうからな
イセン=チャッカ:たぶん6~7点程度。抜ければ倍
ジョシュア・ジョンストン:試すかぁ
ジョシュア・ジョンストン:呪歌は〈ペット〉
ジョシュア・ジョンストン:ペプルをフードに
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 5[3、2]+9 → 14
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのダメージロール(k10[12]+9)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10c[12]+9 → 2D:[6、6 2、3]=12、5 → 7、2+9 → 1回転 → 18
ジョシュア・ジョンストン:草
ジョシュア・ジョンストン:必中の代わりにCが12の物理ダメージ
黒いフードの男:防護点適用で13ダメージ
ジョシュア・ジョンストン:つまり相手は死ぬ
トレモロ・コルタード:そして回ったと。すごいですね……!
黒いフードの男:残りHP1! 立ってる
ジョシュア・ジョンストン:これでイセンさんとおれば後ろに弱点ファイボとスパーク打てるね
イセン=チャッカ:じゃあ、3倍いきますか
イセン=チャッカ:自分の手番
ジョシュア・ジョンストン:がんばえー
ガジェ・ベシュレル:がんばえー!
イセン=チャッカ:魔法拡大/数を宣言して、敵すべてにフォース
トレモロ・コルタード:がんばえー
システム:イセン=チャッカさんの神聖行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 3[2、1]+9 → 12
ジョシュア・ジョンストン:妖精にはレジ効果なし(ペットは10mなので
イセン=チャッカ:行使ひっく
システム:黒いフードの男さんの抵抗ロール(2d6+12+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12+1) → 7[2、5]+12+1 → 20
ジョシュア・ジョンストン:1通ればいいから十分ですよ!1ゾロ出した私よりはるかに!
穢れた妖精:2 2d6+9抵抗 A,B
システム:穢れた妖精さんの抵抗 A、Bロール(2 2d6+9)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 9[5、4]+9 → 18
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 4[1、3]+9 → 13
システム:イセン=チャッカさんのフォースロール(3 hk10+9@13)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+9 → 2D:[3、5]=8 → (4+9)/2 → 7
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+9 → 2D:[2、4]=6 → (3+9)/2 → 6
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+9 → 2D:[1、1]=2 → ** → 自動的失敗
イセン=チャッカ:やべ宣言してなかった
イセン=チャッカ:…自分的にはフード・ABの順のつもりでしたけど…OKです?
穢れた妖精:おkですよ
イセン=チャッカ:すいません…!
黒いフードの男:「ばかな。まさかこんなところで・・・」 バタンキュー
穢れた妖精:お次どうぞ
トレモロ・コルタード:では手番いただきます。補助で防陣鋼鎧、効力亢進Ⅰ、後方エリアにファイボ使用します
システム:トレモロ・コルタードさんの行使ロール(2d6+11+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11+1) → 3[2、1]+11+1 → 15
システム:穢れた妖精さんの抵抗A、Bロール(2 2d6+9)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 4[3、1]+9 → 13
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[5、2]+9 → 16
システム:トレモロ・コルタードさんのA(効力亢進込み)ロール(k20+11+1+4)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+16 → 2D:[2、1]=3 → 1+16 → 17
システム:トレモロ・コルタードさんのB半減ロール(hk20+11+1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20+12 → 2D:[4、2]=6 → (4+12)/2 → 8
トレモロ・コルタード:ここに弱点ダメージが乗る形ですかね
穢れた妖精:です
トレモロ・コルタード:承知しました、では以上です
ガジェ・ベシュレル:じゃあスパーク行ってみますね
システム:ガジェ・ベシュレルさんの操霊魔法行使 魔力+知力B 敵後方に久々スパークロール(2D6+10)
→ SwordWorld2.5 (2D6+10) → 9[3、6]+10 → 19
システム:穢れた妖精さんの抵抗A、Bロール(2 2d6+9)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 8[3、5]+9 → 17
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 5[1、4]+9 → 14
システム:ガジェ・ベシュレルさんのダメージ/操霊魔法 A、Bの順ロール(2 k0[10]+10+0+0)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.0c[10]+10 → 2D:[3、6]=9 → 3+10 → 13
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.0c[10]+10 → 2D:[6、4 1、5]=10、6 → 3、1+10 → 1回転 → 14
ジョシュア・ジョンストン:いいかんじ
トレモロ・コルタード:いいですね!
イセン=チャッカ:ナイスゥ
穢れた妖精:ではエネミー側かな
ガジェ・ベシュレル:まさか通るとは&まさか回るとは ターンエンドです
穢れた妖精:穢れた妖精が前衛二体に拡大ストブラ
ジョシュア・ジョンストン:ですね
システム:穢れた妖精さんの行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 8[3、5]+9 → 17
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2+1) → 2[1、1]+8+2+1 → 13
システム:ティーレ・ライトリアさんの抵抗ロール(2d6+9+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+2+1) → 4[2、2]+9+2+1 → 16
イセン=チャッカ:また稼いでしまったわ
システム:穢れた妖精さんの回れーロール(2 k20+9@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[4、4]=8 → 6+9 → 15
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[6、5 6、4 2、1]=11、10、3 → 9、8、1+9 → 2回転 → 27
穢れた妖精:イセン、ティーレ
ガジェ・ベシュレル:ダイスの数えぐくて草
イセン=チャッカ:セーフ!
トレモロ・コルタード:急に殺意が増した
穢れた妖精:穢れた妖精Bも同じく 前衛に拡大ストブラ
システム:穢れた妖精さんのロール(2 2d6+9)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 12[6、6]+9 → 21
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 8[6、2]+9 → 17
穢れた妖精:ミス。一回目採用で
穢れた妖精:って、一回目クリってるのかよ
ジョシュア・ジョンストン:出目やばぁ
システム:イセン=チャッカさんの精神ロール(2d6+8+2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+2+1) → 3[2、1]+8+2+1 → 14
イセン=チャッカ:はい…
システム:ティーレ・ライトリアさんの抵抗 詩が見えるぜ・・・ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[3、4]+9 → 16
システム:穢れた妖精さんの回る?回っちゃう? イセン、ティーレロール(2 k20+9@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[5、5 6、1]=10、7 → 8、5+9 → 1回転 → 22
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+9 → 2D:[4、3]=7 → 5+9 → 14
ガジェ・ベシュレル:いや殺意!
トレモロ・コルタード:あっぶな
ティーレ・ライトリア:ティーレのこちHP2・・・
穢れた妖精:以上
イセン=チャッカ:ぎりぎりだった…
ジョシュア・ジョンストン:いきてるぅ
ジョシュア・ジョンストン:おさきどうぞどうぞ(レジしかできない
トレモロ・コルタード:とりあえず、ファイボ打ち込んでから様子見ましょうか
イセン=チャッカ:どぞー
トレモロ・コルタード:では補助で防陣鋼鎧、敵後方エリアにファイボ使用します
システム:トレモロ・コルタードさんの行使ロール(2d6+11+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+11+1) → 5[4、1]+11+1 → 17
システム:穢れた妖精さんの抵抗A、Bロール(2 2d6+9)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 8[3、5]+9 → 17
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+9) → 6[1、5]+9 → 15
システム:トレモロ・コルタードさんのA半減ロール(hk20+11+1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20+12 → 2D:[6、5]=11 → (9+12)/2 → 11
システム:トレモロ・コルタードさんのBロール(k20+11+1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+12 → 2D:[3、6]=9 → 7+12 → 19
穢れた妖精:Aがちょうど落ちた・・・
穢れた妖精:次はだーれ?
トレモロ・コルタード:終了ですけど……B体力いくつです?
イセン=チャッカ:あれBは生きてるのか
ジョシュア・ジョンストン:弱点後乗せで22ダメか
トレモロ・コルタード:25だったから、残り3かな
イセン=チャッカ:ならまあ自分がフォースで落とします
トレモロ・コルタード:お願いします
イセン=チャッカ:Bにフォース
システム:イセン=チャッカさんの神聖行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 2[1、1]+9 → 11
穢れた妖精:スマヌ。Bは残り3だ
イセン=チャッカ:稼ぐな
トレモロ・コルタード:ガジェスパーク撃てます?
トレモロ・コルタード:ああ、足りないか
ガジェ・ベシュレル:ガジェはもうHP変換しか出来んなあ
ガジェ・ベシュレル:軽減あってもスパークはMP5だし
ティーレ・ライトリア:私もいるぞ(小声
イセン=チャッカ:どうせ妖精もとくになにもできないしなぁ
ガジェ・ベシュレル:ティーレ当ててくれる?
ジョシュア・ジョンストン:ティーレに必殺お願いします
ティーレ・ライトリア:では行きます。補助で移動
システム:ティーレ・ライトリアさんの命中 必殺攻撃ロール(2d6+9+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9+1) → 7[2、5]+9+1 → 17
システム:穢れた妖精さんの回避ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 6[3、3]+8 → 14
トレモロ・コルタード:さて、何回転かな?
システム:穢れた妖精さんのダメージロール(k20+8@9#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[9]a[+1]+8 → 2D:[6、1]=8 → 6+8 → 14
ティーレ・ライトリア:「これで、終わりだ!」 ざっくり
GM/白猫:というわけで、ティーレが穢れた妖精に攻撃すると、妖精は倒れる。
GM/白猫:戦闘終了です
ジョシュア・ジョンストン:おつかれさまでした!
トレモロ・コルタード:お疲れ様でしたー
ガジェ・ベシュレル:おつかれさまでした~!
GM/白猫:誰か黒衣のローブの男の分のドロップをどうぞ
イセン=チャッカ:お疲れ様です
ガジェ・ベシュレル:あっ鋭い目ある~!やる~!
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロール(2d6+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+1) → 12[6、6]+1 → 13
トレモロ・コルタード:すげぇ!
GM/白猫:?
ガジェ・ベシュレル:やったあ!
ジョシュア・ジョンストン:念のため全員に豊穣しときます
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの呪歌演奏ロール(4 2d6+6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+6) → 4[3、1]+6 → 10
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+6) → 6[3、3]+6 → 12
→ 3回目: SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[2、5]+6 → 13
→ 4回目: SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[5、2]+6 → 13
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのイセン トレモロ JJ ガジェロール(4 k10[13]+6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+6 → 2D:[2、5]=7 → 3+6 → 9
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+6 → 2D:[1、5]=6 → 3+6 → 9
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+6 → 2D:[6、1]=7 → 3+6 → 9
→ 4回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10+6 → 2D:[1、4]=5 → 2+6 → 8
ジョシュア・ジョンストン:mp回復
GM/白猫:では、君たちの目の前には研究資料が残された机やら妖精をとらえたガラス瓶などがある
ジョシュア・ジョンストン:ティーレもだ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの呪歌演奏ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 3[2、1]+6 → 9
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(k10[13]+6)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10+6 → 2D:[1、4]=5 → 2+6 → 8
ジョシュア・ジョンストン:探索判定できます_
ティーレ・ライトリア:「まさか、こんな手練れが学園内にいるとはな。それにこんな研究をするなど・・・」
ティーレ・ライトリア:探索判定どうぞ。難易度は15だ
システム:トレモロ・コルタードさんの探索平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 4[1、3] → 4
ガジェ・ベシュレル:「ティーレは座ってた方が良くないか、死にかけだぞ…」
ジョシュア・ジョンストン:フェアウィ
システム:ジョシュア・ジョンストンさんの妖精魔法行使ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[2、5]+9 → 16
システム:ガジェ・ベシュレルさんのスカウト観察ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 4[2、2]+4 → 8
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのスカウト観察ロール(2d6+8+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8+1) → 9[5、4]+8+1 → 18
ジョシュア・ジョンストン:成功
GM/白猫:ではジョシュアは机の上の研究資料から「くすんだ宝石」に関係しそうな資料を見つける。
ジョシュア・ジョンストン:共有して回収します
ジョシュア・ジョンストン:「とりあえず回収はしたし戻るか?」
ガジェ・ベシュレル:「ここにはもう何もなさそう、かな?じゃあ戻ろう。」
イセン=チャッカ:「そうし…ようか。結構みんな消耗してるし…ね」
トレモロ・コルタード:「あとは縛ったこいつを……うんしょ、……誰か手伝ってくれると助かる」
ガジェ・ベシュレル:チャシュタ回収できるものしていこ…
ジョシュア・ジョンストン:じゃあ資料以外にもヤバそうなもの回収して一旦帰ります
ガジェ・ベシュレル:「ああ、手伝うよトレモロ」
ジョシュア・ジョンストン:押収だ!
トレモロ・コルタード:「ああガジェ、助かった」男をガジェと連れて帰ります
GM/白猫:メモ6参照で。
ジョシュア・ジョンストン:ひええ
ジョシュア・ジョンストン:返って報告だー
イセン=チャッカ:「…なんでわざわざ…妖精に…穢れ…を?」帰りましょうかー
GM/白猫:では、帰り道。魔方陣を越えた先の部屋で君たちを待っている妖精がいる。
スフィア:「生きて帰ってきたってことは勝ったようね」
ジョシュア・ジョンストン:「まぁね」
スフィア:「・・・それだけ強ければいいか。ねぇ、貴方たち。私のお願い聞いてみない?」
ジョシュア・ジョンストン:「なにさ?」
ガジェ・ベシュレル:男引きずりつつティーレに肩貸しつつ(あっなんか妖精がいるのかな…)って顔してる
スフィア:「簡単な事よ。私を開放してほしいの。今の私は君の悪い宝石に縛られていて碌なことが出来ないの。だからその宝石を砕いて私を開放してほしい。報酬は、そうね・・・。しばらくの間貴方に力を貸してあげるわ」
ジョシュア・ジョンストン:「今すぐってわけにはいかないから調査終わってからでもいい?」
ジョシュア・ジョンストン:「いやでも面倒だな」パリン
スフィア:「私の気が変わってなければそれで構わないわ。まあ10年くらいは待ってあげる」
スフィア:ここで解放する?
ジョシュア・ジョンストン:割っていい?戦闘になったらごめん
イセン=チャッカ:ここで解放できるのか?
イセン=チャッカ:開放できるならいいですよー? メタ的に戦闘にはならないだろ(適当)
スフィア:押収品の中にスフィアのくすんだ宝石はある。ここで割れば解放できるよ
ジョシュア・ジョンストン:「いやでも面倒だな」パリン
ガジェ・ベシュレル:急にジョシュアが宝石割ったらびっくりはする(感想)
イセン=チャッカ:資料だけじゃなくて宝石もあったのか
トレモロ・コルタード:開放できるのなら、開放しちゃいましょうか。……時間的に戦闘にはならんでしょ(適当)
スフィア:説明が飛んでしまっていたか・・・?まあ、今開放も出来るよ
スフィア:「うーん、やっぱり自由が一番よね。これで面倒な枷もなくなったし、ようやく羽が伸ばせるわ」
スフィア:「それはそうと、約束よね。力が必要な時に呼びなさい。少しの間だけ力を貸してあげるわ。まあ、貴方も100年くらいしか生きないし。その間位はいいわよ」
ジョシュア・ジョンストン:「まぁ必要になったらね」
スフィア:サモンフェアリー3でスフィアを呼び出せるようになる。剣欠けやTPを回収しないのであればそのデータもそのまま残るぞ
スフィア:亘、呼び出せる時間は10秒になる
ジョシュア・ジョンストン:はーい!
ジョシュア・ジョンストン:もうすぐ呼び出せる!
ジョシュア・ジョンストン:アッハイ
イセン=チャッカ:1R…
ジョシュア・ジョンストン:まぁ《マリオネット》あるし実質2R
イセン=チャッカ:あとはジョジョが時間拡大するか…か
スフィア:藺生て6属性契約してる妖精で剣欠け入りやぞ・・・?
ジョシュア・ジョンストン:大分助かる
トレモロ・コルタード:トレポは弱点値でしたっけ。
イセン=チャッカ:データどんなんでしたっけ
スフィア:メモ7にURL張った
ガジェ・ベシュレル:「なんかよくわかんないけど、ジョシュアに強い友達が出来たってことでいいのかな。」とかティーレと喋ってる
イセン=チャッカ:ありがとうございます
スフィア:「じゃあ、せいぜいながいきすることね」 そういうとスフィアは去っていく
ジョシュア・ジョンストン:URLあざます!
トレモロ・コルタード:弱点値か……カケラは残してトレポだけ回収、ってできますかね……いや、残しておいた方がいいのかなこっちも
ジョシュア・ジョンストン:トレポのみ回収でいいかと
イセン=チャッカ:正直両方回収しても…とは思う。
ジョシュア・ジョンストン:「あぁ、じゃあな」
GM/白猫:両方回収?とレポ回収? どうします?
イセン=チャッカ:後衛で魔法打ってもらうスタイルで2Tしか生きられないなら、そこまでHPいらないし。
ジョシュア・ジョンストン:2Rだし両方でもいいかも
ジョシュア・ジョンストン:両方回収します
トレモロ・コルタード:ですか、それならもらっちゃいましょう
GM/白猫:では、スフィアが去った後の床を見ると、剣の欠片とトレジャーが落ちている。
ジョシュア・ジョンストン:回収しときます
トレモロ・コルタード:男と併せて、かけら14、TP8、ですね
GM/白猫:さて、君たちが無事にスフィアを見送ると、あとは妖精魔法学科の構内を通り、無事に外に出ることが出来る
ジョシュア・ジョンストン:「今日は帰って寝て明日報告しよう」
ティーレ・ライトリア:「思った以上に大事になってしまったな。残された妖精たちのこともこの男の事も謎だらけだ。だが、まあ私たちは生きている。よかったよかった」
ガジェ・ベシュレル:「了解。ティーレはこのまま医務室だぞ。ガジェがついていく。」
ティーレ・ライトリア:「ああ、報告は私の方からしておくよ。この男の引き渡しなどでまだ仕事が残っているからな」
イセン=チャッカ:「…彼…たち?は何を…しようとしていたん…だろうね?」
ジョシュア・ジョンストン:「了解。後は頼むよ」
ティーレ・ライトリア:「『致命傷以外はかすり傷』と生徒会では言われるのだがな。我謝は心配症だな」
ガジェ・ベシュレル:「いやもう回復してから仕事してくれ…。生徒会、だいぶ頭おかしいな」呆れ
ティーレ・ライトリア:「ああ、それとこれが今回の報酬だ。」 一人2500ガメルを渡すよ
トレモロ・コルタード:「そのボロボロないでたちでかすり傷、と言われても困る、無理はしないでくれよ」
トレモロ・コルタード:「っと、報酬か、確かに受け取った。これは大事に使わせてもらおう。今後の調査のためにも、だな」
ガジェ・ベシュレル:「あ、そうだ。男が持ってた奇妙な聖印は、生徒会が調べるか?それなら渡しておくが」
ティーレ・ライトリア:「ああ、ひとまずはここで解散だ。調査で何かわかったらまた連絡するよ」
イセン=チャッカ:「…うん…よろしくね…ティーレ」
ティーレ・ライトリア:聖印も回収させてもらうね
ガジェ・ベシュレル:先に医務室に行くんだぞ!ってオカンムーブしてから別れよう
GM/白猫:というわけで、魔導の探究者第八話「穢れた妖精」を終わります。 お疲れ様でしたー
トレモロ・コルタード:お疲れ様でしたー!
イセン=チャッカ:お疲れさまでしたー
ジョシュア・ジョンストン:お疲れさまでしたー!
ガジェ・ベシュレル:おつかれさまでした~!
トレモロ・コルタード:とりあえずトレポ8点振りますね~
GM/白猫:ではリザルトです
ガジェ・ベシュレル:周りがピンゾロ出すぎて自分が出したか覚えてないな…
GM/白猫:経験点:2260点+ファンブル
システム:トレモロ・コルタードさんのトレポ8点ロール(d66)
→ SwordWorld2.5 (D66) → 65
ジョシュア・ジョンストン:65
トレモロ・コルタード:ベグ・ド・フォコン(ウォーハンマー)(10300G)
イセン=チャッカ:売却ぅ
ジョシュア・ジョンストン:ですねぇ
トレモロ・コルタード:では、半額の5150Gですね
GM/白猫:では(3300+5150)/6 + 2500 ガメルが一人頭ですね
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(c(3300+5150))
→ SwordWorld2.5 c(3300+5150) → 8450
GM/白猫:報酬:3908ガメル/一人 です
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(c(8450/6+2500))
→ SwordWorld2.5 c(8450/6+2500) → 3908
トレモロ・コルタード:あれ、6ですかね
ジョシュア・ジョンストン:わーい!
GM/白猫:ちげぇ 4だ
システム:GM/白猫さんのロール(c(8450/4+2500))
→ SwordWorld2.5 c(8450/4+2500) → 4612
ジョシュア・ジョンストン:欠片名誉と成長ですね
システム:ジョシュア・ジョンストンさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [1、3]->(器用度 or 筋力)
GM/白猫:報酬:4612ガメル/一人
システム:GM/白猫さんの名誉ロール(14d6)
→ SwordWorld2.5 (14D6) → 48[5、5、3、2、3、1、2、6、6、4、5、2、3、1] → 48
GM/白猫:成長:一回
システム:トレモロ・コルタードさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [2、2]->(敏捷度)
イセン=チャッカ:きっとあれだ、ティーレとチャシュタもメンバーに加わってるんだよきっと
システム:ガジェ・ベシュレルさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [6、2]->(精神力 or 敏捷度)
システム:イセン=チャッカさんのロール(gr)
→ SwordWorld2.5 [3、2]->(筋力 or 敏捷度)
トレモロ・コルタード:敏捷一択ですね
ガジェ・ベシュレル:精神で
イセン=チャッカ:筋力
GM/白猫:冒険者レベル:上限7 解放です ではほかに質問等なければ解散です お疲れ様でした
イセン=チャッカ:お疲れさまでした
ジョシュア・ジョンストン:はーい!お疲れさまでした!
ガジェ・ベシュレル:はーい、おつかれさまでした~!
ジョシュア・ジョンストン:また次回よろしくお願いいたします!
トレモロ・コルタード:お疲れ様でしたー! それでは失礼します!
GM/白猫:次回は来週月曜予定です。ではまた
システム:白猫さんが、入室しました。
システム:白猫さんが、退室しました。

いいね! いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。