片道勇者TRPG

書籍説明

片道勇者TRPG システム:

片道勇者TRPG

明るい ☆★☆☆☆ ダーク
書籍種類: 基本ルルブ リアル ☆☆☆☆★ ファンタジー
発行年月: 2016-06 直感的 ☆★☆☆☆ 頭脳的
所持する人: 368人 短時間 ☆★☆☆☆ 長時間
コメント数: 5件 初心者向け ☆★☆☆☆ 玄人向け

世界は、闇に呑まれようとしていた。西より迫る、広大な暗黒の霧。取り込まれた者は一人として戻らず、人々の希望を奪っていた。そんな中、数名の者たちが立ち上がる。それが「勇者」だ。闇を生み出したという「魔王」を倒し、世界を、愛する人たちを救うため、決して引き返せない旅が、今始まる!悲劇を力に変えて戦うリトライOKの高速ループファンタジー登場!

編集履歴/説明文の編集

片道勇者TRPGへのコメント一覧

5. ききよ
2017/05/07 08:48
転生勇者モノのシステムです。コンティニューするほど強くなることもあります。
セッション時間を短くすることもでき、判定も難しくないです。
「ジャッジ」というRP(解決方法の提案を含む)をすることで判定が軽くなる判定の裁定があります。RPを楽しめる人には向いてると思います。
ただ、ランダム配置といっても1種類のシナリオしかないので長期の楽しみ方が難しいです。新しくシナリオを作ろうにも、カードの表を組み合わせる限定的なものになるので作成も難しいです。
基本キャンペーン前提なので、固定して遊ぶ友人がいない方には向かないシステムです。
 いいね!0
4. tomcat0158
2017/03/30 16:59
犬小屋特攻は通過儀礼
 いいね!1
3. ねおすろ
2016/11/19 14:24
このゲームの魅力は、簡単、手軽、わかりやすい、といった部分で語られることが多いと思いますが……。

テンプレートがしっかりしているので、カスタマイズがものすごく簡単なところも魅力だと思いますね。
たとえば基本ルールである3つのルートを選ばずに、一本道にして普通のTRPGにしちゃうこととかもできるんですよ。進行を東への旅じゃなくて、ストーリーの進展にみたてるわけですね。
これに途中で分岐を入れるのも簡単です。

また、旅に出る理由も色々と変えられますし、オリジナルで作ったクエストの内容によって様々なお話を作ることもできます。
このあたりはカクヨムさんと原作者さんのサイトで公開されている、公式リプレイを読んでもらいたいですね。ルール把握にもいいと思います。

とにかく、やりようによって、色々と遊びがいのあるゲームだと感じてます! まだ買ってませんが、プラスもほしいですね……。
 いいね!0
2. おりは
2016/09/10 21:00
短時間セッションの代名詞として推奨
 いいね!0
1. ドエット
2016/08/25 20:55
テキストセッションでも1晩で終わらせることが可能な短さが強みだろうか?
TRPGよりもボードゲーム寄りな気がするが。
 いいね!0