【CD&D】リプレイ「混沌都市マグデン」

COBRAリプレイ  0
登録日:2018/02/16 06:03最終更新日:2018/02/16 06:05
DM発言はボイスで対応しているのでテキストとしては記録されていません。

またシナリオネタバレ防止の為にダンジョン部屋番号の発言箇所や、手に入った財宝などを編集削除してあります。
ーーー

リーン:一度宿に戻って仕切り直しも良いんじゃないかと
ナッシュ:「どうしたものか~」
メレディ:どこに泊まる?
ハーゲン・アイスタワー:どこがいいだろう
リーン:んー、少し高めが安全じゃないかな
リーン:安いのだとまた変なの来るかも
ナッシュ:うんうん、安宿だと、変なのに絡まれるかも
ナッシュ:「わたしは、エルフってことがバレたらヤバいし」
ハーゲン・アイスタワー:そうですね
メレディ:じゃ、一番小奇麗なところかな?
リーン:立地とか考えると大通りのあいだにありそうなみぎしたのT? 
メレディ:この辺りのかな?
リーン:人目もあるし
リーン:変なのは入り来ないでしょ
ナッシュ:ここの外観はどうでしょう?
メレディ:綺麗な感じかね?
メレディ:混んでるのか
ナッシュ:ふむふむ~これなら上手く紛れ込めそう
リーン:酒場つきか
ハーゲン・アイスタワー:混雑していたほうがってのあるよね
リーン:人が多いって事はご飯もおいしいんだろうね
メレディ:そうだね
メレディ:「部屋にあきはあるかい?」
メレディ:なるほど
メレディ:余所も見てからにする?
ナッシュ:「ここでもいいんじゃない、親父さんも必至だし~」
メレディ:「そうだなぁ…」
ハーゲン・アイスタワー:宿代だけまけてもらってワインは飲まない、ということですか
リーン:そうねw
メレディ:「ワイン付きで宿代半額なら悪くないか」
ナッシュ:ふむふむ
メレディ:防犯も結構しっかりしてるね
リーン:「酒はもちろん人数分でしょうね?」
メレディ:「じゃ、ここで決まりでいいか」
リーン:「じゃあいいわ。別に宿は探してなかったんだけどそう言われちゃ仕方ないわね」
ナッシュ:「うんうん、ここで~」
ハーゲン・アイスタワー:わたしは賛成
メレディ:じゃ、私の分の食事をナッシュに回すね。
メレディ:私は食べなくて大丈夫だから
ナッシュ:そうなんだ~
ハーゲン・アイスタワー:メレディ殿、デテクトエビルをお願いできるでしょうか
メレディ:OKデテクトエビルー
メレディ:じゃ、給仕と宿屋の親父に
リーン:ここで休むしお酒にもお願いできる?
メレディ:アナライズとかじゃないと難しいだろ
リーン:そうか
ナッシュ:「まぁ、大丈夫でしょう」
ハーゲン・アイスタワー:ですよね
メレディ:お国柄ってのもあるからね
ナッシュ:バクバク食べます
ハーゲン・アイスタワー:いちおう念のため、私だけは食べないで弁当の保存食を食べます
メレディ:じゃ、食事をしながら宿の大将に儲け話はないかって聞いてみます
ナッシュ:あ~なるほどw傭兵かぁ~
メレディ:「直にチャリオット神殿に行って取り立ててもらうってのは難しいか」
メレディ:「ドラゴンも騎乗として手に入れてきたんだぜ?」
メレディ:「やっぱり、ダロキンの将軍の首でも土産にしないと難しいか」
リーン:竜騎士はなかなか貴重だとは思うね
メレディ:「あー、それもそうだな。ここのディビナーに顔が利く人紹介してくれないか?」
ナッシュ:ドラゴン引き取って置いて、良かった~
メレディ:そう言って10gpを
リーン:「なぁおっちゃん。連中に心当たりないかい?」
ハーゲン・アイスタワー:カノバ?
メレディ:「カノバ?」(あ、首領の名前がそうだったね
リーン:ほー船ね
メレディ:秘密警察っぽい事もしてんのね
ハーゲン・アイスタワー:剣呑
ナッシュ:秘密警察みたいな部署もあるのですね
メレディ:「ああ、ボズドガン様以外をあがめるような輩は…な」
ナッシュ:私は、存在自身が危ない…「こわいな~」
メレディ:ディビナーに推薦状書いてもらいに行ってみるのもありか
メレディ:そこらへんは行きとどいてるんだな
ハーゲン・アイスタワー:ディビナーにかかわって、カオティック語で質問されたら、わたしアウトかな
リーン:あの鏡にもらったスクロールってまだ有効かな?
リーン:あれでびなーに見せれば
メレディ:じゃ、それ持って行って推薦状もらえないか聞いてみようか
ハーゲン・アイスタワー:なるほど異端審問官って言ったほうが近そう
ナッシュ:ふむふむ~怖そう…
ナッシュ:取り敢えず部屋に行きましょう~
リーン:一応私は警戒しとくよ
メレディ:ディビナーは何人ぐらいいるのかな?
ナッシュ:あ~ケンカ売ったらアウトですね
ハーゲン・アイスタワー:わたしも疲れたので眠ります、と部屋へ行って、ナッシュに「ちょっとシークレットドアを探そう。夜中に急に、とかはごめんだからね」と話す
ハーゲン・アイスタワー:「おいナッシュ、どうした」
メレディ:おや?
ハーゲン・アイスタワー:やっぱり~
ナッシュ:ううお
リーン:ご飯食べたら?
メレディ:わたしも食べてないから平気かな_
システム:ナッシュさんのロール(1d20) → 20 (20)
ナッシュ:眠いけど、頑張る!!
システム:リーンさんのロール(1d20) → 13 (13)
リーン:「はは、私に毒盛るなんてばかな奴だ」(少し切れ気味
メレディ:「…塩を盛り返して来るか」
ハーゲン・アイスタワー:とりあえず部屋にかぎをかけてシークレットドアを探しませんか。
メレディ:じゃ、酔った振りして部屋に戻る
ハーゲン・アイスタワー:じゃあ合いかぎで来るのかな
リーン:「あーねむいなぁねちゃうなぁ~」
メレディ:「何か眠気がしてきたな。…デザートも食ってみたかったんだが…まあ、しょうがないな。寝るぞ私は」
リーン:「私もだいぶ疲れてるみたいだ-」
リーン:えっと、どうしようかなぁ
メレディ:部屋に入ったら鍵掛けた上から、ベッドでドアをふさいどくか
リーン:ガラルド用に準備した予備のバックとか取り出して人が寝てるように偽装して透明化しようかな
ハーゲン・アイスタワー:「私は疲れたから寝ます」とほんとに寝てみせようかな。食事をしなかった人間が寝たら襲ってくるチャンスと思うんじゃないかな
ハーゲン・アイスタワー:というわけで中央にハンモックかけで寝ます
リーン:そうね窓のそばに待機しよう
メレディ:じゃ。ベッドの影に隠れて待ってみるか
ナッシュ:私は、部屋の隅で隠れて、床で寝てます
メレディ:鍵は外から開かないんじゃなかったのかねw
リーン:ボーラ取り出しとこう
メレディ:じゃ、こっそり抜刀
ハーゲン・アイスタワー:「ぐー」
ナッシュ:「グーグー」
メレディ:お願いしまーす
リーン:お願いします
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 5 (5)
リーン:こりゃちょっと無理だね
メレディ:ですね
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 4 (4)
リーン:きた!
ナッシュ:ギリギリ
ハーゲン・アイスタワー:「はっ。くそっ本気で寝てしまった」
ナッシュ:じゃあ起きます「なんだなんだ??」
メレディ:ハーゲンを縛ろうとしたやつをまず斬ります
システム:メレディさんのロール(1D20) → 7 (7)
メレディ:0まで
システム:メレディさんのロール(1D8) → 1 (1)
メレディ:7はつ
メレディ:流石に死ないかー
ハーゲン・アイスタワー:ノールにスリープをかけます
システム:ハーゲン・アイスタワーさんのロール(2D8) → 8 (5、3)
ナッシュ:「あららw」
リーン:ふむ
メレディ:どうする?処す?
リーン:縛ってこいつら漁ってみよう
ハーゲン・アイスタワー:このせかいのほうりつがよくわからないからなあ
メレディ:じゃ、縛り上げて~
メレディ:「結構持ってるな」
ハーゲン・アイスタワー:金を巻き上げるくらいは許してくれるか
メレディ:あ、こいつらが持ってたロープで縛っておこう
リーン:自分縛るために持ってきてくれるなんて親切だな
ナッシュ:うんうん、こっちを舐めてたな
メレディ:私たち以外の宿泊客大丈夫かね?
メレディ:始めにうちらを狙ったってことか
リーン:じゃあドアにピッキングでカギ閉めよう
システム:リーンさんの「鍵開け」ロール(1d100<=72) → 成功 14 (14)
リーン:締め
リーン:「2重鍵だったみたいだな」
ハーゲン・アイスタワー:カギ閉めロールは初めて見たw
リーン:あとで店主に文句言おう
ナッシュ:「ただの押し込み強盗じゃなくて、ピンポイントで私たちを襲ったみたい?」
ハーゲン・アイスタワー:お上りさんだから狙われたのかな
メレディ:「宿もグルってことかねぇ?」
メレディ:親父も締め上げるか~
ハーゲン・アイスタワー:気が付いたらこいつらの頭ESPで覗いてみる?
ナッシュ:親父がグルなのは、間違いないかと
リーン:ブラックマスターの召喚状見せたらこびへつらってお金かいしてくれるんじゃない?
メレディ:やってみようw
リーン:こいつら床に転がして私達は再度寝るでいいと思う
リーン:いいよね?縛ってるし
ハーゲン・アイスタワー:いいんでないかな
メレディ:OKですよ
ナッシュ:大丈夫でしょう~
メレディ:「ん~、気持ちのいい朝だ」
ハーゲン・アイスタワー:「いい朝ですな」
リーン:そうね
メレディ:じゃ、ノールを蹴り転がしながら酒場まで下りていくか。
メレディ:「よう。素敵な深夜サービスだな」
リーン:「いやーぐっすり寝てたのにばかどもが騒いで目が覚めちまったよ」
メレディ:「ドラゴンの飯がまだでな。お前も一緒に皿に乗るか?」と、親父に言う
リーン:あぁー腹ペコだろうね
ナッシュ:「すごい事情だ…親父の開き直りっぷりもヒドイw
メレディ:「ふーん。皿に乗る前に料理されたいみたいだな、あんた」
リーン:マスタの召喚状見せる?
メレディ:「さて、詫びで幾ら出す?」
ハーゲン・アイスタワー:そのうち秘密警察がやってくるだろうからそのときでいいのでは
リーン:おー
メレディ:「この宿がノールとグルでな。あわゆく殺されるところだったんだ」
ナッシュ:あ~ちょっと離れて隠れてます
メレディ:ま、そんなもんだろねw
ナッシュ:それで良いんだw
メレディ:「ああ、丁度いい。あんたたちディビナーだね?」
メレディ:こいつらにマスターの書状を見せてみよう
リーン:そうね
メレディ:「チャリオットへ行きたいんだよ、私たち」
リーン:「護衛付けなきゃいけない相手襲われたら大変だよね」
ナッシュ:事態は、好転しそう
メレディ:「…話が判る上司に合わせてくんないか?」
リーン:おーいいねw
メレディ:警戒しつつ付いていこう
メレディ:あ、朝飯―
ナッシュ:隠れてついていきます~
リーン:あぁ、おやじにピックポケットしてって良いですか?
システム:リーンさんの「ピックポケット」ロール(1d100<=85) → 成功 24 (24)
リーン:慰謝料ねw
メレディ:流石~♪
メレディ:合い言葉あるのか
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 5 (3、2)
メレディ:「話が判りそうなやつはどいつさ?」
ナッシュ:お偉いさん登場~
メレディ:リーダー格の奴にマスターの書状を見せて、チャリオットに行きたいんだがという
リーン:「私達はブラックマスター様に召喚された」
メレディ:「呼んでおいて放置プレイもないだろ」
ハーゲン・アイスタワー:「なんか想像と場の空気が違う」w
リーン:ばれてるのかな?
ナッシュ:バレてるかも??
メレディ:じゃ、ラズリを呼ぶ~
リーン:ドラゴン乗ろう
ナッシュ:レッドドラゴンのシルシュを呼んでおこう~
ハーゲン・アイスタワー:こっそりと隊長さんにESP
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 9 (9)
メレディ:あー、骸骨のお守りでどう動いてるかは判るのね
リーン:包んで隠しておけってやつね
リーン:あれ処分した方がよさそうだね
ハーゲン・アイスタワー:これから我々をどうしようかとかそういうことは?
ハーゲン・アイスタワー:だまし討ちはないのか
メレディ:ま、そうだよねw
ハーゲン・アイスタワー:それもそうですね汗
メレディ:じゃ、案内はして貰おうか。折角だし
リーン:探す手間が省けるから行幸だね
ハーゲン・アイスタワー:招待を断るのもなんだしね
メレディ:でも移動速度が落ちるか
メレディ:探してうろうろするより早いからいいか


ナッシュ:話が急展開ですからね~
リーン:ほーここがねぇ
メレディ:だからチャリオットっていうのか
ハーゲン・アイスタワー:ほんとに動いたりしてねw
メレディ:人形劇で青銅の巨人だかを配下にしてたしね
ナッシュ:なるほど~チャリオットって、そのままの意味だったんだ
メレディ:なぞらえた防御武器か持ってありそうね
メレディ:「だだっ広いな…」
ハーゲン・アイスタワー:こんな富があるのにまだ領土を欲しがるか
メレディ:他の神を駆逐するって意味もあるのかもね
メレディ:信者が増えれば信者パワーが増えて神様も力が増すんだし
ハーゲン・アイスタワー:乗りかかった何とやら…
ナッシュ:「神殿の内部ですね~すすんでいきましょうか~」
メレディ:外から付いて着ておくように言っておこうかな
メレディ:上空待機?あー、時間かかるか…
ナッシュ:じゃあ、外でお留守番ですね
リーン:入り口で留守番だね
メレディ:呼んだらすぐに飛んでくるように言い含めておこう。
メレディ:じゃ、案内されてはいりますかね
ハーゲン・アイスタワー:これはすごい建物だなあ、と驚嘆しながら
メレディ:あちこちを見てのんびりついていく
メレディ:結構考えられた作りしてるね
メレディ:ジャイアントが見張りかw
メレディ:ではくっ付いていく
ナッシュ:後ろから、姿を消してこっそりと~
メレディ:真実の広間
リーン:ほー
ナッシュ:へぇ~
メレディ:じゃ、ホーサダスとか、本当にいたんだ
リーン:罠感知だけしてみよう
ナッシュ:共産主義の国みたいw
メレディ:ディテクトエビルやっとくか死体に
リーン:ですよね
メレディ:数結構あるんですか?
メレディ:それなりに人数居たよね
メレディ:じゃ、ホーサダスって書いてある奴に
ハーゲン・アイスタワー:観光ビザで来ているからまだなんとかw
ハーゲン・アイスタワー:逃げ出すわけにもいかんしここまで来たら
リーン:ある程度奥まで来たらこいつらにはねて貰う?
メレディ:「こんな場所初めてくるからな。物珍しいんだ。少しは勘弁してくれよ」しげしげ
リーン:わお
ナッシュ:おー
ハーゲン・アイスタワー:うわあ
メレディ:ホーサダス…ホントに、本人なのかって…超反応ありw
メレディ:「祖国の危機に、立ち上がる聖人たちってことかね?」
ナッシュ:「えらいところに、来てしまった気が…」
メレディ:敵の本拠地だろうね、ここ
ハーゲン・アイスタワー:ここまで来たら帰って腹も座る
メレディ:あ、ここも通れるw
リーン:そろそろ最奥の建物かな?
メレディ:じゃ、ずんずんついてく
メレディ:そっか。奥の方が高いんだ
リーン:凄い侵入防止策だな
ナッシュ:「悪趣味なところだね~」と小声でコッソリ
メレディ:「あれは?」と像を指さして聞きます
メレディ:あっけなく中に入れてくなー
メレディ:こっちの門番はオーガなのか
ナッシュ:「厳重な警戒ですね」
メレディ:橋を落とせば中に入れないし、回りは水だ…良く考えてる
メレディ:「…悪趣味だな。ホント」
メレディ:付いていきます。
メレディ:なんだろ?
リーン:ヒアしようか
リーン:あの寺院の罠みたいなのは勘弁だ
システム:リーンさんの「ヒアノイズ」ロール(1d100<=84) → 失敗 88 (88)
システム:メレディさんのロール(1D6) → 1 (1)
メレディ:聞こえた
リーン:さすが
メレディ:ボズドガン神とホーサダスとブラックマスターの名において
メレディ:聞いてたってことは、変わるんだね、これ
リーン:なんか怖い物がいっぱいだね
メレディ:おう、結構コワイ奴もいる
ナッシュ:これは、危険そう…」
ハーゲン・アイスタワー:クァールみたいなやつですか?
ハーゲン・アイスタワー:ぎょえー
ナッシュ:ほんとだ!!w
メレディ:闘うと結構厄介よね
メレディ:攻撃回数多いのもだけど当たり難いから
メレディ:壁の祈祷文を読めば襲われないのか
メレディ:しっかり調教もされてる
メレディ:じゃ、行きます
ハーゲン・アイスタワー:ヤケクソで進むw
ナッシュ:行くしか無いですね~
メレディ:「ここで、マスター様と待ち合わせかい?」
リーン:ニムロン反応しちゃうW
メレディ:シークレットドアか…ま、入るかな
リーン:入ろうか
メレディ:私は言われたとおり入るよ~
ハーゲン・アイスタワー:入りましょう
ナッシュ:入るしかなさそうですね
システム:キャラクターリストにナレルスが追加されました。
メレディ:見覚えのある顔かな?
ハーゲン・アイスタワー:男にESPをこっそり
ナッシュ:男はどんな格好?
リーン:ここまではだれもついてきてないんですよね
リーン:寝て貰うか
メレディ:「それは遠慮する」
ハーゲン・アイスタワー:やっぱりそうなるか
ナッシュ:あららw、バレてたか
メレディ:という事で寝てもらうかね。魔法で無理なら物理でだけどな~
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 4 (4)
ハーゲン・アイスタワー:ヘースト
リーン:さて蹂躙だ
メレディ:さーてガンバルゾー
システム:メレディさんのロール(2D20) → 22 (17、5)
メレディ:両方辺り
システム:メレディさんのロール(2D8) → 8 (3、5)
メレディ:20発
メレディ:まず、兵士に
メレディ:流石にこれ位は耐えるだろね
リーン:本気出してクワール落としますか
リーン:エクストラ使います
システム:リーンさんの「秘剣燕返し」ロール(2 1d20+7) → 
→ 1回目:16 (9)
→ 2回目:17 (10)
リーン:60に
システム:リーンさんのロール(2 6d8+5) → 
→ 1回目:25 (2、1、4、6、6、1)
→ 2回目:38 (8、4、6、6、4、5)
メレディ:うわw
ハーゲン・アイスタワー:つよいw
ナッシュ:48に切りかかります~
リーン:「くふふ…あとはおぬしだけよのぅ?」
システム:ナッシュさんのロール(2 1d20) → 
→ 1回目:1 (1)
→ 2回目:1 (1)
ナッシュ:ええええ~ハズレw
ハーゲン・アイスタワー:こらw
メレディ:><
メレディ:そういう時もあるね、うん
リーン:これはこれですごいw
メレディ:うげ
ハーゲン・アイスタワー:ST判定なしでしたっけ
リーン:呪文セーブか
システム:メレディさんのロール(1D20) → 1 (1)
メレディ:失敗
メレディ:んぎぎ
システム:リーンさんのロール(1d20) → 13 (13)
リーン:せーふ?
システム:ハーゲン・アイスタワーさんのロール(1D20) → 4 (4)
ハーゲン・アイスタワー:無念
システム:ナッシュさんのロール(1d20) → 1 (1)
ナッシュ:また1??
リーン:うわ皆
メレディ:リーン以外固まったw
メレディ:ひどいw
メレディ:つよっ
ナッシュ:お、有能
システム:リーンさんのロール(1d10) → 3 (3)
リーン:「運の尽きってやつだな」
システム:リーンさんの「避けれるもんなら避けてみろ!」ロール(2 1d20+7) → 
→ 1回目:24 (17)
→ 2回目:23 (16)
システム:リーンさんの「秘剣竜の閃」ロール(2 6d8+5) → 
→ 1回目:39 (8、4、5、7、6、4)
→ 2回目:35 (8、5、5、6、5、1)
ナッシュ:ネギトロが食べれなくなるw
メレディ:ミンチだw
ハーゲン・アイスタワー:破裏拳ポリマーの世界w
リーン:「うし!、みんな大丈夫?」
メレディ:「はー、やばかったな」
ナッシュ:「魔法を使うとは~危なかったですね」
メレディ:一応、助けておく?
ナッシュ:助けておきましょうか~
ハーゲン・アイスタワー:とりあえず息吹き返したら囚人の檻にノック
リーン:「あんたも命助かりたかったら手伝ってくれるなら出すけど?」
ナッシュ:この人の元々持ってた、装備とかは、置いてないですか?
ナッシュ:あらら~
メレディ:じゃ、ディビナーの装備を剥いでナレルスに渡す
リーン:じゃあディビナーの装備剥いで渡そう
メレディ:お、ガントレット?
リーン:ガントレット?
メレディ:付けてみるか
メレディ:あー、オーガパワーか。私いらないやつね。
リーン:うーんガードルつけてるからこっちも意味ないかも
メレディ:ナッシュってもってる?
ナッシュ:オーガパワーですか?無いですね
メレディ:もってけ~
リーン:おー良いアイテムあるね
ナッシュ:おー何気に良いアイテムを
リーン:ESPのやつ私が使ってもいい?
ナッシュ:じゃあ、オーガパワー貰っちゃっていいですか?
メレディ:いいよ
メレディ:ESPはリーンね
メレディ:私週一だけど使えるしね
ナッシュ:はーいどうぞ~
リーン:ありがとー
ハーゲン・アイスタワー:ところで、わたし23:00に落ちるので、この男抱えてダロキンにテレポートしましょうか。2発あるし
ハーゲン・アイスタワー:じゃあ身ぐるみの中でわからないものは持ってきます。幸運を祈ります。ナレルスが残るのならプロテクションリングを貸そう
リーン:ナレルスは仕返ししたいって言ってるからね
メレディ:じゃ、連れてこう
メレディ:ソードは私の+1を貸す
ハーゲン・アイスタワー:じゃあ行って、プレートメール買って抱えて戻ってきましょうか。
リーン:あ、ノーマルソードならもってる
ハーゲン・アイスタワー:たてかえときますんで
ハーゲン・アイスタワー:ナレルス殿、ノーマルシールドはいりますかな?
ナッシュ:後で、オーガパワーのガントレットの性能を、掲示板にでも書いておいてくださいな~
ナッシュ:りょうかいです~後で見ておきます
COBRA:https://trpgsession.click/thread-detail.php?c=commu147836176520&t=thre150581100099
ナッシュ:とりあえずSTR18になるで~
ハーゲン・アイスタワー:ほかに皆さん欲しいものは? 
ハーゲン・アイスタワー:通常装備ですけど
メレディ:私は大丈夫かな
ハーゲン・アイスタワー:じゃあこのナレルスさんのプレートとシールドを買ってきますんで、またすぐに!
ハーゲン・アイスタワー:おやすみなさい。
メレディ:はい。お疲れさまでした~
ナッシュ:お疲れ様でした~
ナッシュ:またです~
リーン:おつかれさまでした
メレディ:じゃ、後スリングかしとくか
メレディ:ついでに赤い上着とマスクもしとけ
メレディ:そうすれば一緒に動いてて問題ないだろ
ナッシュ:たしかに~
メレディ:顔知ってるやつとかいそうだし。
メレディ:あ、それともナッシュが着とく?
ナッシュ:あ~姿が見えなくなるリング貸して貰ってるし
メレディ:じゃ、ナレルスに着せておこう
リーン:そうね
ナッシュ:はーい
ナッシュ:でも、変装しても面白そうですね
メレディ:ここには他に何もないんかな?
メレディ:奥の扉にヒアノイズする
システム:メレディさんのロール(1D6) → 6 (6)
メレディ:ゼ―ん全判んないわw
リーン:私もヒア
システム:リーンさんの「ヒアノイズ」ロール(1d100<=84) → 成功 67 (67)
リーン:「人いるね」
ナッシュ:「なるほど」
メレディ:片付けてく?
ナッシュ:「片づけていきますか」
メレディ:鍵開いてるかな?
メレディ:掛ってるのか
リーン:んー開けるか
ナッシュ:かかってる
メレディ:お願いします
リーン:罠先に見るね
システム:リーンさんの「罠感知」ロール(1d100<=70) → 成功 68 (68)
メレディ:で、すぐに戦闘に入れるように構えとく
システム:リーンさんの「鍵開け」ロール(1d100<=72) → 成功 19 (19)
メレディ:流石☆
ナッシュ:おーすごい
メレディ:開けてもらったら突入だね
リーン:「楽勝ね。あとはナッシュが先に入れば不意打てるかな?」
ナッシュ:ですね~友好的とは思えない
リーン:変装してるし
メレディ:では不意打ちロールお願いします。
ナッシュ:ふります~
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 1 (1)
メレディ:お、成功
リーン:おー
リーン:やっちゃう?
メレディ:じゃ私先頭で突っ込むよ~
メレディ:では、これで晴れて不意打ちドカーン!
メレディ:死体と一緒にいるの?
メレディ:じゃ、取り合えずきっとく
システム:メレディさんのロール(1D20) → 18 (18)
ナッシュ:すごい勢いで、斬りかかります~
リーン:ちょっと試しにホールドパーソンしていい?
メレディ:OK
メレディ:そうですね
ナッシュ:ですね
リーン:スクロール
システム:リーンさんの「スクロール使用」ロール(1d100<=90) → 成功 66 (66)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 7 (7)
リーン:おっし
メレディ:よっしゃ縛るぞ~
メレディ:身ぶりできなきゃ呪文使えないし。
リーン:一応イビル見といた方がいいかも
メレディ:じゃ、デテクトイビル
リーン:死体が怖い
メレディ:ぎゃー
ナッシュ:あちゃー
リーン:くっそw
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 2 (2)
ナッシュ:良かったw
システム:メレディさんのロール(1D20) → 19 (19)
メレディ:ならー8まで当たり
システム:メレディさんのロール(1D20) → 3 (3)
メレディ:2まで
システム:メレディさんのロール(1D8) → 4 (4)
システム:メレディさんのロール(1D8) → 8 (8)
メレディ:24発おりゃぁ
ナッシュ:じゃあ、死体に斬りかかります
システム:ナッシュさんのロール(2 1d20) → 
→ 1回目:13 (13)
→ 2回目:6 (6)
ナッシュ:9
システム:ナッシュさんのロール(2 1d8) → 
→ 1回目:4 (4)
→ 2回目:1 (1)
リーン:魔法メインか
ナッシュ:ですね
リーン:15点か
ナッシュ:以外と、ショボかった…
メレディ:あ、死んだ
ナッシュ:あれ、死んでるw
リーン:ほむ…
メレディ:マジックユーザーならHP20超えてる時点で結構レベル高いよ?
リーン:いやーたぶんヤバイ魔法だったと思うよ
ナッシュ:元々死体だけど…
メレディ:さて、漁ろうかね
リーン:青年は縛ろう
リーン:おー?
メレディ:ほうほう
ナッシュ:ですよね~神殿の最奥に、魔法で鍵かけて、閉じこもってる奴ですからね
ナッシュ:ふむふむ~
メレディ:いいのがあるねぇ
リーン:見ときましょうか
ナッシュ:おー結構良いですね
メレディ:ハーゲンと変わらない位かな、レベル
リーン:おー怖い怖い
ナッシュ:人の命って、はかないものですね~ナムナム
リーン:副官ねぇ
メレディ:ヤバかったねぇ
ナッシュ:ひょっとして、大事なクライマックスシーンが、台無しに…
メレディ:マジックユーザーはイニシア取って早々に殺さないと。
リーン:よく勝てたわ
ナッシュ:上手く行ったので、それで良しですね~
メレディ:じゃ、机の上に何か書類ないかな?
メレディ:今回の戦争の書類とかあったらよかったのになぁ、残念
リーン:こいつ捕縛できたのは大きいんじゃないかな
ナッシュ:ですです
リーン:ハーゲンに送ってもらおう
メレディ:そうだね。
リーン:捕虜として戦争に役立つかも
メレディ:「あれ?
メレディ:あ!!!そういうことか!
リーン:あぁ
ナッシュ:おーなるほど
リーン:しょうががないから戻ったらコロされちゃったwってやつね
リーン:じゃあ、情報は得られないわね
リーン:…まあ救助できたし結果オーライかな
メレディ:そうだね。
メレディ:うっかりピンチになってこっちの仲間と入れ替わられなくて良かった
ナッシュ:それは怖い
リーン:さっそくESPで一応頭の中覗いてみよう
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 12 (12)
リーン:耐えた?あらら
メレディ:なるほどね。じゃ、情報は取れないけど連れてくか。
リーン:そうね
リーン:ナッシュの盾になってもらおう
ナッシュ:そうですね~
メレディ:ここに置いておいても、殺されちゃうかもだしね
メレディ:「こそこそ付いてきな」
メレディ:階段、上に登ってます?
ナッシュ:せっかく来たんだから、上がってみましょうか?
リーン:ヒアノイズしてみます
システム:リーンさんの「ヒアノイズ」ロール(1d100<=84) → 成功 14 (14)
リーン:「何かペットかってるみたいね」
メレディ:じゃらじゃら?
ナッシュ:じゃらじゃらね~
メレディ:では行きましょ
メレディ:気を付けながら進めばいいさ
メレディ:イニシアチブだね
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 5 (5)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 2 (2)
メレディ:前立ちまーす
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 10 (10)
メレディ:-2
メレディ:では、斬りつけまーす
メレディ:ヘイストは流石に切れたかな?
ナッシュ:じゃあ、斬りつけます~
システム:メレディさんのロール(1D20) → 19 (19)
システム:メレディさんのロール(1D8) → 8 (8)
メレディ:14発
システム:ナッシュさんのロール(1d20+5) → 14 (9)
システム:ナッシュさんのロール(1d8+5) → 12 (7)
ナッシュ:まだ生きてる!!
システム:リーンさんのロール(1d20+5) → 17 (12)
システム:リーンさんのロール(2d8+5) → 19 (8、6)
リーン:ふむ
メレディ:「ま、運がなかったな」
メレディ:鍵とかはない感じか
ナッシュ:ふむふむ~興味あるけど、価値が無いんだ…
ナッシュ:何の実験器具かわかります?
リーン:ニムロンで隠し扉もない感じです?
リーン:何もなさそうね…さっきのやつの実験室かしら
メレディ:デテクトエビルを一応かけてみます
メレディ:あーマジックならあるかもか
メレディ:ナッシュ、剣で探してみ?デテクトマジックで
ナッシュ:インテリ-ジェンスソード+2のディテクトマジック使います
メレディ:おおう
リーン:おや
ナッシュ:「かくかくしかじか」
メレディ:じゃ、調べるね
メレディ:あー、そうだったんだ
リーン:おーいいね
メレディ:持ってるねぇ
ナッシュ:インテリジェンスソード、何か名前つけとかないと、入力が面倒w
ナッシュ:また後で考えます~
リーン:戻るしかなさそうね
メレディ:さて、どうする?
ナッシュ:ここが、最奥地ですよね~
メレディ:この奥にあったのは副官の部屋
リーン:道左の方から探索してみようか
リーン:最奥からの探索w
メレディ:なんか変な感じだけどねw
リーン:普通に来てもなかなかここまで来れなさそうだったね
メレディ:結構大変だよね
ナッシュ:正面突破はきつそう
メレディ:合い言葉も3つあったし
リーン:奥から食い破ろう図w
ナッシュ:了解~
メレディ:じゃ左へ
メレディ:あ、扉ないんだ
メレディ:鏡で映して覗く~
メレディ:おや、詰め所?
システム:COBRAさんのロール(2D4) → 6 (2、4)
メレディ:それでも結構な人数
ナッシュ:結構な数いますね
リーン:これはスリープとかお願いした方がいいかな
メレディ:そうだね
リーン:ナッシュ何かできる?
ナッシュ:ヘイストかけれますよ
ナッシュ:あと2回
リーン:できればそれはとっておきたいかな
リーン:ちょっと多いから減らせるなら減らしてもらいたいけど
リーン:スリープできる?
ナッシュ:出来ます1回だけですが
ナッシュ:スリープかけてみましょうか?
リーン:うんうん
メレディ:お願いします
リーン:ダメならメレディと私が抑えるよ
ナッシュ:じゃあ、部屋の近くまで、隠れていって
ナッシュ:スリープを唱えます
メレディ:ななしのゴンべは隠れてて貰わないとね
ナッシュ:あ~そうなんだ
ナッシュ:ヘイストはどうしましょう?取っておきますか?
メレディ:こいつらがさっきのディビナクラスに強いと厄介だね
リーン:じゃあ、全力尽くそうか
メレディ:じゃ、ヘイスト→スリープで行くか
ナッシュ:じゃあ、ヘイストかけてからスリープで、決定~
リーン:ヘイストからのスリープで大変だけどお願いね
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 1 (1)
ナッシュ:ぶっ
メレディ:ラッキー
リーン:スリープ辛いかな
リーン:あぁ
メレディ:よかったw
ナッシュ:じゃあ、次はスリープで良いのかな?
メレディ:はい、お願いします
リーン:良いと思う
ナッシュ:はーい
リーン:ガンばーれ
システム:ナッシュさんのロール(2d8) → 7 (5、2)
メレディ:お、効く!
リーン:やっぱ強いね
ナッシュ:うーんイマイチ
メレディ:ま、しょうがないね。敵の本拠地だから
メレディ:では斬りかかります~
システム:メレディさんのロール(2D20) → 21 (20、1)
メレディ:1発だけだ~><
システム:メレディさんのロール(1D8) → 7 (7)
メレディ:13
メレディ:AC9なのになんで外すかねぇ><
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 21 (4、17)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:リーンさんの「+7」ロール(2d20) → 24 (4、20)
システム:リーンさんの「68>69」ロール(2 2d8+5) → 
→ 1回目:11 (3、3)
→ 2回目:16 (8、3)
リーン:っち、浅かったか
メレディ:では、奥に突っ込んで切ります
システム:メレディさんのロール(2D20) → 23 (17、6)
メレディ:両方当たり
リーン:続きます
システム:メレディさんのロール(2D8) → 12 (8、4)
メレディ:重ねて1匹撃破だな
システム:リーンさんのロール(2 1d20+7) → 
→ 1回目:27 (20)
→ 2回目:19 (12)
ナッシュ:65に切りかかります
システム:ナッシュさんのロール(2 1d20+5) → 
→ 1回目:24 (19)
→ 2回目:23 (18)
システム:ナッシュさんのロール(2 1d8+5) → 
→ 1回目:8 (3)
→ 2回目:6 (1)
システム:リーンさんのロール(2 2d8+5) → 
→ 1回目:14 (4、5)
→ 2回目:11 (4、2)
ナッシュ:あらら~
リーン:68と生き残ったやつで
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 28 (16、12)
システム:COBRAさんのロール(2D8) → 13 (8、5)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 10 (6、4)
リーン:おー
メレディ:頑張るねぇ
ナッシュ:おおー衛兵の鏡~
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 10 (10)
システム:メレディさんのロール(2D20) → 27 (7、20)
メレディ:あたりー
システム:メレディさんのロール(2D8) → 11 (7、4)
リーン:終わりかな
メレディ:はい。おわり
ナッシュ:終わりですね
メレディ:じゃ、漁ろう
ナッシュ:部屋は、血まみれに違いないw
メレディ:鍵とか小銭とかないかな
メレディ:あ、ディビナーの装束あるよね
メレディ:ごんべえには取り合えず着せとくか
メレディ:「これでいきなり斬られるはないだろうからね」
ナッシュ:ただの衛兵の宿舎だったのかな~
リーン:武器か
リーン:良いのあるかね?ないか
メレディ:レザーよりいいのがあるといいね
メレディ:探そうか
リーン:レザーよりましだね
ナッシュ:ほほー
メレディ:じゃ、ナレルスに着せて
メレディ:ゴンべはむりかな?
メレディ:じゃ、ゴンべにも着せておこう
メレディ:わー、ホントにゴンベになった
メレディ:で、この部屋の手前に階段があったんだっけ
リーン:階段あるのかな?
ナッシュ:階段があった
メレディ:ヒアノイズしとくか
システム:メレディさんのロール(1D6) → 1 (1)
メレディ:おwわかった
メレディ:ガチャガチャギャーギャー
メレディ:うーん、何かモンスターがいるっぽいね
ナッシュ:「賑やかですね」
メレディ:じゃ、突っ込んで片付ける?
リーン:行くしかないか
メレディ:行こう
ナッシュ:ですね~行きましょう
メレディ:では先頭立て行きまーす
メレディ:あら、厨房か
ナッシュ:食堂でしたか~
メレディ:片付けちゃうか
リーン:監督落としたらこっちにつくかなゴブリンなら?
メレディ:あー、ありそうね
ナッシュ:どうだろう?やって見ましょうか?
メレディ:タマ避けになればいいね
リーン:不意打ち行こうか
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 3 (3)
ナッシュ:だめ~
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 2 (2)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 3 (3)
リーン:がんばれー
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 3 (3)
メレディ:あらww
リーン:うわ
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 5 (5)
リーン:おしい
メレディ:残念
ナッシュ:負けた~
メレディ:先頭です
リーン:私も続いて
メレディ:「当たるか!」
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 17 (4、13)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 15 (10、5)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 23 (7、16)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 21 (16、5)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 18 (10、8)
ナッシュ:よかった~
メレディ:では、バグベア72に
システム:メレディさんのロール(2D20) → 10 (9、1)
メレディ:また1出てるし!
システム:メレディさんのロール(1D8) → 4 (4)
メレディ:10発
システム:リーンさんのロール(2 1d20+7) → 
→ 1回目:9 (2)
→ 2回目:24 (17)
システム:リーンさんの「72>73」ロール(2 2d8+5) → 
→ 1回目:13 (4、4)
→ 2回目:21 (8、8)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 11 (6、5)
リーン:o?
メレディ:www
リーン:oo
リーン:w
ナッシュ:およ?出番がなかったw
メレディ:じゃ、私たちの仲間になれ。
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 10 (4、6)
ナッシュ:見逃しても良いのでは?
メレディ:「よし」
リーン:人員として使えるからね
ナッシュ:ふむふむ、初耳
リーン:領とかやると
メレディ:なに。この先ちょっと調べて来てくれるだけでいいさ。あ、包丁は持ってこい
ナッシュ:盾になれってことですよねw
メレディ:「色々あるだろ?罠とか、ディビナの強さとかな」
メレディ:「生き残ったら宝をやるぞ」
メレディ:取り合えず、手じかな奴にシルバーダガーを1本やる
メレディ:「活躍すればみんなにやるからな」
メレディ:じゃ、取り上げて仕舞っとく
メレディ:「欲しかったら働けよ」
メレディ:で、この子たちこのフロアの構造は知ってるのかな?
メレディ:南と北は?
メレディ:南は怖いんだ
メレディ:さて、どうする?
リーン:あの触手もいたしね
ナッシュ:扱いづらいね~
リーン:通路の階段いってみる?
メレディ:行ってみようか
リーン:地下か
ナッシュ:おー地下室もあるんだ…カタコンベ??
リーン:見とく?
ナッシュ:私は良いですよ~
メレディ:折角だしね
メレディ:ゴブゴブ軍団も移動完了
メレディ:毎日調錬付けてやるからな~


メレディ:牢屋か
ナッシュ:ゴブリン軍団が…w
メレディ:「捕虜が暴れたが、何とか取り押さえた」
メレディ:これ、このまま闘っちゃう?
ナッシュ:ヘイストは、もう1回かけることが出来ます
リーン:ヘイスト聴いてるしやっちゃおう
ナッシュ:そうですね~
リーン:先制だけチャレンジで
メレディ:お願いしまーす
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 2 (2)
リーン:おしい
ナッシュ:うーん失敗
メレディ:あらら
ナッシュ:お
ナッシュ:頭いい
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 2 (2)
ナッシュ:うーん、負け
メレディ:私先頭で
リーン:すぐについてく感じで
ナッシュ:うんうん、ゴブリン役に立たなそうだし
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 8 (8)
システム:COBRAさんのロール(4D20) → 54 (18、6、20、10)
メレディ:あたった
ナッシュ:でてる!!
システム:COBRAさんのロール(2D4) → 5 (3、2)
メレディ:でぃびなーに
システム:メレディさんのロール(2D20) → 22 (5、17)
メレディ:両方当たり
システム:メレディさんのロール(2D8) → 8 (2、6)
メレディ:32発
ナッシュ:じゃあ、75に斬りかかります
システム:ナッシュさんのロール(2 1D20+5) → 
→ 1回目:18 (13)
→ 2回目:10 (5)
ナッシュ:両方とも当たってます
システム:ナッシュさんのロール(2 1d8+5) → 
→ 1回目:11 (6)
→ 2回目:8 (3)
リーン:魔法の石入ったランタン取り出します
リーン:斬ります
システム:リーンさんのロール(1d20+7) → 10 (3)
リーン:10で当たる?
リーン:あたりか
システム:リーンさんの「秘剣牙突w」ロール(2d8+5) → 18 (8、5)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 29 (20、9)
システム:COBRAさんのロール(2D8) → 10 (7、3)
メレディ:殴ってみるかw
システム:メレディさんのロール(8D20) → 89 (3、4、20、3、16、17、16、10)
ナッシュ:うんうん結構当たってる
システム:メレディさんのロール(4D4) → 12 (1、3、4、4)
メレディ:良くやったぞ!
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 11 (10、1)
システム:COBRAさんのロール(2D4) → 3 (2、1)
メレディ:あー
メレディ:明かりをつけてくれたから普通に殴れますね
リーン:なぐれなぐれ
メレディ:76に
システム:メレディさんのロール(2D20) → 14 (6、8)
メレディ:両方当たり
システム:メレディさんのロール(2D8) → 14 (8、6)
メレディ:26発
メレディ:仇はとったぞ~
ナッシュ:75に斬りかかります
システム:ナッシュさんのロール(2 1d20+5) → 
→ 1回目:7 (2)
→ 2回目:17 (12)
システム:ナッシュさんのロール(1d8+5) → 11 (6)
ナッシュ:オーガガントレットがすごい役に立ちますね~
リーン:斬ります
システム:リーンさんのロール(2 1d20+7) → 
→ 1回目:13 (6)
→ 2回目:9 (2)
システム:リーンさんのロール(2 2d8+5) → 
→ 1回目:10 (4、1)
→ 2回目:17 (6、6)
リーン:よし
ナッシュ:戦闘終了ですね
リーン:「ここ、暗いんだね」
リーン:このランタンのおかげで火つける手間なくて助かった
メレディ:じゃ、バグベアとディビナーの武器を剥いでゴブリンに
メレディ:あら、残念

ナッシュ:全部、空ですか?
システム:キャラクターリストにマリアレーナが追加されました。
システム:キャラクターリストにラナスが追加されました。
システム:キャラクターリストにフィロモンが追加されました。
ナッシュ:居た!!
メレディ:3人同じ牢にいます?
ナッシュ:個室って言うと、豪華なイメージw
メレディ:あ、ディビナー鍵持ってなかったかな?
メレディ:残念
リーン:おーエルフは友達
リーン:エルフのだけ解錠します
メレディ:www
ナッシュ:ヒドイ…
システム:リーンさんの「鍵開け」ロール(1d100<=72) → 成功 9 (9)
メレディ:「悪いな、鍵がないんだ」
メレディ:カオス語で
メレディ:「ん。カオスだな。助けなくていいだろ」
メレディ:じゃ、彼女にさっきのディビナーの装備を着せるか
メレディ:血まみれだろうけど、我慢してくれ~
リーン:あーじゃあ
リーン:あまりの盗賊道具どちらかの男に渡すよ「自分で開けな」って
システム:COBRAさんのロール(1D100) → 77 (77)
システム:COBRAさんのロール(1D100) → 60 (60)
メレディ:www
ナッシュ:可愛そうに…w
リーン:「がんばれよ」
メレディ:「武器なしでマスターと戦う事になるけどいいか?」
リーン:どうする?
メレディ:タマ避けにするか
リーン:じゃあ―開けてあげるか
ナッシュ:そうしよう
システム:リーンさんの「鍵開け」ロール(1d100<=72) → 成功 34 (34)
システム:リーンさんの「鍵開け」ロール(1d100<=72) → 成功 23 (23)
メレディ:流石~
リーン:いやいや開ける
リーン:「しらんな」
メレディ:「しらねぇな…ただのドジっ子コンビだろ」
リーン:「こんな簡単な鍵も開けれないんじゃね」
リーン:いい情報だね
メレディ:出口があるんだ
リーン:出れるって事は潜入もできるね
メレディ:取り合えず、出口確保しとく?

メレディ:嵌めてみる
リーン:おーいいね
メレディ:なかなか面白いもんだね
メレディ:わたしはいいや
メレディ:闇ウチは、リーン向き?
ナッシュ:ですね~
リーン:私は欲しいなw盗賊御用達じゃないか
メレディ:じゃ、もってけ~
リーン:ありがと
ナッシュ:ふむふむ~
ナッシュ:1時回ってますね~
メレディ:じゃ、ここでセーブかな?
リーン:ここで終わりかなw
メレディ:すごい進んじゃったねェ
ナッシュ:みなさん、お疲れ様でした~ありがとうございます~
メレディ:はい。ありがとうございました
メレディ:お疲れさまでした~
リーン:お疲れさまでした
ナッシュ:おやすみなさい~
メレディ:おやすみなさいませ~
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。