冒険者達の日記帳

木の葉
木の葉「雲雀の止り木」亭の冒険者達[web全体で公開] 押されたいいね! 0
登録日:2018/11/13 21:38最終更新日:2018/11/13 21:38

これは、「雲雀の止り木」亭の片隅に置かれた日記帳です。
そこには、無事冒険から帰還した冒険者たちが思い思いの記録を残しています。

キャラになりきって書くもよし、書いてる姿を書くもよし、冒険の思い出を、一つ残してみませんか?
いいね! いいね!  0

スレッド一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

コメント一覧

ミヤシュン
5. ミヤシュン
2019/07/11 00:01
記載者:ソラ・クラウス

「雲雀の止り木」亭の片隅あるこの日記に、今回起こった不可解な事件を忘れないため記する。
この度、初の依頼となったハーヴェストへの護衛と謎に包まれたままの船団の護衛を経て、マカジャハットの
「雲雀の止り木」亭に帰還した。
行きの護衛は問題なく終えたものの、帰りである船団の護衛はわからないことが多すぎる。
何故、船の中で気絶させたにもかかわらず、持ち物が盗られるわけでもなく、そのまま海に落とされたのか。
船団の目的がわからない。自分が賢くないにしてもわからないことが多い。
自分の仲間やギルドのメンバーに頼り、この件について調べてみようと思う。


追記
なにか分かればこの日記に記してほしい。
いいね! いいね!1
幻柔老
4. 幻柔老
2018/12/10 01:25
まずは、ご一緒いただきましたGMさまPLさま ありがとうございました。
ここからは参加冒険者として書かせて抱きますが、ご不快な点等ございましたら訂正もしくは削除いたしますので、
広い心でご指摘ください。


~ネザー=ランコ~

本日は、村への荷物運び、及び困っている事があれば助けと欲しいとの依頼でしたの。

道中は特に問題もおきずに元気120%のマギシュの方、華麗で変幻自在な二刀流使いの方、寡黙で聡明な妖精使いの
方という面識のある方々と順調に進んでいたのですが村の手前まで来ると急に空が暗くなり村に光が差し込みましたの。

悲鳴を聞き急ぎ、村まで向かうと蟻達が村人達を襲っていましたの。

善良な一般人を助けるのは冒険者の当然の責務、勿論 討伐しましたわ。
でも・・・・・・

不快な事が二つありましたの

一つは私にかみついたアリが「何これ?間違えて岩噛んだ?」みたな表情したのですわ。
仮にも乙女のYA WA HA DAを噛んでおいてですわよ。
これはアリさん☆一つ追加ですわね・・・・ふふふ(☆が溜まるとどうなるかは秘密ですわ)

そして何より不快だったのが私の大切な仲間に深手を負わせた事ですわ。
当然、戦闘ですし盾としてかばいきれなかったわたくしが未熟なのはわかっていますわ・・・
でも、血を流す仲間を見るとつい少しだけ本当にほんのちょっとだけですがカッとなってしまうのはわたくしの
悪い癖ですわ。

蟻さん達を討伐後、村の方々から元凶の依頼をされましたわ。
当然、受けましたわ。
困ってる善良な市民の力になるのは冒険者の本懐、何より仲間の手当までしてくださいましたから断る理由の
方がございませんわ。(ふんす
何より仲間に血を流させた対価は血で払って頂かないと・・・・・ふふふ

元凶の討伐は特に問題なく終わりましたわ。
しいて言うなら手癖の悪いアリさんがいた事と何故か陸地にエビが居た事くらいですわ。

今回の依頼で変化があったとするとリカント語を完全に理解できるようになってた事ですわ。
今までも身振り素振りやアイコンで言いたいことは解っていましたわ。
でも、言葉の詳細まで解っていなかったので大きな収穫ですわ。
(セージLv1 リカント語を習得しました)

今回は臨時収入もありましたし装備を新調したあまりでお酒を少々(冒険時用)を購入いたしましたわ。

~終わり~
いいね! いいね!0
ヒキガエル
3. ヒキガエル
2018/11/24 21:00
記載者:ベリンゲイ

すべてリカント語で書かれており、文の大半は「ウホ」っという単語で構成されている。

・翻訳
 初の依頼を受けた。
 今回は荷物配達という簡単な依頼だったはずが、あれよあれよという間に、森の中にモンスターを討伐に行った村の若者たちを探すという話になった。
 森を探索して、奥にたどり着くとそこにはすすり泣く人影があった。それはアンデットになり果てた村の若者たちだった。
 私はアンデットが苦手だ。目の前にすると体が震えてしまう。だが、私はそれを克服するために冒険者になったのだ。
 どれだけ役に立てたかはわからないけど、何とか勇気を振り絞って戦うことが出来た。
 犠牲者の亡骸を持って帰る道の途中に、脇道に寄り道した。植物の化け物が亡骸があったそこには、アランという青年からビアンカなる人物への手紙があった。内容から察するに恋文だった。
 ・・・これ以上深い話は書かないでおこう。
いいね! いいね!1
茶
2. 
2018/11/24 19:28
Leave Letter
記載者:ユウ
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今日のことは、あんまり忘れたくないから筆をとってみることにする。
今日の朝、いつものように依頼掲示板を見に行ったら珍しく依頼が来たからそこにいた「アルフ」、「アンチュア」、「ロア」と一緒に依頼を受けたんだ。
内容は手紙の配達。正直報酬は低かったけど稼げる時に稼いでおきたいもんね。
依頼を受けたら依頼人のビアンカさんのところに手紙を受け取りに行ったんだ。ああ、後で分かったことだけど配達して欲しい手紙ってのは婚約の手紙だったみたいだ。ビアンカさんの婚約者であるアランさんに手紙を届ける。それだけの依頼だと思っていたけど、配達先の村に行ったらアランさんは野獣に襲われたまま行方不明になっていたんだ。その野獣はもう討伐されていたみたいだったけどアランさんはまだ見つかってなくて・・・まぁ、それでも死んだと決まったわけじゃないから森に入ってアランさんを探すことにしたんだ。
しばらく森を探索すると狼の群れに出会ったから、それを撃退すると・・・アランさんの死体と婚約指輪が見つかったんだ・・・。皮肉にも狼の夫婦に殺されたみたいだった。
ボク達はアランさんを村まで届け、生前アランが書いたビアンカさんへの手紙を受け取って以来の報告をしに行ったんだ。報告を聞いた依頼人は・・・ここに書くのはやめておこうか。今思い出しても心が痛む・・・。
Leave Letter。 去ってしまってLove Letterになれなかった手紙なんて誰かが言っていたけど、そんな詩的なものじゃ・・・。
ともあれ、そんな感じで今日の依頼は終わったよ。依頼を達成してこんなに苦しかったのは初めてだったさ・・・。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いいね! いいね!1
ウツキ
1. ウツキ
2018/11/18 21:02
サンドラ[初冒険終わった疲れた、けど最後に見た光景きれいだった後サバサンドが美味しかったとってもとっても美味しかった]
いいね! いいね!1