【ソード・ワールド2.0】SW2.0【小覇王伝】 ※PC+NPC2人旅

K.K.リプレイ  1
登録日:2018/02/04 02:23最終更新日:2018/02/04 13:00
※どどんとふ と併用して
 RPGツクールのダンジョンを起動しながら
 プレイしています........

アルフォンス・サイモン:RPGツクールVXの方も起動します
アルフォンス・サイモン:今晩和
アルフォンス・サイモン:ツクールVX小窓で起動しました
アルフォンス・サイモン:よろしくお願いします
アルフォンス・サイモン:OKです
GM:では
GM:お試しセッション
GM:タイは・・・
GM:『小覇王伝』
GM:にしましょうか
アルフォンス・サイモン:分かりました
GM:では・・・

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

GM:あなたは
GM:とある街
GM:「MINAMI」を訪れた、屈強な冒険者です
GM:つよいやつ に 会いにいきたい・・・
GM:強者の教えを受けて 世界一の戦士になりたい・・・
GM: 
GM:かねてからそう考えていたあなたは
GM:伝説の 冒険者であり
GM:世界屈指の 戦士でもある
GM:ひとりの男・・・
GM:【葉問(イップマン)】のもとをたずねるため
GM:MINAMIの街へ来ました
アルフォンス・サイモン:着いたな…ここがMINAMIか…
アルフォンス・サイモン:噂どおりの猛者が居ると聞いたが、どれほどの使い手だ、葉間という男は
アルフォンス・サイモン:まあ、行動していれば自ずと分かるさ、行くぞ。伝説の男とやらを探しに…な

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

GM:アルのいる場所から
アルフォンス・サイモン:目的の男を捜しに歩き出します
GM:しばらくさき
GM:鳥居をいくつかぬけた先に
GM:その男はいた
GM:噂にきいていたのとは少し印象が違うかもしれない
GM:思っていたよりもずっと小柄だ
GM: 
GM:東屋の辺りで
GM:お茶を飲みながらも
GM:その瞳はきみをじっと見つめている
イップマン:「おや」
イップマン:「めずらしいな」
アルフォンス・サイモン:(…?何だ、あの男。他のものとは明らかに違う何かを感じるが、それでも剛の者には見えぬ…)
イップマン:「こんなところへ お客人とは」
アルフォンス・サイモン:「ああ、この街に伝説の武芸家が居ると聞いて、はるか西の国からやってきた修行者だ」
イップマン:「ほう」
イップマン:「なるほど.....」
アルフォンス・サイモン:「そなたに聞く、伝説の武芸家とやらについて何か知らないか?教えてくれ」
イップマン:「伝説というには、いささか誇張がすぎるな」
イップマン:「しかし・・・」
イップマン:「おまえが もしも
イップマン:「葉問という男をさがしているのなら・・・」
イップマン:「それはいま おまえの目の前にいる男だ」
アルフォンス・サイモン:「何だと…!?」
イップマン:「ふっ」
アルフォンス・サイモン:目の前の男の告白に驚きを隠せない様子で
イップマン:「人は見た目で判断せぬほうがよいぞ」
イップマン:「おまえも 武道を嗜むもの なら なおさらな」
アルフォンス・サイモン:「面白い…俄然、そなたの腕とやらを確認してみたくなった」
イップマン:「ほう 
イップマン:「いさましいことだ」
アルフォンス・サイモン:「我と戦ってその実力、見せてくれぬか?」
イップマン:「上着はぬぐな」
イップマン:「怪我をするぞ」
アルフォンス・サイモン:「たいした自信だな…」
アルフォンス・サイモン:(さあ、お前が伝説の武芸家なれば、証明して見せろ…!?」
イップマン:「数分後には  おまえは、詠春拳の極意を おもいしることになるだろう」
GM:そして つかの間の打ち合いをはたしたのち・・・
GM:アルフォンスは
GM:地に倒れふしていた
アルフォンス・サイモン:「ぐは…」
イップマン:「どうだ?」
イップマン:「満足したか?」
アルフォンス・サイモン:(つ…強い、まるで流れるような水のごとく流麗な動き、こぶし裁き)
アルフォンス・サイモン:「は…敗北だ。そなたの実力、認めよう」
イップマン:「詠春拳は、はるか東・・・広東省を中心に伝承されていた徒手武術を主とする中国武術
イップマン:「その極意は
イップマン:「柔よく 剛を制す
イップマン:「たとえ 相手がいかなものでも
イップマン:「その 筋を見極め
イップマン:「打撃をかわし
イップマン:「連打を浴びせ 敵の身をくじくことにある」
アルフォンス・サイモン:「なるほど…な、人は見かけによらぬとはよく言うが、女の武術と聞いて侮って折ったわ…」
アルフォンス・サイモン:「教えてくれ、葉間、その武芸、何処で身につけた」
イップマン:「強さを求めるのに 男・女、はては力のありように 意味などない」
イップマン:「ふむ・・・
アルフォンス・サイモン:「なるほど」
イップマン:「わたしは 一線をしりぞいたので」
イップマン:「教えを与えることは すでにやめ あらたな弟子はとらぬときめたのだが・・・・
イップマン:「おまえは 見所がある」
イップマン:「・・・・・・・・ふむ」
アルフォンス・サイモン:「有難い」
イップマン:「・・・小龍
イップマン:「いるな」
李 小龍:「はっ」
李 小龍:「ここに」
イップマン:「わたしの 最後の弟子」
アルフォンス・サイモン:「!?…使いの者か」
イップマン:「李 小龍だ」
イップマン:「(リー・シャオロン)」
アルフォンス・サイモン:「分かった。よろしくお願いいたす。シャオロン殿」
イップマン:「彼もまた 極みを求める者のひとりだ」
イップマン:「この周囲には数多もの武館が軒を連ねている」
アルフォンス・サイモン:深々と教えを請うものの礼の如く、頭を下げる
イップマン:「しかし・・・・」
イップマン:「それらに挑むには
イップマン:「おまえたちは まだ若すぎる」
イップマン:「さきほども話したとおり」
イップマン:「如何なる 相手にも対応できる技術を磨くことこそ肝要だ」
イップマン:「わかるな?」
李 小龍:「はっ・・・!」
アルフォンス・サイモン:「はは…!」
イップマン:「それには・・・」
イップマン:「この街の、枯れ寺に巣食う
イップマン:「魔剣の迷宮で鍛えるのが一番だろう・・・」
アルフォンス・サイモン:「承知した…」
イップマン:「わたしから いくつかの 課題をだそう」
イップマン:「それに加え」
イップマン:「街の者の声に耳を傾け」
イップマン:「その願いをかなえていくのだ」
イップマン:「気がついたころには」
イップマン:「おまえたちの腕は今よりも遙かに磨かれていることだろう」
李 小龍:「・・・・・・この者とともに? ですか」
李 小龍:ちらりと
李 小龍:アルのほうをみる
イップマン:「うむ」
イップマン:「如何なる相手とも連携を組める技術をみがくことも
イップマン:また・・・修行」
アルフォンス・サイモン:「御意に」
アルフォンス・サイモン:「必ずや、成し遂げて見せる…」
アルフォンス・サイモン:彼の目には闘気が宿っていた
アルフォンス・サイモン:「行こう。相棒、共に武の頂点へ」
李 小龍:「よろしくたのみます」
李 小龍:「アル殿」
イップマン:「よし」
イップマン:「手始めに」
イップマン:「街の声に耳を傾けてくるがいい」
イップマン:「いけ!」
アルフォンス・サイモン:「はは!」
李 小龍:「はっ!」
アルフォンス・サイモン:早速、街の人々の話を聞きに行くことにします
GM:なんか、すごい
GM:男くさいセッションになった
アルフォンス・サイモン:はい

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

GM:どこへ向かいますか?
GM:ちなみに
アルフォンス・サイモン:マップ探索用にゲームコントローラ一応用意しておきました
アルフォンス・サイモン:はい
GM:魔剣の
GM:迷宮は
GM:鳥居千万宮ですね
アルフォンス・サイモン:動くかは分かりませんが手元に用意してあります
アルフォンス・サイモン:はい
GM:はい
アルフォンス・サイモン:まずは町に行って情報収集することにします
GM:どこへ向かいましょう?
アルフォンス・サイモン:睡蓮亭に向かってみます
アルフォンス・サイモン:酒場ならまず情報が集まるはず
アルフォンス・サイモン:OK

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 睡蓮亭 】

アルフォンス・サイモン:「たのもー」
アルフォンス・サイモン:「師匠の命あって町の人々から願い事などを聞きに参った」
梨里:「はいは~い」
アルフォンス・サイモン:「現在民草を悩ませている魔物の情報など苦労していることはないか?」
梨里:「あらぁ~」
梨里:「見ない顔ねぇ」
梨里:「旅人さんかしら?」
李 小龍:「おひさしぶりです、梨里さん」
梨里:「あらぁ」
梨里:「シャオロンくんじゃない」
アルフォンス・サイモン:「そなたの知り合いか…この方は」
李 小龍:「ええ」
李 小龍:「わたしもこの町は長いですからね」
アルフォンス・サイモン:「我は西の国よりまいった武芸の修練者である」
梨里:「なに? シャオロンくんのお友達?」
李 小龍:「友・・・」
李 小龍:「ええ、
李 小龍:「そうですね」
李 小龍:「兄弟弟子・・・といったところでしょうか」
梨里:「まぁ!」
梨里:「ずいぶん遠くからきたのね!」
アルフォンス・サイモン:「左様である。時におぬし、民草を悩ませている事は無いか?」
梨里:「よかったら上がってお茶でも飲んでいきなさいな」
梨里:「悩みねぇ・・・」
梨里:(お茶だしながら)
李 小龍:「(ずずず...)」
アルフォンス・サイモン:「東の国の人々からすればそうであるな。お茶か…有難い、1杯頂くとするかな」
GM:探索判定でもどうぞ
アルフォンス・サイモン:「この辺りを悩ませている魔物でも何でも良い。協力しようぞ」
アルフォンス・サイモン:OK
GM:8で成功10でボーナス情報
李 小龍:2d 平目
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[4,5] → 9
アルフォンス・サイモン:知力ボーナス1+れんジャーレベル1
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8
GM:ふむ
GM:それでは8成功したら
アルフォンス・サイモン:1+1+8で10
GM:店内の四隅に
アルフォンス・サイモン:はい
GM:「札」が貼ってあることにきづきますね
GM:10成功で
GM:それには「妖魔退散」と書いてあることまできづくでしょう
アルフォンス・サイモン:はい
GM:どうしますか?<RP
アルフォンス・サイモン:「妖魔退散…妖怪騒動でも起こっているのか?」
アルフォンス・サイモン:お任せを
梨里:「あ~」
梨里:「それねえ」
アルフォンス・サイモン:「どうやら、事は深刻なようだな」
梨里:「そんなおおげさなものじゃないったらw」
梨里:「えっとね」
梨里:「亡くなった旦那がね、
梨里:「ひどく 妖怪の類を嫌ってるひとだったのよ」
アルフォンス・サイモン:「おっと、失礼した。なるほど旦那にまつわるものか」
アルフォンス・サイモン:「ふむ…」
李 小龍:「ああ・・・・その節は  お悔やみ申し上げます」
梨里:「いいのよ」
梨里:「もうずいぶん前のことだから」
GM:すると
GM:奥から
GM:一人の少年があらわれます
アルフォンス・サイモン:(!?何だ…)
寛巳:「かあさん」
アルフォンス・サイモン:(少年だったか)
寛巳:「ボクの靴下しらないかな・・・って」
寛巳:「あれ」
寛巳:「お客さん?」
寛巳:「あっ」
寛巳:「李さん、こんにちは」
アルフォンス・サイモン:「客人で参った」
李 小龍:「やあ」
李 小龍:「寛巳くん」
李 小龍:「お邪魔してるよ」
李 小龍:「アルさん」
李 小龍:「こちらは、梨里さんの息子さんで、寛巳くんです」
アルフォンス・サイモン:「承知した」
李 小龍:「寛巳くん、こちらはわたしの兄弟弟子で アルといいます」
寛巳:「こんにちは」
寛巳:「ええと、旅人さん?」
寛巳:「ここらじゃ見ない顔だけど」
アルフォンス・サイモン:「その通り、旅の修練者である」
寛巳:「修練・・・すごいですね」
アルフォンス・サイモン:「少年よ、靴下がどうしたとか行っておったが何か心当たりはあるか?」
寛巳:「?」
アルフォンス・サイモン:「探してこよう」
寛巳:「どういうことですか?」
寛巳:「李さん」
李 小龍:「いや」
李 小龍:「師匠のいいつけでね」
李 小龍:「街の人が困っていることがあったら」
李 小龍:「修行の一環として」
李 小龍:「耳を傾けてこいとおおせつかってね」
寛巳:「困っている・・・」
寛巳:少し歯切れがわるそうに
寛巳:そういいます
アルフォンス・サイモン:「街の人々に助太刀いたす」
寛巳:少し思うところがあるように
寛巳:母のほうをちらりとみながら
梨里:「寛巳」
梨里:「かあさんちょっと、お味噌とお醤油買ってくるから」
梨里:「少しの間店番おねがいね」
梨里:と、店をでていきますね
寛巳:「あ・・・うん」
アルフォンス・サイモン:「うむ、行ってらっしゃい」
李 小龍:「いってらっしゃい」
寛巳:「・・・・・・・・・」
李 小龍:「・・・・・・・」
李 小龍:「(アルさん・・・)」こそこそ
アルフォンス・サイモン:「(どうしたかね?)」
李 小龍:「(彼・・・なにか・・・迷っているような)」
李 小龍:「(何か・・・困っていることでもあるんでしょうか?)」
アルフォンス・サイモン:「(うむ、もう少し話してみよう)」
李 小龍:「(そうですね、よろしくおねがいします)」
アルフォンス・サイモン:「時に少年よ。怖がらなくても良いぞ。何か困ってるならなおさら協力致す。迷わず申してくれぬか?」
寛巳:「・・・・・・じつは」
アルフォンス・サイモン:「うむ」
寛巳:「この店に・・・妖魔払いの札があるのは」
寛巳:「ご存知でしょうか?」
アルフォンス・サイモン:茶の最後を飲み終えます
アルフォンス・サイモン:「うむ、それは先ほど確認した」
寛巳:「ええ・・・」
寛巳:「むかし・・・・
寛巳:「ボクがまだ小さかったころ」
寛巳:「鳥居千万宮に遊びに行った時に、傷ついた子狐をひろったことがあったんです」
アルフォンス・サイモン:「ほう」
李 小龍:「思いのほかこどものころは やんちゃだったんだね」
寛巳:「まあ・・・はい」
アルフォンス・サイモン:(やはり、妖魔関連の曰くがあったか…)
寛巳:「そのこは 世話をするうちに みるみる元気になって」
寛巳:「のちに」
寛巳:「そのこは、狐変化・・・・怪狐であったことがわかったんです」
寛巳:「その後も そのことは仲良く遊んで・・・・楽しい日々でした」
アルフォンス・サイモン:「何と、そういう事が」
アルフォンス・サイモン:「うむ、もしやその後…」
寛巳:「彼女はボクに、大切な母親の形見である綺麗な琥珀の石をくれたんです」
アルフォンス・サイモン:(まさかとは思うが…)
寛巳:「お礼に・・・・ボクも綺麗な石を彼女に贈ろうとして・・・」
寛巳:「でも・・それが用意できるまえに」
アルフォンス・サイモン:「もしや…」
寛巳:「妖怪嫌いだった父さんが」
寛巳:「彼女を 追い出してしまった・・・」
寛巳:「妖魔払いの札まで貼って・・・・」
アルフォンス・サイモン:「なるほどな…」
寛巳:「せっかく彼女への贈り物を用意したのに」
寛巳:「彼女がここへ現れることは・・・ありませんでした」
アルフォンス・サイモン:(いつの世も了見の狭い者は居るな…犠牲者か、この人々は)
李 小龍:「鳥居千万宮のほうへは行ってみたのかな?」
寛巳:「ええ」
寛巳:「でも・・・傷を癒した彼女は」
寛巳:「おそらく 本来あるべき、千万宮の深層へと帰っていったのでしょう」
寛巳:「ああ・・・
寛巳:「また会いたいとまではいいません
アルフォンス・サイモン:「承知した」
寛巳:「でも・・・この【翡翠の首飾り】を彼女にわたすことさえできれば・・・
寛巳:「?」
李 小龍:「アルさん・・」
アルフォンス・サイモン:「あい分かった」
アルフォンス・サイモン:「翡翠の首飾り、その者を見つけたら渡して見せようぞ」
寛巳:「・・・・・!?」
寛巳:「本当ですか!?」
アルフォンス・サイモン:「正直、その人が何処に居るかは分からぬ。が、ここまで足を突っ込んだ以上」
アルフォンス・サイモン:「我ができるだけのことをして何とかして見せようぞ」
アルフォンス・サイモン:「できるだけのことを精一杯してみせる」
李 小龍:「ふむ」
李 小龍:「話をきくに」
李 小龍:「鳥居千万宮の奥そこにいるのは」
李 小龍:「間違いなさそうですね」
寛巳:「・・・! ありがとうございます!」
寛巳:「お礼はお支払いします、どうか、どうか
寛巳:「これを
アルフォンス・サイモン:「よし、話は早い、そういうことならすぐさま鳥居千万宮に向かおう」
GM:といって、翡翠の首飾りをあなたたちへわたします
アルフォンス・サイモン:「有難い」
李 小龍:「そうですね」
アルフォンス・サイモン:OK
李 小龍:「これで、街の人の悩みが解決できますね!」
寛巳:「よろしくお願いします!!!」
アルフォンス・サイモン:こちらも酒場を後にしてすぐに鳥居千万宮に向かうことにします
アルフォンス・サイモン:「任せておけ…」
GM:では
GM:宿をでると
GM:入り口の脇の壁に背をあずけていた
GM:梨里に遭遇します
梨里:「ちょいとまちなっ」
李 小龍:「!?」
李 小龍:「李里さん!?」
アルフォンス・サイモン:「何者か」
GM:母ですw
アルフォンス・サイモン:失礼しました
梨里:「あの子の話はきいたのかい?」
アルフォンス・サイモン:それと今USBコントローラーつなぎましたが起動しない模様、操作方法調べながらダンジョン探索します
アルフォンス・サイモン:「ああ、聞いた」
梨里:「・・・・・・あのひとも強情だったからねぇ」
アルフォンス・サイモン:「我らには千年鳥居宮の奥に居る狐のお嬢に首飾りを届ける義務がある、何とかする」
アルフォンス・サイモン:「そのことも聞いた」
梨里:「あの子・・・寛巳も気に病んでいたみたいでねぇ」
梨里:「なんとかしてやりたいとおもっていたのさ」
梨里:「身内の面倒ごとをおしつけるみたいでもうしわけないねぇ・・・」
梨里:「どうか、これをもってってくんな」
梨里:と
アルフォンス・サイモン:「構わんさ…協力するといった以上それがこちらの仕事だ」
アルフォンス・サイモン:はい
GM:ヒールポーション3個と、アウェイクポーション1個、テントを
GM:アルへ渡します
アルフォンス・サイモン:分かりました
アルフォンス・サイモン:反映させます
梨里:「これで、冒険の助けになるかはわからないけど・・・」
梨里:「きっと・・・生きて帰っておいでよ?」
GM:そうして見送られ
GM:あなたたちは
GM:鳥居千万宮へとのりこみます
アルフォンス・サイモン:たった今ヒールポーション3個、アウェイクポーション1個、テント1個キャラシートに反映させました
アルフォンス・サイモン:OK

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【鳥居千万宮】

GM:最初の
GM:Tkoolでの
アルフォンス・サイモン:はい
GM:初期の進入口が
GM:ここですね
GM:(コマの位置)
アルフォンス・サイモン:はい
GM:どちらへ向かうか指示して、分岐まで進んで、また指示して
GM:を
GM:繰り返していきましょう
GM:エンカウントした箇所はこちらで指示します
アルフォンス・サイモン:はい
アルフォンス・サイモン:では北(テンキー8の方向に進みます)
GM:まず
GM:広場にでて
アルフォンス・サイモン:はい
GM:鳥居が4つ
GM:赤と、青と、緑と、黄の 鳥居があります
GM:どちらへ向かいますか?
アルフォンス・サイモン:こちらVXの方広場に移動しました
GM:はい
アルフォンス・サイモン:青に進んでみます
GM:まず、←↑の丁字路にあたるかとおもいます
アルフォンス・サイモン:はい
アルフォンス・サイモン:←↑の方向に通路が続いてます
GM:どちらへすすみますか?
アルフォンス・サイモン:←の方向に
アルフォンス・サイモン:広場らしき場所を発見
GM:3x3の部屋へでますね
アルフォンス・サイモン:はい
アルフォンス・サイモン:移動しました
GM:中央には
GM:宝箱がひとつ
アルフォンス・サイモン:はい
李 小龍:「なにやら・・・宝箱がありますね?」
李 小龍:「どうしましょうか?」
アルフォンス・サイモン:「うむ」
GM:【宝箱とじ】
アルフォンス・サイモン:「我はレンジャー技能と確か開場用ツールを持っておったが…」
アルフォンス・サイモン:「しばし待たれよ」
李 小龍:「はい」
李 小龍:「よろしくおねがいします!」
アルフォンス・サイモン:と道具袋を探します
アルフォンス・サイモン:「斥候(スカウト)用ツールであった」
李 小龍:「さすがアル殿!」
李 小龍:「準備にぬかりはないですな!」
アルフォンス・サイモン:「うむ」
アルフォンス・サイモン:たしか、スカウト用ツールで開場難易度4下がるだった
アルフォンス・サイモン:一度開場してみます
GM:罠があるかどうかを調べる判定をしましょう
アルフォンス・サイモン:じゃ無かったあったらペナルティなしだった
アルフォンス・サイモン:はい
GM:s 2d
どどんとふ:シークレットダイス
s2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[5,5] → 10
GM:シークレットダイス
GM:目標値シークレットで
GM:どうぞ
GM:DR
アルフォンス・サイモン:スカウト1+器用度3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[6,4] → 10
GM:ふむ
アルフォンス・サイモン:合計14
GM:罠はかかっていませんでした
アルフォンス・サイモン:OK
GM:「2d+4」でふれたりします
アルフォンス・サイモン:開けてみます
アルフォンス・サイモン:分かりました
どどんとふ:シークレットダイス
s2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[1,3] → 4
GM:シークレットダイス
GM:武器を発見します
GM:その武器とは・・・
アルフォンス・サイモン:「これは…」
GM:2dを2回どうぞ
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[6,2] → 8
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6
アルフォンス・サイモン:14
GM:ラップドボウ(ランクA)ですね
アルフォンス・サイモン:「弩弓ではないか」
アルフォンス・サイモン:「しかも高級品と来た。思わぬ収穫である」
アルフォンス・サイモン:「一応、もって行こう
李 小龍:「幸先がいいですね・・・
李 小龍:「流石は魔剣の迷宮」
GM:【bg_none】
李 小龍:「ふむ・・・
アルフォンス・サイモン:「うむ、では先に行こう」
李 小龍:「先へ進みましょうか」
アルフォンス・サイモン:先ほどの分岐路に戻ります
GM:はい
アルフォンス・サイモン:今度は上の方向に
アルフォンス・サイモン:↑です
アルフォンス・サイモン:長い通路を移動したらまた分岐路に
GM:では
GM:分岐にもどったところで
GM:魔物と遭遇します!

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【エンカウントバトル:蛮族戦】

アルフォンス・サイモン:分かりました
どどんとふ:シークレットダイス
s1d5
SwordWorld2.0 : (1D5) → 1
GM:シークレットダイス
アルフォンス・サイモン:VXの方、元の場所に戻りました
どどんとふ:シークレットダイス
s1d
SwordWorld2.0 : (1D6) → 3
GM:シークレットダイス
GM:げっ
GM:大丈夫かな
アルフォンス・サイモン:?
GM:まあ
GM:魔物知識判定からいきましょう
GM:といっても
GM:セージは
アルフォンス・サイモン:OK
GM:李だけか
GM:まあ知名度だけ平目でふってもいいですけどね
GM:この卓ではよしとします
李 小龍:2d+3
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 10[5,5]+3 → 13
アルフォンス・サイモン:こちらセージ技能などが無いので平目で振ります
アルフォンス・サイモン:どうぞ
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
アルフォンス・サイモン:OK,
アルフォンス・サイモン:振りました
GM:OK
GM:弱点ぬけました
GM:ボガード1体です
GM: 
GM:弱点は
アルフォンス・サイモン:分かりました
GM:物理ダメ+2
GM:先制判定目標は
GM:11
李 小龍:2d 平目先制
SwordWorld2.0 : (2D6) → 12[6,6] → 12
李 小龍:ふぁ!?
李 小龍:こんなところで
李 小龍:ダイス運を
アルフォンス・サイモン:スカウト1+敏捷度2
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[5,1] → 6
アルフォンス・サイモン:9なので先制失敗です
GM:平目でとれたので(卓によってとれるかどうかはまちまちですが)
GM:こちらの先制にしましょう
アルフォンス・サイモン:分かりました
GM:battle start!!!
李 小龍:「!?」
李 小龍:「あれは・・・・・」
李 小龍:「ボガードです!」
李 小龍:「アルさん、構えてください!」
李 小龍:「強敵ですよ!」
アルフォンス・サイモン:「承知した」
GM:こちらのターン
GM:行動どうぞ
アルフォンス・サイモン:では私はボガートにバスタードソードで切りかかります
アルフォンス・サイモン:切りかかろうと島巣立った
GM:はい
GM:敵は固定値です!
ボガード:「くっくっく」
アルフォンス・サイモン:命中判定行います
ボガード:「命知らずな輩が忍び込んできおったわ!」
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用度3
ボガード:「その身、切り刻んでくれるぞ!」
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 12[6,6] → 12
アルフォンス・サイモン:「何の!」
GM:17でヒットですね
GM:ダメージどうぞ
アルフォンス・サイモン:分かりました
アルフォンス・サイモン:威力17
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[6,5] → 11
アルフォンス・サイモン:ダメージ7
GM:おおぅ
GM:レーティング表みながらやってるんですね
アルフォンス・サイモン:すみません
アルフォンス・サイモン:ルールを間違えるとまずいので。時間かかって申し訳ない
GM:7に、ファイター技能と、筋力Bたしてくださいね
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:ダメージ7ファイター技能2、筋力B2で11
アルフォンス・サイモン:11ダメージ
アルフォンス・サイモン:ボガートの残りHP10
ボガード:ボガードの
ボガード:防護点は3なので
ボガード:HP13で、物理ダメージの弱点が2なので
ボガード:結果HP11ですね!
アルフォンス・サイモン:はい
GM:ボガードに10のダメージ!(HP:21->11)
李 小龍:「・・・・す、すごい」
李 小龍:「なんという豪腕だ・・・」
ボガード:「くっ!?」
ボガード:「この人族・・・
ボガード:「やりやがる」
李 小龍:「わたしもつづきます!」
アルフォンス・サイモン:「どうだ!伊達に西の国で修行してきたわけではないぞ!」
李 小龍:「キャッツアイ発動!」
GM:李 小龍のMPを-3消費! (MP:9->6)
李 小龍:命中を3Rのあいだ+1
李 小龍:2d+5>11 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5>11) → 4[1,3]+5 → 9 → 失敗
李 小龍:2d+5>11 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5>11) → 7[6,1]+5 → 12 → 成功
李 小龍:2d+7>11
SwordWorld2.0 : (2D6+7>11) → 7[6,1]+7 → 14 → 成功
李 小龍:両手利きなので
李 小龍:最初の2発は、命中がー2します
アルフォンス・サイモン:分かりました
李 小龍:k10+4 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[6,6 4,1]=12,5 → 7,2+4 → 1回転 → 13
李 小龍:k10+4 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[6,2]=8 → 4+4 → 8
李 小龍:うわ、まわった
李 小龍:C(13+8-3-3+2+2)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 19
李 小龍:C(19-11)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 8
GM:ボガードに21のダメージ!(HP:11->0)
ボガード:「ぐぁ・・・!?」
ボガード:「くそがぁ・・・・」
アルフォンス・サイモン:「お見事」
ボガード:ばたり
李 小龍:「いえ・・・
李 小龍:「アル殿こそ・・・・」
李 小龍:「いや」
李 小龍:「兄者とよばせていただいてもよろしいか?」
アルフォンス・サイモン:「恐れ多い」
李 小龍:「いや、兄者、兄者の力にはおそれいった」
アルフォンス・サイモン:「お互い精進なされよ!はっはっはっ!!!」
李 小龍:「これからもよろしくたのむ」
GM:というわけで
GM:剥ぎ取りです!
アルフォンス・サイモン:(目標がまた一つできた)
GM:2Dをどうぞ
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[5,2] → 7
アルフォンス・サイモン:こちら7
GM:意匠を凝らした武器150G
アルフォンス・サイモン:「これは…高級品っぽいが、ひとまず頂いておこう」
アルフォンス・サイモン:キャラシートに記録しました

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

李 小龍:「さあ、すすもう」
アルフォンス・サイモン:OK
李 小龍:「兄者」
アルフォンス・サイモン:「うむ、参ろうか」
GM:師匠の依頼を更新します
アルフォンス・サイモン:↑の方向に進みます
アルフォンス・サイモン:OK
GM:はい
アルフォンス・サイモン:VXMAPのほう動かします
GM:さらに
アルフォンス・サイモン:分岐路で立ち止まりました
GM:分岐にあたりますね
アルフォンス・サイモン:はい
GM:どうしますか?
アルフォンス・サイモン:←の方向に
GM:はい
GM:では
GM:21-3で
GM:ふたたび敵と遭遇します!
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:「!?何奴」
アルフォンス・サイモン:21-3で止まりました
どどんとふ:シークレットダイス
s1d5
SwordWorld2.0 : (1D5) → 4
GM:シークレットダイス
どどんとふ:シークレットダイス
s1d
SwordWorld2.0 : (1D6) → 1
GM:シークレットダイス

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 エンカウント:VS アンデッド戦 】

アルフォンス・サイモン:セージ技能なしなので平目で魔物知識判定やります
GM:魔物知識どうぞ
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[6,5] → 11
李 小龍:2d+3
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 5[1,4]+3 → 8
GM:知名度だけですね<成功
GM:ゾンビです
アルフォンス・サイモン:分かりました
アルフォンス・サイモン:OK
GM:死体にマナがとりつき動き出した
GM:迷宮の傀儡ですね
アルフォンス・サイモン:「死霊の類か…」マーシャルアーツの構えを取る
アルフォンス・サイモン:なるほど
アルフォンス・サイモン:先制判定行ってよろしいでしょうか?
GM:どうぞ
GM:目標は
GM:7
アルフォンス・サイモン:スカウト技能1+敏捷度2
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[3,1] → 4
GM:成功ですね
アルフォンス・サイモン:7
アルフォンス・サイモン:OK
李 小龍:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[3,6] → 9
アルフォンス・サイモン:deha
アルフォンス・サイモン:戦闘エリアに出てゾンビに切りかかります
ゾンビ:「グウウウウウウウ」
李 小龍:「あれは・・・・
李 小龍:「生ける屍です・・・
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用度3
アルフォンス・サイモン:「成仏させてやろう」
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[5,5] → 10
李 小龍:「ですね、兄者」
アルフォンス・サイモン:15
ゾンビ:成功
ゾンビ:ダメージどうぞ
アルフォンス・サイモン:deha
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[4,1] → 5
アルフォンス・サイモン:3+ファイター2+筋力2で7
アルフォンス・サイモン:ゾンビの防護1で6ダメージ
GM:ゾンビに6のダメージ!(HP:25->19)
李 小龍:「体はもろいですが・・・・」
李 小龍:「うたれづよいですね!」
アルフォンス・サイモン:「うぬ!思ったよりこやつ頑丈である」
李 小龍:2d+5>10 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 9[4,5]+5 → 14 → 成功
李 小龍:2d+5>10 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 3[1,2]+5 → 8 → 失敗
李 小龍:2d+7>10
SwordWorld2.0 : (2D6+7>10) → 6[4,2]+7 → 13 → 成功
李 小龍:<ゾン1へ
李 小龍:k10+4@10 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[4,1]=5 → 2+4 → 6
李 小龍:k10+4@10 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[5,2]=7 → 3+4 → 7
李 小龍:C(6+7-1-1)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 11
GM:ゾンビに11のダメージ!(HP:19->8)
李 小龍:「ふむ・・・
李 小龍:「拳をうけても倒れませんか・・・」
李 小龍:「きます!」
アルフォンス・サイモン:(やってみるが良い…)
ゾンビ:choice[李,アル] #1
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → 李
ゾンビ:choice[李,アル] #2
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → アル
ゾンビ:それぞれ一発ずつ
ゾンビ:命中は固定で10
アルフォンス・サイモン:回避判定行います
李 小龍:2d+5>=10 李の回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=10) → 3[1,2]+5 → 8 → 失敗
李 小龍:ぐあ
アルフォンス・サイモン:ファイター2、敏捷度2
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[5,1] → 6
アルフォンス・サイモン:10
ゾンビ:同値優先で回避ですね
アルフォンス・サイモン:OK
ゾンビ:2d+3 ダメージ<李
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[3,4]+3 → 10
アルフォンス・サイモン:「動きが鈍い」
GM:李 小龍に10のダメージ!(HP:23->13)
ゾンビ:「ごおおおおおおおおおお!」
ゾンビ:てきこうげき
李 小龍:「ぐふっ....!?」
アルフォンス・サイモン:「行かん!小龍、大丈夫か!?
李 小龍:「す、すみません」
李 小龍:「まだやれます!」
アルフォンス・サイモン:「おのれ、貴様ら…」
GM:こちらのターン
アルフォンス・サイモン:「無理はするでないぞ」
李 小龍:「ええ・・」
GM:どうぞ
GM:攻撃
アルフォンス・サイモン:ゾンビ1に攻撃
アルフォンス・サイモン:ファイター技能2、器用度3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7
アルフォンス・サイモン:kotira
アルフォンス・サイモン:12
GM:HIT
GM:ダメージどうぞ
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[2,6] → 8
アルフォンス・サイモン:8で5、ファイター2、筋力2
アルフォンス・サイモン:で合計8
アルフォンス・サイモン:ダメージです
GM:ゾンビに8のダメージ!(HP:8->0)
ゾンビ:「aaaaaa.....」
アルフォンス・サイモン:「よし、何とかなぎ倒した」
ゾンビ:ぐちゃり
アルフォンス・サイモン:「だがもう一人居るようだな、油断はできまい」
李 小龍:「さきほどはよくもやってくれたな」
李 小龍:「受けよ!」
アルフォンス・サイモン:防護の型を取りながら
李 小龍:「わが 拳を!」
李 小龍:2d+5>10 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 7[4,3]+5 → 12 → 成功
李 小龍:2d+5>10 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 6[4,2]+5 → 11 → 成功
李 小龍:2d+7>10
SwordWorld2.0 : (2D6+7>10) → 9[4,5]+7 → 16 → 成功
李 小龍:k10+4@10 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[6,5 6,5 3,5]=11,11,8 → 6,6,4+4 → 2回転 → 20
李 小龍:k10+4@10 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[1,4]=5 → 2+4 → 6
李 小龍:k10+4@10 #3
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[1,2]=3 → 1+4 → 5
李 小龍:「おおおおおおおおおお!!!」
李 小龍:C(20+6+5-1-1-1)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 28
GM:ゾンビ_2に28のダメージ!(HP:25->0)
李 小龍:ボゴォ!
アルフォンス・サイモン:「うぬ、見事な拳さばき」
ゾンビ:「oooooooowwwww..........」
ゾンビ:ずぶずぶぅ・・・
アルフォンス・サイモン:(怒りは時として人を強くさせるようだな)
李 小龍:「ぐ.....は...」
アルフォンス・サイモン:「大丈夫か?、怪我の方は」
李 小龍:「ええ....すみません」
李 小龍:「一発もらってしまいました」
アルフォンス・サイモン:「行かん、すぐにでもヒーリングポーションを飲ませなくては」
アルフォンス・サイモン:ヒーリングポーション1本を使います
アルフォンス・サイモン:対象は小龍
GM:はい
GM:はい
アルフォンス・サイモン:ではキャラシートは反映させます
GM:威力20ですね
GM:ぷらす
GM:レンジャー+知力Bかな
アルフォンス・サイモン:反映させました。OK、レンジャー技能が無いので平目で振ります
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[1,4] → 5
アルフォンス・サイモン:5の模様
アルフォンス・サイモン:あ、あった
GM:レンジャーありましたっけ
アルフォンス・サイモン:面目ない、もう一度レンジャー1、知力1でした
アルフォンス・サイモン:はい
GM:7ですね
GM:李 小龍のHPを7回復(HP:13->20)
アルフォンス・サイモン:はい
李 小龍:「おぉぉ...」
李 小龍:「貴重なポーションを
李 小龍:「かたじけない兄者」
アルフォンス・サイモン:「ポーションは貴重だが状況が状況だ。それにポーションははたいて資金を稼げばいつでも買える。行こう」
李 小龍:「・・・兄者」
李 小龍:「はい!」
アルフォンス・サイモン:「行こう。前進あるのみ」

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

アルフォンス・サイモン:というわけで←の方向へ移動再開します
GM:OKです
どどんとふ:シークレットダイス
s1d5
SwordWorld2.0 : (1D5) → 5
どどんとふ:シークレットダイス
s1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 5
アルフォンス・サイモン:VXの方一応分岐路で待機させてます
GM:どちらへすすみます?
アルフォンス・サイモン:←の方向に
GM:はい
GM:←↑の分岐ですね
GM:おそらくつぎは
アルフォンス・サイモン:はい
GM:どちらへ?
アルフォンス・サイモン:←の方向に
GM:hai
GM:はい
GM:突き当たりますね
GM:そのまま↓へ
アルフォンス・サイモン:お待ちを、コマを動かします
アルフォンス・サイモン:VXの方も動かします
アルフォンス・サイモン:下に行きます
GM:6-4
GM:ポイントで
GM:エンカウントしますね
アルフォンス・サイモン:OK

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 エンカウントバトル : VS 魔法生物戦】

GM:魔物知識からいきましょう
アルフォンス・サイモン:分かりました
アルフォンス・サイモン:セージ技能が無いので平目
李 小龍:2d+3
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 6[2,4]+3 → 9
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9
GM:知名度のみ
GM:やや大きなガストです
GM:ガストとは
GM:地をさまよう
GM:魂と影がむすびついた
GM:奇妙な存在です
GM:魔法文明時代に
GM:作られたとする説がありますが
GM:その正体は謎につつまれています
アルフォンス・サイモン:「何だ、今度は大気が意志を持ったような奴が現れたぞ」
アルフォンス・サイモン:先制判定します
アルフォンス・サイモン:スカウト1敏捷度2
GM:はい
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[1,4] → 5
アルフォンス・サイモン:こちら8
GM:成功
李 小龍:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[6,1] → 7
アルフォンス・サイモン:分かりました
李 小龍:「あれは、ガストです!」
李 小龍:「正体がいまだ解明されていない魔物です」
アルフォンス・サイモン:「知っているのか?」
李 小龍:「ええ、私も何度か遭遇したことがあります」
李 小龍:「みためよりも動きがはやいやつですよ」
李 小龍:「気をつけてください」
アルフォンス・サイモン:「正体不明の魔物とはな…全く、この場所はいろいろ楽しませてくれるわ」
李 小龍:「しかし・・・通常よりもやや大きい個体のようです」
李 小龍:「兄者・・・! お気をつけを!」
アルフォンス・サイモン:ガスト1に刀剣をたたきつけます
GM:はい
GM:回避は10です
ガストルーク:「シュウウウウウウ......」
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
アルフォンス・サイモン:12、成功
GM:ダメをどうぞ
アルフォンス・サイモン:ダメージ算出に入りますがよろしいですか?
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[2,3] → 5
アルフォンス・サイモン:レーティング3、ファイター2、筋力2
GM:ガストルークに6のダメージ!(HP:18->12)
アルフォンス・サイモン:合計7から防護点引いて6
GM:ダメージ
李 小龍:「兄者、わたしも参ります!」
アルフォンス・サイモン:「何だ!今まで戦ったれんちゅうとちがってとらえどころが無いぞ!」
李 小龍:2d+7>10 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+7>10) → 7[2,5]+7 → 14 → 成功
李 小龍:2d+7>10 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+7>10) → 7[5,2]+7 → 14 → 成功
李 小龍:2d+5>10
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 3[2,1]+5 → 8 → 失敗
李 小龍:k10+4@10 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[5,5 2,6]=10,8 → 5,4+4 → 1回転 → 13
李 小龍:k10+4@10 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[4,4]=8 → 4+4 → 8
李 小龍:C(13+8-1-1)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 19
GM:ガストルークに19のダメージ!(HP:12->0)
アルフォンス・サイモン:「やったか!?」
ガストルーク:「.....ぼすんっ」
李 小龍:「はい!」
李 小龍:「油断なされるな!」
李 小龍:「次がきますぞ!」
ガストルーク:choice[李,アル]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → アル
アルフォンス・サイモン:「うむ!」
ガストルーク:命中11で、アルに攻撃
ガストルーク:「ブシュウウウウ!!!!!!!!!!!!!」
GM:煙をたてながらせまってきます
アルフォンス・サイモン:ファイター2、敏捷度2
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[1,5] → 6
ガストルーク:HIT
アルフォンス・サイモン:[
アルフォンス・サイモン:「ぬおおおおおおお!!!!!!」
ガストルーク:2d+4 てきこうげき
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[2,6]+4 → 12
GM:アルフォンス・サイモンに8のダメージ!(HP:24->16)
李 小龍:「兄者!?」
アルフォンス・サイモン:毒々しいガスに包まれて意識が一瞬朦朧としかけた
李 小龍:「お、おのれ....ガストめ」
アルフォンス・サイモン:「ごほっごほっ…これは、たまらん」
アルフォンス・サイモン:思わずむせる
アルフォンス・サイモン:2ラウンド目なので命中判定行います
GM:はい
GM:回避10
どどんとふ:「アルフォンス・サイモン」がログインしました。
アルフォンス・サイモン:申し訳ない
GM:あい
アルフォンス・サイモン:一瞬ミスで体質を
アルフォンス・サイモン:では判定再開します
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用度2
アルフォンス・サイモン:じゃなかった、器用3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[3,3] → 6
GM:HIT
アルフォンス・サイモン:11で
アルフォンス・サイモン:はい、命中
アルフォンス・サイモン:ダメージ行います
GM:ダメどうぞ
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[3,2] → 5
アルフォンス・サイモン:3+2+2で7,1引いて6
アルフォンス・サイモン:6ダメージです
GM:はい
GM:ガストルーク_2に6のダメージ!(HP:18->12)
李 小龍:ではこちらも
李 小龍:2d+5>10 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 4[1,3]+5 → 9 → 失敗
李 小龍:2d+5>10 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 7[5,2]+5 → 12 → 成功
李 小龍:2d+7>10
SwordWorld2.0 : (2D6+7>10) → 6[5,1]+7 → 13 → 成功
李 小龍:k10+4@10 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[2,6]=8 → 4+4 → 8
李 小龍:k10+4@10 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[6,3]=9 → 5+4 → 9
李 小龍:C(8+9-1-1)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 15
GM:ガストルーク_2に15のダメージ!(HP:12->0)
ガストルーク:「.....ぷrぷる」
ガストルーク:「ボシュウウウウ」
GM:剥ぎ取りを2回どうぞ
アルフォンス・サイモン:「やったか…一体あのもの共は何だったんだ…」
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[5,1] → 6
李 小龍:「手ごわい相手でした」
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[6,3] → 9
GM:なし
GM:と
GM:魔力を帯びた石250G
アルフォンス・サイモン:「全くだ、勘弁願いたい…ん?あやつらこの様な物を落としていきおった」
アルフォンス・サイモン:「一応、持っておこう」
李 小龍:「ふむ」
李 小龍:「やつらは、蛮族がまれに魔石に封じ込めてもちあるくとききます」
李 小龍:「おそらく、魔石となんらかの関係のある魔物なのでしょう」
李 小龍:「商店で買い取ってもらえるかとおもいます」
李 小龍:「もっていてそんはないかと」
アルフォンス・サイモン:「なるほど、それで魔石か、承知した」

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

アルフォンス・サイモン:魔石をもって再び移動
GM:はい
アルフォンス・サイモン:↓→の分岐路に到着
GM:どちらへ?
アルフォンス・サイモン:→の方向に
GM:はい
GM:4x4の部屋ですね
アルフォンス・サイモン:はい
アルフォンス・サイモン:一度ここも調べてみます
GM:探索をどうぞ
アルフォンス・サイモン:OK、判定を行います
GM:難易度9
アルフォンス・サイモン:スカウト1、知力1
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
GM:むう
アルフォンス・サイモン:同値9で成功
李 小龍:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[5,2] → 7
GM:あ、
GM:成功か

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 邂逅...そして 】

GM:では
GM:正面右端の壁に
アルフォンス・サイモン:はい
GM:何の変哲もない
GM:竹薮の天然の壁にみえますが
GM:空中に浮かぶように
GM:獣のような
GM:尻尾が
GM:ふりふりとしているのが見えます
アルフォンス・サイモン:「もしや…探していた狐の彼女とやらかもしれぬ」
アルフォンス・サイモン:「すまぬ、おぬしの知り合いから翡翠の首飾りとやらを渡してくれと頼まれてまいった」
玖椰:「Σ」
玖椰:「な、なんでバレたのじゃ!?」
玖椰:「完璧に隠れておったつもりなのに!?」
アルフォンス・サイモン:「寛巳少年からの頼まれ事だ、敵対する気は無い」
玖椰:「Σ」
玖椰:「ひ、寛巳じゃと...っ!?」
アルフォンス・サイモン:「なあに、我の気を読む力とやらでおぬしだと分かった」
李 小龍:「..........(尻尾完全にみえてましたけどね)」ひそひそ<アル
アルフォンス・サイモン:「(細かいことはこの際気にするでない)」
玖椰:「翡翠の首飾り.....」
玖椰:「あやつめ....おぼえておったのか」
GM:といいつつも
アルフォンス・サイモン:「あの者がお主にどうしてもこれをと、お主のことを心配しておったぞ」
GM:その顔は綻んでいる
玖椰:「そ、そんなにか」
玖椰:「なんだか....照れるのう」
アルフォンス・サイモン:「受け取るが良い」(玖椰に翡翠の首飾りを手渡す)
玖椰:「あ、ありがとうのう」
玖椰:「わしもできれば....もうひとめ」
玖椰:「もうひとめだけ
アルフォンス・サイモン:「承知した。あいたいなら合わせてやろう」
アルフォンス・サイモン:「あのあほ親父はすでに他界したのといまだに下らん札なんぞ店にぶら下げているが心配するな、そんなもんもはや何の意味も無い」
アルフォンス・サイモン:「あいたいなら堂々とあえばよい」
玖椰:「そ、そうなのか?」
玖椰:「う....うぬ」
アルフォンス・サイモン:「おぬしら彼女彼氏の中だろうそれに」
アルフォンス・サイモン:「そんなあほ親父わしが少し説得して黙らせてやろう」
玖椰:「か・・・彼女」
玖椰:「ば、ばかもの!」
玖椰:「そんなんじゃないわい!」
アルフォンス・サイモン:「幸い母親の方はそこまで妖怪を毛嫌いしとらんようだったしな」
玖椰:「そ、そうなのか」
玖椰:(ポッ)
アルフォンス・サイモン:「おっと、失礼、そりゃないか」
アルフォンス・サイモン:「下らんこと何ぞ気に病むな。それに
李 小龍:「うんうん」
李 小龍:「兄者のいうとおりだ」
玖椰:「それに?」
アルフォンス・サイモン:「街の人々に協力するといった時点で我らも関係者なんでな」
アルフォンス・サイモン:「さて、どうする?我らは一度お前さんらを再会させるのに町に戻っても良いぞ」
李 小龍:「そうですよ、参りましょう?」
お紺:「それはならぬ」
玖椰:「か、かあさま!?」
アルフォンス・サイモン:「誰だ?お主は…って母親か」
お紺:「玖椰・・・人になにをされたかを忘れたわけではないでしょう?」
お紺:「あの少年のような人ばかりではないのですよ」
玖椰:「か、かあさま」
玖椰:「で、でも」
お紺:「なりません」
お紺:「あなたたちも」
アルフォンス・サイモン:「どうやら、お主らの事を快く思わない連中のことを知っているということだな…」
お紺:「甘言で、娘をたぶらかさないでいただきたいわ」
李 小龍:「・・・・・・寛巳くんに出会う前に傷ついていたのは」
李 小龍:「魔物のしわざではなかったんですね」
お紺:「ええ」
アルフォンス・サイモン:「ふむ…そういう事か」
お紺:「われ等の毛皮は、あなたたちの世界では大層な値段がつくそうではないですか」
玖椰:「で、でも」
アルフォンス・サイモン:「だが、これだけははっきり言おう。たぶらかすのが目的なら何故あの少年の首飾りを届けに来た?」
玖椰:「寛巳はそんな人間では!」
李 小龍:「そうです」
李 小龍:「あなたたちを傷つけるような人がいるのもたしかなのでしょう」
李 小龍:「ですが」
李 小龍:「魔物にもあなたたちのようなものがいるいっぽうで」
李 小龍:「人とて、すべてが悪というわけではないでしょう」
アルフォンス・サイモン:「あの少年の心を台無しにする気か?」
お紺:「・・・・・・・・・」
お紺:「わかりました」
お紺:「あなたたちが真に、ソレを望むのならば」
お紺:「私を力で説得してみなさい」
お紺:「真に志をもつものであれば」
アルフォンス・サイモン:「やはりそうなるか…」
お紺:「あなたたちが勝ることでしょう」
李 小龍:「・・・・・・・しかたありませんね」
お紺:「猶予を与えましょう」
お紺:「わたしとて」
お紺:「いたずらに人を殺めたいとは思っておりません」
アルフォンス・サイモン:「だな。師匠,
お紺:「ぞんぶんに準備をおこなってから」
お紺:「かかってきなさい」
アルフォンス・サイモン:「悪い。一度意思と意思の激突が起こったようだ…すまぬな…」
アルフォンス・サイモン:「一晩休んで万全の状態になってから挑もう」
アルフォンス・サイモン:「行こう、ここぞのテントだ、夜営の準備をしようぞ」
李 小龍:「ええ」
お紺:「ふむ」
お紺:「では
お紺:「明日
お紺:「ふたたびこの場所であいまみえましょう」
アルフォンス・サイモン:「承知した」
お紺:「それまでに 恐れをなし街へ帰るならそれもよし」
お紺:「しかし
お紺:「ここに残っていた場合は・・・・
お紺:「いいですね?」
アルフォンス・サイモン:「構わん」

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 野営:アルフォンスの過去 】

アルフォンス・サイモン:「さて、ではテントをはれそうな場所を探しに行こうぞ」
アルフォンス・サイモン:深々とお礼を下げこの場所を後にする
GM:ひとつ下の区画に
GM:どうようの
GM:部屋があります
GM:そこでやすめますね
アルフォンス・サイモン:分かりました
アルフォンス・サイモン:そこに向かいます
GM:野営
アルフォンス・サイモン:「さて…長い1日となった」
GM:焚き火を囲みながら
李 小龍:「ただの宅配のつもりが」
李 小龍:「なんだか面倒なことになってきましたね
アルフォンス・サイモン:「ここまで話は大きくなるとは思っても居なかったが、これも師匠の行ったとおり修行の一貫か」
アルフォンス・サイモン:「決断するときは決断しろ。と無言の試練かも知れんな。これは…」
李 小龍:「そうですね...」
李 小龍:「真の猛者になるためには」
李 小龍:「武力だけでは不十分ということでしょうか」
アルフォンス・サイモン:「西の国で旅していたとき…蛮族やら何やらの戦いに明け暮れてる連中もそうだが」
李 小龍:「ふむ、西の国のおはなし」
李 小龍:「興味ありますね」
アルフォンス・サイモン:「英雄的業績を上げることに血道をあげてひたすら無意味な戦いを繰り広げていた者たちも居た」
アルフォンス・サイモン:「ある意味彼らも強いだろう。目的がしっかりしているのだからな」
李 小龍:「・・・・・・・・・・」
アルフォンス・サイモン:「だが、そういう日常を過ごしているうちに。何かが、違う、あるいは」
李 小龍:「何か...とは?」
アルフォンス・サイモン:「ただひたすら業績を上げることに夢中になってるんじゃないか?力だけ追い求めているんじゃないか?」
アルフォンス・サイモン:「精神的な生活とやらを求めてこの修練者(モンク)の道を選んだ
李 小龍:「なるほど...」
アルフォンス・サイモン:「西の国ではいまだに我も傭兵という肩書きで見られているが、心はずっと修練者(モンク)である」
李 小龍:「兄者...」
アルフォンス・サイモン:「これがかつての傭兵としての我の経歴である」
李 小龍:「壮絶な日々を過ごしていたのですね」
李 小龍:「しかし そのさなかにあっても
李 小龍:「兄者は真実から目を背けることはしなかった...
アルフォンス・サイモン:「今更、肩書きについてどうこういう気はあるまい。どういっても自分が歩んできた過去なのだからな」
李 小龍:「兄者...
アルフォンス・サイモン:「買いかぶりすぎだぞ。いずれにせよ、今は明日の決断に向けてゆっくり休むときだ」
李 小龍:「そうですね.....
李 小龍:「兄者 塩漬け肉が焼けました
李 小龍:「どうぞ
アルフォンス・サイモン:「うむ、有難い」
GM:李の 保存食 -2
アルフォンス・サイモン:久しぶりに食べた保存食の塩付け肉はどこか懐かしい素朴だが高級食材より美味い、そう感じた
李 小龍:「お口にあったようでなによりです」
アルフォンス・サイモン:明日は試合の日、それに備えてしっかり休もう
李 小龍:「ええ」
アルフォンス・サイモン:薪ののろしは修練者たちを鼓舞するように立ち上がっていた
GM:HPを2割、MPを10割回復します
アルフォンス・サイモン:分かりました
GM:アルフォンス・サイモンのHPを6回復(HP:16->22)
GM:李 小龍のMPを+3回復、 ⇒(MP:6->9)
GM:李 小龍のHPを2回復(HP:20->22)
GM:李 小龍のHPを1回復(HP:22->23)
GM:そして夜が明けた

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 夜明け...そして 決戦のとき 】

GM:火の始末をして...
李 小龍:「さて....」
李 小龍:「では兄者」
アルフォンス・サイモン:「時が満ちた」
アルフォンス・サイモン:「行こう。決断のときだ」
李 小龍:「ええ!」
GM:そして
アルフォンス・サイモン:「頼もう」
GM:約束の場所へ
玖椰:「....!
玖椰:「おぬしら!
アルフォンス・サイモン:「逃げずに来た。決断に参った」
お紺:「ここへきたということは
お紺:「覚悟はできているのですね....」
アルフォンス・サイモン:「左様」
お紺:「いいでしょう」
お紺:「われわれは 相容れぬことができぬということ」
お紺:「その身をもって
アルフォンス・サイモン:「ここまで来たならば、引き返すわけには行くまい。行くぞ!」
お紺:「わからせてあげましょう
李 小龍:「応!!!」

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 イベントバトル : VS お紺・取り巻き蛮族】

アルフォンス・サイモン:魔物知識判定とかは必要でしょうか?
アルフォンス・サイモン:一応、魔物知識判定振ります
GM:はい
アルフォンス・サイモン:セージ技能が無いので平目で
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
李 小龍:2d+3
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 3[1,2]+3 → 6
李 小龍:げっ
李 小龍:お紺はディープグレムリン相当
李 小龍:ゴブリンは弱点ぬけず
李 小龍:ボガードは
李 小龍:初戦でぬいていたので
李 小龍:物理+2でいいです
GM:先制
GM:目標は11
アルフォンス・サイモン:スカウト1、敏捷性1
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 12[6,6] → 12
GM:おおおお
GM:やるときはやる男
アルフォンス・サイモン:敏捷度2でした
アルフォンス・サイモン:なので1増えて13ですがどうでしょう?
アルフォンス・サイモン:失礼、キャラシート常時確認やはり優先します。すみません
GM:はい
GM:いいですよ
アルフォンス・サイモン:失礼しました
GM:では
GM:バトルスタート!
アルフォンス・サイモン:ゴブリンに切りかかります
李 小龍:「いきましょう!」
ゴブリン:回避は10
アルフォンス・サイモン:命中判定 ファイター2、器用度3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[3,3] → 6
ゴブリン:HIT
アルフォンス・サイモン:ダメージはいります
ゴブリン:どぞ
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[1,5] → 6
アルフォンス・サイモン:レーティング4、ファイター2、筋力2
アルフォンス・サイモン:6ダメージ
GM:ゴブリンに6のダメージ!(HP:16->10)
李 小龍:「参る...」
李 小龍:ゴブへつづく
李 小龍:2d+5>10 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 8[5,3]+5 → 13 → 成功
李 小龍:2d+5>10 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5>10) → 7[1,6]+5 → 12 → 成功
李 小龍:2d+7>10
SwordWorld2.0 : (2D6+7>10) → 6[3,3]+7 → 13 → 成功
李 小龍:k10+4@10 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[6,4 1,3]=10,4 → 5,1+4 → 1回転 → 10
李 小龍:k10+4@10 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[5,1]=6 → 3+4 → 7
李 小龍:k10+4@10 #3
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[3,2]=5 → 2+4 → 6
李 小龍:C(7+6+10-2-2-2)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 17
GM:ゴブリンに17のダメージ!(HP:10->0)
ゴブリン:「げぼぉ...」
アルフォンス・サイモン:「ゴブリンは倒したが…まだ忠臣がいるか」
GM:剣戟と、拳打を同時に受け
GM:背後の木にたたきつけられる
GM:そのまま血のあぶくを吐き動かなくなる
アルフォンス・サイモン:「その忠臣ぶり、見せてみよ」防護の構えを取る
お紺:「多少は腕に覚えがあるようですね」
お紺:「しかし....」
お紺:「これはどうでしょう?」
アルフォンス・サイモン:「しかし…?」
お紺:[4]LV3■ファイア・ウェポン■1体/起点指定■近接・射撃攻撃の物理ダメージ+2、炎属性として扱う■1-221(189)
お紺:<ボガード
お紺:2d+7 魔力行使
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[4,3]+7 → 14
お紺:成功
アルフォンス・サイモン:(む…あれは妖精魔法)
アルフォンス・サイモン:「気をつけろ、この者、妖精魔法の使い手だ
GM:操霊魔法ですねw
アルフォンス・サイモン:失礼しました
GM:いえw
李 小龍:「ええ...」
李 小龍:「武器に炎がまとわりついています...」
李 小龍:「心して迎えましょう」
ボガード:choice[李,アル]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → 李
ボガード:李へ
ボガード:命中11
李 小龍:2d+5>=11
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=11) → 7[2,5]+5 → 12 → 成功
ボガード:ミス
ボガード:「ふん....!!」
ボガード:k
李 小龍:「っ
李 小龍:「ここで・・・・やられるわけにはいかない!」
アルフォンス・サイモン:「大丈夫か?」
李 小龍:「ええ、
李 小龍:「次はわれわれのばんです!」
アルフォンス・サイモン:「よし、行くぞ!」
アルフォンス・サイモン:命中判定に入ります
GM:どぞ
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[2,4] → 6
アルフォンス・サイモン:11
GM:同値優勢で回避ですね
GM:ミス
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:[
李 小龍:「兄者...! 肩をかります!」
李 小龍:兄者の肩を相場に
李 小龍:足場に
アルフォンス・サイモン:「外したか…
李 小龍:宙をまう
李 小龍:2d+5>11 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5>11) → 4[3,1]+5 → 9 → 失敗
李 小龍:2d+5>11 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5>11) → 5[3,2]+5 → 10 → 失敗
李 小龍:2d+7>11
SwordWorld2.0 : (2D6+7>11) → 9[4,5]+7 → 16 → 成功
李 小龍:「おおおおお!!!!」
李 小龍:k10+4@10
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[2,5]=7 → 3+4 → 7
李 小龍:C(7-3+2)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 6
GM:ボガードに6のダメージ!(HP:21->15)
ボガード:「むう....」
李 小龍:「くっ!
李 小龍:「浅い...」
アルフォンス・サイモン:(この者…できるな…)
GM:お紺のMPを-4消費! (MP:29->25)
お紺:[6]LV4■ポイズン・クラウド■空間/起点指定■手番終了時ごとに3点、毒属性の魔法ダメージ■1-222(190)
GM:お紺のMPを-6消費! (MP:25->19)
お紺:choice[李,アル]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → 李
お紺:2d+7
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[3,3]+7 → 13
李 小龍:2d+3>=13
SwordWorld2.0 : (2D6+3>=13) → 10[6,4]+3 → 13 → 成功
お紺:「ぬう・・・
お紺:「われの毒霞をかわすとは・・・」
李 小龍:「あぶないところでした...」
李 小龍:側転しながら毒の霧をかわす
ボガード:choice[李,アル]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → アル
アルフォンス・サイモン:「毒雲まで使うか…たいした操霊術師だな
ボガード:命中11
ボガード:回避どぞ
アルフォンス・サイモン:ファイター2、敏捷2
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9
ボガード:ミス
アルフォンス・サイモン:13で回避成功
ボガード:「ぶるぁぁぁぁ」
ボガード:しかしボガードの大降りはアルの陰をかすめるにとどまった
アルフォンス・サイモン:「魔法がついていても動きが単調だぞ」
お紺:「なんと....ここまで」
アルフォンス・サイモン:「こちらの出番であるな」
お紺:「人のもてる力というやつか
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[1,4] → 5
アルフォンス・サイモン:失敗
ボガード:ミス
李 小龍:「兄者! おまかせを!」
李 小龍:2d+5>11 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5>11) → 8[5,3]+5 → 13 → 成功
李 小龍:2d+5>11 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5>11) → 3[2,1]+5 → 8 → 失敗
李 小龍:2d+7>11
SwordWorld2.0 : (2D6+7>11) → 6[3,3]+7 → 13 → 成功
李 小龍:k10+4@10 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[3,1]=4 → 1+4 → 5
李 小龍:k10+4@10 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[4,1]=5 → 2+4 → 6
李 小龍:C(11-3-3+2+2)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 9
GM:ボガードに9のダメージ!(HP:15->6)
ボガード:拳を2発くらい、一瞬よろめくが踏みとどまる
お紺:「次はこちらの番だ!」
アルフォンス・サイモン:「たいした根性だな…」
お紺:[6]LV1■スパーク■空間/起点指定■「威力0+魔力」点、雷属性の魔法ダメージ■1-219(187)
お紺:ボガードを巻き込みながら
お紺:3体のいる地点へ
お紺:スパーク
GM:お紺のMPを-6消費! (MP:19->13)
お紺:2d+7 魔力行使一括
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 2[1,1]+7 → 9
お紺:げっ
お紺:ふぁぶった
ボガード:抵抗成功
お紺:いや
お紺:うん
アルフォンス・サイモン:ファンブルなのでこちらも精神抵抗は成功ということでよろしいでしょうか?
アルフォンス・サイモン:一応精神抵抗チェックやっておきます
GM:精神抵抗というか
アルフォンス・サイモン:はい
GM:ええそうですね
GM:自動的に失敗なので
GM:判定の可否関係なく
GM:抵抗成功ですね
アルフォンス・サイモン:はい
アルフォンス・サイモン:OK
アルフォンス・サイモン:一応練習で、冒険者レベル3、精神1
お紺:k0+7@13 [ボガ,アル,李]の順番 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+7 → 2D:[3,4]=7 → 2+7 → 9
お紺:k0+7@13 [ボガ,アル,李]の順番 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+7 → 2D:[6,6]=12 → 4+7 → 11
お紺:k0+7@13 [ボガ,アル,李]の順番 #3
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+7 → 2D:[4,2]=6 → 1+7 → 8
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[5,6] → 11
お紺:の半分の切捨て
お紺:4,5,4
GM:アルフォンス・サイモンに5のダメージ!(HP:22->17)
アルフォンス・サイモン:こちらは15
GM:ボガードに4のダメージ!(HP:6->2)
GM:李 小龍に4のダメージ!(HP:23->19)
お紺:「ちっ」
お紺:「いまひとつか...
アルフォンス・サイモン:「ぐは…」
李 小龍:「いまので『いまひとつ』ですか」
ボガード:choice[李,アル]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → 李
李 小龍:2d+5>=11
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=11) → 7[5,2]+5 → 12 → 成功
ボガード:「Fooooooohhhhhhhh!!!!」
ボガード:ぶおん!
李 小龍:「ふっ....!]
李 小龍:「一発でももらえば....あぶないですね」
アルフォンス・サイモン:「げほ、げほ…たいした毒雲だな。全く」
李 小龍:「しかし」
李 小龍:「好機です!」
アルフォンス・サイモン:「畳み掛ける!」
GM:ああいまのは
GM:スパークですねw
GM:しびれるやつですw
アルフォンス・サイモン:OK、間違えました
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
ボガード:HIT
アルフォンス・サイモン:ダメージ入ります
アルフォンス・サイモン:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7
GM:ボガードに6のダメージ!(HP:2->0)
ボガード:「ぐぉおおおお....」
ボガード:アルの一閃がボガードを袈裟切りに、床へとたたきつけた
アルフォンス・サイモン:「一閃!」
お紺:「なにっ...!?」
お紺:「ボガードをいともたやすく!?」
李 小龍:「........どこをみている?」
アルフォンス・サイモン:「お主だけだな…後は」
李 小龍:2d+5 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 6[3,3]+5 → 11
李 小龍:2d+5 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 5[3,2]+5 → 10
李 小龍:2d+7
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 8[3,5]+7 → 15
お紺:「ぬぅ!?」
お紺:2d+5 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 8[2,6]+5 → 13
お紺:2d+5 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 8[6,2]+5 → 13
お紺:2d+5 #3
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 8[3,5]+5 → 13
李 小龍:1発
李 小龍:k10+4@10
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[4,2]=6 → 3+4 → 7
GM:お紺に7のダメージ!(HP:31->24)
李 小龍:「ちっ」
李 小龍:「だが・・・
李 小龍:「一発ははいった」
お紺:「くっ....!!!」
アルフォンス・サイモン:(よくやった…しかしまだ戦いは続くぞ)
お紺:[6]LV1■スパーク■空間/起点指定■「威力0+魔力」点、雷属性の魔法ダメージ■1-219(187)
GM:お紺のMPを-6消費! (MP:13->7)
お紺:2d+7 魔力行使一括
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 3[2,1]+7 → 10
お紺:出目がくさる~
李 小龍:2d+5>=10
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=10) → 9[3,6]+5 → 14 → 成功
アルフォンス・サイモン:精神抵抗します
李 小龍:まちがえた、
李 小龍:固定値3でした
アルフォンス・サイモン:冒険者レベル2、精神力1
李 小龍:でも12だから成功
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[4,4] → 8
アルフォンス・サイモン:11
お紺:成功ですね
アルフォンス・サイモン:はい
お紺:k0+7@13 アル、リー #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+7 → 2D:[4,1]=5 → 0+7 → 7
お紺:k0+7@13 アル、リー #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+7 → 2D:[2,1]=3 → 0+7 → 7
アルフォンス・サイモン:「おっと!これはたまらん」
お紺:3ダメージずつ
GM:アルフォンス・サイモンに3のダメージ!(HP:17->14)
GM:李 小龍に3のダメージ!(HP:19->16)
李 小龍:「くっ...!」
李 小龍:「じわじわじわじわと」
李 小龍:「兄者...!
アルフォンス・サイモン:3ターン目
李 小龍:「このままではジリ貧です...」
李 小龍:「そろそろ決着をつけねば
アルフォンス・サイモン:「ここで諦めてどうするのだ」
李 小龍:「......! 兄者!」
アルフォンス・サイモン:「ポーションもまだあるぞ!諦めるな」
李 小龍:「ええっ!!!!
アルフォンス・サイモン:ひとまず命中判定に入ります
GM:はい
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用度3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[2,4] → 6
アルフォンス・サイモン:11
お紺:2d+5>=11 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=11) → 9[5,4]+5 → 14 → 成功
お紺:ミス
李 小龍:「わたしにおまかせを!」
李 小龍:「キャッツアイ!」
アルフォンス・サイモン:「術士だけあって素早い…!」
GM:李 小龍のMPを-3消費! (MP:9->6)
李 小龍:3R,命中+1
李 小龍:2d+6 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 6[5,1]+6 → 12
李 小龍:2d+6 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[3,4]+6 → 13
李 小龍:2d+8
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 9[4,5]+8 → 17
お紺:2d+5>=12
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=12) → 7[1,6]+5 → 12 → 成功
お紺:2d+5>=13
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=13) → 9[4,5]+5 → 14 → 成功
お紺:2d+5>=17
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=17) → 7[1,6]+5 → 12 → 失敗
李 小龍:k10+4@10
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[6,1]=7 → 3+4 → 7
李 小龍:7ダメージ
GM:お紺に7のダメージ!(HP:24->17)
李 小龍:「たしかに.....彼女はすばやい」
李 小龍:「しかし...」
李 小龍:「みてください 兄者」
李 小龍:「彼女の身にまとうオーラが
アルフォンス・サイモン:「どうしたのだ?」
李 小龍:「枯渇しかけています」
李 小龍:「このまま畳み掛けましょう!」
アルフォンス・サイモン:「確かに」
アルフォンス・サイモン:「うむ!」
お紺:[6]LV1■スパーク■空間/起点指定■「威力0+魔力」点、雷属性の魔法ダメージ■1-219(187)
GM:お紺のMPを-6消費! (MP:7->1)
お紺:2d+7 魔力一括行使、スパーク
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[2,5]+7 → 14
李 小龍:2d+3>=14 魔力抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+3>=14) → 6[2,4]+3 → 9 → 失敗
アルフォンス・サイモン:冒険者レベル2、精神1
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[6,3] → 9
アルフォンス・サイモン:失敗
お紺:k0+7 アル、り #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.0c[10]+7 → 2D:[6,4 6,2]=10,8 → 3,2+7 → 1回転 → 12
お紺:k0+7 アル、り #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.0c[10]+7 → 2D:[3,6]=9 → 3+7 → 10
お紺:げっ
GM:アルフォンス・サイモンに12のダメージ!(HP:14->2)
GM:李 小龍に10のダメージ!(HP:16->6)
アルフォンス・サイモン:「ぬおおおおおおお」
李 小龍:「ぐああああああ」
李 小龍:BiriBiriBiriBiriBiriBiriBiriBiriBiriBiriBiri...........!!!!!!!!!
お紺:「あなたたちの強運もここまでですよ...」
アルフォンス・サイモン:黒くなって煙をあげつつも片足をついて「まだ終わってはおらぬぞ…!!!」
アルフォンス・サイモン:4ターン目
李 小龍:肩をおさえながら
李 小龍:「まだ、まだ、
アルフォンス・サイモン:命中判定に入ります
李 小龍:「おわっていない!」
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9
アルフォンス・サイモン:14
お紺:2d+5>=14
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=14) → 10[4,6]+5 → 15 → 成功
お紺:ミス
アルフォンス・サイモン:[
アルフォンス・サイモン:「外したか…」
李 小龍:2d+6 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 10[6,4]+6 → 16
李 小龍:2d+6 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 3[1,2]+6 → 9
李 小龍:2d+8 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 8[5,3]+8 → 16

お紺:2d+5>=16
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=16) → 7[3,4]+5 → 12 → 失敗
お紺:2d+5>=9
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=9) → 11[5,6]+5 → 16 → 成功
お紺:2d+5>=16
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=16) → 7[3,4]+5 → 12 → 失敗
李 小龍:k10+4@10 #1
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[5,2]=7 → 3+4 → 7
李 小龍:k10+4@10 #2
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+4 → 2D:[1,4]=5 → 2+4 → 6
李 小龍:C(7+6)
SwordWorld2.0 : 計算結果 → 13
GM:お紺に13のダメージ!(HP:17->4)
お紺:「くっ.....!
お紺:「ふ、ふふふ
お紺:「わたしの勝ちです!
お紺:「スパー.......
お紺:「なっ!?
お紺:「ま、魔力が....!?
アルフォンス・サイモン:「お主とて魔力が枯渇したではないか」
お紺: 残りMP1
お紺:「くっ
お紺:「まだです!
お紺:choice[李,アル]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[李,アル]) → アル
アルフォンス・サイモン:回避判定します
お紺:2d+4 命中(扇による打撃)
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[4,4]+4 → 12
アルフォンス・サイモン:ファイター2、敏捷2
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6
GM:oh....
アルフォンス・サイモン:回避失敗
お紺:2d ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[4,4] → 8
アルフォンス・サイモン:「ぐは…無念…」
GM:アルフォンス・サイモンに4のダメージ!(HP:2->0)
アルフォンス・サイモン:アルフォンスを墓場に送ります
GM:いや
GM:生死判定
GM:HP-2なので
アルフォンス・サイモン:分かりました
GM:生命抵抗+2Dで
GM:2以上で
GM:いきのこる
アルフォンス・サイモン:冒険者レベル2、生命力3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8
アルフォンス・サイモン:13
GM:アルフォンス・サイモンのHPを1回復(HP:0->1)
アルフォンス・サイモン:[
GM:HP1になり
GM:気絶
李 小龍:「兄者!」
李 小龍:「気を確かに!」
アルフォンス・サイモン:「まだだ…まだやられは…せんよ…」
アルフォンス・サイモン:気絶
李 小龍:アウェイクポーションを使用 <アル
李 小龍:アルは目覚める
李 小龍:「あなたはまだここで倒れるべきひとではありません」
アルフォンス・サイモン:「すまぬ…」
アルフォンス・サイモン:キャラシート反映させてきます
李 小龍:「さあ、力を振り絞って!」
GM:ああ、こちらでアウェイク使用するのでいいですよ
アルフォンス・サイモン:OK
GM:命中判定いってもらえれば
アルフォンス・サイモン:ではアウェイクポーション書き直します
アルフォンス・サイモン:分かりました
アルフォンス・サイモン:ファイター2、器用3
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[5,6] → 11
アルフォンス・サイモン:16
お紺:2d+5>=16
SwordWorld2.0 : (2D6+5>=16) → 4[3,1]+5 → 9 → 失敗
お紺:「こやつら.....どうしてここまで......
アルフォンス・サイモン:ダメージ入ります
アルフォンス・サイモン:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
アルフォンス・サイモン:2+2+2で6
GM:お紺に6のダメージ!(HP:4->0)
お紺:「ぐぅ.....!!!?」
お紺:「わ....わたしが」
お紺:「........まけた?」
李 小龍:「.....危ないところでした」
アルフォンス・サイモン:「はっははは…立てに修練者やっと…らんよ…」
アルフォンス・サイモン:「強敵だったな…」
アルフォンス・サイモン:ズドン、とそのまま地面に突っ伏す
李 小龍:「あ...兄者!?」
李 小龍:「し、しっかり」

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 勝利、和解、そして...... 】

GM:玖椰が 戦闘をおえた 3人を介抱しますね
お紺:「完敗じゃ........」
GM:アルフォンス・サイモンのHPを23回復(HP:1->24)
GM:李 小龍のHPを17回復(HP:6->23)
アルフォンス・サイモン:普段あまり術士と戦ったことが無かったためか予想外の戦いに応えたようだ
GM:李 小龍のMPを+3回復、 ⇒(MP:6->9)
アルフォンス・サイモン:「う…うむ…」
お紺:「しかし」
お紺:「ぬしらの 強さには
お紺:「純真なるものをかんじたぞ」
お紺:「.....ふむ」
お紺:「名を...きかせてもらおうか」
アルフォンス・サイモン:「…有難いほめ言葉として受け取っておこう…」
アルフォンス・サイモン:「我はアルフォンス、アルフォンス・サイモン。西の国から来た修練者(モンク)なり」
李 小龍:「李 小龍です、狐の奥方」
お紺:「アルに...李か」
お紺:「ふむ...」
お紺:「よい」
お紺:「約定に従い」
お紺:「娘をそなたらの 町へつれていくことを ゆるそう」
アルフォンス・サイモン:「有難い。ただ、娘さんによからぬ輩が近づくとまずいだろう」
お紺:「うむ」
お紺:「しかし」
アルフォンス・サイモン:「少しゆっくりして回復してから用心棒代わりも勤めよう」
お紺:「ぬしらがおれば」
お紺:「あんずる必要もなかろう」
お紺:「その点にかんしては」
お紺:「この札を使えば」
お紺:「街へと瞬時にとぶことができよう」
お紺:「つかうがよい」
アルフォンス・サイモン:「これは…」
お紺:と札をわたしてきます
アルフォンス・サイモン:「承知した」
アルフォンス・サイモン:「それと用心棒代わりの件、任せておくが良い」
お紺:「それから....」
お紺:「ぬしにはこれをさずけよう」
アルフォンス・サイモン:「何だ?」
お紺:ファルシオンを一振りあなたに手渡します
アルフォンス・サイモン:「これは…」
お紺:「うぬ」
お紺:「娘を傷物にした うつけをシバいた際に手に入れたものじゃ」
アルフォンス・サイモン:「曲刀か…このような業物を持っていたとは」
お紺:「ぬしのような武人が持つのが本来ふさわしかろ?」
アルフォンス・サイモン:「有難い、喜んで使おうぞ」
玖椰:「かあさま...!」
お紺:「なにもいうな
お紺:「娘よ」
お紺:「いって来い.....そして」
お紺:「しあわせになれ」
アルフォンス・サイモン:「なるほど。承知した。曲刀の件も任せておくが良い」
玖椰:「....!?」
玖椰:「ありがとう.....かあさま!」
アルフォンス・サイモン:「良かったな。親公認の恋人同士になれて
玖椰:「こ、恋人なぞ....!」
玖椰:「わしはべつに....(もじもじ)」
アルフォンス・サイモン:「さて、じゃ、早速酒場まで用心棒をかねて行って来るかね。おい、行くぞ。未来の旦那がお待ちかねだ」
李 小龍:「ええ、参りましょう」

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
【 帰還、再会、エピローグ 】

GM:転送陣をつかい
GM:街へともどります
GM:そして、睡蓮亭へ
アルフォンス・サイモン:「たのも~!おい、首飾りは届けたのと、未来の嫁さんを連れてきたぞ
寛巳:「........!?」
寛巳:「玖椰!?」
アルフォンス・サイモン:「感動の再会だぞ。会いたかったのだろう?お主ら」
玖椰:「う...うぬ」
アルフォンス・サイモン:玖椰を送り出します
玖椰:「そ..,...その」
玖椰:「急に....いなくなってしもうて」
玖椰:「わるかった.....」
玖椰:「お前の気持ち......しかと受け止めたぞ」
寛巳:「あはは」
寛巳:「10年越しのプレゼントになっちゃったけどね」
玖椰:「.........ばか」
寛巳:「ぼくも」
寛巳:「父さんに逆らうことができなかった」
寛巳:「こんなに」
寛巳:「きみのことが好きだったのに...」
玖椰:「........うつけものが」
玖椰:「わかっておったとも」
玖椰:「......ぬしの 気持ちも」
玖椰:「............そうすることが 互いのためと わしのことを大切に考えてくれたことも」
寛巳:「........玖椰」
李 小龍: 
アルフォンス・サイモン:「はっはっはっ!!!!東の国に来てずっと武者修行と野宿生活ばかりしていたが、ここにきて初めて人々の為になる事をするとはな!」
李 小龍:「いやぁ
李 小龍:「若いっていいですねぇ、兄者」
アルフォンス・サイモン:「人生塞翁が馬とはよく言ったものだ。おい、お主ら、末永く幸福に暮らすが良い!!!」
アルフォンス・サイモン:「これにて、一件落着!」
李 小龍:「ふむ」
李 小龍:「われわれも肖りたいものですなぁ...」
アルフォンス・サイモン:「(我もそれなりに若く見えるが結構年長かも知れぬな(キャラ絵用意次までにする予定)」
梨里:「あら?」
梨里:「何いってるのよ」
梨里:「ここに一人、べっぴんな未亡人がいるじゃない?」
アルフォンス・サイモン:「奥方…っておいおい!そう来たか!」
梨里:「あのこと、息子の間をとりもってくれてありがとう.....ね?」
梨里:Chu♪ <アル
アルフォンス・サイモン:「なあに…構わんよ…」
李 小龍:「兄者も 隅に置けませんなぁ...」
アルフォンス・サイモン:「さて、弟者!行くぞ!師匠の行ったとおり修行の再開だ!」
李 小龍:「ふっ、
李 小龍:「わかりましたよ、兄者!
GM:そうして
GM:2人の冒険はまたつづく
GM: 
GM: 
GM: 
アルフォンス・サイモン:「いつまでもぼさっとしていると師匠から何か言われるぞ!修行再会じゃ!」

~ 続く ~
 いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。