【クトゥルフ神話TRPG】「ささやく花」 初心者KP

しょーちゃんリプレイ  4
登録日:2019/10/11 02:25最終更新日:2019/10/11 02:35
「ささやく花」 クトゥルフ神話
(製作者:薄衣砂金)

このリプレイは、初心者卓のセッションを編集したものです。
PLの大多数は、初心者です。そしてKPも初KPです。
温かい目で見守ってやってください。

以下、簡単なKP、PC紹介 (手抜きとも言う)

GM、KP、ささやく花々達:しょーちゃん
初KPで、セッション開始前は、吐き気に襲われていました。
リアル高見盛を何度もやっていました。ほっぺたがクライマックス。

PC1:蓮田 玲 ハスダ レイ
PL:九龍白鴉
【職業】パフォーマー 【性別】男性 【年齢】22
ちゃらめ、今回のイケメン説得役!(役得)

PC2:野 歩 ヒバリ アユム
PL:すっくん
【職業】医者【性別】男【年齢】32
控えめ、今回のお医者さん担当!(精神分析の機会はなかったんだ…)

PC3:村井 新一 ムライ シンイチ
PL:海草
【職業】私立探偵【性別】男【年齢】20
今回のかき回し担当!(キャラ濃いめアブラマシマシ)

PC4:畑 耕作 ハタ コウサク
PL:ノッピラー
【職業】農業従事者 【性別】男【年齢】22歳
圧倒的農家(博物学は神)

PC5:七尾 ナナオ
PL:mobu
【職業】私立探偵【性別】男【年齢】21
森だぁ…泉だぁ…花畑だぁ…アホだぁ…(この下り大好き)

保護者:ギア
言わずと知れたギアハウスの管理人、今回の初心者卓の主催者
サブKPとして、本セッションに参加していただきました!
観戦者達:ギアハウスの面々
ありんこさん、みおとさん、Renさん、ありがとうございます!心の支え…!


以下、本編です!

GM 今日のシナリオは「ささやく花」です。
GM 皆様、ダイスの神へのお祈りは、済ませましたでしょうか?
保護者ギア いあ! いあ! はすたあ! はすたあ くふあやく  ぶるぐとむ ぶぐとらぐるん ぶるぐとむ  あい! あい! はすたあ!
蓮田 皆様、宜しくお願いします!
GM それでは!!「ささやく花」、宜しくおねがいします~♪
村井 いあいあー
野  おねがいします
保護者ギア お祈り完了
GM それでは導入です
村井 私はメインで行かせて貰いますね
蓮田 了解しました
GM 【夜。いつものように、探索者は自分の部屋で眠りにつく。ふと、鼻腔を突くような香りを感じて目を覚ますと、そこは色とりどりの花が咲き乱れる花畑の真ん中だった。衣服は、寝る前の格好である。持ち物は何もないと気づくだろう…】
GM 【ふと、目を覚ませば、周りには自分が見知らぬ他人。部屋で寝たはずなのに、ここは幻想的な場所で、一同に介したアナタ達…どのような物語が紡がれるのでしょうか…】
GM それではRPからどうぞ~♪

畑  一斉に目を覚ます感じです?
GM はい、多少のばらつきはあるでしょうけど…
七尾 「ここはいったい…?」
村井 「何だ、、、ここは、、、」起き上がり辺りをキョロキョロさせています
畑  「ん……なんだここ花畑……? 夢、夢だな」
蓮田 「んぁー…何すか…花畑…夢っすかねぇ?」寝ぼけながら周囲を見回す
村井 寝る前に読んでた本が有るか確認したいです
野  「ん・・・。花?なんだここ?」
GM 村井 ありません
GM 敬称略で行かせてもらいますね~
保護者ギア  ワンポイント まずは自己紹介をするといいですね 職業も一緒に言うと役割分担が楽になります
村井 周りに人が居る事に気ずき話しかけます
蓮田 「ふぁっ!? また他人だらけの夢っすか!?」
畑  段々覚醒してきて、夢じゃないことを実感します
野  「え、誰? 知らない人がいる!?」周りの人を見ながら
畑  「えっと……すいません。俺自分の部屋で寝ていたんですが、あなた方は?」
村井 「は?誰だ、、知らない奴だな、、何もかも意味不明だ」ホッペを抓ります
蓮田 「あの、俺、怪しい奴じゃ無いっす! 蓮田って名前でパフォーマーしてるっす」慌てて自分の素性を伝えます
村井 「俺の名前は名乗らないでも分かるだろう?迷い猫や浮気調査、かずかずの難事件?を解決してきた、、、分かるだろ?」自分の顔に指を指して
七尾 「探偵の七尾です」普通に挨拶
野  「あの、僕も自分の部屋で寝ていたんですが・・・。あっ、野といいます。医者・・・です。」怯えながら
畑  「ぱふぉーまー……ですか? まあ自分は畑って言いますただの農家やっているんですけど…」
村井 七尾を見て「あ、、同じ探偵か俺から学べることは多いだろうな、、見て学べよ」先輩風邪を吹かして言う
畑  「今の状況説明できる人がいれば助かるかなって……」
村井 「何だ?誰も俺の名前も分からないのか?」周りを見て言う
蓮田 「…知らねぇっす…あ!トリッキングってカッケー奴をしてるっすよ!」村井さんを見たあと、畑さんを見て笑います
野  「そもそもここは何処なんでしょう? 夢の中・・・?」
保護者ギア  ワンポイント 初対面の人に変わり種の自己紹介は滑るか困惑されるかのどちらかになりやすいですので気を付けてください
村井 うーん、、すいません、、知らなくて怒る、くだりを、やりたかったんですが、、気おつけます
蓮田 「野さんは医者センセーっすか。俺はこの場所知らねぇっすけど、誰か知ってる人居るっすか?」
村井 「はあー世間知らずだな、、村井、、名探偵だよ、、」自分で名乗る
七尾 「わからないですね」
蓮田 「名探偵…やっぱ知らねぇっす…」村井さんを見て困惑します
村井 「いや、、事の経緯は多分、お前らと一緒だろうな、、目覚めたら、、これだ」
GM  さてさて。 お互いに分かりあえた?所で、描写です。

GM 【見渡す限りに色とりどりの花が咲いている。その中で、探索者は眠っていたようだ。見渡してみると、数10メートルほど、その光景が広がっていることがわかるだろう。花畑の奥は森となっている。というよりは、この花畑が森の中にぽつりと存在するようだ。】
GM RPなど、ご自由にどうぞ~♪

GM ダイスロールをしたい場合、必ず宣言を行ってから、やるようにお願いしますね~
七尾 とりあえず目星と聞き耳振ったほうがいいんですかね?
保護者ギア  ワンポイント 何に対してどの技能を使用するのか明確に宣言しましょう
村井 「花か、、アイニク見る気にはならないね、、こんな状況で」手を大きく振る
畑  目立つのは花畑と森ぐらいで、音とかは特に無いですか?
蓮田 「変な夢は2回目っすね」キョロキョロしながら花に目星したいです
GM 畑 聞き耳振ります?
畑  じゃあ振ってみます!
GM 他の2名はどうしますか?
七尾 じゃあ振ります
システム 畑さんの「聞き耳」ロール(ccb<=35)<br>→ Cthulhu : (1D100<=35)  →  79  → 失敗
村井 うーん振らないかな、、見る気にならない、、困惑してるね
野  じゃあ森?ということなので花以外の植物に目星振りたいです
システム 野さんの「目星」ロール(CCB<=55)<br>→ Cthulhu : (1D100<=55)  →  29  → 成功
GM 目星 成功→ 野 辺り一面、花のみで、雑草などは無いようだ
村井 困惑しながら呆然としてる感じ
GM 村井 了解です~
七尾 聞き耳で森のほうから何か聞こえないか
GM おっけーです! それではダイスどうぞ~
七尾 とりあえず振りますか
システム  七尾さんの「聞き耳」ロール(ccb<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  50  → 成功
GM 聞き耳 <聴覚> 成功→ 七尾 森の方からは、何も音はしないようだ
GM 聞き耳成功 → 七尾 少女がくすくすと笑うような甘く涼やかな声が聞こえる。それは足元、咲いている花の方から聞こえてくる。

蓮田 花に目星、良いでしょうか?
GM 蓮田、どうぞ
システム  蓮田さんの「 花に目星」ロール(CCB<=55)<br>→ Cthulhu : (1D100<=55)  →  2  → 決定的成功/スペシャル
蓮田 やったっす!w
村井 おーーー
GM 花に目星 → 成功 とても幻想的な光景だが、咲き乱れる花の咲く季節がバラバラである事に気付く。春の花の筈のロベリアのすぐ隣に、夏の花であるアスターが咲いていたり、他にも秋の花・冬の花が咲き乱れ、季節感がまるで出鱈目だ。
畑  幸先良いですね
村井 じゃあ冷静になって来たので、、周りに聞き耳良いですか
GM 村井 どうぞ
システム  村井さんのロール(CCB<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  91  → 失敗
村井 げ
GM 村尾 特に何も聞こえないようだ…
七尾 あ、森に何か居るかもと思って目星したいです
GM ななお、どうぞ
システム  七尾さんの「目星」ロール(ccb<=60)<br>→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  1  → 決定的成功/スペシャル
GM ななお 生物の1つや2つ、全くいないことが分かるだろう… えスペ…w
蓮田 「んー…何か、ここに咲いてる花おかしく無いっすか?」花に顔を近付けて眺めます
村井 後半に期待して置きます
村井 「花が可笑しい?何言ってるんだ?」蓮田の近くに行きます
GM  他の皆さんはどうしますか?
畑  「何か分かったんですか?」
野  「辺り一面花だけですね、雑草も無いなんて・・・」
村井 蓮田に向って「花が可笑しい?何言ってるんだ?」近くに行きます

GM  花に近づいたアナタ。 描写です
蓮田 「咲いてる季節が違うのに、全部咲いてるっす。おかしいっすよね?」
蓮田 おめでとうございます! そして嫌な予感←
村井 「花に関する知識はアイニク、持って無いが、、そうなのか?」一緒に花を見ます
村井 逆に奇妙だね
GM  スペシャルは、後に取っておきます。 後で補正かけますので
七尾 こんなところで出られてもなぁ
GM 【それは、女学生のような無邪気な愛らしい声。ふと近くの薄青の花弁に顔を近づけてみると、はっきりと言葉が聞き取れた。『貴方たちはもう此処からは帰れない』】
GM 【その声が、紛れもなく目の前の”花”から発されていること。そして、その言葉の無邪気で残酷な内容に、1/1d3のSANチェック。】
GM  花に近づいた人、どうぞ
蓮田 大丈夫。使い時にKPが活用してくれます←
システム  蓮田さんの「SANc」ロール(CCB<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  25  → 成功
システム  村井さんのロール(CCB<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  8  → スペシャル
村井 SANで、、出ても、、(困惑)
蓮田 「う、うわぁぁー!?」驚いて跳び退きます
蓮田 SANcは無効ですからねぇ…
野  「えっ?どうしました蓮田さん!!」
野  離れていたのでびっくりしてます
村井 「何だあー」同じようなリアクションですね
七尾 「森のほうには何も居なさそうですね」
蓮田 「は、花が…花が喋ったっす! もう帰れないとかスッゲー不吉な事言ったっすー!!」震えながら野さんを見て話します
村井 「花、、が、、花が、、喋った、、、、」呆然と言います
蓮田 SANc巻き添えしたらすみません←
GM  皆さんは、当然、焦る二人に
GM  つられて、花のささやきを耳にするでしょう
GM  残りの皆さん、SANc
村井 「何だよ、、ここはおとぎ話の世界じゃないんだぜ」キレ気味に
畑  「花が喋ったなんて……そんな馬○な……」って花に近寄って確認します
野  ですよねーww
村井 草、、ごめんやー
GM さぁ!通過儀礼だ!
システム  七尾さんの「SANc」ロール(ccb<=60)<br>→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  44  → 成功
保護者ギア 出演料みたいなもんですね
システム  畑さんの「SANc」ロール(ccb<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  69  → 失敗
畑  あ
村井 あー失敗だあーごめんね
畑  1d3でしたっけ
GM  です
システム  畑さんのロール(1d3)<br>→ Cthulhu : (1D3)  → 2
GM  野、どうぞ…!☆
システム  野さんの「SANc」ロール(CCB<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  67  → 失敗
野  あ
畑  仲間が
GM  1d3をどうぞ
システム  野さんのロール(1d3)<br>→ Cthulhu : (1D3)  → 1
野  出来ましたー!
GM  よかったよかった
GM  巻き添え楽しいなぁ 白目

蓮田 「何すか、何なんすか!?どうやったら帰れるっすか?」慌てながら問い掛けます
村井 花に言います「何馬○な事言ってんだ、、正直に言えよ!ここから俺たちは出れるんだろ?」
七尾 「たしかに何か聞こえますね」
村井 七尾に向って焦ったように「聞こえますね?じゃねーだろ!!花が喋ってんだぞ!」
GM  ふむ、では描写です
GM 【びっくりして、下の花々を見回す探索者達。この辺りで囁いている花は、白のアスターと青のロベリアのようだ】 各々、どうしますか?
蓮田 「うぅぅ…俺達、本当に帰る手段は無いんすか?」困惑しながら白い花に話掛けてみます
野  んー、じゃあ白のアスターに近づきます
GM  他の方は
村井 じゃあ…さっき帰れないって言った花に言います「おい!正直に話せよ?ここから出れるんだろ?俺を待ってる依頼主が居るんだよ」

七尾 携帯を確認したい
七尾 圏外かどうか
GM  ナナオさん、持っていません…
七尾 あ、そうでした
GM  忘れがちですよね~
村井 私の本も無いからね
七尾 もうしわけない
GM  いえいえ!

GM 処理の関係上、行動が決まり次第、開始しますね
畑  気を取り直して、青のロベリアを調べて見ます
GM 村井さんは、青のロベリア、ですが大丈夫でしょうか?
村井 はーい
畑  えっと、今村井、畑→ロベリア。蓮田、野→アスター調べてるのか
村井 多分、、白の方が新情報有るんだろうけど、、、村井の性格上ね
GM ななおさん、どうしましょうか …? ウフフ
蓮田 村井さん、何処に情報が有るかは分からないから決め付けない方が無難ですよー?
村井 確かに、、何か出るかもだね
蓮田 もしくはSANc入りますwww
畑  じゃあ青のロベリアは村井さんに任せて、一応描写のなかった他の花に変なところないか調べていいですか
七尾 とりあえず様子見で何もしない
村井 SANcの代わりに良い情報が出るといいな

GM おっけーです。ではまず青の花にいった方々
村井 私一人ですね
村井 さっき言ったことを話しかけます
GM  青の花々が多くある領域に足を踏み込むと、「ねぇねぇ、キミたち。お話しようよ♪」 と聞こえてくる
GM 青のロベリア「キミたちはもう此処からは帰れない」
GM 青のロベリア「帰れないよ~♪」アハハ
村井 「何、、普通に話しかけてるんだよ!、、帰れないってどういう事だよ」
GM 「帰れないのは帰れないんだよ~♪ 出られる方法を探すだけ無駄。森へ行けば迷って出られなくなるしね…♪」アハハ
GM 青のロベリア「あ。あとね。あとね。森にある…黒い蓮は危険だよ…♪」
村井 因みに、、花って心理学出来るんですか?
GM  人間じゃないので出来ません
村井 流石に無理か、、笑
GM  そうですね…博物学か、知識1/2でロールしますか?
村井 あーそれは有効なんだ
村井 知識で行きます、、振った後RPで聞きたい事有るので…よろしくです
GM  ではダイスをどうぞ
システム  村井さんのロール(CCB<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  53  → 失敗
村井 うーん、、まあ無理よな
GM  青のロベリアのことに関して、何も分かることはなかったようだ
GM 青のロベリア「キミたちでは王の顔を見るのはかなわないでしょうね♪」フフフ
村井 「黒い蓮は?何が危険なんだよ」怒ったように
GM 青のロベリア「む~!怒らないでよ~! さてねぇ~♪」ウフフ
村井 「お前ら、、さっきから言ってる事が支離滅裂だぞ?何が言いたいんだよ、、答えろよ」怒って花をムシリマス
GM 【青のロベリアの花を手折る。刹那、「いやぁぁぁぁ!!!」と少女の甲高い悲鳴が響き渡り……手の中に花が消えた。頭に直接響いた断末魔の声に、1/1d3のSANc。】
村井 あーすいません、、これで終わります
GM  生き物は大事にしよ?笑
村井 後で処理しますか?
GM  今どうぞ
システム  村井さんのロール(CCB<=79)<br>→ Cthulhu : (1D100<=79)  →  3  → 決定的成功/スペシャル
蓮田 セーフ!!←
村井 だからSANで出るなよ…
村井 そして草
GM  さて、白の花の方々。
蓮田 やはり折るのはダメですね

GM  白のアスターに近づくと、
GM  白のアスター「私と…お話…する…?」 そうささやきかけてくるだろう。
蓮田 「お話、したいっす。帰る方法が知りたいっす」アスターに話します
GM  白のアスター「うーん…あの方に…逢えば、貴方たちも此処から出られるかもしれない…」
蓮田 「あの方って、誰っすか? 何処で会えるっすかねぇ?」
GM  白のアスター「王は、王よ… とてもお美しい方よ…。 場所は…私には分からない…けど…森の奥の…黒い蓮を…探して…」
村井 うーん青と真逆の事言うね、、
野  「花に王様がいるんですか 不思議ですね・・・」
GM  白のアスター「うん…とてもね…お美しい…会いたい…?」
蓮田 「黒い蓮を見付けたら会えるのかもしれないっすね…会いたいっす!」
GM  白のアスター「それじゃあ…森に行くといいよ…森は迷いやすいから気を付けてね…」
蓮田 「ふむ。迷いやすいんすか…野さん、後なんか聞く事有るっすかね?」
野  「そうですね・・・。 近くに青い花も咲いていますが、彼らでは駄目なんですか?」と聞きます
GM  白のアスター「だめだよ~…黒の蓮さんは…ちょっとトクベツだから~…」

七尾 青い花は折られて消えたってことはもう調べられないですか?
村井 たくさん有るんじゃない??
GM  摘んだその花に関してはダメですが、 生えていますねたくさん
村井 さすがに、、そこまでしない笑
七尾 情報源消えたかと思ってしまって笑
GM  七尾さん ときには消えることもありますので、注意が必要ですね…

GM  他の方々、ダイスロールしたいとかありましたら、どうぞ~
蓮田 花は全部で何種類有りますかね?
GM 数え切れません しかし、ささやく花は、今、2種類がいますね… そんな感じです
蓮田 なるほど。
GM  さて、皆さん、続いての行動はどうしますか?
野  無茶を承知で 花の名前を聞いて、それぞれどんな花だったか本で読んだことを思い出す的な感じで図書館って振れますか
GM  おっけーです! …あー思い出すか!ちょいまち、ならアイディア、ですかね
野  分かりましたアイデアで振ります
システム  野さんの「アイデア」ロール(CCB<=55)<br>→ Cthulhu : (1D100<=55)  →  79  → 失敗
野  駄目だった・・・

七尾 青い花とお話ししましょうかね
村井 一応私が話しましたがね、、
GM  七尾さん、情報は…同じです… 同じタイミングで行くべきでしたね…泣
七尾 知識で成功すれば情報貰えるかなって
村井 あー、、
GM  お、ダイスロールしますか? 良いですよ! しかし、知識の半分です
村井 いいね
七尾 知識75÷2でいいんですかね?
GM  端数は切り捨てでおねがいします。
システム  七尾さんの「知識÷2」ロール(ccb<=35)<br>→ Cthulhu : (1D100<=35)  →  89  → 失敗
GM  何も分からなかったようだ…
七尾 あ、37だった…どちらにせよ失敗だったけど

蓮田 「他にも話せる花って居るんすか? あっちの青い奴以外で」ロベリアを指差してアスターに尋ねます
GM  白のアスター「うーんわからないなぁ…」
蓮田  「むー…森で迷わない方法が必要な感じっすか?」
GM  白のアスター「そんな…たくさん聞かれても…わからないよ…」 へそを曲げてしまったようです。 へそあるのか?
野  「迷わないようにといっても、僕たち何も持っていませんよね・・・」
蓮田 「あ、今のは違うっす…ごめんな? 色々教えてくれてありがとっす!」
GM  白のアスター「気を…つけてね…」
蓮田 「分かったっす!」アスターに笑ってから皆さんに合流しに行きます

畑  自分は青い花に対して「博物学」でロールしてみていいですか?
GM  いいですよ 畑
システム  畑さんの「博物学」ロール(ccb<=70)<br>→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  27  → 成功
GM  博物学成功 → ロベリアの花言葉は「悪意」
野  花言葉きた!!
村井 うわー…森へ行くのはOKっぽいね

GMそれでは、皆さん、どうされますか?
村井皆のもとに行き喋る「森に行くのは辞めた方が良いそうだ、、ただ迷うだけになるってよ」
村井「あいつらが言ってた」青いロベリアを指差す
畑各情報って共有されたってことで良いんですかね、花言葉とか
GMいいですよ、共有したということで
野村井さんの言葉を聞いて「白い花は森に行けば帰ることが出来るかもしれないと教えてくれたんですが・・・」
村井「は?それは本当なのか?」周りのその他の人を見る
GMフフフ さてどうしますか どうしますか~ フフフ…
畑「花言葉がそのままとは限らないけど、ロベリアの花言葉が『悪意』なら、嘘をついている可能性もあるかもしれない」
蓮田「俺も野さんと一緒に聞いたっす! 迷いやすいけど森の奥にある黒い蓮見付けたら帰り方知ってる王様に会えそうっす!」
村井「うかつに、、信じても、、どうかと思うが、、まあ、、何も出来ず、、ここに居るよりは、、マシなのか?、、」悩んだ口調
蓮田「そーなんすか? 白いのは嘘ついてる感じしなかったっすよ?」畑さんの言葉に首を傾げます
七尾「まあ行くしかないですね」

畑GM、情報内にあった「蓮」の花言葉を「博物学」で思い出すことは可能ですか?
GMおっけです 畑
システム畑さんの「博物学」ロール(ccb<=70)<br>→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  36  → 成功
GM成功 → 蓮の花言葉は「清らかな心」「神聖」「雄弁」などだと知っている。
蓮田畑さん良い感じですね!
村井「まあ、、いざといなれば、、俺が居るし安心か、、」胸を少し叩き周りに言う
野「でも森の中で迷ってしまうと危険ですよね・・・。はぐれないように手でも繋ぎますか?」
野畑さん凄い
蓮田「森に行くのは賛成っす!迷わない目印とか要るっすかね?」
村井「皆で仲良く仲良く、手を繋ぐんか?遠足じゃないんだぞ、、心配ない、はぐれやしないよ」手を横に振る
畑「手は繋がないけど……まあ森に入ってみるしかなさそうですかね」
村井「それに、、俺もここに居るんだ自信を持とうぜ、、何か有っても心配は無いぜ、、森へ行こう」
GM皆様、森に入るということで。 描写です。

GM【幻想的で明るい花畑からは一転、暗く鬱蒼とした森だ。どこか湿っぽい空気が肌に絡みつく。】
GMダイスロールなど、どうぞ~
七尾通った木に傷を付けておきたい
GMななおさん 許可します
蓮田「うぅぅ…何か不気味っす…」
村井「不気味だな、、、」
蓮田森の中で聞き耳出来ますか?
GM出来ます。どうぞ 匂いですか? 聴覚ですか?
七尾「一旦辺りを確認しますか」
GM他の方は、ダイスロールどうしますか?
野「ここに黒い蓮さんがいるんでしょうか・・・?」森全体に目星振れますか?
畑自分も周辺に目星振りたいです
七尾というわけで目星振りたい
蓮田さっき外側では何も聞こえなかったので、匂いにしてみます
村井じゃあ私は聞き耳=嗅覚で

GMおけですどうぞ、ダイスロール
システム畑さんの「目星」ロール(ccb<=60)<br>→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  65  → 失敗
システム七尾さんの「目星」ロール(ccb<=60)<br>→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  80  → 失敗
GM目星 失敗 → 森だぁ…
システム野さんの「目星」ロール(CCB<=55)<br>→ Cthulhu : (1D100<=55)  →  3  → 決定的成功/スペシャル
システム村井さんのロール(CCB<=70)<br>→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  45  → 成功
システム蓮田さんの「嗅覚聞き耳」ロール(CCB<=65)<br>→ Cthulhu : (1D100<=65)  →  52  → 成功
村井成功
畑さすが先生……!
蓮田野さん、凄い!
野おお、ラッキー
村井スペシャル、、、ヤバ
GMクリは、!!え!!笑
村井クリが多いなーこの卓は
野KP泣かせの卓ですね
七尾ダイスの女神は荒ぶるもの
村井可愛そうに、、
GMすると、えっと、野さんって、序盤にクリ出してましたっけ?
野自分は初クリです
蓮田村井さんは聴覚聞き耳…(小声)
GMそうか…ここで補正をかけるか…泣

GM《聞き耳》(嗅覚) 成功 花畑で嗅いだものとは違う、ほの甘い香りが奥から漂ってくる。
蓮田「…ん? なんか、甘い匂いがするっすねー」クンクンと周囲の匂いを嗅ぎながら話します
村井「この、、匂いは、、」不思議に思う
GM野→見たこともない木が多い。枝振りが大きい木のせいで、視界が悪く、油断するとすぐに迷いそうだ。
GMクリティカル報酬 → 辺りを見回すと、不意に遠くの方に、木々の密度が低い場所を見つけることが出来るだろう。
GMクリティカル報酬 → 耳をすませば、木々の密度が低い場所から、なにやら、さざなみの様な音が聞こえてくる

野「木が大きくて確かに迷いそうですね。 あれ・・・?あっちの方だけ様子が違いますよ!」と指を刺す
GM(くそ…ッッ!!! SANcポイントが…!!!!!)
村井「水でも有るのか、、妙だな、、」呟く
畑野さんの言葉に釣られてそっち見ます
蓮田「蓮、水の所に咲くっすから、行ってみないっすか?」
畑「賛成です」
七尾「森だぁ…」
畑「森だぁ…」(ノルマ達成)
GM「森だぁ…」
村井「確かに、、そうだな、、さざ波の音が聞こえる近くに池が有るのかもな、、」
野「他にあてもないですし、そうしましょう。」

GMそうですね…それでは…皆さんは無事、森を抜けられたことでしょう…五体満足で。 クリってすごいなぁ~白目
蓮田初心者KP泣かせな初心者卓www
野え、森抜けちゃったの?
村井「俺が見つけたからな?さざ波の音は池が有るっていう証拠は」周りに言う
畑五体満足じゃない可能性があったんですね……
GMはい…これがクリティカルやで…!では描写です…泣
蓮田ダイスの神の恩恵ですなw
七尾木に傷を付けた意味を消されてしまったようだ
GMななおさん、そうゆうRPは、個人的に大好きなので、 どこかで拾うことにします
GM私のアドリブ力次第


GM【森を抜けると、開けた場所に出た。冷たい水を湛えた、小さな泉。その中に、ぷかりぷかりと、真っ黒な花弁を持つ蓮がいくつか浮かんでいた。】
GMRPやダイスロールなど、ご自由にどうぞ…♪
GM現状これで…クリは…精算したよね…
七尾ところがどっこい
GMどっこい
七尾僕も一回クリ出してます
蓮田www
村井草
GM七尾さん
村井GM頑張ってー
GM拾わせていただきます。確定。号泣
村井初卓で可哀そうな事になってる、、クリがこうも連続するなんて、、
GMいいんです。うまく調理できてますので…

蓮田「おぉっ!蓮有ったっすねー」近付いてみます
村井「ふ、、やはり池が有ったか、、」自分が見つけたように勝ち誇る
畑「これが、花が話していた黒い蓮ですかね。こいつらも話すのか……?」
村井「話して貰わなきゃ困る」
GMそれでは描写を
GM【泉はそう深いものではなく、せいぜい大人の腿くらいまでの水深である。】
GM近づきますか?
蓮田近付きます
畑蓮田さんの後ろに付いていきましょう
野「帰る方法を教えてもらえるんですかね?」近づきます
村井「泳げば行けそうだな」近付きます
GM皆さんで近づきます?
七尾じゃあちょっと離れます
村井村井は一番前に出しゃばって行こうとしますね
GMならば、近づいた人、 pow×3でロールして下さい
蓮田「うわ、冷たいっす!」ズボン捲って進みます
村井はーい
野げ
システム蓮田さんの「POW×3」ロール(CCB<=30)<br>→ Cthulhu : (1D100<=30)  →  78  → 失敗
システム畑さんの「POW*3」ロール(ccb<=30)<br>→ Cthulhu : (1D100<=30)  →  70  → 失敗
村井「俺が前へ行く」周りを、無理やり退かして出しゃばって進みます
蓮田ハハッ、ですよねー(白目)
システム野さんの「POW」ロール(CCB<=30)<br>→ Cthulhu : (1D100<=30)  →  91  → 失敗
畑探偵二人の温度差がすごい
村井草
システム村井さんのロール(CCB<=43)<br>→ Cthulhu : (1D100<=43)  →  49  → 失敗
野これ駄目なやつだ
村井げ
七尾全員失敗かぁ
蓮田そしてダイスの神から見放されるw
村井前へ行こうとして調子のって何か起こるんじゃ無い?村井は
野女神様は気まぐれ
GM蓮の甘い匂いに、恍惚感と陶酔感を覚え、一瞬意識が飛ぶ。【1/1d2】のSANチェック。
村井「うえ、、何だこれ、、、」

システム蓮田さんの「SANc」ロール(CCB<=49)<br>→ Cthulhu : (1D100<=49)  →  38  → 成功
システム畑さんの「SANc」ロール(ccb<=48)<br>→ Cthulhu : (1D100<=48)  →  7  → スペシャル
システム野さんの「SANc」ロール(CCB<=49)<br>→ Cthulhu : (1D100<=49)  →  67  → 失敗
システム野さんのロール(1d2)<br>→ Cthulhu : (1D2)  → 1
システム村井さんのロール(CCB<=79)<br>→ Cthulhu : (1D100<=79)  →  26  → 成功
畑セーフ
蓮田「…っ、と! あぶねーっす!!」ちょっとグラつきますが立て直します
村井探偵の温度差凄いな、、
村井「っと、、」直ぐに先に進みます
蓮田村井さんみたいな探偵に既視感が有るんですよ…何故かなぁ?w←
GMこんなに癖強くありません。信じて下さい。
畑「蓮田さんの言ってた甘い匂い、近くで嗅ぐと強烈ですね……」
GM水に入って近付くと、黒い蓮が話しかけてくる。

GM黒の蓮 「ようこそ…私達と、お話する?」
野「うわっ、やっぱり蓮も喋るんですね・・・。」
蓮田「そうっすね…あ、お話!したいっす!!」畑さんに頷いてから話しかけます
村井「あー勿論だ、、つうか、、やっぱり喋んのかよ、、」
GM黒の蓮 「貴方たちは今、王の夢に囚われているわ…」

七尾周囲警戒で目星したいです
GM目星おっけーです
システム七尾さんの「目星」ロール(ccb<=60)<br>→ Cthulhu : (1D100<=60)  →  85  → 失敗
GM七尾さん 泉だぁ…
七尾「泉だぁ…」
七尾僕なんか失敗しまくってあほっぽくなってるんですけど
GMななおさん、しょうがないです。きっと祈りが足りなかったのでしょう…
蓮田七尾さん、大丈夫。そんな探偵が家にも居ます(苦笑)
七尾そしてちょっと離れてるから会話に参加できてないと言う
GM今からでも参加しますか?
七尾SANチェックは避けよう
七尾近づかない

村井「で、、、単刀直入に聞く、どうすれば、この不思議なおかしなワールドから出れる?」
GM黒の蓮 「王に…会えばいいと思うわ…『ひなげし』は王のお気に入り。あの子なら、王の居場所を知っているでしょう」
野じゃあ「七尾さーん、泉に入ると危ないみたいですからまっててくださいねー。」と声をかけておきます
GM黒の蓮 「私たちもお気に入りだから…持って帰ってもいいけれど、ただの人間の貴方にあまりおすすめはしない…」
村井「その『ひなげし』ってのは、、どこに居るんだ?」比較的花が喋る事に見なれたのか冷静に聞く
GM黒の蓮 「場所…?何を言っているのかしら…あなた達は、通って来たと思うわ…?お花畑は、あそこだけよ?」
蓮田探偵が濃いなぁ…www
村井濃いキャラシってRPやりやすいじゃん、、好きだし、、そういうの
蓮田「ひなげしは花畑に居るんすね!」
畑「戻れってことか」
村井「くわー、、また戻るのかよ」
野「ひなげしさんはどんな花なんですか?」蓮に聞きます
GM黒の蓮 「真っ赤な…きれいな花よ… 私達が嫉妬するぐらいに…」

七尾周囲警戒の続きで今度は聞き耳したいです
GM七尾 どうぞ
システム七尾さんの「聞き耳」ロール(ccb<=50)<br>→ Cthulhu : (1D100<=50)  →  74  → 失敗
七尾だめでした
GM失敗 → 蓮の匂いがそこまで強く香ってくる。 pow×3をどうぞ
村井草
GMのがれ…られんの!だよ…!!
畑結局そうなるんですかw
蓮田あー…聞き耳だから…もしくはKPの意地w
七尾聞き耳なのにぃ…
GM嗅覚もありますからね… 特に宣言されていなかったので、 都合よく解釈しました
蓮田聞き耳は嗅覚も反映されるのです
七尾ぐぬぬ
村井KPがクリばっかでるから叫んでるんだよ笑
GMさぁ!ロールだ!☆
システム七尾さんのロール(ccb<=36)<br>→ Cthulhu : (1D100<=36)  →  6  → スペシャル
要らない子/ギアなんか、わっちいらん子やなって…
七尾草
GMこれが!ギアさんの!コーヒーがおいしい!か!! おいしいぞ!!(この時はまだSANc出来ると思って歓喜している様子。勘違いなのにね。笑)

GM蓮「ひと目見れば、分かると思うわ」
野「赤ですか・・・?僕らのいた花畑には白のアスターさんと、青のロベリアさんしかいなかったような・・・?お二人は気付きました?」村井さんと蓮田さんに話しかけます
蓮田「森から花畑まで迷わない方法って有るっすかね?」
蓮田「俺は良く見てなかったから、分からないっす…」
村井「え?いや最初から、、ここに来たときから気ずいていたよ、、、?まあ、、俺の観察眼は異常だからな、、お前らが気ずかなくても、、悪い事じゃ無いさ」目をそらしながら
畑「喋る花に気を取られすぎて……見落としたかな」
蓮田村井さんに心理学したいけど、やめておこうw
GMやってもいいですよ?
村井「あえて、、お前らを試していたんだよ、、、良く辿り着いたな、、、」自慢げに言う
村井辞めたげてー泣

七尾これ成功したからSANチェックないですよね
GMいや、1減少です
GM成功で1減少、 失敗で1d2でした
村井村井がSANチェックするから、、バレルと
七尾スペシャルでもかぁ
野とりあえず泉から出て七尾さんと合流しようかな
村井SANにスペシャルは無いからね、、
GMSANはスペシャル対応してないので…
GM何やら一人で、悶ていた七尾さんと合流しました…
七尾でもまだSANチェックしてないっすよ
七尾POW×3のダイスですから
七尾GM、POW×3のダイス成功でもSANチェックするんです?
GMあぁぁ!!!すみません!七尾さん、大丈夫です
GM対抗に成功した七尾は、しゃんと立っていました
七尾スペシャル無駄うちだぜぇ

畑じゃあ一番後ろにいた畑は先に出ます
村井村井は性格上先頭にいたから、最後だね
野泉から出ながら「あー、びっくりしたぁ。」と言いながら水気をきります
GM黒の蓮 「あら…もう行ってしまうのね…」
畑「村井さん誘われてますよ」
村井「まあ、、惚れるだろうな、、俺を一度見てしまったら、、無理もないさ」
GM黒の蓮 「あなたは…遠慮しておくわ…」
村井「え、、、また、、ツンデレか、、女ってのは、、ま、良いさ」
GM黒の蓮 「お花畑のあの子達に乱暴したでしょ? 触ってほしくないわ…」 バレてますよ。笑
蓮田「…なんか、リーゼントさんみたいっすねぇ…」村井さんを見て呟きます
畑「花たちの情報網ってすごいんだな……うちの村も似たようなもんだけど」

GM花畑に戻りますか?
蓮田戻りましょうか?
GMここ、ちゃんと確認しておこ… いいですね?
(追記:なんで!?なんで!蓮を持っていかないの!?勘弁してぇぇぇぇ)
野七尾さんが木に傷付けていったのを辿ったら、また無事に森を抜けられたりしないかな
村井お、、ここで七尾さんの…おかげで!
蓮田ですね。七尾さんのファインプレー!
畑蓮に対して『博物学』でこれ以上情報出ますか?
GM無いですね、花言葉以外は
蓮田「教えてくれてありがとっす!」蓮に話してから泉から上がります
野「戻るにしても、また森を抜けるんですか? 迷いませんかね・・・。僕、何も考えずに通ってきてしまいました」
蓮田「七尾さん、大丈夫っすか?」しゃんと立っていた七尾さんに近寄ります
GMでは、花畑に戻るで、よろしいでしょうか?
蓮田村の情報網は時に凄いですからね… あ。じゃあ普通に合流しますw
村井「七尾、、少しは強くなった、、みたいだな。。」安心したように
村井同じく合流です
蓮田戻りましょうか、七尾さんの目印辿って
畑なんか怖いけど、戻ります
七尾あほなんで理解できてないだけだと思うよ
GMそれでは探索者達は、木の傷をたどり、何も妨害されることなく、森を抜けることが出来たでしょう。 探索者達は、最初の花畑に戻ってきました。さて、どうしますか?

蓮田やったね!(笑)
村井七尾さんの、、おかげ
蓮田ひなげしを探しますね
野細かいRPって大事なんだなぁ
GMひなげしは、花畑のはしの方に、ひっそりと咲いていることでしょう
畑「七尾さんのおかげで、とりあえず一息つけましたね。まあ、赤い花を探しますか」
畑一輪だけですか?
蓮田「あ! 赤い花あったっすよ!」指差して知らせます
七尾「花畑だぁ…」
GMいえ、群れになって咲いてます
村井「七尾のおかげ、、、正しくは俺の弟子の七尾のおかげ、、だな」自分に言い聞かせる
畑花畑だぁ、は笑う
村井草
野「ふぅ、行ったり来たりですね・・・」戻ってくる前と違うところが無いか目星したいです
GM目星 どうぞ
システム野さんの「目星」ロール(CCB<=55)<br>→ Cthulhu : (1D100<=55)  →  38  → 成功
GM目星成功 → 最初の頃と、なんにも変わらない と、分かるだろう。

蓮田赤い花に近付きます
畑じゃあ自分も赤い花に近づきます
GMふむ…では
村井あ、、同じく近くに行きますよー
GMお、みなさんで近づきます?
村井はーい
野「見る限りおかしなところはなさそうですね・・・」 ちょっと下がってます
蓮田皆でとは限らないですねー

七尾じゃあ再び白い花とお話を
GM七尾さん、お待ち下さい
七尾了解

GMひなげし 「ねぇねぇ、お話しようよ~♪」
蓮田「お話したいっす! 王様について知りたいっす」ひなげしに話しかけます
村井「話?それより、、俺たちは、、ここから出るにはどうしたらいい?」
GMひなげし 「王サマ? うーん、すごいよ!すごい王サマだよ~!」
村井「どこに行けば会えるんだ、、?」
GMひなげし 「王サマにあえば…大丈夫かもね?♪」
GMひなげし 「王サマは、花畑のすぐ側にあるお城にいるよ~♪」
蓮田「お城っすか?」周囲を見回します
GMひなげし 「あ…でもね…お気に入りの私にしか、はっきりとお城の門は見えない…と思う。…でも、蓮も…もしかしたら…」
畑ひなげし連れて行かないといけないってことは、機嫌損ねたら厄介そうですね
GMひなげし 「お気に入りの私ならね!? 王の美しいお顔もちゃんと見られるよ~♪」
村井嫌な予感、、、
蓮田「あー…そっかー…なら、誰か一緒に来て欲しいっす。王様のお気に入りはひなげしって蓮から聞いたっす!」
野引っこ抜いたら死にそう、我々が
村井そうだね
GMひなげし 「え!?どうして?いやよ!! …ちゃんと、私を優しく扱ってくれるの…?」
七尾まあ詰みそう

村井「あーお前を連れてけば良いわけだな?」
GMえっと、説得、信用、言いくるめで成功すれば、渋々摘まれてくれます。
蓮田「んー…優しくしたいっす…どうしたら大丈夫ですかねぇ?」
村井持ってたかな、、、
野えっと、下がってたんですが村井さんがむしらないように近づきます
畑交渉技能は・・・ダメです
GM「やさしく…よ!」 ダイスの結果次第ですね
蓮田村井さんの信用が低いw
野ぜ、前科がww
畑リアル信用が不足していらっしゃる
村井私の奴-補正掛かる?
GMそうだな…皆さん初期値ですか?
七尾僕は白い花に話しかけに行ってるので
村井いや。。振ってますよ、言いくるめ、50です
蓮田信用52ですが、RPで上がりませんかね?
GM村井は、-10の補正ですね。 前科
野信用が37です
GM蓮田、上がります…!
村井じゃあ3人で振りますか
蓮田前科が響き過ぎるwww
GM野、+20で振りますか。
村井前科は草
GM蓮田、説得RPします?
蓮田なら、ちょっと説得RPしてみたいです
村井おー
蓮田何事も挑戦です!
村井私は説得RPで下がりかねない、、
野この補正は村井さんから守ろうとした姿勢が垣間見えたからかな?
GM野 そうです
GM蓮田、どうぞ
蓮田ですね。信用大事!
畑交渉技能無い畑は、ひなげしに対して『博物学』良いです?
GMいいですよ
村井前科のせいでー説得RPも出来ない、、泣
蓮田博物学の結果見てからで良いですか?
GM前科だからね。しょうがないね 白目
GMおっけーです
システム畑さんの「博物学」ロール(ccb<=70)<br>→ Cthulhu : (1D100<=70)  →  21  → 成功
GM成功 → ひなげしの花言葉は、「恋の予感」「思いやり」
畑んー?
蓮田やったー!(笑)共有して欲しいです
畑「ひなげしの花言葉は確か『恋の予感』『思いやり』……役に立つかは分からないですけど一応」
七尾スライディング土下座すれば-の補正値がもしかしたら消えるかもしれない
GMひなげし「おにーさん、どうしたのー?」
蓮田スライディングで周りに被害出て更に悪化の可能性がありますな←
蓮田「あの、俺達は君達に酷いことしに来たわけじゃ無いんす…」花の高さに屈んで話しかけます
GMひなげし「ふーん…そこのオジサンとは、違うのかな?」
村井「そうだぞー」後ろから顔を出す
蓮田「ただ、皆が凄いって思ってる、王様に会いたいんす。乱暴は嫌いっよ」
野「村井さん黙って待ってましょ・・・」
村井草
野すみませんww
GMひなげし「王サマ!? 王サマすごいと思う?!」
七尾がんばえー
村井いや、、笑った、、その通りやわ
GMひなげし「乱暴はきらい…うーん…証明…できる? お花に…優しくしたこと、ある?」
蓮田「凄いと思うっす!だってこんな綺麗な花達に好かれてるっすからね!」
GMひなげし「でしょ~♪でしょでしょ~♪」
村井「有るよ、、勿論だ」小声で自分しか聞こえない声で呟く
GM信用+10 蓮田
蓮田「んー…、あっ!みっちゃん…俺の友達と一緒に花に水やったりしたっすねー。綺麗に咲いてくれたっす!」嬉しそうに笑う
GMひなげし「え!!ほんと!? うれしいなぁ♪! 他には他には~♪?」 更に信用+10
蓮田「その凄い王様のお気に入りの君達に酷い事したくないっす。思いやりの言葉を持ってる君達なら、大事にしたいっすよ」
村井おーー
GMひなげし「大事に…おもいやり…」キュン 更に信用+10
村井凄いなー
GMワードを押さえていっていますね
畑花言葉絡めてきた
七尾アサガオに毎日みずやりしてたから(小学生並感)
村井ここで村井が余計な事喋ったら、、台無しになるな、、黙ってよ、、
GMなりますね
村井草
蓮田「恋の予感、ってすっげー素敵な言葉だし!俺もそんな恋とかしたいし…」ちょっと照れます
GMひなげし「…!私達のこと…知ってくれてる…んだね!☆ 素敵~♪?素敵だよね~♪」 更に信用+10
蓮田「だから、そんな君達に絶対酷い事はしたく無いっす!!だから、怖いかもしれないっすけど…力を貸して欲しい…駄目…っすか?」頼む様に尋ねてみます
GMひなげし「う~ん…もう…しょうがないなぁ~♪それに王サマに会いに行けると思えばいいよね♪優しく扱ってよね…!」 更に信用+10、ダイス無しで成功です。100を振り切れました。笑
畑蓮田さん完全勝利!
七尾これそこそこ長く話してそうだし白い花と話終わったら青い花ともお話できないかな?
村井凄い、、上手いなーこういうのが出来るようになりたいな、、
野蓮田さんかっけー!!
村井おー
村井これは凄かったですね村井も、ビックリです
GM七尾さん、どちらかだけにしましょうか
七尾さすがにだめか
村井凄いですねー
蓮田「ありがとっす!!慎重にやるっすね」パッと笑ってお礼を言います
GMきれいに摘まれることでしょう
蓮田100振り切った!やった!!
GM白のアスター「おじさん…どうかした…?」
GM七尾に対して 白が話しかけます
七尾「まだ21歳なんだけど…まあいいか」
GMひなげしの花 「あなた達なら…信用できそう… よかったら…連れて行って…?」 自己判断でどうぞ。
GM白のアスター「うん、おじさんだよ~…」
GMさてどうなることやら
GMちなみに、花ならすべて、摘めます。
(追記:泉に!泉に!戻ってくれぇぇぇぇぇぇぇ!!!白目)
七尾白い花からどんな情報でてましたっけ?
GMダイスロールは必要ですが… すみませんが…時間の関係上、説得RPは…!きびすぃぃぃ!
蓮田「優しい王様だと思うっす。大事に運ぶっすよ」ニコニコしながらひなげしを持って行きます
野んー、じゃあせっかくなのでひなげしの花に「あの・・・僕子供たちのお医者さんなんです。だから細かい作業とか得意で・・・。えっときみのこと優しく丁寧に扱う自信があるけど、一緒に来てくれないかな?」と言って信用振ります
村井そうですね、、村井が余計な事をしなければ、、良いんですが、、
GMふる必要はないですよ。 信用を勝ち取ったので
村井おー
村井村井の信用もまさかのOK?
GMそうですね。
村井花に乱暴してたけど序盤で
蓮田七尾さんに話してるのは白でいいんですよね?
七尾「王様についてなにか詳しく」
畑これ色の関係性とか気になるけど、時間が足りない
GM白のアスター「王…?うーん… 好きな子たちのことでもいいかな…?」
七尾「いいよ」
野ひなげしさんは蓮田さんのもってる1輪でいいですかね?野も持ちます?
GM白のアスター「そうだねぇ…やっぱり1番のお気に入りはね… 真っ赤な子なの…」
GM野、持ちたければどうぞ。
GM白のアスター「それでね!2番めはね…真っ黒の子…」
蓮田21でおじさん…蓮田が聞いたらひなげし持って卒倒しそうだw
GM白のアスター「3番めはね!私…!私だよ…」
七尾注意僕はひげなしの情報一切持ってない
GM白のアスター「4番目はね…青い子… ほかはみんな同じ… うーん… なかでもね、真っ赤なこと、真っ黒な子は、格別…なの…」
GM泉で、共有したことで良いですよ
七尾あ、はい
七尾「どう特別なの?」
GM白のアスター「それをね。みるとね。すごーく喜ぶんだぁ…」
GM白のアスター「真っ赤な子と真っ黒な子は…すごく喜ぶんだ…」

GM他の皆様方へ。
GMここの場面を終えると、クライマックスフェーズです。つまり、ほぼ終わりに近づいております。
七尾「喜ぶ?花を見て?」
野・・・よろこびすぎて王様こっちに突撃したりしないよね?
野怖いな
GMなにか洩らしがないか、ご確認下さい。 クトゥルフでは大事です
(追記:だから!蓮!取ってきて!!白目)
GM白のアスター「そう!あまり…表情にはでないけどね…」
GM白のアスター「私達には、心がわかるから…」
蓮田花は、ひなげしのみ入手してますね。蓮は人間には厳しいと言われましたし…
村井割と正しい方に行ってるっぽいね
GMひなげしの花、蓮田さんだけでしょうか?
畑蓮にはオススメしないって言われた理由を聞きそびれたけど、あの匂いのことで良いんですかね
野森の甘い匂いはノータッチでしたね
村井私は持って無いよ。。蓮田さんだけかと。。
野野も持ってません
GMふむ。
村井匂いの事だと勝手に解釈してたね、、
七尾「心が…人間の?花の?」
蓮田多分匂いは蓮のものですね
GM白のアスター「そうだよ…!」
蓮田ギアさんはちゃんとここに居ますし!(笑)
GMそうですね、森に関しては、クリで抜かれてしまったので。森の甘い匂いと、蓮の匂いは、同じものです。
野GMサンクス
GM白のアスター「おじさんも…優しい雰囲気…感じる…」
蓮田お城の位置は花に聞かないと多分認識出来ないですね。王様についても、ひなげしにしか分からない可能性があります
GM白のアスター「私を…連れて行く…?優しくしてほしいけど…」
七尾「いいのかい?」
蓮田夢から帰還する方法も不明ですね
GM白のアスター「いい…よ…! あっちのオジサンとは…違うみたいだからね…♪」
蓮田村井さんの悪評は根深いみたいですね…w
GM他の花に関しては前科 笑
七尾じゃあ連れて行きます
GM他の皆様方、 どうでしょうか、確認はすみましたか?
(追記:良いんだな!?ホントに!良いんだな!?)
GM七尾、了解です。 白のアスターを手に入れました。
畑しかし一番が赤い花なら、白い花はなんで最初からひなげしのこと教えてくれなかったのか
村井そんなー泣
野仲が悪かったりしたらケンカしちゃいませんかね?
GM聞き出せなかった…ですかね~
追記(実はGMが話したくなかっただけです。ごめんなさい)
蓮田聞かれなかったか、話したく無かったかですかね?
GM時間を見つつ、やっていますので、発言回数とかも、地味にカウントしていたりするのですよ
追記(実はそんな事していませんでした。本当にごめんなさい)

蓮田ここ花瓶有るんでしょうか?←
GM花同士は、喧嘩しません
GM花瓶はありません。わら
野花同士は、か。
村井聞かれなかったから言わなかったのが正しい気がするね
GM基本的に、抜いた時に死んでしまうので。
村井村井とは喧嘩しそう、、
蓮田アスターに関しては蓮田君が質問し過ぎてしまった点も有ります…反省←
七尾まぁ出る方法聞くのと好きな子のこと聞くじゃ情報変わるよね
GMよーし。みなさん。大丈夫でしょうか?場面を進めてもよろしいでしょうか。
村井OKですよ、、遂に行きましょうクライマックス
蓮田ですね。 どうしましょうか?
GM持ち物の確認をさせて下さい、
畑分かりました
野進行どうぞ
村井「村井の持ち物」特になし
GM村井、畑、野 持ち物なし
GM蓮田 ひなげしの花 七尾 白のアスター
GMで、よろしいですね?
村井OKです
畑はい
七尾大丈夫ですね
野はい
蓮田それで大丈夫です
GMでは描写です

GM【ひなげしの花を抜くと、花畑の奥の方に城門が浮かび上がる。その城門を潜ると、古めかしい石造りの城の廊下に立っている。奥の部屋から、威厳のある男性の声が聞こえる。「迷い込んだ者よ、我が玉座に花を捧げよ」】
GM入りますか?
GM奥の部屋に
村井はい、、
畑入るしか……ない
野選択肢など無かったのだ・・・
七尾奥の部屋以外なにかあります?
GMありません
七尾じゃあ入ります
GMでは描写を
蓮田持って無い人が心配ではありますが…入りましょうか
GM【石造りの小さな城。調度品が少なくとも、不思議と威厳と豪華さが感じられる。奥の玉座には……まばゆい光。輝き。その光こそが”王”なのだと、瞬間的に察した。】
GMさてここで、ひなげしの花を持っている方のみへの描写です。 【光輝く姿……人智を遙かに超えた、その美しさ。神々しさ。瞬間的に、貴方は理解してしまうだろう。”この御方は、ただのちっぽけな人間が、見てはいけない存在だ”と。眠りの大帝 ヒプノスの姿を直視してしまった探索者は、1d6/1d20のSANチェック。】
村井草
野そっちかよ!!
GMひなげしは言っていました。 「お気に入りの私なら、王の美しいお顔もちゃんと見られるよ~♪」
村井あの涙腺崩壊、感動シーンが、、
システム蓮田さんの「SANc」ロール(CCB<=48)<br>→ Cthulhu : (1D100<=48)  →  24  → 成功
村井村井が嫌われてて良かった、、
七尾そうだったクトゥルフだった
畑お気に入りを大量に手折ったら怒られるかと思ってたけど……想定外の方向にw
システム蓮田さんのロール(1d6)<br>→ Cthulhu : (1D6)  → 2
GM発狂はしましたか?
蓮田セーフ!!
村井おーじしつ1D3
GMうむ。
野リアルラックが高い
GM王様は「迷い込んだ者よ、我が玉座に花を捧げよ」 さてどうしますか?
七尾これ僕もなんかあるよね絶対
GMありません
蓮田昨日の運が残ってた!!
七尾なんやて!?
蓮田ひなげし限定ですよー
ギアハスタちゃんに感謝して下さい
GM皆様、どうしますか?
村井村井は何も持って無いので、、黙って見てます
村井「、、、、、、、、、、」
蓮田ひなげしの花を玉座に捧げます
七尾白い花は無害だった

GMみなさま、それでよいですね?
畑はい
村井はいー
七尾いいとおもいます
野下手に観察してSANcしたくないので、いいです
村井草
GMではEDです
GM【「城門から出ていけ。お前たちがあるべき世界へ戻れるだろう」という声が聞こえ、玉座から光が消え去る。】
村井感動するなー
GM【玉座から光が消えたその時、探索者の意識はくらりと沈み……。翌朝、何事もなかったかのように自分の寝室で目を覚ます。あれは夢だったのだろうか、と首を傾げるその鼻腔を、微かに、花の甘い残り香がくすぐった。】
GMおめでとうございます!シナリオエンドです!
保護者ギアお疲れさまでした
畑お疲れさまでした!
野お疲れ様でしたー!
七尾お疲れ様でした
 いいね!  4

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

1. しょーちゃん
2019/10/11 02:35
かなり見ずらいですね。訂正はまた後日…
 いいね!1
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite