【ソード・ワールド2.0】俺たち、戦隊借金返済ジャー! 成り行き任せで参上するぜ! リプレイ二話セッション4

涼葉ジローリプレイ  0
登録日:2019/07/03 17:40最終更新日:2019/07/03 17:54
GM:点呼開始!
エルヴィン:準備完了!(1/6)
ミカグラ:準備完了!(2/6)
アルマ:準備完了!(3/6)
アルブム:準備完了!(4/6)
スマイト:準備完了!(5/6)
リドガー:準備完了!(6/6)
全員準備完了しましたっ!
エルヴィン:よろしくお願いします。
アルブム:宜しくお願いしますーーーー
リドガー:宜しくお願いしますー
ミカグラ:よろしくお願いしますーーーーー
GM:よろしくおねがいいたしますー
スマイト:よろしくお願いします
アルマ:よろしくお願いします
GM:では2話の④かな

GM:さて
GM:各々やりたいことは確定しましたかな
アルマ:罠作成と偵察かね
リドガー:ファミリア偵察部隊
アルブム:契約の付け替えをしますー
エルヴィン:できることないんで、他の人に従います
スマイト:罠班に入ろうかと
ミカグラ:私は罠設置に
アルブム:土4・風5・光2・闇3で行きます。14時間かかるけれどぶっ通しで行けば朝くらいには…
GM:あいよ
GM:では君たちが
GM:何かをしようとすると
お父さん:「すまないが私は奥で休ませてもらう。フミカ、食事などは好きにさせてかまわない」
GM:といって奥の部屋にいくね
お父さん:「けして扉を勝手に開くことはないように」
GM:と
GM:いいのこすが早いかさっさと扉の奥にきえます
GM:扉には猫が出入りするような小さな扉が付いている以外は
GM:普通の扉(高そうではある)に見えます
アルマ:「分かりましたー。こっちは明日の行動する為に色々やるのでうるさいかも知れませんがご容赦下さい」
ミカグラ:「子猫ちゃんでも飼っていたんですかね?」
スマイト:「分かったよ、流石に人様の家で好き勝手にはしないさ」
アルブム:「……」軽く頭を下げて見送る
リドガー:見送りつつー
リドガー:PL的には覗きたくなるがPC的には覗かん…くっ
GM:などと君たちが言っていると
アルブム:同じく、覗きに行くことはしないであろう…PLとしては大変気になるがッ
GM:扉から金の毛並みと碧眼の猫が1匹出てくるね
スマイト:激しく同感
リドガー:ネコダーッ
スマイト:おっとぉ?
ミカグラ:「にゃんこじゃないか。フミカちゃんこんな子飼っていたの?」
アルブム:猫ォ!!
スマイト:「ん?猫なんて飼ってたのかい」
リドガー:「珍しい毛並みじゃのぅ…」
猫:「…」じっと見られる
GM:真語魔法使いはファミリアだけどファミリアじゃないような、ファミリアだと思っていい
アルマ:「そうですね…夜行性なので今出て来たのでしょうか…ファミリアですかね?」
フミカ:「ええ、父が魔法で作った猫で…喋れるんですよ」
GM:ファミリア1ですが喋れます
GM:首元に魔道具g(金持ちパワー
アルマ:「猫さん、お名前は?」
リドガー:くっ金持ちめ・・・
アルブム:「なるほど…。……魔道具まで付けているのか」首元のそれを一瞥
ミカグラ:「え、作れる!? 一緒にネコカフェ作りません? ユリスカロア精肉店が共同出資しますよ」
猫:「ニャ前…」
猫:「ドラゴンニャ」
スマイト:「ドラゴンって・・・たいそうな名前だねぇ」
猫のドラゴン:「ニャ」
アルブム:「……因みに、名前を付けたのは?」
ミカグラ:「ドラゴンニャちゃん。女の子かな」
アルマ:「ドラゴンさんですか…ドラゴンさんは今村に何が起こってるのか知ってるんですか?」
猫のドラゴン:choice[A,B,C]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[A,B,C]) → A
猫のドラゴン:「ご主人さまだニャ」
猫のドラゴン:>アルマ 「ニャ?」
アルブム:「……独特なセンスの持ち主のようだな…?」何とも言えない顔
ミカグラ:「それって私よりいいセンスって事?」ジロ~
ミカグラ:「ま、いいや。先に穴掘ってくるね。罠は古典的なものが一番」
アルマ:「何か変な歌が流行っているとか…蛮族が居るとか…」
アルブム:「……何故そうなる…」帽子を深く被り
リドガー:「儂も準備をするかのぅ…」偵察の
アルブム:「……俺も、契約の付け替えに入ろう。…表を借りるぞ」
スマイト:「そうだね、アタシも付き合うよ」>ミカグラ
ミカグラ:「ありがとー」
エルヴィン:「罠設置を手伝うとしようか」
猫のドラゴン:>アルマ 「にゃー、知らないニャ」
猫のドラゴン:では何をするか宣言して
アルマ:「ドラゴンさんは何も知らないんですね。」
猫のドラゴン:ダイスをふって達成値を出してくださいね
ミカグラ:外に出て罠設置判定します
猫のドラゴン:>アルマ 「普段、ご主人は私を作ることはないにゃ」
スマイト:罠設置を…落とし穴でいいかな
エルヴィン:同じく
アルマ:と言う訳で鳥のファミリアに蜘蛛のファミリアくっ付けて、魔眼を使って村の様子を探ったり蛮族を探したりします
リドガー:罠設置あとに動こう
ミカグラ:2d6+4 罠設置判定(落とし穴)
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[1,6]+4 → 11
リドガー:判定はね?
リドガー:坑道は同時期で(
アルマ:探索判定でいい?
スマイト:2d6+5+4 罠設置
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 8[2,6]+5+4 → 17
エルヴィン:2d6+7 罠設置
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 9[5,4]+7 → 16
リドガー:2d ファミリア召喚は降っておこう
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
リドガー:ぽんっ
リドガー:こっちも探索?(偵察部隊
GM:アルマとリドガーは偵察かな?
リドガー:うむ
リドガー:我等は偵察じゃよ
アルマ:はい
アルマ:知覚:魔法による探索をします
アルマ:判定は探索判定でよろしですか?
GM:OKじゃー
アルマ:2d6+13
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 6[4,2]+13 → 19
リドガー:2d+8+2
SwordWorld2.0 : (2D6+8+2) → 5[1,4]+8+2 → 15
アルマ:リドガーの分も書いておきました
GM:えと
GM:リドガーとアルマは
GM:夕方と夜だと
GM:どっちに探索をするかな
アルマ:夜でいいよね?
リドガー:夜でいいんじゃないかな
リドガー:夕方やる必要は特になかったし
アルマ:OK。夜に行います
アルブム:夕方だと歌を聞いてしまう可能性もあるからな…
リドガー:ファミリアが歌いだしてしまう
リドガー:歌えないけど
GM:あいよー
GM:では夜だ
GM:探索は19と15か
リドガー:せやねー
GM:2d6 2:ファンブルで歌が聞こえてくる 3~6:エッチな声が響いている 7~11:特になし 12:クリティカル
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
GM:では村は夜に
GM:歌は聞こえないが
GM:エッチな声が響いてるZO!
リドガー:なんてこった
GM:聞いてるのはおじいちゃんとBL作家
アルマ:ほう…男の声でしょうか?
GM:草
スマイト:ww
アルブム:草
リドガー:男同士か(
GM:2d6 
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[2,4] → 6
GM:2d6 偶数で男の声も聞こえる 奇数
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
GM:奇数は女だけ
GM:女の人が
スマイト:男か確認はマジで…ww
GM:いってますね
GM:君たちはまだ空を飛んでいることにします
GM:達成値19なので
アルマ:つもり男の声は聞こえないって事だな。つまりは百合か…応援対象内だ
GM:見張りが外に立っている(男)ようですが
GM:その村人に見つからない場所に降りられそうです
リドガー:投下するしかない
リドガー:戻る時は呼んでくれ…ファミリア解除でもいいけど
アルマ:では、蜘蛛だけ分離して中の様子を探ります
リドガー:こっちは空で偵察してようか動きがあった時のために(
アルマ:窓とかから糸を使って覗く感じ
GM:あいよー
GM:では蜘蛛がすーっとおります
GM:アルマは2d6どうぞ
アルマ:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[4,3] → 7
GM:君が下りた場所は、女性の声は聞こえてこない場所だ
GM:寝息が聞こえてくる
アルマ:その女性はどんな感じ?
GM:ん?
GM:女性の声は聞こえてこないな
GM:えー、寝息を立てているのは男性だな
GM:覗いてみますか
アルマ:あ、すまん。見間違えました
アルマ:覗きます
GM:あいあい
GM:ではそうだね
GM:昼間にみたような男性
GM:見目麗しいとは言えない農村の男性が
GM:小汚い恰好のまま、土間と呼べるようなところにござを敷いてねていますね
GM:それも一人二人ではない
GM:3d10
SwordWorld2.0 : (3D10) → 17[3,6,8] → 17
GM:17人がくっつきあって寝ている
GM:寒いのかもしれんが
GM:リドガーはそらから探索判定をどうぞ
ミカグラ:BL作家にとってこれは危ない刺激だろうなー
リドガー:22日+8+2 ころころー
リドガー:2d+2+8
SwordWorld2.0 : (2D6+2+8) → 4[2,2]+2+8 → 14
GM:14なら特になにもないな
リドガー:あらまー
アルマ:ふむ…狭い所に男しかおらずに17人か…
アルマ:ラブソング(呪歌)を流したくは有る。
エルヴィン:やめてやれ…
アルブム:草
スマイト:やめろぉ
リドガー:w
アルマ:ここに男性が集められているという事は女性は別の所に居ると言う事
ミカグラ:心を壊れない程度にしてほしいなー。ユリスカロア信者にする予定なんだし
アルマ:それらを探す事は可能ですか?
アルマ:先ほどのエッチな声が聞こえている方向に向かうとか
GM:やめろやw
GM:えーとなー
GM:女性のほうを見るのは可能ですね
アルブム:女だけ集めて酒池肉林でもしているのか…?ふむ
GM:えー
GM:探索が必要です目標16で
アルマ:アルマは呪歌は使えんし、そもそも操られての恋愛行為は主義に反する
アルマ:OK
リドガー:向かうなら回収していこうか?
アルマ:2d6+13
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 3[1,2]+13 → 16
リドガー:余裕ですな(
アルブム:アブナァイ!!
スマイト:これで抜くのか
アルマ:危なかった
ミカグラ:固定値は裏切らない
アルマ:あ、回収して移動が早まるのならお願いしたい
GM:おー
GM:では二人でいっていいぞい
リドガー:早まるなら回収していこう
リドガー:では回収していきまーす(ごぅ!
GM:空に向かって蜘蛛の巣を吹き出すと、鳥が回収するんやろきっと
リドガー:パシッ
GM:ではリドガーはアルマの指示により
GM:女性の部屋にいくことができますね
GM:さて
GM:choice[歌は聞こえない,歌は聞こえない,歌が聞こえてくる]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[歌は聞こえない,歌は聞こえない,歌が聞こえてくる]) → 歌が聞こえてくる
アルブム:oh…
GM:おっと
エルヴィン:あっ
GM:ではその部屋に入ろうとすると歌が聞こえてきます
スマイト:ああ
GM:精神抵抗19です
アルブム:たっかい
ミカグラ:これはどうなる。
エルヴィン:がんばれ
リドガー:たっかーい
アルマ:2d6+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 5[2,3]+10 → 15
アルマ:失敗した
リドガー:2d+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 4[1,3]+11 → 15
リドガー:はい
スマイト:これはつらい
リドガー:レッサーも失敗したようだ…
リドガー:謡いだしたらぶん殴っておくか…
GM:君たちは歌声が聞こえてきた・・と同時に
GM:えー…
GM:(´・ω・`)…
アルブム:GMが何かしょぼーんってしてる
GM:choice[キュアリオスティ,チャーミング,ラブソング
GM:choice[キュアリオスティ,チャーミング,ラブソング]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[キュアリオスティ,チャーミング,ラブソング]) → ラブソング
GM:wwwwwwww
GM:最も近い異性に対し
GM:恋心が生まれます
GM:アルマ×リドガー
スマイト:うわぁ…
エルヴィン:やったぜ
リドガー:いえ
リドガー:私は聞いてるのはレッサーなので
GM:アッ
リドガー:レッサー*アルマ?
GM:れ、レッサーは
エルヴィン:……
GM:男…?
スマイト:…
リドガー:choice[男,女]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[男,女]) → 男
リドガー:はい
GM:…
GM:アルマはレッサーに
GM:レッサーはあるまに
GM:恋心を…
リドガー:ああいや
リドガー:幻獣だから性別ないのか
リドガー:嫌あるなドラゴンも幻獣だし
リドガー:やはり男だった
スマイト:やべぇな…
アルブム:か、完全な異種は対象になるのか……??
エルヴィン:目と目があうー♪
リドガー:尻尾も意志あるんだよね確か(
アルマ:これはやばい…自分が喰らう事になるとは…
リドガー:choice[男,女] 尻尾
SwordWorld2.0 : (CHOICE[男,女]) → 女
スマイト:お
スマイト:これはレッサー君頭と尻尾が恋する可能性が
GM:この場合
GM:どちらにせよ
GM:いや
GM:魔法を使ってるのは頭だ
リドガー:頭だね
GM:そして頭はいまファミリアと同期している、アルマも同じだファミリアと同期している
スマイト:あ、そっか
GM:その場合一番次回のはアルマと頭だ
リドガー:だがこの場合問題はないのでは
GM:近いのは
GM:うむ
GM:うむ?
リドガー:恋心芽生えて二人で潜入するんですね
GM:そうなります
アルブム:……???
GM:君たちはお互いどきどきしながら
アルマ:好感度判定
アルマ:1d70+30
SwordWorld2.0 : (1D70+30) → 42[42]+30 → 72
GM:「(あれ?れっさーってこんなにかっこよかったっけ)」「(アルマの声っていい響きだ)」みたいな
GM:高いよ!
アルブム:わりとたかい
ミカグラ:高くない!
スマイト:そこそこ高い
GM:まあ、一番いい(?)呪歌を受けたね
リドガー:1d70+30 レッサー川
SwordWorld2.0 : (1D70+30) → 2[2]+30 → 32
アルマ:(アルマはレッサーマンティコアにそこそこ高い好感度を持った)
GM:草
スマイト:wwwwww
アルブム:草ァ!!
アルマ:だが、レッサーからはそうでも無かった
リドガー:これはひどい(
リドガー:レッサーはホラ
GM:レッサーマンティコアは異種族であるアルマに恋をしたが、これは恋じゃないと思い込んでいる
スマイト:レッサー君ドライだな
ミカグラ:レッサーマンティコアはそうじゃないってのがねーひどい
リドガー:尻尾と恋愛を元々してるんだよ
GM:草
GM:やめろよ
GM:右手が恋人とかいうレベルじゃねえか
リドガー:ミギー
スマイト:やwめwろw
アルマ:一晩の夢の様な出来事だろう
GM:もう、レッサー君のことまともに見れないぞ!!!
エルヴィン:尻尾が恋人w
リドガー:レッサー君…
リドガー:1d100 尻尾に対して
SwordWorld2.0 : (1D100) → 43
アルブム:レベル高すぎだな?????
リドガー:ほら見ろ尻尾に対する心がある
GM:尻尾にたいしても結構ひくいじゃないか
GM:へー
GM:リドガーに対して1d100でどうぞ
リドガー:1d100 忠誠心
SwordWorld2.0 : (1D100) → 73
GM:お
GM:忠誠心たっか
スマイト:忠誠心が高かった
アルブム:おー
リドガー:つまりそういう事
GM:つまりリドガーが狙われているということか
GM:尻には気を付けろ
リドガー:まて
リドガー:奴の尻はしっぽの範囲だロウ
エルヴィン:忠誠心とはいったい・・・
GM:(´・ω・`)????、とりあえず二人でラブラブ進ってことでOK
リドガー:はい
GM:OKなら隠密を振ってくれ
GM:目標はーあー
GM:13
アルマ:今回のラブソングは一時的にとは言えど恋とは何のかの知る事が出来た貴重な体験だった
アルブム:まあ、部屋の中に潜入するとなったら鳥は行かせないんじゃないか?
アルマ:次の創作に行かせることだろう
リドガー:というか入れないだろうね
リドガー:小1時間ほど愛をささやき合って(ファミリアで)
アルブム:どう考えてもバレるだろうしな…
リドガー:潜入してもらおう(?)
アルマ:では蜘蛛だけで行きましょう
アルマ:2d6+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 5[1,4]+11 → 16
GM:GOGO
GM:では蜘蛛がカサカサはいりこむと
GM:もー、くんずほぐれず
GM:えっちな空間がひろがります
GM:google で 女性 部屋 イラスト エロ 複数 で検索するような感じです
GM:エッロいのがでるので
GM:未成年は見ないように
GM:そういうの嫌いな人も見ないように
アルマ:女性だけ? 
GM:女性と
GM:奥のほうに一人の男性…
GM:人間ではないね
GM:まもちきをどうぞ
アルマ:まもちきかー。セージ無いんだよなー
アルマ:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[6,4] → 10
GM:うむ
GM:ではわからんな
GM:だが体毛が濃い、人間の上半身
GM:頭には1対の角が生えているね
GM:黒々としている
GM:ご立派だ
リドガー:アルマ絵師よね(あとで書いてくれれば魔物知識できるんじゃないかな)
リドガー:絵師じゃないわ
リドガー:BL作家よね(
リドガー:絵師も持ってるし…書いてくれれば解るかもしれない…
GM:近づきますかね
アルマ:近づきはしない。しばらく観察して本体が絵を書きます。
GM:あいあい
リドガー:それで魔物知識しようかな?行ける?
GM:では上半身が君には見えているね
GM:>リドガー ペナルティが入るけどね
リドガー:まぁ振ってみようか
リドガー:2d+10 ペナは入れておいてくだせぇ
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 12[6,6]+10 → 22
リドガー:草
GM:草
アルマ:草
スマイト:まじかw
GM:なんやねんおまえww
アルブム:此処で自動成功をたたき出す
ミカグラ:これはすごいなー


GM:ミントゥッロ(サテュロス・スウィーター)
知能:人間並み 知覚:五感 反応:敵対的
言語:多数  生息地:不明
知名度/弱点値:15/19 弱点:物理ダメージ+2
先制値:16 移動速度:20
生命抵抗力:12(19) 精神抵抗力:10(17)
攻撃方法 武器(雷公鞭:劣化大)
命中力10(17) 打撃点2d+10回避力11(18)
防護点9 HP109MP81

〆呪歌 12(19)
 レベル10以上条件以外の呪歌を使用できます。
 効果範囲は自らを中心に「半径」70mです。

☑踊るような一撃
 呪歌を行いがなら近接攻撃を行えます。

☑流麗なる動作
 呪歌を行いながら移動が行えます。
 乱戦エリアに存在する場合、存在するすべての対象と12(19)の精神抵抗力判定を行います。
 全ての対象との精神抵抗力判定に勝利した場合、影走りの効果を得て移動が可能です。

○複数同時攻撃
 雷公鞭による攻撃を行う場合、同時に12体まで攻撃が可能です。
 この効果を使用すると打撃点が+2されます。
 ☑雷公鞭(劣化大)を使用するとこの効果は使用できなくなります。

☑雷公鞭(劣化大) 精神抵抗23(30)/消滅
 この効果はRの最後にしか行使できません。
 1日に1回半径50m 12体までの対象に雷を落とすことが可能です。
 対象が12体以下の場合、敵味方の区別なく所持者以外に雷が降り注ぎます。
 この効果を受けた対象は1d6を振り、3以下の場合雷が直撃します。
 直撃した場合、威力30+固定ダメージ1d30を与えます。
 この効果によってHPは1点以下になりません。

▽雷公鞭使用不可
 ☑雷公鞭(劣化大)を使用した後は、素手による攻撃に代わります。

○ペット
 小鳥、カエル、虫を連れています。

○強烈なフェロモン 9(16)生命抵抗/消滅
 全身からかぐわしい香りを放ち、嗅いだものを恋に陥らせます。
 半径15mのすべての対象は手番開始時に生命抵抗力判定を行います。  
 失敗した場合、効果範囲内にいる間、リャナンシー(BT)の誘惑の吸血4~5回と
 同じ効果を与えられます。
 この効果は毒属性かつ精神効果属性として扱い、どちらに対する対策としても有効です。

○繊細なボディタッチ&強烈なフェロモン 7(14)生命抵抗/消滅
 この魔物に触れられた対象は、精神抵抗力判定を行います。
 失敗した場合、リャナンシー(BT)の誘惑の吸血6回と同じ効果を与えられます。
 この効果は毒属性かつ精神効果属性として扱い、どちらに対する対策としても有効です。
 この効果を1度でも受けた対象は、次回以降ミントゥッロからの行動に対して-2のペナルティを受けます。
 この効果は累積します。
戦利品
自動黒いサテュロスの角(1500G)
2~6無し
7~雷公鞭:劣化大
 
GM:はい
GM:武器手元にないけど
GM:きっとリドガーの知ってる情報に会ったんだろう
GM:サテュロス・スウィーターという魔物です
リドガー:たぶん昔の知人が教えてくれたのだろう
GM:昔の知人が便利過ぎて笑う
リドガー:情報共有しておきます(
アルマ:雷公鞭とかすごいもん持ってるやん
リドガー:儂の背中には多くの友がいる…死して尚儂に語り掛けてくるのじゃ…
ミカグラ:なぜかシャーマンキング思いだした
アルマ:とりあえず、今日はこの情報だけ得て戻りましょうか
アルマ:雷対策をしなくては
GM:では君たちは恋愛感情を抱いたままそそくさと撤退した
リドガー:精神抵抗かぁ
リドガー:闇契約してもらった方がいいかもしれない
リドガー:どちらかの対策でいいらしいし
リドガー:闇3か
アルブム:ブレイブハートなら取って有るぞ
リドガー:使えるねぇー
リドガー:完璧
アルブム:精神属性は厄介だからな…
ミカグラ:特殊神聖魔法のウォースピリットで精神抵抗あげられるよー
スマイト:ウォスピ打てるのか
リドガー:あの強い魔法
スマイト:アレは優秀な魔法だ
ミカグラ:ついでに命中と回避と生命抵抗も1上がる
リドガー:マァ重要な情報は仕入れられた…
アルブム:つよい
リドガー:アルマ様様
スマイト:生命抵抗も欲しいからgood
ミカグラ:6m以内にいないとあげられないのは気を付けてねー
アルマ:GM、次はどうなる?夜が明ける?
GM:んー
GM:皆の行動が終わったら
GM:13時間すぎたことにするぞ
GM:石の組み換えするんじゃろ?
アルブム:だな
アルブム:可能なら、契約の途中でフミカに父親について聞いてみようか
GM:じゃーRPにしよっかね
アルマ:お昼からの行動だね
GM:みんなはOKかい
GM:うむ
エルヴィン:okですよ
GM:あるぶむRP→翌日昼 になるわけだ
スマイト:OKです
ミカグラ:アルマにサニティ撃ちたいのですが
GM:うっていいよw
アルマ:ありがたい
GM:でも恋心ってさー
GM:呪歌で与えられても
GM:そのあとそわそわしそうだよね
ミカグラ:2d6+12 行使判定サニティ
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 5[2,3]+12 → 17
GM:目標19だから抜けないな
アルマ:一晩の夢だったんだよ
GM:あれ、サニティはいいのかな
リドガー:比べ合いが必要じゃよ…
GM:だめだね
GM:抜けないようだ
GM:まあ、10秒に1回できるから
GM:解除したことにしていいぞ
ミカグラ:ありがとうございます。
GM:ミカグラのサニティ!
GM:アルマの恋心が消え去った
ミカグラ:「なんだこの……心苦しいサニティは。上手く……行使できない」
アルマ:思ったのだが、ラブソングって歌聞いてる間と呪歌の持続時間しか効果無いのでは?
アルブム:永続だったら怖いな……
スマイト:永続はさすがにヤバすぎる・・
リドガー:1時間の間しか効果のない夢…
GM:永続はないない
GM:呪歌の持続時間だよ
アルマ:まぁ、とりあえず効果は無くなったという事で
GM:なので戻ってすぐ解除しようとしたってことだね
GM:基本的にサテュロス君はラブソングをずっと歌ってるので…
ミカグラ:……あ、そうだね。つまり一時的なことを知らずにミカグラは無意味に心苦しい思いをしたと
アルブム:厄介な…!?
スマイト:めんどくせぇ…
リドガー:これが精神攻撃
エルヴィン:すげえ体力だな。。
リドガー:ミントゥッロが悪い
リドガー:ぶっころ案件
アルマ:こんな時にウィザードだったらトキシックブリーズを撃てるのだが…
リドガー:我らの仲間の心を傷つけおって…
GM:尻尾と頭が喧嘩する案件
アルブム:草
GM:まあ、さておき
GM:あるぶむのRPを見よう
GM:他の皆さんは、少し休憩もお願いします



フミカ:「……」鼻歌を歌いながら料理中
フミカ:2d6-3 料理スキル
SwordWorld2.0 : (2D6-3) → 8[3,5]-3 → 5
フミカ:2、普通
スマイト:あぶねぇ、またキャラが立つところだった
アルブム:よかった。メシマズなフミカさんは居なかったんだ……
GM:ど素人ではない、具合
ミカグラ:おい、これ新婚さんじゃん。おうちに旦那呼んで新妻気分じゃん
エルヴィン:ただの新妻
GM:これSW2.0だよね?(疑問
アルブム:「…………少し、休憩を入れるか…む」一度切り上げて部屋の中へ
リドガー:挙式もあげないと…
アルマ:全ては出目の所為なのじゃ…
スマイト:ダイス神が恋愛を望んでいらっしゃるのだよ
アルブム:「……そうか。そんな時間だったな…」漂って来る料理の匂いに呟やきます
アルブム:因みに、フミカのお父さんやファミリアの猫はどうしているだろう
GM:お父さんは部屋からでてきないよ
GM:猫は門番のように扉の前にいます
フミカ:「フンフンフーン」鼻歌
GM:大きな古時計? を歌っている
ミカグラ:おじいちゃん魔動機文明の人族だったんだろうね
GM:おじいちゃん(村長・現在男衆と雑魚寝)
アルブム:「……童謡、だったか。…上手い物だな」後ろから声を掛けよう
フミカ:choice[驚く,気づいていた,鍋をひっくり返す]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[驚く,気づいていた,鍋をひっくり返す]) → 鍋をひっくり返す
フミカ:「ひゃ!?」
GM:どうやら近すぎて耳に行きでもあたったんじゃねえのかこれは
アルブム:wwwww
アルブム:「なっ……ッ、済まない。無事か…!?」火傷してないか確かめます
フミカ:「だ、大丈夫です!」
GM:手を取ったのかァ!?
アルブム:そりゃあ取るんじゃないかなあ!?
GM:じゃあ照れますねぇ!
フミカ:「…あ」
フミカ:じー
アルブム:「……大丈夫そう、か?……迂闊に声を掛けるべきじゃなかったな。済まない…」安堵の息をついて
フミカ:「い、いえ…あ」
アルブム:「……あ。……その、何だ。…悪かった」視線に気づいて慌てて手を離そう
フミカ:choice[綺麗な指,何がお好きですか,だんまり]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[綺麗な指,何がお好きですか,だんまり]) → だんまり
フミカ:「…」
フミカ:「……」
GM:待ちの姿勢、フミカ
アルブム:「……」気まずげに視線を逸らしてひっくりかえった物の片づけを始めよう。自分のせいだし
アルブム:「……歌は。母親から?」片付けの最中に
フミカ:「はい…お母さんが歌、好きだったので…」
フミカ:「おじいちゃんの…えっと、…おばあちゃんも好きだったみたいです」
フミカ:「…アルブムさんは…?」
アルブム:「……妖精から。…楽器も、似たような物だ」
フミカ:「妖精さんから?…フフッ、すごいですね」
フミカ:「妖精直伝なんて、まるで伝説みたいです」
アルブム:「彼らには、良くしてもらった。…今も、随分。助けられている」小さく頬を掻き
アルブム:「……良い歌、だった。…良い母親、だったのだろうな」
フミカ:「はい、いい…お母さんです」
フミカ:「…村の、おじいちゃんにはよく怒られてましたけど…」
アルブム:「……そうか。……差し支えなければ。聞いても?」父親の部屋に一度視線を投げて
フミカ:「昔はわからなかったですけど、やっぱり父は村の人じゃないので…」
フミカ:「それに今思うと、母も…」
フミカ:と、目を伏せますね
フミカ:「…よくおじいちゃんが言っていたんです、父は魔物だと」
フミカ:「人を魅了する、魔物だと」
アルブム:「……ふむ」片付けを終えて話に集中しよう
フミカ:「…」
アルブム:「……」
フミカ:「目が、嫌いだったんです」
アルブム:「…目が……?」
フミカ:「私の目も、父の目も」
フミカ:「おじいちゃんからは、魔物の目だと言われました」
フミカ:「人を惑わす、目だと」
フミカ:「そして、口から出る歌もまた人を惑わす」
フミカ:「…母が死んで1年、父のもとにも帰れず、おじいちゃんは家からも出してくれませんでした、それが村のためだと」
アルブム:「……」
フミカ:「本を読むのが好きな私は、…正直に言えばあまり気にしていませんでしたが、…街から人が来た時」
フミカ:「ついに、売られたのかと思ってしまいました」
アルブム:「…………」
フミカ:「最初は慣れませんでしたけど、この目も、この声も、好きだと言ってくれる方がたくさん…いらっしゃいました」
フミカ:「おじいちゃんからの手紙を読んで、お母さんのことを思い出して…、村に来たかった」
フミカ:choice[だんまり,アルブムさんがいれば…]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[だんまり,アルブムさんがいれば…]) → だんまり
GM:だんまりかよぉおお!
アルブム:「……そうか。……」暫く正面から見つめたあと視線を切って
アルブム:「……君の、歌だが。……あれは、自分で?」
フミカ:「母が教えてくれました
アルブム:「…違う。……先ほどのではなく。君の、代表曲の事だ」
フミカ:「そうですね…本に関する歌はそうです」
フミカ:「ほかの歌は、作詞家さんとかに作ってもらってますね」
フミカ:「Bright Blue(※1)は…私の作った歌です」
アルブム:「……そうか」
フミカ:「…アルブムさんは、この目…どう思いますか?」
アルブム:「……君の容姿も。君の歌声も。美しい物だと思う。…素直にな」暫く黙り込んだ後背中を向け
アルブム:「……俺が君のファンになったのは。…その歌の内容に、心惹かれたからだ」
フミカ:「…!」
フミカ:choice[好感度爆上げ(効果がない),手を握る,あの…]
SwordWorld2.0 : (CHOICE[好感度爆上げ(効果がない),手を握る,あの…]) → 好感度爆上げ(効果がない)
GM:これは心の中で好感度爆上げですわ
アルブム:wwww
GM:さて、アルブム
GM:君がなにか切り込まない限り
GM:RPはここでおわりだZO
スマイト:好感度が限界突破しやがる
アルブム:「……君の、君としての魅力は。それだけでは無いと思う。…それだけだ」言い終えると歩いて行ってそのまま契約に戻る
アルブム:目や声~ですな。そして聞きたい事は大体聞けたし切り上げで!
GM:あい!
GM:では13時間が経過しますぞ

※1補足
Bright Blueとはフミカちゃんの元ネタであるゲームキャラ鷺沢文香さんのソロ曲である。アルブムの中の人がちゃんと勉強してきました

 幕間の雑談枠+作戦会議
ミカグラ:フミカちゃんマジヒロイン。少年漫画の告白したら終わるからなんやかんやで引き延ばされるあれみたい
エルヴィン:それはわかる
アルブム:とても凄くヒロインでヒーローこんなん(しゃっきん)で良いのかってなる中の人であった
アルマ:主人公が決めないから連載終わらない漫画のヒロインかなんとなくわかる
フミカ:漫画のヒロイン草
フミカ:まだ2話やぞ!w
リドガー:割と早期に出てくるから…

アルブム:所で、実際どうやって蛮族倒そうか。作戦的な意味で
アルマ:精神防護と対魔法or雷防護かけて突貫?
エルヴィン:手っ取り早いのはそれ
リドガー:そうだね
アルブム:例の呪歌はどうしようか
スマイト:真面目にゴールデン耳栓が欲しいけど…呪歌の範囲が広いから被弾覚悟で突っ込むのが早いかも
ミカグラ:雷ダメージ対策はフィールドレジストあるけど
スマイト:バフマシマシ状態で突入&最速でボス殲滅がいいけども・・・村人の邪魔がどれくらい入るのだろうか…
ミカグラ:フォース拡大数すれば村人30人ぐらいなら同時に吹き飛ばせるんだけど、死なせないか心配
アルマ:酷い使い方だ…
GM:同時に30人吹き飛ばすとか草
アルブム:ふむ
アルブム:丁度良いのが召喚出来るな。シェイドだ
アルブム:8(15)で、半径30m以内のキャラ全ての移動・補助動作・主動作を3R封じてくれる
アルマ:今回のセッション向きの性能をしていらっしゃる
アルブム:一般人の動きを封じ、俺達ならまず失敗しない値だな。なんともまた
スマイト:これで村人は完封可能か
リドガー:いいねぇ
リドガー:懐かしのシェイドさん…
リドガー:6ゾロしないようにね!!
エルヴィン:素晴らしいね
ミカグラ:いいですね。私のMP30くらい節約できる
アルマ:フミカちゃんどうする?
アルマ:雷公鞭の範囲攻撃がめちゃくちゃ怖いんだけど
アルブム:連れて行くのは反対かな…
スマイト:雷公鞭がマジでヤバそう
GM:1発は耐えるけどね
リドガー:連れて行かない方がいいねぇ
リドガー:今出てる情報的には連れていく必要もないし
エルヴィン:連れて行かない方がよきかと
お父さん:ではお父さんに頼む系?
アルブム:それでー
アルマ:今回の依頼はギルドから受けた物は歌姫の護衛だからね
アルマ:村人救出はサブクエストだし
アルブム:HP1の瀕死状態にしては本末転倒であるな…



GM:点呼開始!
ミカグラ:準備完了!(1/6)
アルブム:準備完了!(2/6)
スマイト:準備完了!(3/6)
アルマ:準備完了!(4/6)
リドガー:準備完了!(5/6)
エルヴィン:準備完了!(6/6)
全員準備完了しましたっ!
GM:あるぶむ少し休憩いっててもええですぞ
アルブム:いえ、全く問題無しですー
GM:では続きをば
GM:お父さんはまだ起きてきませんね
GM:この場にいるのは、猫のドラゴン、フミカ、そして冒険者です
GM:あ、フミカは人間ですよ
GM:綺麗な目をして、魅了する力があるかもしれないけど人間です
アルブム:はーい
GM:さて、さて
GM:どうしますか
GM:13時間たって
GM:HPMPは全快、
リドガー:とりあえず
GM:相手に気取られもしてない
GM:宝石の組み換えも完了
リドガー:アルブムの契約交換おわってからねたとおもってええ?
アルブム:貫徹だからな…このままだとペナルティである
ミカグラ:とりあえず、アルブムに対してホーリークレイドルかな
リドガー:せやねー
アルブム:今日突っ込むならドゥナエー召喚してから寝るぞ
アルマ:とりあえず、突っ込む?
ミカグラ:突っ込むのは今日でしょう。男だけの部屋にラブソング聞こえるかもって事態はねー
GM:契約交換終わって寝てもOK
GM:それならお父さんも起きてくるぞ
アルマ:歌が聞こえるのは女の部屋や。男だけの部屋にラブソングが響いたらアルマが喜ぶ
アルブム:では取りあえず先ずはドゥナエーまず召喚しよう
GM:ラブソングは異性にしかきかないから
GM:ラッコ鍋にならんのよなぁ
GM:あいよ
アルマ:そうだった
アルブム:2d+9 召喚 ファンブルチェック
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 12[6,6]+9 → 21
アルブム:無駄クリィ!!
アルマ:強い
スマイト:これはつよい
ミカグラ:完徹ハイのクリティカル
エルヴィン:完全にハイになってるw
アルブム:という訳で俺とアルマにまず月舞
アルブム:先制にまもちき。…まあまもちきは知名度をリドガーが抜いてるが、弱点に期待して
アルブム:そして後一人だが…欲しい人ー
GM:草
リドガー:私はいらない~
アルブム:希望が無ければミカグラに掛けよう。万一の回復要員
スマイト:ピンが怖いミカグラがいいんじゃないかな
ミカグラ:くださーい
アルブム:ではこの3人に。そしてクレイドル貰ってすやあ
GM:あいよー
GM:では
GM:さらにそこから3時間
GM:夕方手前位かな
GM:えー
GM:ミカグラは1d11-6 エルヴィンは1d16-6 スマイトは1d17-6 をお願いします
エルヴィン:okです
スマイト:了解ー
エルヴィン:1d16-6
SwordWorld2.0 : (1D16-6) → 9[9]-6 → 3
スマイト:1d17-6
SwordWorld2.0 : (1D17-6) → 7[7]-6 → 1
スマイト:うげぇ
ミカグラ:1d11-6
SwordWorld2.0 : (1D11-6) → 1[1]-6 → -5
GM:草
GM:落とし穴に引っかかった数です
GM:合計4だね
GM:-はさすがにしないでおこう
スマイト:出目が悲惨だな…
ミカグラ:バレッバレの落とし穴
スマイト:引っかかってるってことは居場所はばれてる、というか捜索されたのかな
エルヴィン:3回も引っかかったのか…
エルヴィン:4回か
アルブム:引っかかった人数じゃないか?
GM:そうそう
GM:人数ね
スマイト:実験体が4人か…
お父さん:「…そろそろ頃合いか?」
お父さん:と、君たちに出るように促そうとしていますね()
お父さん:「さすがに、何人かが戻ってこないとなると探索に出るだろう」
リドガー:そうねぇ
リドガー:行こうかねぇ
アルマ:「そうですね。大規模な探索が起こる前にこっちから攻めた方が良いですね」
アルブム:「魔力も万全だ。行けるぞ」
ミカグラ:「あ、おはようございまーす。これから蛮族ボコボコにしに行きますか。お父さんは何かありましたらアルフォート王国のユリスカロア神殿まで」
スマイト:「……これだけ人が罠にかかったんだ、こっちのだいたいの位置はばれてるだろうねぇ…。攻められる前に攻めた方がいいか」
エルヴィン:「準備は出来ている、行くとしよう」
リドガー:「そうじゃな…気合を入れるかのぅ」
お父さん:「フミカはどうするんだい?」
アルマ:「昨夜みた感じですと敵は大規模な攻撃手段を持ってる様です。流石に連れてはいけません」
お父さん:「ふむ」
お父さん:「ではこの家でかばうことにしよう」
お父さん:「…、君たち家をでたら扉の脇に刺さっている剣を抜いてもらってもいいかな?」
ミカグラ:「前に煙玉渡したよね。ついでにミスティックインクも預かって。万が一ここから逃げる時はこれで印付けて」
スマイト:「剣?」
アルブム:「……ふむ?」
お父さん:「見えづらいように植物で隠してある、それを抜いてほしい」
ミカグラ:「はーい!」外に出る
お父さん:あ、全員出てね
アルマ:「分かりました。剣は事が終わるまで私達が持ってればいいですね?」
お父さん:>アルマ 「頼んだよ」
ミカグラ:あ、ミスティックインクをフミカちゃんに貸します
アルブム:ミカグラの後を追って外へ
スマイト:外へ出よう
リドガー:ほーい
リドガー:外へ—
エルヴィン:出ます
GM:はいな
アルマ:外へ出ます
アルマ:そして剣を探して引っこ抜きます
GM:あい
GM:そうするとファンタジーな扉が消えます
GM:イラスト上、扉ありますが
GM:この扉が消えて
GM:大きな木だけになりますね
アルブム:「……こういう仕掛けか…」剣を鑑定してみよう
ミカグラ:「おー、ドアを作る剣だったんだ。ね、次に刺すときは私にやらせて!」
スマイト:「ほー、よくできてるね」
リドガー:「魔道具だらけじゃのぅ」
エルヴィン:「これは…珍しい魔道具だな」
アルマ:「いいよ」とミカグラに
ミカグラ:「ありがとー」
アルマ:「剣は…スマイトさんが持ってた方が良いね」と渡そう
アルマ:鍛冶師だからね
GM:目標値は14
GM:鑑定ね
アルブム:2d+8 知力セージ
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 4[2,2]+8 → 12
スマイト:「分かったよ」 剣を受け取り 鍛冶系の一般技能で剣の鑑定できますかね?
アルブム:うぉのれ
GM:あー
GM:一般技能だとわかるのは魔剣かどうか、どんな切れ味かとかかな
GM:能力まではわからん
ミカグラ:わたしもやろう
ミカグラ:2d6+9 宝者鑑定判定 
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 5[4,1]+9 → 14
エルヴィン:2d6+4 
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 4[3,1]+4 → 8
スマイト:2d6+5+2>=14 まあ一応
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2>=14) → 6[3,3]+5+2 → 13 → 失敗
リドガー:2d+2+2 一応降っておこうー
SwordWorld2.0 : (2D6+2+2) → 4[3,1]+2+2 → 8
アルマ:あ、宝物鑑識なら自分も
アルマ:2d6+13
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 10[6,4]+13 → 23
GM:魔剣ワンダラー:不可思議な扉を作成することができる。この扉は登録することで複数の扉と接続することも可能。
GM:たけえなアルマ
GM:お値段146000がるむ
スマイト:相も変わらず鍛冶系の判定は成功しない…
エルヴィン:ふぁ
アルブム:ぱない
スマイト:劣化どこでもドア?
GM:劣化どこでもドアだね
ミカグラ:「たしかこれは……魔剣ワンダラー! そうワンダラーだ」
GM:ワンダラー!
アルマ:固定値がね…伊達にスカウト7じゃないしブーストしてるからね
GM:では次回こそ戦闘だな
アルブム:「そんな魔剣が有るのか……便利な物だな…」しげしげと眺め
アルマ:「この剣も凄い物ですね…神に至れる様な物では無いですけど…それでも利便性はすごいです」
GM:魔剣の迷宮ができたらクッソめんどくさそうな魔剣
アルブム:マッピングが地獄になりそう
エルヴィン:攻略超めんどくさそう
スマイト:うへぇ…やりたくねえl
GM:扉を開いた先がガケだったりするんだ()
ミカグラ:ワープマスが異常に多そう
アルブム:こわァい!!
リドガー:こわいなぁw
GM:というーわけで、本日はここまで!おつかれさまでした!
アルマ:お疲れさまでしたー
リドガー:お疲れ様でした~
ミカグラ:お疲れ様でしたーー
スマイト:お疲れ様でしたー
アルブム:お疲れ様でしたーーーーーー!!
エルヴィン:お疲れさまでしたー
GM:次回は来週でござーんす!


アフタートーク
GM:フミカちゃんNPCとして出す気がなかったけど
GM:シナリオにぐいぐい食い込むのが笑う
リドガー:愛ゆえに
リドガー:八手GMの時はいつも愛があふれている
リドガー:ように見える(
GM:ように見える!w
リドガー:私が見た卓ではいつもカップルができている…
アルブム:とても即興とは思えないキャラである……
スマイト:出す気なかったNPCがここまで活躍するのは凄いわ…
エルヴィン:ダイスの女神の悪戯の精でどんどんシナリオがあらぬ方に曲がっていく
GM:GMの予定では戦闘までいこうかと思ってましたが
GM:無理でしたね!(当たり前である
アルマ:今回、GMの予定では
アルマ:村着いたけど蛮族居るからやっつけて帰ろうと言う予定だったのが分かるが
GM:>アルマ SO↑RE↑
アルマ:フミカちゃんが別に村はどうでもいいって思ってたのも有って
アルマ:よっしゃ帰るかってなったのが全部ダイスの所為なのが酷い
GM:お父さんは出る予定でしたよ、お父さんじゃないキャラだけど
スマイト:いろいろシナリオを捻じ曲げてる気はしてたよ
GM:ぐいーってねじまげたあとに、力入れてもどしたから
アルブム:元々は薬草採集シナリオなんでしたっけ、そういえば……?
GM:シナリオが少し変化したみたいなかんじ
GM:そうそう薬草採取しているところに
GM:村に最初にはいるか、直接薬草とり行くかでへんかして
GM:襲われてるお父さん的なキャラを助けるところからスタートみたいな
GM:そんな感じ
スマイト:道中がねじ曲がりすぎたね…
アルブム:見事にぐいーーーーですね…
ミカグラ:道中がラブコメ過ぎる
GM:着地点はかわらんのやけどん(
GM:また来週お願いいたします
エルヴィン:お疲れさまでした
アルブム:お疲れ様でしたーーーーーーー
ミカグラ:お休みなさい
リドガー:お疲れ様でした—
スマイト:お疲れ様でしたー 
スマイト:おやすみなさいです
アルブム:おやすみなさいーーーー
ミカグラ:では私も。おやすみなさい。
リドガー:わたしもー
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite