【クトゥルフ神話TRPG】リプレイ「豊穣の花嫁」2

じんリプレイ  1
登録日:2021/01/24 02:16最終更新日:2021/01/24 02:16

システム:じんさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに器操井行方が追加されました。
システム:どくいちさんが、入室しました。
システム:満身創痍社畜みやのんさんが、入室しました。
システム:あるこいりすさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに兎洞 絹が追加されました。
システム:ろくろくさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストに加賀屋 柊真が追加されました。
加賀屋 柊真:シュッシュツ
システム:キャラクターリストに 木野 木野子が追加されました。
システム:キャラクターリストに猫子コウが追加されました。
システム:満身創痍社畜みやのんさんが、退室しました。
システム:満身創痍社畜みやのんさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストから 木野 木野子が削除されました。
システム:キャラクターリストに 木野 木野子が追加されました。
器操井行方:謎の生物との戦闘を終え、朝です
満身創痍社畜みやのん:こけこっこー
器操井行方:「おはよお。みんな眠れた?」
あるこいりす:クックドゥルドゥー
加賀屋 柊真:アサダヨ-ッ
加賀屋 柊真:「アザダヨッオハヨッ」
 木野 木野子:おはようございます。みなさん夜は眠れましたか?
器操井行方:「とうまくん!?」
加賀屋 柊真:(寝不足)
猫子コウ:ぅはよお ねむい・・
兎洞 絹:「んー…まぁ、あんまり寝れなかったですけど一応…」
加賀屋 柊真:「大丈夫ダヨ…」
器操井行方:「俺はちょっと興奮気味で上手く眠れなかったよ…今日一日動けそうではあるけど」
加賀屋 柊真:(眠い…)
器操井行方:「とりあえずご飯にしよ。腹が減ったら戦はできないし」食堂へ行こう
猫子コウ:ごはぁん
加賀屋 柊真:「いなほくんいるかなあ…」ご飯
加賀屋 柊真:「やっぱ社畜くん死んだ?(直球)」
GM/じん:島田「おう、おはよう皆さん」竹内「あ、おはようございます…」
 木野 木野子:おはようございます。
兎洞 絹:「おあようございます」
猫子コウ:はよざっますー
GM/じん:島田「死んだって。たちの悪い冗談だなあ…あいつは急用でな、一足早く帰ることになったんだよ」笑いながら教えてくれます
 木野 木野子:そうなんですの?
加賀屋 柊真:「そっかそっか。おはよおはよ〜」
GM/じん:島田「ほら、連絡もある。あいつは売れっ子だからなあ」島田さんがケータイのLINEを見せてくれます
加賀屋 柊真:「わざわざ見せてくれなくてもいいのにい。ありがとね〜」
GM/じん:LINEには確かに三嶋から「急用入ったから帰るっぴ(要約)」とあります
猫子コウ:あの人帰っちゃったんだ、残念だね。>たけうちさんに小声でこそっと言います
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 82 (82)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 76 (76)
GM/じん:竹内「三嶋さん、体調が悪そうだったので…心配です」
加賀屋 柊真:心理学成功
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 成功 52 (52)
猫子コウ:そっかぁ、僕も心配だなあ…また連絡あったら教えてね。>竹内さん
GM/じん:竹内:島田に不信感を抱いており、探索者に何か言いたそうな表情を浮かべるが島田を気にして何も言わない。
GM/じん:島田:仕事で帰ったというのは嘘であり、また竹内と妙にぎくしゃくして気まずく思っている。
加賀屋 柊真:おやおや??
加賀屋 柊真:「……いなほくんはー?!」寝不足の不調をいなほくんで癒すつもりだった
GM/じん:不倫永野「あたしもさっき訊いたんですけどお、朝早くから出かけちゃったらしいんですよお。つれないですよねえ。…おにーさんは、今日はなんか予定ありますぅ?」
GM/じん:不倫川崎がとうまくんを睨んでいます
加賀屋 柊真:「うわっ、アマ…げふんげふんお姉さんおはよー!もう相手がいんだから俺じゃなくておっちゃんと宜しくすればいいじゃん!ってわけでまたね!」
加賀屋 柊真:ゆくえくんの方へ退散します
GM/じん:不倫永野は拗ねていますが追っかけてはきません
猫子コウ:おねーさんとおにーさんは今日はどこ行く予定?>不倫二人に話しかけます
器操井行方:「大丈夫?山成くん、どこ行ったんだろうねえ」ちょっと笑っています
加賀屋 柊真:「大丈夫大丈夫。あとでLINEで聞いてみよっかなあ。…ねえねえきぐるいくん、昨晩拾った鍵あんじゃん?社畜くんの部屋あとで行こーよ。出かける前に」ゆくえ君に
兎洞 絹:絹は低血圧のコミュ障なのでコウ君が話しかけてるなーって見てます
器操井行方:「お?いいねやる気だね。乗った!」後ろ暗い探検が成立します
加賀屋 柊真:「いえーい!」死体漁りになんのかな?
 木野 木野子:みずきさんおはようございます、あの、三嶋さんがお帰りになられたそうなのですがお見かけになりました?
GM/じん:不倫永野「えー、多分部屋にいますう。…え、興味あります?おにーさん。三人で、とか?」こいつうぜえな
GM/じん:不倫川崎は猫子くんを睨んでいます
加賀屋 柊真:(このアマうっせ〜〜〜〜〜〜〜)
兎洞 絹:「まぁ僕もいるけど」
猫子コウ:そっかあ。ぼくあっちにいる美人の子(絹くんを指差してます)と今日は一緒にいるからまた今度ね~。>永野さん
GM/じん:瑞希「ええ、昨晩遅くにお帰りになりました。何かございましたか?言伝などありましたら、確かご一緒に来られた島田さんと言う方にお聞きになられては?」朗らかです
GM/じん:永野は面白くなさそうで川崎は睨んでいます
 木野 木野子:そうですか、わかりましたわ、ありがとうございます。
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 成功 69 (69)
GM/じん:瑞希:三嶋さんが「昨晩遅くに帰った」というのは嘘である、と思っています
 木野 木野子:あ、ちなみに何時くらいだったかお分かりになります?
兎洞 絹:「瑞希さん、昨日図書室でこの辺で角のある化物の言い伝えがあるって本を読んだんですが、何かご存知のお話とかありませんか?」にっこり笑って聞きます
GM/じん:瑞希「時間、時間ねえ…急なお話で、私もお客様に失礼ですが眠たくって…よく覚えてないんですよね。どうしても気になる、ということでしたらお調べしますが…」
猫子コウ:そういえばさ、昨日の夜って二人は部屋の外見たりした?ぼくトイレ行きたくて起きたときに部屋の外になんか見えた気がしたんだけどさー!>不倫二人組に向かって聞きます
 木野 木野子:お手間をおかけしてしまうのは承知しておりますがお願いしてもよろしいでしょうか?
GM/じん:瑞希「あら、そんな言い伝えが?私は初耳です。…伝承に興味があられるのでしたら、公民館に行かれては?色々な文献が残っているらしいですよ」
GM/じん:不倫カップル「知らない」と答えます。永野は色目を送り、川崎は睨みます
加賀屋 柊真:いなほ君に『朝早いなら言ってよー!( ´・ω・‘)』とLINEを送ってます
猫子コウ:そっか、ありがとう!>不倫カップル
兎洞 絹:「そうなんですね…あ、そういえば昨日…寝てる時に鈴の音が聞こえてきて、あれってお祭りの何かなんですかね」
GM/じん:瑞希「鈴…?私どもは聞いておりませんが…」
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 77 (77)
GM/じん:瑞希:鈴の音は聞こえていました。聞こえていない、というのは嘘です
兎洞 絹:「そうですか…じゃあお祭りの何かなんですかね、ありがとうございます」
GM/じん:瑞希「ええ、ごゆっくり」
加賀屋 柊真:「飯食おうぜ飯!!」
猫子コウ:なっとうー!
器操井行方:「メシだメシだ~!!」
 木野 木野子:なめこ汁
加賀屋 柊真:「パン食お」
猫子コウ:絹の納豆を貰って納豆二倍飯やったー!
加賀屋 柊真:「美味しかった!!!!!!!!!」
器操井行方:「いやあ、いい味だったあ」
加賀屋 柊真:「きぐるいくん行こー!」
加賀屋 柊真:漁るぞ漁るぞ〜
器操井行方:「よっしゃあ。探ろ探ろ!…みんなはもう行く?駐在所」
器操井行方:きのこちゃんたち
GM/じん:瑞希さんが三嶋さんが帰った時間について、鈴の音が聞こえたちょっと前くらいの時間あたりを教えてくれます
GM/じん:三人はまだホテル内にいるということで
器操井行方:「りょ。いこっか、とうまくん」鍵をちらつかせながら
加賀屋 柊真:「おっしゃ、行こ行こ!」るんるんで死体漁り(暫定)です
加賀屋 柊真:304号室へご〜
 木野 木野子:私、少し野暮用がありますので行ってきてよろしいでしょうか
猫子コウ:うん、いってらっしゃーい!
器操井行方:「いってら!気を付けてね!」
器操井行方:302号室です
器操井行方:304でした
器操井行方:三嶋の部屋は綺麗に清掃されています
加賀屋 柊真:「オア…綺麗になってら…」
加賀屋 柊真:「鍵返してなかったのにい。スペアキー使ったのかな?」
器操井行方:「仕事早いね。…おかしくない?出てったの深夜でしょ。なのにもう片付けてあるなんて、仕事が早すぎるよ」
器操井行方:「鍵については、確かフロントにマスターキー?かなんかがあった気がするよ。それ使ったんじゃない?」
加賀屋 柊真:「だねー。つーか清掃してる物音聞こえなかったし。俺の耳が悪かっただけかもだけど…」
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 91 (91)
システム:器操井行方さんの「目星~」ロール(1d100>=60) → 失敗 52 (52)
加賀屋 柊真:目星失敗
器操井行方:机の引き出しの中に「豊湯村の食料自給率」についての資料が見つかる
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 36 (36)
加賀屋 柊真:EDU×4成功
器操井行方:EDU×4→村の食料自給率が、全国平均と比較して異様に高いということが分かる
器操井行方:「…この村のこと、随分調べてたんだね」
加賀屋 柊真:「なんかやべー取引でもしてんのかな、ここ」
加賀屋 柊真:「まさかお前は知りすぎたってやつ?!」キャッキャッ
器操井行方:「あ、かも~?とうまくん冴えてるかも?あり得るよね!」ウフフ
器操井行方:二人は部屋をそっ閉じします
器操井行方:「…なんかさあ、とうまくんやきのこちゃん、さっき島田さんとか瑞希さんと話しながら妙に態度を気にしてたじゃん?あの人たち、なんかあったの?」
 木野 木野子:木野子は303号室に軽車両4名と行ききのこについて延々を島田に話して聞かせた
GM/じん:不倫カップルはぐったりしています
GM/じん:島田でした
加賀屋 柊真:「社畜くんその2?あの人ねえ、嘘ついてるよ。社畜くんその1が早く帰ったって嘘。…女将さんもそう言ってたしさあ、社畜くんその1がマジで死んでたとしたらあのふたりはグルって考えるのが自然じゃねー?」
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=85) → 失敗 90 (90)
GM/じん:島田はきのこ教にまだ懐疑的です
器操井行方:「わーお…。島田さんも…ふーん。…山まで行った後さ、俺、もうちょっとホテル内見て回っちゃおっかな。なんか発見があるかもしれないよね?」ほくそえみ
加賀屋 柊真:「お、ノリノリじゃん!悪い顔してんね〜。消されないように気をつけなよー!誰にも気付かれずにひとり寂しく死んじゃうかもしれないしね!」
器操井行方:「えぐっ普通にありそうだしひっど!…まあ、面白いこと分かったら情報共有するからさ。上手く行くように願ってて?」
器操井行方:みんな外出だなあ
加賀屋 柊真:コソコソ
器操井行方:三嶋さんの部屋こんな感じだったよってことなど情報共有します
猫子コウ:ヒソヒソ
加賀屋 柊真:「みんな消されないよーにね!気をつけてね!」にこやか
猫子コウ:オカミサンヒェッ
器操井行方:シマダンワーオ!
兎洞 絹:カサカサカサカサ
加賀屋 柊真:「合法ロリちゃんも一緒に行くー?」
 木野 木野子:あなた方お二人では少し心配なのでついていきますわ
器操井行方:「お、サンキュ!じゃあきのこちゃんも俺ととうま君に付いて来る。しゅうくんとコウくんは駐在所だね!で、あとで山で合流ね!」
システム: 木野 木野子さんのロール(1D2) → 1 (1)
猫子コウ:はーい!また後で山で!
加賀屋 柊真:「合法ロリちゃんこっち乗るの?きぐるいくんの方が良くね?」自転車
 木野 木野子:かがやさんよろしくお願いいたしますねニコォ
器操井行方:フロントであらかじめ登山道具も借りて、みんな自転車で移動します
加賀屋 柊真:「いーけど後ろからお話されたら事故っちゃうかもな〜」事故に見せかけて落とそうかな
器操井行方:「とうまくんファイト!…聞き流しててもそのうち相槌打つタイミング分かって来るからっ!」最後は小声です
加賀屋 柊真:「はーい…。おいでおいで〜」乗せて出発です
システム:猫子コウさんの「【目星】」ロール(1d100<=25) → 失敗 65 (65)
兎洞 絹:駐在所に目星
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 100 (100)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 76 (76)
猫子コウ:絹ーーーっ!?
器操井行方:田崎「おっ別嬪さ…うおおお!!!?」
兎洞 絹:「うぉ…っ」
兎洞 絹:「いたたた…」
器操井行方:田崎「だ、大丈夫かい?あああんた、そんな高い靴履いてるから…怪我は?」あわあわしています
システム:猫子コウさんの「【幸運】」ロール(1d100<=65) → 失敗 90 (90)
兎洞 絹:「あっ…大丈夫です、すみません…」
システム:GM/じんさんの「田崎のおっちゃんの幸運」ロール(1d100<=65) → 失敗 91 (91)
GM/じん:田崎のおっちゃんがしゅうくんを助け起こす時に、背中がソファにぶつかって位置がずれ、下からきらりと光るものがありました
猫子コウ:(絹君におっちゃんを引き止めてて!みたいな視線を送ります)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 12 (12)
兎洞 絹:「すみません…自転車に慣れてなくて…山道だったし疲れてしまったのか腰が抜けて…助けていただけますか…?」と恥ずかしげに赤らめた顔で手を差し出し目を伏せる
GM/じん:田崎「エッアア…そ、そらいけませんね。えっと…と、とりあえず床じゃ汚れるのでェ…」はわわしてます
猫子コウ:(おっちゃんの目が絹君に釘付けになったこをと確認した上で、ソファの下に見えた光るものを拾って見て、ポケットに突っ込みます)
GM/じん:田崎のおっちゃんはしゅうくんの美貌(APP18)に釘付けです
システム:猫子コウさんの「【マーシャルアーツ】」ロール(1d100<=80) → 失敗 84 (84)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 21 (21)
GM/じん:黒い握りこぶし大の置物が部屋の奥にひっそりと飾られている。(遠くから見ただけでは、何の置物かは判別出来ない)
GM/じん:『黒い山羊の木彫りの置物』を発見する。
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 81 (81)
GM/じん:<SAN値チェック>0/1
猫子コウ:わ、絹・・顔色悪いよ、大丈夫?どっかで休もうか
GM/じん:メロメロ田崎巡査に置きものについて訊くと「あれは大事な神様を模した置物ですう」くらいは答えてくれます
GM/じん:昔からこの駐在所にずっとあるものだと答える。
猫子コウ:(ポケットの中の光ったものをこっそり確認します)
GM/じん:ロッカーの鍵です
兎洞 絹:「すみませんお巡りさん、この近くの山のことについて聞きたいので、ちょっとだけ外に来てもらってもいいですか?」
GM/じん:田崎巡査「行きましゅ♡♡」ついていきます
猫子コウ:(二人が外に出たタイミングでロッカーの鍵を使ってロッカーを開けます)
GM/じん:☆拳銃が手に入る。
兎洞 絹:「あそこの滝のところなんですけど…」無駄な話をします
GM/じん:[38口径リボルバー] 初期値:20% ダメージ:1D10 1R:2回攻撃可能 装弾数:6
猫子コウ:拳銃を震える手でかばんに突っ込みます
GM/じん:田崎巡査「滝きれいでしゅ♡♡」
猫子コウ:そのまま外に出て絹君に(全部済んだ!)ってアイコンタクトします
兎洞 絹:「ありがとうございます~助かりました♥」ってちょっとサービスして去ります
GM/じん:田崎「またのお越しを~♡♡」
器操井行方:「とうまくんお疲れ~!大丈夫?」診療所組です
器操井行方:「きのこちゃんも。痛いとこない?大丈夫?」
加賀屋 柊真:「お〜〜。早く行こー」診療所だ
 木野 木野子:ええ、ゆくえさんご心配ありがとうございます、かがやさんときのこについてたくさんお話できましたわニコォ
加賀屋 柊真:(途中からほぼ聞いてなかった)
器操井行方:「お疲れ…。相槌さえ打ってればね、彼女も気にしないから」とうまくんの肩をぽんぽん叩いています
加賀屋 柊真:「大丈夫、途中から聞いてなかったから(大丈夫ではない)早く行こーって」
器操井行方:「おっけーおっけー。行こうか!」診療所です
加賀屋 柊真:「おじちゃんせんせ〜!」
GM/じん:佐伯「おや、見かけない顔だね。おはようございます。どっか悪いとこでも?」
 木野 木野子:ごめんくださいまし、少しお話よろしいでしょうか
GM/じん:渡辺「おはようございます~」
加賀屋 柊真:「おじちゃんおはよ。お姉さんもおはよおー。俺ね、ここに観光しに来てんだ。でさでさ、気になる子ができちゃって」
GM/じん:佐伯「おやおや、いい話だね。誰だい?どの娘かな」のほほんほ
加賀屋 柊真:「でしょでしょ!でね、これがその気になる子なんだけど。なんか知ってる?」昨日公民館からスった小さい頃の稲穂くんの写真を見せます
GM/じん:「…こりゃあ。山成さんとこの…稲穂くんだね。どこであったんだい。村じゃないだろう?」驚いています
加賀屋 柊真:「本人から借りたんだよね!(大嘘)…じゃあさ、山成稲穂くんがこの村に里帰りしてるの知ってた?実家どこ?ご両親は?」質問責め
 木野 木野子:かがやさん、そんなに一度にお聞きしては失礼ですわ
GM/じん:佐伯「稲穂くん…帰って来てるのかい?引っ越したはずじゃあ…そうかい、帰って…なんのために。いや…うん…彼はね、彼はなあ…」写真を見て、懐かしそうに話し出します
加賀屋 柊真:「いーじゃんいーじゃん。……」うきうきで話を聞いてます
加賀屋 柊真:「…そっかそっかあ。詳しくありがとねえ。…ねえねえ、いなほくんってさ、銀色の腕輪付けてたんだよね。その話を聞くとさあ、いなほくんのご両親が金色の腕輪も持ってんじゃないかなって思うんだけど。形見になったのは銀色腕輪だけ?金色の腕輪はどっか行っちゃったの?」
GM/じん:佐伯「金色の腕輪の行方は…どうだろうね、知らないね。でもねえ、銀色の腕輪は、もしかしたら穂波さんの形見かもしれないよ。お守りの印まで彫ってある物だからねえ…。渡しても不思議じゃないよ。稲穂くんが結婚した、って話も聞かないしね。彼もまだ若いし、もし結婚したならこんな小さな村だ、噂になるはずだよ。腕輪を贈り合う文化なんてそうないからねえ、結婚して持つ腕輪ならまずここの村のものだろうしね」
GM/じん:金色の腕輪の行方、の所で行方が「ん?」という顔をします
加賀屋 柊真:「……ほんと?!ほんっっと?!?!やっっっったー!!!!いなほクン結婚してないんだ!!よかったあ〜〜!!!!!!」キャッキャ!!
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 成功 45 (45)
加賀屋 柊真:大喜びです
 木野 木野子:心理学成功
GM/じん:佐伯:金色の腕輪の行方はマジで知らん、みたいな感じです
器操井行方:「やあったじゃんとうまくん!後は当人たちの気持ち次第だよ!!」キャッキャ
加賀屋 柊真:「やったやった!!!ぜって〜〜〜〜〜落とす!!!!結婚する!!!!」キャッキャッ
GM/じん:佐伯「…ん?つまりお前さん、気になる子ってのは…どっかの娘さんじゃなく…」おじいちゃんがちょっとびっくりしています
加賀屋 柊真:「ん?そうだよ!俺いなほくんと結婚すっから!(?)…あっ、本当にそうなったらここが俺の第二の故郷になる感じ?!うわあっ、じゃあよろしくねおじちゃん!!不束者ですが!!」??
GM/じん:佐伯「ん、おお…。…まあ、あの子も難しい子だが…そうか、そんないいひとが出来たんだね。どうやら性格は相反しているようだが…そうかい、そうかい…」嬉しそうにこくりこくりと頷いています
GM/じん:佐伯「今はね、男同士だとかそういうのは、昔に比べたら受け入れられやすいもんな。…よかったなあ、稲穂くん…」しかし実はまだ両想いではないんだが
加賀屋 柊真:「だろだろ!絶対俺が幸せにするし!……あ、そういえば昨日いなほくん腕輪してなかったじゃん…!形見って相当大事なんじゃ…。…やばいな、探した方がいいかな…」おろおろ
加賀屋 柊真:「じーちゃん!この村でさ、なんか物を落としたりしやすいところある?(??)」
GM/じん:佐伯「…腕輪、失くしちゃったのかい?稲穂くん。どこにやったんだろうね、腕輪をしてるってことをあんたが知ってるなら、里帰りした時にはまだしてたんだろう?もしあれが穂波さんの形見なら、あの子がどこかにやることはないよ。そうだね、どこかに落としたのかもしれない。…落としやすそう、なあ…私は眼鏡なんか家の中でしょっちゅうなくすけどなあ…」佐伯さんは今、老眼鏡を額にひっかけるようにかけています
GM/じん:佐伯「今も眼鏡が見当たらなくってねえ…」
加賀屋 柊真:「そっかあ、部屋のなかじゃないだろうなあ〜。じーちゃん、眼鏡ここにあるよ!しっかりしっかり〜」眼鏡かけさせてあげます
GM/じん:佐伯「おんやあ…?」きょとんとしながら眼鏡をかけてもらいます
 木野 木野子:渡辺さんはこの村の出身ですの?
GM/じん:渡辺「あ~私、三年前にこの村に来たばっかでして。あまり詳しいこと知らないんですよね…」申し訳なさそうです
器操井行方:「あ、そうなんですね。いいですよねえ、ここ。住みやすいでしょ~空気も美味しいし!田舎って不便なことも多いですけど、満たしてくれる所も多いですよね!」マシンガントークが疼く行方
 木野 木野子:そうなのですね、ちなみにこの村に伝わる伝説について何かご存じでしたら教えていただきたいのですけど
 木野 木野子:ゆくえさんこの村の出身でしたっけ・・・
器操井行方:「え、いんや?東京生まれ東京育ちのオカルトジャーナリストだよ!」
GM/じん:「村の伝説ぅ…もあんまり詳しくなくて。私が知ってることって言ったら…そうだなあ、恋愛事情ですかねえ?」
 木野 木野子:それと、私、旅行に来る前に少し耳に挟んだのですが神隠し・・・があったこと、ご存じです?
GM/じん:渡辺「え、分かりません。なんですかそれ?」
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 成功 58 (58)
GM/じん:渡辺:マジで知らん、という感じです
 木野 木野子:ありがとうございます
GM/じん:渡辺「ここだけの話なんですけどお、駐在所の田崎さんと実里館のおかみさん、何度も逢瀬重ねてるんですよ。怪しくありません?」
 木野 木野子:そうなんですの?
GM/じん:渡辺「毎日、7時から9時、19時から21時はパトロールしてて…その間にもしかしたらおかみさんと…なんて!」
GM/じん:渡辺はキャーっと照れた顔をしています
 木野 木野子:わかりましたわ。あ、お話してくださったお礼と言っては何ですが、これさし上げます。
 木野 木野子:勧誘書渡す
器操井行方:「ありがとうございましたあ。そういうの気になっちゃうよね~狭いコミュニティだもんね。もしかしたら…ねえ?」下世話な顔を作って渡辺さんに話を合わせています
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=85) → 成功 6 (6)
 木野 木野子:信用成功!!!!!!!
GM/じん:渡辺「え~なんですかこれめちゃくちゃ気になります…ちょっと帰ってから…いや、お昼ご飯にでも見てみます!」信者になることは確定です
器操井行方:うわあこれもう信者の顔してる、と渡辺さんに対して苦笑いしています
加賀屋 柊真:「色々ありがとねー!…じゃあ次は山だね。俺滝見に行きたい!」
 木野 木野子:ええ、あちらのお二人とも合流いたしましょう
器操井行方:「そうだね。すみませんね、長く時間取っちゃって。お忙しい中ありがとうございました」山へ行きます
GM/じん:佐伯「うんうん。また体の調子が悪くなったらおいで」渡辺「ありがとうございましたあ~」
器操井行方:12時半くらいに山で合流しました「お疲れー!どうだった?こっちはまあ、とうまくんが大喜びだったよ!」
猫子コウ:おつおつー!こっちも絹の色仕掛けが爆発しておまわりさん大喜びだったよ!
加賀屋 柊真:「おつかれえ。いなほくん山にいたりしねえかなあ」
猫子コウ:そんでね、そんでね!これ…誰か持っててくれない?(拳銃をこそっと出します)
兎洞 絹:「いやコウ君がやれって言ったから…」
器操井行方:「…えっ!?コウくん…??」びっくり
加賀屋 柊真:「…おー……そんな危ないの持ってちゃダメでしょお…」
猫子コウ:よくやった!絹!偉かったぞ!!
器操井行方:「…とうまくん、銃扱えたよね?二丁目だけど、持っとく?」
猫子コウ:昨日みたいなことあったから持ってたほうが良いかなって思ったんだけど、僕もう怖くてこれ持ってたくなくて足が震えちゃってさ~(拳銃を差し出します)
加賀屋 柊真:「…えー?俺猟銃以外使ったことないよ?(大嘘)…けどまあ、持っといてもいいかも。俺持っとくねえ」持ちます
加賀屋 柊真:ズボンと腰の間にズボッと入れておきます
猫子コウ:はー、良かった!ありがと!
加賀屋 柊真:ズボッッ
器操井行方:「持っとけ持っとけ。この村思ったよりきな臭いもん。…あーあ、みんなごめんね。もっとさあ、神隠しって言っても穏やかな神隠しを期待してたのになあ…」がっかりしています
加賀屋 柊真:「まあまあ。人が消えるなんてそんな珍しいことでもないでしょ」ゆくえくんの肩ポンポン
 木野 木野子:穏やかな神隠しってなんですの・・・
器操井行方:「そお?…え、そお…?」宇宙猫顔をしています
猫子コウ:めずらし・・えっ、珍しく・・ない・・の?人が消えるの??
器操井行方:「もっとこう…神がかり的な、さあ。人為的なもんとは思ってなかったの」
加賀屋 柊真:モサモサ
猫子コウ:モソモソ
兎洞 絹:モサモサ…モサモサ…
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 25 (25)
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=65) → 失敗 87 (87)
システム:猫子コウさんの「【目星】」ロール(1d100<=25) → 失敗 88 (88)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 54 (54)
加賀屋 柊真:目星失敗…( ´・ω・‘)
兎洞 絹:ッエ
猫子コウ:絹?どしたの?
器操井行方:真新しい足跡と薄汚れた銀製の腕輪を発見する。腕輪は一部が少し黒ずんでおり、何か模様のようなものが彫られています。 黒ずんだ部分の中にぼんやりと線が浮かんでいるが不明瞭で何の形かまでは判断がつかない。
兎洞 絹:ッエッエッエ
兎洞 絹:動揺しつつ拾います
加賀屋 柊真:「どしたの彼女持ちくん」
器操井行方:「どうしたの?車酔い?エチケット袋いる?」しゅうくんの背中を撫でます
兎洞 絹:「これって…あの山成君がつけてたやつでは…?」
加賀屋 柊真:「?!?エッッッ?!?!?」
加賀屋 柊真:慌てて絹くんの手元を見ます
器操井行方:「えっ、腕輪!?例の!?」
加賀屋 柊真:「うわあっマジだ!!!えっ、いなほくんこの山にいる?!」
システム:猫子コウさんの「【アイデア】」ロール(1d100<=65) → 成功 56 (56)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 59 (59)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 1 (1)
加賀屋 柊真:アイデアクリティアル
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=80) → 成功 59 (59)
 木野 木野子:アイデア成功
GM/じん:稲穂くんが神社側から歩いて来たのは山に入っていたのでは?と閃く。
加賀屋 柊真:「!!!(天啓を受けた)」
器操井行方:腕輪に化学
器操井行方:腕輪の黒ずみは、温泉成分によく含まれている硫黄による硫化の黒ずみであり、他の部分も硫化させれば模様が明確になる可能性に気付く。
器操井行方:腕輪が落ちていたのは、登山道から逸れた脇道である。
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 98 (98)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 39 (39)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 45 (45)
システム:キャラクターリストから兎洞 絹が削除されました。
システム:キャラクターリストに兎洞 絹が追加されました。
加賀屋 柊真:「うお!!彼女持ちくん大丈夫ー?そんな厚底で山に来るなんて無茶するなあ〜」
猫子コウ:絹!なんか痛そうな音したけど・・!?
加賀屋 柊真:腕輪受け取りました
器操井行方:「うわあ!ああ、まだ靴履き替えてなかったんだったね…大丈夫?おぶる?」
兎洞 絹:「大丈夫…大丈夫だから…大丈夫…」
 木野 木野子:もしあれでしたら盛山におぶらせますわよ?
GM/じん:怪我の功名で、足跡は追跡できます
猫子コウ:また転んだら大変だから、手つないでこ?>絹君に手を差し出します
兎洞 絹:「ありがとう…」
兎洞 絹:「こっちに足跡があるので…こっちに行ったみたいです…」
猫子コウ:こんな分かりづらい道なのによく見えたね! やった、行こう行こう!
器操井行方:「あーありがと!転んだ拍子に見えたのか…怪我の功名だね、助かるよ!」付いて行きます
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 30 (30)
システム:猫子コウさんの「【アイデア】」ロール(1d100<=65) → 失敗 80 (80)
加賀屋 柊真:アイデア成功
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=80) → 成功 54 (54)
 木野 木野子:アイデア成功
器操井行方:腕輪が落ちていた場所から脇道へ進むと、独特の卵が腐ったような臭いが微かにしてくる。ホテルで既に温泉に入っていれば、<アイデア>で温泉と同じ香りだと気付く。
兎洞 絹:温泉の匂いだね
システム:猫子コウさんの「【幸運】」ロール(1d100<=65) → 成功 4 (4)
加賀屋 柊真:「…おー…おーー……」温泉だあ
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 93 (93)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 71 (71)
システム: 木野 木野子さんの「目星」ロール(1d100<=65) → 成功 54 (54)
器操井行方:<幸運>または<目星>に成功すれば、源泉を発見する。源泉の温度はそれほど高くなく、旅館の風呂と同じ乳白色をしているが臭いはより強い。銀製品を浸すと黒ずむ。
猫子コウ:わああああ温泉あるよー!源泉だーー!!
 木野 木野子:かがやさん、この源泉にさっきの腕輪をつけてくださいまし!
加賀屋 柊真:「だねだね。えーい」腕輪漬けてみます
器操井行方:山成の腕輪を浸せば、ぼんやりとしていた模様が鮮明になり、硫化して黒ずんだ銀の中に星形の図形《旧き印》が浮かび上がる。(※公民館の図書室でネクロノミコン(後半)を読んでいる場合は、その図形が旧き印だと分かる。)
加賀屋 柊真:「……」うっわあという顔
加賀屋 柊真:「…えー、これマジで…えー……」
システム:猫子コウさんの「【聞き耳】」ロール(1d100<=25) → 失敗 90 (90)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 45 (45)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 57 (57)
加賀屋 柊真:聞き耳成功
システム: 木野 木野子さんの「聞き耳」ロール(1d100<=65) → 成功 22 (22)
GM/じん:<聞き耳>更に奥からザーザーという水音が聞こえる。
 木野 木野子:どういたします?
兎洞 絹:「奥から滝みたいな音が…」
猫子コウ:え!滝あるの!行こうよ行こうよ!
GM/じん:滝の横には、更に細い道とは呼べぬような獣道が断崖にある。<登攀>で登ることが可能。ホテルで登山道具を借りてきている場合は、+25の補正。
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 85 (85)
システム:猫子コウさんの「【登攀】」ロール(1d100<=87) → 成功 66 (66)
器操井行方:登攀40%-+25+10
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 失敗 80 (80)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 45 (45)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 85 (85)
システム:器操井行方さんの「登攀40+25+10」ロール(1d100<=75) → 成功 22 (22)
加賀屋 柊真:登れない… ピョインピョイン
器操井行方:「待ってて―!いっちょ昇って引き上げるから!」先に行って後で残りを引き上げます
 木野 木野子:あと少しですのに手が届きませんわ!!
加賀屋 柊真:「きぐるいくんありがとー!みんなありがとねえ」引き上げられるマフィア
 木野 木野子:みなさんありがとうございます。
器操井行方:登れた人たちは残った人たちを後から引き上げ、合流します
器操井行方:「暗っら。…スマホで照らせばなんとかなるね。充電しといて良かった~」洞穴に入ります
器操井行方:洞穴の中は暗く、明かりが無ければ奥まで入ることが出来ない。慎重に進めば、無事に最奥まで辿り着く。そこには小さな祠がある。
猫子コウ:おばけいない?大丈夫?(絹くんの後ろに隠れながら洞穴に入ります)
 木野 木野子:あ、かわいらしいきのこ
加賀屋 柊真:「祠だあ〜」
システム:猫子コウさんの「【SANチェック】」ロール(1d100<=53) → 成功 44 (44)
GM/じん:祠は観音開きで、その後ろの壁には壁画が描かれている。そこには、美しい青年がこちらを見下ろす姿がある。青年は、尖った耳を持ち、山羊の角が生えている。青年の上半身は若い男性の筋肉質なもので、たくましい胸板が露わである。しかし、その下半身は山羊のひづめと脚を持っており半人半獣の状態である。見ていると惹き込まれるような感覚を覚え目が離せない。
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 7 (7)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 61 (61)
GM/じん:<SAN値チェック>0/1D3
システム: 木野 木野子さんの「SANチェック」ロール(1d100<=55) → 失敗 72 (72)
 木野 木野子:SANチェック失敗
 木野 木野子:てへぺろ
加賀屋 柊真:減少なし
システム:器操井行方さんのロール(1d100<=55) → 失敗 94 (94)
 木野 木野子:1d3=
システム: 木野 木野子さんのロール(1d3) → 1 (1)
システム:器操井行方さんのロール(1d3) → 3 (3)
器操井行方:「んわああっ…!!!」SAN値55→52(-3)
猫子コウ:(昨日のヤギさんを見てたのでちょっと冷静に対処できた)
加賀屋 柊真:「顔がいい…」
兎洞 絹:「今日ヤギの像見たしな」
 木野 木野子:ヤギ人・・・
 木野 木野子:メェェ
猫子コウ:あの、えっと、こんにちは?お話できますか?
器操井行方:「いやあ~~うっわなんかドキドキする。こわあ、こわっ」しゅうくんの後ろに隠れます
猫子コウ:あ! 絵だった!!勘違いしてた!はずかし!!
器操井行方:「コウくん…?」壁画だよ
兎洞 絹:「コウ君、絵だよ」
加賀屋 柊真:「ねこのこやばくね?」
猫子コウ:みんな言わなくていいよ!気付いたよお!!
加賀屋 柊真:「………」祠開けるぞ〜
加賀屋 柊真:パカッ
器操井行方:祠を開くと中には、琥珀のような宝石のついた金色の腕輪を見つける。 言葉では言い表せない神秘的な雰囲気を感じる腕輪である。
 木野 木野子:まぁ・・・!
加賀屋 柊真:「…!!!これ!!これ!!!」興奮気味
器操井行方:「あっ!これ、きっとあれだよね?おじいちゃん先生の話に出て来た…!」
加賀屋 柊真:「これいなほくんのご両親の形見じゃない?!?」
器操井行方:「だよね!?そうだよね!?」しゅうくんの後ろで大騒ぎ
兎洞 絹:「対のやつかな」
加賀屋 柊真:「うおぉ…!…もしかしたらいなほくん、これ探してたのかも?!」
猫子コウ:ねぇねぇ、金の腕輪には星みたいなマーク?ってある?
加賀屋 柊真:「……」プロポーズする時にサプライズで渡そうかな?
加賀屋 柊真:「お?あるかな?」星のマーク探してみます
GM/じん:ないぽい
加賀屋 柊真:「…ないなあ。残念だったねえ、ねこのこくん」
GM/じん:ぷい
加賀屋 柊真:プイッ
猫子コウ:そっかー
加賀屋 柊真:ウキウキで帰ります
GM/じん:帰り道は、<跳躍>または<登攀>で獣道を無事に下りられたか否かを判断する…んですが、軽車両四人ががけ下で待ち構えてクッション代わりになってくれたので事なきを得ました
加賀屋 柊真:「ありがと筋肉くんたちー!」
GM/じん:ホテルに帰ってフロントを見ると、武雄がいません
器操井行方:「あ、旦那さんいねえや。…あーじゃあ、失礼しーますよっと」フロントからマスターキーと木箱の鍵を失敬します
猫子コウ:わあ、行方さんなぁにそれー
加賀屋 柊真:「お、悪いことしてる」きぐるいくん
加賀屋 柊真:「行けないんだあ〜」こいつマフィアです
器操井行方:「イエー。…じゃあ俺、ちょっと後ろ暗いことしてくるけど。みんなはどうする?温泉でも入ってる?…できれば、瑞希さんを引き留めといてくれると嬉しいなあ?」にこにこです
猫子コウ:はーい!瑞希さんと楽しくお話してくるね!
兎洞 絹:「ちょ…」
加賀屋 柊真:「悪いことなら俺も乗っときたいけど…。……!!!」天啓を受けた
加賀屋 柊真:「きぐるいくん!!俺も行く!!」
兎洞 絹:「…仕方ないな…」
 木野 木野子:では私みずきさんときのこのことについてお話いたしますわ
加賀屋 柊真:「そんで301号室のマスターキーちょうだい!」
器操井行方:「お!とうまくんも行く?…よっしゃ、残りの皆さん、どうかよろしくね!変なとこ見付けたらお知らせするからね!」とうまくんと行方の冒険再び
加賀屋 柊真:ろくでもない二人組である
器操井行方:「山成くんのお部屋から行く?」
加賀屋 柊真:「逆にぶっちゃけそこにしか興味無いんだけど!(カス)いこいこ!」
器操井行方:「君って本当に正直な人間!好き!よっし行こーう!」稲穂くんの部屋です
加賀屋 柊真:いなほくんの部屋に入ります
加賀屋 柊真:ベッドから調べます
システム:加賀屋 柊真さんのロール(2D6) → 11 (6、5)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 15 (15)
加賀屋 柊真:ベッドに目星成功
器操井行方:ベッド:<目星>古びた冊子
加賀屋 柊真:パンツか?
器操井行方:枕元から一冊の古びた冊子が出てくる。こちらは前半部のようで、途中で千切れてしまっており後ろは表紙がなく中が剥き出しになっている。一番後ろの剥き出しのページには星型の図形が書かれている。
加賀屋 柊真:「冊子かあ」違かった…
加賀屋 柊真:「…あ、…あ、あ!!」やばいやつ
加賀屋 柊真:「きぐるいくん!これやべーやつ!!」見せます
器操井行方:「んえ?…んえっっ?」行方にSAN値チェック
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 63 (63)
加賀屋 柊真:知識成功
加賀屋 柊真:中身だけ写真を撮ります
加賀屋 柊真:「なんでこんなやべーの持ってんだよおいなほくん…はあ〜…」
器操井行方:「…後で読むの?そん時は俺も一緒でいい?」わくわく顔です
加賀屋 柊真:「いーよ!楽しもうねー!」楽しめないけど
加賀屋 柊真:鏡付きの台は鏡付きの台だった…
加賀屋 柊真:机
加賀屋 柊真:心理学的に後ろめたい人が何をどこに隠すかなと考えます
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 97 (97)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 76 (76)
加賀屋 柊真:心理学ファンブル 幸運失敗
加賀屋 柊真:机の角に小指をぶつけます
加賀屋 柊真:「イッッッテ!!!」HP-1
器操井行方:「わあ!ちょっとちょっと大丈夫?」
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 失敗 92 (92)
加賀屋 柊真:「大丈夫大丈夫…」いなほくんの部屋で興奮した
システム:猫子コウさんの「【応急手当】」ロール(1d100<=80) → 成功 18 (18)
システム:器操井行方さんの「行方もPCに心理学」ロール(1d100>=60) → 失敗 45 (45)
器操井行方:「豊湯村失踪事件」という警察の資料をハッキングしたデータを発見する。神隠しと噂されている『失踪者リスト』を見ることが出来る。何十年も昔から、祭の時期に失踪者が出ていること。また、捜査に関わった人間の半数が精神に何らかの異常をきたして退職している、ということが分かる。
加賀屋 柊真:「おー!いなほくんやんじゃーん!」
器操井行方:「わーお…なんか腹に一物ある子っぽいなあとは思ってたけど…」
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 5 (5)
加賀屋 柊真:目星クリティカル
加賀屋 柊真:「いなほくんの手帳だー!♡」キャッキャ
器操井行方:机:<目星>手帳を発見(手帳には写真が挟まれている)
加賀屋 柊真:写真みます
器操井行方:☆写真:山成に似た美しい女性と同じ歳くらいの神主の服を着た男性が仲睦まじげな様子で写っている。 日付は今から10年以上前のもの。男性の腕には金色の腕輪、女性の腕には銀色の腕輪がある。裏面には、山成正(やまなり ただし)・山成穂波(やまなり ほなみ)と名前が書かれている。
加賀屋 柊真:「あー、診療所のじーちゃんが言ってた通りなんだな」
器操井行方:女性の腕輪と、山成が身に着けている腕輪が同じものだと気付く。
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 14 (14)
加賀屋 柊真:目星成功
器操井行方:<目星>写真の背景は、豊稲神社だということに気付く。
加賀屋 柊真:手帳の中身もみます
器操井行方:☆手帳:中を見れば『契約の破棄を行い、印を活性化させ門を閉ざす。印の活性とは?別途、手段を考える』と走り書きで書いてある。手帳を見る限り村の伝承や祭りについてのメモ書きが多く、山成が村について何かを調べていることが見て取れる。
器操井行方:「印ってさあ、つまりさあ…」
加賀屋 柊真:「………。…これ、嗅ぎ回ってるのが知られたらさあ、いなほくんも無事じゃ済まなくない?」なんとなく
加賀屋 柊真:「もちろん俺たちも!どうしよーっ俺たち消されるかもね!」キャッキャ
加賀屋 柊真:今日いなほくんと一緒に寝よかな
器操井行方:「…覚えてる?とうまくん。昨日の夕方、彼、”祭りが始まるまでに帰れ”って言ったんだよ。無事かどうかなんてもう、考えてないかもしれないよ。覚悟済みかもだよ?」真剣な顔をしています
加賀屋 柊真:「……。…じゃあ俺がいなほくんを守るよ。俺が無事にいなほくんを守ればいいわけじゃん?そんで結婚すっからねー!」こっちも覚悟を決めました
器操井行方:「…そっか。…俺が撒いた種だしね、俺も逃げる訳にもいかないもんね。最後まで二人のサポートするよ。…そのためにはまず情報だ。この部屋はもうないっぽいし、次は島田さんの部屋に入るけど。とうまくんはどうする?」
加賀屋 柊真:「だねー!つーかきぐるいくんは巻き込んだ他の三人も守らなきゃじゃん。大変だねえ〜。…おー、そっちも行こう。社畜くんの死体があったりしてね」行きます
器操井行方:「それはそうだあ!頑張らなきゃあ。…三嶋さんの死体とは鉢合わせたくないなあ、でも行こうか…」次は島田さんの部屋
加賀屋 柊真:「おじゃましまー!」
加賀屋 柊真:クローゼットに目星
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 13 (13)
加賀屋 柊真:目星成功
器操井行方:島田が不在時にクローゼットの中に<目星>をすれば、キャリーケースの中から『黒い山羊の木彫りの置物』が出てくる。見ているだけで悪寒が走り気分が悪くなる。<SAN値チェック>0/1
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 96 (96)
システム:器操井行方さんの「行方のSAN値チェック」ロール(1d100<=52) → 成功 4 (4)
加賀屋 柊真:SAN値43→42
器操井行方:行方のSAN値減少なし
加賀屋 柊真:これって駐在所のアレじゃん!になる
器操井行方:駐在所、にあるものと同じ。
加賀屋 柊真:ということは島田と駐在所のおっちゃんってグルじゃね?になる
加賀屋 柊真:次の部屋ー!
加賀屋 柊真:管理人室に行きます
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=85) → 成功 74 (74)
 木野 木野子:信用成功
 木野 木野子:勧誘書をみずきさんに渡す
GM/じん:瑞希さんはきのこ教に強く興味を持ってくれます
加賀屋 柊真:ベッド12目星
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 26 (26)
加賀屋 柊真:目星成功
GM/じん:ベッド1:<目星>ヘッドボードから鍵が出てくる→ロッカーの鍵
加賀屋 柊真:ロッカーの鍵だー!
加賀屋 柊真:ロッカーは頼んだ!
GM/じん:ベッド2:ヘッドボードから古い日付の日記が見つかる→瑞希の日記
加賀屋 柊真:日記読みます
器操井行方:「おっけー!後でそっちの方の情報もよろしくね!」
器操井行方:ロッカー空けます
器操井行方:☆『猟銃』が施錠されたロッカーから出てくる。
器操井行方:「………………いや猟銃多過ぎでしょ…」
器操井行方:[12ゲージ・ショットガン] 初期値:30% ダメージ:4D6/2D6/1D6 1R:2回攻撃可能 装弾数:2
加賀屋 柊真:「………………うわあ。」
加賀屋 柊真:やっべ〜〜〜〜の顔
器操井行方:「そっちはどうだった?俺はこれえ…」猟銃
GM/じん:日記を読んだ<SAN値チェック>0/1D3
加賀屋 柊真:「また猟銃かよ?!俺のはこれ…」日記
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 54 (54)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1d3) → 2 (2)
加賀屋 柊真:SAN値42→40
システム:器操井行方さんの「SAN値チェック」ロール(1d100<=52) → 失敗 98 (98)
システム:器操井行方さんのロール(1d3) → 3 (3)
器操井行方:行方のSAN値52→49(-3)
器操井行方:「やばああい」と震えます
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 23 (23)
加賀屋 柊真:目星成功
器操井行方:窓際の小物:<目星>『黒い山羊の木彫りの置物』が飾られている。
加賀屋 柊真:やっぱヤギじゃーん!
器操井行方:もう見てるのでSAN値チェックはなし
器操井行方:駐在所、島田の荷物の中にあるものと同じ。
加賀屋 柊真:「女将もグルじゃねーか!やべ〜じゃんこの村!」
GM/じん:・机の引き出し 市販の睡眠薬が見つかる。効果はそれほど強くないものである。
加賀屋 柊真:机の引き出しみます
加賀屋 柊真:睡眠薬ぅ…
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 35 (35)
加賀屋 柊真:知識成功
加賀屋 柊真:マフィアでよかった〜
GM/じん:<薬学>または<医学>の2分の1を<アイデア>二分の一で代用。 これを飲んでも即効性はなく、徐々に眠くなるものである。また、効果が弱いために無理矢理起こされれば目を覚ますことが可能なものであるが、頭痛や倦怠感や、ぼんやり感などの症状は副作用として起きる可能性がある。ということが分かる。
加賀屋 柊真:「あっこれ知…らねーなー!初めて見た!(大嘘)」
加賀屋 柊真:倉庫みます
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 95 (95)
加賀屋 柊真:目星失敗
システム:器操井行方さんの「目星」ロール(1d100<=60) → 成功 38 (38)
器操井行方:室内:<目星>ぼろ布が被せられた塊を見つける。
加賀屋 柊真:なんだなんだ
器操井行方:布をめくると、南京錠のついた木箱がある。フロントで見つけた鍵を使えば開く。箱の中は、系統の統一されていない衣服や小物など。宿泊客の忘れ物を一時的に保管しているといった印象を受ける。
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 2 (2)
加賀屋 柊真:アイデアクリティカル
器操井行方:山成の部屋を探索し、失踪者リストを確認した後の場合は<アイデア>で、これは失踪者の荷物であるということが分かる。
加賀屋 柊真:「……ス-ッッッ……」やっべえの顔
加賀屋 柊真:やるなら燃やすとかもっと上手くやれよなあ
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 93 (93)
器操井行方:箱内に目星
システム:器操井行方さんの「箱内に目星」ロール(1d100<=60) → 失敗 87 (87)
システム:器操井行方さんの「箱内に写真術」ロール(1d100<=50) → 失敗 65 (65)
加賀屋 柊真:クリティカル貯金使用 目星成功
器操井行方:箱内に<目星>をすると三嶋の名刺の入った、血のついた名刺入れを発見する。<SAN値チェック>0/1D2
加賀屋 柊真:やっぱり〜
器操井行方:死んだと予想してるのでSAN値チェックなし
加賀屋 柊真:終わったよ〜LINE
器操井行方:ホテルの入口にて、オーナーの武雄と巡査の田崎が立ち話をしている。道で大きな落石事故があったと田崎が知らせに来る。場所は、ここに来る途中、金曜日の朝に落石のあった地点である。
GM/じん:通行止めになっているが月曜日の朝までには解消するので心配はないだろうとのこと。
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 54 (54)
加賀屋 柊真:心理学成功
GM/じん:田崎:落石事故は嘘です
加賀屋 柊真:超嘘つくじゃん……
器操井行方:「えっ…来る時の?落石?帰れないの?」心理学持ってない
加賀屋 柊真:「大丈夫大丈夫、アレ嘘だよ」こそこそ
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 95 (95)
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 成功 18 (18)
器操井行方:「えー嘘?マジぃ?」女子高生みたいな反応で驚いています
加賀屋 柊真:「マジマジ!やべーよね!」JK
加賀屋 柊真:夕食食って風呂はいって情報交換!
加賀屋 柊真:部屋を巡って分かったことをみんなに伝えます
器操井行方:武雄さんが「かくかくしかじかで月曜日まで帰れないみたいですすみませんね」みたいなことを話してくれます
システム:器操井行方さんの「英語」ロール(1d100<=61) → 成功 53 (53)
システム:猫子コウさんの「【英語】」ロール(1d100<=76) → 成功 3 (3)
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=55) → 成功 22 (22)
 木野 木野子:英語成功
加賀屋 柊真:「いなほくん!これ落し物ー!あと今日一緒に寝ない?!」シュババッッッ
加賀屋 柊真:銀の腕輪を渡します
システム: 木野 木野子さんの「SANチェック」ロール(1d100<=55) → 成功 39 (39)
システム:猫子コウさんの「【SANチェック】」ロール(1d100<=53) → 失敗 66 (66)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 9 (9)
加賀屋 柊真:SANc成功
加賀屋 柊真:42→43
GM/じん:シュブ系の本を読んでSAN値<1/1D4>の喪失
システム:猫子コウさんのロール(1d4) → 2 (2)
システム:GM/じんさんの「SAN値チェック」ロール(1d100<=49) → 成功 18 (18)
器操井行方:行方のSAN値減少なし(温泉での回復文)
GM/じん:稲穂「え?寝ない…って、え。これ、え…」銀の腕輪
GM/じん:稲穂「これ…僕の、です。どこでこれ…」無表情に近いですが嬉しそうです
GM/じん:稲穂「…ありがとうございます。大切な物なんです…よかった。失くしたと思ってた…」
加賀屋 柊真:「山に落ちてたよ!見つけたのは俺じゃないんだけど…。お礼ならあの彼女持ちの女装っ子に言ってあげて!大事なやつなんでしょ?ちゃんと無くさないよーに持っときなよ!」わしゃわしゃと頭を撫でます
加賀屋 柊真:「よかったねえ〜!じゃあまた明日!明日は一緒に寝よーね! 」ハグして退散します
GM/じん:稲穂「あの人…はい。後でお礼、言っておきます。ありがとうございました。母の形見で、元は父が母に贈ったもので。俺の宝物で…皆さんにもお礼、言っておいてください。本当にありがとうございます…」ハグを受け入れます
GM/じん:腕輪を渡してからは、山成と目を合わせても異常を感じることはない。ここから山成の態度は軟化する
加賀屋 柊真:ッッッッッシャァ!!!!!!!
GM/じん:寝る前、部屋でくつろいでいる探索者達の部屋のドアがノックされる。呼びに来たのはホテルのオーナーである武雄である。宿泊客の川崎達郎を見なかったか、と聞かれる。
加賀屋 柊真:知らねーカップルのチ話喧嘩とか興味ねえ〜〜〜〜〜(正直)
GM/じん:川崎が消えたらしい。永野が駐在所に捜索依頼したとのこと。永野の話によれば、金曜日の夜に喧嘩をして、土曜日の朝食後に一人で出かけてから戻らないらしい。朝から様子をみたが、連絡も一切取れず携帯も電源はオフになっており戻る気配もないという。
GM/じん:手分けして皆で川崎達郎の捜索をする事となり、全員に懐中電灯が配られる。捜索メンバーは、オーナーの武雄、宿泊客である探索者、山成、竹内、島田。巡査の田崎。診療所の看護師の渡辺が集まった。
GM/じん:オーナーの妻の瑞希と永野は、川崎から連絡が入った時や戻ってきた時のために旅館にて待機。
GM/じん:渡辺「あ、器操井さん…あの、あの人。あの綺麗な男の子。あの人、三年前の祭りの日にも来てましたよ。あんな綺麗な男の人、一度見たら忘れませんもん。…それと、島田さんも見覚えありますね。彼も三年前の祭りに来てたと思います…」こそこそと行方に話しています
GM/じん:綺麗な男の子→稲穂くん
GM/じん:ここで皆さん散って、不倫男を捜索します
GM/じん:ある程度、捜索をしてから旅館に戻と、いつまで経っても竹内が戻らない。島田が「途中で懐中電灯が消えた途端にそのまま竹内が消えた。神隠しの噂は本当だった」と言ってガタガタと震える。
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 45 (45)
加賀屋 柊真:心理学成功
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=75) → 成功 23 (23)
 木野 木野子:心理学成功
GM/じん:<心理学>何か隠し事をしているという、島田の後ろめたそうな表情に気付く。
 木野 木野子:島田さん、何か隠してません??
GM/じん:島田「そんな!俺は隠し事なんてしてねえよ!」たけし城
加賀屋 柊真:「社畜その2くんさあ、ゲロするなら早めにゲロったほうがいいよお」
GM/じん:島田「訳わかんねえ!…俺は参ってんだ、そっとしておいてくれ」ブルブル
加賀屋 柊真:「ほんとかなあ?俺とふたりでお話する??」こいつ拷問する気です
加賀屋 柊真:( ˘・з・)
器操井行方:「落ち着いて、とうま君にきのこちゃん。ちょっとここは引こ。…オーナー夫婦も見てるから」そっと二人を止めます
加賀屋 柊真:「……はーい…」いなほくんもいるし……
 木野 木野子:はっ・・・私としたことが少し取り乱してしまいましたわ
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 69 (69)
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=56) → 成功 19 (19)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 8 (8)
猫子コウ:1d100<= 56【CON*4】
 木野 木野子:CON*4成功
システム:猫子コウさんのロール(1d100) → 35 (35)
加賀屋 柊真:みんなで起こしててもらおう…
システム:器操井行方さんの「CON×4」ロール(1d100<=44) → 失敗 72 (72)
システム:器操井行方さんの「聞き耳」ロール(1d100<=60) → 成功 6 (6)
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 33 (33)
加賀屋 柊真:聞き耳成功
GM/じん:シャンシャンという鈴のような音が聞こえる。
 木野 木野子:もうだまされませんわよ!!
加賀屋 柊真:「すず…?」寝ぼけてる
 木野 木野子:サンタさんじゃないのはわかってるんですのよ!!
GM/じん:金曜の夜と同じ音である。
器操井行方:「んあ!?…昨晩と同じ音?」起こして貰いました
猫子コウ:廊下の気配を探ります
加賀屋 柊真:出るぞ出るぞ〜
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 21 (21)
GM/じん:二人の気配がします
加賀屋 柊真:いなほくん大丈夫かな…
器操井行方:「…ちょっと行くわ」部屋を出ます
兎洞 絹:「足音が…ふたり?」
猫子コウ:とうまさん、いなほ君の部屋見に行ってみたら?
兎洞 絹:「一人じゃ危ないし何人かで行きましょう」
加賀屋 柊真:「オア…」いなほくんがいない……!
GM/じん:部屋を抜け出すと、玄関の硝子戸の外に山成と瑞希がいる。瑞希は立っている山成の前に両膝を折って祈るような体勢をとり、涙を零している。
システム:加賀屋 柊真さんのロール(1D100) → 33 (33)
システム:兎洞 絹さんのロール(1D100) → 64 (64)
システム:猫子コウさんの「【聞き耳】」ロール(1d100<=12) → 失敗 41 (41)
加賀屋 柊真:クリティカル貯金使います
システム: 木野 木野子さんのロール(1d100<=32) → 失敗 77 (77)
システム:器操井行方さんの「聞き耳二分の一」ロール(1d100<=30) → 失敗 62 (62)
GM/じん:「母」「願い」「腕輪を返す」という単語のみが聞き取れる。
GM/じん:島田「…おい。二人に声をかけるのか?」
兎洞 絹:「!?」
GM/じん:島田「やめとけよ、なんか厄介事みたいだぜ」
猫子コウ:島田さん、お二人が何してるか知ってるんですか?
加賀屋 柊真:「…んだテメエ。知ってることがあんなら吐けコラ」口が悪い
兎洞 絹:「…そもそもあなた、何か訳知り風ですが、なんなんですか?」
GM/じん:島田「分かんねえけどよ…だが、よくない話はしてるみたいじゃねえか。野暮だぜ、そっとしといてやれよ」マフィアにびびりながら
GM/じん:島田とやりとりしている間に、二人は移動したのか姿が見えなくなってしまう。
加賀屋 柊真:「……!!」いなほくん…
GM/じん:島田「…ああ、もういねえみたいだな。俺も部屋に戻るよ」そそくさと戻ってしまいます
GM/じん:島田さんがみんなが廊下でどうしようかと迷っていると、稲穂くんが戻ってきます
GM/じん:稲穂「皆さん…まだ起きてたんですか。もう寝た方がいいですよ」
加賀屋 柊真:「!!いなほくーん!!!」突進ハグ
加賀屋 柊真:ギュムッッッッ
GM/じん:稲穂「うわっ…。…ほんとノリ軽い…」受け入れます
器操井行方:「山成くん!…大丈夫?外、なんかあるの?」
加賀屋 柊真:さっき何してたのか教えてくれるまで離さないよ雰囲気
GM/じん:稲穂「…皆さん、出かけるつもりですか。やめときましょうよ、外は暗いし、危ないし。…もう寝た方がいいです。外に出るのはやめましょう。ね?」心配そうな顔で外出を禁止します
加賀屋 柊真:「心配そうな顔可愛い…!」キュン!
加賀屋 柊真:「いなほくんは?もう寝んの?」
GM/じん:「…はい。皆さんも戻りましょう?ね?」部屋戻れって感じです
猫子コウ:外にはなにか危険なものがいるの?
GM/じん:稲穂「…。寝ましょう?もう遅いですよ…」とにかく心配そうです
加賀屋 柊真:心配してるいなほくんが可愛い…… 頭を撫でくりまわしています
猫子コウ:うーん、確かに宿泊初日にホテルの人も夜は外出しないようにーって言ってたもんねえ
GM/じん:稲穂「ちょ…あの…」撫で回されている
器操井行方:そっと集団から離れて行方が部屋に戻り、窓から神社を確認するとぼんーやりと灯りがついています
器操井行方:「…危ない外にいる、神社の人達は大丈夫なのー?灯りついてるよ」
加賀屋 柊真:「おー、マジで?やばいじゃんいなほくん。俺たちで助けに行こうかなあ」
猫子コウ:行方不明の人もいるしやっぱり心配かな・・僕やっぱりちょっと外見てきたいかも
GM/じん:稲穂「…部屋に!戻りましょう!もう暗いから!」それを聞いて稲穂くんは一生懸命みんなを部屋に戻そうと押します
加賀屋 柊真:可愛い…♡
GM/じん:稲穂「お願いだから…皆さんは部屋にいて。お願いだから…」半泣きです
加賀屋 柊真:部屋に戻って寝るフリしてこっそり外出よかな
器操井行方:「…俺は戻るかな。明日、考えるよ。こういう忠告には従うよ。命あっての物種だし」行方は忠告を聞きます
加賀屋 柊真:どしよかなあ
 木野 木野子:寝ましょう
兎洞 絹:「正直無事帰るのが優先かな…」
GM/じん:稲穂「かがやさん…!」ぐっと胸を押して部屋に戻れと促します
加賀屋 柊真:「…分かった分かった。いなほくんがそこまで言うなら聞く。おやすみいなほくん!また明日ねー!」ほっぺにキスして部屋に戻ります(素直)
猫子コウ:稲穂くん・・ごめんね、泣かせたいわけじゃなかったんだ。そうだね、今日はもう寝ようか
GM/じん:稲穂くんはほっとした顔で、廊下の真ん中で深く頭を下げます
GM/じん:みんなお部屋でねんねします
システム:じんさんが、退室しました。

 いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite