はがねさんの詳細

TRPGオンセンのユーザー「はがね」さんのプロフィール紹介ページです。

はがねさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

プロフィール

自己PR

そろそろオンセ初心者とは言えないはがね と申します。
DX3rdを中心にたまにCoCにも出没します。
DX3rdの自作シナリオGMもやってます。

長文のキャラ設定と卓感想を書き殴ることに定評があります。

PLとしてはどっちかというとシナリオを楽しみたい性格です。
どうやら熱血、真面目、正義感の強いRPに適性があるみたいです。でも、変人を演じてもみたいお年頃。

GMとしては、恐らく日常描写、楽しい展開の演出を得意とします。
…エモくて思い出に残るシナリオも書けるようになりたいなぁ。
モットーは、『オープニングとエンディングは笑顔で!』
たまに泣き笑いもあるかも。


自作シナリオリスト(日程が合えばGM依頼も受付中です)
https://trpgsession.click/comment-detail.php?c=metallunataler&i=metallunataler_165029032299


アイコン:
 キャラクターデザイン参考: 量産めーかー 様( https://picrew.me/image_maker/546129 )
 QRコード: https://qr.quel.jp/
 ドット絵作成: はがね 

GM・PL傾向

GM・PL均等

GM




PL

プレイ傾向

ロールプレイ
恋愛
茶番
燃え展開
R15+
キャラロスト
過程を楽しみたい
改変を許容する

スケジュール

020202020202020202020202020202020202020203030303030303030303030303030303030303030303030303030303030303040404040404040404
091011121314151617181920212223242526272801020304050607080910111213141516171819202122232425262728293031010203040506070809
(曜)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)
                                                            
                                                           
                                                           

スケジュール・メモ

日 14:00~18:00 CPのため不可

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

平常時のお誘い受け可能な時間帯(あくまで目安です)

 

平日

土曜

日曜

所持するルールブック (20)

はがねさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

はがね
はがね日記
2023/02/01 13:34[web全体で公開]
😍 リプレイ: 暖かさに憧れて。(PL: ChatGPT)
今朝日記を見かけまして、興味を持ったのでChatGPTとセッション、自分もやってみました。
システムは特になしで、シチュエーション即興RPみたいな感じです。

即興なのでシナリオがgdgdですが、なかなか興味深いセッションになったので是非ご覧ください。
…GMはがね がgdってPLの上手さで解決するところも結構リアルです(

https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic167522550530

リプレイのあとがきにも記載していますが、個人的な感想として、個性的で想定外なRPを人工知能に求めるのはまだ厳しいですが、一般的な振る舞いをしたり、物語や謎解きに歪みが無いかを確認するという点では、ChatGPTは良い同僚なのではないかと思っています。

…セッションで移動時間、リプレイ執筆でお昼休みが丸っと潰れてしまった。
シナリオ書かなきゃ、助けてドラえもん。
いいね! 15
はがね
はがね日記
2023/01/22 23:39[web全体で公開]
😍 お姉ちゃんと弟くん、或いは遺産適合者(DX3rd『Unsuitable』微ネタバレ感想)
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
いいね! 21
コーイチ
コーイチはがね
2023/01/18 00:01[web全体で公開]
見えました。
ありがとうございます。
はがね
はがねコーイチ
2023/01/18 00:00[web全体で公開]
おっと…
今直ってますでしょうか?
コーイチ
コーイチはがね
2023/01/17 23:59[web全体で公開]
すいません。
なんかセッションページ行こうとするとエラーになってしまうようです。
システム
システムはがね
2023/01/17 23:51[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
はがねさんは01月25日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【その他】[ここにタイトル]を作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=167396708620metallunataler
はがね
はがねぽろ
2023/01/14 23:40[web全体で公開]
ファン作品が結構あるんですね、やっぱり、特有の雰囲気ですからハマる人はハマるのでしょうか…

全部説明すれば良いってわけでもない、言葉だけで構成された世界。
やっぱり、TRPGの魅力に通じるところもあるのでしょうか?

気付けば久しぶりにくもりクエストで遊んでいました、こちらこそ素敵な気持ちです!
ぽろ
ぽろはがね
2023/01/14 22:21[web全体で公開]
コメントありがとうございます!
たゆみちゃんの方です!
たゆみちゃんもとても好きでファン作品の曲もよく聞いていました
反応とても嬉しいです
私は説明が沢山だと脳みそがパンクしてしまうので、あの感じがとても好きで好きで…
呟いてみるものですね!
とても素敵な気持ちです
はがね
はがねぽろ
2023/01/14 15:58[web全体で公開]
> 日記:くもりクエスト

突然失礼します。
恐らく、たゆみちゃんのあの方ですよね…?

あの方のゲームは、練りに練られた設定を敢えて余り公開しない、全て解かれることを強要しないところに、想像の余地というか世界観が宿っている印象ですね…。

最近は知っている人にほぼほぼ出会わないのでちょっとビックリして思わずコメントしてしまいました。

スマホについては……実装するなら、無骨でシンプルなUIは残しておいて欲しいところですね!
はがね
はがねどい=つなべ
2023/01/13 12:17[web全体で公開]
去年より頻度は下がるかもですけど定期的に卓立てるので是非~
どい=つなべ
どい=つなべはがね
2023/01/11 23:49[web全体で公開]
> 日記:オリジナリティを目指して!(シナリオ執筆話)
気になりますわー
ロウブリ
ロウブリはがね
2023/01/11 23:03[web全体で公開]
うっ、かなり大事なことですな……ありがとうございます!
はがね
はがねロウブリ
2023/01/11 23:03[web全体で公開]
ぶっちゃけ、システムを書いてなかったりクトゥルフ神話TRPGしかないような言い回しをみるとウッってなるのは自分もそうです。多分みんなそうです。

けど、そこで起こったり嘆いたりすると、逆に相手が離れて行っちゃうと思うんですよね。

まず自分が楽しそうで魅力的になるのが、CoC専の人を巻きこむ第一歩かと!
はがね
はがね日記
2023/01/11 23:00[web全体で公開]
😆 オリジナリティを目指して!(シナリオ執筆話)
オリジナリティをつけようと目指している時点で偽物だとか、そういう指摘はしないでください。心が折れます。

さて、とにかくシナリオを書いて書いて書きまくった昨年から、今年は記憶に残るシナリオを作りたいなという所存。
とりあえず文字に起こして、今考えている面白げなシナリオフックを吟味していきましょう。

なお、システムは全てダブルクロス the 3rd edition想定なので悪しからず。


・『ツイン・デュオ・ダブルクロス』(仮題)
仮題の癖にやけに綺麗に韻を踏んでいる…はさておき、

RHO(秘匿HO)を使いたい!と以前に考えて挫折したのが、とあるノベルゲームから着想を得て実現できそうかなと考え始めた一篇。
転校生のPC1、隣or斜め前の席の友人なPC2、風紀委員のPC3、生徒会長のPC4という、ベタな学園ものノベルゲームみたいなハンドアウトから、全員にRHOを配って人狼が始まるという温度差のあるシナリオの予定。

秘匿HOの課題は『秘密を初手ゲロられると崩壊する(またはGMが縛らないといけない)』『PC、そしてPLも対立しがち』というところだと考えていますが、なんかその辺を上手くできそうな気配。


・『学園もの』
上とちょっとテーマが被ってます。
以前にも日記に書いた、単発なのに4時間*6~8日くらいかけようかなっていうヤバめなシナリオ。
その実態は、はがね がノベルゲーヒロインRPをたくさんしたい、というだけ。

没入感をヒロインのキャラクター性に一任して、シナリオ自体は単純めのものにしたらどうか?と考えています。
そして、時間が長いが故にピッタリと伏線も張れたら楽しいな、と。

ただ、上のをやると踏み切ったら、シナリオの雰囲気が似るのでお蔵入りかも。


・『王道!正義!勇者様!』
……ダブルクロスでやることか?と見せかけて、終盤にはダブルクロスだなぁと言わせる自信があります。
ただし、ギミックシナリオなので日記では細かく書けません。なんで載せたし…?

強いて書くとしたら、『UGNの貴方はどこまで正義の味方で居られるか?』です。
勧善懲悪のステレオタイプなRPGみたいな展開の裏で、じわじわと『正義』という命題をぶつけるシナリオをやってみたい。
なぜなら、ダブルクロスとは正義のゲームなのだから。

あと、これやるとしたら2 or 3話のCPになりそうなのが難しいところ。基本単発GMなので。


なお、現行で重いシナリオを2本持っているので予定は未定!
しれっと別のシナリオフックで全く違うのを書いてるかもしれません。
いいね! 21
ロウブリ
ロウブリはがね
2023/01/11 22:46[web全体で公開]
ありがとうございます。なるほど、布教ですか、確かに大事ですよね。他のシステムも楽しいよってことを知ってもらうのは。

最近見た方で、クトゥルフからソドワに入られた方と同卓したことあるんですが、RPも上手で、その方がその後ソドワのGMをやっていただいて、それも評判が良かったようだということがあったので、お互い交流出来たらいい影響を与え合えると思うのですよね。
はがね
はがねロウブリ
2023/01/11 22:43[web全体で公開]
> 日記:お気持ち注意。思ふこと
突然のコメントですが失礼いたします。

TRPG=CoCと思われがち問題は結構頻繁に話題に上がる、あるあるネタのような問題のようですね。炎上気味の騒ぎもしばしば見かけます。
また、クトゥルフ神話TRPGは理不尽が起きやすく初心者向けではないのではないか?という意見もかなり同意できます。

しかし一方で、恐らくですが、動画媒体によるクトゥルフ神話TRPGの大流行により、『本当にクトゥルフ神話TRPG以外はほとんど知らない』という人が案外多いのではないかと思います。(クトゥルフ神話TRPGをかなり遊んでいても、です。)
つまり、9割9分クトゥルフ神話TRPGしか知らないので、無意識にTRPG=CoCと発言してしまうということですね。

また、そういう方にとって『その他のシステム』は未知の領域なのだと思います。
もちろん、TRPG=CoCという風潮は良いものではありませんが、未知のものに飛び込むのは勇気がいるものです。
クトゥルフ神話TRPG以外のTRPGも栄えて欲しいと思うならば、余り強い言葉を使わずこういう世界があるんだと丁寧に教えるように心がけるだとか、普段の日記で自分の遊んだシステムの魅力が伝わるようにするとか、そういう工夫も出来るかもしれませんね。
はがね
はがね日記
2023/01/02 13:27[web全体で公開]
😊 新年と新卓と募集中(a. k. a. PL参加卓のPL募集) 
どうも、はがね です。
こちらのセッションにPC1として参加予定で、相方となるPC2を募集しております!
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=167262937838kouichi310

ちょっと身内気味なのと実験的なシナリオらしく、GMのコーイチさんまたはがね と知り合いの方が望ましい募集とはなっておりますが、一緒にセッションしませんか…?という日記でした。


因みにはがね PCは、遺産”イフリートの腕”で温情が消えていくチルドレンの少年です。
…地獄だな!
いいね! 13
はがね
はがねコーイチ
2023/01/02 10:51[web全体で公開]
お疲れ様です~

日曜日14:00~18:00問題ありません。よろしくお願いいたします!
コーイチ
コーイチはがね
2023/01/02 01:35[web全体で公開]
お疲れ様です。コーイチです。
大変長らくお待たせしました。
いい加減目処がつきそうになってきたので日程調整の連絡にございます。
1/15(日)14〜18時より毎週日曜日開催で如何でしょうか?
お手数ですがご確認のほどよろしくお願い致します。
永遠野 彼方
永遠野 彼方はがね
2023/01/02 00:36[web全体で公開]
なるほど、リプレイ未読であればネタバレとなるので詳細は省いておきますが、そういう演出もアリなのかといった展開でしたので興味がございましたら是非

Hoを利用したりして過去に何かあった→内容を個人チャットですり合わせ→包括して演出といった具合になんとかしようと思えば何とかなりそうでもありますが、パッとそれをシナリオに具現化するのは難しいかもですね

ただまぁ「出来ない」「不可能」と言い切るよりかはどうにかして組み立てようと試行錯誤したいなと個人的には思った次第で…お気に障りましたら申し訳ないです
はがね
はがねパスタ
2023/01/02 00:24[web全体で公開]
素人である自分が気付くくらいですからね…。

過去の事例の数々から見てもやはり、もっとも身近なキャラクターである主人公の真実が明らかになる展開と言うのは、読者の心を擽るのでしょうね!
はがね
はがね永遠野 彼方
2023/01/02 00:23[web全体で公開]
(日記でより詳細の言語化を書きましたのでそちらも参照のこと)
リプレイ: オリジンは未読なのでなんとも言えませんが、PLとGMが擦り合わせていたり、CPで話の間だったりしたのではありませんか?

記憶喪失であった、PLと相談をしたという特殊な場合を除いて、セッション途中でPLの知らないPCが出てくるという展開は、TRPGという遊びの趣旨に反しているような気がしますね。
パスタ
パスタはがね
2023/01/01 23:29[web全体で公開]
> 日記:考察: 主人公の過去の話(シナリオ執筆話・考察)
コメント失礼します。

主人公の二面性についてはゲーム業界も気付いておりまして、それを利用したシナリオとして洋ゲーのbioshockなどがありますね。
永遠野 彼方
永遠野 彼方はがね
2023/01/01 22:54[web全体で公開]
> 日記:主人公の過去の話(シナリオ執筆話・考察)
DX2ndリプレイオリジンにて、Ho1の過去を回想シーンでやってたりしてましたので、やりようによってはできない演出ではないのではないかなとも思いますね。(無論難しさはありますが)
ロウブリ
ロウブリはがね
2023/01/01 21:53[web全体で公開]
あーこれは私が趣旨を理解していませんでしたね。申し訳ない。
はがね
はがね日記
2023/01/01 21:39[web全体で公開]
🤔 考察: 主人公の過去の話(シナリオ執筆話・考察)
寝正月の最中に書いた白昼夢みたいな日記に思いの外レスポンスがあったので、しっかり言語化しておくことにします。
https://trpgsession.click/comment-detail.php?c=metallunataler&i=metallunataler_167256123976

Q. 電源ゲームで出来るがTRPGで出来ないことはなに?
A. プレイヤーの知らないところでキャラクター(主人公)が行動すること。
A. キャラクターが知っているがプレイヤーが知らないことが存在すること。

TRPGにおいてPCの行動は全てPLが決定するので、『気付いたら〇〇していた』のようなことを確実に行うことはできません。 
ところが電源ゲームにおいては、重要な意思決定はプレイヤーが行いますがそれ以外はキャラクターが勝手に行っているため、『気付いたら〇〇していた』『〇〇せずにはいられなかった』のような強制的に行動させるイベントを起こすことができます。

そして、何故勝手にキャラクターが(選択肢なしに)動いたのかということの動機付けとして、『主人公の過去にはこんな出来事があったから』という後付けの設定を出すことが出来るわけです。
TRPGにおいて、人格形成をなすような思い出を後出しするのはかなりタブーですから、これは電源ゲームにあってTRPGにないものと言えるでしょう。

なお、このことから電源ゲームの『主人公』とは、プレイヤーの移入先でありながらプレイヤーが完全に制御しているわけではない、『プレイヤーの分身であり、シナリオに沿って行動する登場人物の一人』という二面性を持つことができる特殊な存在だと考えることができます。
これは、PLがPCを完全に掌握しているTRPGでは起こりえず、興味深い現象ですね。


……うーん、話の順序が逆だったんですね。まだまだ自分は思考の言語化に難があります。
あ、これ今年の目標ってことで。
いいね! 12
はがね
はがねロウブリ
2023/01/01 21:24[web全体で公開]
前世をどう扱うのは分かりませんが、前世を使ったところで電源ゲーム同様の叙述トリックは実現できないと思います。

なぜなら、今回の主題はキャラクターだけが知っていてプレイヤーが知らない設定があることにより、プレイヤーの想定外の動きをキャラクターがするところにあります。

仮にPLが前世を知らない状態でシナリオを始めたとして、PCの行動は全てPLが決定するため、上記のようなPLを驚かすPCの行動は生まれようがありません。
ロウブリ
ロウブリはがね
2023/01/01 21:04[web全体で公開]
> 日記:主人公の過去の話(シナリオ執筆話・考察)

過去とは少し違いますが。前世というのはどうでしょうか?

確かSW2.5の公式リプレイでも、前世との因縁をGMが作成する作品がありましたし。輪廻転生が世界観に組み込まれてる作品ならば、そこまで支障なく近いことはできそうです。
れすぽん
れすぽんはがね
2023/01/01 20:19[web全体で公開]
担当PLへの衝撃で言うとそうですね。
全くの不意打ちでやって崩壊する卓もしばしあると聞きます。
衝撃ではないけれど、一緒にGMと過去設定を積み上げていってセッションで表現するという形式が向いてるんでしょうね。
はがね
はがねれすぽん
2023/01/01 19:48[web全体で公開]
そうですね。
DX3rdにおける秘匿HOのような秘匿の仕組みは、PCの動きに深みを持たせることを目的とした側面のある仕組みだと思います。
PL、GM共に特にGMが制御するのが難しいルールであり腕は問われますが、プレイアブルキャラクターを巻き込んで真実が明かされる展開は秘匿の無いシナリオでは味わえないものだと思います。

一方で、他者の秘匿HOにしろ『貴方は記憶が欠落している』にしろ、『プレイヤーが主人公として移入していた存在がプレイヤーの知らない内面を持っていた』という驚きは表現できません。

秘匿HOを活用することで近しいことはできますが、やはりそのような表現はノベルベースのゲームの特権であるように感じますね。
れすぽん
れすぽんはがね
2023/01/01 19:00[web全体で公開]
> 日記:主人公の過去の話(シナリオ執筆話・考察)
こんばんは!
この考察良いですね。
考察読みました上で、僕がちょっと思った事を書きます。

秘匿HOで過去の設定を一部用意しておいて開示条件が整った時に裏でHOを公開するという手法があったりしますね!
オフセの場合だとメモを渡す人がいました。
最もある程度予め「大学時代の記憶がない」のように一部開示をしていないといけない所はあるにはありますが。

後はPL人数が多ければ過去設定の叙述トリックも十分な働きをするかなと思いまして
PC4人だったら4人ばらばらに秘匿のHOを渡して置いて、シナリオ中好きなタイミングや指定のタイミングで公開してもらうと言うのも手かなと思います。
3/4が衝撃を受ける展開を4回繰り返せれば総合的な破壊力はかなり大きなものになるかな、と思います。
いかがでしょうか!
はがね
はがね日記
2023/01/01 17:20[web全体で公開]
🤔 主人公の過去の話(シナリオ執筆話・考察)
新年早々、TRPGのPC(特に主人公)に関するいち考察をば。
分析をしてしまうと創作が純粋に楽しめないと感じてしまう方はご注意を。



RPGやビジュアルノベルでよく用いられる手法で、プレイヤーに衝撃を与えるのに効果的な方法に、『実は主人公の過去にはこんなことがあった』がある。
これはまあ一種の叙述トリックなんだけど、実は『TRPGじゃないから出来る』ものなんじゃないかという気がする。

というのも、電源ゲームは、プレイヤーが干渉は出来るものの基本的に主人公も他のキャラクター同様用意されたテキストの通りに動く。
プレイアブルキャラクターと呼ばれて移入と対象でありながら、事実上、プレイヤーの意思とは関係なく動く。

ただ一方、TRPGのPCは行動をGMが規定出来ないし、過去設定もPLが全て知っていないといけない。
(個人的な意見として、GMがPC自身の設定についてPLに隠していることがあると、それが明らかになった際に今までの行動に不整合が起こるのでだいたい諍いが起こる。)
ということで、TRPGにおいてPLが知らなかったPCの真実が語られるというギミックは使うことが出来ない。

『主人公の全てをPLが決められる』というTRPGの自由度を象徴する特徴が、少なくとも一つの物語の表現技法を使いづらくしているのは(もちろんTRPGだから出来る技法も無数にあるが)面白いなあ、とふと正月から積みゲーに勤しみつつ思うのでした。
いいね! 17
はがね
はがね日記
2023/01/01 00:50[web全体で公開]
😊 2023年やりたいこととか
あけましておめでとうございます!
今年のことを言っても鬼は笑わないと思うので、今年やりたいこととかを宣言しておこうと思います。

まず、昨年はシナリオ執筆・GMしはじめということでかなりハイペースでシナリオを書いた一年だったなあと思っております。
具体的に言うと、一年で10本くらい。

で、文才のない人間でも一年も続けていればいっぱしにシナリオが書けるようになるわけで、今年は、去年一年で培ったノウハウを元にオリジナリティのあるシナリオを書いてみたいというのが目標です。
2023年末の日記で、『こんなことはがね しかやってないと思います。』と報告できる企画を3つほど、やってみたいところです。

際しましては、過去に同卓して惚れ込んだPLには、人体実験めいた企画にガンガン招待が届くと思います。
お覚悟を。

では(?!)、今年が良い一年でありますように!
またどこかの卓でお会いしましょう。


PS.
真面目に今年の目標

・変わったTRPG関連の企画を3本やる
・電源ゲームの積みをたくさん崩す
・新しいTRPGシステムに挑戦する(エモクロアとかやりたい!……って去年の今日も言ってた)
いいね! 21
はがね
はがねどい=つなべ
2022/12/31 23:22[web全体で公開]
是非是非!
こちらも最近立卓が減っていますが、いつでもお待ちしております〜
はがね
はがね日記
2022/12/31 23:20[web全体で公開]
😆 自作シナリオ大決算! 番外編(DX3rd自作シナリオ所感)
さてさて最後。書き下ろしだったりリメイク中だったりで次の立卓が遠そうなシナリオたちの所感をば。


・ハロウィン!清水野探偵部: 一条 陽海
過去にギャグの波長が合うと感じたPL3人を招待してのハロウィンネタ書き下ろしシナリオ。
前の日記で出てきた少年探偵団の一条 陽海が今回もPC3人を振り回すお話。
今回は6時間のセッションだったのでシナリオは単純でしたが、ボスは色々考えるところのあるように作り、またPCたちも色々な言葉を彼にかけてくれました。
やっぱり、GMとしては、自分が生み出したNPCを愛してくれると言うのは嬉しいものなのです。

実際のセッションでは、支部長以外全員がボケ倒すとんでもない空間でしたが、陽海の生み出す混沌とした雰囲気を期待していたGM的にはある意味理想のセッションでしたね。
そしてやっぱり、ギャグが得意なPL・PCがシリアスにスイッチを入れた瞬間がはがね は好きです。前述のボスとの応酬も、笑っている彼らを知っているからこそ、GMに響きました。

季節ネタということで回すことはないかもしれません。希望があれば…ですかね?


・時喰い様
スプラッタ、鬱気味、侵蝕率に絡む大掛かりなギミックと、かなり攻めた作りとなったバディシナリオ。意欲作、挑戦作であり、普段のはがね シナリオと違いかなりPLに負担のかかるヘビーなシナリオでした。
本来ダブルクロスの持つ二律背反の苦しみ。ロイス、日常を守らなければならないUGNの苦しみ。そんなものを表現するべく、徹底的にPCを叩き落すシナリオで、初回しの時はGMが一番苦しんでいたほどに非常に非情に作り上げた一篇です。

ただし、その分ハッピーエンドは暖かく幸せに、茨の道を進んだ先で掴んだものを描写させてもらいました。
また、NPCたちも、PCと同様の苦しみを抱えるオーヴァードなのだという描写を多く盛り込みました。PLたちに、一言では表現できない彼らの人間性を見せられたのではないかと思います。

このシナリオは完全招待性で二回セッションを行いました。
初回は、かなりGMの想定通りに進んだと感じたセッション。真っすぐな主人公とそれを支える相棒と言う構図が、まさにGMの見たかった美しさでした。
第二回は、GMの描写がかなり走った回でした。ちょっと暴走気味になったところもありましたが、意欲作らしく化学反応を起こし、PCとNPCの感情が溢れるセッションになりました。

このシナリオについては、二回のセッションの中で少し答えが見えてきた部分があり、自分から回すことはないかもしれません。
誠に勝手ではありますが、是非このシナリオで遊びたいと依頼を受け、かつGMが依頼者にこのシナリオに耐えうるものを感じた場合のみの立卓になるかと思います。


・天啓を受けた男
卓中でついぞ言うことは無かったけど、ペルソナ4とロックマンエグゼにインスパイアされて作った『群像劇』をモチーフにしたシナリオ。
NPCとPCが複雑に関係性を築く展開に、終盤の共闘展開、そしてそれぞれの生活を描いたエンディングと、はがね が、複数のキャラクターで描かれるRPGで魅力だと感じるものをすべて詰め込んだシナリオとなっていました。
個々のNPCはかなり魅力的で個性的に描けたと思っていますし、PCたちとのRPでの絡みも、かなり手ごたえのあるセッションとなりました。

少し反省すべきと感じたのは、やりたいことを詰め込んだ結果、少し冗長で複雑なシナリオになってしまった点。
要素の多さと複雑さはトレードオフ。バランスの取れたシナリオの感覚を常に持っていたいですね。

セッションでは、前述の通りちょっと中だるみして理解の難しいものとなってしまったのですが、PLに恵まれて成功できた、という印象です。
情報をまとめ上げ推理を進め、NPCそれぞれのキャラクターを把握して豊かなRPをして常にセッションを魅力的にしてくれる。熟練のTRPGプレイヤーの剛腕を大きく感じるセッションでした。
彼らのRPの妙もあり、エンディングがどれも印象的で『日常』を描く素晴らしいものになったのも、ただただPLの皆様に感謝です。

このシナリオについては……要素が多すぎるが、要素を削るとこのシナリオである意味がなくなってしまうというジレンマを抱えているので、リメイク予定は今のところないかもしれません。


・凍える街と凍らぬ心
実はセッションは去年だったのですが、これのリメイクは絶対に忘れてはいけないということで、ここに載せておきます。
はがね のオンセン処女作にして、シナリオのアイデアで言えば未だにはがね シナリオトップを争う名作。

魅力的なNPC、単純ではない命題、終盤で明かされる真実とPCたちに迫られる決断……。
処女作がゆえにはがね の好みが詰まっており、処女作がゆえにはがね が得意なハッピーエンドに最も真正面から挑んだ作品です。
また、街が凍るという導入は異常事態ながら情景としては美しく、トレーラーが魅力的であることもかなりお気に入りの一遍。

実際のセッションでは、当時初GMだったこともあり進行は不安定でしたが、各PCも真っすぐにHOと向き合ってくれ、エンディングで感動を伝えてくれたのが本当に印象的でした。
PLたちがそれぞれのシナリオロイスに思いを寄せてくれたコメントをしてくれたのも初GMにして非常に幸せな経験でしたね。

ただ、当時はまだシナリオの書き方の形が掴めておらず、未完成な部分がありました。
ゆえに、いつになってもこれのリメイクを是非したい。そして、シナリオ作者自らが言うものではないかもしれませんが、このシナリオを多くの人に遊んで欲しいのです。
というわけで、厳密には去年のシナリオですがリメイク予定のシナリオでした。


・薄氷と陽炎の狭間で
厳密にはセッションではなく、ある時発生した突発のRPセッション。
以下でリプレイ化されています。
https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic166264254500
主人公をやりたいといったPCのキャラシを読んでシナリオが降ってきたので、即興でシナリオを作ってマスタリングをしました。

はがね のマスタリングは起承転結のしっかりした明確なストーリーをRPやギャグで彩るスタイルなので、意外と即興セッションでもアイデアさえ降ってくればクオリティが変わらなかったりします。

ただ、頭の中で組み立てながらのセッションだったので、いつもにもまして分かりづらいところがあったのかなぁとは。
そこは、剛腕揃いのPLたちの理解力とRP力に救われた部分。

結果的に、大団円かつしっかりと結末へ着地するお話となったので、個人的に自信がついた出来事でもありましたね。
是非上記リプレイを読んでみてください!


というわけで、今年書いた・回したシナリオの振り返りはここまで!
もう年が開けそうなので、来年の抱負は来年に!
いいね! 12
どい=つなべ
どい=つなべはがね
2022/12/31 22:46[web全体で公開]
> 日記:自作シナリオ大決算! part2(DX3rd自作シナリオ所感・宣伝)
最近タイミング合わず行けてませんでしたが来年も宜しくお願いしますー
はがね
はがね日記
2022/12/31 21:46[web全体で公開]
😍 自作シナリオ大決算! part2(DX3rd自作シナリオ所感・宣伝)
さてさて続いて参りましょう。夜が、年が明けてしまう前に。
…何故突然ちょっとエモい台詞回しをした?


・TRESORへようこそ!・ep. 1(メアリミードにて)
TRESORシリーズ最新作。
シリーズの舞台のTRESORって紅茶珈琲、西洋家具とイギリスを意識した支部だし、イギリスを舞台にしたシナリオが作りたいよね!というところで作ったシナリオでした。
そしてイギリスと言えば推理小説!ということで切り裂きジャックの匂いのするシナリオに、構成としても伏線を強めに貼った推理劇風味のシナリオに仕上げました。

ついこの間セッションが完了しましたが、ミドルがちょっと寂しいのと、エンディングでもっとポップなイベントを起こしたいという課題がかなり明確に出たところ。
尤も、シナリオの方向性としては納得が行っていますし、伏線もギミックもしっかり機能したしTRESORシリーズを経験したことがあるPLならニヤリとする要素もニヤリとしてもらえたので、微修正して早々に第二回を開きたいですね。

さてと、セッションを行った感想としては、PCの個性の強さに尽きますね…。
あとは、思いのほかボスのキャラクター性が高評価なのが嬉しかったところでしょうか。
今回のボスはかなり意志の強いキャラクターだったのですが、PCが様々に意志をぶつけてくれたのがGM冥利に尽きました。


・参上!ユニバーサル少年探偵団
エイプリルフールネタシナリオ。高経験点+はっちゃけ+やりたいこと全部乗せのシナリオ。
『嘘』をテーマにするということで、自称名探偵のポンコツ少女、一条 陽海に振り回されるUGNチルドレンたちのお話。
過去に色々あったチルドレンたちがわちゃわちゃしてるてぇてぇが見たい!!!!!ということで、HOにて、チルドレンかつチルドレンに馴染めなったという過去を指定するという強欲ぶり。はっちゃけただけあってGMはとても楽しかったです。

『嘘』がテーマなこともあって内容に触れるとネタバレになってしまうのですが、ギャグ、裏切り、シリアス、逆転、再び平和と、はがね の好きを存分に詰めたシナリオになったかと思います。
細かいミスと情報量の多さこそあったものの、一発本番でかなり納得の出来でした。

次回開催は……高経験点で詰め込んだセッションですし、招待に近い形ならある…かも?

セッションは、珍しく厳しめに選考をさせていただき、身内に近いメンバーでの立卓。
登場キャラや情報量の多いシナリオで難解だった気もするのですが、見事に探偵団を真実へと導いてくれました。
また、実質HOなしのシナリオだったにもかかわらず各々のキャラクターが立っており、ギャグでもシリアスでも各々の色が存分に発揮されていました。
RPでもセッション進行でも、PLの能力に助けられたセッションでもありましたし、個人的に納得のいくシナリオでもありました。PLの皆様に感謝感謝です。


・昼行燈UGN教官: 辻本 幸信
『一日でダブクロテキセをやりたい!』というところから出発した単発シナリオ。
…ですが、短編ではあるもののかなりお気に入りになった一篇。

ストーリーとしては、昼行燈なUGN教官の元で訓練を行う、一芸に特化したチルドレンたちのお話。少年探偵団と同じく、チルドレンたちのわちゃわちゃが見たかったというもの。
主要NPCの辻本には元ネタPCがいるのですが、彼は不思議の持ち主で、シナリオの内容も辻本を起点にしたところ、4~6時間シナリオとは思えない程笑いあり感動ありの作品に仕上がりました。

辻本ののほほんとしたギャグから始まり、シリアスがあり、そしてエンディングで……短いシナリオゆえすぐネタバレになってしまうので、是非遊んで確かめてください!

このシナリオは、招待卓で2回セッションを行いました。
初回は、かなり辻本の色の強いセッションでした。全体的にギャグの勢いが強く、しかしだからこそ、彼らのシリアスで見せる顔にGMも心を打たれました。凄い笑ったのに凄い感動した、印象深いセッションでした。PLたちがNPCを気に入ってくれたのもGM冥利に尽きます!
第二回は、打って変わってPCの色の強いセッションでしたね。PCたちが、数日で作り上げたとは思えない深い感情で繋がっていたのが印象的でした。GMも精一杯のTRPGで応えさせていただきました。


…さて、残りはおまけ編ですね。ラストスパート!

なお、シナリオの概要とトレーラーへのリンクを貼った以下の日記(冒頭のものと同じ)に記載のシナリオは、リクエストがあればGM依頼も受け付けております。今後もGMはがね をよろしくお願いいたします!
https://trpgsession.click/comment-detail.php?c=metallunataler&i=metallunataler_165029032299
いいね! 13
はがね
はがね日記
2022/12/31 20:40[web全体で公開]
😊 自作シナリオ大決算!(DX3rd自作シナリオ所感・宣伝)
どうも。
大晦日の挨拶ってありそうでないなぁと思っているはがね です。

さて、年の瀬と言うことで、宣伝も兼ねて今年はがね が執筆・GMをしたシナリオのひとくちまとめなどして参ろうと思います。なお、システムは全てダブルクロス the 3rd editionです。
なお、この日記はGM感想がメインです。各シナリオの特徴などは、以下の日記にまとめてありますのでそちらも参考のほど。
https://trpgsession.click/comment-detail.php?c=metallunataler&i=metallunataler_165029032299

年明けまでにこの日記は投稿されるのだろうか…?
では参りましょう!


・TRESORへようこそ!・第一幕(ドワーフの盃)
はがね がオンセンで書いた2本目のシナリオであり、複数回回した初めてのシナリオ。
身内卓、処女作含めやりたいことを詰め込む作品が増えてきたことを感じ『出来るだけシンプルに』をテーマに作成した本作。
主人公とヒロインの関係性と特殊ギミックだけでほぼ構成されたシナリオはあっさりし過ぎかとも心配しましたが、むしろシンプルがゆえにRPを挟む余白も大きく、全二回のセッションはどちらも好評を頂く自信作となりました。

セッションにおいて面白かったのは、二回のセッションがそれぞれ全く違う趣になった点。
第一回は、真っすぐな主人公と、癖が強めの仲間たちによるセッションのテーマ通りの王道展開。
第二回は、主人公を始めとして全員の個性が強く、PC色に染まるセッションでした。

シナリオ作者・GMとして一皮むけることとなった本シナリオですが、今見てみるとやはり内容の充実はもう少し行いたいところ。
具体的に言うと、PC2のモチベーションと、黒幕への掘り下げを行いたいところ。
当時の新鮮なアイデアと今の技術を以てリメイクを……来年行えれば良いですね。


・TRESORへようこそ!・第 I 章(遺跡と剣)
第一幕の時点でシリーズものにする予定はあったTRESORシリーズ目の二作目。
探検譚チックなシナリオが作りたいと言うことで、テキストベースではあるもののダンジョン探索をモチーフに作成したシナリオ。
シナリオ内容としても、判定や戦闘にかなり重きを置いたシナリオでした。

…ただ、今考えると、自分はRPが好きなGMで強みもそこなので、自分の良さを潰してしまうモチーフだったかなあと思ったりも。
もっとも、ギミックや戦闘、それに重きは置いていなくともシナリオやキャラクターには輝くところがあるので、もしかしたらガッツリはがね シナリオらしい良い話にテコ入れしてのリメイクがあり得るかも。
自分の良さを潰さず、テーマに沿ったシナリオにする。難しいけど大事なことです。

このシナリオの立卓は一回。PC同士の仲の良いセッションだったと記憶しています。
あとは、敵方のキャラクター造形が好評だったのもとても嬉しかったですね。


・TRESORへようこそ!・第1話(実験体の二人)
TRESORシリーズも慣れてきて、ちょっと派手なテーマに着手したいということで執筆した一篇。
かなり大掛かりなシナリオですがストーリーとしては一直線。しかしながら、システムを交えた終盤の要素回収に自信のある一作。
ちょっと雰囲気が暗いのと情報量が多いのが難点ですが、愛してやまない問題児とでもいいましょうか、そんな魅力のあるシナリオです。

そして、雰囲気の暗さの通り戦闘も難易度がやや高めです!…と言っていたけれど(言ったが故に?)二回開催したセッション共に強めに作ったボスがねじ伏せられた思い出…。

初回セッションは、かなり手探りでしたがPLさんがかなり熱を入れてRPしてくれていた思い出がありますね。エンディングでわちゃわちゃ出来たのが救いになっていて楽しかったのも印象的。
第二回は、PCたちがかなり濃い味だった記憶があります。対抗して?!NPCのRPにも気合が入り、アイドルになった彼女とか情報屋の彼とか実質ヒロインになった彼とか、PLさんからも沢山お褒め頂く、GMとしても会心のRPが出来た回でした。

このシナリオは、やるたびに粗が出てくるしGMとしてもカロリーを消費するし大変な卓なんですが…。それでも数か月するともう一回チャレンジしたくなってしまう魔性のシナリオ。
多分来年も微修正を加えて募集をするのでしょう。


・TRESORへようこそ!・第一頁(少女と妖刀)
オンセンシナリオ8作目、オフ卓も合わせたら13作目?くらいではがね に舞い降りた会心の一撃。
今まで作ったシナリオが悪いとは言わないけど、個人的には初回しの時点でほぼ直すところがないと感じた自信作。
ヒロインと、結構RPに自由度がある脇役と、そしてはがね の大好きな王道展開な決断。そんなものを詰め込みました。

シナリオとしては、かなりオーソドックスなボーイミーツガール。ギミックも終盤に一つあるくらいでシンプル、謎解きもちょっと探索ゲーチックだけど割と明快とコンパクトな作り。
しかし、シンプルがゆえにはがね らしさが良く出ているのかな、と。

王道展開で、TRESORシリーズだけどPC1、2は地方支部出身だから癖がなく、ちょっとスプラッタホラー染みたドキドキ感もありシリアスなところはシリアスでギャグも挟みやすい……GMとしてはマスタリングしやすくかつしていて楽しいシナリオとなりました。

完成したのは半年前なのですが二回セッションをしており、両方ともかなり印象深いセッションな思い出です。
初回はシナリオ通りの超王道展開。主人公とヒロインが試練に立ち向かい、支部長がそれを支え、TRESOR組がその裏にある真実を追う…GM的にもやりたいことが(ギャグも含め)全部できたセッションでした。
第二回も王道展開でしたが、このセッションはPC同士の絡みも非常に濃密であった記憶があります。GMもNPCとして時に楽しく、時にシリアスにRPが出来て非常に充実した時間でした。


…文字数が凄いことになってきたので続く!
なお、シナリオの概要とトレーラーへのリンクを貼った以下の日記(冒頭のものと同じ)に記載のシナリオは、リクエストがあればGM依頼も受け付けております。今後もGMはがね をよろしくお願いいたします!
https://trpgsession.click/comment-detail.php?c=metallunataler&i=metallunataler_165029032299
いいね! 7
システム
システムはがね
2022/12/31 11:31[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
はがねさんは01月31日11時35分に開始予定の新しいセッション:
【ダブルクロス3rd】昼行燈UGN教官: 辻本 幸信を作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=167245391715metallunataler
はがね
はがね日記
2022/12/28 12:05[web全体で公開]
😊 探偵?と記者?とUGNと(DX3rd『TRESORへようこそ!・ep. 1』GM所感)
今回は日記が早いぞ。

というわけで、2022年がもうあと数日となった一昨日12/26、はがね GMのダブルクロス the 3rd editionセッション『TRESORへようこそ!・ep. 1(メアリミードにて)』がエンディングを迎えました。

イギリスはロンドン郊外、メアリミードという町で繰り広げられる姿の見えない通り魔を追うオーヴァードたちのお話。
物語の構成としてはシンプルながら、上手い事透けない塩梅で黒幕の正体を追うまさに推理小説らしい仕上がりになったのではないでしょうか?
また、今回はガッツリオリジナルのアイテムをシナリオに絡め、ギミック面でも新鮮なシナリオを見せられたかと思います。
ちょっと惜しいと感じたのは、サスペンスにシナリオを寄せたためはがね シナリオらしいエンディングのわちゃわちゃが少なかったところでしょうか。次回シナリオを回すときは、色々な平和なイベントの引き出しを用意したいところです。

さて、そんな当シナリオに参加してくれたPCたちは…
PC1は明るさと冷徹さを併せ持つUGNエージェント。
印象的だったのは、オープニングからかなり、ヒロインとのやりとりにのめり込んでくれたことでしょうか。
UGNとして綺麗事では割り切れない現実を知りながら、それでも守りたい日常への一貫した想いの強さが印象的。ボスと主人公である彼の意志が交錯するクライマックスは見ごたえ充分でした!
戦闘面では、ヴィーグルを用いての範囲アタッカー。火力役であると同時に、情報収集能力の高さでもPTを引っ張っていました。

PC2は某名探偵に憧れる自称名探偵のイリーガル少女。
破天荒なまでの明るさと名探偵リスペクトマシマシなキャラ設定でPTの明るさ担当
…と思いきや、終盤では彼女の純粋な正義感がボスとの対話で遺憾なく発揮され、第二の主人公となっていました。彼女の明るさは、きっと誰かを救っていくことでしょう。
もちろん、明るく可愛らしいRP(と強烈なキャラ設定)も印象的!
そして戦闘面では、バフ判定補助攻撃なんでもござれなサブアタッカーでした。

PC3は飄々とした雰囲気の新聞記者だけどその実体は…な姐さん。
事件を追う過程でもそれ以外でも、相方であるNPCの刑事とのやりとりが抜群に上手く、GMも終始ノリノリでイチャ…舌戦させていただきました。
基本は飄々として緊張感を感じさせない彼女ですが、随所で年長者らしい気配りの効いた言動が見られるのが、HO3にハマっておりました。
また、言及はしないけれど自身のバックグラウンドを感じさせるような台詞回し立ち回りが秀逸で、キャラクターの質感が抜群でしたね!
戦闘面では従者を操ってのアタッカー兼盾役。侵蝕率がヒヤヒヤでしたが攻防で活躍していました。

PC4は食えない表情と不思議な言い回しが印象的なUGNレネゲイドビーイング。
英国メアリミードと日本大倉の橋渡しをするHOにおいて、両支部長の理解者として、そしてレネゲイドビーイングらしい観測者的立ち回りが印象的でした。
彼女には秘めた目的があり、まだまだキャラクター的にも謎めいた部分がありますが……いつか明かされる日が来るのでしょうか。
戦闘面では、PTの火力を引き上げる補助役を努めていました。

そして今回、全体的に良い話が多いはがね シナリオにしては珍しく、シナリオボスは自分なりの大義/信念を持ったキャラクターとなっていました。
この手のキャラクターはセリフに重みが出る一方で、ただ倒すことが正解ではないという大団円の実現を難しくする要素を孕んでおり、セッションに際して少しばかりの不安がありました。

そんな不安を他所に、今回はNPCのRPをかなり魅力的に出来た回だったかと思います。
PC1はヒロインをかなり気に入ってくれたため、ボスの意見を真っ向から否定するRPで自分の信じるエンディングへと邁進してくれましたし、一方でPC2が学生のイリーガルらしく、全員ハッピーなエンディングを信じてボスに言葉をかける。
主人公二人が上手くお互い、そしてボスとの対比構造になってくれてGMも迷いなく演出を行えました。

…でも、一番記憶に残ったのは飄々姐さんとやさぐれ刑事の漫才だったような……。違うんだ!PL3とのRPが楽し過ぎるのがいけないんだ!(?)
もっとも、ボスも印象的で好きだったと感想をいただいております。全員良いキャラでした!ということでひとつ。

さてそんな魅力的なキャラクターによって織りなされた当シナリオ、好評をいただいた一方課題も大小さまざま明らかになりました。より練度を高めて、またいつかこの魅力的なキャラクターたちのシナリオを開催したいですね!
そして、同様に魅力的なPCを演じてくれたPLの皆様に改めて最大級の感謝を!

では、またどこかの卓でお会いしましょう。
いいね! 18
はがね
はがね日記
2022/12/21 22:21[web全体で公開]
😆 言葉に賭けて戦う人々(非TRPG・M1グランプリ2022ネタバレ)
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
いいね! 17
コーイチ
コーイチはがね
2022/12/18 23:27[web全体で公開]
お疲れ様です。
コーイチです。
例のシナリオの件で重要なことを聞きそびれておりました。
PC1と同じピュアブラックドッグの訓練を受けて育った友人みたいなキャラを出したいのですがよろしいでしょうか?
お手数ですがご確認のほどよろしくお願い致します。
はがね
はがね日記
2022/12/02 12:53[web全体で公開]
😍 妖怪たちの百鬼夜行なんですよ!!!(DX3rd『ハロウィン!清水野探偵部: 一条 陽海』GM所感)
すっかり投稿したつもりで忘れてた……!

というわけで11/19の日曜日、3週間に渡ったダブルクロス the 3rd editionシナリオ『ハロウィン!清水野探偵部: 一条 陽海』がエンディングを迎えました。

ハロウィンだし騒ぎたい!でもちょっとエモい展開にはしたい!
というところで、レネゲイドによる百鬼夜行の謎を解くというシナリオに、NPCとしてポンコツ猪突猛進自称名探偵の一条 陽海を突っ込んでみました。
序盤は陽海のキャラパワーで暴れ回り、終盤には異能の存在意義という、ダブルクロスならではの哲学を示すことができたのではないでしょうか。

NPCに関して言うと、陽海に関してはPLに気に入られる自信があったのですが、思いの外黒幕のキャラクター性がPLに刺さっていたようで作者冥利に尽きましたね。
はがね なりに異能の哲学を喋らせたつもりですし、その在り方が、何人かのPCと共鳴した一面もあったのでしょうか?
クライマックスでの応酬では、PCの意志も引き出せたのではないかと思います!

さてそんな、愉快なハロウィンパーティに参加してくれたPCたちは……

PC1は、探偵に憧れる暴走しがち少年と共生レネゲイドビーイングの相棒タッグ。
一人でボケツッコミが出来る(物理)PCでしたね!
陽海よりちょっと大人だけど一緒に探偵団をしてくれる友人、そしてその探偵への憧れには深い過去が結びついている…かなり深みのあるキャラクターでしたね!
性能面では、汎用判定能力のあるアタッカー。PTの隙間を埋める活躍でした。

PC2は、
お節介焼きでポンコツな陽海に振り回される役としてこれ以上ないキャラクター像だったと思います。でも最後までデレなかったね…。
チョロさが見え隠れして、実はPTのアイドル枠でもあったのかもと思っていたのは内緒。
性能面では、超高速アタッカーに棺にと大活躍でしたし、クライマックスでの芯をくった台詞の応酬も痺れました!

PC3は、そんな探偵部の面々のリードを握る(或いは引きずられる)苦労人系いかつめ高校生支部長。
保護者ポジでありながら、実は結構陽海とイチャイチャしていたような…?GMとしても、陽海への理想のツッコミ役だったと思います!
そしてPLのシナリオの流れに乗る能力の高いこと高いこと。
性能面では、殴っても強いバッファと支部長らしい性能でした。

こうやってみると、本当に陽海を動かしやすいPCたちでしたね。
一番楽しませてもらったのはGMなのかもしれない。

余談ですがこのPT、全員仮面ライダーが元ネタだったそう。
……が、GMは一切ライダー未履修だったのだ!
『ライダー未履修GMの回すライダー卓』うーん字面よ。

と、さておき。
前回に引き続き、シナリオに真正面から向き合い、そして全力で楽しいRPをしてくれるPLたちと楽しい卓を囲むことができました。
改めてPLの皆さんに最大級の感謝を!

では、またどこかの卓でお会いしましょう。







以下蛇足。
短編シナリオシリーズ、前回の辻本、今回の陽海は、共に『ズルい』キャラクターだなあ…と改めて思いました。
強烈な個性とボケ能力を持っていていつでも物語の起爆剤になるのに、暗い過去を乗り越えた背景が見え隠れするからただ軽薄なだけではない。
絶対人に好かれるキャラクター、なんですよね。

やっぱり、過去が暗くて現在が明るいキャラクターには、特有の魅力があると思います。

惜しむらくは、元ネタがPCの辻本と違い、陽海は元ネタシナリオがあるのでアフタープレーで設定を開示できなかったことでしょうか。
『参上!ユニバーサル少年探偵団』……いつかまた回したいなぁ…。
いいね! 15
はがね
はがね羽崎みずく
2022/11/24 12:09[web全体で公開]
> 日記:ココフォリアの部屋準備に時間がかかりすぎる件

お洒落部屋はあくまでお洒落なので、機能的に不便がなければ部屋としては成立すると思いますよ!
(自分のココフォリア部屋がそんな感じです。)

部屋を作る上での考え方で言うと、『部屋に最低限欲しい機能』をまず書き出すことをオススメします。

殺風景でもとりあえずセッションが成立する部屋を完成させ、そこから新機能やデザインをアップデートさせていくという手法を自分は取っています。

お洒落な部屋の作り方は……他の人にお聞きください(
はがね
はがね日記
2022/11/18 22:23[web全体で公開]
😍 5か月ぶりらしい。(a.k.a. DX3rd卓募集のお知らせ)
招待卓とかやってた影響もあるけど、公開募集のシナリオを書きあげるのは6月以来らしい。
その理由は……色々あるけどそんなことはどうでも良くて、

ダブルクロス the 3rd edition シナリオ『TRESORへようこそ!・ep.1(メアリミードにて)』の募集を行っております!(1名招待で、3PLの募集です)
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=166877715415metallunataler

このシナリオは…舞台がイギリスです!え?一作(3年)古い…?
レネゲイドに関わる物品”アイテム”で姿を隠してオーヴァードを襲う犯人を追いかける刑事ドラマチックなお話で、PCの3/4が英国在住歴があるというちょっと変わったお話…。

ちょっと普段のダブルクロスと違う雰囲気ながら、はがね シナリオ特有のちょっとしたギャグと伏線要素も詰め込んだ自信作となっております!

締切日曜日、セッション水曜日とややタイトなスケジュールになってしまい申し訳ないですが、この日記や、トレーラーHO読んで魅力を感じたら是非奮ってご参加ください!
いいね! 11
システム
システムはがね
2022/11/18 22:12[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
はがねさんは11月23日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【ダブルクロス3rd】TRESORへようこそ!・ep.1(メアリミードにて)(初回し)を作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=166877715415metallunataler

過去のタイムラインを見る