んじょさんの日記 「セッションの思い出を書いてみる その19」

んじょさんの日記を全て見る

んじょ
2021/03/04 12:20[web全体で公開]
😶 セッションの思い出を書いてみる その19
「第17話 謎肉を追って」 GM:B氏

ケルディオン警戒砦に新任するハーヴェス軍の部隊がグランゼールにやってきた。
その部隊長のスタンリーという将校が、事情を知ってるボノ達に依頼をしてくる。
謎の白い肉の出所を調査してほしいと。

今わかっていることは、
・食べるとブラッドサッカーになっちゃうかもしれないこと。
・魔動死骸区のランサード商会という商会から肉を仕入れたっぽいこと。
この二つだけ。

というわけで魔動死骸区に馬で移動。
でっかい魔動巨兵が転げているまわりに街がある変な街。
その左脇の下あたり(臭そうw)にある宿を拠点にしてランサード商会を調べることにする。

聞き込みした結果、ランサード商会っていうのは元々ジルじいさんという偏屈なジジイがやってた店で、魔動機パーツの専門店だったようだ。
ジルじいさんは、1~2年前に店をたたんでその後の消息は不明だという。
今のランサード商会は、名前だけ受け継いだまったく別の店で、ロックという名の男が従業員5人くらいでやってる店らしい。
ロックのランサード商会は、魔動機パーツも売っているのだが、値段設定がめちゃくちゃで掘り出し物があったり、逆にこんな値段じゃ誰も買わねーよ見たいな値段だったりするらしい。
魔動機パーツに詳しい人物がいないまま商売している模様。
さらに、ロックたちはケルディオンの人間らしいことがわかる。
怪しいぞ?w

客のふりして店内を物色したりしたが、白い肉っぽい商品はなし。
街で聞き込みしても有力な情報は得られなかったので、夜中に忍び込んでみることに。

店のバックヤードには、地下に降りる階段があり、倉庫になっていた。
倉庫にはあの白い肉が。
あと取引記録っぽい書類がでてくる。
おっと誰か来た!逃げろ!
ということで裏口からダッシュで逃げる。

逃げ伸びて宿に戻ると、近所で火事が。
ランサード商会が燃えている。
証拠が隠滅された!
ロックたちは馬を用意していて、街から出てしまった。
押収した取引記録っぽいものから、どこから肉を手に入れているのか調べるしかない。

調べていくと、クローデッド商会っていう商会と取引をしているっぽい。
クローデッド商会を調べていくと、グランゼールのヴァリス商会の会長の娘のクローディアがやってる商会で、別荘が馬で1日行ったところにあるらしい。

ダメもとで行くだけ行ってみると、クローディアがいた。
ケルディオン製品のマニアで、ランサード商会はケルディオン製品を扱っているので取引してるのだという。
謎の肉についても知らない口ぶりだったので、諦めて引き返すことにしたのだが。

   ボノ「謎肉のにおいがする」

犬かw
もう他に手がかりもなかったので、夜に屋敷に忍び込んでみることにする。

屋敷の裏手に回ると、地面に掘られた穴から謎肉のにおいがする。
深く掘られた穴に死体のようなものが捨てられている。
これが匂っていたようだ。

屋敷の中に入ると、晩餐の最中だったようだ。
そのメンバーは、ロックたちランサード商会のメンバーだった。
ロックたちが匿われていたということは、クローディアはもっといろいろしってる可能性がある。
とりあえず、ロックたちを捕まえて話を聞こう。
晩餐の間におどりこんで先制攻撃をしかけると、飯の途中だったのに武器を抜いて臨戦態勢にw
対応早すぎるw

ロックたちは、謎のポーションを飲んでパワーアップしたり、命中が必中のライフルみたいなモノを持っていたりとやりたい放題w
鎧着たまま飯食うなよw
半分くらい倒したその時、何人かの体に異変が!

ロック「く、クローディア、裏切ったな!」

ブラッドサッカーに生まれ変わったロックたちは、大幅パワーダウンw
すぐにせん滅。
しかし、証人の商人が死体に変わったので、ミッション達成は遠のいた。

給仕していた執事と侍女は何が起きたかわかっていない模様。
クローディアを探そう。

2階にはクローディアの部屋があったが窓から逃げたようだ。
クローディアの部屋には、取引記録や手紙の山があった。
手紙のいくつかは、見慣れない文字で書かれている。
ケルディオンの言葉のようだ。
どうやら謎肉はブラッドサッカーの肉のようで、ここで量産しているっぽい。
クローディア完全に黒じゃないか。
一応これを証拠として持って帰ろう。

地下には謎の隠し部屋があり、そこにはブラッドサッカーが檻に入れられていた。
お肉工場ということのようだ。
ほっとけば執事とか侍女もお肉にされてたのかもしれない。

執事とか侍女には、ヴァリス商会に戻りおやじに娘の悪事を伝えるように促す。

で、一旦魔動死骸区に戻って馬でグランゼールに帰る。

報告すると、クローディアの館には調査隊を送ることになる。
それと、ランサード商会、クローデッド商会と取引のあった相手にも調査が入るらしい。


おしまい。

ミレニアは新たにプリーストに手を出す(Aテーブル2個目w)
月神シーンにするか、フルシルにするかを悩んだ結果、セージ7で弱点看破を覚えることもあり、属性の選択肢が広がるフルシルを選ぶ。
スカウトも地味にレベルを上げる。
器用貧乏化が進んでいくw
 いいね!4

レスポンス

レスポンスはありません。

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。