【クトゥルフ神話TRPG】空を切る手

侑哉雑談・コミュニティ  0
登録日:2017/10/20 02:10最終更新日:2017/10/20 02:10
システム:ルーム「空を切る手」が作成されました。
システム:侑哉さんが、入室しました。
システム:新菜さんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに綺田 天瀬が追加されました。
システム:キャラクターリストに柊木絵美里が追加されました。
新菜:かばちゃんの名前見るとわくわくするな
侑哉:www
新菜:かばちゃんとエミリの冒険だ~
侑哉:いえ~~い!準備がよければ早速始めていくよ~~~!
新菜:オッケーィ!
GM/侑哉:では、空を切る手。始めていきます~~!
新菜:いあいあ!
GM/侑哉:夜。あなたは携帯をいじってます。
GM/侑哉:LINEのやり取りをしている相手は、綺田。
GM/侑哉:あなたは明日、一緒に出かける約束をなんとか取り付け、その連絡をしているところでした。
綺田 天瀬:『それじゃあ明日、11時に駅前で待ち合わせってことで大丈夫?』
新菜:エミリ頑張ってるな?(一服してるから反応鈍いかもすまん)
GM/侑哉:エミリちゃんには頑張ってもらいたいなって思ってます!!← 大丈夫
柊木絵美里:『うん!あっくんとデート楽しみ?おめかししてくね♪♪』
柊木絵美里:かわいいスタンプぷも送っとく
新菜:ありがとう!
GM/侑哉:圧倒的かわいいエミリちゃん
新菜:だといいな!
綺田 天瀬:『デート?っていうのかねぇこれ? じゃあまあ、楽しみにしておくよ~』スタンプも一緒に送っとく
新菜:『デートのつもりで行くもん!』プンスコすたんぷつき
綺田 天瀬:『はいはい、わかったわかった~。それじゃあ、お互い寝坊しないように』おやすみスタンプと一緒に
新菜:『しないもーん?おやすみ!』おやすみすたんぷつき
GM/侑哉:かわいいなこの二人
GM/侑哉:では、予定も確認し終えたところで眠りにつくことでしょう。
GM/侑哉: 
GM/侑哉:そして、次の日の朝です。
新菜:かわいいわいいなそして名前ミスってるわ←
GM/侑哉:wwあるあるwww
新菜:デスヨネ!!!
GM/侑哉:時刻にして9時頃。LINEに一件の通知が入ります。ピコンッ
新菜:お?早い
綺田 天瀬:『ちょっと早く起きすぎちゃって、暇だし迎えに行くよ~』
柊木絵美里:喜びのスタンプめっちゃ送る
侑哉:多分おっちゃんの早く起きすぎては本当に早い
GM/侑哉:そのメッセージ通り、ほどなくして家のチャイムが鳴ることでしょう。
新菜:かばちゃんwwwwww
侑哉:おじさん日の出と共に目覚めるから!健康的デショ!!!
新菜:化粧上手く出来たか美への追求ロールしていいかな← 
GM/侑哉:お、いいよ~
新菜:ヤッタネ!
システム:柊木絵美里さんの「うまく盛れたか美の追求ロール」ロール(1d100<=45) → 成功 24 (24)
GM/侑哉:えらーい!
新菜:気合を感じる
GM/侑哉:上手に盛れました?
新菜:やったーーっ
柊木絵美里:「あっくーん!」ドア開けるよ!
綺田 天瀬:「ん。おはよ~」
柊木絵美里:「おはよう!」抱きつき
綺田 天瀬:「なになに?朝から元気だねぇ?」とりあえずそのままにしとく
柊木絵美里:「デートだから気合い入れたの~っ。どう?かわいい?かわいい?かわいい?」にこにこ
綺田 天瀬:「うんうん、かわいいかわいい~」頭ぽんぽんするよ
柊木絵美里:「へへ~」ご機嫌
綺田 天瀬:「11時って言ってたのにえらい早くから準備万端だったんだねぇ。どうする?早いけどもう出れる?」
柊木絵美里:「出れる出れる!でもどこ行くの?お店開いてるかなぁ?」
綺田 天瀬:「ん~…あ、さっき来る途中に開いてる喫茶店あったからそこで時間潰しとく?」
柊木絵美里:「本当?そうするそうする~」
綺田 天瀬:「おじさんお腹空いちゃってさぁ~、そうしよそうしよ~」
柊木絵美里:「奢ってあげよっか??」
綺田 天瀬:「奢ってくれるん?わーい……なんて、したらおじさんの立つ瀬ないでしょ」
新菜:かばちゃんかわいい
侑哉:お茶目なおじさんだからね
新菜:まぁハタチの子に奢られると肩身狭いよな
新菜:お茶目かわいい
GM/侑哉:綺田の案内でたどり着いたのは駅近くにひっそりと立つ雰囲気のいいカフェですね
侑哉:流石にね!年下の子に奢られるのは31歳のプライドがね
綺田 天瀬:「ここだね~。んじゃ、どうぞどうぞ~」ドアを開けてあげるよ
新菜:年収800万あるけどなエミリ
柊木絵美里:「わーい、ありがとう~」入るよ
新菜:店内に目星とか出来る?
侑哉:ちょいまってね描写いれましゅ
新菜:おけ
GM/侑哉:あなたたちが足を踏み入れると、
GM/侑哉:その先には踏みしめるための床がない。
GM/侑哉:下を見ると、店内と思った空間には大きな穴が、 ポッカリと口を開けて二人を誘い込んでいた。
GM/侑哉:底は真っ暗で見えない。
GM/侑哉:勢いのまま、二人は真っ逆さまに穴の中へ落ちていくことだろう。
GM/侑哉: 
GM/侑哉: 
GM/侑哉:そして、どさりと音を立てて落ちる。
GM/侑哉:が、落ちていた長さに比べると、衝撃は軽いものだ。
GM/侑哉:段差から足を踏み外した時の様な軽さ。怪我もしていないし荷物も一緒に落ちてきている。
GM/侑哉:隣には綺田がいて、不思議そうに天井を見上げている。
GM/侑哉:探索どうぞ
新菜:まさかの落ちた
新菜:とりあえず話しかける
柊木絵美里:「えっなにが起きたの、かな…?」かばちゃんの肩ポンとするよ
GM/侑哉:あいあい
新菜:落ちたことでSANcとかないのね~
綺田 天瀬:「さあ?……落っこちたんかねぇ?」
GM/侑哉:お?する?←
新菜:する?
GM/侑哉:ではエミリちゃんもかばちゃんも初クローズドなので、奇妙な空間に誘われたことにSANc0/1どうぞ?
システム:柊木絵美里さんの「SANc」ロール(1d100<=50) → 成功 31 (31)
システム:綺田 天瀬さんの「SANc」ロール(1d100<=53) → 成功 42 (42)
新菜:チッ
侑哉:よかった~~~(今までSANc大体失敗してたやつ)
新菜:クローズドSANcでこれは由貴くんと誠のと見比べると冷静ね?
侑哉:まあ寝て起きたら別の場所よりは?いいのかも?
柊木絵美里:「なにがあったのかな~」きょろきょろ
新菜:なるほどね?
GM/侑哉:そこは白い正方形の部屋です。
GM/侑哉:二人の前方にはテーブル、部屋の奥、向かって正面には扉が一つあります。
綺田 天瀬:「店の地下……って感じではなさそうだよねぇ~」
柊木絵美里:「そうだねえ~」
新菜:他に情報というか探索系ふれたりはする?
GM/侑哉:基本情報はこれだけかな。技能振らなくても宣言で情報も出るよ~
新菜:ふむ、とりあえず天井見てみるかな
GM/侑哉:自分たちの落ちてきた穴は見当たない、なんの変哲もない真っ白な天井です。
新菜:部屋は明るい?
GM/侑哉:まあ、明るいんじゃないかな
新菜:なるほど、灯りはいらないね
GM/侑哉:そうだね、灯りはいらないかな
新菜:とりあえず人いるかもしれないし正面の扉に向かおうとするかな
GM/侑哉:テーブルは特に見ない?
新菜:メタ的には見たいけど!!初探索だしエミリは一旦スルーかな~って
GM/侑哉:おけけ
GM/侑哉:では、なんの変哲もない、ドアノブのついた木製の扉です。
柊木絵美里:「人いるかな~?すいませーん」ノック
GM/侑哉:鍵穴はなく、捻れば問題なく開きそうだと思うことでしょう
GM/侑哉:反応はないですね
GM/侑哉:扉には張り紙が張ってあります
新菜:しまっててくれよ開けそうで怖いよ
GM/侑哉:wwww
柊木絵美里:あっくん?がなにも言わなければ張り紙見るよ
GM/侑哉:あっくん?は特になにも言わないかな
GM/侑哉:では、貼り紙には『いってらっしゃい』とだけ書かれています。
新菜:ヤバいメモ見たいのにエミリ進んじゃいそう
GM/侑哉:wwエミリちゃんもわりとガンガン行くタイプだった
新菜:今のところ警戒する感じじゃないしね!?聞き耳系出来ない!?
GM/侑哉:聞き耳ね、してもいいよ~
新菜:振ります
新菜:$聞き耳
GM/侑哉:どうぞ
新菜:入れ方失敗した
システム:柊木絵美里さんの「扉に聞き耳」ロール(1d100<=45) → 失敗 65 (65)
GM/侑哉:特になにも聞こえなかったですね
新菜:一応かばちゃんもしよう(進んじゃいそう)
侑哉:よ~しかばちゃんもするぞ~
システム:綺田 天瀬さんのロール(1D100<=33) → 失敗 56 (56)
新菜:仲良しかな…
綺田 天瀬:おじさんちょっと耳が遠くて(ほぼ初期値)
GM/侑哉:仲良く扉に耳つけてかわいいね。なにも聞こえません
新菜:PLの悪足掻きでスマホ見る
綺田 天瀬:「う~ん、人いなさそうなのかなぁ?」
新菜:圏外を希望する
GM/侑哉:おめでとう!スマホは圏外ですね
柊木絵美里:「困ったねえ」
新菜:やったーっ腕時計もみとく!
柊木絵美里:「あっくん、スマホが圏外だ…」
GM/侑哉:時計も止まってるようですね
綺田 天瀬:「お?…ありゃ、ホントだ。困ったねぇ」
柊木絵美里:「時計も止まってる~なんで??」
新菜:安心した()
綺田 天瀬:「う~ん…なんでだろうねぇ?不思議だねぇ~」
新菜:どうしよう、かばちゃんにも危機感なかった
綺田 天瀬:「そういえば、そこのテーブルになんかあった気がするなぁ」って指差すよ
侑哉:ww
新菜:ありがてえ!!!かばちゃんサイコーッ
柊木絵美里:「そうだね~見てみる?お店の人の書き置きかもしれないし」
侑哉:こんなでも元刑事!探偵!だからね!
綺田 天瀬:「そだね~。なにか分かるかもしれないからねぇ」
新菜:エミリがキャラ的に危機管理能力なさそうで笑う!かばちゃんありがとう!!!
柊木絵美里:「そうしよ~」メモ見るよぴろり
侑哉:安心して、かばちゃんもめちゃくちゃゆるく生きてる
新菜:ゆるキャラ二人かな
GM/侑哉:メモを見ると
GM/侑哉:『さいごまで だまされずに かえれるかな?』
GM/侑哉:と書かれている
新菜:やっと危なそうな情報出た
新菜:裏とかよく見てみたい
GM/侑哉:ペラっとめくって裏を見ると『がんばってね!』と書かれています
柊木絵美里:「なんだろ~これ~」
綺田 天瀬:「さあ~?よく分からんねぇ」
柊木絵美里:「とりあえず人探してみる?」
綺田 天瀬:「そうだね~、いればいいけどねぇ」
柊木絵美里:「いないのかなぁ…?」扉開けるよ
GM/侑哉:ドアノブをひねった瞬間、ふっ…と足元の感覚が消える。
GM/侑哉:下を見ると、二人のいる部屋の床が パッカリと大きく開いていた。
GM/侑哉:その先にあるのは真っ暗な闇。 再び2人は落ちていくことだろう。 
GM/侑哉: 
GM/侑哉:べしゃりと落ちるが、またも、そこまでの衝撃はない。
GM/侑哉:先程と同じく正方形の真っ白な部屋。
GM/侑哉:テーブルがあり、本棚には本が1冊だけぽつんと置かれている。 部屋の奥にはまた扉が一つ見える。
新菜:よう落ちる
新菜:これホコリついたりはしてないよね?
新菜:落ちて汚れる的な
GM/侑哉:そういうのは特にないかな
GM/侑哉:お部屋は綺麗です
新菜:エミリ的にそこはラッキーだけど茶番でさぁ
新菜:かばちゃんの幸運で落ちた時尻もちついてるエミリのぱんつかオフショルからおっぱい見えたかラッキースケベしてほしい←
GM/侑哉:wwwwなるほどww
新菜:ミニスカート!!!ってことにして!
新菜:ラッキースケベ!ラッキースケベ!
GM/侑哉:まあ落下はしてるけど衝撃はそれほど大きくないし、おそらくかばちゃんはあっさり立ち上がるんじゃないかな…()
GM/侑哉:ラッキースケベするか幸運?幸運…?失敗して見えるのか成功して見えるのか……
新菜:じゃあおっぱ…(こいつ)
新菜:かばちゃんの感覚でいいんじゃね…?
侑哉:じゃあ成功で。← ラッキー起こるか振ります~
新菜:イエーーーイ
システム:綺田 天瀬さんのロール(1D100<=55) → 失敗 67 (67)
侑哉:チッ
新菜:どうしてよ!!!!!
新菜:ガード固いかばちゃん
侑哉:かばちゃんのガードが固いのかこれ??ww
新菜:かばちゃんじゃね?←
侑哉:じゃあそういうことにしよう←
新菜:落ちることがまたあったらラッキースケベロールよろしく☆
綺田 天瀬:「大丈夫?また落っこちたねぇ」と立たせてあげるよ
侑哉:おっけい☆
新菜:「なにが起こってるんだろ~?ちょっと怖いなぁ」手助けされながら立ち上がるよ
新菜:また間違えた
新菜:ラッキースケベ成功祈る
綺田 天瀬:「そだねぇ、怖いねぇ」と言いつつへらっと笑ってるよ
侑哉:ラッキースケベするといいな!!
柊木絵美里:「怖がってなさそう~><」
新菜:本当頼むよ!
綺田 天瀬:「そんなことないよ~?><」
柊木絵美里:「そうなの~?><」
綺田 天瀬:「そうだよ~?><」
柊木絵美里:「じゃあこうしてて~><」腕組むよ
綺田 天瀬:「おじさん照れちゃうね~、でもいいよ~><」
柊木絵美里:「わーい?ありがと~?」しめしめ
侑哉:溢れ出る援交感……
新菜:この二人だから仕方ない
侑哉:そうな!仕方ないな!
新菜:でもかわいい
綺田 天瀬:「んじゃあ、ちょいと部屋見てみる?」
侑哉:かわいいけど溢れ出る援交感にじわじわくる
柊木絵美里:「そうだねえ、テーブル?とか?」
新菜:わかる
綺田 天瀬:「おっけ~><」テーブルに近づくよ
GM/侑哉:テーブルの上にはメモとラジオが置かれており、かすかに何かの音が流れている。
新菜:とりあえずラジオよく見たいな
新菜:エミリ、ラジオの使い方わかるかな……(ハタチの女子)
GM/侑哉:微かに何かの音が聞こえてますね。よく調べるなら聞き耳で
新菜:ボリューム上げたりは出来ない?
GM/侑哉:そうだねぇ、ボリュームのつまみをいじってみても音量は上がりそうにないね
新菜:じゃあ聞き耳します
GM/侑哉:どうぞ
システム:柊木絵美里さんの「聞き耳」ロール(1d100<=45) → 失敗 53 (53)
新菜:ドウシテ!!!!
GM/侑哉:残念~~
新菜:かばちゃんもして!!!
GM/侑哉:では、何かのノイズのような音だなくらいにしか思わないかな
システム:綺田 天瀬さんのロール(1D100<=33) → 失敗 55 (55)
侑哉:デスヨネェ
新菜:二人すごく失敗する
侑哉:かばちゃん、探索技能失敗結構するからね(前科)
柊木絵美里:「ラジオって珍しいね~」
新菜:エミリもそうかもしれない…(つらい)
綺田 天瀬:「そだね、今時はもう見ないもんねぇ~」
柊木絵美里:「みんなスマホだもんね~」
柊木絵美里:「メモなにかあるかなぁ?」ぴろり
綺田 天瀬:「まあ、おじさんの小さい時には家にあったけどねぇ~今の子は家にもないよねやっぱ~」
GM/侑哉:メモを見ると『うたがい の はんたい は?』と書かれている
柊木絵美里:「すーちゃんは聞いたりしてるみたいだよ~」
柊木絵美里:嫁のラジオをな
侑哉:wwwwww
綺田 天瀬:「へぇ?今時の子なのに珍しいねぇ~」
柊木絵美里:「好きなのがあるみたい~ゲームのなんじゃない?」
柊木絵美里:「疑いの反対は~信じる?」
柊木絵美里:裏とかも見るよ
綺田 天瀬:「ほ~?おじさん、よく分からないけど、まあ趣味のってなら聞くこともあるんかねぇ」
GM/侑哉:裏面には『5つのかんじかた』と書かれている
柊木絵美里:「あたしもよくわかんないんだよね~」
新菜:5つの感じ方か…五感かな?
綺田 天瀬:「そーなん?まあ、趣味は人それぞれ~ってね」
柊木絵美里:「そうだねえ、すーちゃんゲームの話すると止まらないもんね~。この『5つのかんじかた』ってなんだろ?」
綺田 天瀬:「そうだったっけか。んー?5つのかんじかた、ねぇ…」
柊木絵美里:「よくわかんないね。また落ちちゃいそうだし扉開けるのやだなぁ><」
綺田 天瀬:「ま、なんか他にもヒントとかあるでしょ~きっと。そだねぇ…でも一応見てみる?」
柊木絵美里:「扉を?」
綺田 天瀬:「扉を~、あ、あと本棚があるけど、どうする?」
柊木絵美里:「扉怖いし見るなら本棚かなぁ?」
綺田 天瀬:「ほいじゃ、本棚見るかぁ~」
柊木絵美里:「はーい」本棚の本見るよ
GM/侑哉:木製の、二人の背丈以上はある大きな本棚だが、 中には1冊しか本はない。
GM/侑哉:濃い色をしたハードカバーの本で、タイトルなどは書かれていない。
新菜:クトゥルフ神話技能の香りがする
柊木絵美里:なんとなーく手に取って見てみるよ
GM/侑哉:触ると、なんかベタベタします
新菜:調べるのに技能いる?
新菜:あ、医学かコレ…
GM/侑哉:技能はね~、聞き耳か薬学かな
新菜:薬学ないから聞き耳かな~振ります
GM/侑哉:どぞ
柊木絵美里:「なにこれ、ベタベタする~;」
システム:柊木絵美里さんの「聞き耳」ロール(1d100<=45) → 失敗 53 (53)
新菜:見事なくらい探索系失敗するエミリ
綺田 天瀬:「ベタベタする?嫌だねぇ。なんか拭くもん持ってたかなぁ~」ポッケごそごそ
侑哉:情報が入らないすごい
新菜:「ハンカチで足りる?ティッシュかなぁ…」半べそ
新菜:かばちゃんも出来たりしませんか聞き耳
侑哉:お?じゃあするかぁ(不安しかない)
綺田 天瀬:「とりあえず~、はい、ハンカチ。これ以上取れなければ手が洗えるとこ出るまで我慢だなぁ~」
システム:綺田 天瀬さんのロール(1D100<=33) → 失敗 64 (64)
侑哉:ハハハ知ってた
柊木絵美里:「えーん…」
新菜:クッソ、アイデアにマイナス補正とか無理かな~;
GM/侑哉:そだな~…じゃあアイデア-20で聞き耳代用でもいいよ~
新菜:恩情ありがてえ!!!やる
GM/侑哉:どぞ~
柊木絵美里:1d100<=50聞き耳代用アイデア-20
柊木絵美里:やり直します!
GM/侑哉:あいあい
システム:柊木絵美里さんの「聞き耳代用アイデア-20」ロール(1d100<=50) → 失敗 63 (63)
新菜:つらい!!!
新菜:じゃあもう中身見るわ!!! 
GM/侑哉:どんまい~~~!
新菜:さすがにかばちゃん…やる…?
GM/侑哉:中を見ようと、本を開こうとする。
GM/侑哉:と、不思議なことにびくともせず、どうにも開きそうにない。
侑哉:かばちゃんはどっちでもいいよ~
新菜:やってくれたらありがたい…;マジで収穫がない
システム:綺田 天瀬さんの「代用アイデア-20」ロール(1d100<=62) → 失敗 89 (89)
侑哉:ドウシテ
新菜:つら
侑哉:元アイデア82がんばれよぉ
新菜:うーん…一応もう一回ラジオに聞き耳して失敗したら次行くかあ
GM/侑哉:おけけ
新菜:その前に美の追求でべたつき取れたかやっておきたい
GM/侑哉:あい~どうぞ!
新菜:ありがてえ!!!振る
システム:柊木絵美里さんの「べたつきとる美の追求」ロール(1d100<=45) → 失敗 72 (72)
GM/新菜:つら
新菜:ラジオに聞き耳する~
GM/侑哉:つらたん
GM/侑哉:どうぞ~
システム:柊木絵美里さんの「ラジオに聞き耳」ロール(1d100<=45) → 失敗 61 (61)
新菜:この世は地獄です
GM/侑哉:和睦の道はないのでしょうか
GM/侑哉:ないですね!
GM/侑哉:気を取り直していきましょう
新菜:クソォ扉向かうよ
柊木絵美里:「扉行こっか…」しゅん
綺田 天瀬:「まあまあ、出たら洗えばいいんだからしょげないよ~。扉ね、オッケー」
柊木絵美里:「あっくんに汚いところ見せたくなかったのにな~」扉行くよ 
GM/侑哉:至って普通の木製の扉。またもや紙が貼ってある。
柊木絵美里:かなりしょげつつ張り紙見るよ
綺田 天瀬:「別にオレは気にしないけどねぇ~」ははっと笑いながら言うよ
新菜:かばちゃんイケメンか?????
GM/侑哉:貼り紙には『みんなでたらめ なかよしこよし けどひとつだけ うらぎりものがいるんだ』と書かれているよ
侑哉:イケメンではない(APP9)
新菜:中身イケメン
柊木絵美里:あっくん?にキュンキュンくるよ
侑哉:キュンキュンさせられてたらいいな?
柊木絵美里:超してる
柊木絵美里:ちょっと赤くなってる
侑哉:かわいい
柊木絵美里:和んだから扉開けるよ
侑哉:お、そのまま行くかんじ?
新菜:あ、聞き耳系しとこうかな
新菜:(フラグ)
侑哉:www
GM/侑哉:振るのは聞き耳かな?どぞ?
システム:柊木絵美里さんの「扉に聞き耳」ロール(1d100<=45) → 成功 25 (25)
新菜:イエアーーーーー!!!!
GM/侑哉:えらーーい!
新菜:達成感
GM/侑哉:特に音は聞こえませんな
新菜:成功したのに!!!!
GM/侑哉:成功したのにです!!!
柊木絵美里:仕方ないのでそのまま開けるよ
綺田 天瀬:「あ、ちょっと待った。またなんかあるかも知れないしオレが開けるよ~」と声かけるよ
綺田 天瀬:色変え忘れた許せ
柊木絵美里:あっくん?にキューン
新菜:あるある
柊木絵美里:「ありがと?」おっぱい当ててんのよ
侑哉:当てられてる(羨ましいギリィ)
新菜:隙あらば落としたいからな!!!
侑哉:たくましい!
システム:(シークレットダイス) 綺田 天瀬さんのロール(s1d2) → 2 (2)
新菜:シークレットコワ
GM/侑哉:綺田がドアノブに触るとビリリと強い電流が走り、バチンッと大きな音を立てる。
柊木絵美里:「えっあっくん音したけど大丈夫?」
GM/侑哉:ドアノブに触れた手からは出血しているようだ。
新菜:わあお
綺田 天瀬:「え、ああ。うん~」びっくりしてるような不思議そうな顔してるよ
新菜:初期値だけど応急手当していい?
柊木絵美里:「痛そう…ハンカチとか使えないかな?」
GM/侑哉:いいよ~~
新菜:ありがと~振る
綺田 天瀬:「そう?痛くはないんだけどねぇ」
システム:柊木絵美里さんの「応急手当」ロール(1d100<=30) → 失敗 88 (88)
新菜:つらい
侑哉:びっくりしちゃったのかな!
新菜:楓並みに成功しない
侑哉:かわいいね
新菜:役立たない
柊木絵美里:「え?痛くないの?」
侑哉:これからこれから
新菜:だといいな!かばちゃん服に血とかついてる?
綺田 天瀬:「うん、痛くないよぉ~」へらっと笑いながら言うよ
GM/侑哉:そうだねぇ、手のひらからわりと派手に出血してるからつくかもしれないね
新菜:美の追求でキレイキレイしてあげたい
新菜:意外と美の追求使えるな?
GM/侑哉:おお、よいよ~~
新菜:やった!やります
柊木絵美里:「
柊木絵美里:「でも汚れちゃったしきれいにしよ?」
システム:柊木絵美里さんの「美の追求でキレイキレイするよ!」ロール(1d100<=45) → 成功 11 (11)
柊木絵美里:あっくん?に優しくするロール成功するな???
侑哉:愛の力
新菜:つよい
綺田 天瀬:「別にオレの服は大して高くもないし、汚れても気にしなくてよかったけどねぇ」
柊木絵美里:「ダメなの~っ」とか言いつつ扉開けるよ よかったら
GM/侑哉:扉開けようとするとビリっといくよ
新菜:モデルにそれはキツいな…()血が出るし
綺田 天瀬:「あー、ドアノブ、触らん方がいいと思うよ~」って言っておくね
新菜:あっハンカチで庇って開けるとかどうかな?
柊木絵美里:「あっくん怪我しちゃったもんね…」しゅん
GM/侑哉:かなり強い電流だし、絶縁体的なものじゃないと厳しいかな
新菜:うええどうしよう
新菜:あくびとか出てるから突然寝たらすまんな…()
新菜:頑張るけど!
GM/侑哉:wおけ
新菜:扉開けるの本当どうするかな
GM/侑哉:そだな~じゃあアイデア振ってもらおうかな
新菜:お?おけおけ
システム:柊木絵美里さんの「アイデア」ロール(1d100<=70) → 失敗 71 (71)
GM/侑哉:ここには魔物がいるぞ………
新菜:イチタリナイ
新菜:かばちゃんアイデア振って~;;
GM/侑哉:かばちゃんも振ろう
システム:綺田 天瀬さんのロール(1D100<=82) → 成功 81 (81)
綺田 天瀬:あっぶな
新菜:えっらーーーい
綺田 天瀬:「ん、お?本棚の下、引きずった跡があるよ」と床を指差すよ
柊木絵美里:「え、ほんと?」
柊木絵美里:本棚の下見るよ
綺田 天瀬:「もしかしたら動かせるのかも~」
GM/侑哉:本棚の下には確かに引きずったような跡がありますね
柊木絵美里:「あたし動かせるかなぁ><」
綺田 天瀬:「オレも手伝うから大丈夫デショ~><」
柊木絵美里:「がんばる~?」動かすよ!
GM/侑哉:中身もほぼない本棚なので二人がかりなら余裕で動かすことができるでしょう
GM/侑哉:ズズーーッ
GM/侑哉:本棚の裏、そこには――――壁があります。
新菜:ほう、しっかり見てみる
新菜:調べるのにロールいる?
GM/侑哉:一見何もないように見えますね
GM/侑哉:目星かな
新菜:おけ、振る 
柊木絵美里:$ 目星 目星
システム:柊木絵美里さんの「目星」ロール(1d100<=50) → 成功 12 (12)
GM/侑哉:えらーーい!
GM/侑哉:調子出てきたのかな
新菜:やっと成功したああああ
GM/侑哉:では、壁に限界まで近づいて壁を斜めから見てみると、白い壁に白い字で何か書かれているのに気が付くでしょう。
GM/侑哉:『衝撃にそなえてね』
GM/侑哉:この文章を見た瞬間、二人の足元の感覚が消えた。
新菜:ドウヤッテ
新菜:えっ
GM/侑哉:下を見ると、あなた達の立っていたその部屋の床がパッカリと大きく開いている。
GM/侑哉:その先に在るのは真っ暗な闇。三度、二人は落ちていく。
GM/侑哉:幸運をどうぞ
システム:綺田 天瀬さんのロール(1D100<=55) → 成功 53 (53)
新菜:かばちゃんのラッキースケベじゃなくてエミリ!?
侑哉:二人共な!
新菜:やります
システム:柊木絵美里さんの「幸運」ロール(1d100<=50) → 成功 23 (23)
侑哉:ラッキースケベ判定もします
新菜:ヤッタネ!
システム:綺田 天瀬さんの「ラッキー起きるか」ロール(1d100<=55) → 失敗 79 (79)
侑哉:鉄の意志かよ
新菜:かばちゃんガード固い
GM/侑哉:べしょっと落ちるが、やっぱりその衝撃はそこまでではない。
GM/侑哉:白い部屋の、壁際に落ちた二人。
GM/侑哉:部屋の中央には丸い鳥籠と、それを囲むように三つの椅子。
GM/侑哉:椅子にはそれぞれ違う色の案山子が突き刺さっている。
GM/侑哉:エミリちゃんの足元には1枚のメモと、全長1mはありそうな両刃の剣が転がっている。
GM/侑哉:二人の正面には扉が見える。
GM/侑哉:以上
柊木絵美里:「えっなに…?剣!?」
綺田 天瀬:「ん?あぁ、剣だねぇ」
柊木絵美里:「
柊木絵美里:「こわーい…」
綺田 天瀬:「そうだねぇ、それになんだか不思議な場所だよねぇ」
柊木絵美里:「どうしてそんなに冷静なの…?」
GM/侑哉:ちなみに、剣はゲームに出てきそうな大きな剣です。めっちゃかっこいい(語彙力)
新菜:昴のテンション上がるやつだ
綺田 天瀬:「ん~?…そう見える~?」
侑哉:昴くん少年かなかわいいな
柊木絵美里:「うん…。あっくんいつも冷静だもん」しょんぼり
新菜:オタクだしまだ若いしね昴
綺田 天瀬:「まあ、おじさんが慌てたりしててもみっともないでしょ~?」にっこり
侑哉:昴くんかわいいな??
柊木絵美里:(??・з・?)
侑哉:かわいい
新菜:かわいいのかな!?
新菜:拗ねてる
侑哉:柊木双子が可愛くて楽しい嬉しい大好き
新菜:とりあえず剣って他に情報ある?
新菜:ありがと?かばちゃんもかわいいよ?
GM/侑哉:剣ね~切れ味はものすごく良さそう。
侑哉:かばちゃんが…かわいい…???
新菜:他はないか~
柊木絵美里:じゃあ鳥籠を見るかな、なんとなく
GM/侑哉:一応持ち上げたりもできるけど、見るだけならそれくらいかな~
GM/侑哉:足元にはメモもあるけどよい?
新菜:え、ロールしたら情報ある?
GM/侑哉:どっちの情報?
新菜:剣
GM/侑哉:あるね
新菜:やる~目星かな?
GM/侑哉:あぁ、ロールってダイスか。RPで剣に対してなにかするなら~ってかんじかな
新菜:んーじゃあそうだな
柊木絵美里:恐る恐る剣取って見てみるよ
GM/侑哉:おけ、持ち上げてみると見た目の割にそこまで重さは感じない。軽々持ち上げられるね。
新菜:ふむ
新菜:しっかりと観察してみる
GM/侑哉:見た目は重厚感のある、しっかりとした作りの剣だね。切れ味が良さそうで触ったりしたら怪我しそうだな~とも思うだろうね
GM/侑哉:本物の剣だなぁ…みたいな(語彙力)
新菜:んーこれ以上わかることなさそうだな
GM/侑哉:そだねぇ
新菜:剣にビビってるしメモ見るかな
GM/侑哉:おけ
GM/侑哉:足元のメモを手に取って見る。
GM/侑哉:『うそつきは誰でしょう。分かったらその剣でざっくりと。 チャンスは一度だけ』
GM/侑哉:と書かれているよ
柊木絵美里:「やだぁ!」メモ落とすよ
綺田 天瀬:「絵美里?…どうした?」
柊木絵美里:「メモに…嘘つきをザックリって…」
柊木絵美里:震えてるよ
綺田 天瀬:「へぇ?なんだろうねぇ、謎かけかねぇ?」
柊木絵美里:「やだなあ…」目をそらして鳥籠見るよ
GM/侑哉:スタンドで吊るされている鳥籠だね
新菜:中にはなにもない?
GM/侑哉:詳しく調べるなら近付いてみるとかすれば色々見れるかな~
柊木絵美里:剣とりあえず置いてそそくさと鳥籠に近づく
GM/侑哉:おけ
GM/侑哉:中には1匹の鳥がぐったりと横たわっていて、羽が鳥籠の中に無残に散っているね。
GM/侑哉:どうやら息をしていないようだね。
新菜:SANc?(わくわく)
GM/侑哉:残念ながら鳥かごは開けることは出来ないし、隙間からかろうじて指は通るけど鳥には届きそうにない。
GM/侑哉:そうだねぇ、エミリちゃんの感じだと結構怖がってるしSANcしとこっか←
新菜:ラッキー!やるわ
GM/侑哉:鳥さんぐったりしてるのショックだよね、SANc1/1d3で
システム:柊木絵美里さんの「SANc」ロール(1d100<=50) → 成功 27 (27)
新菜:成功してるのかい
GM/侑哉:成功なので-1で
新菜:おけ
新菜:他に調べることあるかな鳥籠と鳥 
GM/侑哉:鳥かごの中には他に、水差しと餌箱、止まり木があるよ。
新菜:ふむ…しっかりかばちゃんの腕掴んで見てみるよ
GM/侑哉:ふむ、どれを見る?
柊木絵美里:「鳥、死んじゃってる…。かわいそう」
新菜:水差しかな
綺田 天瀬:「そうだねぇ。羽が散ってる…ってことは暴れでもしたのかねぇ」
柊木絵美里:「無理やり殺されたってこと…?」
GM/侑哉:水差しの中の水は、鳥が暴れたからか多少零れてはいるもののまだまだ入っている
綺田 天瀬:「そうかもしれないねぇ?」
新菜:取ってみたり出来る?
柊木絵美里:かばちゃんの胸にぽすんって寄りかかる
GM/侑哉:隙間がだいぶ狭いから鳥かごの中の物を動かしたりはむずかしいかな
新菜:なるほどな
綺田 天瀬:「そんなに寄っかかられるとおじさん照れちゃうでしょ~?」
柊木絵美里:「ひど~い…。女の子が怖がってるのに…」
綺田 天瀬:「うんうん、怖いねぇ」
柊木絵美里:「うう~…」餌箱見るよ
GM/侑哉:餌箱には餌が入ってるよ。普通の餌に見えるし、変な臭いもしない。
新菜:他になにもなければ止まり木見るかな
GM/侑哉:おけ
GM/侑哉:止まり木は枝を籠の上部から紐で吊るタイプのもので、今もちゃんとぶら下がっていると分かる。
新菜:うーん、他になにもなければ椅子見るかな…
GM/侑哉:一応目星が振れるかな
GM/侑哉:鳥かごの中に
新菜:おけ
システム:柊木絵美里さんの「鳥籠に目星」ロール(1d100<=50) → 失敗 92 (92)
GM/侑哉:おっふ
新菜:出目高いwwww
新菜:相当キテる
新菜:かばちゃん…(ちらっ
GM/侑哉:まあもし調べたかったら他を調べた後に振ってもいいヨ
GM/侑哉:wwロールどうぞ←
新菜:エミリの様子じゃ見そうにないしロールするわ
GM/侑哉:おけ
柊木絵美里:あっくん、この鳥籠でなにがあったんだろ…。一羽しかいないし喧嘩ってわけでもなさそうだし」
柊木絵美里:調べてほしそうに上目づかいとかする
綺田 天瀬:「そうだねぇ、一羽しかいなくて暴れて死んでるんだもんねぇ。変だよねぇ」
綺田 天瀬:おじさん上目遣いとかされたら調べちゃうぅ!
システム:綺田 天瀬さんのロール(1D100<=60) → 失敗 73 (73)
綺田 天瀬:成功するとは言ってない(震え声)
新菜:情報取れないつらさ
GM/侑哉:他調べた後また来てもイイヨ
新菜:調べそうにないけどとりあえず椅子見る…(つらい)
GM/侑哉:椅子には案山子がぶっ刺さってるよ
新菜:怖いね、カカシ見るよ
GM/侑哉:怖いよね。布にマジックで顔のパーツがかかれただけのよくある案山子。それぞれ色が違って、赤、青、緑とある。
新菜:もっと見るなら目星とか?
GM/侑哉:うーん、調べるなら近付いて見てもらえるだけでいいかな
新菜:怖いだろうけどね~; 
GM/侑哉:まあそうだよね~~~
柊木絵美里:恐る恐る近づいてカカシ見るよ
新菜:エミリ案外怖がり
GM/侑哉:案山子どの色がいい?
新菜:とりあえず赤
侑哉:怖がりかわいいね
GM/侑哉:おけ
GM/侑哉:では、赤色の案山子に近付くと
GM/侑哉:なんと案山子が喋りだします。怖いね。
新菜:SANcかな?
GM/侑哉:突然喋りだした案山子にびっくりすることでしょう。SANc 0/1d2です。
GM/侑哉:SANcだよ?
システム:柊木絵美里さんの「SANc」ロール(1d100<=49) → 成功 29 (29)
GM/侑哉:成功するね~~~???
新菜:そこは成功するんかい
綺田 天瀬:「喋る案山子なんて珍しいねぇ~」
柊木絵美里:「う…」
綺田 天瀬:「う?」
新菜:聞き耳とかいける?カカシに
GM/侑哉:わりと普通に喋ってるの聞こえるから大丈夫かな
GM/侑哉:では
柊木絵美里:「せっかくあっくんとデートだったのに無理…
案山子(赤):「私がここに来た時にはもう死んでたの! 餌をやろうとしたのよ!嘘じゃないわ!」
柊木絵美里:「!?」
GM/侑哉:と、案山子が言い終えるとそのまま黙ってしまいますね
柊木絵美里:ギョッとして青をしっかり見るよ
柊木絵美里:ついね、反射的にね
GM/侑哉:じゃあ反射的に体が青の方に向いちゃうだろうね。一歩青の案山子に近付くと、またもや喋り出す。
案山子(青):「俺が鳥の様子を見にきたら赤いやつがいた。檻に手をかけてたんだ。赤いやつが鳥に何かしたんだろう」
GM/侑哉:そう言い終えると、またシン…と黙ってしまうね
柊木絵美里:「ひっ」
柊木絵美里:反射的に緑を見てみるよ
案山子(緑):「昨日の夜、この鳥は確かに元気に鳴いていたよ。寝る前に水を変えた時は、普通に餌をついばんでいたんだ」
GM/侑哉:それだけいうと、緑色の案山子も黙ってしまうね。
柊木絵美里:そのまま反射的にね、鳥籠に目星
GM/侑哉:おけ、どうぞ
システム:柊木絵美里さんの「鳥籠に目星」ロール(1d100<=50) → 成功 17 (17)
新菜:キターーーー!!!!
GM/侑哉:キタコレ
新菜:ついでにカカシSANcなくていい!?←
GM/侑哉:案山子は初回SANcだけかな~
GM/侑哉:喋るって分かって多分見てるだろうし
新菜:なるほどな
GM/侑哉:では、鳥かごをしっかり見ると、鳥が暴れた形跡がしっかりと分かるね。
新菜:じゃあ目星情報よろデス
新菜:ふむ
GM/侑哉:暴れて散った羽と一緒に、餌もけっこう散乱しているよ。
GM/侑哉:って感じです
柊木絵美里:「これ…順当に考えたら…緑がやったのかな…。鳥さん…」
綺田 天瀬:「ふむ、どうだろうねぇ?」
柊木絵美里:「やだやだ!なんなの…!!!」扉に逃げようとするよ
柊木絵美里:「こんなのやだぁっ!!案山子喋るし…鳥さん死んじゃってるし…!!」
柊木絵美里:あっくん?が止めなきゃ扉開けるかな
GM/侑哉:扉は木製の平凡な扉だね。貼り紙はない代わりに『出口』と彫られた金色のプレートが嵌ってるよ。
柊木絵美里:止めないなら開けry
侑哉:んん~どうかなぁ…ちと待ってね
新菜:おけ
綺田 天瀬:「絵美里、さっきのメモの…放っといていいの?」と声はかけるよ
柊木絵美里:「あたし剣なんて使いたくないよぉ…」止まって泣いちゃう
綺田 天瀬:「でも、ここにはうそつきがいて、それを刺さないといけないってあったろ?」
新菜:エミリがなんか今までで一番一般人っぽくて楽しい…笑
侑哉:www確かに…wかわいい
柊木絵美里:「どうして刺さなきゃいけないの?それ、あたし達じゃないといけないの…!?」
新菜:割りとみんなこういう反応してくれないからね…笑 楽しい
綺田 天瀬:「でも、ここにはオレ達しかいないでしょ?」
柊木絵美里:「部屋の持ち主だっているかもしれないじゃん!」
柊木絵美里:「あたし達は関係ないでしょ?こういうの…それこそ出てから警察とかに連絡した方がいいんじゃないの?」
綺田 天瀬:「部屋の持ち主がいて、やってくれるならもっと早く出てくるもんじゃない?」
綺田 天瀬:「警察…そうだねぇ。まあ、それでもいいんじゃないかなぁ」
侑哉:エミリちゃん本当にいい反応だな~~かわいいな~~~
柊木絵美里:「あっくんは、どう思う?元警察として、どう、思うの…っ?」
新菜:なんか本当楽しい…笑 あっくん?が冷静なのがまた楽しい…笑
綺田 天瀬:「オレ?そうだなぁ…動物に関してはあんまり担当してなかったし、よく分からんなぁ」
柊木絵美里:「それじゃあ、元警察じゃなくてあっくんの意見は?どうなの?」
柊木絵美里:「あたし!嘘つきを見抜く自信なんてないよ…!もし間違ってたらって思うと…怖い……っ」
綺田 天瀬:「ふむ…折角謎かけみたいなのがあるんだし、解いた方がいいんじゃないかなぁ?って感じかねぇ」
侑哉:エミリちゃんかわいいなぁ
柊木絵美里:「これ……謎かけがあっても現実なんだよ…?解くって言ったって…」
綺田 天瀬:「そういうこと…まあ、なんとかなるんじゃない~?」
新菜:エミリに対して本当かばちゃん冷静だなぁ…笑
侑哉:ww
柊木絵美里:「なんとか…なんとかなるの…?ただここを出るだけじゃ、ダメなの…?」
柊木絵美里:そろそろ泣きそう
新菜:落ち着いて~とか言わないのもかばちゃんらしくて…ww
綺田 天瀬:「なんとかなるように出来てるものだからねぇ。まあ、出たいなら出てもいいんじゃないかなぁ?」
新菜:どうしよう出たらロストしそう()
GM/侑哉:シナリオ上ロストはないよ大丈夫
新菜:wwwまぁロストしてもそれはそれで醍醐味だからいいんだけどね!出るかな~…
柊木絵美里:「じゃ、じゃあ出ようよ…。ね?一緒に出よう?出てもなんとかなるよ…」
柊木絵美里:かばちゃんの両手をエミリの両手でギュってしたい
綺田 天瀬:「一緒に?…まあ、そうだねぇ。じゃあ、出ようか」
新菜:まぁあとはかばちゃんが自分で刺すって言わない限りはエミリ、この意見通すかな
侑哉:両手ぎゅってしてくれるの??かわいいね??
柊木絵美里:「……え?一人でここに残る気なの…?」
新菜:ギュってするよギュって
綺田 天瀬:「いーや?一緒に出るんでしょ?」
侑哉:かわいい
柊木絵美里:「うん、うん……」
柊木絵美里:「ありがとう、あっくん…」
新菜:かばちゃん優しいな
綺田 天瀬:「ほら、出るならさっさと出ちゃお」
侑哉:優…しい…?
柊木絵美里:「うん、出る…。出るよ……」手を繋いでおきたい
新菜:受け入れてくれてる感じする
綺田 天瀬:「ん、じゃあ出よ~」手、繋ぐなら多分拒まないよ
柊木絵美里:「出る……。あとでちゃんと警察とかに連絡しようね…」手を繋いで出て行くよ
侑哉:かばちゃんはともかく、エミリちゃんがひたすらに可愛いわぁ
GM/侑哉:特に他にしたいこととかなければそのまま進めまする
新菜:かばちゃんにも包容力感じるけどね???
新菜:特にないかな~PL的には緑刺したいけどエミリはしないだろうし…()
GM/侑哉:おっけおっけ
GM/侑哉:では進めます
新菜:あい
GM/侑哉:扉には鍵もかかっておらず、すんなりと開くことができるでしょう。
GM/侑哉:二人が扉を開くと、中からは眩い光が溢れてきます。
GM/侑哉:その強い光が、あなたの視界を奪うでしょう。
GM/侑哉:そして聞こえたのは、綺田の笑う声と、こんな言葉。
綺田 天瀬:「あーあ、もう終わっちゃったんだねぇ。まあ、けどいつもと違う視点で見てるのはなかなか面白かったよ」
綺田 天瀬:「また、遊ぼうね。絵美里ちゃん」
GM/侑哉: 
GM/侑哉:ぴりりりり……。
GM/侑哉:あなたは、そんな聞き覚えのある電子音で目を覚ますでしょう。
GM/侑哉:身体を起こすと、あなたは自分の家のベッドの中。
GM/侑哉:枕元に置いたスマートフォンから、着信音が鳴り響いている。
GM/侑哉:着信画面をみれば、綺田からの電話のようだ。
GM/侑哉:あなたがその電話を取れば、少し心配したような、そんな声。
綺田 天瀬:『絵美里?今、どこにいる?』
綺田 天瀬:『なかなか来ないから、どうしたんかと思った。一応待ってるんだけど』
GM/侑哉:その言葉に時計を見ると、針は11時過ぎを指している。
GM/侑哉: 困惑したまま、あなたは綺田の元へと向かうことでしょう。
GM/侑哉: 
GM/侑哉:おめでとうございます、シナリオクリアです!
新菜:わーい!!!
GM/侑哉:お疲れ様~!
 いいね!  0

トピック一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。