treachery Garcia(トレチャリィ ガルシア)(クトゥルフ神話TRPG用キャラクターシート)

本作は、「株式会社アークライト」及び「株式会社KADOKAWA」が権利を有する『クトゥルフ神話TRPG』の二次創作物です。

Call of Cthulhu is copyright (C)1981, 2015, 2019 by Chaosium Inc. ;all rights reserved. Arranged by Arclight Inc.
Call of Cthulhu is a registered trademark of Chaosium Inc.
PUBLISHED BY KADOKAWA CORPORATION

オオカミ少年が作成したTRPG「クトゥルフ神話TRPG」用のキャラクターシートです。

treachery Garcia(トレチャリィ ガルシア)の詳細

キャラクターID: 16537547651500kami

キャラクター情報  NPCでの使用は不可
TRPGの種別: クトゥルフ神話TRPG
treachery Garcia(トレチャリィ ガルシア)

いいね! いいね! 0

キャラクター名: treachery Garcia(トレチャリィ ガルシア)
 / 
 / 
外部URL: https://iachara.com/char/3725970/view
メモ:
外部URLを見ていただければ幸いです
詳細A:
《プロフィール》
【性別】男性 【年齢】25
【職業】 【学校・学位】
【出身】イギリス・ブロックスバーン出身
【精神的な障害】

《能力値》
【STR】14【DEX】11 【INT】14 【アイデア】
【CON】5 【APP】13 【POW】12 【幸運】
【SIZ】11【SAN】60 【EDU】15 【知識】
【H P】8 【M P】12 【回避】22 【ダメージボーナス】+1D4
職業ポイント300
趣味ポイント140

《持ち物》
【武器】 ※名称 性能など
     : : :
     
【防具】 ※名称 性能など
     : : :
     
【所持品】
詳細B:
《技能》
【戦闘技能】
[回避:0] [こぶし:50] [キック:25]

【探索技能】
[目星:25] [聞き耳:25]

【行動技能】
[水泳:25]

【交渉技能】
[母国語:0] [信用:15] [説得:15]

【知識技能】
[クトゥルフ神話:0] [歴史:20]

《使用成長点》
【職業技能点】 【個人技能点】

【探索者のデータ】

【探索者の履歴】

【収入と財産】

【読んだクトゥルフ神話の魔導書】

【アーティファクト/学んだ呪文】

【遭遇した超自然の存在】
詳細C:
※技能及びステータスは外部URLを参照。これはあくまでもこれまでのプロフィールです。また閲覧の際は1部シナリオのネタバレを含みますのでご注意ください。

元軍人の両親をもつあまり売れてない小説家
父はアメリカ人、母親はイギリス人で両親とも海兵
幼少期、立派な軍人にするべく両親に鍛えられるが絶望的な運動神経の為軍人への道を諦めることに(本人は軍人にはなりたくなかった)
その名残で拳銃とライフルの扱いを覚える
学生時代は変な名前といじられイジメに逢ってしまう過去があり、その時代をやり過ごす為に忍び歩きを取得
暗い学生時代の楽しみとして日本のアニメ文化にはまり、成人後日本に在来そのまま在住となる。
現在は小説家として活動しているが、母国がイギリスと言う事もあり稼ぎはイギリス英語の翻訳で生計を立てている
また名前が呼びずらいため親しい人にはトリー、またはトリィと呼ばれている

クトゥルフ神話の経歴
25歳の秋
タイトル:黒蝶の街
結果:生還・ハッピーエンド
不定
異形愛好 ウボサスラに恋をする
クトゥル神話:6%獲得
目星成長+10
聞き耳+9
黒い蝶の呪いにかかるが原因である神話生物の落とし子を当時の協力者と共に撃破
洞窟からの脱出の際ウボサスラを目撃し一目ぼれをする
またこの事件で友人(NPC)を失う

26歳の梅雨
タイトル:血の降る町
結果:生還・トゥルーエンド(ハッピーエンド)
神話技能2%獲得
フリーで成長ポイント+10行き先は目星に10%振りました
とある出版社に勤務していることに、そこで町の端にある血の雨が降る噂の村を探索するべく仲間たちと共にトンネルの奥へ向かう
最初は記事担当として調査するも上司である編集長兼社長が死亡
事件の拡大を防ぐべく、また手書きのノート内容を知るべく奔走
飛翔するポリプに瀕死まで追いやられるも仲間に助けられ生還
また死んだと思われる編集長は何故か職場でボーナス(現金100万円)を渡す為に待っていた

27歳のいつか
タイトル:カタシロ
結果:生還
SANが9回復
雷に打たれ記憶喪失になり知らない病室で目を覚ます
そこで医者と声だけ聞こえる友人が出来、数日を過ごす
ある時、目を覚ますと体が動けるようになり隣の部屋を探索
そこには脳缶と医者がいた。二人は親子で医者は息子を蘇らせるべく体を探していた
トリィーは機械の体に脳を移されていた。そして脳缶に攻撃し、缶詰を守るために抱きかかえ床に伏す父親。
その背中にトリィ―は体重を加えて乗り込み、また立っては座り込む。やがて缶詰はトリィ―と父親の体重で潰れてしまい
父親の胸の中で脳が入っていた缶は潰れてしまった
その後トリィーは生還、体は人間にそっくりな機械になる
便利機能はない、人間にそっくりな体
マクロ:

マクロはありません。

タグ:
(▼ タグを開く ▼)
転送:   オンセンルームに転送する

データを出力する

出力設定

非表示設定:

出力先

キャラクターシートをテキストで出力

ユドナリウム用キャラクターデータで出力

ココフォリア用キャラクターデータで出力

マクロをチャットパレットデータで出力