【ソード・ワールド2.0】リプレイ「それぞれの理由 その3」

まぁリプレイ  1
登録日:2016/12/09 17:34最終更新日:2016/12/09 17:34
システム:ルーム「それぞれの理由 その3」が作成されました。
GM/まぁ:準備はよろしいでしょうか?
タスク:OKです。(8回くらいですかね>分母)
リジル:OKです
クルス・シュトロム:ほいな~
GM/まぁ:では、よろしくお願いします
クルス・シュトロム:よろしくお願いします~
タスク:よろしくお願いします~
リジル:よろしくお願いします
GM/まぁ: 
GM/まぁ: 
GM/まぁ:アンデッド討伐依頼を受けた冒険者達
GM/まぁ:広場でアンデッドと戦闘中に現れたケンタウロスのスー
GM/まぁ:彼女からの、共闘してアンデッドの巣を襲撃して欲しいとの、提案を受諾した・・・
GM/まぁ:夜明けまで待ち、その場所に向け移動を開始する。
GM/まぁ:スーに訊きたいこととかあれば、ロールをどうぞ。
クルス・シュトロム:みんな、丸太はもったな!?
タスク:それで突貫するのかな?w
クルス・シュトロム:こほん、「敵の巣窟は、急に現れましたか? それとも、元からあった洞窟ですか?」
GM/まぁ:「以前より、あった。が、中を確認したことは無かった」
タスク:「?…あー、魔剣の迷宮かもしれないって話か」
タスク:「だいたい、アンデッドが湧き出してる原因というか理由は分かってるのか?」>スー
クルス・シュトロム:「大まかな形もわからないってことですかね。タスクさん、洞窟ではあなたが便りですので、お願いします」
GM/まぁ:「わからない。どこからか、集まってきた」
タスク:「任せとけ! と言いたいところだが、運不運ってヤツ(出目)があってな」>クルス
クルス・シュトロム:「そこは任せます。がんばってください」
タスク:「集まってきた? 洞窟から、じゃなくて、洞窟に、なのか?」
GM/まぁ:「そうだ。洞窟に集まってきた」
タスク:「では、任せてもらおう」
タスク:「どう思う?」>ALL
タスク:洞窟にアンデッドホイホイでもあるのか?w
クルス・シュトロム:「きっと何かしらの原因はあります。それを見てからでも、遅くはないかと」
リジル:「美味しいものがいっぱいあるのかな?それとも、誰かに呼び寄せられた...とか?」←
タスク:「う~ん。やっぱ見てみないと分からないかぁ」
タスク:「誰か? 魔法使いかな?」
タスク:「あるいは、アンデッド好きな蛮族」
GM/まぁ:いいかな、洞窟いくよー
クルス・シュトロム:ほいな
タスク:「スーはアンデッド以外の何か、誰かを見たことあるか?」
タスク:あ、OKです
GM/まぁ:「不浄なるものしか、見てはいない」
GM/まぁ:1時間もしないうちに、小さな岩山にたどり着きます。その横っ腹に、洞窟の入り口があります。
GM/まぁ:周辺にアンデッドは見あたりません。昼間ですから・・・
タスク:「そうか。やっぱ見てみないとな。と、ここがそうか」
クルス・シュトロム:「さて、ここからですね」
タスク:んー、洞窟を覗いてみたいですが、暗視持ちはいない(-_-;)
GM/まぁ:こんなかんじ
クルス・シュトロム:いないですねぇw
タスク:見たからに何か出そう。まあ出ないはずもないんですがw
リジル:「地図もかかないとだめだしね〜」
クルス・シュトロム:ここまでの地図は書いた(宣言
タスク:「んー、とりあえず、入り口付近を調べてみるか?」
タスク:警戒しつつ。
クルス・シュトロム:「お願いします」
タスク:では洞窟入り口に近づきます。
GM/まぁ:うぃー
タスク:気配がないようなら、洞窟を覗きますが。
GM/まぁ:気配ありませんね
タスク:見える範囲で何かありそうですかね?
GM/まぁ:陽のあたるところには、何もいません
タスク:「少なくとも、ここから見える範囲には何もいないようだ」
タスク:入るか?
クルス・シュトロム:松明……と、ライトは後だな
タスク:頑丈なランタンがあるので点けよう。
タスク:いざ落としても壊れないらしいしw
GM/まぁ:洞窟入り口付近は、湿って苔が生えており、滑りやすいです。
クルス・シュトロム:「おっとと」 つるつる足が定まらな
タスク:「足元に気をつけろ。滑るぞ!」
GM/まぁ:2d6を振って3以下だった場合、転倒し1d3のダメージを受けます。
クルス・シュトロム:今?w
GM/まぁ:1回だけ
タスク:さっそく?
GM/まぁ:うん
システム:タスクさんのロール(2d6) → 3 (1、2)
GM/まぁ:さっそく
タスク:転んだ!?w
システム:現在ロール中のため、タスクさんのロールは行われませんでした。
GM/まぁ:うん
システム:クルス・シュトロムさんのロール(2d6) → 10 (6、4)
クルス・シュトロム:あらぁ
システム:タスクさんのロール(1d3) → 3 (3)
システム:リジルさんのロール(2d6) → 6 (2、4)
クルス・シュトロム:痛いw
タスク:最大値(-_-;)
タスク:「足元に気を付け、うわっと!?」 ころりんw
クルス・シュトロム:「あ、慣れました」
タスク:おのれダイスの女神(ビッチ)!!
GM/まぁ:奥までいくと、内部は乾いています。
GM/まぁ:そして、腐敗臭がします・・・
クルス・シュトロム:特に変化なし?
クルス・シュトロム:おっと
タスク:「ぐううっ。初っ端からヒデェ目にあった」
タスク:警戒します。あと立ちます。
GM/まぁ:幅2m程度の狭い洞窟が、曲がりくねって続いています。見通し悪し
タスク:臭いはすれども姿は見えず?>アンデッド
GM/まぁ:スーの蹄の音が響きます
GM/まぁ:姿は見えず
クルス・シュトロム:あ、陣形は、タスク>リジル>クルスで
タスク:「出迎えはないらしい」
タスク:了解です。ってスーは?>陣形
クルス・シュトロム:タスクの横かな?
タスク:2mなら並べるかな。ではそれで。
タスク:ランタンかざしながら進みます。周囲に警戒。
GM/まぁ:更に奥へ進むと、前方に、青白い光が見えてきた。
タスク:むむ。ランタンのフードを下ろします。
クルス・シュトロム:聞き耳、かな?
タスク:小声で「何か見えるぞ」
クルス・シュトロム:あ、銃に弾を込めて、脇を締めながら用意します
GM/まぁ:さて・・・で?
タスク:抜き足差し足で光源に近づきます。
タスク:1人で。
GM/まぁ:特に変化は無い
GM/まぁ:腐敗臭だけが、強くなってきた
タスク:何も見えませんか?
GM/まぁ:何か、広い空間が有るようだ
タスク:白い光とやらは、その広い空間からです?
GM/まぁ:空間の一部、かな
GM/まぁ:中、入る?
タスク:中、覗けます?
GM/まぁ:まぁ、覘けます
タスク:では、まずは覗き見、もとい偵察。
GM/まぁ:そこは、10m四方くらいの空間。
クルス・シュトロム:|д゚)チラッ
タスク:いや、ガン見w
GM/まぁ:青白い光は、空間の中央付近に積み上げられた何かから発されており、空間の向こう側にある、更に奥へ続く洞窟を映し出している。
タスク:動くものはナシ? 具体的にはアンデッド。
GM/まぁ:動くものは無し
タスク:積み上げられてるものが何か分かりますか?
GM/まぁ:もっと、近づけば、わかるかも
クルス・シュトロム:ん~……よし、突入しよう。
タスク:うーん。戻りますw 状況を報告。
タスク:おっと、後ろにいたのかw
タスク:では皆で広間に突入します?>ALL
クルス・シュトロム:時間かけても、日が暮れるしね。赤信号、みんなで渡れば怖くない
リジル:突入でいいと思います
GM/まぁ:了解
タスク:ならば、行きましょう。
GM/まぁ:皆が空間に入っても、何も変化は無い
タスク:「アンデッドのひとつもいないとは拍子抜けだな」
クルス・シュトロム:では、光に対して見識? 腐敗の元とか、なにできるか
GM/まぁ:見識なくてもわかります
GM/まぁ:中央に積まれていたのは、無数の骨。湿気に晒され、燐光を放っているのだ。
GM/まぁ:その光は天井を照らしているが・・・・なにかある
タスク:それを見ます。
GM/まぁ:それは、大小様々な肉塊。かつてケンタウロスと呼ばれたものたち。そして、人だったものたち。
クルス・シュトロム:「……これは……外道の行いだ」
GM/まぁ:皮を剥かれ部位ごとに小分けされ整理されている。
リジル:「...(光るきのこじゃなかった)」
タスク:(SANチェックものですね(-_-;))
GM/まぁ:スー「遅かった・・」
タスク:「どこの誰が、こんな真似を!」
GM/まぁ:スー「許すまじ・・」
タスク:「誰だろうと生かしてはおかねぇ!」
クルス・シュトロム:洞窟はここで行き止まり?
GM/まぁ:一応描写したけど、まだ、先があるよ
タスク:いんや、先があります。
タスク:「行こう。弔いは後でしよう。必ず」
クルス・シュトロム:おっと失礼
クルス・シュトロム:「先に進みましょう……それにしても、呼吸が辛いところだ」
リジル:「うん、急ごう。これ以上犠牲が出ないように。必ず犯人を打ちのめす」
GM/まぁ:では
GM/まぁ:更に奥へと進むと、もっと広い空間に出る。
GM/まぁ:手持ちの明かりは、すべてを照らすことができない。
GM/まぁ:が、その限られた光は、剣を携えた一体の人影を映し出す。
GM/まぁ:その他、闇の中にも数体、なにかが居るようだ。
タスク:「誰か、いや何かいる!」
GM/まぁ:赤丸の中だけ見えます
GM/まぁ:3の前に何かいます
GM/まぁ:緑枠内に、コマを配置してください
クルス・シュトロム:配置しました~
GM/まぁ:とりあえず、見えているのは1体
GM/まぁ:まもちき 先制どうぞ
クルス・シュトロム:えっと、見えてる相手の距離は10m?
GM/まぁ:くらいですね
GM/まぁ:赤線が10mライン
クルス・シュトロム:見えない相手はそれ以上離れてる……と……
GM/まぁ:うぃ
クルス・シュトロム:判定行う前にランタン投げたら……(コラ
GM/まぁ:投げるの、主動作使うのなら、可能
クルス・シュトロム:とりま、見えてる相手をまもちきしようか
タスク:では、とりあえず、先制
タスク:壊れないから投げてもいいですがw>ランタン
システム:タスクさんのロール(2d6+4) → 10 (1、5)
システム:クルス・シュトロムさんの「魔物知識」ロール(2d6+4) → 6 (1、1)
クルス・シュトロム:デデーン
GM/まぁ:PT先制
タスク:50点
GM/まぁ:名前・不明
クルス・シュトロム:「見たこと……あれ? えっと……あれ?」
タスク:あ、ヒラメしときます。>まもきち
システム:タスクさんのロール(2d6) → 3 (1、2)
クルス・シュトロム:あ、先制ヒラメ
GM/まぁ:で、15分リアル休憩  後の数体は、1から5の方向から、ランダムに来ます。
タスク:分らんなぁw
システム:クルス・シュトロムさんのロール(2d6) → 8 (6、2)
システム:リジルさんの「まもきち」ロール(2d6) → 7 (1、6)
クルス・シュトロム:ほいな
GM/まぁ:全員抜けてないな
タスク:残念。
GM/まぁ:まぁ、PTs行動ドウゾ
タスク:先制は取ったんですよね? というか問答無用で戦闘です?
GM/まぁ:はい!会話の余地無し
GM/まぁ:言語もっていない
クルス・シュトロム:……不死か?
タスク:言い切られた!w では戦いましょう!
クルス・シュトロム:でんな
タスク:「アンデッドか。叩き潰す!」
タスク:最初に行動しても良いです?
GM/まぁ:いいですよ
クルス・シュトロム:どうぞ~
リジル:どうぞ
タスク:ではでは。
GM/まぁ:適当なときに、スーも突入します
タスク:剣持ちの前に移動。いつもの連打いきます。
GM/まぁ:どぞ
タスク:待った、失礼。キャッツアイとガゼルフット載せます!
GM/まぁ:はいな
タスク:それから連打~
システム:タスクさんのロール(2 2d6+4) → 
→ 1回目:13 (5、4)
→ 2回目:15 (5、6)
GM/まぁ:たかいなぁ
システム:タスクさんの「猫付」ロール(2d6+5) → 9 (2、2)
タスク:3ぱつめぇ(-_-;)
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(3 2d6+5) → 
→ 1回目:12 (4、3)
→ 2回目:15 (6、4)
→ 3回目:16 (5、6)
GM/まぁ:1発
タスク:回避高い!?
タスク:というか出目高い!?
クルス・シュトロム:すごい出目だ
システム:タスクさんのロール(k1+4@10) → 12 (6、6、4、6、2、4)
タスク:お、回った!
GM/まぁ:むぅ
クルス・シュトロム:2回展!
タスク:「潰れな!」
GM/まぁ:8点
タスク:終了します。
GM/まぁ:リジルいく?いかなければ、スー突撃
リジル:スーからでいいです
GM/まぁ:では
GM/まぁ:突撃します 命中2d6+5です
GM/まぁ:どなたか、どうぞ
クルス・シュトロム:前回自分やったし、他の方どうぞ~
タスク:ん? ではリジルやります?
GM/まぁ:お願いします
リジル:では私がやりましょう。
タスク:お願いします~
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 16 (6、5)
GM/まぁ:おぉ
タスク:高い!!
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(2d6+5) → 13 (3、5)
GM/まぁ:あたり
GM/まぁ:ダメージ k25+4+5@10です
クルス・シュトロム:GMの出目高いなぁ(;^ω^)w
タスク:k25って考えてみるとすごいなぁ。
リジル:K25+4+5@10
リジル:K+9@10
クルス・シュトロム:kは小文字?
システム:リジルさんのロール(K25+9@10) → 14 (5、1)
GM/まぁ:10てーん
リジル:思いっきり25が抜けてましたね
クルス・シュトロム:どんまいですw
タスク:問題なし
タスク:半分削ったか。
GM/まぁ:つぎー
リジル:次リジルいきます
GM/まぁ:どーぞ
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 16 (6、5)
クルス・シュトロム:おお!
GM/まぁ:今日はリジルの日かな
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(2d6+5) → 11 (3、3)
GM/まぁ:あたりー
システム:リジルさんのロール(K34+5@10) → 14 (6、2)
GM/まぁ:10てーん
クルス・シュトロム:GJ
GM/まぁ:クルス
タスク:k25すごいと思ってたらリジルのほうがすごかったw
クルス・シュトロム:大判振る舞い行くか
クルス・シュトロム:《ターゲット・サイト》《クリティカル・バレット》 対象、武器持ち
システム:クルス・シュトロムさんの「命中判定」ロール(2d6+4+1) → 13 (2、6)
クルス・シュトロム:むぅ、低いか……
システム:GM/まぁさんの「これは避けないとおちそう」ロール(2d6+5) → 12 (1、6)
GM/まぁ:あたりー
クルス・シュトロム:おし、
システム:クルス・シュトロムさんのロール(k20+5@9) → 11 (3、5)
GM/まぁ:おちたー
クルス・シュトロム:1足りない。っと、落ちたか
タスク:やった。1ラウンドキル。
GM/まぁ:では、闇から3体 ワラワラと湧いて出てきます
クルス・シュトロム:数は苦手よ!
システム:GM/まぁさんのロール(3 1d5) → 
→ 1回目:3 (3)
→ 2回目:3 (3)
→ 3回目:4 (4)
タスク:「お代わりが来たな!」
クルス・シュトロム:そうだよなぁ、来るよなぁ!
GM/まぁ:1種3体
GM/まぁ:まもちき どうぞ
タスク:「どれだけ来ようと潰すまで!」
システム:タスクさんのロール(2d6) → 6 (5、1)
タスク:たぶん分からないw
システム:現在ロール中のため、クルス・シュトロムさんのロールは行われませんでした。
システム:リジルさんのロール(2d6) → 11 (5、6)
システム:クルス・シュトロムさんのロール(2d6+4) → 12 (6、2)
クルス・シュトロム:ミス、+1で13
タスク:ホンに今日はリジルの日w
クルス・シュトロム:(出目が8で固定されてる?)
GM/まぁ:おしい、知名度のみ  ワイト
タスク:女神(ビッチ)の気まぐれ~>出目8
クルス・シュトロム:ほむ、毒もちか
GM/まぁ:ABの攻撃
タスク:「ゾンビにグールに新顔か。アンデッドの見本市だな」
システム:GM/まぁさんの「1:タスク 2:リジル 3:スー」ロール(2 1d3) → 
→ 1回目:3 (3)
→ 2回目:2 (2)
リジル:「何体出てくるんだろ...」
システム:GM/まぁさんの「Aがスーに爪」ロール(2d6+6) → 13 (1、6)
GM/まぁ:回避基準値3です 回避ダイスお願いします
システム:リジルさんの「スーさん回避」ロール(2d6+3) → 9 (1、5)
リジル:あ、だめだ
システム:GM/まぁさんの「ダメージ」ロール(2d6+4) → 12 (5、3)
GM/まぁ:防御2 で10点
システム:GM/まぁさんの「毒」ロール(2d6+5) → 11 (4、2)
GM/まぁ:生命抵抗5です
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 16 (5、6)
GM/まぁ:抵抗成功
クルス・シュトロム:必要な抵抗は成功するのかっこいいw
タスク:スゴイ! また11!
システム:GM/まぁさんの「Bリジルに爪」ロール(2d6+6) → 13 (1、6)
システム:リジルさんの「回避ー」ロール(2d6+5) → 14 (5、4)
GM/まぁ:はずれー
クルス・シュトロム:全体の目が大きいw
タスク:ま、負けぬ。>出目
システム:GM/まぁさんの「1:タスク 2:リジル 3:スー 4:クルス」ロール(1d4) → 4 (4)
GM/まぁ:Cはクルスに
クルス・シュトロム:……ふぁ!?
タスク:「クルス!?」
クルス・シュトロム:このワイト、的確に弱点を突いてきたな。馬鹿め! そこはチームの弱点だ!
システム:GM/まぁさんの「爪で引っかく」ロール(2d6+6) → 15 (5、4)
システム:クルス・シュトロムさんの「ヒラメでいいんだっけ?」ロール(2d6) → 6 (1、5)
システム:GM/まぁさんの「ダメージ」ロール(2d6+4) → 13 (6、3)
タスク:うわあ。
クルス・シュトロム:残り6点(震え
システム:クルス・シュトロムさんの「生命抵抗」ロール(2d6+3) → 9 (1、5)
システム:GM/まぁさんの「毒いくよ」ロール(2d6+5) → 15 (5、5)
タスク:生き延びたならヨシ、と言いたいが毒か(-_-;)
GM/まぁ:3点追加
タスク:うわあ。「クルス、無事か!?」
クルス・シュトロム:「大丈夫……大丈夫……」
リジル:「クル...ス!?大丈夫、な分けないよね!?」
GM/まぁ:ラウンド更新
タスク:「待ってろ! そちらに向かう!」
GM/まぁ:パーティのターン
クルス・シュトロム:あ、MPも減るのか(;^ω^)
GM/まぁ:だったね
タスク:毒ヒドイ(-_-;)
リジル:「(早く助けに行かないと...また、__。...それだけは絶対に嫌だ...)」
タスク:というわけで、ワイトCまで移動して、攻撃します。
GM/まぁ:乱戦離脱できないよー
リジル:やっぱりですか
タスク:なんと!? 3対2でも離脱できないでしたっけ?
GM/まぁ:5対2ならできるけどね
GM/まぁ:2体まで巻き込めます
タスク:スーが4部位ならよかったのに(-_-;)
GM/まぁ:2体の敵は4体まで巻き込みます
タスク:なるほど。了解です。では…ワイトAを殴ります。
システム:タスクさんのロール(2 2d6+4) → 
→ 1回目:12 (3、5)
→ 2回目:10 (2、4)
システム:タスクさんの「猫付」ロール(2d6+5) → 16 (6、5)
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(3 2d6+4) → 
→ 1回目:13 (6、3)
→ 2回目:11 (6、1)
→ 3回目:14 (4、6)
タスク:1発だけか
GM/まぁ:うぃ
システム:タスクさんのロール(k1+4@10) → 5 (2、4)
タスク:ぬう。回らんとしょぼい(-_-;)
GM/まぁ:1点
タスク:終わりです
リジル:次行きますね。Aに攻撃でいいかな
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 16 (6、5)
システム:GM/まぁさんの「回避 かわらず高い」ロール(2d6+4) → 6 (1、1)
GM/まぁ:あたりー
クルス・シュトロム:なぜそこで50点を……w
システム:リジルさんのロール(K34+5@10) → 14 (2、6)
タスク:ワイトのレベルが上がるw
GM/まぁ:10てーん
GM/まぁ:スーもA
システム:リジルさんの「スーさん」ロール(2d6+5) → 14 (4、5)
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(2d6+4) → 8 (1、3)
GM/まぁ:k25+4@10です
システム:リジルさんのロール(K25+4@10) → 10 (4、3)
GM/まぁ:6てーん
クルス・シュトロム:ん~Aを狙ったほうがいいか?
クルス・シュトロム:それとも、かけるか……
タスク:離脱できないのは辛いですねぇ(-_-;)
リジル:こっち来てくれたらかばえるんですけどね...
クルス・シュトロム:ん~よし、腹はくくった。ヒーポって補助でできますっけ?
GM/まぁ:薬、主動作ですね
クルス・シュトロム:主動作か。ならいいや。クリティカル・バレット。対象C
GM/まぁ:でも、温情 2d6で7以上なら、1回だけOK
クルス・シュトロム:感謝!
システム:クルス・シュトロムさんのロール(2d6) → 9 (5、4)
タスク:やた!
GM/まぁ:OK
クルス・シュトロム:補助、ヒーリングポーション!
システム:クルス・シュトロムさんのロール(k20) → 4 (2、4)
クルス・シュトロム:残り7点!
タスク:持ちこたえられるかな?
クルス・シュトロム:あ、行動変更シてもよろし?
GM/まぁ:いいですよ
クルス・シュトロム:ヒーリングバレット、対象自分
クルス・シュトロム:命中判定
システム:クルス・シュトロムさんのロール(2d6+4) → 16 (6、6)
クルス・シュトロム:ここで出さなくても……回復判定
タスク:6ゾロ!!
GM/まぁ:自動命中でいい、と言おうとしたら・・
システム:クルス・シュトロムさんのロール(k0+5) → 7 (5、2)
GM/まぁ:では、ワイトs
クルス・シュトロム:14まで回復。「あと1発は持ちます……だから、大丈夫」
タスク:「大丈夫にゃ見えんが、こっちを早く潰すしかないな」
システム:GM/まぁさんの「1タスク 2リジル 3スー」ロール(2 1d3) → 
→ 1回目:1 (1)
→ 2回目:1 (1)
リジル:「...出来るだけ早くそっち行くよ」
クルス・シュトロム:「ええ、信じてます」
システム:GM/まぁさんの「タスクに爪2回」ロール(2 2d6+6) → 
→ 1回目:11 (2、3)
→ 2回目:15 (3、6)
システム:タスクさんのロール(2 2d6+6) → 
→ 1回目:16 (5、5)
→ 2回目:15 (5、4)
GM/まぁ:回避×2
タスク:「食らわん!」
GM/まぁ:Cクルス
システム:GM/まぁさんの「命中」ロール(2d6+6) → 15 (3、6)
タスク:出目高い(-_-;)
クルス・シュトロム:にゃふん
システム:クルス・シュトロムさんのロール(2d6) → 3 (1、2)
GM/まぁ:おしい
タスク:避ける気がなくなってるw
クルス・シュトロム:絶妙にw
システム:GM/まぁさんの「ダメ」ロール(2d6+4) → 12 (5、3)
クルス・シュトロム:9ダメ
システム:GM/まぁさんの「毒」ロール(2d6+5) → 12 (6、1)
システム:クルス・シュトロムさんのロール(2d6+3) → 10 (4、3)
クルス・シュトロム:おおう、もう
クルス・シュトロム:てか、MP減るのが痛すぎるw
タスク:生き延びたけど(-_-;)
GM/まぁ:時間ですが、もう1ラウンド大丈夫でしょうか
タスク:自分は大丈夫です。
クルス・シュトロム:おまかせします~
リジル:まあ、皆さんが大丈夫なら
GM/まぁ:では、進めます
GM/まぁ:スーいきます A叩き
GM/まぁ:命中ください
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 12 (5、2)
タスク:スーが倒してくれれば、どちらかがクルスのもとへ行ける!
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(2d6+4) → 7 (1、2)
リジル:ぼーっとしてた...
GM/まぁ:あたり ダメお願いします
システム:リジルさんのロール(K25+4@10) → 17 (6、5、4、1)
GM/まぁ:13点
クルス・シュトロム:こっちには、リジルが来てほしい(;^ω^) かばうでの安定がありますし
タスク:回った!
クルス・シュトロム:GJ!
GM/まぁ:では、タスク次第
タスク:なるなる。では3点ならタスクで行けるかな?
タスク:いけるといいなぁ
クルス・シュトロム:がんばれ(;^ω^)
タスク:Aを攻撃
システム:タスクさんのロール(2 2d6+3) → 
→ 1回目:11 (2、6)
→ 2回目:7 (2、2)
システム:タスクさんのロール(2d6+5) → 14 (4、5)
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(3 2d6+4) → 
→ 1回目:9 (4、1)
→ 2回目:13 (6、3)
→ 3回目:7 (2、1)
GM/まぁ:2発
クルス・シュトロム:2発命中!
タスク:あ、キャッツアイの分入ってないけど、変わらないかw
システム:タスクさんのロール(2 k1+4@10) → 
→ 1回目:4 (2、1)
→ 2回目:6 (2、5)
タスク:回らない(-_-;)
GM/まぁ:んー2点しかない
クルス・シュトロム:(2.1)を変転か?
タスク:それだ!
タスク:変転します!
GM/まぁ:了解
GM/まぁ:変転した時点で、落ち確定
タスク:良かったぁ!!
GM/まぁ:ダイスは必要ありません
クルス・シュトロム:あぶなぶな
リジル:おーやった!
タスク:(変転忘れてたw)
GM/まぁ:リジル、離脱可能です
リジル:ではリジルはCを叩きに行きます
タスク:「リジル、クルスを頼む!」
クルス・シュトロム:有りがてぇ、ありがてぇ
リジル:「おう!」
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 9 (1、3)
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(2d6+4) → 12 (6、2)
GM/まぁ:回避
GM/まぁ:ワイトs
リジル:「ちっ外したか...」
タスク:なんというGMの安定した出目(泣
クルス・シュトロム:一応、行動残ってますw
GM/まぁ:でした。ごめん
クルス・シュトロム:いえいえ、ソリッドをCに
システム:クルス・シュトロムさんの「命中判定」ロール(2d6+4) → 14 (5、5)
システム:GM/まぁさんの「回避」ロール(2d6+4) → 13 (5、4)
GM/まぁ:あたり
クルス・シュトロム:怖い! ダメージ!
システム:クルス・シュトロムさんのロール(k20+5@10) → 11 (5、3)
GM/まぁ:11てーん
クルス・シュトロム:「今、最後の一発、くらっとけ!」
タスク:ワイトしぶといなぁ。
GM/まぁ:ワイトs
システム:GM/まぁさんの「1タスク 2スー」ロール(1d2) → 2 (2)
GM/まぁ:Bスーに爪
システム:GM/まぁさんのロール(2d6+6) → 13 (4、3)
システム:リジルさんのロール(2d6+3) → 10 (5、2)
GM/まぁ:あたり
システム:GM/まぁさんの「ダメージ」ロール(2d6+4) → 14 (4、6)
GM/まぁ:12てーん
タスク:殺意が高い~
タスク:「スー!?」
システム:GM/まぁさんの「毒ー」ロール(2d6+5) → 15 (6、4)
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 11 (2、4)
GM/まぁ:ぴったり0-
クルス・シュトロム:アカン
システム:GM/まぁさんの「1くるす 2リジル」ロール(1d2) → 2 (2)
システム:GM/まぁさんの「命中」ロール(2d6+6) → 12 (4、2)
システム:リジルさんのロール(2d6+5) → 9 (2、2)
タスク:むう。
システム:GM/まぁさんの「ダメ」ロール(2d6+4) → 13 (4、5)
リジル:9点、かな
システム:GM/まぁさんの「どくー」ロール(2d6+5) → 15 (6、4)
システム:リジルさんのロール(2d6+6) → 17 (6、5)
GM/まぁ:抵抗された・・
タスク:良かった!
クルス・シュトロム:2人の出目が全体的に大きい件w
GM/まぁ:では、今日はここで切りますね
タスク:そして自分の出目はいつも通りな件(泣
タスク:了解です。
クルス・シュトロム:ほいな~
リジル:はーい
GM/まぁ:次回、ちょっとしたイベントがありますので・・・
 いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。