三日月 ソラ(クトゥルフ神話TRPG用キャラクターシート)

本作は、「株式会社アークライト」及び「株式会社KADOKAWA」が権利を有する『クトゥルフ神話TRPG』の二次創作物です。

Call of Cthulhu is copyright (C)1981, 2015, 2019 by Chaosium Inc. ;all rights reserved. Arranged by Arclight Inc.
Call of Cthulhu is a registered trademark of Chaosium Inc.
PUBLISHED BY KADOKAWA CORPORATION

加古川博士が作成したTRPG「クトゥルフ神話TRPG」用のキャラクターシートです。

三日月 ソラの詳細

キャラクターID: 161114149451kokuen634

キャラクター情報  NPCでの使用は不可
TRPGの種別: クトゥルフ神話TRPG
三日月 ソラ

いいね! いいね! 0

キャラクター名: 三日月 ソラ
43 / 43
90 / 90
外部URL:
メモ:
詳細A:
《プロフィール》
【職業】 エンジニア 【性別】 男 【年齢】 18 
【出身】 イギリス 【学校・学位】 なし 
【精神的な障害】  

【SAN値】 現在 / 最大
90 / 90

【STR】 30 【APP】 12 【SAN】 90
【CON】 168 【SIZ】 12 【幸運】 450
【POW】 90 【INT】 42 【アイデア】 210
【DEX】 30 【EDU】 20 【知識】 100
【H P】 43 【M P】 90 【ダメージボーナス】 +2D6

【職業技能ポイント】 400
【個人的な興味による技能ポイント】 420

《戦闘技能》
☑回避    135% ☐キック    99%
☐マーシャルアーツ 99% ☐投擲     99%
☐こぶし    95% ☐マシンガン  99%
☐拳銃     99% ☐頭突き    98%
☐サブマシンガン 99% ☐組み付き   95%
☐ライフル   99% ☐ショットガン 95%
☐棍棒     99% ☐刀      99%
☐砲      99% ☐クロスボウ  99%
☐ノイマン   40% ☐バロール   40%
☐青竜刀    99% ☐第六感   142%
☐術技     99% ☐槍      99%
☐武術:剣術  99% ☐HI-Maneuver/Antiquum Mundus 99%
☐軽業     84% 

《探索技能》
☑目星     99% ☑聞き耳    99%
☐応急手当   95% ☐追跡     95%
☐隠れる    95% ☐忍び歩き   96%
☐隠す     99% ☐写真術    10%
☑図書館    99% ☐登攀     40%
☐鍵開け    99% ☐精神分析    1%
☑起動兵器   99% ☐宇宙戦艦   99%
☐第二世界技術  5% ☐機動兵器   99%

《行動技能》
☐水泳     70% ☑電気修理   99%
☐運転:4輪  99% ☐跳躍     60%
☑機械修理   99% ☐操縦:戦艦  99%
☐乗馬      5% ☐ナビゲート  95%
☐製作:機械  99% ☐変装     50%
☑重機械操作  99% ☐操縦:飛行機 95%
☐機動兵器:旧世界 99% ☐製作:洋菓子 26%
☐ジェスチャー 95% ☐運転:モビルワーカー 99%
☐操縦:MS  99% ☐操縦:戦闘機 99%

《交渉技能》
☐母国語:英語 99% ☐信用     95%
☐説得     95% ☐言いくるめ  30%
☐値切り    99% ☑日本語    95%
☐読唇術    70% ☐中国語    99%
☐ロシア語   90% ☐アフリカ語  99%
☐ドイツ語   99% 

《知識技能》
☐クトゥルフ神話  9% ☐歴史     20%
☐オカルト    5% ☑コンピューター 99%
☐経理     60% ☐電子工学   99%
☐天文学    70% ☐物理学    99%
☐化学     99% ☐考古学     1%
☐心理学    90% ☐法律      5%
☐人類学     1% ☐生物学     1%
☐薬学     99% ☑地質学    99%
☐博物学    95% ☐医学     95%
☐芸術:     5% ☐芸術:戸惑い 90%
☐ハンドサイン 70% ☐芸術:デザイン 95%
☐建築学    70% ☐外識      5%
☐異世界技術  99% ☐量子力学   99%
☐テルス総合技術 99% ☐近未来技術  95%
☐メタトロン技術 99% ☐ロボット工学 99%

詳細B:
{武器}
キック 1D6+DB タッチ 1回 -
組み付き 特殊 タッチ 1回 -
こぶし 1D3+DB タッチ 1回 -
頭突き 1D4+DB タッチ 1回 -


{所持品}



【現金】  【預金/借金】 

{パーソナルデータ}
三日月 ソラ
身長:168cm
体重:65kg(体脂肪率8%)

本名三日月・オーガス
イギリス出身の男性。
血筋的には日本人とイギリス人のハーフである。
幼い内にイギリスから日本にちょくちょく通っていたが実の両親がなくなったことにより叔母と叔父に引き取られる形で日本に住むことになった。

中学生になると同時に日本での生活がスタートした。
日本での生活は始めてみるものばかりで大変だった。
何より大変だったのはイギリスとの日本との文化の違い、そして言語の違いだった。
文化は最終的になれたが日本語の勉強が一番辛かった。
叔母は英語が達者で基本的な日本語の言語は叔母に頼んでいたが、授業中に付きっきりでサポートの先生がいるのが何故か気にさわり日本語を勉強し始めた。
中3になるころには一般的な会話はできるようになった。

高校生にはならず機械系統の専門学校に入学。
高校卒業のやつもとれるところに向かった。
専門校での生活では特に何もなかった。

専門校終了後エンジニアの職につく。
ロボット系統のエンジニアになってからは叔父の助力もあってロボットを作り出している。

生まれつき地頭がよく物覚えがいい。
記憶力も高く機械系統であれば一度使い方を聞く、もしくは見るだけで覚えれる

という経歴。
実際は異世界転生者であり
気づいたのは15歳になった時からである

【特徴表】
・急速な回復力(66)
新陳代謝能力に優れている。耐久力を回復するロールの結果に+1。

・予期せぬ協力者(10)
探索者には、いかなる理由か自分に忠誠を尽し、援助に来るかもしれない協力者がいる。
キーパーが協力者の正体を決める。
また、協力者の影響力をD100ロールで決める(数字が大きいほど影響力が高い)

【肉体改造】
筋肉繊維の増強 STR+12

筋肉繊維増加 DEX+12

肉体改造で阿頼耶識システム(オリジナル)を入手

次元石の欠片を食したことによるPOW上昇10、CON+7、DEX+8、魔術に対しての抵抗として魔法ダメージを-1

巨人の筋肉を使用しHPを増加する+10、これにより酸欠になっても5分間は動けるほか、血を流し続けても3分間は生きていられる

異常発達人類の再生力及び耐久を入手CON+16

グランツェ(人類の進化の一種)の筋肉を移植し、劣化した筋肉を破棄、生体的強化を施したことにより回避+2、行動+1

バドリアローグ(人類が過酷な環境に適応し進化した結果の一種)の所有する再生細胞を自身の神経に移植。神経が死亡した場合、瞬時に再生され、神経の復活が起きる。

死んだ細胞を取り変え、新しい細胞に変えた、また筋肉も交換しHPの上限を増やした。

肉体改造により身体能力を従来の物より強化。回避+1、行動回数+1。


【専用強化内容】
「阿頼耶識システム」
脊髄にナノマシンを注入し「ピアス」と呼ばれるインプラント機器を埋め込み、その部分でナノマシンを介して操縦席側の端子と接続する事で、パイロットの神経と機体のシステムを直結させる。これにより脳内に空間認識を司る器官が疑似的に形成され、直感的かつ迅速な機体操作が可能になる。
一応、現実世界でもF-35等の最新戦闘機等への転用に向けて研究されているインターフェースで、ブレイン・マンマシーン・インターフェースと呼ばれる系統の技術である。

それにより、マニュアルを読まなくても操縦が可能であり、それどころか文字すら読めない者でも、MSの操縦が可能になる。

なお背中にピアスをカバーする物をつけており、このおかげでなんとか日常生活に支障が来さないようにしている。


【収入】  【個人資産】

【不動産】  【住所】

【家族&友人】

【狂気の症状】

【負傷】

【傷跡など】

【読んだクトゥルフ神話の魔導書】


【道具】
『亜空間格納機』

『The Guardian type-T』の持つ空間操作能力を利用して作成された空間領域。

手の平サイズの端末内に搭載されており、MPを2d6点消費もしくは2d6点の電力を消費する事で拡張した内部空間と自身が存在する空間を繋ぐ門を開く事が可能。
いわゆるアイテムボックス。
外部パッチとしてEMPにたいしての対策をこうじている
耐久:

AK-47-F-SU自動小銃
反動などが少なく取り回しの良い武器で重宝されるライフル。
弾自体も電磁力コーティングによる命中率の上昇があり、機械体に対して磁力が働き、回避性能に-20%を与える
ダメージ:50d40ダメージ 5d6発
貫通あり
技能:ライフル
耐久:1000
装填数30発

【アーティファクト】
AF キューブ型のアイテムボックス 
縦5cm横5cm高さ5cmほどの青色のキューブ。 
普段はアクセサリーとしてついてある。 
一般人(POWが1以上)にも見える。 
効果 
ボックスを手に持ち「開け」と宣言 そうするとボックスの中にある四次元空間へとつながるホール(直径20㎝の楕円形)が展開される。 
その中では身長5m以下の非生物、生物であれば無制限に入る。 
ボックス内部はヨグ=ソトースの能力である時間干渉が行われており内部の時間は経過しない。
また内部はダオロスの力で空間を拡張している。
しまう場合は特に処理を持たない(しまおうと思えばしまえる)

【学んだ呪術】

【学んだ技術】
第二世界技術(機械工学編)
第二世界のロボット兵器を作るうえで必要な技能で、外骨格や内部骨格を製作するうえで必要な知識である。現代のロボット技術を100年以上進歩したものだといえる。
ロボットの機械構造を知るうえで使える技能といえるだろう。
初期技能として5%だがこの技能でのクリファンでしか成長できない。

『機動兵器:旧世界』
初期値:1%

旧世界の黎明期に生産された機動兵器を使用する為の技能。柔軟な行動や機動が可能な旧世界兵器達はその反面、操作性が劣悪であり、長期間の訓練を受けなければまともに動かす事が出来ない。
この技能はそれらを利用する為の技能であり、旧世界の機動兵器は他の技能での代用判定を行う事は出来ない為、必ずこの技能を使用しなければならない。
また、何らかの成功値補正を受ける事が可能だとしても、この技能は複雑な操作を行う為に知識だけで無く反射や反応も必要であり、その為に成功値補正を受ける事は出来ない。
正確には受ける事は可能だが、受けた上で成功値が変わる事がない。

『HI-Maneuver/Antiquum Mundus』
 初期値:1%

 旧世界の機動兵器を使用する際に熟練のパイロットが行う機動術の一つ。

 可変機構を持つ機体にのみ使用可能で、攻撃・回避へ変形を組み込む事でその推進力を各行動へと活かす事が出来る。

 この技術は変形能力を有する搭乗兵器であれば種類を問わずに利用が可能であり、搭乗者の機転次第では様々な局面で利用可能となるだろう。

・この技能の対象は可変能力を有する搭乗兵器に限定される。

・この技能の使用回数は搭乗機が1R中に変形可能な回数に限定される。(なお、旧世界の変形機構を持つものは例外とする)

・この技能を使用した場合、変形前の武装と変形後の武装を一度の攻撃で使用する事が可能となる。

・回避ロールの値が[00]以外の値で回避判定に失敗した場合、この技能をロールする事で回避ロールを再度判定する事が可能となる。ただし推進力による力技の回避となる為、判定値は技能値に-50%の修正を与えた値となる。

・この技能を使用する事で『ラムアタック』が可能となる。

『ラムアタック』

可変機構を持つ機体による変形突撃。

古くは衝角攻撃とも呼ばれる攻撃であり、機体の質量を推進力によって対象へ叩き付ける力技。攻撃対象のSIZが搭乗機体のSIZを上回っていた場合、衝突時の反動によって与えたダメージの1/100の値の耐久値が減少する。

技能: HI-Maneuver/Antiquum Mundus

ダメージ:搭乗機体のSIZ×DEX


「異世界技術」
クトゥルフ神話TRPGでは存在しないような、近未来技術を含む、異世界の技術。
クリファンでのみの成長とする。

・第六感(ニュータイプ)
初期値:1%(クリファンでのみ成長)
命拒む都市にて極度のストレスから開花したとされる人類の可能性である
生き物のみが持つ生きる為の執着、生存本能に特化されたとも仮定されており、様々な可能性を持っているとされる
従来の生き物の直感力と洞察力が過度な急成長をしたとされており、自身の生命に関わる現象に瞬時に勘付くとされている

・心眼(初期値1%)
心眼とは心の目によって目に見えない真実を確かめる力のことである。 
具体的には目や耳などの感覚器で知覚することが出来ない情報を経験と想像力で推論することによって見えない物の具体的な形質や挙動を把握すること、また科学的な推論に基づいて見えない物の本質を理解する能力。
白と黒でしか周りを認識できないため、色などはわからない。しかし、自身を起点に360°、100mまで見ることができる

・テルス総合技術
旧世界テルスにおいて発展した科学技術。
物質構成や非物質領域の観測に始まり重力などの力場や時空間の変動、果ては基底現実の観測を行い、その結果を参照し物質及び精神や魂魄などの非物質領域,力場や時空間の操作を行うことで領域に時空間ごと物質を構築する方法で飛躍的に発展していったある種の枝葉の果ての到達点である。
物質構成や精神および魂魄を始めとする非物質領域の観測が可能である。
機器を揃え観測結果に対し理解研究の為の[アイデア÷2]と[知識÷2]の連続ロールを行うことで観測情報の解析を行うことが可能である。この観測及び解析対象は純科学的なものだけでなく非物理純自然的で神秘的なものさえ含まれる。
神秘存在の観測が可能な理由は「神秘が神秘である」ことの観測が可能であり、物理法則的な裏付けではなく「世に起こる」事柄であるが故に観測しているのである。

この世に「解析できない・理解できない」ということはない。外から伸ばした手の施す「現実」からの書き換えだろう。

・成長条件
セッション終了時に異世界技術,物理学,科学,量子力学などの科学技術系技能の何れかを4種ロールし、その全てで決定的成功することで1d10ポイント成長する。
それ以外の場合は鋼の世界の「研究者」などの鋼の世界の根幹にあたる存在やそれに並ぶ知識者からの教授以外で成長しない。 

・メタトロン技術
鋼の世界の中期から発展していった「メタトロン鉱石」という物質の特性を利用し様々な分野で活用する技術。
メタトロン物質はシリコンをベースに金属のを含む複合高分子体で、動力源、量子コンピュータ、装甲などの素材に応用できる。
単にエネルギー源としての利用の他にエネルギーを与えスピンさせると周囲の空間を巻き込んで圧縮するなどの空間に作用する効果が確認されたために既存の空間干渉技術に革命的な変化をもたらした。
また、他の宇宙の木星圏などで発見されたものと異なり、鋼の世界こと「旧世界テルス」で発見された者は基底現実性に影響を及ぼす性質を持っており、現実改変に分類される技術の足がかりにもなっていった。

基本的には通常のメタトロン物質を安全に扱い、加工やそれを利用した設備や装備などの開発を行うための知識や技術を示す。
また、鋼の世界のメタトロンの基底現実性干渉効果を安全に扱い、様々なものに加工及び利用するための前提知識や技術もこの技能を参照する。

【戦闘技術】
『白刃取り』
物理攻撃を両手のひらを合わせるように挟んで受け止める技。成功時にダメージは発生しない。
近接攻撃や弾丸等、手で挟めるものであれば全て対応可能だが手で挟めない程巨大なものや、流体や実体のないものには対応できない。
1ラウンド中1回
判定の成功値はこぶしである。

連続攻撃 使用技能刀類
コストMP1d6 
この術は命中ロールを行う前に宣言 
コストを支払ったあと 
2回攻撃することが可能(2回命中ロールを振ること) 
相手はそれぞれ回避や受け流しを行う
ダメージロールは個別で行う
(この技になんらかの技を組み合わせることは可能だが2発目になると明記されない限り1発目に技の効果がのる)

一の太刀(名前は好きに変更可能)
使用武器刀類(日本刀 太刀 斬馬刀のみ発動可能)
コスト1d10MP
この技は命中ロールを行う前に発動宣言、この攻撃が命中した場合、ダメージロールを2回行い合計した値がダメージとなる(貫通はのるが1発目のロール時にしかのらず)
この攻撃の命中ロールがクリティカルの場合ダメージロールを3回にでき、その合計値分ダメージを出す
(これはクリティカルの効果が必中の時でも適用しダメージ3回分+必中となり、ダメージ倍増などの場合は1回目のロールのダメージのみ2倍になる)

神速の払い 使用武器刀類
コスト1MP+1耐久値
この術は受け流しロールを失敗時に使用を宣言
失敗した受け流しのロールを振り直しすることができる(ただし振り直し回数は一度のみ)
ただしこの技はファンブル時には使用不可となる

滝落とし
使用武器刀類 コスト1d4MP
この技は受け流しに成功した際に使用を宣言する
即座に回避ロールを行い 
成功した場合 
対象の攻撃が技(武術系統)や魔法や特殊能力以外の武器破壊効果+技(武術系統)によるスタンなど(KP裁量)を無効にできる
そしてここから反撃を行うことができるが35%以下の出目(これはなんらかの+補正乗せたとしても上がらない)を成功し命中判定をも成功すればカウンターが放つことができる(この時の命中判定のクリティカルは普通に適用する)
この反撃に対して回避を行うことができるが受け流しはできない (この術による反撃に他の術を組み合わせることはできない)

峰打ち 使用武器刀類
コスト1d3MP(人間相手のみ発動可能)
命中判定を行う前に宣言
この術による攻撃のダメージを半分(ダメージロールは通常値でその結果を1/2にする)にして対象に与える
この攻撃が命中した場合、対象は70%の判定を行い成功した場合スタン(次のラウンド解除)失敗した場合気絶する 
峰打ちとは書かれているが相手を気絶させる為の技である

連続攻撃弍 
使用技能刀類
コストMP1d6+3 
この術は命中ロールを行う前に宣言
コストを支払ったあと3回攻撃することが可能(3回命中ロールを振ること)
相手はそれぞれ回避や受け流しを行うダメージロールは個別で行う(この技になんらかの技を組み合わせることは可能だが2発目、3発目にのると明記されない限り、1発目しか技の効果がのらない)

牙突 
技能刀類
コスト1d3MP 
命中判定を行う前に宣言 
命中判定の出目の関係なく武器に貫通の効果を適用する(武器の効果にスペシャル以下で発動するなどの効果は発動しない)
(命中の出目がスペシャルの場合発動)
及び対象に対して一点を突くなどのRPによる-補正がのる命中判定などの際、-補正がつかず素の値で命中判定が振れる(この攻撃に一の太刀など載せることはできないが、連続攻撃はのせることが可能)

【能力】
能力3
能力レベル上昇
1セッションに1回、1d100で能力強度上昇判定(この判定に対するあらゆる干渉は無視して取り合わない。よって振り直し等は不可)を行える。自身の現在の能力強度未満の出目だった場合、自身の能力強度を-1d3する。

〈一方通行(アクセラレータ):レベル5〉
 学園都市第一位の超能力者が有していた能力。運動量・熱量・電気量などなど、あらゆる種類の力の向き(ベクトル)を観測し、能力者に触れたベクトルを自由に変換する。誤解されることが多いが、操作できるのは『向き(ベクトル)』、つまり『力が作用する方向』のみであり、『力そのものの大きさや量』を操作することはできない。ただし、力の向きを集中させたり他所から力を集めたりできるため、結果として高い攻撃力を発揮することができる。
 実際は直接皮膚に触れているわけではなく、展開している能力の効果範囲が自身の周囲を覆う程しかないため、外見上は触れているように見えている。
このあり方から効果範囲の通称は「保護膜」。勿論実体はないので触れることも壊すことも出来ない。この保護膜の正確な射程は不明だが、戦闘時に靴や衣服も含めて完全に無傷であることから、衣服より上まで展開できると考えられる。

  所有者は上記のフレーバーテキストに記載されている能力を全て使用可能。その他、上記に関連性があることならできる可能性はある。その卓のkpを言いくるめること。

 データ的に処理する場合、以下の能力を例として記述しておく。尤も、この能力はPLの想像次第で縦横無尽な性能の広がりを見せるため、あくまでほんの一例である。これに縛られてはいけない。

/
①反射(受動的使用)
 能力の基本的な使用法。『反射』(ベクトルの反転)により、自身に加えられた攻撃を自動的かつ正確に180度跳ね返してしまう。力の大小や種類を問わず本人が認可していないベクトルは全て反転し、「『反射』できる限界」は存在しない。
 万物を拒絶しているわけではなく、無意識のうちに構築されたフィルタに基づいて『反射』を行使している。具体的には「生活に必要不可欠なもののベクトル(必要最低限の酸素、重力等)」をホワイトリスト方式でフィルタに登録し、それ以外の全てを『反射』するといった寸法である。そのため未知の攻撃であっても、「それ以外のベクトル」として無条件に反射可能。
 『反射』に必要な演算はごく簡単で無意識下でも発動できるため、デフォルトではこれに設定してあり、能力使用中は常に展開される。そのため後述のように能力に制限がかかる前は就寝中でも展開され、不意打ちも完全に無効だった。なお「ベクトルの反転」はあくまでデフォルトのため、設定し直すことで反射角を変更することも、『反射』自体をオフにすることもできる。
 ただ弱点は存在する。まずこれはベクトルが存在していない攻撃には全くの無意味であるため、精神攻撃等には別途対策を講じる必要がある。魔術等による攻撃は、原作では不完全ながらも『反射』できている描写があるため後程説明する。また、『反射』は向かってくるベクトルをただ反転させているだけなので、内側から外に逃げるベクトルを「内側に向かって『反射』してしまう」という点を突くことで攻撃を通すこともできる。他の弱点はwiki見てください。

 自身に何らかのベクトルを持つ干渉が行われた時に自動的に発動する。それを『反射』する。それが「生活に必要不可欠なもの」であった場合は『反射』しない。ものごとに『反射』するかしないか、どのように『反射』するかは設定できる。
 魔術的な干渉であった場合、それが既知のものであるかどうかを確かめる。既知のものであった場合、通常通り反射できる。ただしこれは該当する魔術的干渉の原理をある程度理解している必要がある。理解していない場合既知でないと扱い、該当する処理に移行する。既知でない場合、まず自身のPOWと魔術的干渉のPOW(引き起こした者が存在する場合その者のPOWを参照する。存在しない場合ドリームランド換算で干渉の価値を決定する。)で対抗ロールを行う。敗北した場合『反射』は行えない。勝利した場合、上限50%で幸運ロールを行う。成功した場合なんとか干渉を逸らすことはできたものとする。この場合任意の方向に『反射』することはできない。失敗した場合、逸らしきれずいくらか干渉を通してしまう。数値化すると30%ほど。
 『反射』は向かってくるベクトルをただ反転させているだけなので、内側から外に逃げるベクトルを「内側に向かって『反射』してしまう」という点を突かれて干渉された場合、自身のINT*100+DEX*100と干渉者のDEXで対抗ロールを行う。勝利した場合『反射』設定の変更が間に合ったとし、干渉を無効とする。敗北した場合、『反射』が無効化される。ここからは余談なので確認の際は読まなくて結構だが、原作の木原神拳が炸裂したシーンでは、一方通行のINTを25、DEXを18とした場合、25*100+18*100=430なのでこれに勝利した木原数多のDEXは対抗が自動成功の場合440以上ということになる。は?????????????????????????
/
②反射(能動的使用)
 受動的な『反射』は使用法の一例に過ぎず、能動的な使用でも絶大な効果を発揮する。作中で披露したものを一部述べるだけでも、
・反作用を束ね、ただのパンチ・キックが無反動で倍の威力に
・物体を軽く小突いて弾丸のように射出する、『超電磁砲』以上の速度での石礫飛ばし
・衝撃を地面や壁に伝わせ、離れた位置に攻撃
・身体運動の増幅、音速を超える挙動
・風の操作による120Mクラスの暴風の発生、時速数百キロでの飛行
・空気の圧縮によるプラズマ作成、空気を膨張させ周囲の温度をコントロール
・地面を隆起させ、大規模な地割れを起こす
・音を束ね衝撃波を放つ、反響による空間把握
・血流操作で相手を即死させる、体内の異物を取り込まずに体外へ絞り出す
・生体電気の操作で相手を気絶させる
・細胞分裂の促進による負傷の治癒、血の操作と合わせて致命傷も完治
・脳の電気信号や水分の操作による洗脳や読心
・事象の地平(ブラックホール)のような力場を発生させる
などなど、戦闘方面に限らず多岐にわたる応用が可能。保護膜に接してさえいれば密着していなくともベクトル操作が可能であり、「保護膜に接触している巨大なベクトル」として、大気のベクトル(風)や地球の自転公転すら操作可能。
 感知能力でもあるため、低周波や放射線など人の五感で認識できないベクトルや三次元空間で表現できないベクトルをも観測できるし、操作できる。電気信号なども知覚できるが、抽出できるのはあくまでベクトルの有無、つまり0と1の羅列のみで、脳内にある記憶情報を読み取る事はできても、それらを再生する機能は存在しない。

 物理攻撃に直接この能力を使用した場合、ダメージの最終値に*100する。

【シンドローム】
バロール
DEX,INT+10
CON,POW+20
APP,EDU+10

ノイマン
CON,POW+30
APP,EDU+10

【エフェクト】
〈プランナー特製ステータス調整装置〉
シンドロームによるステータス上昇を0~上限までの間で自由に変更できるようになる。

〈不完全DX:リザレクト〉
HPが0以下になった瞬間に発動できる。SANを30支払ってHP3で復活できる(発狂はしない)

〈不完全DX:コンセントレイト〉
戦闘中に使用可能。攻撃する際の判定の成功率を+30%する。ラウンド一回。対抗ロールには使用不可。MP2点消費。
【遭遇した超自然の存在】

【探索者の履歴】
消滅会 支部KP霧水
「俺、今回お荷物だった……なぁ。」

機構学校兵器開発運用科
KP身内
「俺の得意なロボット作りをここで行っている。資材が豊富で色んなもの作れる。」

クロハガネ

マダナイスの鼓動

異世界

ーーーーーーー
詳細C: ※ 公開されていません。
マクロ:

マクロ名|実行コマンド

SANチェック|1d100<=#SAN SANチェック

応急手当|1d100<=#応急手当 応急手当

医学|1d100<=#医学 医学

回復量|1d3 回復量

精神分析|1d100<=#精神分析 精神分析

聞き耳|1d100<=#聞き耳 聞き耳

鍵開け|1d100<=#鍵開け 鍵開け

図書館|1d100<=#図書館 図書館

目星|1d100<=#目星 目星

言いくるめ|1d100<=#言いくるめ 言いくるめ

オカルト|1d100<=#オカルト オカルト

クトゥルフ神話|1d100<=#クトゥルフ神話 クトゥルフ神話

回避|1d100<=#回避 回避

マーシャルアーツ|1d100<=#マーシャルアーツ マーシャルアーツ

タグ: ※ 公開されていません。
転送:   オンセンルームに転送する

データを出力する

出力設定

非表示設定:

出力先

キャラクターシートをテキストで出力

ユドナリウム用キャラクターデータで出力

ココフォリア用キャラクターデータで出力

マクロをチャットパレットデータで出力