「モスウッドからの急報」

kangetsu幕間[web全体で公開]  0
登録日:2019/07/16 08:16最終更新日:2019/07/16 08:16
ゴブリンの襲撃から2週間ほど経ったある日のこと。

ヘムロック保安官があなた達を探してやってきます。
「君たち、ここにいたのか・・・。
 さて、ご足労なのだが、私と一緒に市庁舎に来てもらえないだろうか。
 先程、モスウッド(サンドポイントから西の方にいったところにある森)を監視していたものが急ぎ戻ってきて、ゴブリンのことについてすぐに報告したいことがあるとのことなのだ。
 市長と私とでその報告を聞くのだが、君たちにもぜひ一緒に聞いてもらいたいのだ。
 また、いい機会なので、市長に君たちのことを紹介しておきたい」

さて、皆さん、ヘムロック保安官についていきますか?
 いいね!  0

スレッド一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

コメント一覧

17. kangetsu
2019/07/20 23:19
市長と保安官は、あなた達が町の見回りを引き受けてくれたことにあらためて感謝の意を述べ、この会合を終了しました。
翌日、保安官とその補佐官は近隣にある都会であるマグニマールに向けて旅立ち、またシャレルは物資を買い込むとまたサンドポイント近郊の監視に戻っていきました。

町の衆は、保安官がマグニマールから応援を連れてくるのだ、ということであまり動揺はありませんでした。
最初の1日、2日は、保安官の言う通り、ちょっとしたいざこざは残りの隊員が無難に対応し、これといった大きな問題は起きませんでした。

しかし、3日めの朝、あなた達はとある人物の訪問を受け、それが新たな問題の取っ掛かりとなるのでした・・・。

「モスウッドからの急報」 おしまい
 いいね!0
16. 現人虫
2019/07/19 19:52
 「単に受け身や守りが不得手というだけです。
  攻めて攻めて攻めて攻めて、押し通る性分ですね」

 見回りました ー完―

 ……で、話が終わるわけもないですから街中でどんな事件が待っているやら。
 古代の見張り塔の残骸のみならずサンドポイントも色々ありそうですね。
 街中でも鍵のかかった扉くらい普通にあるでしょうし携帯用破城槌を購入しておきました。鍵なんて開けられなくても扉をぶち破れば問題な(殴)
 いいね!0
15. kuro
2019/07/19 01:09
ゴブ族それぞれ……違いました。五部族それぞれ設定があるのですね。いったい彼らに何が……。
そしてシャレルさんは一人でいままで対処を……!
 いいね!0
14. kangetsu
2019/07/18 12:45
「快諾、ありがたい」と、ヘムロック保安官は頭を下げました。
そして、アスタの問いに対して、答え始める。
「今現在、特に明確な不安の種があるわけではないのだ。もちろん、小さなイザコザはいつだって発生するが、それは残った自警団員でうまくまわせるだろう。
「だから、特に決まった見回りルートを回ってほしい、というものでもない。ただ、君たちがこの町にいるのだということを、それとなく町の人々に見せてやってほしいのだ。それだけで、彼らの不安も拭われるだろうから。」
「もちろん、自警団員達の手に負えない事件が起きたら、手助けしてもらえると非常に助かる。」

「保安官がマグニマールから帰ってきたら、あらためてゴブリン狩りの計画を立てましょうね。今まで、一人ではなかなかに手を焼いていたのだけど、あなたと一緒ならもう少し大胆な作戦も実行に移せそうだわ」
そう言ってシャレルは、リスベレスに微笑みかけました。
 いいね!0
13. 卵豆腐
2019/07/17 22:40
「引き受けよう」
「見回り方法(PCたち全員で一緒に回ればよいのかや、時間帯、ルート、特に見張って欲しい場所)の指示があれば、指示して欲しい」

「そして、町内を見回る必要を貴方達が主張する理由があるようだが、それについては聞かせて貰えるのか?」
「それとも聞かずに、抑止力としてただ見回るだけでよいのか?」
(火事場泥棒や扇動者が動き出すもの、というだけが見回りの理由なのか、それとも元から火種があるのかの質問)
 いいね!0
12. 現人虫
2019/07/17 22:26
「わかりました。
 確かにサンドポイントを手薄にしている間に再度襲撃されて被害を出してしまっては本末転倒というものです。
 見回りの件、お引き受けいたします」

 脳筋だけにまず攻撃を考えてしまうという(笑)
 いいね!0
11. kangetsu
2019/07/17 21:59
リスベレスの勇ましい回答に、シャレルは頷きます。
「ええ、まさにゴブリンは打倒されるべきものども。わたしの知る限りの、ゴブリンの部族の情報とそのなわばりについて語りましょう。

「サンドポイントから最も近い場所に住んでいるのはバードクランチャー(鳥齧り)と名乗る部族、5つの部族の中では最もおとなしいです。これは“悪魔の大皿”と呼ばれる、サンドポイントから見て南東東にある洞窟群に住んでいます」
「南にはリックトゥード族がおり、これはブリンスタンプの沼地という場所に住んでいて大層泳ぎがうまい連中です。」
「東にはシャンクスウッドのセブン・トゥース(七本歯)族のゴブリンがいます。この連中はサンドポイントのゴミ捨て場を襲撃しては人間が捨てたものを盗んでゆき、それを材料にして武器や鎧を拵えては自分たちの身を守るのに使っています。」
「もっと東にいるのはモスウッド・ゴブリンで、これはおそらく最大の部族ですが、部族内の氏族間で何代にもわたって争い続けているような連中です。先の襲撃であなた達が斃したのも、おおよそこの部族のものでしょう。」
「最後にシスルトップ・ゴブリン、これはネトルウッドの森際の海岸に近い、まるで刎ねられた首のようにも見える島に住
んでいます。」

(地図は、どどんとふに載せておきますね)

「しかし、少なくとも私達がサンドポイントを留守にしている間は、この町の治安維持をお願いしたいと思っているのだ」
とヘムロック保安官が告げます。
 いいね!0
10. kangetsu
2019/07/17 21:42
「このサンドポイントにも相応の備えが必要だ、ということです」
シャレルの話が終わると、次に口を開いたのはヘムロック保安官でした。
「私は、部下を連れてマグニマールに向かい、数週間-少なくともゴブリンの脅威がどの程度まで広がっているか確認できるまでの間ー、このサンドポイントに護衛を増員してもらうよう、話をしてくるつもりです」

「この時期に保安官が町を空けて大丈夫なの? 却ってリスクが高くなるのでは?」
デヴェリン市長が保安官に質すと、保安官は無言で頷きました。
「町の近郊、シャンクの森など、街道沿いでゴブリンどもがいそうなあたりについては、シャレルさんに監視をお願いしたい。前回の襲撃では不意打ちであったため町内に侵入されましたが、動きが事前にわかっていれば残っている自警団員で十分に対処が可能でしょう」
「町内の治安は? 保安官もわかっている通り、問題はゴブリンの脅威だけではないわ。あなたが不在となれば、町内の良からぬ面々が蠢動を始めるかもしれない」

「そう、それなのですが、一つ考えがあるのです」
ややためらいつつヘムロック保安官は答えると、おもむろにあなた達の方に向き直りました。

「今、町の皆は『サンドポイントの新しい英雄たち』を頼もしく思っています。彼らが町を見回っているとなれば、しばらくの間は町の者たちの不安も抑えておけるでしょう。市長も、実際に彼らにお会いになり、私の見立てが突拍子もないものではないことはわかっていただけたかと思います……」

ヘムロック保安官の答えにデヴェリン市長は頷き、そしてあなた達に語りかけます。
「ええ、それには同意します。あとは、あなた達、「サンドポイントの新しい英雄たち」さえこの任務を受け入れてくれれば。宿舎と食事はこちらで手配いたしますし、それとは別に1日に3GPの日当(有能な法律家の日当と同等)を支払わせていただきます。
「どうでしょう、本件、お願いできないでしょうか。サンドポイントを代表して、お願いいたします」
 いいね!0
9. 現人虫
2019/07/17 21:33
「なるほど。それは憂慮すべき事態ですね。
 これ以上の被害を防ぐためにもその黒幕の正体を暴かねばならないでしょう。
 となればこちらからゴブリンに仕掛けるべきかと思います。
 黒幕についての情報はゴブリンが持っているでしょうし、ゴブリンが減れば更なる被害も減らすことができるでしょう。
 そこでゴブリンの住処の場所についてご存知であれば教えていただきたいのですが」
 いいね!0
8. kangetsu
2019/07/17 21:11
「頼もしい若者たちね。これなら保安官の考えで大丈夫でしょう」
リスベレスとアンジェラとの握手のあとで、デヴェリン市長はヘムロック保安官に頷きます。

そして、エルフの女性も同じようにあなた達に微笑みかけました。
「さすが、『サンドポイントの新しい英雄たち』とヘムロック保安官が呼ぶ人たちね。
「わたしは、シャレル・アンドゥサナ。この近隣で野伏をしているエルフです。お会いできて光栄です。」

「さて、ゆっくり親交を深めたいところではあるけれど、まずは状況の報告をさせていただきます」
やや改まった声色で、シャレルが続けます。
「先日サンドポイントがゴブリンの集団に襲われた話は聞きました。しかし、ゴブリンの襲撃を受けているのはサンドポイントだけではないのです。この海岸線、『失われた海岸(ロスト・コースト)』の街道沿い、とりわけ東方のネトルウッドという森からモスウッドの森にかけて、ゴブリンの絡んだ襲撃事件が増えてきています。
「つい先日も、モスウッドの南の農場がゴブリンの一団のために消失させられました。幸い、農場に住む家族は救い出すことができましたが、農場は焼き払われてしまいました」

「あなた達についての噂は、実はこの町に来るより前に、モスウッドのゴブリン部族から聞いていました。モスウッドの部族は既にかなりの打撃を受けており、自分たちの仲間の大部分を殺した『長脛野郎ども』について噂をしているのを聞いたのです。今こうしてあなた達にお会いして、なるほど、連中の噂していたのはあなた達のことだったのかと得心したところです。
「残念なことに、モスウッドの部族が打撃を受けているとはいえ、この近隣には5つのゴブリンの部族が存在します。通常、彼らはお互いに顔を合わさないようにしています。下手に顔を合わせると、部族間でいざこざが起きるからです。
「しかし、今回のサンドポイント襲撃にあたっては、5つの部族すべてが関わっていることがわかりました。仲違いする5部族を扇動し、組織している、よほどの頭目がゴブリンたちの裏にいるのではないかとわたしは恐れています。そして、彼らの破壊活動は、さらに活発になってきている・・・」
そこまで言うと、シャレルはため息をつきました。

 いいね!0
7. kuro
2019/07/17 01:28
「私たちは必要があってこの街にいました。もし、手練れた勇士がいたというのなら、それはこの街の魅力によるものでしょう。人を惹きつけ、立ち止まらせる、見習いたいものです」
握手を交わし、見聞きしてきた内容を聞きます
 いいね!0
6. 現人虫
2019/07/16 23:08
 「それほどでもありません。
  あとこの街に来て日は浅いですが、目の前で狼藉をされて見過ごせるほど寛容ではないだけです」

 とりあえず握手には応えて、あとは話を聞きます。
 いいね!0
5. kangetsu
2019/07/16 22:35
あなた達が通された、市庁舎二階にある居心地のよい執務室にはすでにケンドラ・デヴェリン市長 - 先日のお祭りの挨拶で顔と名前はうすぼんやり覚えていた、30~40歳位の女性 - と、エルフの女性 - おそらく彼女がシャレルであろう - が待っていました。

「デヴェリン市長、彼ら、彼女らが先のゴブリンの襲撃において、ゴブリンのリーダーを討ち果たし、町を救ってくれた者たちです」とヘムロック保安官が紹介します。
デヴェリン市長はそれを聞いて、微笑みながら立ち上がり、あなた達に握手を求めます。

「お話は聞いています。わたしたちの町を守っていただき、本当にありがとうございます。たしか、リスベレスさん、類まれな膂力を持ち、ゴブリンを斃したと。そして、アスタさん、あなたの魔法で、多くのゴブリンが倒れていくところを目にしました。それから、アンジェラさん、あなたの一喝でゴブリンのリーダーは怖気づきついには全員引き上げることになったと聞いています。
「あなた達のような手練た勇士がいてくれたこと、本当に幸いでした」

******

ほぼイベントシーンなので、吟遊GMっぽくなってしまうのですが、よろしければ適当にPCのリアクションとか返してくれると嬉しいです~。
明日からは、具体的にシャレルが、見聞きしてきた内容を語ります。
 いいね!0
4. kangetsu
2019/07/16 22:14
いま時点で回答もらってない人も、あとから「ついて行った」あるいは「行かなかった」ということで参加してもらって大丈夫です。
さておき、

「ありがとう、助かるよ」
と、ヘムロック保安官は、リスベレス、アスタ、アンジェラに深く頷きます。
普段から面白みのない堅物として知られた彼ですが、わずかに安堵の微笑みが溢れたような気がします。
「君たちがいてくれることで、どれだけ町の者たちが安心しているか。頼もしいと同時に、少し口惜しい気もするな」

市庁舎までの道すがら、町を歩くみんなが「町の英雄」を熱っぽい視線で見守ります。
その熱気を気にしないように、ヘムロック保安官はモスウッドを監視していた者について語ります。
「彼女は、『シャレル・アンドゥサナ』というエルフの賞金稼ぎだ。彼女は、1シーズンに数日サンドポイントに立ち寄っては、消耗品の補充をしつつ、周囲の状況などの情報を私達にもたらしてくれる。それが常だった。
「しかし、今回は普段とはちょっと違う。まずは、今回の訪問は彼女が最後にこの町を経ってからまだ1ヶ月経つか経たないかのことだ。そして、宿屋にもよらず真っ先に市庁舎への報告に駆けつけた。極めつけには、彼女の出で立ち・・・道なき道を急ぎ駆けてきたかのようにあちらこちらほつれている。
「彼女はここ数年、このあたりのゴブリンの部族とにらみあいを続けている。彼女よりも詳しいものはそうはおるまい。先日のサンドポイントへのゴブリンの襲撃を考えると、おそらく彼女がもたらしてくれる情報はゴブリンの活発化に関する情報だろう」

サンドポイントの大通りを挟み、大きな建物が向かい合っている。
一つはサンドポイント兵舎、ヘムロック保安官が率いる町の兵の駐屯地である。そして、もう片方は、
「さて、ついたな。ここがサンドポイント市庁舎だ。言うまでもないと思うが、くれぐれも失礼の無いようにな」
 いいね!0
3. kuro
2019/07/16 20:46
いま現在、市長を疑う理由もありませんものね。恐ろしい兆候があるのなら情報は得ておいた方が良いのかもです。
「ええ、私としても街が危ないというのなら協力はしたい。お願いするわ」
 いいね!0
2. 卵豆腐
2019/07/16 20:23
ついていきます。
 いいね!0
1. 現人虫
2019/07/16 18:39
 「わかりました」

 ゴブリンの襲撃に関わりましたし、何かわかったのなら赴くことにリスベレスは異存ないです。
 いいね!0
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite