ポール・ブリッツさんの詳細

ポール・ブリッツさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

自己PR

世の無常を悟りて深編笠を被り尺八を吹き一夜の卓を乞う。

虚無僧にあらずして単なるコミュ障なり。

行動原理は「あずまんが大王」の以下のやりとりの滝野智。

ちよ「やめてって言ったのに(押すとちよが死ぬボタンを)押したですね?」

智「えー、でも、ボタンがあったら押すだろー!

 でさ、その横に、押したら私が死ぬボタンがあったのよ!

 それはさすがに押せなかったよ……」

ちよ「私のは押したのに……」

最近はAFF第二版とアドバンスドファンタズムアドベンチャー、それにジェームズボンド007がお気に入りシステム。

ポール・ブリッツさんの日記を全て見る

ポール・ブリッツさんが答えた100の質問を見る

ポール・ブリッツさん主催のセッションを見る

ポール・ブリッツさんが参加申請したセッションを見る

ポール・ブリッツさんの立てたトピックを見る

スケジュール

030303030303030303030303040404040404040404040404040404040404040404040404040404040404050505050505050505050505050505050505
202122232425262728293031010203040506070809101112131415161718192021222324252627282930010203040506070809101112131415161718
(曜)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)
                                                            
                                                            
                                                        

スケジュール・メモ

「△」は「~23:00」まで。23:00を過ぎたら基本的に卓落ちいたします。

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

平常時のお誘い受け可能な時間帯(あくまで目安です)

 

平日

土曜

日曜

所持するルールブック (37)

ポール・ブリッツさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

卵豆腐ポール・ブリッツ
2019/03/20 19:08[web全体で公開]
https://densuke.biz/list?cd=TpvQW2fkBQfCegr9

いつもお世話になっております。
SR「親切な医者」の伝助(スケジュール管理サイト)となります。
近日中の参加可能日を、記入お願いします。
参加可能日がしばらく無さそうなら、連絡下さい。
よろしくお願いします。
チョコチップポール・ブリッツ
2019/03/20 07:31[web全体で公開]
ありがとうございます。
PHB確認しました。読んだところ、その「盲目状態にはならないが」というのは、重度の隠蔽エリアにいるクリーチャーは盲目状態というデバフを受けるわけではないという意味で書いていると思います。 183ページには続いて「実質的に盲目状態と同じことになる」とあります。つまりPHBの言葉を使ったフォッグクラウドの説明は下記のようになると私は考えます。
他のGMさんやPLにさんがどのように運用されているかわかりませんが、面白い魔法と思いました。

濃霧エリア(重度の隠蔽)にいるクリーチャーは盲目状態になるわけではないが、見ようとするものへの視線が遮られているため、実質的に盲目状態と同じことになる。

ポール・ブリッツミロク
2019/03/20 00:54[web全体で公開]
> 日記:Sw2がやりたいけど……

新規セッションを探して、おそれず、飛び込め。いえるのは、それだけ。考えてみてください。SW2が初プレイなら、プレイすることで、失うものが、なにか、ありますか?
ポール・ブリッツチョコチップ
2019/03/20 00:45[web全体で公開]
> 日記:フォッグ・クラウドの扱い

「重度の隠蔽」の説明はルルブ183ページ「視覚と明るさ」に記載がありますね。そこには別に、1d8で進む方向を決めろ、とか書いてませんし、「盲目状態」にはならない、とあります。だから、方向くらいはわかるのではないでしょうか。少なくとも、自分が歩いてきた方向から「前進」するか「後退」することはできるでしょうし、その場でぐるぐる回転でもしない限りは、ランダムで8方向移動はやりすぎなような気がします。また、さらに強く「盲目状態」を適用するとしても、現実の視覚障碍者も、そこまで方向がわからないものだろうか、と思います。それに、ゲームの進行を考えると、そこまで厳密にやることかどうか。ゲームの処理としては、ルルブ通り、普通に移動して、「攻撃に不利を受ける」くらいでいいのではないかなあ。また、歩く方向がずれたとしても、それはGMの「演出」によって処理されるべき問題ではないかと思いますね……。
ポール・ブリッツkazumaru
2019/03/19 00:15[web全体で公開]
> 日記:超初心者

とりあえずやるべきことは、最寄りのホビーショップ、関東近辺ならたとえば秋葉原のイエローサブマリンのTRPGショップ、ほかの地方ならその土地土地の大型店にでかけて、なんでもいいから、第一印象で面白そうだと思ったルルブを、えいやっ、と買うことです。

ホビーショップが行動半径になければ、アマゾンの通販でも駿河屋の通販でもかまいません、なんでもいいからルルブを買いましょう。

買って読んだら、まずキャラクターを作りましょう。本のページを順に読んでけばキャラクターは誰にでも作れます。作ったらそのキャラクターの活躍を妄想し、愛でましょう。愛でていたらそのうちそのキャラでどうしても遊びたくなります。

後は時間の合うセッションに飛び込むだけです。幸運を祈ります。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/03/18 08:56[web全体で公開]
おぉっ。
コメントありがとうございます!
ゆーきポール・ブリッツ
2019/03/18 00:57[web全体で公開]
はい!後押ししてくれてありがとうございました!
とても和気あいあいとした雰囲気の中で僕も楽しむことができたので、COCも楽しみつつ、いろんなコンベンションに友人を(迷惑にならない程度に)連れ回していきたいと思います笑
ポール・ブリッツカモミール
2019/03/18 00:30[web全体で公開]
「空の涜神者」、ミニキャンペーンとして、前話「失われたメダリオンの追跡」をかけたので、「空の涜神者」のプレイは来週の24日日曜日になりました。よければご参加ください。次週も無理なら別ですが……。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=155203553311pb100
ポール・ブリッツゆーき
2019/03/17 19:24[web全体で公開]
> 日記:コンベンション

でしょでしょ! コンベンションって、「上級者しか行かないもの」だとイメージしてしまいがちだけど、そんなことはないのです。「ゲーム好きな人が集まって楽しく遊ぶ」会にすぎないので、みんな優しいし、新入の参加者はどこでもうれしいのです。(主催者にとってみれば参加費も払ってくれるしな(笑))

これからもどんどん、友人知人を誘って、手当たり次第にコンベンションに参加してみてください! 興味はあるけどルルブを持っていないゲームでも、そこに行けば、ルルブを持ってきた人がきちんと見せてくれるし、初心者にきちんとアドバイスもしてくれます。そこでプレイして気に入ったならアマゾンあたりでルルブを買えばいいのです。

人間好奇心を持つのがいちばんです。SW2.5でも、インセインでも、シノビガミでも、どんどん挑戦してくださいね~。単に楽しいだけでなく、それが明日のTRPG界の発展の礎にもなるのですから…。
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/03/17 11:43[web全体で公開]
そうですよ~♪

今はあの映画の時代から300年前くらいの中つ国で宝探ししてます。楽しいよ。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/03/17 09:29[web全体で公開]
TRPGに大事な要素ですね~。

ロールマスターって「指輪物語ロールプレイング」のやつですよね?
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/03/15 11:49[web全体で公開]
> 日記:理想のルールブック(アンケート)

索引がしっかりしていて用語の定義がはっきりしていて解釈で迷った時に項目が参照しやすいルールブックですね。

いま、ロールマスターというマニア向けTRPGでゲームをしてますが、三冊組の分厚いルルブ、「どこに何が書かれているか」について、索引をひきながら読んでも理解しにくいという迷宮のような構造に頭を抱えています(^^;) あのルルブを作ったメーカー、編集者おらんかったんとちゃうかレベル(^^;)
おもちポール・ブリッツ
2019/03/12 16:28[web全体で公開]
ぜひお友達になってください(=゚ω゚)ノ

ピーカーブーのコミュニティがあったんですね、登録してみようかと思います。
親切にありがとうございます!
PI-TG001(ヒラヲカ)ポール・ブリッツ
2019/03/12 09:55[web全体で公開]
なるほど、そういうのもあったんですねー
あとは、スト2の藤原京のアニメでも、
その時代そんな感じだったっていう描写がありました。

当分大事にしておきます…!
チハポール・ブリッツ
2019/03/12 08:20[web全体で公開]
おお~、日本語版でるんですねっ!すばらしぃ
(出版された当時よもや日本語版は出るまいと思って出版元から全部英語版で揃えちゃったんですよね orz、日本語版が出る前に卓を立てたい気もするんですが、もう複数卓を切り盛りしているので当分無理っぽ)
ポール・ブリッツPI-TG001(ヒラヲカ)
2019/03/12 00:41[web全体で公開]
> 日記:医者回り

>中世は医者に

トラベラーの「テックレベル2の「医学」」ってジョーク思い出しました。祈祷師が祈祷するだけ、という(^^;)

お大事になさってください。
ポール・ブリッツチハ
2019/03/12 00:37[web全体で公開]
> 日記:ぽっくり逝く前にやっておきたいこと

今年の6月頃に出るそうですよ、AFF2e版の「ソーサリー」。

もっとも、本来は去年の12月ごろには出ているはずだったので、どれだけ遅れるかはロガーン神のみぞ知るですな。とほほ。
ポール・ブリッツおもち
2019/03/11 23:50[web全体で公開]
ピーカーブー、人が集まってないようですが、コミュに参加して呼び掛けてみたらどうか、と思います。

https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150271828024

友達は多いほうがいいと思うので、登録してみてはどうかな。

また、隗より始めよ、って言葉もあるので、まずわたしとお友達になりませんか?
ポール・ブリッツ
2019/03/10 19:02[web全体で公開]
😶 100面ダイスと言えば
昔コンベンションで、愛用の10面ダイスを一個なくしてしまったとき、昔のD&Dユーザーの故事を思い出して、10面ダイスと、「20面ダイスの1の桁」を使って1d100をしていたら、隣の小学生参加者に「貧乏人」を見る目で見られたのが今でも腹に据えかねる(笑)

確かに貧乏人だったけど(笑)
 7
ポール・ブリッツ南空奈緒
2019/03/10 18:42[web全体で公開]
> 日記:100面ダイス

アマゾンの出物をもう一度調べましたが、なんだ、セットで2860円プラス送料というものがあるじゃないですか(^^;)

https://www.amazon.co.jp/Bescon-Complete-Polyhedral-D3-D100-Opaque/dp/B074JFKWHH/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1552210590&sr=8-2&keywords=100%E9%9D%A2%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%AD#customerReviews

これだったら他のダイスもセットで揃うのでお得じゃないですか。

これを買うだけのお金もない、というのだったら、おとなしく10面ダイスを2個振って1d100にしてください(^^;)

健闘を祈ります。

ポール・ブリッツ南空奈緒
2019/03/10 09:08[web全体で公開]
> 日記:100面ダイス

なんでこんなに高いのかというと、「手間のかかる割にそれほど売れないので、もとからそれほど作っていないから……」らしい。
ポール・ブリッツ南空奈緒
2019/03/10 08:36[web全体で公開]
> 日記:100面ダイス

楽天のこんなところでどうです? 3500円だそうですが。

https://item.rakuten.co.jp/headwear/50882/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

わたしは10面ダイスを2個振ってやってますが、100面体ダイスがほしいってのもわかります。なんか自分がいっぱしのゲーマーになった気分になりますからね。
ゆーきポール・ブリッツ
2019/03/09 15:31[web全体で公開]
コメントありがとうございます。
少し勇気が出てきました。突撃してみようと思います…!
システムポール・ブリッツ
2019/03/08 17:58[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ポール・ブリッツさんは03月17日21時00分に開始予定の新しいセッション:
【ファイティング・ファンタジー】空の涜神者を作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=155203553311pb100
ポール・ブリッツゆーき
2019/03/08 17:45[web全体で公開]
> 日記:コンベンション

「行かずに後悔するよりも行って後悔すべし」です。

突撃あるのみです。

コンベンションを主催している人は、たいてい、「あと一人来てくれさえすれば会場の使用料が払えるんだがなあ」とか考えてるので、行けば、絶対に優しくしてもらえます。

それに正気度チェックをすることもないですし、行きましょう。ぜひ行ってください。

もっと書きたいですが、礼拝の時間なので失礼。「フングルイ ムグルウナフ イアイア アザトース……」(こら)
ポール・ブリッツサザナミ
2019/03/07 12:45[web全体で公開]
メンバー19人でも、これから大きくしていけばいいのです。

あと、「007」と「混沌の渦」コミュもやってますのでよかったらぜひどうぞ(笑)

https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu153596697680
サザナミポール・ブリッツ
2019/03/07 12:30[web全体で公開]
ワァありがとうございます!
とはいえ、同志少ないですねー。20人未満なのか...。
ポール・ブリッツサザナミ
2019/03/07 12:28[web全体で公開]
> 日記:現在の熱はAFF2e

一名様ごあんなーい(笑)

https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu152591507787
サザナミポール・ブリッツ
2019/03/06 19:30[web全体で公開]
おー!
日曜にでも登録するです!
でもやったこと無いんですよw
古き積みゲーのうちのひとつなんですw
ポール・ブリッツサザナミ
2019/03/06 19:16[web全体で公開]
> 日記:所持してるルルブをチェックした!

007は「ジェームズボンド007」の欄で登録できますよ。 https://trpgsession.click/rulebook-detail.php?i=sgy607045899001

ちなみにコミュニティもあります。参加者大募集中です(笑) https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150245231257
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/03/05 09:40[web全体で公開]
なんか複雑で、大変そうですね…。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/03/05 09:39[web全体で公開]
分かりました。
ポール・ブリッツ
2019/03/04 22:06[web全体で公開]
😶 NHKの大河ドラマで
まだ日本でアナログゲームなど誰もやらなかったころからコツコツと努力と研鑽を積み、そして21世紀になって、初めて日本人として前人未到のチャールズ・ロバーツ賞受賞の偉業を成し遂げた、アナログゲームデザインの鬼、ゲームジャーナル編集長「中村徹也」の一代記を、日本のゲーム産業史と同時代のさまざまな人物との関係もからめ、ドラマ化したら、視聴率80%は固いのではないか、と思った。むろん、シミュレーションゲーマーの視聴率であるが。東京オリンピックなんかよりはよほど面白いのではなかろうか……。
 6
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/03/04 19:18[web全体で公開]
こないだ買ったアナログゲーム専門誌によると、ポーランドのゲーム会社が作った、ボスニア紛争を生き延びようとする一般人数人を主役にしたアナログボードゲーム「This War Of Mine」は、イベントや行動の結果がすべて「脚本ブック」におさめられているそうですが、その項目数は1900項目にものぼるそうです。リッケルトさんの理想とするゲームにはそこまでする必要もないかもしれませんが、まあ、「こだわり」を徹底するにはそれくらいのことも平気でするのがアナログゲームというものです。

健闘を祈ります。
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/03/04 19:10[web全体で公開]
正直な話、まだ詰め込みが足りませんね。でも、作者のリッケルトさんがなんとなくイメージが固まってきつつあるのなら、それをもとに仮システムを組んで(ほんとに「仮の仮の仮の試作品の試作品の試作品レベル)、それが動くことを確認して、細部を詰めていってもいいでしょう。

PCのHPをどれくらいのものと考えているかわからないので3.についてはおいときますが、

1.敵からどう逃げ回るのか(移動の方法は? 敵はどのように襲ってくるのか? 1ラウンドでプレイヤーとシステムにはなにができてなにができないのか? 合流はどうやって判定するのか? ……等)
2.変身後に戦うとしてその方法は?

といった問題点がクリアになっていません。

なにか簡単なTRPGかSLGのシステムを流用して、実際に自分で遊んでみてください。その過程で問題が山ほど出てくると思います。それを一つ一つ解決していく、ゲームデザインというものが地味でありながら麻薬的な楽しさであるのがこの過程です。あきらめず行きましょう。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/03/04 10:15[web全体で公開]
忙しいところすみません。 またまたアウトラインです。読んでください、お願いします。

だれが:気弱で超ネガティブな少年主人公が
だれと:気が強く超ポジティブな魔法戦士の美少女や、ほかの仲間たちと
いつ:現代日本風の
どこで:ファンタジー世界で
なにを:世界を支配しようとする邪神を
なんのために:倒し、世界を守るために
どうする:男女二人のバディーで「ノイド」と呼ばれるヒーローに変身して戦う。

詰め込み過ぎですか?

現時点で決まっているゲームシステムのようなもの:

1.敵から逃げ回って、一定ラウンド後(10ラウンドくらい)に変身。
  このとき変身者2人が合流していなければならない。
2. 変身後、一定ダメージがたまると、変身が強制的に解除される。
3. 変身前のHPは4ラウンド毎ごとに2ポイント回復。

仮タイトル案:精霊戦士アースノイド


ポール・ブリッツ
2019/03/03 20:24[web全体で公開]
😶 オリジナル神話生物について
クトゥルフでザコのモンスターはいいとしても、オリジナル神格としてそれをやっちゃあクトゥルフのゲームをやる意味がないんじゃないか、と思ったが、よくよく考えると「ぼくの考えたウルトラ怪獣」をウルトラマンのTRPGにかけるようなものか、と気づいて、まあそれもよし! と考えを変えた、青心社クトゥルー育ちの昭和生まれの原作厨である。
 8
ポール・ブリッツMch
2019/03/03 19:29[web全体で公開]
> 日記:私が 『 毎週○曜日 』 で、参加者募集する理由

参加者としても、毎週〇曜日だったら、スケジュールを合わせやすいですしね。もとから無理なら参加前にあきらめつきますし。

だからいいことだと思いますよ。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/02/28 09:55[web全体で公開]
すみません。ありがとうございます!
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/02/28 09:51[web全体で公開]
いえいえ。ゲームとはいえ、なんであれ「芸術」を作ろうとする人間にはよくあることです。気にしてませんよ~。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/02/28 09:36[web全体で公開]
2月19日のコメントでは、訳の分からないことを言った上にキレてしまい、すみませんでした。
ポール・ブリッツ
2019/02/27 17:35[web全体で公開]
ふつつかものですがよろしくお願いします。それと、今回の冒険から帰ってきたメンバーに、シャイドが何か話があるみたいです。(→コミュへ)
ポール・ブリッツ
2019/02/26 00:04[web全体で公開]
😶 タクテクスの渋いシナリオはやっぱり渋かった
昔のタクテクスを引っ張り出し、そこの汎用シナリオを「ドラゴンキャッスル」でかけてみたが、なんというか、うーん、渋かった(笑) 87年の掲載だから、32年前になるのか。それを勘定に入れても渋すぎる。ヨーロッパ映画みたいな味わい(笑)。

でもたまにはこういうのもいいな、と思った夜であった。まさにアダルトゲームである。つきあってくれたPLに感謝。
 4
ポール・ブリッツほよ
2019/02/25 23:29[web全体で公開]
なるほど~ FEのソフトのプレイはこのところしていないので、いろいろと興味深いですう! ロスト救済かあ……それもありかな?
ほよポール・ブリッツ
2019/02/25 21:17[web全体で公開]
> 日記:ファイヤーエムブレムTRPGをプレイする
実は最終盤限定なら復活の杖があったり...?これを使ってロスト救済組むのも面白そうだと思いました。
ポール・ブリッツ
2019/02/23 15:46[web全体で公開]
😶 ファイヤーエムブレムTRPGをプレイする
GMのかたが手を加えたルールでプレイ。元のルールでプレイした前回は5時間かかったゲームが、わずか2時間余りで済んでしまった。

ゲーム自体も、サクサクとPCが敵を殴り倒していくゲームとなり、また同時に敵の攻撃の一発一発も致命的なものとなったので、スリル満点(もしかしたらクトゥルフよりもキャラクターが死にやすいゲームかも…)。そしてこのシリーズになじみある方はご存知の通り、この世界に「復活の魔法」などというものはよほど限定されたシチュエーションでもない限り存在しない。生きるか死ぬかのサバイバルと、プレイヤーとしての戦術が楽しみたいプレイヤーにとってはおすすめのゲームになった。

まだ細かいルールの詰めをする必要がありそうだが、キャラクター作成がいささか煩雑なことを除けば、手軽に楽しむにはいいゲーム。またプレイしたいものである。GMさま、たのしかったですよ~!
 6
カモミールポール・ブリッツ
2019/02/21 08:22[web全体で公開]
> 日記:終った……
お疲れ様でした~。
いえいえ、面白かったですよ。「昔の紙芝居ってこんな感じだったのかな~」みたいな…
えっと…フォローになってないなw

僕も時代劇に疎いので、なかなか入り込めずに申し訳なかったと反省してます。
ポール・ブリッツ
2019/02/20 22:43[web全体で公開]
😶 終った……
わたしがGMのキャンペーンを終わらせた。自分では頑張ったほうと信じたい。

しかし最終回はNPCがしゃべりまくる独演会みたいになってしまった。

話が複雑だったとはいえ、我ながら最低なGMである……。

とほほ。
 10
涼葉ジローポール・ブリッツ
2019/02/19 19:28[web全体で公開]
全くもってその通りでございます。
とりあえず好きに書くと進行が止まるどころか遊べるですらなくなることがよく分かりました
これからは一場面1シナリオ単位で罠に上限を付けから書こうとおもいます
ポール・ブリッツティーガー
2019/02/19 18:55[web全体で公開]
英語に挑戦する気があれば、別タイトルのクローンゲームが10ドルでデータ販売されてますよ(^^)

https://www.drivethrurpg.com/product/128259/Classified
ティーガーポール・ブリッツ
2019/02/19 18:15[web全体で公開]
 ジェームズボンド要素ゼロのシナリオでも許されますかね(ジェームズボンドシリーズはなんか南極が舞台だったヤツしか見た記憶がないうえに、それも車で海に潜水するシーンとなんか女性に会っているシーンという記憶しかない)

 それと検索して一番上のページで「価格2,2500円」…これは…うーん…さすがに無理です。
ポール・ブリッツ涼葉ジロー
2019/02/19 17:43[web全体で公開]
> 日記:本気とは理不尽難易度を作るためにあるんじゃない

罠を考えたり張ったりPCが引っかかるのを見てるのも楽しいけど、それをやるとPLが無力感を感じたり過度に警戒的になってひとつの扉を開けるのにすら1時間くらいRPしたりしてシナリオのスムーズな進行がさまたげられるので、罠を張るにもTPOを考えたほうがいいと思いますねえ……。
ポール・ブリッツティーガー
2019/02/19 17:31[web全体で公開]
> 日記:ロードムービーなシナリオができるシステムって何かありますかね

「ジェームズボンド007」にはシンプルでよくできたチェイスのルールがありますよ。

問題は、ルルブをどこでいくらで手に入れるかだけですが……。
橘 ケルト(元、リッケルト)ポール・ブリッツ
2019/02/19 09:57[web全体で公開]
少し違います。 どのように、違うかは、言葉不足で説明できません。 もうあきらめました。 自分には最初からゲーム制作などの創作は向いていなかったのです。 自分で言っておいて、貴重な時間を無駄にさせて、すみません。 もう無理です。 コメント返信は不要です。
ポール・ブリッツ
2019/02/18 20:05[web全体で公開]
😶 某氏あてに作ったソロプレイTRPGをテストしてみた
ルール

勇者は1d6人の仲間(設定は適当に決める)とともにスタートする。

ステップ1
1d6①街②山③川④平原⑤海⑥異次元
で
敵幹部(設定は適当に決める)率いる部隊と戦闘になった!

ステップ2
勇者たちは
1d6①大勝利②犠牲の多い勝利③再戦を誓っての引き分け④負けたふり⑤犠牲を最小限にしての退却⑥犠牲の多い敗北
をした!

ステップ3
この過程で1d6人の
①(ステップ2で①⑤の場合)仲間を得た!
②(ステップ2で②⑥の場合)仲間を失った!(勇者含めた仲間がゼロになったら「魔王の勝利」でゲームオーバー) 失う仲間は、それぞれ、勇者から数えて2d6番目の仲間。除去するたびに詰めていき、オーバーしていたら最末尾の仲間を失う。

ステップ4
3d6する。666なら「魔王との最終決戦だ!」ステップ2の表で1d6し①②なら「勇者たちは勝った!戦いは終わった!」
それ以外ならステップ1に戻る



……やってみた。



ポール・ブリッツさんが、入室しました。
西暦20××年……世界は突如、悪の大魔王に支配された……その強大な力に、各国軍はなすすべもなく降伏した……
だが、そんな人類にも一縷の望みがあった。強化生体システム「退魔鎧」を身につけた戦士たちである。彼らのみが、大魔王とその軍勢に抗することができるのだ!
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 6
勇者、竜童翔とともに立ち上がったちっぽけな反乱軍は、以下の六人。
竜童翔の恋人、高峰桜。
翔と同じく退魔鎧を身につけた戦士、ヘンリー・ジャクスン。
忠実なるアンドロイド、ギズモ。
自衛隊特殊部隊の生き残りで桜の兄、高峰一尉。
退魔鎧の制作にかかわった天才科学者、祐天寺博士。
孤児の少年、ゴロー。
彼らの前に立ちはだかるものはは何か?
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
反乱軍の初陣は、関東平野となった。敵は関東方面軍司令官直属のモンスター、シャコガニアと、配下のモンスター1000体である。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
勇者は、シャコガニアに対して手も足も出ないふりをして撤退した。シャコガニアを罠におびき寄せるためである。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  10[5、4、1]  → 10
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
シャコガニアは秩父山中におびき出された。勇者たちは、攻撃を開始した。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
シャコガニアは強力だった。勇者たちは一時的に撤退して好機をうかがった。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  10[4、2、4]  → 10
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
秩父山中で、逃げ回る勇者たちを追い回すシャコガニア。勇者は反撃に出た。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 6
勇者は退魔鎧に慣れていなかった。攻撃はシャコガニアに通用しない!
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 3
ポール・ブリッツさんのロール(3 2d6)<br>→ 1回目: DiceBot : (2D6)  →  6[3、3]  → 6<br>→ 2回目: DiceBot : (2D6)  →  3[2、1]  → 3<br>→ 3回目: DiceBot : (2D6)  →  11[5、6]  → 11
ゴロー、ヘンリー、祐天寺博士が犠牲になって、勇者は何とか逃れることができた。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  9[3、4、2]  → 9
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
逃げる勇者たちは東京湾方面でシャコガニアに追いつかれた。勇者たちは決戦を決意した。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
亡き祐天寺博士の設計は正しかった。退魔鎧は効果を発揮した。強烈な一撃でシャコガニアは倒れた。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
シャコガニアの捕虜になっていた、百戦錬磨の元米軍レンジャー部隊指揮官、グリーン准将が仲間に加わった。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  9[5、1、3]  → 9
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
勇者たちはグリーン准将の助言を入れて、山地を拠点にゲリラ戦を展開することにした。魔王はうっとうしい勇者たちを討伐しにボアオックス中佐を派遣した。大蛇と牛が融合した恐るべき怪物である。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
ボアオックスの攻撃は激しく、勇者は山地を撤退するしかなかった。だが、その道のりで、得難い仲間を手に入れた。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
大魔王に処分されそうになっていた異次元の妖精、マリスとカリスである。
彼らの助言に従い、勇者はボアオックスへの対策を練った。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  11[3、5、3]  → 11
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 3
鬼怒川沿いで、勇者はボアオックスに対して正面から立ち向かった! ボアオックスとの一騎打ちが始まった。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
勇者はボアオックスを倒した。だが、犠牲も大きかった。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
ポール・ブリッツさんのロール(5 2d6)<br>→ 1回目: DiceBot : (2D6)  →  5[2、3]  → 5<br>→ 2回目: DiceBot : (2D6)  →  9[3、6]  → 9<br>→ 3回目: DiceBot : (2D6)  →  2[1、1]  → 2<br>→ 4回目: DiceBot : (2D6)  →  6[2、4]  → 6<br>→ 5回目: DiceBot : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
グリーン准将、カリス、桜、マリス、高峰一尉が帰らぬ人となった。恋人の亡骸を手に、勇者は復讐を誓うのだった。それを悲しげに見守るロボットのギズモ。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  10[2、6、2]  → 10
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
勇者は関東平野のただなかにある魔王軍の補給拠点をたたくことにした。迎え撃つは、黒騎士サー・ジェンセン。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
勇者は負けたふりをしてジェンセンを拠点からおびき出した。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  11[4、5、2]  → 11
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
関東平野を動き回りながら、黒騎士旗下の騎兵部隊との対決は第二ラウンドを迎えた。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
勇者はジェンセンと黒騎士団を完膚なきまでに叩きのめした。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
敗れたサー・ジェンセンは、勇者の度胸に感服して、大魔王を裏切って仲間となった。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  8[4、1、3]  → 8
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 6
勇者たちは関東を統括する敵の本拠を叩くため、異次元空間に乗り込んでいった。
敵は関東方面司令官、スパイドロス中将である。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
勇者たちはスパイドロスを倒し、関東を敵の手から解放した。だが、そこまでであった。スパイドロスとの戦いで、勇者たちは力尽きた。だが、われわれは信じよう。いつか、勇者の志を継ぎ、新たなる戦士が生まれてくるときを。そしてそれは、この解放された関東から始まるに違いない……完


結論

まあなんだ、骨組みだけのルールでソロプレイしてもTRPGはできるし、そこで重要なのは、ノリとアドリブと想像力だけだな……。
 4
システムポール・ブリッツ
2019/02/18 19:04[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
ポール・ブリッツさんは02月18日19時10分に開始予定の新しいセッション:
【その他】テストプレイ及びログとり卓を作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=155048428070pb100
ポール・ブリッツ橘 ケルト(元、リッケルト)
2019/02/18 13:15[web全体で公開]
80年代ごろのパソコン雑誌によくあった物語作成プログラムを思い出して書いてみましたが、まあ、この大枠に適当にさらに細かい設定表を追加すれば、だいたいは普通に動くでしょう。

まあ、やってもいないうちから諦めたり投げ出したりするよりも、まずはとにかく「なんでもいいから形に」してみることですな。後は想像力と創造力です。

健闘を祈ります。

過去のタイムラインを見る