現人虫さんの詳細

現人虫さんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

自己PR

 何もかもみな懐かしい。

現人虫さんの日記を全て見る

現人虫さん主催のセッションを見る

現人虫さんが参加申請したセッションを見る

現人虫さんの立てたトピックを見る

スケジュール

080808080808080809090909090909090909090909090909090909090909090909090909090910101010101010101010101010101010101010101010
242526272829303101020304050607080910111213141516171819202122232425262728293001020304050607080910111213141516171819202122
(曜)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)
×                                                   
×××××                                                   
×××××                                                  

スケジュール・メモ

2交代の仕事をしているので週によって平日に遊べる時間が異なります。土曜日や日祝日はセッションが入らなければ大抵空いています(土曜日は時折仕事があります)。参考までに。

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

所持するルールブック (150)

現人虫さんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

現人虫
2019/08/15 00:02[web全体で公開]
😶 真・女神転生TRPG 覚醒篇 第53,54回
 前回までやっていた情報収集も手詰まりになってきたわけです。
 それでとりあえずキーアイテムである刀を預ける先として以前から関わりのあるNPCとコンタクトをとって、追っ手を撒きながらそちらと合流するまではよかったのですが、そこに悪魔が乗り込んできて……という展開でした。
 でまあボス戦闘を開始するも全員ルームから落とされて再入場できず第53回は終わりました。

 そしてログも取れなかったので戦闘自体は第54回に最初からやり直したわけですが、その前の会話シーンの情報とか既にうろ覚えだったりします。
 それはそれとしてボス戦はPCの主戦力である剣属性半減の前衛の後ろにボスという辛い隊列だったわけですが……相性以前にDMのダイス目がいつもの如く冴えわたり、PCの攻撃をひらひら避けまくること避けまくること。
 おかげで相手を減らすのに大分時間がかかりましたね。もっとも相手方の攻撃もそれほど酷くなかったのでダメージ打ち消しに命運を使うようなことはありませんでした(自分のファンブルや事故の振り直しには使いましたが)。
 今回は居合術の使い手のPCのダイス目が弾けて前衛を潰しまくったのみならず、ボスに至っては二撃(2回攻撃の技なので実質1回の攻撃)で屠る始末でした。
 おかげでPLからは「ボスより雑魚の方が強かった」というTRPGあるあるな発言が聞かれる始末でしたな。

 さて最期に衝撃的な伏線を出されて今シナリオは終わりになりましたので、次から始まるシナリオが楽しみです。
 6
現人虫
2019/08/14 23:47[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第18回 【アゲハ蝶のお祭り】
 kangetsuさんGMのパスファインダーRPGアドベンチャーパスですが、盆休みの最初に続きをプレイをしました。
 ただクレリックの方が事情によりこの卓を抜けられたのですが、その為にファイター、バーバリアン、ソーサラー、ウィザードという前衛と魔法使いのみの結構偏った構成になったのですよな。
 既に2回やってNPCとの絡みもありますから今からPCをリメイクというのも避けたいということで、途中参加してくださる新規参加希望者を待ちながら、当面は支援職のバードのNPCを加えてプレイすることになりました。
 もし興味のある方おられましたら募集スレッドを覗いてみてください。とはいえ、土曜日の昼(今のところ隔週。皆さんの都合次第では頻度の増減あり得るかも)でなおかつある程度クラスの制限があるわけですが。

 さて例によってシナリオ内容は割愛するとして、PCが2レベルともなると敵のHPも伸びてきますから、雑魚でもそうそう一撃では倒せません。少なからぬダメージを被りながら今回のダンジョンの半分くらいを踏破したところですね。
 次回にはこのダンジョンを制圧予定ですが、難敵が予想されるので無事制圧できるのか、また制圧できたとしてもその後の展開がどうなるのか……そのあたり楽しみです。
 2
現人虫
2019/08/04 04:32[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第16,17回 【アゲハ蝶のお祭り】
 kangetsuさんのパスファインダーRPG卓のアゲハ蝶のお祭りに参加させてもらっています。

 これはパスファインダーRPGの初期のアドベンチャーパス(キャンペーンの連作シナリオと考えて大凡間違いではないと思う)であるRise of the Runelordsの第1話であるBurnt Offeringsを下敷きにしたもののようです。このシナリオの冒頭部分をとりあえず遊んでみようということでした。
 このアドベンチャーパスには興味があったので土曜昼卓に参加させてもらったわけですが、公式シナリオですので内容に関しては例によって割愛します。ちなみに夜卓も募集されて人が集まったようで何よりですね。

 さて本来参加されると思われていた方の反応がなくて、欠員補充といった感じで参加させてもらったので私が参加する段階で4人のPCが決まっていました。
 ファイター、ソーサラー、クレリック、ウィザードという構成でしたので秘術2人は少々珍しいかな。役割で言えば技術系であるローグが不在ですからそのあたりを作ろうかとも思ったのですが、最初は街中の戦闘がメインだとのことだったので、それなら技術系の必要性が薄いのと前衛がファイター1人では心許ない印象を受けたので前衛を作ることにしました。
 それで件のファイターは盾と鎧に身を固めた「防御力は高い。攻撃力はそれなり」というPCだったので、その逆で攻撃力を高めにすることにして候補は2つ。バーバリアンで筋力を高めて両手武器で殴るか、モンクで一撃の威力は高くないけど手数を増やすか。悩ましかったので能力値が「ポイントを割り振るか、ダイスで振るか」の2択だったので運試しでダイスを振ってみたところ「1つが突出して高くあとはそれなり」という数値だったのでバーバリアンにすることに。
 というのもバーバリアンは筋力が高ければ割と何とかなる(もちろん他の肉体能力も高い方がいいですが)のに対し、モンクは必要な能力が多いのですよね。ダメージを出そうと筋力を高くすると防御が悲惨な数値になり、さりとて敏捷を高くして防御をそれなりの数値まで上げると今度はダメージが貧弱になるという感じだったわけですな。
 ……まあぶっちゃけ私自身が脳筋思考だというのが一番大きい気がしますが。

 そんな私を含めた5人で当初予定されていたセッションをこなした後、kangetsuさんが皆さんの要望に応えて続きをやってくださることになったのは嬉しい限りです。
 現在2回やったところ(盆前に3回目予定)ですが、導入だけあって謎が謎を呼ぶ展開なのでこれからどうなるか楽しみですね。
 2
現人虫
2019/07/28 21:44[web全体で公開]
😶 D&D5E 70,73,74回目【The Amulet of Shavaka】
 蘇民將來さん卓に参加させてもらいました。

 例によって既成シナリオですから細かい内容は割愛しますが、導入から予想できるようにダンジョンアタックで中には○○が満載でしたね。
 PL3人でしたのでNPC1人加えて何とか踏破しましたが、背景が結構暗い内容でしたな(そもそも墓という時点で明るくなりようもありませんが)。

 それにしても後をひく終わりでしたのでひょっとしたら繋がるシナリオもあるのかもしれません。もしそうならPCを成長させてから挑戦してみたいところですね。
 3
現人虫
2019/07/28 21:36[web全体で公開]
😶 D&D5E 67-69,71,72,75,76回目【ファンデルヴァーの失われた鉱山】
 D&D5版のスタートセット付属のこのシナリオもようやく完走しました。
 約7ヶ月に渡るセッションにお付き合いくださったPLの方々には感謝の言葉しかありませんね。

 最終ボスとの戦闘では推奨レベルよりも低いレベルでしかも消耗した状態で戦闘になり、そのうえイニシアチブ他の関係で相手に有利な態勢を整えられ、前衛が倒れては回復で起きるということを繰り返す状況でギリギリの攻防を長時間続けて、最終的にはPC1人を除いてボロボロになりながらも勝利する様が見事でした。
 最終ダンジョンにはボス以外にも強敵がいたのですが、うまく回避したりペテンにかけて追い払ったりと戦うだけが障害排除の手段ではないということを魅せるプレイでしたね。

 これで自分のGM卓はなくなりましたが、とりあえず一息入れようと思っています。
 ただ9月に5版の『ヴォーロのモンスター見聞録』が出ますから、もしそれまで土日の夜が埋まらなかったら新しく5版の卓を立てようかと考えています。
 その場合、立てるとしたらおそらく大口亭のどれかになるかと(ファンデルヴァーが思ったより時間がかかったので長いキャンペーンは辛そうかなと。あるいはVC卓にするのもありかもしれませんが)。

 その時は事前にどのシナリオがいいかアンケートをとると思いますので、興味のある方はよろしくお願いします。
 4
現人虫
2019/07/28 19:52[web全体で公開]
😶 真・女神転生TRPG 覚醒篇 第49-52回
 色々立て込んで遅くなりましたが、DAC愛知や自分のGMの卓も終わりましたし、日記の消化をしていこうかと。

 これらは主に情報収集の回でしたね。
 戦闘は1回のみで、あちこちに移動しつつ情報収集といった具合でした。
 結局のところ「虎徹が狙われているけどどうすればいいかわからない」ので右往左往している感じですね。
 天使に修道院に持っていくように言われたけど、じゃあ持っていって預けて「はいサヨナラ」でいいのかと言うとそういうわけでもないでしょうし。
 かと言って狙ってくる相手も定かではなく、また相手の本拠もわからないとなれば対処のしようもありません。まあ仮にそれらがわかって相手を壊滅できたとしても残党がいる可能性がある以上は根本的な解決にはならないですが。
 そういうわけで情報収集をしていくつかは情報を手にいれたものの、今のところ火の粉を払う以上の行動の指針はありませんね。
 そのあたり今後の情報や展開次第といったところです。
 6
システム現人虫
2019/07/13 20:24[web全体で公開]
システムからのお知らせ
コミュニティ「PF キャンペーン 炎のささげもの」の参加が承認されました。
現人虫
2019/05/06 18:59[web全体で公開]
😶 真・女神転生TRPG 覚醒篇 第45-48回
 前回の日記に書いた通り修道院へ向かったところ、定番ですが異界化にとらわれそれから脱出する……という展開でした。
 序盤で射撃系悪魔4体にかなり追い詰められPCの1人は命運が0になるほどで、更にリドルで大分うろうろすることになりましたが、中ボスを撃破して修道院に無事到着したところまでですね。
 中ボス戦の私のダイス目が出来過ぎ(攻撃が3ラウンド連続クリティカルが出た)だったので反動が来そうで怖いですが、まだシナリオが終わったわけではなくこれからが本番ですから、何とかやりくりして無事クリアしたいところです。
 5
現人虫チハ
2019/05/05 23:34[web全体で公開]
 こちらこそGMありがとうございます。
 古いシステムだから難しいとは思いますが、TRPG熱の再燃した玄人の方が来ないとも限りませんしね。
 のんびりプレイしつつPL募集は続けていただけると有難いです。

現人虫ポール・ブリッツ
2019/05/05 23:33[web全体で公開]
 一応スキル制のゲームですから職は拘らないのですが何にしても数は力ですしね。
 例えばトロルは恐ろしい相手で戦いを避けましたが、じゃあ戦うならオーク10匹とどっちがいいかと言われたら私ならトロルの方を選びます。
 もう少し頭数は欲しいですが、古いシステムですからそのあたり難しいですね。
チハ現人虫
2019/05/05 21:27[web全体で公開]
> 日記:ロールマスター第13-16回
>現人虫さん>ご感想かありがとうございます!
>ブリッツさん>戦士とまじない師、地道に勧誘を試みてみまふ
ポール・ブリッツ現人虫
2019/05/05 21:00[web全体で公開]
> 日記:ロールマスター第13-16回

あのときはお世話になりました。盗賊と魔術師はけっこう柔軟な冒険ができると思いますが、戦士とまじない師がやっぱり必要不可欠ですな、あのゲーム……。
現人虫
2019/05/05 20:47[web全体で公開]
😶 ロールマスター第13-16回
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 2
現人虫
2019/05/05 19:48[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第12,15回 【Fangwood Keep (牙森の砦)】地下編
 長く続いたこのシナリオもとうとう終幕となりました。
 地下の階層を探索し元凶を発見して倒した……と言ってしまえばそれまでですが。
 DR持ちのモンスターに苦戦したりボスに振り回されたりもしましたが、脳筋パラディンらしく悪に容赦なく切りかかっていくスタイルは楽しかったですね。
 ただこういうスタイルは好きですしまたこのレベル帯のセッションをやってくださるようなのですが、4レベル以下での使用を前提としたビルドなのでどうしたものかと考えているところです。
 再訓練のルールはありますが、変えられないものもありますしね。
 9
現人虫
2019/05/05 18:41[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第14回 【呪文書を届けよ】
 同じくkangetsuさんのコアルール卓です。

 アイテムを持ち帰るシナリオでてっきり帰り道に襲われるのかと思いきや……という変化球のシナリオでしたな。
 このセッションでは前回レベルが上がったしと無理をしてクレリックの私が倒れる羽目になりました。今にして思えばこの経験がDAC東北のPCメイクに影響したのかもしれません。
 あとは意外と人情噺なのが驚きでしたが、DMが手を加えたらしいですね。まああちらのシナリオはそういう意味では淡白なものがほとんどなので、これはこれで味があっていいと思います。
 4
現人虫
2019/05/05 18:23[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第13回 【遺物】
 kangetsuさんのコアルール卓です。

 内容は例によって省くとして最終戦闘が遠距離戦だったので私のクレリックは有効な攻撃手段がなく。こういう時の為に飛び道具も用意しておくべきかもしれませんが、敏捷が高くないから今回やっていたように他のキャラクターの攻撃を支援したほうが有効そうな気もして悩ましい。
 ともあれ敵が被害が大きくなって引き上げたので無事アイテムを持ち帰って終了となりました。

 今回の冒険でレベルアップして2レベルになったので多少は無理が利くようになった感じですかね。
 4
現人虫
2019/05/05 16:30[web全体で公開]
😶 D&D5E 54,59,61,65回目【Glitterdoom】
 蘇民將來さん卓に参加してきました。
 内容は例によって既成シナリオなので書けませんが、ドワーフの廃墟に潜るという定番の内容でした。ただ廃墟になった理由は……でしたが。
 PTメンバーがバーバリアン×1、クレリック×2、ウィザード×1という構成でしたので「罠?踏みつぶせ」「扉?こじ開けろ」という脳筋攻略になりましたが楽しかったですね。
 私はACの低いバーバリアンで被弾も多かったのですが、クレリックが2人ですので回復が厚くて助かりました。
 この冒険で3レベルになりましたので道の選択になったわけですが、定番ですけど熊のトーテム戦士の道にしましたね。
 さて次なる冒険はどうなるのか…といったところです。
 3
現人虫
2019/05/05 16:29[web全体で公開]
😶 D&D5E 51-53,55,57,60,62,64,66回目【ファンデルヴァーの失われた鉱山】
 内容は例によって詳しくは書けませんが、4つ目のダンジョンを攻略して街に戻ったところですね。
 このダンジョンではダンジョン内の敵を一度にまとめて相手にして、大してピンチにもならずに殲滅するあたりPCは強いなと感心します。
 ともあれいよいよ次回は最終的に行くと思われていたダンジョンに乗り込むことになります。半年続いたキャンペーンですが見事大団円となるか楽しみです。
 3
現人虫
2019/05/05 16:27[web全体で公開]
😶 D&D5E 56,58,63回目【タラスク惑星からの侵略】
 GW中に貯まっていた日記の消化をしようと思います。
 とりあえずD&D5版から。

 このシナリオは既成シナリオらしいので内容は書けませんが20LVらしい大ダメージの飛び交う代物でした。
 20LVはDACで一度やったことがあり、その時からわかってはいましたが5版は高レベルだとダメージに回復が追いつきませんね。
 またある程度LVが上がるとダメージで即死することはなくなるので、結果「倒れたら回復で起こす。そして1撃受けたらまた倒れる」を繰り返すことになります。
 このあたり大味すぎて正直あまり好きではないのですが、さりとて回復量を高くすればいいかというとそれはそれで倒せないという問題が出てきますから難しいところですね。

 今回私はゆるふわアーチャーで参加したのですが、多少歪な選択をしていたせいか思ったほど動けなかったのが残念です。
 最終的に脱出するというシーンで私だけ倒れましたしね。

 ともあれ滅多にできない20LVセッションですから楽しかったです。いくつかやってみたいクラス選択がありますしまた機会があればやりたいですね。
 4
現人虫
2019/04/14 20:04[web全体で公開]
😶 DAC東北2019
 DAC(Dungeons & Dragons Annual Convention)とはD&D系列のシステムを遊ぶイベントですね。
 今は東北(宮城県仙台)と東京と大阪と愛知で年に各1回行われています。
 今年のDAC東北はGW序盤の4月28~29日に行われるわけですが、私が行くことにしたのは「思い出してしまった」からだったりします。

 私は北陸住まいですから位置的にはDACの開催地の中で一番遠いわけで、そうなると時間もお金も一番かかることになります。
 オフセにはオフセの楽しみがあるわけですが、ここでオンセを楽しませてもらっていますから、そこまでセッションに飢えているわけでもなく当初はスルーする予定でした。

 ただ一次募集の〆切も間近の時期に、ふと東日本大震災の時に言葉を失うような画像をテレビで見つつ「いつか東北に行こう」と誓いながら、日々の忙しさにすっかり忘れてしまっていたことを思い出してしまった次第です。
 なにぶん時間がなかったので熟慮する余裕はなかったのですが、次の機会とか言っていたらまた忘れてしまいそうですから、退路を断つ意味も含めて急ぎ申し込みをして今に至ります。
 電車の切符はなんとかとれたもののGWだけに既に安い宿などは全滅していましたが、まあ今回はお金を落としに行くつもりなので奮発した感じですね。

 私は最近こちらでも参加させてもらっているPathfinderRPGの高レベルの卓に参加するのですが、あと2週間ですから今は卓のメンバーと相談しつつPCの最終調整中です。
 もっとも同卓のメンバーの1人が仕事で来れなくなったので、2次募集で追加募集をしている卓の1つになったわけですがGWだけに既に予定の決まっている人も多いでしょうから難しいかもしれません。望みは捨てたくはありませんが……
 他にもDMの方が体調不良で不参加になって代役の方が卓を用意したり等、やはり人数が大きくなるとトラブルがある程度出てくるのは仕方のないところですね。

 ともあれ折角の機会ですし楽しみたいと思っています。
 もし他にも参加される方いましたらよろしくお願いします。
 9
kangetsu現人虫
2019/02/28 02:57[web全体で公開]
まあ、私も基本的には興味ありそうなデータ部をメインに読んでますw
世界とか種族の背景は、よっぽど興味あるところだけをつまみ食いです。
ルールを説明する文章は、比較的出てくる単語も平易で文の構造も単純ですが、背景を説明する文章はどうしても単語量が増えてくるので、読むのに時間がかかってしまうのですよね。

おっしゃるとおり、こんな投げ売り価格、さすがにあちらならではです。
マーケットも世界規模ですし、もうルルブ売上も十二分に元がとれていて、新しいサプリやシナリオを売るためにユーザをどんどん増やしていく戦略なんでしょうね、きっと。
英語だと、DriveThruRPGなど、pdfのルルブなどを買えるサイトもあって時折セールをしていたり、比較的ルールブックを手に入れやすい環境があると思います。

日本だと、イベントセールはなかなか見ないですが、たとえば「りゅうたま」のように無料公開するようになったルールブックはありますね。
現人虫kangetsu
2019/02/28 00:40[web全体で公開]
> 日記:まとめ売りたたき売り

 日本語なら迷わず買うんですが……データ自体はある程度何とかなりますが、やはり文章が厳しい。
 でもこういうのはあちらならではですね。日本のTRPGで類似のイベントセールはちょっと思いつかない。
 もっとも知らないだけで実はあったのかもしれませんが。
チハ現人虫
2019/02/15 11:27[web全体で公開]
生まれの不平等さは、同系システムのルーンクエストにもありましたっけね!
今回入手したのは、最初のホビージャパン刊の日本語版なのですが、一番最後にエンターブレインから出版された版とはルールの細かい部分やパワーパランスが異なるとのことなので、時間があるときにでも読み比べしてみたいと思います。
^^)
現人虫チハ
2019/02/13 00:31[web全体で公開]
> 日記:ストームブリンガー

 生まれの不平等さを噛み締めましょうw
現人虫
2019/02/11 11:09[web全体で公開]
😶 D&D5E 48-50回目【ファンデルヴァーの失われた鉱山】第6-8回
 ネタバレなしで書くと情報収集を終えて2つ目のダンジョンを攻略中…で終わってしまうのですよな。
 まあPCが2レベルになって強くなったこともあり、ある程度ダメージは受けるものの危なげなく敵を倒していっています。
 とはいえ失敗するリスクは0ではありませんし、成功するにしてもどの程度の成功を収めることができるかはまだわからない。
 そしてこのダンジョンを終えてからの選択肢は無数にあるので、PC達がどういった動きをするかが楽しみですね。
 7
現人虫
2019/02/11 03:52[web全体で公開]
😶 GURPS妖魔夜行/百鬼夜翔 27回目
 今回は一応事件は解決したものの黒幕は取り逃がすという結末でした。

 謎の昏睡状態になる人間が続出するという事件に、知り合いのNPCが巻き込まれたところから始まったわけですが……かなり性格に難のあるNPCであるため「ほっといた方が平和」という意見がささやかれる始末でしたが、まあ流石にそういうわけにもいきませんわな。
 そのNPCを含め、今までの被害者がある展示のチラシを持っていることが判明。偶然にしては出来過ぎですからその展示を見に行き、妖怪を発見したので問い詰めたところ事件に関与している旨の発言だったので、大人しくさせたのですが実は黒幕がいたというオチでした。
 使われていた妖怪は善良とは言えないまでも同情の余地はあったのですが、黒幕は邪悪な妖怪でしたので倒したかったけれど昏睡状態の被害者を助けるためには見逃さざるをえず。
 使われていた妖怪に人間社会の教育と適応をさせるために連れ帰って、黒幕にはいつかリベンジしようと誓う終わりでしたね。

 今回初めて魅了したかな。
 反則レベルの威力レベルではあるのですが、心を惑わすような真似は本意ではないので基本的に使わないのですよな。多分ネットワークでも一番の良識派でしょうし。
 それでも多量のCPを使ってまで修得したのはこういう「倒すまではしたくない相手」や「倒してもすぐに蘇ってくる相手」対策だったりします。
 【封印された妖怪】などというのはよく物語に登場しますが、百鬼夜翔はわかりませんけど妖魔夜行では妖怪を封印する手段というものはありません。個々の妖怪でそういう封印もしくは滅ぼす手段が設定されていない限り倒したところで遅かれ早かれいずれ蘇ります。
 そこで雪女に可能な範囲で疑似的な封印手段を模索した結果「魅了の妖術でこちらの言うことを聞くようにしてその間に仮死に同意させる」というものを考え出した次第で。
 仮死というのは文字通り一時的に仮死状態にする妖術で、ダメージを受けるか設定した期間が過ぎるまで持続します。ただし他人に使っても他人の同意がないと効果がありません。それを魅了でクリアしようというわけです。
 雪女は冷気を操りますから仮死状態にできるのはおかしくありませんし、心を惑わす魅了も相応しいですしね。
 とはいえ前述のように仮死はダメージを受けると解けてしまいますし、そもそも基本的に人間サイズくらいはある相手をどこに安置しておくかという問題もありますから、それならいずれ蘇るといっても普通は数十年はかかるので、用意はしたものの普段は倒すことが多いのですが。
 今回も封印するのではなく説得してネットワークに引き入れましたが、やたらと排除するよりはそれでよかったと思います。

 さてCPも貯まってきましたし、次の能力はどうしようかと思案中ですね。たくさん参加しているのでCPは多いのですが、バランスが崩れないよう有用性の高くないものを選んでいるので、次の能力もそういったものになりそうです。
 7
現人虫
2019/02/11 01:28[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第11回 【Fangwood Keep (牙森の砦)】地上編
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 3
現人虫
2019/02/11 01:24[web全体で公開]
😶 真・女神転生TRPG 覚醒篇 第44回
 また日記を貯め込んでしまいましたが、なんとか3連休を貰えたので消化をば。

 今回は第1部完といった内容でした。
 幸い命運を使う機会もなくレイピアも折れず、また戦闘では全部とどめをもらう感じで活躍させてもらいました。
 そのあとアイテムの補充や仲魔の合体などを行い、次の部に向かうという終わりでしたね。

 メンバーの方々に快くレイピアの費用を出してもらえたのは助かったかな。
 火力では以前からPTで最も高いのですが、その代償が燃費の悪さと武器の壊れやすさであるわけで。金欠とはいつまでも付き合うことになりそうですから、私も別の面で他のメンバーの力になっていければと思います。

 さて次回向かうのは修道院というメシア教徒である私のPCにはホームグラウンドであるわけですが、どうにも不穏な気配があるようで。どんな仕掛けがあるか楽しみですね。
 7
kangetsu現人虫
2019/01/10 21:38[web全体で公開]
現人虫さん、

ほんと、シェリアックスはパラディンには生きにくい国だろなー……と思ったら、ヘルナイトにも結構パラディンがいるみたいです。まあ、そのうち元パラディンになる人が多いそうですが!
うっかり町中でディテクトイーヴルを使ったら、町のあちこちで反応が出て胃が痛くなりそうですよねw
国家転覆、というか、反乱軍を組織して街の領主に楯突くキャンペーンがあったかと思います。
仲間のNPCをどんどん集めていくみたい。

シェリアックスの資料本を読んでみると、「芸術(賄賂)」なんて技能も出てきて、いろいろと味わい深いですw
現人虫kangetsu
2019/01/10 04:56[web全体で公開]
> 日記:悪魔を崇める国

 パラディン=マキルウェンには行きづらい国なんですよな。悪魔だからと切りかかってちゃ排除されちゃうし、よほどうまくロールプレイしないと行動が難しい。マリアだと割と適応できそうですが。
 まあいっそ国家転覆を目指すのもそれはそれでありかもしれませんね。確かそういうキャンペーンもあったような気もします。
 いつかシェリアックスが舞台の冒険をするのも面白そうですね。
カミカゲ現人虫
2019/01/09 19:39[web全体で公開]
> 日記:真・女神転生TRPG 覚醒篇 第43回

去年はキャンペーンに参加して頂きありがとうございました!今年もよろしくお願いします!

途中までは順調だったのですが・・・その後が運が悪かった、としか言えないです。
遭遇した敵は反応が「無機質」なのでGMとしても困るものだったのですよね・・・

レイピアも命運も残り1本。ここからの挽回楽しみにしてますw
現人虫kangetsu
2019/01/09 09:20[web全体で公開]
 ですね<折れる確率9%
 何本も用意して折れるたびに新しいものを使うようにしているのですが、なまじ出現値Bのレイピアを2倍の価格で買いそろえたためにあまり本数を用意できず、出目が偏り折れまくって難儀しているところです。
 まあそういう苦境も楽しみの一つなので、何とかやりくりして乗り越えていきたいと思っています。
kangetsu現人虫
2019/01/09 07:58[web全体で公開]
> 日記:真・女神転生TRPG 覚醒篇 第43回

レイピアは、本当によく折れますよね! たしか事故値以上になる確率が9%くらいだったかな。
私も、過去 覚醒篇 でレイピア使いのPCを持っていましたが、武器が折れるたびに命運を削っていた記憶があります……。
現人虫
2019/01/09 04:34[web全体で公開]
😶 真・女神転生TRPG 覚醒篇 第43回
 自分の卓と参加申請を出したセッション一覧を見て溜まった日記を書いていましたが、キャンペーンのこの卓の日記を書き忘れていました。

 前回虎徹を守り切ったPC達でしたが、狙っている奴がいる以上このまま置いておいても持っていかれるだけなので拝借していくことに。
 その結果、唯一異能者だった抜刀術の使い手のPCが覚醒してパワーアップしました。
 そのあと異界から脱出しようと彷徨っていると私のPCが加護判定にクリティカルしたことにより天使と遭遇。情報と共に仲魔にすることに成功しました。
 とまあそこまでは順調だったのですが。
 更に探索する過程でダークの悪魔と遭遇し交渉の甲斐なく戦闘になったのですが、受けたダメージ自体は大したことはないのですけど、私のダイス目が腐ってレイピアを2本折る羽目に……流石に残り命運が1となればファンブルならともかくただの事故値以上だと振りなおすのは厳しい。とはいえレイピアの残りは1本(以前使っていた弱い代物が1本あるので正確には2本ありますが)なのでもう後がないから次は振り直さざるをえませんね。

 ともあれ悪魔は撃退しましたし、来週ある今年1回目が楽しみです。
 9
現人虫
2019/01/08 10:40[web全体で公開]
😶 D&D5E 46回目【ドルイドの呪い】
 DDさんDMのD&D5版「ドルイドの呪い」に欠員が出たので参加してきました。

 他のPCがバーバリアンとクレリックでしたので、火力要員が必要と思いソーサラーで参加。予想しなかったわけではありませんが、美味しいところをいただいてしまいましたね。
 D&D5版のバーバリアンは選択にもよりますがMMOなどにおけるタンク(盾)役なのですよな。選択次第では火力もそれなりに出ますが、なんといっても強力なのはダメージ抵抗(特定の種別のダメージを半減させる)の能力なので、攻撃を引き受ける役どころになりがちです。
 クレリックもダメージを与えられないわけではありませんが、低レベルならともかくある程度以上のレベルだと火力を出すのは難しく、出せたとしても回復にリソースを使うことを望まれる。
 そのうえ単発セッションですから戦闘遭遇は少なく(2回)、個々の戦闘にリソースを思いっきりつぎ込めるので魔法使い系が強いのですよね。
 ですがバーバリアンのPLの方が不慣れだった様なので、もっと活躍できるよう配慮してあげればよかったです。

 もっともその魔法使いもさらにレベルが上がると辛くなるのですが。今回は5レベルですので火をメインに使うソーサラーにしたのですが、ある程度以上の敵は火や冷気といった属性にダメージ抵抗を持つことが多くなります。能力を上げる代わりに元素の達人という特技をとることによって特定の属性のダメージ抵抗を無視する手もあるのですが、ダメージに対する完全耐性(ダメージ無効)はどうしようもない。そしてデヴィルあたりは全て火に対する完全耐性を持っているという。
 高レベルになると魔法でダメージを与えるなら力場などのダメージ抵抗や完全耐性の少ない能力にシフトしていかざるを得ないので、今回選んだ竜の血脈のソーサラーなどのような火や冷気といった属性に依存する能力は力を発揮し辛くなっていくのですよな。もちろん全ての敵がダメージ抵抗などを持っているわけではないのですが、D&Dは自分のクラスのリストの全ての魔法を使えるわけではなく、その中から選ぶシステムなのでなるべく多くの状況で使える呪文を選ぶのが堅実ですから。
 まあ今回はレベルと導入から大丈夫そうと判断したからこそのソーサラーの選択だったわけですが。

 シナリオ的にはドルイドの遺跡の情報をつかんだPC達が向かうとそこには……という感じの単純な怪物退治ではないシナリオでした。
 大団円ではない終わりで後々まで尾を引きそうな内容でしたが、こういうのもありだと思います。
 9
現人虫カミカゲ
2019/01/08 03:57[web全体で公開]
 まあ溝口さんの火力が高ければ話は別なんですが、あまり火力がないのでいくら弱点だったとしてもそちらに手番を使うより、脅威を与える相手を狙う方が堅実なのは否めませんでした。
 またそちらの卓に参加したり、あるいは私が卓を立てる機会があればよろしくお願いします。
 
カミカゲ現人虫
2019/01/07 18:02[web全体で公開]
> 日記:GURPS妖魔夜行/百鬼夜翔 26回目

TRPG納めのセッションありがとうございました!
違う地方の風習が出てきてとても面白く、勉強になりました~

戦闘は弱点持ちだったのにスルーされたので少々寂しかったような・・・
弱点をアピールするチャンスが!!

こちらは月一くらいでやって行きたいと思いますので、よろしくお願いします!
現人虫
2019/01/07 10:49[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第10回 【害虫駆除】
 新年一発目はkangetsuさんGMのパスファインダーRPG「害虫駆除」でした。
 昨年末やった「ガラクタ海岸」と同様にコアルール縛りの卓ですね。

 参加者のお二人は「ガラクタ海岸」から継続して同じPCでの参加でしたが、私はドルイドから変更することにしました。
 というのも呪文自体は変更が可能ですがあまり有効そうな呪文がないのと、導入で大きな蜘蛛が登場することが書かれていたのですが、スノーレパードの得意とする足払いは足の多い相手には効きにくいのですよな。

 他の継続参加組がファイターとレンジャーで火力が欲しいようでしたので魔法使いを考えたのですが、1レベルだと魔法のダメージは低いのですよね。もちろん範囲魔法なら相手を何匹も巻き込めれば話は変わってきますが……
 新規参加の方がモンクをするとのことだったので、それなら物理攻撃のフォロー&他PCの底上げをしようとクレリックに変更することにしました。まあ結局その方はウィザードにされたのですが、パーティバランス的には秘術魔法使いが1人くらいいた方がいいと思うので結果オーライですね。

 さてクレリックをするにあたり大事なのはどの神様を信仰するかということです。
 神様によって選べる能力が変わってくるのですが、それはその神様の性格や権能で決まります。
 私が選んだのは【カリストリア】という神様なのですが、どんな神様かというと「鞭を持った女神」と聞いて思い浮かぶだろう印象で大体あっていると思います。
 これを選んだのはフォロー向きの能力や使ってみたい能力があったこともありますし、あとkangetsuさんの別卓でそのクレリックが敵役なのでPC側として使ってみるのも面白いだろうというのもありますね。

 でまあ駒の絵を探してみたのですが鞭を持ったイラストというとボンテージの女性が大半で。予想外というわけでもないのですが流石に露出が高過ぎて気にいらず(ビキニアーマーとかはあまり好きではありません)。次点で軍服姿のものもそれなりにありましたが、これは露出は少ないもののどこかの軍属でもないと難しい。
 結局メイドさんが鞭を持ったイラストがあったので消去法でそれにしたのですが、探し方が悪かったようで検索次第では多くはないものの幾つかは見つかった模様。まあこれはこれでキャラ立てになったのでいいのですが。

 例によってシナリオ内容は既成ベースらしいので割愛するとして戦闘は苦戦することになりました。
 これはPC側の出目が振るわなかったこともありますが、私も支援だけではなく多少なりとも攻撃力を持たせるべきだったかもしれません。あと特技をネタにし過ぎたかなというのはありますね。
 ともあれ最終的にはクモを巣ごと除去して仕事を達成して終わりになりました。

 今回の冒険で各PCはレベルアップして2レベルになり結構強くなりましたね。
 D&D5版でも言えることですが1レベルは事故が怖い(クリティカルヒットをもらうと倒れる可能性が高い)ので、GM側としても2レベルになるとその可能性が減るのが嬉しいでしょう。
 コアルール卓は今後も立ててくださるようなので興味があれば参加してみるのもいいと思います。日本語版ルールブックはかなり高いですが、有志の方がWEBで無料で公開されているものを翻訳してくださっているサイトがあるので、好みに合うかとりあえずそれで参加してみる手もありますしね。
 6
現人虫
2019/01/07 09:18[web全体で公開]
😶 GURPS妖魔夜行/百鬼夜翔 26回目
 昨年最期のTRPGは私がGMのGURPS妖魔夜行/百鬼夜翔となりました。
 大晦日にもかかわらず4人もの方が参加してくださってありがたかったです。

 さて今回は私の地元の方にPCが旅をして来て事件に巻き込まれるというシナリオでした。
 妖怪の記録と地元の風習を絡めたお話ではあったのですが、なにせPC(とPL)に土地勘がありませんから、事件の方はさらっと流して宴会などを楽しんでもらう方に重点をおいたのですけど、そのためまとまりに欠けた印象がありますね。

 今回登場させた妖怪は雷獣でした。
 まあ割とメジャーな妖怪で様々な姿の伝承がありますが、なまじ地元の方で目撃された姿を描写したら惑わせてしまったみたいですね。
 ともあれ今回はPC4人の予定でしたのでデータ的にはいつもより強めに設定したのですが、PCのコンボで完封されて倒されることになりました。尤もその前にPC1人にCPを使わせてしまったのでそれでよかったと思いますが。

 予定通り(PCとしては予想外のトラブル)に巻き込まれたものの対処して帰る終わりになりました。
 次やるとしたらGWあたりになるかと思いますが、その時はもっとシンプルで妖魔夜行らしいシナリオにしたいかな。
 4
現人虫
2019/01/07 09:14[web全体で公開]
😶 パスファインダーRPG 第9回 【ガラクタ海岸】
 さてまた日記を貯めたので忙しくなる前に消化を。

 昨年末にkangetsuさんGMのパスファインダーRPG「ガラクタ海岸」に参加してきました。
 この卓は初心者さん向けに日本語版の出たコアルールのみ使用の卓です。
 実際に初めての方や久しぶりの方もおられて、ルール説明などを行いながらの進行になりました。

 シナリオの内容は既成ベースらしいので割愛するとして、私は今回はプレロールドキャラクターのドルイドで参加。
 当初は前衛が足りなかったこともあって動物の相棒が魅力的だったのですが、動物は動物で作らないといけないからPCのみ作るのに比べて手間がかかるのですよな。年末は忙しかったこともあってプレロールドを使うことにした次第。
 それにプレロールドの連れているスノーレパードは可愛いですしね(笑)

 ただ実際使ってみるとドルイドのプレロールドキャラクターは呪文の選択などに難があった印象ですね。例えば果物に魔法をかけて1日分の食料にする魔法を準備していたりするのですが、確かに役に立つ状況もあり得ますが可能性としては低いでしょう。
 PCが小型のノームで筋力が低いため物理攻撃も厳しく、戦闘中は傍観しているしかありませんでした。まあその分スノーレパードが活躍してくれましたが。

 ともあれ事件を解決して冒険者としての第一歩を踏み出したという感じの終わりになりました。
 どうやらコアルール環境(日本語展開次第では増えるのかもしれませんが)の卓はこれきりというわけではなく、年始にも立ててくださるようだったので、そちらも空きがありましたから参加することにしました。
 5
現人虫DD
2019/01/06 11:05[web全体で公開]
 こちらこそありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。
DD現人虫
2019/01/06 09:35[web全体で公開]
おはようございます。昨日はセッションへのご参加、ありがとうございました。またご一緒できれば幸いです。
現人虫
2019/01/04 08:27[web全体で公開]
😶 魔道士退治
 Twitterで知りましたが。
 D&D5版の特技ですけど、まさか呪文が発動してから機会攻撃するものだったとは思わなかった。
 幸い私のPCやDMの卓で使うPCは今までいなかったけど、そうなると取る人がいなくなりそうな気もする。
 まあ必須級のものでもないし影響自体は少ないだろうけど。

https://www.sageadvice.eu/2015/06/24/caster-near-mage-slayer/
 3
kangetsu現人虫
2019/01/02 21:12[web全体で公開]
現人虫さん、

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
Carrion Hill、O-Miyaさんの卓で遊ばれていたのですね!
(セッションの参考にプレイレポートを探していると、たまたま見つかりました)

卓が成立しなかったら、スケジュールを変え、モジュールを変え、また新たに立卓トライします!
ちょうどそろそろ、Playtest卓も一段落つきそうなので。
現人虫kangetsu
2019/01/02 00:05[web全体で公開]
> 日記:来る年

 昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
 Carrihon Hillもいいですね。
 ただ私は年末年始の9連休の代償に19日が潰れているのと、なにより5版でコンバートされたものをやったことがあるので参加できそうもありません。
 無事成立することを祈っております。
システム現人虫
2019/01/01 12:33[web全体で公開]
システムからのお知らせ
コミュニティ「【PFRPG】フリーキャンペーン ウスタラブぶらり旅(仮)」の参加が承認されました。
現人虫
2019/01/01 08:56[web全体で公開]
😶 新年あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。
 今年はもっとセッションを増やす……にはもう体がついていかないのですが、週に1セッションくらいはやっていきたいですね。
 14

過去のタイムラインを見る