ポール・ブリッツさんの日記

日記一覧

ポール・ブリッツ
2019/02/20 22:43[web全体で公開]
😶 終った……
わたしがGMのキャンペーンを終わらせた。自分では頑張ったほうと信じたい。

しかし最終回はNPCがしゃべりまくる独演会みたいになってしまった。

話が複雑だったとはいえ、我ながら最低なGMである……。

とほほ。
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2019/02/18 20:05[web全体で公開]
😶 某氏あてに作ったソロプレイTRPGをテストしてみた
ルール

勇者は1d6人の仲間(設定は適当に決める)とともにスタートする。

ステップ1
1d6①街②山③川④平原⑤海⑥異次元
で
敵幹部(設定は適当に決める)率いる部隊と戦闘になった!

ステップ2
勇者たちは
1d6①大勝利②犠牲の多い勝利③再戦を誓っての引き分け④負けたふり⑤犠牲を最小限にしての退却⑥犠牲の多い敗北
をした!

ステップ3
この過程で1d6人の
①(ステップ2で①⑤の場合)仲間を得た!
②(ステップ2で②⑥の場合)仲間を失った!(勇者含めた仲間がゼロになったら「魔王の勝利」でゲームオーバー) 失う仲間は、それぞれ、勇者から数えて2d6番目の仲間。除去するたびに詰めていき、オーバーしていたら最末尾の仲間を失う。

ステップ4
3d6する。666なら「魔王との最終決戦だ!」ステップ2の表で1d6し①②なら「勇者たちは勝った!戦いは終わった!」
それ以外ならステップ1に戻る



……やってみた。



ポール・ブリッツさんが、入室しました。
西暦20××年……世界は突如、悪の大魔王に支配された……その強大な力に、各国軍はなすすべもなく降伏した……
だが、そんな人類にも一縷の望みがあった。強化生体システム「退魔鎧」を身につけた戦士たちである。彼らのみが、大魔王とその軍勢に抗することができるのだ!
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 6
勇者、竜童翔とともに立ち上がったちっぽけな反乱軍は、以下の六人。
竜童翔の恋人、高峰桜。
翔と同じく退魔鎧を身につけた戦士、ヘンリー・ジャクスン。
忠実なるアンドロイド、ギズモ。
自衛隊特殊部隊の生き残りで桜の兄、高峰一尉。
退魔鎧の制作にかかわった天才科学者、祐天寺博士。
孤児の少年、ゴロー。
彼らの前に立ちはだかるものはは何か?
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
反乱軍の初陣は、関東平野となった。敵は関東方面軍司令官直属のモンスター、シャコガニアと、配下のモンスター1000体である。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
勇者は、シャコガニアに対して手も足も出ないふりをして撤退した。シャコガニアを罠におびき寄せるためである。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  10[5、4、1]  → 10
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
シャコガニアは秩父山中におびき出された。勇者たちは、攻撃を開始した。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
シャコガニアは強力だった。勇者たちは一時的に撤退して好機をうかがった。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  10[4、2、4]  → 10
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
秩父山中で、逃げ回る勇者たちを追い回すシャコガニア。勇者は反撃に出た。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 6
勇者は退魔鎧に慣れていなかった。攻撃はシャコガニアに通用しない!
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 3
ポール・ブリッツさんのロール(3 2d6)<br>→ 1回目: DiceBot : (2D6)  →  6[3、3]  → 6<br>→ 2回目: DiceBot : (2D6)  →  3[2、1]  → 3<br>→ 3回目: DiceBot : (2D6)  →  11[5、6]  → 11
ゴロー、ヘンリー、祐天寺博士が犠牲になって、勇者は何とか逃れることができた。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  9[3、4、2]  → 9
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
逃げる勇者たちは東京湾方面でシャコガニアに追いつかれた。勇者たちは決戦を決意した。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
亡き祐天寺博士の設計は正しかった。退魔鎧は効果を発揮した。強烈な一撃でシャコガニアは倒れた。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
シャコガニアの捕虜になっていた、百戦錬磨の元米軍レンジャー部隊指揮官、グリーン准将が仲間に加わった。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  9[5、1、3]  → 9
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
勇者たちはグリーン准将の助言を入れて、山地を拠点にゲリラ戦を展開することにした。魔王はうっとうしい勇者たちを討伐しにボアオックス中佐を派遣した。大蛇と牛が融合した恐るべき怪物である。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
ボアオックスの攻撃は激しく、勇者は山地を撤退するしかなかった。だが、その道のりで、得難い仲間を手に入れた。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
大魔王に処分されそうになっていた異次元の妖精、マリスとカリスである。
彼らの助言に従い、勇者はボアオックスへの対策を練った。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  11[3、5、3]  → 11
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 3
鬼怒川沿いで、勇者はボアオックスに対して正面から立ち向かった! ボアオックスとの一騎打ちが始まった。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 2
勇者はボアオックスを倒した。だが、犠牲も大きかった。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
ポール・ブリッツさんのロール(5 2d6)<br>→ 1回目: DiceBot : (2D6)  →  5[2、3]  → 5<br>→ 2回目: DiceBot : (2D6)  →  9[3、6]  → 9<br>→ 3回目: DiceBot : (2D6)  →  2[1、1]  → 2<br>→ 4回目: DiceBot : (2D6)  →  6[2、4]  → 6<br>→ 5回目: DiceBot : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
グリーン准将、カリス、桜、マリス、高峰一尉が帰らぬ人となった。恋人の亡骸を手に、勇者は復讐を誓うのだった。それを悲しげに見守るロボットのギズモ。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  10[2、6、2]  → 10
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
勇者は関東平野のただなかにある魔王軍の補給拠点をたたくことにした。迎え撃つは、黒騎士サー・ジェンセン。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
勇者は負けたふりをしてジェンセンを拠点からおびき出した。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  11[4、5、2]  → 11
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 4
関東平野を動き回りながら、黒騎士旗下の騎兵部隊との対決は第二ラウンドを迎えた。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
勇者はジェンセンと黒騎士団を完膚なきまでに叩きのめした。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 1
敗れたサー・ジェンセンは、勇者の度胸に感服して、大魔王を裏切って仲間となった。
ポール・ブリッツさんのロール(3d6)<br>→ DiceBot : (3D6)  →  8[4、1、3]  → 8
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 6
勇者たちは関東を統括する敵の本拠を叩くため、異次元空間に乗り込んでいった。
敵は関東方面司令官、スパイドロス中将である。
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
ポール・ブリッツさんのロール(1d6)<br>→ DiceBot : (1D6)  → 5
勇者たちはスパイドロスを倒し、関東を敵の手から解放した。だが、そこまでであった。スパイドロスとの戦いで、勇者たちは力尽きた。だが、われわれは信じよう。いつか、勇者の志を継ぎ、新たなる戦士が生まれてくるときを。そしてそれは、この解放された関東から始まるに違いない……完


結論

まあなんだ、骨組みだけのルールでソロプレイしてもTRPGはできるし、そこで重要なのは、ノリとアドリブと想像力だけだな……。
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2019/02/18 00:13[web全体で公開]
😶 ミニシアターで映画を見るため有楽町へ行ってきた
それなのにどうして帰りの電車に乗るおれの買い物袋には改訂版のピーカーブーとイエローサブマリンのレシートが入っているんだろう。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2019/02/15 07:20[web全体で公開]
😶 初ピーカーブー
やってみた。ノリはウルトラQを目指していたが、直接のイメージはウルトラセブンだったので、どっちに思われたかちょっと気になる。

今回はGMとしての肩ならしのつもりでもあったので、むちゃくちゃ簡単なシナリオにした。敵は弱くしたし、陰謀もまるわかり、というやつである。

予想通り陰謀は暴かれ、敵が正体をあらわすまではスムーズに進んだのだが、戦闘でつまづいた。サイコロフィクション怖い。サイの目に嫌われると、攻撃がまったく当たらん(笑) そのうえ敵の攻撃はバシバシ当たるし(笑) 弱点発見後にピーカーブーの一撃でケリ、というGMの甘い思いは外れ、GM本人の就寝時間が遅れて家族から文句がいわれるうえに、パーティーの全滅までもがリアルに見えてくる事態となった。

結局、最後の力を振り絞った命がけの合体攻撃が炸裂、宇宙人の陰謀は粉砕されたが、GMやっててあれほど冷や汗をかいたのも久しぶりである。

初プレイだったのでいろいろとミスもあったが(特に戦闘に興奮して眠気のカウントを忘れたのは大失策だった)、また機会を作ってプレイしたいゲームではある。次は正当派のゴーストハンターものでやろうかな。

こんな無能なGMに付き合ってくれたPL諸賢に感謝。
 いいね!9
ポール・ブリッツ
2019/02/13 00:18[web全体で公開]
😶 ドラゴンキャッスルRPGやってみた
か……軽い。コンバットに重きを置いたファイヤーエムブレムTRPGやD&D5版の後では、あまりのサクサクの進みぶりがかえって気持ちいい。

導入からダンジョンアタック、そして結末までが2時間で済んでしまった。

試しにこのシステムでタクテクス誌掲載のしぶーいシナリオをやったらどうなるか気になって、卓を立ち上げることにした。

興味ある人は来たれ。セッションの説明にも書いた通り、ルルブは誰でも簡単にダウンロードできるし、読むべきルールも1ページ半という超ライトぶりである……。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=154998375661pb100
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2019/02/11 02:31[web全体で公開]
😶 TRPGが幻想文学を作る上での最大の弱点は
すべてがルールできちんと説明され、数値が定量化され、ルールに従ってプレイすれば完全に「つじつまが合う」ように作られているため、理想的にプレイされると「つじつまが合って」しまい、「破綻」することができないことなのではないか?

ルール内で「つじつまが合う」ようになっているということは、ファンタジーを舞台としているようでも、それは「ファンタジー」ではなく「疑似科学」にすぎないのではないか?

たとえば、CoCを見てみよう。そのルルブには、邪神のデータが細かく記載され、STR、CON、使用可能な呪文、失うSANなどが克明に記載されている。だがちょっと待て。だとしたら、それは邪神ではなく、STRこれこれ、CONこれこれ、呪文これこれ、失うSANこれこれの「障害物」と等価なのではないか。それはプレイヤーとして「邪神」と対峙する感覚を味わうこと、とは明らかに隔絶しているのではないか。「邪神」が「邪神」として目の前に現れるには、どこかでゲームとしての現実だけでなく、リアルな現実をも「破綻」させていないといけないのではないか。

GMの語りで「畏怖」させることが可能だという意見はもっともである。だが、GMの語りのみで「畏怖」を覚えさせることができるのならば、「ルール」は何のために存在するのか?

「破綻」それ自体をルールに取り込むことは可能なのか? 可能だとして、それは「ゲーム」になるのか?

そんなことを、今年度のプリキュアの見逃し配信を見ながら思った。

イマジネーションの優位を理想として説いたとしても、「イマジネーション」で「ルール」は破壊するべきなのだろうか。それがゲームの根幹にかかわるものでも?
 いいね!15
ポール・ブリッツ
2019/02/10 19:50[web全体で公開]
😶 シャドウラン手探り中
脳味噌も装甲もない本能だけで動く下等生物に対しては、自動火器による「制圧射撃」がものすごく有効であることを先日のプレイで理解した。

そうだよ! おれがこのゲームでやりたかったのはそういうやつだよ! 自動火器をズガガガ、死体がグチャグチャのごろごろ、PCが通り過ぎた後は一面のミンチ、次から次へとわいてくるユニットがこれまた次から次へと吹っ飛んでいく快感。

今度あのシナリオをかけることがあったら、そこらへんの演出をもうちょっと考えよう。

TRPGじゃなくてボードゲームの「ゾンビサイド」をやったほうがいいのかもしれんが。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2019/02/04 00:39[web全体で公開]
😶 初GMを成功させるために
いろいろと考えなければならないことはあるが、その中で一番重要だと思ったことを書きます。

「回すシナリオは、『アホなほど簡単なシナリオ』にする」こと。

こんな子供だましのシナリオをかけたら、PLが怒っちゃうんじゃないか、と思えるくらいに簡単なシナリオを回す、これに尽きます。

この観点から見たらCoCは複雑なシナリオを高度に運営することが要求されるマニア向けゲームなので初心者GMがいきなりキーパーをやるには適さないゲームなのですが、それでも「PLにバカにされるんじゃないか」と思えるくらいシンプルなシナリオをかけるべきであることに変わりはありません。

こんなの小一時間もあれば終わるんじゃないか、と思えるほどの規模でけっこう。実際にやってみると、そんな規模の超シンプルでアホでも解けるシナリオでも、プレイに3時間はかかってPCは壊滅寸前まで行きかねないものであることがわかると思います。

もし、その3時間を曲りなりにでもなんとかコントロール下におくことができたら、あなたにはGMの資格が十分にあります。

無事PLにエンディングを迎えさせることができた後のその快感は、忘れられないものになるでしょう。シナリオを複雑にしたり、キャンペーンを考えたりするのは、それからでいいのです。

ほんのちょっと勇気を出して挑戦してください。ダンジョンひとつに部屋ひとつ、怪物ひとつに宝箱ひとつだけでも、それは十分にエキサイティングなものなのですから!
 いいね!21
ポール・ブリッツ
2019/02/03 23:51[web全体で公開]
😶 権藤権藤雨権藤
PL、PL、GM、PL。GM、GM、PL、GM、PL(今週~来週の予定(笑))
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2019/01/29 22:55[web全体で公開]
😶 今読んでいるカーのミステリ
「ビロードの悪魔』っていう歴史ミステリで、17世紀の政情不安なイギリスを舞台とした、恋と義侠とチャンバラてんこもりのうえに謎の毒殺魔と悪魔が暗躍してしかも時空まで超えてしまう、という、どこをどうやってもファンタジーTRPG(特に「混沌の渦」なんか(笑))の参考になることおびただしいだろう、という大長編伝奇小説なのだが、どうもノレない。250ページを苦労して読んで、あと300ページあるのだが、ほんとに解説の山口雅也のいうとおり、結末に驚天動地の大トリックがあって読者を悶絶させてくれるのだろうか。はてしなく不安だ。伝奇小説では大デュマの「三銃士」もノレなかったし、おれには合わない世界なのだろうか。

あと50ページ読んだら睡眠薬飲んで寝よう。もしかしたら面白くなるかもしれんしな。このSNSで読んだ人いたら、ネタバレではなく、「読め! ぐだぐだいわずに読め!」くらいの助言をしてくれるとありがたいです。真相をネタバレしたら一生恨んでテクノマンサーに頼んでアドレスを特定し、ティンダロスの猟犬を差し向けます(笑)。

まあいいや、がんばって読もう。
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2019/01/29 21:07[web全体で公開]
😶 つらい
ストレスで胃袋に穴が開きそうである。

悩んでいても仕方ないので、石田よう子の歌聞きながらディクスン・カーの小説にのめり込んで寝てしまうことにした。

TRPGのオリシのネタになるかもしれないしな。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2019/01/25 18:00[web全体で公開]
😶 ちょっとクラクラしているわけだが
なんというか、どこのメーカーでもいいから、サイコロフィクションシステムかなにか簡便なシステムの、CoCとコンバート可能なクトゥルフ神話ものスーパーヒーローTRPGを作って安価で売ったほうがええんとちゃうか。キーワードは「怖くない! 死なない! 気が狂わない!」とかつけて。

そうすればCoC卓もホラー専用になるし、資料集として使われる以上CoCルルブが売れなくなることもないし、いいアイデアだと思うんだけど。

現在ビール3缶め。

サプリメントでもいいな「クトゥルフ☆ヒーロー」とかいって。とりあえず追加ルールにヒーローポイント。アトリビュート決定は変更。APPは「1d6+12」で。技能は「INT×25+EDU×100」で決定(笑)

手持ち金は1d10×1万ドル、銀行口座その他の資産は1d100×100万ドルで決定。

ここに正気度自動回復ルールがあればもう完璧な菊地秀行世界だ(笑)

悪酔い中。
 いいね!11
ポール・ブリッツ
2019/01/23 23:55[web全体で公開]
😶 伝説のTRPG「混沌の渦」をやりたい人募集!
旧ウォーロック誌掲載のヴァリアントルール「時代劇の渦」を用いて現在進行中の時代劇キャンペーンシナリオ「天明大乱記」の追加プレイヤーを募集します。ルルブがまともな手段では手に入らなくなっているので、こちらがサポートいたします! ルルブを持っていない人も安心してご参加ください! 毎週水曜日できる方というのが唯一の条件です!

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=154096962134pb100
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2019/01/04 03:10[web全体で公開]
😶 未プレイゲーム初GM
プレイの経験すらないのに、初めて「シャドウラン5th」のGMをやった。

ひやひやものだったが、プレイは楽しいものになり、ラストシーンではみんなが驚いてくれた。

わたしは悟った。

GMは「ノリと気合い」だ。「ノリと気合い」さえあれば完全アドリブでもなんとかなる。

だからプレイヤー専門の人も、もっと気楽にGMをやりましょう。GMは楽しいです。こんな楽しいことを知らないでゲームしているのはもったいない!

あっ、そうそう。ほんとうに必要なのは、「ノリと気合いと、周囲の協力」ね。(^^)
 いいね!21
ポール・ブリッツ
2018/12/30 23:25[web全体で公開]
😶 ルルブはないけどゲームしたいぞ
コミュを立ち上げました。

「ルルブなしプレイヤーを歓迎する優しいGMの会」です。

内容についてはこちらを読んでくれたらありがたいです。

https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu154617821387

ルルブなしでもゲームに挑戦したいプレイヤーも募集します。

我と思わんものは来たれ。
 いいね!6
ポール・ブリッツ
2018/12/20 22:43[web全体で公開]
😶 ジャクソン祭り
今日はスティーブ・ジャクソン(米)のファンタジーTRPG「ファンタジー・トリップ」のシナリオを、同じジャクソンの汎用TRPG「ガープス」で終わらせた。そして来週の月曜は、スティーブ・ジャクソン(英)の「ファイティング・ファンタジー」のシナリオを「アドバンスト・ファイティング・ファンタジー」に置き換えたものが盛り上がりを見せるところに。

うん、やっぱりジャクソンのゲームは面白い。ジャクソンは偉大だ。いあ! いあ! じゃくそん!(笑)
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/12/14 23:38[web全体で公開]
😶 あたしにはそういうむつかしいことはよくわかりませんが(こん平師匠の声で)
倫理学のえらい人が考えに考えてもわからないような問題を、D&Dのアラインメントですらも持て余す凡人が議論して問題の根幹に迫れるとも思えませんので、まあ、セッションをして後味がよかったら「善」、後味が悪かったら「悪」くらいのスタンスでやっておけば、ゲームするうえでは問題はないんじゃないでしょうかねえ。いつも元気だご飯がうまい。ちゃ、らーん!
 いいね!13
ポール・ブリッツ
2018/12/09 18:25[web全体で公開]
😶 ぬうう……
D&D5版、もろもろの理由でドワーフが作りたくてたまらなくなっている今日。

だがそれはプレイの意義を台無しにするだろうから自重して耐えろ自分。

でも吟遊詩人「北風のシャイド」は地獄耳だから……なんつって冗談です。
 いいね!9
ポール・ブリッツ
2018/12/06 00:48[web全体で公開]
😶 忍者求む
忍者もしくは裏の世界の住人をプレイしてくださる方を求めます。

ゲームは「混沌の渦」ヴァリアント「時代劇の渦」です。

ルールを所持していなくてもお教えします。

1d100で能力値以下を出すだけの簡単なお仕事です。(「仕事」じゃない(^^;))

19日より、毎週水曜日がセッション日です。

死して屍拾うものなしです(こら(^^;))
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2018/11/30 00:14[web全体で公開]
😶 AFF2eによくあること
GMのとき
おれ「怪人が現れた! 君たちの前で悠然と去って行く! 配下が攻撃してきた! 戦闘だ!」
PL「あのーGM、そう言葉だけで話を進められても」
おれ(内心)『しかたないんだ、そこでZAPを撃たれると話が終わる!』

PLのとき
GM「敵のボスが現れた! 君たちに」
おれ「ZAP!」
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2018/11/28 23:12[web全体で公開]
😶 ちょっと実験に失敗
今回の「混沌の渦」ヴァリアント「時代劇の渦」のプレイは、実験的に、「ワンセッション1話完結式」のゲームにしてみた。テレビの「45分の時代劇ドラマ」のテンポとスピード感を出そうとしたのである。

だが、結果として、「GMのうんちく語りとNPCの活躍」だけで終わってしまった。ワンセッションを2時間で終わらせるのは無謀に過ぎた。

PLに迷惑をかけてしまった。「懺悔の部屋」で懺悔ものだなあ……反省しきり。
 いいね!3
ポール・ブリッツ
2018/11/28 17:27[web全体で公開]
🤔 日本でしか作れないTRPG「ゲイシャガール・ウィズ・カタナ」について
外国人に紹介したい日本のTRPG、と聞かれたので、即座に「ゲイシャガール・ウィズ・カタナ」のタイトルを出したがいまだに返事が来ない。

存在しないTRPGをいたずらで送信した、と考えたのなら、このとおり( http://www.game-writer.com/konogoro/trpg/ggwk/index.html )日本を代表するTRPGデザイナーのひとり山北篤デザインのものとして実在し、ネット上にルール全文がUPされているので、不勉強、もしくは好奇心の欠如は指摘されねばならないし、もし、外国人に対する悪意を感じたのなら、それはそれで感受性が強すぎである。初出はホビージャパン「RPG福袋96年度版」なのでれっきとした商業作品であり、同人ゲームでもない。

日本でしか作ることのできなかったであろうユニークなTRPG、ということで紹介したのだが、なにがそんなにお気に召さなかったのだろうか。とんと見当がつかぬ。なにかわたしは非常識なことをやってしまったのだろうか。それならば謝罪したいのだが……。
 いいね!3
ポール・ブリッツ
2018/11/23 00:55[web全体で公開]
😶 シャドウラン見学
とりあえず見学してみた。けっこう遊びやすいシステムで、やっていて実に「面白そう」である。SFファンだったので、自分ならこうもしたい、ああもしたいという思いがこみ上げてきて、ああっ! 自分でもGMしたいっ!

ルルブの厚さが488ページもなければ踏み出していただろう。まずは基本のルールだけでも目を通さないと……。

サイバー要素と魔法要素を抜いて、力技でダンジョンアタックだけする「ザ・スクリーマー」(知ってる?)みたいなシナリオなら、来月にでも書け……いや、待て、GMとしてキャンペーンふたつと長編シナリオひとつ抱えたいまのおれは「自重」という言葉のほうを大事にすべきだ。一時的に眠らせてあるキャンペーンもあるし。

ああ、ちくしょう、でも、やりたいよーっ!
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/11/15 00:33[web全体で公開]
😶 混沌の渦、初プレイ
地味なだけだと思ってたけど、意外と軽くて面白い。プレイアビリティ、意外と高い。それにしても戦闘はブラッディだなあ。避けるようにプレイすべきだなあ。けがが治りにくいため、ヤクザのドスレベルでも十分に怖いので、気分的にはロールマスターをやっている感じ。

現在、ヴァリアント「時代劇の渦」でキャンペーンを始めたところである。参加したければ今からでも……。
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2018/11/02 23:59[web全体で公開]
😶 燃えるゲームか……
たしかに、そればかりはどんなアドバイスもできん。

そもそも、わたし自身が高校生のころ、TRPGに燃えるなにかを感じられなくなったからSLGに転んだようなものだからなあ……。
 いいね!3
ポール・ブリッツ
2018/10/30 19:15[web全体で公開]
😶 時代劇シナリオを作ってるが
ジェームズボンド007のシナリオを作るよりも、考えなくてはいけないところがあまりにも多くて挫折中……。

「暴れん坊将軍」とか毎週シナリオを作っていたTV局の人たち、すげえ……怪物だ……と思った。

なにせ、みんな時代劇は普通に見るから、知らないところをウソで塗り固めようとするとボロが明らかに目についてしまう。

難しい……。途方に暮れています。

ちなみに使っているゲームは「混沌の渦」ヴァリアント「時代劇の渦」です。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/10/30 11:56[web全体で公開]
😶 ツイッターやめた
得たものよりも失ったもののほうがあまりにも大きすぎたことに気づいたので、アカウントを消してツイッターをやめた。

オンセンのほうはまだまだ続ける気なのでよろしくお願いします。
 いいね!9
ポール・ブリッツ
2018/10/29 14:11[web全体で公開]
😶 TRPGを遊ぶうえでのコツ?
ひとことでいえば、

「難しく考えすぎないこと」

です。
 いいね!24
ポール・ブリッツ
2018/10/28 00:18[web全体で公開]
😶 ゲームを作るとき
「5W1H」という言葉があるが、自分がゲームを作る際、これを明確にしておくと、相手に説明しやすい。

「誰(PC)と」who/1
「誰(NPC)が」who/2
「いつ」when
「どこで」where
「何のために」why
「何をするのか」what to do

これを決めると、
「武田信玄と」「上杉謙信が」「戦国時代に」「川中島で」「相手の首を取るため」「合戦をする」ゲームだ、

とか、

「ロミオと」「ジュリエットが」「中世の」「ヨーロッパで」「愛の成就のために」「イチャイチャする」ゲームだ、

とか、

「キン肉マンと」「浦島太郎が」「未来の」「ファンタジー世界で」「ジャングルの王者になるため」「ちゃぶ台返しをする」ゲームだ、

とかいえるので、聞いている方もイメージしやすい。

それがあきらかになった時点で、ようやく「いかにして」というhowを決めるのがゲームデザインであり、ゲームのプレイである。ゲームとは「いかにして」を可視化する遊びなのだから。

そんなことを思った。
 いいね!0
ポール・ブリッツ
2018/10/14 18:47[web全体で公開]
😶 清水の舞台から飛び降りた
アマゾンに15000円ぶっ込んできた。

少しばかり後悔している(´`:)
 いいね!8
ポール・ブリッツ
2018/10/10 00:39[web全体で公開]
😶 今日のセッションであったこと
今日は戦闘の楽しみを味わうのが売りのTRPGをした。というか、戦闘以外にほとんどルールがないTRPGである。

自分はファンタジー世界の自警団員で、小さな村を襲う山賊を駆逐するのが今回の目的だった。

その村についたところ、村長代理というやつ(NPC)が話しかけてきた。

あ、あやしい、と、わたしは思った。

とりあえず話してみると、いっていることがところどころ怪しい。

キャラのイラストが出た。

怪しい。怪しすぎる。怪しさ大爆発だ。

これはわれわれを罠にはめて全滅させる気に相違ない。わたしは、RPでやつの化けの皮を剥ぎ、正体がばれて混乱したところをこっちから攻撃をかけようとした。

敵もさるもの、RPでこっちのツッコミをのらりくらりとかわしやがる。正体はバレているのだ、素直に観念して襲って来んかい!

敵の攻撃のカウンターを狙うつもりで、わたしはRPをさらに繰り広げた。

RP対RPの、熾烈な腹の読み合いが続いた。いつの間にか、一緒に参加していたPLたちが静かになっていた。

0時を回って、寝落ちしてしまったらしい汗

結局、その日は戦闘なしで終わってしまった。

なにをやっていたんだろう自分……。
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2018/10/07 18:37[web全体で公開]
😶 明日から念願の「謎かけ盗賊」だ
しかもAFF第二版へのコンバート。がんばれわたし、最初さえ乗り越えられればあとはうまくいく。いちおう、毎週月曜日に4カ月間プレイすれば何とか終わると思うけど、もしかしたら半年かそこいら……いや、悲観主義はやめておこう。この一連のセッションは成功する。成功するからには成功するのだ! 善の神々よ我に加護を与えたまえ……。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/10/02 15:40[web全体で公開]
😶 ひどい被害妄想が襲ってきたなう
頭がどうにかなりそうなほどきつい。このサイトでゲームするのが楽しみなのにそれにさえも「陰謀感」を感じる。なんの根拠もないことはわかってるのに。

すぐに落ちつくとは思うけど、この感覚が明日のセッションまで残らないことを祈る次第である。

どういう感覚かというと、友だちみんなと座布団に座って仲良くお茶会をわいわいしていたとき、はっと気づくと、自分が座っているのが針のむしろで、友だちみんなの自分を見る目が氷のように冷たかった、という感じを十倍くらいに濃縮したものだ、といえば伝わるだろうか。たまにだが、こういう感覚に陥ることがあるのだ。

まあ、一種の病気ですな。それは本人にもわかっているのだが、自分ではどうにもなすすべがないのであります。

こんな爆弾を抱えているような人間でも、TRPGやりたいので、興味があったら、コミュ「非常識人でもTRPGしたい!」へどうぞ。https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu151981081827
 いいね!6
ポール・ブリッツ
2018/10/02 00:57[web全体で公開]
😶 GMは癖になる
4カ月かけてキャンペーンをひとつ終えた。心地よい疲労感を感じつつ、わたしは来週の月曜日はひと休みするか、ゲームをするとしても軽めかな、と思っていた。

ゲームを終えて十分後、わたしは新たなキャンペーンを立ち上げていた。

ダメ人間上等である。
 いいね!20
ポール・ブリッツ
2018/09/25 00:49[web全体で公開]
😶 ルール制作コミュに触れて
みんなよくこんな無茶な設定でアイデアがぼんぼん出てくるなあ、と感嘆。

実際に動くかどうかは動かしてみればわかるのであるから、アイデアを出す場ではアイデアをどんどん出すべきだろうな。

そのアイデアがなかなか形にならないので、いまのところ傍観しかできないが、

まとまったら参加してみたいな、と思った。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/09/17 00:23[web全体で公開]
😶 今回のT&Tシナリオでの謎のベンチについて
あの、人恋しくなるだけで効果が謎だったベンチですが、あれは、同じベンチに人間が二人以上座ると、人恋しさが募って、両者とも魅力度のセービングロール(1レベル)を振り、成功したプレイヤーは、隣りに座ったプレイヤーから、熱烈な『求愛』を受ける、という効果がありました。両者とも成功したら、二人の間には種族も性別も年齢差も超えた炎のような恋がめばえ、疾風怒濤の恋愛ロマンが始まるところだったのですが、みんな別のベンチに座ったので、効果が発動しませんでした。

いやーなにが幸いするかわからない(笑)。
 いいね!2
ポール・ブリッツ
2018/09/17 00:17[web全体で公開]
😶 T&Tやったど~
我ながらミョーチキリンなシナリオだけど、無事終わってよかった。

やってみるとやっぱり面白い。また機会があったらやろう。ルール簡単だし。
 いいね!6
ポール・ブリッツ
2018/09/16 07:44[web全体で公開]
😢 日程が合わないのをどうすればいいんだろうね
参加者の日程が合わずにセッションが流れまくって……。

休日の予定が立てられないような職業の人がプレイしたい気持ちが痛いほどよくわかるだけに、自分にはどうすればいいか正直わからないです。

自分がプレイヤーとして参加しているセッションでは、みんなの都合をいくらでも待てるけど、

自分がGMとしてやっているセッションでは、どうやればみんなを満足させることができるかの呼吸がわからない。

GMのわたしはプレイヤーみんなに楽しんでもらって満足してもらえればそれでいいんですけど……。

ごめんグチです。
 いいね!24
ポール・ブリッツ
2018/09/11 19:05[web全体で公開]
😶 ブライス薩摩説
「アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第二版」と「ファイティング・ファンタジー」を主食にしているが、旧世界でみんなの嫌われ国家の筆頭である「ブライス」は「衛府の七忍」や「ドリフターズ!」に出てくる「薩摩」ではないかという仮説に至った。たぶん、ブライスでは日頃から戦士が「朝に三千、夕に五千!」とかいいながら立ち木を木刀で殴って武勇を磨き、オークやゴブリンには片っ端からチェストして、「肝練り」と称してクィルの水を飲んで宴会しているのではないか。魔法を使ったり、モンスターや悪人に名前を聞くのは女々であろう。たぶん、ラドルストーンやガランタリアとの「接触」も、「おはんの名は! 名を申せ! (三秒経過) もう聞かんでよか!」となって戦争に突入したに違いない。

そう考えると、ブライス人の妖術騎士をプレイするのが楽しくなってきた。立ち位置的にはドリフの豊久的なポジションに来るのではなかろうか。「タイタン」にも「好戦的」「金貨は不幸をもたらすと信じている」「戦闘志向の強い」と散々なことを書かれている軍事国家ブライスに文明と秩序をもたらすべく奮闘する若きインテリの青年貴族として、「大将首だろう? 首おいてけよなあ 共通語しゃべれないなら死ねよ」というノリでプレイするのだ。

そういう遊び方もできる「アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第二版」いいゲームだからみんな買いましょう!(笑) グループSNEより絶賛販売中!
 https://trpgsession.click/rulebook-detail.php?i=4883753069
 https://trpgsession.click/rulebook-detail.php?i=4883753174
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2018/09/09 16:40[web全体で公開]
😶 「じゃりン子チエ」のおバアはん(CV:鮎川十糸子)の声で
「コミュニティで人とトラブル起こした、いうて落ち込んでる人がぎょうさんおりますけどな、反省してもええけど、凹んでどうにかなりますかいな。凹んでるよりは、非があるならコミュ内で自分の非を謝罪したほうがなんぼかマシですし、追い出されたら、自分でコミュを立ち上げて、自分の意見に賛同してくれそうな仲間を集めたほうがまだマシですわ。ひとつのゲームにはひとつのコミュ、と決まってるわけでもないでっしゃろ。どんどん競合コミュを作ればよろしいんですわ。同じ泣くにしても、ひとりぼっちで泣くよりは、自分の持ち家作ってその中で泣いた方が、誰か見舞客がくるかもしれないだけなんぼかマシでっせ。わたいはそう思って自分のホルモン焼き屋を開いたんですわ」
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2018/09/09 16:11[web全体で公開]
😶 マイナーゲームがしたいよう
マイナーゲームをぼそぼそとプレイしているので、必要に迫られて、プレイしたいマイナーゲームのコミュを次から次へと立ち上げていまに至る。

別にわたしが立ち上げる必要もないのかもしれないが、誰かが立ち上げるのを待っていたら、100年たってもプレイする機会がないと思うので、誰に何と言われようとも歯を食いしばって立ち上げる所存だ。

超簡単TRPGで遊ぼう!「ファイティング・ファンタジー」のコミュ。ただし、「アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版」で遊びたい人は、イズミさんのコミュ「アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版で遊ぼう!!」( https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu152591507787 )のほうがより親切。
https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu149398797564

ユニオン温泉支部「ナイトメア・ハンター」「ナイトメアハンター・ディープ」のコミュ。
https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu149673960139

ロールマスター友の会「ロールマスター」のコミュ。
https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150183793146

MI6温泉支部「ジェームズボンド007」のコミュ。
https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150245231257

モノカン生活協同組合「アドバンスド・ファンタズム・アドベンチャー」のコミュ。
https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150563010294

ファンタジートリッパーズ「ファンタジー・トリップ」「幻のユニコーンクエスト」のコミュ。現在コミュ主以外にメンバーがないので寂しい(笑)。
https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu153405224094

混沌の渦愛好会「混沌の渦」「時代劇の渦」のコミュ。
https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu153596697680

好きな人はどんどん参加してくだされい。

それと、自分が好きなんだけど誰も遊んでくれないルルブがあった場合は、臆せずどんどん、コミュを立ち上げて参加者を募らないと、「100年たっても遊べない」ということにマジになりかねないので、ゲームの多様性を保持するためにもどんどんコミュを立ち上げよう!
 いいね!17
ポール・ブリッツ
2018/09/01 18:44[web全体で公開]
😶 ガープスをやってみる
角川スニーカー文庫版「ガープス・ベーシック」で作ったCP100の戦士を、テストプレイとして、ソロで平均的ツキノワグマと戦わせてみた。

クマ強い……というかうっとうしい。ブロードソードで斬っても斬っても動きを止めない。なおかつ死んでも動きを止めない(笑)。

でもなんとか「感じ」だけはつかめたので、オールドファンには懐かしい「デス・テスト」を移植してみようと思った。

問題は何人参加者がいるかだが……。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/08/30 16:59[web全体で公開]
😶 邦キチ!T子さん
新刊のマンガ「邦キチ! 映子さん」が面白かったので、TRPGでああいうネタできないかな、と思った。

「はい! 自分の好きなTRPGは『ウィザードリィRPG』であります!」
「えっ、ウィザードリィ……あったっけそんなの?」

「部長にはハイパーT&Tのすばらしさを」
「なぜにハイパー!?」

「はい! フォーリナーについて語らせていただきます!」
「フォーリナー?! あれってたしかウィキでも酷評されてなかったか!?」


とか。

誰か書かないかな。
 いいね!0
ポール・ブリッツ
2018/08/29 05:02[web全体で公開]
😶 パーティー全員クレリック問題
D&D5版のコミュだったか、「とあるシナリオで、プレイヤーを募集したところ、キャラクターが全員クレリックだった。GMはどうすべきか」という問いにでくわしたことがある。その場の解答は、「プレイヤーにキャラクターを変えてもらう」であったが、ほんとうにそれは正しいのかを考えてみたい。「キャラクターを変える」以外にプレイヤーに楽しんでもらう対処法はないのか。

「キャラクターを変える」のに抵抗を感じるGMとしては、これはもう、「シナリオを変える」しかないと思う。シナリオの大筋を残したままで、細部を変更して対処するのである。

1.導入部を変える
 まず、話の展開を考えて、話の大筋が変わらない程度に、「クレリックしかいない」状況を作る。
 例えば、「冒険者求む、の張り紙を見て集まったPCたちは……」の場合は、何も変えなくていいのは自明である。
 これが、「宮廷での権力闘争に巻き込まれた宮廷人のPCたちは」というのであれば、いささかの変更が必要であろう。しかし、巻き込まれるのであれば、それがたまたまクレリックであるというだけなので、セリフを少々いじればそれですむはずだ。アドリブでなんとかするべきだろう。

2.ダンジョン、もしくは冒険のフィールドの地図を変える
 これについては、わたしは、「必要ないだろう?」としか思えない。クレリックが歩いていけない地図は、ほかのキャラクターでも移動は困難だろう。マップのほとんどが飛行しないといけないようなものであれば、単に、PCのクレリックたちに飛ぶアイテムを渡しておけばいいのである。「期限付き」にするのがいいだろう。

3.モンスターを変える
 クレリックでは絶対倒せないモンスターがいたら(わたしには想像がつかないのだが……)倒せるモンスターに変更するべきであるのは当然だ。では、クレリックが苦戦するタイプのモンスターであればどうか。その場合は、わたしは、変える必要はないと思う。苦戦するのも、またひとつのゲームの楽しみである。あまりにもパーティーの損害が大きかったら、以降出てくるモンスターを省略したり、弱くしたらいいだけの話である。そのくらいのアドリブはあってしかるべきだろう。

4.トラップを変える
 クレリックに鍵開けや罠外しの技能が存在しない場合、そのまま鍵開けや罠外しの技能の必要なトラップを仕掛けるのは愚かであるのはいうまでもない。だが、罠の効果を「クレリックの呪文である程度緩和することができる」ものに変更するとか、解錠もしくは罠解除の条件を「あるパズルを解くこと」に変えるなどすることで、罠や解錠のスリルは保ったままシナリオを同様に進めることは可能である、とわたしは考える。例えば、トラップを突破するのにどうしてもある「魔術師の呪文」を使う必要性があるなら、「その呪文が封じられていることがわかっている、起動方法が暗号で書かれたアイテム」を出すなどの方法を取ればいいだろう。某ソーサリーの「LIX」なんて、そういう意味で秀逸なアイデアだと思う。

5.NPCを変える
 そのNPCがモンスターとして立ちはだかってくる場合を除き、とくにNPCを変える必要はないのではないかとわたしは考える。モンスターとして立ちはだかってくるのなら、モンスターと同じ考え方で変更すればいいだけの話だ。例えば、どうしてもそのNPCに「魔術師と会って話をさせなければならない」とかならば、クレリックたちにそのNPCを誰か魔術師のいるところまでエスコートさせるというまた新たな冒険のネタができるはずだ。そのほかにも、あらかじめパーティーに遠距離通話用のアイテムを渡しておく、などの手が考えられる。アドリブでなんとかするべきだろう。

6.アイテムを変える
 これは、報酬となるアイテムを、クレリックにとって嬉しいアイテムに変える、というだけのことではない。ゲーム中にキーとなる働きをするアイテムを、もし進行に不自然もしくは不都合だった場合、都合のいいように変更するということである。また、そのアイテムは、ルールブックにその存在が載っている必要はない。それこそ、GMが好きにデザインしてしまって構わないと思う。

7.結末を変える
 結末を変えるという必要は薄いだろう。ここまでのことがやれていたなら、必死の冒険の末、クレリックたちはそれなりの結末に自分からたどり着いているはずだからだ。あとはそれをGMとPLが受け入れるかどうかだけである。双方にとって受け入れたくなるようなものであることを心から望む。もし成功したとすれば、「クレリックだけでの冒険」という経験は、さぞや楽しいものとなっているはずだ。なぜなら、ほかではまず味わえない体験になっているだろうからだ。

8.それって、シナリオを変えすぎじゃないのか?
 必ずしもそうではない。そもそも、シナリオを変えすぎ、ということを、どうして冒険途中のPL(PC)たちが知っているのか? 知っていたらかえってそのほうがおかしいとわたしは考える。セッションが終わった後で、元シナリオを読んで、違いに笑うPLがいたとしても、GMとPLの目的は、冒険をスリリングかつ楽しく行うことであるので、終わった後のことについては、GMの感知するところではないだろう。
 うろ覚えだが、昔、月刊タクテクスの「トラベラー」のリプレイで指摘されていたことに、「本に書いてあるシナリオをそのまま一字一句適用するのは機械にだってできる」というのがある。あれから機械はずいぶん進歩したが、人間がプレイしている以上、人間が満足するようにコントロールするのは、やはり人間であるGMである。

 「どんな状況でも楽しめれば勝利」だと思って、もっと自由にTRPGを楽しむべきではないかとわたしは考える。
 いいね!22
ポール・ブリッツ
2018/08/13 15:58[web全体で公開]
😶 オリジナルシステムを作るなら
自分が「何を楽しむために」ルールを作るのかを忘れないほうがいい。

戦闘システムひとつとっても、強力なヒーローでザコをばっさばっさとなぎ倒してスカッとしたいのか、等身大の人間が体力をけずりけずられしながらの鍔迫り合いにハラハラしたいのかで変わってくる。

単に自分のこしらえた世界で冒険させたいだけなら、ベーシックロールプレイングシステムを移植すればいいだけのことが多々ある。

要は取捨選択とバランスなのだ。ただ単に精密さを求めてルールを作ろうとすると、たいていは単に判定が煩雑になるだけで、精密ではあるがリアルでは全くなく、しかもプレイさえしにくいルールになることが多い。

高校生だったころのわたしが落ち込んだ泥沼もこれである。

いま世に出ている商業出版のルールは、そうしたリアルさとプレイのしやすさを、デザイナーとディベロッパーとテストプレイヤーがうんざりするほどのテストプレイで確かめたものばかりである。システムが気に入らないだけなら、まずそっちを試してみるべきだろうと思われる。
 いいね!13
ポール・ブリッツ
2018/08/12 21:47[web全体で公開]
😶 JB007で
うむ……水曜日にファンタジートリップのセッション「天下一メレー会」を開いたのが不満なのはわかる。

だが、JB007でオリシを一週間で作れというのはあまりにも無茶だ(^^;)

とりあえずヨーロッパの観光ガイドを借りてきたのだが、名所旧跡を頭に入れるだけでも手一杯なのだ。

すまぬ。
 いいね!1
ポール・ブリッツ
2018/08/09 01:43[web全体で公開]
😶 JB007楽しい
「オクトパシー」が終わった。

強烈に面白かった。なんでこんな面白いゲームがマイナーなんだ。まあ理由もなんとなくわかったw
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/07/28 15:28[web全体で公開]
😶 明日をも知れぬ冒険者のある日
おれの名前は北風のシャイド。旅から旅の吟遊詩人さ! 

詩とサイコロがおれの天職。カネなんてものには執着しない。

その日暮らしの放蕩三昧、右から左へパーッと使うぜ!

「おーいシャイド」

なんでしょうかな戦士殿。

「みんなでギルドホール作るんだけど」

いいですな。竣工式ではなに歌いましょう。

「お前も経営に参加しないか?」

……経営?

「それとも金だけ出して株主になるかい?」

……株主?

「少ないけれど配当もつくぞ」

……配当?

「それとも、小口に買ってリスク分散するかい?」

……リスク分散?

「やっぱり、安定した収益があればなにかと安心だろ?」

……安定した収益?

「箱ものを買っておくと老後の支えにもつながるからな」

……老後の支え?

「まあ、財テクみたいなもんだと思ってくれれば」

……財テク?




考えた末、出資することにした。おれの名前は北風のシャイド。政治と経済には弱い男さ……。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/07/07 14:21[web全体で公開]
😶 おれがなにをしたというんだ
そりゃおれは非常識で口も悪いよ。思ったこともなんでもいうよ。だがおれがなにをしたというんだ。1~6レベルくらいのキャラクター用の、未挑戦のシナリオがしたいと書いて、どうして追放されなければならないんだ。

システムやワールドに不満があるのも事実だよ。だが不満を漏らすと追放されなくちゃならんのか。

もういやだ。ちくしょう。
 いいね!14
ポール・ブリッツ
2018/06/30 00:29[web全体で公開]
😶 悩むくらいだったら
うちのコミュに入らないか?

https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu151981081827
 いいね!9
ポール・ブリッツ
2018/06/29 23:20[web全体で公開]
😶 なんか……
なんかさ……

人間がさ……

たどり着いちゃいけない領域って……

あるよね……

クトゥルフだけじゃなくて……

ファンタジーTRPGでも……。
 いいね!15
ポール・ブリッツ
2018/06/22 17:27[web全体で公開]
😶 真の意味でクトゥルフ神話TRPGを作るのに骨を折った人は
あのわけのわからない神々の要点だけを鳥瞰的かつコンパクトにまとめたアンチョコを作ったリン・カーターじゃないかな、と、整理されてないよそのゲームのパンテオンの記事を読みながら思う(グローランサぇ……)
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/06/11 20:21[web全体で公開]
🤔 いよいよ火吹山だ
30年越しの因縁のシナリオ、かけるのが楽しみでもありまた不安でもある。

責任の重さをひしひしと感じる。

30年前のわたしが体験したようなどきどきはらはらの大冒険になってくれればいいのだが。

偉大なるスティーブ・ジャクソン&イアン・リビングストン、我とPLとを守り給え。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/06/06 05:50[web全体で公開]
😶 TRPGマナーにお嘆きの貴方にこの言葉を贈ります
”Nobody is perfect.”
 いいね!15
ポール・ブリッツ
2018/05/04 21:19[web全体で公開]
😶 とある戦車戦ゲームの話
今から30年ほど前、マニア向けのシミュレーションゲーム専門誌で、とある議論があった。

ネタにされたのは某社の精密戦車戦ゲーム。恐ろしいほどに微に入り細を穿ったルールで、戦車同士の戦闘が忠実に再現されていた、往年のファンなら「ああ、あれか」と分かるゲームである。

それに、あるマニアがかみついた。くだんのゲームには欠陥がある。戦車のルールは精密かもしれないが、「歩兵」のルールが存在しないではないか! というものだった。

数誌を巻き込んだこの論争がどう落ち着いたのかについては当時の文献を持っていないのでよく知らないが、その論争に対する感想の読者投稿の内容についてはよく覚えている。

感想者の意見では、「果たしてそのゲームのデザイナーは、戦場における「歩兵」の存在を軽視していたからルールに存在しないのか? いや、そうではないだろう」というものだった。

精密な戦車戦闘のゲームを作る際には膨大な量のルールを書かねばならず、また、プレイする側も膨大な量のルールを覚えてそれをチェックしなければならない。それはプレイヤーに対してかなりの負担だ。そんな中、同等の複雑なルールが必要となる「歩兵」をゲームに入れることは、プレイヤーがプレイするにあたって障害にしかならないから、デザイナーは「あえて」ゲームから歩兵のルールを「省略」したのではないか、とそこでは指摘されていた。

「シミュレーション性」と、「ゲームとしてのバランス」と「プレイアビリティとしてのバランス」の微妙な拮抗の上に、シミュレーションゲームは成り立っている、という当たり前のことに、わたしはその時気づかされた。

微妙な拮抗ということを守るためには、「ルールの省略」だけではなく、「論理的に考えると明らかにおかしなルールを追加する」などの処理も必要だろう。いま、目の前にあるゲームが、入念なテストプレイのもとに作られていたとしたら、それはそうしたデザイナーの彫琢作業の結果だ、と考えて間違いない。

ことはTRPGでも同様である。「シミュレーション性」と「ゲームとしてのバランス」と「プレイアビリティとしてのバランス」の微妙な拮抗の上にTRPGのルールは成り立っている。それをいじることで微妙な拮抗が崩れたら、それはルールとしては正しくても、ゲームとしては正しい選択とはいえまい、と、わたしは考える。
 いいね!13
ポール・ブリッツ
2018/04/23 16:59[web全体で公開]
😶 ある日のメンタルな病院で
年期的にはベテランの域に達するメンヘラなのでメンタルな病院に通っている。

おれ「あのう、先生」

医者「なんですか?」

おれ「ちょっと前からSNSでTRPGをしてるんですが」

医者「ふむ」

おれ「最近、キャラクターのレベルが上がって責任が増えてきて、内政においても外交においても失敗ばかりで、SNSを開くのがつらくなってきまして、少々胃のあたりが重苦しく……」

医者「………………(^_^;)?」

おれ「胃を楽にするために、頓服が欲しくなりまして」

医者「………………(^_^;) ちょっとゲームから距離を置いてみるとかはどうですか?」

おれ「やめたくないんです。今ゲームを離れると、50000人以上の罪もない領民がモンスターのえじきになりかねないんです」

医者「………………(^_^;)」


冷静に考えてみたら、相談するおれもおれだけど、よく医者も頓服を処方してくれたものであるなあ(^_^;) 今日、GMから指摘されるまで、自分の言葉のおかしさに気付かなかったんだから、GMがうまくて、ゲームもよくできたゲームなんだろうなあ。
 いいね!14
ポール・ブリッツ
2018/04/18 14:02[web全体で公開]
😶 気づき
「ああそうか、これが世にいう

 『姑の嫁いびり』

 なのか、と気づいてぽんと手を打つ平和な男」

「こたえんやつだな」
 いいね!3
ポール・ブリッツ
2018/04/18 01:40[web全体で公開]
😶 歳か
普段から足りない集中力が、夜中になるとさらに激減することをつとに実感……歳か。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/04/14 17:21[web全体で公開]
😶 悟り
「現実世界ではないゲームの中なんだからやりたいことを自由にやろう! 自分を解放し、日ごろ抑圧しているものを表に出して、積極的に世界に能動的にかかわり参画していく人間になろう! 好奇心のおもむくままに生き、試したいと思う可能性はなんだって試してみよう!」

「あなたはもう少し自制というものを学びなさい」
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/04/14 00:55[web全体で公開]
😶 それがサソリなんだよ
どれだけ自分が自分の首どころか他人の運命までメチャクチャにするプレイをしようと、

わたしにはアラブの寓話にある、ラクダに川を渡してもらっている最中にそのラクダを毒針で刺してしまうサソリのように、「これがサソリなんだよ! これがサソリというものなんだよ!」としかいうことができない。

そこらへんがまったくダメな自分にもう愛想もなにも尽き果てたが、自分の命を絶つわけにもいかぬ。 

まことにダメなサソリである。
 いいね!6
ポール・ブリッツ
2018/04/01 16:17[web全体で公開]
😶 とらぶらあキャラ作成報告
とりあえずキャラクターを作ってみたが、

「ネタがあまりにもマニア向け過ぎて」

2010年代のSFファンには理解が困難なゲームであることがわかった。

収穫としよう……。

ちなみにミンキーモモ(空モモ)の呪文は「ピピルマ ピピルマ プリリンパ パパレホ パパレホ ドリミンパ」である。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/03/27 10:51[web全体で公開]
😶 エイプリルフール企画卓
4月1日昼の15:00より、2時間の予定で、SFファン冗談TRPG「とらぶらあ」のキャラメイキングを行いたいと思います。

冗談企画ですが、キャラクター作成は本気で行います。作成した人は、その独創的かつ先鋭的なキャラクター作成システムに、80年代のTRPGの恐ろしさを知ることとなるでしょう。

URLを貼っておきます。見学だけでも大歓迎です。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=152211495144pb100

 いいね!12
ポール・ブリッツ
2018/03/23 23:31[web全体で公開]
😶 人間は
人間は悪い事態に直面するとたいていは最悪か、あるいは事態をより悪くする方向への選択をしてしまいがちだが、それは目の前の問題で頭がいっぱいになり、目も耳も塞がれた状態で選択をするからである。事態をより良くする方向が明らかで、そのことをその選択をする人間が理解でき選択もできるならば、それは「悪い状態」とはいわない。

目も耳もなにも感じ取れないほどに判断力がマヒしていて、さらには決断力と意志力も持ち合わせがないあなた、

コミュニティ「非常識人でもTRPGしたい!」 https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu151981081827 に参加してみないか。 コミュ管理人はもう、自分の非常識ぶりに愛想をつかして、ヤケクソである。
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2018/03/22 22:33[web全体で公開]
😶 CD&Dをプレイして思ったことだが
エキスパートセットからコンパニオンあたりのここまでレベルが上がってくると、キャラクターとしてのRP以上に、「すべてを投げだして隠居して、深山幽谷に庵を開いて仙人になって清談をして酒でも飲んで暮らしたい」という現実逃避欲求と、「そんなことをしたら可愛い領民たちはどうなる? フロストジャイアントの餌食になるのを待つのみなのか? 彼らのためにも率先して身を粉にして働き領地を経営しなくてはならない。考えろ。配慮しろ。休んでいる時間などないぞ」という責任感とが交錯し、「下請け零細企業の経営者の悲哀」がリアルに味わえて、もう、毎日、胃がキリキリ痛くなる思いで、非常にマゾヒスティックに楽しい(笑) こんなゲームCD&Dとトラベラーくらいであろうなあ。
 いいね!8
ポール・ブリッツ
2018/02/28 18:57[web全体で公開]
😶 非常識な人集まれ!
あの日以来、自分の非常識人ぶりに愛想をつかし、長いこと考えにふけっておりましたが、

ついに今日、迷いが晴れる思いがしました。

「非常識は治らない」

その事実に開眼したのです。

どうせ治らないのなら楽しくゲームして生きればいいのです。

というわけでコミュを立ち上げました。

https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu151981081827

モットーは「反省すれど凹みはせず」です。

みんなで楽しくやりましょう。
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2018/02/23 11:20[web全体で公開]
😶 叱言に
感謝します。本人はマジで気がつかなかったので。ありがたいです。
 いいね!2
ポール・ブリッツ
2018/02/22 23:45[web全体で公開]
😶 終ったあああ~~~
今月をまるまる潰して行った一大キャンペーンが、プレイヤー側の完全勝利で終わり、いま余韻に浸っているところです。

敵国に潜入し、本拠地に乗り込み、悪の首魁を打ち倒し、……ほんと生きた心地もしなかった。

ヘーストをかける以外はなにもできなかったへっぽこMUでしたが、

ここまでこれたのはみなさんのおかげです。ありがとう、ほんとうにありがとう。

もう自分は田舎に引っ込むことにします。冒険者には向いていなさそうだ。とにかく一族と兄弟姉妹を食わせるために、開拓と商売とをがんばらねば!
 いいね!11
ポール・ブリッツ
2018/02/21 18:22[web全体で公開]
😶 APAの卓を立てるつもりだったけど
みなさん乗り気でないらしいのに閉口したので、今回は趣向を変えて「APAのキャラクターをみんなで作ろうぜ大会」にすることにしました。

アドバンスド・ファンタズム・アドベンチャーのファンの皆様、ぜひいらしてください。興味があるだけの方でもいいですよ~。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151859976748pb100
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2018/02/12 01:40[web全体で公開]
😶 ブロックすることについて
黙ってブロックすると、相手が「まだ関係が修復可能ではないか」という幻想を抱くから、

やっぱり三くだり半は必要なのだ、と思った。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2018/02/08 17:36[web全体で公開]
😶 欠員募集します
未来の宇宙を舞台にした、SFRPG「シークレット・フォース」に参加してくださる方を募集いたします。

特殊部隊もので、PL4人は植物園を占拠したテロリストを無力化し、19人の人質を奪還しなくてはなりません。

詳細は以下です。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151712477313pb100

現在、プレロールドキャラクター「アイリーン」をプレイしてくださるかたを募集しております。特殊部隊の紅一点で、担当は衛生兵というところです。

キャラクターの詳細は https://trpgsession.click/character-detail.php?c=151741440911pb100&s=pb100 をご覧ください。

ゲーム予定時刻は、2月14日水曜日の20:00~から3時間です。

どうかご検討よろしくお願いします。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/02/07 01:39[web全体で公開]
😶 気力体力衰える
深夜0:30ごろから気力が谷底になってまともにゲームができなくなっているらしいことに気づく。1:30をまわるとまた気力が回復するらしいのだが、回復したと思っているのは本人だけかもしれない。

それと気力回復にコーラはそれほどきかない。

完全に歳のせいだ。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/01/30 20:27[web全体で公開]
😶 卓を立ち上げたが
来ないねえ、「シークレットフォースⅡ オペレーション・ペガサス」。GG6号付録のルール付きシナリオ。

80年代デザインのSFTRPGなんて、21世紀の現在やるようなゲームではないといわれたらそれまでだけどw

物好きな方はこちらにどうぞ。 https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151712477313pb100
 いいね!9
ポール・ブリッツ
2018/01/25 00:59[web全体で公開]
😶 賭けボクシング
ファイティング・ファンタジーのシナリオで、ボクシングに金貨50枚を賭けさせてヒリヒリ感を味わったこのわたしが、何の因果か今日はCD&Dで賭けボクシング。

ボクシングに勝って、もらったファイトマネーが15000gp。金銭感覚が狂う狂う(笑)
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/01/13 01:04[web全体で公開]
😶 きょうの
CD&D感想。

アメリカ人、バカだw(誉め言葉)
 いいね!3
ポール・ブリッツ
2018/01/11 01:32[web全体で公開]
😶 きょうのCD&D
ほとんどSLGの戦乱卓だった。

魔法使いとしてはショボいことしかしなかったが、

そのかわりに大公軍の「軍師」としてやりたい放題やったので実にいい気分であった(笑)

古代中国の諸子百家になった気分。

こういうプレイもいいね。
 いいね!8
ポール・ブリッツ
2018/01/10 00:47[web全体で公開]
😶 いいものを見た
今日のCD&Dの卓で、英雄叙事詩が「昔話」に変わる瞬間を見た。命知らずの盗賊が、小山のようなドラゴンを、呪いのスクロール一本と舌先三寸で……いや誰が信じてくれるんだこんな話(笑)
 いいね!9
ポール・ブリッツ
2018/01/05 23:36[web全体で公開]
😶 本日の教訓
どんな初心者向けTRPGの、どんな初心者向けシナリオで、どんなザコモンスターを配置したとしても、ダイスの目は出ないときは出ないw
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2018/01/02 10:36[web全体で公開]
😶 卓初めを終えて
FF付属シナリオ「願いの井戸」をプレイ。本には「一時間半で終わる」と書いてあったが、予定をはるかに超過して5時間近くかかる(笑)

とりあえずプレイのひと区切りつくところを終えて、はっと後ろを見ると、トイレに起きてきた家族が『もういい加減に寝ろっ』というオーラをバシバシに出しながら無言のジト目でわたしを見ていて、耐えられずに、逃げるように卓から落ちる。

皆さんに礼儀知らずと思われ迷惑をかけてしまったのがつらい。今年は春から思うようにならない……前途多難か。

ごめん(><)
 いいね!6
ポール・ブリッツ
2017/12/31 23:42[web全体で公開]
😶 今年の総括
今年の総括として、ギャンブル卓を立ててD&DのキャラクターたちからGPをむしり取る……奪う……いい具合に遊んでもらえたのでにやにやと獲得GPを眺めていたのはよかったのだが、PLの皆さんが帰り、一応自分は最後まで残ろうと思ってどん兵衛の天そばを食べながらPCの画面を眺めていたとき、紅白をつけていたテレビから「桑田佳祐さんが出る」と聞き、あの人はまた例の髭をつけるのか、そうでないのか、と画面を食い入るように見ていた間、リアル事情で参加できていなかったPLさんがやってきて、「みんな帰った」と思われてまた帰られてしまった、という、ホストとしてひどいにもほどがある不手際をしでかしてしまった。

教訓:油断大敵。責任ある立場なら、最後の一秒までゆめゆめ気を抜いてはならない。うぬぬ。

人生にとって厳しいことを教えてくれた大晦日であった……。
 いいね!11
ポール・ブリッツ
2017/12/29 21:24[web全体で公開]
😶 卓初めとして
おそらく80年代のTRPGゲーマーの大部分にとって「生まれて初めてプレイしたシナリオ」であろう、無印版「ファイティング・ファンタジー」の付属シナリオ「願いの井戸」を1月1日の夜8:00からプレイしようと思います。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151452709024pb100

参加者募集中です。ものすごく簡単なルールですので、全くの初心者でも怖くないですよ(^^)
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/12/22 20:50[web全体で公開]
😶 ゴールドフィンガーを終えて
ついにゲームを買って以来30年越しの悲願だった、「ジェームズボンド007RPG」の日本語版唯一の公式シナリオ「ゴールドフィンガー」のマスタリングをやり通すことができて感慨無量。

同時に思ったのであるが、いやー面白いわ「ジェームズボンド007」。高校生がやってもそれほど面白くもないのだが、ええおっさんがやるとこれほど面白いTRPGもないのである。おそらく、当時の輸入元だったHJと、ゲームを作ったVGの想定していたTRPGのプレイヤー層は、大学生から社会人あたりだったのだろう。

「ゴールドフィンガー」というシナリオ自体が、おっさん趣味のカタマリのようなものだ。ゴルフしたり、美人の女性にモーションをかけてホテルに行ったり、秘密兵器の積まれたボンドカーににやにやしたり。飯を食ってケチをつけること自体にある種の意味があるゲームなんぞこれくらいだろう。

まったく、公式シナリオであるという理由でリプレイをUPできないのが残念だ。

とにかく楽しいゲームである。ええおっさんでプレイせずに死蔵している人は、ぜひ一度プレイしてほしい、と本気で思う。まさに大人向けの、大人がプレイするゲームである。ほんとだよ(笑)。
 いいね!13
ポール・ブリッツ
2017/12/21 00:37[web全体で公開]
😶 冒険者の余暇
人なきものであるサムワン・エルスの設けた賭博場にやってきた、CD&D世界のエルフと戦士と盗賊。彼らは手持ちのGPを賭けてクラウン・アンド・アンカーというサイコロ賭博を行い、以下のGPを得た。


  エルフ    戦士     盗賊
回 賭け目 収支 賭け目 収支 賭け目 収支  出目

1  2 -100 123 -150   2  -1   544
2  2 +100 1  +32   246 -10  321
3  5 +100 5  +100  5 +10   561
4  1 +100 4  -200   3 -10   156
5  3 -1000 4  -200   3 -10   165
6  3 +1000 2  -200  1  -10   533
7  2 -500  2  -200  1  -10   545
8  2 +500 1  -200  1  -10   652
9  1 -500  6  -400  1  -10   332
10 1 -1000  1  -1000  1 -10   436
11 2 +1000 1  -1000  1 -10   424
12 1 -1000  1  -1000  1 -10   562
13 1 +1000  3 +1000  1 +9   431
14 3 -2000  1  -2000  6 +18   464
15 3 -2000  4   -64  2 -20    665
16 3 +5000         3 +16   136
計    700     -5482    -68

結論:「ギャンブルはやめようネ!」(←おまえがいうかw)
 いいね!3
ポール・ブリッツ
2017/12/16 18:43[web全体で公開]
😶 マイク機能は
マイク機能はスマホでしか使えないことを知って凹みちゅう。 

まじめに家電量販店で買えばよかった(´;ω;`)
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/12/16 15:21[web全体で公開]
😶 マイクつきヘッドホン買ってきたなう
近所のドンキホーテでマイクつきステレオイヤホンを買ってきた。

これでボイセを……できる自信はない(笑) 滑舌が悪く口下手で、ひとことふたことしゃべった後で、自分が今しゃべったばかりの内容を取り消す悪癖のある人間に、ボイセははるかかなたに存在するものでしかない。

そういやdiscordって通話料かかるんだったっけ。
 いいね!6
ポール・ブリッツ
2017/12/06 23:47[web全体で公開]
😶 TRPGと肝臓と
某氏の日記を読んで以来ちょっと気になったので、巷で評判の、「人間をアル中にする最終兵器」、ストロングゼロなるチューハイの350ミリリットル缶を飲みながらGMをしたのだが、アルコール度数9%の缶を一缶空けて理性を保ったままGMができた。

日本酒一合飲んだら前後不覚になるわたしがアルコール量的にほぼ同量飲んでGMできたということは恐ろしく飲み口がいいということだろう。

確かにこんな酒飲んだらアル中になるわなあ……。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/12/06 23:38[web全体で公開]
😶 今日のセッション
「今日のセッション、何やってました?」

「SM……」

「SM?」

「拷問」

「拷問!?」

ちがうJB007はそういうゲームではないんだー! ともいいきれないのがJB007で……。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/11/29 23:58[web全体で公開]
😶 今日のセッション
「今日のセッション、何やってました?」

「のぞき……」

「のぞき?」

「双眼鏡を使って」

「双眼鏡!?」

JB007が認知される日は遠い。
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2017/11/22 23:42[web全体で公開]
😶 今日のセッションでは
「何やってました?」

「ナンパ……」

「ナンパ?」

「機内でスッチーに声をかけてホテルへ」

「ホテル!?」

「そういうゲームなんですよJB007って!」
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2017/11/19 23:54[web全体で公開]
😶 今日のセッション
「今日のセッション、何やりました?」

「ゴルフ……」

「ゴルフ?」

「18ホール終えてプレーオフまで……」

「プレーオフ!?」

楽しかったですよw
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2017/11/12 23:53[web全体で公開]
😶 MUのアルバイト
呪文「コンティニュアルライト」を覚えて、一日一個の割合で絶対消えないマジックランタンを作り、一個100GPで売るアルバイトをしたら、3レベル程度の低レベルMUにとってはいい収益と経験値稼ぎになるのではないか、などとバカなことを考えたが、ルルブを最後に読んだのが20年前なのでたぶんルール解釈を間違えているのだろう、とCD&DのMUキャラクターを眺めて思う。
 いいね!1
ポール・ブリッツ
2017/11/03 19:01[web全体で公開]
😶 初心者でもマニアでも
TRPGは、ごく普通の常識さえ持っていれば、初心者でも楽しく遊べるゲームですよ~。

GMや他のPLに敬意をはらってプレイできれば、マニア相手でも怖くないですよ~。(^o^)

コツとしては、「GMは絶対だ!」というのは行き過ぎですが、「GMに対して揚げ足を取ったり、むやみに反論したりしない」のが楽しく遊ぶコツですよ~。GMはPLを殺しにかかっているわけではなくて、「どきどきわくわくする楽しいひととき」を過ごしてほしいと考えているだけですよ~。
 いいね!13
ポール・ブリッツ
2017/10/31 19:52[web全体で公開]
😶 FFでキャラクターを作ってみませんか?
20:30より「キャラクターを作ってみよう!」でお待ちしております。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=150944676921pb100

ルルブ不要、というか、ルルブが暗記できるくらいのほんと簡単なルールなので、みなさんどうかお気軽に……。
 いいね!8
ポール・ブリッツ
2017/10/31 19:10[web全体で公開]
😶 ファイティング・ファンタジーやります
11月5日20:00より、3時間の予定で、ファイティング・ファンタジーの自作シナリオ「断頭台は死者たちのために」やります。

これ以上シンプルなファンタジーTRPGのルールはない、といわれるほど簡単なルールのゲームですから、初心者のかたもふるってご参加ください。まだプレイヤー枠には「若干の余裕」がございます。

クトゥルフにあぶれてしまったあなた! 別なゲームを体験してみませんか……?
 いいね!8
ポール・ブリッツ
2017/10/15 16:51[web全体で公開]
😶 或るローフルマジックユーザーの独白
余はローフルのマジックユーザーである。昨日余は真に何と云ったらいいか分からぬ現実と遭遇した。

余は北方の田舎の出である。余が幼少期を送った世界では、「法」とは「勤勉」であった。厳格な法のもとで、余らは夜も明けぬうちから起きだし、食料を確保し、燃料を確保し、生活必需品を作ることによって、ようやく凍え死ぬことから免れることができるのである。余はその合間に文筆と算勘、法と魔術とを必死で学び、人間世界を野蛮から守り動かす「法」に仕える一個の鋲として生きんがために中原世界へ出てきたのである。

されど田舎の魔術師にとり、いきなり仕官をするのは困難であった。余は心ならずも冒険者となり、我が魔術の技を法のために役立てようとした。

そんな或る日、余はエルフの隠れ里を訪れることになった。余にとって、エルフとは法に仕える最も忠実な戦士にして魔術師であった。余は、彼らは日がな一日謹厳なる生活を送り、身を正しくし、文武を鍛え、自己研鑽に励んで、その正当な対価である自己観照と精神的な安寧を楽しんでいる、死すべき定めの生き物たちの手本となるべきものであると考えていた。

しかし、余が見たエルフたちは、朝から気分を酩酊させる薬を飲み、肌着のままで水遊びをし、そしてそのことを何とも思わぬ輩であった。余はこれは何かの間違いであると思った。もしもこれが「法」の理想とすべき生きかたならば、余と余が同胞が酷寒の地で毎日歯を食いしばって乏しい実りしかもたらさぬ畑を耕し、落ちたら死ぬ冷たき湖の氷を割りて魚を獲り、わずかな兎を求めて雪山をさまようのは何のためか。

余には「法」は何を求めているのかサッパリわからなくなった。余にとり、エルフたちの生き方は退廃であり唾棄すべき混沌のそれと同然である。されど彼らは自らを法の名に恥じぬ生き方をしていると思って疑わぬのだ。天罰の下らぬところをみれば法の神もその生き方を認めているということであろう。

余にはわからぬ。余に出来得るのは己が考えるやりかたで法に仕えることのみであるが、それが法の求めるところに外れていないと誰が言えよう。

余は、法に仕えるものにあるまじき「疑問」を抱いてしまった。余はいかに生きるべきか、余にはもうわからぬ。
 いいね!12
ポール・ブリッツ
2017/10/06 20:51[web全体で公開]
😶 「ロールマスター友の会」全参加者へ
全参加者へ! 全参加者へ! ロールマスターのGMをやってもいいとおっしゃるかたが現れた!

集結せよ! 集結せよ!
 いいね!10
ポール・ブリッツ
2017/09/30 17:29[web全体で公開]
😶 ゲームやりたいな~
たまにはPLしたいよ~
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/09/19 17:21[web全体で公開]
😶 PLとGM募集します
プレイしたいと思う方は下のいずれかのコミュニティに登録してください。時間が合いましたらぜひプレイしましょう。

ユニオン温泉支部 https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu149673960139
ロールマスター友の会 https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150183793146
MI6温泉支部 https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150245231257
モノカン生活協同組合 https://trpgsession.click/community-detail.php?i=commu150563010294
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/08/27 15:45[web全体で公開]
😶 最近の日記をここまで読んできて
GM未体験の皆さん……。

ごく普通のTRPGと付属シナリオならば、GMは、ルールの基礎に対する理解があり、最低限度の常識さえ備えていれば、誰だってできるように作られています。

GMをするというのは、想像するよりも「気楽にできる」ものなのです。

まずはやってみるべし、です。恐れずに挑戦してみてください。
 いいね!25
ポール・ブリッツ
2017/08/20 23:01[web全体で公開]
😶 ジェームズボンド007卓を立ち上げての感想
「いやー、立ててみるもんだ」(笑)
 いいね!11
ポール・ブリッツ
2017/08/19 23:41[web全体で公開]
😶 薄いセッションも悪くはない
軽い気持ちで参加できる、軽いセッションを、集中力が続く短時間やるのも悪くないな、とこの数回のGMとしてのセッションをやって思った。

しかし準備は必要で、対応するルールを探してロールマスター読んだりする。ファイティング・ファンタジーなのに。

わたしは本末転倒なことをしているのだろうか。

実験的にファイティング・ファンタジーでトラベラーみたいなセッションをすることも考えている。成功すれば来年春まで続くキャンペーンになるはずだが、そんな大それたゲーム、軽く薄いセッションを積み重ねるタイプの自分に回せるか非常に不安。

暗黒大陸クールや旧世界に行くのは……無理そうだなあ。
 いいね!11
ポール・ブリッツ
2017/08/14 19:33[web全体で公開]
😶 ナイトメア・ハンタ―のルルブを読みながら
「18if」見る。

まさにナイトメア・ハンターのシナリオのお手本のような話だ。これからセッションする時はあれの上をいかんとあかんのか。

あのアニメのシナリオ書いてるやつ、このナイトメア・ハンター無印のルルブをもとに書いてるのではあるまいな。うむむ。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/07/23 23:45[web全体で公開]
😶 非主流派でもいいじゃん
というわけで、FFでGMのカンを取り戻してきたので、別なTRPGもやりたくなってきた今日この頃。

初版版の「ナイトメア・ハンター」とかやりたいのでもし「マジで卓が立つなら参加したいよ!」という独立任務局員のかたはご連絡もしくはコミュニティ「ユニオン温泉支部」にご登録ください。

ちなみに、アホなわたしは改版された「ナイトメアハンター=ディープ」のルールは煩雑すぎて把握してません。極度なまでにシンプルな初版が好きです。CofCが難しすぎてついてこれなかった人もぜひどうぞ。
 いいね!9
ポール・ブリッツ
2017/07/20 15:08[web全体で公開]
😶 暑さにもなれてきたのでそろそろセッションします
ファイティング・ファンタジー無印です。
「運命の森」を予定しています。
詳細は後で。
 いいね!5
ポール・ブリッツ
2017/06/12 10:51[web全体で公開]
😶 20年ぶりのPL参加
昨日、プレイヤーとしては20年ぶりに卓に入った。

いやー、プレイヤーは楽しい。GMのそれとは別な楽しさがある。

ほとんど戦闘システムしか存在しないルールのFFで、戦闘なしで平和裏に解決ができ、しかも報酬がけっこうボロ儲けだった。

この儲けを元手にして馬と馬車を買って自由交易商人として商売を始めようかと思案中。海岸で干し魚を仕入れて内陸で売ればボロ儲けできるのではないか、などと考えだしている。

そりゃーファイティング・ファンタジーのプレイスタイルやなくてトラベラーやないかーい。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2017/05/16 23:05[web全体で公開]
😶 ウィッチクエストについて
キャラクターシートが欲しかったので安かった「2」の上巻を買った。

そうして今見たら、「1」の上巻が5386円とかいう暴利がついていた。

ゲームするのに必要なルールブックは「下巻」のほうなのだが……。
 いいね!2
ポール・ブリッツ
2017/05/08 08:44[web全体で公開]
😶 セッションやってひと晩経って
しみじみ思ったのだが、一番うれしかったのは、ゲーム直後、「次のセッションはいつですか?」と尋ねられたことだった。

20年ぶりにやってよかった。
 いいね!18
ポール・ブリッツ
2017/05/07 15:31[web全体で公開]
😶 FFでクトゥルフを動かせぬものか
クトゥルフのシナリオ、「職業」と「技術点」と「体力点」と「知識点(アイデアロール)」と「正気度」さえあれば、FFのルールを使って動かせそうな気がしてきたので、今度昔のTACTICSに載っていたシナリオを使って試してみたい。

と考えて現実逃避。20年ぶりのマスタリングまであと4時間半……自作シナリオ読み返してあまりのザルぶりにガクブル……ほんとに一時間で終わるのかこれ。みんな満足してくれるのかなこれ。正直、こわいよー。
 いいね!4
ポール・ブリッツ
2017/05/05 22:46[web全体で公開]
😶 コミュニティを作ってみた
ファイティング・ファンタジーの「簡単さ」を知らない人のために、コミュニティで基本ルールを説明してみた。

これだけ読めばプレイヤーとして参加可能なのだが。

やけくそでファイティング・ファンタジーでクトゥルフの呼び声のようなシナリオやろうかな。自由度だけは高いシステムだから。「地獄の館」って名作もあるし。
 いいね!8
ポール・ブリッツ
2017/05/04 23:16[web全体で公開]
😶 オンラインインストやってみた
キャラクター作成と戦闘を一回やってみたが、なかなか面白かった。ノリがいいかたでよかった。

というわけで「みどりの恐怖」もよろしく。
 いいね!6
ポール・ブリッツ
2017/05/03 21:34[web全体で公開]
😶 初セッション募集
ファイティング・ファンタジーの卓が立っていないので自分で立ち上げることにした。
MAPは作ったルームは取った、
あとはシナリオ書くだけだ。(泥縄……)

「みどりの恐怖」というタイトルで、5月7日日曜日の午後8:00(20:00)から開始予定です。
1時間で終わればいいな、と思ってる、軽いシナリオですので、初心者の方ぜひどうぞ。
 いいね!7
ポール・ブリッツ
2017/05/03 01:00[web全体で公開]
😶 くそうレッチリめ
夕飯に、前から気になっていた激辛ラーメン店「レッチリ」で南極ラーメンを食べたら、夜中に尻に激痛を感じて眠れなくなったので、ぼそぼそとシナリオを作る。

尻が痛くてまともにマップを書くことすらも難しい。

飯について後悔はしない主義だが、もうちょっとラーメンがうまかったらいくらか救われるのだが……。
 いいね!8
ポール・ブリッツ
2017/04/29 22:13[web全体で公開]
😶 登録したけどどうしよう
登録2日目。ルームの使い方を覚えるので精一杯である。

現在、「メジャーな中では最もシンプルなTRPG」であろう無印ファイティング・ファンタジーのキャラクターシートのテンプレートをどうやって他のプレイヤーに使ってもらうことができるのか、頭を抱えている。

まあ公開したキャラシートをコピペしてもらえばいいのだろうが……。
 いいね!8