ウバさんの詳細

TRPGオンセンのユーザー「ウバ」さんのプロフィール紹介ページです。

ウバさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

自己PR

PC版フォントの関係でよく間違えられますが、紅茶のUvaです。
読み専から始まり、細々と身内オフセッションをメインでTRPGをやってきた者です。
卓でのプレイ経験はGM>PLです。
好みは現代ファンタジーですが、完全な異世界ファンタジーも好きです。
オンセのイロハもわからず、環境の不備や不慣れな点も多くあるでしょうが、どうぞよろしくおねがいします。
※卓は基本平日は夜のみ、場合によっては土日も立てます。慣れるまでは最大で2つを超えて卓を立てないつもりです。
平日は基本ルールブックから離れ過ぎないレギュレーションで1回完結を目指し、休日はサプリメントや経験点を多く解放して複数回完結を目指すシナリオの募集を原則としていきます。

近況:(何か閃いた音)

――――――――以下主な所持ルルブ一覧―――――――――
・ダブルクロス3rd
基本1,2、上級、PE、IC、DR、UG、RU、EA、LM、HR、RW、BC
・アリアンロッド2E
基本1,2(改定含む)、上級、超上級、アイテム1、西方、レボリューション、ディスカバリー
・SW2.0
基本Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ(改定含む)、EX、AW、BT、WT、CG、IB、LL、FC、EoG、ザルツ、ユーレリア、ダグニア、ディルフラム博物誌
・SW2.5
基本1、2、3
・D&D5版
コアルール3種
・CoC
基本

ウバさんの日記を全て見る

ウバさんが答えた100の質問を見る

ウバさん主催のセッションを見る

ウバさんが参加申請したセッションを見る

ウバさんの立てたトピックを見る

スケジュール

070707070707070707070707070707070707070707070808080808080808080808080808080808080808080808080808080808080809090909090909
101112131415161718192021222324252627282930310102030405060708091011121314151617181920212223242526272829303101020304050607
(曜)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)
                                                            
                                                            
                                                           

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

平常時のお誘い受け可能な時間帯(あくまで目安です)

 

平日

土曜

日曜

所持するルールブック (82)

ウバさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

ウバ
2020/04/15 20:40[web全体で公開]
🤔 私(GM)が受け入れること、受け入れないこと
初めましての方は初めまして、ウバと申します。

さて相変わらず安定しない寸暇がポッとお出しされたので、シナリオの準備をしつつ、自分の考えの整理も兼ねて書き並べようと思います。
非常に長文になりますので、貴重なお時間と天秤にかけていただければ幸いです。

さてタイトルの通り、私がGMをする際に受け入れること、受け入れないことをいくつか挙げてみます。あくまで例であり、他にも該当することはありますが、こうやって例を挙げることで何が自分にとって問題なのか整理し、万が一遭遇した時の対処に役立つかもしれません。
実際のところ、真に問題なのは参加者内でそれらを受け入れられることができるか、という一点に絞られます。人それぞれに人格があるのと同じく、受け入れることが可能なことも人それぞれです。
私が受け入れることが、他の卓で無条件で受け入れられることはあり得ませんし、逆に私が受け入れないことが、どこでも受け入れられないこともあり得ません。とある誰かでは問題がなかったことが、違う誰かにとっては問題となるのは、特段不思議なことでもないでしょう。
またここ書いたことに該当すれば私が必ず受け入れる、受け入れないというものでもありません。物事には程度限度というものがあり、それを判断している私も感情を持つ一個人です。
そんな当たり前のことを念頭に置いたうえで、興味のある方は読み進めてください。

【受け入れること】
1.シナリオの内容を変更する
私はこれこそセッションの醍醐味と思う節があり、打ち込まれれば返そうとします。
私の中では、セッションのシナリオは参加者とセッションをするまで絶対に完成しないものなので、一度何らかの形にしたものでも、セッション前日まで調整を続け、もし必要ならセッション中でも手を加えます。
そういうやり方をしているだけに、シナリオの内容通り進めることに拘りはなく、むしろ参加者毎に変わるアイデアを楽しみたいので、設定など内容に手を加えたいという相談は大歓迎です。時間さえあれば、私のできる範囲でそれらを盛り込もうとします。
逆に、私は言われなければ進んでそういうことはしません。各参加者がどれほどそのアイデアに重きを置いているか心を読むことはできませんし、PCの設定も拾いやすい設定とそうでない設定があるため、拾うものにかなりばらつきがあり、シナリオに寄せられる余地がなければ拾わないと自己判断します。
もし拾ってほしい部分があるなら、事前に提示していただければその時の私がきっと頑張りますので是非相談させてください。


2.ルール理解が不十分
これはある前提の上でですが、私はルールの理解度はあまり問題にしません。それは経験で上がるもので、誰しも最初はルールを知らない状態から始まり、現在の状態は単にその順番が違っただけでしかないと思うからです。
また、ルールの理解度の高さ=面白いセッションになるという方程式も存在しないと思っています。その二つは特に因果関係はなく、初心者の方でも経験者の思いもよらない面白いストーリーを考えることは可能ですし、実際に自分の目で見てきました。
私はルールブックを持っていて覚える気のある方には極力教えるつもりです。こちらも多少の経験があり、理解しやすいルールとそうでないルールがあることも理解しているので、教えたことを全部一発で覚えることも要求しません。
また、手を出し始めたばかりのシステムであれば、まず私の理解が追い付いていない可能性もあります。そうなれば、参加者のルール理解が足りないことを咎めるのはどの口が言うのだとなりかねません。
なので、これも受け入れます。ルールブックの有無については、次に詳しく書きます。


【受け入れないこと】
続いて、私がGMをする際に不寛容なことを挙げていきます。なるべく問題点を正確にしたいがために長文になっており、やや暗い話にも言及もするので、読み進める時は注意してください。


1.レギュレーションのルールブックを所持していない
私はセッションの参加者のページを閲覧したときに真っ先に確認していることが、ルールブックの所持です。
今のところ所持していない方がいなかったので機会はありませんでしたが、その機会があれば私は迷いなくその方がルールブックを用意するまで参加をご遠慮いただきます。

理由は単純に、私はルールブックを持ってない方にルールを教えるつもりがないからです。
ルールの質問をすることは誰しも経験があることで、私も極力聞かれれば答えようとします。もしルールブックを持っている方なら、ルールを再確認することができますが、持っていない方はそれができません。所持未所持にあるのはこれだけの差ですが、全く完璧ではないGMの私には由々しき差で、もしかしたらその場で答えたルールが、実は間違っているかもしれません。
ルールブックを所持する方は、私が間違えたことをルールブックを読むことで「なんだあのGM適当言いやがって」と気づくチャンスが必ずありますが、所持していない方にそのチャンスが来ることは稀です。多くは別の卓に参加中に、実際にそのルールを用いようとして、間違っていたことを知ることになります。
それだけでセッションが損なわれることは稀でしょうが、そこに直面した他の参加者がルールミスの指摘、正しいルールの説明に費やす苦労は無いに越したことはありません。
勿論、ルールブックを持っているから必ずこの問題に直面しないということはありませんが、確認する手段のあるなしでその可能性は大きく変わります。
私は自分の発言が自分に返ってくるならともかく、他の方に飛び火させたくはないので、これを受け入れることはまずありません。


2.他のプレイヤーと何も相談をしない
私は100の質問にも上げているように、何一つ相談しないプレイヤーが非常に苦手です。これは非常に対処しづらく、私が頭を抱える問題の1つです。何故なら、こういう他参加者とプレイヤーレベルで協調性を持たなくなる方を、実際にセッションをする前に判断するのは非常に困難だからです。
ただそれが発覚して注意も聞いていただけないのであれば、たとえセッション中であろうとその方には今後の参加をご遠慮いただきます。幸いにして今までそうなったことはありませんが、この場合は初めてここのブロック機能を使うことになるかもしれません。

勿論一挙一動毎に確認を取れなどというつもりはありません。ただこんな風にしてみたいという具体案や、変わったことをしようとするという意思表示を、予め私を含めた参加者に教えてほしいだけです。
私はアドリブを排除してプレイヤーを統制したいとは考えておらず、むしろ自分のシナリオが当初の筋書きから変わることを驚き楽しむ性質です。
例えば言動が破天荒なPCが来ることを事前にわかっているならば、シナリオの目的を弄ってNPCのセリフや反応をよりファジーな形に調整する、破天荒な行動にツッコミを入れられるようNPCの性格を変えるなど、私にできることは一杯あります。
ただ、それがやることすら直前になって明かされるドッキリになれば、私ができることは限られます。言葉を選ばないならそれはただの無茶ぶりで、ズブの素人の私が面白くすることはできませんし、私は参加者とそのようなネタ出し対決をしたくてGMをしているわけではありません。
故にこれは、特に私には受け入れがたいことです。


最後に念押しですが、これは私がGMをする際に寛容、不寛容なことの一例です。これ以外にも私が受け入れることも受け入れないこともあります。当然私がGMの場でしか要求しないことですので、該当したからどうというものでもないことは、特に受け入れないことを読んだ方は念頭に置いていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 20
ウバ
2020/04/08 01:55[web全体で公開]
🤔 自分のシナリオギミックを自己批評してみる。
初めましての方は初めまして、お久しぶりの方はお久しぶりです、ウバと申します。

某感染症によってこれまでの多忙が嘘のような寸暇が生まれたので、
初心に戻るためにも過去に自分が扱ったシナリオギミックに率直な感想を挙げてみようという試みです。
大前提として、これはGMである私が実際にやったことを、今になって考えたらこうだった、もっとうまくやれたんじゃないか?と比較的容赦なく回顧するもので、当時の参加者さんや、手法そのものへの批評ではありません。
こんな考え方をしているGMもいるという見世物でも見るような気持ちで読んでいただければ幸いです。
今回はDX3に関係するものとなりますが、具体的なシナリオ名は再演の時に困らないように挙げません。
というかはっきり言えばDX3のダイマです。それでも良いという方はしばしお付き合いください。

・衝動判定に成功したプレイヤーの人数で、ヒロインがPCのオーヴァード化に気づくか分岐する
大分初期のシナリオで行った試みです。簡単に説明をすると、これはDX3のPCであるオーヴァードが抱えるリスク、自らの衝動を抑えきれなくなると、他人を守る(=カバーリングする)ことができなくなる「暴走」という特有のバッドステータスに焦点を当てたものです。ジャームに襲われるオーヴァードではないヒロインに、変貌した世界の裏側を見せないようワーディングも張らなければならないため、このギミックを理想的にクリアするには、2人が衝動判定に成功する必要がありました。
何故このギミックを入れたかというと、オーヴァードという超能力者になったPCたちが抱える危うさとかを、当時DX3初心者が多かった参加者さん達に、ほんのちょっぴりでも感じていただければなと思ってのことでした。結果は判定に成功して自分を保ったPCたちが、助けられたヒロイン本人さえも知らない活躍をしたというDX3らしい良いシーンにしていただけました。

ただ端的に言うなら、これはかなり危ない橋を渡っていました。
詳細な説明として、このセッションは参加者3名で行った少人数セッションでした。そこで侵蝕率ボーナスを得やすいクライマックス直前でもないミドルフェイズのタイミングに挿入されたこのギミックは、私の意図に反して衝動判定に必要な【精神】に秀でたキャラが少ないパーティでは失敗する確率の高いものに仕上がっていました。
C値を下げるコンセントレイトと、得意分野を組み合わせる攻撃の判定を無限上方ロールでぐるぐる回すことが大半でマヒしがちですが、本来DX3のPCの判定はそこまで高い達成値を出せず、1個や2個の1d10で8を出すのはそこそこ難しいものです。
効果的にやるならば、物語の盛り上げどころとして侵蝕率ボーナスで成功確率が上がっているクライマックスの衝動判定に合わせるか、難易度を調整して難易度よりも演出に力を入れて強調するべきだったでしょう。

教訓としては、やりたい演出が先行したギミックは、往々にしてバランスへの意識が離れて崩れやすいものです。それをPCに乗り越えてほしいとGMが思っているならば、一度は冷静にその想定通りの難易度になっているか眉に唾した方がいいといったところでしょうか。

今回はこんなところで、また気が向いたら書くかもしれません。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 11
システムウバ
2019/11/22 01:04[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ウバさんは11月30日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【ダブルクロス】【テキセ】Dicot Germinationを作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=157435224077teajunkie1657
ウバ
2019/11/20 23:55[web全体で公開]
😶 なぜオリジナルシナリオを書くのか
初めましての方は初めまして、ウバと申します。

前回から1か月がたちそうなので、ちょっとした備忘も兼ねて日記を書き記しておきます。
もし、こんな散文を目にとめていただいた方が、GMに対する重圧を感じているのであれば、辛抱してもう少し読んでいただけると幸いです。
果たしてここ数か月シナリオを書いていない私にふさわしいタイトルかも、とりあえず棚に上げておきます…。

さて、ご存じの方もいるかもしれませんが、私はDX3というゲームが好きで、オンセンに参加してGMをしたゲームの大半はDX3です。
そしてシナリオは曲がりなりにも、自分で書いています。はっきり言って優れたものではありませんが、凡人なりに時間や労力をかけて書きました。
その理由は私は自分のためです。私は自分のためにシナリオを書きます。
いきなり何を言い出すかと思われそうですが、これにはちょっとした事情があります。

私のライフスタイルでは、大人数で長時間を前提としたシナリオは回せません。対策で時間を分けると、時期の拘束が長くなる間に環境が変わり、途中で立ち消えになることもあり得ます。実際、そうなったシナリオもありました。
私のペースで、やりたいことを詰め込んだセッションをするためには、それ専用のシナリオを作る必要があるので、結果として自分でシナリオを書いているわけです。
平たく言えば、私が自分でシナリオを書いている理由はたったこれだけです。何か今のスタイルやオリジナルシナリオに特別なこだわりがあるわけでもありません。

勿論こんな自分勝手な理由で書いているシナリオに最後まで参加していただけることは、非常にありがたいことです。その感謝の印として、参加者のために私はGMをやります。
ただ、それは私のシナリオに参加していただいているという前提があるからで、私はDX3というゲームを盛り立てたり、そのプレイヤーに奉仕しようなどと大それたことはこれっぽっちも考えたこともありません。
私はDX3というゲームで楽しく遊びたいだけです。

私にとっては楽しく遊びたいゲームがDX3ですが、人によってこれも違うでしょう。
共通して言えるのは、あなたはあなたのためにシナリオを書くべきということです。そこに参加してくれたメンバーと、よりよい時間を過ごそうと思えれば、他に必要なものはないでしょう。
もしGMをすることに、過剰なプレッシャーを覚えている方の一助になれば、これ以上望むことはありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 15
ウバ
2019/10/22 07:54[web全体で公開]
😊 楽しいことは楽でもあってほしい
初めましての方は初めまして、お久しぶりの方はお久しぶりです、ウバと申します。

前回日記を書いてからほぼ6か月、時折PLとして参加はしていたものの日記を書くのは久しぶりになります。
というのも、3~4月から仕事が変わって頭脳労働の比重が増し、少ない容量の頭がパンクしかけて手がついていませんでした。
せっかく参加できたセッションの御礼日記も書けませんでしたし、頓挫したキャンペーンの最終回だけでも単発化しようし、有難く参加に前向きな方もいらっしゃいましたが、私事にて実現できず申し訳ない限りです。
半年経ち、ようやく気持ちに余裕が出てきたので、またぽつぽつと緩めのペースでGMと日記を再開しようと思います。

半年たってどういった方がオンセンに参加されたかは存じませんが、一つ思うのはできる範囲で、楽にセッションを楽しんでほしいということです。
とどのつまりセッションは誰かと遊ぶことなので、自分を追い込んだり、焦ったりしなくても大丈夫です。初めからある程度の経験があった私も、最初の数か月は自分で募集を立てることはおろか、参加申請さえ押せませんでした。
焦らず自分のペースでTRPGに関わってみてください。私がお手伝いできることならできる範囲で楽にやらせていただきます。

こう書くと引退宣言じみていますが、先にも申した通り復帰しました。以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 19
システムウバ
2019/10/18 23:32[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ウバさんは10月26日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【ダブルクロス】Strange Comradeを作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=157140914157teajunkie1657
システムウバ
2019/07/22 23:12[web全体で公開]
システムからのお知らせ
コミュニティ「黄昏の天使2015」の参加が承認されました。
ウバ
2019/04/27 10:29[web全体で公開]
🤔 GWだというのに
今からシナリオを書いているのは何故なのか。
いつもご挨拶が遅れました、初めましての方は初めまして、ウバと申します。

初手から言い訳で恐縮ですが、ここのところ諸般の事情で頭脳労働の比率が増してシナリオ作成に全く頭が働いていない日々でした。
早いが話充電切れで、前はパソコンの前に座ればばーっと書き出して終わっていたシナリオの骨子を完成させる作業も今では一苦労です。
知的体力の衰えという言葉を噛み締めているこの頃、色々小細工もしてGWはそこそこ休めることになったので、シナリオ作成に時間を割くことにしました。

とはいえ、既に頭がアイデア出涸らし状態で無理に出力しても、発想の枯渇は目に見えています。
久々の大型連休(そもそも海外によっては休みという言葉は複数形しかないとか…)、出かけたり運動したりと色々な体験でアイデアの素材を溜めこもうと思います。

そんなわけで、せっかくの大型連休ですが多分セッションは控えめになります。もし充電が溜まって募集を立てた時に、ご興味を持たれた方はご一考くださると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 11
ウバ
2019/04/13 23:18[web全体で公開]
😆 CoCセッション、D&D5eセッション完結御礼
初めましての方は初めまして、ウバと申します。

さて先日はオンセンに参加してから1年弱参加し続けたポンポコさんKPの「黄昏の天使2015」の第2話が完結しました。
卓を囲んでくださったKPのポンポコさん、PLのチョコさん、K.Kさん、そしてこのセッションにお誘いしてくださった鴉山 響一郎さんに御礼申し上げます。
最初はキャンペーンに年単位の時間をかける話は自分にとっては別世界のことと思っておりましたが、こうして実際に参加してみると、割とあっさり経つものだなと思いました。
探索者の医者も、一時はヒヤっとする場面はあったものラッキーヒットに恵まれてなんとか生き残ることができました。
相変わらずクトゥルフ神話技能が0という自分の登場作品について何にも知らないままですが、次のシナリオも生き残りとうございます。
……まぁ不幸にも倒れてしまった時には、もうちょっと若めのキャラにしようと思います、役どころ的に。

続いて、私が初DMとして、D&D5eシナリオ「Unfortunate Talisman」を2回かけて開催いたしました。
卓を囲んでくださったPLのPI-TG001(ヒラヲカ)さん、レーヴァさん、badmanさんに御礼申し上げます。
シナリオとしては小規模と言いつつどう考えても3時間で終わらせる気のないシティアドベンチャーシナリオでした。
念願のどどんとふでのD&D5eですが、チャットパレットぐらいしかどどんとふの機能を活かしてなかった気がするので、今後自鯖設置するのかは不明ですがシステムへの慣れは済ませておきたいと思いました。
内容的にはシンプルな話でしたが、それぞれのPCが物語に入れ込んでいただけたのは、KP冥利に尽きます。
今後もD&D5eはゆるっと話の繋がったシナリオを思い出したように募集すると思いますので、もし興味を持たれた方はご一考いただければ幸いです。

さてそんな華々しい話の裏でいつもの反省タイムです。
やらかしとしては過去最大級で、PCの故障で参加者の皆さんを30分ほどお待たせしてしまいました。
時間が近づき始めようという段に起きたことで焦り、復旧しようと試みることに必死でスマホで連絡する知恵さえ浮かばないという体たらくでした。
これはGMであるとかPLであるとか以前に人としての振る舞いとして猛省し、気を付けたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 10
ウバ
2019/03/27 23:05[web全体で公開]
🤔 どどんとふでD&Dをしたい
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
Flashのサポート終了に伴い、どどんとふが終わると聞いた時、ふと思ったことが「そもそもこのツールはD&Dをやるために作られたんだったな」ということでした。
前々からお世話になっていましたが、一度くらいは本来の目的に則ってみたいと思い、普段と違ってどどんとふ利用のD&D5eセッションの募集を立ててみました。
募集ページ
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=155369470023teajunkie1657

オンラインセッションのDMも初、どどんとふを使ってD&D5eのDMも初という不慣れなDMではありますが、もし興味を持たれた方はご一考いただけると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 12
システムウバ
2019/03/27 22:51[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ウバさんは04月06日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【D&D5版】【テキセ】Unfortunate Talismanを作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=155369470023teajunkie1657
ウバ
2019/03/27 01:16[web全体で公開]
😆 CoCセッション、DX3セッション御礼
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
何故人は歯医者に行くときには二度と世話になるかと誓うのにまた通ってしまうのでしょうか。
そんな与太話はさておき、スタックしてしまった御礼日記を書き纏めていきます。

まずは定例参加させていただいているポンポコさんKPのCoCキャンペーン「黄昏の天使2015」に参加させていただきました。
卓を囲んでくださったKPのポンポコさん、PLのK.Kさん、チョコさんに御礼申し上げます。
ダンジョンを踏破したと思ったら、それらは前振りだったと思い知らされる展開に無力な医者としてビビっていたものの、シナリオは待ってはくれぬと覚悟を決めて飛び込みました。
そしてまさかの展開に、文明の利器を手にしながらあわあわしていたり、医者にあるまじきガチ攻撃を繰り出したりといよいよクライマックスにやってきた心地です。
ネタバレ防止のためいつも以上にふわふわしてますが、御礼がメインなのでご容赦いただき、いよいよ約1年がかりの2話に一応の決着が見れそうです。
できることならば生きてる側でそれを迎えたいと思いつつ、最後まで探索者の命運を見守りたいと思います。

さて続いて先日、私がGMとしてDX3シナリオ「Counter Assassination」を2日かけて主宰させていただきました。
卓を囲んでくださったPLのぐりさん、Lieさん、グラビデさんに御礼申し上げます。
一度セッションをやったことのあるシナリオをもう一度回す感覚はそういう習慣もなかったので中々に不思議なものでしたが、同じような筋書きでも違った反応、違ったストーリーが生まれる楽しみを見出すことができました。
オンセンでも初セッションでは加減も知らず未明になっても全然終わらなかったという曰く付きのシナリオでしたが、なんとか時間内に収めることができ、新しいやり方を見つけた気がいたします。

そんな感じで綺麗に締めたかったのですが、いつもの反省タイムです。
時間は休憩を投げ捨てて無理くり時間内に収めたので及第点ですが、なんと衝動判定後の侵蝕率増加処理を忘れました。
いや一体何回DX3やってるんだよと自分で突っ込まざるを得ないミスですが、(データ的には)ライトな方向性でやっていく以上は経験の少ない方もいらっしゃるでしょうし、ここは経験者として丁寧にしていきたいと思います。
そろそろオンセンに登録して一周年、少しは成長したという綺麗な締めができなかったことを戒めにしつつ、今後もぐだぐだながらDX3をやっていきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 5
システムウバ
2019/03/13 00:01[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ウバさんは03月20日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【ダブルクロス】【テキセ】Counter Assassinationを作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=155240288116teajunkie1657
ウバKaito・E・BS
2019/03/12 21:31[web全体で公開]
こんばんは、ウバと申します。見学希望のコメントありがとうございました。
諸般の事情で明日のセッションは延期または中止となりそうなのですが、見学自体はいつでもOKです。
時間中、私が対応しきれないので発言はできないようにさせていただいていますが、入室して見学することはできるように設定してあるので、いつでも断りなく入退室いただいて大丈夫です。
セッションの方のコメントだと参加者の方にしか通知が行かないのでこちらでコメントさせていただきました。
ウバ
2019/03/12 08:54[web全体で公開]
🤔 DX3のボスのHPの決め方
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
ふと早朝に目が覚めてしまい、日々の準備を前倒しにしたら時間が余ってしまったので(DX3)GMのGMによるGMのための小ネタをさくっと書き纏めてみようと思います。
世にはもっと熟練のGMの参考データもありますし、あくまで私が適当にやっていることですので、話半分の時間潰しにでもお使いください。

さて今回はDX3ボスのHPという、個人的には割と色んな方が悩むんじゃないかと思う話題です。かくいう私も未だに悩み続けています。
以前、DX3のボスは何ラウンドで倒されるか大雑把に組みましょうと書きましたが、実際にGMとしてセッションに望むのに大雑把では困るという方がいたかもしれません。
そこでめちゃくちゃ雑な計算に基づく簡単な設定方法を挙げてみます。結論から言うとボスのHPは4人のPCに殴られるなら180~200でいいので、装甲は少な目でエネミーエフェクトなどで盛ってください。

以下は解説になっていない解説が続きます。
まず、戦闘ラウンドを設定します。私はオンセでは時間等の制約も加味して独断と偏見で2ラウンドがいいと思っているので、ここでは2ラウンドとします。
次に、PC1人辺りが1ラウンドに出すダメージを計算し、合算します。今回は簡略化のため4人のPCが、全員サンプルキャラの不確定な切り札であると想定します。ここで注意が必要なのは、支援やガード特化のPCがいる場合は、その分は出すダメージから除外することです。
そしてダメージの計算方法ですが、実はDX3の達成値の期待値は、ダイスが増えていくよりもC値が下がったほうが高くなります。そしてDX3のダメージダイスは、達成値が10の大台に乗るまで1個も増えません。あくまで計算上は、8個振っても14個振っても期待値は20台を超えないのでダメージダイスの期待値は3d10になります。つまり、1ラウンド目の不確定な切り札はおおよそ固定値13+16.5~22(固定値で30台に乗る可能性がある)で約30~35点のの装甲有効ダメージを叩き出してくるわけです。そして4人の不確定な切り札からタコ殴るに遭うボスが1ラウンド目を生き残るには、120~140のダメージを受け止める能力が必要になるわけです。
そして2ラウンド目、ボスの攻撃やら自前のコンボやらで100を超えた不確定の切り札の攻撃力は増加し、C値の低下でさらに達成値が増えるようになります。細かい計算は載せませんが、ざっくり計算してC値が1下がると不確定な切り札のダメージダイスは1d10増えると考えてOKです。
つまり、2ラウンド目の不確定な切り札のダメージダイスは4d10~5d10になり、16+22~27.5で38~43.5のダメージを与えてきます。しかし、前述の通り私の作るボスは2ラウンド目にはPCに倒されることを目安にしているので、これを全て受け止める必要はありません。PCの出目が低くなってしまうことを想定して、×3かつ、低めに見積もって114点だけ受け止めてくれれば十分とします。
1ラウンド目と合算して、PCに出してもらいたいダメージは234~254点となるわけです、これを私はたまに日記でも言っていますが「全体HP」と呼んでいます。
あとは、これをボスとその愉快な配下に割り振るだけです。今回は2体トループを引き連れていることにして、一撃で倒されることを想定して25点ずつHPを割り振っていき、残った184~204点が、タイトルにもあるボスのHPになります。今回は装甲無視を操るPCがいないので、装甲を設定する場合は「装甲の点数×攻撃される回数(今回は4)×戦闘するラウンド(今回は2)」だけ設定したHPから引いてください、ガード値も同じ計算です。
もし範囲攻撃ができるPCが要る場合は、攻撃対象にされるだろう数の分だけ与えてくるダメージを倍化して計算してください。今回はあり得ない話ですが不確定な切り札の一人が同じ攻撃性能のまま1回だけ範囲攻撃できる能力を持っていて3体とも殴られる想定なら、その1回分、30点ほどボスのHPを上乗せすればOKです。

DX3の判定の期待値などは検索でも出てきますし、個々のPCのダメージを出す能力を計算せず、今回の計算を流用してもさほど問題はありません。仮に2ラウンドで倒せなくても3ラウンドに入れば確実にボスはKOされるので、PCの侵蝕率上昇を抑えることができます。
もしボスが作れなくてDX3シナリオ作りに困っている方の助けになれば、これ以上望むことはありません。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 9
システムウバ
2019/03/06 22:33[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ウバさんは03月13日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【ダブルクロス】【テキセ】Counter Assassinationを作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=155187920563teajunkie1657
ウバ
2019/03/06 01:51[web全体で公開]
🤔 特に再演したいDX3シナリオ
初めましての方は初めまして、ウバと申します。紅茶のUvaです、虫のグリードの方です、ウーパールーパーじゃないです。
さておき、DX3シナリオをなんとか作ってDX3をプレイしたい欲求はあるものの、知的体力の衰えを感じて来てぽんぽんネタを組み合わせられない状況に頭を悩ませている日々です。
身体と違っていつまでも衰えないものだと信じていましたがそうではない現実に打ちのめされつつ、プランBとしてここで卓を囲んでくださったPLの皆さんのおかげで実施できた単発オリジナルシナリオの内、特に再演したいと思ったものを纏めている最中です。
どれも楽しくGMをやらせていただいたセッションの中から、特にこれは再演してみたいと思っているのを3つほど宣伝しておきます。もし興味がわいた方はご一考いただけると幸いです。
※新キャンペーンについては鋭意作成中です。

「Counter Assassination」
記念すべきオンセンの初DX3GMを務めさせていただいたシナリオです。私個人は初セッションなのだからとシンプル(?)なDX3シナリオにしたと思っています。UGNエージェントが命がけで託した少女を、襲い来るFHから守るというDX3基準で王道なストーリーです。

「Strange Comrade」
春日恭二が出ます、それが全てのシナリオです。…冗談はさておき、豪華客船でレネゲイドビーイングの暴走に巻き込まれ、孤立無援の中PCが頼れるのはよりにもよって敵であるFHの春日恭二だけ、という出オチ感の割には真面目に組んだシナリオです、嘘じゃないです。豪華客船内を動き回る演出として各エリアを移動するような演出があります。

「On The Bottom Siren」
ダムに沈んだ村には、子どもたちと一緒になって遊ぶ不思議な少女の言い伝えがあった。そして現在、かつての村人が不気味に響く音色でダムへと誘われる事件が起こる…というストーリーを思いついたタイトルから捻り出したシナリオです。他2つと比べて怪異譚めいた色が強いシナリオになります。ホラーではない…はずです。

以上3つを近日中に平日で募集致しますので、興味がわいた方はご一考いただけると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 10
ウバ
2019/03/03 11:35[web全体で公開]
🤔 GMのトラブルシューティング(になるといいなぁ)
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 23
ウバ
2019/03/02 15:30[web全体で公開]
😊 CoCセッション御礼×3
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
ミヤラビの唄をフルで聴いて目覚めたのでぼちぼち動き出そうというところで、遂に3月。
私事にて年度終わりでなんで1月や2月に出てきてくれなかったんだという問題はなかまをよんだ!状態ですが、私は元気です。
さておき、ここのところ御礼日記がスタックしていたので、纏めての形で申し訳ないですが書いていきます。

定例参加させていただいているポンポコさんKPの「黄昏の天使2015」に3回分参加してきました。
卓を囲んでくださったKPのポンポコさん、PLのK.Kさん、チョコさんに御礼申し上げます。
長いダンジョンを踏破し、ブレイクスルー的な話かと思えばどんどん怪異が雪崩れ込んでくる展開で、さらに新たなダンジョンの予感がしてきました。
3回中2回お風呂回が挟まったかと思えばそこで怪異に遭遇し、だんだんSANも減ってきて心休まらぬクトゥルフ神話の登場人物めいた境遇が加速してきた気がいたします。
クトゥルフ神話をクトゥルフ神話として認識しないというキャラは探索者の基本でだんだんと深みに嵌っていくものですが、まさにその転機ということで、最後まで生き残りたいなぁと思うところです。
次回、新たなダンジョン?でどうなるやらとハラハラしながら待つことにします。

以下は蛇足ですが、新しいDX3のキャンペーンの募集をぼちぼち始めようと思っていますが、今は休日にドカっとやるパターンでセッション運営の長所短所の分析をしていました。
次は時間を決めての分割で予定のスキマ時間にやるパターンを模索してみようと思います。
もし興味のある方は募集をご覧になった時にご一考いただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 6
ウバ
2019/02/10 17:11[web全体で公開]
😲 CoCセッション&前回の日記の御礼
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
まず、前回の無駄に長い日記をお読みいただいた皆さんに御礼申し上げます。端からDX3GM用などと銘打っていて、普段は御礼という参加した卓向けの狭い日記しか書いていなかったこともあり、これほど多くの方に読んでいただけるとは夢にも思っておりませんでした。
実は5000字制限があることを知らず、入りきらない部分、主にセッション中のトラブルシューティング的な内容を省略していたのですが、何か皆さんの役に立てばと思ってこつこつ整理し直しています。
例によって長文乱文の嵐なため、その時はネタバレ格納して投下しますので、もし興味がわいた方は一読いただければ幸いです。

では、いつもの卓の御礼に入ります。
先日は定例参加中のポンポコさんKPの「黄昏の天使2015」に参加させていただきました。卓を囲んでくださったKPのポンポコさん、PLのK.Kさん、チョコさんに御礼申し上げます。
ダンジョンアタックも佳境となり、伏線めいたアイテムも手に入ったところで、そう言えばまだ何があるかわかってない場所があったと、完全に油断していた探索者一同を、まさかのトラップが襲いました。
そりゃトラップもあるだろうとは思っていたものの、かかってしまえば後の祭り、運よく回避に成功しつつ、ダイスの女神様のきまぐれで失敗してしまった仲間の探索者を助けようとして、実はパーティーの唯一男性でありながらSTRもSIZもそんなでもないという事実を今更知りました。
どこに自分の探索者のアイデンティティーを置くか揺れつつも、もう一人の探索者に手伝ってもらってなんとか事なきを得ましたが、完全に気が緩んでたなーと反省した次第です。
ダンジョン探索も残すところ僅かですが、警戒を怠らずに完走したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 7
ウバ
2019/02/06 17:10[web全体で公開]
🤔 私のDX3シナリオ作り(長文&乱文なので格納)
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 20
ウバ
2019/02/02 23:29[web全体で公開]
😆 CoCセッション御礼&DX3のキャンペーン構想
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
ここのところ中々予定の見通しが立たなかったり、別の理由で募集も参加も控えめで、参加したかった卓が無事埋まる歓びと参加できなかった悲しみを同時に背負っている日々です。
定期募集とはというレベルで募集できなくなっているDX3についての話もあるので、興味を持たれた方は最後までお読みいただければ幸いです。

さて早速本題に入っていきます。
先日は継続参加させていただいているポンポコさんKPのCoCキャンペーンの「黄昏の天使2015」に参加させていただきました。
ちょっとした戦闘でも戦闘向けに作ってなかった構成故にほぼ同行した味方にお願いすることになりましたが、その分医学の応急処置で存在感は示せたのではないかなと思っております。
キャンペーンに参加しながら未だにクトゥルフ神話をオカルトの一種みたいな認識になっている探索者として動くのは新鮮ですが、そろそろ情報を得て貢献したい気持ちもあって心の天秤がゆらゆらしてます。
何はともあれ、新年も非力な医者としてキャンペーンの完走を目指したいと思います。

続きましてはDX3の話です。
まず単発DX3に関してですが、浮かぶネタをシナリオにはめ込む手法が割と手札切れに近い状態になっていて、どうやって1回でサクッと終わらせるかの構想が浮かばなくなっております。
おまけにふっと降りてきたD&D5eのシナリオのアイデアがどんどん膨らんできてもう収拾のつかない有様です。
結局、どうあっても2回以上に膨らむなら、もう1個キャンペーンにしちゃえばいいじゃないという発想で現行のショートキャンペーンとは別の新しいショートキャンペーンをほぼ頭の中で固めました。
某国の山奥に隠された非合法の闘技場で、王者として君臨するオーヴァードを倒すために4人のオーヴァードが集結するというDX3をやる気があるのかと問いただされそうなショートキャンペーンとなっております。
もし興味をお持ちいただけましたら、募集の際に是非ご一考いただけると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 10
ウバこくとうましろ
2019/01/21 18:38[web全体で公開]
前のコメントの追記失礼します。
前回のログについては、参加者全員の認可が取れず、元々リプレイ公開等を告知して募集していなかったこともあるので、すみませんがお渡しすることはできません、ご了承いただけると幸いです。
ウバこくとうましろ
2019/01/20 10:05[web全体で公開]
キャンペーンは期間が開くため話数ごとに部屋を立てているので、過去の部屋については既に削除されております。
今回開催予定のところを私の不調で延期いただいたため、3話用の部屋でセッションはまだ行われていません。
保存してある削除された部屋のログについては、申し上げた通り参加者の皆さんの認可をもらってから対応とさせていただきます。
こくとうましろウバ
2019/01/20 07:38[web全体で公開]
見学しましたが、ログが見れなかったんですよね。
ルームが作られましたのコメントしかなかったです。
ウバこくとうましろ
2019/01/19 23:27[web全体で公開]
こんばんは、キャンペーンの方にコメントありがとうございました。
コメントいただきました見学につきましては、部屋の設定が見学可能になっておりますので入退室はご自由になさってください。
ただ私がセッション中にマスタリングと見学者さんへの対応を兼ねることは難しいため、見学席での発言ができない点だけご了承ください。
過去ログにつきましては、部屋が削除された分も含めて一応保持しておりますが、参加者の皆さんにリプレイ化等の確認はせずに募集しているセッションなので、確認のため一旦保留とさせてください。
ウバ
2019/01/17 13:07[web全体で公開]
😊 DX3セッション御礼
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
ここのところは初のDX3オンセキャンペーンに必死で募集が立てられておりませんが、なんとか月に1、2回は単発もやりたいと思っています。

さて先日はキャンペーン中のDX3セッション「NX-Stage」の後編を主催させていただきました。
卓を囲んで下さったPLのアノマリーさん、メル氏さん、霧咲さん、vaiさんに御礼申し上げます。
前後編で合計6回で完結予定のキャンペーンも4回目、PLの皆さんにご協力いただけて予定通りの進行ができております。
今回は導入としてはオンセン初回のセッション、戦闘調整の目的としては初の蘇生エフェクトを導入しました。
が、ボスやPLの色々なエフェクトが噛み合って処理を熟慮した結果、なんと蘇生エフェクトを抱え落ちしました。
本来想定していた戦闘ラウンドよりも少なくなりましたが、物語としてもおいしい展開で退場できたボスだったので満足しています。

そして反省タイム、今回は休憩無しで突っ走ったにもかかわらず、PLのRPにハッスルしたGMがシーンを増やしてアフタープレイ合わせて実時間で20分ほどオーバーしました。
そんな未熟なGMの気分で戦闘がゆるくなったりシーンが増えたりするキャンペーンにお付き合いいただき、参加者の皆さんには感謝の想いは尽きません。
話を経るにつれて成長していくPCたちの活躍を見つつ、最終回も気合入れていこうと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 6
システムウバ
2019/01/16 09:42[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ウバさんは01月19日13時30分に開始予定の新しいセッション:
【ダブルクロス】【テキセCP】Next-Exodusを作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=154759937632teajunkie1657
ウバ
2019/01/08 17:20[web全体で公開]
😆 SW2.5セッション御礼&新年のご挨拶
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
新年の挨拶は今更感があるので簡単に、昨年宅を囲んでくださった皆様、日記やページにお越しくださった皆様ありがとうございました。
今年度もスローペースながら、オンセライフを送っていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

さて先日は継続参加中の卓で別システムということで始まったSW2.5セッションに参加してきました。
宅を囲んで下さったGMのK.Kさん、PLのポンポコさん、チョコさんに御礼申し上げます。
セージ技能の軽視とPLの錆びついたリアル知識が噛み合い、ちょっとしたピンチを招き、後衛なのに前線に立ってポコポコ殴られることに。
結果としてHPMP両方一桁になるまで追い詰められ、久しぶりの前衛に絡まれる後衛の恐怖を堪能できました。
一先ず定例開催は一話を区切りとなりましたが、折を見て続きもあるそうなので、新要素を楽しみたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 12
ウバ
2018/12/31 23:58[web全体で公開]
😊 SW2.5セッション御礼&年末のご挨拶
初めましての方は初めまして、ウバと申します。
いよいよ平成最後の大晦日も残り数分となり、年末の挨拶が書けてないと大慌てでホテルでタイピングに精を出しております。
前略、さっそく今年最後に参加した卓の御礼から始めます。

先日はK.KさんGMのSW2.5セッションに継続参加させていただきました。
卓を囲んでくださったGMのK.Kさん、PLのポンポコさん、チョコさんに御礼申し上げます。
前回は護衛任務でしたが、今回は新天地でのシティーアドベンチャーとなりました。
子どもキャラっぽい生意気さがウザさのボーダーを超えないように気を遣いながらのロールは久しぶりの感覚で、楽しくPTのいぢられ役をさせていただきました。
とにかく新しい魔法が使いたくて隙あらば魔法チャンスを伺ってMPを吐き出す回復役にあるまじきムーブをしてますが、久しぶりのソードワールド、最後まで完走できたらいいなと思っております。

年内の卓はこれまでで、思えば3月にオンセンに登録させていただいて随分と多くオンラインセッションをやる機会をいただけました。
最初はどうしたものかとまごまごしていましたが、ダブルクロスのGMと念願かなってのPLができ、間隔が空いた時もありましたが充実したオンセ生活を過ごさせていただきました。
その他、多くのシステムを遊ぶ機会をいただき、キャンペーンのGMとしてスタートを切ることができたのも、ひとえにオンセンに参加いただいている皆さんのおかげです。
来年は低い頻度が更に落ちるかもしれませんが、オンラインセッションを楽しむべく、邁進していきたいと思います。
それでは皆さんよいお年を、あるいはあけましておめでとうございます。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 11

過去のタイムラインを見る

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite