【ソード・ワールド2.0】【初心者歓迎】アシュラウトの無限工房(四回目)

貞夫リプレイ  5
登録日:2018/05/10 16:45最終更新日:2018/05/10 23:29
GM/貞夫:はいでは、アシュラウトの四回目はじめまーす
PL一同:よろしくおねがいしまーす。
GM/貞夫:では、みなさん今日もクレアの工房に集まっています。
イリス:「あのトカゲ案外おいしかったですわねぇ...また新たな珍味を知ってしまいましたわ」と言って工房にINします
GM/貞夫:今回が初顔合わせのメンツもいるので、自己紹介と前回も参加した人は成長報告もよろしく
ジゼル:了解です
イリス:自己紹介は上から順ですの?
GM/貞夫:例によってキャラ一覧の上からで
GM/貞夫:マキリからどーぞー
マキリ:うわ、わたしか
マキリ:「あ~どうもどうも」
マキリ:「よいしょっと」
マキリ:「わしはマキリぢゃ」
マキリ:「タビットのフェアリテイマーなんぞやってるぞい」
マキリ:「これでも人生まがり角すぎて久しいのでのう」
マキリ:「いろいろと相談には乗れるとおもうぞい?」
マキリ:「妖精と呪唄で後方支援するからのう」
マキリ:「前衛は、ほれ、若いものたちでがんばって」
マキリ:「ひぇっひぇっひぇっひぇっ」
マキリ:以上
イリス:「よろしくですの!おばさま!」
マキリ以外:パチパチパチパチ~
ティーノ:思ったよりお年寄り感が強くてちょっとびっくりしました(小声)
GM/貞夫:見た目がうさみみ美少女だからねぇ
イリス:お次はわたくしかしら
GM/貞夫:そうですねイリスよろ~
イリス:「わたくしはイリス・ロン・コレイユと申しますわ イリスと呼んでくださいまし」
イリス:「ティダン神殿の出ですが、神聖魔法は使えませんわ!」( ・´ー・`)ドヤッ
イリス:「代わりに、前に出て剣をふるいますの!」
イリス:「そうですわ!わたくし新しく瑞風をレンタルしましたの!」
イリス:「これで海に出ても問題ないですの!よろしくお願いしますわ」
イリス:成長報告 ライダー3→4 瑞風(ドルフィン購入) 以上です
イリス以外:パチパチパチパチ~
GM/貞夫:ライダーを伸ばしたか
イリス:次は横に伸ばす予定ですの
イリス:えーっとお次は?
GM/貞夫:はやかぜとみずかぜも自己紹介したい?
疾風(ホース)/イリス:ヒンブルル(ボク大変だからパスしたいなーチラッ)
マキリ:「年をとると自己紹介もおっくうでのう・・・わかるぞい・・・」
GM/貞夫:じゃあ騎獣コンビはとばしてティーノ
ティーノ:はーい
ティーノ:「俺はティーノだ。 ……まあ、好きな呼び方で呼んでくれ」
ティーノ:「……で、この前といい、なんで俺が最年少なんだ?」
ティーノ:「別に何が困るって訳じゃないけどなんとなくちょっと……まあいいや」
GM/貞夫:いや君15やん? 普通は成人してすぐの若造ですよ?
マキリ:「若々しくてええのう・・・」
マキリ:「わっちも女学生だったころは・・・・・」
アンリ:(この世界だと15で成人なんだ...)
マキリ:(種族によって違いますよ)
アンリ:(なるほど)
マキリ:(ウサ族は5歳前後だったはず
イリス:(逆にリルドラは30歳で成人)
GM/貞夫:7歳くらいだったような気がするけど詳しくはルルブ1を読んでね?(追記:10歳でしたw)
ティーノ:「後は……練技を使って剣を振るう普通の前衛だ。前衛は任せてくれ」
ティーノ:「……えーっと……よろしく」
イリス:「今日もよろしくですわ!」
ティーノ:成長はファイター3→4 だけだったかな……よろしくお願いします
GM/貞夫:あいかわらず口下手なティーノ君萌えー
ティーノ以外:パチパチパチパチ~
ティーノ:今後も自己紹介が安定する事はないでしょう
GM/貞夫:では、ジゼルー
ジゼル:はっ、次私か…
ジゼル:「私はジゼルと申します~、この子は使い魔のブランシェちゃんです!」
ジゼル:「魔法でばんばん敵をなぎ倒していきます。皆さんよろしくお願いしますね~」
(敵だけでなく味方もなぎ倒すことになるとはこの時誰も思わなかったのです)
ジゼル:というわけで、ソーサラー3→4にして、ファミリア:鳥 を入手しました
ジゼル:MP的にはカエルのがよかったんですがジゼルっぽくないなあと
ジゼル:こんな感じですね、以上です
ジゼル以外:パチパチパチパチ~
アンリ:次は私だな行くぞー!
GM/貞夫:おうどうぞ
アンリ:「アンリです。腰に2つの銃を携えています」
アンリ:「父を探して旅をしてまいます」
アンリ/PL発言:ちなみに彼女は若干中二病です
アンリ:私も初心者ですがムードメーカー的な立ち回りができればなと思っています
マキリ:中二病どんとこいやぁ
イリス:右目がッ
マキリ:左腕の竜が!
GM/貞夫:それが世界の選択か
ティーノ:疼くのってどっちの目でしたっけ
アンリ:ちなみに予習として双頭のサーペントを読んできました
マキリ:エライw
マキリ:けどw
マキリ:超越じゃなかったっけ??
マキリ:あれはまだ違うか
イリス:あれは人間じゃないPCですの
マキリ:あー
イリス:レベル的に
マキリ:なるほど
アンリ:BOOKOFFでたまたま安かったんだよ!
マキリ:完全に理解したわ(←よくわかってない)
アンリ:まぁよろしくお願いします
アンリ以外:パチパチパチパチ~
イリス:お嬢様同士仲良く致しましょう!よろしくお願いしますわ!
イリス:ね?【お嬢様】同士仲良くしましょう?
マキリ:え、わっち?
GM/貞夫:とりあえず、今自己紹介してもらったのは、クレアの工房で、今回の補充人員としてマキリとアンリが合流しました
アンリ:「あっはい!(あまりお嬢様言葉が使えない)」
マキリ:やだもう、褒めても飴ちゃんしかでてこないぞい
マキリ:ぃぇ~ぃ
GM/貞夫:飴ちゃんw おばあちゃんっぽい
イリス:ここでの【お嬢様】というのはですね...セッション中に思い知るでしょう
ジゼル:二代目お嬢様ですね
マキリ:不穏
GM/貞夫:じゃあ、まずは今日の天気を決定しましょうかー
ティーノ:【お嬢様】の称号は受け継がれるのか
ジゼル:晴れるかなあ
イリス:晴れますよねもちろん
GM/貞夫:キャラ一覧の上から順に振っていってもらってます
アンリ:受け継がれないことを願うなーww
ティーノ:てるてる坊主作っておきましょ……
GM/貞夫:ので、マキリ、1dをどぞ
マキリ:「東南の風は・・・・・・・・・ふきます!」コロコロ~
マキリ:5デース
GM/貞夫:快晴です! ボーナスもペナも無し
ジゼル:すごい!また晴れた!
マキリ:晴れ女だった
イリス:もう雨女とは言わせない
ティーノ:晴れた!
アンリ:ここら辺の気候ってよく雨になるのか?
ジゼル:最初の霧の町はなんだったのか…
GM/貞夫:まさか2回連続で晴れるとは、もう雨女は卒業ですね。
イリス:「そうですわね~...霧がすごく出たり土砂降りになったかとおもったらからーんと晴れたりですわ」
ジゼル:【お嬢様】じゃないからですかね
GM/貞夫:あおーげーばー、とーうとしー、わがーしのーおんー
イリス:和菓子食べたいですわ(唐突)
GM/貞夫:ほんと唐突だな!(笑)
イリス:お次は依頼ですわね?
マキリ:「おてんとうさまに感謝しないとねぇ」
マキリ:「なむなむなむ...」
イリス:「ティダン様万歳ですわ!」
GM/貞夫:ほいほい、今日のメインクエストは~
GM/貞夫:メモ2にはったぞい
:
:
:クエスト名:天馬の捕獲
:依頼人:”女騎士”アルティナ
:内容:私は悟った。いつも遺跡でブロブに鎧を壊されるのは、地上にいるからだ!
:そこで、ペガサスを捕獲してきてほしい。
:期限:3日
:報酬:6000G
:
:クエスト名:迷子の冒険者
:依頼人:”からかわれる”ルチア
:内容:私の雇ってる冒険者が、昨日の探索から戻ってきません。探して連れ帰って欲しいです。
:期限:2日
:報酬:6500G
:
:クエスト名:立派な壺の作成
:依頼人:とある資産家
:内容:客人の土産用に立派な壺を合成してもらいたい。
:期限:無期限
:報酬:任意の「上級素材」×1
:
:
アンリ:アンリはガンアクションをしている(mgs3のオセロットのような感じで)
イリス:金、金、上級!
ジゼル:ペガサスかあ
マキリ:元山猫部隊か
GM/貞夫:すまん、mgs3がわかりませぬ
マキリ:「あらあらぁ」
イリス:ぺ~がさすふぁんたじ~♪そうさゆ~め~だ~けは~♪
マキリ:コスモを燃やすね!
アンリ:とりあえずカッコつけて銃をクルクルしてるということで
イリス:「すごいですわ!くるくるしてますの!」「あ、あれ?目が回って...?」
マキリ:「誰もワインで洗えば大丈夫って教えてくれなかったのかしらぁ」
マキリ:「でも、お金儲けになるからだまってようかねぇ・・・うふふ」
ジゼル:壺作成は少ししんどいですかね?
イリス:前回の感じより厳しめかな~?としたらしんどいですね
ジゼル:ペガサスか迷子が達成しやすいですかね
アンリ:「ツボは割ったことしかないから作り方はわからないな」
イリス:期限的には、ペガサスの方が長いですね
ジゼル:ですねえ
アンリ:「私的には迷子ちゃんを助けてあげるに一票」
ジゼル:捕獲って言うと…倒すんですかね?これ
マキリ:シビレ罠とかか
イリス:「ペガサスの夢も捨てれませんわねぇいつか乗りたいですの」
ティーノ:どうなんでしょ
GM/貞夫:0以下にすれば捕獲できるでOKです
アンリ:「ダンスでペガサスと和解するとか」
ジゼル:はーい、了解です
マキリ:ペガサスは処女に心をひらく
マキリ:とおもったら
マキリ:それはユニコーンだったか?
ジゼル:ユニコーンですね
イリス:ですの 処女は角つきですわ
マキリ:なるほど
アンリ:「そ……ソーですか」
GM/貞夫:通称:ロリコーン
アンリ:(あまり理解してない)
イリス:デストロイモードに移行しなきゃ...
ジゼル:覚えやすいですが一気に威厳がなくなりました
マキリ:YESロリコン、NOタッチ!
ジゼル:どれがいいですかねえ…
マキリ:2に希望がはいってたから
マキリ:ほかに希望なければ
マキリ:2でいいんじゃない?
イリス:「わたくしはどちらでも行けますわ」
ティーノ:どちらでも良いです
ジゼル:私もどちらでもOKです
アンリ:「決まり、かな?」
マキリ:「これにしましょうか」ぺらり
イリス:じゃあ【迷子の冒険者】でおねがいします
GM/貞夫:ほいな。なら事情を説明しにルチアちゃんがやってきます。
マキリ:「ききましょう、ききましょう」
マキリ:耳をぴこぴこさせながら傾聴
GM/貞夫:ルチア「クレアおねーさーん。だずけてくだざーい」(号泣
GM/貞夫:クレア「どうしたの?ルチアちゃん」
GM/貞夫:ルチア「私の雇ってる冒険者さんたちが昨日からがえっでごないんでず~」(号泣
イリス:「それはどこに向かったんですの?」
アンリ:「その行方不明の冒険者の特徴は?」
マキリ:「はいはい、鼻水ふこうかねぇ」ずびずばー
イリス:あらやだ...母性...
GM/貞夫:ルチア「黒海にいってくるっでいっでだがらだぶん、海に行っでるです」(えぐえぐ)
イリス:「イカスミの海ですのぉ!?」
マキリ:このばあちゃん、一般技能「産婆」だからねぇ
アンリ:「海...釣竿持っていこうかな...それを調理すれば…」
イリス:「あの海は相当ヤバイですの」
GM/貞夫:ルチア「そうなんです。今までに一日帰ってこなかったことはないので、多分魔物に襲われたんじゃないかと」(鼻水拭かれながら)
マキリ:エルフが活躍しそうな予感
イリス:「もしかしたら海賊さんに攫われたのかもしれませんわね」
ジゼル:全くしないですね…
ティーノ:入ったら死にそうな海
アンリ:「えーっと、その黒海ってとこ、やばい魔物とかいる?」
ジゼル:「あの海賊さんはかなりしつこいですからねえ…」
ジゼル:「トカゲさんがこの間居ましたよ~」
GM/貞夫:ほんとは、取り乱すと方言が出るキャラなんですが、自分がそっちの方言に明るくないので普通にいきますw
イリス:「海賊さんがいっぱいいて、落ちたら大変な目に合いそうな真っ黒なイカスミの海ですの」
アンリ:おk
イリス:どこの方言です?
マキリ:沖縄かな
ジゼル:津軽?
マキリ:もはや他言語・・・
イリス:鹿児島弁...ボソッ
GM/貞夫:ルチア「あ、特徴なんですが、女性2人と男性2人のPTでして、男性がルーンフォークとナイトメア、女性が人間とハイマンです」
イリス:「ハイマン!珍しいですの」
ジゼル:なんか見覚えのあるパーティ
マキリ:まじで
アンリ:「知っているのか!?エルフのお姉さん!」
ジゼル:なんだっけ……
マキリ:しっているのか雷電
GM/貞夫:男塾ですな
ジゼル:ああ~…なんでもないです、はい
アンリ:「なーんだ」(すってん)
GM/貞夫:(まあ、PL知識だから、PCは知らない情報だしねぇ)
イリス:これは疾風ちゃんは活躍できなさそう香り
ジゼル:瑞風さんの早速の活躍が見れますね
アンリ:海賊ってことは船とか出てくるのかな?
瑞風(ドルフィン):キュイッ
イリス:出てきますねぇ
GM/貞夫:一応、船は貸してもらえますよ。
マキリ:GM水着は買ってもいいですかね
アンリ:近くに火薬売ってる店とかないかな?爆弾作りたい
GM/貞夫:自動操縦付きで、黒海からマナを吸い出して無限駆動するスグレモノです
ジゼル:えーと…
ティーノ:使う機会あるんですかね
ジゼル:あの海に行ったら入る気失くす気がしますね
マキリ:そんな海なのか・・
GM/貞夫:ラクシアって火薬あるの?
イリス:無くしますねぇ
ティーノ:そもそも入れるんですかねアレ
イリス:あるある 爆発トラップキットとかもありますし
ジゼル:一応は入れるゾーンはでもありましたね
ティーノ:あぁそういえば
ジゼル:ただ運が良くなければ…
イリス:まず水の中はないでしょうねぇ
ジゼル:エルフの種族特徴が完全に腐っています
イリス:念のため水着の全身覆うもの買っておこう
マキリ:こいつ、腐ってやがる!
アンリ:逃げる時に仕掛けておけばとか
ジゼル:早すぎたんだ!
イリス:40Gで余分に高く払って全身ウェットスーツに
ジゼル:あんまり爆弾とかは役に立つような感じじゃないかなあ
イリス:ですねぇ
GM/貞夫:まあ、とりあえず準備が良ければ黒海に出発しますよー
イリス:準備完了! 疾風ちゃんは縮小!
ジゼル:合成などの依頼がまだです先生
イリス:せやった
GM/貞夫(おっと、しまった。いけないいけない)
アンリ:マギスフィアって魔法使う度に消費するの?
GM/貞夫:あ、そうだった
イリス:いえー 使うたびではないです
イリス:ただし、変形させて使うマギテック技能では、変形させている間他の魔法の使用が不可能です
イリス:変形させたのとは別のマギスフィアがあれば問題なしです
GM/貞夫:はいじゃあジゼルから突っ込まれたので、依頼表を振りましょう
GM/貞夫:まずは、緊急のほうからねー
システム:イリスさんの「緊急」ロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[5、2]  → 7
イリス:おぉ出目が高いですねぇ
GM/貞夫:では、合成師組合の方がいらっしゃいました。
イリス:「あら?どうされましたの?」
GM/貞夫:組合員「すまない、下級素材が余っていたら買取りたい」
GM/貞夫:組合員「下級素材ならなんでもいい。報酬として納品数×200G払おう」
マキリ:これ7つとも下級素材?
イリス:「なるほど...これは皆様どうされます?」
ジゼル:「まあ、なにかいいのあったかしら~」
GM/貞夫:丈夫な木片、炎鉄、穢れた皮、壊れたパーツ、が下級素材ですね
ジゼル:穢れた皮あたりがいいですかね
マキリ:「いいんじゃないかねぇ」
ジゼル:いってらっしゃいー
マキリ:「余剰にあるやつは」
ジゼル:これから海でしたよね、海って皮取れた気がしたんですけどイリスお嬢様どうでしょう
イリス:穢れは3つのこしておけば何かあっても十分そうかな
イリス:あー取れますねぇ 全部売っちゃう?
マキリ:全部売ったら1600Gか
マキリ:でかいね
イリス:木片もちょっとだけとれたはず
ジゼル:ですねえ
イリス:木片は使い道多そうですねぇ
GM/貞夫:決まりました?
ジゼル:そうですねえ、皮少し残して売ります?
イリス:それでよいと思います
アンリ:(私は街でお買い物してるということにしておいて)
ティーノ:それで良いかと
イリス:いくつのこしましょ
ジゼル:3枚くらい?
イリス:はーい
GM/貞夫:じゃあ、穢れた皮を5枚買取でいいかな?
ジゼル:はい、それでお願いします
イリス:私もそれでおねがいします
マキリ:1000Gか
GM/貞夫:組合員「すまない、助かった。では、これを」といって1000Gを渡します
ジゼル:「はーい、またいらしてくださいね~」
GM/貞夫:このお金はPT資金に入れときますのでー
イリス:「また会いましょ~」
ジゼル:了解しましたー
アンリ:「終わった?」と言いながらマギスフィア小(-200)をポケットに入れた私が登場
GM/貞夫:組合員「では、また」と言って去ります
イリス:じゃあ次は合成依頼かしら
GM/貞夫:みずかぜ、振る?
イリス:はいー
システム:瑞風(ドルフィン)さんの「伝統の騎獣は頭数」ロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[5、4]  → 9
GM/貞夫:では2dどぞ
瑞風(ドルフィン):キュイッキュイッ
GM/貞夫:じゃあ、女騎士アルティナが訪れます
GM/貞夫:(メインクエが迷子で良かった。かぶるところだった)
イリス:あれぇ?
GM/貞夫:アルティナ「すまない、遺跡でまたしても鎧をとかされてしまってな」
イリス:「器用ですのねぇ」
GM/貞夫:アルティナ「なんでもいいから金属鎧を作ってくれないか」
ティーノ:「『またしても』って……鎧って頻繁に溶ける物なのか……?」疑問符
イリス:炎鉄3つか―
GM/貞夫:アルティナ「報酬は合成のかけらで払おう」
ジゼル:どうしましょ、あるにはありますけれども…
イリス:海でも手に入りますし、帰ってから考えてもよいのでは
ジゼル:そうですね
GM/貞夫:アルティナ「出かけるところだったか? なら夕方にまた来るから、その時にどうするかを聞かせてくれ」
イリス:「わかりましたのー」
GM/貞夫:では、アルティナはかえっていきます
GM/貞夫:じゃあ、みなさん準備はよろしいかしら?
マキリ:うい
イリス:はーい
ジゼル:OKですよ~
ティーノ:はい
アンリ:「準備は出来てる」
GM/貞夫:では、フィールド「黒海」へ向かいましたー
GM/貞夫:着きましたー
イリス:「イカスミの海ですのー」
アンリ:「人探しするか」
GM/貞夫:海はドス黒く瘴気で犯されていて、砂浜は骨の残骸で真っ白に染まっています
ジゼル:「海に落ちてたら見つかるでしょうか…」
イリス:「(これ瑞風ちゃん入って大丈夫なのかしら)」
ティーノ:「前見た事があるとはいえ、やっぱり引くぐらい真っ黒な海だな」
マキリ:なんということでしょう
GM/貞夫:青い空、白い砂浜、黒い海ー
GM/貞夫:では、みなさんクルーザーに乗り込み出発です。
イリス:瑞風ちゃんは海に入って大丈夫そうですか
マキリ:「年甲斐もなくウキウキしてしまうのう」
GM/貞夫:う~ん、大丈夫だと思うよー。多分、瘴気に犯されて乗員を襲うとかはないと思う
マキリ:「ただ・・青い綺麗なうみだったらよかったんじゃがなぁ~」
イリス:じゃあそれに騎乗するのも?
GM/貞夫:騎乗もおk
イリス:ありがとうございますー
GM/貞夫:ただ、船から離れて単独行動はできないのであしからず
イリス:はいー
GM/貞夫:探索パートでは、ダイスを振って奥に進んで、イベント処理して、探索チェックして、という流れです
GM/貞夫:では、深度を進めましょう
イリス:深度のついてのせつめーい!
イリス:深く潜る(深度上昇)すると、よりよい素材が手に入ります
イリス:ただし、特定深度を超えるとひっじょーーにつよーーい敵さんが出てきます
イリス:どこかの誰かは潰されました
ジゼル:誰でしょうねえ
アンリ:ハイリスクハイリターン...(ゴクリ)
ティーノ:誰だろう
マキリ:その人はいまもあなた達の心の中に生きているわ
GM/貞夫:ちなみに今回の深入りポイントは「40」です。
イリス:因みに、深度はPLの1d分と、GMのシークレット1d分進みます
マキリ:ほう
イリス:深度確認をすると直前のGMの深度ダイスの出目がわかります
イリス:うまく活用しましょう!以上!
マキリ:なるほどなるほど
GM/貞夫:8888~
イリス:あってりゅ?
GM/貞夫:あってりゅよ
GM/貞夫:(めんどくさい説明を請け負ってもらえて助かるけど、これでいいのか? GM?)
アンリ:怖いよー(´つ?⊂)
マキリ:じゃあまた上から順番にいくかじでいいのかな
ジゼル:次はティーノ君ですね
マキリ:なるほど
マキリ:がんばれ
GM/貞夫:ですねー。ティーノ、1dどぞ
GM/貞夫:(シークレットダイス、ころころ~、3か)
ティーノ:「とうっ」ころころ~、6。
GM/貞夫:おおう、一気にきましたね
ジゼル:気合い入ってますね~
イリス:ぽーんとですね!
GM/貞夫:GMの出目は、確認するまで秘密
GM/貞夫:では、イベントをジゼル
ジゼル:振りますね~、ころころ、8です。
ジゼル:なにがくるかな~
GM/貞夫:では、まっすぐ進んでいたクルーザーの先に岩がせり出しています!
GM/貞夫:このままだと座礁してしまいます
イリス:お嬢様で舵...ウッ頭が
ジゼル:ああ~!!なんだかいつか見た光景が!!
GM/貞夫:みなさん、冒険者レベル+器用度ボーナスで判定してください
システム:(シークレットダイス、ころころ~、5か)
GM/貞夫:目標値は10!
イリス:ふりますわ、(ころころ~)、16。
ジゼル:(ころころ~)、11です。
ティーノ:(ころころ~)12だ。
マキリ:振るぞい、(ころころ~)11じゃ。
GM/貞夫:ちっ
イリス:「ぶつかりますわー!」ギュッ
GM/貞夫:では、お嬢の舵取りですんでのところでかわすことができました
アンリ:おけ
マキリ:「あぶなかったわねぇ」
イリス:「てこの原理ですのー!」
GM/貞夫:では、暗礁域は抜けましたー
マキリ:「あらあら、賢くてエライねぇ」
マキリ:「飴ちゃんあげようね」
イリス:「ありがとうございますのおばさま!」「やったやったぁ」
GM/貞夫:探索チェーック
GM/貞夫:(シークレットダイス、ころころ~、2)
GM/貞夫:探索目標値は8
GM/貞夫:(シークレットダイス、ころころ~、1)
GM/貞夫:深度確認も8
イリス:探索を行います
ジゼル:探索にしておこうかなあ
ティーノ:探索します
マキリ:それぞれやるのね
ジゼル:深度はどなたかやりますか?
GM/貞夫:できる行動はメモ1の探索チェックを参照
:
:〇探索チェック
:PC一人一人が以下から行動を決定する。
:
:1,素材を探索する
:探索判定、素材を入手
:2,探索深度を確認する
:セージ+知能B、直前のGM出目が分かる
:3,薬草を使う、応急手当てをする
:4,何もしない
:5,町に帰る
:6,そのほか、GMが許可した行動
:
マキリ:はーい
イリス:深度はセージ持ちでないとですからねぇ
マキリ:探索深度やりまーす
ジゼル:うーん、やっぱ深度の方がいいですかね…
イリス:「探索しますわ、ころころ~、12、成功ですわ」
ジゼル:「深度を調べます、(ころころ~)一ゾロ」
ティーノ:「探索するか、(ころころ~)、6(出目1,2)」
イリス:っ【お嬢様】
ジゼル:お、お返ししますー
イリス:いえ、受け取ってくださいませ
マキリ:w
アンリ:(これがお嬢様...)
アンリ:「ヒラメだけど、探索する、(ころころ~)9」
マキリ:探索深度しますw
ティーノ:ティーノは探索方面が無能すぎる……
イリス:戦いで活躍するので良いのです
GM/貞夫:どぞー
マキリ:「深度を調べるぞい、(ころころ~)15じゃぞい(出目5,6)」
GM/貞夫:では、GMのさっきの出目は「3」です
イリス:おぉー出目が超越者が出す出目
GM/貞夫:素材探索成功した人は追加で2dをどーぞ
マキリ:ということは9か、今の深度は
イリス:(ころころ~)出目9です。
GM/貞夫:お嬢は炎鉄1を手に入れた!
システム:アンリさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  2[1、1]  → 2
GM/貞夫:では、アンリは穢れた皮1を手に入れた!
マキリ:ピンゾロ多くない?w全体的に・・・www
イリス:【お嬢様】は...感染するッ 
ジゼル:やっぱりバイオハザード…
ティーノ:ピンゾロってこんなに出るもんだっけ……(カットしましたがエラーでダイスが振れなくなった時に、復旧テストで振ったGMの出目が1ゾロでした)
イリス:因みに、1ゾロ今日はしてないです(普段1ゾロしまくる人)
イリス:1セッションに5回はありますよね!
GM/貞夫:では、探索チェックは以上ねー。ほかに振ってない方いますかー
マキリ:わたしはここ来る前のGM卓でさんざんだしてきたから
ジゼル:流石お嬢様、というわけで称号はお返しいたします…
イリス:以上です
マキリ:今日はもう出ない
マキリ:・・・といいなぁ
GM/貞夫:じゃあ、2ターン目ねー
イリス:いえ、遠慮しておきます どうぞお受け取り下さい
ジゼル:以上ですねー
GM/貞夫:探索深度を進めてください
ジゼル:いえいえ、そんな遠慮なさらずに
システム:(シークレットダイス、ころころ~、また3か)
イリス:アンリさんですの
アンリ:「振ります、(ころころ~)3です」
マキリ:12+「GMの出目」 か・・・
アンリ:「今どのくらいだろうな...」
マキリ:「なんぢゃ、こわいのか?」
GM/貞夫:それは調べてからのお楽しみ。昨夜はお楽しみでしたね。
イリス:「まだまだ大丈夫ですわ 安心してくださいまし」
マキリ:「ほほう、勇ましいのう」
GM/貞夫:では、続けてイベント表をマキリ
マキリ:「ヴァルキリーというのは皆そんなふうに勇ましいもんなのかのう」
マキリ:「イベント表を振るぞい、(ころころ~、出目1,2)」
マキリ:ゲッ
イリス:ふっ
アンリ:ギリ回避
イリス:っ【お嬢様】  どうぞ
ジゼル:今回はおかしいですね…
ティーノ:なんか全体的に出目が酷い様な気がします……
マキリ:NO! オジョウサマ! NO!
GM/貞夫:どこからか毒素が流れ込んでいるのか、生物すら寄り付かない濁った海域に着きました
マキリ:(´д`)
イリス:「瑞風戻ってらっしゃい」
瑞風(ドルフィン)/イリス:「キュイ」
ジゼル:「これは…淀んでいいます…」
ティーノ:「げっ……これは酷いな……」
GM/貞夫:この海域では素材の探索ができません
GM/貞夫:それ以外のペナは無し
マキリ: (´д`) .;:…
マキリ: (´д...:.;::..サラサラ
マキリ:(´・;::: .:.;: サラサラサラ..
GM/貞夫:マキリーーー!!!
アンリ:やめてその顔文字! 映画のトラウマが蘇る!
GM/貞夫:(なんだろう、映画って。GMの教養の無さが分かるな)
アンリ:「だんだん不安になってくるな」
イリス:「大変ですわ!?おばさまが!?」
マキリ:「年寄りにここの海域は厳しいわねぇ」
マキリ:「息をしてるだけでむせ返りそうぢゃ」
イリス:「じゃあ息を止めて差し上げますわ!」(頭すっからかん)
ジゼル:「お嬢様ー!それはダメです~」
マキリ:「そういう意味ではないんぢゃがのう・・・」
イリス:「そうですの?」
GM/貞夫:はいはいー、では探索チェックー!
ジゼル:大人しく探索します
GM/貞夫:素材探索以外で
ジゼル:…でしたね
マキリ:目標値(深度)は?
システム:(シークレットダイス、ころころ~、5)
GM/貞夫:深度確認はできます
ジゼル:深度確認で
イリス:おなじく
GM/貞夫:目標値は11ねー
ジゼル:深度振りますね、(ころころ~、出目2,3)9です。
イリス:ヒラメですけど、深度振りますわ、(ころころ~、出目1,4)5ですわ。
システム:深度を振るぞい、(ころころ~、出目1,5)10。
マキリ:はああん
マキリ:1タリナーイ
イリス:ティダン様が見てますの
ジゼル:是非そっぽを向いてほしいですね
アンリ:私も深度確認やります
アンリ:ヒラメ~(ころころ~、出目3,4)7ですね。
アンリ:無茶だった
GM/貞夫:ティーノはどうする?
GM/貞夫:ここで11以上振ればヒーローになれるよ!
ティーノ:無茶言わないでください、(ころころ~、出目3,6)無理でした。
アンリ:まだ2ターン目だから…まだ2ターン目だから…
イリス:惜しいですのぉ
ジゼル:でも惜しい!
イリス:平均値4として考えておきましょうか
ティーノ:微妙に出目がいいのがこれまた悔しい
GM/貞夫:では、誰も正確な深度はわかりませんでした
GM/貞夫:では3ターン目にいきますねー
マキリ:じゃあ16か(およそ)
アンリ:「まだ先には進めそう、だよね」
イリス:「どんどん進みますの~!」
マキリ:40こえたら具体的にどれくらい危険なんだろう
ジゼル:「進み過ぎるとまたひき殺されますぅ~」
イリス:そうですねぇ...引きつぶされるレベルの敵がきます
ティーノ:「まあまだ大丈夫だろ……」
ジゼル:具体的にはお花畑が見れます
イリス:文字通り引きつぶされます
ジゼル:森ではトカゲに…
マキリ:あまり具体的じゃないけど、怖いということはわかった
イリス:折角どこかの誰かとぼかしたのに...
ジゼル:つい…伝えなければと
イリス:具体的には、もりのトカゲでワンパン即死or気絶圏内です
ティーノ:ぐっしゃーと行かれるのは嫌ですねぇ
ジゼル:そうでしょうそうでしょ
GM/貞夫:今調べたけどここの主はそんなに強くなさそうですよー。モンスターレベル7なんで。
ジゼル:う
イリス:それでもやばいですの!
アンリ:ネギトロ死体が出来上がるんですよね(ホラゲ)
イリス:お次―ですの
ジゼル:強くない(強い)
ティーノ:充分やばいと思うんですけど
GM/貞夫:まあ、とりあえず深度を進めましょうかー
GM/貞夫:(シークレットダイス、ころころ~、4)
ジゼル:お嬢様の番ですね
イリス:深度を進めますわ、(ころころ~)3ですわ!
イリス:いじれない出目ですの!
アンリ:かーじをとれ かーじをとれー
GM/貞夫:まだ主は出ませんねー
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイッ(ころころ~、出目2,6)
ジゼル:なんだっけこれ
ジゼル:見覚えが…
ティーノ:なんだろ
GM/貞夫:さきほど見ましたね
マキリ:なんだっけ器用?
ジゼル:…あっ
イリス:「ぶつかりますのぉ―!」キュッ
ジゼル:座礁、ですね?
マキリ:目標は?
アンリ:舵をとれ! 舵をとれ!
GM/貞夫:暗礁域です。冒険者レベル+器用度ボーナスで判定
GM/貞夫:目標値は10
PL一同:(ころころ~)全員成功
GM/貞夫:達成値はお嬢とマキリが一番高いか
GM/貞夫:じゃあ、ふたりの合わせ技でなんとか海域を抜けました
ジゼル:てこの原理で…
イリス:またしてもお嬢様”で”舵を取られたのか...
マキリ:ぃえーぃ
GM/貞夫:では、探索チェックー
GM/貞夫:探索目標値は10
GM/貞夫:深度確認は11
イリス:探索ですわ
ジゼル:探索です!ジゼルは探索一本に絞ります!
ティーノ:申し訳程度の探索
(イリスとティーノが成功、ジゼルは失敗)
GM/貞夫:じゃあ、お嬢は穢れた皮2、ティーノは炎鉄2
イリス:「やりましたのー♪」
イリス:2枚ゾーン入りましたね
ジゼル:「さすがですお嬢様、ティーノさん!」
ティーノ:「……よしっ」
イリス:「そうでしょうそうでしょう!わたくしですもの!」( ・´ー・`)ドヤァ
ティーノ:「こうして素材取れたの初めてかも……」ぼそっ
マキリ:深度確認じゃ、(ころころ~)12。
マキリ:しゃー!
GM/貞夫:探索深度、GMの出目は「4」です
アンリ:探索判定いきます
システム:(アンリは5ゾロで成功、続く出目は4,6、高めである)
GM/貞夫:アンリは炎鉄2を手に入れた!
イリス:23前後ですわね
ジゼル:炎鉄山盛りもりもり
アンリ:「ティーノ!私も取れた!」
マキリ:ですね>23
マキリ:まだいけるでしょう
ティーノ:「おー……なんで俺に報告するんだ?」
GM/貞夫:このPTのリーダーがティーノ君なのでは?
イリス:そうだったんですのね!
アンリ:「同じものが取れたから?」
ティーノ:初耳だ
ジゼル:ではリーダーとお呼びしよう
イリス:リーダーですの!
ティーノ:「……そ、そう……」
GM/貞夫:じゃあ、4ターン目いきますねー
ジゼル:はーい
GM/貞夫:探索深度を進めてください
ティーノ:はい
GM/貞夫:(シークレットダイス、ころころ~、5か)
ジゼル:ティーノくんですね
イリス:頑張ってくださいまし
ティーノ:(ころころ~、出目は6)
マキリ:おふ
GM/貞夫:張り切ってるねー
ジゼル:気合いが、入ってます
ティーノ:なんでこうずんずん進んで行っちゃうのかな
イリス:いいですわねー一気にポンポーンですわ
マキリ:この時点で29
マキリ:この回はまだ大丈夫・
ジゼル:そしてぽんぽーんとボスが…
マキリ:ぽぽぽぽ~ん
マキリ:さよならいおん
GM/貞夫:では、イベント表をジゼルかな
ジゼル:はーい
ジゼル:8はこないでくださいね、(ころころ~、出目は4,6)
イリス:流石ですわ!
ジゼル:中々良いのでは!?
GM/貞夫:では、進んでいくと、奇妙な海流に巻き込まれました
ジゼル:んん?なんか不穏な
マキリ:やばみ
イリス:「不思議な海流ですわねぇ」
GM/貞夫:どういうふうに進んでいるかがわかりません。
ジゼル:「ここはどこなんでしょう…」
GM/貞夫:2dをふってみそ
ジゼル:なんか遺跡でも似たようなのありましたね
アンリ:「なんか嫌な予感がする」
ジゼル:(ころころ~)7です。
GM/貞夫:(奇数か、じゃあ出目分戻って、現在深度は26だな)では、海流に乗って進んだか戻ったかはわかりませんが、とりあえず抜け出すことに成功しました
ジゼル:これは…お嬢様のがよかった説
マキリ:www
イリス:いりゅ?
ジゼル:いえ結構ですー
マキリ:進んだ可能性もあるわけか・・・
イリス:あげますわ ニッコリ
ジゼル:いりゃない…
GM/貞夫:w では、探索チェックー!
イリス:探索ですの
ジゼル:探索ですねー
マキリ:フェアリーウィッシュって使えるですかね?
ティーノ:探索します
アンリ:探索で
マキリ:ロール前に
GM/貞夫:ちょっと待っててくださいね>マキリ(ルルブをペラペラ)
マキリ:まあわかりやすくいうと
マキリ:固定値的にきびしくなってきたから
マキリ:魔法の補助で出目に+1できるかってことなんですけど
GM/貞夫:文章では行使時間が書いてなかったので、多分できるでいいかな。
マキリ:ふむ
マキリ:深度探索の目標値次第で
マキリ:使うのはアリですね
GM/貞夫:確認ダイスを振る前ならOKです。
GM/貞夫:あと、持続時間が1時間なので、1ターンごとにかけ直しが必要です。まあ使う直前で振ってOKっす。
マキリ:OK
マキリ:深度探索の目標はいかほど?
マキリ:お高いんでしょう??
GM/貞夫:えーと、深度確認は10です
マキリ:ふむ
GM/貞夫:探索目標値は11です
マキリ:フェアリーウィッシュをつかいます
マキリ:MP-1
マキリ:フェアリーウィッシュ行使~、(ころころ~)7。
マキリ:深度確認じゃ(ころころ~)12。よしよし成功じゃ。
GM/貞夫:直前のGMの出目は「5」です。ただしイベント分はわかりません
イリス:34+nですわね
マキリ:ぬお
マキリ:やっぱりか
マキリ:34±αか
イリス:では探索ですのー(ころころ~)17ですわ。
イリス:やりましたの
マキリ:つよいなぁw
イリス:お嬢様からの卒業ですわ
ティーノ:おー なんかお嬢様らしくない(失礼)
マキリ:ぬすんだ、フンフフフン、で はしりだす~
(続くジゼルは成功、ティーノとアンリは失敗。ティーノ、しっかりしろ、レンジャーだろw)
ジゼル:ようやく【お嬢様】返上!
GM/貞夫:じゃあ、探索成功した人は2dをどぞ
アンリ:「ダメだ何も無い」
ティーノ:皆が素材を入手している所を見て(´・ω・`)とした顔をしています
ジゼル:「リーダー!私も見つけましたよ~」ぴょんぴょん
GM/貞夫:じゃあ、二人はプリk…じゃなくて壊れたパーツ1ずつです
イリス:「てってれーですの!」
マキリ:ティーノ氏・・・
ティーノ:「……うん……良かったな……」(´・ω・`)
マキリ:「・・・・飴、たべるかい?」
ティーノ:自分でキャラをぶち壊している事に今気付いた
アンリ:(そういえばティーノに恋人っているのかな)
GM/貞夫:経歴が悲惨だからなぁ、いるんかな?
ティーノ:「……いる」(´・ω・`)
GM/貞夫:いるんだ!
ジゼル:いるんですか!
イリス:おぉー
アンリ:(あんなに女の子もいるんだからいても変ではないけどな)
ジゼル:これはラブコメ主人公
GM/貞夫:じゃあ、是非とも恋バナを、と行きたいですが時間もないので次いきます。
ティーノ:あ、飴食べるかい?に対しての返答です(´・ω・`)
GM/貞夫:あ、そっちw
ティーノ:恋人は多分いません
イリス:そっちかー
マキリ:なんとなくそんな気はしてた
マキリ:>飴
アンリ:w
ティーノ:恋人うんぬんに対する奴だったら天の声に反応している事に
GM/貞夫:では、5ターン目、深度を進めてください
GM/貞夫:(シークレットダイス、ころころ~、3だな)
ジゼル:アンリさんですね!1d6です
マキリ:やべぇよ やべぇよ
アンリ:「そろそろ退くかな?」
マキリ:そろそろ深度がやべぇよ
マキリ:海流でどういう状況かまったくわからないんですよw
ジゼル:まだだ…まだ轢き殺されていない
イリス:「行けますわ!」(無茶ぶり)
マキリ:この先やばいとおもってるつもりが、すでにやばい渦中にいる可能性もあるわけで
GM/貞夫:(まあ、まだ29だから、余裕はあるんだけどね)
アンリ:私の種族は人間...なら!
アンリ:(ころころ~)2です。
ジゼル:ええ、ですがここは進むしかないのです…
イリス:やばい状況下での強行したのは懐かしい思い出ですわ
GM/貞夫:じつは全然やばくない可能性もある。(実際、まだ31だしなぁ)
GM/貞夫:じゃあ、主も出ずメインクエの冒険者も見つからず、です
ジゼル:まだいけますね!
イリス:行けますわ!
アンリ:「...」武者震い
GM/貞夫:イベント表を2dどぞ
アンリ:(ころころ~)7です。
マキリ:はじめてみる出目かな
GM/貞夫:静かに波がたゆたっています。何事も起こらず平穏ですね。
ティーノ:ティーノはそろそろ立ち直っているだろうか
イリス:探索チェックですの
ジゼル:「のんびり、ゆったり~気持ちいいですねえ~」
アンリ:「何もなことが逆に不気味ね」
ジゼル:探索!!
GM/貞夫:では、探索チェックー
イリス:「ですわねー...それにずいぶん進みましたわー」
マキリ:目標よろっしく
アンリ:「何も無い事が逆に不気味ね」
ジゼル:「大丈夫ですよ~」
ティーノ:「……あー……」
GM/貞夫:探索目標値は12
GM/貞夫:深度確認も12
(イリスとジゼルとアンリは失敗、ティーノとマキリがまさかのダブル6ゾロで成功!)
GM/貞夫:!
ティーノ:えっ
ジゼル:ほへえ!
イリス:わぁ!
アンリ:すごい
マキリ:ウィッシュ必要なかった
GM/貞夫:ドン( ゚д゚)マイ
イリス:わぁぁぁ!
ティーノ:6ゾロ×2だぁ
イリス:(まずい..【お嬢様】が返ってくる)
GM/貞夫:じゃあ、GMの出目は「3」
ジゼル:す、すごい…眩しすぎる
イリス:39±ですねぇ
マキリ:ですね
GM/貞夫:探索に成功した人は追加で2dを
システム:ティーノさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
ジゼル:ジゼルは見事失敗してます
イリス:「良い日差しですわぁ...」
GM/貞夫:ティーノは嘆きの皮1を手に入れた!
ティーノ:「今度こそ……!」
ジゼル:ん?減ってますね?
GM/貞夫:嘆きの皮なんで中級素材っすよ
ジゼル:あ、また混ざってた
ジゼル:なんかよく間違えますね…名前…脳みそもう少し欲しいなあ
ティーノ:「……」無言の喜び
マキリ:「ここは譲れんのぢゃ・・・」<ギュピーン
マキリ:耳をピンとたてて目が光る
マキリ:さて
イリス:「まだ行きますわ!」(すっからかん)
マキリ:本来ならここらへんが臨界点ですが
マキリ:どうなる????
ジゼル:「轢き殺されるまで頑張ります!」
GM/貞夫:それでは6ターン目の深度を進めてください
アンリ:「ここまで来てしまったって感じがしてきた」
システム:(シークレットダイス、ころころ~、4、合計深度は35)
ジゼル:マキリさんですね~
ティーノ:「……うーん……大丈夫かな……」
マキリ:わたしか
マキリ:いくぞい、(ころころ~)5じゃ。
マキリ:でかい~~~www
ジゼル:やる気満々ですね!
マキリ:でっかいのおおお~~~www
イリス:わー
ティーノ:大きいなあ
アンリ:そろそろ来るぞ…
:(うん、合計深度、ぴったし40。ラスボスの登場だ)
GM/貞夫:じゃあ、前方に立ち往生している船と巨大なタコのような生物を見つけました!
マキリ:やべぇよ、やべぇよ
イリス:「たこですわーーーー!」
イリス:「たこ焼きで食べましょう!食べましょう!ね!ね!」
マキリ:それはあれか
ジゼル:「あれなら食べれそうですね~」
GM/貞夫:アリッサ「ししょー! なんか助けが来たみたいっすよーー!」
マキリ:船を覆いつくすようなサイズ感ってことか
ジゼル:「あっ、もしかして迷子のかたではないでしょうか!?」
ティーノ:「えっ……あれ食べられるのか……?」
マキリ:ようするに
ジゼル:「今助けますね~」ぴょんぴょん
GM/貞夫:タスク「マジか! 助けてくれーこのタコのせいで帰れないんや」
アンリ:「とうとう来たか…」と言いながら銃にマギスフィア小2つをセットする
マキリ:旧支配者のキャロル的なサムシング?
イリス:「食べますの~!さばきますわ!」
ジゼル:「これならお腹壊しませんよお嬢様~」
GM/貞夫:では、まもちき振ってー
GM/貞夫:1種類だけど2回振ってね
:(まもちきは弱点値を抜いたプレイヤーはいず、データのみでした)
GM/貞夫:じゃあ、弱点は抜けなかったけど、データはわかる。レブナント化したキラーオクトパスです
マキリ:なるほど
ジゼル:ほうほう
イリス:「あれ食べれませんわ!?」
GM/貞夫:メモ3にデータ貼りました
:
:キラーオクトパス LV5
:知名度/弱点:8/14
:先制値:14
:移動速度:16(水中)
:生命抵抗:10(17)
:精神抵抗:7(14)
:HP:44
:MP:20
:攻撃方法:なし(胴体)
:回避力:6(13)
:防護点:2
:
:HP:20
:MP:8
:攻撃方法:触手(触手)×4
:命中力:7(14)
:打撃点:2d+7
:回避力:7(14)
:防護点:1
:
:部位数:5(胴体/触手×4)
:コア部位:胴体
:弱点:魔法ダメージ+2点
:
:特殊能力:
:〇触手
:「絡め取り」
:「多くの触手」
:〇胴体
:「柔らかい身体」
:「水中専用」
:
:
:レブナント化 LV+1
:知名度/弱点:8/14
:先制値:-2
:命中力:+2
:打撃点:+2
:回避力:-2
:HP:+10
:MP:-
:
:弱点:回復効果ダメージ+3点
:
:特殊能力:
:「再生」
:「精神効果無効」
:
マキリ:防御(回避)が減って、攻撃がアップしてるかんじか レブナント
アンリ:「まずは触手からか?」
イリス:「食べれないのが残念ですけどやるしかないですわね」
ジゼル:「せっかくの食べれそうなものが見つかったと思ったのに残念デス~」
イリス:先制いっきマース?
:(先制判定は全員失敗)
GM/貞夫:じゃあ先攻もらいます
イリス:じゃあ前に誰かいなきゃだ
イリス:チャージ封じがつらいさんです
GM/貞夫:2人は前にいないとダメかな
イリス:いますねぇ!
イリス:騎獣と私
GM/貞夫:では触手がうねうねと攻撃しますよー
:(ダイスロールの結果、みずかぜ(イルカ)に)
イリス:くっころぉ!
イリス:イルカ好きとは業が深い
ティーノ:みずかぜぇ
GM/貞夫:16と言って攻撃ー
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイイ...(失敗)
GM/貞夫:では、ダメージ
ティーノ:かなしきかな
GM/貞夫:(ころころ~、出目4,6)19てんー
ジゼル:ああー瑞風ちゃんー
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッキュッ
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッキュ...ココカカカ?
GM/貞夫:【絡め取る】の効果で、引き剥がすまで自動的に命中します
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイキュ.....(超音波).....キュクイ..
GM/貞夫:では、触手2
システム:(ダイスロールの結果、またしてもみずかぜへ)
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュゥゥ!?
ティーノ:みずかぜ大好きですね
アンリ:みずかぜぇぇぇぇ!
ジゼル:モテますねえ
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュゥ...
ティーノ:タコにモテても……
GM/貞夫:絡め取るの効果で命中回避に-2です
GM/貞夫16と言って攻撃ー
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッキュ...キューキュキュ(失敗)
GM/貞夫:では、ダメージ
GM/貞夫:(ころころ~、出目2,8)17てんー
瑞風(ドルフィン)/イリス:(超音波)
ティーノ:えぐい
GM/貞夫:命中回避のペナは累積しませんので
システム:触手3の攻撃は、ダイスロールの結果、ティーノに)
システム:15と言って攻撃~
ティーノ:(´・ω・`)
ティーノ:(ころころ~)14です。イチタリナイ
マキリ:w
GM/貞夫:じゃあ、命中だ
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッ!キュキュキュイィ...
GM/貞夫:ダメージ(ころころ~、出目1,4)出目が腐った。
GM/貞夫:13点ー
ティーノ:はい
GM/貞夫:触手4の攻撃ー(ころころ~)またティーノ
ジゼル:うねうねと…
ティーノ:あの
アンリ:(´・ω・`)
GM/貞夫:んじゃ、命中振るよー
アンリ:アウェイクポーション2つあるから逝ってよいぞ
GM/貞夫:(ころころ~)14と言って攻撃ー
ティーノ:逝きたくないよ~(ころころ~)失敗です。
GM/貞夫:じゃあ、ダメージ(ころころ~出目2,6)17てんー
ティーノ:うーんこれ近い内に死にますね
ジゼル:今回ヒーラーが…
イリス:えっ
イリス:あ゛っ
ジゼル:死なないでください、ティーノさん
ティーノ:いないんですよねぇ……
イリス:瑞風ぇ
GM/貞夫:では1回裏どぞ
ジゼル:やばい…作って来ればよかったヒーラー
ティーノ:とりあえず墓を予め作ってくれれば幸いです
イリス:質問ですの!
イリス:騎獣のひきはがしはどうなりますの?
GM/貞夫:ライダー技能+筋力Bでいきましょー
イリス:了解ですわ
マキリ:じゃあ
マキリ:わたし動いていいですか
イリス:どうぞー
ジゼル:どうぞー
マキリ:スプライト召喚して
マキリ:回復にまわしたいです
マキリ:じゃないと
マキリ:これいじょうは前衛が溶ける
イリス:じゅぅぅぅ....(溶ける音)
アンリ:私も少しながらヒーラーできます
マキリ:アンリは貴重なガンナーだから攻撃にまわってもらいたいです
アンリ:了解
イリス:ですねぇ、攻撃しないとジリ貧化
マキリ:とりあえずいきます
GM/貞夫:どぞー
マキリ:5点魔晶石くだき、行使は成功
マキリ:MP-10
マキリ:スプライトを召喚します
システム:キャラクターリストにスプライトが追加されました。
イリス:スプライトが飲みたいです(唐突)
GM/貞夫:ホント唐突だな!
マキリ:プライマリィヒーリングを
マキリ:数拡大で
アンリ:私はルートビアが飲みたいです(唐突)
マキリ:ティーノと、イルカさんへ
ティーノ:牛乳飲みたい
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッキュ
マキリ:行使は一括?
GM/貞夫:行使は一括で
システム:マキリさんの「行使」ロール(2d+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  8[2、6]+9  → 17
マキリ:■3[プライマリィヒーリング(MP5)][1体[10m/起点指定][魔力+4点のHPを回復]
マキリ:スプライトの魔力は9なので
マキリ:13点ずつ回復
マキリ:イルカ -> 32
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッキュイキュイ...?
マキリ:「さ~てぇ、ここからが勝負開始じゃ!」
瑞風(ドルフィン)/イリス:訳:いっぱいちゅき...?
マキリ:「たのむぞ!妖精さん!」
マキリ:「・・・・・・好きプリ」
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイキューキュ...
マキリ:手番終了
GM/貞夫:触手引き剥がすのは、冒険者レベル+筋力Bですよー
イリス:「ありがとうございますわ!」
ジゼル:ブラントウェポンか攻撃か、はたまたパラライズ…
イリス:解くのは主動作です?
GM/貞夫:主動作です
イリス:了解です とりあえずバフが終わるまで待ち
GM/貞夫:成功すれば絡みついてる触手はすべて引き剥がせます
アンリ:質問いい?
GM/貞夫:なんでしょう
アンリ:仮にヒーリングバレットを撃ったとして「確実」に当たりますか?
イリス:命中は要ったはず
イリス:つまり1ゾロがあるので確実ではない
マキリ:自動失敗しないかぎり命中する、だったね
アンリ:ふむ。
GM/貞夫:そうですね、精密あるので誤射もないですし
マキリ:回復専用ですね
イリス:あーほんとうだ
アンリ:次、行動してもいいかな?
みんな:どうぞー
アンリ:賭けに出る!クリティカル・バレット×2を補助動作にする
イリス:2丁拳銃はロマンですわ
マキリ:ぉーぃぇ~
アンリ:MP-4
GM/貞夫:対象は?
アンリ:みずかぜを捕らえている触手の片方
GM/貞夫:じゃあ触手1にしますか
GM/貞夫:回避ロール、(ころころ~、出目5,4)一回目14。(ころころ~、出目5,1)2回目腐った11。
アンリ:(ころころ~、ころころ~)あっダメだ
GM/貞夫:残念、両方ハズレ
イリス:やはりロマン...
ティーノ:うーん残念
マキリ:うーむ
アンリ:許さんぞ受動側優遇
ジゼル:もう少しだった…
GM/貞夫:それで助かってるPCも数しれず>アンリ
ティーノ:妖怪ジュドウユウリってやつなんですかね
ジゼル:それではお次いいでしょうか~
マキリ:おっ
マキリ:方針きまったか
マキリ:どうするどうする
ジゼル:ブラントウェポン4倍掛けー
マキリ:うおwww
マキリ:持久戦の構えだーw
ジゼル:ブランシェから5点いただきます
ジゼル:行使~、(ころころ~)1回目7、(ころころ~)2回目15、(ころころ~)3回目14、(ころころ~)4回目14。
GM/貞夫:抵抗~、(ころころ~)1回目12、(ころころ~)2回目12、(ころころ~)3回目12、(ころころ~)4回目16
ジゼル:二本だめか
ジゼル:行動終了です
GM/貞夫:触手2,3は打撃点-4です
アンリ:火力は落とせた
イリス:了解
イリス:じゃあ行きますわね
ジゼル:頑張ってくださいお嬢様ー
イリス:イリスお嬢様はキャッツアイ全力で触手1へ
イリス:(ころころ~)13と言って攻撃ですわ!
GM/貞夫:あ、ダメだ。当たった。
マキリ:よし
アンリ:おお
イリス:「当たりましてよ!」
GM/貞夫:ダメージください
ティーノ:おー
イリス:(ころころ~)13点。しょっぱい!
マキリ:うん、まあ
マキリ:それでも12点はとおってるわけだ
GM/貞夫:うん、防護点1なんで、12点だね。
イリス:瑞風は1への体当たり
イリス:絡みつきは解きません
瑞風(ドルフィン)/イリス:(ころころ~、出目6,3)13と言って攻撃キュイ
GM/貞夫:それは当たるかな~(ころころ、出目3,5)あ、13。同値回避。
イリス:くっ
GM/貞夫:そうそう当たるものではない
イリス:以上ですのー
ティーノ:うぅん
ティーノ:どうしよう
ジゼル:次のPCターンパラライズするつもりなので振りほどくのもありかと
マキリ:いいと思う
GM/貞夫:一応絡みついた状態でも攻撃はできますが、-2のペナがつき、敵の攻撃は自動命中です
マキリ:あ
マキリ:うーん
イリス:解くのは達成値が16なんですよねぇ
マキリ:17との抵抗か
マキリ:16か
イリス:17でしたっけ
GM/貞夫:いや、ティーノは15です
GM/貞夫:15と14なので高い方を採用
ティーノ:とりあえず解いてみます
GM/貞夫:じゃあ、冒険者レベル+筋力Bで15以上ー
マキリ:そっかそっか、絡めた時の達成値か
GM/貞夫:ですです
ティーノ:(ころころ~)14……。
マキリ:ぐあー
マキリ:イチタリナイ
ジゼル:おちい…
マキリ:敵ターンか
GM/貞夫:イチタリナイはどこにでもおとずれる
マキリ:2R目だな
ティーノ:出目の腐り具合といい今回本当に……
GM/貞夫:はい、2回表。
アンリ:このままだと...
イリス:まず、命中と回避を下げないとまずみ
ジゼル:パラライズって効果違えば二回掛けるのありです?
マキリ:うーん
マキリ:スプライトの閃光って・・・
マキリ:触手は目ないけど・
マキリ:オクトパスの頭部の抵抗ぬければ
マキリ:全部の触手までデバフ浸透するんだろうか・・・
マキリ:命中・回避ー2ってでかいよね?
イリス:でかいですねぇ
GM/貞夫:普通に考えたら頭部の抵抗抜いたら全部の触手に適用してもおかしくないよね
マキリ:ですね
マキリ:次のターンでためしてみよう
マキリ:補助動作でつかえるこの能力は強い
マキリ:抵抗ぬくのはかなりつらいけど・・・
GM/貞夫:精神抵抗は少し低めですけど
マキリ:いや
マキリ:これ
マキリ:生命抵抗なん・・・(涙)
GM/貞夫:あ、結構きついっすね
GM/貞夫:基準値10なんで、GMの出目がよっぽど腐らないと通らない
ジゼル:ボス戦のGMの出目いつも良いんですよね
イリス:シグバレも結構強いなぁ
GM/貞夫:じゃあ、2回表だったっけ
イリス:でーし
ジゼル:ですねえ
マキリ:なにもできないけど
マキリ:前衛がんばって!
GM/貞夫:じゃあ、まず再生の効果でHP3点回復
GM/貞夫:で、触手1がみずかぜに
GM/貞夫:(ころころ~、出目2,4)まず15点
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッ
GM/貞夫:触手2がみずかぜに
システム:GM/貞夫さんの「ダメージ」ロール(2d+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  9[5、4]+5  → 14
GM/貞夫:(ころころ~、出目5,4)ブラントの効果で14点
GM/貞夫:そして、ティーノに触手3が
GM/貞夫:(ころころ~、出目1,3)ひくっ、ブラント分引いて9点
GM/貞夫:触手4もティーノに
GM/貞夫:(ころころ~、出目3,5)17てんー
ティーノ:いたい
GM/貞夫:こっちの手番は終了、2回裏どぞ
マキリ:こっちのターンかね?
瑞風(ドルフィン)/イリス:ふぅ生きた
マキリ:じゃあ回復せにゃならん、わっちからいくぞい
瑞風(ドルフィン)/イリス:お願いします
マキリ:回復はスプライトにまかせて
マキリ:というか
マキリ:妖精サモン中は魔法つかえないので
マキリ:「モラル」をうたって、全員の命中力を+1します
瑞風(ドルフィン)/イリス:敵も上がるぅ...
イリス:殴り合いですね頑張ります
GM/貞夫:殴り合い宇宙(そら)
マキリ:バードのうたって敵もあがんのか?
イリス:全員上がるっぽい?
GM/貞夫:全員上がりますね
イリス:ほんっとこういう使い勝手の悪さがバードが使われない理由でもある
マキリ:まあでも
マキリ:どうせからまれてるんだから
マキリ:命中あがろうが関係ないよな
イリス:いえす
ティーノ:です
マキリ:スプライトの補助動作で
マキリ:ピッカピッカーする
マキリ:仲間達には目をつぶれとかなんとかいっておきますよ
GM/貞夫:抵抗するぜー(ころころ~、出目3,5)18~。
マキリ:出目がよすぎるぞいー
GM/貞夫:すまなんだー
マキリ:無理じゃろ(ころころ~)16、失敗じゃ。
アンリ:あー…
マキリ:主動作でプライマリィヒーリングを数拡大、イルカとティーノに
イリス:ありがたやぁ
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイキューキュ?
マキリ:13点ずつ回復
瑞風(ドルフィン)/イリス:訳:すいとーよ?
ティーノ:ありがとうございます(´-ω-`)
マキリ:いやぁん ほうげん女子
GM/貞夫:メスかもしれんが女子か?
マキリ:手番おわり
ジゼル:お次いいですか?
アンリ:どうぞ
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイッキュキュキュキュー!
瑞風(ドルフィン)/イリス:訳:メスって書いてるでしょうが―!
マキリ:怒ったw
GM/貞夫:(いや、メスなのは知ってるんだけど、イルカに女子って表現はどうなのって意味なのよ)
ジゼル:パラライズ4倍
ジゼル:行使~、(ころころ~)1回目13、(ころころ~)2回目16、(ころころ~)3回目14、(ころころ~)4回目12
GM/貞夫:抵抗~、(ころころ~)1回目16、(ころころ~)2回目11、(ころころ~)3回目15、(ころころ~)4回目18
マキリ:へいへいへーい、出目が本気すぎるぜ、GMぅ~
ジゼル:回避にマイナスで
GM/貞夫:触手2だけ通った
ジゼル:行動終了…
マキリ:モラルとあわせて、触手2は補正3か・・・
マキリ:でもダメージ受けてるのは1なんだよな・・・
マキリ:どうしようね、これ
ジゼル:もう次から攻撃します…抵抗され過ぎ
マキリ:ww
イリス:では全力 で1へ(ころころ~)、13と言って攻撃ですわ!
GM/貞夫:(ころころ~、出目5,3)13、同値回避
イリス:あぁん!
マキリ:さっきからピタリすぎてわらってしまったw
瑞風(ドルフィン)/イリス:1へ体当たり
ティーノ:受動有利なこんな世の中じゃ
マキリ:ポイズン・・・
瑞風(ドルフィン)/イリス:(ころころ~)命中11です。
システム:GM/貞夫さんの「回避ー」ロール(2d+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  5[3、2]+5  → 10
GM/貞夫:(ころころ~、出目3,2)10、イチタリナイ。ダメージどぞ
マキリ:イルカさんがんばった
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイキューイクカカカキューイ(ころころ~)11点
マキリ:おおお
GM/貞夫:10点貰い
マキリ:いいんじゃないの
ティーノ:おぉ
マキリ:ご主人よりがんばってる
GM/貞夫:だってお嬢は騎獣が本体だもの
瑞風(ドルフィン):キュッ(あたりまえ...)
イリス:「誰かにバカにされた気がしますわ」
マキリ:いつからソッチが本体だと勘違いしていた・・・・  ですね
ジゼル:瑞風も適用されてるんですねその法則
マキリ:「きのせいぢゃろ  ・3・~♪」
ティーノ:そうだったのか そうでしたねそういえば
イリス:以上!
GM/貞夫:あと行動してない人ー
アンリ:手数を減らします、という事でクリティカル・バレット×2を補助
アンリ:目標は触手1
GM/貞夫:(ころころ~、出目3,5)1回目、回避13、(ころころ~、出目2,2)お、ちょっと腐った。2回目、回避9。
マキリ:命中+1ですぞ!>アンリ
イリス:そのまま【お嬢様】貰ってください
ジゼル:やめてくださいお嬢様ー
アンリ:(ころころ~、出目3,4)1回目、13、(ころころ~、出目2,3)2回目、11。
ティーノ:無言の祈祷
GM/貞夫:じゃあ、2発目は当たった
アンリ:運命変転使える?
イリス:7には変転が使えないのじゃー
イリス:出目の反転だから、7から7になります
アンリ:じゃあ、2発目ダメージ、(ころころ~)9点。
GM/貞夫:9点貰い
GM/貞夫:タゲサってMP結構食うんだっけ?
マキリ:3点だね(タゲサ
マキリ:x2で6点くう
GM/貞夫:んじゃ、結構きついか
マキリ:ティーノが触手1落とすから大丈夫
ジゼル:期待
ティーノ:落とせるかなあ
GM/貞夫:あ、タゲサは×2しなくても良さそうですよ
マキリ:命中+1のってるし
マキリ:がんばって
マキリ:じゃあ-3でつかえるのか
マキリ:なるほど
GM/貞夫:たしか、スコープみたいなのに変形して命中上げている設定だった気がす
マキリ:なるほど
マキリ:基本命中6にモラルのって7か・・・
ティーノ:お守りのマッスルベアーを添えて触手1に全力攻撃、どうせ避けれないさ
マキリ:あたるあたる
マキリ:あたれ
GM/貞夫:(ころころ~、出目5,6)回避16。
イリス:ちょっとぉ!
マキリ:・・・・・・・(゜ー゜)
ティーノ:無理ゲーじゃないか、(ころころ~、出目6,2)13。
GM/貞夫:ひらり
マキリ:このダイスこわれてるやー(棒)
アンリ:うわぁ(^_^;)
GM/貞夫:じゃあ、オンセンDBに変更しますねw
ティーノ:出目が悪化しそう
GM/貞夫:では、3回表かな
イリス:お嬢様はね?bacで出すもんなんですよ
マキリ:3R目で触手削れないのは予想外だなwww
GM/貞夫:まず、再生で3点回復
ティーノ:最初から殴ってればよかったかなぁ
GM/貞夫:そして、みずかぜに触手1の攻撃ー
マキリ:やっべw
イリス:こいやぁ!
GM/貞夫:(ころころ~、出目1,2)12点。
マキリ:よしw
マキリ:よしよしww
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッ!キュッ!
GM/貞夫:続いて触手2
GM/貞夫:(ころころ~、出目6,6)ブラント分引いて17点!
マキリ:おおおいwwwww
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュアッ!?
ジゼル:ほあー?
瑞風(ドルフィン)/イリス:キ。。。キゥ
マキリ:死ぬw
GM/貞夫:引かれた分は出目でカバーw
ジゼル:まじすか…
GM/貞夫:では、ティーノに触手3
GM/貞夫:(ころころ~、出目5,6)同じくブラント分は引いて16点。
マキリ:だからww
ジゼル:なんでー?
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュッキュッ!キュアァ...
ティーノ:うん。
GM/貞夫:最後に触手4
システム:GM/貞夫さんのロール(2d+9) → 12 (2、1)
GM/貞夫:(ころころ~、出目1,2)あ、腐った。12点。
マキリ:なんかダイスにもてあそばれてるなぁ
ジゼル:ようやく…!
イリス:お嬢様あげますわ
マキリ:無表情w
GM/貞夫:3回裏どぞー
マキリ:補助で閃光を(ころころ~、出目3,4)15。
マキリ:期待値か・・・
GM/貞夫:抵抗するぜー(ころころ~、出目3,5)18
マキリ:くっそー
GM/貞夫:期待値か
マキリ:期待値じゃねーよw 8はw
イリス:あっれぇ..?期待値って5じゃないんですかぁ
マキリ:プライマリィヒーリングをwww
マキリ:13ずつ回復・・・
ティーノ:ありがたやです
イリス:ありがたやぁ
マキリ:スプライトは役目をおえて帰っていきますぅ
ティーノ:ティーノもうちょっと耐えられるかな
システム:キャラクターリストからスプライトが削除されました。
イリス:ワンパン耐えれます
ジゼル:64かあ…
GM/貞夫:まだ、胴体どころか触手の一本も取れてない
ジゼル:ヒーラー居ないの気付いていれば…
ジゼル:何故ほかのキャラシを私ちゃんと見なかったのかと…
ティーノ:なんで言わなかったんだろう私
マキリ:はじめヒーラーにしようと思ってたんですが、途中で、ウサギはプリできないこと気がついて、マギシューいるなら、まあいいっかぁ、そんなにキツい戦闘とかないよね???
マキリ:と思ってた時期がわたしにもありました
イリス:しまったなぁ
ジゼル:おつぎいいでしょうかー
イリス:どうぞ
ジゼル:じゃあもうやけっぱちです!
ジゼル:本体にライトニング!
イリス:いっけー
ジゼル:ライトニング行使~、(ころころ~)13。
ジゼル:胴体ですね、はい
マキリ:抵抗~
GM/貞夫:胴体抵抗ー(ころころ~)11。
マキリ:よし
ジゼル:おおお?
イリス:這い寄れ!お嬢様!
ティーノ:あ、腐った
マキリ:うー
マキリ:にゃー
イリス:うー
イリス:にゃー
アンリ:」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
ジゼル:(ころころ~)11点魔法ダメージ。
GM/貞夫:この場合、同じ乱戦エリアにいるキャラにも電撃が及ぶんですよね
イリス:あばばばば(白目)
ジゼル:あっ…まじっすか?
イリス:はーい
マキリ:貫通か?
ジゼル:…貫通デスネ
ティーノ:あ、私の記憶違いじゃなかったのね……
イリス:ていこーー!
ジゼル:ああー…
マキリ:いや
マキリ:まずは
マキリ:まきこまれたかのダイスロールからだ
ジゼル:後ろから撃ってしまった…
GM/貞夫:たしか、1d振って当たるかどうか決めたはず
イリス:あひー
マキリ:確率2分の1ですね。たしか。
GM/貞夫:ちょっとどこの頁に載ってたか忘れた
イリス:巻き込まれる側が振るのん?
GM/貞夫:あった、ルルブ1改の168P
マキリ:1~3で巻き込まれる
イリス:(ころころ~、出目1)あう!
GM/貞夫:(ほんと、この人はティダンに愛されてるなぁ)
瑞風(ドルフィン)/イリス:(ころころ~、出目2)あはん
ジゼル:ああー!ごめんなさいー!
ティーノ:(ころころ~、出目4)ふー、セーフ。
マキリ:やべぇw
マキリ:イルカやべぇw
ジゼル:ここにきてお嬢様が…
瑞風(ドルフィン)/イリス:触手もして?ニッコリ
ティーノ:瀕死やん……
GM/貞夫:じゃあ、みずかぜに巻きついてる触手も同じようにうけます
瑞風(ドルフィン)/イリス:いっけないイルカ語イルカ語!
ジゼル:ごめんなさいー効果よくわかってませんでしたー!!
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイコカー(訳:ていこうするキュイ)(ころころ~、出目1,1)
マキリ:この卓、ダイスやばいww
イリス:この場合50点はもらえるのん?
GM/貞夫:騎獣のピンゾロはもらっておいて大丈夫だったかと
ジゼル:終わった…
イリス:抵抗ですの(ころころ~、出目2,1)あへぇ
GM/貞夫:触手の抵抗振るよ~(ころころ~、出目1,5)1回目13、(ころころ~、出目5,6)2回目18
イリス:括目せよ!その血(お嬢様)の定め
マキリ:あへぇでジワジワくるw
ジゼル:申し訳ない、ホント申し訳ない
GM/貞夫:ダメージは一括でさっきの出目でいいかな?
ジゼル:どぞ…
イリス:瑞風ぇ...
GM/貞夫:じゃあ、半減して6点づつもらいます
ジゼル:はーい…いろいろ終わりですー
ティーノ:どうしたものか
GM/貞夫:おし、ではジゼルの乱心事件は終わりですかね
マキリ:触手1はなんとか落とそう
GM/貞夫:触手1は@9だよ
アンリ:私、ご乱心なので本体狙います
GM/貞夫:え、回復回んなくていい?
マキリ:(´∀`;)
マキリ:イルカ死ぬが
瑞風(ドルフィン):キュゥゥ
ジゼル:申し訳ないです!お願いします!
GM/貞夫:双撃がないから攻撃しつつ回復はできませぬ
マキリ:いや、どっちみち死ぬ気はするが
マキリ:そういうことではなく
マキリ:生死判定とかが
アンリ:イルカにアウェイクポーションって効く?
マキリ:5からのダメージではなかなかコワイ
マキリ:ぶちこめ~
GM/貞夫:効くと思う
アンリ:クリティカル・バレット 目標は本体
GM/貞夫:ただ生死判定が怖いね
アンリ:2発撃つ
GM/貞夫:え、まじで。回復も触手1も無視?
アンリ:えっ、どうしよう(^_^;
マキリ:とりあえず
瑞風(ドルフィン):騎獣の生死判定は生命抵抗の値でよかったですっけ
マキリ:イリス・ティーノにうごいてもらってからでもいいんじゃないかな
アンリ:そうするかな
マキリ:人とおなじで生命抵抗でいいとおもいます
イリス:とすると2d+6 ふむ...いけそう
GM/貞夫:生命抵抗にダメージのマイナス分
GM/貞夫:ダメージのマイナス分が目標値でいいのかな
イリス:ですね生死判定の目標はマイナス値
マキリ:イリス・ティーノにはなんとしても触手1おとしてもらわないと
イリス:とりあえず触手落としに行かないと
イリス:というわけで、動いてみて良いですか?
GM/貞夫:まずは、前衛の結果を見て動いたほうがいい
アンリ:まだ動かないお
GM/貞夫:では、イリスどぞ
イリス:全力で1へ
イリス:命中判定ですわ!(ころころ~)12!
GM/貞夫:回避するぜー(ころころ~、出目1,3)9。
イリス:ティダン様...
GM/貞夫:ダメージどぞ
イリス:(ころころ~)14点
イリス:えぇい!
マキリ:よっし!
イリス:「や、やりましたわ!」
GM/貞夫:では、それで触手1は力なく垂れ下がった
マキリ:「でかした!」
マキリ:でろ~ん
ティーノ:よっしゃ
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイァッ! 触手2へ体当たり
GM/貞夫:パラライズが効いてるんだよなぁ(ころころ~、出目5,6)回避は14
瑞風(ドルフィン)/イリス:(ころころ~、出目4,6)命中15!
瑞風(ドルフィン)/イリス:キュイィィ!キュイ!
GM/貞夫:くそ、パラライズ分で当たった
マキリ:いいね!
瑞風(ドルフィン)/イリス:(ころころ~)9点
GM/貞夫:8点うけます
イリス:以上!
マキリ:@26
ティーノ:2に全力攻撃します
GM/貞夫:やってやるぜ! (ころころ~、出目6,6) 6ゾロ
イリス:おえっ
GM/貞夫:ひらーり
マキリ:えげつなww
ティーノ:当てさせる気ないですねほんと
GM/貞夫:はっはっは
マキリ:アンリさんどうしますか
GM/貞夫:では、アンリ、どうする?
アンリ:さて、私はどう動くべきか
マキリ:それぞれの触手がからまってるのってだれ、だれでしたっけ
GM/貞夫:回避が減ってる触手2が手頃
GM/貞夫:触手2がみずかぜ、3,4がティーノ
マキリ:うーん・・・・
マキリ:両方あてれば2、おとせるか・・・?
アンリ:触手2を潰して瑞風を救うか?
マキリ:それをやるなら、タゲサ、クリバレのフルコースがいいとおもう
マキリ:このGMのダイス目おかしいから
イリス:それ
GM/貞夫:はっはっはー
ティーノ:ひかえめに言って狂ってる出目出してますものね
アンリ:弾の装填て主動作?
GM/貞夫:それ控えめ? ねぇ?
GM/貞夫:装填は主動作です
イリス:お嬢様と真逆の存在ですね
アンリ:前衛に出た方がいいかな? 回避は7だけど
イリス:今出てもあまり旨味はないですねぇ
GM/貞夫:アンリは回避0なはず、シューターでしょ?
マキリ:0です
アンリ:あー
マキリ:射手は射手の体術をとるまで回避はあがりません
アンリ:すっかり忘れてた
アンリ:ターゲットサイトで以上
GM/貞夫:ダゲサは1ラウンドじゃなかったっけ?
マキリ:ですね
マキリ:その場合、装填のみして手番終了になります
アンリ:うーんww
GM/貞夫:クイックローダーってまだないっけ?
アンリ:ないねm
マキリ:ロダは
GM/貞夫:そっかー、んじゃやれることは装填のみだね
マキリ:LV4からですね
アンリ:装填する前に使っちゃおう。触手2にクリティカル・バレット×2でいい?
マキリ:いけいけ
GM/貞夫:装填うんぬん言ってたから使い切ったかと思ったけど違ったの?
イリス:おねがいします!
マキリ:自分も使いきったものかと
アンリ:装弾数は3だからね
マキリ:でも
GM/貞夫:まあ、その辺はPLさんの管理に任せてるんで、問題なければどうぞ
マキリ:サーペンタインガンは
マキリ:3発だから
マキリ:まだのこってるはず
アンリ:はい、
アンリ:気を取り直していきます
GM/貞夫:じゃあ、改めて攻撃どぞ
イリス:お願いしますー
アンリ:(ころころ~)1回目13、(ころころ~)2回目10。
GM/貞夫:避けてみせる!(ころころ~、出目5,4)1回目12、(ころころ~、出目1,3)2回目7。
GM/貞夫:やっぱパラライズが効いてるわ
アンリ:じゃあ、ダメージ。(ころころ~、出目6,2)1回目10点。(ころころ~、出目5,4)2回目11点。
ジゼル:もうパラライズだけ撃つ機械に徹します…
GM/貞夫:21点受けて@5点
マキリ:くそう、クリー1しても、クリ値が10なのがサーペンタインガンのつらみ
イリス:うむぅ...あとはお祈りです
GM/貞夫:じゃあ、全員終わったね。4回表かな
マキリ:はいはい
ティーノ:はい
マキリ:とりあえず、イルカちゃんが〆られるのを顔を手で隠しながら指の隙間で覗いてよう
アンリ:はい
GM/貞夫:じゃあ、まずは3点再生
GM/貞夫:で、触手2がみずかぜに
GM/貞夫:(ころころ~、出目2,2)ブラント分引いて9点。
瑞風(ドルフィン):キュゥ...キュ.....
瑞風(ドルフィン):生死判定(ころころ~、出目5,4)セーフ。
ジゼル:ごめん瑞風
イリス:0点です
ティーノ:みずかぜぇぇぇ
イリス:気絶!
GM/貞夫:続いてティーノに触手3の攻撃
イリス:「あ...あぁ...許しませんわ...許しません!」
マキリ:「その怒りを、剣にのせるんじゃ!」
GM/貞夫:(ころころ~、出目1,6)同じくブラント分引いて12点。
GM/貞夫:腐った
GM/貞夫:では、本命の触手4
マキリ:今きづいたんだけど
イリス:ほい?
マキリ:イリスってロングソード装備してるのに武器習熟がスピアなんですね
イリス:(Aランクスピアで騎乗のあれやりたいのですよ)
マキリ:なるほど
マキリ:浪漫か
GM/貞夫:浪曼ですね
GM/貞夫:ロマンティックあげます
ティーノ:浪漫は大事ですね
GM/貞夫:ときめく胸にキラキラ光った何かを上げます
マキリ:というか
マキリ:何で出目7で腐ったという言葉がでてくるんだ、GMwww
イリス:ほんっとほんっと7とか贅沢な値ですよ!
マキリ:こんなの絶対オカシイよ!!!(まどマギ風)
ティーノ:それ
イリス:5ですら貴重なのに!
GM/貞夫:w では、気を取り直して触手4の攻撃ー
システム:GM/貞夫さんの「行くぜー!」ロール(2d+9) → 11 (1、1)
マキリ:GMとの絶対的な出目の差で、PLが自分の出目にたいして卑屈になってる・・・
ティーノ:あ
GM/貞夫:ふぁーー!!!
イリス:5ですら...貴重でしょう?(怨)
マキリ:ツッコミによる精神的な揺さぶりが出目にでたか・・・
GM/貞夫:おかしいですよ! カテ〇ナさん!
ティーノ:恐ろしい呪いだ
アンリ:素直に笑った
イリス:瑞風の件許しませんわよ...もっと日照りなさい
GM/貞夫:じゃあ、こっちは終了。4回裏どぞ
マキリ:このパーティーってわたしの妖精魔法とヒーリングバレット以外に回復手段ってないんでしたっけ?
マキリ:ポーションとか
イリス:無いのですはい
ジゼル:生憎手持ちにないです
マキリ:ぐぬぬ
マキリ:少しやってみたい
マキリ:作戦があったんですが
マキリ:まったくないと少し厳しいな
ティーノ:あ、ヒーリング持ってた
ジゼル:行動いいですか?今度は大丈夫です、ハイ
マキリ:あの、妖精召喚でムリアンの群れってあるんですけど、そいつの攻撃が乱戦全部まきこんでの必中攻撃なんですよ
イリス:でた ムリアン
マキリ:しかも
マキリ:HPとの5分の1を固定値とするので無ダメージだと
マキリ:「2d+7」なんです
マキリ:なので
マキリ:必然的に
マキリ:3体全部に2d+7のダメージがいくと
マキリ:なかなか当たらない現状を打破するのにどうかと
ティーノ:そんなのあるのか
イリス:いいですねぇ!
アンリ:やってみる?
マキリ:ただそれをすると
マキリ:わたしが一切回復をできなくなる
マキリ:そしてこのターンアンリは装填で
GM/貞夫:博打ですねー
マキリ:銃をつかえません
ジゼル:回復お願いします!2は落とします!
マキリ:これは賭けです
マキリ:ただムリアンの攻撃で触手2はおとせますから、すると攻撃障害は解除されて全員で、本体を殴れるようになります
イリス:ですね
マキリ:これは賭けです。
マキリ:まあ、安全なのは、もういっかいスプライトを召喚してティーノを回復する作戦なのですが
マキリ:それか、このターン妖精を召喚せずに、わたしが自分のちからでティーノを回復して
マキリ:次のターン、アンリが銃を使えるようになってから、ムリアンを召喚するという手段もあります
マキリ:このターンで触手2をおとしてもらえれば、本体にもムリアンの攻撃が届くって寸法です
イリス:ふむ...今ターンは耐えの一手と行きましょうか
イリス:触手2はいけます
マキリ:であればこのターンは召喚はつかわずに
マキリ:ティーノ君を回復しましょう
GM/貞夫:まとまったかな?
マキリ:回復量は、スプライトにはおとりますが・・・
マキリ:「マキリ」がティーノにプライマリィヒーリングを使います
GM/貞夫:どぞー
マキリ:「モラル」の演奏を中止
マキリ:行使~(ころころ)成功。
マキリ:魔力7+4の11点、ティーノのHPが回復します
マキリ:「プライマリィ・ヒーリング」
マキリ:「・・・・・・死ぬなよ、ティーノ」
マキリ:「もうひとふんばりぢゃ」
イリス:触手2行こうと思いますがよろしいです?
ティーノ:「……言われなくとも」
マキリ:がんばって
GM/貞夫:おお、主人公っぽいぞ
GM/貞夫:触手に絡まれてはいますがw
ティーノ:触手引き千切れろ
GM/貞夫:振りほどくなら目標値15よ
ティーノ:あ、いいです
ティーノ:ごめんなさいどうぞ
マキリ:www
マキリ:素直w
マキリ:このGMつよいなぁw
イリス:じゃあ行きますわ?
GM/貞夫:きなさい
イリス:全力キャッツアイ
イリス:2へ
イリス:(ころころ~)11と言って攻撃!
GM/貞夫:パラライズが効いてますのん(ころころ~、出目1,5)9、命中です。
マキリ:よし

マキリ:「いけ! イリス!」
イリス:「邪魔ですの...」
イリス:ダメージ(ころころ~、出目5,6)回った! (ころころ、出目3,6)20点!
マキリ:おおおおおw
GM/貞夫:じゃあ、触手2はイリスに切り刻まれてタコ刺しになりました
イリス:以上!
GM/貞夫:さしみ醤油でたべるといいですよ。レブナント風味。
アンリ:(たこ焼き...そういえば無理だったな…)
マキリ:カルパッチョで
ティーノ:レブナントじゃなきゃ食べたんですが 3に全力で
GM/貞夫:マッスルベアーはいらないのかな
ティーノ:あ、忘れてました失礼
GM/貞夫:4回裏だからかけ直さないと効果切れですよ
GM/貞夫:回避ー(ころころ~、出目4,3)くそう出目が、回避12です。
ティーノ:(ころころ~)命中8。
GM/貞夫:よしっ
ティーノ:こっちが腐ってたら意味ないんだよなあ
ジゼル:つぎいいですか?
イリス:どうぞー
ジゼル:魔晶石アンリさんに渡します、主動作で渡す、補助動作で受け取っていただくでOKですよね
GM/貞夫:OKっすー
ジゼル:5点です、どうぞ
アンリ:受け取った
ジゼル:行動終了
アンリ:で私は装填で以上
GM/貞夫:装填は一丁ずつなんでー
アンリ:片方の銃をしまいます
GM/貞夫:魔晶石を受け取る、片方の銃をしまう、装填で行動終了かな
アンリ:しょうゆこと
GM/貞夫:では、次の方ー
GM/貞夫:あれれーもう全員動いた?
イリス:ぽい
ジゼル:動きましたねえ
GM/貞夫:じゃあ、5回表ー
GM/貞夫:触手3がティーノに
GM/貞夫:(ころころ~、出目1,6)12てーん。
イリス:高いなぁ
GM/貞夫:続いて触手4
GM/貞夫:行くぜー!(ころころ~、出目1,2)ぬぬぬ、12点
イリス:よしよし
イリス:GMさんもようやく普通の出目になってきましたね
GM/貞夫:まだだ、まだおわらんよ
GM/貞夫:では、5回裏どぞー
マキリ:さて、ではさきほどの宣言どおり行動に移してみますね
イリス:お願いします!
マキリ:サモンフェアリーI
アンリ:頼んだ!
マキリ:(ころころ~、出目6,6)
マキリ:完璧な召喚だ
イリス:ふー!
マキリ:魔晶石2個目くだきます
ティーノ:気合の入った召喚
GM/貞夫:これ以上ない安定度で召喚できました
マキリ:MP-6
マキリ:ムリアン召喚
システム:キャラクターリストにムリアンの群れが追加されました。
ムリアンの群れ:「召喚されました」(妖精語)
ムリアンの群れ:〆「群れの攻撃」必中 無数のムリアンの群れが這い上がり、噛み付きます。 自身の存在する乱戦エリア内の任意の敵全てに「2d+残りHPの5分の1」(端数切捨て)点の物理ダメージを与えます。
ムリアンの群れ:胴体に8、触手に13ずつダメージ
GM/貞夫:結構いたい
ムリアンの群れ:「あいつ、凄い旨いよ!(ぷぴ~)」
ムリアンの群れ/GM:「(゚∀゚)ウマウマ」
マキリ:「わたしができるのはここまでだ」
イリス:よし、このターンで仕留めましょう
GM/貞夫:オクトパス「ウネウネ(まだだ、まだ終わらんよ)」
マキリ:「オクトパスは・・・・・・・魔法文明語で《人に虐げられし者》・・・!!!!」 ←嘘
アンリ:さて、次は私が撃つのか?
イリス:アンリさん頑張ってくださいましー
ティーノ:ずっと絡みつかれてる人です
GM/貞夫:男のくっころなんて需要あるんかな?
アンリ:クリティカル・バレット 今度は単発で胴体狙い
ティーノ:無い
マキリ:あるよ
イリス:あります
GM/貞夫:あるんだw
イリス:私にはないけど一部あります
マキリ:あっ、にげたw
GM/貞夫:カモン
アンリ:(ころころ~)13と言って攻撃
システム:避けるぜー(ころころ~、出目4,2)11、命中です。
イリス:よしよし!
GM/貞夫:そろそろ失速してきた感が
アンリ:ダメージ(ころころ~、出目6,4)回った。(ころころ~、出目1,6)17点魔法ダメージ。
マキリ:ひゅ~!
イリス:ふーー!
GM/貞夫:きゃー
マキリ:@29か
マキリ:いっきにきたな
GM/貞夫:では、次の方ドゾー
マキリ:これで、あと3人がクリティカルだせば落ちるな
マキリ:よかったよかった
イリス:無茶ぶりですねぇ!
イリス:行きますわ?
マキリ:言うだけなら無料ですもの、おほほほほ
ティーノ:そうだね×1
イリス:全力で胴体(ころころ~)12と言って攻撃!
システム:躱してみせる! (ころころ~、出目6、4)14。
イリス:ぶはっ
GM/貞夫:ひらり
ティーノ:はい。
マキリ:さらっと10だすもんなぁ・・・
イリス:GMさん私に対してのダイス目のあたりつよくないですか
GM/貞夫:気のせいw
マキリ:イルカになぐられたの根にもってるんだきっと
イリス:仕留めきりたかったっ すまない
GM/貞夫:ティーノはどうする、引き剥がすかい?
マキリ:さあ、みんな
マキリ:外が明るく前にこのタコ倒すぞw
ティーノ:んー
イリス:がんばろう
イリス:というかヤバイですねぇ!ティーのさん命の危機
マキリ:気づかれましたか・・・
マキリ:プリの代行してたわたしが
マキリ:攻勢にでるということは
マキリ:そういうことなのです・・・
ティーノ:どうしましょ
ジゼル:お先動きましょうか?その間に決めるのでも
ティーノ:引き剥がしチャレンジしておきます
イリス:ですねぇこっちに来てくれるとティーノさんが助かる
マキリ:GOGO
GM/貞夫:じゃあ、冒険者レベル+筋力B基準値で15以上ー
マキリ:なむなむなむ...
イリス:マッスルベアーも含めようね!
ティーノ:本日最大の運試し(ころころ~、出目4,5)16!
イリス:つよい
マキリ:キター!
マキリ:さすが主人公
GM/貞夫:おおーでは、ティーノは絡みついていた触手を引き剥がすのに成功しました
マキリ:「な、なんというバカぢからぢゃ・・・!」
ティーノ:「流石にウザいって……」
マキリ:「あの小僧・・・戦いの中で成長しておる・・・!」
GM/貞夫:ここで、なんかかっこいいRPをひとつ
ティーノ:無茶振りしないでください 私は今クッソ眠いんです
マキリ:無茶振りwww
GM/貞夫:www
マキリ:丑三つ時はすぎたな・・・
イリス:分かるマン
マキリ:なかなかいい時間よ
アンリ:恨みをタコにぶつける時が来たね
GM/貞夫:すまん、いつもこの卓はこんな感じなのじゃ
マキリ:そんなことだろうとは思っていたサ
マキリ:お嬢様(ダイス運)がどうたらこうたらのくだりで
ティーノ:どんどん昼夜生活が逆転していく 元から逆転してるけど
マキリ:とっておいた運命変転をそこで使おう
GM/貞夫:大丈夫、なんとかなるよ!
マキリ:とりあえず
マキリ:誰が動くんだ、あとw
GM/貞夫:ジゼルかな
イリス:今日はもうパパパと終わらせましょう
ジゼル:ではリープスラッシュ二倍で胴体と触手3に
マキリ:がんばぇ~
マキリ:まけぅな~
ジゼル:行使~(ころころ~)1回目13。(ころころ~)2回目10。
イリス:ほあ
GM/貞夫:抵抗するぜー(ころころ~)1回目14。(ころころ~)2回目15。
ジゼル:抵抗ですね…わかっていましたとも
マキリ:ほんと7未満でないな
ジゼル:ダメージ(ころころ~)1回目8点の半分で4点。(ころころ~)2回目11点の半分で6点。
ジゼル:もう終わりです、いろいろ…
ジゼル:なんかもうほんと今日ダメだ
マキリ:www
マキリ:ジゼルきみがダメなんじゃない
マキリ:タコがダメなんだ、なんかもう、いろいろと
ティーノ:誰かこの眠気を解消してくれ
イリス:ダイスなんだ...
ジゼル:バカやったことには違いないので…
GM/貞夫:では、6回表かなー
マキリ:その眠気をうるなんてとんでもない
GM/貞夫:じゃあ、触手はまたランダムで決めるかー
マキリ:こっちくんなよ
マキリ:与ダメージさがるから
ティーノ:また絡みつかれそう
イリス:GM
GM/貞夫:なに?
イリス:GMさんや...頼むぅ
イリス:低い出目をぉ
マキリ:懇願w
マキリ:なんだこの卓w
ティーノ:はいはい祈祷祈祷
GM/貞夫:じゃあ、このラウンド終わったら強制終了しますねー
マキリ:ありがたみねぇ~w
GM/貞夫:もう消化試合っぽいから
マキリ:それはこのラウンドでおわらせろってことね
GM/貞夫:このラウンドで倒せればそれでもおkだけど
マキリ:消化試合のわりには、わりと気絶射程圏内の人いっぱいいるけどねw
GM/貞夫:とりあえず、ランダムで対象決定
マキリ:(あ・・・・消化ってこっちが消化されるっていう・・・)  理解
ティーノ:あぁそういう
GM/貞夫:(ころころ~)ティーノかな
イリス:嘘ぉ!?
ティーノ:またかよ
マキリ:そんな気はしてた
マキリ:こういうときの、またねらわれそう発言は、だいたいフラグ
システム:避けてよー、お願いだー(ころころ~、出目3,4)命中は16
マキリ:しかし期待値っていう
ティーノ:ちょっと無理(ころころ~、出目5,5)15
イリス:おしい!
マキリ:10だして、かわせないんだよなぁ・・・
アンリ:いちたりにゃい
マキリ:えげつない・・・
GM/貞夫:ダメージいくぜー
マキリ:あと1あればっていうかんじが
マキリ:えげつない
GM/貞夫:ダメージ(ころころ~)12点
ティーノ:地味に出目が良いからどうしようもない
イリス:あっあっ
マキリ:変転もつかえんしなぁ
ティーノ:痛い痛い
GM/貞夫:続いて触手4
GM/貞夫:(ころころ~)お嬢ー
イリス:よしきた
ティーノ:祈祷祈祷
GM/貞夫:避けてーお願いだからー(ころころ~、出目1,4)命中14。
ムリアンの群れ:「ボクなんか食べてもおいしくないよ!」
イリス:避けれないですがね!(ころころ~、出目3,1)6。
ムリアンの群れ:「ぷぴー」
GM/貞夫:ダメージ(ころころ~、出目5,5)19点~。
イリス:ぶはっ
ムリアンの群れ:ひでぇw
ジゼル:アッアッ
ムリアンの群れ:慈悲というものがないw
イリス:本当に私に対してダイス目がつらくないですかぁ!
ティーノ:えげつないなあ
イリス:らす1
GM/貞夫:気のせい、さっき命中で5出したやん
ムリアンの群れ:お、おう
ティーノ:殺意の塊から殺意の結晶体に格上げしよう
マキリ:モラル演奏します
GM/貞夫:では、タコ終了
ムリアンの群れ:続いてムリアンのかみつき
イリス:やっちまてくだせー
ムリアンの群れ:胴体、触手3,4の順番で
アンリ:死体撃ちの準備しとくよー
ムリアンの群れ:ダメージ(ころころ~、出目3,5)1回目15点。(ころころ~、出目6,4)2回目17点。(ころころ~、出目5,4)3回目16
ティーノ:がんばれぇ
ムリアンの群れ:いい出目!!!
イリス:ふー!
GM/貞夫:防護点引いて13、16、15のダメージ
ムリアンの群れ:胴体が残り12か
ムリアンの群れ:触手が
ムリアンの群れ:5、12か
GM/貞夫:ですね
イリス:これはもうガンガン行くしか
ムリアンの群れ:脚全部もいで、首だけにしてやるのも一興
GM/貞夫:さくせん:ガンガンいこうぜ
ティーノ:さくせん?:サクサクいこうぜ
ムリアンの群れ:さくせん?:バッサリ逝こうぜ
ムリアンの群れ:さあ
ムリアンの群れ:さあさあ
ムリアンの群れ:一番槍は誉れぞ
イリス:とりあえず殴るか 胴体を
GM/貞夫:とりあえずあとは胴体殴って終わりにしようぜー
ティーノ:殴ろう
イリス:(ころころ~、出目3,1)命中8。
イリス:出目も辛いですの
システム:回避ー(ころころ~、出目1,2)7。
イリス:あ
マキリ:うおw
ティーノ:あら
GM/貞夫:命中ー
イリス:しまったー全力っ!
マキリ:期待してないときに、微妙に出目腐るのなんなんだw
イリス:ダメージ(ころころ~)8点
GM/貞夫:6点もらいます
マキリ:6ダメ!
イリス:よし!抵抗されても落とせますね!
マキリ:残HP6!
イリス:おつぎぃ!
アンリ:次は誰がこのクソタコの首を取るんだ?
イリス:はよぉ...眠気ぇ
オクトパス/GM:「ウネウネ(やらせはせん! やらせはせんぞ!)」
アンリ:私が撃てばええんやな!
マキリ:やらせてやれよw
ジゼル:お願いします
ティーノ:決めて、どうぞ
GM/貞夫:すいません、殺って下さい
イリス:お願いシンデレラ
マキリ:すげぇなw
マキリ:この時間までやれば大体ひとり寝落ちするんだけど
マキリ:この面子は優秀だな
イリス:ですねぇ
アンリ:クリティカル・バレット 胴体
GM/貞夫:タゲサいれとけ
マキリ:(出目が優秀とはいってない)
アンリ:命中判定(ころころ~、出目5,2)14。
システム:回避ー(ころころ~、出目3,6)13。イチタリナイ。
イリス:モラル入れた?
ティーノ:出目の話はやめるんだ
イリス:よしかった
マキリ:www
ティーノ:やったか
GM/貞夫:さすがに基準値の差は覆せなかった
マキリ:やっておしまい!(2回目)
システム:アンリさんの「最後の一撃は切ない」ロール(k20+4@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+4  →  2D:[1、4]=5  →  3+4  → 7
ジゼル:ありがとうございます…ようやくこれで終わりです
マキリ:こうなると、ムリアンの優秀さがみに染みるな・・
イリス:12時戦闘開始 終了3時半
マキリ:必中は尊い・・・
イリス:3時間半もかかってやんのぉ!
アンリ:よっしゃー残った弾1発で死体撃ちするぜー
GM/貞夫:では、アンリの放った銃弾がオクトパスの眉間を貫き、その巨体が静かに沈んでいく
ティーノ:あ゛ー
イリス:帰るべ
マキリ:帰りましょ
ジゼル:かえりましょう
イリス:あ、その前に
マキリ:イルカおこして
オクトパス/GM:「ウネウネ(ありがとう、これで眠れる。いろんな意味で)」
イリス:応急手当
システム:イリスさんのロール(2d) → 8 (6、2)
マキリ:www
マキリ:生きることに疲れてたのか、そのタコw
マキリ:哀愁タコさんw
イリス:この主従HP1やんけ
マキリ:wwww
アンリ:代弁してくれてるんだよ
ティーノ:依頼の……あの……やつも連れてかえろ
マキリ:風がふいただけで倒れそうwww
ジゼル:迷子も持って帰りましょうか…
イリス:合成依頼は合成でよろしいか!?(先回り)
マキリ:名前わすれてるwww
マキリ:あのやつw
ジゼル:合成しましょうか
イリス:しましょう
ジゼル:炎鉄3ですっけ
イリス:です
GM/貞夫:Bランクは炎鉄3つですね
GM/貞夫:ちなみに最終深度はジャスト40でしたー
イリス:なるほど
ジゼル:わあー
マキリ:わぉ
イリス:はふぅ眠気ぇ
GM/貞夫:あ、タコの剥ぎ取りもどうぞ
マキリ:ピッタリでもこんだけ苦労するのか
アンリ:「短いようで長く苦しい戦いだったな」
マキリ:いや・・・・GMのせいか
マキリ:主に・・・
ティーノ:あーちょっと冷静になってきた感想 死にたい
GM/貞夫:スマソ
マキリ:死ぬなw「
ジゼル:出目わけてください
マキリ:死ぬならベッドで死になさい(ちがう、そこじゃない)
GM/貞夫:いや、PLやると腐るんやで
アンリ:ボスにリアル制限時間設けよう
イリス:剥ぎ取りは何回?
GM/貞夫:一回です
イリス:私...固定値で戦うだけでだいぶ楽になると思うんだ
ティーノ:今ベッドでポチポチしてるので
マキリ:なら
イリス:ふってよい?
マキリ:ティーノだろ
イリス:あ、ですね
マキリ:変転のこってるから
マキリ:といってたら、7あたりだしそうだけど(汗)
ティーノ:あ、そっかぁ
イリス:ティーノさん2d!
システム:ティーノさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  11[6、5]  → 11
イリス:きたこれ
マキリ:キタアアアアア!
GM/貞夫:おおー
ジゼル:素でこれですね
ティーノ:困惑
マキリ:触手引き剥がしから、ちょっといいね
GM/貞夫:じゃあさらに1d
システム:ティーノさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
GM/貞夫:これって変転できんのかな?
マキリ:できる!
マキリ:しらんけど!
GM/貞夫:じゃあ、面白いから変転してもいいよ
マキリ:キタ
GM/貞夫:2の裏だから5かな
ティーノ:です
GM/貞夫:2000G入った銀貨袋を手に入れました
マキリ:ゎ~ぉぅ
イリス:ご馳走さまでした
GM/貞夫:PT資金に入れときます
イリス:以上?
ティーノ:はい
イリス:後はもうイベント無い?ねれりゅ?
GM/貞夫:以上ー、例によって即撤収
ジゼル:かえろう
アンリ:感想「TRPGはスポーツ」
イリス:帰ります
ティーノ:かえろかえろ
GM/貞夫:炎鉄3つでかけら1つもらいましたー
マキリ:「あ~、肩と腰が痛いのぢゃ」ぽむぽむ
アンリ:おつかれしゃまでしちゃー
イリス:感想「TRPGはダイス運」
GM/貞夫:リザルトー
ジゼル:はい
マキリ:へい
イリス:おつかれさまでしたー
ティーノ:はい
ジゼル:お疲れ様でした


 いいね!  5

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。