【その他】リプレイ「【MGR】SPD」

ノエルリプレイ  0
登録日:2018/12/29 01:14最終更新日:2018/12/29 01:14
システム:本宮ハルさんが、入室しました。
システム:天ノ羽々斬さんが、入室しました。
システム:ebosiさんが、入室しました。
新条アカネ:ぜんかいまでのあらすじよろしく
システム:キャラクターリストに天霧マシロが追加されました。
システム:DEMONBANE@天斗さんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにフェズメニア・L・オッドバロンが追加されました。
システム:キャラクターリストにグランドビーコンジェネラルが追加されました。
システム:定春さんが、入室しました。
システム:楚羅さんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに伏見 アオが追加されました。
システム:ノエルさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにルヴェール・アリステラ(春宮朝美)が追加されました。
本宮ハル:前回までのあらすじ(適当)
ノエル:ノエル参上!
本宮ハル:1.プラモ体験会中、何者かの声が響く!
ノエル:しまった色間違えた(苦笑)
本宮ハル:2.不思議な宝石、その出処を探る!
定春:てれてーれー
本宮ハル:3.宝石と関連しているかもしれないヴィンテージカーを見に、フェズメニア宅へ赴くのであった!
本宮ハル:かなぁ?
新条アカネ:おkおk
ノエル:だいたいそうですね(´∀`*)
新条アカネ:では、シーン3だよっ
新条アカネ:3?
新条アカネ:(あやふや)
定春:ふわっとしておる(  ˙-˙  )
システム:キャラクターリストに睦月紫苑が追加されました。
新条アカネ:まあいいや、シーン3(まちがってたら修正して)
新条アカネ:シーン3「覚醒する古強者」
新条アカネ:では、件のビンテージカーを発見しました。
本宮ハル:タクミ「お、あれか?例のヴィンテージカーってやつ!」
ebosi:※マシロは少し遅れます
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「そのようですね いろいろ気になります…」(ワクワクしている)
伏見 アオ:「へぇ、思ったより格好いいじゃねぇか」
フェズメニア・L・オッドバロン:「そうですわね。あそこにあるのがお父様が落とした車ですわ。...選んだのはわたくしですけど」
新条アカネ:「なんかすごいヴィンテージって感じだねー。」
本宮ハル:タクミ「ああ、そんな感じが……え、何?選んだのがお前って、あれお前が欲しがって買ったのか?」
システム:長田空真さんが、入室しました。
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「そうなんですか それにしてもあのクリスタル?がどうやって反応するのか…気になります!」
新条アカネ:じゃあとりあえずフェズは幸運振って
睦月紫苑:(突っ込んだら負け 突っ込んだら負け突っ込んだら負け 突っ込んd(ry)
新条アカネ:達成値h8
フェズメニア・L・オッドバロン:「い...いえ?お父様が何時ものように落とそうとしていたら急にわたくしに選ばせてきたんですの。模型部に協力するならこういう所でも目を養っておけ...と」
システム:ebosiさんが、退室しました。
フェズメニア・L・オッドバロン:まて、エキストラだから能力振ってないぞよ
フェズメニア・L・オッドバロン:ジェネラルのやつ振ればいいの?
システム:ebosiさんが、入室しました。
新条アカネ:おk
新条アカネ:じぇねらるのです
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「なるほど… なかなかいいお父さんですね〜」
フェズメニア・L・オッドバロン:幸運3
システム:フェズメニア・L・オッドバロンさんのロール(2D6) → 9 (5、4)
睦月紫苑:「? いつこれ 落としたの」
神原タクミ:お、よさげ
フェズメニア・L・オッドバロン:12で成功やな
フェズメニア・L・オッドバロン:「これを落札したのはつい最近のことですわ。まだ1週間ほどしかたっていません」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「なるほど〜」
新条アカネ:では、青いビー玉みたいなのが淡く光っていることに気が付きます
システム:定春さんが、入室しました。
睦月紫苑:「ということは 1週間前には 模型部入ろうとは思ってたの? アリスさん」
睦月紫苑:あ 
睦月紫苑:ミスった メニアさんだ
システム:定春さんが、入室しました。
睦月紫苑:ごめんなさい
定春:ぴっかーちゅう
神原タクミ:大丈夫 あとで直すだけよ
フェズメニア・L・オッドバロン:「そうですわね...元々お父様の性もあってそういうものに興味はありましたし」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):▼o’ᆺ’o▼⚡
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「なるほど! そういう事なんですね!」
睦月紫苑:すまない 本当にすまない
天霧マシロ:「ったく、富永先生話が長いんだから…。服装なら私よりもっとアレな人がいるでしょうに……ベッキー先生とか」(遅れながら到着)
天霧マシロ:「あー、遅れてすまないわね、みんな」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「先生 どうかなさったんです?」
新条アカネ:「センセーおっそーい」
天霧マシロ:「富永サブロウタ先生、知ってるでしょ?あの人とちょっと話し合ってたのよ」
システム:定春さんが、入室しました。
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「なるほど……お疲れ様ですよ先生…」
睦月紫苑:(で あの登場の仕方と言い方からみて いい人だけど もしかして面倒な人?)
システム:定春さんが、入室しました。
伏見 アオ:「富永先生…?よく知らないけど、お疲れ様」
天霧マシロ:「なんでも私、『歩く風紀違反』とか言われてるみたいで…もっとちゃんとした服装にしてくれって苦言を呈されたのよ」
新条アカネ:「はいはい、熱血センセー」
睦月紫苑:「なーる」
天霧マシロ:「そんなにきわどいかしら、コレ?」
フェズメニア・L・オッドバロン:「さて...ではクリスタルを取り出しますわね...って、光ってませんこれ...?
フェズメニア・L・オッドバロン:」
新条アカネ:「あ、光ってる!」
神原タクミ:タクミ「蓄光素材 ってわけじゃないよな ここ明るいし」
新条アカネ:「これ特撮なら覚醒シーンとかじゃん!」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「おや……ホントですね…これはなんだか楽しくなる予感がします!」
睦月紫苑:「まぶしい  しまってください これまぶしすぎます」
神原タクミ:「上に振りかざしたらフェズメニアが巨大化するとか?」
天霧マシロ:「って、どうなってるの、コレ?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえず睦月さんはこれでも使ってください?」(薄めのサングラスを渡す)
新条アカネ:「うーん、なんかこの車に反応してるっぽい・・・?」
伏見 アオ:「へぇ、綺麗じゃないか。眩しいけど」
神原タクミ:「運転席に乗ってみたりしたらどうだ?」
天霧マシロ:「(車…?まさかこの車…“アレ”何じゃ…)」
睦月紫苑:「借ります 無理 眩しいのいやです」
システム:ノエルさんが、入室しました。
フェズメニア・L・オッドバロン:「こ...こここれ大丈夫ですの!?なにか体に悪い何か出てたりしませんわよね!?」
新条アカネ:「チェレンコフ光とかじゃなさそうだし大丈夫でしょ」
リュミエール:「放射性物質は確認できません、恐らく人体に悪影響はないかと」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「ふむ…とりあえず私は体調に変化はないので有害な物は出てないのてはないかと」
システム:定春さんが、入室しました。
フェズメニア・L・オッドバロン:「運転席...!?カギはお父様が持ってますわよ!乗れませんわ...ってえ?何もでてませんの?」
新条アカネ:「すごいパワーは感じるけど・・・」
神原タクミ:「じゃあドアに触れるとか?」
伏見 アオ:「害がないならいいんじゃねぇ?よくわかんねぇけど」
フェズメニア・L・オッドバロン:「はぁ~.........い、今のは全員忘れなさい。いいですわね!」
新条アカネ:鍵?なぜか開いてるよ。まるで「それ」を待ちわびてるようにね
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえずお父さんからキーを借りてきてはどうでしょう?」
睦月紫苑:「? どうして?」
睦月紫苑:「忘れる必要あるの?」
新条アカネ:「はいはーいわすれまーす」
神原タクミ:「ん?忘れるって何をだ?」
伏見 アオ:「なんか忘れるようなことあったか?」
システム:定春さんが、入室しました。
天霧マシロ:「むしろ忘れてたまるかっていうか」
フェズメニア・L・オッドバロン:「いいから...!忘れてくださいまし!...あれ、変ですわね」
リュミエール:「今解析してみたのですが、ドアロックは解除されているようです…」
睦月紫苑:「? だから何を・・・・ってどうしたの?」
フェズメニア・L・オッドバロン:「そう...ですわね...なんででしょう?」
フェズメニア・L・オッドバロン:とりあえず開けてみる
神原タクミ:「よし、運転席にGO!」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「鍵が開いている…不用心ですね々…
新条アカネ:では、運転席に入るとハンドルのクラクションの部分が開いて、ちょうどクリスタルをはめられそうな機械的な空洞ができます。
フェズメニア・L・オッドバロン:「いや...お父様がそのように不用心なはずは...今思いましたが乗ったのバレたら怒られますわ私...!!!」
神原タクミ:「ここまで来たら行くとこまで行っちまおうぜ!」
睦月紫苑:(今更すぎる)
フェズメニア・L・オッドバロン:「一体なんて言い訳しましょう...きゃっ!ハ...ハンドルの一部が...変形して...これ...はめればいいんですの?」
睦月紫苑:溜息
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえず…これも部活動の1つと思えばいいのでは?」
神原タクミ:「おっと、みんなすこし離れとけ フェズメニア以外な」
神原タクミ:急に動いた時のために
神原タクミ:全員下がらせときます
新条アカネ:「なんかドキドキしてきた」
神原タクミ:アカネをかばいつつね!()
新条アカネ:はめますか?
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「一体何が起きるんでしょう?」((*・ω・*)wkwk)
フェズメニア・L・オッドバロン:「じゃあ...嵌めますわよ...
フェズメニア・L・オッドバロン:?」
フェズメニア・L・オッドバロン:カチャリ
新条アカネ:ぶぅん
GM/天ノ羽々斬:何かが起動する音が聞こえる。
GM/天ノ羽々斬:ではビーコンの目覚めです。RPどーぞ
神原タクミ:ハイパー一人二役タイム
定春:てってれー
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):ファイトですよ〜(´∀`*)
フェズメニア・L・オッドバロン:「な...何か音がしますわ...な、なにが起こるんですの...?」
天霧マシロ:「(コイツ…やっぱり…!!)」
フェズメニア・L・オッドバロン:その時である
新条アカネ:「うわわ・・・」
神原タクミ:あ
神原タクミ:解説
神原タクミ:ビーコンのクラスのメタルライブは
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「??」(辺りを見渡している)
神原タクミ:一般的にはとある国が開発したAI搭載ロボとして認識されてます
神原タクミ:(まぁ話すまでメタルライブとすら気づけないけど)
神原タクミ:(宇宙から来た設定は知る人ぞ知るなので、一般人は知らないから、経験者などの一分注意ね)
神原タクミ:(そもそも知らない人は関係ない)
天霧マシロ:まぁ、マシロは(フォーチュンとしての)仕事柄、ある程度は理解がある、みたいな感じで
グランドビーコンジェネラル:フィフィフィフィフィフィフィフィフィ.......!ギガゴゴゴ..!ゴキン...コココココ...! 
新条アカネ:「変形した!?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「おお!?」(少し目を輝かせて見ている)
伏見 アオ:「おー、カッコイイ」
フェズメニア・L・オッドバロン:「いやぁぁぁぁぁ!こんなのきいてませんわよぉぉぉぉぉ!」
睦月紫苑:「メニアさん 落ち着いて 落ち着いて……うるさいから(ボソ)」
神原タクミ:「変形ミーレス……いや、これガーディアンだよな多分?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「おお!? 変形!?」(眼を輝かせて見ている)
グランドビーコンジェネラル:「おおおお...力が漲る...ALTIMAの活力を感じる...!今が...覚醒めのときか...!」
伏見 アオ:「へぇ、ガーディアンってこんなのもあるのか?」
新条アカネ:「いやよほどじゃないかぎりしゃべらないよ!?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「おお〜 喋るガーディアンを初めて見ました!」
神原タクミ:「確か、メタルライブが人工知能搭載型とか聞いたぞ」
システム:定春さんが、入室しました。
グランドビーコンジェネラル:「ここは...何処だ......人間...メタル...ライブ...!!!メタルライブは...敵...!排除...する!!!」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「そうなんですか?」
グランドビーコンジェネラル:ガチャガチャガチャ...ジャキーン!
神原タクミ:「メタルライブが敵って、メタガイストのほうかよ!?」
グランドビーコンジェネラル:ビーコンは ブラスターを 構えている
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「あれ? もしかして私たち…敵として認識されたりとかしてませんよね?」
新条アカネ:「わぁぁぁ!?」
神原タクミ:「うわやべぇ!」
伏見 アオ:「おーおー、血の気が荒いねぇ。…あぁいうのでも血の気って言うのか?」
グランドビーコンジェネラル:「ああ...ああああ...」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「あちゃー…どうしましょうかこれー」(呑気に水筒からお茶を飲んでいる)
新条アカネ:「あなたを目覚めさせたのは人間だよ!? ってアオは意外とうろたえていない!?」
新条アカネ:「朝美までー!?」
システム:長田空真さんが、入室しました。
睦月紫苑:ハサミ おK?
フェズメニア・L・オッドバロン:「いやぁぁぁぁぁ!もうどうすればいいんですの~!!!」
神原タクミ:??
神原タクミ:ハサミ?
神原タクミ:よくわからんけどやってみたら?
睦月紫苑:銃口塞ぐこと可?
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえず どうにかして青い石を取れませんか〜?」
神原タクミ:大きさが違いすぎるから多分……
DEMONBANE@天斗:大丈夫よ
睦月紫苑:判定
DEMONBANE@天斗:すこしまて
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):いいんかい!
新条アカネ:いいっていうのはな、このままでも大丈夫ということじゃ
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):なるほど
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「石をはめたら動き出したなら それを取ればいいかと思うのですが〜」(水筒を仕舞いながら)
天霧マシロ:「そういう問題?」
DEMONBANE@天斗:とりあえずはさみは無理だし運転席露出してないよ
神原タクミ:あれだろ 変形と同時にハンドル仕舞い込まれてるんだろ
伏見 アオ:「まぁなんとかなるんじゃねぇの?知らねぇけど」
睦月紫苑:んー じゃ短刀で
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):あちゃー
神原タクミ:えっと
神原タクミ:ガーディアン≒巨大ロボ なので
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえずどうにかなるかと(´∀`*)」
神原タクミ:小さくともボウリングの球くらいの大きさないと銃口塞げないかと()
睦月紫苑:そうなのか (´・ω・`)
グランドビーコンジェネラル:「武器をしまえ人間...!そのようなもので俺が止められると思うのか!」
神原タクミ:「……」
グランドビーコンジェネラル:因みにジェネラルこれでも6mあります。しぬよ?
新条アカネ:「うう・・・」
神原タクミ:アカネとビーコンの間に立ってますね
天霧マシロ:「何かおかしいわね…、完全に敵意むき出しよアイツ」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえず貴方もその装備を仕舞わないと私達も安心できないのですがー?」
伏見 アオ:「…なんか見上げんの首痛くなってくるな…」
睦月紫苑:「? 攻撃しようと 武器構えてるやつがいうことなの   それ?」
フェズメニア・L・オッドバロン:「ひぃぃぃぃ!どうすればいいんですのよぉぉぉ!!!」
神原タクミ:あれ、これ恐怖感抱くのが普通のシーンなのでは()
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「と言うより今この場に武器構えてる人っていました?」
睦月紫苑:ハサミと犬
神原タクミ:ほら
神原タクミ:はさみ
神原タクミ:短刀
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):あっ…
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「…………構えてましたね…(苦笑)」
リュミエール:「フェズメニア・L・オッドバロン、まずは落ち着いてください」
新条アカネ:「・・・ううん、とりあえず記憶あるの? 名前とか無いの?」
グランドビーコンジェネラル:「...うぐぅぅぅぅ!頭が...割れる...女...叫ぶな...やめろぉぉぉ...!!!」
睦月紫苑:「なに  これ?」
伏見 アオ:「お、なんかダメージ与えてる」
グランドビーコンジェネラル:話を聞かずにブラスターを乱射するよ
グランドビーコンジェネラル:ビシュンビシュンビシュン
新条アカネ:「うわぁぁぁ!?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「あっ…これ不味くないです?」
天霧マシロ:「って危なし!?!?」
伏見 アオ:「あれって弾切れとかあったりすんの?」
睦月紫苑:さすがに アニメごとくに銃弾斬るのはできないか・・・
新条アカネ:「冷静過ぎじゃない!? ひぃぃ」
神原タクミ:「!フェズメニア!大声を出せ!」
フェズメニア・L・オッドバロン:「きゃぁぁぁぁぁ!な...なんで大声なんですのぉぉぉ!ひぃぃぃぃ!」
定春:単身で国から逃走してその辺にあるガーディアンかっぱらってくる人だから、肝は異様に座ってる気がする( ˇωˇ )
神原タクミ:(さっきフェズメニアが大声を上げた時、アイツは一瞬止まった、つまり、あいつの声か、あそこで叫ばれるのは弱点かもしれねぇ!)
リュミエール:「などと言いつつちゃんと大声を上げるのですね。感心します」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえずどうしましょうかこれー」(呑気に弾を避けつつ)
睦月紫苑:「あれはどうなった?」
伏見 アオ:「あれ普通にテンパってるだけじゃねぇの?」
グランドビーコンジェネラル:「うごぉぉぉぉぉ...!やめろぉぉぉ...!うぐわぁぁぁ...!!!.................」
神原タクミ:「と、止まった……」
新条アカネ:「・・・・・とまった・・・?」
グランドビーコンジェネラル:どんがらがっしゃーん
睦月紫苑:「あ 終わった」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「あっ止まりましたね〜」
伏見 アオ:「おーい、生きてるかー?」
神原タクミ:「っぶねぇ……アカネ、怪我はねぇか?」
新条アカネ:「わたしは・・・それよりも! 大丈夫!?」
天霧マシロ:「あー、フェズメニアさーん、死んでるー?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「私は大丈夫ですよ〜」
新条アカネ:たーっとフェズのもとに駆けていく
睦月紫苑:「メニアさん 生きてる?」
グランドビーコンジェネラル:「ふぇ...?もう...安全ですの?」
神原タクミ:「あっ、待てって!」
神原タクミ:追いかけます
フェズメニア・L・オッドバロン:やっちまった
新条アカネ:くっそwwww
睦月紫苑:wwww
神原タクミ:急にグランドビーコンジェネラルが萌キャラになった()
睦月紫苑:www
定春:wwwwww
フェズメニア・L・オッドバロン:あとでけして...
睦月紫苑:草刈り機 必須案件
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):w
定春:ふぇwww6mがふぇwww
天霧マシロ:これはひどい
新条アカネ:じゃあ脳内変換をとりあえずしておくとして
フェズメニア・L・オッドバロン:「ふぇ...?もう安全ですの?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):やばwww腹筋崩壊したわwww
新条アカネ:「フェズ! 大丈夫!? 怪我とか無い!?」
DEMONBANE@天斗:その時である
新条アカネ:がくがく
神原タクミ:「オイ揺するんじゃねえ! 脳に負担がかかるかもしれねぇ!」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「フェズメニアさーん 生きてますか〜?」
神原タクミ:とりあえず呼吸のチェックと脈図ろうとするよ
睦月紫苑:「あれ 動かないように しなくていいの?」
新条アカネ:「あ」
新条アカネ:「そうじゃん! 離れないと・・・」
睦月紫苑:許可が下りるなら 鎖かなにかで動き封じたい
神原タクミ:「とりあえずフェズメニアは俺が抱えてくから……」
新条アカネ:デモン君次第じゃな
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえず再起動する前に何とかしないとですね〜」
伏見 アオ:「はーん、こいつまだ動くの?なんか可哀想な感じしてんだけど」
グランドビーコンジェネラル:は...汎用量...型ビーコンAI再起ddddddd...私は兵士だ...今日も...仲間が減った...私たちは...いつまで戦えばいい...ああ、まだ私の番はこないか...
神原タクミ:「再起動した!?」
新条アカネ:「でもなんか、さっきとは雰囲気が・・・」
睦月紫苑:シャットダウン
伏見 アオ:「おぉ?おーい。落ち着いたかー?」
新条アカネ:パソコンじゃねェwww
神原タクミ:あ、急いでまたビーコンとアカネ(とフェズメニア)の間に立つようにしてますね
グランドビーコンジェネラル:再起動プロセスを実koしま...まさか...嘘だ...俺たちは...裏切られたというのか...!そんな...
睦月紫苑:機械なら 道理はどこかで似る シャットダウンすればいい
天霧マシロ:「壊れた?」
新条アカネ:機械生命体なんで一応生き物の分類
睦月紫苑:それか 強制終了させる
神原タクミ:えっとねぇ
神原タクミ:問題は、そのスイッチがどこに有るかまったくわからないのですよ
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「………今は再起動しなくていいです… あなたの出番はまだ先かと…」
睦月紫苑:うーん じゃ 動力源落とす
新条アカネ:「裏切られた・・・」
神原タクミ:(というか実はコイツラ金属生命体なので、細胞が金属製だったりロボットっぽいけど、一応生命体なので、電源スイッチ はないのです多分)
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):とまあ 語りかけてみるー
神原タクミ:(やっぱり動力源がどこにあるかわからないというか、動力源らしきものは取り込まれたまま出す方法がない())
神原タクミ:(さっきの宝石ね)
新条アカネ:動力源不明、電源不明、入力機器は音声認識のみで意思がある機械だ。
神原タクミ:真っ二つにすれば!と思いたいが、流石に道具がない() 大きすぎるからな
伏見 アオ:「なんか複雑な事情でもありそうだな」
新条アカネ:というかメタ的には味方なんじゃからそこまでカリカリせんでも
新条アカネ:(ぉ
睦月紫苑:「めんどくさい」(目がタヒんでる)
グランドビーコンジェネラル:嘘だ...嘘だ...嘘だ嘘だぁぁぁぁぁ...ザザザザ...再起動プロセス...70%...
睦月紫苑:「なにあれ」(ドン引き)
天霧マシロ:「70%…ね。100%になったらこいつも落ち着くんじゃない?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「あれ? これやばくないです? あと30%で再起動してしまう気がします〜」
伏見 アオ:「あ、なんか再起動進んでんな。よーしよしよし、頑張れー」
神原タクミ:「早く出口に……しまった、さっきの銃撃でドアがひしゃげてる!」
新条アカネ:「裏切られた・・・捨てられたんだ、きっと・・・」
睦月紫苑:「動き封じればよかった」(後悔)
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「えー 退路/Zeroですか…」
睦月紫苑:おい
神原タクミ:「裏切られたって、コイツが他の誰かにってことか?」
睦月紫苑:おい言い方
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):なんかやりたくなったwww
神原タクミ:www
グランドビーコンジェネラル:再起動プロセス...コンプリート。グゴゴゴゴゴ...
伏見 アオ:「お、コンプリートだって。終わったってことか?」
新条アカネ:「冷静に考えても見てよシオン。ふつう、メタガイストなら・・・こんな風に人間の家で偽装なんてしないよ」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「可能性はありますね……」
神原タクミ:「しまった、みんなすこしでも離れろ!」
新条アカネ:「・・・たぶん、大丈夫」
グランドビーコンジェネラル:「.......ゥオオオオオオオ!!!デスクロームゥ!!!!!」
伏見 アオ:(離れません( ˇωˇ ))
新条アカネ:「え?誰それ」
神原タクミ:「え?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「? 誰ですかそれー?」
システム:定春さんが、入室しました。
神原タクミ:「デスクローム?」
睦月紫苑:そもそも 人名なの?
神原タクミ:まぁ人名でもそうじゃなくても知らない名前だねぇ
GM/天ノ羽々斬:※デスクローム将軍。異次元からの侵略者にして機械生命体軍団・メタガイストの首領。
グランドビーコンジェネラル:「..................そうか。そうだったな。」
伏見 アオ:「おーい、デスクロームってなんだー?っていうか、アンタの名前はー?」
睦月紫苑:「めんどくさい あれか未練がましいってやつですか めんどくさい」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「とりあえずおちつきましたー?」
グランドビーコンジェネラル:「私の...名前...個体番号...わからぬ...シャーシ...ビーコンG型...」
天霧マシロ:「別の意味で混乱してるみたいね、ありゃ」
システム:長田空真さんが、入室しました。
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「うーん……さてどうしましょうかこれー…」
グランドビーコンジェネラル:「......グランド...ビーコン......ジェネラル...仲間が...くれた...名称」
睦月紫苑:「メニアさん とりあえず適当にあれの名前よんでみて」
伏見 アオ:「グランドビーコンビェネラル?へぇ、かっこいいな」
グランドビーコンジェネラル:「えええっ!?わ、わたくしがやるんですの!?」
新条アカネ:くっそwwwww
グランドビーコンジェネラル:matayattimatta
睦月紫苑:wwwwwwwwwwwwwwwww
神原タクミ:「ああ、最初に呼ぶべきなのはお前だろ」(会話の順番は後で直しときます)
定春:wwwwww
新条アカネ:つ【除草剤】
神原タクミ:やっぱりグランドビーコンジェネラルさん いや、ちゃんは萌キャラじゃないかな()
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):wwwwww(腹筋崩壊第2弾)
フェズメニア・L・オッドバロン:「...グ...グランドビーコンジェネラル...さん?落ち着きましたの?」
睦月紫苑:「え だって あれの持ち主メニアさんでしょ? 飼い主が呼ばなきゃ  ねえ?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「個体の名前は操縦者が呼ぶものですね〜」
天霧マシロ:「そうそう」
神原タクミ:「なんか乗らなくてもパートナー的な感じだよなぁ」
新条アカネ:「飼い主ってひどくない? せめて保有者とか管理者とか・・・」
伏見 アオ:「普通にパートナーでいいんじゃねぇの?」
神原タクミ:タクミ「じゃあやっぱりパートナーだろ」
新条アカネ:やいのやいの
グランドビーコンジェネラル:「ああ、その声は.........聞き覚えがある...。私が眠っている間...女性の声がしたのだ...」
新条アカネ:「へぇー・・・」
グランドビーコンジェネラル:「とても心地のいい声だった...底なしの暗闇にあっても不安を感じない...そんな声だ...」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「なるほど? 何度言っていたか思い出せます?」
伏見 アオ:「お、これは愛ってやつか?」
グランドビーコンジェネラル:フェズメニアに近づくよ
フェズメニア・L・オッドバロン:「ひぃっ...こっちに来ますわタクミ!」
神原タクミ:「グランドビーコンジェネラルって言ったか、お前、さっき何したかわかってんのか?」
睦月紫苑:(飼い主がんばって)
神原タクミ:「周り見てみろ あのドアも さっきまでのお前が暴れたせいで、俺たちはここからすぐに出ることも出来ねぇんだぞ そんな状況ではいそうですかと近づかせられるか」
グランドビーコンジェネラル:「先ほど...?すまない...データを確認する。」
システム:長田空真さんが、入室しました。
伏見 アオ:「お、データとかあんのか」
新条アカネ:「・・・覚えていない・・・?」
神原タクミ:「まぁ、思いっきり人格違うしな……」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「………」(少しだけ警戒モード でも笑みを浮かべて フェズメニアさんの近くに立っている)
グランドビーコンジェネラル:「......これはっ...!!!......何ということをしたのだ私は...!」
新条アカネ:「・・・内海君ならこういうの詳しそうなんだけどな(マイクで拾えないくらい小声)」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「………いろいろ把握したようですね?」
神原タクミ:「……?」(聞き間違いじゃなかったら、ウツミ って言ったのか? 誰だそいつ?)
伏見 アオ:「思い出せたっぽいな。良かった良かった。…良かったのか?」
神原タクミ:第六感()で少しだけムッとしますね ほんの僅か
リュミエール:「理解しましたか?」
新条アカネ:「よかったとおもう。それに、あんな風に落ち込んでる人が悪い人には・・・思えないかな。うん」
グランドビーコンジェネラル:「...すまなかった。信じてくれないだろうが、今の私は君たちに危害を加える気概は全くない」
神原タクミ:「……まぁ、反省してんならいいが…… だが、お前に近づくかは本人の意志次第だぞ」
グランドビーコンジェネラル:武装解除してブラスターとか落とすよ
伏見 アオ:「普通にいい人…?そうじゃねぇか」
睦月紫苑:「メニアさんは どうするの?」
フェズメニア・L・オッドバロン:「あ......一体あなたは何なんですの!?オークションに出されていたと思ったら
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「………とりあえず攻撃の意思は無さげですね〜?」(警戒をとく)
フェズメニア・L・オッドバロン:やっちまったぜ
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):www
天霧マシロ:「殺気は失せたかしら…」
睦月紫苑:?????
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「どうするかはフェズメニアさん次第なのですが〜」
フェズメニア・L・オッドバロン:「あなたは...なんなんですの?わたくし達に...教えてくださいませんこと...?」
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):「…そこはとても気になりますね〜」(ドアの残骸に座って水筒からお茶を少し飲みつつ)
グランドビーコンジェネラル:「......いいだろう。麗しき少女よ。教えよう...私のことを...もうメタガイストですらない裏切り物の私の事を」
伏見 アオ:「裏切り者…なるほど、ボクの仲間みたいなもんか(小声)」
グランドビーコンジェネラル:続きは次回!
新条アカネ:シーンエンド
ルヴェール・アリステラ(春宮朝美):お疲れ様〜
定春:アホみたいなちゃちゃを入れ続ける人生だった꜀(.௰. ꜆)꜄”
神原タクミ:お疲れ様ー
神原タクミ:20分前後になったらログ回収しますです
天霧マシロ:乙です(今回RP少なかった…?)
ノエル:お疲れ様です〜 おやすみなさい!
ノエル:良い夢を!(´∀`*)
睦月紫苑:おつかレイアー(キャラ こうしないと置いてけぼりにされると思った)
システム:ノエルさんが、入室しました。
システム:ノエルさんが、退室しました。
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。