【CD&D】シュリール川を越えて

COBRAリプレイ  3
登録日:2018/01/27 03:28最終更新日:2018/01/27 04:07
システム:ルーム「シュリール川を越えて」が作成されました。

カラメイコス大公国西の辺境。隊商の終着地がグイドー砦だ。
その集落の宿屋ライオンズ・デンに様々な噂を聞きつけて冒険者が集まった。

サユーリ・チャン・1世:おばーちゃん達に会えたらいいタコね
リィ:既に1レベルウィッカになってます~
サユーリ・チャン・1世:さゆりちゃんが初対面なのはリィだけか
リィ:そうですねえ。
サユーリ・チャン・1世:「初めましてタコ。メレディが言ってたゴブリンって、リィのことタコか?」
リィ:逆にリィはみんなと初対面だわ~
リィ:「初めまして。おいらはゴブリンのリィ・ウェーバー。多分、噂のゴブリンっておいらのことだ」
サユーリ・チャン・1世:「私サユリチャンよ。もともとタコだったタコね。でも今はハフなんだタコ」
リィ:「へえ、タコだったのかぁ。それはすごいなぁ。どうぞよろしくね~」
ナッシュ:「私はナッシュです~駆け出しの冒険者です」
サユーリ・チャン・1世:「ナッシュとは一緒に冒険したタコね~。これからもよろしくタコ」
リィ:「初めまして。おいらはゴブリンのリィです。ナッシュさん、どうぞよろしく~」
ナッシュ:「さゆりさん~またよろしくです~」
サユーリ・チャン・1世:「背中に羽が生えているのは気にしないでほしいタコ」
ナッシュ:「リィさんもよろしくです」
サユーリ・チャン・1世:(怪しい屋敷で生えたタコ
リィ:「へえ、背中に羽が生えてるんだ……。これはすごいなあ」
サユーリ・チャン・1世:これで飛べるタコよ?ぱたぱた
リィ:「うわぁ。空も飛べるんだ。これは便利そう」
ナッシュ:「ラオさん、初めまして~よろしくです」
ラオ・チェン:「よろしく」
サユーリ・チャン・1世:「凶暴って、どんなのがいるタコかね?コワイタコね~」
ナッシュ:「怖いですね~」
リィ:「怖いねえ~」
サユーリ・チャン・1世:じゃ、そこでむぐむぐご飯食べながら噂を聞いてよう
サユーリ・チャン・1世:払うタコ。
サユーリ・チャン・1世:ちゃりーん。銀のおはじき1枚!
リィ:じゃあ、おいらもご飯食べよう
ナッシュ:はらいます~
ラオ・チェン:(ぱくぱくもぐもぐごくごく)
リィ:「ぐびぐび。ビール美味ーい!」(飲み食いに興じるゴブリン)
サユーリ・チャン・1世:「…お酒は……飲んだら、怒るタコか、ラオ?」ちらり
ラオ・チェン:「いいんじゃないかな?」
サユーリ・チャン・1世:「じゃ、飲むタコね~。今日は酔っぱらわないように気を付けるタコ~」
リィ:「今夜は無礼講だ~」(ぐびぐび)
ラオ・チェン:法年齢ってあるのかな?
ラオ・チェン:ですよねー
サユーリ・チャン・1世:といいながら、ジョッキを持って漁師のおじさんのところへ行ってお話聞きましょう。
サユーリ・チャン・1世:「おちゃ~ん。なんか面白い話して欲しいタコ~」ビールおごり。
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D8) → 5 (5)
サユーリ・チャン・1世:「お宝タコか~。爺さん、知ってるタコか_」
ラオ・チェン:じいさん?
ナッシュ:「じいさんって?」
リィ:「ふーん。長老かあ」
ナッシュ:「長老ですか~どこに居ますか?」
サユーリ・チャン・1世:なるほど
ナッシュ:「おー親切!!」
サユーリ・チャン・1世:「じいちゃん、お話聞きたいタコね~」
ナッシュ:なるなる~
ラオ・チェン:エールじゃなくてビール
リィ:ふむふむ
サユーリ・チャン・1世:じいちゃんにもビールを!
サユーリ・チャン・1世:お宝ざくざくタコか?
サユーリ・チャン・1世:「コワイお化けがいっぱいいるタコ?」
ナッシュ:「誰も生きて帰ってこないのは。ちょっと怖い…」
サユーリ・チャン・1世:私は自前の羽根で飛べるしな~
リィ:リィはドラゴン持ってるから、それの乗れば渡れそう
ナッシュ:「うお、ドラゴン!!」
ナッシュ:「いいな~」
リィ:「可愛いでしょ。ポケットドラゴンっていう奴なんだ~」
サユーリ・チャン・1世:「ナッシュぐらいなら、運べるタコか…重いタコか?」
リィ:ドラゴンも隣でめっさ飯食ってそうw
リィ:「1人くらいなら乗せられるのかな…?」
ナッシュ:プレートメイル着てるから、どうでしょうね~」
ナッシュ:「乗り物、お願いします~」
ラオ・チェン:「俺は一応、空飛べるから」
ナッシュ:「何で、みんな空飛べるんだろう…w」
サユーリ・チャン・1世:「ナッシュも、私のご主人に逢えばいいタコね。いつか」
ラオ・チェン:「商売できなくて悪かった」w
ナッシュ:「船って、稼ぐための大事なものだからね~漁師にとって」
サユーリ・チャン・1世:ビールくぴくぴ
サユーリ・チャン・1世:「そんな怖いとこタコ?…私帰って来れるタコか?」
サユーリ・チャン・1世:ちょっと心配タコ
サユーリ・チャン・1世:「何タコ?」
リィ:「危なくなったらすぐに逃げるんだ~」
ラオ・チェン:「どっかの屋敷よりはマシだろ…」
ナッシュ:「これなんでしょう?」
ナッシュ:「おーヒーリングポーション!」
リィ:「ふぇー。ポーションかあ。いいもの貰ったなあ」
サユーリ・チャン・1世:「おじーチャン凄いもの持ってるタコね」
サユーリ・チャン・1世:「ありがたくもらっておくタコね」
ナッシュ:「有り難く、いただきます~」
リィ:「ありがたく使わせてもらいます~」
ラオ・チェン:「あ、どっかで油売ってるところはないかい?」
システム:ラオ・チェンさんの「あるかな?」ロール(1d4) → 2 (2)
システム:ラオ・チェンさんの「あった」ロール(1d6) → 1 (1)
ラオ・チェン:おうふ
ラオ・チェン:では最後の一本かっとこう
サユーリ・チャン・1世:目の数が多いと、吹っ掛けられたのかもねw
ナッシュ:「そうなのかも~」
サユーリ・チャン・1世:「大きい街じゃないとそう言うのも大変なのタコね」


ナッシュ:黄色の線は道なのですか?
サユーリ・チャン・1世:道っぽいですね
サユーリ・チャン・1世:薄い緑が平地で、濃いのが森かな。黒とかグレーは荒れ地とか岩場かな
ラオ・チェン:大きい入り江か小さい入り江か
サユーリ・チャン・1世:どっちに行くかね
ナッシュ:どっちがいいかな~
ラオ・チェン:下の方にある白い四角はなんだろう?
リィ:建物かな?
サユーリ・チャン・1世:そうかも
ナッシュ:屋敷なのかな?行かないと分からなのかも
ラオ・チェン:考えてみれば空飛ぶんだから、河とかは関係ないのか。問題は目的地
サユーリ・チャン・1世:そうだね
ナッシュ:そうですね
リィ:そうだね
サユーリ・チャン・1世:何かありそうなところだけ降りればいいんだし。
ラオ・チェン:一日でどこまで進めるんでしょう?
サユーリ・チャン・1世:進める距離とかMAPの大きさで違うからな~
リィ:ポケットドラゴンはそんなに飛べないイメージが
ラオ・チェン:とりあえずは、原っぱの真ん中にある建物(?)に向かいましょうか
サユーリ・チャン・1世:そうだね。
ナッシュ:うんうん
リィ:そうだねえ
サユーリ・チャン・1世:そこに人がいれば何か情報が入りそうだし、
ラオ・チェン:では、狭い方の入り江から、河沿いのルートがいいでしょうか
サユーリ・チャン・1世:じゃ、そうしましょうか。
ラオ・チェン:どっか気になるとこあります?
サユーリ・チャン・1世:こっちかな?
ラオ・チェン:ですです
サユーリ・チャン・1世:ぱたぱた~
ラオ・チェン:ドラゴンの尻尾につかまって楽しよう
サユーリ・チャン・1世:滝?
サユーリ・チャン・1世:綺麗なのか
サユーリ・チャン・1世:「美味しそうなものがあったらいいタコねぇ」
ナッシュ:「そうですねー」
リィ:「そうだねえ」
サユーリ・チャン・1世:きょろきょろ
ラオ・チェン:「上流に行けば川魚とれるかもな」
サユーリ・チャン・1世:お花は咲いているけど、食べられそうなものは見当たらないかw
リィ:「魚の丸焼きは美味いぞ―」
サユーリ・チャン・1世:「あ、お塩とかないタコ><」
ナッシュ:「塩は無いですね~」
サユーリ・チャン・1世:霧で、歩かないと判らないって感じなんですか。
ラオ・チェン:少し低空を飛ぼうか
サユーリ・チャン・1世:「低空飛行タコね」
サユーリ・チャン・1世:ぱーたぱ―た
リィ:「霧の中は視界が悪いからねえ」
サユーリ・チャン・1世:結構動いて平気です?
サユーリ・チャン・1世:「湖タコね~。お魚居るかタコ?」
ラオ・チェン:「休憩しようか」(フラグ)
リィ:「魚食べたいなあ」
ナッシュ:お、そうだ、魔法はLV1のスリープとマジックミサイル。LV2はミラーイメージを憶えてきます
サユーリ・チャン・1世:おお
サユーリ・チャン・1世:お?
サユーリ・チャン・1世:木の実もあるの?
リィ:木の実もあるって!
サユーリ・チャン・1世:見に行こう
ラオ・チェン:「なんだこれ」
サユーリ・チャン・1世:ぱーたぱーた
リィ:キャンプには絶好の場所だね
ナッシュ:見に行きます
サユーリ・チャン・1世:じゃ、今日はここで野宿タコね。
ラオ・チェン:「ここをキャンプ地とする!!」
サユーリ・チャン・1世:www
ナッシュ:「了解~」
リィ:「よーし。じゃあさっそく食べ物を集めよう」
サユーリ・チャン・1世:「いい匂いするタコか?」くんくん木の実の匂いを嗅ぐ
ラオ・チェン:「食えそうか?」
ラオ・チェン:木の実
サユーリ・チャン・1世:「どうだろう?美味しそうな匂いタコよ?」
サユーリ・チャン・1世:「ふむ…でも、今はお魚の気分タコね~!」
リィ:「先に魚を捕まえようか」
サユーリ・チャン・1世:「…チャレンジするタコ?」
ラオ・チェン:バッソしかもってねぇ!
リィ:スピアなら+3のいいのを持ってるよー
ナッシュ:「おおーすごい!」
リィ:じゃあ、やってみよう~
サユーリ・チャン・1世:がんばれ~
ラオ・チェン:+3って粉々になりそうw
システム:リィさんの「魚取れるかな~」ロール(1d20) → 19 (19)
ラオ・チェン:おおお
リィ:やったぁ!
ナッシュ:おお~
サユーリ・チャン・1世:「火を起して焼くタコね」
リィ:「大漁、大漁!」
サユーリ・チャン・1世:薪を調達~あるかな?
サユーリ・チャン・1世:じゃ、集めて帰って来る。
サユーリ・チャン・1世:「見つかったタコ~」
サユーリ・チャン・1世:で、ほくちから火をつけて…と
サユーリ・チャン・1世:「あったかいタコ~♪」
ナッシュ:「ありがとう~ごはんですね!!」
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 9 (3、6)
ラオ・チェン:ダガーでちゃちゃっとさばこう
リィ:「今夜は魚のフルコース」
サユーリ・チャン・1世:もぐもぐ
サユーリ・チャン・1世:「木の実、1つもいで行こうか」
リィ:「じゃあ、おいらも1つもらってこよう~」
ナッシュ:「そうですね~」と言って、私も木の実をもらいます
サユーリ・チャン・1世:大きさどれぐらいです?
サユーリ・チャン・1世:おお、食べでもあるね。
ラオ・チェン:あ、みんな持ってくなら私も一個もいでいこう
ラオ・チェン:対岸のさらに先に、空き地っぽいところがありますね
サユーリ・チャン・1世:空き地っぽいところ行ってみる?
リィ:行ってみようか
ナッシュ:今は、もう夕方?
ナッシュ:なるほどーピクニックですね
サユーリ・チャン・1世:じゃ、空き地調べたあと、ここでキャンプかね
リィ:そうですね
ナッシュ:そうですね
ラオ・チェン:「そうだな」
サユーリ・チャン・1世:「ご飯も食べたし~。お散歩ついでに調べるタコね~」
ナッシュ:ふむふむ「のどかですね~」
ラオ・チェン:「もっと西に向かったところにも湖あるな」
サユーリ・チャン・1世:そっち行く?
ナッシュ:「ありますね~」
サユーリ・チャン・1世:水源を調べておくのは大切タコね。
ラオ・チェン:「空き地を調べた後、むかうか?」
サユーリ・チャン・1世:そうしよう。
リィ:行ってみようか
サユーリ・チャン・1世:「じゃ、まずは空き地を見に行くタコか。湖飛んで横切って」
ナッシュ:「そうしましょうか~とりあえず空き地からかな」
ラオ・チェン:では空き地に
サユーリ・チャン・1世:あ、ぐるっと回るのね
サユーリ・チャン・1世:沼っぽい匂い?
ラオ・チェン:「臭いなぁ」
リィ:沼か。足場わるそう
サユーリ・チャン・1世:「足元泥んこになるの嫌タコ~」
ナッシュ:「沼なのかな?」
ラオ・チェン:「飛びなさい」
サユーリ・チャン・1世:ぱーたぱーた
ラオ・チェン:特に何もないかな?
リィ:そっか。飛んでればいいか
サユーリ・チャン・1世:「何もないタコか?」
ラオ・チェン:もう飛ぶのが当たり前になってきたw
サユーリ・チャン・1世:塚?調べてみるタコ~
ラオ・チェン:「なんかあるぞー」
ナッシュ:「おー」
サユーリ・チャン・1世:結構大きいタコ
リィ:ほうほう
ラオ・チェン:でかいな
ナッシュ:「おおきいですね」
リィ:何だろな?
サユーリ・チャン・1世:アリ!
ラオ・チェン:ジャイアントアント?
リィ:これまたでかいなあ~
サユーリ・チャン・1世:「デカイタコ」
ナッシュ:「アリ塚だったようで」
ラオ・チェン:「そういうことか」
リィ:「何も見なかったことにして帰ろうかw」
サユーリ・チャン・1世:「ありんこ何も持ってなさそうタコよ?」
ラオ・チェン:確かに徒労になりそうです
リィ:「野生の生き物は傷つけない方がいいかも…」
ラオ・チェン:飛んでるし追ってこないでしょう
サユーリ・チャン・1世:この辺りを開拓するなら駆逐する必要はあるだろうけど、そうじゃないならね
リィ:お宝もなさそうだし…
ナッシュ:アリは、どうしています?襲ってる気配は無いみたいですね
サユーリ・チャン・1世:羽根アリはいないのか
リィ:いたらやだなぁ
ラオ・チェン:じゃあ、退却ー
サユーリ・チャン・1世:「ありさんバイバイタコよ」
ラオ・チェン:わかれみち
サユーリ・チャン・1世:行ってみよう
リィ:見てみよう~
ナッシュ:「りょうかい~」
サユーリ・チャン・1世:じゃ、池見に行こう
ラオ・チェン:湖でおk?
ナッシュ:OKです
サユーリ・チャン・1世:こっちのお池も綺麗タコか~?
リィ:魚はいるかな~
サユーリ・チャン・1世:ありゃ
ナッシュ:あらら
リィ:おや、人の気配が…
サユーリ・チャン・1世:「何かすんでるタコ?」
サユーリ・チャン・1世:臭いのか~
ラオ・チェン:「…嫌な予感がするな」
ナッシュ:「いやな予感~
サユーリ・チャン・1世:「見に行くタコ?」
リィ:「誰が住んでいるのやら」
サユーリ・チャン・1世:あー、そう言う匂いなのね
ナッシュ:「見に行ってみますか~」
ラオ・チェン:生皮か
サユーリ・チャン・1世:「何か情報があったらいいタコね」
リィ:「いってみよう」
ナッシュ:「どうでしょうね~」
ラオ・チェン:「とりあえず、警戒していこう」
サユーリ・チャン・1世:たーこたーこぱーたぱーた
サユーリ・チャン・1世:「ホブゴブ居たタコ~」
リィ:「あれ~。お仲間だぁ」
ラオ・チェン:「いきなりやる気だな」
ナッシュ:「いますね~」
ナッシュ:「ううお、戦闘に~」
リィ:「対岸の集落はこいつらのものだったのか」
サユーリ・チャン・1世:「当たったらいーや―ターコー――」
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
ラオ・チェン:「やるかー」
サユーリ・チャン・1世:ラオ振るタコ☆
システム:ラオ・チェンさんの「では」ロール(1d6) → 6 (6)
サユーリ・チャン・1世:おお~
ナッシュ:おー
リィ:おお
サユーリ・チャン・1世:じゃ、正面の9に接近して斬ります
ラオ・チェン:では、魔法とかぶっ放したいひとー
サユーリ・チャン・1世:魔法が先か。
ラオ・チェン:いなけりゃ吶喊します
ナッシュ:はーい、スリープかけてみます
サユーリ・チャン・1世:お願いしまーす
システム:ナッシュさんのロール(2d8) → 6 (3、3)
リィ:寝たかな~
ナッシュ:低い・・・w
サユーリ・チャン・1世:あ、寝たw
ラオ・チェン:おお
リィ:おお
サユーリ・チャン・1世:じゃあ、装備を剥いで縛ろう。
ナッシュ:「良かった」
サユーリ・チャン・1世:あw
リィ:ホブゴブリン語ならリィはわかるかな?
リィ:なんとなく言ってることはわかるな~。
ラオ・チェン:「リィ、交渉するか?」
リィ:「でもおいら、ゴブリンだし魅力高くないよ?」
サユーリ・チャン・1世:「まあ、やってみる価値はあるタコよ」
リィ:「まあ。やれっていうならやるけど」
ナッシュ:「一応、交渉からしてみましょうか?」
ラオ・チェン:じゃぁ倒すか、ろーふるだしw
サユーリ・チャン・1世:www
リィ:んじゃあ、交渉してみますかねえ
リィ:どっちがいいだろ? 誰か意見ある?
ナッシュ:「ボブゴブリンの集落なのかな?」
ナッシュ:「ほかにも居る!!」
ラオ・チェン:くさそう
リィ:スピアーは回収して戦闘になったら使いたいな
サユーリ・チャン・1世:そうね。スピアは回収。投げられるしね。
サユーリ・チャン・1世:じゃ、1本欲しいタコ。
ナッシュ:私は、予備にソード持ってるので、拾いません~
リィ:使える人には1本ずつ渡しておこうか
サユーリ・チャン・1世:かんぬき代わりにしたりも出来るしね。
サユーリ・チャン・1世:じゃ、私、リィ、ラオかな?
サユーリ・チャン・1世:1本ずつ~
リィ:はーい
ナッシュ:はーい、りょうかいです
ラオ・チェン:一応、持っとくかーきちゃない
リィ:じゃあ、近い方から行ってみますか…
ナッシュ:ほい
リィ:ですね
サユーリ・チャン・1世:こそこそ
リィ:「あ、どうもどうもホブゴブリンの旦那。こんにちは~」挨拶から始めよう
リィ:「いや~、私はさすらいのゴブリンでございます。仲間と共に旅をしているんですよ」
リィ:「久しぶりにゴブリンの集落を見つけたので、挨拶に伺った次第ですよ」
リィ:「ひと働き、と申しますと、何か仕事ですか?」
ナッシュ:アルバイト!!
リィ:ほうほう
リィ:「ふぅむ。それで、報酬はいかほどで?」
サユーリ・チャン・1世:ありゃ、それは大変
ナッシュ:兵隊さんだったのですね
ラオ・チェン:野営地だったのか
サユーリ・チャン・1世:砦落とされたら大変タコね~
リィ:「うーん……そうですなあ。おいらの一存では何とも言えないんで、仲間と相談してからでいいすか?」
リィ:「まあ、とりあえず善処しますですよ。では」
ラオ・チェン:受けるふりして情報聞き出して、砦に行ってみるか
サユーリ・チャン・1世:グイドー砦って、私たちがお酒飲んだりしてた事ろ?
ナッシュ:砦襲撃はいくら何でも、出来ませんね
リィ:とりあえずみんなのところに一度もどるでいいかな
リィ:では事情を説明して、と
リィ:「砦の襲撃をされるのはまずいねえ」
ナッシュ:「すごく不味いです…犯罪者になっちゃう」
ラオ・チェン:いつ襲撃とか、仲間の数とかしりたいなぁ
サユーリ・チャン・1世:「ポーションくれたじいちゃんが大変な事になっちゃうタコ」
リィ:「あいつら、ゴブリンのくせにすごく装備もよかったし。これは結構手強そうな相手ですよ」
ラオ・チェン:「…いっそここで潰すか」
サユーリ・チャン・1世:「その方がいいタコね、きっと」
ナッシュ:「砦襲撃ってことは、それなりの数がいそうですね~」
サユーリ・チャン・1世:汚物は消毒だ~
リィ:「それがいいかもですね」
ナッシュ:「ここは、先発隊なのかん~」
サユーリ・チャン・1世:ごそごそと油瓶を取り出す。
ラオ・チェン:火球とかで焼き払った後に強襲
ラオ・チェン:買っててよかった油瓶
リィ:ファイアボール祭りが一番無難かなあ
リィ:じゃあ、一番手強そうな連中だけでも焼いちゃいましょう
ラオ・チェン:やはり情報が必要だ
ナッシュ:「了解~」
サユーリ・チャン・1世:どのテントに一番人数居るかな?
ラオ・チェン:こいつらのリーダーはどこかな?
リィ:じゃ、仕事を引き受けたふりをして、いろいろ見て回りますか
サユーリ・チャン・1世:じゃ、まず捕虜に聞こうか。
ラオ・チェン:そうだねまずは
サユーリ・チャン・1世:「どのテントにどれだけホブゴブリンがいるタコ?」
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 4 (1、3)
リィ:口を割らないか
ナッシュ:「あ、生意気w」
リィ:ゴブリンのくせにw
ラオ・チェン:ローフル的拷問術(嘘
サユーリ・チャン・1世:「えー、魔法で寝たタコに」
サユーリ・チャン・1世:「鼻と耳はいらないタコか?」ダガ―をピタピタ
ナッシュ:「さゆりちゃん怖い・・・」
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 5 (4、1)
サユーリ・チャン・1世:絵的に間抜けだからダメタコか><
ラオ・チェン:やはり、パラディン流異端審問術を
リィ:異端審問術か。興味深い…
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 5 (1、4)
ナッシュ:「おー根性あるなー
ラオ・チェン:新米パラディンではだめかー
リィ:拷問に耐性があるってことは、それなりに訓練を受けてるんでしょうな
リィ:ゴブリンならさっさと吐きだすのが普通なのにw
サユーリ・チャン・1世:結構やばい状況なのかも。
リィ:これは砦のぴーんち!
リィ:やっぱり、おいらが潜入して話を聞くしかないか?
ラオ・チェン:とりあえず受けるふりかな
サユーリ・チャン・1世:こいつら口を割らないから、切り替えるタコね。
リィ:あ、でもその前に、こいつらに違う角度からアプローチする手もあるか
リィ:ゴブリン仲間として、話を聞いてみよう
サユーリ・チャン・1世:リィ頑張れ~
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 4 (1、3)
リィ:ダメか。みんなと話しているところを見られてるからな
ナッシュ:さすが軍人w
ラオ・チェン:仕方ない、こいつらは秩序式火刑法で終了させるか
リィ:まあ、こいつらの処分はお任せしますよ
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 5 (1、4)
リィ:じゃあやっぱり潜入かあ。
リィ:でも1人で行ったら、「仲間はどうした?」って怪しまれるかもなあ
サユーリ・チャン・1世:変装はできなさそうタコねぇ
ラオ・チェン:むりやね
サユーリ・チャン・1世:ただでさえ特徴的な顔だし。さゆりちゃん
ナッシュ:変装道具とか、マントもないしね
リィ:戻ってみますか
リィ:「仲間に話を聞いてみたんだけど、もっと詳しく話を聞いてこいって」
ラオ・チェン:とりあえず日時と軍勢の規模を
ラオ・チェン:集まってからじゃやっかいだね
ラオ・チェン:ヘイストドーピングでなんとかできるかな
リィ:リーダーは小屋にいるらしい
ラオ・チェン:魔法使い居るかなてきがわに
リィ:ファイボールとスリープで何とかなるかな。あとドラゴンブレス
サユーリ・チャン・1世:ホブゴブオンリーか。
サユーリ・チャン・1世:あー、そっちが修道院なんだ
ラオ・チェン:げ
ナッシュ:厄介そう
サユーリ・チャン・1世:クレリックか~
リィ:でも今はここにいないよね。なら何とかなりそう
サユーリ・チャン・1世:取り合えずここのは何とか出来そうだね
ラオ・チェン:とりあえずここ潰そうか
リィ:ファイアボール放っておけば1グループは倒せそう。あとはスリープか
ナッシュ:クレリック呼ばれる前にたおしますか~
ラオ・チェン:ですね
リィ:いざって時にはドラゴンブレスもあるし
ナッシュ:マジックミサイル1発とミラーイメージしか無いです…
サユーリ・チャン・1世:ナッシュはミラーイメージかけとく方がいいね
リィ:おいらもスリープくらいは撃てるけど…
リィ:襲撃する前にビバークします?
ラオ・チェン:一回休むか。始まったら連戦になりそうだし
ナッシュ:「すぐ襲撃した方が良さそうですね~仲間来たら厄介だし
サユーリ・チャン・1世:補充される前に倒しちゃうか。
ラオ・チェン:うーんじゃあ今叩くか
ナッシュ:その方が良いかと
サユーリ・チャン・1世:じゃ、そうしましょう
ラオ・チェン:ではそうしよう
サユーリ・チャン・1世:「行くタコよ~!」
リィ:じゃ、いこう
リィ:人が多いところがいいかなあ
リィ:ファイアボールをどこに撃つか次第ですね
ラオ・チェン:小屋?
サユーリ・チャン・1世:小屋がボスだから手ごわい方を燃やした方がいいかな
リィ:ですねえ
リィ:じゃあ、リィはテントの方にスリープをかけましょう
ナッシュ:ミラーイメージ掛けます~「分身の術!!」
システム:ナッシュさんのロール(1d4) → 1 (1)
サユーリ・チャン・1世:でも、ナッシュ今ミラーイメージとマジックミサイルだけでリィがスリープだから、火球はないんじゃw
ナッシュ:あちゃー
リィ:あれ? そうなの??
リィ:誰かファイアボール使えるのかと思ってたw
ナッシュ:私撃てないよ…
サユーリ・チャン・1世:ないなら、スリープで数減らして殴る。
サユーリ・チャン・1世:ハーフリングは魔法は使えません><
ナッシュ:根底から覆る作戦…w
ラオ・チェン:無いものは仕方ないです
リィ:ですね
サユーリ・チャン・1世:じゃ、行きましょ
ラオ・チェン:力押しでも行けるでしょう、たぶん
サユーリ・チャン・1世:じゃ、そうしましょう
リィ:さて、何人寝るか。ここが重要だ
ラオ・チェン:手ごわそうなので小屋行きます
サユーリ・チャン・1世:リィ頑張れ~
サユーリ・チャン・1世:「私も小屋行くタコ」
サユーリ・チャン・1世:しゃきーん☆
リィ:じゃ、おいらはスリープ唱えてから小屋へ行こう
サユーリ・チャン・1世:リィふって~
ラオ・チェン:まかせたー
ナッシュ:頼んだ―
システム:リィさんの「こうかな」ロール(1d6) → 4 (4)
リィ:あははは……ばれてたか
サユーリ・チャン・1世:はーい
サユーリ・チャン・1世:お願いしまーす
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:リィさんのロール(1d6) → 5 (5)
ラオ・チェン:はい
システム:リィさんの「スリープ~」ロール(2d8) → 4 (1、3)
リィ:ありゃ。不発だ……申し訳ない
サユーリ・チャン・1世:ホブゴブって、人間より大きいですか?
ナッシュ:じゃあ、マジックミサイルを15へ
サユーリ・チャン・1世:じゃ、普通なのね
ラオ・チェン:ボスに行こう
システム:ナッシュさんのロール(1d6+1) → 6 (5)
ラオ・チェン:おお
サユーリ・チャン・1世:マックス
リィ:じゃあ、ポケットドラゴンにブレス吐いてもらおうか。
リィ:毒だったような気が…
ラオ・チェン:えげつない
ナッシュ:ポケットドラゴン、かなり有能…
システム:リィさんの「噛みつき~」ロール(1d20) → 9 (9)
リィ:あら~。主人といっしょで頼りないw
リィ:ま、初陣だから仕方ないね
サユーリ・チャン・1世:ボスどれぐらいの強さかな…1発目はラオと一緒に重ね打ちのが確実か
サユーリ・チャン・1世:じゃ、さゆりちゃんもボスに向かって斬りつけ~
システム:ラオ・チェンさんの「ボスに」ロール(1d20+1) → 4 (3)
ラオ・チェン:ぎゃあ
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D20) → 2 (2)
サユーリ・チャン・1世:おうふ><
サユーリ・チャン・1世:すかっっ
ナッシュ:うう、目がわるい…
サユーリ・チャン・1世:力み過ぎたタコ~
ラオ・チェン:「こいつ、かなりの使い手!」
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 4 (4)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 5 (5)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 9 (3、6)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 14 (4、10)
サユーリ・チャン・1世:わ~、良かったタコ
サユーリ・チャン・1世:切る~!
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D20) → 18 (18)
ラオ・チェン:がきーんがきーん
リィ:ゴブリンの手の内は見きった
サユーリ・チャン・1世:当たったたこ~!
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 1 (1)
サユーリ・チャン・1世:3発タコ><
サユーリ・チャン・1世:+1ショートソードなのにぃ><
システム:ラオ・チェンさんの「つぎいくぜ」ロール(1d20+1) → 11 (10)
ラオ・チェン:あたり
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6+3) → 4 (1)
ラオ・チェン:おうふ
ナッシュ:私もホブゴブリン16に斬りつけます
システム:ナッシュさんのロール(1d20+3) → 10 (7)
ナッシュ:はずれ?
ナッシュ:ざんねん~
リィ:スピアー+3でホブゴブリン18を狙うぞ~
システム:リィさんの「スピアー」ロール(1d20+3) → 11 (8)
リィ:やった
システム:リィさんの「ダメージ」ロール(1d6+3) → 4 (1)
ラオ・チェン:「いい武器持ってるなぁ」
ナッシュ:ほぇ~
リィ:で、続いてドラゴンが噛むと
システム:リィさんの「噛むぞw」ロール(1d20) → 16 (16)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 9 (9)
システム:リィさんの「毒」ロール(1d3) → 2 (2)
ナッシュ:毒は嫌ですね~
サユーリ・チャン・1世:えげつな~
リィ:ドラゴンはやっぱりすごいなあ
サユーリ・チャン・1世:「嫌な攻撃タコねぇ。敵にしたくないタコ」
リィ:16かな
リィ:19は倒れてるし
ナッシュ:「ありがとう!!」
リィ:「どういたしまして」
ラオ・チェン:さすがどらごん
システム:ナッシュさんのロール(1d20+3) → 18 (15)
システム:ナッシュさんのロール(1d8+3) → 9 (6)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 23 (12、11)
サユーリ・チャン・1世:は~い
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 7 (3、4)
ナッシュ:「やった!!」
サユーリ・チャン・1世:では攻撃タコ
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20+1) → 8 (7)
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d20+2) → 18 (16)
ラオ・チェン:あたりかな
サユーリ・チャン・1世:あたった~
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6+3) → 8 (5)
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d6+2) → 7 (5)
ナッシュ:「ラオさん、強い!」
ラオ・チェン:いい武器ほしいなぁ
サユーリ・チャン・1世:じゃ、13に
サユーリ・チャン・1世:7ダメ
リィ:小屋へ移動するぞ~
リィ:んで、スピアーノーマルで攻撃
リィ:17を狙おうか
リィ:奥行けるなら、奥を狙おうか
ナッシュ:移動して、17を攻撃します
システム:ナッシュさんのロール(1d20+3) → 17 (14)
サユーリ・チャン・1世:当たりだね
ナッシュ:アタリなはず
システム:ナッシュさんのロール(1D8+3) → 8 (5)
ナッシュ:8ダメ
システム:リィさんの「スピアー投擲」ロール(1d20) → 15 (15)
システム:リィさんの「ダメージ」ロール(1d6) → 4 (4)
リィ:終了~
サユーリ・チャン・1世:「結構強かったタコ」
サユーリ・チャン・1世:身ぐるみ剥ぐ~
リィ:何かいいもの見つかるかな~
ラオ・チェン:「ボスは何か持ってないかな」
サユーリ・チャン・1世:ノーマルソードは持てないタコ
ラオ・チェン:指令書的なモノはないかー
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6) → 4 (4)
サユーリ・チャン・1世:欲し肉も回収しておくタコ。
ラオ・チェン:おなか壊しそう
リィ:おいらは平気かな。ゴブリンだしw
サユーリ・チャン・1世:干し肉は、お魚とか釣る時様に…
ラオ・チェン:ただの剣…だよねぇ…
ナッシュ:剣はラオさんに~
サユーリ・チャン・1世:いい剣タコ?
ラオ・チェン:ゑ?
リィ:ほうほう
サユーリ・チャン・1世:あ、ディテクトマジック~~
サユーリ・チャン・1世:ありゃ
ナッシュ:木の実が光ってる??
サユーリ・チャン・1世:木の実も光っているタコ
サユーリ・チャン・1世:魔法の木の実だったタコ?
リィ:この木のみ、魔法の木の実だったんだ…
ラオ・チェン:おう?とりあえず剣を取ります
ラオ・チェン:ダメージはいかほどです?
ラオ・チェン:「みんな、これください」
サユーリ・チャン・1世:どうぞタコ
ナッシュ:「いいよ~」
ラオ・チェン:ひゃっほう♪
リィ:どうぞ~
サユーリ・チャン・1世:そこそこの軍勢なのかも
ナッシュ:結構、羽振りの良い軍隊だな~
サユーリ・チャン・1世:そう言う事にしてください
ラオ・チェン:処刑
サユーリ・チャン・1世:アジトに掛け込まれても困る


サユーリ・チャン・1世:コテージ…行ってみようか
ラオ・チェン:いってみよう
ナッシュ:コテージ…行ってみましょう
リィ:いこういこう
サユーリ・チャン・1世:ぱーたぱーた
サユーリ・チャン・1世:「お邪魔するタコよ~。誰かいませんかタコ?」
リィ:「お、人がいた」
サユーリ・チャン・1世:「誰かいたタコ」
システム:キャラクターリストにロザベラが追加されました。
システム:キャラクターリストにロサリンダが追加されました。
ナッシュ:どんな感じの人ですか?
サユーリ・チャン・1世:おばーちゃん?
ナッシュ:おばあちゃんだった…
サユーリ・チャン・1世:「こんにちはタコ、私サユリチャンタコ。お菓子食べたいタコ!」
サユーリ・チャン・1世:ついていくタコね!
サユーリ・チャン・1世:とててて
リィ:「こんにちは。おいらはゴブリンのリィ。よろしく~」
リィ:お菓子の誘惑には勝てないのでついてくw
ナッシュ:「こんにちは~」
ラオ・チェン:「ラオと申します」
サユーリ・チャン・1世:お菓子につられていく~w
サユーリ・チャン・1世:「御馳走になるタコ、頂きますタコ」
リィ:「いただきまーす」
サユーリ・チャン・1世:「!?なんか変タコ?」
ナッシュ:「お茶と茶菓子を貰いながら、自己紹介~エルフのナッシュです」
ラオ・チェン:「こいつは…」
サユーリ・チャン・1世:「凄い広いタコね、不思議タコ」
リィ:「凄い広い屋敷だった!」
ナッシュ:「見た目より、広い??」
サユーリ・チャン・1世:きらきらタコ~@@
リィ:「アンバー館みたいだ」
リィ:「不思議で溢れてる」
サユーリ・チャン・1世:「お外小さかったタコ?夢タコ?」
サユーリ・チャン・1世:ぱちくり
ラオ・チェン:「随分と立派ですね」
リィ:「魔法の家だね!」
ナッシュ:おばあさんに「さっきお客さんって言ったけど、何かの商売を開いてるのですか?」と聞きます
サユーリ・チャン・1世:ぱくぱくもぐもぐ
リィ:クッキーうまうま
ラオ・チェン:ほうほう
サユーリ・チャン・1世:「魔法の指輪も売っているタコか?」
ナッシュ:「ほうほう」
ラオ・チェン:(ぱくぱくもぐもぐごくごく)
リィ:「おお! 呪文書売ってるんだ。いいなあ~」
サユーリ・チャン・1世:あー、不用品買い取りもするタコね
ナッシュ:「すごく興味があるので、商品を見せてくださいな~」
リィ:マジックミサイルとかウェブとかミラーイメージとか、欲しい巻物はいっぱいあるんだよね
リィ:5000払って全部買おうか。
ラオ・チェン:戦士系でも役に立つものはないかな?
ナッシュ:(ボルタック商店…)
リィ:いやー、実は冒険を始めたら結構稼ぎがよくなってw
サユーリ・チャン・1世:「タコに役に立つものも欲しいタコ」
リィ:やったね。これで魔法で攻撃もできるよ!
サユーリ・チャン・1世:何のリングがあるタコ?
ナッシュ:リング!見せてください!!
リィ:みたいな~
ラオ・チェン:どんなのあります?
ラオ・チェン:かった
サユーリ・チャン・1世:プロテクションリング+1か~1万ね
リィ:へえ。それ欲しいかも
ナッシュ:ううお!さすがに高価…
リィ:買えない額じゃないことが怖いw
サユーリ・チャン・1世:買っていいタコ?欲しいタコ、
リィ:おいらも欲しい!
ラオ・チェン:はい、支払いましたー
サユーリ・チャン・1世:ノシ お!じゃ、1万払う~
サユーリ・チャン・1世:1万の宝石をごろり
リィ:合計15000払えばいいかな
リィ:巻物と合わせて
ナッシュ:11400gpしかないから買えないな~
ナッシュ:じゃあ、さゆりちゃんとリィさんに~
サユーリ・チャン・1世:そっちはお金が足りないから無理タコね
サユーリ・チャン・1世:お薬は売ってないタコか?
ラオ・チェン:…入場税1gpで泡吹いてた男が、1万即決するぐらいになったよ。故郷のママン
ナッシュ:みんな、お金持ってるな~
リィ:まあ、それなりに冒険したからねえ…
サユーリ・チャン・1世:ヒーリングポーション2本買っておくタコ。
ナッシュ:あ、ヒーリングポーションくださいな~
サユーリ・チャン・1世:1000の宝石2つ~
ナッシュ:じゃあ、ヒーリングポーション3本買って置きます
リィ:おお、太っ腹~
ナッシュ:HPすくないから、回復の手段用意しておかないと…
サユーリ・チャン・1世:「ラオに掛けて良かったタコね」
ラオ・チェン:「くるしゅうないぞ。さゆりくん」
サユーリ・チャン・1世:「WWW」
サユーリ・チャン・1世:「タコ生色々あるタコねぇ」
ナッシュ:ヒーリングポーションの回復量は、いくらですか?
リィ:クレリックレベル1の呪文といっしょか
ナッシュ:了解です
リィ:オグルの首?
サユーリ・チャン・1世:「オグル…オーガタコね」
ラオ・チェン:オーガ
リィ:ああ、オーガかあ
サユーリ・チャン・1世:ちょっと複雑なかお
ナッシュ:「私は、良いけど他の人はどうかな?」
リィ:あれ。それさっき買った奴だ!w
リィ:支払ちゃら? それならやるw
ナッシュ:オーガ、ひょっとして、物凄く強い?
リィ:ああ、そういえばそんなこともあったな(遠い目)
サユーリ・チャン・1世:…懐かしいねぇ
サユーリ・チャン・1世:ファミリーなのか
ラオ・チェン:一家
ナッシュ:ひと家族なんだw
リィ:マフィアみたいだw
ナッシュ:じゃあ、引き受けますか~
ナッシュ:「木の実は何の効果が、あるのですか?」
サユーリ・チャン・1世:「これ、回復するタコ?」木の実を指して
リィ:え? この木の実ってそんな効果があるの?
リィ:おお。すげえ!w
ナッシュ:おーすごい!
リィ:いいもの手に入れてたね
ラオ・チェン:「しばらく砦も大丈夫だろうし、受けてもいいんじゃないかな」
ナッシュ:1個もってます~
サユーリ・チャン・1世:ヒーリングポーションで育てたのか~
リィ:へえ、ヒーリングポーションで木を育てると木の実がああなるのか。メモしておこう
サユーリ・チャン・1世:すごーいタコ!
リィ:今度マークに教えてやろうw
ナッシュ:めったやたらと、生えてるモノじゃないのですね~
サユーリ・チャン・1世:すごく珍しいタコね。
ラオ・チェン:特産品とかにはならないねw
ナッシュ:至れり尽くせりですね
サユーリ・チャン・1世:あ~
ナッシュ:あららw
ラオ・チェン:観光資源
リィ:賞味期限があるのか
ラオ・チェン:「じゃあこれも食わないとな」
サユーリ・チャン・1世:じゃ、退治に行って使うか。
リィ:「腐る前に食べちゃおう」
ラオ・チェン:夜のデザートで食べようか
サユーリ・チャン・1世:ジャムとかにしても効果薄くなるか、無くなっちゃうかなんだろうな。こういうのって
ナッシュ:ジャムにしたら無理でしょうね~
サユーリ・チャン・1世:あややw
サユーリ・チャン・1世:ごうつくばーちゃんなのか~w
リィ:この木の実を加工する研究したらいいかもねえ
サユーリ・チャン・1世:そうしましょ
リィ:回復力を落とさず長持ちできるようにしたら、金になりそう
サユーリ・チャン・1世:では、出発だね、
ナッシュ:了解~
リィ:行こう
ラオ・チェン:ではしゅっぱつ


サユーリ・チャン・1世:ここかな?オーガが手入れしているのかな?
サユーリ・チャン・1世:きょろきょろ「あれが入り口タコね。
ナッシュ:多分~
ラオ・チェン:オーガ、夜行性?
リィ:「洞窟かあ。厄介だな」
ナッシュ:「うんうん
サユーリ・チャン・1世:こっそり近づいて入ろうか
ナッシュ:そうしますか~
サユーリ・チャン・1世:鍵がかかってなきゃだけど
サユーリ・チャン・1世:こそこそ
ラオ・チェン:こそーり
サユーリ・チャン・1世:まず聞き耳
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 6 (6)
サユーリ・チャン・1世:判んないタコね。
システム:ラオ・チェンさんの「ききみみ」ロール(1d6) → 2 (2)
ナッシュ:うーむ
ラオ・チェン:おしい
ナッシュ:私も聞き耳~
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 1 (1)
サユーリ・チャン・1世:お
リィ:お
ラオ・チェン:やた
ナッシュ:わかった!!
サユーリ・チャン・1世:何の音だ~
リィ:オーガが立てる物音かな
ラオ・チェン:家族団欒してますな
サユーリ・チャン・1世:キャッキャッて喜んでるけど
ナッシュ:「かくかくしかじか」と状況を説明
ナッシュ:これ、本当の家族で一家団欒してるのでは…
ラオ・チェン:このあと、この平和な一家に悲劇が!
リィ:悲劇をもたらすのはおいらたちなのだがw
サユーリ・チャン・1世:www
サユーリ・チャン・1世:不意打ち掛けますか
サユーリ・チャン・1世:シャキーン☆剣を抜くタコよ
ラオ・チェン:では強盗〇人しますか
リィ:スピアを構えよう
ナッシュ:あばあさんは、倒してきてくれって言ったんですよね~
サユーリ・チャン・1世:では不意打ち~。振るね~
リィ:首を持って帰らないとね
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 5 (5)
サユーリ・チャン・1世:失敗
ラオ・チェン:剣を抜こう
サユーリ・チャン・1世:普通にイニシアチブだ
ナッシュ:戦闘準備
サユーリ・チャン・1世:ばーん!
サユーリ・チャン・1世:って、開かないタコ
ナッシュ:およよ
サユーリ・チャン・1世:この時点で無理だったタコ
リィ:www
ラオ・チェン:思いっきり蹴っちゃったw
リィ:足を痛めそうw
ラオ・チェン:そのままなぐる
サユーリ・チャン・1世:オーガの子供
サユーリ・チャン・1世:「きゃ~w」
サユーリ・チャン・1世:振っちゃうよ~
ナッシュ:「こんにちは!!」、戦闘準備~
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
サユーリ・チャン・1世:よし!
ラオ・チェン:すばらしい
ナッシュ:勝った
リィ:おお
ラオ・チェン:魔法どぞ
ナッシュ:魔法は、全部使ってしまいました
ラオ・チェン:いかないならなぐる
サユーリ・チャン・1世:では24に切りかかります~
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d20+2) → 14 (12)
サユーリ・チャン・1世:あたり
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d6+2) → 4 (2)
サユーリ・チャン・1世:4ダメ
システム:ラオ・チェンさんの「あそんであげよう」ロール(1d20+1) → 17 (16)
ラオ・チェン:合わせようか
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d8+3) → 6 (3)
ラオ・チェン:ぼか
リィ:マジックミサイルを撃つぞ~
サユーリ・チャン・1世:がんばれ~
システム:リィさんの「1レベルだからな~」ロール(1d6) → 2 (2)
リィ:ちょっとは効いたかな?
ナッシュ:オーガ25に移動して攻撃します
システム:ナッシュさんのロール(1d20+3) → 4 (1)
ナッシュ:これはハズレ~
リィ:あ、あとドラゴンが噛みつきを
リィ:1メートルくらいなら、洞窟入れるよね?
サユーリ・チャン・1世:向こうから出てきたのねw
リィ:じゃあ、ドラゴン噛みついても大丈夫か
サユーリ・チャン・1世:オーガの家だから大きいものね
リィ:ほうほう
リィ:じゃあ、乗ったままでいこう
システム:リィさんの「ドラゴン行きます」ロール(1d20) → 9 (9)
リィ:外したー
サユーリ・チャン・1世:切る~
ナッシュ:ドラゴンライダーカッコいいな~
ラオ・チェン:ゴブリンのドラゴンライダーもすごいなぁ。落ち着いて考えると
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 1 (1)
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d20+2) → 11 (9)
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d6+2) → 6 (4)
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20+1) → 3 (2)
ラオ・チェン:やっちゃった
ナッシュ:25に攻撃します
システム:ナッシュさんのロール(1d20+3) → 6 (3)
ナッシュ:ハズレ―
サユーリ・チャン・1世:に―ちゃんの方だからちょっとデカイのかな
リィ:スピア投げるか+3のほう
システム:リィさんの「行きます」ロール(1d20+3) → 22 (19)
システム:リィさんの「ダメージ」ロール(1d6+3) → 5 (2)
ナッシュ:さすがスピア+3!!
リィ:今日は好調!
サユーリ・チャン・1世:これ、首持ってかないとダメなのタコか?
ナッシュ:蜻蛉切みたい
サユーリ・チャン・1世:じゃきじゃき…
ラオ・チェン:大人は出てこなかったか
リィ:大人は怖そうだな
ナッシュ:なるほどw
サユーリ・チャン・1世:子供だから何も持ってないかな?
ラオ・チェン:oh…
サユーリ・チャン・1世:そんなん持てないわ
ナッシュ:使えないね~
ラオ・チェン:首は大将首だけでもいいかな?
リィ:持って帰っても仕方ないもんdな
サユーリ・チャン・1世:「そう言えばこの前椅子になたタコね…」しみじみ
リィ:椅子?!
サユーリ・チャン・1世:4本脚はいいけど動けないのはダメタコよ。
リィ:よく、元に戻れたなあ…
ラオ・チェン:ききみみしようか
サユーリ・チャン・1世:そうしよう
ナッシュ:聞き耳ですねー
ラオ・チェン:正面に
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 1 (1)
リィ:だね
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6) → 2 (2)
ナッシュ:おー
サユーリ・チャン・1世:聞こえタコ~!
ラオ・チェン:おうしっと
リィ:よしよし
システム:COBRAさんのロール(1D100) → 94 (94)
サユーリ・チャン・1世:右手側から気配がするタコ。
リィ:大人はそっちにいるのかな
ラオ・チェン:いい親だw
サユーリ・チャン・1世:2体…両親なんだタコね
リィ:既に子供はもうないのに…
ナッシュ:押し入り強盗を…w
サユーリ・チャン・1世:まあ、オーガ相手だと私たち食べられてしまうタコよ。
リィ:まあ、食べられたくないから仕方ないね
ラオ・チェン:色々いいたいけど、ケイオティックなので言わないw
サユーリ・チャン・1世:頂きますってされちゃうのは遠慮するタコね
ラオ・チェン:さーいこうか
ラオ・チェン:ゆっくり慎重に
サユーリ・チャン・1世:こそこそ
サユーリ・チャン・1世:じゃ、物陰に潜みます
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D100) → 30 (30)
サユーリ・チャン・1世:隠れられた
ナッシュ:じゃあ、さっそく近づきますか~
ラオ・チェン:夫婦の寝室!
ラオ・チェン:せーので奇襲?
リィ:槍は構えておくよ
サユーリ・チャン・1世:ダメージディーラーのラオが見えないとまずいよね
ナッシュ:それしかないですかねー
ラオ・チェン:じゃあいきますー
ラオ・チェン:わたし?
サユーリ・チャン・1世:だねw
ナッシュ:うんうん
サユーリ・チャン・1世:頑張るタコ☆
リィ:うん頑張れ
システム:ラオ・チェンさんの「よろしくお願いしまーす」ロール(1d6) → 6 (6)
ラオ・チェン:わっほい
サユーリ・チャン・1世:ひぃw
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 5 (5)
ナッシュ:こわわ
リィ:ゴブリンは美味くないよーw
ラオ・チェン:イニいくぞー
サユーリ・チャン・1世:お願いしま~す
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6) → 4 (4)
ラオ・チェン:ここで6でようよ…
サユーリ・チャン・1世:上手くいかないタコねぇ
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 32 (16、16)
リィ:これは…
ラオ・チェン:こいやー
ラオ・チェン:リングでAC-1です
ナッシュ:これは、不味いかも…
システム:COBRAさんのロール(2D10) → 11 (5、6)
サユーリ・チャン・1世:ひぃい
リィ:きついなあ
サユーリ・チャン・1世:コワイ
ナッシュ:ボコボコ―
ラオ・チェン:お・のーれ
システム:ラオ・チェンさんの「しねい」ロール(1d20+1) → 20 (19)
ラオ・チェン:お父さんに
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d8+3) → 9 (6)
ラオ・チェン:よしよし
サユーリ・チャン・1世:お宝の鍵かな?
ナッシュ:移動して、オーガ25に攻撃します
サユーリ・チャン・1世:いけ~
システム:ナッシュさんのロール(1d20+3) → 16 (13)
システム:ナッシュさんのロール(1d8+3) → 7 (4)
ラオ・チェン:おお
ナッシュ:しぶとい…流石オーガ
リィ:+3スピアなげーる。お父さんに
システム:リィさんのロール(1d20+3) → 13 (10)
システム:リィさんのロール(1d6+3) → 7 (4)
ラオ・チェン:すてき
リィ:まだ生きてるんか。
サユーリ・チャン・1世:じゃ、ダメ押し
サユーリ・チャン・1世:お父さん覚悟タコ~
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d20+2) → 19 (17)
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d6+2) → 8 (6)
サユーリ・チャン・1世:マックスダメ~
ナッシュ:今度は目が良い…
サユーリ・チャン・1世:やったタコ
ラオ・チェン:すごい。四方から切りつけるとかやくざの出入りかな?
リィ:ドラゴン行け~
システム:リィさんの「噛みつき~」ロール(1d20) → 4 (4)
リィ:ドラゴンは不調だなw
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 17 (17)
サユーリ・チャン・1世:きゃ~~コワイ
サユーリ・チャン・1世:AC-1です
サユーリ・チャン・1世:オーガ相手だと
システム:COBRAさんのロール(1D10) → 2 (2)
サユーリ・チャン・1世:きゃーーー><痛いタコ――
サユーリ・チャン・1世:ぷんすか
リィ:でも擦り傷程度だな…
サユーリ・チャン・1世:やられたらやり返すタコ!
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d20+2) → 10 (8)
サユーリ・チャン・1世:あたり
ナッシュ:移動して、オーガ24を攻撃
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1d6+2) → 4 (2)
サユーリ・チャン・1世:ザシュ
システム:ラオ・チェンさんの「合わせるぞ!」ロール(1d20+1) → 16 (15)
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d8+3) → 8 (5)
リィ:普通のスピアー投げるよ
システム:リィさんのロール(1d20) → 6 (6)
システム:ナッシュさんのロール(1d20+3) → 20 (17)
サユーリ・チャン・1世:おお!
システム:ナッシュさんのロール(1d8+3) → 5 (2)
リィ:ドラゴンか
リィ:ドラゴン噛みつきますー
システム:リィさんのロール(1d20) → 13 (13)
ラオ・チェン:おお
ナッシュ:ドラゴンでトドメを!
リィ:おお。
システム:リィさんのロール(1d3) → 2 (2)
サユーリ・チャン・1世:「わ~い!倒したタコ~!」
リィ:やったね
ナッシュ:「勝利!!」
リィ:ドラゴン、汚名挽回!
リィ:汚名返上かw
サユーリ・チャン・1世:ついでに木の実を食べて回復してみるタコ。
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D4) → 1 (1)
サユーリ・チャン・1世:ちびっと回復タコ
サユーリ・チャン・1世:「むしゃむしゃ」
ラオ・チェン:「いてて…ちょっともらっちまったな」
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d4) → 4 (4)
ラオ・チェン:うまーい!
リィ:足りなければおいらの分の木の実もどうぞ
サユーリ・チャン・1世:ラオが回復するタコよ。
ナッシュ:じゃあ、私の木の実もラオさんに~
ラオ・チェン:ありがとう
システム:ラオ・チェンさんのロール(2d4) → 6 (2、4)
ラオ・チェン:なおったー
リィ:いい感じですね
ナッシュ:(死なれたら困る…
サユーリ・チャン・1世:良かったタコw
サユーリ・チャン・1世:治してもらうタコね。
サユーリ・チャン・1世:お父さんの鍵をゲットするタコ
ラオ・チェン:首刈って
ナッシュ:当然、お父さんオーガの持ってたカギを貰う
サユーリ・チャン・1世:ここは寝室で行き止まりなら、左かな
リィ:あとは部屋をゆっくり覗いていけばいいんじゃないかな
ラオ・チェン:ではゆっくり回ろうか
ラオ・チェン:…まさかおじいちゃんとかいないよね
ラオ・チェン:ききみみ
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6) → 2 (2)
ラオ・チェン:こればっかりw
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 2 (2)
サユーリ・チャン・1世:聞こえタコ~
サユーリ・チャン・1世:「声がするタコよ」
リィ:おや。まだ誰かいるのか?w
ナッシュ:まだ居るのか~
サユーリ・チャン・1世:小さい?
ラオ・チェン:鍵穴から覗けないかな?
ラオ・チェン:おうふ
サユーリ・チャン・1世:閉じ込められてるかんじじゃない?
ナッシュ:エサにされる生き物かな?
サユーリ・チャン・1世:なんだろ?
ラオ・チェン:そっと開けてみる?
サユーリ・チャン・1世:隠れ見してみてくる
ナッシュ:なんでしょう?
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D100) → 41 (41)
サユーリ・チャン・1世:しっぱーい
サユーリ・チャン・1世:www見てくるタコ~
リィ:敵じゃありませんように…
ラオ・チェン:さゆりーん!
サユーリ・チャン・1世:「ゴブリンがいたタコ~
ナッシュ:共生してたんだw
リィ:「オーガーは死んだよ」と行ってみよう
ラオ・チェン:もう死んじまったぞい
サユーリ・チャン・1世:「オーガはもう退治しちゃったタコよ
ラオ・チェン:首ごろー
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 5 (1、4)
リィ:「あんたたちも逃げるなら今の内さ」
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 9 (6、3)
リィ:「なら、早く逃げな」
ラオ・チェン:まぁリィの同族だし今回は見逃そう
サユーリ・チャン・1世:何もないタコか?
サユーリ・チャン・1世:じゃ、骨を集めて、なむなむ
サユーリ・チャン・1世:(クレリックの真似っこ
リィ:なむなむ
ラオ・チェン:(実はレベルアップ作業してないなんて言えない)
サユーリ・チャン・1世:じゃ、上の方にヒアノイズ
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6) → 5 (5)
サユーリ・チャン・1世:「静かタコ?」
ナッシュ:上の方に聞き耳~
ラオ・チェン:わからぬー
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 1 (1)
ナッシュ:「かくかくしかじか」と状況を説明~
リィ:なんか湧き出してる…
ナッシュ:湧き出してますね
ラオ・チェン:「なんだろう?」
サユーリ・チャン・1世:じゃ、また隠れ身して見にいってくるタコね
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D100) → 70 (70)
サユーリ・チャン・1世:あれぇw
サユーリ・チャン・1世:てこてこ
ラオ・チェン:羽が邪魔なのかw
サユーリ・チャン・1世:そうなのかもw
ラオ・チェン:入ろうか
サユーリ・チャン・1世:調べる~
リィ:何もないのか…
サユーリ・チャン・1世:何もないのか
サユーリ・チャン・1世:綺麗タコ?
リィ:普通の水なのかなあ?
サユーリ・チャン・1世:ちょっと飲んでみるタコね
サユーリ・チャン・1世:ちびり
リィ:普通の水か…
サユーリ・チャン・1世:「普通のお水だったタコ。このお家の水場だったタコか」
ラオ・チェン:「無茶するな。今更だが」
サユーリ・チャン・1世:「喉が渇いてたから丁度良かったタコよ」
リィ:ハーフリングは好奇心の塊w
サユーリ・チャン・1世:ごくごく
サユーリ・チャン・1世:ぷはぁw美味しいタコ☆
サユーリ・チャン・1世:じゃ、扉にヒアノイズ
ナッシュ:2枚あるのか~
ラオ・チェン:右からいくか
サユーリ・チャン・1世:右から~
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 6 (6)
サユーリ・チャン・1世:わかんない
システム:ラオ・チェンさんの「ききみみ」ロール(1d6) → 2 (2)
ラオ・チェン:2ばっかやんw
ナッシュ:右に聞き耳
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 4 (4)
ナッシュ:ダメ~
システム:リィさんのロール(1d6) → 5 (5)
リィ:わからないー
サユーリ・チャン・1世:じゃ、今度は左~
システム:サユーリ・チャン・1世さんのロール(1D6) → 6 (6)
サユーリ・チャン・1世:もっと判らん
ラオ・チェン:ひだりー
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6) → 5 (5)
ラオ・チェン:むーりー
ナッシュ:左聞き耳~
システム:ナッシュさんのロール(1d6) → 6 (6)
ナッシュ:ダメ~さっぱりわからない
システム:リィさんの「左」ロール(1d6) → 2 (2)
リィ:わかったぞー
ラオ・チェン:左から調べようか
サユーリ・チャン・1世:じゃ、さっきの鍵で
サユーリ・チャン・1世:かちゃり
サユーリ・チャン・1世:ぎぃぃ
サユーリ・チャン・1世:食糧庫だ
リィ:美味しいものあるかな~
サユーリ・チャン・1世:あれま
サユーリ・チャン・1世:そっちも鍵で開くかな?
ナッシュ:食糧庫??オーガって、肉食なんじゃあ
サユーリ・チャン・1世:かちゃ
ラオ・チェン:同じ鍵かw
サユーリ・チャン・1世:お金だ~金ぴか~
ナッシュ:お金!お金!
サユーリ・チャン・1世:結構あったタコ
ラオ・チェン:金貨何枚でしたっけ
ラオ・チェン:はい
リィ:色々ありますなあ
サユーリ・チャン・1世:ドライフルーツをもらっておこう
サユーリ・チャン・1世:1食分ぐらいもらえるかな?
リィ:じゃあ、おいらももらっておこう
ナッシュ:私も貰っておきますね~
ラオ・チェン:オーガの前に誰かいたのかな?
ナッシュ:なのかな?
リィ:ゴブリンが使ってたとか? んなわけないかw
サユーリ・チャン・1世:結構文化的なオーガ…
サユーリ・チャン・1世:右側を開ける~
ラオ・チェン:じゃあ開けようか
サユーリ・チャン・1世:かちゃ
リィ:何があるかな~
サユーリ・チャン・1世:お酒タコ
ラオ・チェン:おお
リィ:いいものかな?
サユーリ・チャン・1世:いいお酒かな?
リィ:安ものか…
サユーリ・チャン・1世:「これは、重いからいいタコね」
リィ:オーガは酒の趣味が悪い。メモメモ…
ナッシュ:ふむふむ~
ラオ・チェン:でも、ホブの酒もらったしいいか
サユーリ・チャン・1世:ホブゴブのお酒もいいの悪いの4つずつ
リィ:換金するか飲むか悩みどころw
ラオ・チェン:いい酒なら取っておこう
サユーリ・チャン・1世:だから、1人1つずつ持ってってね
ナッシュ:え~すごい高級酒
リィ:じゃあもらっておきます~
サユーリ・チャン・1世:じゃ、あれも経験値には足しときましょう
サユーリ・チャン・1世:「…端っこに寄せておこう」なむなむ
ナッシュ:ナムナム
サユーリ・チャン・1世:「でも重いタコね~」蹴り寄せる感じになるかなw
リィ:まあ敵だし仕方ない
ナッシュ:で、おばあさんに報告かな~
サユーリ・チャン・1世:「じゃ、おばーちゃん達のところに戻るタコね」
サユーリ・チャン・1世:「タコのお顔を治してくれてありがとうタコ」
リィ:どうしましょうかねえ?
サユーリ・チャン・1世:そこは二人で相談して欲しいタコね
リィ:欲しいものを言い出したらきりがないよ~w
ナッシュ:あーそれいいかも
リィ:じゃあ、ナッシュに渡して、自分の分は自前で買うと
ナッシュ:はーい
リィ:というわけで会計は
リィ:じゃあ4000払っておきます

サユーリ・チャン・1世:今回は魔法とかアイテムを買えたのが大きい「ありがたいタコね」
リィ:いろいろ手に入ったしね
サユーリ・チャン・1世:あとは、ばーちゃん達に噂を聞いておくぐらいかね
サユーリ・チャン・1世:「お金取るタコか~!?」
サユーリ・チャン・1世:びっくりタコ
ナッシュ:古き者の墓場が埋まっている。 これ気になります~
リィ:まあ、そのあたりは次回以降、またやっていけばいいんじゃないでしょうか…
ナッシュ:墓荒らしw
ナッシュ:ですね~
サユーリ・チャン・1世:はい。ありがとうございました~
ナッシュ:ありがとうございました~
リィ:お疲れ様でしたー
ラオ・チェン:おつかれさまでした
ナッシュ:またです~
リィ:ありがとうございましたー
ナッシュ:みなさん、ありがとうございました~
 いいね!  3

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。