ポール・ブリッツさんの詳細

ポール・ブリッツさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

自己PR

世の無常を悟りて深編笠を被り尺八を吹き一夜の卓を乞う。

虚無僧にあらずして単なるコミュ障なり。

行動原理は「あずまんが大王」の以下のやりとりの滝野智。

ちよ「やめてって言ったのに(押すとちよが死ぬボタンを)押したですね?」

智「えー、でも、ボタンがあったら押すだろー!

 でさ、その横に、押したら私が死ぬボタンがあったのよ!

 それはさすがに押せなかったよ……」

ちよ「私のは押したのに……」

最近はAFF第二版とアドバンスドファンタズムアドベンチャー、それにジェームズボンド007がお気に入りシステム。

ポール・ブリッツさんの日記を全て見る

ポール・ブリッツさんが答えた100の質問を見る

ポール・ブリッツさん主催のセッションを見る

ポール・ブリッツさんが参加申請したセッションを見る

ポール・ブリッツさんの立てたトピックを見る

スケジュール

020202020202020202020203030303030303030303030303030303030303030303030303030303030303040404040404040404040404040404040404
181920212223242526272801020304050607080910111213141516171819202122232425262728293031010203040506070809101112131415161718
(曜)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)
                                                            
                                                           
                 ×                                       

スケジュール・メモ

「△」は「~23:00」まで。23:00を過ぎたら基本的に卓落ちいたします。

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

平常時のお誘い受け可能な時間帯(あくまで目安です)

 

平日

土曜

日曜

所持するルールブック (36)

ポール・ブリッツさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

スペアリブポール・ブリッツ
2019/02/18 00:34[web全体で公開]
ひょっとしたらサーバーの調子もあるかもしれませんので、少したったらまた試してみようかなと思ってます。それでも駄目だったら管理人さんの方に言ってみようかなあ…って感じです。
ごん太んポール・ブリッツ
2019/02/18 00:16[web全体で公開]
> 日記:ミニシアターで映画を見るため有楽町へ行ってきた

それがTRPGプレイヤーの性なのです
ポール・ブリッツスペアリブ
2019/02/18 00:15[web全体で公開]
なるほど。だとしたらわたしにもわかりませんねえ……。
ポール・ブリッツ
2019/02/18 00:13[web全体で公開]
😶 ミニシアターで映画を見るため有楽町へ行ってきた
それなのにどうして帰りの電車に乗るおれの買い物袋には改訂版のピーカーブーとイエローサブマリンのレシートが入っているんだろう。
 4
スペアリブポール・ブリッツ
2019/02/18 00:11[web全体で公開]
見学不可にしてありました。サイズ小さめのBGMは流せたんですけど、少しでも大きくなると無理でした…
ポール・ブリッツスペアリブ
2019/02/18 00:07[web全体で公開]
> 日記:GMデビュー!
BGMはセッションを見学可能にしていたら使えないけど、そこらへんはどうだったんですか?
ポール・ブリッツ
2019/02/17 22:48[web全体で公開]
> 日記:申し訳ないです

本人が反省していればそれでいいのではないかな、と思います。何度も何度もすっぽかしを繰り返すのはどうかと思いますが、人間、一度や二度の失敗でめげていたらどうなりますか。

世の中には、何度も何度もすっぽかされてさえその人を信じる人もいるのです。

そういう人に対し、これからのセッションにきちんと参加して答えていくのが正しいプレイヤーなのではないかと思います。

めげるな。
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/02/17 18:41[web全体で公開]
素朴な疑問ですが、特定のキャラクターを操作することもなく、すべてがサイコロで決まるのなら、どうしてプレイヤーが複数必要なのか、よくわからん……。

プレイヤーそれぞれが「得るもの」もなければ「勝利」も存在しないゲームというものは、よほどでないと「面白がる」ことは難しいんじゃなかろか。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/02/17 10:27[web全体で公開]
勇者とみなされている理由は、邪神を倒すための「武器(強化鎧(仮面ライダーのようなもの))」を装備できるのは勇者だけだからです。
それ以上は分かりません。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/02/17 10:18[web全体で公開]
戦い方は、武力で直接攻撃です。
相手は、人間を敵としてしか見ていないので、話し合いでは絶対解決できないので…
しかも、邪神軍は人間を自分たちより低級なものとして見下しているので…
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/02/17 10:12[web全体で公開]
すみません、家族の都合でコメントが遅れました。
ゲームシステム関係はあまり知らないので、あいまいな表現になりますが…

 案①:サイコロの目で選択肢がランダムに選ばれる、ゲームブックのようなもの
 
 案②:2人~5人程度で集まり、特定のキャラクターを操作することなく(ゲームマスターもプレイヤーもない)、協力して物語を作り完成させる、ストーリーメイキングゲーム(?)。
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/02/15 16:09[web全体で公開]
勇者はなぜ勇者と皆から見なされているのでしょうか?

優秀な軍事的リーダーなのでしょうか?

カリスマ的な指導者なのでしょうか?

宗教的なシンボルなのでしょうか?

やたらと強い戦闘要員なのでしょうか?

そこも気になります。

また、現代日本風のファンタジー世界であれば、敵は勇者のちっぽけな反乱軍を打ち破るために大規模な軍勢を差し向けてくるはずです。それに対してゲリラ戦で戦うのか、独立した小国として軍事作戦を行うのか、あるいは軍勢の1つ1つと小部隊が律義に戦闘をしてリーダーを潰していくのか、でもゲームは変わってきます。革命ものか信長の野望かファイヤーエムブレムか、ですな(笑) そこも気になりますねえ。

ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/02/15 15:11[web全体で公開]
たとえば、戦うっていっても、いろいろ方法がありますよね。

敵の構成員をひとりひとり暴力で潰していくやり方、

構成員に働きかけて説得して非をわからせて仲間にするやり方、

こちらでも軍団を組織して相手に戦争をしかけることで軍事的勝利を狙うやり方、いろいろです。

どういうものを目指しているのでしょうか? それによって、ゲームの表現方法もまた違ってきますから……。
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/02/15 11:49[web全体で公開]
何となくやりたいイメージがわかりました。

では、このゲームは、TRPGにするのですか、SLGにするのでしょうか?
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/02/15 11:23[web全体で公開]
お久しぶりです。 突然ですが、「ゲームのアウトラインのようなもの」を書いてみたので読んでみてください。

 だれが:勇者が だれと:仲間の反乱軍と いつ:現代日本風の どこで:ファンタジー世界で なにを:世界を支配する邪神軍を なんのために:倒すために どうする:戦う 
 
『劇場版 仮面ライダー555 パラダイスロスト』とそのノベライゼーション版『555(ファイズ)』を参考に書きました
(かなり変えてあります)。

できれば感想もください。突然すみません。
チハポール・ブリッツ
2019/02/15 11:21[web全体で公開]
”^^)>ポリポリ ははは、どうしてもね、手が出ちゃいました。やっぱり小中高生の頃に興味を持ったものって、頭の中にずっと残り続けますね
ポール・ブリッツ
2019/02/15 07:20[web全体で公開]
😶 初ピーカーブー
やってみた。ノリはウルトラQを目指していたが、直接のイメージはウルトラセブンだったので、どっちに思われたかちょっと気になる。

今回はGMとしての肩ならしのつもりでもあったので、むちゃくちゃ簡単なシナリオにした。敵は弱くしたし、陰謀もまるわかり、というやつである。

予想通り陰謀は暴かれ、敵が正体をあらわすまではスムーズに進んだのだが、戦闘でつまづいた。サイコロフィクション怖い。サイの目に嫌われると、攻撃がまったく当たらん(笑) そのうえ敵の攻撃はバシバシ当たるし(笑) 弱点発見後にピーカーブーの一撃でケリ、というGMの甘い思いは外れ、GM本人の就寝時間が遅れて家族から文句がいわれるうえに、パーティーの全滅までもがリアルに見えてくる事態となった。

結局、最後の力を振り絞った命がけの合体攻撃が炸裂、宇宙人の陰謀は粉砕されたが、GMやっててあれほど冷や汗をかいたのも久しぶりである。

初プレイだったのでいろいろとミスもあったが(特に戦闘に興奮して眠気のカウントを忘れたのは大失策だった)、また機会を作ってプレイしたいゲームではある。次は正当派のゴーストハンターものでやろうかな。

こんな無能なGMに付き合ってくれたPL諸賢に感謝。
 9
PI-TG001(ヒラヲカ)ポール・ブリッツ
2019/02/13 05:53[web全体で公開]
21日了解です。
どのみち断り入れるつもりでしたし、大丈夫ですよー
ポール・ブリッツ橙。
2019/02/13 00:23[web全体で公開]
ドラゴンキャッスルRPG、面白かったのでセッション立てました。よかったらどうですか?(^^)

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=154998375661pb100
ポール・ブリッツイズミ
2019/02/13 00:21[web全体で公開]
21日流れて暇でしょ? 卓立てたので、やりませんか?(^^)

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=154998375661pb100
ポール・ブリッツPI-TG001(ヒラヲカ)
2019/02/13 00:20[web全体で公開]
21日暇でしょ?さっそく卓を立てたので、やりませんか?(^^)

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=154998375661pb100
ポール・ブリッツ
2019/02/13 00:18[web全体で公開]
😶 ドラゴンキャッスルRPGやってみた
か……軽い。コンバットに重きを置いたファイヤーエムブレムTRPGやD&D5版の後では、あまりのサクサクの進みぶりがかえって気持ちいい。

導入からダンジョンアタック、そして結末までが2時間で済んでしまった。

試しにこのシステムでタクテクス誌掲載のしぶーいシナリオをやったらどうなるか気になって、卓を立ち上げることにした。

興味ある人は来たれ。セッションの説明にも書いた通り、ルルブは誰でも簡単にダウンロードできるし、読むべきルールも1ページ半という超ライトぶりである……。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=154998375661pb100
 7
ポール・ブリッツチハ
2019/02/13 00:11[web全体で公開]
> 日記:ストームブリンガー

また手を広げて……わたしみたいになっちゃいますよ!(笑)
システムポール・ブリッツ
2019/02/13 00:02[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ポール・ブリッツさんは02月21日20時00分に開始予定の新しいセッション:
【その他】【ドラゴンキャッスル】ゼフォン村誘拐事件を作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=154998375661pb100
エルドラ=スカーレットポール・ブリッツ
2019/02/12 01:50[web全体で公開]
昔ながらのメロディーに胸やけするぐらいにいいですね〜昔を思い出すような感じがします(;▽;)
ポール・ブリッツエルドラ=スカーレット
2019/02/11 23:59[web全体で公開]
> 日記:突然折れました。

TVアニメ「ママは小学4年生」ED 「この愛を未来へ」 https://www.youtube.com/watch?v=Y6L0NPCdlsg
ポール・ブリッツB3用紙
2019/02/11 14:35[web全体で公開]
ルールは、「もしその状態に直面したら人間はどういう反応を示すか」をシミュレートするだけの、単なる「ガイドライン」として扱うのが正しいのかもしれません。

「シミュレート不能」なものを描く文学を幻想文学と呼ぶなら、幻想文学をTRPGで表現するのは論理的に不可能なことなのかもしれませんね……。
B3用紙ポール・ブリッツ
2019/02/11 13:27[web全体で公開]
> 日記:TRPGが幻想文学を作る上での最大の弱点は

神話生物の畏怖を「自分の中の今までの価値観を超越したなにか」「自らの経験論を破壊するもの」という自我喪失の恐怖としてとらえるなら、同質ではないですがTRPG上の再現は可能なのかもしれないですね。

PCに、見たこともない、考えたこともない何かと遭遇させられるなら……それが具体的に何かは思い浮かばないのですけど……。
んん、たとえば……cocに突然ゼウスとか出てきたら自分は怖いですねwそのシステムではおよそ起こりえないと思われていたはずのモノが出てくるなら……。
ゆきりんポール・ブリッツ
2019/02/11 10:40[web全体で公開]
こちらこそよろしくお願いします
ポール・ブリッツ
2019/02/11 02:31[web全体で公開]
😶 TRPGが幻想文学を作る上での最大の弱点は
すべてがルールできちんと説明され、数値が定量化され、ルールに従ってプレイすれば完全に「つじつまが合う」ように作られているため、理想的にプレイされると「つじつまが合って」しまい、「破綻」することができないことなのではないか?

ルール内で「つじつまが合う」ようになっているということは、ファンタジーを舞台としているようでも、それは「ファンタジー」ではなく「疑似科学」にすぎないのではないか?

たとえば、CoCを見てみよう。そのルルブには、邪神のデータが細かく記載され、STR、CON、使用可能な呪文、失うSANなどが克明に記載されている。だがちょっと待て。だとしたら、それは邪神ではなく、STRこれこれ、CONこれこれ、呪文これこれ、失うSANこれこれの「障害物」と等価なのではないか。それはプレイヤーとして「邪神」と対峙する感覚を味わうこと、とは明らかに隔絶しているのではないか。「邪神」が「邪神」として目の前に現れるには、どこかでゲームとしての現実だけでなく、リアルな現実をも「破綻」させていないといけないのではないか。

GMの語りで「畏怖」させることが可能だという意見はもっともである。だが、GMの語りのみで「畏怖」を覚えさせることができるのならば、「ルール」は何のために存在するのか?

「破綻」それ自体をルールに取り込むことは可能なのか? 可能だとして、それは「ゲーム」になるのか?

そんなことを、今年度のプリキュアの見逃し配信を見ながら思った。

イマジネーションの優位を理想として説いたとしても、「イマジネーション」で「ルール」は破壊するべきなのだろうか。それがゲームの根幹にかかわるものでも?
 15
システムポール・ブリッツ
2019/02/11 00:24[web全体で公開]
システムからのお知らせ
コミュニティ「ファイアーエムブレムTRPGコミュ」の参加が承認されました。
ポール・ブリッツ
2019/02/10 19:50[web全体で公開]
😶 シャドウラン手探り中
脳味噌も装甲もない本能だけで動く下等生物に対しては、自動火器による「制圧射撃」がものすごく有効であることを先日のプレイで理解した。

そうだよ! おれがこのゲームでやりたかったのはそういうやつだよ! 自動火器をズガガガ、死体がグチャグチャのごろごろ、PCが通り過ぎた後は一面のミンチ、次から次へとわいてくるユニットがこれまた次から次へと吹っ飛んでいく快感。

今度あのシナリオをかけることがあったら、そこらへんの演出をもうちょっと考えよう。

TRPGじゃなくてボードゲームの「ゾンビサイド」をやったほうがいいのかもしれんが。
 5
ポール・ブリッツアカシロ
2019/02/10 12:40[web全体で公開]
ふつつか者ですがよろしくお願いします。
ポール・ブリッツゆきりん
2019/02/09 06:29[web全体で公開]
ふつつか者ですがよろしくお願いします。
ポール・ブリッツkudo-rufu
2019/02/07 18:54[web全体で公開]
> 日記:キャラの設定はキャンペーンに合わないと言われたら変えるべきか

事情はある程度分かりました。こちらこそ誤解して申し訳ないです……。
ポール・ブリッツほよ
2019/02/07 18:52[web全体で公開]
どうぞよろしくお願いいたします。
ほよポール・ブリッツ
2019/02/07 18:41[web全体で公開]
この前FETRPGがやりたいなどと呟いていた者です。少し学校とかで原案考えてたら即思いついたので、少しテストプレイしてみようと思い、参加して貰えないかなと思い友達申請させてもらいました。
ポール・ブリッツkudo-rufu
2019/02/07 17:58[web全体で公開]
> 日記:キャラの設定はキャンペーンに合わないと言われたら変えるべきか

事情がよくわからないのですが、いちばん最近手を入れたと思われるCoCキャラクター「城山 白音」が拒絶されたものと考えて話を進めます。

もしあのキャラクターをPCとしてキャンペーンに参加したい、といわれたら、わたしがKPだとしたら「どうやってお断りしたらいいか」必死に考えるでしょうねえ……。わたしでなくても、「市井に暮らす平凡な一般人が怪奇に巻き込まれて云々」という設定でキャンペーンを進めるKPだったらひと目で「設定の変更をお願い」したくなってしまうのも無理はないと思います。

そもそも、POWとAPPがそれぞれ20のキャラクターなんてファンタジーのルーンクエストだってそうそう見るキャラクターではありませんし、主人公の生計を立てる手段についても、CoCはともかくとして、現代日本社会での常識の範疇を超えているように思われます。

kudo-rufuさんが実際にお持ち込みになったキャラクターがどれで、シナリオの雰囲気がどうだったのかわからない以上、想像でものを申し上げることは差し控えたいですが、それにしてもうむむ。
ポール・ブリッツほよ
2019/02/06 23:13[web全体で公開]
> 日記:ファイアーエムブレムTRPGの卓って需要あるかな

去年だったかこのオンセンでやりましたよ。誘ってくださるなら参加したいですね。

こういうキャラです。

https://trpgsession.click/character-detail.php?c=153173742427pb100&s=pb100
ポール・ブリッツ
2019/02/04 00:39[web全体で公開]
😶 初GMを成功させるために
いろいろと考えなければならないことはあるが、その中で一番重要だと思ったことを書きます。

「回すシナリオは、『アホなほど簡単なシナリオ』にする」こと。

こんな子供だましのシナリオをかけたら、PLが怒っちゃうんじゃないか、と思えるくらいに簡単なシナリオを回す、これに尽きます。

この観点から見たらCoCは複雑なシナリオを高度に運営することが要求されるマニア向けゲームなので初心者GMがいきなりキーパーをやるには適さないゲームなのですが、それでも「PLにバカにされるんじゃないか」と思えるくらいシンプルなシナリオをかけるべきであることに変わりはありません。

こんなの小一時間もあれば終わるんじゃないか、と思えるほどの規模でけっこう。実際にやってみると、そんな規模の超シンプルでアホでも解けるシナリオでも、プレイに3時間はかかってPCは壊滅寸前まで行きかねないものであることがわかると思います。

もし、その3時間を曲りなりにでもなんとかコントロール下におくことができたら、あなたにはGMの資格が十分にあります。

無事PLにエンディングを迎えさせることができた後のその快感は、忘れられないものになるでしょう。シナリオを複雑にしたり、キャンペーンを考えたりするのは、それからでいいのです。

ほんのちょっと勇気を出して挑戦してください。ダンジョンひとつに部屋ひとつ、怪物ひとつに宝箱ひとつだけでも、それは十分にエキサイティングなものなのですから!
 21
ポール・ブリッツ
2019/02/03 23:51[web全体で公開]
😶 権藤権藤雨権藤
PL、PL、GM、PL。GM、GM、PL、GM、PL(今週~来週の予定(笑))
 4
イズミポール・ブリッツ
2019/02/03 10:23[web全体で公開]
コメントありがとうございます。

地図1枚だけ用意ですか、完全アドリブ型ですね。
そう言うのも面白そうですね。

コメントを頂いた方は、ほとんど事前にかなりの準備をしている方が多いようです。
私も事前にかなり、シナリオ書き込む方なので安心しました。

そのシナリオをコンテストに送ると確かに、審査員からしたらシナリオになってませんってなりますねw
今書いてるAFF2eのシナリオ頑張って書き上げます~
ポール・ブリッツイズミ
2019/02/02 21:36[web全体で公開]
> 日記:テキストセッションのシナリオ書いてる人に質問があります。

地図1枚だけ用意しといて後は全部アドリブとか、平気でやります……(^-^;)

テキセだと、自分がその場のノリで口走ったことを後から確認できるのですごく便利です……(^-^;)

シナリオを書かないこともないんですが、ほかの人から見たら「ネタ帳」「アイデアノート」にしか見えないんじゃないかなあ。ちなみに、そういうシナリオでコンテストに送ると、評者から「シナリオになっていません」という返事が返ってきますのでご注意を……(^-^;)
ポール・ブリッツティーガー
2019/02/01 17:59[web全体で公開]
今からでも遅くない、とりあえずアマゾンで「戻り川心中」をポチって読んでください!

あの傑作集1・2は、わざと「名作」を外して「渋い作品」だけで編まれてます! 連城三紀彦最大の傑作「戻り川心中」を読まずに語るのは、「まだらのひも」と「赤毛連盟」を読まずにホームズを語るのと同じです! 「夕萩心中」もついでに買って「花葬」シリーズを全部読みましょう!

騙されたと思っていますぐに! ウソはつきません!
ティーガーポール・ブリッツ
2019/02/01 16:16[web全体で公開]
 米澤穂信さんの作品から取り入れるのがいいかと考えていたりします。米澤さんの作品の謎は「とにかく分かりやすくてナイフのように鋭い」んですよ。
 分かりやすいってのはつまり、答えに導くための情報がとにかく少ないんです。「AだからB」なんです。例を挙げると「嘘をつかれたから悲しい」こんな感じです。こんな簡単に見える謎をミステリーにできてしまえばTRPGでも使えるんじゃないかなと考えてます。
 これならPLは出された情報を覚えてなくていいですし、GMも解説する手間が省けますでしょ?
 まあ簡単に出来たら苦労はしないんですけどね。とほほ

 長くなってしまいましたが、いろいろ自分のミステリー論が整理できた気がします。ほんとコメント感謝です。
 ありがとうございました。ではまたどこかで。
ティーガーポール・ブリッツ
2019/02/01 16:05[web全体で公開]
 「んじゃあ推理はセッション中はやめてくれ。次回のセッションまで時間が空くだろうからその間に考えてきてくれ」とかいってセッション外で推理させるとかどうでしょうかね。
 後者はまあ事前に「セッション中に提示される謎をPL・PCに解かせる気は毛頭ありません」とか最初に断っておいて、奇妙な謎だけ提示して、PCに「こえー」「なんだこれやばい」って思わせる動機づくりの材料にするだけで最後まで謎は謎のまま残して終了!みたいなミステリーではなくホラー路線でいくとかですかね。アフターで解説してほしいって人がいればその人だけに解説してもいいですし。

 まあ自分に思いつくのは、こんなありきたりなものばかりですねえ……うーん、もっと斬新な「奇天烈さ」が欲しいところです。
 とにかくコメントありがとうございました。連城ファンの同志が見つかって嬉しいです。
 自分は去年、初めて連城さんのことを知って読み始めたばかりなので大した作品数は読んでません。(傑作選1・2と夜よ鼠たちのためにだけです)
 個人的には連城さんからミステリーの手法をTRPGにとりこんで、ミステリーのプロットや謎やトリックの作り方は(字数
ティーガーポール・ブリッツ
2019/02/01 15:51[web全体で公開]
  なるほど。確かによくよく考えてみますと「どんでん返し」自体がTRPGに向いてないのかもしれませんね。
 どんでん返しって自分の頭の隅にある伏線(情報)をつつかれて「あー!そうだったのか!ここがこう繋がるのね!」ってなるやつじゃないですか。
 TRPGやってる最中にPLは出された情報を(小説を読んでいるときのように)隅から隅まで覚えてはいないと思うんです。実際自分も無理ですし。そんな覚えてもいない情報を引き合いに出されて「実はこことここが逆で、こうでこうだったんだよ!」と殴られても「痛っ!何すんねん!意味わからん」としかならないですよね……(深夜テンションで書いてたので気づかなかった)
 ってなるとやはりミステリーをTRPGで楽しむには「推理」と「謎自体を楽しむ」しかないのかなあ。
 前者はまあ、「卓上サスペンス劇場」のような推理を楽しむことに特化したシステム以外でプレイ中にやらせるのは論外なんで(身内卓なら許されるでしょうけど)、冒頭で謎とヒントを全部提示して「一応推理できるようにはしたけど推理したい人はいる?」みたいにPLに聞いて探偵役に名乗り出たPLがいたら(字数
ポール・ブリッツティーガー
2019/02/01 03:38[web全体で公開]
> 日記:【雑記】連城三紀彦にTRPGとミステリーの融合を見た

わたしは「花葬」シリーズをどうやったら自分のシナリオにとり入れられるのかまったくわからないです。というより、あれをシナリオでやってネタバレするのは、「連城ミステリ」を読む快感をほかの人から奪ってしまうことになるので、ミステリ読みとしては、「そんな犯罪的行為できない!」と考えてしまうし、そもそもあの人のトリックは超絶技巧すぎてPLが常人であれば誰一人見抜けず、「GMが解説」しなくちゃならないから謎解きものとしてもどうかと思うし……。

前にシナリオで、マイケル・バー・ゾウハー流の「最後に物語すべてをひっくり返すどんでん返しが来る」やつをやったことありましたが、そのときのPLの盛り下がり方はなかったですので、そういう形でのミステリの使い方もどうかと思いますから……いかにPLに「気持ちよく」謎を解いてもらうか、のほうをシナリオ作者は考えるべきじゃないかなあ。とはいっても前にやったクトゥルフで「前半で謎とどんでん返しがぜんぶわかってしまう」ようなためしがあるからバランスが難しいのですが。うーむ……。
youポール・ブリッツ
2019/01/31 18:45[web全体で公開]
ごめんなさい。

リアルと自卓が忙しいのと、2月の予定が完全ではなかったので返信が遅れました。

いや、少し待ってくださいと一言でも入れるのが筋でした……。


5日ですが、明日までお返事は待っていただきたく思います。
自卓の日程擦り合わせが、まだ終わってないのです

ポール・ブリッツカモミール
2019/01/30 23:55[web全体で公開]
8も9も空いてるよ~
ポール・ブリッツ鏑矢
2019/01/30 08:09[web全体で公開]
「王妃の首飾り」とか「鉄仮面」とかあれだけ好き放題やっていて伝奇ものじゃなかったらなにを伝奇ものと呼ぶんだ、と(笑) 隆慶一郎もハダシで逃げ出すデタラメっぷりじゃないですか(笑)
鏑矢ポール・ブリッツ
2019/01/30 07:57[web全体で公開]
> 日記:今読んでいるカーのミステリ
デュマの「三銃士」って、伝奇モノってくくりなんですか?∑(゚Д゚)
ポール・ブリッツ
2019/01/29 22:55[web全体で公開]
😶 今読んでいるカーのミステリ
「ビロードの悪魔』っていう歴史ミステリで、17世紀の政情不安なイギリスを舞台とした、恋と義侠とチャンバラてんこもりのうえに謎の毒殺魔と悪魔が暗躍してしかも時空まで超えてしまう、という、どこをどうやってもファンタジーTRPG(特に「混沌の渦」なんか(笑))の参考になることおびただしいだろう、という大長編伝奇小説なのだが、どうもノレない。250ページを苦労して読んで、あと300ページあるのだが、ほんとに解説の山口雅也のいうとおり、結末に驚天動地の大トリックがあって読者を悶絶させてくれるのだろうか。はてしなく不安だ。伝奇小説では大デュマの「三銃士」もノレなかったし、おれには合わない世界なのだろうか。

あと50ページ読んだら睡眠薬飲んで寝よう。もしかしたら面白くなるかもしれんしな。このSNSで読んだ人いたら、ネタバレではなく、「読め! ぐだぐだいわずに読め!」くらいの助言をしてくれるとありがたいです。真相をネタバレしたら一生恨んでテクノマンサーに頼んでアドレスを特定し、ティンダロスの猟犬を差し向けます(笑)。

まあいいや、がんばって読もう。
 10
ポール・ブリッツ
2019/01/29 21:07[web全体で公開]
😶 つらい
ストレスで胃袋に穴が開きそうである。

悩んでいても仕方ないので、石田よう子の歌聞きながらディクスン・カーの小説にのめり込んで寝てしまうことにした。

TRPGのオリシのネタになるかもしれないしな。
 7
ポール・ブリッツyou
2019/01/29 14:45[web全体で公開]
失礼いたします。あまりにご返事がないのでお誘いに来ました。2/5の打ち上げに参加していただきたいのです。

どうしてひと言も返していただけないのか考えた末、まぁていさんも誘ったことくらいしかご不快にさせる要因が思い至らず、彼が20日以上ログインしていないことから、まぁていさんへの勧誘はとりやめました。

youさんに対して何か失礼をしたとすれば、わたしにはそれくらいしか身に覚えがありません。ほかのことで何かご立腹させたのなら、どうかおっしゃってください。わたしに謝罪できることなら謝罪しますし、改められることなら改めます。

せめても、参加不参加くらいはおっしゃってくださるとありがたいです。

これ全体がわたしの取り越し苦労であり、単に日程の調整がつかないだけならよいのですが。

たぶん、当日集まる人間は、みんなyouさんのご参加を心待ちにしていると思います。

伏してお願い申し上げます。どうかご返事いただければ幸いです。

過去のタイムラインを見る