【ソード・ワールド2.0】【初心者歓迎】アシュラウトの無限工房(十五回目)

貞夫リプレイ  0
登録日:2018/07/21 12:58最終更新日:2018/07/21 12:58
GM:では、今日もはじめましょうかー
一同:よろしくお願いしまーす
GM:じゃあ、ヨーロがちょうど帰ってきた、ってところからやってみますか。ちょうど両親? が揃ってるし
ウォーレン:ファッ
ヨーロ・ハミルトン:|ω・)
ウォーレン:核家族プラスアルファか……気まずい
ドルベ:「おはよ~……ミカル~」
ミカル・バレット:「おはよう、ドルベ」
ウォーレン:「うむ、今日もベッタリだなお二人さん」
ドルベ:ウォーレンは前もいたからね、泊まっていたのだきっと
GM:では、二人が下で顔を合わせたとき、入口から誰かが入ってくる気配がします、まあヨーロですが
ドルベ:「いやぁ…///照れるぜ♪」
ヨーロ・ハミルトン:「久しぶりかなぁ・・・戻ってくるのは。」
ミカル・バレット:「あ、ヨーロお帰り~」
GM:軽っ! そんなに軽くていいの!?
ミカル・バレット:ミカルの性格ならこのくらいかなぁって
ウォーレン:「ん?見ない顔だな。まぁほとんど知らん奴ばかりではあるんだが」
ドルベ:ガダッ!
ヨーロ・ハミルトン:「うん、ただいま」
ドルベ:「よ、ヨーロ………ヨーロかお前!?」肩を鷲掴みにします
ヨーロ・ハミルトン:「そうだよ、」
ヨーロ・ハミルトン:「(*´?`*)ニヒヒ」
ドルベ:「随分と変わりやがって……!こいつぅ…」口ではそういうものの泣いてます
ウォーレン:「なんだ、知り合いか?私はウォーレン。流れの騎士だ。よろしく」
GM:ヨーロの見た目は、最後に別れてからだいぶ変わってるでしょうね
ヨーロ・ハミルトン:「よろしくね、ウォーレンさん。」
ドルベ:「何はともあれ………おかえり、ヨーロ…!」
GM:今では、ミカルと並んだら同い年くらいに見えるかも
ミカル・バレット:「ヨーロ、そう言えば随分と成長したね~」?を突っつきながら言います
クレア:「みなさーん、ご飯ができましたよー、あら? お客様ですか?」
ヨーロ・ハミルトン:「うん、ただいま。この旅のお陰で目指す物が出来たから成果は得られたかな。」
クレア:「え? もしかしてヨーロさんですか?」
ヨーロ・ハミルトン:「新雇用の冒険者のハミルトンです。」
ドルベ:「クレア!帰ってきたぞ!ヨーロだ!」
ヨーロ・ハミルトン:「そうですよー」
クレア:「あらあらあらあら~」親戚のおばちゃんのごとく
ウォーレン:「丁度一人分枠があるからな。今日から数日は行動も共にしそうな勢いだ」
クレア:「そうですね、ちょうどあと一人どうしようかと思ってたところですから」
ドルベ:「うし!今日も気合!入れて!行くぜ!!」
ヨーロ・ハミルトン:「一緒にいても大丈夫かな?」
クレア:「まあ、まずはヨーロさんの分のご飯を用意しないと」と言ってキッチンに戻ります
ドルベ:「もちろんだぜヨーロ!」
ミカル・バレット:「なら、私が作るよ~」>クレア
クレア:「そんなことわざわざ聞かなくてもヨーロさんなら大歓迎ですよ」キッチンから
クレア:「あ、それじゃあヨーロさんの分はお願いしますね」>ミカル
システム:ミカル・バレットさんの「料理」ロール(2d6+7)  →  9[6、3]+7  → 16
クレア:おお、気合入っとるw
ドルベ:平常運転とみた
ミカル・バレット:「はい、ヨーロの朝ごはんできたよ~」
クレア:では、ミカルが用意したご飯もプラスして今日の朝ごはんとなります
クレア:「まずは、ヨーロさんのことをお聞きしたいです。どんなことをしてきたのか、とか」
ヨーロ・ハミルトン:「一応ティダンの神官・・・なのかな。癒してとして働けると思うよ。」ウォーレンさんに自身の役割を説明
ウォーレン:「おお、すまんな。ではいただこう」ヘルメットの口元で消える食事類
ウォーレン:「もぐ……うん?ああ、なるほど。神官が居るのは心強いな。以前キュアストーンを欠かした所為で大変な目に遭ったのだ」
クレア:「そうですね、ドルべさんが石化したりしましたからね~」
ヨーロ・ハミルトン:「なんて言えばいいんだろう・・・ザルツの方に最初は向かってたんだ。」
クレア:「テラスティア大陸ですね?」
ドルベ:「それでどうしたんだ?」
ウォーレン:ザルツか。ここ迄来るには中々大変な道中だったことだろう、まぁ飲め飲め」水の入った木ジョッキを差し出し
ヨーロ・ハミルトン:「途中、休んでた時に変な穴を見つけたんだ。そうだね。」
ヨーロ・ハミルトン:「ちょっと気になって覗いて見たら、中から変な手に掴まれて引きずり込まれちゃって、」
ヨーロ・ハミルトン:「そこで意識が落ちて、目覚めたら全然知らない所だったんだ。」
ドルベ:「そんな事があったのか………」
クレア:「なんでしょう? 随分ホラーな感じです」
ヨーロ・ハミルトン:「その後、蛮族との戦いに巻き込まれて・・・うん、そのあと記憶がところどころ飛んでてあやふやなんだ・・・」
ウォーレン:「どっかの魔法文明の遺産にでもちょっかい出されたんじゃないか」
ミカル・バレット:「………ちょっと帽子を取ってくれる?」>ヨーロ
ドルベ:「記憶が…………まさか………!」
ヨーロ・ハミルトン:「気がついたら、引きずり込まれた所で倒れてたんだ。」
ヨーロ・ハミルトン:「ご明察。お察しの通りかな。」帽子をとる
クレア:「角が……」
ヨーロ・ハミルトン:「これを触って自分でも思ったんだ。【自分は死んで蘇生されたって。】」
ウォーレン:「ふむ、溜まったのか。除去の方法も探しているのかね」
ドルベ:「そうか…………」
ミカル・バレット:「………………」無言でヨーロを抱きしめます
クレア:「で、でもこれでドルベさんとお揃いですよね」汗
ヨーロ・ハミルトン:「あはは・・・高位の神官は取り除けるって聞いたことはあるかな。」
ドルベ:「この穢れは俺より少し濃いな………」
ヨーロ・ハミルトン:「【姿形は変われども、私は私。強く生きていきたい。目標を果たす為にも。】」
ドルベ:「ヨーロ………お前は本当に成長したな……!」
ヨーロ・ハミルトン:帽子をかぶる
クレア:「ヨーロさん……」
ウォーレン:「まぁ名声を上げれば自ずと治す手段も見つかろう」ジョッキを傾ける
ドルベ:「穢れなんて知ったこっちゃない、ヨーロはヨーロだ!」
ヨーロ・ハミルトン:「ですね笑。名を上げるために頑張ります。」
クレア:「ここには穢をきにするひとなんかいませんから、好きなだけいてもいいんですよ」
ウォーレン:「おう、過保護も良いが仕事も大事だ。クレア、今日の依頼群に緊急の案件はあるか?」
ヨーロ・ハミルトン:「まあ湿っぽい話はこれぐらいにして・・・ご馳走様でした。美味しかったです」
ミカル・バレット:「………ヨーロ、胸も大きくなったね…むぅ………」
GM:それじゃあ、導入はこんなもんでいいかな
ドルベ:天気行きますよー、
ウォーレン:35分くらいご家族のロールタイムで微笑ましい
GM:今回受けるクエストを決める前に天候を決めましょう
システム:ドルベさんの「天候」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
ドルベ:今日も曇りと
GM:曇りおおいっすね
GM:では、次にメインクエです。メモ3に書いてあります
:
:
:クエスト名:魔剣合成
:依頼人:“武器商人”ログレス
:内容:Sランクの魔剣を1本作って欲しい
:期限:無期限
:材料:炎魔金2、紅蓮魔石2、夢幻駆動機関1
:報酬:合成のかけら×2
:
:
:
:クエスト名:戦力増強
:依頼人:“町長”バース
:内容:アシュラウトもお主たちのおかげでかなり有名になっただべ。だからこそ自衛のための力は持っていなければならないんだべよ。
:期限:3日
:材料:結晶樹の花2、紅蓮魔石2、夢幻駆動機関4
:報酬:24500G
:
:
:クエスト名:海から見つめる目
:依頼人:“航海士”アリオバ
:内容:海の中に突然目玉が浮かんでるって噂が出てる。なんでも、船を見つめるだけで、穴を空けて沈めちまうって話らしい。
:期限:2日
:報酬:24000G
:
:
:クエスト名:心ない機械の討伐
:依頼人:“蝶々”バース
:内容:遺跡の転送装置が誤作動して、遺跡の主が外に出てきそうになってるんだべよ!
:期限:3日
:報酬:30000G
:
:
ヨーロ・ハミルトン:お、無期限ありますね
ミカル・バレット:また蝶々に………
ドルベ:ほむ、ビステマ退治か
GM:まあ、若干レベルが足りませんが、ここにはレベル詐欺のミカルがいるんで
ドルベ:しかし今回の前衛では即落ちしてしまいそうだな 
ウォーレン:魔法ダメは勘弁な!
ヨーロ・ハミルトン:うへぇ、
ドルベ:何が辛いって魔動機はコア部位ないからなぁ……
ドルベ:下手すれば火山の主よりめんどい
GM:まあ、今回のクエストはどれも難易度高めですね
ウォーレン:魔導機ですか。ほうほう
ヨーロ・ハミルトン:ふむう
ミカル・バレット:一体どうしてこうなったんですか………
GM:採取系は数が多いし、討伐系は敵も強い
ドルベ:もし戦うなら、もう1人マギシューがいなきゃ……ね?
ドルベ:いや、全員マギシュー……これだな(おいこら)
GM:あと、今回はランダムエンカウントがレベル上がってるのでザコ敵も強くなってます
ミカル・バレット:あー………なるほどです、あの狙撃………
ヨーロ・ハミルトン:よし、速度戻った
ドルベ:魔剣作るか、戦力増強でお金貰うかになりますね、どうします?
ヨーロ・ハミルトン:うーん、
GM:一番簡単なのは魔剣合成ですねー
ドルベ:合成のかけらはいずれ必要になってきましますから
ヨーロ・ハミルトン:今回は魔剣ですかね?
ウォーレン:わざわざ苦杯を喫する必要も無し。戦力増強も大事ですよ。まぁ探索重石が言うセリフじゃありませんが
ミカル・バレット:ですね
ドルベ:魔剣了解です
GM:では、魔剣合成を受領します。材料は書いてあるとおりですー
ミカル・バレット:あ、そう言えば、sランク武器の合成って材料なんでしたっけ
ヨーロ・ハミルトン:火山ですかね?足りない素材見ると
ドルベ:武器の種類は決められてないですね
ドルベ:ですね、とりあえず全部火山で取れます
ドルベ:次は緊急と合成ですね、場合によってはほかのフィールドも考えなくては
ウォーレン:火山の主と遭遇かぁ……
GM:では、合成から行きましょう、2dどぞ
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[2、2]  → 4
GM:じゃあ、行商人のリーリアさんが訪れます
ヨーロ・ハミルトン:ほむ
GM:リーリア「マジックアイテムを作って欲しい、相手は単なる収集家だからなんでもいい」
GM:1000G以下で合成のかけら1個、それ以上ならもっともらえます
一同:おー
ドルベ:いいとこ突くならば、そうですねぇ、5001~10000クラスのものは狙えるでしょう
GM:なかなか当たりな依頼かな。今ある材料で作れます
ドルベ:このクラスの装飾品だと炎魔金1、抗魔の皮2、翡翠の動力炉1になります
GM:5001~10000Gだと合成のかけら3個もらえます。10000G以上なら4個
ヨーロ・ハミルトン:翡翠の奴がありませぬな・・・
ドルベ:あ、10000のやつミスった
GM:装飾品ではなくマジックアイテムですね
ドルベ:霊樹の根2と動力炉2ですね
ドルベ:ダメそうなら香る香木2と帯電する歯車2つでウェポンホルダー改でも作りましょう
ドルベ:とりあえず緊急の方へ
GM:じゃあ、緊急も2dで
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「ソイヤッサ」ロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[6、3]  → 9
GM:ふむ、黒海の討伐依頼ですね
ドルベ:海かぁ
ヨーロ・ハミルトン:うへぇ、真逆
GM:9体の魔物を倒してきてください
GM:討伐数×400Gです
ドルベ:今回は無視して行きましょうか……
ヨーロ・ハミルトン:ですね、
GM:そうだね、それでいいと思うよ
ドルベ:火山行きましょ、火山
ウォーレン:暑そう(小並感)
GM:前にサウナ地獄でヨーロが倒れたことあったねー
ウォーレン:へぇ、そんなことも
GM:倒れたって言ってもゲーム的にじゃなくてRPで、ですが
ヨーロ・ハミルトン:ですねぇ、貧弱ガールでしたの
GM:なぜか4回か5回くらいサウナ引いたよねw
ドルベ:ミカルは毎回暑そうにしてますね
ヨーロ・ハミルトン:深度判定・・・(震え声)
ドルベ:あ、ちょっと相談が
ヨーロ・ハミルトン:?
ウォーレン:今回は火山ですし皆倒れないように水分補給こまめにしなきゃ
ドルベ:艶やかな香木をマテリアルカードにしていいでしょうか?
ドルベ:とりあえず3枚変換してパラミス投げれるようにしたいのです
ヨーロ・ハミルトン:私は構いませんよ。
ミカル・バレット:私もいいと思いますよ
ドルベ:では艶やかな香木3個をマテリアルカード緑のAにしますねー
GM:艶やかな香木ねー、(>Д<)ゝ”了解!
ドルベ:3個減らしておきましたよー
GM:じゃあ、今日も材料記録係をおねがいします
ドルベ:準備いいですよ、火山に行きましょう
ドルベ:はいー
GM:はい、ではいつものようにミカルとクレアのお弁当もって出発しますー
ミカル・バレット:あ、温泉はいります
ドルベ:忘れてた、100G払って筋力+2で
GM:温泉はいる方は100Gで任意の能力値+2ですー
ウォーレン:お帰りなさいー温泉で生命+2っと
ヨーロ・ハミルトン:温泉で精神+2デー
ミカル・バレット:今回からは温泉無しでも戦闘時は器用+5なので知力にします
ドルベ:今度こそ大丈夫、れっつごー
ヨーロ・ハミルトン:MP上がるかな
GM:MPあがりますね
ドルベ:上がりますね、MP
ヨーロ・ハミルトン:MP72に。
GM:じゃあ、しゅっぱーつ
ドルベ:到着です(`・ω・´)
ミカル・バレット:あ、知力B5になります(`・ω・´)
GM:では、とうちゃくー
ヨーロ・ハミルトン:「うーん、相変わらず暑そうだね。」
ドルベ:「住めば都ってやつかもしれないぜ?」
ミカル・バレット:「しかも曇り………」
ウォーレン:「蒸し暑い。戦う前に死んでしまいそうだ」
ヨーロ・ハミルトン:「それは困りますね笑」マフラーを巻きながら
ドルベ:「それじゃ、奥に行こうぜ」
GM:はい、じゃあ1ターン目、深度1dよろ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)  → 6
ウォーレン:はーい
システム:ウォーレンさんのロール(1d)  → 1
システム:ドルベさんの「イベント」ロール(2d6)  →  8[2、6]  → 8
GM:じゃあ、イベント2dを
GM:じゃあ、地面が揺れますゴゴゴゴッゴゴゴゴゴゴ
GM:PC全員2dをどぞー
ミカル・バレット:「うぅ………またぁ…」
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  11[5、6]  → 11
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[6、1]  → 7
ヨーロ・ハミルトン:「おおっと・・・」
システム:ウォーレンさんの「阿蘇山大噴火」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[3、1]  → 4
ウォーレン:噴石直撃しそう
ヨーロ・ハミルトン:(アカン)
GM:はい、じゃあ地揺れだけで収まりますー
システム:ドルベさんの「遅くなった」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
ヨーロ・ハミルトン:「びっくりしたな・・・」
ドルベ:「ほらほらミカル、こっちにおいで」
ウォーレン:「収まったか。皆、大事無いか?」
GM:じゃあ、探索チェックー
ミカル・バレット:「うぅ………」ドルベに抱きつきます
ドルベ:「あぁ、なんともないぜ」
ドルベ:探索行きます
GM:探索、深度とも10です
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  7[3、4]+7  → 14
システム:ドルベさんのロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  3[2、1]+10  → 13
システム:ウォーレンさんの「ひら」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[5、3]  → 8
ヨーロ・ハミルトン:深度行きますー
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  6[3、3]+11  → 17
GM:はい、じゃあ深度は「6」です
GM:探索成功した人2dを
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  3[2、1]  → 3
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[6、1]  → 7
ドルベ:うーん、荒ぶってる
GM:合計、炎鉄2ですね
ドルベ:次行きましょう
ヨーロ・ハミルトン:はーい
GM:2ターン目、深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
システム:ウォーレンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
GM:では、イベント2dどぞ
ウォーレン:ん、違いましたか申し訳ない
ドルベ:あ、次はミカルですね、キャラシ順に回ってるので
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[5、5]  → 10
ミカル・バレット:(´・ω・`)まぁ次回せばいいんです
GM:目の前に天然の温泉が…
ドルベ:よし入ろう
GM:まだ、ダメージ負ってないから意味なくない?
ヨーロ・ハミルトン:「温泉は来る前に浸かったなぁ・・・」
ドルベ:深度は深まるから意味はあるかなーっと
GM:あー、なるほど
ミカル・バレット:確かに………
ヨーロ・ハミルトン:ふむ、
ドルベ:今回使うのは全部奥あるものですから、下級素材は特に集める必要も無いですし
ウォーレン:「風呂に風呂を合わせても……いや」今女性と男性2ずつか……とヘルムの中で考える
GM:じゃあ、入るでいいかな?
ドルベ:入ります
GM:では、HP1割、MP半分回復します
GM:で、深度上昇します1dどぞ
システム:ミカル・バレットさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
ウォーレン:さて……今日は外腹斜筋の調子が……
ドルベ:「まぁ、気分はリラックスできるし、いいんじゃないかな?」温泉に浸りながら
GM:じゃあ、探索チェックですね
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[4、4]  → 8
GM:探索、深度とも10で
ヨーロ・ハミルトン:深度をー
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  10[6、4]+11  → 21
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  3[2、1]+7  → 10
システム:ウォーレンさんの「ひら」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[5、2]  → 7
GM:深度は「3」でしたー
ヨーロ・ハミルトン:13以下ならば成功なり
システム:ドルベさんのロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  8[6、2]+10  → 18
GM:で、探索成功者は2dをどぞー
ミカル・バレット:ティダン「加護をやろう」
システム:ドルベさんの「何がでるかな」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[4、4]  → 8
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
GM:合計、炎鉄4
ヨーロ・ハミルトン:+分記載
ドルベ:あ、やってくれます?
ヨーロ・ハミルトン:参加した時はやりますよー
ドルベ:ではお任せします
GM:では3ターン目
ウォーレン:いやぁ立つ瀬無い
システム:ドルベさんの「深度」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
ヨーロ・ハミルトン:手に入れた分は+で表記しますー
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
GM:イベント2dどぞー
システム:ミカル・バレットさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  2[1、1]  → 2
ヨーロ・ハミルトン:ティダン定期
ミカル・バレット:あっ………
GM:まじかー
ドルベ:強敵だった希ガス
GM:じゃあ、もう一度1dを
ヨーロ・ハミルトン:ティダン「お待たせ」
ミカル・バレット:「早いよ………」
ウォーレン:ティダン神ェ
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
GM:ヨーロかな
ヨーロ・ハミルトン:うげ
ドルベ:さて何が出てくるのか
GM:じゃあ、頭が3つある犬っぽいやつが1匹
ミカル・バレット:へっ?
ヨーロ・ハミルトン:∪・ω・∪わんわんお
ヨーロ・ハミルトン:まもちき・・・
ドルベ:とりあえず、まもちき
GM:15/20かな
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「チキチキ」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  7[3、4]+11  → 18
ヨーロ・ハミルトン:ううん、抜けないか
システム:ミカル・バレットさんの「ヒラメ」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
GM:じゃあ、ヨーロはケルベロスと分かった
ヨーロ・ハミルトン:うへぇ、∪・ω・∪わんわんおや
GM:Ⅱ改317P
ヨーロ・ハミルトン:「ん・・・・ケルベロス!?」
ミカル・バレット:「あ、わんわんおだ」
ドルベ:「なかなか強そうだなぁ」
ヨーロ・ハミルトン:こいつ魔神の分類なのか・・
GM:戦うか逃げるかどうします
ドルベ:逃げるのも手ですよ?
ウォーレン:「アシュラウト周辺はコカトリスが居たり巨大三頭犬が居たりなんとも修羅い地域だ」
ミカル・バレット:うーん、………あっ………
ドルベ:ドルベは近接攻撃なので、ちょっと頭狙うには無理がありますね
ヨーロ・ハミルトン:うーん、セイクリッド系統は使えない・・
ミカル・バレット:ブレス無しで命中基準17…当たる
ウォーレン:三十六計いきますか
ヨーロ・ハミルトン:戦うとしたらエンチャントウェポンまいてバトルソングかな
ヨーロ・ハミルトン:行くかどうかは任せますよー
ヨーロ・ハミルトン:収束でダークミスト撃てたっけな・・
GM:勝てるか勝てないかで言えば勝てると思うけど
ドルベ:打てるけど、魔力はコンジャ+知力だから
ヨーロ・ハミルトン:当たらないですね・・・こォレわ
ミカル・バレット:最初から前衛で初手ショットガンバラマキしたいです…
ヨーロ・ハミルトン:ブレスも巻かなきゃ・・・
ドルベ:やっちゃいます?
GM:戦うなら戦闘モードに入りますよー
ヨーロ・ハミルトン:任せますよー
ミカル・バレット:やりましょうか、
ヨーロ・ハミルトン:やるなら全力で援護します
ドルベ:とはいえ、先制の難易度高いですね
ドルベ:分かりました
ドルベ:やりましょう
システム:ミカル・バレットさんの「先制」ロール(2d6+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  4[3、1]+6  → 10
ウォーレン:ふーむ
システム:ドルベさんの「先制」ロール(2D6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  9[3、6]+9  → 18
GM:先制値18
ドルベ:おっけ
GM:お、やりましたね
ヨーロ・ハミルトン:やりますねー
ドルベ:ファストアクションどうします?イグニスの方になりますか?
ヨーロ・ハミルトン:後衛で
GM:じゃあ、ファストアクション発動かな
ミカル・バレット:なりますけど問題ないですね
ドルベ:後衛で行きます
ミカル・バレット:前衛です
ドルベ:ミカル動く前に補助投げますね
GM:じゃあ、1回表どぞ
:
:で、始まった強敵との戦い。ケルベロスもブレスを吐いたりと検討したが、ミカルの二刀流ショットガンの前に敢え無く沈むのだった。
:
GM:では、探索チェックいきますねー
ヨーロ・ハミルトン:深度を
ドルベ:うい
ドルベ:探索です
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[3、1]  → 4
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  8[3、5]+7  → 15
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  12[6、6]+11  → 23
GM:探索11、深度10です
ヨーロ・ハミルトン:おま、ここで来るのか
システム:ドルベさんのロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  11[5、6]+10  → 21
GM:じゃあ、深度は「2」です
GM:探索成功した人は2dをどぞ
ドルベ:戦闘で出てください
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[4、4]  → 8
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
GM:壊れたパーツ4です
ヨーロ・ハミルトン:「うん、産みの親にも1回あってきたし、それがきっかけかな」
ミカル・バレット:戦闘で出て欲しいです(´・ω・`)
ヨーロ・ハミルトン:追加分記載
GM:じゃあ、4ターン目、深度1dどぞ
システム:ウォーレンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
ドルベ:そういや天気変わらないのかい?
システム:ドルベさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5
GM:あ、天候変わるから次の人1d
システム:ミカル・バレットさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
ドルベ:天候も私でいいかな?
GM:強風か
ドルベ:ミカルが振ってくれた
GM:で、イベントが熱暴走
ミカル・バレット:あっ………また風…
ドルベ:ま、もうちょっとでまた変わるだろう
ドルベ:深度チェックにペナ?
ミカル・バレット:「うぅ………暑い…」
GM:熱気で頭おかしくなって探索深度確認に-2のペナルティ
ドルベ:うぇー
ヨーロ・ハミルトン:「ひゃー、コレは暑い・・・」
ウォーレン:金属鎧の中やばくなる
GM:じゃあ、探索チェックー
ミカル・バレット:マギテックのマナタイトアーマーならペナ受けなさそう
GM:探索、深度とも12
システム:ドルベさんのロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  11[6、5]+8  → 19
ドルベ:(´・ω・`)
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[1、5]+7  → 13
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール「深度」(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  7[1、6]+9  → 16
GM:深度は「5」です
GM:探索成功者は2dどぞ
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[4、1]  → 5
ドルベ:ミカル、ペナ入って失敗じゃない?
ヨーロ・ハミルトン:深度現在多分30
ミカル・バレット:あ、本当ですね、間違えて振ってしまいました(´・ω・`)
ドルベ:33ですね、間違ってなければ
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[5、4]  → 9
GM:ん、ミカルのペナってなに?
ドルベ:あれ、深度チェックだけ-2だっけ?熱暴走
GM:あー、あれは深度確認だけです
ドルベ:なるほろ、了解
GM:だからミカルも成功でいいです
ミカル・バレット:はーい
GM:で、5と9ね
ドルベ:5と9です
GM:火炎銀1、帯電する歯車1
ドルベ:いいの落ちるようになってきた
GM:あ、ごめん、探索組、1dどぞ、強風忘れてた
システム:ドルベさんの「はーい」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
ドルベ:ぴゅー
GM:3は大丈夫だよー
システム:ミカル・バレットさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
ドルベ:よしよし
GM:じゃあ、飛ばされずに済んだ
GM:では、次のターン
GM:深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
システム:ウォーレンさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  11[5、6]  → 11
ドルベ:いいイベントだったはず
ヨーロ・ハミルトン:なんやろなぁ
GM:じゃあ、地震の影響か、岩肌に鉱石がむき出しになってます
ウォーレン:お?
ヨーロ・ハミルトン:お
GM:ここで、探索成功すると素材が+1されます
ミカル・バレット:ここはツルハシの出番?
ドルベ:おっと、つるはしの出番か?
ドルベ:うし、使いましょうか
GM:じゃあ、探索チェック
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[5、4]  → 9
ヨーロ・ハミルトン:深度で  
GM:探索14、深度12
ドルベ:つるはしの使用回数減らしておきました
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  4[2、2]+7  → 11
システム:ドルベさんのロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  4[1、3]+10  → 14
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
システム:ドルベさんのロール(3d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (3D6)  →  12[3、5、4]  → 12
ドルベ:7、強風の影響はなし
ドルベ:8でした
GM:惜しいね。艶やかな香木2です
ドルベ:ちぇ、金じゃないや
GM:あと1低ければ炎魔金だったけど
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  4[2、2]+9  → 13
ドルベ:まぁガンガン行くしかないよね
ヨーロ・ハミルトン:あぶな
GM:深度は「5」ですね
システム:ドルベさんの「深度」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
システム:ミカル・バレットさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[5、2]  → 7
GM:じゃあ、天候変わります
GM:イベントは平穏
ドルベ:となるとヨーロが天候
ウォーレン:ヘイオーン
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「ティダンサマー」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
GM:大雨ですね
GM:探索判定に-2のペナルティ
ミカル・バレット:ティダンぇ…
GM:あと魔物と遭遇したとき、1d振って1~3なら逃げる
ウォーレン:「暑さで頭をやられそうだったんだ。恵みの雨だ……」なお探索は
ドルベ:ふぇぇ……
ドルベ:「雨はだなぁ」
GM:じゃあ、探索チェックねー
ミカル・バレット:「あぅ………今度は寒い…」
GM:探索15、深度は12
ヨーロ・ハミルトン:「今度は雨・・・うぇ」
ドルベ:「ミカル、おいで」
ヨーロ・ハミルトン:深度をー
システム:ドルベさんの「探索」ロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  10[6、4]+8  → 18
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[4、2]+7  → 13
ミカル・バレット:「うぅ………」
ドルベ:探索は調子いいなぁ全く
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  9[3、6]+5  → 14
GM:深度は「1」ですね
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5
GM:探索成功した人は2D
ミカル・バレット:一足りない…
ドルベ:今度こそ金を
GM:惜しいなぁ、あと1深度進んでたら金だった
GM:火炎銀2です
ドルベ:ぎゃてぇ………
ミカル・バレット:さっきから一足りないが仕事してる…
ウォーレン:足りないですねぇ
ドルベ:つぎいこー
ヨーロ・ハミルトン:ゴーゴー
GM:まあ、でも次からは炎魔金が出る領域ですし
GM:では、7ターン目深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
ドルベ:ウォーレンさんですね
システム:ウォーレンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
GM:よしよし
システム:ドルベさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[3、6]  → 9
ミカル・バレット:9?
ドルベ:落石か?
GM:上から落石が!
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
システム:ドルベさんの「どっこいせ」ロール(2d6+12)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  3[1、2]+12  → 15
ヨーロ・ハミルトン:悪夢ぅ!
GM:目標値13で冒険者レベル+筋力B
システム:ミカル・バレットさんの「よっと♪」ロール(2d6+12)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  6[2、4]+12  → 18
ドルベ:ヨーロしか心配な人がいない………
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「流石に・・・」ロール(2d6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  7[2、5]+10  → 17
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+12)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  8[6、2]+12  → 20
ヨーロ・ハミルトン:「オット、昔のままの私じゃないからね。当たらないよ」ヒラリー
GM:じゃあ、次は探索チェックー
GM:探索、深度とも13
ドルベ:探索じゃー
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  5[3、2]+5  → 10
システム:ドルベさんのロール(2D6+10-2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10-2)  →  3[1、2]+10-2  → 11
ドルベ:ティダンが取らせてくれない
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  7[5、2]+9  → 16
GM:深度は「2」です
GM:探索成功した人は2dどぞ
GM:あ、全員失敗か
ドルベ:今回はいないですねー
ドルベ:次だ
GM:やばいな金が取れない
GM:じゃあ、8ターン目、深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
ミカル・バレット:これ2日目も想定しないと…
システム:ミカル・バレットさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
GM:じゃあ、イベント2dどぞ
ドルベ:イベントは何かなー
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
GM:じゃあ、また地揺れ
GM:ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴオゴゴゴゴゴゴg
GM:全員2dどぞ
ミカル・バレット:「うわぁ………うぅ…ぐすっ」
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[3、4]  → 7
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
システム:ウォーレンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[4、6]  → 10
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  2[1、1]  → 2
ドルベ:「ミカル……泣くな、よしよし……」
ウォーレン:あっ
ミカル・バレット:ふぇ
ドルベ:ゴジッテーン!
ウォーレン:てーん
GM:じゃあ、岩の裂け目から炎が吹き出します
GM:目標値16で生命抵抗ー
システム:ミカル・バレットさんの「抵抗」ロール(2d6+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  8[3、5]+13  → 21
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「ごめんなさいー!」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  5[4、1]+11  → 16
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+12)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  3[1、2]+12  → 15
システム:ドルベさんのロール(2d6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  4[2、2]+10  → 14
ウォーレン:おっと
ドルベ:しゃーなし
GM:じゃあ、失敗した人2d点の魔法ダメージ
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[3、5]  → 8
GM:自分で振っていいよー
ウォーレン:変転……いや要らないか。炎属性です?
システム:ウォーレンさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[2、2]  → 4
GM:炎です
ウォーレン:3点もらいます
ドルベ:きっとミカルから炎を守ったんや……
GM:うむ、まあまあかな
ドルベ:「あっつ……」
ミカル・バレット:あの抵抗値で?
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[6、3]  → 9
ヨーロ・ハミルトン:「大丈夫ですか・・・お二人共」
ウォーレン:アァトゥイ
ミカル・バレット:「あっ……ドルベ…?」
GM:探索16 深度14
ヨーロ・ハミルトン:アッツイ
ヨーロ・ハミルトン:深度をー
ドルベ:「大丈夫、平気だって!」
ウォーレン:「鎧が焦げた程度だ……しかし……暑い」
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  8[5、3]+9  → 17
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  7[4、3]+5  → 12
システム:ドルベさんの「探索」ロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  4[3、1]+8  → 12
GM:深度は「5」です
ドルベ:うーん……
GM:探索は失敗ですね
ミカル・バレット:本格的に2日目を考えないと…
ドルベ:次だー
GM:じゃあ9ターン目
GM:深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
システム:ウォーレンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
ドルベ:そろそろ深入りポイントか?
ドルベ:天候チェンジですね
システム:ドルベさんの「天候」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
GM:じゃあ、みなさんの前に見覚えのある竜さんが舞い降ります
ドルベ:お初にお目にかかりますなー
ミカル・バレット:リオレウス?
ヨーロ・ハミルトン:竜?
GM:ヴァリトラウテ「性懲りもなく我の縄張りにきおったか!」
ウォーレン:「ド、ドレイク!?以前言っていた火山の主か!」
ミカル・バレット:「ごめん、初めて会ったんだけど?」
ドルベ:「キェェェェェェェ!!!シャベッタァァァァァァァ!!!?」
ウォーレン:え、初対面で?
ヨーロ・ハミルトン:「誰でしたっけ・・・?」
GM:ヴァリトラウテ「人族の顔などいちいち覚えとらんわ! 初見だろうと二度目だろうと知ったものか!」
ミカル・バレット:「うーん…あ、リオレウスかな?」
ウォーレン:「とりあえず奴を屠らねば先には進めなさそうだな」
ヨーロ・ハミルトン:「うーん、MPが心配だけど・・・まぁ頑張ります」
ミカル・バレット:「閃光玉を持ってきてない(´・ω・`)」
ヨーロ・ハミルトン:わーいセイクリッド対象だァ
GM:戦う?
ドルベ:逃げる
ウォーレン:戦うんじゃないんです?
ミカル・バレット:いや勝てない
ウォーレン:なるほど
ドルベ:こいつは全員マギシューで倒すべきそうすべき
ヨーロ・ハミルトン:無理ですねぇ。
GM:逃げるなら目標値17で冒険LV+敏捷B
ドルベ:うへぇ
システム:ドルベさんの「逃げる」ロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  6[2、4]+9  → 15
GM:失敗したらダメージ上げます
ドルベ:うーん……指輪割ります
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「逃げるんだよォ!」ロール(2d6+12)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  9[3、6]+12  → 21
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  7[4、3]+13  → 20
システム:ミカル・バレットさんの「閃光玉を次から持ってくるよ~」ロール(2d6+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  8[2、6]+13  → 21
GM:じゃあ、皆さん無傷で逃げられました
ドルベ:しかし探索できないな
GM:ヴァリトラウテ「くそっ、逃げやがった。やーいおまえのかあちゃんでーべーそー」
ヨーロ・ハミルトン:火山はきついなぁ
ミカル・バレット:「あのリオレウス………やっぱりヘタレウスかな?」
ウォーレン:「ドラゴンスレイヤーの称号が……まぁ良い。早いとこ目的の品を探さねば」
ドルベ:「やーい、お前の卵の管理、がっばがばー」
ヨーロ・ハミルトン:「・・・」
ウォーレン:メス?
ドルベ:とりあえず行きましょうか
GM:じゃあ、探索チェックだけど、探索も深度もできないですね
ミカル・バレット:ですね………
ヨーロ・ハミルトン:はーい
ドルベ:火山の主さまは卵盗まれておこなのです
ウォーレン:なるほど
ミカル・バレット:ハンターぇ…
ヨーロ・ハミルトン:ためいごぉ
GM:ヴァリトラウテはメスなんかな
ウォーレン:栄養価高そうな卵だ
ウォーレン:ヴァリ・トラウテって切ったらメスみを感じる名前に
ドルベ:進みましょうか、紅蓮石まだ手に入れてませんし
GM:くさとか使わなくていい?
ドルベ:ヨーロに魔香草使う?
ミカル・バレット:使います(`・ω・´)
ヨーロ・ハミルトン:お願いします
システム:ミカル・バレットさんの「魔香草」ロール(k0+6@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+6  →  2D:[3、6]=9  →  3+6  → 9
GM:結構回復するなぁ
ヨーロ・ハミルトン:「ありがとうございます・・マry・・・(´ρ`*)ゴホンゴホン・・・おかあさん」
GM:ママと呼ぶのに抵抗を感じるお年頃ですか
ドルベ:「甘えたいなら甘えていいんだぜ?」>ヨーロ
ミカル・バレット:「(*´∀`*)」撫で撫で
GM:じゃあ、次行きましょー
ドルベ:ういー
GM:10ターン目、深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
ミカル・バレット:なお年は1つしか変わらないです
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
システム:ウォーレンさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
GM:8だと、また地揺れですね
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[4、3]  → 7
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
GM:全員2dどぞ
ウォーレン:揺れる……ッ!
システム:ウォーレンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  12[6、6]  → 12
ウォーレン:無駄クリ
ミカル・バレット:「うぅ………まだ慣れない…」
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[3、5]  → 8
ヨーロ・ハミルトン:「ゆらり揺られて・・・ううん、」
GM:じゃあ、また岩の裂け目からゴーと炎が
ドルベ:6ゾロでもダメなのか
GM:目標値19で、生命抵抗ー
システム:ミカル・バレットさんの「抵抗」ロール(2d6+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  7[1、6]+13  → 20
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+12)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  9[3、6]+12  → 21
システム:ドルベさんのロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  2[1、1]+9  → 11
GM:ぶっちゃけ全員6ゾロでも足りないよ
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  6[4、2]+11  → 17
ミカル・バレット:あっ
ドルベ:ゴジッテーン!
ウォーレン:てーん
ヨーロ・ハミルトン:アッツイ
ヨーロ・ハミルトン:てーん!
GM:じゃあ、失敗した人2dの炎属性魔法ダメージ
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[6、3]  → 9
ザキ風呂:「あっち………ふぅ……」
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  3[2、1]  → 3
ミカル・バレット:「ドルベ、ヨーロ…大丈夫?」
ドルベ:「あぁ、大丈夫だと思うぜ」
GM:じゃあ、探索チェックねー
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  11[6、5]  → 11
ヨーロ・ハミルトン:「・・・アッツイ」
ヨーロ・ハミルトン:深度をー
ウォーレン:ヒーリングポーション二人に1個ずつ渡して良いですか
GM:どぞー。探索、深度とも19で
ドルベ:ミカルに飲ませて貰います(`・ω・´)
ウォーレン:そうですか
ヨーロ・ハミルトン:ん、私は大丈夫ですよー全然減ってませんので
ミカル・バレット:ならヒルポをドルベに
ヨーロ・ハミルトン:いざと言う時のために取っておいて各だせぇ
ドルベ:いやぁ、レンジャー有ると回復量上がるのです
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「深度」ロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  9[5、4]+9  → 18
ウォーレン:レンジャーもスカウトも無し。探索不適正
システム:ミカル・バレットさんのロール(k20+6@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20+6  →  2D:[1、6]=7  →  5+6  → 11
ヨーロ・ハミルトン:ふむ、深度失敗。転向さえ良ければなぁ
ミカル・バレット:大丈夫です、ヒルポ後9個あります
システム:ドルベさんのロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  7[3、4]+10  → 17
ドルベ:うーん……
ドルベ:次行きましょう
GM:まだまだ、のぞみはあります
GM:じゃあ11ターン目
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
ドルベ:私だっけか?
システム:ドルベさんの「うい」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
システム:ミカル・バレットさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[2、4]  → 6
GM:じゃあ、天候変わります
GM:1dどぞ
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
GM:じゃあ、快晴
ミカル・バレット:あ、晴れた
GM:で、魔物と遭遇
GM:1dどぞ
ヨーロ・ハミルトン:バトルラッシュだなぁ
ウォーレン:「日の元で魔物と対決か……火山地帯じゃなけりゃねぇ」
GM:ヨーロだね
システム:ウォーレンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
ウォーレン:ん?
ヨーロ・ハミルトン:私は天候降ったのでちゃいます
ドルベ:ヨーロは天候やったからあってるかな
GM:あ、ヨーロ降ってるか
ヨーロ・ハミルトン:よって、ウォーレンさんで会ってます
ドルベ:さぁ、なんだろう
ウォーレン:最大値ですが
GM:じゃあ、さっきのとはまた違う竜っぽいのが来ます
ミカル・バレット:へ?
ヨーロ・ハミルトン:マータドラゴンかぁ壊れるなぁ
GM:15/20
ドルベ:まさか……
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  10[4、6]+11  → 21
ヨーロ・ハミルトン:看破
ミカル・バレット:ドラゴネット?
ドルベ:弱点まで
GM:じゃあ、弱点抜いた。ドラゴネット
ヨーロ・ハミルトン:うへぇ、
ウォーレン:おー
GM:Ⅱ改306P
ミカル・バレット:この子持ち帰りたいです…(無茶振り)
ヨーロ・ハミルトン:ライダー技能ないや・・・
ドルベ:戦います?
ヨーロ・ハミルトン:MP心配なんですよね・・・任せますよー
ドルベ:これは一旦帰還も考えものですね
ドルベ:バトルソングください
ヨーロ・ハミルトン:はーい
ドルベ:前衛スタートします
ヨーロ・ハミルトン:バトルソング行きますー
ウォーレン:ドラゴネェェット
ヨーロ・ハミルトン:後衛でー
ウォーレン:前衛出ます
ヨーロ・ハミルトン:ダメージ酷くない限り歌い続けますね
GM:なんでこいつ翼にしか飛翔ついてないのん? バグ?
ミカル・バレット:あ、バトルソングってガンもダメ追加あります?
ミカル・バレット:前衛です
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「ででドン」ロール(2d6+14)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  4[1、3]+14  → 18
ドルベ:ありますね、物理限定じゃないので
ヨーロ・ハミルトン:追加ダメージを+2と書いてあるので
ヨーロ・ハミルトン:大丈夫かと
ミカル・バレット:勝ちましたね、これ
ドルベ:次行かせて貰います
GM:まあ、所詮ドラゴンの子供なのでね
ウォーレン:私はカット出来る攻撃を防げたらいいなと。ラストまで待機します
ドルベ:パラミス投げてから異貌、更にマッスルベアーを使用
ヨーロ・ハミルトン:「Moja chwa?a dla wszystkich・・・・」
ドルベ:あ、パラミスは胴体に投げます
GM:はーい
ドルベ:魔力撃をファストアクションで2回攻撃です
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+2)  →  10[4、6]+10+1+2  → 23
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+2)  →  8[3、5]+10+1+2  → 21
ヨーロ・ハミルトン:「Przeszywaj?ce wrog?w jako moc przyjaci??・・・」
GM:両方命中
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[6、2]=8  →  9+24  → 33
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[2、6]=8  →  9+24  → 33
ヨーロ・ハミルトン:つおい
ドルベ:「そらそらぁぁ!!」
ウォーレン:ばちこーん
GM:なんか、もう@21なんですけど
ドルベ:42点ですな
ミカル・バレット:カケラ入れてもいいですよ?
GM:入れないよ。雑魚には
ドルベ:やっぱりライダー取らなきゃ(使命感)
ミカル・バレット:(´・ω・`)
ドルベ:次、ミカルトドメを
ヨーロ・ハミルトン:|ω・)
GM:その分ボスにたくさんいれる
ミカル・バレット:タゲサ、猫を積んで胴体にクリバレです
ドルベ:一旦帰るか、パラミスが足りない
GM:香木は?
システム:ミカル・バレットさんの「命中一回目」ロール(2d6+19)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  5[4、1]+19  → 24
ドルベ:そっか、アルケミーキットあるから即生産できるか
GM:命中
システム:ミカル・バレットさんの「命中2回目」ロール(2d6+19)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  7[5、2]+19  → 26
ドルベ:もはや猫目もタゲサも要らないな
GM:2回とも命中
GM:今日取った分に限るけどすぐに作れるね2枚は
システム:ミカル・バレットさんの「一回目」ロール(k20+13@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+13  →  2D:[1、2]=3  →  1+13  → 14
ドルベ:じゃあ戦闘終わったら製作しますね
GM:@7点
システム:ミカル・バレットさんの「2回目」ロール(k20+13@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+13  →  2D:[3、4]=7  →  5+13  → 18
ドルベ:なんか呆気ない
ウォーレン:吹き飛んでいくぅー
GM:君ら容赦ないね
ヨーロ・ハミルトン:竜「ぐえー」
ドルベ:いやぁ、しょうがないね
ミカル・バレット:「とりあえず、持ち帰るかな」
ドルベ:さて、こいつの戦利品は割と楽だし剥ぎ取りますね
ウォーレン:「ケルベロスに比べたらまだマシだな。竜とは言え幼体ではこんなものか……」何もしてない人
ドルベ:例のごとく、お守り借ります
ウォーレン:ぱーす
ヨーロ・ハミルトン:「そう、ですね・・・」
ドルベ:「やられる前にやれって奴だな!」
システム:ドルベさんのロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  7[1、6]+2  → 9
ミカル・バレット:「そう言えば、バジリスクもこんな感じだったような…」
ドルベ:よし
GM:竜の牙×2(2400G)と自動の鱗ね
ドルベ:合計7400G
ウォーレン:わーい
ヨーロ・ハミルトン:わーい
ドルベ:それじゃ、探索れっつごー
ヨーロ・ハミルトン:ゴーゴー
ドルベ:あとマテリアルカードを補充、艶やかな香木を2個消費
GM:じゃあ、探索チェックかな
ヨーロ・ハミルトン:深度をー
ドルベ:はーい
GM:消費した分引いといてね
ドルベ:更新しました
ドルベ:探索です
GM:探索15、深度17
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  5[4、1]+7  → 12
システム:ドルベさんの「探索」ロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  8[3、5]+10  → 18
ドルベ:うしうし
システム:ドルベさんの「素材」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[4、6]  → 10
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「RPのコレジャナイ感・・・せや、多重人格にしてまえばええねん」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  8[2、6]+11  → 19
ドルベ:なんでこんな高いかなぁ
GM:深度は「2」
GM:素材は夢幻駆動機関1
ドルベ:そっちは持ってるのだ……
ドルベ:ごーごー
ヨーロ・ハミルトン:血も涙もない|ω・)
ヨーロ・ハミルトン:ゴーゴー
GM:じゃあ、12ターン目、深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
ドルベ:次誰か覚えてる?覚えてないなら私やるけど
ミカル・バレット:確かドルベです
システム:ドルベさんのロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
ウォーレン:すっすめー
ドルベ:ここまで来ると深度あんまり関係ないな
GM:だねー
システム:ミカル・バレットさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[5、2]  → 7
GM:へいおーん
ドルベ:へいうぉん
ヨーロ・ハミルトン:HeyWon
GM:じゃあ、探索チェックー
ドルベ:これはローラー作戦を敢行すべきか?
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[5、4]  → 9
ドルベ:探索します
GM:探索19、深度17
システム:ドルベさんのロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  3[2、1]+10  → 13
ヨーロ・ハミルトン:うへ、
ドルベ:もうみんなで探索やる?6ゾロにかけて
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[2、4]+7  → 13
ヨーロ・ハミルトン:探索で、ゾロに掛けよう
GM:うん、いまさら深度関係ないし
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  12[6、6]  → 12
ドルベ:まーじかわ
ミカル・バレット:へ?
ヨーロ・ハミルトン:わーお
GM:でたよ
ドルベ:やりおったこやつ
GM:言ってるそばから
ウォーレン:んー
ヨーロ・ハミルトン:焼きそばパワー
ドルベ:ブータンさんもやってみては?1ゾロでも経験点来て美味しいですぞ
ウォーレン:パゥワー。
ウォーレン:やってみますか
システム:ウォーレンさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[5、5]  → 10
ウォーレン:はい
GM:じゃあ、ヨーロ2dよろ
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「素材」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
GM:紅蓮魔石1
ドルベ:よしよし
ミカル・バレット:やっと…
ヨーロ・ハミルトン:やっとです・・・
ドルベ:あと1つ取れたら一旦帰りましょう、金が取れない
GM:じゃあ、13ターン目、深度1dどぞ
システム:(シークレットダイス) GMさんのロール(s1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
GM:じゃあ、イベント2dどぞ
システム:ウォーレンさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[3、3]  → 6
ミカル・バレット:あっ………
GM:じゃあ、1dを
ウォーレン:あちゃー
ドルベ:あとミカルはエイドエクセプローラーで探索+2できますぞ
システム:ウォーレンさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
ミカル・バレット:MP…今更惜しまなくていいですね…
GM:じゃあ、頭が牛なやつが2体
ドルベ:ですです
ヨーロ・ハミルトン:おおん
ドルベ:ミノタウロスか
ドルベ:やってやろうじゃないか、経験値よこしたまえ
ヨーロ・ハミルトン:バトルソングですかね、初手
GM:11/18
ドルベ:お願いしますね、バトルソング
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  11[6、5]+11  → 22
ミカル・バレット:ミノキャスですね、これ
ヨーロ・ハミルトン:やばい魔法飛んでくる
ドルベ:弱点抜けたから、ミカルにショットガンして貰いましょう
システム:ドルベさんの「先制」ロール(2D6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  5[1、4]+9  → 14
ドルベ:先制もとった
ウォーレン:おー
システム:ミカル・バレットさんの「先制」ロール(2d6+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  7[2、5]+6  → 13
ドルベ:さぁ
ドルベ:ショットガンが火を噴くぜ
ドルベ:後衛スタートしますね
ヨーロ・ハミルトン:後衛で
ウォーレン:前衛でも良かですか
ミカル・バレット:前衛で
GM:もどりー
ヨーロ・ハミルトン:おかえりなさい
ドルベ:前衛だとショットガン巻き込まれてしまいますよ?
ドルベ:おかえりー
GM:データは抜けた?
ミカル・バレット:お帰りなさい
ドルベ:抜きました、先制もバッチリ
ヨーロ・ハミルトン:弱点まで抜けました
ウォーレン:了解、じゃあ後衛からで
GM:OK
ドルベ:バトルソングお願いしまーす
ヨーロ・ハミルトン:バトルソング行きますー
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「行使」ロール(2d6+14)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  11[6、5]+14  → 25
ミカル・バレット:あ、これショット封じにきてる
ドルベ:出目がさっきからお高い
ヨーロ・ハミルトン:命中、回避に+2
ドルベ:わぁ、なら次行きますね
ドルベ:異貌してマッスルベアー入れてから前に出て魔力撃を2回
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+2)  →  7[1、6]+10+1+2  → 20
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+2)  →  6[4、2]+10+1+2  → 19
GM:命中
GM:命中
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[6、5 6、5 4、1]=11、11、5  →  11、11、5+24  →  2回転  → 51
ドルベ:え?
ミカル・バレット:へ?
ドルベ:43点あげます
ウォーレン:51かぁ
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[4、2]=6  →  6+24  → 30
GM:8点止めて43点
ヨーロ・ハミルトン:Σ(っ゚Д゚;)
ドルベ:65点削った
ウォーレン:瀕死
ドルベ:ウォーレンさんトドメさせる?
ドルベ:「どらぁ!どうしたどうしたぁぁ!!」
GM:@12点かな
ドルベ:ですね
ウォーレン:回転したら削れるかと
GM:とりあえずやってみたら?
ウォーレン:はーい
ドルベ:まずはゴー
GM:回避は14ね。
ウォーレン:前衛移動、かばう宣言対象他二人。えっと一応マッスルベアー使用
システム:ウォーレンさんの「命中行使」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  7[5、2]+11  → 18
GM:命中、ダメドゾー
システム:ウォーレンさんのロール(k20+14@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+14  →  2D:[2、3]=5  →  3+14  → 17
GM:9点もらって@3
ミカル・バレット:変転すれば回転します
ウォーレン:変転使用~
ドルベ:出目は10
GM:じゃあ、ダイスはいいや
GM:落ちた
ウォーレン:残り一匹ですか
ドルベ:ですね
GM:まあ、1ゾロ振ったらわからんけど落ちたでいいよ
ミカル・バレット:なにも積まないでクリバレをBに
GM:まあ、回避14だしー
システム:ミカル・バレットさんの「命中一回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[4、4]+17  → 25
GM:命中
システム:ミカル・バレットさんの「命中2回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[2、5]+17  → 24
GM:命中
ドルベ:バトルソングと弱点合わせて+4
システム:ミカル・バレットさんの「一回目」ロール(k20+15@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+15  →  2D:[1、6]=7  →  5+15  → 20
システム:ミカル・バレットさんの「2回目」ロール(k20+15@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+15  →  2D:[5、4 6、2]=9、8  →  7、6+15  →  1回転  → 28
ドルベ:ふぅー!
GM:@29点か
ドルベ:こっちは全員動いたよー
GM:じゃあ、こっちの番
ヨーロ・ハミルトン:強いなぁ
ドルベ:ファイアボール投げて来るかな?
GM:エネルギージャベリンをウォーレンに
ウォーレン:お
GM:18で精神抵抗どぞ
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  10[5、5]+11  → 21
ドルベ:やるぅ!
ウォーレン:はんげーん
システム:GMさんのロール(k40+11@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.40+11  →  2D:[1、2]=3  →  4+11  → 15
GM:低いなぁ・゜・(ノД`)・゜・
ドルベ:行きますよー
GM:こっちは終わり、あとは煮るなり蒸すなりして
:
:あわれ、ミノキャスはあっさり倒されたのであった
:
ドルベ:せっせと剥ぎ取り行きます
システム:ドルベさんの「お守りは借りた」ロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  4[2、2]+2  → 6
システム:ドルベさんのロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  6[3、3]+2  → 8
GM:大きい角(150G)と美しい角(600G)
ドルベ:ミノタウロスアックス2つと大きな角と美しい角1つか
GM:あと自動のアックスね
ウォーレン:わーい
GM:アックスは475G×2
ヨーロ・ハミルトン:オー、
GM:じゃあ、探索チェックー
ミカル・バレット:自分にエクスプローラーエイド行使してから探索します
GM:探索19です
ウォーレン:更新ありがとうございます
システム:ドルベさんの「高いなぁ」ロール(2D6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  9[5、4]+10  → 19
システム:ウォーレンさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[4、4]  → 8
ドルベ:届いた(´・ω・`)
システム:ミカル・バレットさんの「行使」ロール(2d6+10)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  4[2、2]+10  → 14
ドルベ:エイドエクスプローラーは補助で使いますから大丈夫ですよ
システム:ミカル・バレットさんの「探索」ロール(2d6+7+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7+2)  →  11[5、6]+7+2  → 20
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[6、1]  → 7
ミカル・バレット:あ、そうですか
ドルベ:消費MPは4です
GM:じゃあ、二人2dどぞ
システム:ドルベさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5
ドルベ:うし来た
システム:ミカル・バレットさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[3、1]  → 4
GM:紅蓮魔石2
ドルベ:よし、次で戻ろう
ミカル・バレット:あっ………
ミカル・バレット:非常にまずい…
ドルベ:どうしました?
ヨーロ・ハミルトン:炎魔金足りてますっけ?
ミカル・バレット:えっと…今紅蓮魔石何個です?
ヨーロ・ハミルトン:大丈夫です?
ヨーロ・ハミルトン:3個です
ドルベ:3個ですよ?
GM:3つです
ミカル・バレット:炎魔金は?
ドルベ:もうここじゃ金は取れません
ヨーロ・ハミルトン:ひとつ足りませんね
ドルベ:0です
GM:あ、バレた
ミカル・バレット:つまりラスボスが
ドルベ:出てこないでしょう、まだ揃ってませんし
GM:まあ、出るんですねー。これが
ミカル・バレット:代用ですよ
ドルベ:なんと
ウォーレン:我らがボスが取り置いてくれてますよ
ヨーロ・ハミルトン:わー
GM:炎魔金1 紅蓮魔石3、なので、紅蓮魔石1を炎魔金の代わりにすると足ります
ミカル・バレット:金1つ今あります、そこに魔石3つ…どうなります?
ヨーロ・ハミルトン:オー、
ヨーロ・ハミルトン:足りる・・のか、
ドルベ:あったっけ?
ミカル・バレット:素材見て、あっ………てなりました
ドルベ:ヨーロから10くらいMP分けてもらっては?
ヨーロ・ハミルトン:んー、トランスフォーマー使えば分けられますよ
ドルベ:更に更に言うと、ラスボスから逃げることも出来ますよ?
ドルベ:今回は討伐系ではなく、期限もないので、逃げたから失敗になるなんてこともないです
GM:ラスボスが出たときに逃げて依頼達成にすると、すぐにそのままアシュラウトに攻めてきますよ
ドルベ:MPとHPの回復は?
GM:草を使う時間なら上げます
GM:帰ってから1時間くらい?
ドルベ:時間あるならそっちの方がいい
ドルベ:一旦帰りましょう
ヨーロ・ハミルトン:はーい
GM:なら面倒なので、ここで即帰還で処理しましょー
ドルベ:よし、これで草だけじゃなくマテリアルカードの補給もできる
GM:じゃあ、皆さん工房に帰ってきました
ドルベ:とりあえず、ウェポンホルダー改をクレアに作って貰いましょう
クレア:「あら、おかえりなさい。皆さん。」
ヨーロ・ハミルトン:「フゥ、ようやく戻ってこれました・・・」
ドルベ:素材は艶やかな香木2つと帯電する歯車2つです
ミカル・バレット:その間に魔香草使います、自分に
ドルベ:時間的には10回使えますね>草
ヨーロ・ハミルトン:あ、草渡すので頼んでいいですか?
クレア:じゃあ、必要な素材を消費してください
クレア:10回は使えないかな。6回まで認めます
ドルベ:消費完了です
ミカル・バレット:後9個ありますから、大丈夫です
ドルベ:そうか、10分だった
ミカル・バレット:自分に3回、ヨーロに3回です
クレア:じゃあ、値段分の合成のかけらを手に入れます
ヨーロ・ハミルトン:ありがとうございます
ドルベ:かけらは何個ですか?あと魔剣も作って貰いましょう、首切り刀でいいでしょう
ミカル・バレット:あ、まとめていいです?
ドルベ:5000Gだと、2つかな?
クレア:5000Gだと2個ですね
システム:ミカル・バレットさんの「自分に3回」ロール(k0+6@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+6  →  2D:[5、4]=9  →  3+6  → 9
システム:ミカル・バレットさんの「ヨーロに3回」ロール(k0+6@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+6  →  2D:[6、5]=11  →  4+6  → 10
クレア:あと、魔剣は必要な素材を消費したら魔剣が出来るでいいです
ドルベ:消費しました
ヨーロ・ハミルトン:30回復。ありがとうございます!
ドルベ:私は艶やかな香木2つ消費してマテリアルカード2枚補充で
ドルベ:素材は減らしておきました
ドルベ:準備いいですよ
バース:「大変だべー大変だべー!!」
ミカル・バレット:「ヨーロ…頑張ったね~」撫で撫で
ドルベ:「どうしたぁ?蝶々?」
バース:「蛮族が攻めてきたっぺよ」
ヨーロ・ハミルトン:「・・・(懐かしいな・・・)」
ドルベ:「またか………懲りない奴らだ」
ミカル・バレット:「なんだ、また蛮族………」
ヨーロ・ハミルトン:「迎え撃つの?」
バース:「あと蝶々じゃなくて町長だべ!」
バース:「漢字が違うべ」
ドルベ:「細かいこと突っ込んでる場合か、行くぞ!」
ヨーロ・ハミルトン:「・・・・おー」
ミカル・バレット:「でも依頼には[蝶々・バース]って」
GM:じゃあ、皆さん表に出ると、ミノタウロスとあとなんか仮面をつけた蛮族が襲撃に来ました
ドルベ:ミノキャスなの?
GM:キャスではないです。ノーマルミノ
ドルベ:じゃあまたまもちきか、2回だよね
GM:仮面が15/20 ミノは10/17ね
ミカル・バレット:フェイスレスかなぁ
システム:ドルベさんの「平目」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
システム:ドルベさんの「平目」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[5、1]  → 6
システム:ミカル・バレットさんの「ヒラメ」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[3、1]  → 4
システム:ミカル・バレットさんの「ヒラメ」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「仮面」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  12[6、6]+11  → 23
ドルベ:おぉ
システム:ヨーロ・ハミルトンさんの「みの」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  6[3、3]+11  → 17
システム:ブータンさんが、入室しました。
ドルベ:両方看破
GM:フェイスレスとミノタウロス、両方弱点抜き
ドルベ:しかも前衛前衛か
ドルベ:全員
GM:先制は14ね
ドルベ:先制行きます
ミカル・バレット:またショットガン封じか~
システム:ドルベさんの「先制」ロール(2D6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  9[5、4]+9  → 18
GM:配置はまだ仮だからね
ドルベ:ちぇ
システム:ミカル・バレットさんの「先制」ロール(2d6+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  5[4、1]+6  → 11
ドルベ:とりあえず後衛スタートします、ミノタウロスは2体とも前かもしれない
GM:じゃあ、皆さん配置ドゾ、そのあとでこっちも配置します
ミカル・バレット:前衛です
ヨーロ・ハミルトン:後衛で
ウォーレン:後衛スタートでいきまする
GM:じゃあ、配置これで行きます
ドルベ:前衛がミノタウロス1人だけなら、1人こっち突破出来てしまうしなぁ
ミカル・バレット:ちなみにどっちミノです?
GM:書き換えたオー
ドルベ:セイグリットウェポンもアリか?これ
ウォーレン:蛮族ですしありっちゃあり
ドルベ:まぁバトルソングでいいか、ミノタウロスを早く退かさないと
ヨーロ・ハミルトン:バトルソング、セイクリッド、エンチャントなどありますがどれにします?
ドルベ:バトルソングで
ミカル・バレット:ヨーロさん大丈夫かな………
ドルベ:どうせかけら入れてるのはフェイスレスでしょう、かけらは10個くらいか?
ヨーロ・ハミルトン:それじゃ、初手はバトルソングで。体力やばくなったら回復に切り替えます
ドルベ:了解
ウォーレン:脅威に成り得るのは魔法扱うカオナシくらいですか。物理は大体受けてめられますし
ヨーロ・ハミルトン:精神抵抗はそこそこありますのである程度は耐えられますぜー
ドルベ:とりあえず一体崩せればドルベ突っ込めます
ウォーレン:まぁ先制取れてますしゆっくり処理しましょう
ドルベ:バトルソングお願いします
GM:簡易戦闘は前線突破はできないですよ。前線の敵全部倒さないと
ドルベ:ありゃ、まぁやる事は変わらないけど
ヨーロ・ハミルトン:バトルソング行きますー
ミカル・バレット:………このミノ、簡単に倒せるかなぁ…
GM:じゃあ、1回表どぞ
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+14)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  5[2、3]+14  → 19
ウォーレン:倒さないとカオナシから延々魔法飛んで来ます
ドルベ:ショットガンで行きましょう、お願いしますね
ミカル・バレット:………あ、………まぁ
ミカル・バレット:はーい
ヨーロ・ハミルトン:「La meva gl?ria per als meus companys・・・・!」
ウォーレン:ショットガン魔力撃の夫婦コンボか……
ミカル・バレット:何も積まないでショットガンです
システム:ミカル・バレットさんの「命中一回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  10[6、4]+17  → 27
ヨーロ・ハミルトン:夫婦コンボすげー
システム:ミカル・バレットさんの「命中2回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  9[3、6]+17  → 26
システム:貞夫さんが、入室しました。
システム:ミカル・バレットさんの「まとめて1回目」ロール(k20+15@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+15  →  2D:[3、5]=8  →  6+15  → 21
ヨーロ・ハミルトン:重いのかな
システム:ミカル・バレットさんの「まとめて2回目」ロール(k20+15@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+15  →  2D:[1、4]=5  →  3+15  → 18
ドルベ:39点か
GM:@73点ー
ミカル・バレット:やっぱりカケラ入りですよねー
ドルベ:うへぇ、嫌がらせする気満々だなぁ
ミカル・バレット:しかも魔法適正がしっかりありますからね、フェイスレス
ドルベ:前に出てマッスルベアー入れて異貌、ミノタウロスAに魔力撃2回
GM:次の方どうぞー
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+2)  →  11[6、5]+10+1+2  → 24
GM:命中
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+2)  →  9[3、6]+10+1+2  → 22
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[3、5]=8  →  9+24  → 33
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[1、2]=3  →  3+24  → 27
ウォーレン:余裕の火力だ、馬力が違いますよ
ドルベ:44点
GM:@29点
ヨーロ・ハミルトン:ですねぇ(震え声)
ドルベ:次お願いします
GM:ウォーレンどぞー
ウォーレン:前衛移動かばう宣言対象他二人。ビートルスキン発動で防護点17か。命中行使
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  3[1、2]+11  → 14
GM:ヒラーり
GM:じゃあ、こっちの番
GM:フェイスレスから、補助動作でひらめき
システム:GMさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
ドルベ:コンジャか
GM:アシッドクラウドかな
ドルベ:前衛にくる?
GM:前衛に魔法制御で3人に
システム:ドルベさんの「精神抵抗」ロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  8[4、4]+9  → 17
GM:後衛狙えないし
システム:GMさんの「一括」ロール(2d+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  10[5、5]+11  → 21
システム:ウォーレンさんの「抵抗」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  5[2、3]+11  → 16
ドルベ:無理
ヨーロ・ハミルトン:つおい
システム:ミカル・バレットさんの「抵抗」ロール(2d6+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  9[6、3]+13  → 22
GM:じゃあ、先にミカルから
ミカル・バレット:はい抵抗します
システム:GMさんのロール(k20+11@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20+11  →  2D:[1、1]=2  → ** → 自動的失敗
ウォーレン:あら
ミカル・バレット:ゴジッテーン
GM:うぎゃー、まあいい本番はこれからじゃ
ドルベ:やったぜ
GM:じゃあ残りの二人
システム:GMさんのロール(k20+11)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+11  →  2D:[2、6]=8  →  6+11  → 17
ドルベ:ひらめきでやるからそうなるんじゃ(マジレス)
GM:17点毒属性魔法ダメ
ドルベ:はーい
ウォーレン:はーい
ウォーレン:まだ31もあれば余裕余裕
GM:では、ミノ1がリカバリィ+キャッツアイ+マッスルベアー+ビートルスキン
システム:GMさんの「対象」ロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 1
GM:ドルベ
ウォーレン:自動命中どうぞ
システム:GMさんの「いけー」ロール(2d+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  9[5、4]+13  → 22
ウォーレン:17引いても5か。ポーション使う予定なんですが一括ならお願いします
GM:じゃあ、続いてミノ2
ドルベ:でもヨーロは最後で、バトルソング続いてる間に攻撃しちゃいますので
ドルベ:あー、ポーションあるなら要らないな
GM:リカバリィ+マッスルベアー+ビートルスキンで全力攻撃
ウォーレン:全力かぁ
システム:GMさんの「対象」ロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 3
GM:あ、ウォーレンだ
ドルベ:回復してやってください、肉壁倒れるかも
GM:命中16
ミカル・バレット:…………
システム:ウォーレンさんの「回避~」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  7[2、5]+11  → 18
ドルベ:とりあえず回避してみてから
ドルベ:おー
ウォーレン:はい
GM:はい2回表どぞ
ドルベ:Aの方にトドメお願いします、ミカル
ミカル・バレット:はーい
ヨーロ・ハミルトン:その後に回復撒きます
ミカル・バレット:Aにクリバレです
システム:ミカル・バレットさんの「命中一回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  6[5、1]+17  → 23
GM:まあ、1ゾロでなけりゃ当たり
システム:ミカル・バレットさんの「命中二回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  5[2、3]+17  → 22
GM:はいじゃあ、2回どぞ
ドルベ:よしよし
システム:ミカル・バレットさんの「一回目」ロール(k20+15@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+15  →  2D:[6、2]=8  →  6+15  → 21
GM:@13点
システム:ミカル・バレットさんの「2回目」ロール(k20+15@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+15  →  2D:[4、6 3、4]=10、7  →  8、5+15  →  1回転  → 28
GM:鬼かあんたは
ドルベ:よし、倒した
ドルベ:バトルソング止まる前に攻撃行きます
ミカル・バレット:「………まず、1匹」
ドルベ:ミノタウロスBに魔力撃です
ドルベ:「おっしゃ!俺も続くぜ!」
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+2)  →  11[6、5]+10+1+2  → 24
GM:命中、ダメどぞ
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[3、6]=9  →  10+24  → 34
GM:@53点
GM:あ、違う52点だ
ドルベ:次どうぞー
ミカル・バレット:あ、ウォーレンさん
ドルベ:ウォーレンからにする?
ヨーロ・ハミルトン:動くならどうぞ、
ウォーレン:かばう宣言対象他二人。ガゼルフットとトリートポーション使用
ドルベ:ポーションの使用は主動作になりますがいいですか?
システム:ウォーレンさんのロール(k30@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.30  →  2D:[6、5]=11  → 10
ヨーロ・ハミルトン:ではキュアハートをドルベとウォーレンに。魔法拡大数を宣言。
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+14)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  6[3、3]+14  → 20
ヨーロ・ハミルトン:回復量はまとめます
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(K30+14@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.30+14  →  2D:[6、1]=7  →  7+14  → 21
ドルベ:ふぃー、回復あざっす
ヨーロ・ハミルトン:「・・・せいっ。」
ドルベ:「サンキュー、ヨーロ!」
ウォーレン:「助かる」
GM:じゃあ、こっちの番
ヨーロ・ハミルトン:「感謝は後でいいです!無事に勝ってください!」
ドルベ:「はっはっはっ!言うじゃねぇの!」
GM:まずは柔らかそうなミカルにミノ2からプレゼントフォーユー
ウォーレン:自動命中~
GM:全力も入れよう
ウォーレン:わぁい
システム:GMさんの「ダメージ」ロール(2d+18)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  9[3、6]+18  → 27
GM:少しは効いただろ
ドルベ:重い重い
ウォーレン:ポーション分が消えた……
GM:続いてフェイスレス
ドルベ:さて、後ろは
GM:やっぱひらめきかなぁ
システム:GMさんのロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
ミカル・バレット:あっ
GM:真語
ウォーレン:まぁハミルトン氏が居る限りドルベ氏ミカル氏に物理が飛んで来ることはまずないので
ミカル・バレット:………3倍エネジャベ?
ウォーレン:それは怖い
GM:ぶっちゃけ、それくらいしか思いつかんのですよね
ドルベ:こいこい
ウォーレン:まぁ私にヒットしてもしなくても次ターン回復重ねてゾンビするだけですし
ドルベ:さぁこい
GM:じゃあ、前線の3人にエネジャベ
ドルベ:はーい
ヨーロ・ハミルトン:おっふ 
ウォーレン:ふむふむ
システム:GMさんの「行使一括ー」ロール(2d+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  5[2、3]+11  → 16
システム:ミカル・バレットさんの「抵抗」ロール(2d6+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  7[2、5]+13  → 20
システム:ドルベさんの「抵抗」ロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  10[4、6]+9  → 19
システム:ウォーレンさんの「太鼓」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  11[5、6]+11  → 22
ヨーロ・ハミルトン:耐えてますな
ドルベ:うし、軽い軽い
GM:うん、知ってた
システム:GMさんの「ダメージ一括」ロール(k40+11@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.40+11  →  2D:[6、4]=10  →  11+11  → 22
GM:抵抗されてなきゃ回ったのに
GM:半分の11点
ドルベ:うい
GM:では、そちらの番
ドルベ:バトルソングくださーい
ウォーレン:わぁい
ヨーロ・ハミルトン:バトル撒きます。
ミカル・バレット:ください
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+14)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  7[2、5]+14  → 21
ヨーロ・ハミルトン:前衛3人に付与っと。
ミカル・バレット:あ、次私が行きます
ドルベ:どうぞー
ミカル・バレット:シャドーボールにクイックローダー、左手の銃をホルスターにしまったら、ウェポンホルダー改からデリンジャーを装備してクリバレです
ミカル・バレット:あ、対象はミノです
システム:ミカル・バレットさんの「命中一回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  9[5、4]+17  → 26
システム:ミカル・バレットさんの「命中2回目」ロール(2d6+17)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[2、5]+17  → 24
GM:命中ー
システム:ミカル・バレットさんの「一回目」ロール(k20+15@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+15  →  2D:[6、1]=7  →  5+15  → 20
システム:ミカル・バレットさんの「2回目」ロール(k20+15@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+15  →  2D:[4、1]=5  →  3+15  → 18
ドルベ:ミノタウロス残り何点?
GM:@14点かな
ドルベ:うーん、なら次行きます
ドルベ:マルチアクションで自分にファナティシズム使います
システム:ドルベさんの「行使」ロール(2d6+5)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  10[5、5]+5  → 15
ドルベ:ミノタウロスBに攻撃です
GM:回避12ー
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+4)  →  7[5、2]+10+1+4  → 22
GM:命中ー
システム:ドルベさんのロール(k34+11+4@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+15  →  2D:[3、2]=5  →  5+15  → 20
ドルベ:地味に残った
ドルベ:ウォーレンさんお願いしまーす
ウォーレン:はいさい。かばう宣言対象他二人。えっと……技使えないな。命中行使
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+1)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+1)  →  4[2、2]+1  → 5
ウォーレン:+10で15ですね
GM:なら命中ー
システム:ウォーレンさんのロール(k20+12@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+12  →  2D:[3、5]=8  →  6+12  → 18
ドルベ:よーし、あと1体
GM:落ちたー
ウォーレン:はぁい
ドルベ:「覚悟しやがれよー、カオナシ!」魔法文明語
GM:こっちの番かな?
GM:じゃあ、補助でひらめき
システム:GMさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
GM:エネジャベ3倍前線の3人
ミカル・バレット:またかぁ…
システム:GMさんの「行使一括ー」ロール(2d+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  6[4、2]+11  → 17
システム:ウォーレンさんの「太鼓」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  5[3、2]+11  → 16
ウォーレン:おっと
システム:ドルベさんの「抵抗」ロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  12[6、6]+9  → 21
システム:ミカル・バレットさんの「抵抗」ロール(2d6+13)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  6[4、2]+13  → 19
ドルベ:ここでっすか
GM:じゃあ抵抗した二人から
システム:GMさんのロール(k40+11@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.40+11  →  2D:[4、5]=9  →  11+11  → 22
ウォーレン:ワンチャン逝くかもですがまぁお二人の愛の力でね。私が死ぬ前にどうかお願いします
GM:で、ウォーレンに
システム:GMさんのロール(k40+11)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.40c[10]+11  →  2D:[3、4]=7  →  9+11  → 20
GM:20点
ウォーレン:ぐわーーーっ!
GM:以上ー
ウォーレン:それほどでもなかった
ドルベ:バトルソング停止して回復お願いしますね、先に動きます
ヨーロ・ハミルトン:はーい
ウォーレン:「ぬぅ、味な真似をしやがる……」
ドルベ:では後衛に行きます
ミカル・バレット:「うぅ………まぁ、大丈夫かな…」
ドルベ:マッスルベアー再使用してからパラミスをフェイスレスへ
ドルベ:「その胴体、掻っ捌いてやらぁ!!」
システム:GMさんの「回避ー」ロール(2d+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  9[4、5]+7  → 16
ヨーロ・ハミルトン:「・・・もう少し耐えててください!回復に行きます!」
ドルベ:魔力撃撃ちます
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+4)  →  12[6、6]+10+1+4  → 27
ドルベ:2連続!?
ミカル・バレット:ふぇ??
GM:命中ー
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[3、2]=5  →  5+24  → 29
ウォーレン:「後回しにしてくれ!先に潰すのが先決だ!」
GM:@51点ー
ミカル・バレット:「とりあえず落ち着いて」>ウォーレン
ウォーレン:ドルベ氏主人公してる
ヨーロ・ハミルトン:ですなぁ
ミカル・バレット:次行きます
ドルベ:「でやぁぁ!!」
GM:避けられる気がしない
ミカル・バレット:タゲサ、猫を積んでフェイスレスにクリバレです(`・ω・´)
システム:ミカル・バレットさんの「命中一回目」ロール(2d6+20)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  7[1、6]+20  → 27
システム:ミカル・バレットさんの「命中2回目」ロール(2d6+20)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  7[4、3]+20  → 27
システム:GMさんのロール(2d+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[1、5]+7  → 13
システム:GMさんのロール(2d+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  7[4、3]+7  → 14
GM:両方命中ー
システム:ミカル・バレットさんの「一回目」ロール(k20+13@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+13  →  2D:[6、1]=7  →  5+13  → 18
ヨーロ・ハミルトン:堕ちたな(震え声)
システム:ミカル・バレットさんの「ファイア!」ロール(k20+13@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+13  →  2D:[3、4]=7  →  5+13  → 18
ドルベ:いいねー
貞夫:@15点ですねー
ウォーレン:わお
ヨーロ・ハミルトン:いいっすね
ドルベ:「ウォーレン!こい!」
ウォーレン:「なんだドルベ!?」
ドルベ:「ここで息の根を止められるかもしれない!頼む!」
ウォーレン:「ああ、ああ、わかった!うおぉぉぉぉ!」
ウォーレン:かばう宣言対象他二人。命中行使
システム:ウォーレンさんのロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  12[6、6]+11  → 23
システム:GMさんの「回避ー」ロール(2d+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  6[3、3]+7  → 13
ミカル・バレット:(´・ω・`)
GM:命中ー
ドルベ:命中が補正かかってる
システム:ウォーレンさんのロール(k20+12@10)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+12  →  2D:[2、1]=3  →  1+12  → 13
GM:@9点ー
ウォーレン:「チィ!踏み込みが浅かったか!」
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)なんでミカルには補正かからないんですかね…
ドルベ:「ヨーロ!仕上げだ!1発頼む!!」
ウォーレン:「賢者としての第一歩だ!やっちまえ!」
ヨーロ・ハミルトン:攻撃打ちたい(震え声)
ドルベ:あ、射程の問題忘れてた
ドルベ:テヘっ☆
ヨーロ・ハミルトン:前線行けば当たりますかね?
ドルベ:制限移動しかできんからなぁ
ミカル・バレット:「………届くの?魔法」
GM:届きませんねー、今見たら10mのやつばっかでした
ドルベ:「…………忘れてた!」
ウォーレン:シリアスが旅立って行ってしまった
ミカル・バレット:「………やっぱり、変わらないなぁ…ドルベは」
ウォーレン:じゃあ回復お願いしてよろしいか。後は夫婦に任せる感じで
ミカル・バレット:あ、回復ならミカルはしなくでもいいです
ヨーロ・ハミルトン:うーん、スパークは威力内に等しいので回復で
ウォーレン:ありがとうございます
ヨーロ・ハミルトン:数で3人に。
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(2d6+14)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  8[5、3]+14  → 22
システム:ヨーロ・ハミルトンさんのロール(K30+14@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.30+14  →  2D:[3、5]=8  →  8+14  → 22
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)多分魔法耐えられると思うんですけどね…
ドルベ:まぁよきよき
GM:じゃあ、こっちの番
ウォーレン:まぁ万が一があればドルベ氏が悲しむからね
ヨーロ・ハミルトン:予防線貼っときました
ウォーレン:回復ありがたやありがたや
ヨーロ・ハミルトン:「私に主役は務まりません、脇役が相応しいのですよ。」ベホイミー
ミカル・バレット:あ、はい…まぁ、確かにそうですけどね
GM:じゃあ、ファイヤーボールかな
GM:乱戦の二人に
システム:GMさんの「行使一括」ロール(2d+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  10[5、5]+9  → 19
ドルベ:3人いるけどいいの?
システム:ドルベさんの「抵抗」ロール(2d6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  6[2、4]+9  → 15
ミカル・バレット:ミカルは乱戦していませんよ
システム:ウォーレンさんの「太鼓」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  4[2、2]+11  → 15
ドルベ:あー、動いてないのか
ドルベ:たまに忘れてしまう
GM:じゃあ、ダメージ
システム:GMさんのロール(k20+9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+9  →  2D:[4、6 6、4 5、3]=10、10、8  →  8、8、6+9  →  2回転  → 31
ミカル・バレット:と言うか、足さばきないと届きません
ヨーロ・ハミルトン:おおん
ミカル・バレット:ふぇ??
GM:最後っ屁
ウォーレン:最後っ屁かぁ
GM:もうMPもないし煮るなり焼くなり
ウォーレン:回復無かったら逝ってましたね
ドルベ:「だっはぁぁ!?」
ミカル・バレット:じゃあ最後いいですか?
GM:どぞーとどめさしちゃってー
ドルベ:あー、最後決めたい
ウォーレン:夢のHP一桁
ミカル・バレット:あ、ならどうぞー
ドルベ:もう同時攻撃ってことでいい?
GM:いいよー
ウォーレン:夫婦の共同作業です
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
ドルベ:じゃあ魔力撃撃ちます
システム:ドルベさんのロール(2D6+10+1+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+10+1+4)  →  5[1、4]+10+1+4  → 20
ミカル・バレット:ならタゲサ積んでクリバレです
システム:GMさんのロール(2d+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  7[1、6]+9  → 16
システム:ミカル・バレットさんの「命中一回目」ロール(2d6+18)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  4[3、1]+18  → 22
ウォーレン:どうせならそれっぽく合体技みたいなRPみたいひ
GM:ドルベのは命中
システム:ミカル・バレットさんの「命中2回目」ロール(2d6+18)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  5[4、1]+18  → 23
ドルベ:またかぁ
システム:GMさんのロール(2d+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  9[3、6]+9  → 18
システム:GMさんのロール(2d+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  10[5、5]+9  → 19
GM:がんばった
ドルベ:「ミカル!合わせてくれ!」
ヨーロ・ハミルトン:うん、頑張った
GM:じゃあ、ダメージまで出しちゃって
ドルベ:はーい
ミカル・バレット:「はーい!じゃあ行くよ!」
ドルベ:「そぉら!舞い上がれ!」打ち上げます
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+4)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+24  →  2D:[4、4]=8  →  9+24  → 33
ミカル・バレット:「よーく狙ったら…ファイア!」
システム:ミカル・バレットさんの「ファイア!」ロール(k20+11@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+11  →  2D:[6、5 3、3]=11、6  →  9、4+11  →  1回転  → 24
ヨーロ・ハミルトン:「・・・・beautyfor」
システム:ミカル・バレットさんの「ファイア!」ロール(k20+11@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+11  →  2D:[1、6]=7  →  5+11  → 16
貞夫:フェイスレス「ば、ばかなーーーーーーーーーー!!!!」
ウォーレン:「ヘッ、最後まで見せ付けてくれやがる……」
貞夫:ミカルの銃に打たれたフェイスレスは跡形もなく消し飛びました
ヨーロ・ハミルトン:「ラブラブですよね、あの二人。」
ドルベ:「ふぅ………危ねぇあぶねぇ」
ミカル・バレット:-50以上って一体………
ドルベ:さぁ?
ウォーレン:「ベストカップルって奴だろ」
バース:「やったべーーー!! お主たちは英雄だべー!」
ドルベ:「ヨーロも良くやったぜ~♪」ヨーロを高く掲げます
バース:「これからもその力をアシュラウトのために使って欲しいべ」
ドルベ:「おう!まかせな!」
ミカル・バレット:「………うーん…なんだろう、なんか閃きそう…」
ウォーレン:「そろそろ潮時か……」
ミカル・バレット:「あ、みんなにヒルバ」
ドルベ:ウォーレンはクレアとくっつくのではなかろうか
GM:じゃあ、剥ぎ取りかな
GM:あとクレアは嫁にはやらん
ウォーレン:クレア氏にはもっと素敵な方が現れるから
ヨーロ・ハミルトン:「・・・・わー」
システム:ミカル・バレットさんの「ドルベ→ウォーレンの順に」ロール(k0+10@13)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+10  →  2D:[3、6]=9  →  3+10  → 13
ドルベ:「今日は久々に一緒に寝るか♪」>ヨーロ
ウォーレン:ありがとうございますん
GM:義理の親子とはいえ年の近い男女が寝床をともにするなんて…
ヨーロ・ハミルトン:「・・・・今日はいいや。」
ドルベ:「しゅん…………」
GM:あ、これは「お父さんのパンツと一緒に洗濯しないで」ってやつか
ミカル・バレット:「………」ヨーロを持ち上げます
ドルベ:とりあえず剥ぎ取り
ドルベ:フェイスレスから取ります
ヨーロ・ハミルトン:「お母さんと寝た方がいいよ(ニッコリ)」
システム:ドルベさんの「お守りは借りた」ロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  6[1、5]+2  → 8
GM:じゃあ、ボロボロの魔道書(300G)
ドルベ:「こ、こいつ…///なら3人一緒だ♪」
GM:自動で謎の仮面
GM:200Gね
ヨーロ・ハミルトン:「・・・・・お父さん、」
ウォーレン:そりゃあんだけオーバーキルされたら魔導書もぼろぼろになる
ドルベ:「ん?」
GM:ミノはどうするの
ドルベ:全部私やります?
ウォーレン:ドルベ氏お願いしまーす
ドルベ:はーい
システム:ドルベさんの「一体目」ロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  6[1、5]+2  → 8
システム:ドルベさんの「2体目」ロール(2d6+2)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  6[2、4]+2  → 8
GM:大きな角(150G)×2
ドルベ:ミノタウロスアックスも回収ー
ヨーロ・ハミルトン:「しつこい男は・・・嫌われちゃうんだよ。今日はお父さんはお母さんと寝るの!」
ドルベ:「お、おう………」気圧されます
ドルベ:「なんだろう……成長なんかこの成長は悲しいような………」
GM:じゃあ、今日のセッションはこれでおしまい。お疲れ様でしたー
一同:お疲れ様でしたー
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。