【ソード・ワールド2.0】煌星の導き亭『幼竜の揺り籠』

タイチリプレイ  3
登録日:2018/03/04 21:26最終更新日:2018/05/14 21:53
 ここはダグニア地方から南東に位置する都市『セストリズム』
 大破局時代に名を馳せた六人の英雄が新天地を求めて開拓し、発展した背景を持ちます。
 ここに居を構える一軒の冒険者の店『煌星の導き亭』から、あなた方の物語は始まります。



ハックルベリー
「妖精使いのハックルベリーだよー。
 家から追い出されて妖精さんの楽園、フェアリーガーデンを探してるのー。誰か見つけたら教えてね~。
 あと呼ぶときはベリーでいいよぉ」

フィノール
「近隣国ラ・ルメイア出身、フィノールです。
 愛称はフィルでもノールでも。サカロス様の教えと地元のワインを広めるため旅をしています。
 地元でついた名前が冒険者になっても呼ばれるようになっていて、実力もそこそこなのにちょっここそばゆい思いをしています(PL:だって名誉点アイテムってExからなんだもんw)。
 あ、サカロス様の教えに”アルハラ ダメ ゼッタイ”があるので、ご無理な方はおっしゃってください。そうでない方は飲みましょう!」

バルバトロ
「んーゴホン…リルドケランの戦士バルバトロだ。
 何がやりたいことがあるというより冒険者にあこがれた旅に出たクチだよ。
 体も頑丈で前に出て戦うことはそれなりに得意だからそこらへんは任せておくれ。
 あとはまぁ手慰み程度に野外の活動の知識もいれてある。
 こんなところかな?それでは皆よろしく~」

バヤン
「私はバヤン!ちょっとワケアリ元貴族! 獲物はこのクロスボウで狙い撃つわ!
 あと趣味はヴァイオリンとトラップ作成! みんなよろしくぅ~♪」


GM/タイチ:ということで、皆さんはこのお店の冒険者として名簿に登録されました。
マスター「やれやれ、また店が騒がしくなりそうだな」
バヤン:「着いた…ここが新天地なのね! お騒がせしてまーす」
ハックルベリー「まーす」妖精と遊んでます
バヤン:ヴァイオリン弾いてます
フィノール「まーす」<グラス傾けてます。
バルバトロ「ふわぁー今日もいい天気だなー」のんびり一服しています
バヤン:圧倒的自由人!
ハックルベリー「不労所得がほしいなー・・・」
バヤン「あ、わかる~領民の税金でゆったり暮らしたいよね~」
フィノール:暗君じゃないですかw
ハックルベリー「ええ・・・貴族はちょっと。仕事が多いから集合住宅のオーナーとかがいい・・・」
バヤン:その分治世はしっかりするし!?
バヤン「え?そう?」
GM/タイチ:では、そんな和やかな空気かと思っていたら、いきなり入り口のドアが開きます
ハックルベリー:わお
バルバトロ:おやおや?
ハックルベリー「おやあ、せっかちさんのご登場だ」 見つからないように店の端っこに移動します
GM/タイチ:そして、ドアからは女性のリルドラケンが入ってきます
バヤン:およ?
ハックルベリー:ススススス...
バヤン「バルトロ(バルバトロ)、あの子アンタから見て美人?」
GM/タイチ「どなたか! 助けてくださる方はいませんか!?」ひどくあわてております。
ハックルベリー:おっと
バルバトロ「どれどれ…あの鱗艶はなかなかだよねぇ」>バヤン
バヤン「なるほど・・・美人の頼みを断るのは・・・男としてアレだよ?」>バルバトロ
フィノール:それいわれちゃうと聖職者としては / 「困っている人がいれば助けたい人ならここにいます! でも、まずはマスターにお話を通すのが店のマナー……(ぐぐぐ)」
バルバトロ「やぁ兄妹どうしたんだいそんなにあわてて?」と女性に話しかけます
ハックルベリー「(ガンバレーガンバレー)」
バヤン「私たちが格安でバリバリ解決しちゃうわ!」 便乗してバルバトロについて行きます
GM/タイチ「た、卵を。どうか」
ハックルベリー:これはドラケン案件のようだ
ハックルベリー「たまごー?」
バルバトロ「んー卵?卵がどうかしたかい?」
GM/タイチ「卵を助けてください」
バヤン「まさか、卵ピンチ?」
フィノール「ひったくられました?」<この人は鶏卵の話をしています。お買い物途中だったとかかなーとか考えてる。
ハックルベリー:GMサニティは効果ありそうですか
バヤン「リドラルケンは卵生だから子供誘拐だよ!」>フィノール
GM/タイチ:いえ、その必要はないです>サニティ
ハックルベリー:といっても私はレベル足りないので使えないのですが
ハックルベリー:はあい
バルバトロ「…どうやら深刻そうだが先ずは水でも飲んで落ち着いて聞かせておくれ」水を女性に渡します
GM/タイチ:マスターが間に入って、事情を聞かせてくれます
GM/タイチ「あ、あらどうも」>水は受け取りました
バヤン:バラードでも弾いて場を盛り上げようか?
マスター「こいつは火急の案件だな…」>あくまで冷静に
ハックルベリー:落ち着かせようw
マスター「新顔、いきなりで悪いが、依頼だ、引き受けてくれるか?」>皆さん


 依頼
「リルドラケンの卵の奪還」
 街から離れた孵卵場から、かえる直前の卵が盗まれた。
 犯人を追い、速やかに奪還してほしい。 
 報酬は1500ガメル、前金で500。
 と簡潔な依頼状が出されました。

ハックルベリー「まず詳細をおしえてぇ~」
バヤン「とうとう天才美少女系アーチャーの私の出番ね!」
バルバトロ「同族が困っているのだし受けるのはやぶさかではないが、詳細がききたいな」
バヤン(自称)
フィノール「ドラゴンに連れ去られました、とかだと悔しいですが勝てませんので……」
ハックルベリー「ほうー・・・」
バヤン「そこは気合いで交渉してとっかえすわよ!未来の税収・・・もとい希望のために!」
ハックルベリー「受けるのはいいけど犯人のアテとかはあるのー?」
バルバトロ「盗まれた卵は彼女のお子さんだろうか?」
ハックルベリー「受けましょう(真顔)」
バヤン「そうしよう(迫真)」
マスター「お前自分が生まれた時のこと知らんのか? リルドラケンは同じ孵卵場でまとめて生まれるだろう」>バルバドロさん
フィノール:2人とも早い。早すぎるw
バルバトロ「はっはっはそれもそうだったね。」
マスター:ちなみに、この女性リルドラケンさんは孵卵場の職員(のようなもの)と思ってください
ハックルベリー「事後じゃ無事を保証できないけどやれるだけはやってみるよー」
フィノール:新生児室から赤ん坊盗まれました。 そりゃあ看護師あせりますね。
GM/タイチ:「どうかお願いします。あの子達が食べられてしまったらと思うと、もう」>かなり深刻に悩んでます
バヤン:「足で探しましょう? 盗んだやつの特徴は?」
フィノール:「? 食べられるような相手ってことですか?」<人族にリルドラケンの孵卵場の卵たべようというのは基本いないだろう。
GM/タイチ:こっからはセリフじゃなくて、Q&A形式でお答えします。そっちはセリフで質問でも
フィノール:Q 犯人の心辺りは? 種族分かるとか魔物知識判定ができるような情報だとなお良し
GM/タイチ:盗んだやつは三人くらいいた。おそらく人族ではない。三人とも大柄、うち一体は特に大きい
ハックルベリー:ふぁー、ということは有人のところを白昼堂々強奪したのか
バヤン:Q逃げた方角とかわかる?
GM/タイチ:その先には森があることは知られている
GM/タイチ:ちなみに、街から離れたところに岩山があり、かえる直前の卵はそちらに移動される
GM/タイチ:必要というわけではなく儀礼的なもので、運ぶ道中に襲われた
フィノール:Q 現場まで何日で、事件は何日前?
ハックルベリー:Qその森への距離と、時間、あと盗まれた時間もわかれば
GM/タイチ:襲われたのは、おそらくあなたたちが自己紹介していたあたり
GM/タイチ:森まではここから行って2~3時間
フィノール:……ついさっきじゃないですか! これ話し込んでるより即座に追いかけたほうがいいんじゃ?
バルバトロ:割とさっきのことか
GM/タイチ:ちなみに現在は10時くらい
バヤン:ではまだ追えるね!
ハックルベリー:馬手配して先駆けしたいところだね
バヤン:私は先に出発して森を偵察したいな
GM/タイチ:馬のレンタル代ぐらいは肩代わりしてくれますよ
フィノール:あ、そうだ / Q 相手は馬・馬車にのってた?
GM/タイチ:簡素ですけど、卵いくつか奪い取って積んでいきました。
バヤン:なるへそ、なら私たちも移動手段で追わないとね
ハックルベリー:人並みの知識はありそうだね、計画的なものかは置いといて。強奪地点から逆算して追いかけようか迷ったけど森に直接向かってもいいかもしれない
フィノール:じゃあ、アジトは馬が入れる場所にあるからレンタル馬を乗り捨てとかしなくて良さそうですね。<ロストすると弁償が……。
バヤン:じゃあ直接森へ乗り込む?
GM/タイチ:縮小札も貸しますよ
ハックルベリー:マスターがぐう有能すぎる
バルバトロ:ありがたやありがたや…
GM/タイチ:そりゃ元冒険者+火急ですからね
ハックルベリー:森に直接でいいと思うぞーあとは森に関してなにか注意があれば
GM/タイチ:野営の準備まではいらないけど、アイテムは必要ならこのタイミングで購入をお願いします。
フィノール:消耗品なので返せませんからね。感謝感謝。<まあ、馬自体をロストされるよりかはいいという判断なのかも
バルバトロ:草と薬買っておくかー
バヤン:救命草買い足します
ハックルベリー:「マスター、空き瓶何個かちょうだい」
バルバトロ:ヒーリングポーション・救命草・魔香草をそれぞれ3つ買っておきます。
マスター:「何に使う気だ?」>ハックルベリーさん
バルバトロ:690G消費
ハックルベリー:「ヒールウォーター使う機会があるかも~ぐらい」
マスター:「お前さん、妖精使いだったな。それくらいなら代金はいらん」>ベリーさん
ハックルベリー:「わーい」
バヤン:(ただし渡されたのは酒瓶・・・ってありそう)
ハックルベリー:ピュリフィケーション、は妖精魔法3かw
フィノール:(あ、それさっきまで飲んでたのの空き瓶だ、って?)
マスター:(感づかれたか)>フィノールさんの表情を見て
     ↑GM的に面白そうだったので便乗した

ハックルベリー:「ほらほらー、準備できたらゆくぞ~…なんか空き瓶からお酒の匂いがする」
バヤン:「出発だぁー!」
フィノール(マスターがゴミを押し付けているw)
マスター:「ほれ、こいつをライダーギルドに持っていけ」>刻印の入った紹介状を渡してくれます
     ↑馬は予想外でしたが初回の冒険だし、これくらいはと思ってGM負担に。

バヤン(タダなんだから文句言ったらだめだよ!?)
ハックルベリー:あーじゃあ、買い物組が買い物している間に買い物しない組がライダーギルドで馬を受け取って町の出口で待ち合わせ とかでもいいですか
フィノール:「ありがとうございます!」<紹介状 / 注:良い子は飲んでから馬に乗っちゃいけないよ♪
GM/タイチ:何かやりたいことが?>ベリーさん
ハックルベリー:ああいえ、単純に時間のつじつま合わせ的なものです~
GM/タイチ:って、そういうことね。別に大丈夫ですよ。
ハックルベリー:あるいはほかに行動宣言あるPCいたらお任せします~
バルバトロ:バルバトロは買物終わり次第合流します
バヤン:自分もバルトロと一緒に合流で
ハックルベリー:じゃあフィノールとライダーギルドにいって馬を手に入れてから合流かな?
フィノール:買い物以外は特に無いです。
ハックルベリー:あ、私だけか、買い物ないのw
GM/タイチ:全員がokでしたら、馬で出発して、馬車の跡を見つけて森まで到着したってところで一旦切りますが
ハックルベリー:はーい
GM/タイチ:酒ビンを無料で押し付けられましたね(笑)

 小休止の後に森の中を探索。

GM/タイチ:ライダーギルドから馬と縮小札を借りて、あなたたちは全速力で馬車の跡を追っていきました。
GM/タイチ:そして、太陽が南に差し掛かった頃、車輪の跡が途切れたあたりにいます。
バヤン:足跡追跡で一気に追いつきたいです

GM/タイチ:雑ながらタテ3、ヨコ4の計12マスの簡易マップを用意しました。

ハックルベリー:わーい
GM/タイチ:座標の数字は見えますか?
ハックルベリー:みえるよー
バヤン:見える
バルバトロ:大丈夫です
フィノール:見えてますよー。 2−2~5−4で、初期位置は2−2ですか?
GM/タイチ:あら、皆さん動かしていただけたようで
GM/タイチ:そうですね。2-2がスタート地点になります。ここから、タテヨコに移動して、アジトを見つける形になりますね。
バヤン:足跡追跡とか探索とかの判定で絞り込みは可能ですか?
GM/タイチ:それはこちらからお願いしていきます。
GM/タイチ:ちなみに馬は入れておいたほうがいいでしょう。誰もライダー持ってないでしょうし。
フィノール:それではスモールライt……ではなく縮小の札を。
バヤン:【封☆印】
GM/タイチ:他に何かご質問はありますか?
バヤン:今は無いかな~
ハックルベリー:えっと、コマ移動は時間どれぐらいたつのでしょうか
ハックルベリー:1マス動いたらフェアリーウィッシュ使える程度には時間経過するのかな
GM/タイチ:だいたい30分くらいですね>移動時間
ハックルベリー:では2マスに1回ですね、了解です
フィノール:ん? 別に1時間に1回というわけじゃないから、使い直せば良いのでは?<逆に効果時間切れると+1してなくても消えるけど。
ハックルベリー:おや、では1時間経過してもう一度、ではなく、一度消えたらすぐにまた呼び出しができるのか
ハックルベリー:了解~、ありがとうございます。フェアテはじめてなのでちょっと探り探りで申し訳ない
バヤン:TRPGあるある『解釈しづらい』
GM/タイチ:慣れてないと戦闘以外の魔法ではよくあること
フィノール:いえいえ~。 / 組み換えやるともっと凄いことになるとかいえないなぁ(言ってる)
GM/タイチ:ちなみに現在は12時、あんまり遅くなると、目玉焼きやパロットになってしまうかも(笑)
バヤン:急ごう
バルバトロ:新職業あるあるですね~
フィノール:ただ、その分MPは消費するのでご利用は計画的に。 あと、いちばん重要なのは後出し不可。ダイスふる前に宣言がいる。
バルバトロ:急いで見つけなくちゃ
バヤン:足跡追跡で敵の足跡を探します
フィノール:屋外ですしレンジャーでも判定いいですか?>GM
バルバトロ:同じく足跡追跡します
バヤン:私はスカウトで判定かな
GM/タイチ:そうですね、足跡追跡をスカウトかレンジャーでお願いします。目標値は8。それともう一つ非公開で
フィノール:全員どちらか持っているけど全員1Lv 出目勝負。
バルバトロ:2d6+3 足跡追跡判定
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[6,1]+3 → 10
バヤン:2d+3>8 足跡追跡!
SwordWorld2.0 : (2D6+3>8) → 7[5,2]+3 → 10 → 成功
フィノール:2d6+1+2 足跡追跡
SwordWorld2.0 : (2D6+1+2) → 10[4,6]+1+2 → 13
はっくるべりー(判定):2d+5 スカウト 知力
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[1,6]+5 → 12
バヤン:全員10以上で成功!
ハックルベリー:もひとつのほうが抜けなそうだね~
バルバトロ:もう1つは抜けたかな
GM/タイチ:ではまず、バルバドロさんとバヤンさんは右側の方に足跡が続いているのを発見します
バヤン「・・・あっちだね」
バルバトロ「ふむ、こっちの方に足跡が見えるが」
GM/タイチそして、フィノールさんは下の方に何かの跡が消されているのを発見します。
バヤン:流石神官は地頭が違うねー
フィノール「皆さん! こちらに隠したような足がありますよ!」
バヤン「うーん・・・わからん」
フィノール:足があってどうする足跡があります
バルバトロ:さすがやでー!
ハックルベリー:両方とも足跡の詳細ってわかりそうですか?
GM/タイチ:片方はやけにっくっきりと残っています。もう片方は土を払ってあるので足跡かどうかまではわかりません。
バヤン「急ごう、このままだとオムレツにされちゃうよ」
フィノール:では、土を払った方はついさっき払ったばかりだ、みたいな感じはありますか?
ハックルベリー:はっきり残ってるほうの足跡は大型の蛮族のものも散見されるのかな
GM/タイチ:というより、くっきり残っている方は作為的に残されていると言い換えたほうがいいでしょう
↑つまり、達成値の低い方で見つかった足跡は大回りをさせるための偽の足跡ということでした。

ハックルベリー「なんかわざとらしーあしあとー」
フィノール:追われているのがばれているのか、単にアジトに戻る時はいつもそうしているのか……。 どちらにしろ隠してあるほうですかね?>ALL
バヤン:なるほど・・・
バヤン:だが私たちがその程度で止まるほど賢くはない!
バヤン:冒険者らしくどんどん進もう
バルバトロ「奪っていった以上追手が来ることも考慮しているか…なかなかに手練れの連中なのかな?」
ハックルベリー:すんごい細かいこといってしまうと、蛮族が移動に使ったキャリッジと思われるものを探したい気もする、徒歩で森の中移動したのかキャリッジではいりこんだのか
フィノール:偽装の足跡が10人分くらいですとか言われると引き返したくなりますが、そうでないなら隠してある方に行きたいですね。
ハックルベリー:でも隠されたほうの跡でいいとおもう~
バヤン:そだね、隠された跡は辿れますか?
GM/タイチ:隠されている方は、それほど深くはないけどまっすぐ線状になっているようにも見えます。そして下へ続いています
ハックルベリー:轍っぽいw
バヤン:行ってみよう
バヤン:下へ参りまーす
フィノール:「本当に手練だったら多分この足跡見つけられてないので、素人ではない程度だ…・・・というのに期待したいです」>バルバトロ
フィノール:あ、一応隊列宣言しておく? と言っても『戦士二人が前』で終わりそうだけど。
GM/タイチ:簡易ですから、そこまでは実際戦闘になってからでも構いませんよ>隊列
GM/タイチ:では2-3でいいですね?
GM/タイチ:では、2-3についたあなた方ですが探索判定を目標9でお願いsます
はっくるべりー(判定):2d+5 スカウト 知力
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 10[6,4]+5 → 15
バルバトロ:2d6+3 探索判定
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[3,4]+3 → 10
バヤン:2d+3 探索
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 8[4,4]+3 → 11
GM/タイチ:しかしみなさん今回出目高いな。ボス戦で出目が死ななきゃいいんですが
フィノール:2d6+1+2 足跡じゃなくて探索か……。
SwordWorld2.0 : (2D6+1+2) → 4[2,2]+1+2 → 7
バヤン:フィノールの出目が死んだ!
フィノール:大丈夫。平均取った<10と4
GM/タイチ:ではみなさんはかなり汚れた革の袋を発見しました。
ハックルベリー:うーんこれはフラグか・・・
バヤン「およ?」
ハックルベリー「ばっちい袋」
GM/タイチ:ハックルベリーさん1d6振ってください
バルバトロ「ん、これはなんだろうか」
ハックルベリー:1d6 びゃあああ
SwordWorld2.0 : (1D6) → 2
フィノール:……うわー。悪人系の戦利品とかだったらやだなー。
バヤン:銀貨袋なら歓迎
GM/タイチ:袋を開けて見ると、中には100ガメル相当の銀貨が入ってました。
ハックルベリー:なんだろなんだろー
ハックルベリー:わーい
バルバトロ:金!金!金!
GM/タイチ:私腹にしてよろしいですよ
ハックルベリー:www、いえ、公開しますw
ハックルベリー「金じゃー」
バヤン「いえーい!」
GM/タイチ:いやパーティー分のって意味で>私腹
ハックルベリー:なるほどw
バルバトロ「ほほう!これは幸先がいいのかな?」
ハックルベリー:すこし心が揺らいで懐にしまうRPを考えもした
バヤン「やっぱ幸運のお守りが効いたのね!」
フィノール「落とし物だといいんですけどね……」<戦利品の場合、つまり持ち主がそうなった原因がこの当たりにいるわけでして
GM/タイチ:では張り切って、足跡追跡しましょうか?
GM/タイチ:では少し難しくなって目標値10
はっくるべりー(判定):2d+5 スカウト 知力
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 4[1,3]+5 → 9
フィノール:2d6+3 もう+3表記でいいや。足跡追跡
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 11[6,5]+3 → 14
GM/タイチ:今回は隠しなし
バヤン:2d+3 足跡追跡
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[4,3]+3 → 10
ハックルベリー:「金に目がくらんでな・・・」
バルバトロ:2d6+3
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 4[3,1]+3 → 7
バヤン:金でやる気が出て…な?
バヤン「・・・こっちだね」
フィノール:目がくらんでますねぇ / そして次の出目が3の予感。
GM/タイチ:ほっ、フィノールさんがバカ高いから優しすぎたかと思ったけどそうでもなくて一安心
バヤン:草を掻き分け、植物たちの声を感じ取りつつ進みます
GM/タイチ:では、先ほどのような消された跡が右方向に進んでいるのを発見します。
ハックルベリー「これから毎日森で金貨探そうかな~・・・」
フィノール「また足跡を偽装していますね……」
ハックルベリー:きっとこれ足跡じゃなくて袋探してる
バヤン「無駄だよ、踏まれた草木がいるなら、痛みの声で分かる!」
バヤン:←虫、植物と意思疎通可能
フィノール:そんなことをしていると、そのうち自分が袋を提供する側にまわりますよ……。<と説法を解いてみる
GM/タイチ:ちなみに下の方角からは、思わず引き寄せられそうな甘い香りがかすかに風に乗ってきます。
バヤン「あ、あっちに美味しそうな匂いが~」 ふらふら
ハックルベリー:ピャー!と耳をふさごう
GM/タイチ:さぁどっちへ行く?
ハックルベリー:ふーむ?
バルバトロ「あ~焼き菓子でも焼いてそうな良い匂いだぁ」
ハックルベリー:匂いの元って何かで判定できますか?
バヤン:見識?
ハックルベリー:薬品とかかも?
GM/タイチ:距離がありすぎて正確には、ただ花ではあるんだけどはっきりわかりすぎる感じ
フィノール:とりあえず生命抵抗判定しないといけないとかではない?<自主的に誘われている人がいますがw
ハックルベリー:花の匂いかー、まこうそうとかだったらうれしいんだけど急ぐ道でもあるしなあ
ハックルベリー:生命か精神か迷うところでもありそうw
GM/タイチ:いえ、行くと宣言しない限りはなしでOK
バルバトロ:罠っぽいなぁ
バヤン:引き留めてくれてもいいのよ?(ちらっ
ハックルベリー:PC花の匂いとかすきそうだなー、エルフだし
バヤン:まぁ順当に考えて右かなー
ハックルベリー「すんすんすん」フラ~
GM/タイチ:なぜ自ら飛び込むような真似をー!?
ハックルベリー:誰か止めて~
フィノール「はーい、それは後にして(後で行くとは言っていない)足跡探しましょーねー」>バヤン
バルバトロ:流石ボウケンシャーだぜ
ハックルベリー:ア~
バルバトロ「二人とも良い匂いなのはわかるが早く探索をしようじゃないか」
バヤン「うなー」
ハックルベリー「あ”~」
バヤン:右へ参りまーす
ハックルベリー:はーい
バルバトロ:3-3行きます
ハックルベリー:グラランとエルフだしね、しかたないね
バヤン:しょうがないよね
フィノール:いや、グラランはまだしもエルフはしかたなくないですw
バルバトロ:自由すぎィ!
バヤン:【勝訴】
ハックルベリー:アー!
ハックルベリー:【敗訴】
GM/タイチ:では3-3に到着ですね
バヤン:勝ったやった!今夜はドン勝だ!
バルバトロ:はいー
バヤン:うぃー
GM/タイチ:では足跡追跡で目標10、隠しありでどうぞ
フィノール:2d6+3 足跡追跡
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 8[6,2]+3 → 11
ハックルベリー:ふむではフェアリーウイッシュを使います
バヤン:2d+3 足跡追跡!
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 3[1,2]+3 → 6
ハックルベリー:ロール2回なので最後に振るねー
バルバトロ:2d6+3 足跡ぉぉぉぉぉぉぉぉ
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[4,5]+3 → 12
はっくるべりー(判定):2d+7 行使 妖精魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 5[3,2]+7 → 12
ハックルベリー:成功、判定行きます
フィノール:そして、まずはウィッシュ自体の発動判定が必要という罠<加えて発動判定の出目が高い罠も存在する。
はっくるべりー(判定):2d+5+1 スカウト 知力 +1
SwordWorld2.0 : (2D6+5+1) → 6[5,1]+5+1 → 12
ハックルベリー:が、だめ
ハックルベリー:発動判定って行使とはまた別?
フィノール:いや、魔法が発動するか=行使判定 呼び方違っただけ
GM/タイチ:ですよね
ハックルベリー:MP-1しときましたー
GM/タイチ:ではその出目ですと、4-3の方向に隠した跡、今までより痕跡が新しいです。
ハックルベリー:おおー?
ハックルベリー:3-3自体には探索判定はなさそう?
GM/タイチ:そうですね。特にはないです。
バルバトロ:4-3イクゾー!
ハックルベリー:4-3いこー
バヤン:移動中に隠密に切り替えたいです
バヤン:4-3に行く道中で
ハックルベリー:「何か見落とした気がするけどまいいか~」
フィノール:ごー。
バヤン:GM,良いですか?
GM/タイチ:どうしました?
ハックルベリー:先頭バヤンが少し先行して隠密をしながら警戒して進む みたいな感じ?
       ↑GMにとっては予想外の行動、しかしそこから思わぬアドリブが出てくることに
バヤン:そう!
GM/タイチ:わかりました。では全員の予定でしたが
ハックルベリー:お
バヤン:2d+4 隠密判定
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 10[5,5]+4 → 14
フィノール:振るの早いってw
バヤン:あ、
GM/タイチ:まぁ、そんだけ高い出目ならいいですけど
GM/タイチ:先行したバヤンさん探索判定で
バヤン:2d+3 探索判定
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[3,6]+3 → 12
バヤン(コソコソ~)
GM/タイチ:目標値公開してから降って欲しかったけど
GM/タイチ:まぁ11だったからよしとしましょう。
GM/タイチ:罠が仕掛けられています。
バヤン(・・・危なかった)
バヤン:全員にジェスチャーで止まるよう指示します
フィノール:問題は罠の種類。鳴子とかだとプレイヤー的には嬉しい。アジトが近い。
ハックルベリー「フセロー」
バヤン:爆弾でもいいよー・・・爆弾作れるから
バルバトロ「ナニカアルゾー」
GM/タイチ:ちなみに、細い糸が張ってあって
GM/タイチ:引っかかると糸が切れて、丸太が振り子で飛んできます。
バヤン:罠解除します
ハックルベリー:解除せず迂回できない?
フィノール:うっかり発動するとアレだし帰りで良くない?<10分かかるし
ハックルベリー:丸太飛んで来たらハックルベリーは
ハックルベリー:即死できそう
バルバトロ:10分もかかるのか
バヤン:解除は1分だよ?
フィノール:あ、罠解除は1分だった。
GM/タイチ:設置が10分ですね
バヤン:器用B3だし、誰か引っかかっても面倒だし解除したい
GM/タイチ:解除するのでしたら、気づいているので目標値10でOKです
フィノール:ええと、2連続で失敗すると発動だし、1回ならミスっても不利益無いですね<強いて言うなら1分使う
バヤン:罠解除振ります
バヤン:2d+3>10 罠解除!
SwordWorld2.0 : (2D6+3>10) → 11[6,5]+3 → 14 → 成功
バヤン「ほいパッキーン」
GM/タイチ:では、あっさりと解除されました
バヤン:ジェスチャーで『OK』サイン出して進みます
バルバトロ:お見事!
ハックルベリー:ワザマエー
フィノール:ジェスチャーでサムズアップを返そう
GM/タイチ:では無事に4-3へたどり着きました
GM/タイチ:足跡追跡は目標10でお願いします。
バヤン:何故か丸太に『超絶美人万能アーチャーバヤン参上』って書いておこう
ハックルベリー:はーい
バルバトロ:はいー
バヤン:はーい
はっくるべりー(判定):2d+5 スカウト 知力
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 3[1,2]+5 → 8
フィノール:2d6+3 足跡追跡
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 5[1,4]+3 → 8
ハックルベリー:これは・・・
バルバトロ:2d6+3 足跡ぉぉぉぉおぉぉぉX
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 6[1,5]+3 → 9
バヤン:2d+3>10 足跡!
SwordWorld2.0 : (2D6+3>10) → 9[6,3]+3 → 12 → 成功
バヤン:やったぜ
バルバトロ:せふせふ
フィノール:美少女天才アーチャーに拍手!
ハックルベリー:ハックルベリーは丸太で遊んでいる!
バルバトロ:サスガヤデー
バルバトロ:バルバトロは森林浴してる!
バヤン:もっと私を褒めて崇めるがよい(ドヤァ)
フィノール:フィノールは酒の種を見つめてからしまいこんだ!
GM/タイチ:しかし成功したのもつかの間、右と下両方に隠された跡があるのでした。
ハックルベリー:おやあ
バヤン:足跡はどっち?
フィノール:逆に隠してない足跡は無かった?>GM
GM/タイチ:なしで
バルバトロ:ありゃりゃどっちが本物だろう
バヤン:聞き耳で声とか拾えますか?
GM/タイチ:その場合は先ほどと同様隠密で先行していただきます。
↑隠された轍が両方あることはひとつ前のバヤンさんの先行から突発的に思いつきました。
 そして実行された場合はアジトが隣だったので先に右でも下へ行くように誘導するつもりでした。

ハックルベリー:どのみちどっちかに進む必要がありそうだねー
バヤン:じゃあ自分は4-4に隠密先行します
GM/タイチ:オッケー、では目標値11でお願いします。
バヤン:2d+4>11 隠密機動!
SwordWorld2.0 : (2D6+4>11) → 9[6,3]+4 → 13 → 成功
ハックルベリー:がんばれ~
GM/タイチ:おおー
バヤン「忍法駿進の術…なんてね☆」
ハックルベリー:アイエエエ
GM/タイチ:では隠密に成功したバヤンさん、聞き耳を目標値8で
バヤン:2d+3>8 聞き耳!
SwordWorld2.0 : (2D6+3>8) → 8[4,4]+3 → 11 → 成功
バルバトロ:安定して出目が高い!
GM/タイチ:では余裕で分かります。
ハックルベリー:安定してるなー
バヤン:私の耳は、ヴァイオリンで鍛えてるからね!」
ハックルベリー:あれ、単独先行かとおもったけどみんな移動してるの?
バヤン:自分だけ単独先行では?
GM/タイチ:バヤンさんだけでOKですよ
フィノール:いや、単独先行してるのだと思ってます。 そしてどうせなら4−3の足跡追跡を再判定できないかなと考えていた所
GM/タイチ:あぁ、けどとりあえず聞き耳の内容だけ先に
GM/タイチ:聞き耳を立てたバヤンさんは、汎用蛮族語の会話をバッチリと聞き取れました。
バヤン:GM,私は蛮族語分かります
GM/タイチ:ですよね
バヤン:たまごの事話してます?
GM/タイチ:そしてパチパチと火を焚いている音も聞こえてきます。完全な日没とまではいきませんが陽は傾き始めています
ハックルベリー:おやあこれは
GM/タイチ:おそらく奪った卵をどうやって食うのか話してることでしょう
バヤン「・・・スクランブルエッグにされる前に、皆を呼ばないと・・・」
フィノール『半熟だ!』『俺は固茹でが好きなんだよ!』『何言ってんだ卵焼きだろ!?』
GM/タイチ:ドラマだったらここで枝を踏んで気づかれるって、会話ー!?
バヤン:ヴァイオリンを弾いてみんなを呼び寄せるついでに蛮族全員に呪歌のバラードをかけたいです
バルバトロ:死亡フラグじゃったか…
GM/タイチ:それ、普通に気付かれますよ>バイオリン
フィノール:というか駆けつけるのに何Rかかるかも分からないのに
バヤン:じゃあいったん戻って全員を呼びに行きます
GM/タイチ:とりあえず、みなさんは移動してもまだ気づかれません
フィノール:ありがたい。先手取られて1Rでシューターがミンチになる幻影を見てしまいました(え?)
GM/タイチ:弾いてたらありえましたその光景は
バヤン:そんなのいやー!私はまだぴちぴちの乙女で居たいの!
バルバトロ:危なかったー!
バヤン:とりあえず4−3に戻って全員呼びます
フィノール:そうだ、バヤンは相手の姿は見ていないんですかね?<具体的に言うと魔物知識判定的な意味で
バヤン:盗み見ることくらいできそうだけど・・・
GM/タイチ:あぁ、そうか見えていてもおかしくはないですね
バヤン:まもちき平目だよ?
GM/タイチ:ひとまずじかに見た特徴で判別が付くってことでまもちきしてOKです
フィノール:相手の容姿を教えてくれればハックルベリーが判定させてもらえるかもしれないし。 バヤンは超絶万能シューターだからもち6ゾロですよね?(ハート)
バヤン:目標値は?(後で覚えてろー)
ハックルベリー:まもちきならまかせろー(ばりばり)
バルバトロ:ハードル上げてきよるW
ハックルベリー:で、まもちきは本人のみですか?
フィノール:まあ、正直な話目標値10くらいかもしれないし。判定できるならシておいて損はないですよ。
バヤン:2d>10 まもちき平目
SwordWorld2.0 : (2D6>10) → 7[5,2] → 7 → 失敗
バヤン:知ってた
フィノール:現実
GM/タイチ:全員でいいですよ。まず合計三匹、ひときわ大きいのが10/15、残り二匹が7/13で
バルバトロ:非常である
GM/タイチ:ってバヤンさん早いよ
ハックルベリー:ではフェアリーウイッシュ使います、判定は最後に
バヤン:ごめんフィノールのセリフが間違えた
バヤン:で
ハックルベリー:だとおもったw
バヤン:セリフで間違えた
フィノール:すまん。逸るらせてしまった。
GM/タイチ:では改めましてどうぞ
バヤン:2d>10#1 2d>7#2 まもちき平目
バヤン:2d6>10 まもちき平目
SwordWorld2.0 : (2D6>10) → 9[3,6] → 9 → 失敗
バヤン:2d6>7 まもちき平目
SwordWorld2.0 : (2D6>7) → 7[1,6] → 7 → 失敗
フィノール:2d6 魔物知識判定・平目・10/15、7/13の順 #1
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9
フィノール:2d6 魔物知識判定・平目・10/15、7/13の順 #2
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[1,3] → 4
フィノール:ああっ、逆であれば後の奴は分かったのに……!
GM/タイチ:まれによくある
バルバトロ:2d6 まもちき 10/15 7/13の順 #1
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
バルバトロ:2d6 まもちき 10/15 7/13の順 #2
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[4,1] → 5
バルバトロ:逆ならわかったのに
ハックルベリー:ではまず7/13を普通にまもちき
はっくるべりー(判定):2d+6+1 セージ 知力 +1
SwordWorld2.0 : (2D6+6+1) → 6[3,3]+6+1 → 13
GM/タイチ:おおー
ハックルベリー:つぎ10.15をフェアリーウィッシュの行使付きで判定
フィノール:とんがり役にたちましたねー。
バルバトロ:ナイス!
ハックルベリー:あぶなかったーw
はっくるべりー(判定):2d+7 行使 妖精魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 10[5,5]+7 → 17
ハックルベリー:行使成功、まもちきー
はっくるべりー(判定):2d+6+2 セージ 知力 +2
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 9[6,3]+6+2 → 17
ハックルベリー:よし!
GM/タイチ:おおー、こっちは無理かなと思ったけど
ハックルベリー:補助にガン振りしたからね、仕事できてよかった
GM/タイチ:では両方とも弱点まで判明しました。
ハックルベリー:MP-1しときます
バヤン:よし、ブレインに任命<ハックベリー
GM/タイチ:まず、二匹いる方は、ボガード、弱点は物理ダメージ+2
GM/タイチ:まぁおなじみの
フィノール:3800Gから3000G使う価値がありましたね。 後は先手が取れるかだ……。
バルバトロ:ボガちゃん!
フィノール:ボガ2は予想通り。
ハックルベリー:「それはボガードだねー、物理攻撃に弱いよー」
ハックルベリー:あと大きいほうだね
バヤン:なら私の矢で仕留めるよ!
GM/タイチ:そして、リーダー格はボガードトルーパー、弱点は土属性ダメージ+3
ハックルベリー:ボガトルきたー
バルバトロ:ほほう
ハックルベリー:「あとたぶんおっきいのはトルーパーだねー、土によわいよー」
GM/タイチ:そして、トルーパーにかけら3 ボガートにかけら1ずつ 全部HP振りで
ハックルベリー:はーい
GM/タイチ:で、敵の正体が分かったところであなた方には二つの権利がある
バヤン:不意打ち?
ハックルベリー:簡易だから不意打ちはないかなー?
GM/タイチ:そう、奇襲をかける場合先制ボーナス+2 かけない場合は1ラウンド分の補助
↑この奇襲と補助の二択もバヤンさんの先行があったからこそ考えたことです。

バルバトロ:ふーむ
ハックルベリー:おお、そういう裁定
バヤン:ふーむ・・・奇襲も捨てがたいがしないのも捨てがたい
GM/タイチ:どちらか決めたら小休止にしましょう。
バヤン:モラルかけたいし奇襲しない?
フィノール:……補助に1票。 いや、フィールドプロテクションかけるのと前に出るのが両立しないビルドでね?
ハックルベリー:私も補助でいいとおもう、といっても特に私はやることないけどフィノールのPRI枠は最大限有効活用したいと思う
バルバトロ:僕はまっすぐ行って殴るだけなので皆さんにお任せします
バヤン:補助で決定?
フィノール:ええと、MPに余裕があればストーンガードがほしいかな。 攻撃魔法撃ちまくりも捨てがたいから迷うけど。
ハックルベリー:ストーンガード3からなの~・・
フィノール:いや、相談中。 まあ、2票が補助に入ってはいますが……。>バヤン
ハックルベリー:あ
ハックルベリー:3、だった。。。
ハックルベリー:初期じゃないんだ!
ハックルベリー:じゃストーンガードしよう、そうしよう
バヤン:モラル・バラード・攻撃の流れで行こうかな自分は
フィノール:ね、念のためですけど宝石ちゃんとLv3の価格で買ってますよね……?
ハックルベリー:行使用に3セット買ったけど・・・
ハックルベリー:3セットというk6つ
GM/タイチ:見る限り6つありますね
フィノール:ほっ……。
ハックルベリー:フー(冷や汗)
ハックルベリー:妖精魔法こわい
GM/タイチ:最初華美じゃないと思ったら、アクセサリーで2つ付けてた
バヤン:ややこしいねぇー
ハックルベリー:宝石箱が4つまでしか宝石入らないんだよね~
GM/タイチ:WTを導入するともっとややこしい
ハックルベリー:で、補助でよさげかな?

 小休止の後にボス戦です。

GM/タイチ:では、まず補助からかけていきますか
フィノール:フィールドプロテクション。範囲で全員に
ハックルベリー:はーい
バヤン:前衛にモラル!
フィノール:いや、モラルは戦闘始まってからでないと<歌ってると制限移動しかできないから足並み揃わなくなりますよ?
バヤン:あ、そうか
GM/タイチ:つーか歌ってたら気付かれますね
ハックルベリー:ストーンガードを前衛二人に、Fプロの行使後にかけますー
フィノール:魔法職2人だからこれくらいかな?
ハックルベリー:ですね
フィノール:振っていい?>GM
バヤン:そうだね~
GM/タイチ:どうぞ>だいす
フィノール:2d6+5 フィールドプロテクション
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 6[3,3]+5 → 11
ハックルベリー:では私も
ハックルベリー:2d6+7 ストーンガード行使 バルバトロ、フィノール順 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 8[2,6]+7 → 15
ハックルベリー:2d6+7 ストーンガード行使 バルバトロ、フィノール順 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 12[6,6]+7 → 19
ハックルベリー:完璧すぎて今なぜ6ゾロと涙が出ますね!
フィノール:先生! ここじゃない的な6ゾロが見えます!
バルバトロ:あるあるw
バヤン:妖精がフルパワー出したね
ハックルベリー:フォオオオオオ( ˘ω˘)スヤァ
GM/タイチ:妖精「こいつがお待ちかねのフルパワーだ!」
バヤン:「今必要かなーそれ」
ハックルベリー:きっとウインドカッターも回してくれる
GM/タイチ:では、アジトに突撃しますか?
バヤン:突貫!
ハックルベリー:準備OK~
バルバトロ:吶喊します!
GM/タイチ:バルバドロさんが罠の丸太担いでってもいいですよ>特に意味はないけど
ハックルベリー:〇〇島かな?
バルバトロ:丸太は持ったか!?
バヤン:突撃ー!
フィノール:モールなら<似たようなもんだ
バヤン:ヴァイオリンなら
GM/タイチ:では、アジトでは、ボガトルとボガードの三匹が油断しきってかまどと鍋を用意しています
ハックルベリー:りょうて素手!
バヤン:「そこまでよ!」 逆光でかっこよく参上
ハックルベリー:ウインドボイスでいたずらしたいなw
GM/タイチ:そして、少し離れたところには、荷車と色とりどりの卵が5〜6個ありあます
フィノール:「そういえば個数を聞いていませんでした……。 全て無事だといいのですが……」
バルバトロ:「さてさて、大事な同胞達を返して貰おうか」
ボガトル:『ナニモノダ!』>汎用蛮族語
バヤン:「あんたたちの悪行非道、ここでバッサリ成敗するわ!さぁ皆!やっておしまい!」 結構後ろで叫んで
フィノール:何を言っているかわかりませんね~<セージもバードも無いし
ハックルベリー:「そのたまごは孵化直前だから煮れないし焼けないぞー」
バヤン:「バヤンと愉快な僕たち参上!」 (汎用蛮族語で)
GM/タイチ:とりあえず、まだ鍋に放り込まれた様子はありません
ハックルベリー:よかったよかった
ハックルベリー:あ、蛮族語で
GM/タイチ:だが、パロットという孵化直前のやつを茹でる料理も
ハックルベリー:さいしょピータンかとおもったw
フィノール:検索するとトラウマできるかもしれないのでご注意を。
ハックルベリー:うひー
バヤン:そんなことされる前に全員まとめてフルボッコよ!
バルバトロ:ぶぅえ
ハックルベリー:調べた人がいる!
バヤン:↑検索したか・・・
バルバトロ:恐ろしいでホンマ…
バヤン:南無
ボガトル『リュウノタマゴ、クッテ、ツヨクナル、ジャマ、サセナイ』
ハックルベリー:「食べるならそこのグラランにするのだー(蛮族語)」
バヤン:「問答無用!お前たち、やぁーっておしまい!」
GM/タイチ:ひでぇ
フィノール:きっこっえませーん<正しくは分かりません
GM/タイチ:では、先制、11です
ハックルベリー:はーい
フィノール:アラホラサッサーッ!
ハックルベリー:2d6+4 先制!取らずにはいられない!
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[5,3]+4 → 12
バルバトロ:ヒャッハー!
バヤン:2d+4>=11 先制!
SwordWorld2.0 : (2D6+4>=11) → 6[2,4]+4 → 10 → 失敗
フィノール:2d6 先制判定。平目でも成功するかもしれない。
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7
バルバトロ:2d6 ひらめっぇぇぇぇぇぇぇ
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
ハックルベリー:お仕事完了、帰って寝よう!
ハックルベリー:ということで先制げっと~
GM/タイチ:では、そちらの先制ですね。どうぞ
バヤン:早速『モラル』!
GM/タイチ:当たるー♪ 当たるー♪
ハックルベリー:燃費悪いので最後に行動したいです~
ハックルベリー:あるいはスネア?
フィノール:全員連続攻撃持ちでこれは怖いが、防護点を信じるしか無い<あと、当てられないと倒せない。
バヤン:前衛二人に一括判定
ハックルベリー:呪歌はこの場全員だよ、敵も含めて
バヤン:2d++5 モラル
SwordWorld2.0 : (2D6++5) → 9[3,6]+5 → 14
フィノール:……モラルは拡大とか関係ない常時範囲だから、技能無い後衛で意味なくてもかかりますよ。 あと、モラルは必中
フィノール:(判定のダイスは必要ですけどね。1ゾロはどうしようもないから)
バヤン:「響けッ!『戦場のモラル』!」
バヤン:全員の命中率+1
GM/タイチ:ではバイオリンの旋律で当たりそうな気分になりました
バヤン:(ぎこ~)
ハックルベリー:ふむ、打点高いね、ボガードAにスネアでもいい?
ハックルベリー:あるいは私も攻撃にm悪?>前衛府tリ
ハックルベリー:攻撃に回る?
フィノール:抵抗は……。
フィノール:あ、この敵は固定値? GMが振ります?>GM
GM/タイチ:振ります。ボス戦だし
ハックルベリー:えーとでは間違いのないウインドカッター3倍で
ハックルベリー:行使は一括?個別?
GM/タイチ:どちらでも構いません
ハックルベリー:では一括で~
ハックルベリー:2d+7 ウインドカッター:行使「きざまれるのだー」
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[6,1]+7 → 14
ハックルベリー:14に抵抗お願いします
GM/タイチ:2d6+4 ボガABの順で #1
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[2,6]+4 → 12
GM/タイチ:2d6+4 ボガABの順で #2
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 4[2,2]+4 → 8
GM/タイチ:2d6+5 次はボガトル
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[6,1]+5 → 12
ハックルベリー:ボガは突破~
ハックルベリー:全員突破!
バルバトロ:お見事!
GM/タイチ:ではダメージどうぞ
ハックルベリー:k10+7@10 ウインドカッター威力:「ふははーこれはいたいぞーくらえー」
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+7 → 2D:[5,3]=8 → 4+7 → 11
ハックルベリー:まわらなかったー
バヤン:妖精『そいやーそいやー』
ハックルベリー:MP-9します~
GM/タイチ:でも結構痛い
ハックルベリー:フェアテすきになったかも
ハックルベリー:私の行動宣言は以上~
GM/タイチ:猛烈なかまいたちが三体のボガードを切り裂きます
ハックルベリー「ようせいさんいけー、ぎゃくさつのかぎりをつくすのだー」
フィノール「よし、一気に畳み掛けましょう!」 / さて、どちら殴りに行きます?>バルバトロさん
バルバトロ:ふむーではボカードAから叩きますか
ハックルベリー:ごーごー
バルバトロ:先に行動よろしいでしょうか?
GM/タイチ:どちらからでもどうぞー
フィノール:何か【全力攻撃】&ベアーでダメージの期待値計算したら、4+4+4+1+2にレート43で25点とか出たんですが……(絶句)
バルバトロ:へへへ
バヤン:ふふふ・・・
GM/タイチ:ほほう
ハックルベリー:そう、打点高いからウインドカッターするか迷った
ハックルベリー:ホームランしてちょうだいな~
バルバトロ:ではお先に行動します
フィノール:どぞ~。
GM/タイチ:止まるんじゃねぇぞ…
バルバトロ:マッスルベアーと全力攻撃を宣言してボカードAを攻撃します
ハックルベリー:キ、キボ、キボウノー...
バヤン:ウタガー
バルバトロ:2d6+7 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 5[3,2]+7 → 12
GM/タイチ:2d6+4 回避ー
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[4,3]+4 → 11
GM/タイチ:ぐはぁ
フィノール:もっらーる!
ハックルベリー:あー、これは場外ホームランですわー
バヤン「いえーい!ノリノリだよー」
フィノール:あ、計算したら3でも飛んだw
ハックルベリー:ひえーw
バヤン:かっとばせー
バルバトロ:k43+14@12 ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.43c[12]+14 → 2D:[5,4]=9 → 11+14 → 25
バルバトロ:そぉい!
GM/タイチ:余裕で消し飛びました
バヤン:ホームランッ!
ハックルベリー:「おー、よくとんだぞー」
GM/タイチ:モラル『この時代に叩きつけてやれー』
バルバトロ「このバルバトロ容赦せん!」
バヤン『恋はドラクル~♪』
GM/タイチ:バルバトロさんの一撃でボガードAはトマトのごとく潰されました
GM/タイチ:さぁ、フィノールさんは如何致します?
フィノール:ボガード殴っておこう。 そうすれば次のラウンドには倒せる(そしてバルバトロにはトルーパーを殴ってもらえる)
ハックルベリー:いけいけー ワインの瓶で殴るのかな
GM/タイチ:砕ける>瓶の方が
フィノール:いやー。Aランクのポールメイスには遠く及ばないごくごく普通のメイスですよー。
フィノール:2d6+5+1 ボガードへ命中判定。
SwordWorld2.0 : (2D6+5+1) → 11[5,6]+5+1 → 17
GM/タイチ:2d+4 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 10[6,4]+4 → 14
バルバトロ:よしよし!
GM/タイチ:ではダメージをどうぞ
フィノール:あぶなーい
GM/タイチ:18以上で死にですね
ハックルベリー:なんてダイスの高い目の勝負なんだ
フィノール:k20+5+2@12 弱点込み片手持ち
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[12]+7 → 2D:[6,3]=9 → 7+7 → 14
GM/タイチ:生き延びた
フィノール:3引いて残り4ですね。流石に足りないか。 / 「余所見している場合じゃないですよ!」<ドカーン!
GM/タイチ:では、こちらのラウンドもらいます
ハックルベリー:「いいスイングだー、2番巧打者たいぷだぞー」
バルバトロ:こいやー!
ハックルベリー:はーい
バヤン:カモン
フィノール:……そういえばバルバトロ『飛んだ?』<剣の加護使ってないのでは?
GM/タイチ:では瀕死のボガードBはフィノールさんへ執念の一撃を狙いに行きます
バルバトロ:まだ使ってないですね
ハックルベリー:「ふぃのーるーまえーまえー」
フィノール:温存とは余裕ですなー。<あれを見てしまうとそれもそうかと思ってしまうがw
GM/タイチ:2d6+4+1 モラルはこっちも
SwordWorld2.0 : (2D6+4+1) → 9[6,3]+4+1 → 14
バルバトロ:使い忘れたのは秘密
フィノール:2d6+5 盾習熟~っ。
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 9[5,4]+5 → 14
ハックルベリー:GJすぎる
GM/タイチ:すげぇ
フィノール:ありがとうスパイクシールド!
バヤン「うわー向こうもノリノリだけど」
バルバトロ:ヒュー!
バヤン「ノリが足りないよ!」
フィノール「させませんよっ!」<盾のおかげなので盾で受け止めよう。
GM/タイチ:では、粗末な衣服の袖ががスパイクシールドに引っかかってかわされました
バルバトロ:セクシー!
ハックルベリー:ボガードのセクシーショット
GM/タイチ:さて、本命ボガトルの全力攻撃を
フィノール:……服がひっかかったのはボガードですよ?(ジトー)>バルバトロ
バヤン:BL?
ハックルベリー:www
フィノール:へー、全力攻撃宣言なんだ、へー……。
バルバトロ:ザンネンダナー
ハックルベリー:カイヒサガルネー
フィノール:「だけ」宣言なんだー。<GMにやさしいPLを目指す?
GM/タイチ:1d2 1でバルさん 2でフィノさん もちろん練技も両方
      ↑連続攻撃に気を取られて、練技を完全に失念するGMで会った。

SwordWorld2.0 : (1D2) → 1
ハックルベリー:w
バルバトロ:ほほう
バヤン:バルサン相手か
GM/タイチ:2d6+7 行くぜ
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 5[2,3]+7 → 12
ハックルベリー:モラルいれたー?
フィノール:正しいよね。今は回避力も防護点もフィノールの方が上だから。<ただ、HPだけは攻撃1回分くらい違う。
GM/タイチ:って振るわない、モラル入れても13
バルバトロ:2d6+3 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 8[6,2]+3 → 11
バルバトロ:んぁー
フィノール:あー、逆にモラルの洗礼がw
バヤン:「ありゃ(;’∀’)」
GM/タイチ:2d6+5+4+2 くらえーい
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+2) → 8[5,3]+5+4+2 → 19
フィノール:注:もしくは飛んで入れば
ハックルベリー:うお
バルバトロ:ひょー
ハックルベリー:これはヒール準備
フィノール:では、続いて連続攻撃のお時間です。
GM/タイチ:なのです
バルバトロ:イタイヨー
GM/タイチ:の前に一応バルバトロさんダメージ13点お願いします
フィノール:まあ、ダメージ6ゾロでも倒れないですけどね。
バヤン:優秀過ぎて私も困っちゃうなぁー(;^ω^)
ハックルベリー:威力表じゃなくよかったよかった
バルバトロ:残り23だぁ
フィノール:……やっぱ硬いなリルドラケン。
フィノール:私より1点多い!<23点
GM/タイチ:2d6+7+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+7+1) → 6[2,4]+7+1 → 14
バルバトロ:2d6+3 回避ぃぃぃぃぃぃ
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 8[4,4]+3 → 11
バヤン:辺りー
バヤン:当たりー
バルバトロ:…が、ダメ!
GM/タイチ:2d6+5+4+2 全力パート2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+2) → 5[1,4]+5+4+2 → 16
バルバトロ:残り10点だー
バヤン:大丈夫?ポーション飲む?
バルバトロ:ウームやっぱり格上は強いなぁ
ハックルベリー:あ、まって
ハックルベリー:ストーンガード
バヤン:あ
GM/タイチ:あ、そうだ
ハックルベリー:分引いてちょうだい~
ハックルベリー:あぶないあぶない、フェアテはじめてだから忘れるところだった
GM/タイチ:一回だけマイナス5
バルバトロ:そうでしたね!では残り生命力18
フィノール:使い捨てなのでお気をつけを。 というかFP分がダメージひかれてないのに今気づいた。<バルバトロはスプリント(防護5)+リルドラケン(防護1)で元から6点。今は7点防ぐはず。
GM/タイチ:あ、イニシアティブの方が16になってますね、バルバさんのHP
ハックルベリー:あるあるだねw
バルバトロ:本当だw訂正しました
GM/タイチ:FPは両方だからさらにダメージマイナス2?
フィノール:「19-7=12」「14-7-5=2」 合計ダメージ14点で、残りHP22点。 なんじゃこの硬さは。
フィノール:あ、14命中か
GM/タイチ:殴りたくねぇw
ハックルベリー:残18のはずー
バヤン:回避捨てて防御盛りしたら崩れにくいだろうな
フィノール:「19-7=12」「16-7-5=4」 計16ダメージの残り20点。 それでも高いわw
ハックルベリー:フィノールさんがただしい
ハックルベリー:私のどこでまちごうた~
バルバトロ:くっそー大分削れた!計算ありがとうござます
GM/タイチ:けど生き残るという
バヤン:タフネス
バルバトロ:戦士は体力の高さで生き残る!
GM/タイチ:よし、次があったら一匹魔法使いにしよう
フィノール:私の方が1点硬いけど、仮に14点受けたら残り8とか何ですが(汗)
GM/タイチ:では、そちらのラウンドをどうぞ
ハックルベリー:それではひーるしましょうかね~
バヤン:自分は最後に回ります
フィノール:ウィスパーしたら敵も回復するので本職に任せていただけると<ヒール
バルバトロ:わーい!回復!前衛回復大好き
ハックルベリー:おっと、これ範囲か、すごい罠だ、了解
GM/タイチ:なのです
GM/タイチ:だからフィノールさんいなかったらヒーラーがマジやばかったのです
ハックルベリー:妖精魔法ほんとこわいw
フィノール:組み換え環境下の時は「光3」にはしておくんやで? お姉ちゃんとの約束やw<プライマリぃヒーリングが使える
ハックルベリー:したらどうしよう、バヤン、ボガB食べる?
ハックルベリー:はーいw
GM/タイチ:けど大部分が1体だから制御とか無理に取らなくていいのよね
ハックルベリー:覚えておこう
バルバトロ:フィノさんがぼが
フィノール:あ、バルバトロにキュアします。 後衛組でボガード沈めてもらえると助かるかなー。
ハックルベリー:フィノさんは回復にまわってもらうよー
バルバトロ:B倒して僕がボガトル殴りますか?
バルバトロ:了解です!
ハックルベリー:うん、ばるばとろはトルーパ殴ってほしい
ハックルベリー:バヤンがボガB食べないなら私食べるよー?
フィノール:キュア振りますねー。>GM
バヤン:スカしたら私が殴るから安心して!
GM/タイチ:どうぞ
フィノール:2d6+5 まずは発動するか
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 3[1,2]+5 → 8
バヤン:あぶぶ・・・
ハックルベリー:おほーw
フィノール:k10+5@13 発動すればいいのです発動すれば(ドキドキ)
SwordWorld2.0 : KeyNo.10+5 → 2D:[4,4]=8 → 4+5 → 9
バヤン:ちょろーん
バルバトロ:確かかけら3つ入ってるからHP45くらいかなボガトル
ハックルベリー:イニ表みるかぎりあと31だねー
ハックルベリー:ばるばるHP回復したら行動します
バルバトロ:そっかとふには便利ものがあったか
ハックルベリー:ばるばる9点回復してーw
バルバトロ:9点回復でよろしいでようか?
バルバトロ:これで残り29です
フィノール:9点回復は29点~。 / 「回復は任せてください! バルバトロさんはトルーパーを!」
ハックルベリー:では二倍拡大ウインドカッター 行使一括
ハックルベリー:GM振っていい~?
バルバトロ「回復感謝するデカいのはまかせてくれ!」
GM/タイチ:どうぞー
バヤン「フォローは安心して私に任せるがよい!」
ハックルベリー:2d6+7  妖精魔法行使「こまぎれにしてやろうー」
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 3[1,2]+7 → 10
ハックルベリー:あっぶ
ハックルベリー:抵抗どうぞーw
バルバトロ:ティダン様がチラ見してる
フィノール:大丈夫! 普通のボガードは通った時点で倒せるから!
GM/タイチ:2d6+4 まずはボガ
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 3[2,1]+4 → 7
GM/タイチ:げふっ
ハックルベリー:ボガードェ・・・
フィノール:……オーバーキルされればいいじゃないですかね……
GM/タイチ:2d6+5 次はボガトル
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 8[4,4]+5 → 13
ハックルベリー:これならボガトルも・・・!
ハックルベリー:ですよねーw
GM/タイチ:残念
ハックルベリー:威力~、別々に降りますね
GM/タイチ:どうぞ
ハックルベリー:k10+7@10 対ボガード
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+7 → 2D:[3,5]=8 → 4+7 → 11
ハックルベリー:k10+7@13 対ボガトル
SwordWorld2.0 : KeyNo.10+7 → 2D:[3,4]=7 → 3+7 → 10
GM/タイチ:撃破
GM/タイチ:こっちは5点
ハックルベリー「ぐぬぬ」
ハックルベリー:MP-6点します
バヤン「ヘイッ!スマイルスマイル!」
ハックルベリー:「だぶるぴーす」
バルバトロ:ではバルバトロいきまーす
ボガトル『マケン、マケンゾ』
フィノール:飛ぶのを忘れずに~。
ハックルベリー:びゅーん
ハックルベリー:飛翔の命中+1はいいよねー
バルバトロ:では剣の加護/風の翼を宣言して飛行状態に
バルバトロ:これで回避と命中に+1
バヤン:「飛んだぁー!」
GM/タイチ:飛行:このクリーチャーは飛行を持たないクリーチャーにブロックされない
バルバトロ:続いて全力攻撃を宣言してトルーパーに攻撃します
バルバトロ:2d6+8 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 6[2,4]+8 → 14
ボガトル『タタキオトシテクレルワ』
GM/タイチ:2d6+3 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 6[5,1]+3 → 9
バルバトロ:いえーい
GM/タイチ:叩き落とせなかった
バヤン:いえーい
ハックルベリー:全力攻撃つらたん
GM/タイチ:だが、防護点は上がっている
バルバトロ:K43+14@12
SwordWorld2.0 : KeyNo.43c[12]+14 → 2D:[4,5]=9 → 11+14 → 25
GM/タイチ:16点もらいます
バルバトロ:防護点9は固い!
ハックルベリー:ひえー、Lv3の威力とはおもえん
GM/タイチ:あとはバヤンさんですね
バヤン「ここで天才の私のとっておき!」
GM/タイチ:まぁバヤンさんがぶん回る可能性もある
バヤン:クロスボウに魔力の太矢を装填してファイヤー!
バヤン:この矢は魔法ダメージ・・・だ
バルバトロ:やっちまえー天才美少女!
ハックルベリー:あれ、めっちゃ高くなかったっけw
バヤン:まず命中
ハックルベリー:ごーごー
バヤン:2d+7 クロスボウ
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 2[1,1]+7 → 9
GM/タイチ:報酬分じゃねーか
      ↑1400ガメルの矢を失わずに済んだことを喜ぶべきか、仕留められたなかったことを悲しむべきか

バヤン:ぐはー!?
ハックルベリー:矢回収できるよ!やったね!
フィノール:これは天才ですね……。笑いの……(ボソッ)
バヤン:まだだ・・・相手も1ファンしたら当たる
GM/タイチ:バヤンさんは足を崩し、矢の軌道はあらぬ方向へとそれていきました
フィノール:いや、攻撃が1ゾロだと回避側は判定不要です。
ハックルベリー:いえ、受動有利なので攻撃側が失敗したら自動失敗です・・・残念ですが
GM/タイチ:では、こちらのラウンドをもらいます。
ハックルベリー:はーい
GM/タイチ:継続して全力攻撃
バルバトロ:おうふ…ドンマイですぞ
バヤン:「あー!食後のデザート抜いて貯めた矢がー!?」
GM/タイチ:1d2 ターゲットは先ほどと同じく
SwordWorld2.0 : (1D2) → 1
GM/タイチ:バルさんになりました
ハックルベリー:矢は外したら回収できるよー、HITしたらそれまでだけど
バヤン:後で回収しよう…
バルバトロ:ほい!
バルバトロ:翼があるから避けれる
GM/タイチ:2d6+7 命中 落ちろ蚊トンボ!
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[1,5]+7 → 13
バヤン:今度は普通の矢で倒そう…絶対
バルバトロ:2d6+4 回避判定
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[4,3]+4 → 11
バルバトロ:ふぇ・・・
バヤン:おうふ・・・
GM/タイチ:2d6+5+4+2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+2) → 12[6,6]+5+4+2 → 23
↑GMも予想外の6ゾロ、本当に殺してしまうかと冷や汗をかきました。

ハックルベリー:うおおw
バルバトロ:まわったー!
ハックルベリー:GMの殺意がぱない!
バヤン:お疲れ様です
GM/タイチ:なんかごめん
フィノール:おっ、6ゾロ!
バヤン:新しいキャラシ持ってきてー
フィノール:16点減って残り13? これはワンチャンあるか?
バルバトロ:ワンちゃんあるで!
GM/タイチ:2d6+7 二撃目
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[5,2]+7 → 14
バルバトロ:2d6+4 走れダイスぅぅぅぅっぅぅぅ
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[5,1]+4 → 10
バルバトロ:うーんこの
バヤン:ダイス『断る』
GM/タイチ:2d6+5+4+2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+2) → 7[2,5]+5+4+2 → 18
ハックルベリー:www いいやつだったよ・・・
ハックルベリー:おおお
フィノール:さあ、GMは9以上が……出ないっ!
バルバトロ:1のこったー!
ハックルベリー:文字通り1足りない!
バヤン:耐えやがった
GM/タイチ:防護7じゃ
バルバトロ:首の皮1枚つながった…
バヤン:次私ー
フィノール:FP、ストーンガード、キュア、どれが欠けても落ちていた。このトルーパーは頑張った!
↑まさにこれ、生き残ったバルバトロさんにも驚いた。

バヤン:?
GM/タイチ:ボガトル『ナニッ!?』
フィノール:あ、残りHP2ですよ。
バヤン:「おぉ、死んだ?」
バルバトロ:「頑丈なのが取りえでな…まだ生きてるよ…」
GM/タイチ:ボガトル『タエタダトッ!』
バヤン:「そっか、そのまま伏せてて」
バヤン:「額射貫くよ~」
ハックルベリー:あ、まってバヤン
バヤン:?
ハックルベリー:スネアとウインドカッターどっちがいい
バヤン:・・・スネア
ハックルベリー:スネアなら先に移しウインドカッターならあとにうつ
ハックルベリー:ということで前衛お二人もスネアで大丈夫ですか
GM/タイチ:キャラの立ち絵的に企んでる感じがいいですね
バルバトロ:おKですー!
フィノール:バルバトロさんに決めてもらうのが良いかと。 ポーション飲むならスネアしないでしょ?<妖精魔法
ハックルベリー:まあ10点削れないとつらいのは承知の上ですが
バヤン:フルボッコだドン
フィノール:実は魔法の太矢が残っているならバヤンが初手正解な気もするけど<魔法ダメージで落とせたら大団円で終わる。
バヤン:もうないよ
バヤン:回収しない限り
バヤン:ウィンドカッターにする?
GM/タイチ:そりゃ、セッション3回分で2本も3本も買えはせんでしょう
ハックルベリー:ばるばるさんからのOKでたからスネアで~
フィノール:うーむ。流石に1本か。 となると回復量どうするかを生死かかってる本人に決めていただくかなー。<後、選択肢にストーンガードも入れてあげて。5点防げるから回復の代わりになるし。
ハックルベリー:あ、そうだね、ストーンガードもありだ
バルバトロ:あーまってくだされ
バルバトロ:どれが1番手堅いですかね
ハックルベリー:いいよー、ばるばるさんきめちゃってー
バヤン:10点だし事故起こさない限り大丈夫な気がしなくもない
ハックルベリー:手堅いのはウインドカッターかなあ
GM/タイチ:それはフラグ
バルバトロ:では手堅くウィンドカッターでいきましょう!
ハックルベリー:抵抗抜けば倒せるし抜かなくても全力攻撃相手に3人外さなければなので
バルバトロ:色気だして事故るの怖み
ハックルベリー:では最後に行動するのでバヤンどうぞ~
バヤン:ではクロスボウでファイヤー
バヤン:2d+7 クロスボウ
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[3,4]+7 → 14
GM/タイチ:2d6+3 回避ー
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 5[2,3]+3 → 8
バルバトロ:ないす!
バヤン:ヒット
バヤン:k20+5@10 狙い撃つぜ!
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+5 → 2D:[3,5]=8 → 6+5 → 11
GM/タイチ:2点
バヤン:「ありゃー」
GM/タイチ:そりゃ防護点9もありゃ
バヤン「ごめん掠っただけだけ~あとヨロ~!」
ボガトル『コノテイドデハコロセンゾッ!』
バルバトロ:では次よろしいでしょうか?
バヤン「どうかにゃー・・・特にそこのリドラルケンに対しては・・・」
バルバトロ:えーっとバードの効果はもう消えてるのでしょうか?
フィノール:消えてますね。
ハックルベリー:きえてるよー
バルバトロ:ありがとうございます。命中ボーナス7か
バルバトロ:2d6+7 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[1,6]+7 → 14
GM/タイチ:2d6+3 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 6[5,1]+3 → 9
GM/タイチ:あとは1ゾロが出なければ
バルバトロ:K43+14@12 これで吹き飛べ!
SwordWorld2.0 : KeyNo.43c[12]+14 → 2D:[3,6]=9 → 11+14 → 25
ハックルベリー:ミンチィ...
バルバトロ:ふー安定して20代でるのはありがたい
バヤン:吹っ飛んだ?
GM/タイチ:では、死中に活を見出したバルバさんの一撃がボガトルを粉砕しました
バルバトロ:16ダメでドーン!
バヤン:これも天才的私の援護のおかげね」 フッ
バヤン「いきてるー?バルトロー」
ハックルベリー「あーつかれたー、もう残敵いないー?」
フィノール:PL的には終了でも、PCとしては即座にキュアしておこう。
ボガトル『グッ…ハハハハハッ! コレガ、死カッ!』
バルバトロ:「うーむ…ギリギリいきてるぞー」
バヤン:「死ぬ前に遺書に全財産私に譲渡ね?」
ハックルベリー:「うお、ボガトルも、しぶとい」
バヤン:「うっさい」 容赦なく矢を打ち込んどきます
バルバトロ:「子悪党の蛮族がなにを大物ぶってるんだか」
ボガトル『ダガ、”アノ方”ハコンナモノデハナイゾ! グハッ!』言ってる途中でぶっ刺されました
↑ノリだけで、伏線じみたことを言わせてしまう。勢いって怖い。

フィノール「ギリギリ過ぎますよ……。まさかポーション飲まずに突っ込むなんて……」<しかも追加ダメージ的に《全力攻撃》してるし
GM/タイチ:というわけで戦闘終了
GM/タイチ:てゆーかノリだけでなんか思わせぶりなセリフを吐かせてしまったorz
ハックルベリー「あのおかた・・・まさか!」といいつつヒールをみんなにかけときます
バヤン:あ、魔力の太矢回収
バルバトロ:「頑丈さが取り柄だからだいじょうぶさ…とは言えもう少し修業の必要はあるかな」
↑その頑丈さがなければ、後衛も危なかったかもしれない。

フィノール:今こそウォーターの出番……<怪我してるの1人だし
バヤン:あれなくしたら赤字だ
ハックルベリー:はっ
バヤン:回収ッ!
ハックルベリー:ではヒールウォーターをつかうぞ!
ハックルベリー:ひゃっほーう!
ハックルベリー:といってもGM的には行為判定は必要なのだろうか
バヤン:では私は戦利品を漁るぞ
バヤン:ひゃっほーい!
GM/タイチ:いや、もう判定はいいですよ>戦利品以外は
フィノール:さーてギャザるぞー。
バヤン:ワタシには幸運のお守りがある
バヤン:+1で判定可能だ
ハックルベリー:ではちょっと酒臭いヒールウォーターを作ってばるばるにがぶ飲みさせます「もっとのんで、もっとのんで?」
バルバトロ「癒してくれるのはありがたいが、なんか酒臭いぞ?」
フィノール:+同士だけどトルーパー譲るよ~。あの1ゾロ見た後で2000G投資してる人からボスの戦利品判定は奪えない。
ハックルベリー「マスターにいって?さあもっともっともっと」
GM/タイチ:あと戦利品は個別でお願いしますね
バヤン:「ほい一気、一気」手拍子ではやし立てて
バルバトロ:バヤンさん振ってくださいな
ハックルベリー:ふっちゃってー、わたしはまもちきで満足した
バヤン:じゃあボガ振ります
バヤン:2d+1
SwordWorld2.0 : (2D6+1) → 5[3,2]+1 → 6
バルバトロ「あ、あぁ…遠慮なく飲ませて貰おう」
GM/タイチ:戦利品が終わったら、荷車で運び出したってことで店に戻ってエピローグでいきましょう
ハックルベリー:あと2回よろしくー
ハックルベリー:>私いがいのひとに
バヤン:2d+1 ボガB
SwordWorld2.0 : (2D6+1) → 8[6,2]+1 → 9
フィノール:ボガードは7から高い、トルーパーは8から高い
バルバトロ:イケイケー
バヤン:2d+1 ボガトル
SwordWorld2.0 : (2D6+1) → 9[5,4]+1 → 10
バヤン:キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!
バルバトロ:すばらしい!
フィノール:30分はぎとりの裏でキュアしたり卵積み直したりしてるのだろう<私達
ハックルベリー:おー
ハックルベリー:私は!ばるばるに!ヒールウオーターを飲まさせずにはいられない!
GM/タイチ:総額680Gですね
フィノール:30+150+500=680G 1人あたり170G
ハックルベリー:わーい
バヤン:私は!戦利品を!漁らずにはいられない!
バルバトロ:ぐへへ
GM/タイチ:さらに拾った100G合わせて780
ハックルベリー:とまあきりのいいところで卵の搬出組に合流しましょう
バヤン:そだねー
バルバトロ:ラジャー!
バヤン:195Gだね一人頭
フィノール:帰るぞー。 / さすがダメージ6ゾロだした武器。いい仕上がりだw
ハックルベリー:そういえば6・6のいわくつきだねwダルクレムあたりのかごがあるんじゃ()
GM/タイチ:じゃあいい仕上がりってことで+20して一人当たり200Gで構いませんよ。その方がキリがいいし
ハックルベリー:ありがとうございますー
GM/タイチ:あの方(ただの勢いで言った)からのものかもね
フィノール:お、感謝ー。
バヤン:おぉー
ハックルベリー:くっ(?)
GM/タイチ:では、お店に帰りましょうか?
バヤン:GO
ハックルベリー:はーい
バルバトロ:はーい
GM/タイチ:お店に戻るまでが依頼です
GM/タイチ:では、みなさんは無事に卵を取り返して、煌星の導き亭へ戻ってきました
バヤン「帰ったよー!卵も無事よ!」
ハックルベリー「つかれたー、ねるー、らいねんおこしてー」
バヤン「じゃあ打ち上げ呼ばないから」
マスター「新顔にしちゃ上出来だ」
バヤン「ゆっくりお休みー」
バルバトロ「ふー卵を無事取り戻してきたよ」
GM/タイチ:リルドラケンの方々からはさぞ喜ばれたことでしょう
ハックルベリー:わーい
バルバトロ:よかったよかった
バヤン:これも天才のおかげね
マスター「お前も卵も死なずに済んだのはジークフリードの導きがあったかもしれねぇな」>バルバさん
↑本当は最初の段階で名前だけ出すつもりでしたが、準備段階の対応でいっぱいいっぱいだったので

バヤン:バルムンク?
フィノール:誰だっけ? いや、神話的なほうでなくSW2.0的な方で
マスター:この街を作った六人の英雄の一人、オリジナル設定のリルドラケンです。
ハックルベリー:ドラゴンレイドとダグニア博物誌探してしまったw
バルバトロ:ほほー
バヤン:へー
フィノール:公式じゃない人ならそりゃあ知らないか。
マスター:ちなみに、六人の英雄は神格化こそされていませんが、この街では神聖視されています。
バルバトロ:今ルルブで探してましたw
ハックルベリー:シムルグみたいに神格化されるかもね~
バヤン:いわゆる『列聖』ってやつか
バヤン:聖人信仰的な
マスター:「お前らが冒険者続けるなら、名前くらいは知っておくといい」
ハックルベリー:「ふぇーい」
バヤン:「ほーい」
バルバトロ:「あぁそうだな、ジークフリートの加護に感謝を」
フィノール:「そんな人がいたんですね~」
ハックルベリー:不敬すぎるなこのエルフとグラランw
バルバトロ:自由人どもめw
バヤン「…上手く行けばそれでお金稼げるかも…ジークフリート饅頭とか」
マスター「それがしたけりゃ、名誉とコネがいるぞ」>饅頭
バヤン「さぁ次の冒険が私たちを待っているわー(棒)」
ハックルベリー「ああ~、あの森の甘い香りはなんだったんだろう~・・・」
マスター「晩飯くらいはおごってやる。せいぜい頑張るこったな」>みなさんにぶっきらぼうに
フィノール「そういえば完全に無視しましたね」<香り
ハックルベリー:PC的にもPL的にもちょっと気になる
↑セッション中には言えませんでしたが、植物系モンスターとの戦闘が待っていました。

バヤン:じゃあブタの丸ごとローストがいいなー!」
バルバトロ「それはありがたいな!今日はなかなか頑張って腹が減っているんだ」
マナカ「というわけで、みなさん召し上がってくださいー」
ハックルベリー「私水菜と水菜と水菜のサラダがいいなー、いいなー」
GM/タイチ:とエルフの女の人が料理を運んできてくれます
フィノール「お酒! せめてエールくらいなら含まれますか! いや……。サカロス様に捧げる飲酒がオゴリではよくない……? う~ん」
ハックルベリー「おー同族だー、美味しくいただくよー」
マナカ「おじさん実は嬉しいんですよ♪ 久々に冒険者の人が来てくれて。前の人たちは」>みなさんに小声で
バルバトロ「なにはともあれまずは肉だな!肉を食べさせてくれ!!」
マスター「余計なこと言うんじゃねぇ。マナカ」
ハックルベリー「おじさんかわいいー(エルフ語)」
GM/タイチ:とまぁ、二人の店主に歓待されて夜は更けていきます
GM/タイチ:特に何も無ければ、エンディングですねー
バヤン「私の武勇伝を聞けー!」
ハックルベリー:だいじょうぶでーす
バヤン:エンディングどうぞー
バルバトロ:大丈夫ですー
フィノール:「きらめくチャンス、仲間に続き放たれる魔法の太矢……そして明後日へ~」<酔ってますが何か? / エンディングどぞー
GM/タイチ:リルドラケンの卵たちはいずれ太陽の下で生を受けることでしょう。
GM/タイチ:明日の太陽があなたたちを照らすのか、それはまだわかりません。
GM/タイチ:今回の物語はこれにて終幕となります。
GM/タイチ:『幼竜の揺り籠』 おわり
 いいね!  3

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。