【ソード・ワールド2.0】リプレイ「CP【フォビドゥンタワー】時を巡る記憶の塔 第七話-2」

山火事リプレイ  0
登録日:2021/06/29 20:15最終更新日:2021/06/29 20:15


リゥ・ラン : 成長報告を書き込み、ファイター11のレンジャー4に成長、武器習熟S:アックスを習得
GM : おお、LV11か
GM : 種族特徴が進化するんだよね
GM : というか点呼!
リゥ・ラン : 精神抵抗が20という意味不明!
アル・フォンドラ : はーい
GM : かてぇ!
GM : 精神抵抗20いったのFGだと二人しかいねぇんだよな…
アル・フォンドラ : マナセーブでウーンズの消費が1になったぜ
GM : プリ特有の
ネモ : やっべ…遅刻しました
リゥ・ラン : あとここの扉が終わったら武器が進化(買い替え)をする予定
GM : ここまでくるとコスパでFテイマーにかてる
GM : おっ待ってくださいよぉ(多分こっちでも強化するかも)
カティ : HEYYA
GM : よしそろったな
カティ : 成長してねえ!
GM : まぁ最初は多分アル君に時間取るからそん時にやっておけばいいと思うよ
カティ : どこ...どこ...
リゥ・ラン : あと名誉点がたらん!
GM : というわけでFTキャンペーン第七話続き?やっていきましょう
GM : よろしくお願いします~
リゥ・ラン : あーリザルトが消えてるも消えてるから
GM : コミュニティにとってあるゾ
GM : じゃけんオンセンいきましょうねぇ~
カティ : 通知来てない...あひぃ
アル・フォンドラ : 経験点が3450+ピンゾロとかだった気がする
GM : 多分日記書いてた時にみたんじゃね?だと思うんですけど
GM : というわけで準備大丈夫じゃなさそうなのでちょっと待つわ
リゥ・ラン : HPとか回復させておいていいです?
GM : いいよ
system : [ リゥ・ラン ] HP : 8 → 74
system : [ リゥ・ラン ] MP : 10 → 18
カティ : 成長はしとくからすすめておいてくだし
GM : あーい、では改めて点呼
ネモ : ワイトも成長忘れてたので今からやります…
ネモ : おります
リゥ・ラン : えります
GM : 多分禪院おるな
アル・フォンドラ : はき
GM : では改めてFTCP第七話?やっていきまーすよろしくお願いします~
GM : というわけで前回のあらすじ!
アル・フォンドラ : タヒんだ!
GM : VS魔道天使、相手はタヒぬ
リゥ・ラン : まぁ無理だよね、あれ
GM : 同居人の職場を漁る一行
GM : 19XX年、アレクサンドラ藩は核の炎に包まれた!
GM : と、いったところからですね
GM : 因みにちゃんと公式に沿って進めてはいるからね…?
GM : ではまず何から始めっか
GM : そういえばアル君には塔に帰ってからのRPやるって約束してたっけ?
GM : やる?
アル・フォンドラ : 他の人やることないなら
GM : まぁやるべ、せっかくだし
GM : と、いうわけで
GM : 時間は少々遡り一日前
アル・フォンドラ : 「うぅ…」
GM : 見事にぶっ飛ばされたアル君はグランドエントランスの花園で床ペロしてました
アル・フォンドラ : 「…あれ?僕はやられたはずでは…」
GM : グラーニア「いや、だからですよ」
アル・フォンドラ : 「あ、グラーニアさん?」
GM : グラーニア「塔力にはタヒ亡時に塔に逃がす機能もありますので」
アル・フォンドラ : 「って事はここは…」
GM : グラーニア「はい、グランドエントランスです」
アル・フォンドラ : 「そっか…皆はまだ?」
GM : グラーニア「今のところはですね、兎にも角にも一度休まれては?」
GM : グラーニア「…しかし、第六の扉ですか」
アル・フォンドラ : 「…大丈夫、かな」
アル・フォンドラ : 「…皆にまた迷惑を…」
GM : グラーニア「ま、失敗するのは別に悪いことではありませんし」
GM : グラーニア「幸いここの扉には干渉が起きてません、失敗しながら進んでいくのも手ですよ」
アル・フォンドラ : 「…はい」
アル・フォンドラ : 「…」穢れを確認している
GM : グラーニア「兎にも角にも、一度心をしっかり休めるべきでしょう、そうしないと同じ過ちを繰り返すことになります、それではつまらない」
アル・フォンドラ : 「…皆帰ってきたらまた謝ろうか…」自室に戻ります
GM : グラーニア「やれやれですね~?」
GM : …というわけで本編、というか時間軸を戻しましょうか、
GM : 三人いる~?
リゥ・ラン : ほほほい
ネモ : あい
GM : カティちゃんはまぁエアロ
GM : では眩い閃光を背負いながら黒曜石の扉を開けて皆さんが塔に帰還します
リゥ・ラン : とりあえずアルくんを探そう
GM : グランドエントランスなので人魚とグラーニアしかいないよ
リゥ・ラン : 「アルくんは!?戻ってない?!」とりあえず適当に近くのグラーニアにきこう
GM : グラーニア「あ、おかえりなさい」
GM : グラーニア「彼なら先日意気消沈してたので自室で休ませてますね」
アル・フォンドラ : 「…」チラ
リゥ・ラン : じゃあ自室へダッシュー
ネモ : じゃあこっちはエントランスで止まるんじゃねえぞしてるから、なんかあったら叩き起してくれ
アル・フォンドラ : 「おかえりなさい…」
GM : 君は扉から帰ってきたんだからオルガにはなれないよ
リゥ・ラン : 急ブレーキかけてアル君に向かって突進しよう
GM : シオン「すごい、110度の華麗なターンです」
リゥ・ラン : で、無言で抱きしめよう
アル・フォンドラ : 「り、りぅ…さん?」
アル・フォンドラ : 「苦しい…です」
リゥ・ラン : 「よかった・・・ちゃんと生きてるね」全力でベアハッグ中
アル・フォンドラ : 「み、みたいです…」
アル・フォンドラ : 「ごめんなさい…勝手に行動して」
リゥ・ラン : 「ん、こちらこそ。アルくんのこと考えてなかった・・・」静かにおろそう
リゥ・ラン : 「うん。次は頑張るから、頑張ろう」手を差し出す
アル・フォンドラ : 「…リゥさん」
アル・フォンドラ : 「…僕も、強くなるから…見てて?」
アル・フォンドラ : 「…取り敢えずお風呂入ってくるね。 流石に…ヘトヘトでしょ皆も」
リゥ・ラン : 「・・・そうだね。とりあえずあそこで尻突き出して寝てるネモ少年をおこすか」
GM : シオン「いい加減起きてください!というか汚いもの丸出しにしてないでください!」
GM : ペシペシ
アル・フォンドラ : 「…カティちゃんは…うん、タヒぬって柄じゃないよね」着ぐるみを見つけたようだ
ネモ : 「トドメを刺そうとしないでくれ…今起きるから」
リゥ・ラン : とりあえずどっちも拾って風呂にダイブしよう
GM : シオン「はいおはようございます」
GM : ではスーパーフーロータイム
ネモ : 「目覚ましならもう少し優しくだなぁ…」
アル・フォンドラ : 記憶を少し取り戻す
アル・フォンドラ : 「…」
GM : とりあえずフーロータイム処理しようか
GM : 禪院1d6どうぞ~
リゥ・ラン : 1d6 (1D6) > 4
アル・フォンドラ : 1d (1D6) > 1
ネモ : 1d6 (1D6) > 3
GM : 大浴場イベント表出目:発生するイベント1.2:特になし3:自身の記憶のうち、共に戦った者や自身の大切な人の記憶を思い出します  CGI『記憶の断片』のうち【???】【最愛】のリコレクト要素を持つものを  同じリコレクト要素のCGI『確定した記憶』に変換します4:自身の記憶のうち、大切な約束や倒すべき存在の記憶を思い出します   CGI『記憶の断片』のうち【約束】【勝利】のリコレクト要素を持つものを  同じリコレクト要素のCGI『確定した記憶』に変換します5.6:心地よい湯でリフレッシュします   CGI『記憶の断片』のうち【絶望】のリコレクト要素を持つものを一つ消すことが出来ます
GM : 不味いですよ!
アル・フォンドラ : うーん?
GM : ネモ君…記憶揃っちゃったねぇ
ネモ : 2つめかな?
GM : 3つ目やで
ネモ : あれ?そやっけ?
リゥ・ラン : HAHAHA
GM : このやり取り前もやったよね
アル・フォンドラ : コイン使って良いっすか(小声)
GM : リゥさんは…無意味
GM : あ、いいっすよ
ネモ : この前昔の相方みたいなのと組んだ話は見た
リゥ・ラン : 破壊神ネモが前世復活してシナリオ終了か・・・
カティ : 1d (1D6) > 4
リゥ・ラン : あ、リゥさんは風呂に入りたかっただけです
GM : まぁリコレクトで揃うタイミングと実際にシナリオ上で揃うタイミングは別ってことで
カティ : だめだわー
カティ : 絶望が消えない
GM : じゃあ変わったのはネモネモ君だけということで
アル・フォンドラ : 1d 許可出てた (1D6) > 4
アル・フォンドラ : そっちじゃねぇ!
GM : というかネモ君の記憶は揃うと強制的に別シナリオに飛ぶので…
ネモ : 強制エンド
GM : えっと、アル君はこれでいい?
リゥ・ラン : カルマルート直行か
アル・フォンドラ : まぁいいっすよ
GM : じゃあリコレクト/勝利が変わって記憶の断片/最愛化
アル・フォンドラ : 欠片が手に入った!
GM : そしてアル君もリーチだね
GM : さて、どうすっか
GM : (正直このタイミングでネモ君シナリオに入るのは想定外だった)
GM : ので後回しにしていいスカ…?>ネモ君シナリオ
アル・フォンドラ : 草
GM : ダメなら頑張ってネモ君シナリオに入ります
ネモ : 後回しでええで
リゥ・ラン : じゃあこのまま6の扉を攻略して、終わったらネモルートに直行か
GM : になりたいところなんだけどそれが難しいのが6の扉なんですよねぇ…まま、ええわ
GM : じゃあお風呂RPなければNPCから色々話して次の方針決めに移りますね
リゥ・ラン : 「とりあえず城に入る方法はわかったけど、どうしたもんかねぇ、あれ」
アル・フォンドラ : 風呂RPどする?
ネモ : お、それならアレだわ
リゥ・ラン : 風呂に入りながら相談してる
アル・フォンドラ : ネモくん何かあるのかにゃ?
ネモ : 「穢れが溜まったみたいな説明聞いたけど、あれ使うか?」
GM : キリのいい所で教えてね~
アル・フォンドラ : 「…あー」
アル・フォンドラ : 「…大丈夫です、取れた事の方がイレギュラーなんですし、僕は僕のままでいたいです」
アル・フォンドラ : 「…それに」
ネモ : 「それに?」
アル・フォンドラ : 「何だか僕、穢れだからどうこうって感じじゃ無かった気がするので…」何かを思い出したような?
GM : ほうほう
リゥ・ラン : 「ははは、さすがアルくんだねぇ」抱きしめて頭にほおずりしてる
アル・フォンドラ : 「あー…うー…?」まだごちゃごちゃしているようだ
ネモ : 「んだよ、ならこの前のも返そうか?」冗談半分に
アル・フォンドラ : 「リ、リゥさん!?」例の如く慌てて離れてる
アル・フォンドラ : 「…あ、いえ…その…」
GM : 混浴だからね、しょうがないね
アル・フォンドラ : 「リゥさんなら…そろそろなれないと…ですよね…」
リゥ・ラン : 「えー減るもんじゃないんだからいいじゃないか。ちゃんと生きてるんだからうれしいんだよ?」
リゥ・ラン : あと諸々確認する必要があるしね(ぼそっ
GM : ?
ネモ : 「仲良いねぇ」
アル・フォンドラ : 「うーん…ごめんなさい……何となく女性には慣れてなくて…」
ネモ : おぉ不穏不穏
リゥ・ラン : 手とか脚とか触りまくります
アル・フォンドラ : choice[勇気をだして逆に抱き返してみる,今はこれが精一杯,緊張からか気絶] (choice[勇気をだして逆に抱き返してみる,今はこれが精一杯,緊張からか気絶]) > 緊張からか気絶
アル・フォンドラ : 「ふぇぇぇ…」
GM : シオン「タヒんだー?!」
アル・フォンドラ : ぶくぶくぶく…
リゥ・ラン : 「あちゃー」
リゥ・ラン : 抱えて引き上げよう
GM : シオン「アチャーじゃないですよ?!」
リゥ・ラン : ・・・ついでにひん剥いてけがのあととかないか確認しておこう
GM : うむそうだねぇ
アル・フォンドラ : まぁ多少はね?
GM : コレに関しては記述がないからなぁ(傷が云々)
リゥ・ラン : あ、きれいにないとうれしい
アル・フォンドラ : そうだねぇ…
GM : まぁ魔法で癒えるレベルの生傷はないかな
ネモ : 「あーらら…」大変な事になったなぁとは思って見てるけど止めはしない
GM : 腕とか飛んでたら流石にかな、くらい、なので大丈夫だと思うよ
リゥ・ラン : 「なるほど、目立った傷跡は残ってない、と。やっぱりね」うなずいてる
GM : (すべすべもちはだ)
アル・フォンドラ : 10歳ですしすべすべだねー顔色悪いぐらい
リゥ・ラン : じゃあきれいに服を戻して涼ませてあげよう
アル・フォンドラ : 「すぴすぴ…」多分エントランスのソファで寝てるのかな?
アル・フォンドラ : 私からは今のところコンぐらいですー
GM : シオン「というか」「今日は…というかしばらくは一応休みましょうか、再攻略に出向くにしても、一旦ゆっくり身も心も休めるべきです、ずっと徹夜にエナドリで無理してたんですから」
GM : シオン「一番無理してたのはリゥさんなんですからね?」
リゥ・ラン : 「まぁそうだね。ちょっとゆっくり鍛えなおすかなー」
GM : シオン「鍛え直すって…休むんですよ?」
リゥ・ラン : 「え?」
GM : シオン「休む、です」「無理な体と心を無理に動かしても意味がないですよ」
リゥ・ラン : 「わかった。じゃあ軽く流しつつ休もう」
リゥ・ラン : さすがに何もしないと体が鈍るからね
GM : シオン「…ちゃんと休むんですよ?気持ちが落ち込んだりしてる時ほどです」
GM : ネモ君に一瞬視線を向けながらそうリゥさんに伝えますね
リゥ・ラン : 「心配してくれるのはうれしいけど、私はそんなに落ち込んだりはしていないよ?むしろやっとわかりかけてきたところだからね」
GM : シオン「…まぁリゥさんの心のうちは私はわかりませんけど、なんとなく、心配になっちゃったので」
GM : シオン「なんていうか、そういう雰囲気してるんですよ、私が良く見てた」
リゥ・ラン : 「ふむ、それならネモ少年の方を心配してあげるといいんじゃないかな。」
GM : シオン「…むぅ」頬を膨らませながらネモ君の方へ向かってしまいますね
アル・フォンドラ : 「う、うーん…本当の強さ…」軽くうなされている
リゥ・ラン : アルくんを回収してそろそろ上がろう
GM : あれ?もう風呂あがりしてないっけ?
GM : まぁいいかぁ!
アル・フォンドラ : 因みにアル君は自室に戻す?リゥさんの部屋に持っていっちゃう?
アル・フォンドラ : あがってはいるよ
GM : 自室周りどうだっけか
リゥ・ラン : さすがに自室に返そう
アル・フォンドラ : 取り敢えず気絶してリゥさんに連行されてた
アル・フォンドラ : さて、次の日にして行動方針決めますかね?
GM : お、その前に
GM : 寝るなら一回リゥさんのマスターシーンをやろうかなと
リゥ・ラン : かもん
GM : おけおけ
GM : @@@@@@マスターシーン@@@@@@
GM : さて、ではまず
GM : …貴女が気がつくと…そこは焦土でした
GM : …その地は荒れ果ててはいますが、何処であるかはわかってしまいます
GM : アレクサンドラ藩都です
リゥ・ラン : 「やっぱり。これが結末ってことだね。」
GM : まるで”あのままの、その先”を映したような光景
GM : 貴女に覆いかぶさるようにして倒れ掛かる両腕が顕在のラミアの女性が、貴女を守ったのだと、そう判断できるでしょう
GM : そして貴女の手元には、普段使いの鎧や、ハンドアックスと、例の資料です
GM : さて、どうします?
リゥ・ラン : 覆いかぶさってる女性はウーラ様だよね?
GM : うむ
リゥ・ラン : じゃあここでは冷徹に資料を確認しよう
リゥ・ラン : なにか新しい情報はないかなっと
GM : OK、そこには彷徨の塔についての伝承、まぁすなわち何処に行けば塔がありそうだとか、そういうのが書かれていますね
GM : 取り立てて変わったような情報はありません
リゥ・ラン : なんだそっちのはなしか
GM : お、何が欲しかったん?
リゥ・ラン : ん、6の扉についてというかスーパーノヴァとかそっちの話
GM : あぁそっちの、そういう資料もあるにはあるけど…
GM : 今までで出た以上の情報はないかな?
リゥ・ラン : では仕方ない。このままにしておくのも忍びないので埋めてからその場を去ろう
GM : おっと、じゃあ埋葬が終了した時点で…
GM : ???「おや…?まだ生き残っていたのがいましたか?」
GM : と、大量の気配と共に謎の男が現れます
リゥ・ラン : よし、無視してその場を去ろう
GM : おおっと、そうきたか
GM : ???「神であるこの私を無視するとは…まぁいいでしょう」「所詮廃墟と化したこの地には用はありません、我が侵略においてこの地は無意味です故」
GM : そういって『形を持たない信者の影』を伴った男に見送られてリゥさんはその場を去りました
リゥ・ラン : 「・・・これが私の記憶だとしたら」
リゥ・ラン : 「あの扉にいたウーラ様はなんで腕を失ったのだろうね・・・」
GM : さて、ではちょっとシーンが飛ぶよ
GM : ついで、貴女は別の場所に移る
GM : そこは…彷徨の塔で貴女が最初に目覚めた部屋でした、外に出るための大扉は開かれておりそれを貴女は背にしている
リゥ・ラン : 「・・・今度はここか」
GM : そして目の前には今の所記憶にない女性が一人いました
リゥ・ラン : うーん、前と同じようにしばらくここで待ってみよう
GM : …そして貴女はこのタイミングでこの記憶が『一周目』であることを理解します
GM : そうこうしているうちに相手が口を開きます
GM : 女性「…それは出来ませんね」「いえ、いるのですよ、たまーに、彷徨の塔の力をかぎつけてくる人が」「ですが…この塔は願望器ではありません、なにせ過去改変とゆー絶大な力を誰彼構わず使わせるわけにはいきませんから
リゥ・ラン : 「ま、そういう返答なのはわかってるさ」
GM : 女性「この塔の力を使うには条件があります、とてもシンプルな」「それは、その塔を利用することで第一の剣陣営に有益な結果をもたらすことです」「ですが貴女の願いは蛮族を減らす機会をみすみす失うことに繋がりますので、助ける理由足りえません」
リゥ・ラン : 「だとしても、だ。それでも望むのなら私は何を差し出せばいい?!」
GM : 女性「ふむ…」
GM : そういったその女性は暫くして、口角を歪めながら貴女にその方法を、提案します
GM : 女性「…そーですね、一個、良い手段がありますよ、丁度貴女にはピッタリの」
リゥ・ラン : では、その提案にたいしてためらうことなく了承しましょう
GM : 女性「彷徨の塔を利用し、神をも穀す手段を得る方法が」「…貴女の同一性(そんざい)と引き換えに、ね」
GM : …といったところで目覚めます
GM : @@@@@@
リゥ・ラン : 「はぁー嫌な夢をみた」
GM : シオン「おはよ~ございま~す…もう10時ですけど、大丈夫です?」ガチャ
リゥ・ラン : とりあえず着替えてエントランスに行こう
アル・フォンドラ : 「お、おはようございます」珍しくアル君が朝ごはんを作ってるよ
GM : じゃあアル君料理判定どうぞ
リゥ・ラン : 「・・・珍しいね」
アル・フォンドラ : 料理人+起用度だっけ?
GM : うむ
GM : 器用度値じゃなくって器用度Bの値だよ?
アル・フォンドラ : 2d+0 任せろー (2D6+0) > 3[1,2]+0 > 3
GM : はい
ネモ : あっ…
GM : 最低限食べ物はできました
ネモ : 「炭?」
アル・フォンドラ : 「あはは…うん、僕もなにかみんなの為にしないとなーって思ったんだけど…」
リゥ・ラン : んー、無言でパッと食べてしまおう
GM : シオン「なんてこというんですかネモ…」アル君の料理をネモ君の口に突っ込みながら
アル・フォンドラ : 「お味はいかがでしょうか…!」キラキラ目でネモくんを見よう
リゥ・ラン : 「ごちそうさま。今度一緒に作ろう。教えてあげるから」頭なでながら
アル・フォンドラ : 「あぅ…」
ネモ : 「うっ…美味かったよ」
アル・フォンドラ : 「そっか…そっかぁ…!」謎のガッツポ
ネモ : 「おかげでなんか思い出せそうな気がしてきた…」あまりにも衝撃的な料理で
GM : シオン「おお、ネモも最近は乙女心というものを学び始めているご様子、私としてもうれしい限りです!」
GM : シオン「じゃ、おかわりいきましょっか♡」
アル・フォンドラ : というのもいつも任せてるリゥさんが寝坊したとなればするしかないからな!
リゥ・ラン : 「ちゃんと教えてあげるのも優しさだとおもうんだけどねぇ」
ネモ : 「え?」
アル・フォンドラ : 「沢山あるよ!」ニコニコ
GM : シオン「連続攻撃ぃ!」
アル・フォンドラ : ネモくんやカティちゃんがするとは思えないので…
GM : …因みに
ネモ : 「シオン…アーンして?」
GM : ルームには料理作ってくれるゴーレムいるよ?
ネモ : 道ずれだめてめぇ!
アル・フォンドラ : うん
リゥ・ラン : リゥさんは趣味だし
GM : シオン「もー♡ネモったら♡はいあーん♡」ネモ君の口に料理を突っ込む
アル・フォンドラ : だけど作ってあげたよ(はぁと)
ネモ : 「そっちじゃな」モグモグ
GM : シオン「お、ぉぉぉおぉぉぉぉぉおおおぉ」
リゥ・ラン : 「しょうがない。アルくん、口開けて」
GM : クロスカウンターの形になった
アル・フォンドラ : 「ん?あーん…」
リゥ・ラン : アルくんの料理を放り込んであげよう
アル・フォンドラ : 「むぐむぐ…」
GM : かろうじて食べれますね
GM : ベトベタフードではないくらいの感じ
アル・フォンドラ : choice[33-4,飛び上がる,あれ?いけるぞ?] (choice[33-4,飛び上がる,あれ?いけるぞ?]) > 33-4
アル・フォンドラ : ( 。ω 。)
GM : 結果、キッチンには三つのタヒ体が出来上がりました
リゥ・ラン : 「ちゃんと味見しようね?」
ネモ : タヒ屍累々
アル・フォンドラ : 「ちゃんと本のとおりにしたのに…」
GM : シオン「うそでしょ…?」
アル・フォンドラ : 適量→勘ひと握り→ひと袋切る→そもそもごちゃごちゃ焼く→炭
リゥ・ラン : まぁそうだよね
ネモ : 地獄じゃねえか!
GM : 知力Bを活かしてくれ
リゥ・ラン : いや、料理できない人あるあるだよ、これw
アル・フォンドラ : 勘(知力)にまかせた!
アル・フォンドラ : 僕なら出来る!
リゥ・ラン : 「しょうがないなぁ。その本貸して?」
アル・フォンドラ : 「は、はい…」ぷるぷる
ネモ : そっと昔作ったアイスの機械いじって口直しに食べてる
リゥ・ラン : 「今度アルくんでも作りやすいように追記しておくから。それ読んでもう一回頑張ってみよう」
GM : さて、じゃあ…
GM : このあとどうすっぺ?
GM : もう行く?6の扉
ネモ : 「昔から仲良かったような気がするが、最近もっと距離縮まったか?」遠目でアイス食べながら
リゥ・ラン : 行く前にちょっと情報を整理しよう
GM : (6の扉は6の扉で完結してるのでちゃんとクリアできるよ)
リゥ・ラン : 最終的に城に行かないといけないけど、無策で城に行ったら破壊できない。これはOKだよね
ネモ : やね
リゥ・ラン : となるとどうやって破壊するかって話になるけどやっぱり工場長の爆弾だろうか
カティ : 私に策がある
リゥ・ラン : な、なんだってー
アル・フォンドラ : 出ました紅さん
カティ : ただ持ち合わせている情報が少ない
リゥ・ラン : とりあえず工場長の爆弾の話はみんなに言いふらそう
カティ : 1.なぜ爆弾が完成していないか 何をしたら完成するか
カティ : 2.契約者はどこに行ったか
カティ : うまくいけば契約者を盾にすることができるかもしれん
リゥ・ラン : となると契約者をまず探す必要があるか
リゥ・ラン : 爆弾はネモ少年がいじると完成したりして
ネモ : そういやアレやな
アル・フォンドラ : 契約者…なぁ
リゥ・ラン : ウーラ様に聞くとわかるかもね
ネモ : なんか街の信用度とか結局使わなかったよね?
カティ : 爆弾はたぶんサシャちゃんまでタヒぬのでできるだけやりたくない
カティ : それはそれとして爆弾を持っておくのはアリだと思う
GM : (マスクデータなので表に出ないだけで役立ってるよ信用度)
リゥ・ラン : 契約者と一緒にいくとアレクサンドラ様が正気に戻って一緒に脱出とか、ご都合かね、さすがに
カティ : 瘴気取り戻すかはともかく足を止めるくらいはありそう
GM : まぁ6の扉は原則サプリメント通りに進めるので
カティ : それとほら
カティ : 話す価値無しだったじゃん
カティ : 契約者なら話してくれるかなって
リゥ・ラン : まぁ最低限会話できれば何か突破口があるかも
アル・フォンドラ : そうよね
リゥ・ラン : となると、ウーラ様に契約者について聞く。城とかで契約者について調べる。工場で爆弾を完成させる。
ネモ : 特定のワード拾えれば話聞いてくれる雰囲気ではあったが…
リゥ・ラン : 大体この三つが目標になるのかな
カティ : ですねぇ
GM : お、決まったカイ?
リゥ・ラン : まぁとりあえずやることは決まった
GM : では扉に再挑戦するカイ?
GM : 挑むなら怪鍵二個支払ってね~
リゥ・ラン : 再挑戦DAー
GM : というわけで準備ができたら準備OKって言ってね
カティ : おっけ
アル・フォンドラ : 取り敢えずは
リゥ・ラン : OKー
ネモ : 行くぞー
アル・フォンドラ : 2d インスピレーション (2D6) > 4[1,3] > 4
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 66 → 64
GM : ではいくぞー?
system : [ アル・フォンドラ ] インスピレーション : 0 → 1
アル・フォンドラ : おk
GM : では再び行潦ノ扉-6へGO!
GM : …さて、ちょっとだけ変わった動きも混ぜるか
GM : @@@@@@
GM : では再び皆さんはテント村におりたちました
system : [ GM ] N日目 : 0 → 1
リゥ・ラン : またタヒ体の山かなぁ
GM : と、いうわけで例のイベントがおきるんだけど、会話内容はカットでいいね?
ネモ : やね
GM : もっかいみる?
カティ : 「あ、その人なら知ってるですのだ」
カティ : 「アレクサンドラはこういうかうカクシカジカですのだ」
GM : あ
リゥ・ラン : ここでいうのか
カティ : 「じゃあ用事があるからこれで失礼するのだ」
リゥ・ラン : 面白いからありだけど
GM : トリア「は、はぁ…? あ、モブヨちゃん、こっちおいで」子供「うん…」
アル・フォンドラ : さすが二週目
GM : さて、じゃあどっちに向かうべ?
リゥ・ラン : 工場に向かう?ウーラ様に会いに行く?
アル・フォンドラ : 工場が先かな?
リゥ・ラン : じゃあそうしようか
アル・フォンドラ : 作るのに時間かかったらあれだし
GM : おけおけ、じゃあ先ずは…エリア2?
リゥ・ラン : かな
GM : ふむ、ではでは
GM : 1d6 (1D6) > 3
GM : んで
GM : 広場のランダムイベント行こうか
GM : 1d6 ランダムイベント (1D6) > 6
リゥ・ラン : またひかれるのか
ネモ : GOGO
GM : お、何もないね、ラッキー
GM : 移動を続けます?
リゥ・ラン : ラッキーなのかなぁ、まぁ墓地に移動かな
アル・フォンドラ : 移動じゃー
GM : では墓地のランダムイベントいこうか
GM : 1d6 (1D6) > 1
GM : お、魂の解放が来たね
GM : 時間が巻き戻っているので再戦になるけど正直面倒だな…
ネモ : ……しまったぁ!またあのヘカトンとかと戦うのか
GM : んや、今のはランダムイベントなので
リゥ・ラン : 適当にダメージを与えて終わらせるといいんじゃまいかと提案
GM : おバカとさっきゅ
アル・フォンドラ : コストカット?
GM : まぁ決まりだしやるか?
GM : コストカットするかぁ!
GM : じゃあダメージ出しますね
アル・フォンドラ : 多分前衛は「そういうのいいから」とかあしらってそう
GM : k40+12@13 HPなら二倍、MPなら等倍ダメージ KeyNo.40+12 > 2D:[2,3]=5 > 6+12 > 18
GM : 36点HPか18点MPで選んで~
GM : あとカティちゃん回復しときな?
system : [ リゥ・ラン ] HP : 74 → 38
ネモ : 魔法減らしとくか
system : [ ネモ ] MP : 41 → 23
アル・フォンドラ : 36にしよう
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 51 → 15
リゥ・ラン : アルくんが魔法使うなら36点=MP2点で済むからね
アル・フォンドラ : ウーンズを取り敢えず自分とリゥサンに2回
アル・フォンドラ : 2 2d
アル・フォンドラ : x2 2d #1 (2D6) > 6[5,1] > 6 #2 (2D6) > 6[1,5] > 6
アル・フォンドラ : x4 2d+18 1回目3回目がリゥさん #1 (2D6+18) > 8[5,3]+18 > 26 #2 (2D6+18) > 11[5,6]+18 > 29 #3 (2D6+18) > 8[3,5]+18 > 26 #4 (2D6+18) > 9[4,5]+18 > 27
アル・フォンドラ : ってちがーう
system : [ リゥ・ラン ] HP : 38 → 74
system : [ リゥ・ラン ] HP : 74 → 38
system : [ カティ ] MP : 29 → 62
アル・フォンドラ : x4 k10+18 #1 KeyNo.10+18 > 2D:[3,6]=9 > 5+18 > 23 #2 KeyNo.10+18 > 2D:[3,6]=9 > 5+18 > 23 #3 KeyNo.10+18 > 2D:[5,5]=10 > 5+18 > 23 #4 KeyNo.10+18 > 2D:[2,2]=4 > 1+18 > 19
system : [ カティ ] HP : 1 → 10
アル・フォンドラ : まぁいいか
リゥ・ラン : まぁどっちにしても全快だよね
GM : カティちゃんにも回復飛ばしてあげて…
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 15 → 51
system : [ リゥ・ラン ] HP : 38 → 74
アル・フォンドラ : はーい
アル・フォンドラ : x2 2d 2回ね #1 (2D6) > 5[3,2] > 5 #2 (2D6) > 6[2,4] > 6
アル・フォンドラ : x2 k10+18 #1 KeyNo.10+18 > 2D:[3,2]=5 > 2+18 > 20 #2 KeyNo.10+18 > 2D:[3,6]=9 > 5+18 > 23
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 64 → 58
GM : さて、では次の移動だ
カティ : えーとですね
アル・フォンドラ : 流石の消費
カティ : 私の立地ヒールのがコスパだと思うんですよ
カティ : (25確定で5人同時回復でMP11)
GM : アル君はMP1点で回復20点単体ですね
アル・フォンドラ : ウーンズがmp3-1-1なのよー
GM : MP8点で40点をPC4人にばら撒ける
カティ : 100点を11点でばらまける
アル・フォンドラ : コスパーヒールを超えた…っ!
アル・フォンドラ : というわけでもなかった!
GM : 2.0だからフルケアは可能性の獣ゾ
リゥ・ラン : カティちゃん戦闘に入るとMPがっつり使うからむしろ温存しておいた方がいいのでは
カティ : まーね
GM : ただまぁ4人PTってとこまでかんがみると普通にアル君のが効率いい
アル・フォンドラ : まぁカティちゃんは戦闘で消費するからにゃ、今回は払わせてくれ
system : [ カティ ] HP : 10 → 46
GM : コスパーヒールは人数に応じて効率が増えるし
カティ : 4人で100点をMP11だからまだまだ
ネモ : やっぱフェアテ自由に契約変えれるの強いよなぁ
GM : じゃあ次行きましょう、旧市街でいい?
リゥ・ラン : ほーい
GM : 1d6 ランダムイベント (1D6) > 2
GM : 迷子だ
リゥ・ラン : とりあえず拾おう
GM : イベント05:迷子ですね
GM : 1d6 (1D6) > 1
GM : テント村ですねぇ
リゥ・ラン : ・・・とりあえず連れて行こう
ネモ : 連れて帰ったら絶望しそう
アル・フォンドラ : コレ出目次第では迷い先はここです!とかなるのかなぁ
GM : メゴ・テントビレッジ「ありがとうお姉ちゃんたち!」
GM : 名前を付けることにした
リゥ・ラン : 「あー、うん、まぁ期待はしないように・・・(もごもご)」
GM : さて、移動を継続しますか?
リゥ・ラン : 工場へGOGO
GM : ういうい
GM : とそのまえにわすれもの
GM : 3d6 (3D6) > 12[4,3,5] > 12
GM : んで工場ですけど…
ネモ : また燃えてんだろうなぁ
GM : また燃えてますねぇ~
リゥ・ラン : とりあえず助けよう(みんなが
GM : まぁそうですねぇ…やるの面倒くさいでしょう?
GM : と、いうわけで簡易ルールに変えます
ネモ : ほい
リゥ・ラン : まぁおんなじイベントですしねぇ
アル・フォンドラ : 簡易か
GM : まず目標値22*5で110やな
GM : 次に全員で探索判定を振ってください、リゥさんは前回ので勝手を掴んでいるので達成値+8ね?
GM : んで、その合計で110から引いて足りなかった達成値を22で再度割って端数切り上げ回ダメージでいこうか
リゥ・ラン : ふふふ、レンジャーが上がってるので基準値がちょっと上がってる私をなめるなよー(棒
GM : というわけで禪院探索判定どうぞ
アル・フォンドラ : 2d+10 そぉい (2D6+10) > 7[1,6]+10 > 17
リゥ・ラン : 2d6+7+8 こんどこそ (2D6+7+8) > 4[1,3]+7+8 > 19
ネモ : エクスプローラーエイド貼って
system : [ ネモ ] MP : 23 → 20
リゥ・ラン : やはりだめか
カティ : さぽのれ
アル・フォンドラ : これ6ゾロしたら達成値99999999とかでノーダメにならない?(しないけど)
ネモ : 2d6+12 (2D6+12) > 6[2,4]+12 > 18
カティ : 2d+17 (2D6+17) > 10[5,5]+17 > 27
GM : C(110-17-19--18-27)  c(110-17-19--18-27) > 65
system : [ カティ ] MP : 62 → 57
GM : 一人滅茶苦茶強いな
GM : そしてカティちゃんの頑張りにより全員三回ダメージで済みましたね
アル・フォンドラ : へい
GM : x3 2d6+11 毒属性ダメージかつ炎属性ダメージ #1 (2D6+11) > 6[2,4]+11 > 17 #2 (2D6+11) > 4[2,2]+11 > 15 #3 (2D6+11) > 7[5,2]+11 > 18
GM : 全員50点魔法ダメージです
GM : あ、カティちゃんが乙った
リゥ・ラン : えーと一回ごとに毒属性は6点はじくので
system : [ ネモ ] HP : 63 → 13
アル・フォンドラ : 残り1だが?
リゥ・ラン : 32点か、余裕だな
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 51 → 1
system : [ リゥ・ラン ] HP : 74 → 42
system : [ アル・フォンドラ ] 腹帯 : 0 → 5
ネモ : タヒぬタヒぬ
カティ : 炎軽減つけていいなら生きてるけど
GM : つけていいよ~
カティ : じゃあ50-5-3-3で
カティ : 39
GM : 39だね
system : [ カティ ] HP : 46 → 7
ネモ : カウンター出来ない攻撃は嫌いだ…
アル・フォンドラ : えーと腹帯のmpも使い切ろうか
GM : ではハルマゲドンよろしくの感動的救出劇によって5人の救助者が救われました
system : [ 藩都信用度 ] 藩都信用度 : 7 → 8
アル・フォンドラ : ハートをリゥさん以外の3人に
アル・フォンドラ : 2d (2D6) > 11[5,6] > 11
ネモ : 「うっへ…喉が焼ける」
アル・フォンドラ : x3 k30+18@13 私 ネモくん カティちゃん #1 KeyNo.30+18 > 2D:[6,1]=7 > 7+18 > 25 #2 KeyNo.30+18 > 2D:[4,4]=8 > 8+18 > 26 #3 KeyNo.30+18 > 2D:[6,1]=7 > 7+18 > 25
system : [ ネモ ] MP : 20 → 20
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 1 → 26
system : [ アル・フォンドラ ] 腹帯 : 5 → 0
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 58 → 57
system : [ ネモ ] HP : 13 → 49
アル・フォンドラ : で、うーんずを全員に
アル・フォンドラ : 2d (2D6) > 7[4,3] > 7
アル・フォンドラ : x4 k10+18@13 上から #1 KeyNo.10+18 > 2D:[6,4]=10 > 5+18 > 23 #2 KeyNo.10+18 > 2D:[6,4]=10 > 5+18 > 23 #3 KeyNo.10+18 > 2D:[4,4]=8 > 4+18 > 22 #4 KeyNo.10+18 > 2D:[2,1]=3 > 1+18 > 19
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 26 → 49
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 57 → 53
system : [ リゥ・ラン ] HP : 42 → 61
system : [ ネモ ] HP : 49 → 63
system : [ カティ ] HP : 7 → 30
アル・フォンドラ : カティちゃんハートの回復も入れて全快だべ
system : [ カティ ] HP : 30 → 46
アル・フォンドラ : …回復はこれぐらいでいい?(確認)
GM : さて、じゃあ回復を終えたところでご存知バルドおじさんが現れますね
アル・フォンドラ : やぁやぁ
リゥ・ラン : 「全員無事ですか?」二度目
GM : バルド「アンタらか、救助してくれたってたっていうのは、あまり見かけない顔だが…」
GM : バルド「あぁ全員無事だ」「俺はバルド、工場長を努めている」「お礼を言わせてくれ、アンタのおかげで大事な仲間が救い出せた」
アル・フォンドラ : (前も見たね)
リゥ・ラン : (まぁ二回目だしね)
GM : うむ、リプレイから拝借してきた
ネモ : かくかくしかじかしなきゃ
アル・フォンドラ : 「まぁ…そうです、ね。あんなになっているのは流石に大変ですし(2回目)」
カティ : それわたしてもらえる?
カティ : かくしかじゃもらえないんじゃね
GM : バルド「工場の責任者として礼をさせてほしい、ありがとう」
リゥ・ラン : 「ところで工場長、私たちは城に行きたいんだが」2回目
GM : バルド「城に行きたい…か」
GM : バルド「…いや、どうだったかな?」
ネモ : 「(おや?)」
GM : バルド「正門は開いてないのかい?」
GM : うむ、藩都信用度を見てほしいんだが
system : [ 藩都信用度 ] 藩都信用度 : 1 → 1
GM : つまりそういうことですね
アル・フォンドラ : なるほど!?
アル・フォンドラ : リセットされるのね
カティ : そりゃな
ネモ : まぁ、そうなるわな
ネモ : 誰かが連続で馬車にケツひかれなきゃ…
GM : 藩都信用度、リセットで下がるとは書かれてないんだが、まぁ下がった方が自然やなと
GM : まぁ、それだと面倒くさい部分はあるにはあるので、抜け道は用意してるけどね
ネモ : まぁ時間巻き戻してるからそりゃそうなるよね
GM : というわけでバルドのおっさんは皆さんをいぶかしんでいますのでコレ以上情報でませんね
GM : 爆弾作ってるとか何で知ってるんだ…って内心思ってるよ
GM : と、いうわけで自由行動を消費したのでタイムテーブルが動きます
system : [ GM ] 0で昼1で夜 : 0 → 1
GM : 1日目夜間スタートです
ネモ : えーっと、抜け道の情報自体は知ってて前回爆弾は未完成一応貰えたっけ?
リゥ・ラン : もらえてないね
GM : 抜け道は知ってていいよ
GM : 爆弾はもらえてない
リゥ・ラン : 爆弾か、前回の場所は覚えてていい?
GM : 盗みに入るの?
リゥ・ラン : 私はまだ何も言ってないぞw
GM : うむそうだねぇ、知ってても不自然ではないと思う
GM : ただまぁ、警備は厚いよ、とだけ
アル・フォンドラ : せやねぇ
リゥ・ラン : しょうがない先にウーラ様に会いに行くか
アル・フォンドラ : 途中で友好も上がるかもだしね
GM : 別にやってもいいのよ?隠密判定を発声行動無しで目標値22を5回連続でやったうえで帰りに目標値26を五回連続でやってもらうだけだし
GM : ま、じゃあ移動ってことで
ネモ : やねぇ
カティ : やれんことが無いのがカティである
GM : 合言葉も不可だからマント使えないよ?
アル・フォンドラ : 他3人は無理そうだけどねぇ
リゥ・ラン : まぁ妖精魔法だとやれんこともないんよね
GM : ではとりあえず旧市街でいい?
リゥ・ラン : では旧市街へ
GM : 1d6 (1D6) > 4
GM : ランダムイベント~
GM : 1d6 (1D6) > 5
GM : お、何もないねぇ
GM : では次は?
リゥ・ラン : 何もないのは困るんだが・・・
GM : 藩都信用度的に?
リゥ・ラン : 信用度的に
アル・フォンドラ : 移動かねぇまぁ
アル・フォンドラ : それか時間はないけど迷子帰すとかすれば一応…
GM : でもまぁ、結構運がいい方だとは思うよん?
GM : 大通りでいいね?
リゥ・ラン : とりあえず大通りに行こう
GM : はい、では大通りに入ったところで…
ネモ : まぁせやな
GM : 大通りなんだけど、すっげぇざわざわしてる
リゥ・ラン : おやおや
ネモ : おや?新イベかな?
GM : 有名人見つけたみたいな
GM : うむ、マンネリ阻止や
リゥ・ラン : だれだろう
GM : ひとだかりできてるけど、行く?
リゥ・ラン : 行ってみよう
GM : 自由行動になりますけど
リゥ・ラン : GMがマンネリ阻止とか言うんなら重要に違いない
アル・フォンドラ : んー…アル君は前回の反省で行かないかなぁ
GM : じゃあRPで相談しつつ方針を決めてくれ
GM : (別に当たりイベントとは言ってないし)
リゥ・ラン : ま、でも行かない理由もないので
ネモ : 「なーんかザワついてるなぁ?」
GM : シオン「そうですねぇ…どうしたんでしょうか」
リゥ・ラン : 「とりあえず様子を見ようか」するすると中心部に近づこう
GM : シオン「あっ待ってくださいよぉ」「アル君カティちゃんもいきますけど大丈夫です?」
GM : ではRPなさそうなので
GM : リゥさんが人混みをえいこらえいこら押しのけてその中央に向かうと
GM : ウーラ「□□!□□!…ダメ、だ、けど…!」「すみません…!人を探しているんです…!」
アル・フォンドラ : 多分人混みに飲まれて中央にたどり着いてない()
GM : と、何故かウーラ様が街中にいますね
リゥ・ラン : よし、さらおう
GM : ファッ?!??!????!??
アル・フォンドラ : おぉい!?
GM : ウーラ様「あ」
GM : 藩都の人たち「あ」
リゥ・ラン : 「静かに」っていって腰を抱えて逃げます
ネモ : 「あれぇ…おおいどこ行ったァ」迷子の子をしっかり捕まえてアル君探し探し
GM : 藩都の人たち「ひっ…!人攫いだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
ネモ : 「人攫いだと!?」臨戦態勢
アル・フォンドラ : 「…はえ?人攫い…ってリゥさん!?」
カティ : 「蛮都ではいつもあることですのだ」
GM : 藩都民A「おいあんちゃんアイツ知り合いか?!諫めてくれよ!」>ネモ君
アル・フォンドラ : 「(なーにやってんで…あぁ、ウーラさんかぁ…)」
リゥ・ラン : 「ウーラ様、リゥです。あれでは目立ちすぎますので。どこか別のところで話しましょう」
ネモ : 「お、おう…」
GM : 藩都民B「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!ウーラ様がぁぁぁぁぁぁ」アル君の首根っこをブンブンしながら
ネモ : 「おい、止まれぇ!」一応体裁としてリゥさんを追っかける
GM : シオン「ど、どうしてこうなったの…???」
アル・フォンドラ : 「…はぁ、仕方ないですね。ここは私にお任せを、あの方に話をつけてきますのddd」首がぐぉんぐぉん
リゥ・ラン : ・・・腰を抱えてると恰好つかないからお姫様抱っこにするか
アル・フォンドラ : 「うぇぇぇ…」
リゥ・ラン : そのまま走り去ろう
GM : 藩都民C「全く騒がしい限りだなぁ…」カティちゃんにお饅頭を捧げながら
カティ : 「はーいみなさんこちらむくですのだー」
アル・フォンドラ : 「ま、待てー…」一応追いかけよう
カティ : 「(すっと白銀の棒を取り出す)」
ネモ : 「くっそ…足はええんだが?」
アル・フォンドラ : 何をする気だ…?
GM : 藩都民「なんだ?」「なにあの神々しい子」
カティ : (10cmくらいの棒)
ネモ : これ以上混乱させないでw
カティ : 「(おもむろにグラサンをかける)」
GM : 藩都民「もしかして…神様?」「御利益ありそうだ」
GM : あ
リゥ・ラン : 「さすがカティちゃん陽動にはピッタリだね・・・」
カティ : 「ピカッ」
GM : 行使判定どうぞ
カティ : 「はーい 今日はお祭り騒ぎ楽しいですのだ―」
GM : フレアでしょ?
カティ : え?
ネモ : もうやだこいつらァ!
リゥ・ラン : MIBのあれでしょうなぁ
GM : ズゴー
GM : 何光らしたんだよ?!
アル・フォンドラ : ライトスティックとか?
GM : わざわざグラサンまでかけてたのにフレアじゃないのか…(困惑)
カティ : ほらだって...
カティ : 記憶処理って言えばこれじゃん
GM : 記憶処理かよ?!
GM : え、えーとでは
カティ : MIBをご存じでない!?
GM : 御存じないです…
ネモ : 厄災怖すぎィ!
リゥ・ラン : 気を取り直してどっか落ち着いたところでウーラ様をおろして話をしよう
GM : 藩都民「何の光ぃ?!」されている間に離脱できました
カティ : まぁピカッとして
カティ : 喋ったことを都合よく頭で変換してあぁなんだって記憶処理をするっという
GM : はえ~
GM : じゃあアル君ネモ君も巻き込まれたってことで、シオンは多分耐性ある
GM : リゥさんどっち方面に逃げた?
リゥ・ラン : 適当(考えてない
ネモ : 「あれなんで走ってたっけ?」
GM : 1d6 (1D6) > 5
GM : 城かな?
リゥ・ラン : では城の方
アル・フォンドラ : 「…さぁ?」
GM : とりあえずいっぱいいる方から処理するか
GM : シオン「カティちゃああああああああああん!アンタなにしてくれてんのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?!???!!!」
GM : シオン「ネモが壊れちゃった!」
ネモ : 「急に失礼な…」
GM : シオン「じゃあアンタココに何しに来たか覚えてる?!」
アル・フォンドラ : 「…ネモくんは壊れてもネモくんだから」
カティ : 「ぴかっっとしたのをみるからわるいですんどあ」
ネモ : 「えっ…人だかりが出来てて、お祭りしてたんだっけ?」
GM : シオン「さ き に い え ~~~~~~!!!!!」
GM : シオン「OH…」
ネモ : 「だから壊れてねぇって」
GM : シオン「まともなのはアタシだけか?!」
ネモ : 「シオンが壊れた…」
アル・フォンドラ : 「…取り敢えずどうしようかなぁ、隠し通路に行くんだっけ…?」
GM : と、いったところでリゥさんにうつそうか
GM : ではお姫様抱っこで運ばれながら隻腕のウーラ様は城まで運ばれるよ
リゥ・ラン : ではおろしましょう
GM : ウーラ「え、えっとその、ありがとうね?□□」
リゥ・ラン : 「ウーラさま、あんなところで何をしていたのです?」
GM : ウーラ「それは貴女を探して…ってそう…!」
GM : ウーラ「白い髪、銀色の瞳、斧が武器の私の…!私の…!」「… … …」
GM : ウーラ「…だめ、”繋がらない”」
リゥ・ラン : 「まぁしょうがないです。そういうことになってますので。」
リゥ・ラン : 「それよりも今、大変なことになってるのでしょう」
リゥ・ラン : 「それについて詳しく教えてほしいのです」
GM : ウーラ「…ごめんなさい、私は…私は…わかってなきゃいけないのに…」「あ、うん、えぇ」
GM : ウーラ「…えっと、三回目、よね?」
リゥ・ラン : 「そうですね。」素知らぬ顔で
GM : ウーラ「…それで…、いえ、」「私の知っていることをお話します」
リゥ・ラン : 「私一人で聞いても意味がありませんので、申し訳ないですが来た道を戻りましょう・・・」
GM : ようやく落ち着きを取り戻したのかそんな感じの口調で話しかけますよ
リゥ・ラン : あ、フードはかぶってもらいます
GM : ウーラ「えぇ、じゃあわたくしを案内してください」
リゥ・ラン : では手を取って戻りましょうか
GM : では手を引かれて戻ると…
リゥ・ラン : あ、これだけ聞いておきたいのですが
GM : おん?
リゥ・ラン : 「ウーラ様、その腕誰にやられたのですか?」
GM : ウーラ「それはサーシャ様に…。城から逃げるとき、私一人だったから」
GM : ウーラ「皆を逃がすために、足止めしに行ったのですけれど…」
リゥ・ラン : 「そうですか。もうそこまで事態は進んでるのですね」
リゥ・ラン : 「では急ぎましょう」
GM : ウーラ「えぇ」
GM : えーっとじゃあ大通りに戻ると
GM : カティちゃんお祭りがやってたことにしたんだよね?
リゥ・ラン : そこにはカオスが広がっていた・・・
アル・フォンドラ : 落差がやばいね
GM :


リゥ・ラン : とりあえず・・・まともそうなのはシオンか。シオンに声をかけよう
リゥ・ラン : 「どうしたの、これ?」
GM : 藩都民「「「どっこいしょーwwwどっこいしょーwww」」」
GM : シオン「タスケテ」
リゥ・ラン : とりあえずアルくんとネモ少年を引きずって建物の陰に引き込むか・・・
リゥ・ラン : カティちゃんは飽きたら来るだろ(ひどい
アル・フォンドラ : 「うぇー…ドッコイショー」
GM : というわけで大通りでは夜中にも拘らず○ーラン節が起きてます
GM : はい、二人ともどっこいしょーwwwしてますね
GM : ウーラ「□□…これ、何?」
リゥ・ラン : 「私にもわかりません」
カティ : (みこしに乗っている)
ネモ : 「何って祭りやってたんだろ?」
GM : ウーラ「私たちの街でこんなお祭りが起きたことありませんよ?!」金切声
リゥ・ラン : とりあえず殴れば治るかなぁ
GM : 多分カティちゃんの気分次第
カティ : 「それじゃあ今日はあとは宴会ですのだ」
リゥ・ラン : まぁいいや、カティちゃんに手で合図をしよう
リゥ・ラン : こっちゃこい
カティ : 「一番最後までたっていたやつがこの藩で1日藩主と同等の権利を手にいれれるですのだ」
アル・フォンドラ : なんなんだこの光景…?
カティ : 「じゃふぁいとですのだー」
GM : あ、するかい?PVP
GM : カティちゃんVSリゥさん
リゥ・ラン : いや、煽って放置する気じゃないかな、この妖精
GM : なるへそ
カティ : ♪~(´ε` )
リゥ・ラン : 巻き込まれる前にアルくんとネモ少年を回収しよう
GM : えー、じゃあどっこいどっこいしたまま別のエリアに抜けるってことで
GM : どっちいく?移動終わったら今日はここまでにしましょうか
アル・フォンドラ : ドッコイショー
リゥ・ラン : よし、旧市街に行こう(ウーラ様ゲットだぜ)
アル・フォンドラ : 市街か
GM : ではどっこいしょーwwwどっこいしょーwwwを尻目に旧市街に抜けていく旅人一行なのでした
GM : と、いったところで今回はここまで!
ネモ : ひでぇw
GM : それはもうカティちゃんに言って
アル・フォンドラ : よくやったカティちゃん
リゥ・ラン : まぁ仕方ないね、事態は収拾しないとね
GM : シリアス一辺倒でも息が詰まるし、多少はね?
アル・フォンドラ : 今日の前半は大人しかったのにね?後半は祭りでした
GM : では本日は終了です!お疲れ様でしたー!!!
カティ : おちかれー
GM : 自由解散デース!
リゥ・ラン : おつかれさまー
アル・フォンドラ : さまー
GM : さて
GM : 皆います?
ネモ : はいはい
アル・フォンドラ : はいな
リゥ・ラン : はぃ
GM : 三人しかいねぇ?
GM : というか紅紅先生が全然こねぇ…10分まで待ってこなかったら進めます、因みに帰ってくるまでアル君とネモ君はソーラン節状態になりますねぇ!
アル・フォンドラ : (ノ*゚ー゚)ノ
ネモ : とばっちりだぁ!
リゥ・ラン : いいもん拾ったー
GM : アッ時間だ
GM : じゃけん先進めます?
リゥ・ラン : どうしたものか
GM : ディスコは緑色になってるんだよねぇ
アル・フォンドラ : 仕事かね
リゥ・ラン : 仕方ない、進めるところは進めよ
GM : あーい
GM : ではFTCP第七話続きやっていきましょう!
アル・フォンドラ : はーい
GM : よろしくお願いしま~す
リゥ・ラン : よろしく~
GM : 因みに紅碧さん寝落ちらしい
ネモ : はーい
GM : さて、では前回のあらすじ!
リゥ・ラン : さらった!
GM : おどった!
ネモ : ひでぇや!
GM : と、いうわけで阿鼻叫喚の大通りを抜けて
リゥ・ラン : 「ウーラ様、ここってこんな奇祭ありましたっけ?」
GM : ウーラ「わたくしわからない…うーん」
GM : シオン「(チーン)」
リゥ・ラン : 路地に連れ込もう
GM : では旧市街、二日目日中と化したアレクサンドラ藩都なので徹夜ペナスタートです
system : [ GM ] 0で昼1で夜 : 1 → 0
system : [ GM ] N日目 : 1 → 2
アル・フォンドラ : ほい
GM : ウーラ「それで…どういうお話でしたっけ?」
リゥ・ラン : とりあえずウーラ様を連れていけば工場長は従順になるんじゃないかと予想
GM : まぁ正解
リゥ・ラン : 「この街を、ウーラ様をお救いするためにお力をお貸し願いたいのです。」
GM : ウーラ「えぇっとじゃあ…□□…それにはじめましてのお三方も、わたくし達に協力してくれる、ということですか?」
リゥ・ラン : 協力してくれるよねー
アル・フォンドラ : 「僕なんかでよければ…」
GM : シオン「ウーン…ハッ」「えっと、よくわかりませんが大丈夫です!ねっネモ?」
ネモ : 「お、おう…」
GM : シオン「歯切れ悪いですねぇ」
リゥ・ラン : 「なんだい、ネモ少年は手伝ってくれないのか・・・」しょぼん
ネモ : 「いや…ちょっと何がなんだかまだぼんやりしててな」
アル・フォンドラ : 「ネモくん…」
GM : シオン「ネモ…そうなんですか?」涙を流す
ネモ : 「いやいや、手伝うよ!?」
ネモ : 「なんか踊って急に路地にいたから頭の処理が少し落ち着いてないだけだから…いやほんと」
GM : シオン「だっそーです!折角ですのでコキ使ってやってくださいウーラ様!」
GM : ウーラ「あ?え?はい…」
リゥ・ラン : 「そうか、そうか。手伝ってくれるのか」にこにこ
リゥ・ラン : 「さ、工場に行きましょうか。ウーラ様」
GM : ウーラ「ほわわ」引っ張られる
GM : じゃあ移動フェイズ域魔性か
GM : どっちいくべ?
リゥ・ラン : 旧市街→工場?
GM : では移動してランダムになるね、他三人もOK?
アル・フォンドラ : おkおk
GM : だ、大丈夫?ラグい?
GM : やばかったらいってね?
ネモ : あい、大丈夫よ
GM : では工場のランダムイベント~
GM : 1d6 (1D6) > 4
GM : あ
アル・フォンドラ : WiFiはまだタヒんで無いはずだけどにゃ
GM : イベント09:暴走馬車
GM : まただよ(笑)
リゥ・ラン : なむー
ネモ : またか
リゥ・ラン : ウーラさま抱えて飛びのいてよう
GM : じゃあ一般通過女児が馬車にひかれそうになってますね
GM : あ、しかもいますげぇことに気が付いた
アル・フォンドラ : ん?
GM : 一般通過女児二人だコレ
ネモ : 2人犠牲に…
アル・フォンドラ : 2人分行うってことかにゃ
リゥ・ラン : あー仕方ない。ウーラ様をおろして助けにむかうか
GM : というわけで一般通過双子がひかれそうになってます
アル・フォンドラ : 助けマース
GM : 助ける場合は一人につき一回回避力判定ですね
アル・フォンドラ : 鉄壁あるけど関係ないにゃ?
GM : 目標値21,失敗してもダメージ受けるだけだべ
GM : 鉄壁か、いいよ
アル・フォンドラ : いやないか
GM : ダメージ二回受けて二人守れていいよ
ネモ : ないんかーい!
GM : ないんかーいwww
リゥ・ラン : 2d+15 『回避力判定:対近接攻撃』 (2D6+15) > 5[1,4]+15 > 20
リゥ・ラン : ごいん
アル・フォンドラ : 何勘違いしてんだわれ
GM : もう一人誰いく?結局
アル・フォンドラ : 2d+15 防護基準だっけ? (2D6+15) > 6[3,3]+15 > 21
GM : 素直に回避力やで
ネモ : アルくん盾のリゥさんが引かれてる
GM : ま、どっちも失敗だしダメージ一括で
GM : 2d6+11 毒属性ダメージかつ炎属性ダメージ (2D6+11) > 8[3,5]+11 > 19
リゥ・ラン : これは失敗したんじゃないですーかばったんですー
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 49 → 30
system : [ アル・フォンドラ ] 腹帯 : 0 → 2
GM : では二人はなんとか馬車に割り込みはじき返すことに成功しました、馬車は彼方へ吹っ飛んでいきます
リゥ・ラン : ん?魔法ダメージ
アル・フォンドラ : 「ぐえぇぇ」
GM : 多分カティちゃんにつかまってると思うけど
GM : 魔法ですね
ネモ : 防護で弾けねぇか
リゥ・ラン : 毒、炎、属性?
カティ : 馬車をそのまま風に乗せて超遠距離に飛ばしてるよ
GM : 魔法ダメージで属性は炎かつ毒
GM : じゃあ馬車はどこか空のかなたへ消えていきました
system : [ リゥ・ラン ] HP : 61 → 48
アル・フォンドラ : 2d+17 ウーンズを自分とリゥさんに (2D6+17) > 11[5,6]+17 > 28
GM : 多分一か月後ぐらいにどっかで降ってくる
アル・フォンドラ : x2 k10+18-1 #1 KeyNo.10+17 > 2D:[5,5]=10 > 5+17 > 22 #2 KeyNo.10+17 > 2D:[5,4]=9 > 5+17 > 22
system : [ アル・フォンドラ ] 腹帯 : 2 → 0
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 30 → 51
system : [ リゥ・ラン ] HP : 48 → 70
ネモ : 「子供に悪影響だよな…」一連の流れ見て
アル・フォンドラ : 「…にしても多くない? 前見てるのかな馬車は…」
GM : アネヨ・フタゴーノ「お姉ちゃんとお兄ちゃん!」イモート・フタゴーノ「たすけてくれて、ありがとうございます!」
GM : というわけで藩都信用度が上昇します
system : [ 藩都信用度 ] 藩都信用度 : 1 → 2
system : [ 藩都信用度 ] : 8 → 9
リゥ・ラン : 「まぁ西のほうの町が運転が荒いっていうから」
アル・フォンドラ : 「(久しぶりにお兄ちゃんと言ってくれた)」
GM : 二人はお礼を言うとテコテコと去っていきます
リゥ・ラン : 「(どっちがお兄ちゃんでお姉ちゃんだったのか、ちょっと気になるねぇ」
GM : ウーラ様「…□□、ありがとうございます、街の子供を守ってくれて」
GM : ウーラ「それからそっちの子も」
ネモ : あ、その声ってこっちも聞こえない?
リゥ・ラン : 「いえ、お安い御用ですよ。ウーラ様」
アル・フォンドラ : 「…そんな、感謝されるようなことはしてませんって」
GM : ウーラ「そういえば…お名前は聞いてなかったですね」
GM : その声…□□ね
ネモ : うむ
GM : うむ、ネモ君も認識は出来ない、ただネモ君だからわかるんだけど
ネモ : 関係者以外ならワンチャンあったり、無いか
カティ : 「そいえばうーらおす?」
アル・フォンドラ : 「うーらおす?」
GM : 以前夢で見た時とは違う感じはする夢でみた女の子の名前がわかんなかったのはノイズっぽくて、まるで聞き取るのを邪魔してる、みたいな感じだったのに対して、こっちはそもそもその名前が元から存在してないから認識出来ない、みたいな感じだった
カティ : 「アレクサンドラの契約者は誰ですのだ?」
ネモ : ほーう…
GM : ウーラ「うーらおす…わたくしのことですか?」
リゥ・ラン : ま、名前については気にしなくていいよ
リゥ・ラン : ただどうしようもないってだけの話だから
ネモ : 怖いなぁ
GM : ウーラ「サーシャ様の契約者…エドレイのこと?」
リゥ・ラン : 「エドレイ?」
アル・フォンドラ : 「…初耳ですね」
GM : シオン「(悲しそうな目でアル君を見る)」
ネモ : 「だねぇ」
アル・フォンドラ : 「(単に中の人が忘れてたのじゃ)」
GM : ウーラ「えぇ、サーシャ様は彼を今でも待っている、と」
カティ : 「エドレイっていうですのだ?」
カティ : 「どんなやつでしたですのだ」
カティ : 「百合系お嬢様ですのだ?」
GM : ウーラ「間違いはないはずですけど…」「シャドウの男性で、所謂マギテックシューターです」
カティ : 「チッ」
GM : 草
GM : さて…
GM : シオン「えーっと…まぁ確かにあんまり絡みなかったので忘れても仕方ないかなとは思うんですけど…」
GM : シオン「一応知り合いですよ?」
ネモ : 「うーん、傍にいた形跡は無かったよなぁ」
アル・フォンドラ : 「アッソウダネ」
ネモ : 「…マジか」
カティ : どっかで聞いた名前のような
GM : まぁ最後に名前出たの一年前だし
リゥ・ラン : 普通に塔にいたり
カティ : なんか最初に塔に来た時にあったような
GM : 正解やでカティちゃん
カティ : 「...またでもどりですのだぁ...?(しわピカチュウ)」
GM : シオン「まぁ会いに行くならそうなりますね…とはいえ保存すればいいだけですけど」
リゥ・ラン : いや、状況をセーブして出る、はできるから
ネモ : あぁ…あぁ!
ネモ : そういえばいたわ
GM : そういえばいたやろ?
リゥ・ラン : エドレイを拉致してアレクサンドラさんの前に突き出せば何らかのリアクションがあるかもしれない
GM : ウーラ「えっと、もしかしてエドレイさんをご存じなのですか?皆さん」
リゥ・ラン : 「ご存じというか、なんというか」微妙な顔
カティ : 「所在も把握してるですのだ」
GM : ウーラ「そうなのですか…!」「…とはいえ、今のサーシャ様では…」
ネモ : 「いや…でも、どうなんだ?同一人物なのかな?」
GM : シオン「まぁ確かに名前が一致しているだけ、とも言えますし…」
GM : シオン「記憶が戻ってなかった場合確認もできません」
リゥ・ラン : 「とりあえず工場にいったら、いったん戻ってみるか。事実がどであれ確認は必要だろう」
カティ : 「よんでくるですのだぁ...」
GM : ウーラ「???」
アル・フォンドラ : 「あぁ、うん、こちらの話です」
GM : では工場ですけど…自由行動?移動?自由行動の場合バルドのおっさんとお話しできるけど
GM : 帰るのはまぁ…ついででもいいよ
リゥ・ラン : おっさんと話をしよう
リゥ・ラン : こちらにはウーラ様がおる
アル・フォンドラ : 勝ったな
GM : ではおっさんに会いに行くと
GM : バルド「…おぉ?!ウーラ様!そのお怪我は一体どうしたのですか?!」
ネモ : 割と最近の怪我だったのか腕は
リゥ・ラン : かくかくしかじかで我々に協力してほしい旨をうんぬんかんぬん
アル・フォンドラ : おっさんは知らなかったのね
GM : おけ、ではそれにウーラ様も口添えすることでバルド様は色々ゲロってくれますよ
GM : バルド「…しかし成程、突如の音信不通と封鎖はそういうことでしたか」
GM : バルド「…して、ウーラ様、我々には何用できたのです?」
リゥ・ラン : 爆弾の供出と裏道を教えるんだ・・・
アル・フォンドラ : ダイナマイツを…
GM : ウーラ「えぇルルティアを破壊したいのですが…□□の話では簡単にそれを破壊することはできない、と」
GM : ウーラ「そこで…サーシャ様に頼まれていた爆弾、ありましたよね?」
リゥ・ラン : 「うむ、まともな方法では傷もつかないだろうね」
GM : ウーラ「アレを使えばなんとかなるんじゃないかな、と」
GM : ウーラ「コソコソ)って感じでいいのですよね?□□(小声」
GM : ウーラ「コソコソ)というかサーシャ様凄いのたのんでいたのですね…?(小声」
リゥ・ラン : [(オッケーです、ウーラ様)」ぐっ
GM : バルド「成程!そういうことならあいやまたれよ」
リゥ・ラン : 「(いざという時にご自身ごとルルティアを滅ぼすつもりだったのでしょう」
GM : というわけでバルドのおっさんは一度工場に戻るとやがて透明なガラスケースにいれられた未完成の爆弾を持ってきます
GM : ウーラ「コソコソ)サーシャ様…(小声」
GM : バルド「お待たせした、これが頼まれていた爆弾です」
GM : バルド「…これを完成させるには…そうだな、4日」
アル・フォンドラ : 「4日…」
ネモ : 「4日…」
リゥ・ラン : 「さ、スーパーマギテックネモ少年の出番だ」
GM : バルド「…それだけ時間をくれれば城全てを破壊出来るバルドボムをかんs…え?」
アル・フォンドラ : 「ネモくんが作るの?」
GM : シオン「ネモがやるんです?」
リゥ・ラン : 「え、できるんじゃないの?」
ネモ : 「本職より早く出来る自信無いけど…まぁやれなくは無い…と思う」
GM : 出来るよ(GM)
アル・フォンドラ : 「すごい…」
アル・フォンドラ : 「さすがネモ君…!」尊敬の目で見てよう
GM : ネモ君がやる場合改造判定扱いなので経過時間は1日で済む
GM : 加えて言えば達成値をあげることで色々おまけもできるよ
ネモ : 本職の4倍効率とか化け物かよ…
GM : ま、失敗しなかったら、の話だから
GM : 失敗しまくれば普通にアボンの可能性もある
ネモ : ふむ…まぁどれくらい達成値必要かな
GM : そうだねぇ
GM : 設計通り、城を亡き者にするレベルの火力なら目標値18
GM : 威力そのまま、範囲を絞って戦闘時の大広間を壊滅させるくらいの規模なら目標値22かな
アル・フォンドラ : 大爆発だ~
ネモ : マギで振れそう?
GM : 因みに材料とかはバルドさんウーラ様がだしてくれるので無料でいいよ
GM : 改造判定
ネモ : 大工か
リゥ・ラン : 城ごと吹き飛ばすか・・・
GM : マギテック系なのでアナライズでボーナスを許可しようか
ネモ : まぁ…安全策なら離れて城ごとボーンだが
GM : あとバルドおじさんたちも手伝わせるならボーナス+2
GM : あとはいつも通り素材とかを消費してボーナス足して
アル・フォンドラ : 実はバルドさん職人ではあるけど爆弾は専門外で結構ちんぷんかんぷん説
ネモ : まぁアナライズ使って
GM : んや、コレは単純にネモ君がイカれてるだけでバルドおじさんも普通にすごいよ
system : [ ネモ ] MP : 20 → 18
アル・フォンドラ : あ、そうなの
GM : シオン「STOPネモ」
ネモ : 「ん?なんか手順あった?」
GM : シオン「…徹夜で爆弾触るのは良くないと思います」
ネモ : 「あぁ…それもそうか」
GM : シオン「暫くネモだけここで作業して、他の皆さんには街を巡ってもらってもいいんじゃないでしょうか?」
GM : シオン「迷子の子とかいますし」
リゥ・ラン : そういえば
GM : バルドおじさん「あー…なんだ?お前さんがやるのか?」
GM : ネモ君をみながらバル叔父が話しかけてきますね
ネモ : 「まぁ…多少知識はあるかな」
GM : バルおじ「まぁウーラ様が言うんだ、きっととんでもねぇジーニアスにちがいねぇな!よし、準備できたら俺たちも手伝うぜ坊主!」
GM : ウーラ様「(この子そんなにすごいのですか…?)」
ネモ : じゃあスヤァしてイジイジするルートやな
リゥ・ラン : 「(あーまぁそれなりに?それにまぁ腐っても人間ですし)」
GM : じゃあすや&いじいじで…一日半かな
GM : その間他の三人衆はどうする?待ってる?
カティ : しかないじゃない?
リゥ・ラン : 待っててもいいかなぁ
GM : 因みにシオンはいずれにせよネモ君の手伝いがあるので残るよ
GM : おけ、じゃあ待つか
system : [ GM ] N日目 : 2 → 3
system : [ GM ] 0で昼1で夜 : 0 → 1
GM : では時間経過でついでに徹夜ペナ解除
GM : ラックとかバフ積み終わったら判定どうぞ、上級素材とかの使用及びフェアリーサポートやブレスも許可します
アル・フォンドラ : ほいほい
リゥ・ラン : ではウーラ様と一緒にハラハラしながら冷やかしてよう
リゥ・ラン : 「あ、コーヒー飲む?」
GM : ウーラ様「(ハラハラドキドキ)」
ネモ : タダなのに上級使っていいのか
アル・フォンドラ : じゃあブレスで器用あげよう
アル・フォンドラ : 2d (2D6) > 3[1,2] > 3
GM : あ、上級素材とかは自費でヨロ
アル・フォンドラ : せーふ!
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 53 → 50
カティ : さぽ
カティ : 2d (2D6) > 6[5,1] > 6
アル・フォンドラ : 2d 今日のインスピ (2D6) > 7[6,1] > 7
カティ : あい
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 50 → 47
GM : 材料費と別で消費するタイプの積み方やね
system : [ アル・フォンドラ ] インスピレーション : 1 → 1
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 47 → 48
ネモ : まぁ、500だっけ
GM : うむ
ネモ : んじゃ買って
GM : あ、素材は工場で買えていいよ~
ネモ : アナライズとラック
ネモ : 2d6 (2D6) > 7[5,2] > 7
GM : これで補正は+4だね
GM : あとは素材運ゲ
ネモ : 1d6 (1D6) > 4
GM : お、やるねぇ、+5
GM : んで、どっちでつくる?18/22?
ネモ : んー、どうします?
ネモ : 城ごと木っ端の方が戦闘飛ばして安全ではあるけど
カティ : 却下
カティ : 解決になってないので却下
リゥ・ラン : リゥさん的には城ごとブッパだけど22いけるんなら範囲型じゃないかな
ネモ : ま、わざわざ高い達成値で用意してるわけですしねぇ
カティ : というかだよ
カティ : 白ブッパしたらアレクサンドラさんタヒんじゃうやん
リゥ・ラン : ソウダネー
ネモ : 大広間でブッパしてもタヒぬけどね
リゥ・ラン : いや、エドレイさんを連れてくれば追っかけてくるんじゃないか?
リゥ・ラン : マスター、タヒね!って追っかけてくるやもしれない
GM : 怖いなぁ、気を付けよう
ネモ : どうやろ、今回の頼み事ってなんだっけ?最低限でもあの機械をバラせばいいんだっけ?
カティ : 追っかけるなら白の外まで逃げてもらおう
ネモ : まぁ、高い方やるけど一応確認ね?
GM : えーっと、クエスト内容は
カティ : とりまエドレイ引っ張って来るぞ
GM : トリアさん以外のだとバルおじが城の様子見てきて、でウーラ様がサーシャ様助けてクレメンス
リゥ・ラン : ルルティアを破壊してスーパーノヴァを止める、結果いろんなもんを助ける
ネモ : 城ブッパでもスーパーノヴァ止める分にはギリ何とかなるって感じか
ネモ : ま、高い方やりますよーイクイク
GM : あ、いいっすよ
ネモ : 2d6+7+5 (2D6+7+5) > 5[4,1]+7+5 > 17
GM : じゃけん賽振りましょうねぇ~
GM : 足りないですねぇ
リゥ・ラン : 変転?
GM : すれば+4+1でたりる
ネモ : ま、変転やね
アル・フォンドラ : すればたりる
GM : OK
リゥ・ラン : これだから人間は
GM : では一日半後
GM : バルおじ「な、なんだと…!」
ネモ : まぁ、主人公やるなら失敗は出来ないからねぇ?
GM : バルおじ「坊主…!本当に一日半で作りやがったか…!」
GM : というわけで《ミニバルドボムFeatネモ》が完成しました
ネモ : 「なんとか…なった、寝ます」バタリ
GM : これでルルティアだけを爆☆穀すればリトルノヴァは命令を失って不発するでしょう
アル・フォンドラ : 「お疲れ様ぁ」
GM : 工場のおっちゃんたちがネモ君をソファーに投げてくれますよ
リゥ・ラン : 「・・・本当に完成させるとはなぁ(しみじみ)」
GM : シオン「お疲れ様ですネモ」
GM : というわけでネモ君は徹夜ペナ発生です
GM : ウーラ「…□□、貴女のお友達凄いのですね?」
リゥ・ラン : 「まぁ思ったよりは、ですね。・・・どうなるか分かったものじゃないですが(小声)」
リゥ・ラン : さてネモ少年が起きたら塔に戻るか
GM : 別に引き摺って塔に持ってってもいいのよ?
リゥ・ラン : エドエドを探しに行かにゃあならん
リゥ・ラン : じゃあ引きずるか
GM : おけおけ
GM : では寝袋のままのネモ君を引きずっていったん帰宅と相成ります
リゥ・ラン : 足首縛って引きずっていこう
アル・フォンドラ : 荷物かな?
GM : @@@@@@
GM : ではグランドエントランスに帰還するといつものようにグラーニアがいますよ?
リゥ・ラン : 「エドレイはどこだ?」
GM : グラーニア「あら、またしっぱ…え?エドレイさんですか?」
GM : グラーニア「そっちに会いたいならリビングフロアにどうぞ」
アル・フォンドラ : 「リビングフロアですね!」向かおう
リゥ・ラン : じゃあリビングに行こう
GM : ではリビングフロア
GM : 探せばまぁすぐエドレイの兄貴はみつかりますよ
リゥ・ラン : 「エドレイだな。こっちにくるんだ。」
GM : エドレイ「あん?なんだ藪から棒に?」
GM : あ、立ち絵はイメージです
カティ : 「やぶからすてぃっくですのだ」
リゥ・ラン : 「実は扉の先でアレクサンドラ様がな・・・」
リゥ・ラン : うにょうにょもごもごと説明
GM : エドレイ「…なんだと?」
GM : エドレイ「…アンタ、名前はなんていったか…」「まぁいい、それは本当なのか?」
リゥ・ラン : 「本当だ。アルくんの目をみるといい。これが嘘を言っている目かい?」
GM : エドレイ「えなんでそっちのガキになるんだ?」
アル・フォンドラ : 「え?」
カティ : 「とても濁り切った疲弊した目ですのだ」
リゥ・ラン : 「私だと信用にかけるしなぁ」
カティ : 「カワイソウニ」
GM : エドレイ「…まぁ確かに家庭環境で苦労してそうな目だな」
アル・フォンドラ : 「なんか言われてる…」
GM : エドレイ「…まぁ、仮に罠かなんかだとしてもオレはそれを言われたら断れねぇわ」
アル・フォンドラ : 「で、それより本当なんです…さっきの話は」
GM : エドレイ「…そこに連れて行ってくれ、オレは、その女に会わなきゃならねぇ」
アル・フォンドラ : 「…ほっ」
リゥ・ラン : 「よしきまった。早速来てもらおうか」ずるずるずずずごっがっ
GM : エドレイ「…ちょいていていてててて髪はやめろ!髪は!」
リゥ・ラン : いや、ネモ少年を引きずっているんだ
GM : あ、そっちか
GM : あ、一応エドレイにも準備があるので
GM : ちょっとだけ時間貰うよ、んでそんだけあれば3時間たったとして睡眠休憩終わったとして扱っていいよ
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 48 → 61
GM : というわけで3時間ほどあるけどなんか準備と化する?
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 61 → 65
リゥ・ラン : 寝る
GM : おやすみ
アル・フォンドラ : とくには
system : [ リゥ・ラン ] HP : 70 → 74
GM : アル君は寝ないと
GM : カティちゃんは?
アル・フォンドラ : 寝はすふよ?
GM : するんだ
GM : さて、まカティちゃんはあとできこう
GM : では暫くリビングで寝てると準備ができたエドレイがくるよ
GM : エドレイ「待たせたな、が、コレでバッチリだ」
リゥ・ラン : ほうほう
リゥ・ラン : ところでエドレイさんのワザマエはどの程度ですかな?
GM : うむ
カティ : おやすみだけしとく
GM : H75B15
カティ : Hip75Bust15とかバケモノだろ
GM : ちっげーよ!
リゥ・ラン : 人ではないな・・・
GM : HP75防護点15です
アル・フォンドラ : つよい
GM : んで、主動作というか自身の手番は行わないけど
GM : 代わりに支援ダメージが発生する
カティ : k100くらいを希望
GM : 内容はk20+12@10を二回
GM : あ、あと各種抵抗力判定には全て自動成功する
GM : という感じのユニットですね
リゥ・ラン : まぁアレクサンドラさんをお姫様抱っこして連れ去ってくれればそれでよい
GM : おけおけ
GM : ではグランドエントランスにむかうと本来できないはずだが別の羅針盤餅であるエドレイがネモ君たちのグランドエントランスに一緒に同行してる
GM : というわけで扉に同行できるようになってますね
GM : では6の扉に戻りますか?
アル・フォンドラ : はいな
GM : OK
リゥ・ラン : GO
ネモ : いくぞー
GM : では再び工場から
GM : ウーラ「?!」「□□が突如現れた扉に入ったと思ったら間髪入れずに戻ってきました…?」
GM : ウーラ「って。エドレイさん?!」
アル・フォンドラ : 「この人、ですよね?」
リゥ・ラン : 「ウーラ様、お気になさらず。すべてはアレクサンドラ様を救うためです」
GM : エドレイ「ん?お、ウーラのお嬢ちゃんか、久しぶりだな?」
GM : ウーラ「…ねぇ□□、貴女もしかして…彷徨の塔に…?」
ネモ : 「(くっ…体のあちこちが痛い)」やっと起きた
リゥ・ラン : 「その答えはいずれ、今は時間がおしい。すぐに城に向かいましょう。」
リゥ・ラン : もう、城に行っていいよね?
GM : ウーラ「…うん」「…じゃなくって、えぇ」
GM : そうだね
アル・フォンドラ : 爆弾は持ったな!
GM : もったぜ!
GM : バルおじ「おみゃーさんら気張って行けよぉー!」と工場のみんなで送り出してくれますね
アル・フォンドラ : 「ありがとーおじさんたちー」
ネモ : 「そういえばこれの起動コードは?」
アル・フォンドラ : 「ネモ君自分で作ったんじゃ…」
GM : シオン「今回の起動コードはスイッチからの時限式です、タイマーをセットしてあとは逃げるだけです!」
ネモ : 「起動コード自体は弄ってないからねぇ…」
GM : シオン「ネモ、当然タイマークロックの魔法は使えますよね?」
ネモ : レベルいくつだったけ
GM : マギテック7
GM : …あるよね?
ネモ : あるある
ネモ : ピッタリあるわ
GM : じゃあRP
GM : シオン「… … …」「使えますよね?」
ネモ : 「あぁ大丈夫、滅多に使わないから忘れかけてたけどあるよ」
GM : シオン「ならOKです!あとはそれを隙あらば差し込めばバンジOKです!」
GM : ウーラ「では、サーシャ様のもとへ向かいましょう」
GM : と、いうわけで
system : [ GM ] N日目 : 3 → 4
system : [ GM ] 0で昼1で夜 : 1 → 0
GM : まだギリギリペナルティの発生しない4日目朝です
リゥ・ラン : 城にむかおう
GM : では移動
GM : 1d6 ランダム (1D6) > 1
リゥ・ラン : ペナ出る前に決着をつけたい
GM : イベント03:病気
アル・フォンドラ : む
GM : 病気のおっさんが倒れてますね
アル・フォンドラ : 「大丈夫かな、あの人…」
GM : ジョウヨウ・イシャノフ「うぅ…」
GM : 助ける?
アル・フォンドラ : キュアディジーズ試すか
GM : お、助けようとするなら
カティ : 名前の最後がコフだったら名前のよしみで助けた
ネモ : サプリ系のって近づくとゲロ吐かれるお決まりが…
アル・フォンドラ : まさかぁ
GM : イシャノフ「あぁ、君たち私には近寄らない方がいい」「私は腐肺病といってね…医者の私がこのざまとはね」
カティ : 腐肺病聞いたことあるなぁ
アル・フォンドラ : 「腐敗病…」
リゥ・ラン : まぁ医者が一番危ないからなぁ(近寄らない
アル・フォンドラ : 病気知識ふっていいです?
ネモ : ん?腐肺病
GM : というわけで彼は以前Ⅱの扉でアル君がかかった腐肺病になってますね
アル・フォンドラ : あぁ
GM : 振るまでもなくわかっていいよ
アル・フォンドラ : あれか!
GM : というわけで接近するなら生命抵抗力判定どうぞ
ネモ : あの地下通路のあれか
GM : 目標値18です
アル・フォンドラ : 2d+14 (2D6+14) > 9[6,3]+14 > 23
GM : OK,治療するなら目標値19をだせばいいよ
アル・フォンドラ : 2d+18 (2D6+18) > 6[3,3]+18 > 24
GM : お
GM : イシャノフ「おぉ…神官さんだったか、ありがとうね坊や」
アル・フォンドラ : 「大丈夫、です、僕もその病気にかかった人を知っているので…」自分とは言わない
ネモ : ピンチェやな
GM : イシャノフ「そうだ、折角だし、コレをあげるよ」といって熱狂の酒を一個くれます
リゥ・ラン : ・・・ある中の医者だった?
GM : イシャノフ「おじさんの持ってたのだけど、ちゃんと綺麗だから安心していいよ」
アル・フォンドラ : 「お酒…ですか、くれぐれも身体には気をつけてくださいね…?」心做しかジト目
GM : んや、単純に医者なのでポーション類も取り扱ってるの
アル・フォンドラ : 「どうか神の御加護があらんことを…」
GM : 熱狂が一番役に立つかな、というイシャノフさんの判断
アル・フォンドラ : 個人の嗜好物かと()
ネモ : 熱狂酒とりあえずキメた方がよさげじゃね?アル君
ネモ : また話すなら焼かれそうやし…
リゥ・ラン : あぁ効果時間長いしねぇ
アル・フォンドラ : …そうだなぁ()
GM : ま、戦闘前にでもキメればいいよ
GM : ネモ君もラックとかはっておきな、他にも一日形あるひとはやっていいっすよ
GM : さて、ランダムは終わったので…
アル・フォンドラ : 既に張ってるにゃ私は
GM : 自由行動です、隠し通路は前回見つけてるのですんなり見つかってOK
GM : さて、はいるかい?
カティ : つきまーい
カティ : 2d (2D6) > 7[5,2] > 7
GM : おけおけ
ネモ : 2d6 (2D6) > 7[6,1] > 7
system : [ ネモ ] MP : 41 → 38
リゥ・ラン : はいって城GO
ネモ : そういや1日経過してたか
GM : ではタイムシフト
system : [ GM ] 0で昼1で夜 : 0 → 1
GM : 4日目夜になります
GM : ウーラ「…再びココに戻ることになるとは」
GM : ウーラ「…皆さんいきますよ?」
アル・フォンドラ : 「…はい!」
リゥ・ラン : 「今度こそ、救いましょう。ウーラ様」
GM : エドレイ「あぁ、…待ってろよ、サーシャ」
リゥ・ラン : よし、まずは効果時間のながいバフとかアイテムを使おう
カティ : 「あけろ!デト口イト市警ですんどあ!」
GM : ではでは
ネモ : 「デトロ…なんだって?」
リゥ・ラン : 「うらぁ」蹴破る
アル・フォンドラ : 「あけろいと…?」
GM : 地下通路を超え、血にまみれた一階フロアを超えて
GM : 再びあの大扉に、そしてその扉が蹴破られた
ネモ : 「2回目だが生命としての格が違うよな、それの契約者って何者なんだ?」
GM : そこには大きな竜のオブジェに据えられた魔動機脳ルルティア。そしてそれに操られたアレクサンドラがいます
アル・フォンドラ : 「…」ごくり
アル・フォンドラ : ついでに酒をごくり
カティ : 「こんどははなしてくれるかね!ですのだ!」
リゥ・ラン : まずはエドレイによるアレクサンドラの挑発からか・・・
カティ : 「このお方をどなたと心得る!」
カティ : 「恐れ多くも先の契約者!」
カティ : 「エドレイ様であるぞ! ずがたかーいひかえおろう!」
GM : ルルティア「… … …」「…排除しッ…?」
カティ : (光の妖精がスポットライトを付ける)
リゥ・ラン : 「ほう?意外と効果はあったみたいだね」
ネモ : いつでも爆弾ステンバーイ
GM : ルルティア?「機能不全、状況検索、E.M.A、誤作動、直ちにメンテナンスを開始」
GM : エドレイ「…ったく…!」
カティ : 「今のうちにルルティアをたたくですんどあ!」
カティ : 「今修正されたら手が付けられなくなる!」
GM : エドレイ「俺を見ろ!サーシャァ!」
GM : るるてぃあ?「…あ…あ?」
アル・フォンドラ : 「…少し大人しくして貰いますよ」
GM : ──彼女の頬を、熱いモノが伝う
GM : さーしゃ「…え、どれ、いさま…?」
GM : エドレイ「!」「あの女は任せな!アンタらは例の爆弾を頼む!」
リゥ・ラン : 「よし、今のうちにルルティアをたたくっ!」
GM : はい、アレクサンドラは機能不全を起こしたかのように停止
カティ : 「むーぶむーぶ!」
GM : …といったところで
GM : 皆さん
アル・フォンドラ : はい
GM : 竜のオブジェあるじゃないですか?
リゥ・ラン : おう
GM : 飛ぶよ
リゥ・ラン : え?
GM : 飛ぶ
アル・フォンドラ : 「…!?」
リゥ・ラン : またまたぁ
GM : 竜のオブジェが突如として排気を行う
GM : そして瞬間
GM : 天井をぶち破り大空を翔る
カティ : 「にげた!」
GM : 月光を背に、皆さんを機械の瞳が睨みつけるでしょう
アル・フォンドラ : 「あれは…!」
GM : DF@ルルティア「排除開始」
GM : その電子音を皮切りにプロペラの音がする
ネモ : 「まさか上から一気に全部消し飛ばすとか言わないよな…?」
GM : エアロドゥームが二体、天井にあいた天窓から城の中に入ってくる
リゥ・ラン : ほあぁ
GM : あのメテオストライクドゥームは伏線だったわけですね
リゥ・ラン : 「エアロドゥームだと!?」
ネモ : 「どこからこんなの出してきたんだよ!?」
カティ : 「上等!叩き落してやるですのだ!」
GM : そして…機龍が猛然と皆さんに襲い掛かるでしょう
GM : では魔物知識判定です
アル・フォンドラ : 「…想定外の乱入、いえ、魔動天使を相手にするよりはずっと勝機はあります、」
カティ : 「空の王者はカティですのだ!」
GM : 16/20と17/20
リゥ・ラン : カティちゃん=ガルーダ説が
アル・フォンドラ : 「この期を逃さない…! そして皆助ける…!」
リゥ・ラン : x2 2d+11+1 『魔物知識:セージ:とんがり帽子』 #1 (2D6+11+1) > 6[5,1]+11+1 > 18 #2 (2D6+11+1) > 8[2,6]+11+1 > 20
アル・フォンドラ : x2 2d+16 #1 (2D6+16) > 7[6,1]+16 > 23 #2 (2D6+16) > 8[6,2]+16 > 24
GM : OK,わかりきってるけどドラゴンフォートレスとエアロドゥームだね
アル・フォンドラ : 抜いた(弱点看破)
リゥ・ラン : むう、DFには弱点看破なしか
GM : 因みにエアロドゥームはGMが勝手に追加しました
アル・フォンドラ : 草
GM : 多分行けるやろ、との判断です
リゥ・ラン : エアロドゥームは弱点看破だが手元にBTがないな
GM : おっと
カティ : 叩き落し手やんよ
アル・フォンドラ : GMから経験点とお金のプレゼントだ
カティ : 雷+3
リゥ・ラン : あざす
カティ : サンダーウェポン...?
アル・フォンドラ : いんや
GM : さて、折角だし、シチュエーションを活かそうか
カティ : (閃いた顔)
アル・フォンドラ : リゥさん雷加工してるんよね確か
リゥ・ラン : してるー
ネモ : まぁ完全体ドラゴンフォートレス出されるよりかは
GM : ドラゴンフォートレスは普通にフルスペックやぞ
カティ : ところでストームウェポンが使えるのですわ
カティ : なんならサンダーウェポンも使えますわよ
GM : 怖い
GM : んで、配置なんだけど、彼我距離は30Mいっぱい、
カティ : ダメージ+5C-1雷化
カティ : 実質雷の呼吸
GM : んで、フォートレスの5M前にエアロ君がいるんだけど
GM : コイツら、今回は例外的に低空飛行ではなく地上より15M高空にいます
カティ : 突き落とせと
GM : よってこのままでは乱戦できません
アル・フォンドラ : なーるほど…
GM : はい、折角のシチュエーションなのでね
カティ : 任せろ
ネモ : ふぅん…
GM : では先制判定いきましょうか
GM : あ、のまえにGMデータ作るからおしゃべりしてて
カティ : 先生!先制がきついです!
リゥ・ラン : 22だっけ?
カティ : 鹿 イニブAで...
カティ : 14だから8居る
アル・フォンドラ : 22か!
ネモ : こっちは6ゾロのみか…
カティ : 仕方ない 切り札は手の中に
アル・フォンドラ : なんか前もこんな状況あったような…?
カティ : イニブS
カティ : これで16
カティ : 舞もあることだし勝負にはなる
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA胴 : NaN → 70
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼1 : 0 → 55
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 0 → 55
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB胴 : 0 → 70
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼1 : 0 → 55
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼2 : 0 → 55
system : [ ドラゴンフォートレス ] 頭 : 23 → 93
system : [ ドラゴンフォートレス ] 胴体1 : 43 → 96
system : [ ドラゴンフォートレス ] 胴体2 : 43 → 96
system : [ ドラゴンフォートレス ] 翼1 : 43 → 89
system : [ ドラゴンフォートレス ] 胴体2 : 43 → 96
system : [ ドラゴンフォートレス ] 翼2 : 43 → 89
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚1 : 43 → 69
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚1 : 69 → 69
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚2 : 43 → 69
GM : おまたせ
GM : …だけど
GM : …やる?30分前だけど
アル・フォンドラ : にゃ?
GM : 中断しておく?時間的に
アル・フォンドラ : あー
GM : GMはどうせ明日遅いしいいけど
アル・フォンドラ : 私はいいけど他の人はどうです?
リゥ・ラン : とりあえず時間までやってもいいのでは?
ネモ : まぁ大丈夫
GM : ま、時間まではやるか
カティ : 明日は朝番ー
GM : あー
GM : じゃあ早めに終わるか!
カティ : 時間まではおっけですよ
リゥ・ラン : うす
GM : んや、眠そうだしちょっと早めに切り上げるわ
アル・フォンドラ : へい
GM : というわけで本日はここまでとしましょう!
ネモ : あいよー
アル・フォンドラ : お疲れ様*´ㅅ‘)”
GM : お疲れ様でしたー!
リゥ・ラン : お疲れ様です
カティ : あいーすいませんな
GM : いいのよいいのよ
GM : 紅さんの無事が一番だわさ
GM : ではかいさーん
リゥ・ラン : おやすみー
GM : おやすみなさーい
GM : さて
GM : 点呼!
カティ : 9
リゥ・ラン : 8
ネモ : 7
アル・フォンドラ : 6
GM : うっし
GM : では月夜のもとで決戦です、FTCP第七話!やっていきます!
GM : よろしくお願いしますーーーー!!!
リゥ・ラン : よろしくぅ
ネモ : しゃあ!行くぞおらぁん!
アル・フォンドラ : 三└(┐卍^o^)卍
GM : さて、では先制判定と参りましょうか
GM : ケミカードと化しよう良ければいきますよぉ
GM : 先制値は22です!
アル・フォンドラ : がんばえー
カティ : ウマイニブS
リゥ・ラン : まかせた↑
アル・フォンドラ : 加速する妖精
ネモ : 2d6+10 先とりあえず (2D6+10) > 9[4,5]+10 > 19
GM : アクセルシンクロぉぉぉぉぉぉぉ!!!
カティ : 2d+14 (2D6+14) > 8[4,4]+14 > 22
カティ : おらよ
GM : ナイスゥ!
カティ : (調整した)
アル・フォンドラ : 素晴らしい
GM : あ、そうだ、折角だし、ちょっとした演出でも挟もうかな?
ネモ : ほう
アル・フォンドラ : お?待ちますぜ
リゥ・ラン : ふむ
GM : うむ、ではちょっとだけマスターシーン
GM : アレクサンドラ藩都、その夜
GM : 街は突如として現れた機龍によって騒然としていた
GM : 月夜によって照らし出される緋色の機械龍がまるで街を睥睨するように空に浮かんでいる
GM : 蛮族A「な、なんだあれ…」
GM : といったところです
GM : ではこの夜空の支配者となった機龍を是非叩き落してください
GM : PCどうぞ
アル・フォンドラ : うーし…
ネモ : 「あれ叩き落とさないとダメか…」
カティ : 「空の王者はカティですのだ」
リゥ・ラン : 「ようやっとわかりやすくなったってところだね!」
アル・フォンドラ : …おろ?
GM : 「あのままじゃ接近戦は不可能ですからね…」
カティ : 「さっさと平伏するですのだ」
アル・フォンドラ : wt捜索中
アル・フォンドラ : あった
カティ : 行使に何かボーナス系貰えないならもう行くよ
リゥ・ラン : 「とりあえず先手は任せた!」
GM : ブレスⅡ?
GM : アル君大丈夫?
アル・フォンドラ : おkおk
GM : じゃカティちゃんどうぞ
アル・フォンドラ : 3倍拡大、ブレスII行使 マナチャ割るよ
GM : あ、いけるんかーいwおkじゃないやん!w
GM : 行使どうぞ
アル・フォンドラ : 2d+18 (2D6+18) > 11[5,6]+18 > 29
カティ : よーし
GM : では全能力値+6です
system : [ リゥ・ラン ] HP : 74 → 80
system : [ リゥ・ラン ] MP : 18 → 24
GM : HPもMPも増やしてね~?
system : [ ネモ ] HP : 63 → 69
system : [ アル・フォンドラ ] MP : 65 → 37
system : [ ネモ ] MP : 38 → 44
カティ : ノレッジ ダウンバースト
GM : OKOK、行使どうぞ、精神抵抗力判定対抗かなこれは
カティ : 2d+19 (2D6+19) > 12[6,6]+19 > 31
カティ : しらん
アル・フォンドラ : つっよ
GM : はい
GM : 見るまでもねぇ!
GM : んでこれ飛翔の効果を受けられなくなるともあるので
カティ : 10M降下
GM : 落下します!
カティ : 後飛翔が消えるか
リゥ・ラン : でもこれ即座にじゃないからまだ空中じゃない?
GM : あぁそう解釈もできるな
カティ : 敵手番の最初っぽいね
アル・フォンドラ : 下降中
GM : そうだね、落下の発生は次のターンのカティちゃんの手番としようか
GM : そのタイミングで落下ダメージ発生とします
GM : あ、近接攻撃はもう届きます
リゥ・ラン : いや、これ落下ダメージ発生しないよ
GM : あぁ、こっちはアレよ
GM : …
GM : あ、私がダメージ受けないって言ってたわ
GM : 何でもないデース
GM : ではカティちゃんFAぶんどうぞ
GM : (と思ったけど今回は特殊レギュだから例外やな?)
カティ : 今皆命中どんなものですか
カティ : あたりそう?
GM : うむ、というわけでダメージは発生します
ネモ : えーっと
アル・フォンドラ : 裁定グルングルンですよ
カティ : 飛行消失するけど
リゥ・ラン : とりあえず19から
GM : DFの回避は飛翔消失で23~25のあたりだね
アル・フォンドラ : 飛翔なしで26命中かコアは
ネモ : 命中18からのsカード飛ばしてーみたいな感じやな
アル・フォンドラ : (ブレス込みです?)
カティ : GM今敵さんは地面に接してる裁定でいいの?
リゥ・ラン : ブレス込みで19からだのー
GM : 攻撃は届くけどまだ接地はしてない
GM : 次のターンのカティちゃんの手番時点で地面にひれ伏すよ
アル・フォンドラ : なるほど
ネモ : ブレス込やなぁ
リゥ・ラン : なんにせよエアロだけでも落とさないとダメージで耐えられないと思う
ネモ : まぁ、月舞ラック変転知力の指輪パリンとかで無理矢理通しにいくぶんには何とか
カティ : んーじゃ
カティ : ウィンドストームでいいか
GM : 行使どうぞ~
カティ : あ、風の加護―
GM : おけ
カティ : 2d+19 (2D6+19) > 6[5,1]+19 > 25
カティ : エアロに通れば良し
GM : あ、さすがにDFは耐える
GM : リンクロスには通るね
GM : ダメージどうぞ
カティ : k20+23@9 えあろ KeyNo.20c[9]+23 > 2D:[1,3]=4 > 2+23 > 25
カティ : だめだね
カティ : 転倒はしたけどな
GM : うむ…
カティ : hk20+23@13 DF KeyNo.20+23 > 2D:[6,4]=10 > (8+23)/2 > 16
カティ : モラル貝撒いておっしまーい
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA胴 : 70 → 54
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼1 : 55 → 45
リゥ・ラン : とりあえずエアロ薙ぎ払うか
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼1 : 45 → 39
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 55 → 50
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 50 → 54
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 54 → 46
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 46 → 55
リゥ・ラン : エアロまで移動して薙ぎ払いⅡ
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 55 → 39
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB胴 : 70 → 56
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB胴 : 56 → 54
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼1 : 55 → 39
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼2 : 55 → 39
GM : おけ、命中どうぞ
リゥ・ラン : 練技起動、マッスル、ビートル、ガゼルね
リゥ・ラン : 神斧タヒ鎌の能力使ってHP-5
system : [ リゥ・ラン ] HP : 80 → 75
system : [ リゥ・ラン ] MP : 24 → 18
リゥ・ラン : 2d+16+1+1+1+1 『命中力判定:近接攻撃:神斧タヒ鎌:2H』 (2D6+16+1+1+1+1) > 11[6,5]+16+1+1+1+1 > 31
GM : 回避できません!ダメージどうぞ!
リゥ・ラン : あ、対象はエアロの上から順番で
GM : あーい
リゥ・ラン : x5 k37+15+4+5+2+1@11 『物理ダメージ算出:神斧タヒ鎌:2H:能力(HP5)』 #1 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[4,3]=7 > 8+27 > 35 #2 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[2,5]=7 > 8+27 > 35 #3 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[2,2]=4 > 5+27 > 32 #4 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[2,2]=4 > 5+27 > 32 #5 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[2,2]=4 > 5+27 > 32
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼1 : 39 → 30
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 39 → 30
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼1 : 39 → 30
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼2 : 39 → 30
リゥ・ラン : 全部弱点の+3足してください
GM : あい
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA胴 : 54 → 18
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB胴 : 54 → 21
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼1 : 30 → 4
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 30 → 7
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼1 : 30 → 7
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA胴 : 18 → 15
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼1 : 4 → 1
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA翼2 : 7 → 4
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB胴 : 21 → 18
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロB翼1 : 7 → 4
GM : OKOK
リゥ・ラン : うげぇ微妙に残った
GM : じゃあラストネモ君やね
ネモ : あー…この残りか
GM : グレネードは射程が足りんぞ?
ネモ : まぁ、大人しく殴るしかねぇよなぁ
リゥ・ラン : とどく?
GM : 25Mです
アル・フォンドラ : ブレス込みで届く?
ネモ : 届くな
GM : 敏捷値19なのでギリたうね
ネモ : んで、えーっと熊猫強化魔力の2連打かな
GM : 部位は?
system : [ ネモ ] MP : 44 → 38
リゥ・ラン : 当てられるなら魔力撃はやめておいた方がいいかもしれない
ネモ : んー、強化打たないと命中足りない気がしなくも…
ネモ : A胴体とりあえず殴るとして
リゥ・ラン : 相手転倒して回避19だけど
GM : 飛翔も消えてるから19だねたしかに
ネモ : あー、それなら打たなくていいわ
ネモ : 2連だけ殴る
GM : パラミスはいれるかい?
ネモ : 一応A投げとくか
system : [ ネモ ] 緑a : 11 → 10
GM : うむ、では回避17です
GM : 命中どうぞ
ネモ : x2 2d6+16 #1 (2D6+16) > 3[1,2]+16 > 19 #2 (2D6+16) > 7[6,1]+16 > 23
GM : 入れてなかったら外してたね?
GM : ダメージどうぞ
ネモ : x2 k10+16 #1 KeyNo.10c[9]+16 > 2D:[6,2]=8 > 4+16 > 20 #2 KeyNo.10c[9]+16 > 2D:[1,4]=5 > 2+16 > 18
GM : 16ダメージで胴体はおちたね
system : [ まま、エアロドゥーム ] エアロA胴 : 15 → 0
GM : シオン「さて…ネモ、ホログラムメモリーは使います?」
ネモ : 「やっておくか…」
GM : 対象は誰にしとく?
GM : と思ったけど射程的に君しかできないね
GM : あとリゥさん
リゥ・ラン : 私はいいや、たぶん大丈夫
ネモ : まぁ2人にとりあえず打っておくべ、大丈夫?
リゥ・ラン : まとめて打てるならくれw
GM : 一人につき消費MP15~45or剣の欠片1~3個でーす
GM : コストに応じて増えるHP量も変わるよ
ネモ : 剣の欠片だと安いから打つべ
GM : おけおけ
GM : では剣の欠片を…3個*2?
ネモ : ですね
GM : この辺わかりやすく書き直しておくわ後で
GM : ではリゥさんネモ君は追加HP+45どうぞ
GM : ではエネミーターン
GM : さて、このゲームの基本は火力を集めることだが…
GM : 1d4 (1D4) > 4
GM : リゥさんやな
GM : 先ずはリンクロスが機銃(射程10M)四発を集めるよ
GM : 回避四回どうぞ、目標値20です
リゥ・ラン : x4 2d+15+2 『回避力判定:対遠隔攻撃』 #1 (2D6+15+2) > 5[4,1]+15+2 > 22 #2 (2D6+15+2) > 4[2,2]+15+2 > 21 #3 (2D6+15+2) > 6[4,2]+15+2 > 23 #4 (2D6+15+2) > 10[4,6]+15+2 > 27
GM : うがああああああ!!!!
リゥ・ラン : 「はん、ぬるい攻撃だね!」
アル・フォンドラ : ピンチェックだね
リゥ・ラン : まぁ相手転倒してるしねぇ
GM : ええいならば!
GM : とりあえず当てるのは無理そうなので
ネモ : カウンター出来ない回避判定要求は嫌いだなぁ…
GM : カティちゃーん
GM : エアロドゥームの機関砲で攻撃!回避力判定どうぞ!
GM : 命中18です
カティ : 2d (2D6) > 6[4,2] > 6
GM : 2d6+15 魔法ダメージ (2D6+15) > 7[3,4]+15 > 22
GM : んで
GM : ドラゴンフォートレスはまず応変噴射水をリゥさんに!
アル・フォンドラ : 2d (2D6) > 5[2,3] > 5
GM : 君は違う>アル君
リゥ・ラン : これ半径6の対象20だからみんな巻き込むよ
system : [ カティ ] HP : 46 → 34
system : [ カティ ] HP : 34 → 33
GM : …
GM : …後ろに撃つか
カティ : せやで
GM : というわけで後衛の二人に応変噴射です!精神抵抗力判定どうぞ!
カティ : 2d+15 (2D6+15) > 12[6,6]+15 > 27
カティ : はい
GM : クソガッ
アル・フォンドラ : 2d+15 (2D6+15) > 5[4,1]+15 > 20
GM : 2d6+20 抵抗したら半減どうぞ (2D6+20) > 9[3,6]+20 > 29
GM : 目標値は25です
GM : んでドラゴンフォートレスだが
system : [ カティ ] HP : 33 → 18
アル・フォンドラ : ん
GM : 胴体、両翼で斉射!対象はリゥさんだ!
GM : 目標値28で回避どうぞ!
GM : あーいや?
GM : これどうだろう
system : [ アル・フォンドラ ] HP : 51 → 22
system : [ アル・フォンドラ ] 腹帯 : 0 → 3
GM : 目標値30として攻撃だけど…転倒のる?
system : [ カティ ] HP : 18 → 21
リゥ・ラン : そもそも転倒してないでしょう?
GM : あ、せやった
GM : では30で三回攻撃!
リゥ・ラン : x4 2d+15+2 『回避力判定:対遠隔攻撃』 #1 (2D6+15+2) > 3[2,1]+15+2 > 20 #2 (2D6+15+2) > 2[1,1]+15+2 > 19 #3 (2D6+15+2) > 6[5,1]+15+2 > 23 #4 (2D6+15+2) > 9[3,6]+15+2 > 26
リゥ・ラン : まぁ無理無理
GM : x2 2d6+18 胴体 #1 (2D6+18) > 6[3,3]+18 > 24 #2 (2D6+18) > 2[1,1]+18 > 20
system : [ リゥ・ラン ] ピンゾロ : 0 → 1
GM : x2 2d6+16 つばさ #1 (2D6+16) > 5[1,4]+16 > 21 #2 (2D6+16) > 11[6,5]+16 > 27
GM : そして極めつけに両足でキック!回避どうぞ!
リゥ・ラン : 守護石1を二個割ってちょっと軽減しよう
system : [ リゥ・ラン ] HP : 75 → 30
リゥ・ラン : x2 2d+15+2 『回避力判定:対遠隔攻撃』 #1 (2D6+15+2) > 11[6,5]+15+2 > 28 #2 (2D6+15+2) > 7[4,3]+15+2 > 24
GM : ちい!だが一回は当たる!
GM : 2d6+17 物理ダメージ (2D6+17) > 7[6,1]+17 > 24
ネモ : めっちゃ溶けた…
リゥ・ラン : 10点もらった
GM : 張っててよかったホログラム
system : [ リゥ・ラン ] HP : 30 → 20
GM : ではターンを渡そう
リゥ・ラン : まぁリゥさんでよかったねってレベル
GM : ネモ君だったらエアロドゥーム含めて多分アボン
GM : あ、そして追記
GM : カティちゃんが手番開始時点でエアロドゥーム君たちが落下して落下ダメージを45点うけます
アル・フォンドラ : ガッシャァ
GM : 今回の特殊裁定ね~
GM : まぁ落下というか風で地面にたたきつけられたとでもイメージしてくれ
GM : というわけでPCどうぞ
リゥ・ラン : 「さて、残るはあのデカブツか・・・」
リゥ・ラン : とりあえず胴体か翼どっちか落とさないとタヒ人がでるから頑張ろう
アル・フォンドラ : もうタヒぬのは嫌じゃあ()
ネモ : sバンバカ切るしかないな
リゥ・ラン : 応変噴射あれ毎ラウンド撃てるからなぁ
リゥ・ラン : とりあえず魔法の援護希望
アル・フォンドラ : 取り敢えずカティちゃんからかな…
カティ : 3M進んでストブラ
カティ : からの
GM : あ、手番開始したのでエアロドゥームがタヒにました
GM : んでDF君も大ダメージを受けました
カティ : ノレッジクリキャスリーンフォースウィンドストームかな
GM : 接地してるけどウィンドストームでOK?
system : [ カティ ] MP : 57 → 40
カティ : 距離10M
GM : なるなる
リゥ・ラン : あれ、フォートレスってダウンバーストかかってた?
カティ : 6Mでかかった
GM : 6ゾロなんで…
リゥ・ラン : なるほど
カティ : 2d+19 (2D6+19) > 10[4,6]+19 > 29
カティ : 抜いたな
カティ : たぶん
GM : 残念
GM : DFは29です
カティ : じゃあ腕輪わろ
カティ : 割ってももう変わらんし
GM : 後衛が欠片積んでも関係なく抜いてくるんだけどGMどうすればいい?
リゥ・ラン : いや出目10だから
カティ : ちょっとダイス調整してくる!
アル・フォンドラ : 運命変転ならぬ運命調整
リゥ・ラン : 10ふって腕輪わって抜けるって普通抜けるって言わないw
カティ : k20+23 KeyNo.20c[9]+23 > 2D:[2,1]=3 > 1+23 > 24
カティ : 負の方向にしてしまった
アル・フォンドラ : 逆だった
system : [ ドラゴンフォートレス ] 頭 : 45 → 21
カティ : 月舞は使えないからなぁ
system : [ ドラゴンフォートレス ] 胴体1 : 46 → 22
system : [ ドラゴンフォートレス ] 胴体2 : 46 → 22
system : [ ドラゴンフォートレス ] 翼1 : 30 → 6
system : [ ドラゴンフォートレス ] 翼2 : 30 → 6
リゥ・ラン : ん、十分かな。これならまとめて吹っ飛ばせる
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚1 : 28 → 6
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚1 : 6 → 4
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚2 : 28 → 5
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚2 : 5 → 4
カティ : てんとうしろおらぁん!
GM : がああああ!転倒します!
アル・フォンドラ : これはひどい(褒め言葉)
リゥ・ラン : じゃあ吹き飛ばそう
リゥ・ラン : 薙ぎ払い、神斧タヒ鎌の能力を使用してHP-5
system : [ リゥ・ラン ] HP : 20 → 15
GM : 対象は?
リゥ・ラン : でその前にポーションインジェクターでポーション飲む
リゥ・ラン : k20+6@13 『ヒーリングポーション:レンジャー知力』 KeyNo.20+6 > 2D:[3,3]=6 > 4+6 > 10
system : [ リゥ・ラン ] HP : 15 → 25
リゥ・ラン : 対象は胴体1から順番に5か所
リゥ・ラン : 頭は狙えないしな
GM : ふむ、OK
GM : 因みに胴体どっちかでも墜とせたら
GM : ラスト頭に当てていいよ
リゥ・ラン : それはネモ少年がやってくれるんで
GM : おけおけ
リゥ・ラン : 2d+16+1+2 『命中力判定:近接攻撃:神斧タヒ鎌:2H』 (2D6+16+1+2) > 5[4,1]+16+1+2 > 24
リゥ・ラン : おっと一抜けてた25ね
GM : 転倒こみであたるあたる
GM : ゾイゾイあたる
リゥ・ラン : x5 k37+15+4+5+2+1@11 『物理ダメージ算出:神斧タヒ鎌:2H:能力(HP5)』 #1 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[4,1]=5 > 6+27 > 33 #2 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[4,5]=9 > 10+27 > 37 #3 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[2,3]=5 > 6+27 > 33 #4 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[3,1]=4 > 5+27 > 32 #5 KeyNo.37c[11]+27 > 2D:[5,2]=7 > 8+27 > 35
リゥ・ラン : 弱点看破で+6して
GM : うが
GM : うむ、では片足と頭残して
GM : 竜機兵が爆散します…が、今だコア部位は健在です
リゥ・ラン : 「擱座しろ!」
GM : はい、ドラゴンフォートレス擱座します…頭の回避-4です…
system : [ ドラゴンフォートレス ] 胴体2 : 22 → 0
system : [ ドラゴンフォートレス ] 胴体1 : 22 → 0
system : [ ドラゴンフォートレス ] 翼1 : 6 → 0
system : [ ドラゴンフォートレス ] 翼2 : 6 → 0
system : [ ドラゴンフォートレス ] 脚1 : 4 → 0
system : [ ドラゴンフォートレス ] 翼2 : 11 → 0
GM : ではラスト
GM : ネモネモ君どうぞ
ネモ : また美味しい所だけ貰ってすまん
GM : ええんやで
GM : カッコイイ演出とかつけてもいいのよ?
ネモ : 強化魔力撃3連打のタゲサつけて、一応パラA投げて
ネモ : 無いです
リゥ・ラン : 「後は任せた。ネモ少年!」[雑談] system : [ ネモ ] MP : 38 → 39[雑談] system : [ ネモ ] MP : 39 → 36
GM : では命中かもん
リゥ・ラン : まぁ魔力っプラーがとどめやらんで誰やるのよw
ネモ : x2 2d6+18 #1 (2D6+18) > 11[6,5]+18 > 29 #2 (2D6+18) > 9[6,3]+18 > 27
ネモ : 2d6+20 (2D6+20) > 7[1,6]+20 > 27
GM : こちらの回避は17です!避けれません!
GM : ダメージどうぞ!
ネモ : x3 k10+25 #1 KeyNo.10c[9]+25 > 2D:[4,5 5,1]=9,6 > 5,3+25 > 1回転 > 33 #2 KeyNo.10c[9]+25 > 2D:[1,1]=2 > ** > 自動的失敗 #3 KeyNo.10c[9]+25 > 2D:[4,4]=8 > 4+25 > 29
GM : 怖いよ?!
アル・フォンドラ : やったか!?
GM : ですが撃墜成功!ゲームエンドです!
ネモ : この仕様ほんま怖いw
GM : シオン「よし、後はここに例の爆弾を置くだけです!」
system : [ ネモ ] ピン : 0 → 1
リゥ・ラン : じゃあさっさとウーラ様の手を引いて脱出しよう
リゥ・ラン : 爆弾はネモ少年に任せた
カティ : 「空の王者はこのカティだッ!依然!変わりなく!」
GM : エドレイ「小僧!こっちはもう大丈夫だ!」彼は気絶したアレクサンドラ様を抱えて逃げれる態勢になってます
リゥ・ラン : 「よし、脱出しましょう!」
GM : ウーラ「え、えぇ!」
ネモ : 「んじゃ、タイマーセットするからな!」
GM : シオン「何秒にします?」
リゥ・ラン : 1s
GM : しぬぞ?
ネモ : 「大広間飛ばすだけなら1分あれば充分逃げれる…よな?」
リゥ・ラン : あ、みんな脱出してからよろ
アル・フォンドラ : 無理無理www
GM : シオン「ですね、十分かと」
ネモ : まぁみんな脱出してから仕掛けるよもちろん
ネモ : 最低10秒なんよなぁ
リゥ・ラン : どっちにしても十分時間はあるだろうしね
GM : シオン「間違えて10秒とかにすると私もお陀仏なので気を付けてくださいね?!」
アル・フォンドラ : 「ふえぇ…」もう駆け出してる
ネモ : まぁ10秒やと逃げれずタヒぬけど
リゥ・ラン : DF再起動とかされるとオワタだけど
ネモ : 「先に逃げとくか?」
GM : シオン「まさか」
GM : シオン「じゃ、セットしましょう!」
GM : じゃあ1分でセットでいいね?
ネモ : いいよー
GM : おけ
GM : では1分のタイマーが仕掛けられました
リゥ・ラン : じゃあ城門で待ってよう
リゥ・ラン : 「ネモ少年。遅いな・・・」
GM : シオン「さぁ走ってください!GOGOGO!」
GM : シオン「早く逃げないと全身跡形もなく消し飛びますよ~♪」
ネモ : 「そういや結局話せて無かったよな…」逃げながら
GM : うむ、そうだね、じゃあ最後にちょっとだけその辺やるか
GM : 地に付し、泥にまみれた機龍から、機械音が鳴り響く
GM : 「0t@d/e、vsc@hkjakd8b@、3q0r@…」
ネモ : 「再起動…?」
GM : シオン「…いえ、あれはもう終わってます」
GM : シオン「先を急ぎましょう!」
カティ : 「我が使命がなんだって?」
アル・フォンドラ : 「分かるの?」
ネモ : 「なんで逃げてねぇの!?」
GM : シオン「何してんですかー!もう三十秒切ってますよ?!」
リゥ・ラン : 「あれ、カティちゃんがいない?もしかしてまだ城の中に」城門で
リゥ・ラン : 「・・・ま、大丈夫か」
GM : シオン「ええい、ワイヤーアンカーでも何でも使って逃げますよ!」¥残り20秒/
アル・フォンドラ : 「ってもう時間ないぃぃ」いい加減出るよ
リゥ・ラン : 城門でまってます
カティ : 「ふーん ですのだ」
GM : ¥残り10秒/
ネモ : 「間に合うかこれ!?」
GM : シオン「さすがにもう範囲外です…!あと3.2.1…」
リゥ・ラン : 「・・・そろそろもう少し離れた方がよさそうですね」ウーラ様の手を引いて離れよう
カティ : 「(空を飛んで逃げている)」
GM : では四人が城門についたその時
GM : 一人浮いてる
GM : 激しい轟音が夜に響く
カティ : 武空術ですのだ
GM : 円筒状の閃光を上げて機龍は爆ぜました
カティ : 「さて」
ネモ : 「一応様子見てくるか、万が一って可能性もあるし」
GM : 幸い範囲的には縦に長い構造だったので大広間の6割が消し飛ぶくらいの結果で済みました
リゥ・ラン : 「・・・おわったか」
カティ : 「実に厄介なことになったかもしれないな」(一人夜空を飛びつつ)
GM : 城は半壊してるけど一応使えそうだね
GM : ウーラ「お、終わったの…?」
リゥ・ラン : 「はい。これですべて終わりました・・・」
GM : …すべてではないけどね
カティ : 「いいや まだだとおもうですのだ」(降りてきた)
ネモ : 「城なるべく壊さない威力にしたつもりだったけど…調整甘かったか」大広間の残骸ふらふら
カティ : 「むしろこれから...」
GM : シオン「元の範囲を考えれば十分でしょう」
アル・フォンドラ : 「凄い威力だったね…うん」
GM : さて、じゃあ皆さんが大広間でわちゃわちゃしてるなか…
カティ : 警戒してるよー
カティ : 「(人族の街を守るのが使命...自動起動 つまり)」
リゥ・ラン : 「そうか、水差すバカ共が残ってたんだったね!」
GM : 城門前、エドレイの腕に抱かれていたアレクサンドラさんが目覚めますよ
GM : エドレイ「…よう、サーシャ、随分待たせちまったが…帰ってきたぜ」
GM : サーシャ「…あぁ、我が主君、エドレイ様…」
GM : 彼女はそういうや否や、彼の腕の中で涙を流します、涙を流しながら、エドレイにすがりつきます
GM : エドレイ「お、おいどうした…?お前そんなに泣き虫だったか?」
ネモ : 「(なんで認識出来てるんだ…?)」
リゥ・ラン : 「(こら、水差すんじゃないよ!)」肘うち
GM : サーシャ「いいえ、我が主君、でも、八十八翼のお姉さま方のおひとり、リリアーナ様が私たちに心をくださったのです」
GM : サーシャ「リリアーナお姉さまには、心から感謝しています、私に、愛を教えてくださったのですから、我が主君、わたしは…」
GM : サーシャ「あなたさまを、あいしています」
GM : 彼女の言葉に、彼は耳まで赤くなってしまいます
GM : …というわけでリコレクト/最愛ですね
GM : あ
GM : まずアル君記憶完成ですね
アル・フォンドラ : はい
system : [ リゥ・ラン ] ヒーリングP : 3 → 2
GM : 以外や意外、最期はリゥさんだったか
リゥ・ラン : まぁいいんじゃないかな
GM : では他三人は1d6どうぞ
カティ : 1d (1D6) > 2
リゥ・ラン : 1d (1D6) > 3
ネモ : 1d6 (1D6) > 5
GM : カティちゃんも愛に溢れた
GM : 溢れてねぇ!
アル・フォンドラ : そこに愛はあるんか…?
カティ : 愛なんて存在するわけ
リゥ・ラン : AIなんて
ネモ : 愛……愛?
カティ : 愛なんて脳内物質の反応だから()
GM : えーっと、カティちゃんが>???*1、リゥさんが最愛完成からのリコレクト/勝利の断片か
GM : んでネモ太郎君は勝利の断片だね
GM : あ
GM : 勝利で完成したからメモリゲージ溜まったね?
GM : ではリコレクト処理は完成
ネモ : 溜まったな
GM : これで大技が次回解禁予定なのですぐ使えるね!
GM : うむ、ではエピローグと参ろうか
GM : …ではサーシャ様の告白を受けたエドレイ、すると、突如として彼が持っていた羅針盤が砕け散ります
GM : シオン「…コレは、アレですね、運命を受け入れた…そういうことですね」
GM : エドレイ「…?どういう意味だ?」
ネモ : 「受け入れた?」
リゥ・ラン : 「なるほどね。そういう結末もあったと。そういうことか・・・」
GM : シオン「端的に言えばエドレイさんがアレクサンドラさんと一生を添い遂げるって決めたので、羅針盤が役目を終えたのです、コレ以上の時間旅行は必要ないと」
GM : サーシャ「…エドレイ様…///」
ネモ : 「ふむ…過去はそうはならなかったと」
GM : エドレイ「…まぁな」
アル・フォンドラ : 「…よく分からないけど、お祝いしてあげるべき。だと思う」
GM : エドレイ「…この藩には、脅威が多すぎる、俺はサーシャを連れて逃げるつもりだったが…」
アル・フォンドラ : 「おめでとう、エドレイさん」
GM : エドレイ「…後の祭りだった」「ん、ありがとさん、坊主」
リゥ・ラン : 「おめでとう。素直にそう言っておくよ」
GM : エドレイ「…ただ、俺の記憶が正しければ」
GM : エドレイ「…このままでは終わらないはずだ」
アル・フォンドラ : 「えっ」
GM : エドレイ「…そもそも、だ」「なんでアンタらはこの扉を攻略してるんだ?、扉の攻略先には縁深い人が選ばれるらしいんだが」「もしかして、アンタらの中にもいるのか?」
リゥ・ラン : 「さぁね?」
アル・フォンドラ : 「んーと…僕は…」煮え切らないような返事
ネモ : 「扉の攻略先にはいなかった気がするな…」
GM : エドレイ「…まぁいいさ、きっとアンタらとは再び会うだろう、そん時は協力させてもらうぜ?」
GM : エドレイ「…きっと今のところはそれでいいんだろう」
リゥ・ラン : 「まぁまた会うことがあればね?」
ネモ : 「再び会う…ふむ」
アル・フォンドラ : 「はは…よろしくお願いします」
カティ : 「残る貴方に祝福を 果てなき可能性にさよならを」
カティ : 「いつか会えたらまた ですのだ」
GM : エドレイ「あぁ」
GM : サーシャ「皆さん」「先ずは私を、そしてこの街を助けてくださってありがとうございます」「この藩を統べるものとして、お礼をさせてください」
GM : というわけで報酬タイムです
リゥ・ラン : 「(残念なことを言いそうなので黙ってよう)」
GM : とりあえず現金20000G相当のアイテム類と
GM : 怪鍵9つ
GM : あとサーシャ様がインスタントクロノグラス一個くれるって言ってますクソが
リゥ・ラン : ありがたや
GM : おかしいだろぉ?!
アル・フォンドラ : GMがキレてて草
GM : 再行動アイテムとか許される訳がねぇってはっきりわかんだね
GM : というわけでまぁアイテムは次回までに相談して決めるかしてくれ
カティ : いえーい
アル・フォンドラ : 「僕は…そんな大したことはしていないですよ、むしろ皆の方が…」
リゥ・ラン : 20000って微妙なんだよなぁ。ちょっと考えるか
アル・フォンドラ : 「困っている人を助けるのは当然ですから」
ネモ : これでインスタント何個目や?
GM : 3
ネモ : 草
GM : 因みに全員合わせて80000Gのアイテム買うこともできるから
GM : その辺はコミュニティなりディスコなりで相談してくれ
GM : さて…
GM : じゃあ後はRPになるかな
GM : では翌日
GM : 機龍を沈めた英雄さまに感謝を述べようってことでソーラン節が執り行われるらしい(ウーラ様は気絶した)けど参加する?
アル・フォンドラ : ひでぇwww
リゥ・ラン : いや、ウーラ様の屋敷で静かにしてる
リゥ・ラン : もう帰るし
アル・フォンドラ : choice[ドッコイショー,やめとく] (choice[ドッコイショー,やめとく]) > やめとく
リゥ・ラン : 今のうちに買い物とかはすましておこう(内容は後で決めるけど
GM : じゃあお祭り騒ぎにはなるけどそれはそれとして君たちは参加しない感じで
アル・フォンドラ : 「はは…昨日の今日ので元気だね外は…」
GM : シオン「ウッ頭が…」
リゥ・ラン : 「まぁ大きな事件があった後はこういうバカ騒ぎをするって大事だからね」
GM : ウーラ様「うーん…うーん…そーらん…?そーらん…?」
アル・フォンドラ : 「結局あの踊りの意味はよく分からないけど…塔に帰ったら調べてみようかな?」
リゥ・ラン : 「ウーラ様、聞かなくても大丈夫ですよ」
GM : ウーラ「□□…ありがとうね、気を使ってくれて」
GM : ウーラ「…そういえば」「エドレイ様も言っていましたけど…」
ネモ : 「嫌な…事件だったね」
GM : ウーラ「この次の厄災、即ち…他藩よりの侵略はあります」
GM : ウーラ「…貴女は、戻ってしまうのですか?」
リゥ・ラン : んー、それききます?
GM : まぁキャラ的にはそうなるかなーって
リゥ・ラン : じゃあ潮時かな
GM : お茶濁してもいいよ
リゥ・ラン : 「ネモ少年、そろそろお暇する時間のようだね」
GM : ウーラ「あ…」「…いえ、そうですか」
GM : ウーラ「えぇ、きっと、貴女と再びあえて良かったです」「…最期まで、名前を呼べなくてごめんなさいね?」「ありがとう、□□」
ネモ : 「ん…了解」
リゥ・ラン : とりあえず他の3人はさっさと帰らせよう
GM : おけ
GM : シオン「じゃあ、戻りますよ?」
ネモ : じゃあカティを念入りに見張って帰らせるべ
ネモ : 「急に残るのですだーとか言い出すなよ?」徹底マーク
リゥ・ラン : 「ほら、行った行った」
GM : シオン「カティちゃん、信頼ないですねぇ」
GM : シオン「ではウーラ様もお元気で、さようなら」
GM : ウーラ「えぇ、皆さん、さようなら」
アル・フォンドラ : 「そうだね…ここは空気を読んでおきましょうか」
GM : そう言って彼女は皆さんを送り出してくれますよ
リゥ・ラン : じゃあちょっとだけ残って少しだけお話しましょう
GM : おん?
GM : ウーラ「…あの、行かないのです?」
リゥ・ラン : 「ウーラ様。あなたのリゥは確かに使命を果たし、たどり着きました。」深々と頭を下げる
GM : ウーラ「… … …」「じゃあ、やっぱり貴女は…」
リゥ・ラン : 「しかし、ここにいる私は”リゥ”ではないので、とどまることはできません。そしてそれに対してあまり悲しいとも思えないのがとても残念です。」
GM : ウーラ「…え」
GM : その言葉をトリガーにしたのか、ウーラ様は再び頭を押さえます
GM : ウーラ「わたし。は、もしかして」「…貴女に取り返しのつかないことをしてしまったのですか?」
リゥ・ラン : 「実のところ、何もかもが曖昧なので。ウーラ様のことも覚えてるようではっきりとしないのです。」
リゥ・ラン : 「さようなら、ウーラ様。どうか”リゥ”の事を誇りとしてください。もう会うこともないかもしれませんが」
リゥ・ラン : そう言って去りましょうか
GM : ウーラ「ま…」「待って!」扉にその言葉はかき消されました
GM : …さて、マスターシーンを少し挟ませてください
アル・フォンドラ : はーい
ネモ : はいな
GM : もう名前も認識出来なくなった彼女を、送り出すことしか出来ず、立ち尽くしているウーラ
GM : …そんな彼女に、厄災の足音が告げられる
GM : ムジャ「ウーラ様!ウーラ様!」
GM : ウーラ「ムジャ?どうしたの?」
GM : ムジャ「敵が…敵軍が突如、藩より2km位置に出現しました!」
GM : ウーラ「え」「待って斥候はどうしたの?!」
GM : ムジャ「それが…”くろいもやもや”になってしまって…」「もう直ぐアレが来ます…!」
GM : ウーラ「そん、な…」
GM : @@@@@@
GM : といったところですね
GM : ではグランドエントランス
リゥ・ラン : 「はー帰ってきたね!」
GM : シオン「これで終わった…んでしょうか?」
アル・フォンドラ : 「…だといいんですが」
リゥ・ラン : 「大丈夫なんじゃないかな?根拠はないけどね」
アル・フォンドラ : 「リゥさんは あの人の事知ってるようだったけど…本当はどうなの?」
リゥ・ラン : 「うーん。遠い昔の知り合い。それ以上でもそれ以下でもないよ?」
ネモ : 「だといいんだけどねぇ…」
アル・フォンドラ : 「ならいいんですけど…うーん」
GM : シオン「そう言えば人魚のほうはどうなっているんでしょうか」
リゥ・ラン : 「あまり深いこと考えるんじゃないよ、はげるよ?」笑いながら
GM : シオン「…とりあえず見に行ってみませんか?」
リゥ・ラン : 「ま、行ってみようか」
GM : では
アル・フォンドラ : 「はい、行きましょう」
ネモ : 「そうだね」
GM : 人魚の皆さんがたむろっている中央の池なんですけど…やばいことになってます
リゥ・ラン : 「おや?」
GM : グラーニア「…おかえりなさい」
GM : グラーニア「…これは、どういうことなんだろう、ね?」
GM : グラーニアが中央に目を見やる、そこには何かから離れるようにして退避する人魚たちと
ネモ : 「何が…?」
GM : ”どす黒い影”で覆われて、何があったかわからない、そんな黒い塊が一つあります
アル・フォンドラ : 「…これ、は」
GM : グラーニア「…うかつに触らない方がいいでしょう、多分同じになりますから」
リゥ・ラン : えっとそれは”誰か”わかります?
GM : そうだねぇ
GM : ”誰”かはわからないけれど、”誰でないか”はわかる
リゥ・ラン : まぁそうなるよね
ネモ : うへぇ…
GM : アデーレウーラバーベナジェンナステラネイユリリリティカローザライングラーニア
GM : これが人魚リストね
GM : んで、そのうち
GM : まずローザラインさんはいなくなってる
GM : んで残ってるのは
GM : アデーレバーベナジェンナステラネイユリリリティカグラーニア
GM : こんだけ、ってのはわかっていい
リゥ・ラン : 「ちっ」
アル・フォンドラ : ウーラも?
GM : 誰?
ネモ : なるほどね
カティ : 今思ったけど全部お花の名前が由来だね
アル・フォンドラ : (そうなんだ)
GM : グラーニア「…私には全く心当たりがないんですが…」
ネモ : 「また戻るか?」
リゥ・ラン : 「こんな結果は記憶にないってことは何らかの干渉って考えるのが妥当・・・か」
リゥ・ラン : その黒いのって広がる気配はある?
GM : それはないかな
GM : ただ”リゥさん以外”が接触した場合やばいことになるのはわかっていい
リゥ・ラン : なるほど、それなら
GM : もし耐えれるとすればカティちゃんだけかな
GM : 今のままだとネモ君でも無理
GM : ただカティちゃんでも危ない状態にはなるかも
リゥ・ラン : 「とりあえず広がる気配はない、か。それならやることは一つだね。」
リゥ・ラン : 「他の人魚がこうなる前に扉を攻略する。それが優先事項だろう」
カティ : 「うーんおやすみ無しはなかなかきついですのだー」
GM : ???「それはしんぱいしなくてもいーですよ?」
アル・フォンドラ : 「…助けられるのなら、それをやらない手は無いです」無謀にもついて行こうとするよ
ネモ : 「扉を攻略した後にこうなった気がするんだが、早く攻略する必要あるのか?」
GM : 突如、上空より声がかかる
リゥ・ラン : 「誰だ!?」
アル・フォンドラ : 「…!?」
GM : ???「まったく、まだおもいだせてないのですか?」
リゥ・ラン : いやマジでだれだっけ?
GM : 一応記憶の中で会ってる
リゥ・ラン : あぁ最初のか
GM : 立ち絵は小さくて見づらかったけど、二回目の時、彷徨の塔であったやつ
GM : さて、続き
リゥ・ラン : 「今更何の用だ?」
GM : ???「…私はそもそもグラーニアのやり方は反対なので」
GM : ???「いい加減終わらせに来ました」「…ねぇ、シオン・アスター・プルメリア?」
GM : シオン「…え、アタシ?」
GM : さて、上空に黒いぐるぐるがあったじゃないですか
リゥ・ラン : あったっけか?
アル・フォンドラ : あったぞ
リゥ・ラン : あったのか
ネモ : 「シオン…なんだって?」
GM : んで、そこから三人の影が降りてくる
GM : 一人は灰色の髪に白い衣をまとった如何にもという感じの神官
GM : もう一人は鮮やかな赤い髪、吸い込まれるように深い黒衣を纏い身の丈を優に超える二つの戦槌をそれぞれ片手で軽々振るう戦士
GM : 最期の一人はボロボロの桃色の外套をまとった異質な雰囲気を纏った少女
GM : 白い女「…私はシュロス・ペレキューデース」「代行者として、シオン、貴方を排除します」
リゥ・ラン : 「ほうほう」
ネモ : 「なんか物騒な単語聞こえてるんだが…?」
GM : ではまずそうだねぇ
GM : こっちかな、動くなら
GM : 桃色の服の少女の方が動きます
ネモ : こっちに来るなら動く
GM : …あ、ごめんちょっと相談させてもらっていい?
リゥ・ラン : ”私”は何もしないかなー、どっちかって言うと白い側だしね
カティ : おやおや君は...
アル・フォンドラ : 「な、なんなんですか貴女達は… シオンさん何か知っているんですかぁ!」
GM : うむ、出していいとの許可をもらったので出した
GM : ピンク「…皆さん、その蒼い羅針盤、シオンを渡してください」
GM : そういって桃色の服を着ていた少女が皆さんの前に飛び降りてきます
リゥ・ラン : あ、私は一歩引いて眺めてる
ネモ : 「急に現れてそれはどうかと思うんだが?」
GM : ピンク「選択は不幸です、我々に従ってください」
GM : さて、ネモ君に手を伸ばすけど
ネモ : 「また巫女とかか?」スっと下がる
GM : そうだねぇ…どれがいいか
GM : よし、魔法にしようか
GM : では彼女の中央部から剣のシルエットが浮かぶ
GM : ピンク「スリープクラウド」
GM : すると彼女は魔法の発動体無しに魔術を行使する
GM : とりあえず目標値25でどうぞ
ネモ : 2d6+11 (2D6+11) > 9[6,3]+11 > 20
ネモ : まず月舞
ネモ : 2d6+11 (2D6+11) > 5[1,4]+11 > 16
ネモ : ラック
ネモ : 2d6+11 (2D6+11) > 11[5,6]+11 > 22
GM : 惜しい…
ネモ : うぅん…
GM : じゃあ半分くらい効いたことにしようか
GM : ネモ君は強烈な眠気によって立っていることができなくなる
GM : ピンク「…コレは渡してもらいましょうか」そういってシオンをつまみ上げる
リゥ・ラン : 「穀したりはしないだろうね?」
GM : ピンク「コレは抹穀対象です」
リゥ・ラン : 「そうか、それは残念」
ネモ : 「…うぐっ」地べたずりずり
GM : 切りかかってくれてもいいのよ?
リゥ・ラン : いや、やる必要がないからね
GM : おけおけ、アル君カティちゃんは止める?
アル・フォンドラ : 「…させません」たちふさがろう
GM : ピンク「…貴方は、コレですね」
アル・フォンドラ : 「いきなり現れて不躾に連れ去る、いくらなんでも理不尽では?」
GM : 再び彼女から剣のシルエットが浮かぶ、するとアル君は神聖魔法が使えなくなる
GM : ピンク「選ぶことをしても悲しむだけです」
アル・フォンドラ : 「…っ!?」
GM : さて、彼女がアル君の顔を掴むと…体内に何かを流し込まれる
カティ : 「ふーむ」
GM : 水銀のようなそれはアル君の体の自由を奪うでしょう
カティ : あやっべ
カティ : 内側から破壊してくる奴
アル・フォンドラ : 「ぐ…ぶ…」倒れ込む
GM : 穀さないよ?さすがに
カティ : 「カルディアの力...マナの直接的操作」
カティ : 「いやそれでいて全く未知の力」
カティ : 「ではあるが神々と人を繋ぐ力...? よくわからないですのだ」
GM : ピンク「…貴女は」「…貴女は”ダメ”ですね、油断出来ない」そういってカティちゃんの方を向く
カティ : あったー
カティ : GMでーたあったよー
GM : そういうとピンクの女性は空に浮遊する刀を4刀浮かばせる
GM : 尾、マジ?ありがとー
GM : ピンク「…貴女はこれがいいでしょう」
GM : ピンク「犯刀・剠…」
GM : それが、瞬間カティちゃんに襲い掛かる
カティ : 「やばーいですのだ0」
カティ : どっちだどっちのいれずみだ
GM : 罪の剣
カティ : (ビームサーベル/ファンネル)
GM : ファンネル
カティ : あひん
カティ : 「ミサイルプロテクション」
GM : おけ、弾いていいよ
カティ : 「あぶないですのだー!」
GM : ピンク「…!」
カティ : 「別にどうこうしようというつもりはないですのだ」
GM : ピンク「…それならば」
カティ : 「インビジリビティ」
GM : 踵を返して帰ろうとするけ…おっと
GM : ピンク「?!」
GM : …どうするのん?
カティ : とりあえず消えた
GM : なるなる
GM : 何かする?
カティ : ぶっ倒れてる二人にワールウィンドで遠くに運ぶよ
GM : おけおけ
GM : シオン「っ…!」
カティ : 「穀してほしくはない それだけですのだ」
GM : ???「ルーシェさん、もーいいですよー、意外と反抗はありませんでしたし」
GM : グラーニア「待ちなさい話が違います!」???「わたし、あなたのこと嫌いなので…コイツを穀してそれで終わりです」
GM : ???「さて、あとで終わったらネモ・ファウストとリゥ・ランは回収しにいきます、カチューシャ・オヴシャニコフは穀害処理ですね、アル・フォンドラは…元々の時間に帰っていただきましょう」
GM : ???「それでは」
GM : そういうと空間に歪が生まれて、その中に三人は消えていきました、シオンを連れて
カティ : 「あぶないあぶない ですのだ」
リゥ・ラン : 「相変わらず何考えてるかわからない奴らだねぇ」
GM : グラーニア「…コイツは、困ったことになりましたね…」
GM : あ、アル君は水銀も魔法制限もなくなってるよ
アル・フォンドラ : 「(昏倒)」
アル・フォンドラ : むくっ
GM : ネモ君も起きていい
リゥ・ラン : 「こまったことも何もあんたらの内輪もめだろう?」
GM : グラーニア「いやまぁそういわれてしまうとそうなんですが…」
リゥ・ラン : とりあえずネモ少年は蹴り起しておこう
アル・フォンドラ : 「一体なんだったのです…? あの人達何か言ってました…かね?」
ネモ : 「ッッ、出来るならあの時点で蹴って欲しかったなぁ」
GM : さて、ではネモ君は目覚めます、掌にはシオンのいなくなった羅針盤だけが残っています
GM : 中身はから
GM : グラーニア「…あの堅物め、…まぁ仕方はないでしょう」「…いずれにせよ、でしたしね」
リゥ・ラン : 「あんたは詳しい事情を知ってるようだね?」
GM : グラーニア「ま、同僚のことですし」
ネモ : 「へー、話すのに制限とかあったりする?」
GM : グラーニア「ありませんが…時間の方も同様にありません、故に」
GM : グラーニア「ネモ君、決めてください」「彼女たちと戦うか、このまま進むか」
GM : グラーニア「規約違反で暴走してる以上殴って止めなければアレはそのままシオンさんを穀します」
ネモ : 「故に?」
GM : グラーニア「ただ彼女たちは代行者、神の使いと言われるだけの実力を兼ね備えています」
GM : グラーニア「…カティちゃんとリゥさんがいても、厳しい戦いになるでしょう」
ネモ : 「まぁ…それは何となくわかってはいたが」
リゥ・ラン : 「くっくっく、ネモ少年選択の時だね。」
ネモ : 「選択なんて無いだろ、こんなの」
リゥ・ラン : 「あぁそれと私を勘定に入れるのはなしだ。」
アル・フォンドラ : 「…神様の代行者なら何でこんなことをするんだろう」
ネモ : 「そうか」
リゥ・ラン : 「今の私だとどっちかに肩入れするような立場じゃあないんでね」
ネモ : 「じゃあ、1人で行くから」
GM : グラーニア「じゃあ、そのひずみが消えないうちに行ってください」
GM : グラーニア「そこで彼女達は待っているでしょう」
ネモ : 「はいはい、あぁ部屋にあるアイスクリームの機械とかは好きに使っていいから」
アル・フォンドラ : 「…」
アル・フォンドラ : 「僕じゃ力になれないよね…はは」
ネモ : 「まぁ、俺のせいだろうから巻き込む訳にも行かないしな」
アル・フォンドラ : 「…その、ネモ君の無事、祈ってる」
GM : …じゃあいく?
ネモ : 行きますねぇ
GM : おーけー、ではひずみの奥に足を踏み入れた彼はその中に消えていきました
GM : グラーニア「…さて」
リゥ・ラン : 「バカめ、結局一人でいったか。だから”少年”なんだよ・・・」
GM : グラーニア「…皆さん、お願いがあります」
GM : と、グラーニアは三人に話しかけますね
GM : グラーニア「…どうか、彼の力になってあげられませんか?」
GM : グラーニア「…彼が本当の意味で目覚めない限り、あの三人に一人で勝つのは不可能です」
アル・フォンドラ : 「…本当の意味で、ですか」
リゥ・ラン : 「残念だけど、それは無理だね。ネモ少年が自分で頼んできたのなら、考えもしたけど。」
GM : グラーニア「えぇ、そしてそれは実質的に不可能に近い」
GM : グラーニア「…!」リゥさんの言葉にたじろこうか
リゥ・ラン : 「アルくん。ネモ少年が頼んできたなら君は手伝ってあげたかい?」
アル・フォンドラ : 「…そうだね」
アル・フォンドラ : 「頼まれたら…助けるのは当然だから」
リゥ・ラン : 「まぁそういうことだよ。あきらめるんだね」
アル・フォンドラ : 「ただ」
アル・フォンドラ : 「…このままじゃネモ君がやられてしまう。それが分かってて行かないのは」
アル・フォンドラ : 「事情がどうであれ…見過ごす訳にはいかない…かな」
GM : グラーニア「…!」「アルさん…!」
リゥ・ラン : 「まぁアルくんの言い分にも一理あるかな。」
アル・フォンドラ : 「…キルヒア様の教えには背くかもですけど」
リゥ・ラン : 「ただネモ少年は無理だとわかってて一人でいったんだよ。無謀にもね。」
カティ : 「よくわからないけどついてくですのだー」
アル・フォンドラ : 「考えてばかりでは、物事が最善に進むとも限らないんですから…」
GM : グラーニア「カチューシャちゃんまで?」
アル・フォンドラ : 「時には行動して、それから考える選択肢もあるんじゃないかなって」
アル・フォンドラ : 「ネモ君の行動は傍から見たらまぁ、無謀だよ」
アル・フォンドラ : 「…リゥさん」
アル・フォンドラ : 「もしリゥさんにとってかけがえのない人が困っていたら…その時の損得勘定で動くかい?」
リゥ・ラン : 「うーん、困ったことにねぇもうそういうのがないんだよね。私には」
アル・フォンドラ : 「…もう?」
リゥ・ラン : 「ただまぁアル君に免じて、ネモ少年に少しだけチャンスを上げることにするか」
アル・フォンドラ : 「…ありがとうございます」
アル・フォンドラ : 「それと、自分に嘘、つかないでくださいね」
リゥ・ラン : 「とりあえず私もついていこう。手を出すかどうかはその時のネモ少年次第だ」
リゥ・ラン : 「一応最後まで見届ける義務くらいはあるだろうさ」
GM : グラーニア「…ふ、ふ、ふふふ…」「いやー!皆さんを直々に選んで良かったですよ…!私の目はくるってなかった!」「特にリゥさんがいい!んむ!」
GM : グラーニア「では、二人をお願いします」
ネモ : よくわかんないけど叩きてぇ
リゥ・ラン : 同感だなー
GM : まぁこういうやつだから
アル・フォンドラ : 今のアル君は純粋に助けたいって思ってるかなー
GM : グラーニア「じゃ、皆さんいってらっしゃい!」そういうとグラーニアは三人をひずみの中に放り投げます
アル・フォンドラ : 「ぬわああああ」
リゥ・ラン : 「普通に行かせろよ、もう」
GM : さて、では次回ネモ君の記憶編です
アル・フォンドラ : その後は私の記憶が戻ります(予定)
リゥ・ラン : リゥさんの武器の強化はいつやっていいですか!?
GM : あ、やってたってことでもいいよ
アル・フォンドラ : 良かったね
リゥ・ラン : まぁ一段落ついてからにしよう
リゥ・ラン : あとDFのドロップ品とか結構お金増えるだろうしな
GM : リゥさんの記憶が戻ったら一段階進化するから
GM : ?
GM : DFのドロップ品はないよ?
リゥ・ラン : なんだってー
GM : 爆発させたじゃん
リゥ・ラン : じゃあせめて経験点と剣の欠片をよこせー
GM : おっけー!
リゥ・ラン : 名誉点が足りないんじゃ
GM : ではリザルトは来週までにだします
GM : 今回はここまでです!お疲れ様でしたー!
リゥ・ラン : おつかれさまでしたー
カティ : でしたー
ネモ : お疲れ様でした
アル・フォンドラ : したー
GM : 頭いてぇんで私は寝ます…
ネモ : あい、おやすみ
リゥ・ラン : おおう、お大事に
アル・フォンドラ : 私はカズヤの使い方でも見るか…
アル・フォンドラ : お大事にぃ

 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。