【クトゥルフ神話TRPG】5000兆円欲しい! 4.1実卓リプレイ

潮風リプレイ  4
登録日:2018/04/03 01:43最終更新日:2018/04/03 01:43
シナリオ名【5000兆円欲しい!】(シュマ様作)
同シナリオのネタバレが多分に含まれます。


※リプレイ開始前に※
参加PCのうち、「螺無駄 轟」には「儀腕に電気を溜め込み、それを使って闘う」というPLのオリジナル設定があります。
なかなかのチート性能だったため、ある程度の制限をかけることを、KPとPLが事前に話し合いの上で決定しています。




KP潮風:では、シュマ様作【5000兆円欲しい!】のセッションを始めます。
導入から行きますね。

[探索者たちは、それぞれ思うところがあり「お金が欲しいなぁ」と考えていた。
そしてツイッターに冗談交じりで「5000兆円欲しい!」と呟いたことがある。
そんな探索者たちのツイッターアカウントに、1通のDMが届く。それはこのような文面だった。
「5000兆円、欲しくありませんか?」
一瞬探索者たちはいたずらか、スパムかと疑うだろう。
インターネットリテラシーの高い探索者たちが「スパム乙」「天安門事件」などと返信すると、このような返信が来る。
「さすがに5000兆円、というのは冗談です…
しかし、近々大金を得られるゲームが開催されるのですが、興味はありませんか?」
ゲーム詳細について尋ねると、直接会って話したいと言う。
非常に怪しい…普段の探索者たちであれば、絶対に会おうとなどしないだろう。
だが、なにせ探索者たちは今お金が欲しい、5000兆円欲しい!
そんなわけで探索者たちは、軽率にその謎の人物に話を聞きに行くことにする。]

[指定された時間に、都内某所のビルの一室に向かう探索者たち。
扉を開けて中に入るとそこは会議室のような部屋だった。
周りには自分と同じように集められたであろう人がいる。]

大鷹 空雅:「俺様は大鷹 風雅 スポーツ選手だ。よろしくな」とあえて元チンピラという事は伏せて、笑顔で自己紹介します
螺無駄 轟:「僕は螺無駄 轟、上のほうでも下のほうでも呼んでいいよ」と笑顔で自己紹介します
黒瀬涼:「えーと、俺は黒瀬涼って言います。探偵やってます…よろしく」と困惑気味に自己紹介します

[簡単な挨拶を終えたあたりで、一人の仮面をつけた男性がドアを開けて部屋に現れる
仮面の男:「いやあ、みなさん。本日はお越しいただきありがとうございます」
仮面の男: 「早速、お話した大金の得られるゲームについて、なのですが…まずはこちらをご覧下さい」
と言うと、男は持っていたアタッシュケースを開き探索者たちに見せる。
その中には札束がぎっしりと詰まっていた。すべて本物である。これだけの量だ、億はあるのではないか、と思うだろう。
仮面の男:「これからみなさんに行って頂くゲームには、モノ好きな資産家がスポンサーとしてついております。
ゲームのクリア賞金は、この程度のはした金ではありませんよ?」
仮面の男:「まあ、いきなり大金といっても信憑性がないでしょうから、こうして賞金のほんの一部を実際にお見せしました」
そう言うと、男はアタッシュケースを閉じる。
仮面の男:「どうでしょう、参加してみませんか?こんな大金を得られる機会は、滅多にありませんよ?」]

黒瀬涼:「で、大会ってどんな内容なんだ?」
仮面の男:「それは参加してのお楽しみですよ?」
大鷹 空雅:「これだけ大金が貰えるなら、命掛けのゲームだっておかしくないな?命の保証はあるのか?」
仮面の男:「さぁ、どうでしょう?しかしですね、何かを得るためには、多少なりとも危険な橋を渡らなければならないかもしれませんねぇ……」
仮面の男:「逆に、何のリスクも負わずに大金が得られる…なーんてそんな都合のいい話あるんでしょうか?」 
螺無駄 轟:「せっかくのチャンスだから参加しない手はないね」
大鷹 空雅:「そう簡単に金は貰えないという事か…しかし5000兆円か…」
螺無駄 轟:親近感が沸いてきてそうなこっちのPC
KP潮風:w
黒瀬涼:「…金が貰えるならこの際何でもいいか…よし、俺はやるぞ」
大鷹 空雅:「よし、この話、乗るぜ。ただし、優勝させても金は用意出来なかった。は無しだぞ」
仮面の男:「素晴しい!結構でございます。では…」

[お金が欲しい探索者はゲームの参加を了承する。
すると部屋の壁から白い煙が部屋中に噴射され、探索者たちの意識はそこで途切れる。]

大鷹 空雅:グワー
黒瀬涼:なんと
螺無駄 轟:わーい真っ白(白目)

[目が覚めると、そこは四角い部屋。周りには先ほど一緒にいた他の探索者もおり、一緒に目を覚ましたようだ。
部屋の中には3つの扉がある。それぞれ扉の上にはプレートがついており、「体力の間」「知力の間」「武力の間」と書かれている。]

大鷹 空雅:うわ閉じ込められた
黒瀬涼:「なんなんだここは?」ときょろきょろ
螺無駄 轟:服装ってどうなってますか?
KP潮風:とりあえず、さっきのままです。
黒瀬涼:持ち物もですか?
螺無駄 轟:まだ仮面つけているのか...
KP潮風:持ち物は無くなっています。

[探索者たちがそれらを見たところで壁の液晶パネルが点灯すると、先ほどの仮面の男が映し出された。
仮面の男:「よォォォォこそ!では早速ルールを説明させていただきまァす! まずは、あなた方の衣服のポケットをご覧下さァァい!」]

大鷹 空雅:クソデカ液晶パネルくん
螺無駄 轟:すごい騒がしい
黒瀬涼:見ます
大鷹 空雅:「こいつ意外にもテンション高いな」
大鷹 空雅:見ます

[探索者達がポケットを確認すると、3枚の金色のコインが入っている。持っていたはずの所持品はなくなっていた。
仮面の男:「あなたがたには、これから3つの部屋で試練に挑戦していただき、クリアすればコインが増え、失敗すればコインが減ってしまいまァす。
全ての試練を終えた時、コインが最初より増えていてかつ、最も多い方が賞金獲得となりまッすゥ!」
仮面の男:「ちぃなぁみぃにィィ?他人のコインを奪っちゃったりしても大丈夫ですよォォ?
では最初は体力の間でェす!頑張ってくださァァァい!」 
そう言うと、ピーという電子音と共に、ガチャリと鍵の開くような音が体力の間の扉から聞こえる。
扉に手をかければどうやら簡単に開きそうだと分かった。]

螺無駄 轟:「あの人すごいハイテンションだね...」
黒瀬涼:「そうだなあ…どうする?行くか?」
螺無駄 轟:「そうだね、クリアしないと開かないっぽいし」
大鷹 空雅:「まずは体力からか…でも次は知力か…」
KP潮風:では、体力の間に移動しますか?
大鷹 空雅:入ります
螺無駄 轟:移動します
黒瀬涼:うーん扉の向こうの様子伺えますか?
KP潮風:音は何も聞こえないので、入らないとわかりませんね。
黒瀬涼:では入ります
大鷹 空雅:ガチャリ

[その部屋はこのような見た目をしていました。
手前で途切れる足場の先には色とりどりのポール、そしてその先には狭い足場、デコボコしていて掴んで登れそうな壁。そしてその頂上には、ショーケースの中に入った輝く1枚の金のコインが見える。
また、手前の壁には1枚の絵画が飾られている。
途切れた足場の下を覗き込めば、深い穴の底に無数の鋭いトゲが設置されているとわかる。]

大鷹 空雅:うわあものすごいハードだあ

[そして正面の液晶パネルが点灯し、仮面の男が映し出される。
仮面の男:「ドキドキ!串刺しアスレチィィィック!うまく足場を飛び移り、最も早く頂上へたどり着けた方がコインをゲットできまァァす!コインは1枚限り!早いもの勝ちですよォォ?」]

KP潮風:ではルールを説明します。
まず、DEX順に「跳躍」でポールのどれかに跳びのります。そして、もう一度跳躍に成功で向こう側に渡ります。
そこからは登攀に2回成功で、ゴールとなります。
跳躍2回、登攀2回成功する必要がある、ということですね。
螺無駄 轟:失敗した場合は?
大鷹 空雅:登攀振ってねえ/(^o^)\
黒瀬涼:私がさいおそだー…
螺無駄 轟:2つとも初期値だorz
KP潮風:試せる技能全部試した上で、それでもダメなら落ちますねw
大鷹 空雅:2番目か…
黒瀬涼:ダメージは具体的にお教えいただけますでしょうか…(-_-;)
KP潮風:ちなみに、ポールは誰かが乗ったものはもう使えません。
KP潮風:落ちたら即死です(ロストとは言ってない)
黒瀬涼:Oh
大鷹 空雅:いわゆるメガトンコインですか・・・
螺無駄 轟:ロストしない感じですか?
KP潮風:まあ、SANは減りますよw
黒瀬涼:協力して3部屋全員で一枚ずつ取ったらどうなんだろう?
黒瀬涼:協力は厳しそうです?
KP潮風:それも構いませんけど、ルールでは「引き分けなら賞金なし」らしいのでw
大鷹 空雅:pvp前提かあ・・・
螺無駄 轟:準備するは可能ですか?
黒瀬涼:ああーなるほど
KP潮風:まあ、誰かが取ればこの部屋はおしまいです。
KP潮風:では螺無駄さんからになりますが、どうします?
黒瀬涼:ここは逆に取ってもらった方が助かるなあ
螺無駄 轟:飛ぶように準備できますか?
KP潮風:助走を取ったりですかね?
螺無駄 轟:そうですね
KP潮風:では、跳躍に+10でいかがでしょう?
大鷹 空雅:全然関係ないけど絵画ってどんな絵がかいてあります?
螺無駄 轟:それでお願いします
KP潮風:あ、絵画見ます?
大鷹 空雅:目星必要ですかね?
黒瀬涼:便乗して私も見ます
KP潮風:いえ、宣言だけでいいです。
大鷹 空雅:じゃあ見ます
KP潮風:こんな絵が描いてますね。

[絵画:ポールと同じ色の花が描かれており、赤と黄の花にはちょうちょが、白い花には妖精が居て、青と黒の花にはじょうろで水が掛けられている。オレンジと紫の花には何もない。]

大鷹 空雅:おはなだあ
KP潮風:一応これヒントです()
大鷹 空雅:えっヒントなんだ
螺無駄 轟:なにか分かりそう
螺無駄 轟:ジョウロの水も気になる
KP潮風:どの色の花に何があるのか、よーく見ておきましょう。
KP潮風:準備が良ければ螺無駄さん跳躍+10で行きましょう。どのポールに飛び乗るかも宣言お願いします。
螺無駄 轟:ポールの色が分からない...
KP潮風:花と同じ色ですよ~
螺無駄 轟:紫に飛び乗ります
KP潮風:では跳躍、+10でどうぞ。

螺無駄 跳躍25+10=35 → 92 失敗

螺無駄 轟:出目高い...
KP潮風:んんんww
大鷹 空雅:メ ガ ト ン コ イ ン
螺無駄 轟:これはこけてるな...
KP潮風:使えそうな技能は…ないかな。幸運どうぞ。

螺無駄 幸運70 → 73 失敗

黒瀬涼:た、助けられませんか?
螺無駄 轟:荒ぶるなぁ
KP潮風:DEX対抗でどうにかなるかな…?
大鷹 空雅:ダイスの女神荒ぶってらっしゃる
黒瀬涼:ああ!7しかない!
螺無駄 轟:もう1人いるじゃないか
大鷹 空雅:えっ私?wwww
KP潮風:大鷹さん45%で行きますか?
大鷹 空雅:一応振ります

DEX対抗ロール 成功率45% → 40 成功

螺無駄 轟:武力の部屋気になるなぁ
黒瀬涼:おおー!
大鷹 空雅:よし!
KP潮風:では、間一髪螺無駄さんを大鷹さんが救出しました。
螺無駄 轟:なんで今日に限ってここまで荒ぶるかなぁ
螺無駄 轟:「助かりました...」
大鷹 空雅:「勘違いするなよ、ライバルがいないとつまらないものだからな」
大鷹 空雅:と引き揚げます
KP潮風:引き上げるためこのラウンドは行動不能です。
大鷹 空雅:ぐぬぬ
黒瀬涼:あー申し訳ない…
KP潮風:黒瀬さん張り切って参りましょうw
黒瀬涼:おおう…二人のどちらかにここは取ってほしかった
黒瀬涼:濃い赤行きます!
大鷹 空雅:がんばれ♡がんばれ♡
KP潮風:どうぞ~
黒瀬涼:登攀ですっけ
KP潮風:跳躍ですね
螺無駄 轟:今日の女神は味方につける前に暴れていらっしゃる
黒瀬涼:了解です

黒瀬 「跳躍初期値なのー!」ロール 25 → 84 失敗

大鷹 空雅:次の知力の部屋が怪しい…
KP潮風:あっ
大鷹 空雅:\(^o^)/
黒瀬涼:案の定ですねm
螺無駄 轟:知力は図書館あれば何とかなりそう
KP潮風:えーどうしよ…組み付きいってみましょうか
大鷹 空雅:振ってない
黒瀬涼:「うわーーーー!」サヨナラ
大鷹 空雅:メガトンコイン

黒瀬 「組み付きならあるぞー」ロール 55 → 41 成功

黒瀬涼:セーフ?
KP潮風:では、どうにかポールにしがみついて、登る事に成功しました。
黒瀬涼:「はあー…こわ」
大鷹 空雅:あ、今のうちに助走いいですか_
KP潮風:赤いポールでしたね。
黒瀬涼:はい
黒瀬涼:多分ど真ん中のかな?

[赤いポールに飛び移ると、あなたの元へ1匹のピンク色のちょうちょがやってきます。]

黒瀬涼:「蝶?」

[いえ、それはちょうちょと呼んでいいのでしょうか。その頭部は黒い触手がうねり、コウモリのような翼、ピンク色の甲殻に大きな鋏を持った奇妙な姿をしていました。]

黒瀬涼:「」
大鷹 空雅:それって私たちにも見えます?
KP潮風:いえ、黒瀬さんだけですw

[このような冒涜的なちょうちょを目にしたあなたはSANチェック0/1d6。]

螺無駄 轟:あっ...
螺無駄 轟:あの子だ

黒瀬 「踏んだり蹴ったり」ロール 45 → 25 成功

大鷹 空雅:よし!
黒瀬涼:セーフ
KP潮風:では、そのちょうちょがあなたに向かってその大きなハサミを振りかぶってきます。回避を振ってください。
螺無駄 轟:この蝶全員見たことありますよね...?
大鷹 空雅:やべーやつ
KP潮風:あるでしょうねw

黒瀬 「華麗に避ける!」ロール 64 → 9 成功

黒瀬涼:おお宣言通り!
螺無駄 轟:ほうほう
KP潮風:ではちょうちょ()の攻撃を見事に避け、ポールの上を確保しました。
KP潮風:続いて螺無駄さんですね。
黒瀬涼:よしよし、ここからどうなるかですねー()
螺無駄 轟:この蝶具現化したらリベンジ兼て電撃したかった
大鷹 空雅:あ、助走して準備しても大丈夫ですか?
KP潮風:いいですよ~。
螺無駄 轟:じゃあ、見てます
KP潮風:ではこのラウンドは行動しません。
大鷹 空雅:んじゃあ私ですね
KP潮風:大鷹さん跳躍+10でどうぞ~
大鷹 空雅:「このゲームの賞金は俺様が貰った!」

大鷹 「マリオ」ロール 99 → 80 成功

螺無駄 轟:名前の通り跳躍すごそう(小並み感)
大鷹 空雅:鳥だけに
KP潮風:そもそも跳躍90あったんですかww
黒瀬涼:おおー
螺無駄 轟:99はやばすぎる
KP潮風:あ、行き先のポールは?
大鷹 空雅:青で
螺無駄 轟:ステータス見ないといけませんな
黒瀬涼:黄色おいで~
KP潮風:では青のポールですね。
大鷹 空雅:やだ(迫真)
螺無駄 轟:だめだ
大鷹 空雅:(´・ω・`)

[青のポールに飛び乗った大鷹の頭上から、ドロドロの液体が降り注ぐ。全身ドュルンドュルンのヌルンヌルンで、以降の<跳躍>と<登攀>が半減します。]

黒瀬涼:ああー…
大鷹 空雅:ファッ!?
螺無駄 轟:これはひどい
KP潮風:ローションシャワーです()
黒瀬涼:「うわぁ、なんだあれ…」
大鷹 空雅:ローションという響きエロい
螺無駄 轟:「光ってません?」
大鷹 空雅:「何だ!?クソ!?ヌルヌルする!」
KP潮風:では黒瀬さんですね。
螺無駄 轟:「暴れると危ないですよー」
黒瀬涼:はい
黒瀬涼:今度こそ登攀ですね
KP潮風:いや、もう一回跳躍なんです…
黒瀬涼:あれ?メモミスってる…
螺無駄 轟:なぜ登攀にこだわるのか気になる
KP潮風:初期値のはず…w

黒瀬 「ワンモア!ちなみに登攀も初期値!」ロール 25 → 1 クリティカル

大鷹 空雅:お!?
螺無駄 轟:おー
KP潮風:ファーwwwwwwwwwwwwww
黒瀬涼:勝ったな(確信)
螺無駄 轟:強い(確信)
大鷹 空雅:ダイスの女神さまが味方についた・・・
螺無駄 轟:女神収めやがった
黒瀬涼:このあとが怖いやつですよ
KP潮風:では黒瀬さんは、不安定な足場にも関わらず美しいフォームで跳躍し、跳び過ぎて壁の中腹辺りにしがみつきました。
KP潮風:登攀1回を免除します。
黒瀬涼:華麗に!優雅に!蝶のように!
黒瀬涼:やったー
大鷹 空雅:「う、うおお!?なんだあの飛び方!?」
KP潮風:螺無駄さんどうしますか?
螺無駄 轟:取るまで見てます
KP潮風:はいw
螺無駄 轟:「楽しそうだね」
黒瀬涼:「轟さんもやってみなよ」
KP潮風:では大鷹さん。跳躍は半分になってます。ポールは助走も取れないので45でどうぞ。
大鷹 空雅:ずいぶん減らされたな…

大鷹 「マリオ」ロール 45 → 96 ファンブル

大鷹 空雅:\(^o^)/オワタ
KP潮風:あww
黒瀬涼:あっ…
螺無駄 轟:ファンブったw
KP潮風:えー…幸運行きましょうかw
大鷹 空雅:やべえよ…やべえよ…
螺無駄 轟:ローションと45の関係に気づいた俺氏
KP潮風:w

大鷹 「kouunn」ロール 60 → 89 失敗

大鷹 空雅:ダイスの女神を敵に回してしまった
KP潮風:Oh…
螺無駄 轟:メ ガ ト ン コ イ ン
大鷹 空雅:ふーざーけーるーなー!
螺無駄 轟:誤差とは言い逃れできない
黒瀬涼:明暗分かれましたねー
KP潮風:では大鷹さん、ポールから跳躍したところ、距離が足りず落ちそうになり、崖に手をかけましたが、
KP潮風:ローションで滑ってそのまま転落してしまい、針の山に串刺しになってしまいました…
大鷹 空雅:これは大ロスですね…
大鷹 空雅:あ 終わった
螺無駄 轟:ただロストしないと思う
KP潮風:落ちたのを見てしまったほかの2名はSANチェック1/1d3で。
大鷹 空雅:「ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
黒瀬涼:ああー!巻き添え!?
大鷹 空雅:道連れだ!!

螺無駄 「串刺しボッチ」ロール 70 → 51 成功 SAN70→69
黒瀬 「SAN」ロール 45 → 66 失敗
1d3 → 3 SAN45→42

螺無駄 轟:oh....
KP潮風:最大値w
黒瀬涼:女神ー!私のとこに戻ってきてー
螺無駄 轟:ただでさえ低いSAN値が磨り減っていく
KP潮風:この悔しさは登攀で晴らしましょう。黒瀬さんお願いします。
大鷹 空雅:てかこれどうなったんだ
黒瀬涼:謎の技術で復活?
大鷹 空雅:もう復帰不可能とみた
KP潮風:まあ、そのへんはクリア後にw
大鷹 空雅:おk

黒瀬 「登攀です女神来て」ロール 40 → 74 失敗

黒瀬涼:はい女神逃げてますねこれ
KP潮風:失敗なので現状維持ですね。
黒瀬涼:まあ現状維持ならね…
KP潮風:まあ、螺無駄さんが参加してないので、もう成功するまで回してるって解釈していいかな…w
黒瀬涼:轟さん、一回やってみない?
螺無駄 轟:見てる
KP潮風:ブレないw
螺無駄 轟:「がんばれ」

黒瀬 「Oh…登攀します」 40 → 55 失敗

大鷹 空雅:針の山で抗議の声を上げてます
大鷹 空雅:恨み声的な
KP潮風:まあ、あまりここで時間かけるわけにもいかないので…
黒瀬涼:「見てないで来いよー」
大鷹 空雅:「クッソォ…認めねえぞ…認めねえぞ…」
KP潮風:2回失敗で、合わせ技一本的な事にしましょうかw
螺無駄 轟:「嫌です」
黒瀬涼:そのうち成功するかファンブルで奈落落ちるかですからねー
大鷹 空雅:小物キャラやこれwwww
KP潮風:はい、では黒瀬さんが何とか辿り着いたとしますねw

[探索者の手にした黄金のコインが眩く光輝き始める。その光は部屋全体を白く照らし、探索者達は思わず目を閉じてしまうだろう。
そして気づくと探索者達は最初の部屋にいた。]

螺無駄 轟:「うおっ、まぶし」

[先ほど奈落の底に落ちていった探索者も、傷一つない姿でそこに立っている。]

大鷹 空雅:お やったぜ

[落下死した探索者は自身の傷一つない身体に戸惑うだろう。
先ほど自分の身体は鋭いトゲに貫かれ、口から血をこぼしながら耐え難い激痛の中、息絶えた事を確かに覚えている。
死を体験した事によるSANチェック1/1d3。]

螺無駄 轟:「あれ?大鷹さん生きていたんですか?」
大鷹 空雅:「あれ?なんで俺様生きてんの?」
黒瀬涼:あれ私たちもSANチェックきませんかねこれ…
大鷹 空雅:まずい
KP潮風:このSANcがあるのでさっき入れました。

螺無駄 69 → 91 失敗
※間違えて螺無駄が振ってしまいました。

大鷹 1d3 → 3 SAN60→57
※それを受けてか大鷹は自分のSANc振るの忘れました。

螺無駄 轟:間違えたった
螺無駄 轟:これはひどい
大鷹 空雅:しかも最大値じゃん
黒瀬涼:な か ま
KP潮風:ww
大鷹 空雅:biim兄貴並の屑運

[仮面の男:「大鷹さん、螺無駄さん残念でしたねェ…コインを回収しますねェ!」
と仮面の男が言うと、死亡者とコインを手に入れられなかった者の手からコインが1枚消えてしまう。]

KP潮風:大鷹さんと螺無駄さん、1d3振ってください。
大鷹 空雅:「チッ…まあ武力で取り戻せればな…」
黒瀬涼:あれ、これタッグ組まれたらまずい?
螺無駄 轟:「平気だよ」ニタァ
大鷹 空雅:む
螺無駄 轟:没収....

大鷹 1d3 → 2
螺無駄 1d3 → 3

KP潮風:まず大鷹さん、片耳が聞こえにくくなっています。聞き耳半減。
大鷹 空雅:元から降ってないから大丈夫だってそれ
大鷹 空雅:鳥だけに
KP潮風:螺無駄さんは利き腕の反対が動きにくくなってます。腕を使う技能が半減します。
螺無駄 轟:まじか
黒瀬涼:これは怖い…負けられないなあ
大鷹 空雅:「あー?耳でも悪くなったか?」
螺無駄 轟:「あれ?さっきより腕が鈍い気がする」
大鷹 空雅:「お互い様だな。俺様は片耳が悪くなった気がするぜ」
黒瀬涼:「え?どういうことだ、何かされたってことか?」

[コインの喪失による身体の変化に戸惑う探索者たちに、仮面の男は
仮面の男:「さあさあ、現在のトップは黒瀬さんですねェ!他の方々、賞金ゲット目指して次の部屋では頑張ってくださいねェ?次は知力の間でェェす!」
と言うと、知力の間の扉からピーという電子音と共にガチャリと鍵の開くような音が聞こえる。]

黒瀬涼:おおう…先頭には立ちたくない…今後は他の二人の様子見つつ動きます
KP潮風:知力の間の扉が開放されました。
大鷹 空雅:入ります
KP潮風:知力の間に全員で向かいますか?
黒瀬涼:はい行きます
大鷹 空雅:「さっきの俺様のようにゲームに失敗するとリスクが起きるって事だな 今度は失敗できないな…」
螺無駄 轟:「この障害が響かなきゃいいんだけど」
KP潮風:では移動しますね。

[部屋に入るとそこにはたくさんの本がみっしりと詰まった本棚がある。 奥には1枚の扉。部屋の壁には<予習部屋>と書かれている。
そこで、仮面の男の声がスピーカーから聞こえてくる。
仮面の男:「次の部屋ではクイズが出題されまァす!しかしィ?無学な方には少々難易度が高いでしょうから、ここで予習していってくださいねェェ?」]

黒瀬涼:「おい
黒瀬涼:ああ打ちミス…お気になさらず
螺無駄 轟:心の声かな?
大鷹 空雅:ファミチキください
KP潮風:w
KP潮風:ここでは全員図書館技能を振ります。
大鷹 空雅:振ってねえ
螺無駄 轟:「ここは見た感じ図書室っぽいかな?」
KP潮風:成功失敗に関わらず判定がありますので、とりあえず振ってみてください。
黒瀬涼:了解です
大鷹 空雅:初期値を信じろ
螺無駄 轟:振ってあるから問題ないと思いたい

大鷹 図書館25 → 1 クリティカル
螺無駄 図書館65 → 21 成功
黒瀬 「半端!」ロール 図書館65 → 100 ファンブル

KP潮風:www
大鷹 空雅:あ!?
黒瀬涼:ひえっ
大鷹 空雅:初期値で助かった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
黒瀬涼:一部屋ひとりがクリティカルするのかな
螺無駄 轟:クリティカルおめでとう
螺無駄 轟:とりあえず全員だね
大鷹 空雅:ダイスの女神様が味方に回った
螺無駄 轟:OMG
黒瀬涼:はいフラグ自分で建ててましたねこれ
螺無駄 轟:100ファンブルはひどい
大鷹 空雅:なんで振ってる人が失敗するんですかね…(困惑)
黒瀬涼:急に記憶喪失に…
KP潮風:まあ、ここでのファンブルはそんなに悪影響はないので…w
螺無駄 轟:これは女神様にビンタされたね
黒瀬涼:少しほっとした…
黒瀬涼:さっき1クリしてたのにこの仕打ち…
KP潮風:まず普通に成功した螺無駄さんは、知力の間の間だけ神話技能以外の[知識技能]が20%に底上げされます。
大鷹 空雅:クリティカルとファンブルが同時に出るとかどうなるんだこれ
螺無駄 轟:きたー
KP潮風:ファンブルの黒瀬さんは、10%までです。
黒瀬涼:無いよりまし…!
KP潮風:で、1クリの大鷹さんは、神話技能以外の[知識技能]が40%まで底上げされます。
黒瀬涼:これ全員痛み分けの可能性出てきますねー
大鷹 空雅:これ初期値から+40される感じですか?
KP潮風:いえ、初期値なら40%になる、という形です。
大鷹 空雅:何も振ってないしこれは大きい
螺無駄 轟:電子工学に加算されないのはきついな
黒瀬涼:羨ましい…ダイス交換しません?
大鷹 空雅:ダイスの女神様は気まぐれだからな

[一通り読み終わると、「次の部屋へお進みくださァい!」とアナウンスがされて、先へと続く扉が開く。
次の部屋に入ると、そこはぬいぐるみや箱などがいくつも雑多に置かれた狭い部屋だ。]

螺無駄 轟:なんかラブリーだな

[全員が部屋に入ると、探索者たちは何かに足を掴まれて転んでしまう。
足元を確認すると、いつの間にか地面から繋がる足かせがかけられている。
そして、天井のパイプから水が勢いよく流れ出してきた!]

大鷹 空雅:え
黒瀬涼:ファンシーでゆめかわって奴かー…って、ええー
螺無駄 轟:「なんか可愛らしィッ!」
黒瀬涼:うえー!?
大鷹 空雅:「な、何なんだ!?」

[天井付近の液晶パネルに仮面の男が表示される。
仮面の男:「みなさァァん!これからみなさんが行って頂くのは、ずばりッ!ドキドキ☆溺死クイィィィィズ!!
まず部屋の中から鍵を探し出し、足かせを解く。そして出題されるクイズに全員合わせて3回正解すると、部屋から脱出できまァす!溺れないように、頑張ってくださいねェェェ?」]

KP潮風:ではルール解説です
クイズには全員合わせて3回正解しなければならない。
<目星>で鍵をみつけるのに1ターン、足かせを外すのに1ターンかかるものとする。
足かせを外さないとクイズには参加できない。

螺無駄 轟:「溺死するわけにはいかないな」。
黒瀬涼:どれくらいで水溜まりきるかな
大鷹 空雅:「クッ ここで死ぬワケにはいかねえ!」
螺無駄 轟:目星します
大鷹 空雅:私も
黒瀬涼:これ鍵は別々ですか?
KP潮風:とりあえず1ラウンド目です。では目星どぞ
KP潮風:他人の鍵も見つけられますよ~
螺無駄 轟:ほうほう

大鷹 「目星」ロール 75 → 33 成功
螺無駄 目星65 → 14 成功
黒瀬 「こいつ振ってなかった」ロール 目星25 → 8 成功

大鷹 空雅:全員成功は珍しい
黒瀬涼:よかった…
KP潮風:では全員鍵を見つけたので、次のラウンドを使って鍵を解きます。
黒瀬涼:はーい
KP潮風:3ラウンド目、水は早くも肩の高さまできています。
KP潮風:ここからクイズに移行します。
大鷹 空雅:1発成功しないとやばい
螺無駄 轟:そういや、こういうのネプリーグにあったよね
KP潮風:問題は共用メモに貼り付け、20秒間ポップアップしますが、
黒瀬涼:うお水溜まるの早い…
KP潮風:ポップアップしてる間ならリアルINTで答えてもOKです。
KP潮風:ポップアップ終了後、底上げされた知識技能を振ってもらって、成功者は答えられたものとします。
黒瀬涼:みじかい…リアルINTない…(´・ω・`)
螺無駄 轟:答える宣言すればいいのかな?
大鷹 空雅:割と余裕ないなあ
KP潮風:そのまま書いて貰えれば拾いますよ。
KP潮風:で、全員合わせて3問正解でクリアとなります。正解した人全員にコインが渡ります。
KP潮風:準備はよろしいでしょうか?
大鷹 空雅:失敗したらリスクを負うのか…足技能封じられたらやばい
黒瀬涼:OKです
大鷹 空雅:はい
螺無駄 轟:OKです
(KP、問題決めシークレットダイス)
KP潮風:では、第一問行きます。ジャンルは歴史です。
黒瀬涼:歴史ならだれでも20あるぞ!

「七福神の中で唯一日本出身の神は?」

黒瀬涼:えびす
螺無駄 轟:恵比寿
※ポップアップ中のため技能ロール無しで正解

大鷹 空雅:うわー知らなかったの俺だけじゃん!!!
KP潮風:黒瀬さん螺無駄さん正解なので、1問クリアですね。
螺無駄 轟:これはすぐ出た
黒瀬涼:やったぜ
(KP、問題決めシークレットダイス)
大鷹 空雅:知識にかける!!!
黒瀬涼:聖おにいさんありがとう
KP潮風:では2問目。オカルトの問題になります。
螺無駄 轟:オカルトか...
大鷹 空雅:オカルト
黒瀬涼:これはリアル知識いけるやも
KP潮風:では参ります。

「アメリカの都市伝説に登場する、異様な長身でスーツを着た男性の姿をしており、直接姿を見ると死ぬと言われている存在は?」

螺無駄 轟:スレンダーマン
黒瀬涼:すれんだーまん
※ポップアップ中のため技能ロール無しで正解

KP潮風:瞬殺ですねww
大鷹 空雅:なんでみんなしってんの!?!?!??!(リアルINT1)
螺無駄 轟:なんかぬるい
螺無駄 轟:ぬるすぎる
黒瀬涼:都市伝説スキー
(KP、問題決めシークレットダイス)
KP潮風:では3問目、地質学です。
螺無駄 轟:ここで地質学か
黒瀬涼:あかん…
大鷹 空雅:むう・・・・(´・ω・`)
KP潮風:では行きます。
黒瀬涼:はい

「地球表層部の硬い岩盤の事。アセノスフェアの上にある岩盤は?」

黒瀬涼:無理orz
螺無駄 轟:なんだっけ...
大鷹 空雅:わからん さっぱりわからん!
KP潮風:答えが出なかったので、底上げされた数値で地質学ロールお願いします。

黒瀬 「地質学いっけー」ロール 10 → 75 失敗
大鷹 地質学40 → 21 成功

黒瀬涼:はいどぼん
大鷹 空雅:セーフ
黒瀬涼:おおー!
螺無駄 轟:振らずに答えていいですか?
KP潮風:螺無駄さん一応どうぞ。
螺無駄 轟:リソスフェアだっけ?
※ポップアップ時間は過ぎていたのですが、先に大鷹が成功判定を出していたので答えてもらいました。

大鷹 空雅:リアルINT高い
黒瀬涼:おお…リアルINTが…
KP潮風:お見事です。
螺無駄 轟:キター
大鷹 空雅:すごいよお
黒瀬涼:すごいー!
螺無駄 轟:習ったの思い出した
KP潮風:では3問正解しましたのでクリアですね。良かったですねピラニア放流前で()
螺無駄 轟:ピラニア!?
黒瀬涼:怖いこと言ってる…(´・ω・`)

[探索者の浸かる水が眩く光輝き始める。その光は部屋全体を白く照らし、探索者達は思わず目を閉じてしまうだろう。
そして気づくと、探索者達は最初の部屋にいた。
服はびしょ濡れだが、全員無事である。]

大鷹 空雅:あれ?自分前の2問答えれてないけど大丈夫ですかね?
黒瀬涼:没収されるー
大鷹 空雅:足取られたら終わる
螺無駄 轟:さすがに危なかった
大鷹 空雅:鳥だけに

[そして、全員が手持ちのコインが増えている事に気がつくだろう。]

螺無駄 轟:鳥あえず、あとは武力の間ってね
黒瀬涼:あれ全員なんだ
大鷹 空雅:やったぜ。

[壁の液晶パネルに仮面の男が現れる。
仮面の男:「みなさァん、お見事、全員コインを増やされましたねェ!素晴しいですよォ!!」]

螺無駄 轟:「元は取り返せたか」
黒瀬涼:テンション保つの大変じゃないのかな

[なお、大鷹と螺無駄は身体の不調が消えていることにも気がつくだろう。]

大鷹 空雅:お
螺無駄 轟:お
大鷹 空雅:「あぁ?いつの間にか耳が治ってる?」
螺無駄 轟:「腕がよくなっているな」

[戸惑う探索者たちに、仮面の男は
仮面の男:「さあさあ、現在のトップは黒瀬さんですねェ!他の方々、賞金ゲット目指して次の部屋では頑張ってくださいねェ?次はクライマックスに相応しい試練の待つ、武力の間でェェす!」
と言うと、武力の間の扉からピーという電子音と共にガチャリと鍵の開くような音が聞こえる。]

KP潮風:残すは武力の間のみです。
螺無駄 轟:「最後の間へ行きますか?」
黒瀬涼:わーなにがあるのかなー…
大鷹 空雅:「ここまで来たらもう引き返せないだろうな」
黒瀬涼:「行くか」もう気にせず行く
KP潮風:では全員で移動します。

[その部屋に入ると、部屋の中には重火器が置かれた物々しい雰囲気をしていた。
部屋の壁には「戦闘準備部屋」と書かれている。奥には1枚の扉がある。
そしてスピーカーから仮面の男の声が聞こえてくる。
仮面の男:「みなさァァん!この先、結構ハードな試練となりまァす!簡単に死なれてはつまらないですから、ぜひぜひ!ここで準備を整えてから先にお進みくださァァい!」]

大鷹 空雅:物騒だな
黒瀬涼:武器庫だあ
黒瀬涼:ハワイで親父に習ったって言って拳銃取るべきだった…
螺無駄 轟:「銃器がびっしりありますね」
大鷹 空雅:わかる

[仮面の男:「あ、螺無駄さんは、この先でのみ本来の武装を許可しますねェ!」]

大鷹 空雅:「物騒なモンばかり置いてやがる…」
KP潮風:戦闘準備部屋の武器は、どれでも持っていくことができます。リスト出しますね。
螺無駄 轟:「右腕からびりびりくるね、フフフ...]
黒瀬涼:「うお…これ本物?」
KP潮風:このリストにあるものなら、どれでも持って行けます。

[・ショットガン 30% 4D6 1回2発  装填7発
・グロック17 20% 1D10 1回3発 装填17発
・ダイナマイト <投擲> 5D6 1ターンで火をつけ次のターンで投擲できる 10個
・厚いジャケット 装甲に+1]

螺無駄 轟:持っていた棒ってありますか?
KP潮風:置かれていますね。
螺無駄 轟:回収します
大鷹 空雅:一番出目が高いショットガンで
黒瀬涼:熱いジャケットだけいただきます
KP潮風:螺無駄さんは本来の武装になります。
黒瀬涼:違う厚いだ燃えてるのか
大鷹 空雅:持っていけるのって1つだけですか?
KP潮風:いくらでもいいですよ。
大鷹 空雅:それじゃあ後はジャケットだけ回収します
黒瀬涼:それならダイナマイトもひとつください
大鷹 空雅:マーシャルアーツ持ってるけど一応
KP潮風:あと、幸運に成功で装甲+3の防弾チョッキが見つかります。
螺無駄 轟:電刀作成いいですか?
黒瀬涼:やります!
KP潮風:どうぞ。
大鷹 空雅:ダメ元で

螺無駄 電刀作成 60 → 27 成功
※電刀 1d10+db 装甲貫通 スタン

大鷹 「幸運」ロール 60 → 54 成功
黒瀬 「幸運低いな…」ロール 45 → 36 成功
螺無駄 幸運70 → 38 成功

大鷹 空雅:あ、でも防弾チョッキでキックの成功率下げられたりしません?
KP潮風:いえ、大丈夫ですよ。そもそも 生 身 で 闘 え る 相 手 じ ゃ な い ので。
螺無駄 轟:ほほう
大鷹 空雅:うわあマジか
黒瀬涼:あっ…ダイナマイト追加でいただけます?
KP潮風:どうぞどうぞ。
大鷹 空雅:じゃあダイナマイト追加で
黒瀬涼:5個くらいください
KP潮風:螺無駄さんの武装を解禁した理由はそれなので。
黒瀬涼:なるほど
螺無駄 轟:メモに装甲つけたほうがいいですか?
KP潮風:好きなだけ持ってくださいな。
KP潮風:いえ、一応何持ったかだけ書いて貰えればと。
螺無駄 轟:この際特殊スーツの装甲も適用されますか?
KP潮風:していいですよ。
大鷹 空雅:ダイナマイトを6個ほどもっていきます
大鷹 空雅:これくらいでいいや 
黒瀬涼:防弾チョッキにダイナマイト5個で、投擲初期値だからあんまり当てにはならないかもですが
螺無駄 轟:特殊スーツと幸運のチョッキで化け物じみてる
KP潮風:では、それでOKですかね?
黒瀬涼:OKです
螺無駄 轟:準備完了です
大鷹 空雅:こちらもおkです
KP潮風:では、進みます。
黒瀬涼:これ戦う前に発狂あるかな
大鷹 空雅:ショットガンは聞かない場合のやけくそだ

[扉を開けて先に進むと、そこはまるで闘技場のような円形のフィールドだった。
そして仮面の男の声が響き渡る。
仮面の男:「ドキドキ!殺るか殺られるか!?血沸き肉躍る怪物とのバトルでェェェェェす!!」]

大鷹 空雅:戦闘シナリオだった…
黒瀬涼:わーいドキドキだー…15さんかな

[ほどなく、奥の鉄格子が重い音を上げて開くと、奥から怪物が現れる。その体躯は6メートルはあるだろうか。
4本のかぎ爪のついた腕を持ち、その頭部は上下に大きく裂け、鋭い牙がびっしりと生えていた。
恐ろしい怪物を目撃してSANチェック0/1d8。]

螺無駄 轟:こんどはあいつか
黒瀬涼:あ違ったかよかったー…よくないなー

螺無駄 SAN69 → 6 成功
大鷹 「SAN」ロール57 → 93 失敗
黒瀬 「SAN」ロール42 → 12 成功

大鷹 空雅:うお

大鷹 1d8 → 1 SAN57→56

大鷹 空雅:あぶねー
KP潮風:おおw
黒瀬涼:強い

[その怪物は探索者たちを二つの目で捉えると、まるで美味そうな獲物を見つけたように、裂けた口からヨダレを垂らしながら襲いかかってきた!]

システム:キャラクターリストに[不浄の巨人]ガグが追加されました。
KP潮風:ではガグとの戦闘開始です。
螺無駄 轟:ふむぅ、スタン無効とは強い
大鷹 空雅:KP、こいつにキックは通用します?
黒瀬涼:よし!私は最遅なのでお二人に任せた!
大鷹 空雅:そしたらショットガンは足に負傷しない限り無用
KP潮風:装甲超えたら効きますが、あまり期待しないほうが。
KP潮風:では螺無駄さんの行動から。
螺無駄 轟:電刀が装甲貫通ですけど、これも適用されてる感じですか?
KP潮風:構いません。
螺無駄 轟:キター
大鷹 空雅:全ては轟に掛けてる
黒瀬涼:がんばれー
螺無駄 轟:電刀で攻撃します
KP潮風:ではロールお願いします。

螺無駄 刀70 → 78 失敗

黒瀬涼:ああー惜しい
KP潮風:上手く捉えられませんでした。続いて大鷹さん。
大鷹 空雅:マーシャルアーツ+キック DBは無しでお願いします
KP潮風:どうぞ。
システム:大鷹 空雅さんの「+2D4 マーシャルアーツ+キック」ロール(1D6)
→ Cthulhu : (1D6)  → 4
大鷹 空雅:ちょいまち
KP潮風:ダメージロールになっちゃってますねw
システム:大鷹 空雅さんのロール(1D6)
→ Cthulhu : (1D6)  → 5
システム:大鷹 空雅さんのロール(2D4)
→ Cthulhu : (2D4)  →  5[1、4]  → 5
螺無駄 轟:んんん?
KP潮風:まずはマーシャルアーツで判定、そのあとキック判定です。
大鷹 空雅:あれ
大鷹 空雅:あ間違えた
大鷹 空雅:1D100<=51マーシャルアーツ
螺無駄 轟:落ち着いてw
大鷹 空雅:suimasneuuuuuuuuuuu
KP潮風:深呼吸をw

大鷹 「マーシャルアーツ」ロール 51 → 73 失敗

大鷹 空雅:あ
螺無駄 轟:荒ぶっているw

大鷹 「キック」ロール 75 → 45 成功

KP潮風:攻撃は失敗に終わりました。
大鷹 空雅:まあ装甲8だし仕方ない
KP潮風:キックだけだと貫通しないので、ダメージ0ですね。
大鷹 空雅:知 っ て た
KP潮風:続いてガグの攻撃。1d3で対象を決めます。

KP潮風 1d3 → 1

螺無駄 轟:問題ないな
KP潮風:対象は螺無駄さん。ガグの噛みつき攻撃。

[不浄の巨人]ガグ 噛みつき60 →  99 ファンブル

KP潮風:wwww
大鷹 空雅:ダイスの女神さまが味方してる!
黒瀬涼:やったー
KP潮風:では、次のガグの番までダメージ2倍です。
KP潮風:黒瀬さんどうぞ。
黒瀬涼:ダイナマイトってこれ周り巻き込みませんか?
螺無駄 轟:(´・ω・)ガグくんどうしたの?
KP潮風:投擲ファンブルしたら巻き込むかもw
黒瀬涼:普通にキック&マーシャル
KP潮風:ロールどうぞ。
大鷹 空雅:回避あるから安心!
螺無駄 轟:(´・ω・)ガグちゃーん?大丈夫?

黒瀬 「あたれー」ロール マーシャルアーツ51 →  97 ファンブル

大鷹 空雅:wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
KP潮風:えぇ…
黒瀬涼:申し訳ない、味方してないですね女神
螺無駄 轟:荒れてるねぇ(装甲5)
KP潮風:ダメージ2倍と回避不可、好きなほうをどうぞw
黒瀬涼:ダメ2倍で
螺無駄 轟:えぇ...
KP潮風:はい、では螺無駄さん。
黒瀬涼:回避あるから…(震え
螺無駄 轟:電刀で攻撃
KP潮風:ロールどうぞ。

螺無駄 刀70 → 98 ファンブル

大鷹 空雅:デデドン!(絶望)
KP潮風:どうなってんだこの卓www
黒瀬涼:誰かーダイス変えてー
螺無駄 轟:荒ぶり始めたぞw
KP潮風:どちらかお選び下さいw
大鷹 空雅:あかんこれじゃ探索者が死ぬぅ!
黒瀬涼:敵味方みんな仲良くファンブルだあ!
螺無駄 轟:これファンブル時どうなるんだw
KP潮風:回避不可orダメ2倍で選択です。
螺無駄 轟:まあ、回避不可で
KP潮風:はい、では大鷹さんです。
大鷹 空雅:先ほどと同じくマーシャルアーツ+キック
KP潮風:どうぞ。
螺無駄 轟:壁になれば問題なし

大鷹 「マーシャルアーツ」ロール 51 → 27 成功
大鷹 「キック」ロール 75 → 63 成功

大鷹 空雅:よし!!
KP潮風:ダメージロールは2d6×2ですね。
螺無駄 轟:やっとダメ入る
黒瀬涼:全くですね()

システム:大鷹 空雅さんのロール(2D6) → 9 (5、4)

螺無駄 轟:10か
KP潮風:ダメージは2倍で18、装甲分マイナスで10ですね。
大鷹 空雅:たったの8か…ゴミめ…
黒瀬涼:ガグの毛皮欲しい
KP潮風:ではガグの攻撃です。

KP潮風 1d3 → 3

黒瀬涼:ああーこっちかなー
螺無駄 轟:oh...
KP潮風:対象は黒瀬さん。噛み付きます。
黒瀬涼:かいひー!

[不浄の巨人]ガグ 噛みつき60 → 50 成功

螺無駄 轟:失敗したらどうしようもない
大鷹 空雅:頼むダイスの女神ー!
黒瀬涼:回避します
KP潮風:回避どうぞ。

黒瀬 「頼む二倍なの」ロール 回避64 → 65 失敗

黒瀬涼:いちたりない
大鷹 空雅:妖怪
KP潮風:あっ
螺無駄 轟:oh...
大鷹 空雅:1足りない
黒瀬涼:ぐっばい☆
螺無駄 轟:かばうことできますか?
大鷹 空雅:お前の死体は拾っておくよ
黒瀬涼:やめておきなさい…
KP潮風:DEX対抗…は自動成功なので庇えますね。
螺無駄 轟:誰一人欠けてはならぬぞ!
黒瀬涼:多分大丈夫!不思議な力でよみがえるよ!(多分)
大鷹 空雅:人間の鑑かこの野郎…
螺無駄 轟:庇いにいきます
KP潮風:では庇った螺無駄さんへの噛みつきダメージです。

KP潮風 1d10 → 7

黒瀬涼:申し訳ない…回避振ってたのに…
KP潮風:装甲マイナスでダメージは2ですね。
大鷹 空雅:そうこうのちからってすげー
螺無駄 轟:その程度か
KP潮風:黒瀬さんの番です。
螺無駄 轟:ダイナマイトかな?
黒瀬涼:これ回復でき、いやファンブルしたらあかんな
黒瀬涼:ダイナマイトもなあ…キックマーシャルで
KP潮風:ではロールどうぞ。

黒瀬 「マーシャル」ロール 51 → 77 失敗

黒瀬涼:はい
KP潮風:キック振るまでもなくノーダメージですねw
黒瀬涼:あ、ダメボ付なら貫通するのか
大鷹 空雅:まずいですよ!
螺無駄 轟:ガグのHP10減らしてないけど大丈夫?KP
KP潮風:管理はしてますので大丈夫です。
螺無駄 轟:あ、了解です
KP潮風:では螺無駄さん。
螺無駄 轟:電刀で攻撃
KP潮風:ロールどうぞ。

螺無駄 刀70 → 77 失敗

KP潮風:いつ終わるんだこの戦闘…w
螺無駄 轟:なんで味方につかないのかなぁ
大鷹 空雅:なんで?(殺意)
KP潮風:大鷹さん。
黒瀬涼:なんか全体的に出目高いですねー…
大鷹 空雅:普通にマーシャルキック
KP潮風:はい。

大鷹 「マーシャルアーツ」ロール 51 → 36 成功
大鷹 「キック」ロール 75 → 74 成功

大鷹 空雅:あぶねえ
KP潮風:ダメージ2d6です。
KP潮風:あ、ガグは回避しません。

システム:大鷹 空雅さんのロール(2D6) → 7 (2、5)

大鷹 空雅:あ だめだ
螺無駄 轟:回避しないけど装甲がある
KP潮風:弾かれました。
KP潮風:ではガグ。

KP潮風 1d3  → 3

大鷹 空雅:これショットガンがいいかなあ
螺無駄 轟:またか
黒瀬涼:モテモテー
KP潮風:また黒瀬さんですね。

[不浄の巨人]ガグ 噛みつき60 → 42 成功

大鷹 空雅:なんで回避が77ある自分に回ってこないんだ・・・
黒瀬涼:いやあモテる男はつらいなあ
黒瀬涼:回避します
KP潮風:回避どうぞ。

黒瀬 回避64 → 76 失敗

螺無駄 轟:全員チョッキつけてるけどどうしようもないな
KP潮風:えぇ…
黒瀬涼:はい!なんなんでしょうかねこれ
螺無駄 轟:ダメしだいで庇います
KP潮風:先にダメージロールしますね。
黒瀬涼:黒瀬もう何もしないほうがいい説
螺無駄 轟:それか手当てしてw

KP潮風 1d10 → 6

螺無駄 轟:庇いにいきます
KP潮風:では庇ってダメージ1ですね。
黒瀬涼:ファンブルして味方の背中撃ちそうで怖い>回復
KP潮風:黒瀬さん。ダイナマイトは複数個使ってもいいですw
螺無駄 轟:もうまとめて投げてもいいよ
黒瀬涼:いや、この出目だと本当に巻き込みそうで
大鷹 空雅:フィリピン爆竹かな?
KP潮風:ww
螺無駄 轟:何するかは自由ですな
黒瀬涼:マーシャルキック失敗は自分が痛いだけで済むから…
黒瀬涼:お次か、マーシャルキックします
KP潮風:どうぞ~

黒瀬 「マーシャル」ロール 51 → 35 成功

黒瀬涼:よーし!やっと!
大鷹 空雅:おk!!

黒瀬 「ライダーキック!」ロール 45 → 49 失敗

螺無駄 轟:やっとだけどダメはどうなるのか
黒瀬涼:ふざけるからダメなのか
KP潮風:Oh…
KP潮風:1d6+dbですが、やってみます?
螺無駄 轟:女神は笑っているのか暴れているのか気になる
黒瀬涼:やるだけやってみます

黒瀬 1d6+1d4 → 6+1 → 7

大鷹 空雅:女神は気まぐれだってそれ
KP潮風:弾かれましたね…
螺無駄 轟:2足りないか
大鷹 空雅:ガク「何やってんだあいつら…」
黒瀬涼:はいダメです、黒瀬君はもうダメなこ決定です
KP潮風:むしろ仮面の男が笑ってそうw
KP潮風:螺無駄さん。そろそろ当てて欲しい。
大鷹 空雅:生きてる証拠だよ!!!!
黒瀬涼:くそーなにラトホテプなんだ
螺無駄 轟:誰が何を言おうと電刀
大鷹 空雅:ナイアなんとかテップでしょ
KP潮風:はい。
大鷹 空雅:たのむー!

螺無駄 「アバンストラッシュ!」ロール 刀70 → 18 成功

大鷹 空雅:(´・ω・`)b
黒瀬涼:おおー!
KP潮風:装甲貫通ですね。ダメージロールどうぞ。

螺無駄 1d10+1d6 → 5+2 → 7

KP潮風:ガグのHPが26になりました。続きまして大鷹さん。
大鷹 空雅:KP、ショットガンって装甲貫通でしたっけ?
大鷹 空雅:30%に掛けたい
KP潮風:貫通はしないですが、ダメージは大きいのでやるだけやってみても吉。
大鷹 空雅:よし掛ける
黒瀬涼:がんばれー
大鷹 空雅:1回2発で
KP潮風:接近して撃つなら成功率2倍にしますよ。
螺無駄 轟:このダメは10m以内と解釈していいのかな?
大鷹 空雅:ガクに跳躍で飛べます・・・?
KP潮風:まあ、さっきから接近戦やってますし、距離は近いでしょうね。
KP潮風:跳躍して何を?w
螺無駄 轟:ヘッドショットかと
大鷹 空雅:そこから長距離でヘッドショットします
KP潮風:面白い、では跳躍判定どうぞ。
大鷹 空雅:超距離
螺無駄 轟:何Mくらい?

大鷹 「マリオ」ロール 90 → 15 成功

黒瀬涼:おおカッコイイ…
大鷹 空雅:跳躍はこのためにある
KP潮風:戦闘が長引いてるので、もう成功率もダメージもそのままでいいですw
螺無駄 轟:ファーww放棄し始めたぞw
KP潮風:ロールどうぞ~。
大鷹 空雅:あ、30%?
大鷹 空雅:wwwwwww
KP潮風:30で。

大鷹 ショットガン30 → 68 失敗

大鷹 空雅:ぐぬぬ¥¥¥
螺無駄 轟:うん、分かってた
黒瀬涼:おおう…
KP潮風:もう一発撃てます。
黒瀬涼:ファイトー
大鷹 空雅:これどこに乗ってます?
KP潮風:どこに跳んだ前提?w
螺無駄 轟:(´・ω・)乗るだと..?
黒瀬涼:観客席?
大鷹 空雅:(説明するの忘れてた・・・)ガクの背
大鷹 空雅:ダメなら観客席でおkです
KP潮風:ああ、跳躍して背中に張り付いたって事ですか。
大鷹 空雅:説明不足ですいませぬ(´・ω・`)
KP潮風:ではゼロ距離ショットという事で60%でどうぞ。
大鷹 空雅:おし!!
螺無駄 轟:すげぇジャンプ力だ

大鷹 ショットガン60 → 94 失敗

黒瀬涼:あぶない
KP潮風:www
螺無駄 轟:ただ失敗
大鷹 空雅:これダイス壊れてない?
螺無駄 轟:だれかダイス変えてw
黒瀬涼:これがグラ賽か
螺無駄 轟:乗り移ってる女神様がぶっ壊れてる
KP潮風:ガグの番、大鷹さんを振り落とそうとします。幸運で振ってください。
大鷹 空雅:うお

大鷹 「こううん」ロール 60 → 36 成功

大鷹 空雅:あぶねえ!!
螺無駄 轟:ここまできてあと19分で3時間
KP潮風:ガグは振り落としに失敗しました。続いて黒瀬さん。
大鷹 空雅:時間稼ぎは任せろ
KP潮風:ダイスがまともならもっと早く終わるはずなんや…w
黒瀬涼:もういっそ黒瀬君は鍵開けでガグの心の鍵開けるほうが成功する気がする
KP潮風:心の鍵www
螺無駄 轟:それだと信用なのでは?
大鷹 空雅:えぇ・・・
黒瀬涼:大人しくダイナマイトに火つけまーす
大鷹 空雅:それだと巻き込まれない!?
KP潮風:ダイナマイトに点火してターンを終了します。螺無駄さん。
黒瀬涼:はやくおりるんだー
KP潮風:まあ、うまい事逃げられるでしょ(適当)
螺無駄 轟:大鷹がしがみついてる間補正かかりますか?
大鷹 空雅:ショットガン成功したら降りるから安心!!
黒瀬涼:大丈夫どうせ当たらないさHAHAHA
KP潮風:では大鷹に気を取られてるので成功率に+20でどうぞ。
螺無駄 轟:きたー電刀で攻撃だー
大鷹 空雅:まかせろー
KP潮風:ロールどうぞ~

螺無駄 「ギガスラッシュ!」ロール 刀70+20=90 → 73 成功

KP潮風:あっぶねw
大鷹 空雅:うおおおおおおおお
黒瀬涼:補正無かったらやばかった
KP潮風:ダメージロールどうぞ。

螺無駄 1d10+1d6 → 2+1 → 3

大鷹 空雅:草
KP潮風:おっふw
黒瀬涼:なんだこの卓
大鷹 空雅:次のショットガン次第か・・・
KP潮風:では大鷹さん。
螺無駄 轟:(´・ω・)低いようぅ
大鷹 空雅:そのままショットガンを当てます 残り段数は5
KP潮風:60%で2回どうぞ。

大鷹 ショットガン60 → 14 成功
大鷹 ショットガン60 → 77 失敗

大鷹 空雅:1回か まあええわ

大鷹 4d6 → 11(1、4、1、5)

大鷹 空雅:よしきた!!!
KP潮風:ひっくwww
大鷹 空雅:じゃねえこれ-8やわ!!!
黒瀬涼:1多い…
大鷹 空雅:女神ぃ!!!!!!!!!!!!!!
螺無駄 轟:3なのなw
KP潮風:では大鷹さんは、ダイナマイトに備えて飛びのきます。そこへガグの噛みつき。
大鷹 空雅:おk

[不浄の巨人]ガグ 噛みつき60 → 27 成功

螺無駄 轟:ダメージの真ん中の4と1を入れ替えたら反応する?
大鷹 空雅:回避できる?
KP潮風:回避どうぞ。

大鷹 「回避」ロール=77 → 10 成功

大鷹 空雅:あぶねえ
KP潮風:華麗に避けました。
KP潮風:黒瀬さん、投擲の時間です。
大鷹 空雅:跳躍と回避の準備しとくか
黒瀬涼:ダイナマイトぶん投げます
螺無駄 轟:巻き込まれそうで怖い
KP潮風:ロールどうぞ。
黒瀬涼:そんな危険人物扱い!

黒瀬 「いけ!モンスターボール!」ロール 投擲25 → 32 失敗

螺無駄 轟:範囲的に2人巻き込んでるからねw
黒瀬涼:ふざけるのがダメなんですね、改めます
大鷹 空雅:ダイナマイトのやべーやつ
KP潮風:意外と近い失敗だったので、ガグに直撃とはいきませんが、爆風で2d6くらいはあっていいですかね。
螺無駄 轟:ボンバーマン
黒瀬涼:温情かな

黒瀬 2d6 → 4[2、2]

黒瀬涼:wwww
KP潮風:えぇ…
黒瀬涼:もうwwwダメっすwwww
螺無駄 轟:ムワアアアアアア
KP潮風:終わらへんww
黒瀬涼:黒瀬ほんと何もしてないwww
螺無駄 轟:終わりそうもないので2回切り解禁いいですか?w
KP潮風:提案、時間も時間なのでガグの装甲無しにしていいですか?w
黒瀬涼:むしろお願いします
大鷹 空雅:今思うとゴ=ミくんって弱かったんやな
KP潮風:2回斬りどうぞw
黒瀬涼:これ永久に続きそう…
大鷹 空雅:ありがとナス!!
大鷹 空雅:つ…強すぎる…!!!
螺無駄 轟:俺の番かw
KP潮風:はいw
黒瀬涼:私の分まで頼みます…
螺無駄 轟:電刀2回切りでw
KP潮風:どうぞw
大鷹 空雅:装甲無しならマーシャルアーツ+キックでいいかな…

螺無駄 「終わらせる」ロール 刀70 → 25 成功

大鷹 空雅:いけいけー!

螺無駄 1d10+1d6×2 → (7+4)×2 → 22

黒瀬涼:装甲無くなった途端これか
螺無駄 轟:22だね
大鷹 空雅:つええ
螺無駄 轟:こっちは2回切り解禁した時点で危ないから
大鷹 空雅:装甲の大切さがわかるセッション
KP潮風:はい、では2回斬りで一刀の元に切り伏せましたw
システム:キャラクターリストから[不浄の巨人]ガグが削除されました。
大鷹 空雅:勝 ち 
螺無駄 轟:貫通に2回の悪魔
黒瀬涼:やったー(なにもしてない)
大鷹 空雅:てか1回しか攻撃されてないんだけど
螺無駄 轟:それな
大鷹 空雅:しかも回避したし
大鷹 空雅:NKT…

[目の前の息絶えた怪物が眩く光輝き始める。その光は部屋全体を白く照らし、探索者達は思わず目を閉じてしまうだろう。
そして気づくと、探索者達は最初の部屋にいた。]

黒瀬涼:「はっ…夢か…」
螺無駄 轟:「手が疲れた...」
大鷹 空雅:「あー…足がいてえ…」

[最初の部屋に戻ると、壁の液晶パネルに仮面の男が現れる。]

[仮面の男:「いやァ、お疲れ様でしたぁ!」
そして探索者たちに
仮面の男:「さてさてェ…このままですと、黒瀬さんが賞金獲得…となりますがァ…
ほかのお二人はそれでいいんですかァァ?最初に申し上げた通り、コインの奪い合いは自由ですよォォ??」
と提案する。]

黒瀬涼:やばい
大鷹 空雅:そういえばそうだったな(忘れてた)
螺無駄 轟:デイザーで気絶させます
黒瀬涼:まった交渉しますふたりと
大鷹 空雅:RPしようとした瞬間これだよ
KP潮風:まだ五体満足なのでデイザーは少しお待ちをw
螺無駄 轟:バチバチバチ...
黒瀬涼:「ちょ、ちょっと待ってくれ話し合いするから」と内緒話します仮面男に聞こえないように…聞いてそうだけど
KP潮風:では皆様RPどうぞ
螺無駄 轟:さっそく黙り始めたぞ
KP潮風:w

黒瀬涼:「いいか、まず俺の大金が欲しい理由を言う。実は実家が火事で焼け落ちたから建て直さなきゃならない」
黒瀬涼:「で、だ。あの大金は流石に使い切れないと思う。余ったら二人で山分けしていいから見逃してくれ」
螺無駄 轟:「見逃す、ですか...」
大鷹 空雅:「・・・」
黒瀬涼:とね、これでどうだ(ガクブル
大鷹 空雅:「いらねえよ」
黒瀬涼:ぜったい勝てないさっきの出目じゃ
黒瀬涼:「!?」
大鷹 空雅:「ぶっちゃけ俺様は、ツイッターでDMで5000兆円もらえますとかメールが来て、ダメ元に参加しただけだ」
螺無駄 轟:「遊びに来ただけですか?賞金目当てではなく」
大鷹 空雅:「ああそうだ。本当に貰えるかどうか確かめただけだが、まさか本当だったとはな」
仮面の男:「おやおや…本当ォォォォォにそれでいいんですかァ?こんな大金、もう二度と手に入れられないかもしれませんよォォ?」
黒瀬涼:このひとかっこいい…
黒瀬涼:おい仮面の男
大鷹 空雅:「でも、命の奪い合いになるなら、金は諦めて俺様はここで引き下がっておく 俺様はまだ死にたくない」
黒瀬涼:女神さまに見捨てられてる私が戦闘は死ねますね
大鷹 空雅:「でもどうしても殴り合いたいなら受けて立つぜ」
螺無駄 轟:「引き下がると仰ったならば渡してもらいましょうか金貨を」
黒瀬涼:「大鷹…」
大鷹 空雅:「5000兆円なんだ簡単に貰えるもんじゃねえからな」と拳を握りしめます
黒瀬涼:あ、ちょ、それ渡したら逆転される
大鷹 空雅:「ああ、いいぜ」と金貨を轟に渡します
螺無駄 轟:「確かに受け取りましたよ」
黒瀬涼:ぶんどります
大鷹 空雅:え?
KP潮風:現状 螺無駄・黒瀬5枚 大鷹3枚
黒瀬涼:いや譲渡も多分含まれてる
大鷹 空雅:ああそうか
黒瀬涼:ですよね!
螺無駄 轟:やると思った
KP潮風:ぶんどりますか?
黒瀬涼:轟さん抜け目ない…
黒瀬涼:組み付きで
大鷹 空雅:思ったより金にがめつい
黒瀬涼:実家が火事設定は本当です!
KP潮風:では組み付き、対象はどちらに?
黒瀬涼:轟さん
螺無駄 轟:デイザーいいですか?
大鷹 空雅:設定が重い
KP潮風:では、ロールどうぞ。
黒瀬涼:だって設定つけといってと書かれていたから
螺無駄 轟:重いなぁ
大鷹 空雅:私は壁に寄り添ってみてます(´・ω・`)

黒瀬 「組み付き」ロール 55 → 18 成功

黒瀬涼:よし!
KP潮風:では黒瀬さんは螺無駄さんに組み付きました。
黒瀬涼:STR17だぞ、そうそうやぶれまい
KP潮風:STR対抗で振りほどいて反撃できます。成功率は45%。
螺無駄 轟:抵抗します
黒瀬涼:あれ結構高かった
大鷹 空雅:(よかった喧嘩に参加しなくて…)
螺無駄 轟:振っていいですか?
KP潮風:どうぞ。

螺無駄 STR対抗45% → 57 失敗

黒瀬涼:よっし!
螺無駄 轟:こうなるのナ
大鷹 空雅:STR17ってすげえ
KP潮風:ほどけませんでした。この状態でデイザーを使うなら、こぶしの半分と幸運半分で振って貰います。
螺無駄 轟:デイザーで対抗するか
黒瀬涼:結構成功率あるなあ
KP潮風:あ、デイザーはスタンガン的なものですかね。
螺無駄 轟:いや、義椀の電力です
KP潮風:とりあえず、こぶしの半分、そして幸運半分に成功でスタンさせられます。

螺無駄 60 → 41 成功

黒瀬涼:ああー!
KP潮風:ん、60?
黒瀬涼:あれこれ失敗?
大鷹 空雅:すごい戦いだあ
螺無駄 轟:あれ?間違えt
螺無駄 轟:ちょいとお待ちを
KP潮風:それぞれ単独での判定です。
大鷹 空雅:暴れんなよ…暴れんなよ…

螺無駄 幸運1/2 35 → 48 失敗

黒瀬涼:せーふ
螺無駄 轟:調整失敗か
大鷹 空雅:よくある
KP潮風:では黒瀬さんは、螺無駄さんが組み付かれながら何かしようとしていた事には気がつきます。
黒瀬涼:義椀ってことは武器の取り上げ無理そうですか?>テイザー
大鷹 空雅:すごい戦いだあ(2回目)
KP潮風:取り上げは無理かな。
螺無駄 轟:くっついてるのに?
黒瀬涼:うーん電力でどうこうなんですか?
黒瀬涼:破壊は出来ませんかね
KP潮風:さて黒瀬さん、組み付いてますけどここからどうします?
螺無駄 轟:えぇ...
螺無駄 轟:破壊するのかよw
大鷹 空雅:がんばれー
黒瀬涼:機械の機能壊すだけならいけそうかなって
螺無駄 轟:まあ、触れたら知らんがな
黒瀬涼:ええーチートかな…
螺無駄 轟:電気帯びてるから分かるでしょ
黒瀬涼:あかん一般人でくるところではなかったか
黒瀬涼:キックでがっっとやれば電気ギリセーフとかないですか?
大鷹 空雅:よかった喧嘩売らなくて(´・ω・`)
KP潮風:とは言え、ここは不思議空間で螺無駄さんの性能も制限されてますので。
螺無駄 轟:電気弾撃たれないだけましだ
KP潮風:幸運判定かな…w
黒瀬涼:テイザーがともかく怖い
黒瀬涼:ちょっとお待ちを
黒瀬涼:装甲あるんですっけ
螺無駄 轟:もちろん壊すことができても治せるからね...
KP潮風:この空間ではもう装甲のスーツはないです。
大鷹 空雅:てかこれ自分が黒瀬に渡さなかっからこうなっとるんだった
KP潮風:w
黒瀬涼:じゃあ組み付きでダメージ与えます
大鷹 空雅:おとなしく黒瀬に渡せばよかった(今更)
螺無駄 轟:押さえに行ってもいいよ(小声)
KP潮風:では判定どうぞ。

黒瀬 「組み付き」ロール 55 → 11 成功

黒瀬涼:よっし!
大鷹 空雅:ダイスの女神「やっほ^^」
KP潮風:ダメージ1d6です
黒瀬涼:DB入りますよね
螺無駄 轟:回避いけますか?
黒瀬涼:組み付き中ですよう
KP潮風:入りますね。組み付きは回避できません。

黒瀬 1d6+1d4 → 1+4 → 5

螺無駄 轟:解かないと無理か
黒瀬涼:1!?
KP潮風:ここでw
螺無駄 轟:HPこのままだしなぁ
黒瀬涼:1d6が最小値で1d4が最大値ってなんなの
黒瀬涼:え?装甲無いって…
KP潮風:螺無駄さんはHP7になります。
黒瀬涼:よかった…
螺無駄 轟:そういやHP回復ないのな
KP潮風:ラストバトルからは無いですね。組み付きを振りほどくならSTR対抗ロール45%です。
黒瀬涼:「山分けする言ったじゃないか!何考えてる!」
螺無駄 轟:「しがみ付くんじゃない!」
螺無駄 轟:対抗ロールいきます
大鷹 空雅:やっぱ黒瀬に渡しとけばよかった(´・ω・`)
KP潮風:どうぞ。
大鷹 空雅:自分は壁に寄りかかってます

螺無駄 STR対抗45% → 77 失敗

螺無駄 轟:不幸すぎる
KP潮風:デイザーは先程と同じ、こぶし半分成功から幸運半分成功で当たります。
螺無駄 轟:デイザーいきます
黒瀬涼:やめて…

螺無駄 幸運1/2 35 → 43 失敗

黒瀬涼:よーし
黒瀬涼:マーシャル組み付きでダメージ与えます
KP潮風:組み付きの力が強く、思うように動けません。
螺無駄 轟:「離れろッ!」
KP潮風:マーシャル組み付きでロールどうぞ。
螺無駄 轟:よく腕触ってないな

黒瀬 「マーシャル」ロール 51 → 5 クリティカル

黒瀬涼:きたねこれは
KP潮風:あww
螺無駄 轟:えぇ...
黒瀬涼:PVPに強かったんだな黒瀬君
KP潮風:組み付きロール無しでいいです。
黒瀬涼:やったぜ
KP潮風:ダメージロールどうぞ。

黒瀬 2d6+1d4 → 7[5、2]+2 → 9

大鷹 空雅:アア、オワッタ・・・!
黒瀬涼:グッバイ
螺無駄 轟:むしろ装甲制限されているなかで勝てるわけがないよ
大鷹 空雅:お前の骨は拾っておく
螺無駄 轟:「グハッ...]
黒瀬涼:応急します
大鷹 空雅:壁に(ty
KP潮風:では、組み付きによって螺無駄さんは窒息し、意識を失いました。
KP潮風:応急どうぞ。
黒瀬涼:あれ死んではいない?
螺無駄 轟:-2とはどうしようもないぞ
大鷹 空雅:これファンブルしたら死ぬんじゃ?
黒瀬涼:あマイナスか
KP潮風:今のところギリ脈はある状態

黒瀬 「これがマッチポンプ?」ロール 応急手当30 → 43 失敗

黒瀬涼:大鷹さあん(涙目
螺無駄 轟:草生える
大鷹 空雅:サヨナラ
KP潮風:大鷹さん応急します?今ならまだギリいけるかもw
螺無駄 轟:道連れに放電するか
黒瀬涼:ちょw>放電
大鷹 空雅:無言で寄り添って応急手当します
螺無駄 轟:2人で応急すれば何とかなる説
KP潮風:では応急どうぞ。
大鷹 空雅:30%ならワンチャン
黒瀬涼:大鷹さん…頼みます…豚箱は嫌です…
螺無駄 轟:息絶えた瞬間放電するよ

大鷹 応急手当30 → 86 失敗

大鷹 空雅:\(^o^)/オワタ
KP潮風:螺無駄さんは力尽きました…
大鷹 空雅:こんちょくしょう
黒瀬涼:さようならー
螺無駄 轟:放電はいりまーす
黒瀬涼:(やばい逝ったかも)
大鷹 空雅:俺も道連れにするかあ
螺無駄 轟:「(冥土の土産だッ...)」
黒瀬涼:マーシャルはやりすぎでした…
大鷹 空雅:メ ガ ト ン コ イ ン

[螺無駄が息を引き取った瞬間、放電が始まるその前に、螺無駄の倒れた床が開き、身体がボッシュートされました。]

螺無駄 轟(魂):「えっ?」
黒瀬涼:「…さ、帰ろうか大鷹」にっこり
黒瀬涼:なんだと!?
大鷹 空雅:えっ

[そして、まるで新しい身体と言わんばかりに、同じ位置に天井から無傷の螺無駄が降ってきました。
現実ではありえない光景に、大鷹、黒瀬はSANチェック0/1。]

螺無駄 轟:「あれ?ここは?」
大鷹 空雅:これパラノイア卓なの?
黒瀬涼:そっかーこれがパラノイアか

大鷹 「SAN」ロール 56 → 41 成功
黒瀬 SAN42 → 15 成功

[螺無駄は自分が死んだはずだという感覚から、SANチェック1/1d3。]

螺無駄 轟:これは草はやさざる終えない

螺無駄 SAN69 → 46 成功 SAN69→68

大鷹 空雅:メンタル高くて草
黒瀬涼:これ私やばないですかね
螺無駄 轟:「あれ?死んだはずじゃ?」

[そして、螺無駄が再び黒瀬に対峙したところで、その姿はふぅっと掻き消えてしまった。]

黒瀬涼:あれ?
螺無駄 轟:ん?どうゆうこと?
KP潮風:要するに、「一度死んだら戦いにはもう参加できない」という事ですね。
黒瀬涼:「なんだ今の…」
KP潮風:さて、残るは大鷹さんですが、どうします?
大鷹 空雅:お
黒瀬涼:お、おうやるかー?(ガクブル
螺無駄 轟:これまた草
大鷹 空雅:これ戦わなくちゃダメ?(震え)
KP潮風:任意です()
大鷹 空雅:絶対勝てない
大鷹 空雅:よし
黒瀬涼:こうなったら一人も二人も一緒DA-!ってあら?
KP潮風:諦めてもOK
黒瀬涼:マーシャルキックあったのでは?
螺無駄 轟:むしろ分捕った黒瀬ががめついだけ
黒瀬涼:いや戦わなくていいよ!いいからね!(震え声4)
KP潮風:w
黒瀬涼:実家が火事なんや…放火されたんや…

大鷹 空雅:「黒瀬、今お前の手持ちにコインがある。つまりお前は5000兆円を得られる」
黒瀬涼:「…そうだな」
大鷹 空雅:「お前を殺して5000兆円得るのもいいが、これじゃあ前のチンピラ時代の俺様と変わりねえ」
大鷹 空雅:「俺様は命のやり取りで金を得たくてここに来たんじゃないんだよ むしろ期待していなかった」
大鷹 空雅:「俺様は今のままで満足してる この事は秘密にしといてやるよ」
黒瀬涼:「大鷹…悪い…」

黒瀬涼:実家がうんぬんはちゃんとキャラシに書いてあります
螺無駄 轟:金貨が渡られる瞬間分捕りにいった挙句死人を出すという半端ない奴
KP潮風:ww
黒瀬涼:こんなやつにするつもりではなかった中の人が出てしまった
螺無駄 轟:これは逮捕ENDでいいです
螺無駄 轟:気絶させればいいだけなのにないわー
黒瀬涼:大鷹さんがひたすらかっこいいから黒瀬のクズさが際立ってる…
KP潮風:(まあ、そういうシナリオやw)
黒瀬涼:いやダメージ回らなかったからマーシャルで保険を…
大鷹 空雅:屑ばっかで草
螺無駄 轟:まともなのは俺だけか
黒瀬涼:いや大鷹さんでしょう
螺無駄 轟:金貨もらったあとパネルに投げようとしたのに
大鷹 空雅:えぇ・・・・
螺無駄 轟:それで2人とも破棄したということ
仮面の男:「大鷹さん、本当ォォォォォにそれで宜しいんですかァ?」
螺無駄 轟:誤解がひどすぎるな
大鷹 空雅:でたな仮面
黒瀬涼:(仮面のおーとーこー!)
大鷹 空雅:KP、これパネルに跳躍できる範囲?
KP潮風:できますけど、ぶつかって終わるだけですよ?w
黒瀬涼:これ私も放棄したらクズさ挽回できるかな
螺無駄 轟:死人出したから拭えない
大鷹 空雅:跳躍してマーシャルアーツキックでパネルを壊します
KP潮風:まあ、やってみて下さいw
大鷹 空雅:いくぜ

大鷹 「マリオ」ロール 跳躍90 → 54 成功

大鷹 空雅:よし
KP潮風:続いてマーシャルアーツ

大鷹 「マーシャルアーツ」ロール 51 → 22 成功

大鷹 空雅:あ
KP潮風:そしてキック。

大鷹 「キック」ロール 75 → 6 成功

大鷹 空雅:よっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
KP潮風:ダメージ3d6でいいかw
大鷹 空雅:なんでさっきの巨人戦で運まわってこないんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおお

大鷹 3d6 → 8(3、4、1)

KP潮風:ww
黒瀬涼:大鷹さん主人公だこれ
螺無駄 轟:最後の1が5だったら熱かった
大鷹 空雅:いいのか初心者が主人公面して
大鷹 空雅:わかる
螺無駄 轟:さて、

[パネルに蹴りを撃ち込むと、パネルは壊れて何も映さなくなった。
しかし、男の声はどこからか聞こえてくる。]

黒瀬涼:「こんなことして家建て直したって家族は喜ばないよな…」ってことで私もコイン放棄しますマイナスのままでもせめて0に近づきたい
大鷹 空雅:悪は滅びた
大鷹 空雅:「いらないのか?」
仮面の男:「…そうですか…まあ、あなたがた参加者本人がそう言うなら、仕方ありませんねェ…」
大鷹 空雅:うわ生きてた
螺無駄 轟:こんなこともありえるのな
黒瀬涼:「命を奪って得た金なんて…俺お前を見て恥ずかしくなったよ」
大鷹 空雅:「いいんだ」
仮面の男:「まあでも、そう遠慮なさらずに、賞金はお受け取り下さいィ!」
大鷹 空雅:仮面空気嫁
黒瀬涼:ほんと大鷹さん主人公
螺無駄 轟:ドラマすぎる

[と仮面の男がパチン!と指を鳴らすと天井から札束が降ってくる。
手に取って確認すると、すべて本物だ。
どさどさどさっと札束が落ちてくる。足元が金で埋め尽くされる勢いだ。
これだけあれば間違いなく、大金持ちになれるだろう。]

黒瀬涼:置いて行きます、改心ENDせめて行きたい
大鷹 空雅:踏みます
螺無駄 轟:すげぇな

[札束はなお降り注ぎ続けている。そして探索者たちの腰が埋まり、肩が埋まり、探索者たちは段々身動きが取れなくなる。]

黒瀬涼:あ、やばい逃げます
大鷹 空雅:あ
大鷹 空雅:まずい
螺無駄 轟:そう動くのか
黒瀬涼:ちょ放棄したのにぃ!

[焦る探索者たちに仮面の男はニヤニヤしながら
仮面の男:「5000兆円欲しい!でしたよねェ?お望み通り、きっかり5000兆円お受け取り下さいねェェ!」
探索者たちは滝のように降り注ぐ札束に埋もれ、やがて息もできなくなり、身体にかかる札束の重みに耐えきれず、身体がひしゃげる痛みを感じ、
遠のく意識の中、おぞましいいくつもの笑い声が聞こえる。意識が途切れる寸前、探索者たちはこう思うだろう。
「ああ、5000兆円欲しいだなんて、軽率に呟くんじゃなかった…」
そしていくつもの何かの笑い声を聞きながら、意識を手放す。]

螺無駄 轟:生きてたら電気で焼いてた
大鷹 空雅:\(^o^)/オワタ
黒瀬涼:すまぬ…すまぬ…

[ふと探索者たちが目を覚ますとそこはビルの一室の中だった。
周りには他の探索者たちもいる。]

螺無駄 轟:全員って感じですか?
大鷹 空雅:やべー
黒瀬涼:「!?ここは…」
黒瀬涼:ていうか轟さんに恨まれそう

[あれは夢だったのか?探索者たちは首をかしげるが、ふとポケットを触ると、じゃら、と金属音がする。
取り出してみると、麻の袋にあの黄金のコインや宝石などが入っていた。
換金すればかなりの金額になるだろう。 また、1枚のメッセージカードも入っている。]

黒瀬涼:なんと
大鷹 空雅:ナニモオボエテマセンネ

[「ゲームへのご参加ありがとうございました。宝石類はお礼としてどうぞお受け取り下さい。」
それらを見て、どうやらあの奇妙な出来事は夢ではなかったと察するだろう。]

螺無駄 轟:これは轟はどうなっているのか気になる
KP潮風:あ、全員生きてますよ。夢オチみたいなもんです。
螺無駄 轟:なるほど
KP潮風:というわけで5000兆円欲しい、シナリオクリアです。お疲れ様でした!
黒瀬涼:お疲れ様でした!
螺無駄 轟:お疲れ様でしたー
大鷹 空雅:お疲れさまでしたー”

(中略)

エクゼント:さすがにやりすぎだw
すじこンヌ:主人公面出してしまった・・・
KP潮風:黒瀬は積極的に奪いに行きましたしね…w
すじこンヌ:跳躍最強
黒瀬涼:いや、設定がね…
エクゼント:轟はどんな感じに該当しますか?
黒瀬涼:あと本人が強欲なのも悪かった
すじこンヌ:現実的+1145141919
KP潮風:とりあえず螺無駄さんが1d10とコイン増やして1d6ですか。
エクゼント:ホモはお帰りください

エクゼントさんのロール 1d10+1d6 → 5+1 → 6
螺無駄 SAN68→74

エクゼント:刀と同じ判定
KP潮風:大鷹さんは1d10と1d10、黒瀬は1d10と1d6になるかな…
とらさく:了解です
KP潮風:呼び捨てになってしまったw
とらさく:クズなんでOKです

とらさく 1d10 → 4 1d6 →2
黒瀬 SAN42→48

エクゼント:黒瀬は名前の通り真っ黒だった
KP潮風:シナリオ的にはオイシかったですw
とらさく:悪役か

すじこンヌ 1d10+1d10 → 4+8
大鷹 SAN56→68

エクゼント:あと、2つ目の間ってあれ3問目だけ難しくしてません?
KP潮風:問題はシークレットダイスで決めましたw
エクゼント:さすがに地盤は難しいって、普通に答えたけど
とらさく:地質学は無理だぁ
KP潮風:他の報酬として、大鷹さんは1d20×100万円の収入、
KP潮風:螺無駄さんと黒瀬さんは1d50×100万円の収入になります。
すじこンヌ:仲間にワケルゾー
とらさく:わーい

とらさく 1d50 → 50 ×100万円
すじこンヌ 1d20 → 18 ×100万円
エクゼント 1d50 → 49 ×100万円

とらさく:MAX!
エクゼント:まじか
KP潮風:ファーーーーーwwwwwwwww
エクゼント:最後のほうで優しいなおいw
すじこンヌ:1800万
KP潮風:ここに来てみんな出目がヤバイwww
エクゼント:これなら戦闘のほうで頼むw
KP潮風:ですねw
とらさく:これでおうち建て直せるー
エクゼント:これで機材買いなおせるー
すじこンヌ:これでイギリスにいけるー

(技能成長等は中略)

KP潮風:というわけで、シュマ様作【5000兆円欲しい!】でした。このシナリオ、バックグラウンドとかはほとんどありませんw
KP潮風:ノリと勢いと本能で突っ走る系のシナリオですのでw
すじこンヌ:これ 探索者がNPCになるって事ってあるかな・・・?
エクゼント:組み付きされたときによく腕触れなかったなと思った
KP潮風:まあ、探索者の勘でうまい事避けたんでしょう…
すじこンヌ:てか今思うと終盤の大鷹キャラ変わってたな
とらさく:主人公してた
すじこンヌ:奪い合いしとけばよかったなあ(ずっとぼけ)
KP潮風:キャラが思わぬ方向に成長するあるある
とらさく:黒瀬君出目不安定だから(震え声)
すじこンヌ:次からは気を付けます()
とらさく:スタンされるの怖くてついマーシャルしてしまった…
エクゼント:マイナスつけて倒したね
とらさく:あれは流石に申し訳なかった!
エクゼント:まあ、誤解されたものは仕方ない
とらさく:いや幸運半分とこぶし半分は普通に当たりそうだったから…
エクゼント:ただ、気絶していれば金貨とって捨てるだけの予定だった
とらさく:え、誤解?もしかして普通に回収しようとしてただけ…
エクゼント:全員分の金貨を回収してモニターに投げて全員廃棄ということにしたかった
KP潮風:ちなみに仮面の男ですが、あれ製作者様本人も詳しい設定は決めてなくて、ニャルなんとかさんかも知れないし、違うかもしれないと。
とらさく:あー、そうだったんですかてっきりお馴染みの方かと
すじこンヌ:やっぱ跳躍は神
KP潮風:ちなみに、どんなルートでもエンディングの描写自体は同じですw
とらさく:うわー!本当ですかそれ、申し訳なかった
エクゼント:あとはモニターの電力を吸収して壊すだけだった
KP潮風:www
とらさく:これ黒瀬一人がクズだったENDですかこれ
すじこンヌ:てか筋肉入りのワルだってキャラシに記載忘れてた!!!!
すじこンヌ:どうしてくれんのこれ
エクゼント:黒瀬クズEND
とらさく:筋肉?筋金?
KP潮風:まあ、シナリオ的には面白かったですけどねw
すじこンヌ:人間の屑かこの野郎
エクゼント:そして、主人公だったワル
すじこンヌ:筋金だった(´・ω・`)
KP潮風:終盤のRPはマジで主人公でしたねw
エクゼント:とばっちりを受ける科学者
とらさく:設定重くし過ぎて必死こいてしまったんだー許してくれー
エクゼント:1番の被害者は轟いがいありえんなw
すじこンヌ:わたしも(´・ω・`)
すじこンヌ:調子乗りすぎたから次からは気を付けよう
KP潮風:いやぁ、でも全員それぞれ明確なキャラがあったので、面白かったですよ~。
とらさく:大鷹さんかっこよかったです、あと轟さん申し訳なかった
エクゼント:庇った挙句裏切りは草生やさざるおえないし、リプレイしておこう
KP潮風:明日夕方までは休みなので、リプレイ書きましょうか?ww
エクゼント:見たい
すじこンヌ:やったーリプレイだ!!
とらさく:見てみたいです
KP潮風:ある程度台詞の前後だったり、一部発言は切り取ったりするかもですが、
エクゼント:いいとおもいますよ
とらさく:それはもう全然大丈夫です
すじこンヌ:大丈夫です
エクゼント:このあと、剣道追加しておかないと
KP潮風:なるべくストーリー性を出すよう編集してみますねw
とらさく:わーい、よろしくお願いします!
エクゼント:黒瀬クズっぷりがにじみ出るようになるかな?w
KP潮風:ちゃんと黒瀬がクズに見えるように頑張りますww
すじこンヌ:小物キャラからの主人公キャラに昇格は草
とらさく:やばいよそで使えなくなるw
KP潮風:戦闘までは螺無駄さんが主人公だったんだけどなぁ…ww
すじこンヌ:わかる
とらさく:申し訳なかった…黒瀬完全悪役だ
エクゼント:小物から主人公に昇格したワルと終盤でクズになった探偵ととばっちりを受ける科学者
KP潮風:濃いな~wwwww
すじこンヌ:すげえこの卓
とらさく:轟さんには悪かったが楽しかったです
KP潮風:クズRPもたまには楽しいと思いますよw
エクゼント:実際この螺無駄は自分の卓でNPCとして使ったら無双したPCです
KP潮風:でしょうねwww
とらさく:でしょうねえ、強すぎてびびりました
KP潮風:設定をどう落とし込もうか結構考えましたw
エクゼント:戦闘開始、DEX17光って電刀が13の出目でワンパンして、KPの俺がこんなことになるはずじゃなかったって言ってました
エクゼント:おまけにスタン効果が入ってるからリンチレベルでした
KP潮風:wwwwww
すじこンヌ:wwwwwwwwwwwwww
とらさく:wwww
KP潮風:まあ…普通のシナリオでは使えないですよねこれwwwwww
エクゼント:おまけにこのキャラ作ったの2年前なんですよ
すじこンヌ:wwwwwwwwwwwwww
すじこンヌ:(主人公RPしたのはSTRが結構差があって勝ち目ないと判断したんやで・・・)
KP潮風:(賢明な判断ですw)
すじこンヌ:申し訳ないが脳筋探索者はやりすぎると嫌われるのでNG
エクゼント:まあ、弱体化するように調整入れて他の卓でも使えるようにしますか...
とらさく:PVPでよくこんなのに勝てたな私…
すじこンヌ:えらい
KP潮風:PvP向きのキャラではないでしょうね…対神話生物専用かな?
エクゼント:まず、デイザー以外のスタンを取り除くか
エクゼント:神話生物と戦闘してるならもうクトゥルフさんを2匹倒したってメモにあるんですけど..
KP潮風:電刀は個人的にはアリだと思ってます。たまには装甲無視の戦闘要員居てもいいと思いますし。
すじこンヌ:化け物で草
KP潮風:えぇぇ…wwwww
エクゼント:ただ、2年前の奴なのでこれは初期状態ですね
KP潮風:このPC、戦闘多めのシティなら重宝されそうな気がします。
とらさく:ああー、見てみたいですねそれ
エクゼント:まず、この神話生物キラーをPvPで倒されたの初めてですね
とらさく:組み付き強いんだなあ(しみじみ)
KP潮風:人類最強生物爆誕
すじこンヌ:大草原
エクゼント:普通の人なら突っ込みませんけど、制限のせいでやられましたね
KP潮風:まあ、あれ全部認めちゃったらPvPなんて絶対起きませんから…w


セッション日時:2018 4.1 20:00~24:30頃
KP 潮風
PL エクゼント / PC 螺無駄 轟
PL すじこンヌ / PC 大鷹 空雅
PL とらさく / PC 黒瀬 涼
 いいね!  4

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。