【ソード・ワールド2.0】リプレイ「工房都市アシュラウト」

クマリプレイ  0
登録日:2018/01/27 18:26最終更新日:2018/01/27 18:29
<メモ1>
無限工房はランダムダンジョンに潜って素材を集めて錬金したり蛮族しばいたりとそんな感じです(ざっくり解説)
1日の始まり
メインクエストを受注する(今回の
クエストは既に決まっています)
天候を1d振って決めます
2dで今日の合成依頼と緊急依頼を
決めます(成功で報酬と100経験点)
メモ2にダンジョンについて軽く説明
一応コミュニティに詳しくまとめる
予定です


<メモ2>
ランダムダンジョンには四つの
フィールドがありそれぞれ取れやすい
素材が違います木材は森で鉱石は火山で
皮は海で魔動部品は遺跡です
PL一人とGMが毎回探索深度を1d振って
進めます、この時GMはシークレット
ダイスですその後にイベント探索の流れ
深入りポイントについて
(冒険者レベル平均×5+20)端数切り上げ
このポイントを超えるとそのフィールドの主が出る可能性があります、
主は一言で言うなら強いです
最初の内は会ったら逃げるこれ大事です


<メモ4>
森:最高深度42/現在深度(帰還済)
海:最高深度48/現在深度(帰還済)
火山:最高深度0/現在深度0
遺跡:最高深度0/現在深度0
危険値33/会敵

1.深度ロール(PL1d+GM1d)
2.イベントロール(PL2d)
3.イベント処理
4.探索処理(探索判定)
5.1へ戻る


<メモ5>
2日目
メイン バルバロスフェロモン納品
(嘆きの皮2と艶やかな香木1)

1日目 合成武器と下級素材を売ってほしいらしい 森へ行った

2日目 バルバロスフェロモン欲しい・遺跡の魔物倒してちょ 海へ行った 主の海賊船に会った

バルバロスフェロモン2
艶やかな香木/0
嘆きの皮/1

穢れの皮/2
炎鉄/2
火炎銀/1


獲得(一人当たり)
経験290
金256G



<ログ>
システム:ルーム「工房都市アシュラウト」が作成されました。
システム:0-53さんが、入室しました。
システム:0-53さんが、退室しました。
システム:がーべらさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにサクラが追加されました。
システム:がーべらさんが、入室しました。
システム:クマさんが、入室しました。
システム:クマさんが、退室しました。
システム:ネコマンマさんが、入室しました。
システム:ネコマンマさんの「2d こういう振り方できるのかな……」ロール(1d)
→ SwordWorld2.0 : (1D6)  → 2
システム:ネコマンマさんの「だめかー」ロール(2 2d)
→ 1回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  5[3、2]  → 5
→ 2回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
システム:ネコマンマさんのロール(1d)
→ SwordWorld2.0 : (1D6)  → 2
システム:ネコマンマさんのロール(2d)
→ SwordWorld2.0 : (2D6)  →  6[2、4]  → 6
システム:ネコマンマさんのロール(1d)
→ SwordWorld2.0 : (1D6)  → 6
システム:ネコマンマさんの「かさばるので、先に1dの器用、生命、精神を」ロール(3 1d)
→ 1回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 5
→ 2回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 2
→ 3回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 6
システム:ネコマンマさんの「敏捷、筋力、知力」ロール(3 2d)
→ 1回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
→ 2回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  11[6、5]  → 11
→ 3回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  6[3、3]  → 6
システム:ネコマンマさんのロール(3 1d)
→ 1回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 2
→ 2回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 3
→ 3回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 1
システム:ネコマンマさんのロール(3 2d)
→ 1回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
→ 2回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  12[6、6]  → 12
→ 3回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  7[3、4]  → 7
システム:ネコマンマさんのロール(3 1d)
→ 1回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 6
→ 2回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 5
→ 3回目: SwordWorld2.0 : (1D6)  → 6
システム:ネコマンマさんのロール(3 2d)
→ 1回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  7[2、5]  → 7
→ 2回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  5[3、2]  → 5
→ 3回目: SwordWorld2.0 : (2D6)  →  8[5、3]  → 8
ネコマンマ:3つめですね 種族はラルヴァ、生まれは神官ですが、被ったら生まれだけ変えます。
システム:ネコマンマさんが、入室しました。
システム:ネコマンマさんの「一応前衛も作っておこう 種族はシャドウで生まれは戦士」ロール(2 1d) → 
→ 1回目:6 (6)
→ 2回目:3 (3)
システム:ネコマンマさんのロール(4 2d) → 
→ 1回目:6 (2、4)
→ 2回目:6 (4、2)
→ 3回目:11 (6、5)
→ 4回目:6 (5、1)
システム:ネコマンマさんのロール(2 1d) → 
→ 1回目:6 (6)
→ 2回目:5 (5)
システム:ネコマンマさんのロール(4 2d) → 
→ 1回目:8 (3、5)
→ 2回目:12 (6、6)
→ 3回目:7 (5、2)
→ 4回目:7 (2、5)
システム:ネコマンマさんのロール(2 1d) → 
→ 1回目:4 (4)
→ 2回目:1 (1)
システム:ネコマンマさんのロール(4 2d) → 
→ 1回目:8 (6、2)
→ 2回目:6 (3、3)
→ 3回目:8 (3、5)
→ 4回目:8 (6、2)
ネコマンマ:2こめー
システム:0-53さんが、入室しました。
システム:0-53さんが、退室しました。
システム:0-53さんが、入室しました。
システム:TKさんが、入室しました。
TK:こんにちわー
TK:ダイス振らせていただきます
TK:んー前衛と後衛どっちがいいんだろ
TK:とりあえず後衛で
TK:タビットの妖精使いでビルドします
システム:TKさんの「タビット妖精使い3回ぶり」ロール(3 1d6+1d6+1d6+2d6+2d6+2d6) → 
→ 1回目:39 (5、5、5、4、6、4、1、4、5)
→ 2回目:27 (1、1、2、2、3、6、6、2、4)
→ 3回目:35 (5、5、2、2、5、5、1、6、4)
TK:うーむ
TK:なやましい
TK:2回目で
システム:0-53さんが、入室しました。
システム:0-53さんが、退室しました。
システム:0-53さんが、入室しました。
システム:0-53さんが、退室しました。
システム:くずるみさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにハルレアが追加されました。
システム:クマさんが、入室しました。
システム:0-53さんが、入室しました。
クマ:こんにちはー
0-53:こんにちは
システム:キャラクターリストにニカが追加されました。
くずるみ:あ、こんにちは〜
0-53:今日はよろしくお願いします
クマ:お願いしまーす。買い物なしってことは弾買っといた方が良いのですかね?てか続くのかどうか
くずるみ:よろしくお願いしまーす
システム:ネコマンマさんが、入室しました。
ネコマンマ:こんにちはー! 何故か昨日まで14時からだと思ってた!あぶねえ!
クマ:僕も13時半かとなぜか思ってましたな
ネコマンマ:起きれてほんとうに良かった! 無限工房ランダンなんですね、たのしみ!
システム:0-53さんが、入室しました。
くずるみ:タブレットの充電がやばぁい
システム:キャラクターリストにジークハルトが追加されました。
システム:0-53さんが、退室しました。
システム:0-53さんが、入室しました。
クマ:タブレット派!
0-53:それ故pc版にしないと動かしにくいのです
0-53:同じくタブレットです
クマ:結構居るんですねータブレット派。ぼくPC
0-53:s 1d6
クマ:あ、自分称決めてなかった
ネコマンマ:一日のほとんどをPCの前ですごしている……
0-53:リアルでシークレットダイス振ってもよかですか
クマ:どぞー
システム:(シークレットダイス)
クマ:僕も基本の前PCやなー
ネコマンマ:たぶんSと1dの間に空白がいらないかな? リアルダイスの方が振りやすければ全然かまいませーん!
システム:(シークレットダイス) クマさんのロール(s1d6) → 2 (2)
システム:(シークレットダイス)
クマ:おお、シークレットあったのか
0-53:お、いけたいけた
クマ:こ、荒廃している
0-53:なんとなく試しにちゃんと反映されててよかった
クマ:成長あるなら技能取らんとこうかな
0-53:まったり続けていければいいなと思っております
ネコマンマ:あ、続くんですか!やったー!
クマ:わーい続くのかーやったー
システム:TKさんが、入室しました。
0-53:こんにちは
TK:こんにちわー
ネコマンマ:こんにちはー!
TK:ラーメン食べてきましたw
システム:キャラクターリストにジョナサン・ラッツが追加されました。
ネコマンマ:ラーメンって聞いておなかすいてきた
0-53:特にキャラ間の設定が無ければ既にPT結成済みにしますがどうします、まだ時間あるので今考えて頂いても結構です。
くずるみ:ラーメン…よりうどん食べたい
ネコマンマ:結成済みで大丈夫ですー!ラルヴァ一応蛮族なのでこうある程度ご理解いただけたら幸いです!
クマ:こんにちはー
TK:僕も結成済みでおkです
くずるみ:結成済みでいいですよん
システム:がーべらさんが、入室しました。
がーべら:おはよーございまーす...。(ちょっと前まで寝てた人
TK:おはようございますw
がーべら:夜遅くまでゲームしてたから起床が少し前になってしまいましたー...。(苦笑
システム:0-53さんが、入室しました。
システム:0-53さんが、退室しました。
クマ:おはようございまーす
システム:0-53さんが、入室しました。
0-53:戦闘は簡易戦闘で行います
ネコマンマ:僕も昨日5時に寝てアラームで起きればいいやと思っていたので危なかった!
TK:簡易戦闘了解です
がーべら:13時まで寝ることないだろって思って5時に寝たら12時半少し前くらいに起床しました...w
ネコマンマ:はーい簡易戦闘りょうかいです!
がーべら:簡易戦闘了解ですー
システム:0-53さんのロール(2d6+1) → 9 (4、4)
クマ:簡易了解です―
くずるみ:簡易戦闘了解でーす
0-53:少々早いですが始めますか?
TK:僕はいいですよ
クマ:OKですよー
ネコマンマ:だいじょうぶですよー!
くずるみ:OKです
がーべら:おっけーです!
GM/0-53:それでは始めさせて頂きます
TK:よろしくお願いしますー
がーべら:お願いしますー!
くずるみ:よろしくお願いします
クマ:てかどんな感じに導入したらよいのだろ?
GM/0-53:よろしくお願いします
ネコマンマ:宜しくお願いします!
クマ:よろしくお願いします―
がーべら:GMの話題振りによる...のかな?
GM/0-53:君たちはアシュラウトと呼ばれる最近発見されたばかりの街へと向かっている
GM/0-53:理由は簡単だ他の街に冒険者が多く君たちに仕事が回って来なかったのだ
ジョナサン・ラッツ:「アシュラウト・・新しい街か・・・」
GM/0-53:アシュラウトは今外交が始まったばかりなので多くの冒険者が求められています
ジョナサン・ラッツ:「そこに仕事があれば無問題だな」
ジークハルト:「向こうだと仕事があるといいんですけどねー……僕アレです、蛮族ですしねー。」
クマ:なんか幸薄そう
ハルレア:「仕事は……まあ、一つぐらいはあるでしょう」
ジョナサン・ラッツ:「し!、そのことは隠しておいた方が賢明だぜ?」
クマ:あ、もう合流してる感じでよいのかな?
ジョナサン・ラッツ:あれ?PT組んでる設定じゃなかったけ?
ジークハルト:「別に今更バレてもー。エイギアですら仲間はずれにされるならどうしようもねぇっすよー。(ふてくされ)」
ハルレア:「はいはい、不貞腐れないでくださいよ」
サクラ:そうだったのか...>PT組んでる設定
クマ:了解です―>組んでるのでその上で自己紹介的RP
サクラ:「...騒がしいなぁ。」貴方たちに目を移すが...目線をすぐに外し、無視するように街へと向かい
ニカ:「うう、勇んで人族の町へ行ったものの仕事がないなんて世知辛い世の中じゃないカ」
ジークハルト:「ま、どうせならバルバロス的に一攫千金狙いましょ。で、アシュラウトってどんなとこなんです?」
ジョナサン・ラッツ:「そういえば、特に知らねぇな」
ニカ:「私は知らないカなー?誰か知ってるんじゃないカ?」
ハルレア:「私も……どんな所かは知りませんね。事前情報も特に無く来てました」
サクラ:「...一応最初にあったときにいったかもしれないけど、私...この世界のこと知らないからね。」
ジョナサン・ラッツ:「まぁ仕事があれば無問題だぜ」
ジョナサン・ラッツ:「このシルクハット買ったら文無しになっちまったからな」
ニカ:「ジーク君の言う通り次の街では一攫千金狙おうじゃないカ! それでマギスフィア買い放題夢が膨らむじゃないカ…カーッパッッパ」
ジークハルト:「へー。ニカも知らないんですね。なんか勝手に知ってると思ってましたわ。まあ着けばわかりますよねえ。」
ニカ:「……もしかして誰も知らないんじゃないカ?」
0-53:じゃアシュラウトの町が見えてきますね魔動機がお出迎えしてくれますよ
サクラ:「...あれが次の街じゃない?」>見えてきた街に指を指して
ジークハルト:「……………。………いやー、良いですね、ジョナサンの帽子いかしてますよ。あ、ほらほら街が見えてきましたし」誰も知らないことへの現実逃避
ジョナサン・ラッツ:「そうみてーだな」
GM/0-53:まもちきお願いします目標値は11です
ジョナサン・ラッツ:「お?わかってるじゃねぇか」
ハルレア:「あ、そうみたいですね」
ジョナサン・ラッツ:「流石ジークハルト!」
サクラ:まもちき素なんだよねー...誰かお願いしますー
システム:ジョナサン・ラッツさんの「何だこの機械」ロール(2d6+5) → 11 (5、1)
システム:ジークハルトさんの「まもち」ロール(2d+4) → 10 (4、2)
サクラ:「ロボット?ってやつじゃない?実際に見たことはないけど...。」
ニカ:「もうダメじゃないカッ!! どうせまた仕事がないとかで困るんじゃないカッ!! 路銀もないしおしまいじゃないカッー!!」
システム:ニカさんの「まもちき平目」ロール(2d6) → 3 (2、1)
ジークハルト:「落ち着いてくださいよニカ。ほらほら。ニカああいうの好きでしょ?」魔動機指さし
GM/0-53:ふむじゃこれがドゥームだとジョナサンはわかりますね
ジョナサン・ラッツ:「ふむ、これがドゥームねぇ」
ハルレア:「どぅー……?」
ニカ:「おお!!あれは知らないやつじゃないカッ!!いやー人族の文化は違うカッ!!」とベタベタ触りに行きます
ジョナサン・ラッツ:「砲塔がついてて」
サクラ:「...ドゥーム?ただの機械じゃない...他のやつらとの見分けが付かないんだけど...」
ジョナサン・ラッツ:「結構ごつい魔動機だったな」
ジークハルト:「ドゥーム……?って確か兵器ですよね、魔動機文明時代の。あ、ニカ……。」
GM/0-53:ドゥームは交易共通語であなたたちに話しかけてきます
ジョナサン・ラッツ:「撃たれると・・・まぁ死ぬな」
ジークハルト:しゃべる!すげえ!
サクラ:キャァァァァァァァシャベッタァァァァア
GM/0-53:ドゥーム「ここはアシュラウトの町だよ」
ニカ:しかも交易共通語やぞ!
ハルレア:「わぁ……喋れるんですか……」ほわー
ニカ:村人Aかお前は!!
ジョナサン・ラッツ:「ほう会話できるとは珍しい」
ジョナサン・ラッツ:「そういったタイプもいるのか」
サクラ:「...喋る機会って珍しいの?」
ジークハルト:「おお!喋る魔動機!これはニカじゃなくても男の子的にテンション上がりますね!アシュラウトすげえ。」
GM/0-53:ドゥーム「こちらへ」と町に入っていきます
ニカ:「キャァァァァァァシャベッタジャナイカッ!!」とテンション上げてついて行きます
ジョナサン・ラッツ:「まぁこいつがどうかはわからんが、自立会話する奴は珍しいな」
サクラ:「...へー...自立会話...私の世界でも見かけなかったしなぁ。」
ジョナサン・ラッツ:「ついていくかな」
ニカ:「君はどこから喋ってるのカ?」とか反応なくても話しかけとこう
サクラ:「ついていきましょ。今日の食事と安眠のための仕事を探しに行くわよ。」
GM/0-53:ローブに身を包んだ女性の目の前まで案内されます
ジークハルト:「そうですねぇ、コレって昔の兵器だし、それを喋らせるとなったら改造とか手間ですし珍しいんじゃないですかね。」とついてく
ジョナサン・ラッツ:「あんたは?ここの管理人か?」
GM/0-53:女性「いえ私は錬金術師です、あなたたちは冒険者の方で間違い無いですね」
サクラ:「私いつの間にか冒険者扱いされてたのね...ただの難民なのに...。」
ジョナサン・ラッツ:「錬金術師・・同業か?」
ハルレア:「ええ、間違いないですよ……それがどうかしましたか?」
ニカ:「錬金術士。アレを作ったのもあなたなのカ?」
ジークハルト:「ジークです、どうも。冒険者……というかなんというか。仕事ないのでこっちにきた冒険者カッコカリって感じですかね……」 フードを深く被り
GM/0-53:女性「いえあれは私の師匠ですね」
ニカ:「あ、私はニカ。よろしく頼もうじゃないカ!!」
ハルレア:「……あ、ハルレアと申します?」
ニカ:「まあまあサクラ、働かざるもの食うべからずじゃないカ(ドワーフ脳)」
サクラ:「...サクラでいいわ。」
ジョナサン・ラッツ:「ジョナサンラッツ、ジョナサンと呼んでくれ」
サクラ:「...そもそもこの世界に迷い込んだって言うのに...まぁ、そうなんだけど...。」>ニカさん
ニカ:「ハルレアはなんで疑問系なのカ?」
GM/0-53:女性「ご丁寧にどうも私はクレア・クレパス、好きなように呼んで」
ニカ:「クレアさんよろしくじゃないカッ!! お師匠さんにもぜひ紹介して欲しいじゃないカッ!!」
ジークハルト:「クレアさんですね。(血的な意味で)良い匂いがします。ドゥームに案内されたんですが……冒険者をお探しのようで?」
ニカ:「ジーク君、初対面の女性に良い匂いって変態っぽくないカ?」
GM/0-53:クレア「ええ、これを見て欲しいの」ボロボロの飛空船が町の中心にあります
サクラ:「あれは...船?なんであんなものが街の中心に?」
ジークハルト:「……ニカもちゃんと良い匂いするんで大丈夫ですよ? 飛行船?あれがどうかしました?」
ジョナサン・ラッツ:「飛空船か、どこだったかルキスラあたりにあると聞いたことがあるな」
GM/0-53:クレア「大昔に作られたものよ、今は動かせないけどね」
ニカ:「ぴゅい!? そ、そんな目で見てたのカッ!? けだものじゃないカッ!!」
サクラ:「...あんたら仕事受ける気あるの?」ジト目で
ジョナサン・ラッツ:「あ”?におい?もしかして俺を非常食だとおもってねぇだろうな?」
GM/0-53:クレア「師匠はこれを復活させたいと思っていたけど出来なかった」
ジークハルト:「ウサギはウマいんですかねえ……大丈夫ですよ、ちょっと齧るだけ。後で治しますから!」
ハルレア:「ふむ……」一応真面目に
ニカ:「おお!! すごい魔導機じゃないカッ!! あれも初めて見るじゃないカッ!!」
ジョナサン・ラッツ:「ウサギじぇねーよ」
サクラ:「迎えに来てくれたロボットを作れるくらいなら、あの船も時間をかければ治せそうなのに...何かあったのかしら?」
ジョナサン・ラッツ:「しかし飛行船の修復はかなりの大仕事だろ?」
GM/0-53:クレア「私は師匠の意思を継いでこれを復活させたいけどその為には材料が足りないの」
ジークハルト:「飛行船はー、そうですね。まずコア部分の問題やらが挙がってきますからねぇ。……その材料ってのには心当たりがおありで?」
ニカ:「あのドゥームとかいうのを作ったお師匠でも直せないとはとんでもない魔導機じゃないカ。職人魂がうずくじゃないカ」
ジョナサン・ラッツ:「大きな国からバックアップでもしてもらわねぇと、資材も人材も足りやしねぇぜ」
GM/0-53:クレア「それは大丈夫目星はついてる」
サクラ:「...で、その資材を私たちが取りに行く...大体こんな感じかしら?」
GM/0-53:クレア「そうね、その為に冒険者を雇いたいの」
ジークハルト:「だからこの街冒険者を集めてたんすね。良いじゃないですか、素材集め。レートによりますけど常に仕事があるようなモンで。」
ジョナサン・ラッツ:「なんだこの町にゃ意外と金があるんだな」
ニカ:「ふむふむ、それで日銭が稼げるなら良いじゃないカッ!! あの飛行船とやらもいじってみたいじゃないカッ!!」
サクラ:「下手にいじって派手に壊れても知らないわよ...。」>ニカさん
ジョナサン・ラッツ:「賠償金なら払わんぞ」>ニカさん
GM/0-53:クレア「それでは契約成立でよろしいですか」
ジョナサン・ラッツ:「まぁ金がねぇ俺らは受けるしかねぇんだがよ」
サクラ:「...皆はそれでいい?私は今後生きるためにお金が必要だから、一人でも行くわよ。」
ニカ:「バラして組み立ててを繰り返すのがマギテックというものじゃないカッ!! 多少壊れてもなんとかなるんじゃいカッ!?」
ハルレア:「ホント騒がしいですね……あ、はい。契約成立という事で」
ニカ:「よろこんで引き受けようじゃないカッ!!」
ジークハルト:「ねー。エイギアってこんな方まで続いてたんですね。契約成立でオッケーですです。……いいよな?」
GM/0-53:そんなときバタバタと老人が走ってきます
ジョナサン・ラッツ:「ん?じいさん?ばぁさん?、ほかの種族はよくわからん」
GM/0-53:じいさん「おお、お前さんらが冒険者チューやつか
GM/0-53:すいませんじいさんです
ジークハルト:「あんまり美味そうな匂いじゃないんでじいさんですねぇ(ぼそっと) 何か御用で?」
ハルレア:「ええ、はい、そうですけど……何か御用でしょうか」
ニカ:「その通り私達は冒険者じゃないカ。ご老人は何の用カ?」
GM/0-53:バース「オラはバースちゅうもんだ一応町長やっとる」
サクラ:「一番偉い人...って認識で間違いなさそうね。」
ジョナサン・ラッツ:「おう、町長だったか、そりゃ失礼」
GM/0-53:バース「ちょっと頼みがあるんだがいいべか」
ジークハルト:「げええ町長!お初にお目に掛かります、今日この街に来たジークハルトです、なんなりと!」ぴしっ
ニカ:「町長!! 多少騒音出しても許して欲しいじゃないカッ!!」
ハルレア:「……あら、町長様だったのですか。それで頼みとは?」
サクラ:「今受けた依頼のついでで出来るものならなんなりと。」
ニカ:「とりあえず頼みというのはなんなのカ」
GM/0-53:バース「ここら辺によく蛮族が出るんだべそいつらを一掃する為にバルバルスフェロモンを作ってくれねーか」
ニカ:知ってるか見識かな?
ジークハルト:「バルバロス……フェロモン?」
GM/0-53:目標値12で見識お願いします
ハルレア:「ばるばろ……んん?」
システム:ジークハルトさんの「見識判定!」ロール(2d+4) → 10 (3、3)
システム:ニカさんの「平目」ロール(2d6) → 4 (3、1)
ジークハルト:こ、こいつ、ラルヴァのくせして
システム:ジョナサン・ラッツさんの「ふぇろもん?くさそうだな」ロール(2d6+5) → 13 (5、3)
ニカ:出目がひくーい
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 9 (5、4)
ハルレア:(´-ω-`)
システム:サクラさんの「知力ボーナス+1」ロール(2d6+1) → 8 (5、2)
GM/0-53:バルバルスフェロモンとは蛮族を引き寄せる特殊な香水のようなものだとジョナサンはわかりますね
ジョナサン・ラッツ:「あーあれかー」
ニカ:「ばるばろすふぇろもん?誰か知ってるカ?」
ジークハルト:「しらなーい。」
ジョナサン・ラッツ:「なんか蛮族の好きな匂いの香水だ」
サクラ:「...すみません、私も冒険者になりたてで...名前すら聞いたこと無いですね。」>町長
ニカ:「さすがジョナサンじゃないカッ!!」
ジョナサン・ラッツ:「俺からしちゃくっせーだけだがな」
ハルレア:「へー……そうなんですか」
サクラ:「そのフェロモンで集めてまとめて倒すって感じなのね...。」
GM/0-53:バース「ここらの蛮族はすぐ逃げるから、そいつでおびき寄せて一網打尽って寸法だべ」
ジークハルト:「へえー!物知りだなジョナサン!」
ジョナサン・ラッツ:「くせー物は鼻がおぼえちまう」
ニカ:「それでそれの作り方は分かるのカ?」
GM/0-53:バース「クレアんとこの窯で作れるはずだべ」
ジークハルト:「……窯?」
ジョナサン・ラッツ:「材料ねぇなんかの肉じゃねぇ?」
ジョナサン・ラッツ:「人肉だったりしてなぁっ?」
サクラ:「作るって言われても...材料は?」
ニカ:「おお、これはちょうどよいのカ? クレアさんの依頼が優先だが引き受けてもいいんじゃないカ? 町長、期限はいつだろうカ?」
ジョナサン・ラッツ:「ケケケケ」
サクラ:「...流石に人肉はないでしょ。」>ジョナサン
ニカ:「ジョナサン怖いことは言わないで欲しいじゃないカ」
ジークハルト:「血のニオいは興奮しますねぇ!でも人肉なら香水にするのはもったいなくないですか?そのままイキたいです!」
ジョナサン・ラッツ:「まぁ冗談さ」
ジョナサン・ラッツ:「人肉なんて村長が集めろとは言わんだろ」
GM/0-53:バース「3日だべ材料は嘆きの皮二つと艶やかな香木いとつだべ」
サクラ:「...。(やっぱりこいつらについてきたの間違いだったかなぁ...。)」
ジークハルト:ジークはしょんぼり
ハルレア:「……」ジト目、誰に向けているのかはあえて言わず
ニカ:「ジーク君は時々(?)思うが実はヤバい人じゃないカ…?」
ジョナサン・ラッツ:「おい俺は食うなよ?」>ジークハルト
サクラ:「手に入れられる場所の目星はもうついているのですか?」>バース
GM/0-53:バース「皮は海で香木は森で取れるはずだべ」
ジークハルト:「皮と香木ですねぇ。(羊皮紙にメモ)作ったらジョナサンもニカも付けてみてくださいよそのフェロモンー。」
ニカ:「この辺りの土地勘がないのでまた調べて引き受けられるか返事しようじゃないカ」
ジョナサン・ラッツ:「くせーのは嫌だっつてんだろ」
ニカ:「お、近場にあるのか? それならクレアさんの用件とのすり合わせしようじゃないカッ!!」
ジョナサン・ラッツ:「そうだな、クレアの要望の品はどこにあんだ?」
サクラ:「結構移動しそうねー...まぁ、ついででやるのもありね。どうする?受ける?」
ジークハルト:「タビットは耳も鼻も良いんですねえ……寝込みも襲えませんねえ……。」
ニカ:「私は油の匂いで消えちゃうからそういうのは要らないカなー」
GM/0-53:クレア「私の素材もその辺で取れたはずですね」
ジョナサン・ラッツ:「そりゃいいな」
GM/0-53:ぶっちゃけるとクレアの飛空船は最終目標ですね
ニカ:「それならちょうど良いじゃないカッ!! これからお世話になるんだし町長とは仲良くしておきたいじゃないカッ!!」
ニカ:期限なしなのかな?
サクラ:「...良し、決まりね。クレアさんの仕事を受けるついでにバース町長の仕事もこなす...これでいいんじゃないかしら?」
ジークハルト:「へー、んじゃあ森と海ですっけ。日差しが強くないといいですねえ。」
GM/0-53:じゃあ誰か1d6振ってください
サクラ:「ちょっと資材多めに取ってくればいいだけだし、それほど時間はかからないんじゃないかしらね。」
システム:ニカさんのロール(1d6) → 3 (3)
ニカ:「荷運びなら任せるといいじゃないカッ!! 私は力持ちじゃないカッ!!」
GM/0-53:今日は強風が吹いていますね素材が飛んで行ってしまうかもしれません
ジョナサン・ラッツ:「俺は力ねぇからな当てにすんなよ」
ジークハルト:ついでにニカちゃんも飛んで……
GM/0-53:あと2d6を二回お願いします
システム:ニカさんのロール(2 2d6) → 
→ 1回目:10 (5、5)
→ 2回目:7 (2、5)
ジークハルト:「夜なら荷物持ちもするんですけどねぇ……。」
サクラ:「砂埃とか過ごそうね...。」
ニカ:あ、適当に振ってよいですよね?
ジークハルト:さくさくいっちゃおー!
GM/0-53:それでは武器商人と合成師組合が押しかけてきます
サクラ:良いと思われー
ニカ:ニカちゃんの胸部装甲があるなら重りになるかも知れん
GM/0-53:武器商人「武器を合成したものを売ってくれないか相場より高く買い取ろう」
ジークハルト:「ほー、合成武器!それも例の窯でできるので?」
ニカ:「魔導機関連ならできるんじゃないカ? 他の皆は何ができるのカ?」
GM/0-53:合成師組合「下級素材は余って無いか、あれば一つ200Gで買い取ろう」
ジョナサン・ラッツ:「合成?下級素材?なんのはなしだ?」
GM/0-53:基本素材打ち込めばできますね
ジークハルト:「え、素材って今ですか……?何も持ってないっす。」
ニカ:「ほうほう、まだ相場は分からないけどお得そうじゃないカ。また余ったら持っていくとしようじゃないカ」
ジークハルト:下級素材っていうのが緊急依頼ってやつ、かな?
サクラ:「...一文無し寸前の貧乏人にそれを要求するのね...頼まれごと行って戻ってくる頃には何かあるだろうし、その時でもいいんじゃない?」
GM/0-53:1日の終わりにあれば大丈夫です
ジークハルト:武器の合成材料とかはわかります?
ニカ:AW見ればいいのかな?
ジークハルト:アシュラウト次には買います(誓い)
サクラ:アシュラウト持ちに任せますね(しょんぼり
GM/0-53:AWのものでは無いのです、素材については集まったら説明します
ニカ:そうですねー僕も気になってたし。あのリプレイ一冊買えばルールついてくるんかな?
GM/0-53:ついてきますよ
ニカ:あ、メモにあるや
GM/0-53:そこまで時間かからないのとクレアが料理を作るので保存食は不要です
ジークハルト:はーい、じゃあ準備はだいじょうぶでーす!
サクラ:同じく準備大丈夫ですー
ジョナサン・ラッツ:同じく準備おk
ニカ:一文無しなので問題ない
ハルレア:準備okok
ニカ:では今回はランダムダンジョンの森へ行くのかな?
GM/0-53:好きな方でどうぞ海森火山遺跡の4種類から選べます
ジョナサン・ラッツ:爺さんの依頼含めるなら
ジークハルト:森いくか!
サクラ:海、森先に行くべきなのかな?
ジョナサン・ラッツ:かな
ハルレア:森ですかね
ジョナサン・ラッツ:どっちにするかかな
ニカ:皮もいるから海か
サクラ:森賛成ですー
ジョナサン・ラッツ:まず森でいいですかね
ニカ:今回何が依頼の品に必要でしたっけ?まとめ忘れた
GM/0-53:ほい森ね
ジークハルト:嘆きの皮2と艶やかな香木1、 あと合成武器と下級素材を売ってほしいらしい
ニカ:ありがとござまーす。メモ5に書かせてもらおう
サクラ:お、ありがとうございますー
ジークハルト:「あ゛あ゛あ……フード飛んでく風強い!」マントバサバサー
ニカ:あ、クレアさんは当面のやつはないのか
サクラ:「ぁー...風気持ちいいけど、スカート飛ぶからやめてほしいわね...。」
ジョナサン・ラッツ:「シルクハットに飛んでかれたらたまらんな」
ニカ:「なんだか身体が軽いじゃないカ」
GM/0-53:探索深度を進めます誰か1d6どうぞ
システム:ジークハルトさんの「深度」ロール(1d) → 4 (4)
システム:(シークレットダイス)
ニカ:ニカちゃんはロリ巨乳にしとこう
ジークハルト:「僕も今度は帽子にしようかなあ……」
ジークハルト:色白ロリ巨乳!
GM/0-53:イベント表を降ります2d6お願いします
システム:ジークハルトさんの「イベント」ロール(2d) → 11 (6、5)
ニカ:謎の紐を装備しなきゃ
サクラ:おぉ、高い
GM/0-53:何だか素材が多そうなところに出ました
ジークハルト:「香木取れますかねえ……」
ニカ:「お、色々使えそうなものがあるじゃないカ」
サクラ:「お...結構いい感じな場所じゃない?」
ジョナサン・ラッツ:「使えるものはあるかね」
ハルレア:「色々取れそうですね……」
サクラ:「風が強いから作業するときに気をつけなさいよ?」
GM/0-53:素材を探索する場合は探索判定お願いします
ジークハルト:「あ。鉈とか斧とか持ってきてねえな……。」
システム:ジークハルトさんの「平目だけど探索!」ロール(2d) → 11 (6、5)
GM/0-53:無くてもいけますよ
システム:(シークレットダイス)
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6) → 7 (1、6)
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 13 (6、4)
ニカ:これはレンジャーかスカウトが重要か
システム:ジョナサン・ラッツさんの「あ?なんか落ちてんのか?」ロール(2d6) → 10 (5、5)
システム:サクラさんの「知力B&スカウト1」ロール(2d6+2) → 7 (3、2)
サクラ:あんましよくなーいっ
ニカ:ち、知力1だと?
サクラ:知力Bあと1点で2にあがるんだけどなー...。
ニカ:アホの子であったか。頑張って勉強するんだサクラちゃんですな
ジョナサン・ラッツ:←知力と精神力以外B=1
システム:0-53さんが、入室しました。
サクラ:極端なダイスで笑ってしまった...>ジョナサン
ニカ:まあタビットは極端ですからねー
ジョナサン・ラッツ:知力爆、あとカス
サクラ:一般常識あるしアホの子って設定ではないけど...この世界の知識がないってだけですぅー!
ジークハルト:そもそも器用敏捷筋力が1dなんだよねタビット!
ニカ:なるほど>サクラ
システム:0-53さんが、入室しました。
サクラ:ダビット使ったことないなぁ...。
0-53:ジークハルトジョナサンハルレアは素材を見つけました2d6そのあと1d6お願いします
システム:ジークハルトさんの「まず」ロール(2d) → 4 (2、2)
システム:ジークハルトさんの「そして」ロール(1d) → 2 (2)
0-53:タブレットが重い
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 5 (4、1)
システム:ハルレアさんのロール(1d) → 5 (5)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「なんじゃらほい」ロール(2d6+1d6) → 5 (3、1、1)
ジョナサン・ラッツ:出目は死んだ
ジョナサン・ラッツ:もういない
サクラ:おうふ...お疲れ様です...>GM
ニカ:これは酷い出目w
サクラ:しかも個別だからボーナスも入らないと...
ニカ:ドンマイです>GM
ジークハルト:タブレットは廃熱がね!
GM/0-53:ハルレアさんは丈夫な木片二つ手に入れた二人の素材は風にさらわれた
ジョナサン・ラッツ:「あ、こら、まて」ひゅー
ジークハルト:「よーし、やっと手に入れ……あ゛あ゛あ……!」
GM/0-53:今日は1d6をして2以下なら素材が飛んでいきます
ハルレア:「おぉ……丈夫そうな木片げっと!……です」
ニカ:「な、なにやってるんだ二人共せっかくの素材がパァじゃないカッ!?」
ジョナサン・ラッツ:「あーあ、とんでっちまいやがった」
ジークハルト:「………。衝動による暴力は害悪なり、衝動による暴力は害悪なり……」ぶつぶつ
GM/0-53:それが下級素材ですね艶やかな香木は中級素材です
GM/0-53:深度を進めますよ
ジークハルト:おおこれが!一個200Gだっけ
ニカ:「ハルレアはすごいじゃないカ!! 頼れるのはハルレアだけじゃないカ?」
ニカ:煽っていくスタイル
GM/0-53:なおニカは
ジークハルト:「男陣はフィールドワーク向きじゃないんですぅー。」
サクラ:「...だめね、見つからなかったわ。」
ジョナサン・ラッツ:「ビビッときたんだがなー」
サクラ:「ごめんなさいね、元住んでた場所は発展してるから...こんなサバイバル的なことしたこと無くて。」
ニカ:落ちがあるらしい
GM/0-53:深度を進めますまた1d6どうぞ、基本これの繰り返しです
システム:ジョナサン・ラッツさんの「深度いくぞー」ロール(1d6) → 3 (3)
システム:(シークレットダイス)
GM/0-53:2d6どうぞ
システム:ジョナサン・ラッツさんの「うぉら!いべんとじゃー」ロール(2d6) → 7 (4、3)
ジョナサン・ラッツ:期待値!
ニカ:「サクラはドンマイじゃないカッ!! 私も運悪く見つからなかったじゃないカッ!!」
GM/0-53:ひなたが暖かい何も起こらない
ジークハルト:「研鑽アンド研鑽。良く知ることが大事ですよ。行動はその後。」
ニカ:運のせいにしておこう
ジークハルト:ぽかぽか
サクラ:「どういうところに落ちてるのかしら...。」
ジョナサン・ラッツ:「平和だ・・・今が乱世とは・・おもえん」
GM/0-53:探索どうぞ
システム:サクラさんの「多分、この木の陰とか落ちてるんじゃ...?」ロール(2d6+2) → 9 (6、1)
ジークハルト:「あ゛ー!暑いィ、死ぬ……死ぬ!灰になる!」
システム:ジークハルトさんの「探索」ロール(2d) → 9 (6、3)
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 10 (2、5)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「石の裏に?」ロール(2d6) → 6 (5、1)
システム:(シークレットダイス)
ハルレア:うーん……
ニカ:「暖かいけど日差しは少し苦手じゃないカー。今度帽子買おうカ」
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6) → 8 (5、3)
ニカ:やったか!?
ジークハルト:勝ったな!
GM/0-53:残念ニカとジョナサンは見つけられなかった
ジョナサン・ラッツ:「なーんもねーの」
ジークハルト:9以上か……きびしー!
GM/0-53:他は2d6そのあと1d6を
システム:サクラさんのロール(1d6) → 2 (2)
ニカ:「帰ったらジーク君も一緒に帽子買いに行こうじゃないカ」
システム:ジークハルトさんの「最後が1d」ロール(3d) → 13 (6、1、6)
サクラ:はふん...
システム:ハルレアさんのロール(2d6) → 6 (1、5)
システム:ハルレアさんのロール(1d) → 2 (2)
ハルレア:むぐぐ
ジョナサン・ラッツ:「素材がとんでるなー」
ニカ:いかん、無能がバレてしまう!!
ジークハルト:「そうしよぉ……マントだけじゃ日光は防げませんねぇ……」
GM/0-53:ジークハルトは丈夫な木片一つを見つけた
ハルレア:「……あっ……」素材を逃していくスタイル
サクラ:「使えそうな木、あった...ぁ、風が...!?」
ジークハルト:「さっきので風向きはバッチリ押さえてるんですよ!」回収してすぐさまロープでふんじばる
GM/0-53:ちなみに探索深度が上がるごとに目標値も高くなります、いい素材が出やすくなりますが
ニカ:「今度は2人が!? 風には気をつけなきゃダメじゃないカッ!!」
サクラ:風向きさえわかれば吹き飛ばされた方向に一杯資材溜まってそうなんだけどなぁ...
サクラ:そういうのってありますかね?GMさん
ジークハルト:「ふふ、成果が一番少ない子が僕に血をくれるってどうです?」
サクラ:「献血するつもりないから。」真顔
GM/0-53:本当は無いんだけどねちょっと待って
ニカ:「まあご褒美があった方が頑張れるだろうから良いんじゃないカ?(楽観)」
サクラ:尚発案者レンジャー技能持ってない
GM/0-53:天候予測判定してください
サクラ:「...血を吸われるのがご褒美ってどういうこと...。」
システム:(シークレットダイス)
ニカ:ラルヴァって知ってたっけ?
システム:サクラさんの「スカ1知力B1」ロール(2d6+2) → 6 (3、1)
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 7 (2、2)
サクラ:うーむむ...。
ハルレア:ゴミ出目
システム:ジークハルトさんの「天候平目」ロール(2d) → 8 (6、2)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「風向きは・・」ロール(2d6) → 7 (1、6)
ジークハルト:聞けば教えるけど自分からはいわない!蛮族ってことは言うだろうけど! でも夜に目はひかる!
システム:ニカさんの「天候」ロール(2d6) → 7 (6、1)
GM/0-53:ん、誰も分からんかったね深度を進めるよ
ジークハルト:あちらこちらから風が吹き荒れるのだろう
システム:ジョナサン・ラッツさんの「振らんならもらうぜ」ロール(1d6) → 1 (1)
システム:(シークレットダイス)
サクラ:「風向きがわかれば、飛んで行った資材とかがわかるんだけど...うーん、うまくいかないか。」
システム:(シークレットダイス)
ニカ:「蛮族の中には血を吸って生きるのが居るんじゃないカ。だからご飯やおやつみたいなものじゃないカ?」
GM/0-53:イベントよろしくです
システム:ジョナサン・ラッツさんの「いべんんっとおお」ロール(2d6) → 10 (5、5)
ジークハルト:「そーそー、ちゃんと治すしー!」
ジークハルト:1dとイベントダイスは毎回セットかな?セットならぽんぽーんとふっちゃうことにします
サクラ:「...ちょっと前にあったばかりの人に献血するほどお人好しじゃないし。」
ニカ:「でも初対面の人に良い匂いは変態っぽいからやめた方が良いんじゃないカ?」
サクラ:「...男の人なんか何してくるかわかったもんじゃないし、献血は避けるわね...。」
ジークハルト:「そうなんです?良い匂いって、褒めたつもりなんですけどねぇ……。気をつけますよぉ。」
GM/0-53:魔香草が生えてますね1d6で本数決めてください
サクラ:おー
システム:ニカさんのロール(1d6) → 3 (3)
ジークハルト:やったー!
GM/0-53:次は探索です今回は目標値高いですよー
ニカ:「サクラは男の人が苦手なのカー。とはいえ私も髭面しか居なかったから慣れてないカな」
システム:ジークハルトさんの「たんさく……」ロール(2d) → 9 (6、3)
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6) → 6 (4、2)
サクラ:「男の人というより、騒がしいのも嫌だし...べたべたされるのも嫌だ。」
システム:ジョナサン・ラッツさんの「探索技能いるのかな?」ロール(2d6) → 2 (1、1)
ジョナサン・ラッツ:ひゃっほーw
システム:サクラさんの「探索」ロール(2d6+2) → 9 (5、2)
サクラ:おめでとーw
ジークハルト:ごじゅってんだ!
ジョナサン・ラッツ:こいつはたまんねぇっぜ
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 12 (3、6)
ニカ:とりあえずレンジャー取得しよう
ジークハルト:「なんでサクラってPT組んでるんですかね(真顔)」
GM/0-53:ハルレアさんが見つけましたね
ジョナサン・ラッツ:おー
ハルレア:「……あれ、何か……」
ニカ:そういや魔法で補助できたの忘れてた
GM/0-53:2d6と1d6でどうぞ
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 8 (4、4)
サクラ:「...私だって元々この世界に来たくて来たわけじゃないし...何かの間違いで召喚されたんだけど...私だって早く元の世界に帰りたいわよ。」
システム:ハルレアさんのロール(1d) → 6 (6)
ジークハルト:マギシューMPごりごりへるから使うのなやむよね
ニカ:「まあまあ旅は道づれ…(なんだったっけ)…ファイナルフュージョン承認じゃないカ」
GM/0-53:丈夫な木片二つです
ニカ:MPなら精神B4の力を見せてやるぜ
ジョナサン・ラッツ:有能w
ハルレア:「また……丈夫そうな木片ですね」
ジークハルト:「まーせっかくPT組んでるわけだし、あんまり嫌がられてもテンション下がりますから、今だけでも表面上仲良くしといてくださいよぉ、ねえ?」
GM/0-53:サクサクいきますよ深度お願いします
ニカ:「やっぱりハルレアは頼りになるじゃないカッ!!」
システム:ジークハルトさんの「深度?」ロール(1d) → 4 (4)
システム:(シークレットダイス)
システム:ジークハルトさんの「イベント?振らなくてよいなら無視してね!」ロール(2d) → 9 (6、3)
サクラ:「...ん、悪かったわね。少し警戒し過ぎたのかもね。ごめんなさい、慣れない環境でちょっとイライラしちゃって...」>ジークさん
ジークハルト:「まーま、結構楽しいと思いますよ。夜は星が見えるし水みてぇな不味いスープ飲んだりさ。」
GM/0-53:そんな空気を壊すかのように目の前に蜂の巣が
ニカ:8だっー!!
ジークハルト:あああー!
ジョナサン・ラッツ:「おうおう、あぶねぇもんがあんじゃねぇか」
サクラ:「水みたいなまずいスープって何...初めて聞いたんだけど...?」
GM/0-53:冒険者+敏捷で判定してください
システム:(シークレットダイス)
システム:ジークハルトさんの「にげろ!」ロール(2d+4) → 14 (5、5)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「無理☆」ロール(2d6+3) → 11 (2、6)
システム:ハルレアさんのロール(2d+4) → 11 (3、4)
ニカ:「水スープなんてそうそうーーってハチじゃないカッー!!」
サクラ:「冒険者ってどの数値なんだろ...
システム:ニカさんの「逃げろう」ロール(2d6+4) → 7 (1、2)
サクラ:Lv?
ジークハルト:「うおおお、逃げろ逃げろ!毒持ってたらヤバいですよ!」
ニカ:サラダバー
ジョナサン・ラッツ:技能レベルの最大値っすね
ジークハルト:冒険者れべる!
ジークハルト:ニカチャーーン!!
サクラ:私の場合技能レベル2だから...敏捷B3、合わせて5か
ハルレア:「えっ……うわっ!?」
ジョナサン・ラッツ:ですねー
GM/0-53:ああ、ニカさんが捕まった
システム:サクラさんの「水スープってそれただの水でしょう...って、蜂!?ちょ、虫無理!」ロール(2d6+5) → 12 (2、5)
システム:GM/0-53さんのロール(2d6+7) → 16 (4、5)
GM/0-53:ニカさん16点の物理ダメージをどうぞ
ジョナサン・ラッツ:めっささされてる
ハルレア:Oh……
ニカ:「ぴゅ、ぴゅい、ぴぎゃぁーーー!!」
ニカ:13てーん
ジークハルト:毒を吸い出すのは合法だろうか……
ジークハルト:「ウワー!ニカ、めっちゃ刺されてるじゃないですか!てか蜂つよっ!?」
サクラ:「こ、この森...案外やばいのかも...。」
システム:ジークハルトさんの「キュアウーンズ行使!」ロール(2d) → 4 (3、1)
GM/0-53:信じられるかまだ蛮族と戦闘してないんだぜ
ハルレア:「ニ、ニカさーん!?」
システム:ジークハルトさんの「回復量」ロール(k10+5@13) → 8 (6、1)
ニカ:「ひ、酷いじゃないカ、置いてくなんて…」ズリズリと這い寄ろう
ハルレア:戦闘してないのにこの様なのか……
サクラ:「ニカ、大丈夫!?」すぐに近寄り、貴女を抱えるようにしましょうか
システム:ジョナサン・ラッツさんの「プライマリーヒーリング行使」ロール(2d6+6) → 14 (5、3)
ジークハルト:「んやー、ジョナサンならまだしも、まさかすばしっこそうなニカが遅れるとは思わなくてー。」
ニカ:「うう、痛みがマシに…ありがとう…私は走るのは苦手じゃないカ」
ジョナサン・ラッツ:10点回復ー>ニカ
ニカ:全快かな
GM/0-53:じゃあ探索いきますよ
システム:(シークレットダイス)
ジョナサン・ラッツ:「まったく・・息切れしちまうぜ」
ジークハルト:「大丈夫ですか?痛かったら言ってくださいねえ、冷やすとよくなりますよ。」
システム:ジークハルトさんのロール(1d) → 2 (2)
システム:ジークハルトさんの「イベント……いらなければ以下略」ロール(2d) → 7 (5、2)
ジョナサン・ラッツ:あれまだ探索パートが
ジークハルト:あ、探索って毎回あうrのか
システム:ジョナサン・ラッツさんの「平目の力見せてやる!」ロール(2d6) → 3 (1、2)
ジークハルト:じゃあイベント用にふった達成値7のやつで
ジョナサン・ラッツ:出目?いいヤツだったよ
ジョナサン・ラッツ:もう居ないがな
システム:ニカさんの「さきにエクスプローラー」ロール(2d6) → 11 (6、5)
サクラ:ジョナサンの出目が置いてかれてる...
システム:サクラさんの「探索」ロール(2d6+2) → 6 (2、2)
サクラ:アッ
システム:ニカさんの「怒りの探索」ロール(2d6+2) → 14 (6、6)
ジークハルト:出目、うん 冷やして食べるとおいしいよね
サクラ:低い...
ジークハルト:ニカチャン!!
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 12 (6、3)
サクラ:おぉ!?
ジョナサン・ラッツ:ニカついに!
ハルレア:おぉ
ジョナサン・ラッツ:そして安定のハルレアさん
ニカ:これが怒りのパワー
GM/0-53:まだ2d6と1d6がありますぜ二人どうぞ
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 7 (3、4)
システム:ニカさんの「最後1」ロール(3d6) → 12 (2、4、6)
システム:ハルレアさんのロール(1d) → 2 (2)
ハルレア:_:(´ཀ`」 ∠):
ニカ:6と6
ニカ:風が強敵ですね
サクラ:2d6回してから1d6が基本かな...じゃあ、1d6降ってないし降りましょう
GM/0-53:ニカさんはなぜか壊れたパーツを手に入れた
ジョナサン・ラッツ:なんと
ジークハルト:パーツ!
GM/0-53:これも下級素材ですね
GM/0-53:じゃ深度いきますよ
サクラ:おー
ニカ:「クソックソッ人族の町へ来てからというもの踏んだり蹴ったりじゃないカッ!!ーーぴゅい?」と土をグサグサしてたら硬いのを発見しよう
サクラ:はーい
ジークハルト:キルヒア的には次スカウトよりレンジャーとりたいなあ
ハルレア:「また飛ばされた……」(・ω・`)
サクラ:「...あれ、私...何も手に入れられてない...?」
ニカ:「んー何かのパーツじゃないカ? 拾っていこう」
システム:ジョナサン・ラッツさんの「かってに深度ばっと」ロール(1d6) → 4 (4)
システム:(シークレットダイス)
システム:サクラさんの「探索」ロール(2d6+2) → 6 (2、2)
ジークハルト:「あれ?それってもって帰ったら買い取ってもらえるんじゃない?やったじゃんー!」
ジョナサン・ラッツ:「(手に入れてないけど黙っておこう)」
サクラ:(しょんぼり
GM/0-53:ドンマイですイベントどうぞ
ニカ:「高そうなパーツかもしれないからまずは調べてみるじゃないカー♪」機嫌直し
システム:ジョナサン・ラッツさんの「イベント」ロール(2d6) → 6 (2、4)
ジョナサン・ラッツ:ひくい
GM/0-53:魔物との遭遇だ1d6してくれい
ジークハルト:ヒエッ
システム:ジョナサン・ラッツさんの「何が出るかな?」ロール(1d6) → 6 (6)
ジョナサン・ラッツ:デカい!
ジークハルト:おおー!
ニカ:キレてる!!
サクラ:おー
GM/0-53:それでは目の前から大きな植物がやってきますよまもちきどうぞ
システム:ニカさんの「まもちき」ロール(2d6) → 2 (1、1)
ニカ:50てーん
システム:ジョナサン・ラッツさんの「なんぞこの葉っぱ」ロール(2d6+6) → 13 (3、4)
ハルレア:50点だー
ジョナサン・ラッツ:あ
ジョナサン・ラッツ:それマイナス1
システム:ジークハルトさんの「まもちき」ロール(2d+4) → 8 (3、1)
ジョナサン・ラッツ:12で
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 7 (5、2)
サクラ:平目だからやらなくていいかな...
ジョナサン・ラッツ:50点とか
ジョナサン・ラッツ:あるかもYO
ニカ:「あの植物動いてないカ?」
システム:サクラさんの「一応やっておこう」ロール(2d6+1) → 8 (6、1)
ジークハルト:「………もしかして魔物?」
システム:クマさんが、入室しました。
ジョナサン・ラッツ:「この葉っぱもしや・・」
GM/0-53:ジャイアントバルーンシードが一体きますよ
ハルレア:「……ん?なんです?」
サクラ:「...で、デカい...!」
ジークハルト:知名度僕ぬけてないや
ジョナサン・ラッツ:「あーでけぇ植物だなぁ」
サクラ:この中じゃあジョナサンが分かったくらいじゃないかな
GM/0-53:そうですねぎり弱点抜けてません
ジークハルト:「花?どうします?これじゃ進めないですよねぇ」
ジョナサン・ラッツ:「両方のつたと花で攻撃してくっぞ」
ニカ:「奴があのハチ共の元凶じゃないカッ!?」
サクラ:「結構やばそうだけど...戦うの?」
ジョナサン・ラッツ:「足は遅いが・・・って俺と同じくらいだな」
ジークハルト:「……まあ、言ってそこまで強くないでしょうよ。草刈りしてっちゃいましょーか。」
GM/0-53:やる気満々ですね先制判定目標値は10
ニカ:「あれも素材になりそうだしやってやろうじゃないカッ!!」
システム:ジークハルトさんの「ということで先制判定」ロール(2d) → 7 (3、4)
ハルレア:「……はぁ、とりあえず倒しますか」
システム:ニカさんの「先制」ロール(2d6) → 7 (5、2)
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 9 (6、3)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「我流先制術脱兎!」ロール(2d6) → 12 (6、6)
ジョナサン・ラッツ:すげええ
ハルレア:おぉ
ジョナサン・ラッツ:さすが脱兎w
ニカ:さすがハチから逃げた脱兎
ジークハルト:いえーい!後衛!
システム:サクラさんの「スカ1敏捷B3」ロール(2d6+4) → 11 (6、1)
サクラ:6/1おおいなぁ
ニカ:後衛―
ジョナサン・ラッツ:同じく後衛
ジョナサン・ラッツ:奴は3部位・・来るぞ!
サクラ:簡易戦闘初めてなのでお手柔らかに...(しくしく
サクラ:私は前衛かな
ハルレア:前衛ー
GM/0-53:はーい固定値でやっていきますよ
サクラ:「まさかこの世界でも戦うとはね...!」先ほどの学生服とは違い、バトルスーツを着用しており...片手にはビームソードを所有
ハルレア:「さて……斬り刻んで差し上げますか」
ニカ:「弾もったいないから弓でやろうカ」
ジークハルト:「それじゃあお兄さんはめいっぱい応援しましょーねぇ。」
ジークハルト:このターンは待機かな パラミスいらないよね(慢心)
GM/0-53:回避10と9ですからね
ジョナサン・ラッツ:んー今どれくらいかわからんが
ニカ:回避3と2だしよゆーよゆー(慢心)
サクラ:先誰攻撃します?
ジークハルト:では待機 お好きにどうぞー
ニカ:先どうぞー
サクラ:では先に攻撃を
ニカ:範囲持ってないし
ジークハルト:範囲攻撃飛ばさないなら前衛からかななんとなくだけど
ニカ:まあその後撃つかな?
ジョナサン・ラッツ:飛ばすとMPががが
ジークハルト:温存や温存!3倍拡大とかバカにならん!
ニカ:防護低いし弓でちまちま削っても
サクラ:えっと、前衛初めてなのでわからないことだらけですが...
サクラ:とりあえず必殺攻撃の宣言を
ニカ:弱点抜いたっけ?
ジークハルト:弱点ぬいてなーい
ジョナサン・ラッツ:抜いてないですー
GM/0-53:軽くメモ3にまとめたよ現在HPとか
ニカ:抜いてたら邪王炎殺黒龍波だったが
ジークハルト:まあダイス振って回避以上ならダメージ やることはかわらんですよ!
サクラ:ぬぉ...弱点抜いてないとクリティカルってでないんですね
GM/0-53:そんなことはないぞ
ジョナサン・ラッツ:え
ジョナサン・ラッツ:弱点のボーナスがつかないだけですね
サクラ:んぇ...あぁー...
ジョナサン・ラッツ:ジャイアントバルーンシードなら
ジョナサン・ラッツ:炎属性ダメージが+3点されます
ジョナサン・ラッツ:抜けてたらですが
サクラ:持ってないから関係ないなぁ...
サクラ:と、とりあえず必殺攻撃の宣言を!これってこの戦闘中ずっと続きますよね?
ジークハルト:いや、自分の次の手番前まで そこでかけなおせるけど
ジョナサン・ラッツ:宣言特技は1Rの間効果があります
サクラ:なるほど...ありがとうございます。手探りな感じですけどすみません...
サクラ:とりあえず宣言して...次は攻撃します
GM/0-53:本当ならGMがしっかりするべきなんだよなあ
サクラ:...どれがベターなんだろ...。(複数部位ある敵と戦ったことない人
ニカ:勝手にBGM変えてみた。そういやずっとのんびりしたのだったなと
ジョナサン・ラッツ:コアを持つモンスターもいますが
ジョナサン・ラッツ:こいつはないんで
サクラ:つまり全部ぶった切れってことですかね?
ジョナサン・ラッツ:最終的に全部倒さないといけません
ジョナサン・ラッツ:そうっすね
GM/0-53:おお、ニカさんすいません
ジークハルト:つたでいいんじゃないかなあ身代わりされるし
ニカ:ほんまや。とりあえずつたかな
サクラ:わかりました、ではつたにレイピアで攻撃!
サクラ:技能フェンサーでC値8
GM/0-53:はい、どうぞ
サクラ:キャッツアイの宣言忘れてました(ズサ
ニカ:いえいえGMはPLに公開できんシナリオとか回していただければ。勝手に変えてよければガンガンBGM変えてもよいのかな?
GM/0-53:お願いします
GM/0-53:宣言したことにしますか?
ニカ:だそうなので気が向いたら変えちゃいましょう>BGM
サクラ:お願いしてもいいですかね...。>GM
ニカ:てかこれ戦闘用じゃないな
GM/0-53:了解MP3減らしといてください
サクラ:ありがとうございます。では改めて!
システム:サクラさんの「命中判定」ロール(2d6+6) → 18 (6、6)
ジークハルト:命中!
GM/0-53:当たりますねダメください
ジョナサン・ラッツ:やる気十分
ニカ:当たり過ぎレベル
システム:サクラさんの「ダメージ」ロール(k8+5) → 9 (5、3)
ジョナサン・ラッツ:あ、C値はいってないっすね
ニカ:回転か
GM/0-53:回ってないよもう一回どうぞ
ジークハルト:C値8なら、 k8+5@8って打つとクリティカル修正してくれますぜ
サクラ:おぉ、そんな便利なコマンドが...
サクラ:では回転しますー
システム:サクラさんのロール(k8@8) → 6 (3、5、2、4)
GM/0-53:私も分かるまで時間かかった
ジークハルト:全部で15てんかな?
ニカ:15てーん
サクラ:15ダメージかな
ジョナサン・ラッツ:おー
ジークハルト:防護差し引いて13!
ニカ:防護軽減で13てーんか。あと7
ニカ:じゃあ仕留めちゃおうかな
サクラ:「見え見えなのよ!」跳躍し、思い切りツタを切り裂いて...即下がり
ジークハルト:いけーたおせー!
GM/0-53:一発が重てえ
システム:ニカさんの「同じつたに攻撃します」ロール(2d6+4) → 14 (4、6)
ジークハルト:命中だー!
サクラ:おーおー!
GM/0-53:命中やっぱ鈍足だな
システム:ニカさんの「弓ダメージ」ロール(k27+4@10) → 8 (2、3)
ニカ:1足りない
ジークハルト:おしい!残り1!
ジークハルト:サブ武器かと思ったら普通に弓つんよ
ニカ:「よし追撃いっちゃうカッ」
ニカ:筋力あるので普通に弓シューターするか迷いましたな
ジークハルト:「がんばれ♡がんばれ♡」
GM/0-53:次の方どうぞ
ニカ:まあガンは回復用と硬いやつ用
ジークハルト:テンペストがすぐ持てそう
サクラ:「結構あいつ固いわね...っていうか、やっぱり力がうまく引き出せないし...。」
サクラ:「片方のツタ、ボロボロだし...誰かやれる!?」
ジョナサン・ラッツ:じゃあ僕行きます
ニカ:LL導入して良ければガンかなー
ジークハルト:ハルレアさんだいじょうぶかなあ
ジョナサン・ラッツ:ボロボロの葉っぱに
ジークハルト:必中でたおせー!
GM/0-53:ごめんね持ってないんだ
ジョナサン・ラッツ:アースハンマー
ハルレア:(すみません黙って見てました)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「アースハンマー行使」ロール(2d6+6) → 17 (6、5)
ジョナサン・ラッツ:必中なんで
ジョナサン・ラッツ:ダメ行きます
システム:ジョナサン・ラッツさんの「ドゴォ」ロール(K10+6@12) → 9 (5、1)
ジョナサン・ラッツ:9点の物理ダメージ
ジークハルト:-6だーやったー
サクラ:ナイスでーす!
ニカ:大抵持ってなくても使う人が把握してればなんとかなりますけどねPL側の使うのは。レギュレーションなら致し方なしですが
ニカ:どんな育て方しようかなー弓とガン迷う。ガンなら両手か
サクラ:「片腕やったわね...って、まだ動くの...!?」
ジークハルト:「片腕しか、だよー。気を引き締めてください!」
ジョナサン・ラッツ:「まだツタも花ものこってるからな」
ハルレア:残ったツタにマッスルベアー&全力攻撃?
ジークハルト:MP多いし両手利きマギシューもいけそう 2Hガンもおもしろいけど
サクラ:「...全部やらないとだめなのね...結構削ったと思ったんだけどね...。」
GM/0-53:ほーい命中お願いします
システム:ハルレアさんのロール(2d+5) → 11 (5、1)
ジークハルト:命中!
ニカ:2Hの方がやってみたいがAWまでの2H微妙なんですよな
システム:ハルレアさんのロール(k23+12@10) → 19 (2、6)
GM/0-53:一発位外してもええねんで
サクラ:一撃で瀕死までもっていくとは...
ニカ:植物に避けられてたら蛮族には当たらんですよw
GM/0-53:そやけどねw
ジョナサン・ラッツ:拡大しとけばよかった
GM/0-53:こっちのターンでいいかな
ジョナサン・ラッツ:あーい
ジークハルト:どうぞー!
ニカ:まあMP温存MP温存
システム:GM/0-53さんの「123ハルレア456サクラ」ロール(2d6) → 4 (2、2)
サクラ:こっち二つ飛んできた!?
GM/0-53:11と12です
ジークハルト:ハルレアに2発じゃないかな
サクラ:あ、合計値見てた...
サクラ:スミマセン...。(ぺこぺこ
システム:ハルレアさんの「ヤメテ…ヤメテ…」ロール(2 2d+2) → 
→ 1回目:9 (5、2)
→ 2回目:10 (4、4)
ジークハルト:めいちゅうー!
システム:GM/0-53さんのロール(2d6+5) → 15 (5、5)
ハルレア:全力攻撃してるからなぁ……(遠い目)
ジョナサン・ラッツ:ひぇ
ジークハルト:おっと殺意が
システム:GM/0-53さんのロール(2d6+2) → 10 (6、2)
ハルレア:死ぬ……死ぬ……_:(´ཀ`」 ∠):
サクラ:半分持ってかれるのはイタイ...
ジークハルト:さあさあたおせー
ニカ:しかしそっちは身体能力化物ファイターだぜ
GM/0-53:pcターンどうぞ
ジークハルト:人間生まれで筋力生命B4はバケモンすね
サクラ:じゃあ、花に攻撃を
GM/0-53:はーいどうぞ
サクラ:必殺攻撃の宣言(C値-1 回避-2)
システム:サクラさんのロール(2d6+6) → 12 (3、3)
システム:サクラさんの「ダメージ」ロール(k8+5@8) → 10 (6、3、2、3)
GM/0-53:ツタが身代わりんーしない
ジークハルト:じゃあ花に9てんだー
ニカ:てかツタおとそう
システム:ニカさんの「ツタに攻撃―」ロール(2d6+4) → 12 (5、3)
サクラ:がんばえー!
システム:ニカさんの「ダメージ」ロール(k27+4@10) → 10 (6、1)
ジョナサン・ラッツ:おー
ジークハルト:-5で落ちー!
ニカ:「よっし撃ち漏らしは私が仕留めちゃうカッ」
サクラ:「こっちも削ったんだけど...結構固いわね...後残りは花だけ?集中攻撃すれば倒れるかも...。」
GM/0-53:次の方どうぞ
ハルレア:全力攻撃宣言してどーんとやりたい
ニカ:どぞー
システム:ハルレアさんのロール(2d+5) → 10 (1、4)
ジークハルト:ジョナサンのMP節約できるかもしれんしね
ジークハルト:回避や!
サクラ:ぬぉ...
GM/0-53:避ける
ハルレア:ダイスのくそやろー
システム:ジークハルトさんの「んじゃあキュアウーンズをハルレアへ」ロール(2d) → 8 (4、4)
サクラ:「あいつ、まだ動けるのね...!」
システム:ジークハルトさんの「回復量」ロール(k10+5@13) → 11 (6、5)
サクラ:うんまい!
ジョナサン・ラッツ:これジョナサンいく?
ハルレア:「植物のくせにぃ……!」
ジークハルト:仕留めきれないだろうし向こうに手番渡してもいいかも
ニカ:べつにいいんじゃ
ジョナサン・ラッツ:じゃあ待機
ニカ:温存でも
サクラ:うん、一回前衛が受けよう
サクラ:どっちに飛んでくるか...
GM/0-53:さっきと同じで
システム:GM/0-53さんのロール(1D6) → 3 (3)
ジークハルト:ハルレア
ハルレア:なんでや!!!
GM/0-53:うんハルレアさん
ニカ:ちょっと肉質感ある方が好みらしい
サクラ:「ハルレアさん、そっちに敵が向かってる!」
ハルレア:「知ってますけど……!結構大きく振ったので体勢が……!」
システム:ハルレアさんのロール(2d+2) → 11 (4、5)
ジークハルト:なに、出目で9を出せばかわせる
ジークハルト:出たわ
ジョナサン・ラッツ:ww
GM/0-53:mjk
サクラ:逆に凄いよ()
GM/0-53:pcどうぞw
ジークハルト:あとは前衛に任せておわりかな!
ニカ:ちっ所詮飲み込んだり絡めたりできない植物か
ニカ:そうですねー。漏らしたら自分で
サクラ:何を求めてるんですかね...(
ジークハルト:植物としてのプライドが無いのか(呆れ)
サクラ:じゃあ攻撃行きます
GM/0-53:シード(ショボン)
ハルレア:植物としてのプライド とは
サクラ:必殺攻撃宣言(C値-1 回避-2)
システム:サクラさんの「命中判定」ロール(2d6+6) → 16 (6、4)
システム:サクラさんの「ダメージ」ロール(K8+5@8) → 7 (3、3)
ジークハルト:のこり11!
ニカ:回らないか―
サクラ:む、あまりよろしくない...
サクラ:「く...体が鈍い...疲れが回ってきた?」
ニカ:「相手ももうヘロヘロだし着実にいっちゃおうカ」
ニカ:ハルレアさんどぞー
ジークハルト:ぽんぽんいっちゃえー
GM/0-53:シード(まだ、終われないのだよもう一度襲うまでな)
ジークハルト:バルーンシード……!
GM/0-53:命中どうぞ
ハルレア:本を読んでいたくずるみです。いっきまーす
ハルレア:全力攻撃宣言してなかったと思うからする
システム:ハルレアさんのロール(2d+5) → 14 (6、3)
ジークハルト:命中!
ニカ:やったか!?
ジョナサン・ラッツ:サヨナラシード
ジークハルト:勝ったな!
GM/0-53:ダメください
サクラ:で、出目が腐らなければいける...!
システム:ハルレアさんの「自動失敗フラグ」ロール(k23+12@10) → 19 (6、3)
ジークハルト:がんばれバルーンシード!
ジョナサン・ラッツ:ぶしゃああああ
サクラ:死んだな(革新
ジークハルト:これ一発でたおれますねえ
GM/0-53:おう
ニカ:やはり虫食ってるようなやつはダメだな
サクラ:「...弱点を正確に突かないであの火力...流石ね。」
GM/0-53:戦利品2d6を3回どうぞ
ジークハルト:「はー、やっぱ普通に魔物も出てくるんですねぇ、か弱い神官は気を付けないと―。」
システム:ニカさんの「戦利品」ロール(3 2d6) → 
→ 1回目:10 (5、5)
→ 2回目:7 (6、1)
→ 3回目:6 (3、3)
ジークハルト:お、球根
ニカ:矢補充しまーす
ハルレア:「ふいー……疲れました」
サクラ:「...一回一回あんな全力の攻撃してたら疲れるでしょうに...お疲れ様、頑張ったわね。」
ニカ:「どうだこれがハチの恨みじゃないカッ」
サクラ:「...私はまだ動けるけど...休憩してく?」
ジークハルト:「あらー、根っこから引き抜いちゃってかわいそーに。」
ジョナサン・ラッツ:「俺は大丈夫だな」
システム:0-53さんが、入室しました。
ニカ:「まあもう少し探索したら帰るだろうし行って良いんじゃないカ?」
サクラ:「じゃあ探索の続きね。」
ジークハルト:「香木を見つけないとですねえ。……まあ海にも行かないと達成できませんけど。」
0-53:そんじゃ探索どうぞ
ニカ:「そういえばまだ香木らしいのが見つからないじゃないカ」
システム:ジークハルトさんの「探索-平目―」ロール(2d) → 5 (1、4)
システム:(シークレットダイス)
システム:ニカさんの「エクスプローラ」ロール(2d6) → 8 (6、2)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「我流探索術仙兎」ロール(2d6) → 4 (2、2)
サクラ:「はふ...。」変身を解いて制服に戻り、再び探索を開始
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6+2) → 12 (6、4)
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 12 (4、5)
ジョナサン・ラッツ:探索は無理だぁ
ニカ:時代が来てるな
システム:サクラさんの「探索」ロール(2d6+2) → 13 (5、6)
サクラ:お
ハルレア:いっつも同じような出目出てんな
ニカ:残念だなジーク君。吸血はお預けだ
ジークハルト:くっ こんなはずじゃ
GM/0-53:ニカハルレアサクラの3人ですね2d6と1d6どうぞ
ニカ:スカウトレンジャーではない君がいけないのだよ
システム:ニカさんの「最後1」ロール(3d6) → 13 (2、5、6)
ニカ:7と6ー
ジークハルト:魔動機師に負けるなんて、くやしい!
システム:サクラさんのロール(2d6) → 6 (3、3)
システム:サクラさんのロール(1d6) → 2 (2)
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 7 (3、4)
サクラ:フニュン
システム:ハルレアさんのロール(1d) → 3 (3)
ハルレア:うええ
GM/0-53:嘆きの皮一つどうぞ
ニカ:やはり筋力は正義。風にも負けず
GM/0-53:艶やかな香木2つです
ジークハルト:皮!!?うおお!!
ジョナサン・ラッツ:おお
ハルレア:おぉ
サクラ:おぉ
ジョナサン・ラッツ:後皮1つか
ジークハルト:皮って森でもとれるんだね!やったー!
ニカ:「ぴゅい? これ例の皮じゃないカ?」
サクラ:次は海に移ればいいのかな?
サクラ:「おぉ、目的の物じゃない。」
GM/0-53:さあ、君たちはここで引き返して2日目に海に行っても構わない
ジークハルト:「えー、ニカそれってフェロモンの材料のやつじゃないですか?あ、ハルレアも香木を!?やるじゃないですかぁ!」
ハルレア:「おぉ、なんか見つけましたよ」
ニカ:「まだ時間あるしもう少しだけ探索しても良いんじゃないか? 買い取ってくれるらしいい」
サクラ:「結局なーんにも見つけれなかったわね...(正確には見つけても風に吹き飛ばされるだけど)」
ジョナサン・ラッツ:「そうだな、まだ余裕あるしな」
GM/0-53:じゃあ深度いきましょうか
サクラ:「そうね...色々探索しましょうか。さっきの蜂とかがいると困るけど。」
ニカ:欲を出していくスタイル
ハルレア:「ですね、もう少し続けましょうか」
システム:ジョナサン・ラッツさんの「深度」ロール(1d6) → 4 (4)
システム:(シークレットダイス)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「いべんつ」ロール(2d6) → 4 (2、2)
ジークハルト:「えー、もう日光ツラいよ僕……じゃあ後少しだけ……。」
システム:サクラさんの「イベント」ロール(2d6) → 7 (1、6)
ジョナサン・ラッツ:やべぇ気配がする
サクラ:さっき見た(真顔
GM/0-53:どっちか選んでいいよ
システム:ニカさんの「エクスプ」ロール(2d6) → 5 (4、1)
ジョナサン・ラッツ:僕のはいらない子で
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6+2) → 12 (4、6)
GM/0-53:じゃあ日差しがポカポカなんもなし
ニカ:先振っとく
システム:(シークレットダイス)
ジークハルト:「ぐああああー………」フード深くかぶり
システム:ジークハルトさんの「探索」ロール(2d) → 5 (1、4)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「探せ己が信念の旗のもとに!」ロール(2d6) → 7 (5、2)
ニカ:「いやーそろそろキツくなってきたカなー」
ジークハルト:さてはやる気ないなこいつ
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 8 (2、3)
ニカ:はあつっかえ
ハルレア:ゴミ出目
ジークハルト:これはニートへの第一歩!
GM/0-53:おや、何もありませんね
ニカ:たぶん帰ったら仕事あるさ
サクラ:「見つからなーい...。」
ニカ:12でないとはキツイな
ジークハルト:12でダメか 帰るか
ニカ:帰りましょか
ジョナサン・ラッツ:「ここはダメだな」
ハルレア:「うーん……特に何もありませんね」
ジークハルト:「やっぱこんな日当たりのいい場所じゃあ獲物もいませんよぉ……」
ニカ:「うーん、めぼしいのはないカなー。そろそろ帰るカ?」
サクラ:「もう見つけれるものは見つけて、あとは風に飛ばされたのかな」
GM/0-53:はい了解最高深度は42でしたよ
サクラ:「そうねぇ...帰りましょ?」
サクラ:結構潜ったねぇ...
ニカ:ちなみに目安としてはどんくらいいくと不味いのか
GM/0-53:主が来なくて残念です
ジョナサン・ラッツ:ぼぼっふかいぃぃ
ニカ:主見てみたかった
GM/0-53:33超えるとまずいねぇ
ジョナサン・ラッツ:もうまずかったw
ニカ:強欲で死にかけたな見事に
ハルレア:もうまずい域に入ってるじゃないですか!やだー!
ジークハルト:なにもなかったんだ、構いやしねえさ!
サクラ:さっきの戦闘の時点でまずい域に入ってたのなー...
ニカ:つまり4回くらいでわりとヤバいか
ジークハルト:期待値で考えると5回目いくかいかないかって感じなんだね
GM/0-53:私の深度で33超えて5か6出れば主がこんにちは
ニカ:じゃあ1回の冒険で5回探索くらいがデフォなのかな
ジークハルト:平均レベルが参照されるから、レベルあがったらもっともぐれるかな!
ジョナサン・ラッツ:かなー
GM/0-53:レベルが上がればその分深くいけますね
ジークハルト:レベル3なら5回探索まで安全域になるね
ニカ:なるほどー
GM/0-53:メモ消えてた今回の素材誰か覚えてます、すいません
ジークハルト:一応書いたけど、メモ5のやつであってるかな……しんぱい
ニカ:たぶん合ってるのでは?
GM/0-53:すいませんね
ジークハルト:自己メモよく消えちゃいますもんね!あまり気にしなくともきっと誰かおぼえてる!
ジークハルト:とりあえず、今日中に下位素材うっぱらって寝よか
サクラ:メモ4に最高深度と現在深度を示すメモを置いておきましたー
ニカ:そんな感じで
GM/0-53:実は合成もいけますよ武器の
ジョナサン・ラッツ:なんと
ジークハルト:なんだと!?
サクラ:合成と売却は任せますー(震え声
ニカ:手持ちで何が作れるんだろ?
GM/0-53:丈夫な木片二つでボウクロスボウBランク
ジョナサン・ラッツ:作る時の判定とかは?
ジークハルト:いくらで買い取ってもらえるかわからんけど作れるだけ作る?
ニカ:530Gだから高く買い取るなら530Gそのままで売れるのかな?
GM/0-53:丈夫な木片二つでフレイルワォーハンマーです
GM/0-53:そのままで売れます
ニカ:ヘビークロスボウが高いね
ニカ:530Gが最高額
ニカ:まあ普通に売るより130Gお得か
GM/0-53:失礼ボウは木片3つでした
ニカ:ウォーハンマーのマトック440Gが最高か
ジークハルト:マトックつくって40Gお得ってところか
ニカ:じゃあマトック2つかな?他の素材何かに使えるのだろうか
ジークハルト:他はなければ マトック2つ作って合計880G、、残りの木材とパーツ1合計400Gで売るか
ニカ:もしかして買い物なしで作るのみ?
ニカ:そうですねー
ジークハルト:そ、そんなまさか金が意味を成さないとでも!?
ニカ:香木も1売っていいか
GM/0-53:へーいまいど経験点200と1280G
ジークハルト:ひとり256G!
GM/0-53:下級素材しか買ってくれないんだごめんね
ニカ:あ、香木は中級だかだっけ
ジークハルト:あ、はぎ取った種と球根もうれます?
ニカ:パーツが何に使えるかによっては欲しいが
ニカ:まあ遺跡いったら落ちてるのかな?
ジークハルト:行ってみたいね!クレアさんの言ってた素材って基本魔導部品なきがするし!
サクラ:一人経験点200と256Gってことでいいんですかね?
GM/0-53:そうですね遺跡の主は魔法生物(ロボットですし)
ニカ:てか遺跡はランダムダンジョンではないならレア素材なんかな?
GM/0-53:残念遺跡もランダンだ
ニカ:あ、砂漠ってのがなくて遺跡か
サクラ:あ、砂漠じゃなくて遺跡か
サクラ:うろ覚えでした、すみません
サクラ:修正ありがとうございます
ニカ:なら売ってしまっていいか
GM/0-53:砂漠かオリジナルあとで考えるか
ジークハルト:やったーお金だ― やっぱりアシュラウトははやく買わねば
ニカ:では1人経験200と256Gで確定かな?
GM/0-53:ですね
ニカ:そうですねーなんか大分オリジナルデータありそう
ジョナサン・ラッツ:なるほどー
ジョナサン・ラッツ:アマゾン売っててほしかった
GM/0-53:何もなければ2日目に移行しますが
ニカ:バルーンシードの経験90も合わせてレベルアップできたらしていいのかな?
ジークハルト:じゃあご飯食べて寝て二日目!夜行性なのは気にしない!
サクラ:おkですー
GM/0-53:まだ成長はできません
ニカ:了解ですーメモ5更新しました
ジョナサン・ラッツ:2日目Go
GM/0-53:1d6と2d6を2回どうぞ
システム:ジークハルトさんの「今日のお天気は―」ロール(1d) → 5 (5)
システム:ニカさんのロール(2 2d6) → 
→ 1回目:6 (1、5)
→ 2回目:11 (6、5)
ジョナサン・ラッツ:MP、HPの回復はどんな感じ?
ジークハルト:6時間寝れていいんじゃないかな(適当な発言)
GM/0-53:全快してくれておk
ジョナサン・ラッツ:あーい
ニカ:それなら何回もぐるか決めてペース配分する感じかな
ニカ:たぶん30超えたら中級素材か?
ジークハルト:とりあえず4回もぐってみよか そこまでで皮でなければ5、6回目検討するくらい?
GM/0-53:今日は快晴です特に何もないです
ジョナサン・ラッツ:よし、とばされないw
ジークハルト:晴れだー!吸血鬼的には痛い!
ニカ:帽子、帽子が欲しい
ジョナサン・ラッツ:ぼう・・し?こ、これはやらんからな
GM/0-53:バルバルスフェロモンを欲しいと遺跡の魔物をしばいて欲しいとのこと
ニカ:シルクハットって日除けになるんだろうか…?
ジークハルト:「晴れ……海……はぁ~……。いやー……。」
サクラ:熱吸収して逆に暑そうじゃないかな
ニカ:フェロモン追加依頼だ
ジョナサン・ラッツ:フェロモンにんきやね
ジークハルト:緊急が遺跡?だったらクリアできないやあ
GM/0-53:これはサブミッションだから無視してもok
ジョナサン・ラッツ:海いくかー
ジークハルト:すまんな!別の冒険者に頼んでくれい!ということで海いこー!
ハルレア:海にGO
サクラ:おー!
サクラ:まだ村なら水着買っていこう...。
GM/0-53:本来は買い物できんのだがね日用品ぐらいあると思うのでどうぞ
ジークハルト:「快晴!そして流れる水!なんで僕はこの街に来ちゃったんですかねえ!よーし吹っ切れてやらァ!」
ニカ:メモ5を更新
ジークハルト:マント買っといてよかった 自給自足がんばろっと
サクラ:あ、できないんだ...。
GM/0-53:ただし海岸は骨で真っ白海も黒く淀んでいる
ジークハルト:ほしけりゃ作れって感じかな?たのしそう
サクラ:じゃあ雑談の奴無視しちゃってください、すみませんー
ジョナサン・ラッツ:「きったねぇ海だな」
サクラ:「...これ、大丈夫なの?石油だったりするんじゃない?」
ニカ:なんか行動記録つけるとクリスタルクロニクル思い出すな。
GM/0-53:アンデッドとかが主に出ます
ジークハルト:「えー……せっかく覚悟決めたんだからせめて青くて綺麗で良い匂いのするお姉さんが遊んでる海にしろよ……」
ハルレア:「汚いですね……あんまり滞在したくないですが仕方ないです、行きましょう」
ジークハルト:クリスタルクロニクル続編待ってます(遺言)
ニカ:「私も海は苦手じゃないカー」
ニカ:一応DSで出てるんやで(別物)
GM/0-53:早速深度いきましょうか
システム:(シークレットダイス)
システム:ジークハルトさんの「深度」ロール(1d) → 3 (3)
システム:ジークハルトさんの「イベント」ロール(2d) → 9 (3、6)
GM/0-53:海を渡っているとマーマンが現れる
GM/0-53:誰か言葉分かります
ジョナサン・ラッツ:まもちきは?
ジョナサン・ラッツ:いらないやつ?
サクラ:セージ持ってないからなー...
GM/0-53:おう、ミスった
ニカ:蛮族語なら
ジークハルト:蛮族語ならわかるけどその他はわかんなーい!
ニカ:あと魔導機文明語か
GM/0-53:まあ戦闘じゃないし(震え声)
ジョナサン・ラッツ:同じく蛮族語っすわ
ジークハルト:一応ふっとく?
GM/0-53:いや、いいっす
ニカ:メモ4にサマリー作った
ジョナサン・ラッツ:おーわかりやすい
ジークハルト:ありがとうー!
サクラ:おー...わかりやすい
ニカ:これで合ってる?
GM/0-53:これにGMのロールも追加されますゆえお気をつけて、あってます
ジークハルト:まあPLがやること分かってるのが大事だね!
ジークハルト:処理がどうあれ!
GM/0-53:ちなみマーマンは悲しげな表情で帰ってた
ニカ:なにしに来たんだ…
ジョナサン・ラッツ:言葉が通じない・・
サクラ:致し方なし...。
ジークハルト:「げえー、アイツら何喋ってるかわかんねえですね、共通語くらい学んでくれればいいのに。」
ジョナサン・ラッツ:探索かな
GM/0-53:探索お願いします
システム:(シークレットダイス)
システム:ジークハルトさんの「探索」ロール(2d) → 5 (3、2)
システム:サクラさんの「いいのこーい」ロール(2d6+2) → 7 (1、4)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「今日こそ見つける」ロール(2d6) → 5 (2、3)
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 7 (2、2)
ハルレア:ゴミ出目
システム:ニカさんの「3回目以降まで温存しよう探索平目」ロール(2d6) → 5 (3、2)
ジークハルト:やはり2dの期待値は5
ジョナサン・ラッツ:そのようで
ニカ:まさしくw
GM/0-53:なにも見つからなかった
ハルレア:私期待値ですらないんですがそれは
ニカ:期待値7で計算したらアカンなw
サクラ:そんな日もあるよ...
ジョナサン・ラッツ:「きたねぇだけで何もねーな」
GM/0-53:ドンマイ深度いきますよ
ジークハルト:「……何も無いですねえ。まあ森の感じからして、もっと奥ですよ、奥。」
ニカ:「あーつーいー干上がるー」
システム:ジョナサン・ラッツさんの「かってに深度ばっと」ロール(1d6) → 4 (4)
システム:(シークレットダイス)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「いべんとばっと」ロール(2d6) → 8 (5、3)
システム:ニカさんの「イベント」ロール(2d6) → 5 (2、3)
ハルレア:「うーん……見つかりませんね」
ニカ:お、早いもの順で
システム:(シークレットダイス)
システム:サクラさんの「イベンツ」ロール(2d+2) → 10 (4、4)
サクラ:「こんな汚い海に使えるものなんてあるわけ...。」
GM/0-53:目標値11で冒険者+器用で振ってください
ジョナサン・ラッツ:ひぇ
ジークハルト:「まあ綺麗な海だったら魚とか獲れちゃいますからねー。嘆きの皮って名前なんだしー。」
システム:ニカさんの「器用」ロール(2d6+5) → 9 (2、2)
システム:ジークハルトさんの「器用冒険者」ロール(2d+4) → 13 (4、5)
システム:ハルレアさんのロール(2d+5) → 11 (4、2)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「無理ー」ロール(2d6+3) → 8 (3、2)
ニカ:やはり期待値は5
ハルレア:うーん
ジークハルト:ほんとに5ばっかだな
システム:サクラさんの「器用B3 Lv2」ロール(2d6+5) → 7 (1、1)
サクラ:!?
ジークハルト:ごじってーん
ジョナサン・ラッツ:ふぁんぼー
ニカ:50てーん。そしてさらば
GM/0-53:目の前の岩を上手く回避しましたよ一人でも精巧すれば大丈夫
サクラ:他人の出目を見て逆転しましょうかね
ニカ:骨は拾ってやるぜ
サクラ:あ、大丈夫そうだった
ジョナサン・ラッツ:おー
サクラ:では50点いただきます
ジョナサン・ラッツ:ありがたい
ジークハルト:これって船でキーコキーコ旅してるってかんじでいいのかな?
GM/0-53:そんな感じでいいですよ
ニカ:火山行って鉄巨人と戦わねば
サクラ:「ちょ、前いw...ぶぐぶぐぶく」波に襲われびしょ濡れに...
ジークハルト:「あぁっぶねー!あんなデカいのに当たったら一たまりもないですよー!」舵をぐるぐるーー
サクラ:「....最悪!!」悲鳴のようなものが船の後方から聞こえ
ジョナサン・ラッツ:「なんだtt、おtっとと」
システム:ジークハルトさんの「たんさく?」ロール(2d) → 4 (1、3)
システム:(シークレットダイス)
ニカ:「うわーサクラドンマイじゃないカ。まあ日差し強いしすぐ乾くじゃないカ」
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6) → 6 (1、5)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「千里眼きらりっ」ロール(2d6) → 5 (1、4)
ジョナサン・ラッツ:もう5しかでない
サクラ:「...髪の毛が潮風とかで痛むのよ!」
ジークハルト:まじででない
GM/0-53:なかなか難航してますね
サクラ:イベントロール10だけど何もない感じなのかな
ジークハルト:「うるさいですよぉ、冒険で髪の毛が痛むだーなんだー言ってられませんって。」ジョナサンをもふもふ
ジークハルト:岩がイベントじゃないの?
ハルレア:「あっ……よ、酔いそ(うぷっ」
サクラ:おぅ...
GM/0-53:タビットはモフられるのか岩がイベントですよ
サクラ:「ぁー...早く帰りたい...。」
ニカ:「たしかにサクラの髪は貴族みたいにサラサラだから大変じゃないカッ。私の飲み水で良ければ洗うのに使うカ?」
ジークハルト:潮風から守りたいこの毛並み
ジョナサン・ラッツ:「足場わりいな、こけそうだ」
GM/0-53:まだ振ってない方どうぞ
GM/0-53:探索お願いします
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 9 (1、5)
ニカ:「ジョナサンは落っこちないよう紐にでも繋いでおくカ?(ニヤニヤ)」
サクラ:「...ニカ、優しいのね...大丈夫、どうせこの後汚れるし...。」
GM/0-53:お、ハルレアさん2d6どうぞ
ジョナサン・ラッツ:「ありかもしれん、落ちたら泳げねーしな」
ニカ:「真面目に返されても反応に困るじゃないカ。というか私も怖いしロープでマストに繋いでおこうじゃないカ」結び結び
サクラ:「実際波に飲み込まれた人がここにいるしね。」
ジークハルト:「海の中じゃ僕も助けに行けないですねー、まあひっくり返ったら全員海の中なんですけどね!」
サクラ:「と、いうか...ハルレアが吐きそうなんだけど...。」
サクラ:「怖いこと言わないでよ、体調不良一人と波に飲み込まれたら助からなさそうなウサギと日差し無理な人が居るパーティなんだから。」
ニカ:「わーっ吐くなら海に吐くべきじゃないカッ!!」
ジョナサン・ラッツ:「どうせきたねぇ海だ流しちまえ」
サクラ:「うわぁ...掃除大変よ...。」
ハルレア:「うっ……なんとか治りました」
ニカ:「船がひっくり返ったら…考えないようにしようじゃないカ」
サクラ:「酔い止め薬とか無いの...?私は家に置いてきたけど...。」
GM/0-53:ハルレアさん素材決定の2d6をお願いします
ニカ:薬なんて高級品はねぇ!
システム:ハルレアさんのロール(2d6) → 9 (4、5)
ニカ:っていうと終末感
GM/0-53:穢れた皮二つがどんぶらこ〜
ジークハルト:「船酔いに効くツボ教えましょうか?何ならサニティかけますけど……。」
ハルレア:穢れてるぅ……
サクラ:拾いたくねぇ...。
ジョナサン・ラッツ:「だれか棒もってねぇか?」
サクラ:「...うわぁ、汚い皮が...。」
ジークハルト:ひろいたくねえ!でもなんかオールとかで拾って甲板にべちゃっとおいとこ
ハルレア:「いえ、大丈夫です。……えーと、あんまり拾いたくないですけどなんか皮がありますね」
サクラ:「確か網とか投げれば...」
ニカ:「これくらいでビビリ過ぎじゃないカ?」と普通に拾おう
GM/0-53:ほい、深度いきますよ
ジークハルト:「……こんな風に手に入るんですね……。これって何の皮なんです?蛮族?アンデット?海洋生物?」つんつん
システム:ジークハルトさんの「深度」ロール(1d) → 2 (2)
サクラ:「...ニカ、私の五メートル以内に入ってこないで。後、物触るときは手を洗ってね。」
GM/0-53:魚の皮らしいですよ
システム:ジークハルトさんの「イベント」ロール(2d) → 8 (5、3)
ニカ:「まあナメせば使えるんじゃないカ?」
システム:(シークレットダイス)
ハルレア:「……吐き気が再発しそうなのであまり近付かないでくださいね……?」
ニカ:「サクラ酷くないカッ!?海で洗ったじゃないカ!!」
GM/0-53:また岩だよ頑張って回避してね
ジークハルト:「皮は貴重ですね、この辺だと特に。」
サクラ:「海が汚いのに洗ったって言えるの!?いっそ海を浄化してきなさいよ!?」
システム:ニカさんの「回避」ロール(2d6+5) → 11 (5、1)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「岩だー」ロール(2d6+3) → 10 (6、1)
システム:ジークハルトさんの「回避!うおお!」ロール(2d+4) → 10 (1、5)
システム:サクラさんの「岩回避」ロール(2d6+5) → 10 (2、3)
システム:(シークレットダイス)
システム:ハルレアさんのロール(2d+4) → 13 (5、4)
サクラ:あ、間違え
サクラ:合計値9ですー
ジークハルト:「……この辺岩多いですね。座礁しなきゃいいんですけど……。」
GM/0-53:ぐぬうさっきより目標値高かったのに
ニカ:「水は水じゃないのーーってまた岩じゃないカッ!!」と舵を切ろう
GM/0-53:また避けられたよ
ハルレア:「また岩ですか……」
サクラ:「面舵いっぱーい!」
システム:ジークハルトさんの「たんさくー」ロール(2d) → 7 (1、6)
ニカ:まだ温存しとくか
システム:(シークレットダイス)
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6) → 3 (2、1)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「審美眼」ロール(2d6) → 8 (3、5)
システム:サクラさんの「探索」ロール(2d6+2) → 8 (1、5)
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 10 (4、3)
GM/0-53:ハルレアさん2d6をどうぞ
システム:ハルレアさんのロール(2d6) → 8 (2、6)
ジークハルト:次で進度4回目だっけ?
サクラ:ですねー
GM/0-53:炎鉄二つがどんぶらこ〜
サクラ:自分たちの出した数値の合計が9で、あとはGMの出目なので...
ニカ:深度20前後かな
サクラ:そうなりますねー、一応平均値も記入しておいたので
ジョナサン・ラッツ:よくドンブラコしてるなw
サクラ:使い物にならなさそう(
GM/0-53:鉄なのに浮いてるw
ニカ:そう言われればw
GM/0-53:深度いきますよ
ジークハルト:PL側3d振ってて期待値10としてもちょっとひくいだけかー
システム:(シークレットダイス)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「かってに深度ばっと」ロール(1d6) → 5 (5)
ニカ:その分GMの殺意が高いかも
システム:ニカさんの「イベント」ロール(2d6) → 10 (4、6)
ジークハルト:ちょうど期待値くらいだからここで皮とれなかったら考えるくらいでいいか
GM/0-53:奇妙な海流に飲み込まれる2d6をどうぞ
システム:ジークハルトさんのロール(2d) → 8 (4、4)
サクラ:全員?
GM/0-53:偶数ならプラス8ですね深度に
ジークハルト:あひん!
GM/0-53:一人です
ジョナサン・ラッツ:おふ
ニカ:わーい深いぞー
ハルレア:Oh……
ジークハルト:PL分だけで21!
ニカ:「わわ、これ流されてるんじゃないカ?」
ジークハルト:なに、ここで見つけてしまってもかまわんのだろう!
ジョナサン・ラッツ:「ジョナサンと奇妙な海流」
システム:ニカさんの「エクスプ」ロール(2d6) → 5 (1、4)
システム:(シークレットダイス)
ジークハルト:「うわ、わ、結構沖の方まできちゃいましたねえ……」
システム:ジークハルトさんの「たんさーく」ロール(2d) → 12 (6、6)
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6+2) → 9 (1、6)
ジークハルト:!!
システム:サクラさんの「探索」ロール(2d6+2) → 5 (1、2)
サクラ:!
システム:ジョナサン・ラッツさんの「探索」ロール(2d6) → 8 (4、4)
サクラ:チーン
ニカ:やったか!?
GM/0-53:ジークハルトさん派見つけた2d6をどうぞ
サクラ:(フラグ)
システム:ジークハルトさんの「わくわく」ロール(2d) → 6 (1、5)
ニカ:やはり期待値は5
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 7 (1、3)
ジークハルト:これが期待値か
ハルレア:_:(´ཀ`」 ∠):
GM/0-53:火炎銀がどんぶらこ〜
サクラ:ハルレアさんが...よだれを垂らして横たわってる...!?
ジョナサン・ラッツ:それじゃないw
ジークハルト:ぎいい!
サクラ:違うソレジャナイ
ニカ:これやっぱり火山行ってるのでは
サクラ:火山よりの海に来ちゃった感じ?
ジークハルト:「サビてない……銀?いやー、売れそうではあるんだけどなあ……。」
GM/0-53:さあ次行こうか
システム:ニカさんの「深度」ロール(1d6) → 3 (3)
システム:(シークレットダイス)
ジークハルト:主もちょっと見たかったりする
ニカ:皮が3つ欲しいしおくまで行こう
システム:ニカさんの「イベント」ロール(2d6) → 11 (6、5)
ジョナサン・ラッツ:おお
ジークハルト:おっ高い
ジョナサン・ラッツ:良い予感
サクラ:調子出てきた感じかな?
GM/0-53:漂流物がどんぶらこ
ニカ:もう前回と同じくらいやで
GM/0-53:探索してね効果はあとで話す
システム:(シークレットダイス)
システム:ニカさんの「エクスプ」ロール(2d6) → 9 (5、4)
システム:サクラさんの「探索」ロール(2d6+2) → 6 (2、2)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「さがせー」ロール(2d6) → 3 (1、2)
システム:ジークハルトさんの「たんさくたんさく」ロール(2d) → 6 (5、1)
システム:ニカさんの「探索」ロール(2d6+2) → 10 (6、2)
ニカ:これはどうだ?
ジークハルト:やったか!?
システム:ハルレアさんのロール(2d+3) → 5 (1、1)
ジョナサン・ラッツ:ふぁんぼー
ハルレア:ごじってん
ニカ:50てーん
サクラ:おめでとう?
GM/0-53:とどかないい
ジークハルト:あああん
ニカ:けっこう目標値キツイな
ニカ:どんぶらこなんてなかったぜ?
GM/0-53:変転切ってもええんやで
ジークハルト:なるほど
サクラ:あぁ、そっか
サクラ:それで12になるんか...
ジークハルト:皮3つ皮3つ皮3つ……
ニカ:皮3つ皮3つ(目が金になってそう)
GM/0-53:ハルレアさんに任せますが
ニカ:12でもいけそうかな?
ハルレア:離席してましたー……ん?変転?
サクラ:人間の特殊能力ですー
GM/0-53:自動成功にできるのです
GM/0-53:さっき自動失敗だったので
ハルレア:知ってます知ってます……あ、じゃあ使います
GM/0-53:2d6をどうぞ
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 9 (4、5)
ジョナサン・ラッツ:これは!
ジークハルト:やったか!?
ニカ:倒してしまってもよいのだろう?
ジークハルト:一体 何ぶらこなんだ
サクラ:フラグ()
GM/0-53:抗魔の皮が二つどんぶらこ〜
ジークハルト:んぎいいいい
ジョナサン・ラッツ:なん・・だ・・と
ニカ:なんか違うぞ!?
ハルレア:(・ω・`)
サクラ:皮は皮でも違う皮が流れてきた!?
ジークハルト:きっといいものなんだろうけど!
GM/0-53:上級素材です
サクラ:これが物欲センサー....
ジークハルト:めっちゃいいものだった
ニカ:これ奥行き過ぎなのでは
ジークハルト:うーん……もぐりなおす……?
ジョナサン・ラッツ:3日目ですかねー
ニカ:そうなるのかな
GM/0-53:安心せい代用可能だ
ニカ:レンジャースカウトが欲しい
サクラ:おぉ
ジョナサン・ラッツ:なんだってー
ジークハルト:それにしたってあといちまいい
ニカ:ではもう1ポンいっとく?
GM/0-53:ハウスルールで嘆きの皮を4枚に変換
ジークハルト:いーんですか!?
ジークハルト:じゃあもう一もぐりくらい……(欲深)
ジョナサン・ラッツ:嘆きのPLの皮
ニカ:もう1潜りで面の皮落としてこうぜ
サクラ:掛けに出ますか!
ジョナサン・ラッツ:かまわんやってしまおう
システム:ニカさんの「深度」ロール(1d6) → 1 (1)
ジークハルト:こいよ海の主、深度なんて捨ててかかってこい
ニカ:勝ったな
システム:0-53さんが、入室しました。
ジョナサン・ラッツ:これ海で戦闘って
ジョナサン・ラッツ:ペナどうなるんだろ
ニカ:さ、さぁ
システム:ニカさんの「イベント」ロール(2d6) → 5 (1、4)
ジョナサン・ラッツ:船上であってくれ
ジョナサン・ラッツ:あ、この出目は!
ニカ:これは!!
システム:(シークレットダイス)
ジョナサン・ラッツ:期待値!
ジークハルト:海の上だとアースハンマーで殴りつけてもあんまりきかなそう
0-53:まあ待て
ジョナサン・ラッツ:たしかに
ニカ:たぶん船が変形するんだよ
0-53:主の登場だ
ジークハルト:変形する船……もう飛行船つくんなくてよくね
ジークハルト:おおおおお!!
サクラ:逃げろぉぉぉ!!!
ジョナサン・ラッツ:北か
ニカ:歩く船まではいけるかも知れんが飛べないのだろう(てきとー)
ニカ:ヒューッなにが出るかなー
0-53:まもちききどうぞ
システム:ジークハルトさんの「ペネトレイト、行使」ロール(2d) → 7 (1、6)
システム:ニカさんの「まもちき」ロール(2d6) → 5 (4、1)
システム:ジークハルトさんの「まもちき」ロール(2d+6) → 12 (2、4)
0-53:ぱっとみ海賊船
システム:ジョナサン・ラッツさんの「見切った」ロール(2d6+5) → 14 (6、3)
ニカ:あ、アカンわ
ジークハルト:ジョナサン!がんばえー!
システム:サクラさんの「まもちき」ロール(2d6+1) → 8 (4、3)
システム:ハルレアさんのロール(2d) → 3 (2、1)
0-53:ジョナサンはわかったレベル7
ジークハルト:やったー!ぬいた!
ニカ:なんだレベル7か(震え声)
ハルレア:50点すら貰えないこんな世の中じゃ
0-53:海賊船レッドレイド号
ニカ:「む?他の冒険者の船カ?」
0-53:戦うor逃げる
ジョナサン・ラッツ:「あれは、海賊船ってやつか」
ニカ:逃げるんだよぉぉぉ
サクラ:「...あれ、やばそうじゃない?」
ジークハルト:このルール限定のエネミーかな BTのってないや
ジョナサン・ラッツ:「おそらく砲塔もついてるだろう」
ジョナサン・ラッツ:「この探査船じゃきついぜ」
サクラ:「急いで反転して逃げましょ?」
ジークハルト:「………ええ……このご時世海賊船って!一撃で海の藻屑ですよぉ!旋回旋回!」
ニカ:「海賊!?こんなところで襲われたらどうしようもないじゃないカッ!?」
システム:(シークレットダイス)
ハルレア:「……ですね、急いで逃げましょう」
ニカ:「面舵いっぱい全速力で逃げるんじゃないカッー!!」
ジョナサン・ラッツ:「オールを漕げー」
ジョナサン・ラッツ:「腕が千切れるまでー」
0-53:冒険者+敏捷で判定
ニカ:おれたちゃ海賊♪
ジークハルト:「海とか日光とか嫌がってる場合じゃねえー!一に命、二に命、三四もぜんぶ命が大事だよォ!」
システム:サクラさんの「逃走」ロール(2d6+5) → 10 (3、2)
システム:ジークハルトさんの「にげる……」ロール(2d+4) → 13 (3、6)
システム:ニカさんの「逃げろい」ロール(2d6+4) → 6 (1、1)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「フェアリーウィッシュ行使」ロール(2d6+6) → 10 (2、2)
ニカ:50てーん
システム:ジョナサン・ラッツさんの「逃走」ロール(2d6+4) → 12 (5、3)
ジークハルト:ごじゅってん稼ぐなあ
サクラ:いくつで逃走ですかね?
0-53:12
サクラ:ほっ...成功かな
システム:ハルレアさんのロール(2d+4) → 12 (6、2)
ハルレア:あっぶなあああ
ジークハルト:めいっぱいオールを漕いだよ!
ジョナサン・ラッツ:「妖精パワーじゃー」
ジョナサン・ラッツ:「ウーリウリウリウリ」
ニカ:「わっーロープが絡まったじゃないカッ!! もうダメじゃないカッー!!」
ハルレア:「あわわわわ!?」
ジークハルト:「これっ、明日、筋肉痛……!ニカー!しっかりしてください、落ち着いて深呼吸!」」
0-53:二人にファイア
サクラ:「えぇ!?何してんの!?」変身し、ビームソードでロープを切断し、ニカの逃走を援護し
ニカ:とセルフす巻きで転がろう
システム:0-53さんのロール(k20+7@10) → 19 (4、6、3、3)
ジークハルト:「あんなのが、居るなんてっ!……ぜーっ……」
ジョナサン・ラッツ:うそやろ
ジークハルト:あれこれ死に
ジョナサン・ラッツ:回ってまんがな
ジークハルト:威力は個別なんですよね!?ね!?
システム:0-53さんのロール(k20+7@10) → 26 (4、6、6、5、3、1)
ハルレア:げげ
ニカ:ではロープが良いではないかと解けて転がって船壁にぶつかろう「ぴゅい!!」
ハルレア:あの
ジークハルト:あっ
ニカ:これどっちや
ジークハルト:ニカちゃーーーん!!
ジョナサン・ラッツ:これが殺意の波動に目覚めたGMの力!
サクラ:や、やばい...
ニカ:魔法ダメージ?
ニカ:それならどっちにしろ死亡判定
ジークハルト:キャラシ順なら2こめがニカちゃんだけど……わかんね!
システム:0-53さんが、入室しました。
ニカ:まあとりあえず振るか
システム:ニカさんの「死亡判定」ロール(2d6+4) → 14 (4、6)
ニカ:ふう生きてはいる
システム:ジークハルトさんの「アウェイクン!アウェイクン!」ロール(2d) → 4 (3、1)
システム:ジョナサン・ラッツさんの「プライマリーヒーリング」ロール(2d6+6) → 10 (3、1)
0-53:魔法ダメージですね
システム:ジークハルトさんの「キュアウーンズも」ロール(2d) → 8 (5、3)
ジョナサン・ラッツ:4+6=10点回復
システム:ジークハルトさんの「回復量」ロール(k10+5@13) → 11 (5、5)
ジークハルト:ジョナサンとのあわせて全快やったー
システム:ジークハルトさんの「サクラの方にもウーンズ」ロール(2d) → 5 (2、3)
ニカ:「ま、また溶岩川の向こうでお婆ちゃんが手を振ってたじゃないカッ…」
0-53:なんかね個別には降ったよ
システム:ジークハルトさんの「回復量」ロール(k10+5@13) → 8 (6、1)
サクラ:んぇ、こっちに飛んできてたの?
サクラ:どのダメージが誰に飛んでるのかわからなくて...
0-53:どうする帰還する?
ジークハルト:あれ?ニカとサクラじゃないっけ?
システム:ジークハルトさんの「とりあえずもっかいウーンズ」ロール(2d) → 12 (6、6)
ジョナサン・ラッツ:逃走失敗した2人かとおもってた
サクラ:あ、私か
システム:ジークハルトさんの「回復量」ロール(k10+5@13) → 8 (5、2)
サクラ:じゃあ逆転で回避します
0-53:そやで目標値12だったのです
ジークハルト:いや大分戻っちゃうしもう良いんじゃない
ニカ:「し、死ぬかと思ったじゃないカ!! こんなとこに居られるか早く逃げようじゃないカッ!!」
サクラ:あぁ、すみません....。
0-53:はーい帰還です
ジークハルト:「ニカ、サクラも、大丈夫です?生きてる?ちゃんと腕繋がってます?」
ジョナサン・ラッツ:「にーげーろー、喘息全身」
ジョナサン・ラッツ:「ゴフゴハゴホッ」
ジークハルト:いえーいかえろー!
0-53:48でした
サクラ:「い、一応ね...すっごい痛かった...。」口の端からは血が噴き出た後が残っており
ハルレア:「わわ……大丈夫……じゃないですね。すみません」
ジョナサン・ラッツ:「まぁ生きててひとまずだな
ニカ:「な、なんとか生きてるじゃないカッ。ありがとう二人共助かったじゃないカッ」
ジークハルト:「ああ、よかった。これもきっとキルヒア様の御加護でしょう。今日のところは帰りましょう、流石にあの怪物は無理だ。」十字を切る
ジークハルト:帰って……きたぜ!
サクラ:「痛いのは慣れっ子だけど...骨とか一瞬折れたし。」
0-53:深度48でした
0-53:申し訳ありませんここで一旦区切らせて頂きます用事が
ニカ:なんだまだまだだな
ニカ:はーい。てかボス的なのはないのですかね?アシュラウト
ジョナサン・ラッツ:あーい
サクラ:了解です。次はいつになります?
ジークハルト:はーい、素材うんぬんは次回で、フェロモン2つだけ作ってクリアするかんじでー
0-53:一応いますよ、次はいつになるかな
ニカ:とりあえず依頼達成で精算?
ジョナサン・ラッツ:僕は夜なら基本います(明日は別のセッションありますが
ジークハルト:土日夜はまちまちですねえ
サクラ:明日も用事で...今日の深夜とかならまだいますけど...
ニカ:ぼくもまあまちまちですねぇ
ニカ:とりあえず次回はセッション掲示板の方で決めればよいのでは?
ニカ:コメントか
ジークハルト:うむ 精算もろもろもフェロモン2つだけおねげえします!
ニカ:成長ができるならしときたいので精算だけ
ジークハルト:次回までにアシュラウトそろえられるといいな!とりあえずアマゾンで中古しかないのでこれぽちり……
ニカ:もう解散なんかな?
サクラ:かなー?
ジョナサン・ラッツ:ですかね
ジークハルト:成長だけでもふっちゃいたかったが次回でいいかー
ニカ:まあそうですかねー。お疲れ様でしたー
サクラ:お疲れ様ですー
ジョナサン・ラッツ:おつかれさまでしたー
ジークハルト:おつかれさまでしたー!
ハルレア:お疲れ様でした
システム:クマさんが、入室しました。
システム:クマさんが、退室しました。
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。