【クトゥルフ神話TPRG】リプレイ「黒い海の饗宴」 1日目

奏葉リプレイ  0
登録日:2016/09/25 01:07最終更新日:2016/09/25 01:07
システム:ルーム「黒い海の饗宴」が作成されました。
システム:奏葉さんが、入室しました。
システム:奏葉さんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに黒烏 理が追加されました。
システム:キャラクターリストに黒烏 ありさが追加されました。
システム:キャラクターリストから黒烏 ありさが削除されました。
システム:キャラクターリストから黒烏 理が削除されました。
奏葉:ヤバイネタバレネタバレ、ログ消せないかな…
システム:奏葉さんが、入室しました。
システム:とろこさんが、入室しました。
システム:とろこさんが、入室しました。
システム:さわわさんが、入室しました。
さわわ:こんばんはー!
システム:とろこさんが、入室しました。
とろこ:こんばんは
さわわ:今日はよろしくお願いします!
とろこ:宜しくお願いします
さわわ:戦闘はお願いしてもいいです?
とろこ:任せてください
とろこ:一度使ったキャラですけど大丈夫ですかね?
さわわ:大丈夫だと思います!
とろこ:良かったです
システム:奏葉さんが、入室しました。
奏葉:こんにちはー!
とろこ:こんばんは
奏葉:お集まりいただきありがとうございます…!
とろこ:他の人のキャラってどうやってみるんですか?
さわわ:こんばんは
システム:桜美 瑠奈さんが、入室しました。
奏葉:あ、皆様まだキャラシートをリストに追加していませんか?
さわわ:まだです!少々お待ちをー
とろこ:やり方がよくわからなくて…
さわわ:桜美ちゃんこんばんはー!
桜美 瑠奈:こんばんわ!よろしくお願いします!
奏葉:ええとですね、これ何でされてますか?
奏葉:こんばんは!
とろこ:こんばんは、宜しくお願いします
とろこ:PCですね
奏葉:あ、まず発言わかりやすいように色決めましょうか!
とろこ:はい
さわわ:私赤でいいです?
奏葉:いいですよー!
とろこ:どうやって変更するんでしょう…本当に今日始めて使用するので
さわわ:メッセージ書くところの黒ってとこですな
奏葉:ええとでは、ボードって書いてあるところの横にキャラシートっていうのがありませんか?
とろこ:あります
システム:キャラクターリストに香田 孝輔が追加されました。
奏葉:あ、では私鶯色を使わせて頂いてもよろしいでしょうか?
桜美 瑠奈:えっと、私は紫でも大丈夫でしょうか?
奏葉:追加ありがとうございます…!
とろこ:とりあえず追加しました
システム:キャラクターリストに桜舞が追加されました。
とろこ:えっと色変えはどうするんでしょうか?
さわわ:すいません、五分ほどお待ちを
さわわ:メッセージ書くところの隣に黒ってあるじゃないですか
奏葉:大丈夫ですよー!>>瑠奈さん
さわわ:そこをクリックです!
とろこ:メッセージを書くってどこに…
とろこ:できてますかね?
奏葉:二人分確認致しましたー!
奏葉:出来てますよ!
とろこ:良かったです
奏葉:ああ!マップ配ってませんでした!
とろこ:ですね
奏葉:commuの方で急いでお配り致します!
桜美 瑠奈:了解しました。
とろこ:了解です
システム:キャラクターリストに黒金  國光が追加されました。
さわわ:お待たせ致しました…
とろこ:確認してきます
さわわ:お願いします!
奏葉:すみません澤さん…!画像のアップロードってどうしてます…?
奏葉:ヤバイぞgdgdやん…
とろこ:画像は申請とかで色々大変なんですよね…
システム:桜美 瑠奈さんが、入室しました。
とろこ:画像ファイルを送っていただければなんとかなるんですが…
とろこ:他の人のキャラの見方って…
とろこ:あ、あった
奏葉:あ、じゃあpixivにあるシナリオで、マップもそこで投稿されているのでURL送ったら大丈夫ですかね…?
さわわ:向こうのです?
奏葉:そうしよう…
さわわ:向こうはアップローダーがありまっせ
奏葉:澤さんすみませんありがとうございます…!
奏葉:URL送ったらなんとかなりそうです…!
奏葉:あ、じゃあ下の共有メモでもいいんか
さわわ:どうでしょう…やってみますか?
奏葉:今共有メモに書き込んだのですが見えてますか?
さわわ:見えまっせ
奏葉:おお、よかったぁ
とろこ:URLから検索するとシナリオがでてきてしまって…
奏葉:あ、本当ですか?
とろこ:むむむ…
さわわ:私ログイン画面でました
奏葉:うーん…どうしよう。やっぱりアップロードの仕方教えて頂こうかなぁ
さわわ:えーですよー
さわわ:向こうに行ってきます
奏葉:ありがとうございます…!
とろこ:申し訳ないです…
奏葉:はーい!そういや瑠奈さん大丈夫かしら…
奏葉:いえいえ、私の準備不足なので…!
さわわ:できました
さわわ:ありがとうございます!お疲れ様でし!
さわわ:誤字…。
とろこ:でし
さわわ:桜美ちゃんおるー?
さわわ:でし
システム:桜美 瑠奈さんが、入室しました。
桜美 瑠奈:ごめん!間違えて出てしまった……
とろこ:大丈夫ですよ
とろこ:ところで私以外お知り合いでしょうか?
奏葉:うーん…澤さんと瑠奈さんはリアルの方でなのかしら…?
奏葉:私はお三方ともネットのみですねぇ
さわわ:リアルじゃないっすね
とろこ:そうなんですね!
奏葉:澤さんとはこの前セッションさせて頂きましたが…
さわわ:すみません!電波悪すぎるので整えてきます!
さわわ:ちょいお待ちを!
奏葉:なのでそこまで身内にはならないかも…?とは思いますが…
奏葉:はーい!
とろこ:私は全員お初ですけど、気軽に話していただいて大丈夫ですよ
奏葉:ちなみに共有メモにURLを貼ったのですがどうですか?皆様見えてますか?
奏葉:私もほとんどお初ですが気軽に話して下さいねー!
とろこ:見れました。有り難うございます
とろこ:名前のほうも好きに呼んでもらって構いませんので!
奏葉:よかったぁ!瑠奈さんはどうですか?
奏葉:了解です!まあ私はとろこさんのままかもしれませんが…笑
桜美 瑠奈:私もほとんど知らない方ばかりだと思いますが、よろしくお願いします!気軽に話してください!私もなんと呼んでいただいても大丈夫です
奏葉:ちょっとモバイルは使い勝手悪いんでPC版に変えてきまーす
システム:奏葉さんが、入室しました。
桜美 瑠奈:ちょっと離れるかも知れません。
香田 孝輔:了解です
奏葉:ただいまです!了解しましたー!
奏葉:あ、色色。
システム:さわわさんが、入室しました。
奏葉:ちなみにとろこさん、ダイスの振り方は試しましたか?
奏葉:おかえりなさいませー!
さわわ:今戻りました!
桜美 瑠奈:戻りました‼
さわわ:おかえり!
香田 孝輔:えーと
システム:香田 孝輔さんのロール(2D6) → 7 (2、5)
奏葉:あ、お二人ともMAP見れそうですか?
香田 孝輔:こんな感じですか?
さわわ:ところさんはろーさんってお呼びしてもいいです?
奏葉:ですね、でも簡単に振れるんです!
香田 孝輔:どうぞどうぞ!
奏葉:1 d 100とか(スペースなしで)
さわわ:ありがとうございます!
システム:香田 孝輔さんのロール(1d100) → 71 (71)
奏葉:書くだけで振れます!どどんとふと一緒ですね
桜美 瑠奈:私は、ところさんのことをところさんと呼びますが大丈夫でしょうか?
香田 孝輔:oo
香田 孝輔:おお
さわわ:ところでキャラのイメガ載せたいんですけど…。どうやってやれば…。
奏葉:あとは1d100>=70とじゃ?
香田 孝輔:名前とろこなんですけどねw
システム:さわわさんのロール(12d100) → 486 (59、27、18、31、14、20、56、90、68、12、3、88)
香田 孝輔:大丈夫です
奏葉:ちげぇ
桜美 瑠奈:ありがとうございます
システム:奏葉さんのロール(1d100<=70) → 失敗 71 (71)
さわわ:妖怪イチタリナイ
奏葉:妖怪イチタリナイェ…
香田 孝輔:妖怪イチタリナイ
さわわ:イメガァ…。
奏葉:うぅむ
奏葉:デフォのコマで我慢するしかないのかなぁ…
奏葉:瑠奈さん、このコマってどうしました?
桜美 瑠奈:このコマとは、どのことでしょうか?
香田 孝輔:そういえば、前にやったセッションで私のキャラ電撃銃持ってるんですけど、今回使っても大丈夫ですか?
奏葉:うーん…ダメージっていくらくらいですか?
奏葉:ボードに表示されているno imageのコマです!
香田 孝輔:1D10ですね
桜美 瑠奈:実は私もよくわからなくて……。たまに弟が邪魔してくるので、そのときたまたまどこかに当たったんでしょうか?
奏葉:OKです!
奏葉:なるほど…ありがとうございます!
香田 孝輔:ありがとうございます。
香田 孝輔:後、キャラが喋るときは「」つけたほうがいいですかね?
奏葉:戦闘持ち一人か…大丈夫かな?
奏葉:ですね!お願いします!
さわわ:初期値でもいけますぜ?
香田 孝輔:了解です。拳で戦えばいいんですよ
奏葉:そっか、言っても拳はありますからね
香田 孝輔:己を守るのは己の拳ですから
奏葉:ちなみに今回の方針なのですが
さわわ:医学初期値でも成功できますしね
奏葉:RP重視かスムーズ進行重視か、どちらにしましょうか?
香田 孝輔:医学はまあ医者いますし
奏葉:せっかく人数いますし…
奏葉:クリティカルでしたもんね笑
さわわ:楽しくやりましょ!
香田 孝輔:ですね
桜美 瑠奈:そうですね!
さわわ:ちなみにRPは好きだけどうまくいかないのが私です
奏葉:お、ではRP重視でよろしいでしょうか?
さわわ:です!
香田 孝輔:大丈夫です
桜美 瑠奈:大丈夫ですよ!
さわわ:イメガァ…。載せられねぇ…。
奏葉:はーい!ではあと…PC同士で関係とか結びます?それとも赤の他人で行きます?
さわわ:どっちでも〜。
さわわ:どっちがやりやすいです?
香田 孝輔:黒金君と香田は関係なんとなく結びやすそうですけどね~
奏葉:そうですねぇ…ある程度親交がある方が進行はしやすいのですが…
奏葉:どちらでもいいですよー!
さわわ:そうですね〜。研修医ですからね!
さわわ:桜美ちゃんの子は探偵だよね?
桜美 瑠奈:そうだよ
さわわ:同い年だし、同級生でいいかな
奏葉:ちょっとシナリオ読み込んでますのでその間ご自由に関係お結びください…!すぐ帰ってきます!
さわわ:はーい!
桜美 瑠奈:あっ、私はどんな関係になっても大丈夫ですよ
さわわ:高校の同級生でいいかな?
桜美 瑠奈:私にいってるなら、大丈夫ですよ!
香田 孝輔:香田と探偵ちゃんは黒金君経由で知り合ったってことでどうです?
さわわ:いいですね!
桜美 瑠奈:私も良いと思います!
香田 孝輔:元々黒金君と香田は知人だったってことで…
さわわ:研修先の知り合いでもいいですね
香田 孝輔:ですね
奏葉:お、順調にできてます?
香田 孝輔:できてますね大体の関係性は
システム:とろこさんが、入室しました。
とろこ:ちょっと落ちてしましました。
さわわ:大丈夫です?
桜美 瑠奈:大丈夫ですよ!私もたびたびありますし……
とろこ:ちょっとゴチャっとしてしまっていたみたいで…
奏葉:おお、では大体できたら言ってくださいねー!
奏葉:おや、大丈夫です?
奏葉:人数多いとちょっと負荷かかるのかねぇ
さわわ:ですかねぇ
桜美 瑠奈:そうかもしれませんねぇ
とろこ:そういう訳ではないので大丈夫ですよ~
さわわ:ああああああ!イメ画が載せられない!
奏葉:あら、よかった。ですねぇ笑
さわわ:度々落ちても大丈夫ですので〜。
とろこ:私のほうは準備大丈夫ですが
奏葉:あ、ですねぇは澤さんにです!なんか小馬鹿にしてるみたいになった…
とろこ:皆さん大丈夫ですか?
奏葉:あ、そろそろ始めても良さそうですか?
桜美 瑠奈:私はいつでも大丈夫ですよ!
さわわ:イメ画は諦めますかね…。
さわわ:大丈夫ですよー
GM/奏葉:お、ではでは始めましょうか
GM/奏葉:クトゥルフ神話TRPG「黒い海の饗宴」
GM/奏葉:よろしくお願いいたします!!
さわわ:よろしくお願いします!
桜美 瑠奈:よろしくお願いいたします!
とろこ:お願いします
GM/奏葉:ではまず導入からいきます!
GM/奏葉:探索者たちはそれぞれの都合で、リゾート地である鷹見島にいくことにしました。
GM/奏葉:本土の港を出てからおよそ8時間の船旅。夜明け頃、フェリーは鷹見島にたどり着きます。フェリーを降りた探索者は、船着場にいた一人の初老の男性と、中学生くらいの少女に出迎えられました。
黒烏 理:「ようこそ鷹見島―――アリス島へ!私は、この島でお世話役をさせていただく黒烏理と申します。この子はありさ。ご滞在の期間が皆様にとって素晴らしい思い出になりますよう、尽力致します。
黒烏 理:なんなりとお申し付けくださいませ。」
GM/奏葉:黒烏は、この島で唯一のホテルを経営しているのだと自己紹介し、探索者を近くに停めていたシャトルバスへと案内しました。
GM/奏葉:車に揺られること10分ほどで、探索者たちは見晴らしのいい海辺に建っているホテルに到着します
GM/奏葉:Hostel・Aliceと書かれた小洒落た看板がかかった、外国のお屋敷のような立派な見た目のホテルに入ると、ありさと呼ばれていた少女が探索者を部屋に案内してくれます。 
GM/奏葉:では早速RPしてみましょうか
さわわ:部屋は一緒な感じです?
GM/奏葉:あ、あとGM発言以外黒で行きます!
GM/奏葉:どちらでもいいですよー!どうします?
さわわ:了解です!
さわわ:黒金くんは一人部屋に行きたいです。
GM/奏葉:了解です。他お二人は?
とろこ:皆別々でいいんじゃないですか?
桜美 瑠奈:そうですね、別々の方が良い気がします
GM/奏葉:そうですね。では一人一部屋ということでお願いします!
GM/奏葉:さて、ではどうぞ。
黒金  國光:「………なんで、いるんだ?」
とろこ:今はどういう状況ですかね?黒金君
さわわ:ホテルでばったり状態
さわわ:だと
とろこ:これはここでたまたま会ったってことですね
とろこ:了解です
さわわ:お願いします!
とろこ:「おい。一応先輩だぞ。黒金こそ、なんでこんなところに?」
黒金  國光:「……俺は、無理矢理来させられた挙句、誘った向こうは今日いけなくなったそうだ。もったいないから行けと」
とろこ:「なるほどな。」
とろこ:「まあいいか。で、そっちは?」
桜舞:「……あっ、私ですか?私は何となく行きたくなって来ました」
GM/奏葉:あ、とろこさん、名前PC名に変えた方がいいかも…?遮ってすみません(小声)
香田 孝輔:了解です。一回退室してたの忘れてました。
香田 孝輔:あと、桜 舞で分かれてるんですか?
桜舞:いえ、名字設定してなくて……
香田 孝輔:名前の呼び方をどうすればいいか…
桜舞:普通に桜舞でお願いします!
さわわ:國光は、桜、って呼びそう
香田 孝輔:読み方は
桜美 瑠奈:『おうぶ』です。
香田 孝輔:了解です
桜美 瑠奈:難しくてすみません!
さわわ:國光はさくらって呼んでることで、お願いします
香田 孝輔:「まあいいか」
香田 孝輔:大丈夫ですよ
桜美 瑠奈:大丈夫です!
香田 孝輔:GM、今何時くらいですか?
GM/奏葉:んー、14時位にしましょうか。ご飯は…食べたことにします?
香田 孝輔:ホテルの外にレストランかなにかありますか?
GM/奏葉:部屋に荷物置いたら軽い探索くらいなら出来そうですね。
香田 孝輔:ふむ
GM/奏葉:うーん、食堂くらいならあってもいいでしょう。小さな島なので
香田 孝輔:なるほど。では三人で昼食とってないこと確認して近くの食堂に向かうとかどうですか?もしくはホテル内探索
システム:とろこさんが、入室しました。
さわわ:うちの子単独行動しそう
香田 孝輔:確かにそうですな…
GM/奏葉:あら、大丈夫です?
香田 孝輔:うーむ。それぞれが違う行動するんでも大丈夫っちゃ大丈夫ですよね
さわわ:恐らく、まだ大丈夫だと
桜美 瑠奈:では、そうしますか
GM/奏葉:ですね
GM/奏葉:では行動を教えてください
さわわ:吹き抜けの所行きたいです
香田 孝輔:香田はまだ昼食をとっていないので食堂ですかね
桜美 瑠奈:そうですね……食堂に行きたいかもです……
GM/奏葉:吹き抜け…ロビーですかね?
香田 孝輔:「飯食ってなかったら一緒に行くか?」
桜美 瑠奈:「えっ、良いんですか!?是非ご一緒したいです!」
桜舞:すみません。名前変えてませんでした……
黒金  國光:「…慣れ合うつもりはない」
さわわ:ロビーっすね
香田 孝輔:「よしじゃあ行くか。…お前は相変わらすだな」
香田 孝輔:とうらb…
黒金  國光:っそっとずんだ餅を差し出す。(二個ぐらいない)
さわわ:( ^ω^ )
さわわ:( ^ω^ )ッシ
香田 孝輔:同士か
さわわ:同士でしたか
GM/奏葉:おーい戻ってこーい笑
香田 孝輔:すいませんw
さわわ:桜美ちゃん>>大丈夫よー!
さわわ:っは
GM/奏葉:いえいえ笑
さわわ:すみません
GM/奏葉:仲良くなって頂けるとこちらとしても嬉しいですし!
GM/奏葉:では再開ですね。黒金は単独行動、香田と桜舞は一緒に食堂でいいですね?
桜美 瑠奈:大丈夫です!
香田 孝輔:ですね
さわわ:です
GM/奏葉:どちらのシーンから行きましょう?何か希望はありますからね?
さわわ:私後でいいですよー
GM/奏葉:ら、いらんな
GM/奏葉:お、じゃあ先に黒金さんからですかね…?
桜舞:私は大丈夫ですよ!
さわわ:んー?
香田 孝輔:?どっちだ?
GM/奏葉:あ、違うw
さわわ:(後でって言った…)
香田 孝輔:www
さわわ:(KP大丈夫?疲れてない?)
香田 孝輔:眠いんですかね?
GM/奏葉:香田さんと桜舞さんですねw
桜舞:そうですね!
GM/奏葉:眠くないよー!笑
香田 孝輔:シーン移りますか?
GM/奏葉:ではそちらの描写から行きましょう。どこから始めたいですか?
香田 孝輔:ついたところからでいいんじゃないですか?
香田 孝輔:どうしたいですか?
桜舞:良いですよ、ついたところからで
GM/奏葉:お店にですね?
香田 孝輔:はい
桜舞:はい
さわわ:ファイト!p(^_^)q
香田 孝輔:そういえば、この島の噂とかってネットで調べられたりしますか?
GM/奏葉:では貴方たち二人は村の小さな食堂につきました。中からは賑やかな声が聞こえています。恐らくそれなりに繁盛しているのでしょう
GM/奏葉:そうですね、振ってみてもいいですよー
GM/奏葉:図書館だっけな、ネット検索って
さわわ:そうですね、図書館ですな
GM/奏葉:コンピューターじゃなかった気がする
香田 孝輔:初期値か…
GM/奏葉:ではどうぞー!桜舞さんもしてもいいですよー!
システム:香田 孝輔さんのロール(1d100) → 82 (82)
香田 孝輔:普通に失敗
桜舞:わかりました。図書館で大丈夫ですか?
香田 孝輔:ファンブルじゃないだけ良かった…
GM/奏葉:あ、技能判定は1 d 100 < = ○○ 使って欲しいです!
香田 孝輔:了解です
GM/奏葉:できればですが
システム:桜舞さんのロール(1d100<=75) → 成功 59 (59)
香田 孝輔:1d100>=図書館
香田 孝輔:あれ?
香田 孝輔:あ
さわわ:前回のクトゥルフで開幕ファンブルした私??
香田 孝輔:反対だ
システム:さわわさんのロール(1d100<=66) → 失敗 67 (67)
GM/奏葉:技能名じゃダメみたいなんです…
さわわ:例↓
香田 孝輔:数字ですか?
GM/奏葉:おお、瑠奈さん成功
香田 孝輔:おお!
GM/奏葉:そうなんです…お手数かけます
桜舞:これで大丈夫ですか?
香田 孝輔:良かった。
GM/奏葉:ではこんな情報が手に入りますね。
GM/奏葉:「スキューバダイビングの穴場がある」「漁港には美味しい魚が水揚げされる」「海水浴に適した浜辺がある」「山部では農業、畜産もしている」との記載がある。 
GM/奏葉:また別名の「アリス島」という名について
香田 孝輔:アリス島?
GM/奏葉:200年ほど前に島に流れついた美しい女性。島民の危機を何度も救った」と書かれている。 
GM/奏葉:最初に少し描写したのですが、この島にはアリス島という別名があります
香田 孝輔:なるほど、じゃあ昼食をとりながらその情報の共有でもしますかな?
桜舞:そうですね
香田 孝輔:「そういえば、この島についてなんか調べてたりとかするか?」
GM/奏葉:では愛想のよさそうなおばさんが注文を取りにきます。その目はなんと、緑色です。
桜舞:「えぇ、少しは……。海水浴に適した浜辺があるとかは調べました」
GM/奏葉:「いらっしゃいませ、ご注文は?」
香田 孝輔:「なるほどな…あ、注文お願いします。俺はナポリタンで」
香田 孝輔:「桜舞はどうする?」
桜舞:「あっ、えっと……ホットケーキで」
GM/奏葉:女子だ
さわわ:女子力…!
香田 孝輔:「ところで、とても綺麗な緑色の瞳ですね。ハーフの方ですか?」
香田 孝輔:女子だ…
さわわ:姉ちゃん襲来
香田 孝輔:おっと?
GM/奏葉:「あら、ずいぶん可愛いもの頼むのねお嬢さん。わかったわ、ナポリタンとホットケーキね?」
さわわ:問題はなさそうです
GM/奏葉:よかった。
桜美 瑠奈:なら良かったです
香田 孝輔:良かったです
さわわ:一時までな、言われるわたす
香田 孝輔:どうするさわさん
GM/奏葉:「そうねぇ…昔の領主さまが外人だったと聞いたわ。もしかしたらその血が混ざっているのかもしれないわねぇ…うふふ」
香田 孝輔:「なるほど。お姉さんに似合った綺麗な緑ですね。」
さわわ:一時までやりますな
GM/奏葉:だ、大丈夫ですか…!?
GM/奏葉:了解です
香田 孝輔:香田キザなこと言ってるなぁ
桜舞:「綺麗な色で羨ましいです!」
香田 孝輔:うーむ、なら一時中断とかになりそうです?
香田 孝輔:折角だから三人で進めたい気もしますよね…
さわわ:すみませぬ…。
GM/奏葉:「あらやだ、お世辞の上手な子たちねぇ。おばちゃんプリンサービスしちゃうわ!」
香田 孝輔:大丈夫ですよ。GMに任せましょう
桜美 瑠奈:ですね
GM/奏葉:ですね、では今日は1時までにしましょうか
香田 孝輔:「あはは、お世辞だなんて。本当に思った事を言ったまでですよ。」
GM/奏葉:気にしないで下さいねー!
さわわ:ありがとうございます!
香田 孝輔:続きはまた日にちを決めてやりましょう
桜舞:「お世辞なんてとんでもないです!本当に綺麗だったから……!」
GM/奏葉:また向こうで日にち決めましょうね!
桜美 瑠奈:了解です!
香田 孝輔:了解です
さわわ:申し訳ない…。
GM/奏葉:「うふふ、ありがとう」
香田 孝輔:大丈夫です、お気になさらず。
桜舞:大丈夫!気にしないでね‼
GM/奏葉:そういって、少し嬉しそうに微笑んでから店の奥へと戻っていきます
香田 孝輔:「一つお聞きしたいことがあるんですが、この島でおすすめのスポットとかありますか?」
香田 孝輔:あら
香田 孝輔:帰っちゃったなら仕方ない
GM/奏葉:あ、聞いていいですよ
香田 孝輔:じゃあお願いします
GM/奏葉:お気になさらないで…!
GM/奏葉:はーい
GM/奏葉:「そうねぇ…ここは小さな島だけど沢山いいところがあるのよ?一番のオススメは何と言っても綺麗な海ね!あとは貴方たちが泊まっているホテルの料理は絶品よ!是非食べてみるといいわよ!」
香田 孝輔:「へえ。いいですね。海。後で行ってみます。」
桜舞:「ホテルの料理ですか!食べてみますね!それと、やっぱり海は絶景ですよね」
GM/奏葉:「ええ、行って後悔はないと思うわよ!」
桜舞:「ではまた改めて行ってみます!」
香田 孝輔:「教えてくださり有り難うございました。」
GM/奏葉:「いえいえ。…おっと、それじゃあおばちゃんお料理作ってくるわね。ゆっくりくつろいで行ってね」
香田 孝輔:「はい。」
桜舞:「ありがとうございます!」
GM/奏葉:と言って立ち去ります
GM/奏葉:何か行動起こしてもいいですし、シーン進めてもいいですよ!
香田 孝輔:特に情報とか他にとれそうに無ければ私は大丈夫ですかね?桜舞ちゃんのほうはどうします?
桜舞:私も大丈夫ですよ
GM/奏葉:詳しい情報共有はいいですか?なければ先程の会話の内容そのまましか伝わっていないことにしますが…
GM/奏葉:あれ?既にしたことになってます?
香田 孝輔:凄い重要な事はまだ無さそうですよね…
桜美 瑠奈:共有はあまり詳しくはしてないと言うことにします?
GM/奏葉:どうされますか?
香田 孝輔:店員との一連の会話は二人とも共有してるんですよね?
GM/奏葉:そうですね
桜美 瑠奈:そうなります
香田 孝輔:黒金君だけはわかってないと…
さわわ:です
GM/奏葉:お、では何か宣言ありますか?
さわわ:國光は國光で図書館したいです
GM/奏葉:なければシーンを移して黒金さんの行動にしますが…
香田 孝輔:いいと思いますよ
GM/奏葉:了解です。
GM/奏葉:では黒金さんのシーンに移します
GM/奏葉:貴方はロビーにいます。何か行動はありますか?
さわわ:図書館振りたいです
GM/奏葉:それは検索ということでよろしいでしょうか?
さわわ:おっけです!
GM/奏葉:ではどうぞ!
システム:黒金  國光さんのロール(1d100<=65) → 成功 14 (14)
さわわ:いえい
GM/奏葉:おお、では桜舞が手に入れた情報と同じものを手に入れます
GM/奏葉:他に行動は?
さわわ:吹き抜けから全体に目星したいです
GM/奏葉:なるほど。どうぞ
GM/奏葉:振っていいですよー!
システム:黒金  國光さんのロール(1d100<=75) → 成功 19 (19)
GM/奏葉:おお、出目が低い
さわわ:後が怖い…。
GM/奏葉:1階にホール、食堂、支配人室、浴場 があり、ホテルの裏側は見晴らしのいい高台になっている。ホテルの支配人、従業員は黒烏とありさしか見えませんね
香田 孝輔:順調ですね…
さわわ:( ^ω^ )
GM/奏葉:ちなみに現在黒烏はロビーのカウンター、ありさはロビーのフリースペースで掃除してます
黒金  國光:「……………。」
黒金  國光:もっきゅもっきゅ(ずんだ餅を食べる
GM/奏葉:食べた…だとw
香田 孝輔:食べてるwww
桜美 瑠奈:食べたんだ(笑)
GM/奏葉:こ、行動はされますか?w
さわわ:( ^ω^ )
さわわ:ありさとお話ししたいです
GM/奏葉:了解です。RPお願いします!
黒金  國光:「……おい」
香田 孝輔:早速女子に対して話したと思ったら一言目「おい」w
黒烏 ありさ:「ひぇっ…!?あ、あえっと…な、何かご用でございましょうか……!?」
GM/奏葉:怖いよw
黒金  國光:「……あ、えと。…すまん。」
黒金  國光:「……ずんだ餅食べるか?」
さわわ:( ^ω^ )
香田 孝輔:(^^)
香田 孝輔:こわっ
さわわ:警戒心解けませんかねw
黒烏 ありさ:「いっ…いえ、少し驚いただけですのでお気になさらず。……う、うぇ!?ず、ずんだ餅ですか?」
香田 孝輔:研修医それでいいんすかwwしっかりコミュニケーションとれんとww
さわわ:人と話すのが苦手だからしょうがないねz、
GM/奏葉:驚きつつも受け取りますね
黒金  國光:「すこし、聞きたい事があって…。」
さわわ:受け取ってくれた!(((o(*゚▽゚*)o)))
黒烏 ありさ:「あっ、ああありがとうございます…!  …?どうされましたか?」
黒金  國光:「アリス島、というのはなんでなんだ?」
香田 孝輔:ああ、親にばれたああ
黒烏 ありさ:「アリス、というのは200年ほど前に島に流れついた美しい女性のことで、なんでも島民の危機を何度も救ったんだとか。だから島の皆は感謝の気持ちを込めてアリス島と名付けたそうですよ」
桜美 瑠奈:大丈夫ですか?
さわわ:大丈夫です?
GM/奏葉:!!?大丈夫ですか!?
黒金  國光:「…あ、ありがとう。教えてくれて。」
香田 孝輔:大丈夫じゃないですね…親が寝ろって…
GM/奏葉:あらら…では今日はここまでにしますかね?
さわわ:キリ悪いですがここで切りますか?
桜美 瑠奈:そうですね
桜美 瑠奈:切りますか?
GM/奏葉:ですね?では次の日にちはまた向こうで決めましょうか!
香田 孝輔:いえ、黒金君のシーンまではやってもらって大丈夫です。親にはせtぅt
GM/奏葉:それでは今日は……って!!?
香田 孝輔:説得しましたので…せめてきりのいいところでって…
さわわ:わかりました!
桜美 瑠奈:了解です!
GM/奏葉:わ…わかりました。では続けましょう
黒烏 ありさ:「いえいえ構いませんよ。ずっと昔の伝説のようなものですよ。聞いた話によると水害のときに、どこからか食べるものを調達してくださって、飢えた島民を救ってくれたそうです。
黒烏 ありさ:瞳が緑色の島民は、その人の血が混ざっているそうです。ほら、私も目が緑色なんですよ。」
黒金  國光:「そう、か。…綺麗な目だな。」
黒烏 ありさ:「ふふっ、ありがとうございます。私もこの目が好きなんです。だからアリスさんの血を受け継いでてよかったなぁって。あ、関係ないお話ですね!ごめんなさい」
GM/奏葉:あ、もうすぐ1時ですがお時間大丈夫そうですか?
黒金  國光:「いや…。いいんじゃないか?俺も金目だしな」
黒金  國光:と言って頭を撫でます
黒金  國光:そうっすね。そろそろ
さわわ:名前変えるの間違えた。
桜美 瑠奈:では、今日は解散にしますか?
黒烏 ありさ:「うふふ、お兄さんの目もとっても素敵ですよ!…いけない!早くあの部屋のお掃除しなくちゃ!それじゃあお兄さん、ゆっくりしていってくださいね」
さわわ:じゃあ、向こうでまた予定立てるって事でいいですかね
香田 孝輔:そうですね
桜美 瑠奈:そうしましょう
黒金  國光:「あぁ、頑張れ。」
香田 孝輔:申し訳ないです。親フラ今日は問題ないと思ってたんですが…
黒烏 ありさ:ということで一区切り。そうしましょうか!
黒烏 ありさ:あ、名前名前
GM/奏葉:いえいえ、では今日は解散ということでよろしいですね?
さわわ:おっけいです!申し訳ない!
桜美 瑠奈:私は大丈夫です!
さわわ:ありがとうございます
香田 孝輔:今日はありがとうございました
GM/奏葉:ではお疲れ様でした!ゆっくりお休みなさいませ!
香田 孝輔:おやすみなさい
さわわ:お休みなさい!
桜美 瑠奈:お疲れ様でした。おやすみなさい!
GM/奏葉:(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪     _(ˇωˇ」∠)_ スヤァ…
さわわ:またー!
桜美 瑠奈:では、また!
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。