北の丘

ノルー
ノルースレッド【キャラクター交流部屋】運命が重なり合う丘[web全体で公開] 押されたいいね! 1
登録日:2023/09/04 23:15最終更新日:2023/09/09 09:36

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

朝日が眩しく、少し肌寒い丘。
人間には少々居心地の悪い場所ですが、人形ならば寒さを感じにくいのでへっちゃらです。
あなたは何か悲しいことがあって、この丘にやってきたのかもしれません。
友達と喧嘩してしまったり、お手伝いで失敗してしまったり…。
もしかしたら何もなくても、ただ孤独を愛しているだけかもしれませんね。
ここからでは麓の街の様子は見えません。
ただ、昇る太陽の揺らめきと、風に吹かれる巻雲、霞む遠くの山々が見えるばかり。
こんなに寂しい場所に、
あなた以外の星人形がやってきたりするのでしょうか……?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

他の人のキャラクターとのRPを楽しむ部屋、その3です。
「丘」系スレッドが活発に使われているようなので増やしました。
東や西の丘が他の人で埋まっている時はこちらをお使い下さい。

【このスレッドで可能な交流パターン】
●星人形+星人形
いいね! いいね!  1

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

スレッド一覧に戻る

コメント一覧

N.hinano
16. N.hinano
2024/07/15 17:45
ティーア「コンタクトレンズ...カ。ソレクライ大事ダロウケドネ」
茶色のブーツが地面を蹴る。一歩、また一歩リタの方へ近づく。

ティーア「見エナイ方ガ良イ事モアル。忘レテイタ方ガ、キット都合ガ良イダロウ」
”ソレ”はぐにゃぐにゃと中身を変え、黒い泥が溢れ出す。

ティーア「踏ムノガ怖イナラ、拾イ上ゲテシマエバ良イ」
互いの頭がぶつかる程の距離。リタの耳元で”ソレ”は二重に囁いた。

???「だから...『妹みたいな人形が欲しい』の」
ティーア?「カワイソウナ『リタ』チャン、愛シテ貰エナカッタンダネ」
いいね! いいね!0
マコト
15. マコト
2024/07/14 20:33
リタ:「忘れ物? 大丈夫?」
 ティーアの言葉に再び足元をみるが、何があるんだろうか?

リタ:「コンタクトレンズとか? よく人間さんは落とすよね?」
 きょろきょろ探すリタ、星人形はコンタクトレンズはつけないだろう。そもそも、それは落とし物であって忘れ物ではないし。

リタ:「その時拾うって、踏んじゃったら怖いよ」
いいね! いいね!1
N.hinano
14. N.hinano
2024/07/11 09:22
ティーア「(記録?ソレトモ記憶...カナ。マダ理解ヲ拒ンデイルダケ。嫌ナ思イ出ニ蓋ヲシタンダ)」
好都合...と思った。正直に言うならば、今取り込むのが悪魔派としての役目なのだろう。

ティーア「アァ、チョット『忘れ物』ヲ見ツケテネ。君...イヤ、”リタ”ガ必要ダト思ッタラ、ソノ時拾ウヨ」
真意は伝えない。掘り起こして何が起こるかなんて、誰にもわからないのだから。
・・・だからこそ、彼女が求めぬ限りは。それを放置してもいいと結論付けた。
いいね! いいね!1
マコト
13. マコト
2024/07/10 14:07
削除(書き込み場所間違いの為)
いいね! いいね!0
マコト
12. マコト
2024/07/10 12:32
 この街に住んでるけど別の場所から来た。
 ナゾナゾだろうか?それとも引っ越して来たという意味だろうか?
 それより、ティーアが自分の足元に視線を向けたのが気になった。
リタ「え? なに? 何かいるの?」
 外だし、何か虫でもいたら嫌だなぁと、リタは足元に目を凝らした。

 どこか寂しい場所、部屋の片隅。飽きられ見向きもされなくなった人形。部屋の住民が外出している日中。部屋の暗がりから、小さな蜘蛛が…
いいね! いいね!1
N.hinano
11. N.hinano
2024/07/06 17:40
ティーア「ソウダネ、”ティーア”ハコノ街ニ住ンデルヨ。”私”ハ別ノ所カラ来タケドネ」
間違いはない。確かにティーアは麓の街のセブンス・ヘブン支部で働いているし、ソレは外部から侵入してきた。

ティーア「確カニ見エナイネ。マァ、ダカラ此処ニ来ルンダケドサ」
ふと、リタの影を覗く。そして、何かを確信したように次の事をつぶやいた。

ティーア「...君...何カヲ探シニ来タノ?親族...姉?...ン、不安定ナ影ダナ」
他者の悩みや不安を読み取るのは、悪魔派の十八番とでも言おうか。本質を映す影から、リタの一面を見る。
”知っている”。たとえ星人形に一切の知識がなくとも、ソレが知っているからこそ疑問として声が出る。
いいね! いいね!1
マコト
10. マコト
2024/07/01 21:36
リタ:「うーん、質問かぁ」
 リタはまた、小首を傾げた。

リタ:「ティーアは、この街の人? それとも他所の街から来たの?」

リタ:「私はね、この街に住んでるんだ。えーと、」
 自分の住んでいる場所を指で指そうとして、その指が止まった。この丘は他の丘と違って、麓の街は見えないのだった。
リタ:「ここからだと、ちょっと見えないね」
いいね! いいね!1
N.hinano
9. N.hinano
2024/07/01 18:11
ティーア「フム...ソウカ。コレカラ頑張ラナキャダネ」
時に思案する。”特技”も”戦星術”も無い...少なくとも『わからない』と答える星人形は珍しいどころではない。
そんな星人形は、まるで最初から【型堕ち】するための素体なのでは...と。

ティーア「(困ッタナ、同業ナラ潰スベキダ。デモ...イヤ、若イ芽ハ摘ムベキダロウカ)」
悩むのには理由があった。もしこれが悪魔派の手から逃げた者なら、手を出しては自分が狙われる。
とはいえ、もし【型堕ち】の素体ならば、放置するには不確定要素や今後の成長が読めない。どちらにもリスクがあった。

ティーア「他ニ、質問ハアルカイ?キット、私ノ方ガ色々知ッテルダロウシサ」
バカにしている訳ではない。目覚めたばかりの星人形にアレコレ聞いてもな、という一種の諦めだった。
いいね! いいね!1
マコト
8. マコト
2024/06/29 12:24
リタ:「そっかぁ、あんまり人の来ない場所なんだね。今日はティーアがいてくれて良かった!」

リタ:「私はね〜 まだ目覚めたばかりで、何が得意とかそういうの、自分でもよく分かってないんだ〜」

リタ:「星詠み、舞踏、自分で出来たらカッコイイね!」
いいね! いいね!1
N.hinano
7. N.hinano
2024/06/26 09:14
ティーア「散歩...マァ、ソンナトコロダネ。町カラ遠イシ、人モ来ナイカラネ」
今まで会った星人形達と酷くずれているリタを前に、どうも調子が悪いようだ。

ティーア「(サテ、何ヲ聞イタラ答エテクレルカナ?)君ニハ、得意ナ事ハアルカイ?ホラ、【研究】ヤ【料理】、【星読み】ニ【舞踊】トカサ」
当たり障りのない、それでいて星人形らしい質問を出してみる。その表情は先の笑顔より柔らかいものだったが。
いいね! いいね!1