ポール・ブリッツさんの詳細

TRPGオンセンのユーザー「ポール・ブリッツ」さんのプロフィール紹介ページです。

ポール・ブリッツさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

自己PR

世の無常を悟りて深編笠を被り尺八を吹き一夜の卓を乞う。

虚無僧にあらずして単なるコミュ障なり。

行動原理は「あずまんが大王」の以下のやりとりの滝野智。

ちよ「やめてって言ったのに(押すとちよが死ぬボタンを)押したですね?」

智「えー、でも、ボタンがあったら押すだろー!

 でさ、その横に、押したら私が死ぬボタンがあったのよ!

 それはさすがに押せなかったよ……」

ちよ「私のは押したのに……」

最近はAFF第二版とT&T完全版とアドバンスドファンタズムアドベンチャー、それにジェームズボンド007がお気に入りシステム。

最近覚えた教訓:「あわてるな 追い出す前に まず仲裁」

ポール・ブリッツさんの日記を全て見る

ポール・ブリッツさんが答えた100の質問を見る

ポール・ブリッツさん主催のセッションを見る

ポール・ブリッツさんが参加申請したセッションを見る

ポール・ブリッツさんの立てたトピックを見る

スケジュール

111111111111111111121212121212121212121212121212121212121212121212121212121212120101010101010101010101010101010101010101
222324252627282930010203040506070809101112131415161718192021222324252627282930310102030405060708091011121314151617181920
(曜)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)
                                                            
                                                            
                                                     

スケジュール・メモ

「△」は「~23:00」まで。23:00を過ぎたら基本的に卓落ちいたします。

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

平常時のお誘い受け可能な時間帯(あくまで目安です)

 

平日

土曜

日曜

所持するルールブック (52)

ポール・ブリッツさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

ヒロポール・ブリッツ
2019/11/22 17:22[web全体で公開]
コメントありがとうございます。

「自由意志と決定論の対立」さらっと読みましたよ。

「決定論」は、因果応報のようなもの。
薬物依存症の患者が、薬物に依存しているがために、いくら薬物から抜け出そうとしても、薬物から抜け出せないのは至極当然ですね。

「自由意思」は、逆に因果を断ち切るようなもの。
いくら、薬物に依存していようが、克服を決心したならば、克服をできるのが至極当然なこと。

物事には多面性があり、人それぞれの解釈が異なる。
面白いですね(笑)

私は矛盾としてあげていたのは、キャラクターには薬物を克服できる力があるから。という思いがあったからなのですね。勉強になります。

ゴブスレは好きですが、グーパンはしませんよ?(笑)

ポール・ブリッツヒロ
2019/11/22 13:06[web全体で公開]
> 日記:矛盾した言動が言いたい

いや、なんらかの「そうするに至った理由」が説明できるなら、「ちぐはぐ」とはいえないんじゃないかな。それはむしろ「当然の反応」と呼ぶべきでは。

(これ以上詳しく語ると「自由意志と決定論の対立」の哲学話になってゴブスレの関係者にグーパンチで殴られるからやめておきます)
ポール・ブリッツ
2019/11/22 10:31[web全体で公開]
😶 パーティ分割について思い出したこと
あれは高校の頃、「ロードス島戦記RPG」をやったとき。

最初のセッションで、戦士のわたしは武器と防具を買い込んだ。冒険の旅に出発し、最初の村に到着し、宿屋で一泊しよう、となったとき、買い物しすぎたわたしは宿屋に泊まるだけのお金がないことに気づいた。

わたしは村はずれで一人たき火をして寒さに震えながら夜を過ごすことになった。

ウサギでも捕まえ、臓物を抜いて焼いて食べよう、となったとき、自分が何の調味料も持ってないことに気づいた。

みんなが泊ってる宿屋の裏口をとんとんと叩き「塩ないですか」

パーティ「……宿泊費、貸してやるから入ってきなさい」

昔の話である。
 26
ポール・ブリッツ玖羽
2019/11/22 10:22[web全体で公開]
寝るとき毎回防護呪文とかね。ファンタジーの世界に、セコムはないものかなあ(笑)、
ポール・ブリッツwpeke
2019/11/21 22:41[web全体で公開]
まあ、若かったころから25年たてば人間も変わりますし、いまではすっかり「ゆるゆるまったり楽しくTRPG」派になってしまいました(^^)

笠井潔の読みすぎか、人様にケンカを売るような文章しか書けなくなってしまって、みなさんには迷惑をかけてばかりですが、完全に書かなくなると、これはこれで病気なので……。まあゆるゆるまったり生暖かく見守ってください(^^;ゞ
玖羽ポール・ブリッツ
2019/11/21 22:00[web全体で公開]
基本的にPT一部屋か、お金払って信用が置けるお高め宿にしてもらってる自分ですね…_( _´ω`)_ペショ
wpekeポール・ブリッツ
2019/11/21 21:44[web全体で公開]
まぁ ポール・ブリッツさんにいまさら語るのもおこがましいですけど
プレイを重ねていけばそのなかでも自分の趣旨に賛同してくれる方も見つかっていくわけで・・。
そういう仲間とガチ真剣セッションやったらすごく楽しそうですよね。
TRPGの楽しみ方も多様化しているので、1回2回のセッションで気の合う仲間を集めるのは不可能。
ゲームに限らず人と人の関係なんて 時間をかけて作っていくもので。
「美しく散る」問題もそういうことなんじゃないかな~ て思いますけど。
ああ、これはポール・ブリッツに直接関係はない話ですけどw

USUIポール・ブリッツ
2019/11/21 20:53[web全体で公開]
少なくとも他の部分がどうなのかは知りませんが、あれを目にした限りでは個人的なタイミングもあるものの、私個人は多大に価値観に刺激を受け、心を動かされ事は間違いありませんでした。
過剰にヨイショしたり賛美しようとする訳ではないのですが、改めてありがとうございます。
ポール・ブリッツUSUI
2019/11/21 20:48[web全体で公開]
まあ、いいですけど、つまらない人間ですよ、わたし(^^;)
USUIポール・ブリッツ
2019/11/21 20:39[web全体で公開]
少々感情的に成っているので文章がごちゃごちゃしてしまい申し訳ないのですが、とにかく『美しき死』という物に関して非常に刺激を受けました。ありがとうございます。
USUIポール・ブリッツ
2019/11/21 20:38[web全体で公開]
私自身のレベルの低さも有ると思うのですが、特にそういった面での問題点は見受けられない様に思います。
『何を主張したいのか』『その主張の根拠は何なのか』という事が例を交え、丁寧に説明されていて非常にわかりやすかったです。

また、TRPGという文化が日本に上陸しているものの、未だ根付いて居ないであろう『TRPG的先人の世代』の文化の一端を知る事が出来、大変感激しております。

昔はその様な配慮からシークレットで判定をして居たのですね。格好良く死ぬ・死なせるとか、それに関しての相談をするというのが非常に思慮深く、PLの誰かが不幸を味わい難く、魅力的に映りました。

私は過去の経験として『単に戦いの中で普通に死んでしまう』だとか、『意義もなく偶然やらミスやらで死ぬ』という事へのショックや忌避を覚える様な事があり、精神的に受け入れきれなかった事があります。
そんな私からすると当時のそういった考え方はとても素晴らしい様に思え、途轍もなく魅力的で、想像するだけで嗚咽が抑えきれなく成る程の感動を覚えるに値する物である様に思いました。
ポール・ブリッツUSUI
2019/11/21 20:27[web全体で公開]
恐縮です。話し合いの糸口ができるように論点を明確化できないかと無い知恵を絞って書きましたが、かえって論点があやふやになってしまって。自分の非力を痛感してます。
USUIポール・ブリッツ
2019/11/21 20:24[web全体で公開]
> 日記:美しく散ること

素晴らしい。私は価値観等の根本的な物にしか目を向けておらず、『美しく散るという事がそもそもどういう事なのか』という事に関してはとんと考えておりませんでした。非常に参考になります。
ポール・ブリッツ玖羽
2019/11/21 20:14[web全体で公開]
部屋を分けたりすると、忍び込んだ敵の斥候が扉にくさびを打ち込んだりね(笑)

ゲームやってると、そういうイヤなプレイの知識ばかり増えてきてまいっちゃいますねー(笑)

わたしはもう、宿屋に入って個室になるとかえって警戒して眠れないっていうんだからもうひどいもんです。とほほ。
ポール・ブリッツ
2019/11/21 20:06[web全体で公開]
😶 美しく散ること
美しく散りたい、と思ってプレイすることは、完全には間違っていないと思うが、しかし、「かなり上級者向けのプレイ」ではないかと思う。

まず、わたしが「美しく散る」プレイをする場合のことを考えると(そんなことあるわけがない、と考えるのは表面的すぎる。例えば、急に仕事がぶっ続けで入って、数カ月単位で参加が困難、という場合、ただ離脱するよりは、最後にカッコいいとこ見せて話を盛り上げる手助けしようかな、くらいのことを考えても、悪くないだろうとわたしは思う)、まずやることは、「GMとの綿密な打ち合わせ」だ。「美しく散る」ためには、やっぱり「美しい」散りざまを見せるための舞台と演出が必要であり、それには、あらかじめGMに「今回のシナリオで散りたいんですけど、見せ場お願いできますか」という話をつけておく以外に方法がないからだ。

そのうえで、他のPLにも話を付けるべきかどうかを考えるだろう。他のPLに話しておくなら、他のPLもわたしの「美しい散りざま」を応援してくれる形でプレイしてくれるだろうし、話さないでおくなら、他のPLに対する「サプライズ」の効果を与えることになる。いずれにしても、肝要なのは「他のプレイヤーがわたしが散ることによって利益を得るか、最低でも不利益を被らないようにすること」であろう。

逆もある。隠密裏にGMから平身低頭されて「どうか次のシナリオで死んでくれないか」とか頼まれるケース。「話を盛り上げる」「敵との因縁を作る」などの理由で、「ここでこのキャラが死んでくれると最高なんだが」とGMが思うことは、けっこうあるわけだ。その場合、話に乗るのであれば、また、GMと綿密な打ち合わせをすることになるので、「美しい散り方」ができるだろう。

それをルール化したものとして、昔のツクダホビーのTRPG「ワープス」には「死んでヒーローをする」というのがあった。つまり、完全に絶体絶命で八方ふさがりでどうやっても突破することができない、という状態にパーティが陥った時、ヒーローポイントを消費してこの「死んでヒーローをする」という行動を選んだら、そのPCは「常識では考えられないほどの大活躍をしてから死ぬ」ことにより、他のPCを窮地から救うことができる、というものである。デザイナーにとっては安全弁というよりも一種の「冗談ルール」として作ったのだろうが、当時ルールを読んでいたわたしは「その手があったか」と思ったものである。



そのような根回しをするのは美しく散ることにならない、と考えるPLもいるだろうし、GMもいるだろう。かつてのわたしは、TRPGを一種のシミュレーションゲームと考えており、「死ぬリスク」が完全に存在しないゲームをするのは間違っている、と思っていた。戦闘のダイスはすべてオープンダイスで振られなくてはならず、結果はすべて受け入れられなくてはならない。そうすることにより、ぎりぎりの戦いを生きのびる興奮と、リアルでドラマチックな「死」とを体験することができるのではないか?

このSNSではオープンで戦闘することが当たり前になっていることを思うと隔世の感があるが、これ、当時はかなり「過激」な考え方であった。戦闘のダイスはクローズドで振るのが当たり前で、その理由はもちろん、「PCの命を守るため」である。ファンブルかなにかでPCが死んだらストーリーがそこで終わってしまいかねないからだ。ためしにGMとしてオープンでゲームをしようとしたら、熟練PLから「オープンでやるのはみんな嫌だぞ」と叱責くらった覚えもあるし。あれから25年して今にいたり、むしろ戦闘以外の大半をクローズドで振ることが多くなってしまった自分を考えればまた隔世の感である。

さて、この方法で「美しく散る」ことを考えた場合、必ず守らなくてはならないことがある。「PCひとりひとりが、最後まで、「敢闘精神」と「何が何でも生きのびるという決意」とを失わないで戦わねばならない」ということである。「自分は死んでもいいし、むしろ積極的に死ぬことにする」というような態度を取るPCがいたとすると、他のPCが不利益を被るからである。そもそも、戦場における「味方を救わない死」「味方を自分の死に巻き込む死」など、ヒロイックでもなければ、「美しく」もないとわたしは思う。勇戦敢闘の末に最善を尽くして散っていったからこそ、他のPCなりPLなりが「やつの死は美しい死だった」「自分も死ぬならあんな風に死にたいものだ」と思えるわけだ。


GMが話の決着をつけるために、意図的に「PC全員を死に至らしめるバッドエンドにする」ように持っていく、ということも考えられなくはない。例えば、それまでの話の流れで、ここでPCが責任取って全滅しなければ世界大戦になる、とかいう場合は、「ごめん死んでくれ」としかGMとしていえないし、その場合は、死ぬのにぴったりの晴れ舞台を用意しようとするだろう。BGMは「遥かなるアラモ」あたりか。そうなったら、PCも、覚悟を決めて、「美しく散る」「カッコよく死ぬ」ことに全力をそそいでRPする、と思われる。GMとの信頼関係が決裂していなければの話だが、決裂していたらそもそも卓が立たないだろう。


と、ここまで、自分が、「他のPCに迷惑をかけない範囲内で」「美しく散る」ことで「意義を見出せる」ための条件を考察してきたが、いまトピックになっている人の「美しい散り方の追求」とはかなりズレているような気がしてならない。しかし、わたしには、ここに挙げたやり方以外で「美しく散る」方法が見いだせないのだ。あったとしても、そこにはなんの意義も見いだせないだろう、と思う。要するに「他人が死にたくなっているところにお前も率先して道連れとして付き合えっていわれたら、かんべんしてくれよだなー」という思いなのだ。うーむ。


どうすればみんな満足するのかわたしにはわからぬ。


付記:どうやらこのトピックのもともとが「誤解」から始まっていたらしいことがわかったが、どこがどういうふうに誤解するとこんな騒動になるのかよくわからない。まあわからないなりに、これ以上障らないほうがいいと思う。

それでも、この日記は、TRPGのプレイにおいて「死ぬこと」を目的にプレイするには一つの指針というか、目安になると思われるので、このまま残しておくことにしたい。「死ぬこと」もまたひとつの演技であり、RPの楽しみである、とわたしは考えるからだ。どうせ死ぬなら、ソフォクレスの悲劇の主人公のように周囲を盛り上げて死にたいものである。
 20
玖羽ポール・ブリッツ
2019/11/21 19:15[web全体で公開]
> 日記:まあどうでもいいことだけど
夜襲警戒大事。(真顔)
ただ、ここをシナリオベースとかにしちゃうと「いちいち確認と判定を連打してリソースとかのバランスが変になる」ようになったり・・・。(∩´∀`)∩
ソードワールド2.0だと金属鎧で加工しないと寝れないとかあったため2.5では削除されてたりするとかあるので、そういう「あんまり使わない情報とかシチュエーション」はごりごり削られていった結果から「『PL,GMにとって無駄な情報』と思うor思い込んだ類」の結果かと・・・。(PT分割は大体避けるけど、部屋程度なら大丈夫だろうとか。)

・・・私?もちろん夜襲かける&警戒するタイプですけど何か?(←SW2.0サプリ霧城プレイ済み)
ポール・ブリッツ
2019/11/21 18:58[web全体で公開]
人間、用事ができたりキャンセルすることはどうしてもつきものですので、あまりにそういうのが多い人にゲームからの離脱を勧告するってのはわかりますが、たとえ身内卓でも、プレイヤーがいない間にキャラクターをいじめるのはどうよ、って思います(-_-;)

やるほうは単なる「ギャグ」のつもりなんだろうと思いますが、やられたほうはいい気持ちしませんからねえ……。
ポール・ブリッツ
2019/11/21 11:20[web全体で公開]
> 日記:まあどうでもいいことだけど
それはわかる・・・ですよね
私は昔、用事があってその卓に行けなかったことがあり休んだら、
寝ているときに狼が襲ってきて自分のPCが投げられた経験があります
用事が終わり戻ったら・・・
生きてるけど、尊い犠牲だったで終わったことがありました。
まぁ身内卓ですけどね
ポール・ブリッツwpeke
2019/11/21 01:31[web全体で公開]
たしかにそうかもしれませんね。その時プレイしていたゲームがコンピュータ由来のものだったので、さらにそうした雰囲気があったのかもしれません。

GMするときは、GMとしてもパーティ全滅でシナリオが途中で途絶するのはイヤですので、PLが全滅したりシナリオが崩壊したりしないように手加減したりヒントを出しまくって誘導したりもします。たまに、ものすごくひどい油断をしているときは、(ここにオークの半個分隊がいればっ……)と思いながらも、あえて見逃すこともあります。本筋に絡まないイベントでガチ戦闘してパーティが半壊し、戦力がガタ落ちしてもつまらないですからね……。
wpekeポール・ブリッツ
2019/11/21 01:04[web全体で公開]
> 日記:まあどうでもいいことだけど
ポール・ブリッツさんがTRPGをはじめたころと違って(多分年齢近いと思うのでw)日本で楽しめる「西洋風ファンタジー」作品てものすごく幅広くなってしまいましたよね。 おそらくそのPLさんは主にコメディ要素の強い作品が好みなんじゃないですか。TRPGの裾野が広がったせいで参加者が世界観に共通認識を持つ ということが難しくなってるのを感じます。 そいうときどう処理するか がGMの個性になると思うんです。自分の世界観を貫く方もいるしPLの主張を反映させるGMもいるし。どちらも間違いじゃないけど、唯一の正解は最後はみんなが楽しかった・・と思えるゲームにするのがGMの務めなんじゃないですかね。
ポール・ブリッツ万王彩蓮
2019/11/21 00:36[web全体で公開]
うん。そのくらいの緊張感は必要だと思います。

天原さんというマンガ家の作品に「33歳独身女騎士隊長。」というギャグマンガがありますが、熟練した冒険者ならば、あれくらいの緊張感は常に持っていてほしいですね。(たとえが悪いかも(笑))
万王彩蓮ポール・ブリッツ
2019/11/21 00:31[web全体で公開]
まぁ、使命感は冗談ですが、戦闘にならない程度のイベントをいれて、判定次第でダメージ受けて、睡眠効果も少し減るくらいの思いして。戦場に男も女も無い、緊張感のない奴は死ぬ。くらいを学ばせるのは手かと^^;
私のキャラなんてその辺を考慮して女性キャラでも男子の前で着替えるレベルにしてますから。蹴りでパンツ見えてるとか言われても「だから?」みたいな。戦場で恥じらいは死ぞ? をしっかり学ばせたよく訓練されたPCを多用します。
ポール・ブリッツ鴉山 響一
2019/11/21 00:29[web全体で公開]
そのGMさん、英断だと思うけど、それって、「子供のいたずらをやめさせるために首をはねる(ハインライン「宇宙の戦士」)」って真似だと思うであります(^^;)

「PLは生かさず殺さず」精神でまったりやりたいもんですな、と自分としては思いますけど、甘いかなあ。
ポール・ブリッツ万王彩蓮
2019/11/21 00:26[web全体で公開]
いちおう、自分がGMするときには、「PLは生かさず殺さず」路線で行ってるので、夜襲するにしても手加減はします(^^;)

たとえば、身を持って学ばせるには、PLたちが寝静まったころに建物を取り囲んで火矢を撃ちまくって奇襲する、というのがベストかもしれませんが、「子供にいたずらをやめさせるために首をはねるような真似(ハインライン)」だと思いますね。サバイバル精神と緊張感を持ってゲームすることも大事ですが、使命感に燃えることもないような気がします(^^;)
鴉山 響一ポール・ブリッツ
2019/11/21 00:25[web全体で公開]
> 日記:まあどうでもいいことだけど

同じことを30年くらい前にやったPLがいましてな。GM氏は、「ほー、そーかそーか。じゃあだな、夜が明けてみると彼のPCは僅かばかりの肉片と骨だけになったぞ」PL「なっ、ちょっ、それは……」GM「いやあ喜べ、君の尊い犠牲で他のPCたちは狼たちに襲われることなく無事に夜を明かせたぞ。歩哨も立てなかったのに良かったねえ」とまあ、ダイスすら振らせてもらえなかった御仁がおったとさ。昔々の話じゃった……。

そうなる前に、兆候くらいは察知させてあげるべきだったとも思うんですが、そのPLさんが強硬な態度で他のPCたちと距離を置くと主張なさっておられたので、GM氏としても幾分むっとしていたのだと見受けられました。
万王彩蓮ポール・ブリッツ
2019/11/21 00:15[web全体で公開]
> 日記:まあどうでもいいことだけど
GMが気を利かせて、学ばせてあげるポイントだと思います。
戦場を舐めると死ぬ、と。奇襲の予定が無くても出してあげるべきでしょう。
男も女もそんなこと言ってる状況ではないのだと。思い知らせて学ばせなければ…!(使命感
ポール・ブリッツ
2019/11/21 00:09[web全体で公開]
😶 まあどうでもいいことだけど
ファンタジーTRPGをやっていて、夜が来てパーティは建物で一夜を明かすことになり。

わし「とりあえず、全員で一部屋に固まって寝よう」

女性キャラプレイヤー「そんな非常識なことダメですよ。部屋は分けましょう」

わし「え?」

女性キャラプレイヤー「男女別で」

他の女性キャラプレイヤー「そうだよね」

わし「(え……男だ女だいう前に、わしら、「兵士」だよな。そしてここは敵の勢力圏内の村で、わしらは10人いない人数でもって、敵のいつ来るかわからぬ奇襲に備えてるんだよな。男女別で部屋を分けるって……下手したら各個に撃破されてパーティ全滅の危険もあるよな。普通だったら一部屋にまとまって三交替で歩哨を立てるレベルだよな。でもみんなのこの空気……もしかしたら今の主流のゲームでは、パーティが休んでいる時に奇襲してくる敵なんてのはいないものとして扱うのか? GMもそれが当たり前なのか? 一度冒険者になったらフィールドだろうが宿屋だろうが城内だろうが常在戦場で武器はベッドの中で抱いて寝るというのは過去の話なのか? うーむ……)わかりました。部屋を分けましょう」

いまだにときおり思い出しては理不尽さというか、世代間のギャップを感じる話でありました。それとも理不尽だと思うこっちが間違っているのかなあ……。

ちなみに自分がGMをすると、みんなそろってぐっすり寝ている部屋には、外から泥棒か暗殺者が窓を破りにやってきます(笑)
 25
ポール・ブリッツ聖岳生馬
2019/11/17 19:06[web全体で公開]
>トループプレイ

その手があったか! なんかパラノイアみたいですね(^^)

次はモノポール生命体というロイガーとツァールの設定をどうするか、か?(笑)
聖岳生馬ポール・ブリッツ
2019/11/16 12:48[web全体で公開]
> 日記:ふと思ったこと

プレイヤー人数は少な目で、14人のキャラクターを(とっかえひっかえ)使うトループプレイなどはいかがでしょうか?
大事な超能力自体は7種類しかないわけですし。
殺意マシマシなセッションでも安心(それもどうか?)。
ポール・ブリッツ
2019/11/14 12:53[web全体で公開]
😶 ふと思ったこと
「CoCで、昔ソノラマ文庫から出ていた風見潤先生の『クトゥルー・オペラ』キャンペーンをやる、というのはどうじゃろ。ムチャクチャな超能力とウルトラスーパーな宇宙船を使って行う、全四巻の邪神冥土送り一大ツアー」

「今どき誰がそんな本持ってるんですか」

「あうう」

「それに、その設定だとプレイヤーが14人必要じゃないですか」

「あうう」
 8
ポール・ブリッツ鈴蘭
2019/11/11 23:46[web全体で公開]
形はどうあれ、ある意味「上司と部下」でしょ?

せっかくのセッションのお誘いを、

「なにい? 自分のセッションにつきあえないというのか」とかいうニュアンスでうけとられたら、

彼女にとってもつらいでしょう。

そこらへんが、会社組織の難しさ、というやつですよねえ……。

なんとか、セッションのみならず、仕事の上でもプラスになるような関係を築いてください。

応援しています。
鈴蘭ポール・ブリッツ
2019/11/11 23:12[web全体で公開]
コメントいただきありがとうございます!

下2行は完璧ヤバイやつではw
パワハラ…、プライベートで遊ぶくらいだったので全然考えてなかったです…。気をつけないと!
コンベンション自分が行ったこと無かったので全然考えてませんでした。
ちょっと調べてきます!
ありがとうございました✨
ポール・ブリッツ鈴蘭
2019/11/11 20:14[web全体で公開]
> 日記:沼に引きずり込むにはどうしたら良いか…。

二人きりで会ってセッション……だと下手したらパワハラになる可能性がありますから、

ここは、「コンベンションに誘ってみる」というところではどうでしょうか。

ネットやホビーショップの広告で、近くで開催されているコンベンションがあったら誘ってみるのです。

不特定多数が集まる場所で、出るも入るも自由、が売りですから、いくらか抵抗も少ないのではないでしょうか。

もし、近くに開催されているコンベンションがなかったり、コンベンションに誘っても断られたりした場合は、

「天の時」に恵まれていなかったものと考え、

酒屋で蜂蜜酒を買ってきて「いあ! いあ! はすたあ!」とかつぶやきながらセラエノに思いを馳せてください……。
ポール・ブリッツハカセ
2019/11/09 01:00[web全体で公開]
我ながら、あれじゃあ信者は増えん、と思った(笑)
ポール・ブリッツ逆山シャア太郎
2019/11/09 00:59[web全体で公開]
冷静に考えたら、口での脅しだけとはいえ拷問についてとくとくと話すとは、ソリンザール様にダッシュで殴られても文句は言えぬ所業であったので懺悔しようと思います(^^;A
ハカセポール・ブリッツ
2019/11/09 00:58[web全体で公開]
説法が地味に緊張をほぐしてくれたので一善!
逆山シャア太郎ポール・ブリッツ
2019/11/09 00:56[web全体で公開]
> 日記:反省
今日は一日一殺でしたね。
ポール・ブリッツ
2019/11/09 00:49[web全体で公開]
😶 反省
きょうは一日一善ができなかった。(ゲームの中で)
 8
ばずたけポール・ブリッツ
2019/11/08 22:46[web全体で公開]
丁寧なアドバイスありがとうございます!
実際にキャラ作ってみたらなんとなく感じをつかめた気がしました!!
ポール・ブリッツばずたけ
2019/11/08 20:38[web全体で公開]
> 日記:はじめてのるるぶ

とりあえず、キャラシートを複数枚コピーしてプリントアウトし、「キャラクター作成」の欄を読んでサイコロを振り、実際にキャラを作ってみることをお勧めします。能力値のバランスとかは考えなくていいです。複数作れば、だいたいなんとなく、「キャラの作り方」がわかってきます。

いまの段階ではそれでいいのです。

キャラの作り方がわかったら、キャラ同士で、もしくは、データにある生物(神話生物ではない)相手に「模擬戦」をしてみることをおすすめします。キャラ一人、もしくは犬一匹を始末するころには、だいたいの「能力の使い方」がわかります。

その時点で、もう「セッションに飛び込む」準備は9割出来上がったも同然です。積極的に飛び込んで、「習うより慣れろ」精神でプレイしてください。実戦の一日はルルブ流し読みひと月に匹敵します。

健闘を祈ります。
PI-TG001(ヒラヲカ)ポール・ブリッツ
2019/11/08 19:16[web全体で公開]
> 日記:年末、毎週卓に人が集まらなかったら

あるいは、ダイスでキャラ能力値を振りまくって、「この子の将来妄想ゲーム」を…
ポール・ブリッツ
2019/11/08 18:55[web全体で公開]
😶 年末、毎週卓に人が集まらなかったら
AFF2版かT&T完全版でもって、能力値をチップ化して、「年忘れ能力値変動クラップス大会」でもしようかな……(やめんか)
 4
ヒロポール・ブリッツ
2019/11/06 12:46[web全体で公開]
コメントありがとうございます。

確かにだいたいはGMミスリードだったり、シナリオの作り込みの甘さだったりしますね。

ただ、GMも悪気があってやっているわけでもなく、それにたいして、PLが猛反発をしてしまうと、GMも追い詰められてゲームを回すのを嫌になってしまうと思います。

GMはPLライクであるべきとは僕は思いますが個人差でで限界があることを認識して、PLはGMライクであるべきとも思います。

まぁ、結局長たらしく書いて言いたいことは「ミスは誰でもあるし、仲良くやろうぜ」なんですけどね(笑)
ポール・ブリッツヒロ
2019/11/06 08:38[web全体で公開]
> 日記:時に必要になってくるラジカルな思考(長畳)

いや、それは、魔王を描くのに「もともと魔族のものだった土地を奪回」したり「資源不足が原因」などという原因をつけて演出したGMの演出ミスだろう、と思う……。

「魔王を倒す」のが目的のシナリオならば、GMは演出として、「徹底的に魔王を憎々しく」「残虐非道に」「同情の余地がまったくない」ものとしてシナリオを書き、PLに「あいつとは交渉の余地がまったくない」と思わせなければいけない、とわたしは考えます。

その意味でラジカルロジカルをいうのだったら、PLよりも、GMがロジカルに考えすぎ、ラジカルに考えなかったせい、じゃないのかなあ。
ポール・ブリッツ
2019/11/03 22:39[web全体で公開]
😶 覚知神が許せんという人は
神経ブロックを使った出産にも反対しそうだな、と思った。

「痛みを感じないと子供に対する真の愛情はわかない」「痛みを感じない出産が当たり前になるとモラルが低下して破滅的な事態を招くことにつながる」とかいって。

そんなことを感じながらゴブスレTRPGのルルブを読む。
 4
WAST@izone推しポール・ブリッツ
2019/11/03 08:04[web全体で公開]
>「伝統派とフルコン、どっちが強いか」問題というパンドラの箱のふたを開けることになるから
そうですね、オリンピックで伝統派とフルコンが一応、一本化できたところですから
余計な火種はやめ時ましょう^^;)

フルコンは顔面を部位狙いされると弱いとかでもいいんだけどなあ~
ポール・ブリッツWAST@izone推し
2019/11/02 23:29[web全体で公開]
> 日記:多分、今、世界で私だけで考えていること

その分け方をすると「伝統派とフルコン、どっちが強いか」問題というパンドラの箱のふたを開けることになるから……(^^;)

「練習法の違い」くらいだと思って、ノータッチにしといたほうがいいんじゃないかな、と思うであります。
ポール・ブリッツ
2019/11/02 23:19[web全体で公開]
😶 パグマイアのルルブ読んでる
ひさしぶりに時間が取れたのでパグマイアのルルブ読んでる。

いかん。面白い。

付属シナリオなどキャンペーン導入としては最高じゃないか。その後の展開を「自由」にしているのも気に入った。

ルルブを読みこむことができれば明日にも卓を立てたいくらいであるが、たぶんもっとよく読まないと卓が空中分解起こすと思うのであきらめる。

それでも、うん、立てたい。いつか立てたい。

ああどろどろの泥沼にはまっていく~~~~~~~ッ
 8
ポール・ブリッツ聖岳生馬
2019/10/30 22:31[web全体で公開]
ですよねえ。四肢がちぎれても継ぎ直しができますが、首と胴体だけは無理ですからなあ……。
TENMAポール・ブリッツ
2019/10/30 21:17[web全体で公開]
コメントありがとうございます。
やっぱりアイディアはどこかで踏ん切りをつけて切り捨てるものを選ばなくてはいけませんねー。「編集」というものの難しさを実感します…。

広げた風呂敷をしっかりと綺麗に折りたためるようがんばります!
ポール・ブリッツTENMA
2019/10/30 20:47[web全体で公開]
> 日記:TRPG初心者です。その11.5

物語を作るときに一番大事でかつ難しいのは、いかにして思いついたアイデアを「切り」、「捨てる」、かという、「編集」作業です。わたしの敬愛する師匠は思いついたアイデアを捨てるときは、そのアイデアに百回泣いて土下座しながらも、断固として捨てるのが肝心だ、といってました。

広げるばかりでは終幕には向かいません。がんばってまとめてください。陰ながら応援しています。
聖岳生馬ポール・ブリッツ
2019/10/29 09:43[web全体で公開]
ルーンクエストの戦闘システム(命中部位制など)に慣れたプレイヤーは
身体の正中線への防護(鎧など)に関して妥協しませんよ!

いや、ほんとうに命にかかわるので……。
ポール・ブリッツサザナミ
2019/10/29 00:39[web全体で公開]
ホラーのほうが首チョンパとか手足ざっくりとかありそうな気がしてましたけど、トータルHP制ですからねえ。

もっともショゴスのどこが胴体かとかいわれても困りますな(笑)
ポール・ブリッツ聖岳生馬
2019/10/29 00:36[web全体で公開]
それと、昔「天才バカボン」に「讃えよ鉄カブト!」ってギャグがあったけど、まさにそれを実感した(笑)

「いやーヘルメットのおかげで助かったよ」マジだそれ!(笑)
サザナミポール・ブリッツ
2019/10/28 09:08[web全体で公開]
CoCの戦闘。。。あーアレもその中のヒトツですものねw
CoCはあまり興味ない(小説は好きだけどTRPGのは興味ない)ので忘れてましたw
聖岳生馬ポール・ブリッツ
2019/10/28 00:54[web全体で公開]
ルーンクエストのヒロイックの方向性って

トカゲに飛び掛かられ、左腕に力が入らない。
もう受けは出来ないと悟りながら振り下ろした剣が
運よくトカゲの脳天に当たり血の花を咲かす。
主人公は「俺はまだ生きているぞ」と天の神に向かって宣言する!

みたいな時代のが似合いますよね。
などと。
ポール・ブリッツサザナミ
2019/10/28 00:36[web全体で公開]
> 日記:新ルーンクエスト「壊れた塔」2

ヒロイックだけどめちゃくちゃスリリングですね。ルーンクエストの戦闘。

同じケイオシアム社のベーシック・ロールプレイングシステムでも、CoCの戦闘は軟弱な現代人向けになっていることをようやく悟りました(笑)
ポール・ブリッツ
2019/10/28 00:32[web全体で公開]
😶 本日の教訓
GMもPLも全員慣れてないルールで戦闘するとキャラロストする
 12
サザナミポール・ブリッツ
2019/10/27 20:42[web全体で公開]
今一つ使っても空振りしそうな感じがしましてねー。
己が妖術師だと忘れかけてるくらいにw
できるだけ使っていきたい所存です。
ポール・ブリッツまるーや
2019/10/26 19:14[web全体で公開]
問題は、このソリンザールという航海と船の神様は「戦闘に役立つ呪文」は一切教えてくれないところですかね(笑)
まるーやポール・ブリッツ
2019/10/26 11:38[web全体で公開]
> 日記:本日の功徳
ありがてぇ…ありがてぇ…!
俺、改宗するわ
ポール・ブリッツPI-TG001(ヒラヲカ)
2019/10/26 00:56[web全体で公開]
使ってないけど、運点を1点くらい回復してほしいかな(笑)
PI-TG001(ヒラヲカ)ポール・ブリッツ
2019/10/26 00:41[web全体で公開]
> 日記:本日の功徳
D&D5版でしたらインスピものですな。
ポール・ブリッツ
2019/10/26 00:23[web全体で公開]
😶 本日の功徳
牢獄で手ひどく拷問された囚人に「治癒」の呪文を使い、「食物水作成」の呪文で食べ物を与えた。

一日一善。
 6
ポール・ブリッツサザナミ
2019/10/26 00:20[web全体で公開]
> 日記:AFF2eキャンペーン「毒蛇と暗殺者」2

せっかく48個も呪文知ってるんだから、積極的に使おうよ妖術~ 楽しいよ~(笑)
ポール・ブリッツ
2019/10/23 23:42[web全体で公開]
😶 D&D5版バード呪文について
ヴィシャス・モッカリィ。相手を罵倒する言葉を吐いて、精神にダメージを与える魔法であり、バード呪文の基礎中の基礎である。

魔法の視力を持つ人間から見ると、バードが相手に向けてぶつけるモッカリィは赤く見える。

これを、「モッカリィ・真っ赤」といい、「ボチボチでんな」と返すのが礼儀である。

そして、この文章を読んだあなたが今感じているのが、1d4の精神ダメージというやつである。
 9
ポール・ブリッツ
2019/10/22 14:16[web全体で公開]
😶 2000年前の「ボタンを押せない人」
なかなかボタンが押せない人、について書いた日記を読んで、うーむなるほど、とも思ったけど、

こと、こういうタイプの人においては、2000年前にイエスが山上の垂訓でいったとおり、

『求めよ、さらば與へられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん。すべて求むる者は得、たづぬる者は見いだし、門をたたく者は開かるるなり。』

なので、最初から「求められないタイプの人」や「尋ねられないタイプの人」や「門を叩けないタイプの人」には、

さすがのイエスの叡智をもってしてもどうにもならないのであって、

まあ、月並でひねりもなくて押しつけがましいかもしれないけれど、

「お願いしますどうか怖がらないで、気楽に参加ボタンを押してくださいね!」

というよりほかにどうしようもないんではないか、と思うであります……。

 11
ポール・ブリッツ
2019/10/21 23:58[web全体で公開]
😶 本日の教訓
ギャンブルは楽しいが、楽しむにはあまりにも危険だ!(笑) 誰でも簡単にリアルでカイジになってしまう!(笑)

「この金さえ突っ込めば逆転できる」と考えたらもう人生は終わりだ!(笑)

AFF2版「ソーサリーキャンペーン」中の「ヴラダの賭博場」にて
 5
ポール・ブリッツwpeke
2019/10/20 02:34[web全体で公開]
いや、最近、1年できっちり最終回になるアニメがプリキュアしか思いつかなかっただけで……(^^;A
ポール・ブリッツWAST@izone推し
2019/10/20 00:38[web全体で公開]
> 日記:Chrome Flesh ”君もコーディネーターやガンダンクになれる”

右手を丸ごと取り替えれば海賊コブラだが、問題はどこでサイコガンを調達するかだな(笑)
wpekeポール・ブリッツ
2019/10/20 00:24[web全体で公開]
て、いうか
そのプリキュア基準はなんなのですか~w
wpekeポール・ブリッツ
2019/10/20 00:20[web全体で公開]
1年ですか~
確かに個人の環境・興味の変化を考えたら難易度は高そうですが、そこで
最後まで一緒してくれた人とはおそらく一生遊べるでしょうね。
キャンペーンの成功をお祈りしております。
ポール・ブリッツwpeke
2019/10/20 00:15[web全体で公開]
ブラックジョークのギャグとして書いたけど、最後の一行は余計だったな、と反省してます(^^;A

安価なゲームではサイコロフィクションもダブクロも、さらにいうならゴブスレTRPGも出てるし時代はまさにルネッサンスですね。

一時的な盛り上がりで終わらせたくはないですねえ……。
ポール・ブリッツwpeke
2019/10/20 00:10[web全体で公開]
間を開けちゃうと、どうしても「興味」が薄れていきますからね……。

いま、「ソーサリーキャンペーン」やってますが、どれだけテンションを維持できるか、自分には自信がありません。

1年、と見てますが、それを超えると、ちょっとキャンペーンとしては難しい領域に入るでしょうね。毎週一度にしても、プリキュアよりも長い期間だからなあ。
wpekeポール・ブリッツ
2019/10/19 19:25[web全体で公開]
> 日記:初心者にルルブをすすめるとき
ああ、申し訳ないが異議あり。
サイコロフィクションであったり、ダブクロであったりSRSであったり、初心者でも
とっつきやすいゲームはいろいろ出てますよ。
むしろ、選択肢が増えているせいで逆にどれを選べばいいか迷う という25年前からは
考えられないような贅沢な環境にあるのではないでしょうか。無料で読めるルルブもあるしね。
ポール・ブリッツさんは好みではないようですが、F.E.A.Rにしろ冒険企画局にしろ 一時は
滅びかけた日本のTRPGをいまの状況まで持ってきた方々には感謝だと思います。
儲かるところだけ手を出してるHJより数段偉いと思うのですが・・。
wpekeポール・ブリッツ
2019/10/17 21:37[web全体で公開]
> 日記:CP成功のためには
「一気阿成に」はその通リだと思いますね。
あとは、はじまる前に何回セッションで終わる予定・・・とか
キャンペーンの中でも区切りをつけるようにして節目毎に募集をかける
(継続メンバー優先です・・みたいな条件で。)ようにするといいのかな~。
キャンペーンといえども参加者の中で温度差が出てくるのはしょうがないと
思うんですよね。
そういうときに義理でつきあおうとするメンバーが抜けられる機会を作るのも
大事なのかな~。(で、新しいメンバーを募集する)
キャンペーンの場合 理想は最初から最後まで同じメンバーが望ましいのでしょうが
モチベがあがらないプレイヤーには罪悪感無く抜けられる節目を用意するのもテクニック
かな なんて思ったりします。
ポール・ブリッツ
2019/10/17 19:46[web全体で公開]
😶 CP成功のためには
今日、ものすごい絶望感とともに実感したことだが、キャンペーンが長大であればあるほど、「一気呵成に」やらないとダメだ。具体的にいえば、曜日単位ないし月単位で「必ずやる日」を定期的に決め、その日だけはどんな理由があってもみんな集まる、とかして、キャンペーンが終わるXデイをあらかじめ目星がつくようにでもしてないとダメだ。

現在、モラルチェック失敗の余波を受け、自分もモラルチェック中。
 19

過去のタイムラインを見る

TRPG 人気 作品一覧 - DLsite 同人