シナリオセット【ソード・ワールド2.5】ジニアスタ闘技場の内容

基本情報

シナリオセット  6
登録日:2018/09/23 11:20最終更新日:2018/09/26 17:33

タイトル: ジニアスタ闘技場
TRPGシステム: ソード・ワールド2.5
適正プレイ人数: 1~4人
適正レベル: なし
概要:
--大陸西部、マカジャハット王国にあるジニアスタ闘技場。通称コロセウム。 ここは大陸各地から腕自慢達が集まる場所です 報酬が目的の人、名誉を求める人。もしかしたら、ただただ戦いたいだけの人もいるかもしれません。 あなた達はそんな腕自慢の一人。さて今日も、血気盛んな決闘士と、悪趣味な観客達の狂宴が始まります--
 いいね!  6

シナリオセット一覧に戻る

目次・解説など及びシーン情報

下の「クリックで開く」を押して閲覧できる内容はネタバレになります。

(▲ クリックで閉じる ▲)

目次・解説など:

【はじめに】
これから書くのはあくまで「肴の闘技場」です。いくらでも改変して、ぜひみなさま各自の「闘技場」を作り上げてください。もちろん、このルールが素晴らしいと思っていただけたなら、それは大変嬉しいことでございます


【セッションの流れ】
1.開始…控え室にて自己紹介など
↓
2.案内人登場…ルールの説明と対戦ランクの決定
↓
3.戦闘…実況は楽しくどうぞ
↓
4.休息…回復ターン、次の対戦ランクの決定
↓
5.戦闘…主にボス戦になるでしょう
↓
6.終了…リザルト。3〜5を繰り返しても良い


【闘技場ルール】
○リザルト(戦闘2回ごと)
(経験点)
・1試合勝利するごとに+500点。敗北した場合は+250点

・リザルトまでに退場/気絶者が出ていなければ+100/+150点(どちらかのみ)

・その他ピンゾロや討伐点を加算

(報酬)
・1試合勝利するごとに+(敵陣営の平均レベル×200)G。敗北で半額

・リザルトまでに退場/気絶者が出ていなければさらに1.2/1.5倍(どちらかのみ)

・その他剥ぎ取り分。なお今回は敵も味方も死亡しない設定のため、剥ぎ取り価格分の報酬をおひねりのような形で渡されるイメージです。休息中に係の者が集めて持ってくるとすれば良いでしょう

(名誉点)
・敗北=格下<勝利<格上(ランク+2)の順で名誉点を増やして渡します。例:5<10<15
また基本的にかけらは入れません。が、節目のランクなどで「称号持ち」としてかけらの強化などを受けた個体を出すのは面白いでしょう。

(成長)
・1回

(闘技場ランク(闘技場卓限定))
・(最後に戦った相手のランク-敗北数)まで上がります

○共通ルール
・基本2戦します。2戦目を辞退する場合はリザルトなどを不戦敗として処理します

・対戦相手は戦闘前にランクで決めます。ランクは0〜あり、初期ランクは1です。対戦相手に選べるランクは±1の範囲で、戦闘に勝利すると次の戦闘は相手のランク+2までの範囲で選べます

・戦闘の合間には1時間の休息と、運営による回復(HP10%、MP50%)が行われます。追加の回復は自由ですが、回復が行われるタイミングは試合直後なので魔法での回復はMPを消費します

・リキャストタイムがある技能や魔法は、1時間までのものであれば戦闘前に再使用可能になります

・消耗品などの購入は休息中に行えます

・闘技場は人工物のため、自然環境下で使える一部技能や魔法の使用は不可です

・ナップ、バニッシュ等のハメ技や撤退技は禁止です。闘技場は観客を愉しませる見世物でもあります。「これは見世物として成り立つな」と思える範囲での行動を頭の片隅に置いておいてください

・戦闘前にあらかじめ準備(補助魔法など)するのは禁止です。が、戦闘準備でできるもの及び一部のGMが認めたもの(リカントの獣変貌など)は許可します。行いたい準備がある場合は都度確認してください

・太陽光は届いていますが、太陽光の苦手な種族とのフェアな決闘を行うため、そういった種族はフルムーンポーション(太陽光での弱体化を防ぐ)を支給されます。(もしくは夜の決闘に参加しています)

・闘技場ではHPが0以下になった時点で自動気絶、次ターンにアウェイクンなどでの回復がなければそのまま退場になります。決して死ぬことはありませんが、不屈の使用は禁止です

・退場したキャラクターは戦闘後、HP50%で復活できます。MPは50%未満なら50%まで回復します

・闘技場は直径30mの円形をしています。また、闘技場はいかなる攻撃でも破壊されません

○パーティルール(3名以上での参加)
・先制スカウト、弱点セージ、平目チャレンジありで通常通りの戦闘処理を行います

(上級戦闘の場合)
・開始位置は互いに中心点から5mに先頭、そこから後ろ5m以内に配置です

○バディルール(1〜2名での参加)
・先制、まもちきは技能がなくても能力値ボーナスの補正がかかります。セージがないと弱点が抜けないのは通常通りです

・1名の場合はGMが操作するキャラクターを雇うことになります。なお料金は発生しません(雇われたキャラにも報酬が支払われるため)

・戦闘後のHP回復量が5割になります

・獲得討伐経験点が2倍になります

(上級戦闘の場合)
・開始位置は互いに中心点から5mに先頭、そこから後ろ5m以内に配置です

○デュエルルール(1名のみでの参加)
・技能がなくても能力値ボーナスの補正がかかります。またセージがなくとも弱点を抜けます

・対戦相手の前衛後衛はダイスで決めます。1〜2なら前衛、3〜4ならPC側と同じ、4〜6なら後衛です

・戦闘後にHPMPが全回復します

・獲得討伐経験点が4倍になります。

・基本戦闘のみです。


【ランクの目安】
敵のレベル→経験点…報酬 ランク
1,1,1→30…200 ランク外
2,2,1,1→60…300 ランク0
2,2,2,2→80…400 ランク1(初期作成開始位置)
3,2,2,2→90…450
4,2,2→80…600
3,3,2,2→100…500
3,3,3,3→120…600 ランク5(レベル3開始)
4,3,3,3→130…650
5,3,3→110…800
4,4,3,3→140…700
4,4,4,4160…800
5,4,4,4→170…850 ランク10


【持ち込みについて】
・基本ありです。が、GMはそのPCにあったランクをつけてあげましょう。同ランク同士で組めば、持ち込みPCともうまく肩を並べて戦えるようになると思います。前述の【ランクの目安】を参考にするといいでしょう


【2.0種族、技能について】
・基本オッケーです。が、知らない参加者も出ると思いますので、キャラシに種族特徴や技能についての説明を記載してください。また参加PCの提出はお早めにお願いした上で、他PLの反対があった場合は作り直していただく可能性があります。


【蛮族PC、および強すぎる冒険者について】
・蛮族PCを使用する場合は、両手に「決闘士の腕輪」を装備してもらいます。これは一定の身分を保証すると同時に、何か問題を起こした際は即座に装備者を拘束する効果を持ったフレーバーアイテムです。これをつけることで「能力増強系アイテム」の装備をその他欄のみに制限させていただきます。レベルが上がって種族の差が縮まるようなら「信用を得た(名誉蛮族?)」ってことで拘束外してもいいかもね?

・人族PCと比べてランクを1上げます。初期作成の場合はランク2、1回の成長でランク4になるイメージですね。また、これは強すぎる人間冒険者などにも適用します。ランク制を上手く使い、パーティのバランスが崩れないよう調整しましょう。
シーンNo. 種別/発言者 コマンド/説明

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだコメントがありません。