【シノビガミ】リプレイ「環境無くてもシノビガミがしたい最終日」

おにい☆リプレイ  0
登録日:2017/01/24 00:26最終更新日:2017/01/24 23:01
おにい☆:ではクライマックスはじめまーす
おにい☆:深夜、小波はコンビニに行った帰り道、ひとりで夜道を歩いていた
おにい☆:後ろから足音が聞こえる、ヒタヒタと、決して離れず、近づかず
システム:キャラクターリストに解体屋が追加されました。
不知火 雪乃:なんと
桶狭間 照美:ヤベェのが入ってきたー!!
宮寺 珠葉:ぴーかぷ?
蘆屋 現:ここに来て新キャラ!?
おにい☆:後ろから妖魔が近ずいている…、宮寺は、その気配に気付く
おにい☆:助けに、行かなくては
宮寺 珠葉:助けに向かいます!
不知火 雪乃:忍法6つ…一般人か中忍頭以上か
おにい☆:宮寺の感情は大きく、忍びであるあなた達も気付きます
おにい☆:さぁ、小波の場所にみんな集まるのじゃ
蘆屋 現:「ここに来て、新たな忍びだと!」シュタ
桶狭間 照美:「やれやれ、やはり、おだやかには行きませんでしたかねェ」ヌッ
GM/六角 恋路:小波は驚きます、先ほどまで誰もいなかったのに
不知火 雪乃:「……後はいないと思っていましたが、違いました?」
GM/六角 恋路:急に4人も現れたのですから
宮寺 珠葉:「私・・・あなたのためにきたんだ、王子様かな(ちょっとうれしそうにはにかんで」
解体屋:「…シノビか…貴様等には関係は無い仕事だ、消えてもらえないか?」
不知火 雪乃:「消えてと言われて素直に消える忍は居ませんよ?」
蘆屋 現:「……貴様のような奴がここに来たとなると、俺の推理は当たったかもしれんな」
桶狭間 照美:「わたし、戦闘は管轄外なので……消えてあげたいところではあるんですがねェ、そういうわけにもいかねェんだよなァ」
宮寺 珠葉:「私が王子様ならあなたは魔物さんね、月に代わってお仕置きよ」
解体屋:「目的は、同じ…になるのか…」
解体屋:「すまないが戦闘は専門外なのだがな…まぁいい」
GM/六角 恋路:妖魔の動きが加速していく
不知火 雪乃:斜歯の抜け忍なので口調はその癖が抜け切ってない感じが雪乃にはあるつもりですが
GM/六角 恋路:音を超え、影を消し、光の速さへと近ずく
GM/六角 恋路:さぁ夜が、始まる
蘆屋 現:「解体屋……手を貸そう」
GM/六角 恋路:ということで戦闘開始でーす
桶狭間 照美:「テメェ蘆屋ァ、どういうつもりだ?オィ。」
不知火 雪乃:…現はそう来ますか、ならこちらも
不知火 雪乃:無言で現の隣に立ちます
蘆屋 現:「……答える義理はないが、強いて言うなら、秘密のため」
GM/六角 恋路:解体屋はランダムプロットです、それから一行動でこの子は逃げます
GM/六角 恋路:紹介、みたいなものですので
桶狭間 照美:ほぅ?
不知火 雪乃:了解ですが、もう少しキャラ同士の会話を楽しみたかった
蘆屋 現:逃げるってことは、退場するってことです?
GM/六角 恋路:戦闘中もガンガンしゃべってくだし!
GM/六角 恋路:そういうことです
桶狭間 照美:「不知火ィ……!!愛だかなんだか知らねェが、」
GM/六角 恋路:彼の今回の任務的に戦闘は含まれませんので
桶狭間 照美:「そのために命を捨てる気かよ、ヴァカガァッ!!」
桶狭間 照美:こういうキャラですので、罵声をお許し下さい…
不知火 雪乃:「捨てる…と言えば、そうなりますね」
GM/六角 恋路:六角さんの秘密を知ってれば共闘したんですけどね
蘆屋 現:そういえば、クライマックスに水無月さんはいるんですか?
宮寺 珠葉:「大切なもののためならこの命惜しくはありません・・・私は、戦って勝つだけです」
GM/六角 恋路:水無月さんは持ち主の許可があれば出てきます
宮寺 珠葉:私は持ち主じゃなかったな
宮寺 珠葉:結局さらわなかったし
不知火 雪乃:「でも、あなたが現さんに手を出すなら、それを私が許す事はないのですよ」
蘆屋 現:なるほど、水無月さんの登場は桶狭間さん次第ってことですかね?
桶狭間 照美:フッフッフ
桶狭間 照美:GM、そうなの?w
GM/六角 恋路:でもプライズとしては誰かが持っていますので
GM/六角 恋路:出てこなくても奪うことは可能
不知火 雪乃:プライズとしては、ですか…
GM/六角 恋路:それは秘匿情報なので私の口からは言えないなぁ
蘆屋 現:違ったっけな? まあ、秘匿だから聞いちゃダメだったみたいですね
GM/六角 恋路:せーの
不知火 雪乃:4
宮寺 珠葉:1 
桶狭間 照美:4
蘆屋 現:5
システム:GM/六角 恋路さんのロール(2d) → 5 (4、1)
GM/六角 恋路:では移動ー
GM/六角 恋路:ではプロット5から行動
GM/六角 恋路:現さんからですねー
蘆屋 現:了解です!
宮寺 珠葉:「こなみちゃん、今は隠れていなさい!!!」
小波 菜津季:「わ、わかった!」
不知火 雪乃:「ご理解下さい、桶狭間さん」
蘆屋 現:桶狭間さんに奥義打ちます!
GM/六角 恋路:奥義発動!
桶狭間 照美:「コレはコレは……!!」
蘆屋 現:奥義『彼岸花・攻』 効果はクリティカルです!
GM/六角 恋路:開幕4点きっついw
桶狭間 照美:当たりますねw
蘆屋 現:RP的には、呪術で内側から爆破!ってかんじで!
GM/六角 恋路:桶狭間さん4 1d6ふってー
システム:桶狭間 照美さんのロール(1D6) → 6 (6)
GM/六角 恋路:まず妖術
システム:桶狭間 照美さんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:桶狭間 照美さんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:桶狭間 照美さんのロール(1D6) → 3 (3)
GM/六角 恋路:かぶりなので自分で二回選び
桶狭間 照美:なんだこの出目www
GM/六角 恋路:忍術も消えるー
GM/六角 恋路:どの特技消すかなー?
桶狭間 照美:器術、体術を消します。
桶狭間 照美:で、兵糧丸を使って体術を復活させます。
GM/六角 恋路:あい
解体屋:では次解体屋
蘆屋 現:あとゆりねがありますので判定お願いします
桶狭間 照美:アァ、見切りッスね〜…
解体屋:見切り判定どぞー
解体屋:全員ね
システム:桶狭間 照美さんのロール(2d6=>6) → 失敗 5 (4、1)
システム:宮寺 珠葉さんのロール(2d>=8) → 失敗 3 (2、1)
桶狭間 照美:こりゃダメだwww
解体屋:けんてきじゅつ
宮寺 珠葉:プロット4とらなくてよかった
解体屋:危なかったねw
解体屋:不知火さんもだよん
不知火 雪乃:見敵術持ってないねえ…
解体屋:見切り放棄するー?
蘆屋 現:不知火さんには攻撃しないから大丈夫ですよ!
不知火 雪乃:待って、放棄はせず
解体屋:と、言ってはおりますがシノビの世界はわからない
不知火 雪乃:一応瞳術で代用出来ますか?
解体屋:出来ますよー
不知火 雪乃:という事は目標値は7か
解体屋:7になりますね
蘆屋 現:一番近いのがそれみたいですね
不知火 雪乃:見切り判定行きます
システム:不知火 雪乃さんのロール(2D6) → 8 (3、5)
解体屋:成功!
解体屋:では次解体屋
不知火 雪乃:条件ロールの仕方? 記憶の底に置いてきました
解体屋:「これは契約外なのでな…逃げさせてもらおう…」
解体屋:解体屋は脱落しました
解体屋:次4の方
蘆屋 現:(離脱するなら仲間になるRPいらなかったかな……)
解体屋:どちらからしますー?
不知火 雪乃:桶狭間さんからでどうぞー
解体屋:やっといて損は…無い…?
不知火 雪乃:でも扱いとして同時攻撃ですから
解体屋:ですです
桶狭間 照美:コレもう詰んでるんだよなぁ〜…。
GM/六角 恋路:まだわからないよ!仲良くしよ!
桶狭間 照美:最後に足掻きます〜…
桶狭間 照美:宣言イイですか?
GM/六角 恋路:どうぞどうぞ!
桶狭間 照美:じゃあ、謀術の生命力を消費して、水晶眼を発動させます。
GM/六角 恋路:クリ-2
桶狭間 照美:「公安でも、一矢くらい報わせてもらいますよォ……!!」
桶狭間 照美:んで、奥義発動させます。
GM/六角 恋路:奥義発動!
桶狭間 照美:秘術 血蛇操
桶狭間 照美:クナイを刺して、流れ出た虹色の血を操る。
GM/六角 恋路:血がうねる、うねる、形ずくる
不知火 雪乃:「……来る!」
桶狭間 照美:エフェクトは追加忍法。
不知火 雪乃:虹色の血を注視
桶狭間 照美:使用するのは、凶手。
蘆屋 現:「……奥義か!」
桶狭間 照美:砲術で判定します。
GM/六角 恋路:判定に成功すればまたスペ-2
システム:桶狭間 照美さんの「凶手:砲術」ロール(2d6=>5) → 成功 6 (1、5)
GM/六角 恋路:成功!
桶狭間 照美:出目が死んでるけどなw
GM/六角 恋路:合計-4からのー?
不知火 雪乃:8以上でクリティカルですか、面白い
桶狭間 照美:不知火さんに雀蜂で攻撃しますから、7なんだなぁ。
GM/六角 恋路:7なんだよなぁ、スズメバチなら
GM/六角 恋路:どうぞー
蘆屋 現:なるほどー、そういうコンボか!
不知火 雪乃:なんだ7ですか、それは安心
桶狭間 照美:「オメェらァ……、最後くらい働いてこぉい!!」
GM/六角 恋路:これで一角あれば回避もしにくかったのにね
桶狭間 照美:かの呪術であっさり口を開いた部下4人は雀蜂だった!
システム:桶狭間 照美さんの「雀蜂:人脈」ロール(2d6=>5) → 失敗 2 (1、1)
GM/六角 恋路:おいいいいい
不知火 雪乃:よそ
蘆屋 現:「あの時の犬どもか!」
桶狭間 照美:ファーwww
不知火 雪乃:よし
蘆屋 現:ええ・・・
GM/六角 恋路:ファンブルでよい?w
桶狭間 照美:神通丸を使うぞ!
GM/六角 恋路:おk
不知火 雪乃:ぬ
桶狭間 照美:このシナリオでの出目の死にはなんだ!?
GM/六角 恋路:前半調子良かったから…
システム:桶狭間 照美さんの「雀蜂:人脈」ロール(2d6=>5) → 成功 5 (2、3)
GM/六角 恋路:低いw
不知火 雪乃:危ない
桶狭間 照美:でもクリはしないという。
GM/六角 恋路:通常効果ですね
桶狭間 照美:遁甲符あったら欲しいなぁ。
GM/六角 恋路:不知火さん回避判定どうぞ、指定は人脈です
不知火 雪乃:第六感で判定
桶狭間 照美:誰も遁甲符ないですか、エェw
システム:不知火 雪乃さんのロール(2D6) → 3 (2、1)
蘆屋 現:だって敵ですし……
桶狭間 照美:さかなぎ!
不知火 雪乃:まあこのくらいは
GM/六角 恋路:失敗、さかなぎ
GM/六角 恋路:では集団戦ダメージ1
不知火 雪乃:一回くらいさかなぎでもよろしいかと
GM/六角 恋路:変調表どうぞ
システム:不知火 雪乃さんのロール(1D6) → 3 (3)
GM/六角 恋路:重症ですね
GM/六角 恋路:これは痛いなぁ
桶狭間 照美:わりと重いのあたったかな?
GM/六角 恋路:大当たりですね
不知火 雪乃:むう…
GM/六角 恋路:さかなぎだけど同プロットなのでまだ行動出来ますよー
桶狭間 照美:「喰らェ、オラァッ!」
蘆屋 現:「不知火ぃ!」
不知火 雪乃:「っ!」
GM/六角 恋路:無数の蜂が不知火に群がる
桶狭間 照美:「痛ェかァ痛ェだろォ?ケッケケケッ!!」
不知火 雪乃:当然、ちょっと傷が深かったので胸を押さえます
GM/六角 恋路:刺し、貫き、注ぎ、首筋に穿たれた毒が重症をひきおこす
不知火 雪乃:「あ……ぅぅうッ……」
GM/六角 恋路:心臓にまで流れる毒達、呼吸が、おかしい
桶狭間 照美:重症の接近戦ダメージは決めるのわたし?
GM/六角 恋路:いえ不知火さんがランダムに振りますよん
桶狭間 照美:アラ、接近戦ダメージなのにか。
宮寺 珠葉:選べるのは射撃戦ダメージ
GM/六角 恋路:接近戦ダメージはランダム、遠距離は自分で選ぶ
不知火 雪乃:接近戦の生命自体がランダムなのではと
桶狭間 照美:「もぅオメェは終わりだァ、不知火ィッ!!」
桶狭間 照美:あれ?そうだったか。
GM/六角 恋路:では不知火さんも手番ですよん、同プロットだから動けます
不知火 雪乃:しかしさかなぎなのでしょう、攻撃は出来ないですか?
GM/六角 恋路:いえ攻撃も出来ますよ、重症もまだです
宮寺 珠葉:できるよ?要は同時に攻撃した扱いだからぎりぎりさかなぎにはならないんだ
GM/六角 恋路:同時処理ですから
不知火 雪乃:なるほど、では普通に照美に攻撃
GM/六角 恋路:接近戦攻撃かな?
不知火 雪乃:深夜ですからパジャマを着ていました、接近戦攻撃
GM/六角 恋路:パジャマの魅力!
桶狭間 照美:10以上で成功、同時にスペシャルか……。
GM/六角 恋路:回復チャンスだね!
桶狭間 照美:ココで避けたらカッコイイくないかな?
不知火 雪乃:なんかパチパチみたいなあれをパチパチしてパジャマをジャケットがわりに
GM/六角 恋路:かっこいいぜ、やれれば
不知火 雪乃:語彙力の無さを発揮
不知火 雪乃:パジャマの服の裏に隠していたのはクナイ
桶狭間 照美:パジャマで攻撃となw
GM/六角 恋路:パジャマを貫き無数の苦無が顔を出す
GM/六角 恋路:仕込んでいたのだ、武器を
不知火 雪乃:クナイを数本さらい、その内の一本は照美の腹に突き刺す
不知火 雪乃:さて、仕込みで命中判定
GM/六角 恋路:さぁ、当たるのかな?
桶狭間 照美:失敗してくれ〜……。
不知火 雪乃:判定値5ですからね…
システム:不知火 雪乃さんのロール(2D6) → 11 (5、6)
不知火 雪乃:惜しいな…
桶狭間 照美:うおお。
GM/六角 恋路:当然の成功
GM/六角 恋路:さぁ、良ければかっこいいぞ!
桶狭間 照美:砲術で避けます。
水無月 佳乃:頑張って!桶狭間君!
不知火 雪乃:スペシャルまで一足らんのだ
システム:桶狭間 照美さんの「回避:砲術」ロール(2d6=>10) → 失敗 8 (5、3)
GM/六角 恋路:泣いた
桶狭間 照美:う〜ん、ダメだよな。
宮寺 珠葉:これで桶狭間死にますか?
桶狭間 照美:コチラも蜂の巣になります。
桶狭間 照美:1残りますよ。
システム:桶狭間 照美さんのロール(1D6) → 1 (1)
GM/六角 恋路:まだ1残るねー
GM/六角 恋路:消してるやつなので自分で選択
不知火 雪乃:「痛いのがっ…お好きですか!?」
桶狭間 照美:もうどっちでも変わらんが、体術を消します。
GM/六角 恋路:不知火ちゃんのシルエットが暗器だらけのクノイチ想像した
桶狭間 照美:「グッ!?ち、チクショウ……!!」
GM/六角 恋路:では次は宮寺さんですねー
桶狭間 照美:満身創痍である。
宮寺 珠葉:何もしません
GM/六角 恋路:はいー
宮寺 珠葉:誘導もできないし、とりあえず待機
GM/六角 恋路:では小波ちゃん
不知火 雪乃:「痛いのは私も好きですよ…ただ殺しが私の性に合わないだけです」
GM/六角 恋路:小波ちゃんはどうすればいいかな?
GM/六角 恋路:ドM!?
宮寺 珠葉:その場から離脱?
小波 菜津季:では離脱しますー
不知火 雪乃:忍者なのでね、抜け忍なのでね、実戦訓練が激しかったのかも知れません
宮寺 珠葉:これ、魔刃契約したらプロットは0しか選べないんだよなぁ・・・
小波 菜津季:ん?武器化だからそんなことはないんじゃない?
小波 菜津季:「わかった…宮寺さん気をつけてね…!」
小波 菜津季:小波ちゃんが脱落しました
GM/六角 恋路:では次のラウンドー
GM/六角 恋路:せーの
不知火 雪乃:5
宮寺 珠葉:2
桶狭間 照美:1
蘆屋 現:4
GM/六角 恋路:では移動ー
GM/六角 恋路:不知火さんから行動です
不知火 雪乃:むー、やはり間合のでかい攻撃忍法を準備すべきだったか
GM/六角 恋路:近くに彼氏がおるぞ!
蘆屋 現:その前に不知火さんの不調回復判定したほうがいいのでは?
GM/六角 恋路:ヤンデレ属性を発揮するんだー!
GM/六角 恋路:残念ながらラウンドなんです
不知火 雪乃:サイクルではない
GM/六角 恋路:動画だと結構回復してるけどサイクルでの判定なんですよね、変調回復
蘆屋 現:あ、なるほどー。失礼しました
GM/六角 恋路:集団戦ダメージってけっこうエゲツないんですよね、実は
宮寺 珠葉:へ?ラウンド終わりに
宮寺 珠葉:判定して回復じゃなかったっけ?
GM/六角 恋路:いいえ、サイクル終了時に判定なんです
不知火 雪乃:今のこちらのHPが5で、生命は全部生きてる、加えて重傷
GM/六角 恋路:つまり…まだまだ戦えるな
不知火 雪乃:そうですね、しかしこれだと攻撃が届かないのですよ
GM/六角 恋路:つまり、蘆屋さんにだいしゅき接近戦攻撃…
不知火 雪乃:それはしませんて
GM/六角 恋路:デスヨネー
不知火 雪乃:待機状態へ
GM/六角 恋路:はいーでは蘆屋さんどうぞー
蘆屋 現:了解です!
蘆屋 現:うーん、奥義は届かないんで忍法かなー。でもこれ使うのはなー
GM/六角 恋路:ゆー味方ごとやっちゃいなよ
GM/六角 恋路:優秀な彼女なら避ける避ける
不知火 雪乃:やってもスタンス変える気はありませんが
蘆屋 現:不知火さんすみません! 流星雨で攻撃します
GM/六角 恋路:イヤッフー!流星雨だー!
GM/六角 恋路:全員範囲内ですね!やったぜ!
宮寺 珠葉:回避だけど召喚術でいいかな?
桶狭間 照美:イヤアア!流星雨だー!
不知火 雪乃:んー…そうか、避けるのがきつくなる奴か
GM/六角 恋路:召喚術指定だったはずー
蘆屋 現:召喚術ですね
宮寺 珠葉:なら6でよけられる
GM/六角 恋路:まずは成功するかだけどね
システム:宮寺 珠葉さんのロール(2d<=6) → 失敗 9 (6、3)
宮寺 珠葉:よけた
宮寺 珠葉:「そんな攻撃当たらないわよ」
蘆屋 現:ふりまーす
GM/六角 恋路:どうぞー
システム:蘆屋 現さんのロール(2d6) → 11 (5、6)
GM/六角 恋路:目が高い!成功!
桶狭間 照美:みんな出目イイね(白目)
蘆屋 現:成功ですね
GM/六角 恋路:桶狭間さん頑張って避けてね(白目
蘆屋 現:桶狭間さんは装備の鬼道の効果で3点です
桶狭間 照美:6ゾロで避けられるじゃないか
システム:桶狭間 照美さんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:桶狭間 照美さんのロール(2D6) → 6 (4、2)
GM/六角 恋路:ちなみにクライマックスは戦闘続行の意思が無くなるまで続くよん
桶狭間 照美:う〜ん。
宮寺 珠葉:奥義を使っていいかしら?
GM/六角 恋路:流星雨が降り注ぐ、敵味方関係無しの隕石群だ
桶狭間 照美:脱落かなぁ
GM/六角 恋路:奥義!どうぞどうぞ!
桶狭間 照美:おおっ!?
宮寺 珠葉:完全防御 結界術です
GM/六角 恋路:まさかの!?
蘆屋 現:奥義、防御だったかー
GM/六角 恋路:誰を守るのだろう?
宮寺 珠葉:「これが私の奥義、私の中に残ったシノビの残滓、楓結界!!」楓が結界を作り攻撃を防ぎます
桶狭間 照美:た、助かった〜!?
桶狭間 照美:「人外、テメェ……。」(ありがとうございます!)
宮寺 珠葉:桶狭間さんです
桶狭間 照美:雀蜂は届くけど、正直コレはもう限界かな泣
GM/六角 恋路:楓結界が桶狭間を包み込み、流星雨の侵入など一切許さぬ絶対防御
GM/六角 恋路:まだ蘆屋さんと不知火さんの回避が
蘆屋 現:あ、そうか
システム:蘆屋 現さんのロール(2d6) → 3 (2、1)
桶狭間 照美:さかなぎ!
蘆屋 現:ファンブルですねー あとダメージ
GM/六角 恋路:流星雨は敵味方関係が無い、術者もその例外では、無い
蘆屋 現:「……ク」
不知火 雪乃:瞳術で代用…
GM/六角 恋路:とっさに庇った右腕が吹き飛ぶ
蘆屋 現:体術切りますー
GM/六角 恋路:はーい
GM/六角 恋路:不知火にも隕石が降り注ぐ
不知火 雪乃:瞳術で代用しても11以上じゃなきゃ無理なんですね
GM/六角 恋路:遠いw
不知火 雪乃:まあ、程々に頑張りますか
蘆屋 現:そんな遠かったのか……!すみません!
不知火 雪乃:回避振ります
GM/六角 恋路:どぞー
システム:不知火 雪乃さんのロール(2D6) → 9 (3、6)
不知火 雪乃:2足らぬ
桶狭間 照美:出目はイイけどなぁ……。
GM/六角 恋路:その瞳で見切ろうろした、が失敗
桶狭間 照美:重症もありますよ。
GM/六角 恋路:隕石の速度が早すぎる、避けた先にある隕石へと接触してしまう
不知火 雪乃:「がっ、ぁはっ!?」
蘆屋 現:重症は命中判定だけじゃなかったですっけ?
GM/六角 恋路:命中のみですねー
GM/六角 恋路:ですから一点だけー
桶狭間 照美:そっか、感情と情報か。
GM/六角 恋路:不知火の肩口から大きな穴が見える、辛うじて繋がった腕は使い物にならないだろう
不知火 雪乃:射撃ですもの、戦術を切ります
GM/六角 恋路:はいー
蘆屋 現:「っく、すまない!不知火!」
GM/六角 恋路:次は宮寺さん
不知火 雪乃:「…良いんです、このくらい…」
宮寺 珠葉:待機
GM/六角 恋路:では桶狭間さん
桶狭間 照美:ハッキリ言って、留まってても死ぬの待つだけだな。
桶狭間 照美:四肢はほぼ使い物
桶狭間 照美:にならず、身体も内部から破裂している。
GM/六角 恋路:満身創痍とはそのこと、もはや気力のみで立ち続けている
桶狭間 照美:もう何も出来ない。
GM/六角 恋路:何が彼をそこまで震わせるのか、任務?それとも
GM/六角 恋路:パスですかー?
桶狭間 照美:いえ、もう脱落します。
GM/六角 恋路:はーい
桶狭間 照美:「全く、この有様では始末書では済まされませんねェ……!」指でかろうじて印を作って消滅
GM/六角 恋路:桶狭間は風と共に離脱
GM/六角 恋路:では次のラウンド
蘆屋 現:「……逃げたか、公安」
不知火 雪乃:「…あら」
GM/六角 恋路:せーの
蘆屋 現:3
宮寺 珠葉:2
不知火 雪乃:3
GM/六角 恋路:移動お願い致しますー
GM/六角 恋路:では3から
蘆屋 現:それじゃ自分からいいですかね?
不知火 雪乃:良いですよ
GM/六角 恋路:どうぞー
蘆屋 現:了解です それでは宮寺に奥義を使います
宮寺 珠葉:なにするのかな?
GM/六角 恋路:呪いが、膨れ上がる、鬼の怨嗟が、襲いかかる
蘆屋 現:先ほどと同じですねー クリティカルの奥義です
GM/六角 恋路:指定特技は呪術でしたっけ?
宮寺 珠葉:奥義破りって何度いくつかな?
桶狭間 照美:その前に見切りを。
蘆屋 現:呪術ですねー
GM/六角 恋路:あぁ、まだ不知火さんしか見破ってなかった
宮寺 珠葉:なら完全防御、指定特技は結界術です、楓で結界を作ります
GM/六角 恋路:では4点確定、そしてけんてきじゅつ
GM/六角 恋路:楓の防御が宮寺を包む、絶対防御の壁が
蘆屋 現:奥義破り判定をしますね 召喚術で代用します
宮寺 珠葉:検敵術判定だけやっていいでしょうかgm
GM/六角 恋路:どうぞー
システム:蘆屋 現さんのロール(2d6) → 10 (6、4)
不知火 雪乃:グッド
GM/六角 恋路:奥義破り成功
桶狭間 照美:成功だなぁ。
GM/六角 恋路:これは、勝負アリかな
システム:宮寺 珠葉さんのロール(2d>=8) → 失敗 6 (2、4)
宮寺 珠葉:県的
GM/六角 恋路:絶対防御の壁が腐り落ちる、見切られた…
GM/六角 恋路:呪いは、発動する
桶狭間 照美:あぁ〜コレは
宮寺 珠葉:3d6で失う特技を選びますね
宮寺 珠葉:追加スロットありますんで
GM/六角 恋路:どぞー
システム:宮寺 珠葉さんのロール(3D6) → 11 (5、4、2)
蘆屋 現:「そのような繭など、造作もない」
宮寺 珠葉:妖術戦術体術消えた
GM/六角 恋路:体術、謀術戦術、あれ?右からやったっけ
桶狭間 照美:妖術でなくて謀術ですね〜。
GM/六角 恋路:妖術消えたからびっくりした
GM/六角 恋路:ということで不知火さんの番
不知火 雪乃:さて…終わらせますか
GM/六角 恋路:目が、怪しく輝く
不知火 雪乃:回想シーンでも使いましょうか、奥義と併用できるならば
GM/六角 恋路:攻撃では無いねー
蘆屋 現:奥義では回想シーンできなかったと思いますよ
不知火 雪乃:むむ、そうですか
宮寺 珠葉:奥義破りに回想シーンは使えるけど
不知火 雪乃:あ、じゃあ奥義破りで使いましょう
不知火 雪乃:来たらの話…ですが
GM/六角 恋路:さぁ、どうなるかなー
不知火 雪乃:「…ねえ、知っていますか宮寺さん」
宮寺 珠葉:「なに・・・かしら?」
不知火 雪乃:「私のこの目…何が見えていると思いますか?」
不知火 雪乃:目が真っ白に変色するとき、それは始まる
宮寺 珠葉:「知らないわ?戦い中にずいぶん余裕なのね」小太刀をかまえ
GM/六角 恋路:輝く、濁る、燃える、目が白く変色し始める
不知火 雪乃:「この左肩に穴が開いていても…私にはこの場を切り抜ける為の近道が見えます」
GM/六角 恋路:不知火から激しく殺気が叩きつけられる、危険信号が鳴り響く
GM/六角 恋路:耳鳴りが、止まない、白い目から、目が離せない
不知火 雪乃:「そしてその近道は絶対に存在するもの……」宮寺に向け右手を伸ばします
不知火 雪乃:「あなた自身の死として、ね」
GM/六角 恋路:それは、死を射抜く魔眼だった
不知火 雪乃:奥義行使
桶狭間 照美:バロール
宮寺 珠葉:「や・・・やだ・・・やめ・・・やめて!!!」マガンに恐れをなしました・・・奥義破りはできません
蘆屋 現:(不知火の瞳から、巨大な気のうねりが……)
不知火 雪乃:「だ、め」この一言と共に右手を握る
宮寺 珠葉:っていうか奥義破りって指定特技何?
不知火 雪乃:瞳術
GM/六角 恋路:瞳だけど初見だねー
宮寺 珠葉:初見なら無理だね。これ範囲?クリティカル?
不知火 雪乃:因みに効果はクリティカルヒットです
宮寺 珠葉:なら負けたわ、
桶狭間 照美:あぁ〜
不知火 雪乃:瞬間、神経が改変される
桶狭間 照美:おっ?コレは……。
不知火 雪乃:それぞれがつなぎ合わされ、結ばれて出来た一つの点
不知火 雪乃:そこから痛覚が発生、神経をくまなく通り多大な苦しみとして顔を出す
不知火 雪乃:それはまさに矢で射抜かれるかのよう
宮寺 珠葉:「ごめんね・・・こなみ・・・ちゃ・・・」と言って倒れます
GM/六角 恋路:神経系のシナプスが焼き切れる音を最後に、宮寺は意識を切り離した
宮寺 珠葉:私はもう負けちゃったかぁ・・・悔しい
GM/六角 恋路:死を射抜く…魔眼!
桶狭間 照美:遠野志貴かな?
GM/六角 恋路:さて、残り2人だけど戦意はもう無いかな?
宮寺 珠葉:私は描写通り倒れます
桶狭間 照美:戦わなければ生き残れない!
蘆屋 現:退場した二人のプライスは手に入ったんですかね?
GM/六角 恋路:勝たなきゃ!
GM/六角 恋路:手に入りますよー
桶狭間 照美:奪われた。
不知火 雪乃:んー…秘密的には現の勝ちでいいのか
GM/六角 恋路:さぁ、どれを奪うのかな?
蘆屋 現:一応手に入ったプライズを教えてもらってもいいですか?
GM/六角 恋路:んとーまず桶狭間さんの持ち物が
GM/六角 恋路:水無月だけだね
宮寺 珠葉:小波をもってるかな私は 
桶狭間 照美:オレの水無月〜…。
宮寺 珠葉:私のコナミちゃーん
GM/六角 恋路:宮寺さんが、小波魔仭権利、水無月NPCかな
蘆屋 現:ん?水無月と水無月NPCって違うんですか?
桶狭間 照美:水無月はお宝、ちゃんは女の子。
不知火 雪乃:あー、やっぱりな…
GM/六角 恋路:桶狭間さんが初めから所持してるプライズ水無月だね
蘆屋 現:ああ、なるほどなるほど
桶狭間 照美:わたしと蘆屋さんの目標はわたしの持ってるお宝のほうかな?
桶狭間 照美:だから取らないでイイッスよw
GM/六角 恋路:秘密が、それを語る
蘆屋 現:うーん、多分この中にある本物の水無月じゃないといけないんだろうなー……
不知火 雪乃:…一つ予想
GM/六角 恋路:そりゃそうよ、依頼主檄おこになるよ
蘆屋 現:お?どうぞ
蘆屋 現:(そういや依頼人って誰なんだろう・・・)
不知火 雪乃:これが当たりなら現は多分使命失敗なんですが…
GM/六角 恋路:お、いい疑問だねー
不知火 雪乃:まず先に質問、水無月NPCの秘密は公開情報ですか?
GM/六角 恋路:もうみんな知ってるはずー
蘆屋 現:どっちにしろもう終わりだし、公開として話してもいいのでは?
GM/六角 恋路:プライズ水無月ちゃんの秘密は宮寺さんしか知らないけどね
不知火 雪乃:なら、水無月はプライズ:小太刀を持っていたはず
宮寺 珠葉:何を奪うか確定するまで終わらないしエンディングだってある
GM/六角 恋路:あと言ったはずだよ、今回詰みは無い、と
不知火 雪乃:む、なら答えあわせに移りますか、プライズの獲得処理を
蘆屋 現:せっかくだし、自分も予想いってもいいですか?
GM/六角 恋路:どうぞー、よーく話し合ってね
不知火 雪乃:GM、雪乃は脱落ってことになっていますか? 後はそれを確認出来れば問題なし
GM/六角 恋路:いいえ、勝者ですよん
不知火 雪乃:成る程、そうですか
GM/六角 恋路:あと不知火さんは、すでに答えの秘密を見ていてもおかしくはないんだけど
蘆屋 現:自分の考えでは、秘密の水無月って『小波 奈津季』のことなんじゃないかなって思うんです
不知火 雪乃:…あの秘密か
蘆屋 現:それで、水無月ちゃんの持ってる小太刀っていうのが小波ちゃんを水無月にするアイテムで、小波ちゃんを小太刀と一緒に解体屋に渡すことで水無月になるのでは?という予想です
GM/六角 恋路:んふふふ、そろそろ推理はいいかな?
不知火 雪乃:実を言うとあの秘密はほぼスルー仕掛けていたところですが
蘆屋 現:OKです!答え合わせしましょう!
GM/六角 恋路:では蘆屋さんは、何を貰っていくのかな?
蘆屋 現:小波ちゃんと水無月ちゃんをもらいます!
GM/六角 恋路:不知火さんも、それでいいかな?
不知火 雪乃:問題なし
GM/六角 恋路:ではご開帳
桶狭間 照美:エンディングか?
GM/六角 恋路:これが、小波なつき
GM/六角 恋路:こちらが水無月佳乃
GM/六角 恋路:メモ12に書き込んだよん
蘆屋 現:あら、小太刀関係なかったかな?
GM/六角 恋路:水無月ちゃんは、ただの女の子だよ、家系が特殊なだけのね
桶狭間 照美:もう一押しだった。
GM/六角 恋路:ミスリードのためのNPC
不知火 雪乃:ああ、小波自体がプライズ扱いか…!
GM/六角 恋路:ではエンディングに移ろうか
不知火 雪乃:少し予想外しましたね…でも結果オーライですか
GM/六角 恋路:桶狭間さんから順番にしよっか
不知火 雪乃:あ、雪乃は何ももらわない流れでしょうか?
桶狭間 照美:では敗北順で〜w
GM/六角 恋路:桶狭間さん→宮寺さん→2人
GM/六角 恋路:それは蘆屋さんと話し合ってね
蘆屋 現:小波ちゃんを手に入れた時点でクリアだったんだな 考えすぎたー
GM/六角 恋路:さすがに3サイクルのやつでそこまでキツくはしないよw
宮寺 珠葉:とりあえず整理したいんだけどいいでしょうか?
GM/六角 恋路:今回たまたま4サイクルだったけどね
GM/六角 恋路:どうぞー
宮寺 珠葉:小波ちゃんは無事だったのかな?
桶狭間 照美:勝負は負けたが、試合はおアイコだw
GM/六角 恋路:小波ちゃんは蘆屋さんに連れられて依頼主のもとへ
桶狭間 照美:コナミちゃん……。
GM/六角 恋路:だがまぁ、解体屋をなんのために出したかを考えればいいよん
不知火 雪乃:よし、現さん
蘆屋 現:不知火さんなにか要りますか? といっても水無月さんしか渡せませんが
宮寺 珠葉:なら、エンディングでどうするとか考えてないから・・・現さんを尾行し、依頼人を探そうとするも見つけられずにいるところからedしたいんだけど
不知火 雪乃:あー、一応偽物だった方の水無月を見ておきたかったんですが、不可能なら別に良いですね
宮寺 珠葉:わたしからやっていいかな?
桶狭間 照美:イイッスよぉ〜。
GM/六角 恋路:桶狭間さんがいいなら
宮寺 珠葉:ならわたしから
蘆屋 現:一応水無月ちゃん渡しときましょうか? 経験値増えますよ
GM/六角 恋路:偽物秘密もじゃあ公開しちゃおうか
不知火 雪乃:なら水無月さんを貰いましょうか
蘆屋 現:それじゃあ不知火さんに水無月ちゃん渡します
GM/六角 恋路:ほいっと
宮寺 珠葉:「はぁ・・・なんで見つからないの・・・見つからないのよ・・・タスケテ・・・小波ちゃん・・・(こなみちゃんのいえにいき、尾行をしたりなどし、何度も何度も泣きながら彼女を探している」
宮寺 珠葉:「こなみちゃん・・・今日もいなかった・・・」インターホンを鳴らし彼女を呼びに行く
GM/六角 恋路:だが、部屋からは何の反応も帰ってこない
宮寺 珠葉:しかし彼女は出てこない、いつまでたっても出てこない「今日もダメだった・・・みたい・・・」そういって一人とぼとぼと学校に向かう
宮寺 珠葉:彼女はシノビのできそこない、忍びの残骸、今日も彼女は孤独に耐える・・
GM/六角 恋路:日常は驚くほど通常通りだった、まるで、初めから小波などいないように
桶狭間 照美:儚いよぉ〜……。
宮寺 珠葉:といったedでいいかしら?
桶狭間 照美:お疲れさまでした〜。
蘆屋 現:病んでるなぁ……
GM/六角 恋路:儚くてとても良かった
不知火 雪乃:おうふ…
蘆屋 現:お疲れ様でしたー
桶狭間 照美:じゃあわたしのedですかね。
GM/六角 恋路:ですねー
桶狭間 照美:わたしはそもそもギャグみたいな存在なのでw
桶狭間 照美:出し切れなかった彼のワルい部分を出し切ってスカッと終わります〜。
GM/六角 恋路:希望するなら依頼人出すよん?
蘆屋 現:割と結構悪い部分出てたような・・・
桶狭間 照美:イエ、彼は普通の病院に入院してます。
GM/六角 恋路:全身ぼこられたもんね…
桶狭間 照美:まだまだ足りなかったんですけどねぇ。
GM/六角 恋路:悪役ロール好き
桶狭間 照美:看護婦がノックして入ってきます。
桶狭間 照美:気に入ってもらえてたら嬉しいなぁ。
GM/六角 恋路:まぁ、ご褒美あげるよん
蘆屋 現:現も元々悪役として作ってたはずなんだけどなぁ・・・・・・
桶狭間 照美:コレでダイスが機能してたらなぁw
桶狭間 照美:カッコよかったんだけどなぁw
桶狭間 照美:看護婦お願いしてイイッスか?
水無月 佳乃:後ろから水無月も入ってきます、権利は不知火さんのものだけどいいかな?不知火さん使っても
不知火 雪乃:良いですよ
水無月 佳乃:ありがとー
桶狭間 照美:じゃあただいるだけの存在ですね?
水無月 佳乃:そういうこと、でも、桶狭間さんには権利がある
桶狭間 照美:マジか、アレやってイイのかな?
水無月 佳乃:いいよ、元々そういうもので、殺されたらやっぱり不知火さんにもプレゼントするさ
水無月 佳乃:「桶狭間君…大丈夫?」
桶狭間 照美:じゃあ殺したら2人分ってことですか?
蘆屋 現:アレ?……あ(理解)
桶狭間 照美:「あァ……いまいちですねェ……。ソレ、食べさせてもらえます?」
水無月 佳乃:いいえ、プライズ水無月ちゃんは消滅しますがその権利は桶狭間さんにはありません
桶狭間 照美:まて、リアルeduが追いつかねぇ……。
水無月 佳乃:「このりんごかな?今剥くね」
不知火 雪乃:んー…まあ自分が殺したかったのもあるんですが
水無月 佳乃:落ち着け、物騒だなしのびどもw
不知火 雪乃:でもそれやって六道の情に反するかどうか
水無月 佳乃:愛情をお互いにあれば小太刀は普通に渡すのw
桶狭間 照美:あ、なんとなく理解したと思うので、やってみるかな。
桶狭間 照美:「ありがとう、ございますゥ……イタタ」まだ1人で腰を起き上がらせることは出来ない
水無月 佳乃:功績点自体は変わらないから水無月ちゃんを許してw
不知火 雪乃:ひゃい
水無月 佳乃:「あ、無茶しちゃダメだよ?」
水無月 佳乃:「ねぇ、あの時の言葉の意味って、ぞういうこと…だったのかな…?」
桶狭間 照美:「モグモグ……水無月さんの剥いたリンゴはおいしいですねェ。」
桶狭間 照美:「あの時の、言葉……ですか。」
水無月 佳乃:「(こいつ…聞いてない…!)」
水無月 佳乃:「!」
桶狭間 照美:「エェ、そういうことですよ。」ベッドから降りる。
桶狭間 照美:「だから、ソレ、渡してくれますよねェ?」いつもと同じ笑顔、いつもと違うナニカ
水無月 佳乃:「でも、私何にも無いよ…?」
水無月 佳乃:「…これ…?」
水無月 佳乃:片手には小太刀、リンゴの汁が付いている
桶狭間 照美:「そう、ソレですよォ〜。わたし、あなたと同じくらい、ソレ、愛してますから♡」
桶狭間 照美:ありがたい刀でリンゴ剥くのかw
蘆屋 現:この子も大概物騒だなw
水無月 佳乃:「……いいよ、桶狭間君になら」
水無月 佳乃:形見って言っても使わないとね!
水無月 佳乃:「桶狭間君、危ないことばかりしてるみたいだから、御守りとして」
桶狭間 照美:「ありがとうございますゥ!コレで上を言いくるめれば、始末書は免除かなァ。」
水無月 佳乃:心の声がばがばやんけ!
桶狭間 照美:桶狭間は消えていきます。
水無月 佳乃:「……大事に、してね」
桶狭間 照美:その目は、一瞬開いた気がした。
水無月 佳乃:「桶狭間君…」病室には水無月ちゃんだけが残っています
桶狭間 照美:病院でも学校でもないドコカへ。
桶狭間 照美:不知火ちょっと登場してもらえますか?ちょっと伝えたいです。
水無月 佳乃:水無月の初恋は、こうして終わるのだった
不知火 雪乃:はいはい、今出ますよ
蘆屋 現:いけない、なんか皆不幸になってる……
桶狭間 照美:(ケケケッ、所詮玩具だろうが、イイモノが手に入ったゼェ)
水無月 佳乃:だいたい公安のせい
桶狭間 照美:「不知火よォ、毒の調子はどうだァ、アァ?」
水無月 佳乃:なんて悪いやつなんだ!
桶狭間 照美:水無月をこんな扱いして、ホント申し訳ないw
不知火 雪乃:さて、雪乃はどこにいましょう
水無月 佳乃:いいぞ!もっとやれ!
桶狭間 照美:暗い場所だから、背中合わせなり何なり。
不知火 雪乃:ではベッドへ。肩の方はもう治ってる扱いで
水無月 佳乃:シノビなら当然翌日には治る
桶狭間 照美:じゃあベッドのカーテンの外から、影と声で分かる。
不知火 雪乃:「ええ、おかげさまで」
桶狭間 照美:「あの娘だがァ、ちょっと口説いたらホイホイ家宝を渡しやがんの!とんだ、アバズレだ、お笑いだぜまったくよォ!」
水無月 佳乃:ひどいwww
桶狭間 照美:ひどすぎる。
不知火 雪乃:これは笑う
桶狭間 照美:こんなこと言うやつは許せない。
宮寺 珠葉:これはひどい
蘆屋 現:中盤ちょっといい人そうな感じ出そうとしてたのになぁ……
不知火 雪乃:まあ六道:情ですから天井へ向けて伸ばしていた手は大きな音をたてて握られる
桶狭間 照美:こんなキャラ作った以上、集められるだけヘイト集めて終わりますw
GM/六角 恋路:みごとに騙されましたね、さすがはシノビだ
不知火 雪乃:バンっという感じで
桶狭間 照美:無面目もありますから、感情全てウソってのもイイでしょう?1回も働いてくれませんでしたしね。
宮寺 珠葉:おおぅ・・・ちょっと信頼してたのになぁ
宮寺 珠葉:これはこれはっていうのとPCはしょっくだっていうのと
不知火 雪乃:「…それが聞けて良かったです、というのも私がまんまとあなたに騙されていた事がわかったからですが」
桶狭間 照美:「物騒な方ですねェ、今日は戦いに来たわけじゃあないんですよォ」
不知火 雪乃:「ええ、今は戦いなどどうでも良いんです。少なくとも、次に依頼が降ってくるまでは」
不知火 雪乃:カーテンを開けたい
桶狭間 照美:「アノ娘、オレにゃァもう用済みだ。煮るなり焼くなり、瞳術で嬲るなり、好きに料理するとイイゼェ。」
桶狭間 照美:では、カーテンを開けると桶狭間の姿はない
桶狭間 照美:しかし声は聞こえる。
不知火 雪乃:「…それはちょっと遠慮しますね」
桶狭間 照美:『次は、わたしの下に付いて下さいねェ、不知火さん』
桶狭間 照美:やるだけやりました、コレでわたしも終わりですかね、お疲れさまでした〜。
GM/六角 恋路:なんて悪いやつなんだ!
桶狭間 照美:最後に皆さんへ。申し訳ございませんでした!!
不知火 雪乃:「…そうなると良いですね。もっともその時は、守るだけ守らせてもらいます」
蘆屋 現:煽るだけ煽って逃げやがった!
GM/六角 恋路:悪役がいないと物語は盛り上がりませんよ!ありがとう!
宮寺 珠葉:いえいえ、おもしろいろーるでした、私は用積みと言われながらもこなみのためにいっしょけんめいすがるんだろうな
蘆屋 現:いえいえ、楽しかったですよー お疲れ様でした!
宮寺 珠葉:お疲れ様、私みたいないい子しかできない子ばっかりでも盛り上がらないわよ
GM/六角 恋路:では最後に2人のエンディングロール
蘆屋 現:了解です!
GM/六角 恋路:戦いのすぐ後のことだ
不知火 雪乃:「ねえ、知ってますか———」続きからで良いですか? その後時間を飛ばす形で
宮寺 珠葉:少しトイレ行ってくる
GM/六角 恋路:続きからでおkーー
不知火 雪乃:まず点滴のケーブルが引きちぎれていく
不知火 雪乃:そして両手をゆっくりと楽にしていく
不知火 雪乃:「私は、優しいんです」
不知火 雪乃:その場から、雪乃は消えた
不知火 雪乃:で、時間を飛ばしてと。どのくらいの時系列にします?
GM/六角 恋路:病室には空のベット
GM/六角 恋路:んじゃ数日後、不知火が脱走直後でどうですか?どうしてもそいつを出さないと物語が終わらない
不知火 雪乃:そうですね、そうしますか。現はどのタイミングで出ます?
GM/六角 恋路:蘆屋さんの元に、依頼主を合わせないと
蘆屋 現:自分はいつでもイイデスよー
GM/六角 恋路:蘆屋の隠れ家をノックする
GM/六角 恋路:外には妖魔の気配
GM/六角 恋路:あの時の解体屋がいる
蘆屋 現:「……勧誘なら帰れ。解体屋なら入れ」
解体屋:「ようやく見つけたぞ、優秀なのも困り者だな」
GM/六角 恋路:後ろからゆっくりと、そこにいるのが当たり前のように
GM/六角 恋路:六角恋路も現れる
蘆屋 現:「印を見つけられんお前が悪い。 ほらこれだろ」といって眠らせている小波ちゃんを
GM/六角 恋路:「依頼主は僕だ、水無月は、まだ出てきてないみたいだな
蘆屋 現:「……ほう、学長自らお出ましか」
GM/六角 恋路:「持ち主じゃないと目的の物が出てこないんだ、魔仭化させてもらってもいいかな?」
GM/六角 恋路:「まだ学長と呼んでくれるとは、ね。怖い人だよ君は」
蘆屋 現:「構わんよ。キサマらの守秘義務にもうんざりしていたところだ」といって魔仭化させます
GM/六角 恋路:その時偽りの仮面が脱ぎ捨てられる
蘆屋 現:「いい加減教えてもらおうか。水無月とは何か」
GM/六角 恋路:心を、認識を、記憶を歪める存在
GM/六角 恋路:神の欠片、「シノビガミ」の子
GM/六角 恋路:「見れば理解できる」
GM/六角 恋路:それは「逆神」第六の獣の目覚めだった
蘆屋 現:シノビガミの子は、学長がですか?それとも水無月?
桶狭間 照美:シノビガミっぽいイイシリアスだなぁw
宮寺 珠葉:忍者らしかった!!!
GM/六角 恋路:「水無月は認識を歪める、人間のままでは逆神を見つけられん」
GM/六角 恋路:「あとは、解体屋の出番だな」
解体屋:「……」手慣れたように逆神のみを抜き取る
GM/六角 恋路:「これで依頼は達成、報酬はしっかり弾ませてもらおうか」
GM/六角 恋路:「ご苦労様、その子は好きにしていいよ。煮るなり、焼くなり、犯すなり」
蘆屋 現:「……なるほどな、水無月家というのもとんでもないものを守っていたものだ 報酬は期待しよう」
不知火 雪乃:最後が物騒だなあとつくづく思わされる日々
GM/六角 恋路:「どうせ、その子を覚えている人は、いないんだから」
桶狭間 照美:宮寺だけ報われねェ……。
蘆屋 現:「……そうだな、好きにさせてもらおう」
GM/六角 恋路:「ふふ、また依頼させてもらうよ。では、生きていればまた会おう」
GM/六角 恋路:六角と解体屋は出て行く、気配は消えていた…
GM/六角 恋路:最後に六角の秘密を
GM/六角 恋路:不忍、なれどシノビってね
桶狭間 照美:しのばず、かぁ。
宮寺 珠葉:なるほどね・・・アフタープレイかな?これで
GM/六角 恋路:やりたいことは終わった!あとは好きにエピローグを!
蘆屋 現:「……さてと、貰ったはいいが正直いらんのだよな」と言って小波を抱えて外に出ます
宮寺 珠葉:私は小波を必死で探し続けてます、たった一人で探し続けます
蘆屋 現:宮寺さん出てもらってもいいですか?
宮寺 珠葉:はい、もんだいありません
桶狭間 照美:散々な負けようだったけど、負けた気がしないのは何故。
蘆屋 現:それじゃあ、探してる宮寺の前に小波を抱えて出てきます
宮寺 珠葉:「はぁ・・・はぁ・・・こなみちゃん・・・こなみちゃんどこ・・・?私の大事な、忍びをやめて初めてのお友達・・・いっぱいおいしいもの作ったよ?甘いのいっぱいあるよ?」
蘆屋 現:「おい、貴様」
宮寺 珠葉:「小波ちゃん!!それに現さん・・・」
桶狭間 照美:ウォイ、イケメンかよぉ。
蘆屋 現:「いらんから、返す」と言って宮寺に渡します
小波 菜津季:「スー…スー…」息はある、生きている
宮寺 珠葉:「あ・・・ありがとう・。・・!!ありがとうございます!現さん!!!(嬉しそうに抱き着いて」
宮寺 珠葉:「家に連れ帰ってあげなきゃ・・・あったかくして寝かせて、それで病院とか連れて行かなきゃ・・・忙しいからしつれいします!」
宮寺 珠葉:「現さんありがとう!!」
不知火 雪乃:メモ5をちらっと見て爆笑しました…
蘆屋 現:「こいつに関する記憶は世界からなくなったらしいが、思い出なら今からでも十分作れるだろう」
桶狭間 照美:桶狭間ってだけで笑っちゃダメよw
宮寺 珠葉:「わかった!!じゃあ変えるわね!」
蘆屋 現:「おう、帰れ帰れ。二度と失わないよう大事にするんだな」
小波 菜津季:「珠…葉…ちゃん」小さな声が聞こえる
小波 菜津季:意識は無い、だが覚えている
宮寺 珠葉:「まっててね、一杯うれしいこと楽しいこといっぱいあるから・・・」
宮寺 珠葉:っとこんなものかな?
桶狭間 照美:全米が泣いた
蘆屋 現:自分もやることは終わりましたねー
小波 菜津季:不知火さんは無いかな?
桶狭間 照美:わたしと何かやりますか?
不知火 雪乃:…したい演出なら、まだありますよ
宮寺 珠葉:ならどうぞかなぁ?
小波 菜津季:やってやって!
小波 菜津季:水無月ちゃんを救って!
蘆屋 現:やりましょうやりましょう
桶狭間 照美:やりましょう〜。
不知火 雪乃:どう救おうか…
不知火 雪乃:学校の屋上でも行きますか
不知火 雪乃:屋上で佇むのは雪乃
小波 菜津季:風が吹く…平和な匂いしかしない…
不知火 雪乃:しかし、その服は制服ではなく、ジャケットにジーパン、黒シャツにヘッドフォン
不知火 雪乃:それはもう、彼女が立派な忍である事を示していた
桶狭間 照美:ストリートニンジャ
不知火 雪乃:学校に通うただの女子高生ではなく、己の意志で道を切り開く忍者
蘆屋 現:アイコンの服装かな?
不知火 雪乃:それが雪乃の正体
GM/六角 恋路:学生としての衣を脱ぎ捨て、佇むは1人のシノビ
不知火 雪乃:はい>アイコン
不知火 雪乃:現さん、出て来れますか?
蘆屋 現:OKですよー
蘆屋 現:なにしましょうか?
不知火 雪乃:雪乃が振り向きますと、そこにいた的なあれか
蘆屋 現:了解です!
不知火 雪乃:とりあえず感情が両想いなのでね…?
GM/六角 恋路:青春だー!にんこいは終わってはいない!
蘆屋 現:「そういえばその装束は初めて見たな」
蘆屋 現:腕組んで壁に寄りかかりつつ
不知火 雪乃:至って普通の私服。だがそれは斜歯を捨てた彼女が今もなお着ている装束
不知火 雪乃:「そういえば、そうですね…まさかこの服を長く着続けることになるなんて。自分では想像もつきませんでした」
蘆屋 現:「いいさ、忍び装束なんてコロコロ変えるものでもない。それに、よく似合っている」
不知火 雪乃:「……ありがとうございます。……良ければ、私の言葉を聞いてくれますか?」
蘆屋 現:「……一々聞かずともいいさ」聞く体勢に入ります
蘆屋 現:「ちゃんと聞いてやる」
桶狭間 照美:野々村スタイルか。
不知火 雪乃:そして、現を真っ直ぐに見る。そこには一変の細工などない
不知火 雪乃:次に、放つは告白
蘆屋 現:野々村スタイルはカッコ悪いなぁ・・・
不知火 雪乃:「私は、あなたのことが大好きです」
桶狭間 照美:チクショウ、青春しすぎだろ!?ちょっとカッコ悪くなれ!()
GM/六角 恋路:胸が熱い、毒のせいじゃない、顔が火照るのがわかる
GM/六角 恋路:永遠とも思える刹那、時が止まっているかのようだ
蘆屋 現:「……好きか……俺はそんな言葉に答えられるような生き方はしていない……それでもいいのか?」
不知火 雪乃:「はい……それでもずっと、あなたを想って、ずっと共にいたいです」
GM/六角 恋路:エンダァァァァァ!
桶狭間 照美:イヤアァァァァ!
GM/六角 恋路:2人を祝福するように鐘が鳴る、六角の鐘が
蘆屋 現:「……ふ、ならばいい。この力、これからはお前を守るために使う事にしよう」
不知火 雪乃:「はい……私も、あなたの為に、この命を燃やし続けます」
GM/六角 恋路:まさかにんこいってタイトルが本当に回収出来るとは思わなかったぜ
不知火 雪乃:えっと、そしてもう一つ
桶狭間 照美:だいたい桶狭間のせい。
蘆屋 現:蘆屋の出番は終わりかな?
不知火 雪乃:そうですね
蘆屋 現:それじゃあ心の中で
蘆屋 現:(恋人か。どうやら俺にも新たな道ができたようだ、冥……)といって終わります
桶狭間 照美:いもうと〜。
不知火 雪乃:お、去った感じですか
GM/六角 恋路:くっそ、爆発すればいいのに!
桶狭間 照美:火術で判定だ!
不知火 雪乃:去った後を見届け、残った言葉は一つ
不知火 雪乃:「愛していますよ、現」
GM/六角 恋路:ハッピーエンド
桶狭間 照美:その後、桶狭間は小太刀を武器に上層部に偽装報告。しかし、ウソが発覚し、彼は公安を追放され、彼は消息を絶ったという……
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。