【ソード・ワールド2.0】[希望亭](突発)ヤルセカ村の危機?

皇舞リプレイ  1
登録日:2017/06/03 14:36最終更新日:2017/06/03 14:39
[PCURL]カゲ:http://charasheet.vampire-blood.net/978359
[PCURL]リオ:http://charasheet.vampire-blood.net/1180337
[PCURL]ベルハルト:http://charasheet.vampire-blood.net/1046506
[PCURL]サツキ:http://charasheet.vampire-blood.net/m2d280feafab0b0080456714f11b8f6b0
どどんとふ:「GM」がログインしました。
GM:こんばんはです
小慶美:こんばんはー
小慶美:文字色ちぇんじ
カゲ:ここのダイスの結果カゲちゃんでいきます
GM:はいよー
カゲ(判定):2d+13 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 7[2,5]+13 → 20
カゲ:連携OK
GM:あ、モブにシャオさんのNPC画像とか使っておkです?
カゲ:OKOK
カゲ:まぁそう言う時のためのフリー素材ですからな
カゲ:にしても突発でも人集まるものねぇ 参加者4名か
どどんとふ:「GM」がログインしました。
GM:ですねえ
カゲ:(締め出されてたのか、誤ってタブ消したのか)
GM:なぜか文字入力できなくなっていたんですよ…
カゲ:ああ、あるある
どどんとふ:「」がログインしました。
カゲ:こんばんはー
いりまめ:こんばんはですー
GM:こんばんはです
どどんとふ:このサーバでは24.0時間以上ログインすると接続が切断されます。
どどんとふ:「」がログインしました。
GM:こんばんはです
ベルハルト:こんばんわ
リオ:こんばんはですー ついでに立ち絵位置調整
どどんとふ:「」がログインしました。
カゲ:こんばんはー(早急に親がくれた鉄火撒きセット頬張ってた)
バニラ:こんばんは
リオ:こんばんはですー
GM:こんばんはー
GM:ちょっと、突発ゆえ敵データが適当です。申し訳ない
カゲ:はいさい
サツキ:内臓をささげてダイス目操作するんで問題ないですよ
カゲ:内臓を捧げる……?
リオ:物騒なことになってきたw
サツキ:昨日セッションしたんですけど、ダイス振る時に内臓捧げながら振ると良い出目になる事に気付いてしまったんです
ベルハルト:いろいろ待て…
ベルハルト:内臓を奉げるって何ぞ?
カゲ:昼の部の話か夜の部の話か
サツキ:夜の部ですね
サツキ:色々あってどうしても良い出目にならない限り敵に攻撃が当たらなくて
カゲ:アサシン差し向けたからな
ベルハルト:とりあえずグロ系は勘弁…
どどんとふ:「リオ」がログインしました。
ベルハルト:こんばんわー
リオ:落ちてしまった。IE調子悪いなぁ
カゲ:おかえりです
GM:ふいー、時間ですね
カゲ:さて、そろそろ時間か
サツキ:失礼しました。まだ生きているので大丈夫ですよ。
GM:準備できてない人はいますか?心臓を捧げる準備は?
カゲ:どうして急に進撃風に
GM:心臓を捧げよ
サツキ:あと1分だけ
リオ:∠(゜Д゜)/イェーガー
ベルハルト:心臓を奉げるつもりはないけど準備はOK
カゲ:参加者はこれで全員?
GM:一応全員です。4人までしか募集してませんでしたしね…
リオ:人数が少ない時こそ人数増加マシーンビルドが活きると信じて・・・!
サツキ:おまたせしました
GM:みんなー!ラクシアに行きたいかー
カゲ:わー
リオ:おー!
ベルハルト:おーー!!
サツキ:わあい!
ベルハルト:つか、色がサツキさんとかぶってないかな・・・?
カゲ:大丈夫大丈夫
サツキ:変えときますね
GM:ごめんちょっと時間稼ぎして、では始めて行きましょう
サツキ:これでおk
GM:セッション ヤルセカ村の危機?
ベルハルト:そちらで変えなくても・・・
ベルハルト:またヤルセカ村か・・・
カゲ:かれこれ三回目ね ベルハルトさん皆勤賞じゃない
GM:えー皆さんはイレブンの中でフィフスという雑用のルンフォが話しかけてきます
ベルハルト:ほんと・・・何ででしょうね?
カゲ:「どうしたのフィフス? ・ω・)」
ベルハルト:「おや、どうかしましたか?」
フィフス:「ヤルセカ村から助けを求める依頼が…」
GM:場所ー
ベルハルト:「またですか・・・あの村は何か呪われているのでしょうか?」
リオ:「絶望の救難信号...それが意味するのは”未来への渇望”か...」
アオイ:「またか、大変だな、あそこも」といってアオイが出てきます
サツキ:「そんなに何度も被害に遭っているのですか?」
カゲ:「今復興中なんだっけ?」
GM:「すまないみんな、依頼を受けてくれないか?依頼人も多分、そこにいるしな」
アオイ:「すまないみんな、依頼を受けてくれないか?依頼人も多分、そこにいるしな」
GM:うん何もみなかったことにしよう
ベルハルト:「私に依存はありません」
カゲ:「はーい(・ω・)ノ」快諾
リオ:「いいだろう、この”冥王”の力...くれてやる」
ユーリィ:「そうなんです。復興中なんですよ!」と壁からにゅっと出てきます
サツキ:「ええ、いいですよ」
ユーリィ:「…また成仏できませんでしたよ。シーン様の加護で悪霊になりはしませんが…」
カゲ:突然壁から出てきた知らない人に剣を構えます
ベルハルト:「やめなさい、とりあえず悪霊ではないようです」
ユーリィ:「ちょ、魔法の武器は霧散しちゃうからやめてください」
サツキ:「…幽霊っているのですね」
ユーリィ:「いるみたいですねー。すごいなー…ははは…」
リオ:「霊の類か。現世へ留まる者も多くはいるようだな」
ベルハルト:「そろそろイクソシズムを考えたほうがいいんでしょうか?」
サツキ:「なにかこの世に未練が?」
ユーリィ:「一応シーン様の許可もらって現世に来てますからやめてくださいよ」
ベルハルト:「正直、神官としてはあまりいい気はしないのですが・・・」
カゲ:「神様から許可貰って現世に留まるってのもいかがなものか」
ユーリィ:「いえ、孫が…村にいまして」
ベルハルト:「ああ、そうでしたね・・・」
ベルハルト:「それで、依頼の内容をお聞きしても?」
カゲ:「だんちょー・ω・ 依頼の詳細教えてー」
ユーリィ:「あ、そうでした。遠い空からみて蛮族が村に向かってるところを見まして」
アオイ:「それでそれを撃退してほしい、といった感じだな」
ベルハルト:「・・・・おおごとじゃないですか!」
リオ:「闇払い...其れが月神の霊魂が求めし内容か」
サツキ:「お孫さんのいる村が襲撃されそうなのですね」
ユーリィ:「ハイカラな言葉でよくわかりませんがそうです」>リオ
カゲ:迫ってきてるってことは急を要するってことですかGM?
リオ:「いいだろう...冥王の力を見せつけるには脆弱すぎないと良いが...」
ベルハルト:「かまわないでください、基本的に私たちの反応を見て推察してください」
ユーリィ:「そうですなので助けてください。もう故郷ボロボロなんです。これ以上は潰れちゃいますよ!」
カゲ:復興中にトドメ刺すってことだもんね
ベルハルト:「わかりました、急いで準備に移りましょう」(むしろまだつぶれてないあたりすごい)
ユーリィ:「まだ結構距離があるので、大丈夫です。いえ、スピードを挙げられたらわかりませんが」
ベルハルト:「対象の規模はどの程度ですか?」
カゲ:「わかった!(・ω・´ 場所知らない!!´・ω・)」
ベルハルト:「私が知ってますから…」>カゲ
ユーリィ:「ありがとうございます。ありがとうございます!」と頭を下げる
サツキ:「それは困りましたね。いいでしょう、なんとかしてみます」
ユーリィ:「羽の生えた人がいて、お昼どきにぐったりする人が二人、あとは…人?が3人です」
サツキ:「あの…幽霊さん、1つ、よろしいですか?」
ユーリィ:「なんですか?」>サツキ
サツキ:「幽霊とは、誰でもなれるものなのでしょうか?」
ユーリィ:「いや、なれないでしょうね…例え、なれたとしても悪霊化してしまうことが多いかと…」>サツキ
サツキ:「そうですか。教えていただきありがとうございました」
ベルハルト:それで、まもちきはできませんか?
GM:詳細はわかりませんが、推測はまもちきで12出せばわかります
カゲ(判定):2d+10 魔物知識(弱点可)
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 9[4,5]+10 → 19
ベルハルト:2d6+9+4
SwordWorld2.0 : (2D6+9+4) → 6[5,1]+9+4 → 19
リオ:2d+14 まもちき
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 6[5,1]+14 → 20
サツキ:会話してたのでまもちきスルーします
GM:はい、ではドレイクと、トロールorワーウルフorヴァンパイアの中から二人。人型が3人とわかりました
カゲ:「夜間行軍メインじゃん」
ベルハルト:「基本的に昼間に攻撃をかけたほうがよさそうですね」
カゲ:「村からみてどの方向から来てるかってのはわかった?」
ユーリィ:「南西です」
リオ:「漆黒に紛れし闇...確かに陽光の最中であれば有利だろうな」
ユーリィ:「えっと太陽の位置から見て…」
サツキ:「昼間ですと、今から行って間に合うのでしょうか?」
ベルハルト:「状況によってはトラップで時間稼ぎも考えておきましょう」
ベルハルト:「もっとも、そこまで余裕があるかは疑問ですが・・・」
カゲ:「とりあえず村までいって、念のため村人に注意勧告してその方向中心に捜査する?(・ω・」
ベルハルト:「あるいは、村人を避難させて待ち構えるのも手ではあります」
サツキ:「村の規模的に避難が行き届くようでしたら、避難させた方が無難ではありそうですね」
ベルハルト:GM、村人をイレブンで受け入れることは可能ですか?
GM:今ほぼ過疎村ですから受け入れられると思います
ベルハルト:「ただ、もし別働隊がいた場合は無防備な村人を相手に献上することになりませんかね?」
ベルハルト:「避難経路の安全の確保が必要ですね」
リオ:「ふむ...暗黒神破壊四天王が一角、”大地の鉄槌”を招来する時間は無さそうか...」
ゴーレム作る時間は無さそうですかね
GM:相手が村に来るのは夜だと思われる。今は朝。ゴーレムの行使は1時間、ということで頑張ろう
カゲ:「首取られたらその時はその時だよ(霧街的発想)」
カゲ:ここから村まではどのくらいですかね?
ベルハルト:急いで村まで向かって非難させて
GM:3時間です
リオ:近い!
ベルハルト:オートモービルを使って短縮はできませんか?
GM:イレブンを動かして3時間です。歩くと多分2日ぐらいかかります
サツキ:でしたら避難=イレブンに収容ってことですか?
ベルハルト:・・・それを考えれば十分か・・・
カゲ:つまり馬に乗った状態で3時間か(イレブンの移動速度は馬並みだったから)
GM:馬は疲れる、その休憩でもっとかかりますね
カゲ:とりあえずレアに連絡を取って村まで向かってもらおう。そして村人をえっさほっさとイレブンに放り込む
GM:はいではそれで
サツキ:それができるなら避難問題は何とかなりそうですね
リオ:それで行きましょー
カゲ:イレブンの移動で時間が取られるならその間にゴーレム作れるんじゃない?
GM:ですね。乗ったまま魔法行使できますね
リオ:ですよね、やったー!
ベルハルト:イレブン内部で作れば問題ないだろう・・・
カゲ:まぁその代わり作った後に睡眠でMP回復はできなさそうだけど
カゲ:時間的に
ベルハルト:収容後ある程度距離を取ってもらったほうがいいかな?
リオ:わ、ワンチャン村ついてから寝る・・・?いや大丈夫ですなんとかなります
サツキ:石でも割ります?
ベルハルト:5点魔晶石なら多少融通できますよ?
リオ:多分大丈夫・・・だと思います。もしアレなら普通にレンジャーの方に魔香草とか使っていただければ
ベルハルト:呼びましたか?
カゲ:持ってた
サツキ:ナイスレンジャー
カゲ:1ゾロ振らなければ10は確定かな?
ベルハルト:そういえば関係ないけどレンジャー部隊の返答ってレンジャーっていうのって本当かね?
ベルハルト:あ・・・と魔香水もあるよ?
サツキ:なんかレンジャーいうイメージはあるけど実際どうなんでしょうね
カゲ:コストと戦闘で使えるかどうかを考えると香水はとっときたいかな
ベルハルト:即座に9回復
リオ:まぁゴーレム1体くらいなら草2つで十分かとw
リオ:じゃ今行使しちゃっていいです?移動中?
GM:どうぞー
リオ(判定):2d+18 行使 操霊魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+18) → 6[1,5]+18 → 24
カゲ:k0+10@13 草
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+10 → 2D:[4,1]=5 → 0+10 → 10
レア:「移動するだけでしたら大丈夫です」
カゲ:MP10回復して あとどんくらいいる?
リオ:MP20減の10回復で、あと10ですねー
カゲ:k0+10@13 草 二回目
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+10 → 2D:[3,5]=8 → 2+10 → 12
リオ:余裕でまんたn ありがとうございます
カゲ:「・ω・)ノシ(もくもく)」
リオ:「魔の植物の煙より出でよ、暗黒神破壊四天王が一角...”大地の鉄槌”G・レムスよ!」
サツキ:「ふふ、よかったですね」
カゲ:召喚の演出になった
リオ:「礼を言うぞ、影に生きし娘よ...貴様のおかげで我が魔力は保たれた」
カゲ:「どういたしまして(・ω・´」
サツキ:楽しそう
ベルハルト:ちょっとトイレ行ってきます
リオ:いってらですー
GM:いてらです
カゲ:いてらー
GM:では一回休憩10分まで
サツキ:いってらっしゃいませ
カゲ:「村、見えてくるかな? ・ω・)」窓(?)を覗き込もう
リオ:了解ですー
ベルハルト:ただいまー
リオ:おかえりですー
サツキ:おかえりなさい
カゲ:おかです
リオ:「しかし我の記憶の図書館には存在せぬが・・・その村では過去に何があったのだ?」>知ってるPCさんへ
どどんとふ:「@見学」がログインしました。
サツキ:「ああ、私も知りたいですね」
サツキ:こんばんは
アポ@見学:こんばんは~
カゲ:ばんはー らっしゃっせー
ベルハルト:「邪教の手によって村人たちが死んでゆく事件と、コボルドの討伐の結果返り討ちにあった事件がありましてね・・・」
GM:こんばんはー
ベルハルト:馬に乗った死神とコボルドまっさつ依頼のこと
カゲ:「で、結果村はボロボロ復興なう、と」
ユーリィ:「なんでですかね…事件起こりすぎじゃないですか?」
ベルハルト:「大体そんな感じですね・・・」
リオ:こんばんはですー
カゲ:「お家に帰ればよくある事だよ」 ※霧の街ではよくあること
ベルハルト:「一度大がかりなお祓いでもしてもらったほうがいいんじゃないですか?:」
ベルハルト:こんばんわー
サツキ:「なるほど。これで3回目でしたら、確かに呪われている気もしてきます」
カゲ:「丁度神官いるしね 地鎮祭とかする?」
ユーリィ:「そうですね。私も成仏出来るかもしれませんし…ってお祓いってあなた神官様では?」
ベルハルト:「ただ、あの村はシーン信仰が盛んでしてユリスカロア様の威光が届くかは・・・」
カゲ:「だんちょー呼ぼうぜ `・ω・)」
ベルハルト:「下手に私が勝手に介入しては無用な問題を引き起こしかねませんし・・・」
リオ:「祭で神に身を委ねるのもまた一興...我にはわからぬが何かしら効果があるかもしれんな」
カゲ:カゲちゃんは団長が入れ替わってもアオイさんのことを「だんちょー」と呼ぶ(ロベルトさんは「ろべだんちょー」)
ユーリィ:「ああ、そうですね。シーン神官の人にお願いしてきます」
ユーリィ:「そろそろかな…」
GM:と、村につきます
リオ:「神に守られるとは不思議な感覚よ...我に理解できぬがな」
カゲ:「とーちゃく ・ω・」
サツキ:「着きましたね」
リオ:「ここが件の村か...」
ベルハルト:「この村には、平和な時に訪れたいのですが・・・」
カゲ:「事件のたびに来てるってことはベルハルト一種の疫病神扱いされない?(・ω・`」
サツキ:「先に事件が起こってますから、ベルハルトさんは大丈夫ですよ」>カゲちゃん
レイ:「え、あれ?ベルハルトさんどうしたんですか?このでかいのはなんですか!?」とひとりの青年がやってきます
ベルハルト:「村長の家に向かいましょう。できるだけ早く非難して欲しい」
レイ:「え、あ、また何かあるんですか…じゃあ急ぎましょう!」
ベルハルト:「あ、レイさん。実は蛮族の群れがこの村に向かっているという情報を得ました」
リオ:「”また”とは...住まいし者共も慣れたものだな」
村長:「蛮族の群れが…なんでこうこんなに不幸なんだ…」
ベルハルト:「村人たちにこのイレブン要塞に避難してほしいということを村長に伝えに来たのです」
カゲ:「バルバロスに襲われるとか日常茶飯事だと思うけどね」 霧街基準思考が抜けてない
レイ:ごめん村長じゃないレイだ
レイ:「おばあちゃん…この村はどうすればいいんだ」
ユーリィ:「ひゃい!…」
ベルハルト:「我々はみなさんが避難したのちにこの村で迎え撃つつもりです」
レイ:「…?」ユーリィの反応に首をかしげながら「分かりました。もはや迅速に避難できる訓練はしてます」
ベルハルト:「なお、イレブン要塞は馬程度の速さで移動が可能ですので避難後この村から距離を取ってもらいます」
カゲ:「慣れってすごいね」
リオ:「...本当に慣れたものだな」
レイ:「では村長の家に案内します
サツキ:「それは頼もしいです…」
ベルハルト:では、さっきレイに説明したことを村長にも説明します
村長:「そうですか。分かりました、ではレイ速やかに通達を!」レイ「はい!」
ベルハルト:「村長、蛮族を迎え撃つために村の周囲にわなを仕掛けることをお許しいただけないでしょうか?」
村長:「はい。後に撤去して頂ければ、何も文句はありません」
ベルハルト:「ありがとうございます」
カゲ:「じゃぁ仕掛けてこよう `・ω・)」
ベルハルト:「可能な限り、村には被害を出さないように努力します」
カゲ:2d6+8+6 罠設置(専用スカウトツール使用)
SwordWorld2.0 : (2D6+8+6) → 7[6,1]+8+6 → 21
村長:「では…私は村人を誘導してきます。被害を出さないようにするのはありがたいです。申し訳ない」
ベルハルト:ということで罠はいくつぐらい作れますか?
リオ:「闇の住人共をを深淵へと誘う準備だ...ククク...今宵は血の宴だな」
村長:「よろしく頼みます!」
ベルハルト:「全力を尽くします」
GM:何時間で何人で作りたいですか?
ベルハルト:スカウトもってる人?
カゲ:「地味につまずく程度の穴掘ってみた」
ベルハルト:ちなみに9
サツキ:7あります
カゲ:ノ でさっきの達成値(21)
GM:1個10分ですので
リオ:スカウトないです(みんなある...
ベルハルト:3人で何個くらいがいいかな?
カゲ:とりあえず先んじて一個作ってた
GM:あ、えっと、夜までに5時間です
GM:つまり今は午後1時です
サツキ:昼迎え撃つ予定ではありませんでしたっけ?
ベルハルト:到達予想時間はいつですか?
カゲ:「それまでに来てくれれば良いけど(´・ω・`)バルバロス夜行性っぽいからなぁ」
サツキ:罠設置して敵の戦力削って夜って感じです?
GM:到達予想時間はわかりません
ベルハルト:完全に待ち受けるしかないかな・・・?
サツキ:こちらから向かってもいいですが、方向通りに来てくれるとも限りませんし
カゲ:「つまずく程度の穴掘ったけど、今度は本格的な落とし穴作ってみる?」
ベルハルト:状況によってはこちらから出向くのも考えに入れるけど…
GM:たとえば鳥のファミリアでもいれば、偵察などができます
リオ:ユーリィにもう一回見てもらえないかとも思ったけど、ファミリア出そうかな?
サツキ:リオちゃん空飛ぶ子もってませんでしたっけ?
リオ:ワイバーンもいるといえばいるけど、偵察向きではないしファミリアでいい・・・かな?
サツキ:良いと思います
ベルハルト:ですね
カゲ:「´・ω・)……」←使い魔:カエル
リオ:じゃファミリアで偵察にー 行使1時間ですねー 自分もいつもはカエルなんだけどね...
リオ(判定):2d+18 行使 操霊魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+18) → 11[6,5]+18 → 29
リオ:ごめん真語だったわ
サツキ:1時間あるなら罠つくっときます?
ベルハルト:そうですね、見つからなかった時のために
GM:では18個作れますね
ベルハルト:では、一括で判定していいんですか?
GM:はい
カゲ:一個は作ったよ
GM:では17個
リオ:「出でよ、暗黒神破壊四天王が一角、”救援の魔獣”よ!」
ベルハルト:2d6+9+3 罠6個
SwordWorld2.0 : (2D6+9+3) → 4[3,1]+9+3 → 16
ベルハルト:出目が低いw
カゲ:私はもう一度振る感じ? それともさっきの達成値でいく?
ベルハルト:多分何の役にも立ちそうにない…
GM:さっきのでいいですよ、ではサツキも
サツキ:2d+7+5 罠つくり
SwordWorld2.0 : (2D6+7+5) → 9[4,5]+7+5 → 21
ユーリィ:「妖精、ですよね…なんか怪しいオーラが出てますが、闇の妖精なんです?」
カゲ:じゃぁつまずく穴含めてその次に落とし穴を掘ってみた 達成値は21
GM:21 21 17ですか
GM:では、偵察結果
ベルハルト:「邪気眼を患ている妖精なんでしょう…」
ベルハルト:患って
リオ:「我こそは”冥王”リオ...それが現世での妖精としての名だ...」頭に鳥を乗せて
GM:ではこちらに向かってくる、影が見える。それは確かに6体の蛮族。リオはまもちきできます
GM:あと2時間ほどでこちらにつきそうだ
リオ:まもちき3回です?
リオ(判定):2d+14 魔物知識(弱点不可)
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 11[6,5]+14 → 25
GM:一回でいいですよ
リオ:はーい
ベルハルト:じゃあ、日中に到達する感じですか?
GM:全員弱点抜く…だと
リオ:「闇の侵食までに到達せし刻はあと2時間...ka」
カゲ:ライダーだから弱点看破はないよ
リオ:弱点ぬけないです!ライダーです!(泣
GM:あ、そうか
GM:では、ドレイクバイカウント レッサーヴァンパイア ワーウルフエルダー バジリスク マッドブラッド2体ということが分かる
カゲ:わぁ、大所帯
GM:ヴァンパイアやマッドブラッドは大きな日傘のようなものをさしている
リオ:ではそれを皆に共有しておきます(異界の言語化するとマジで意味不明になりそうなので
カゲ:「大所帯だね」
リオ:「...ということだ。ククク...奴らも一筋縄ではいかんということだな」
カゲ:GM、前衛的な意味でも向かってくるだろう方向にカゲちゃん潜ませますが大丈夫ですか?
ベルハルト:「ドレイクとバジリスクが一緒に行動しているとは…高度に組織化された団体かもしれませんね・・・」
GM:いいですよ。隠密判定どうぞ
サツキ:「これだけの数、相手にするのは少し大変そうですね。やりますけど」
リオ:「ふむ、確かにそうだな...奴らは元々相反する存在...」
カゲ:2d6+8+5+2 隠密(シューズつき)
SwordWorld2.0 : (2D6+8+5+2) → 7[4,3]+8+5+2 → 22
アポ@見学:敵グループは6体かー
カゲ:「(・ω・ こそり」
カゲ:声に出さなくてもサイン送れるようにソレイユ語の構えはできている
ベルハルト:ソレイユ語わからないよ・・・
サツキ:おなじく…
アポ@見学:全員伝わらねえ・・・!
カゲ:とりあえず変な動きでサイン送ります
リオ:カゲちゃんに闇妖精の【マスキング】使っておいたほうがいいかな?
ベルハルト:というか、罠でどれぐらい消耗させられるかがカギかな?
カゲ:一応隠密はしてる
リオ:出た後のことも考えたけどいらないかw
ベルハルト:先制を取って、前衛が少ないから状況によっては私も前に出るか?
カゲ:ちなみにカゲちゃんドレイク語もわかるから会話とかも何となくわかりそう
ベルハルト:バニッシュで何とか減らせないかな・・・
リオ:マインドリンクなら意思疎通なんとかなりそう...だけど大丈夫そうかな
サツキ:敵さん多い…
カゲ:そうか、マインドリンクで生きたファミリアするのもアリか。でもリオさんMP大丈夫?
アポ@見学:キングダムハーツの13機関みたいなやつがいますね・・・
GM:ok
GM:13機関の画像ですからね…
リオ:まだファミリア込で8しか減ってないし、いうてコンジャラーだからなあ...バフメインなんで多分大丈夫ですよ
リオ:せっかくなんでマインドリンクやっておきたいんですけど、どうですか?
GM:偵察をしていると、ドレイクがヴァンパイアの肩を叩いて、鳥のファミリアを指差す ヴァンパイアはそれを見て何かをつぶやくとバジリスクが走ってくる
カゲ:じゃぁ隠密前にマインドリンクかけてもらいましょう バニッシュの合図に使えるかも
ベルハルト:全員に?
GM:どうぞー
リオ(判定):2d+18 行使 妖精魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+18) → 6[3,3]+18 → 24
リオ:全員にやっといた方がいいかな?
ベルハルト:とりあえず今回は石を割りまくるつもりで
リオ:じゃ全員にいっときます
カゲ:マインドリンクはそんなに複数人にやれそうにない気が
リオ:あれ、できなそうです?
カゲ:とりあえずバジリスクが走ってることを脳内でお伝えします
ベルハルト:罠で多少なりともダメージがあれば…
カゲ:マインドリンクは接触だから、拡大は無理
リオ:もしかしてこれって一人ずつでもダメっぽい感じです・・・?
サツキ:とりあえず意思疎通はできないのかな?
GM:一人ずつなら
カゲ:効果時間は一時間ですね
ベルハルト:まあ、カゲとリオが意思疎通できれば十分でしょう
リオ:ですね、MPもアレですしやめておきます
GM:ただ偶然同時に意思を疎通しようとすると、精神抵抗でリオの頭痛がひどいことになります
ベルハルト:ちなみに、石を割りまくるつもりでというのは私がそうするつもりということでした。
カゲ:「(今……直接脳内に届けてます。バジリスク接近 どうする?)」
GM:では…
GM:走ってきたバジリスクがズサーッと穴に足を引っ掛け派手に転びます
ベルハルト:バジリスクのみか?
GM:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[2,3] → 5
GM:6点ダメージ+転倒で
カゲ:「(みた感じバジリスクのみー。あ、罠で転んだ)」
モブバジ:「いってえなんじゃこりゃ!」
リオ:「バジリスク接近中...しかし奈落の罠で転倒したようだな...どう動く?」
ベルハルト:他の敵はどこにいる?
アポ@見学:お前が出るのか・・・>チンピラ
モブバジ:13機関の中身w
リオ:「(他の闇の住人共はどうだ?)」
カゲ:皆一度は使いたいちんぴらですよ
モブバジ:後ろから
ベルハルト:離れているようなら各個撃破
アポ@見学:とりま、位置関係把握のため、コマ動かしたほうがいいのではー
カゲ:ふむ
ベルハルト:距離が近ければ正面戦闘になるな・・・
リオ:一応、戦闘開始直前になったらワイバーンを出す準備をしておきます
ドレイクバイカウント:「だっさいな。笑えるんだが」
ベルハルト:総力戦になればこちらが不利
ドレイクバイカウント:結構遠めです
カゲ:「(バニッシュするには勿体ない距離かなぁ)」
サツキ:こんなかんじ?(コマ)
ドレイクバイカウント:だいたい50m離れてます
ベルハルト:ならば各個撃破で行こう
カゲ:「(視認はできるけど遠めー)」
ベルハルト:バジリスクを倒して後続を待ち構えよう
レッサーバンパイア:「というかなんで昼に動くの?バカだろなあ?」
リオ:「まだ距離はかなりあるようだな...」
ドレイクバイカウント:「いやアタシは別に昼大丈夫だし」
サツキ:「でしたら離れてやってきたものから倒しましょう」
ワーウルフエルダー:「…お前…」
ベルハルト:「バジリスクが陣形の中では浮いている駒になってますね・・・」
ベルハルト:「バジリスクをまず撃破しましょう」
カゲ:「(私だけで動いてみる?)」
アポ@見学:既に2割位ダメージ受けても不自然じゃなさそう
リオ:「影に生きし娘が単独行動するかしないか...どうする?」
モブバジ:「…なんでもいいけど、早く起こせよー穴に足ハマった」
サツキ:「それはさすがに危なくないですか?」
ベルハルト:「いえ、倒すなら最大戦力でやりましょう、もともとこちらが不利なんですから分散しているすきに全力攻撃するのが最良でしょう」
ドレイクバイカウント:「お前一番雑魚だからどうでもいいわ」
アポ@見学:耐久性の高い傘だな・・・
リオ:「(...とのことだ。)」
ドレイクバイカウント:特製だから
カゲ:「(バジリスクの命中 私1ゾロチェックで避けれるよ)」
ベルハルト:「問題は後続と合流された後です。あなた一人では防ぎきれるものではありません」
GM:シークレットダイス
ベルハルト:「そこからあとは、じり貧になるのは目に見えています」
GM:ふむ…
ベルハルト:なんか嫌な予感…
サツキ:「まあまあ。でも、残りの敵が感づいてきた時はやはり困りますでしょう?」
カゲ:「(レッサーは命中22 バイカウント命中24 エルダー命中22 マッドブラッド20 割と避けれそう)」
カゲ:カゲちゃんの回避基準値は18~19 さっき挙げたのは固定値(飛行込み)の命中
ベルハルト:「どのみちバジリスクに攻撃をかけた時点で、感づかれます」
GM:魔法もあるよ!
カゲ:私の精神抵抗は基準17だぞ
ベルハルト:抵抗してもダメージは受けるでしょう
カゲ:でも50m先にいる敵を仕留められるだけの魔法とか限られてると思うのですよ
GM:実際簡易戦闘なので20mまで攻撃してきませんしね
カゲ:このままだとバジリスク自力で罠から立ち上がるでしょうし、転倒のペナがあるまでの間にある程度のダメージ与えといたほうがいいかなと
アポ@見学:敵全員距離拡大もってないからセーフと言えばセーフか
カゲ:とりあえずカゲちゃん的には可能な限り戦える支度しといてって伝えるかなぁ
GM:んでは、
カゲ:距離持ってるのはバジリスクか
GM:セージさんの弱点チェックからです
カゲ(判定):2d+10 魔物知識(弱点可)
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 7[3,4]+10 → 17
アポ@見学:コマに書いてないから持ってない理論で行けるかもですよ
GM:書いてないものはない
ベルハルト:2d6+9+4+1+2
SwordWorld2.0 : (2D6+9+4+1+2) → 8[2,6]+9+4+1+2 → 24
アポ@見学:せめて点呼で在籍かどうか確認しましょうよ・・・
GM:あー、そうですね…うっかりしてました
GM:点呼開始!
ベルハルト:準備完了!(1/4)
カゲ:準備完了!(2/4)
サツキ:準備完了!(3/4)
リオ:準備完了!(4/4)
全員準備完了しましたっ!
サツキ:2d+9+5 魔物知識
SwordWorld2.0 : (2D6+9+5) → 9[6,3]+9+5 → 23
GM:ベルハルトとサツキは全員の弱点を抜いた
カゲ:で、現実問題どうします? バジリスク相手にカゲちゃんを単機でいかせるか
GM:カゲちゃんはバジリスクの弱点を抜いた
ベルハルト:単騎でいかせればバジリスクは転倒状態のままですか?
GM:どっちで言っても転倒から始まりますよ
ベルハルト:全員で言った場合、敵は後続と合流していますか?
GM:しないですー
ベルハルト:ならば、全員で行動したほうがいいでしょう。
GM:移動速度が19以下の人がいるなら相手の後続が早く着きますがね
カゲ:「(はーい ・ω・)」 >集合
ベルハルト:全員20以上です
リオ:移動速度に関しては問題無・・・さらばゴーレム
サツキ:たぶん移動速度はみなクリアかな
カゲ:ゴーレムさんは村を護る番人となったのだ……
ベルハルト:1ターン目でバジリスクを落とすか、大ダメージを与えられればなんとかなるかな?
サツキ:先攻取れればたぶんFAで落とせるのではないでしょうか?
リオ:多分それで問題無いかとー
アポ@見学:こういう時間の余った時は試しぶりに限りますぞ
カゲ:バジリスク相手なら先制は取れそうだなぁ
ベルハルト:次のターンで後続にバニッシュをかけてみますか・・・
ベルハルト:抵抗を抜けばとりあえずどの効果が出ても損はないはず・・・
GM:ゴーレムは次ターンにつくことになりますね
サツキ:拡大して全員にかける感じですか?
リオ:マインドクラッシュで精神抵抗下げられそうです やるならその後にバニッシュいってみましょう
GM:では、先制どうぞ
カゲ(判定):2d+13 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 9[3,6]+13 → 22
ベルハルト:2d6+9+3+1+2 先制判定ケンタウロスレッグ
SwordWorld2.0 : (2D6+9+3+1+2) → 5[3,2]+9+3+1+2 → 20
GM:目標値は転倒しているんで12…ですかね
リオ(判定):2d+12 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 5[4,1]+12 → 17
サツキ:2d+7+3 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+7+3) → 5[4,1]+7+3 → 15
ベルハルト:駒の配置は?
アポ@見学:GM前に注意した何かしらの点々つける癖治ってないですね
GM:ああ、すみません
リオ:あ、ワイバーンは事前に準備しておいたので出しておきます
GM:もし戦線に入ってきた場合は下の通りな感じですね
カゲ:カゲちゃんは 合流したようだ !
ベルハルト:では、行動は私からいいですか?
リオ:バニッシュならその前に自分が動きたいですー
GM:いいですよ、先制判定の数値に100足してイニシアティブに書いてくださいね
ベルハルト:基本このラウンドはウォースピリットとホーリーブレッシングですよ
リオ:あ、すいません じゃあお願いします
ベルハルト:では、ウォースピリット
ベルハルト:2d6+10+4+1
SwordWorld2.0 : (2D6+10+4+1) → 8[5,3]+10+4+1 → 23
ベルハルト:発動、さらにFAでホーリーブレッシング
ベルハルト:2d6+10+4+1
SwordWorld2.0 : (2D6+10+4+1) → 7[6,1]+10+4+1 → 22
ベルハルト:こちらも発動、以上です
カゲ:個人的にはこちらにアイシクルウェポンほしいかな
ドレイクバイカウント:「んん?さっきの鳥飛ばしてた奴らかな?」
アポ@見学:バレてるー
リオ:よし、じゃあ動きます アイシクルウェポン把握です
レッサヴァンパイア:「ああ、あいつ死んじゃったな。かわいそうに」
リオ:ではアイシクルウェポンを・・・カゲちゃんだけかな?拡大なしでー
カゲ:わーい
リオ:あ、後ろにいるゴーレムまで届きます?w
リオ:届くならせっかくだしかけておきたい
GM:届きます
カゲ:30m起点指定ですね
GM:後衛多いのか
リオ:後衛多いのでゴーレムとか妖精で工面していきたい!
アポ@見学:前衛にはワイバーン置いとけばいい(部位多いし気持ち安心
リオ:じゃあカゲちゃんとゴーレムに拡大で
リオ:2d 行使アイシクルウェポン #1
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[3,3] → 6
リオ:2d 行使アイシクルウェポン #2
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[3,2] → 5
リオ:「これぞ”氷の覇王”P・エールの力の一片・・・本番はここからだ」
レッサヴァンパイア:(相手ワードブレイク使うし本当は達成値出してもらいたかったり)
リオ:あ!ごめんなさい 上のに+18でお願いします
カゲ:24か
レッサヴァンパイア:いやすみません言い忘れていました
リオ:24と23で
リオ:ではワイバーン動きます
GM:はいどうぞ
リオ:バジリスクに氷ブレスで...20mですが届きますよね?
カゲ:簡易戦闘になってるから届くと思われ
GM:もちろん10mですから届きます
リオ(判定):2d+14 ライダー 知力
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 11[5,6]+14 → 25
GM:抵抗抜きです
リオ:k20+14
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+14 → 2D:[1,4]=5 → 3+14 → 17
GM:20ダメージ
カゲ:カゲちゃんいっていい?
リオ:弱点看破ありましたっけ?
GM:バジリスクのHPが20減少した(HP:43->23)
サツキ:弱点B
サツキ:あります
GM:弱点で+3ですね
リオ:リオちゃん終わりですー あ、ウォーリーダーの鼓咆で
サツキ:倍です
リオ:神速の構え使っておきます 移動力+5で
GM:看破は本人だけだったと思います
リオ:了解です、ありがとうございますすいません
サツキ:そうなんです?わかりました失礼しました
リオ:それならワイバーンにもアイシクルウェポンしとけばよかったかなぁ・・・w
カゲ:いいなら動くよー
GM:おkです
サツキ:どうぞ
カゲ:マッスルベアー、ガゼルフット行使 鼓砲で移動力を底上げして前進、バジリスクに二回てやぁ
GM:はい、ピンゾロチェックですねどうぞ
カゲ(判定):2d+19 フランベルジュ 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+19) → 8[6,2]+19 → 27
カゲ(判定):2d+19 フランベルジュ 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+19) → 7[2,5]+19 → 26
カゲ(判定):k33+19+13@10 フランベルジュ 威力
SwordWorld2.0 : KeyNo.33c[10]+32 → 2D:[6,4 1,4]=10,5 → 10,5+32 → 1回転 → 47
カゲ(判定):k33+19+13@10 フランベルジュ 威力
SwordWorld2.0 : KeyNo.33c[10]+32 → 2D:[1,3]=4 → 4+32 → 36
アポ@見学:カゲちゃんやルウ
GM:無事死亡です
カゲ(判定):2d+14 生命抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 10[6,4]+14 → 24
ベルハルト:前座は終了
モブバジ:「ぐああああ」
カゲ:(・ω・)b
ベルハルト:次からが本番
アポ@見学:仲間「オイオイオイ」「あいつ死んだわ」「おやおや、伏兵ですか」
ドレイクバイカウント:「やっぱり弱いなああいつ」
レッサヴァンパイア:「四天王の中でも最弱ってやつだな」
ワーウルフエルダー:「…それは言葉にしてはいけないやつだ」
リオ:「ククク...四天王なら我が保有せし四天王の方が上のようだな...」
GM:一ターンかけてゆっくり敵来るので、バフを一ターンどうぞ
サツキ:サツキ見てるだけでしたね
リオ:妖精召喚する余裕あります?バフに入るのかな・・・
アポ@見学:1ターンで、出来る行為なら大抵できそう
GM:バフというか攻撃以外ならおkです
リオ:わかりましたー じゃあサモンフェアリーします!
リオ(判定):2d+18 行使 妖精魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+18) → 10[4,6]+18 → 28
ベルハルト:セイクリッドウエポンでもいる?
サツキ:セイクリってガンにも命中補正乗りますっけ?
GM:乗ります、ダメージは乗りませんが
カゲ:乗りますよ(リプレイで確認した)
サツキ:わかりました。ではください
リオ:「四天王の力、見せてやろう!!”闇の化身”A・クルよ!顕現せよ!」
リオ:時間拡大した方がいいかなあこれ・・・
GM:あの冥王の懐刀の四天王だ!お、恐ろしい
レッサヴァンパイア:「あー、あっちも四天王だってよ」
リオ:拡大はしなくていいかな、前に出して鼓咆を【怒涛の攻陣Ⅱ・烈火】にしておわりです
ベルハルト:では、セイクリッドウエポンをカゲとサツキに・・・でいいですよね?
ドレイクバイカウント:「そりゃあいいな。面白そうだ」
サツキ:はい
ベルハルト:2d6+10+4+1
SwordWorld2.0 : (2D6+10+4+1) → 8[3,5]+10+4+1 → 23
カゲ:はーい
ベルハルト:発動
サツキ:銀の弾丸込めときます
ドレイクバイカウント:カゲちゃんはなにする?
カゲ:接近したいけど、距離がなぁ
ドレイクバイカウント:では、戦線に到達です
カゲ:後続の人に見えるように「やぁ」と剣片手に挨拶しよう
GM:そちらのターンです
リオ:ゴーレムって前ターン到着しまししました?
GM:しました

アポ@見学:あれ・・・? このドレイクカウントもしかしてしゃもじ持ってる…?
リオ:(IE誤字ひどい)
カゲ:元ネタはバウムクーヘン職人やねん
アポ@見学:バウムクーヘンとは恐れ入ったぜ
カゲ:エルダーはかりんとう職人でレッサーはショコラティエ
アポ@見学:バルバロスお菓子組

ベルハルト:では、私からいいですか?
サツキ:リオちゃんの精神抵抗のやつはどうします?
リオ:バニッシュなら先にマインドクラッシュうっておきたいですが
ベルハルト:確かにバニッシュのつもりです
リオ:では、先に動きたいのですがだいじょぶです?
ベルハルト:かまいませんよ
カゲ:どうぞー
リオ:はーい、ではマインドクラッシュを後衛に撃ちたいです 射程30起点の半径3mで・・・大丈夫ですよね(念のため確認
ドレイクバイカウント:ですね
リオ:ではいきますー
リオ(判定):2d+18 行使 妖精魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+18) → 8[2,6]+18 → 26
リオ:3分間 魔力と精神抵抗-2でー
ドレイクバイカウント:どっちもくらいます
ベルハルト:では、次は私が・・・
リオ:じゃあ四天王フェイズで(また長くなるなあ・・・
リオ:ごめんなさいまだ色々と残ってますorz
ベルハルト:後方に対してバニッシュを使います
GM:頑張れ♥
カゲ:お気になさらずー
サツキ:大丈夫ですよ。
リオ:ショッキングウェイブって魔法制御できます?
GM:制御できます
ベルハルト:2d6+10+4+1+2 魔晶石使用
SwordWorld2.0 : (2D6+10+4+1+2) → 8[5,3]+10+4+1+2 → 25
ベルハルト:抜きましたか?
ドレイクバイカウント:抜きました
カゲ:後衛は抜けてる
ベルハルト:2d6 #1
SwordWorld2.0 : (2D6) → 2[1,1] → 2
ベルハルト:2d6 #2
SwordWorld2.0 : (2D6) → 12[6,6] → 12
アポ@見学:ある意味奇跡や
カゲ:片方はバーサークしてもう片方は逃げ去るか >バニッシュ
リオ:わかりましたー
ベルハルト:イニシアチブ表の順で
ドレイクバイカウント:う
ドレイクバイカウント:ドレイクは凶暴化、レッサーヴァンパイアは逃亡
ベルハルト:「あとで追撃しますか・・・」
リオ:そっか、簡易戦闘だから騎獣とかゴーレムとか妖精も後でいい・・・んですよね?
GM:簡易戦闘だからってのはないですけど、ここならいいですよ
リオ:了解です 把握しました
サツキ:把握しましたが、一言先に教えてほしかったです
GM:すみません
ドレイクバイカウント:「うおおおおおおおおおお」
アポ@見学:ぶっちゃけダメージ要員ならば、あとに回したって構わないですからねー
ベルハルト:「赤い布でも出しましょうかね・・・」
アポ@見学:前衛組もバニッシュ通りでそうですな
GM:マッドブラッドは動かなくなります
リオ:「所詮、奴ら四天王もこの程度ということか・・・」
ベルハルト:「ただのメッキだったということでしょうね・・・最もいつ私たちもああなるかわかりませんがね」
カゲ:「サツキ、銀の弾装填したならワーウルフ撃っとく?」
リオ:えーと、一回先にカロン動いていいですか?
カゲ:どぞどぞ
サツキ:いいですよ
リオ:制御ショッキングウェイブでいきます
サツキ:「そうですね、そちらを狙うつもりです」
リオ:2d+15 行使やったか!?
SwordWorld2.0 : (2D6+15) → 8[4,4]+15 → 23
ワーウルフエルダー:「ちっ、昼に強い奴が暴走するな」
サツキ:「ただ、後衛まで届くので、後衛狙いでも構いませんよ」
ワーウルフエルダー:やりました
リオ:やったぜ。
リオ:では他の方どうぞー 最後にゴーレム達は動かしますね
カゲ:「私の一撃でワーウルフを沈める自信ないや お願い」
ワーウルフエルダー:ではドレイク以外補助動作できない
サツキ:「わかりました」
リオ:「これぞ”闇の化身”A・クルの秘儀・・・邪眼解放!」
カゲ:カゲちゃん動いて大丈夫?
サツキ:いいですぞ
カゲ:じゃぁワーウルフにてやぁ
リオ:どぞー
カゲ(判定):2d+19+1 フランベルジュ 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+19+1) → 6[5,1]+19+1 → 26
カゲ(判定):k33+19+9@10 フランベルジュ 威力
SwordWorld2.0 : KeyNo.33c[10]+28 → 2D:[3,1]=4 → 4+28 → 32
ワーウルフエルダー:命中
カゲ:20どうぞ
ワーウルフエルダー:はい
リオ:一応確認ですが、ショッキングウェイブは主動作と補助動作封印ですね
ワーウルフエルダー:ワーウルフエルダーのHPが20減少した(HP:101->81)
カゲ:おしまい
ワーウルフエルダー:あ、そうですね主動作か
ベルハルト:つまり乱戦エリアには案山子しかいないと?
サツキ:では次動いていいですか?リオさん動かします?
リオ:そうなりますね()
リオ:効果時間2Rで主動作補助動作封印はつよいなあ・・・・
ワーウルフエルダー:…傷もつけられないなんて
カゲ:わんこ案山子か
リオ:おさきどうぞー
サツキ:でしたらいっそドレイクから狙いましょうか?
ベルハルト:予想していた展開と違う…
リオ:それもアリですね、前はカカシだからなんとかなりそうですし
サツキ:では後衛スナイプしますね
リオ:お願いしますー
カゲ:ほいほい
サツキ:お待たせしました
ワーウルフエルダー:はい
サツキ:キャッツアイ+メディテーション
サツキ:ほんでレーザーバレット+ホーミングレーザーで後衛狙います
サツキ:2d+14+3+2 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+14+3+2) → 6[1,5]+14+3+2 → 25
ワーウルフエルダー:命中
サツキ:k30+22@10 レザバレ
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+22 → 2D:[2,1]=3 → 2+22 → 24
GM:えっと、弱点抜いてたから28ですね
サツキ:以上です
カゲ:そっか弱点看破つきか
GM:ドレイクバイカウントのHPが28減少した(HP:115->87)
リオ:四天王フェイズ!(部位合計6個なのでまた長い
ワーウルフエルダー:どぞどぞ
アポ@見学:さっちゃん、危なかったね・・・
リオ:ゴーレムはウルフ狙ってもあたらなそうなんで、マッドブラッドからで
GM:自動命中です
リオ:2d+14 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 4[2,2]+14 → 18
リオ:2d+14 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 8[4,4]+14 → 22
サツキ:変転するか一瞬迷いました…
カゲ:回避することも許されない
リオ:ごめんなさいアイシクルウェポンありました 21 25でお願いします
ワーウルフエルダー:マッドブラッド_1のHPが26減少した(HP:78->52)
アポ@見学:あれは迷いますよねえ・・・
リオ:ワイバーンは尻尾はテイルスイープで相手全員対象でいけます?
アポ@見学:しかし、やけにコマ数増やしたなーマッドブラッドはいらなかったろうに
ワーウルフエルダー:いいですよ
リオ:2d+12 とりあえずワーウルフ分だけ命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 10[4,6]+12 → 22
ワーウルフエルダー:肉壁だから…
リオ:2d+9 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 7[6,1]+9 → 16
リオ:2d+9 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[5,1]+9 → 15
リオ:2d+9 #3
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 8[3,5]+9 → 17
GM:命中です
リオ:日傘は・・・いいかw
リオ:翼x2でワーウルフに
GM:しかし、通常武器っぽいので無効です
リオ:あ、そっか!(
リオ:終わりです!()
GM:マッドブラッド_1のHPが5減少した(HP:52->47)
GM:マッドブラッド_2のHPが7減少した(HP:78->71)
リオ:あ、でもマッドブラッド殴ればいいのか
カゲ:次からはワイバーンにチャンポンも放り込もう
アポ@見学:あのねえ。希望亭はエンディングまで全部含めて基本3時間ですよ。そんなもん増やしたらオーバーするに決まってるじゃないですか。ゆぅきさんはこの中で最もわかってるはずですから、そこは癖にしてもらわないと困りますよ
GM:言うの忘れていましたよ
リオ:2d+10 翼2回分 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 6[3,3]+10 → 16
リオ:2d+10 翼2回分 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 8[5,3]+10 → 18
リオ:2d+9 キバット
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 4[1,3]+9 → 13
GM:マッドブラッド_1のHPが17減少した(HP:47->30)
リオ:以上3つマッドブラッド1への打撃点で、おわりです
GM:「…すまん、投降していいか?」
リオ:「ほう、サレンダーするか・・・どうする?皆の衆」
アポ@見学:降参宣言!?
サツキ:「ああ、私はそれはかまわないのですが…貴方達はそれでよろしいのですか?」
サツキ:「このまま帰って、もう来ないと誓うならいいとは思うのですが…貴方達が後で怒られませんか?」
ワーウルフエルダー:「怒られる、といっても、まずこのドレイクが単独で考えたやつだしな。俺は付き合わされてるだけ」
ベルハルト:「受け入れてもかまわないでしょう、少なくとも彼は・・・」
カゲ:「そこのドレイクさんにも聞かないと」
ワーウルフエルダー:「…そこのドレイク今話聞かないから、意味ないと思うが」
カゲ:まぁ、ワーウルフさん動けないから
ドレイクバイカウント:「ダイジョウブアタシレイセイ!テキコロス!」
アポ@見学:そりゃサレンダーもしますか・・・
ワーウルフエルダー:「だそうだ。すまないが取り押さえてくれないか」
ベルハルト:「わーウルフの投降は受け入れ、ドレイクに関してはまともになってからでいいんじゃないですか?」
サツキ:「ああ、捕まえてしまっていいのですか?」
ベルハルト:スリープとかそのあたりで何とかなんないかな?
カゲ:「使えるけど抵抗されそう」
サツキ:ワイヤーアンカーしときます?
ベルハルト:眠っている間に拘束すれば…
カゲ:「ドランクにする?」
ワーウルフエルダー:「あ?俺をころさないのか?助かるが、口約束なんて信用できないだろう?」
リオ:ドランクして拘束が早そう
ベルハルト:そうですね
サツキ:ではそれで
GM:すみません。すぐ肉壁死ぬと思ってました。
ベルハルト:「この状況で敵対するほど愚かには見えませんので」
アポ@見学:防護10にHP80のやつ2つって結構時間かかりますよ
カゲ:じゃぁ念のためマッスルベアーとガゼルフットかけ直して ドレイクさんにドランクチャレンジ
カゲ(判定):2d+11 行使 神聖魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 10[6,4]+11 → 21
サツキ:「そうですか。巻き込まれたあなたをこのまま捕まえても、命の保証ができないのですが…」
ベルハルト:「とりあえずは要塞内で拘束して取り調べののち、処遇を決めることになるでしょう」
GM:あれ、マインドクラッシュ?食らってるから当たりますね
リオ:マイクラ生きた・・・!
サツキ:「なるべく温情な措置をとってもらうよう掛け合ってはみます」
カゲ:「酒だよ」 ドランクぱらぱら
ベルハルト:サカロス神拳
ドレイクバイカウント:「ぐう」
リオ:「眠りへ誘う神の銘酒...その先にあるのは破滅か救いか...」
カゲ:今の内にお縄でぐるぐるする
ワーウルフエルダー:「まあ、ころしてもらって構わんのだがね。ころすつもりで来たんだからころされても文句言えない」
ベルハルト:「それぐらい潔ければ受け入れられそうな気もしてきました」
リオ:縄でぐるぐるしたらゴーレムにでも担がせておきますか
ワーウルフエルダー:「あ、そのマッドブラッドはあいつが正気に戻って帰ってくる前に消滅させたほうがいい」
サツキ:「それならこちらは守るために来たので。守られても文句言わないでくださいね。あなたならやっていけると思いますよ」
ワーウルフエルダー:「ヴァンパイアの奴が操っているからな、そいつが来たらまた暴れるだろう」
カゲ:「じゃぁマッドブラッドすぱすぱしてくる `・ω・)」
ベルハルト:「では、弔いは任せていただきましょう」
リオ:「では滅するとしよう...任せたぞ、影に生きし娘よ」
ワーウルフエルダー:「バジリスクは・・・どうでもいいか、もう死んでるし、放置したら流石にアンデッド化するかもしれないが」
カゲ:「はーい(さくぷす)」
ベルハルト:「そちらも弔いますよ」
ワーウルフエルダー:「守られても文句は言えない、とは、一体?」
ユーリィ:|ω・`)コソ
ベルハルト:「投降した以上、攻撃を受けて死んでしまってはこちらのメンツにかかわってきますので」
サツキ:「この村を守りに来たのですが、敵の命を奪えとは言われていませんし。あなたの命を守ってもよいかと思いまして」
ユーリィ:「だ、大丈夫ですか~?」
サツキ:「ああ、幽霊さん」
ワーウルフエルダー:」
リオ:「月神の霊魂か・・・今しがた片が付いた所だ」
ワーウルフエルダー:「変わっているな。まあ人族らしいのか」>サツキ
ユーリィ:「そうですか。今日もありがとうございます。報酬を渡しておきますね」
ワーウルフエルダー:「…?誰と話しているんだ?」
ベルハルト:「ユーリィさんが見えないんですか?」
ワーウルフエルダー:「そこになにかいるのか?」
ベルハルト:ライカンスロープって幽霊とか見えないんでしたっけ?
ユーリィ:「いやあ、怖いのでちょちょいと不思議な力で見えなくしてます」
カゲ:一の剣の加護の幽霊なら見えないんじゃない?
ベルハルト:「怖いから見えないようにしているそうですよ」
リオ:「”真実の眼”を持たぬ者には月の加護持ちし者は見えぬ...ということか」
ワーウルフエルダー:「そうか、まあ村を襲うやつは怖いか。こんなチンケな村襲っても大した名誉にならないといっているのに全くそこで寝てる奴は」
ベルハルト:「何を考えていたんでしょうかね?」
サツキ:「距離とか雰囲気とかどこかよくわからないところが気に入ったのでしょう」
ワーウルフエルダー:「…そろそろ正気に戻る頃か。日傘ここに忘れているから、多分ひどいことになってるな」
ワーウルフエルダー:「多分夜まで日陰にいるだろうな」
リオ:「貴様らは相反する存在を持つ四天王ながら、妙に統制が取れていたが・・・何か思惑があったのか?」
ワーウルフエルダー:「いや、ただ単にどっちが多くころせるかという喧嘩だ」バジリスクとドレイク
ベルハルト:「バカですか?」
ワーウルフエルダー:「俺より知能が高いはずなんだがな」
ベルハルト:「知能と知性は別物ということでしょうか?」
サツキ:「逃亡した彼は嫌々ついてきたのですか?一人で村を襲う可能性は?」
ワーウルフエルダー:「あ、あいつは一人じゃなんも行動できないから気にするな」
カゲ:「どっちが早く瞬さつされるかだったらバジリスクさん勝ってたね」
リオ:「成程...合点がいったぞ。この村はただの勝負事に付き合わされただけ、ということか...」
ベルハルト:「たしかにw」
サツキ:「そしてあなたが審判役を押し付けられた感じですかね…」
リオ:「ククク...つくづく不幸な村だ」
ユーリィ:「ひどい不幸ですね。安心して成仏出来やしない」
ベルハルト:「この村にイレブン傭兵団の出張所でも作りますかね・・・」
カゲ:「ドレイクとバジリスクだもんね、田舎でないと競争できないんだよ」
アポ@見学:ヤルセカ村にテレポート装置設置や!
ベルハルト:素のバジリスクがドレイクバイカウントと喧嘩って無謀にもほどがあるな・・・
リオ:「恐らく此処はエントロピーが集約されている破滅の地...出張所を建設し守護することも一考の余地があるだろう」
ワーウルフエルダー:「審判か、断ろうと思えば断れたんだがな。強い奴が万が一にもいた場合、面白いかと思ってな」
アポ@見学:チンピラバジリスクだから・・・
ベルハルト:「で、強い相手と会えましたか?」
カゲ:「面白かった?(・ω・」
GM:多分知能チンピラ並み
リオ:知覚:チンピラ
ワーウルフエルダー:「は、見ての通りだ」
ワーウルフエルダー:「面白かったさ」
サツキ:「もう、皆さん煽らない」
カゲ:「私は純粋に気になっただけだよ `・ω・)」
ベルハルト:「この人、うちに引き込みませんか?」
ワーウルフエルダー:「は?」
サツキ:「ええ、団長が許せばそのつもりです」
アポ@見学:スカウトレベル10のベルハルトさんやでぇ(斥候に非ず
リオ:「ほう・・・面白いことを言うな」
ベルハルト:「強い相手と戦いたいなら、うちに来れば存分に戦えますよ?」
リオ:スカウトマン技能w
カゲ:そろそろ本格的に一般技能:スカウト かハローワーク生えるんじゃなかろうか
ワーウルフエルダー:「んー、ああ、そうみたいだな。魅力的な勧誘だ」
ベルハルト:「それに、あなたは積極的に人間をころすつもりがなかったのでしょう?ならば問題はそれほどないでしょう」
カゲ:ちなみにエルダーに使われたキャラの名前は「もも」です
ワーウルフエルダー:ももくん
ベルハルト:「あなた以上にヤバいのなんていくらでもいますし・・・」ボソッ
アポ@見学:ヒャッハー!GMのページに追記だー!
カゲ:ドレイクは「きいち」レッサーは「おのだ」
ワーウルフエルダー:「そうか、ならば処罰がどうなるか期待していよう」
ベルハルト:一応スカウト(斥候)ですよ?
カゲ:「・3・)~♪(マッドブラッド解体中)」
サツキ:「そうですね、処遇が決まるまで期待してお茶でも飲んでおきましょう」
ベルハルト:「ドレイクのほうは・・・うん」
ユーリィ:「終わったのならそろそろ戻りましょう?村のみんなを早く安心させておきたいです」
アポ@見学:イレブンの人事担当ー
リオ:「では帰すとするか...根城へとな」
ベルハルト:「そうですね、団長にも報告しなければ…」
カゲ:「・ω・)うん(返り血ついてる)」
ベルハルト:ふきなさい・・・
サツキ:「ほら、そこ汚れているので拭きなさい」つハンカチ
カゲ:「・ω・)わしわし(袖で拭ってるつもり)」
GM:ではみなさんは、ワーウルフと引きずられているドレイクを持ち帰りました
リオ:「鮮血に身を染めることも勲章の一つよ...我が闇に衣も存在する」
ベルハルト:ドレイクは吊るされるんだろうな・・・
レイ:「皆さん!戻ってきたってことは、もしかして?」
ベルハルト:「とりあえずは一件落着ですね」
GM:うおおおおと歓声が響きます
リオ:「傷一つ受けることなく済んだぞ。この程度”冥王”には容易いことだ...」
ベルハルト:「蛮族の捕虜についてはこちらで取り調べの後で処遇を決定します」
サツキ:「はやく復興できると良いですね」
レイ:「今回は無傷で誰も死なず良かったですよ」
レイ:「頑張って復興させていきます!」
ベルハルト:「頑張ってください」
ユーリィ:「レイくん…立派になって…」ホロリ
カゲ:「`・ω・)がんば」
ユーリィ:「よしじゃあ私はこれにて成仏です」ふわあと消えていきます
カゲ:(・ω・)ノシ
GM:最後に「本当に成仏できればいいなあ…」とつぶやきを残して
ベルハルト:「3度目の正直になればいいんですが・・・」静かに見送ります
リオ:「円環の理に導かれたか...」
サツキ:「成仏できたら……によろしく」なんとなく左手の薬指触りながら呟きます
GM:ということで、無事、依頼を達成し、村へ皆を戻し、ワーウルフエルダーを勧誘しました
アポ@見学:また彼女でてきそう(フラグ
GM:ノーコメントで
GM:セッション終わりです。お疲れ様でしたー
リオ:お疲れ様ですー!
カゲ:お疲れ様ですー
サツキ:お疲れ様でした!
ベルハルト:お疲れ様でしたー
レイ:報酬:経験点1500 2250G 名誉15点 成長1回
希望亭で使用できる特典1P
GM:RPし忘れたことなどあればどうぞ
アポ@見学:RP賞忘れてますよー
ベルハルト:あ・・・そういえば・・・
GM:あ、そうだ、誰か一番RP良かったと思った人を上げてください
サツキ:わかりました
カゲ:ベルハルトさんの勧誘能力に舌巻いてます
リオ:カゲちゃんに一票で>RP
GM:また忘れているRP賞。おれもっと頑張れよ
アポ@見学:私も時たま忘れるから・・・(RP賞
サツキ:迷うけど…リオちゃん
ベルハルト:サツキさんで
カゲ:何か循環したぞ
リオ:みんな1位!
ベルハルト:しかし今回バフ以外で珍しく活躍できた気が・・・(バニッシュのこと)
GM:世 界 平 和
リオ:初めて四天王が活躍したので満足!
カゲ:個人的にはもう少し回避お披露目したかった´・ω・)
サツキ:戦闘あまり役に立たなくて申し訳ない
ベルハルト:同じく
リオ:相手からのアクションがあることなく終わってしまったからなあw
GM:ただただ雑魚が6体でたというだけという事実
 いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。