【ソード・ワールド2.5】リプレイ「SW2.5 〈フリーCP〉 《並木亭》の冒険者 2話」

Bashiリプレイ  1
登録日:2021/07/19 00:29最終更新日:2021/07/19 00:29

システム:雪翼依依さんが、入室しました。
システム:雪翼依依さんが、入室しました。
システム:雪翼依依さんが、入室しました。
雪翼依依:使うキャラは1回の成長しかしていませんので補足の成長を振ります
システム:雪翼依依さんのロール(gr5)
→ SwordWorld2.5 [5、2]->(知力 or 敏捷度) | [2、3]->(敏捷度 or 筋力) | [3、6]->(筋力 or 精神力) | [6、4]->(精神力 or 生命力) | [3、2]->(筋力 or 敏捷度)
雪翼依依:知力1敏捷2精神力2にします
システム:キャラクターリストにlennonが追加されました。
システム:キャラクターリストからlennonが削除されました。
システム:キャラクターリストにlennonが追加されました。
システム:キャラクターリストからlennonが削除されました。
システム:キャラクターリストにlennonが追加されました。
lennon:あ…そうかここに立ち絵アップしなきゃ使えないですか…
システム:マットさんが、入室しました。
システム:マットさんが、入室しました。
マット:ここでキャラを創ればよろしいですかね
システム:マットさんのロール(12d)
→ SwordWorld2.5 (12D6) → 50[6、4、3、6、2、1、4、4、5、6、4、5] → 50
システム:マットさんのロール(12d)
→ SwordWorld2.5 (12D6) → 42[1、5、3、1、2、1、5、5、3、6、5、5] → 42
システム:マットさんのロール(12d)
→ SwordWorld2.5 (12D6) → 42[5、4、2、5、2、3、3、5、2、3、4、4] → 42
マット:1つめで!
マット:成長6回/二段
システム:マットさんのロール(6d)
→ SwordWorld2.5 (6D6) → 25[1、5、3、6、6、4] → 25
システム:マットさんのロール(6d)
→ SwordWorld2.5 (6D6) → 16[5、3、3、1、1、3] → 16
システム:雪翼依依さんが、入室しました。
雪翼依依:え、立ち絵10枚しか使えない…
システム:キャラクターリストからlennonが削除されました。
システム:キャラクターリストにlennonが追加されました。
システム:マットさんが、入室しました。
マット:経歴
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 8[2、3、3] → 8
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 9[1、4、4] → 9
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 11[6、2、3] → 11
マット:奇妙な予言をされて、両親に愛されて育って、旅をしたことがない か
マット:もう2セット
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 10[6、3、1] → 10
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 10[2、4、4] → 10
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 10[6、3、1] → 10
マット:大きな嘘×2 両親に愛されて
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 10[6、1、3] → 10
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 3[1、1、1] → 3
システム:マットさんのロール(3d)
→ SwordWorld2.5 (3D6) → 10[6、3、1] → 10
マット:大恋愛 大きな嘘、 目標・・かぁ
マット:大きな嘘、両親に愛されて育って、旅をしたことがない これでいくか
システム:マットさんのロール(2d)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 6[5、1] → 6
マット:これは・・うーん、やりたいキャラとは合わない
マット:チョイスするか
システム:ぺほさんが、入室しました。
ぺほ:エルフの射手、かな
システム:ぺほさんのロール(3 2d6+2d6+1d6+2d6+2d6+2d6)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+2D6+1D6+2D6+2D6+2D6) → 8[4、4]+8[3、5]+3[3]+6[1、5]+7[6、1]+8[3、5] → 40
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+2D6+1D6+2D6+2D6+2D6) → 11[6、5]+5[2、3]+1[1]+10[5、5]+8[4、4]+6[3、3] → 41
→ 3回目: SwordWorld2.5 (2D6+2D6+1D6+2D6+2D6+2D6) → 8[3、5]+10[5、5]+4[4]+7[6、1]+7[1、6]+8[2、6] → 44
ぺほ:2番目かなぁ
システム:ぺほさんの成長6回ロール(gr6)
→ SwordWorld2.5 [5、5]->(知力) | [1、5]->(器用度 or 知力) | [1、1]->(器用度) | [5、3]->(知力 or 筋力) | [3、3]->(筋力) | [2、2]->(敏捷度)
ぺほ:知力、知力、器用、知力、筋力、敏捷
ぺほ:経歴表はチョイスで
システム:雪翼依依さんが、入室しました。
lennon:あ、これで立ち絵が出るか
lennon:テストします
lennon:本当に出ちゃいました!
lennon:ええ、ココフォリア使っている時は気つきませんが、この立ち絵こんなに大きいでしたっけ…
システム:マットさんが、入室しました。
システム:マットさんが、入室しました。
システム:マットさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにラナタスが追加されました。
システム:キャラクターリストからラナタスが削除されました。
システム:キャラクターリストにラナタスが追加されました。
ラナタス:テスト
システム:マットさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにストローバードが追加されました。
システム:あすかさんが、入室しました。
システム:キャラクターリストにシルファ・ベルフラワーが追加されました。
システム:マットさんが、入室しました。
システム:雪翼依依さんが、入室しました。
システム:マットさんが、入室しました。
マット:こんばんは
システム:Bashiさんが、入室しました。
システム:Bashiさんが、入室しました。
Bashi:こんばんは!
マット:本日はよろしくお願いします
Bashi:はい、よろしくお願いします!
ラナタス:お転婆放逐貴族の魔法使いです
Bashi:はーいw
ラナタス:杖ポコしたかったけど、お金が足りませんでした
Bashi:www序盤はみんな金欠・・・終盤もですね。一生金欠ですよねえ
ラナタス:バフとデバフはお任せ荒れ
Bashi:期待してます!
システム:Bashiさんが、入室しました。
ラナタス:お金がないので、女の子PCにありがちな趣味アイテムが一切ないです!(
ラナタス:・・・・経歴の1つを空腹で失神した事に使用
Bashi:www
lennon:こんばんはー
Bashi:こんばんは~
ラナタス:こんばんはー
ラナタス:所持金0だしなぁ・・
lennon:こっちも所持金15だけになりましたがwww
ラナタス:「くっ・・貴族たるこの私が、美味しい食べ物なんかに負けるわけには・・・っ」→即落ち
ラナタス:序盤は本当にお金ないですね
lennon:wwwww
Bashi:あらかわいいwそしてまた金欠キャラが・・・
ラナタス:あ、レノンさん
ラナタス:恋愛ロールどの辺までがアウトですか?
ラナタス:そちらのPCに仕掛けなければ大丈夫ですか?
lennon:保存食と冒険者セット買ってからショッピングする習慣があって本当によかった…
Bashi:よかったですw
lennon:シナリオ背景程度
ラナタス:ヒロインを助けに行ったりは大丈夫ですか?
Bashi:了解です
雪翼依依:NPC1くんがNPC2ちゃんに恋心もってPC達に手伝うの依頼をしたとかは大丈夫です。
ラナタス:おし、ならウチの卓に来ても大丈夫ですね!
Bashi:はーい、一応今後のセッション予定でも恋愛要素はあまりないと思うので大丈夫そうですね
ラナタス:恋愛RPしてくれ!っていうのがダメという認識で大丈夫そうだ・・。
lennon:お気遣い本当にありがとうございます…
ラナタス:いえいえ、私も恋愛RPはあまり好きではない人間ですので
Bashi:いえいえ~
Bashi:NPCで恋愛させるにもGM
Bashi:ちゃっとめんどくさいですし・・・
ラナタス:ですよねー・・・
Bashi:PL間だとよほど仲良くないと難しいですよねえ。身内卓以外でやったことないです
ラナタス:いや、たまにいるのです。
ラナタス:今回のヒロイン可愛かったので、恋愛RPいいですか?っていう人
Bashi:了承の上ならいいですけどRPできることにむしろ尊敬しますね
Bashi:www
Bashi:ガード固い子用意しよ
ラナタス:うちのヒロインカッチカチやで!
lennon:それはちょっとヤバいですねwww
ラナタス:理由:GMが恋愛RPできないから
システム:アイ・オウさんが、入室しました。
Bashi:激しく同意
Bashi:こんばんは!
ラナタス:こんばんはー!
lennon:こんばんはー
アイ・オウ:こんばんは
ラナタス:やっとPLできるぞー!
Bashi:楽しんでいってくださいね!
システム:キャラクターリストにバリーが追加されました。
lennon:まあこっちの身内卓の恋愛(人間)関係はめちゃくちゃ乱れでしたけど…お互いちゃんと相手の好き嫌い知らないとそうやるのよくないですね。
Bashi:ですね
ラナタス:恋愛ロールより、ヒロインが絶望して死んでいくロールのほうが好きです(
lennon:自分は初めての卓組んだ方とは開催前でグループ作ってまずみんなと友達になっていろいろ聞いてそれからシナリオちょくちょく改変するタイプですけどこっちには難しいかも…
ラナタス:クトゥルフのような怖さのあるソードワールド2.5のシナリオを作るのが得意です
lennon:>ラナタスさん、そうですね(笑)
ラナタス:お・・・。
Bashi:ちょっと不穏な性癖が・・・
Bashi:救いは!
ラナタス:あるよ!
Bashi:救いはないんですか!?
lennon:←この前既にPL一人泣かせたクズGM
Bashi:よかった
Bashi:www
ラナタス:私は3人以上泣かせました!
ラナタス:私のシナリオはバッド固定ではなく
Bashi:たぶん誰も泣かせてない!!
システム:白猫さんが、入室しました。
lennon:いえ、実は泣かせるつもりはないですが…
ラナタス:PCの行動によって、どこまでも酷い展開に転げていくだけです
バリー:キャンペーンに参加させていただいて嬉し泣きしてますw>Bashiさん
ラナタス:そうそう・・刺激が強いのか、泣いてしまわれるのですよね。
システム:キャラクターリストにレイスト・メディウムが追加されました。
白猫:ばんわー
ラナタス:こんばんはー
バリー:こん
Bashi:こんばんは!
バリー:こんばんは
lennon:こんばんはー
Bashi:いろいろ更新しといたのでメモ2の確認お願いします!
Bashi:今ご質問等あればなんでもきいてください!
システム:あすかさんが、入室しました。
ラナタス:甘々なハッピーエンドも、救いようのないバッドエンドも、同じくらい愛そう・・・。
Bashi:こんばんは!
バリー:こんばんは
システム:あすかさんが、入室しました。
Bashi:BGM流しちゃいますね
ラナタス:ほいさ
Bashi:あらかわいい
あすか:こんばんはー、よろしくお願いします!
Bashi:GM頑張って立ち絵書いたんですけど肩より上でごまかしました。体わけわかりません
Bashi:セッション通して画力上げていきたいと思います
Bashi:設備はあるんですけどねえ(ペンタブとクリスタ)
ラナタス:描けるのは素晴らしい。
Bashi:あ、立ち絵左下はNPCもらっても大丈夫ですか?
Bashi:右なら多分かぶらないと思います・・・多分
ラナタス:了解ですー
lennon:頑張ってください!
ラナタス:邪魔なら出すなと言ってくださいませ
バリー:可愛いですね
システム:ぺほさんが、入室しました。
システム:ぺほさんが、入室しました。
Bashi:戦闘中以外は立ち絵おkです!
ラナタス:差分作るの楽しいです
Bashi:こんばんは~
ラナタス:了解ー
Bashi:よしよし、ではみなさんそろったので始めていきましょうか!!
lennon:分かりました。立ち絵、可愛いです!
ラナタス:はーい
ぺほ:おそくなりました!!!!すみません!!!
Bashi:それでは《並木亭》の物語 第2話 「護衛対象は・・・」を始めます。語り手はbashiが務めさせていただきます !
Bashi:いえいえ~
ラナタス:888888888888
バリー:888888
シルファ・ベルフラワー:8888
Bashi:さて、場面は継続参加者(先輩)の集まっているところにマスターが新規参加者(後輩)の紹介をするシーンです
《並木亭》カイル・キース:「・・・というわけでこれからこのギルドに所属してもらうことになった、レノン君、ラナタス君、リジー君だ。先輩としていろいろ教えてあげてほしい」
システム:キャラクターリストにリジーが追加されました。
《並木亭》カイル・キース:RPどうぞ!
シルファ・ベルフラワー:「はいはーい、新人さんですねー。皆さんはどうしてこちらに?」
lennon:「おお、人がいっぱいだ!」目キラキラしてて周りを見る
ラナタス:「・・・いい匂いがしたので」(食事にありついてます
ラナタス:「くっ・・貴族のこの私が、食事なんかに負けるとは・・不覚ですわ」
《並木亭》カイル・キース:お食事目当て増えてきましたねw
lennon:「すごい冒険者になりたいからここに来たよー」
白猫:そっと甘いものをラなタスの目の前にちらつかせます
《並木亭》カイル・キース:「ははは、追加で何か作ってくるね」マスター離席
バリー:「食事は大事ですよ。はじめまして。バリーと申します。ティダンの神官させていただいてます」
レイスト・メディウム:キャラ名にし忘れてた
リジー:「私は魔動機術の実戦経験を積むためですね、とっても興味深くて楽しいのですもの」
シルファ・ベルフラワー:「いやぁ、人が増えてうれしい限りですが、マスターの懐は・・・」
ラナタス:スリ判定いいですか?>
《並木亭》カイル・キース:www
シルファ・ベルフラワー:「あ、私はシルファですよー。よろしくおねがいしまーす」
ラナタス:>甘い物
《並木亭》カイル・キース:どうぞ!
システム:ラナタスさんの甘いものをひったくるロール(2d+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 8[4、4]+3 → 11
《並木亭》カイル・キース:これくらいならひったくれそうですね
レイスト・メディウム:「・・・やるな」 ひったくられる
lennon:「おお、神官様すごい!僕は軽戦士やってる!ちょっと魔動機術も身に覚えたけど、実は魔法とかにも興味ある…」
ラナタス:「ハッ!!私としたことが・・はしたない。」(でも食べる
《並木亭》カイル・キース:「おまたせ、懐がさみしいマスター渾身の甘味だよ」パフェ~
レイスト・メディウム:「レイスト・メディウムだ。このパーティでは主に前衛を務める。よろしく頼む」
《並木亭》カイル・キース:「と、いうことで申し訳ないのだが護衛依頼を受けてはもらえないだろうか?護衛対象は少々身分の高い少女で一応は私の教え子ではあるのだが・・・」
《並木亭》カイル・キース:てことで依頼のお願いです!
シルファ・ベルフラワー:じゃあマスターの持ってるパフェをひょいととって一口たべます
ラナタス:「依頼・・・?」
レイスト・メディウム:「依頼ということなら俺は構わないが、どうする、リーダー?」
《並木亭》カイル・キース:「彼女の希望でなるべく若くて腕の立つものがいいらしくてね、同年代の友人も少ないであろうからそこに関しては分からなくもないのだがほぼ襲撃があることがわかっている」
lennon:「もちろんいいよー」
ラナタス:「何か、困りごとですの?」
ラナタス:「・・・ふっ、冒険者の出番ですわね!」
《並木亭》カイル・キース:「最近警戒するのも億劫なようでこの際襲撃させて捕まえることにしたらしい」
バリー:「僕は引き受けても良いですよ」買ったばかりの経典本を読んでます。
lennon:「ええ、そんなこともあるの?本当に大変!」
リジー:「護衛の仕事は初めてですけど問題ありません」
《並木亭》カイル・キース:「みんな、ありがとう。報酬は一人1500ガメル。集合は明後日の朝7時、この街の港、彼女の誕生日パーティの護衛で拘束時間は丸1日。場所はパーティー会場でもある魔航船。ルートとしてはここハーヴェス王国南の近海を一周するとのことだ」
シルファ・ベルフラワー:「んー、襲撃わかってるなら対処も楽そうですねぇ」
lennon:「じゃあ、ちゃんとまもってあげないとね!」
レイスト・メディウム:「捕まえるのか。生け捕り限定ということか?」
ラナタス:「船・・・ですの?」
《並木亭》カイル・キース:「生け捕りにするかは状況次第かな。もちろん生きてるのが望ましいけど護衛対象の無事が一番だ」
《並木亭》カイル・キース:「そう、空飛ぶ船さ」
ラナタス:[
ラナタス:「えええええええ!?」
lennon:「うおお…!船!船なの?初めての船!」
シルファ・ベルフラワー:「そもそも襲撃してくるのってどこの誰なのか見当ついてるんです? 言い方からしてわかってそうですけど」
ラナタス:「船が空を飛ぶ!?」
《並木亭》カイル・キース:公式はわからないけど多分この王国にもあまりないと思う
ラナタス:「・・ありえませんわ。」
バリー:「海じゃなくて空とは驚きですね」
リジー:「スカイシップみたいなものかしら」
ラナタス:「・・・・だって、船は・・海を行くものでしょう
《並木亭》カイル・キース:「そう考えてもらって構わない」
ラナタス:「・・・・・」
リジー:「キングスレイにいた時に何度か見ましたし、他国では移動手段の一つですね」
ラナタス:「冒険者とは、不思議なものですのね!」
lennon:「それすごいじゃない!ただ船に乗れるだけでうれしい!この依頼めちゃやりたい!」
《並木亭》カイル・キース:「空飛ぶ機構的に実際の船を改良するのが効率的らしいよ。詳しくは専門じゃないからわからないけど」
《並木亭》カイル・キース:「彼女は当日は赤い服を着て港で待っているとのことだ、そして彼女の名前は会うまで伏せておいてといわれているのでここでは言えない、申し訳ない」
《並木亭》カイル・キース:「護衛の心得はいかに存在を悟らせず必要な時に動けるかが重要になる。今後のためにもしっかりと学んできてほしい」
レイスト・メディウム:「飛空船だったか。極めて貴重なものだと記憶している。なるほどお嬢様ってことか」
リジー:「魔動機術を極めれば己で作成できるそうだし、私はそちらの機構の確認がしたいですね」
《並木亭》カイル・キース:「もしかしたら操縦部とか機関部も見れるかもしれないね」
ラナタス:「・・・お嬢様、それはまた・・。」
ラナタス:「狙うものも多いでしょうね」
《並木亭》カイル・キース:「そうそう、この依頼が無事終わったら私の方から彼女にきつくお灸をすえておくからそう伝えておいてくれたまえ」
lennon:「わかった!」めっちゃ嬉しそう。「僕もちょっと見たいな…機関部…!」
バリー:「オーダーメイドの司祭服が間に合わなかったのが悔やまれます」
リジー:「!俄然やる気が出てきました!」
《並木亭》カイル・キース:ということで特に何もなければ当日まで時間飛ばしても大丈夫ですか?
シルファ・ベルフラワー:「まぁどこの誰だろうと依頼者であることは変わりないですし、私達はやるだけですね」
ラナタス:いいよー
雪翼依依:こっちは大丈夫です。
バリー:OKです
シルファ・ベルフラワー:OKですー
リジー:OK
ラナタス:では、前日の番に
シルファ・ベルフラワー:「あぁ、今日のパフェも美味しいですねぇ・・・」
ラナタス:クリエイトゴーレムで
レイスト・メディウム:おk
ラナタス:時間拡大で鳥さん作っときます
ラナタス:3倍拡大/時間
GM/Bashi:はい。では当日朝、目的の港へ
GM/Bashi:はーいどうぞ
システム:ラナタスさんのロール(2d+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 4[3、1]+7 → 11
ラナタス:あ、魔力8で12ですね。達成値
GM/Bashi:了解です
レイスト・メディウム:一応礼服を買っておきます
GM/Bashi:では、当日、集合場所に行くと赤い服のいかにも高貴な身分の少女がいますね
lennon:(そういえば礼服なかった…!)
GM/Bashi:礼服とかは大丈夫!
ラナタス:「・・・あら?あの方かしら?」
シルファ・ベルフラワー:[]
GM/Bashi:護衛だし装備万端が一番!
GM/Bashi:てことにします!
シルファ・ベルフラワー:「依頼通りの服装ならあの方でしょうねぇ」
ラナタス:では、挨拶しに行ってもよろしいですか?
GM/Bashi: ???「あなたたちが護衛の冒険者ね。先生が選んだだけあってなかなか優秀そうね」
レイスト・メディウム:服装規定、了解
GM/Bashi:はい!
ラナタス:っと、来た
GM/Bashi:そして全員彼女の顔と名前くらいはしっているであろう
バリー:「はじめまして。よろしくお願いします。」
GM/Bashi:はじめましてだけどね!
ラナタス:「初めまして私はラナタス・シトラルス。操霊術師です。気軽にラナとお呼びください!」
lennon:「うぉぉ…綺麗な人だ!」遠くて感嘆して近づきます
リジー:「はい、まだまだ新米ですが頑張らせていただきますね」
GM/Bashi:「ええ、初めまして私は・・・」 と彼女がいったところで
lennon:「初めまして!僕はレノン!今回は頑張ってまもる…守ります!」
GM/Bashi:「姫、その命頂戴する!!!」
リジー:「それから、可能であれば仕事の後に船の機関部などを見せてください!」
ラナタス:「・・・・!?」
レイスト・メディウム:「・・・マジかよ」
GM/Bashi:てことで乱戦チュートリアルの戦闘に入ります!
lennon:「?!」
リジー:「いきなりとは無粋ですね!」
GM/Bashi:ちょっとここから立ち絵消しますね。すみません
GM/Bashi:敵は8人。前方10mに5人。後方10mに3人。  皆さんは0m地点に護衛対象を置きそこから前後5m以内で配置してください
バリー:上級戦闘ですね
シルファ・ベルフラワー:「えぇ、無粋ですねぇ。人の会話に割り込まない。親から教わりませんでしたか?」
GM/Bashi:はい!
GM/Bashi:特殊ルールの説明させていただきます!
GM/Bashi:1.勝利条件   護衛対象を乱戦に巻き込まない  2.特殊ルール   1.まもちき要らず、相手はただの一般人です    2.先制判定は自動的に敗北扱い。相手の先行です   3.相手からダメージは受けません。描写だけはします   4.管理の都合上移動妨害するときはリスト順でお願いします   5.敵ターン終了後、戦闘は終了です。乱戦内の敵は捕縛されます
GM/Bashi:メモ3にまとめます
システム:キャラクターリストにアイリス・ハーヴェスが追加されました。
GM/Bashi:護衛対象追加しました!
ラナタス:すげぇ人きたな・・
シルファ・ベルフラワー:いやぁ、どんな人脈してるんだろうねぇマスター
リジー:ここにしよっと
GM/Bashi:詳しくはルルブⅡのp325で
ラナタス:ここで!
シルファ・ベルフラワー:私も下にしましょうかね
GM/Bashi:GMもあいまいなところがあるのでゆっくり解説しながらいきますね。間違ってたら指摘お願いします
lennon:「人が多いね…こんな早々に敵が来るとは思われなかったな」
レイスト・メディウム:このNPC聞いたことあるなってこいつか。ソーサラー14レべのコネすっげえw
リジー:やっぱ私も下5mにしとこ
GM/Bashi:し、神官(11)だよ・・・ディメンジョンはア、アイテムだから(汗)
リジー:「後方は頑張って抑えますね、前方は任せました」
レイスト・メディウム:そして俺の駒が居ない・・・
レイスト・メディウム:見つけた
lennon:一人で何人ブロックできるだっけ?
GM/Bashi:では、上側の敵からゆっくり動かしますね。レノンくんから移動妨害お願いします
GM/Bashi:2人です!
レイスト・メディウム:敵三体なら俺一人で受け止めきれる ブロッキング持ち
リジー:この人数だと5m離れた位置からの制限移動での移動妨害じゃないと
GM/Bashi:移動妨害は前後3m(制限移動)まで可能です
リジー:乱戦形成で巻き込まれるな
シルファ・ベルフラワー:レイスト君上のほうがいいかな
GM/Bashi:乱戦は5人まで3m6~10人で4mです
ラナタス:そうね
GM/Bashi:はい、レイストくん前提のところありますのでしっかり考えて配置してくださいね!
GM/Bashi:では、1番の敵が0mまで通常移動してきます。レノンくんコマを動かして止めてください!
リジー:レイスト君、レノン君の横からスタートして
リジー:上を食い止めてほしい
lennon:乱戦形成されないように4mに配置しました。レイストさんも僕と同じくらいの距離でいてもいいのでは?
レイスト・メディウム:了解
ラナタス:前に出て、止めちゃってくださいな
GM/Bashi:あ、青線、赤線の上に配置でお願いします。数えやすいですからね
ラナタス:OK
GM/Bashi:ではレノンくん、何m前で止めますか?
ラナタス:乱戦拡大範囲からして、5m距離があれば大丈夫よ
lennon:初期配置は4mで、制限移動で5mまで行きます。
lennon:妨害です。
GM/Bashi:はい、それであってます!
レイスト・メディウム:魔法の射程、武器の射程、自身の移動距離等に注意ね
ラナタス:私の補助魔法は30m 回復魔法は10m届きます
lennon:「近づけさせないよ!」
GM/Bashi:この移動妨害時点では乱戦はできませんので(1)はレノン君にしか攻撃できません(重要)
GM/Bashi:そして、攻撃宣言後乱戦形成です
lennon:(こっちは万が一のとき、自分にヒーリング・バレット撃つこともできるのでご安心をー)
GM/Bashi:そしてこのときはじめてレイスト君は独立状態になります。つまりはレノン君位置まで来たら近接攻撃ができてしまいます
GM/Bashi:近接攻撃の対象になったとたんレイスト君は乱戦中心点、5mの地点に移動します
システム:ぺほさんが、入室しました。
システム:ぺほさんが、入室しました。
GM/Bashi:ですので、同座標にいる後衛を守りたくても2体目の敵が来て乱戦に参加すると近接攻撃されるので注意してください。初回の敵は乱戦ができていないので後衛には攻撃できません
GM/Bashi:さて、(2)の敵も0mに通常移動します。レノン君どうしますか?
ぺほ:2まではレノン君で食い止めれるかな
lennon:それは妨害できるなら妨害しますね。二体もブロックできますし。
GM/Bashi:はい、その通りです!
ラナタス:抑えちゃってください
ぺほ:それ以上はそこのゴーレムとレイスト君にも参加してもらえば大丈夫か
lennon:「君も近づかないでー!」
GM/Bashi:では、(3)も同じく移動します。ラナタスさん(ゴーレム)はどうしますか?
ラナタス:ゴーレムで止めるよー
ラナタス:乱戦に巻き込む
GM/Bashi:はい!乱戦エリア内にいて制限移動で中心まで移動できるので可能です!
GM/Bashi:では(10)も移動!
ラナタス:私が止めよう
GM/Bashi:おkです!
ラナタス:直々に止めてやります
ラナタス:「行かせませんわ!」
GM/Bashi:では(5)も移動しますね。
ラナタス:「レイストさん!そっちに行きましたわよ!」
GM/Bashi:そしてこの時点で参加人数が5人を超えたので乱戦は4mです
レイスト・メディウム:「任せろ」 乱戦に巻き込んで妨害します
ぺほ:姫様ギリギリセーフ
GM/Bashi:では、(5)も行きます
GM/Bashi:はーい、大丈夫です!
GM/Bashi:では、上はこれで終わりですね
ラナタス:間近で冒険者の働きっぷりが見れるぞ
GM/Bashi:お次下行きます!
GM/Bashi:(7)はリジーさんに攻撃しようとします。シルファさんは止めてください!
シルファ・ベルフラワー:はいはーい、7までいって止めますよ
GM/Bashi:はい、ありがとうございます!
シルファ・ベルフラワー:「そこまでですよ、ここから先は通せません」
GM/Bashi:先ほど言ったようにこの時点で乱戦は形成されません。ですので(7)は2m先にいるリジーさんを攻撃できません
GM/Bashi:しかたなくシルファさんを攻撃して乱戦形成です
GM/Bashi:では(8)もリジーさんを攻撃します。シルファさんはできることをしてみてください!(無茶ぶりでごめん!)
シルファ・ベルフラワー:「襲ってくる割には剣技がおざなりですねぇ・・・」
シルファ・ベルフラワー:といってもできることは乱戦遠さないくらいですかねぇ・・・
ぺほ:マギシューだから回避はできないけどリジーのがHPおおいんか……なんでこいつ27もHPあるんや
GM/Bashi:ですね!
GM/Bashi:リジーさんは独立状態なので固有座標5m地点にいます
シルファ・ベルフラワー:というか倍以上になってないので通り抜けられないが正しいのかな。リジーは殴れちゃいます
ラナタス:殴れますね
GM/Bashi:しかし、そこは乱戦エリア内ですのでリジーさんを殴れてしまいます
GM/Bashi:これが先ほど言った後衛を移動妨害で守るのは初回のみってことですね
ぺほ:攻撃力10以上でもないなら2発は耐える!!
シルファ・ベルフラワー:HPの差は生命力の差!
GM/Bashi:そして攻撃されたリジーさんは7m地点(乱戦中央)に引き込まれます!
シルファ・ベルフラワー:あと冒険者レベル
ラナタス:前衛は後衛の3m前に配置、敵が突っ込んできたら前衛は3m前に出て移動妨害すれば
GM/Bashi:では、(9)は乱戦突破して0m地点に移動しようとします
ラナタス:後衛は大体守れます
レイスト・メディウム:レベル差の暴力の一端や>シルファ
ぺほ:りじーが止めまーす
GM/Bashi:てことですね!>ラナタスさん
シルファ・ベルフラワー:シルファもとめまーす
GM/Bashi:はい、ありがとうございます!
ぺほ:行かせないゾ
GM/Bashi:wwwシステム上は2人までしか止められませんが描写としてはおkです!
ぺほ:「前衛ではないですけど、見たところ素人ですよね、それなら私でも問題ありません」
シルファ・ベルフラワー:バリー君動いてないように見えるけどこれ護衛としては正しいな?
GM/Bashi:そしていまはいませんが下から2人来たら下側は一たいの突破を許してしまいます
バリー:敢えてこの位置にいます。
ラナタス:「こんなただのチンピラ、魔法なんて撃つまでも無いですわ!」
ぺほ:まぁ、3mまでならどっちへも対処できますもんね
GM/Bashi:仮にバリーくんが3m前進して止めてもその後乱戦が形成されるので0m地点も乱戦に巻き込まれてしまいます
GM/Bashi:てことだけ頭の片隅に入れておいてください!バリーくんごめんね移動妨害のチュートリアルできなくて!
GM/Bashi:本番の戦闘ではたくさん乱戦で遊ぼうね!!
バリー:この連中が囮の可能性ありますし
lennon:(楽しみだね)
GM/Bashi:てこで、この戦闘の勝利条件を達成したのでみなさんの勝利です!おめでとうございます!
リジー:捕獲捕獲
リジー:冒険者セットにあるロープで縛ろう
GM/Bashi:多分ルールミスはないと思いますけど疑問点とか間違いがあったら後ほどでも構わないのでぜひ指摘お願いします
ラナタス:「悪は滅びた・・・ですわ!」
ラナタス:問題ないと思います。
レイスト・メディウム:「襲撃があるなら飛空艇に乗ってからだと思い込んでしまっていたな。油断した」 縛りながら
アイリス・ハーヴェス:「流石先生の選んだ冒険者ね、改めて私はアイリス・ハーヴェス。われらが王、ヴァイスお兄様の妹よ。お母様は別だけどね」(ルルブⅡp325)
アイリス・ハーヴェス:ルルブの絵がかわいいのにどうしてこうなった・・・今は許してね
レイスト・メディウム:ねー。こんなのに説教できるマスターすげぇよな。なんで金欠なんだろ
アイリス・ハーヴェス:イメージ、つかむの、大事!
アイリス・ハーヴェス:てことで
シルファ・ベルフラワー:ほんまそれ
ラナタス:「え・・・・?」
ラナタス:「ええええええ!?!?」
ラナタス:「・・・本物・・ですの?」
アイリス・ハーヴェス:「ふふふ、立派な護衛だったわよ」
ラナタス:ぼーぜんとしてます
シルファ・ベルフラワー:「おやまぁ、ずいぶんとお姫様がでてきましたねぇ・・・」
アイリス・ハーヴェス:ちなみに差分はない!MAPとカイルで力尽きた!
lennon:「お姫様!初めて見た!なるほど、だからこんなにきれいだな!」
リジー:「姫様におかれましてはこの度お目通りかない幸甚に存じます。」と礼節に乗っ取った一礼を
アイリス・ハーヴェス:「あら、これはご親切に」
ラナタス:「ちょっと、レオンさん・・・それは失礼では・・。」
アイリス・ハーヴェス:「さてと、それじゃあ護衛の方よろしくね。本格的な襲撃は夜だと思うけどね」
バリー:「ご無事で何よりです」
レイスト・メディウム:「噂は聞きていたが、こんなにまじかで見ることになるとは。未熟だが精いっぱい任務をこなそう」おじぎー
ラナタス:「あ・・はひ・・お任せあれ・・」(ガチガチに緊張してます
アイリス・ハーヴェス:「いいえ、思ってることを素直に話せるのはとても大切なことよ」
アイリス・ハーヴェス:「その気持ちを大切にしなさい」
シルファ・ベルフラワー:「で、今のは斥候でいいんです?」
ラナタス:(なんて器が大きいの!?)
シルファ・ベルフラワー:「それともまた別ですか?」
アイリス・ハーヴェス:「ええおそらくは。でも腕利きが来るのは夜だと思うわ」
ラナタス:「・・・・格の違いを見せつけられましたわ。」
アイリス・ハーヴェス:「なにせこんなんじゃ私一人でもどうにかなるもの」
lennon:「ええ、ああ…もうしわけございませ、ん…?」ぺこりしててなれない敬語にします
リジー:「なるほど、それでは夜までは警戒しながら過ごしましょう」
アイリス・ハーヴェス:さて、では護衛パートの説明をさせていただきます!
レイスト・メディウム:「空を飛ぶ飛空艇に襲撃しようとする奴らだからな。チンピラではないだろうさ」
アイリス・ハーヴェス: 朝、昼、夕方でイベントがあります。護衛は2人1組で3チームに分かれます。
ラナタス:「どうせ、家柄だけは立派なチンピラでしょう?」
アイリス・ハーヴェス:イベントは1d6でランダムに決めます。また一度起きたイベントは再度決めなおします
リジー:可能であれば前衛、後衛1:1で組みたいですよね
アイリス・ハーヴェス:ですのでみなさんはこの組み合わせがよいと思われるチームを組んでください。護衛6人でぞろぞろは多いですからね
リジー:後衛、後衛のセットが出来たら最悪の時が悲惨だ
ラナタス:はーい!2人組つくってー!
レイスト・メディウム:せんせー。一人余りまーす
アイリス・ハーヴェス:明言しておくことは各種判定で護衛の成否を決めます。本格的な戦闘はないので大丈夫です
シルファ・ベルフラワー:部位数の話をするなら、ラナタス、レイスト、シルファは分けたほうがいいかな・・・
レイスト・メディウム:バードってゴーレムか。失敬
ラナタス:ゴーレムです
アイリス・ハーヴェス:ゴーレムとラナタスさんはセットでお願いします!!(コンジャラーシステム忘れてました!)
アイリス・ハーヴェス:このゲーム頭数増やせましたね・・・
ラナタス:探索パートではアイテム化します
リジー:ライダーもいたらもっと増えますからね
レイスト・メディウム:危険感知とかを考えると一チームひとりスカウト、レンジャーが欲しい
リジー:スカウト1ですがあります
ラナタス:スカウトありまーす
アイリス・ハーヴェス:もちろん探索判定系以外のイベントもあるので運よくそこにあたることを祈りましょう!
バリー:スカウト1取りました
lennon:(スカウト2ありますー)
シルファ・ベルフラワー:みんなスカウトありそう
ラナタス:有能
レイスト・メディウム:じゃあ大丈夫か
アイリス・ハーヴェス:www
ラナタス:組みたい人いますか?
アイリス・ハーヴェス:リスト順で2人とかにします?それともRP的に絡みたいペアがいたらそちらもどうぞ!
ラナタス:リスト順でも、一応前衛後衛か
シルファ・ベルフラワー:ですね
lennon:PL的にはラナタスさんと組みたいですね。戦力的に。
アイリス・ハーヴェス:アイリスは男性だけ、女性だけのペアとか混合ペアとかは問いません。先生を信頼しているので任された皆さんも信頼してます
ラナタス:では、組みましょうか
シルファ・ベルフラワー:特に希望なければリスト順でよさそうですかね
レイスト・メディウム:了解
アイリス・ハーヴェス:いい感じに前衛後衛ですね。
ラナタス:「よろしくお願いしますわ。レノンさん」
リジー:了解です
シルファ・ベルフラワー:レノンラナタス、シルファバリー、レイストリジーでお願いしますー
アイリス・ハーヴェス:イベントはランダムなので時間指定でおこるものはありませんがいつの時間がいいとかありますか?
lennon:「ラナタス、よろしくー!」
ラナタス:「ラナでいいですわ。」
バリー:OKです
レイスト・メディウム:「しばらくの間、背中は任せようか。リジ―」
リジー:暗視はあるけど、可能なら明るい間におこってくれると助かる
アイリス・ハーヴェス:その時間を担当するもの以外も遠くからは護衛しているという体でお願いします
シルファ・ベルフラワー:「いやぁ長い付き合いですからねぇ。今回もよろしくですよ」
リジー:「はい、十全お任せくださいとはいえませんが微力ながら頑張りますね」
リジー:まぁ、明るい間は暗視ない組に任せよかな
リジー:照明ぶちこわされて暗くなる、がないとも限らないし
lennon:(こっちは夜にはフラッシュレイト使えるので。)
バリー:「シルファさん、よろしくお願いします。」
ラナタス:あぁ、近くでの護衛のタイミングでフェアリーウイッシュを入れますね
アイリス・ハーヴェス:夕方までは暗視なしでも大丈夫です!ではリスト順で時間も決めちゃいますね!
ラナタス:OKOK
アイリス・ハーヴェス:はいどうぞ>フェアリー
システム:ラナタスさんのロール(2d)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 6[2、4] → 6
シルファ・ベルフラワー:右に同じく
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(2d)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 5[3、2] → 5
ラナタス:妖精さんを従えます
アイリス・ハーヴェス:はーい
アイリス・ハーヴェス:ではでは、朝パートの護衛から行きましょう!
ラナタス:ほいさー
アイリス・ハーヴェス:リスト順に代表とさせていただきます。レノン君1d6をどうぞ!
システム:lennonさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 3
アイリス・ハーヴェス:はい、ありがとうございます
lennon:(普通ー)
アイリス・ハーヴェス:3.姫と会話してるご婦人が冒険の話を聞きたいとのことだ。冒険者レベル+知力B で10以上で面白おかしく話せる
lennon:(これは二人で判定行います?)
ラナタス:判定は私とレノンさんですかね?
GM/Bashi:「あらあ若い護衛さんね~おもしろい話をしてくださる?」
GM/Bashi:はい!どちらか片方成功で大丈夫です!
システム:ラナタスさんのロール(2d+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 10[6、4]+9 → 19
リジー:ぶっちぎりで草なんだよなぁ
システム:lennonさんのロール(2d6+3+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3+2) → 8[2、6]+3+2 → 13
GM/Bashi:www
ラナタス:めっちゃ饒舌に語ります
lennon:楽しくどんどん語った。
GM/Bashi:普通レノンくんみたいに期待値ちょっとで成功の予定なんですけどねえ・・・
レイスト・メディウム:固定値・・・ ファンブル以外か
lennon:「ってねてね、あんなことこんなこともあったよー」
lennon:みたいな感じではなします。
ラナタス:ゴブリンに捕えられた話とか、シンデレラみたいな境遇で家を出た話とか
GM/Bashi:平目の可能性もあるので護衛としては基本成功でいきたいので
GM/Bashi:レノン君のは重いいいいw
GM/Bashi:でもめっちゃうまく話せた!
GM/Bashi:「あらあら、若いのに大変ねえ。そうだ、よかったらこれもらってくださらない?」
GM/Bashi:ヒーリングポーション1つずつゲットです!
ラナタス:「あら、これは・・」
lennon:「わーこんなものもらっていいn…ですか?」
ラナタス:「ありがたく、頂きますわね!!」
GM/Bashi:「うふふ、このお転婆お姫様をよろしくね」
ラナタス:「・・・それにしても、レノンさん。ずいぶんと苦労をされたのですわね」
GM/Bashi:てことでみごと護衛(?)としての役割は成功です!
lennon:「本当にありがとう!優しい人だ、ですね!」
lennon:「僕はそう思ってないよー」
ラナタス:「ええ!このお転婆、男爵嬢がしっかりお守りいたしますわ!!」
アイリス・ハーヴェス:「・・・(強い人ね)」
GM/Bashi:では、お次は昼パート!
GM/Bashi:シルファさん、バリーくん登場です!
GM/Bashi:シルファさんは1d6お願いします!
シルファ・ベルフラワー:はーい
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 5
GM/Bashi:3が出たら振り直しで!
ラナタス:「後はお任せしましたわ!私は少し何かつまんできますわ」
シルファ・ベルフラワー:5!
GM/Bashi:5.姫の無茶ぶりによってカジノをさせられる。スリ判定またはアルケミストレベル+器用Bでうまく切り抜けられる
シルファ・ベルフラワー:「はーい、休んでてくださいね」
GM/Bashi:カジノタイムだ!!!
lennon:「護衛頑張ってー」
lennon:(カジノー!)
レイスト・メディウム:ポーカーとかかな
GM/Bashi:スリ判定なんてほとんどしないだろうなあ(数時間前の僕)、あ、したわ(さっき)
シルファ・ベルフラワー:アルケミ+器用で振ります
ラナタス:HAHAHA
lennon:(確かにwwww)
GM/Bashi:どうしてピンポイントでアルケミあるんですかねえ
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(2d6+2+4+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+2+4+1) → 10[5、5]+2+4+1 → 17
GM/Bashi:うしょん
lennon:(出目こわい)
バリー:ではチャレンジ・・・・不要ですねw
リジー:wwww
シルファ・ベルフラワー:「カジノなんてやったことないんですが・・・おやおや?」
レイスト・メディウム:スリ→カード入れ替え アルケミ→カード書き換え みたいな?
GM/Bashi:最悪平目想定ですけどこの分なら今後もうすこし目標値高いほうがいいですね
GM/Bashi:はい、そんなイメージです!
ラナタス:GMが殺意の波動に・・
アイリス・ハーヴェス:「ロイアルストレートフラッシュとか私初めて見たわ・・・」
ラナタス:今のところどちらの判定も10が出ているというね・・
lennon:(たまたまちょうど持ってる人が引きあたっただけと思いますよー)
バリー:「シルファさん、大した腕前じゃないですか」
アイリス・ハーヴェス:「先生のところの冒険者はみんなこうなのかしら・・・」
シルファ・ベルフラワー:「え、強いんですかこの役?」
アイリス・ハーヴェス:「・・・あなた将来は大物になるわよ」
レイスト・メディウム:お姫様のお墨付きだーw
アイリス・ハーヴェス:さてシルファさんとバリーくんは1d6お願いします!
システム:バリーさんのロール(1d)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 1
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 2
レイスト・メディウム:oh...
アイリス・ハーヴェス:では合わせて300ガメル皆さん一人に追加報酬で渡しますね!
シルファ・ベルフラワー:賭け金が少なかったんでしょうねぇ・・・
レイスト・メディウム:パーティーですから
GM/Bashi:ではではお次は夜パート!レイストくんリジーさんお待たせしました!
バリー:「では後よろしくお願いします。」
システム:レイスト・メディウムさんの振りまーすロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 3
GM/Bashi:レイストくん1d6どうぞ!
シルファ・ベルフラワー:「ふぁ・・・私はちょっと寝まーす、あとよろしくお願いしますね」
GM/Bashi:おっと振り直しで!
レイスト・メディウム:「了解した。楽しんでくるといい」
システム:レイスト・メディウムさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2.5 (1D6) → 6
GM/Bashi:夜じゃない夕方だ
リジー:「お任せください」しるふぁさんにそう言って引継ぎ
GM/Bashi:6.物置で荷物が崩れるトラブルが発生した。冒険者レベル+筋力Bで元通りに積みなおせる
リジー:何が出るかな何が出るかな
リジー:おっと
ラナタス:「ふぅ・・・もう食べられませんわ。」
GM/Bashi:目標値は10!!
リジー:筋力はゴミカスです!!!!
システム:レイスト・メディウムさんのロール(2d6+3+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3+3) → 8[5、3]+3+3 → 14
ラナタス:相方がいるはずだ!
lennon:(レイストさん頑張ってー)
アイリス・ハーヴェス:「あら、とりあえず私の護衛はいいから手伝ってあげて」
システム:リジーさんの冒険者筋力ロール(2d6+4+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4+1) → 6[5、1]+4+1 → 11
ラナタス:強い!(つよい!
レイスト・メディウム:「積み荷か。任せておけ」
リジー:「力には自信がありませんがこまかいものの整理を手伝いますね」
GM/Bashi:おかしい、GM前回出目3,4ばっかりだったのに・・・
GM/Bashi:では元通りしっかりなおせます!
ラナタス:ダイスの女神は気まぐれ
GM/Bashi:おっちゃん「おお、お前ら姫様の護衛かたすかった!お礼と言ってはなんだがこれをもらってくれないか?」
レイスト・メディウム:「こんなものか。それにしても豪華なパーティだな。こんなにも積み荷があるとは」
GM/Bashi:お二人は好きな能力増強の指輪一つもらえます!
GM/Bashi:(一応ダメージ受けるイベントもあったんだけどなあ平和だなあ)
リジー:「よろしいのですか?」
lennon:(平和ですねー)
リジー:んーー敏捷指輪ください!!!
GM/Bashi:はい!
ラナタス:やったね!
レイスト・メディウム:「ありがたい」 筋力で
リジー:やったー!
リジー:装備しときまーす
GM/Bashi:ということで「夜」までの護衛は完璧にこなしました!
レイスト・メディウム:自分も装備で
ラナタス:さぁ、お楽しみの夜だ
ラナタス:どんな危険が来るかなぁ
GM/Bashi:時刻は夜19時。姫様の誕生日パーティーを本格的に開始しようとします
lennon:(夜になったね!)
レイスト・メディウム:[
GM/Bashi:ちなみに公式では14歳となっています。現在13歳でこの誕生日で14になるということで!
ラナタス:「さて、いよいよ本番ですわね」
ラナタス:OKOK
lennon:忍び込んで護衛に専念しますー
GM/Bashi:今からアイリスの誕生日のパーティーを本格的に始めようとしたとき甲板前方に3人の人影が!
レイスト・メディウム:「姫様の話ではこれからが襲撃の科の所為が高いとのことだったが・・・」
GM/Bashi:???「はーはっはっはっはっは!アイリス姫!我ら、筋肉感謝祭義兄弟(マッスルハッスルブラザーズ)がその命もらい受けるぞ!!」
ラナタス:「!?」
レイスト・メディウム:「!?」
GM/Bashi:漢字はノリで決めました
リジー:「……なんと???」
lennon:(名前のセンスwww)
GM/Bashi:「『あの方』によって強化された我らが筋肉を見るがよい!」
シルファ・ベルフラワー:「うるさそうなのが出てきましたねぇ」
ラナタス:「・・・いかにも、知力を筋力に全部振ったような奴らが出てきましたわね」
アイリス・ハーヴェス:「うわっ、むさくるしっ・・・これは予想してなかったわ」
レイスト・メディウム:セージ技能でこいつらの知名度とか測れますか?w
GM/Bashi:ではここから戦闘に入るので立ち絵は消します!ごめんなさい!
ラナタス:魔物知識!
リジー:「んっ、んんっ……ひとまず姫様は後ろに」
GM/Bashi:まもちきは3人とも知名度10です!
ラナタス:「皆様は、下がってくださいな!」
lennon:「姫様に傷つくのはさせないよー」キリっ!
ラナタス:ヒラメで
レイスト・メディウム:「万が一姫様がこいつらにさらわれたら・・・いや、考えないようにしよう」
システム:ラナタスさんの魔物知識ロール(2d)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 10[4、6] → 10
システム:lennonさんの平目ロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 3[2、1] → 3
GM/Bashi:真ん中のやつだけ弱点14あります
ラナタス:ぬきました(
システム:キャラクターリストからアイリス・ハーヴェスが削除されました。
lennon:(もうちょっとで経験値もらえるのにー!)
システム:レイスト・メディウムさんの魔物知識判定ロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 4[2、2]+3 → 7
バリー:「姫様がビルダーになるなんて・・・・」
システム:キャラクターリストに筋肉弓が追加されました。
システム:キャラクターリストに筋肉魔法使いが追加されました。
システム:キャラクターリストに筋肉戦士が追加されました。
レイスト・メディウム:筋肉魔法・・・
lennon:(筋肉魔法wwwww)
GM/Bashi:アイコンは力尽きました!!
ラナタス:「そんな事になったら、王様がショック死するかもしれませんわね」
レイスト・メディウム:何語で行使するんだろう 肉体言語?
リジー:ソレイユ語かな
GM/Bashi:知能:筋肉 知覚:筋肉 ってのも書こうとしたけどやめました
リジー:ソレイユ語の会話は発声を伴わないポージングらしいし
lennon:(この二つの単語が一緒に並べるだけで笑いが止まらないPL本人)
ラナタス:酷い絵面である
lennon:(もう一人のまもちきも行えます?)
GM/Bashi:まあぶっちゃけまもちきは全員抜けるだろうし弱点あるやつだけセージもちは振ってください
lennon:(14のやつ)
GM/Bashi:はいもちろん
GM/Bashi:筋肉魔法使いが弱点あります
ラナタス:「しかし、やはり筋肉が脳みそまでつまってますわね」
GM/Bashi:(ちなみに筋肉魔法使いはGMがやってみたいけど多分ほかのGMに嫌われるであろうビルドのため敵にしてだしました)
ラナタス:「みんな同じ方向から来るのであれば、食い止めるのはたやすいですわ」
GM/Bashi:みなさんは0mから前後3mまでの好きな位置で配置してください
雪翼依依:「増援がなければ、ね…」
GM/Bashi:下方向5mまでは下がれますがそれ以上は船内になるため下がれません
ラナタス:「・・・冴えてますわね。レノンさん」
GM/Bashi:敵は10mに弓以外、弓は12mです
ラナタス:「あいつらが、本当に無能である事を期待しましょうか」
シルファ・ベルフラワー:魔法使いが戦士の横かぁ・・・
GM/Bashi:弱点はだれか抜きに行きますか?
リジー:なんでだよぉwwww
lennon:(そういえば今、船にあかりがついていますか?(暗視持っていないため)
レイスト・メディウム:「まともじゃない魔法使いなんだ。まともな戦い方じゃないだろさ」
GM/Bashi:あ、明かりについては問題ないです!説明抜けてました!
ラナタス:OK
ラナタス:セージさん
lennon:(それはありがたいですね)
ラナタス:魔物知識お願いします
GM/Bashi:姫様が光妖精で照らしてくれます(そんな魔法なかった気もするけどフレーバーで)
ラナタス:・・・まさかセージいないとかない・・よ・・ね?(
GM/Bashi:ま、まさか・・・
レイスト・メディウム:弱点行きまーす
ラナタス:・・・・
ラナタス:いたぁ!!ここに一人
システム:レイスト・メディウムさんのロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 7[5、2]+4 → 11
lennon:(セージさん、いると思うよー)
シルファ・ベルフラワー:セージってなんだ・・・?w
GM/Bashi:足りない!
レイスト・メディウム:はっはっは
リジー:今、敵のデータ見てるけど数値とかは起債されてない気がする?
ラナタス:データ抜ければよし!
GM/Bashi:ので弱点突破はなしで
ラナタス:データ下さいな
GM/Bashi:全員オリジナルです!
リジー:あぁ、ここからか
GM/Bashi:データはメモ2に
GM/Bashi:のせます
シルファ・ベルフラワー:はーい
GM/Bashi:つっこみどころ多いと思うので情報整理しながらRPなどどうぞw
リジー:「……いろいろ、何でしょう……頭が痛いというか、頭が理解を拒んでいるというか」
GM/Bashi:練技以外のステータス上下はすでに適用済みです
lennon:「相手はどんなやつなの?」出目3のバカっ子は仲間たちに聞きまーす
レイスト・メディウム:「暗い過去を持ちがちなナイトメアがあんなにも活発に・・・何をされればあれになるというのだ」
GM/Bashi:簡易HPMP表示、敵のデバフはメモ3で管理します
GM/Bashi:味方側のバフデバフは各自管理してください
ラナタス:OKOK
バリー:OKです
レイスト・メディウム:「射手はドワーフだ。火脳俗世が通るとは思えない。気をつけろ」
レイスト・メディウム:おk
GM/Bashi:ダメージについては追加ダメージ等を加えた合算ダメージのみ教えてください。防護点による敵側への最終ダメージはこちらで行います
ラナタス:「・・・それは、厄介ですわね」
レイスト・メディウム:火属性
ラナタス:「さぁ、誰から仕留めまして?」
リジー:了解です
GM/Bashi:あ、先制判定は全員10です!遅いね!
リジー:先制判定がんばりまーす
シルファ・ベルフラワー:なんだかんだキッツイなぁこれ
ラナタス:先制振りまーす
システム:リジーさんの先制ロール(2d6+1+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+1+3) → 7[2、5]+1+3 → 11
システム:lennonさんの先制行きますよ~ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 4[1、3]+6 → 10
システム:ラナタスさんのロール(2d+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 7[4、3]+4 → 11
リジー:ぬいたー
システム:シルファ・ベルフラワーさんの先制ロール(2d6+1+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+1+3) → 4[2、2]+1+3 → 8
GM/Bashi:ナイス突破!
lennon:(ヤバい、出目が酷い)
シルファ・ベルフラワー:スゥー
GM/Bashi:セージに比べての先制の命のかけ方嫌いじゃないというか好き
システム:レイスト・メディウムさんの先制判定ロール(2d6+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 12[6、6]+5 → 17
ラナタス:ファイアウエポンはあまりおいしくない・・と
GM/Bashi:wwww
ラナタス:うへぇ
レイスト・メディウム:っしゃ
バリー:では自分以外の5名にフィールドプロテクション掛けたいです
リジー:魔法制御ないと
lennon:(ファナがあれば欲しいー☆)
リジー:ゴーレムも対象になるからランダムで一人弾かれる。。。
GM/Bashi:ドワーフに火属性無効の記述抜けてましたすみません・・・
ラナタス:レノン君が超絶脳筋で好き
バリー:じゃあ辞めます
lennon:(実はキャラメイクの時器用2が二回出たので)
ラナタス:大丈夫、一つずつバフするから
ラナタス:先に魔導士倒す?
筋肉戦士:「はっはっはうなれ私の上腕二頭筋!喜んでるか?大胸筋?」
lennon:(レノンの器用はもう救いがないよー)
GM/Bashi:なお、GM筋肉について詳しくないので語彙はもうほとんどのこってない
レイスト・メディウム:(自分もファナ欲しい
GM/Bashi:頭悪い発言しかできない
シルファ・ベルフラワー:ナイスバルク!
ラナタス:全員命中に不安がありと
バリー:「切れてる奴らですね」
ラナタス:では、先に動くよー
レイスト・メディウム:脳筋だしいいのでは>GM
GM/Bashi:ですねw
ラナタス:3m前に移動
シルファ・ベルフラワー:回避無理とか書いてるしいらんのでは?
シルファ・ベルフラワー:ファナ
バリー:PLがリアルでジム通いしてましたw
GM/Bashi:さあお好きな人からかかってきなさい!
GM/Bashi:魔法使いは回避無理です!!
ラナタス:時間4倍/確実化2倍
GM/Bashi:無理!しないから必中!
GM/Bashi:当たれば
ラナタス:ダークミストを敵全体巻き込みで掛けます
GM/Bashi:あ、初期位置はみなさん現在地点でよろしいですか?
ラナタス:これで、戦士も回避が下がるぞー
シルファ・ベルフラワー:2にしておきます
レイスト・メディウム:はーい
ラナタス:行使
システム:ラナタスさんのロール(2d+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 10[5、5]+8 → 18
システム:ラナタスさんのロール(2d+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 9[4、5]+8 → 17
ラナタス:抵抗どうぞ
GM/Bashi:あ、全員さいころ振らせていただきますね
lennon:「ラナタスすごいー!」目キラキラー
GM/Bashi:はい!誰から抵抗振ります?
バリー:今回は魔法使わさそうなので、盾構えて3に立ちます。
リジー:あの、魔法拡大すべてって
ラナタス:全部同時に使えるのよ
リジー:これ、残りの魔法拡大を全て習得してるってことだけで、同時に複数の拡大を使えるって意味じゃないと思います
GM/Bashi:戦士、魔法使い、弓の順で大丈夫ですかね?
ラナタス:いえ、同時に行けます
GM/Bashi:てことにします!
リジー:あ、ほんとだ
GM/Bashi:了解です戦士から抵抗しますね
ラナタス:いいよー
システム:GM/Bashiさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 5[4、1]+6 → 11
シルファ・ベルフラワー:魔法拡大は種類問わず同時宣言可能ですね
システム:GM/Bashiさんのロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 9[3、6]+8 → 17
システム:GM/Bashiさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 4[3、1]+6 → 10
GM/Bashi:全員無理でした!!
ラナタス:じゃあ、回避-2だね!
ラナタス:で、鳥さん
リジー:魔法使いが面倒そうなので魔法使いから殺しましょ!!!
lennon:(すごいー)
ラナタス:この位置から、魔法使いに電撃を撃ちます
lennon:(戦士の牽制はレイストさんに任せていいですか?)
システム:ラナタスさんのロール(2d+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 5[2、3]+4 → 9
シルファ・ベルフラワー:あ、GMちょっといいですか
ラナタス:精神抵抗どうぞ
GM/Bashi:はいどうぞ
ラナタス:目標値9
シルファ・ベルフラワー:魔法使いの防護点誤植ですか?
GM/Bashi:いいえ?金属鎧に盾装備して習熟あることにしたらこれくらいになりました!!
ラナタス:カチカチやな・・。
GM/Bashi:ナイトメアだから行使に問題ないですね!!
ラナタス:ほら、抵抗どうぞ
GM/Bashi:はーい
シルファ・ベルフラワー:なるほど?了解です
レイスト・メディウム:金属鎧ガン積み盾装備の異貌化こみはめんどいくらいに固くなる!
ラナタス:銃で削ればいい
システム:GM/Bashiさんの魔法使い抵抗ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 9[6、3]+8 → 17
リジー:がんばりゅ
lennon:(マギシュー頑張ってー)
システム:ラナタスさんのロール(2d+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 7[4、3]+3 → 10
ラナタス:5点の電撃ダメージどうぞ
GM/Bashi:いたーい!
ラナタス:お次どうぞー
GM/Bashi:行動する人がいなければリスト順で上からどうぞ
リジー:では、りじーいきます!
GM/Bashi:はいお願いします!
リジー:キャッツアイ使用、3MP消費でタゲサとソリッドバレット2回使って魔法使いへ2回攻撃
リジー:これで両手効きのマイナスが打ち消されて、っと
システム:リジーさんの命中ロール(2 2d6+8-2+1+1)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+8-2+1+1) → 5[2、3]+8-2+1+1 → 13
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+8-2+1+1) → 5[4、1]+8-2+1+1 → 13
リジー:魔法使いは回避しないんでしたっけ
lennon:(リジーさん強ーい)
ラナタス:両方刺さってるね
GM/Bashi:はい、ファンブル以外あたります
シルファ・ベルフラワー:回避不可魔法使いだねぇ・・・
システム:リジーさんのロール(2 k10+5@11)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[11]+5 → 2D:[5、4]=9 → 5+5 → 10
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[11]+5 → 2D:[5、6 2、4]=11、6 → 6、3+5 → 1回転 → 14
GM/Bashi:24てーん
GM/Bashi:まわったー
lennon:(金属鎧重いからかなw)
レイスト・メディウム:おkおk
GM/Bashi:平目-6とかなら判定めんどくさくなったので・・・
リジー:「可能な限りは削りますけど、この銃装弾数3発なので、できれば手早く仕留めてくださいね」
筋肉魔法使い:「ああ、私の育てた筋肉が!!」
lennon:(回ったー!リジーめちゃ強い!(目キラキラーのレノンのイメージで)
シルファ・ベルフラワー:なるほど・・・?
レイスト・メディウム:奇跡の回避すら捨てて肉体で受ける構え 脳筋!
ラナタス:あれ?こいつ滅茶苦茶回避低い?
筋肉弓:「兄弟、これでより強い子(筋肉)にあえるぞ!」
lennon:(回避なしはねwww)
レイスト・メディウム:これ以上バフ、魔法がなければ前に出まーす
ラナタス:いけいけー!
lennon:(闇の妖精魔法って、相手が魔法使えなくなるのやついたっけ?)
リジー:いますねぇ。。。
ラナタス:あるけど、抵抗抜くの難しいかもね
シルファ・ベルフラワー:あるけど抵抗抜けないですかなっぇ
ラナタス:まぁ、一発くらいは・・
lennon:(そうでしたねー)
筋肉弓:抵抗突破されたら物置になるううう!!!
リジー:ランク2のディストラクション
レイスト・メディウム:いってみようか
lennon:(でももし抜けたら本当に面白い)
リジー:筋肉魔導士は今、29点削れてるのかな?
ラナタス:やってみるのもアリだね
筋肉弓:だ、大丈夫抵抗の値は高い・・・大丈夫大丈夫
リジー:残り33かな
ラナタス:33だね
レイスト・メディウム:筋肉が萎れていく奥無でも見せてやれ
シルファ・ベルフラワー:やるならちゃれーんじしちゃいますよ
筋肉弓:ほんとだ!ありがとうございます
筋肉弓:修正33
ラナタス:さぁ、勇気を持ってやってみよう
シルファ・ベルフラワー:やりますかぁ
筋肉弓:ご容赦を~~~
リジー:いけいけー
レイスト・メディウム:いけー
lennon:(一発くらいは大丈夫じゃない?一ターン目で仕留める相手じゃなさそうだし)
シルファ・ベルフラワー:召喚する?魔力Ⅰ上がるので
ラナタス:どうせ相手の魔力も大したことないですし
lennon:(戦闘中は召喚できないという記憶が…)
リジー:召喚したら3R妖精魔法使えないんですっけ
ラナタス:そうね
lennon:(あ、そっちか)
リジー:まぁ、お任せします
ラナタス:ただ、魔晶石ある?
ラナタス:500Gは高いよ・・。
シルファ・ベルフラワー:魔晶石ありまーす
シルファ・ベルフラワー:高いよねぇ・・・
ラナタス:お金持ち☆
リジー:このレベル帯の500Gは重い
ラナタス:まぁ、次のラウンドで落とせるから
ラナタス:お任せします
lennon:(召喚は、MPギリギリなくなっちゃうときにしてもいいと思いますが。)
シルファ・ベルフラワー:とりあえず前衛 レノンかな 補助動作でバクメB
lennon:「ありがとう、シルファー!」
lennon:とっても嬉しそう。
シルファ・ベルフラワー:10mだから届くね、魔法使いにディストラクション
ラナタス:いけー!
GM/Bashi:きたあ!?
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 6[3、3]+4 → 10
ラナタス:これは難しいか・・
シルファ・ベルフラワー:自動失敗ならって感じかぁ きついねぇ
システム:筋肉魔法使いさんの抵抗ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 4[3、1]+8 → 12
ラナタス:ぐぬぬ
GM/Bashi:こわいよおおお出目
シルファ・ベルフラワー:いやーワンチャンありますね
lennon:(大事なのは夢持つことよー)
リジー:完全な出目勝負
ラナタス:前衛さん、やっちゃって!
GM/Bashi:出目くさったときのための人間戦士大丈夫!
シルファ・ベルフラワー:「ちょーっとデバフはまだ練習中ですからねぇ・・・」
ラナタス:何ならフォースでもぶつ込んじゃって
lennon:(そうですね、このメンツ回復能力持つ人は多いのでフォースしても良いかなっと思います。)
シルファ・ベルフラワー:ターン終了です
ラナタス:今回はコンジャラーの魔法で有効そうなものがない故
GM/Bashi:魔法行使する人がいなければ基本的にはレノンくんから攻撃どうぞ
lennon:(そういえば僕もソリッドバレット撃つことができる…(平目だけど相手は回避不可だし)
レイスト・メディウム:おお
ラナタス:気づいたか・・・。
GM/Bashi:レノン君悪い考えはやめて!!?
リジー:気づいちゃった
ラナタス:ひえぇ・・
GM/Bashi:(想定外)
ラナタス:今ならターゲッティング要らんね
GM/Bashi:こういうのがGMとして面白いですねえ
lennon:(そうです)
レイスト・メディウム:純前衛は俺だけ・・・( ゚д゚ )
ラナタス:やってやれー!
リジー:やっちゃえレノン君
GM/Bashi:こんどからマギティックサブで持つとき銃ももとう
lennon:制限移動で3m前に移動しますよー(通常移動したら射撃できないからね。)
ラナタス:いけいけー
lennon:(じつはヒーリングバレット撃つために銃かっただけど)
リジー:1Hガンなら剣士でも装備できますしね
バリー:自分も今回は前衛に専念しますよ>レイストさん
ラナタス:まさかこんな敵が出るのは、予想外だもんね
GM/Bashi:それはそうw
バリー:1人では行かせません。今回は斬り返しも封印します
lennon:では片手にスルーピック持ってるけど、もう片手で1hのガンを鞘から取り出しますね!
GM/Bashi:しかもなあ・・・6mの地点ちょっといやだあ
ラナタス:矢が遮蔽で届かないね
ラナタス:素晴らしい位置だ
シルファ・ベルフラワー:鷹の目もちなんだよなぁ・・・
lennon:(そのために制限移動したよ)
ラナタス:うわっ、いやらしいの持ってるなぁ‥
GM/Bashi:ファイアボールとか半径5にならないかなあ
lennon:そして筋肉魔法使いにソリッドバレット!
リジー:草
システム:lennonさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 4[1、3] → 4
GM/Bashi:あたる・・・
GM/Bashi:あたっちゃう・・・
ラナタス:これであたるという
レイスト・メディウム:www
シルファ・ベルフラワー:回避できないもんね
シルファ・ベルフラワー:やってみせろよ!
システム:lennonさんのロール(k20+4@11)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[11]+4 → 2D:[1、2]=3 → 1+4 → 5
GM/Bashi:ふううう
リジー:奇跡の回避を捨てた筋肉の末路みたいなとこある
lennon:(こっちの出目もひどい)
GM/Bashi:5てーん
レイスト・メディウム:回避捨てたらただの案山子よ
リジー:でも、レノン君の攻撃力と相手の防護点的に
リジー:ガンの方がダメージでそうで草なんだよな
シルファ・ベルフラワー:防護点が高すぎて物理は話にならないもんなぁ
ラナタス:あとは前衛の2人だね
GM/Bashi:レノン君は完全に想定外でしたね・・・回避盾メインかと思ったのに
レイスト・メディウム:よし、行きます
ラナタス:がんばれー!
レイスト・メディウム:補助動作でキャッツアイ、ビートルスキン、10m移動
lennon:(フェンサーの定位は、変えるものw)
リジー:がんばってー!筋肉の敵に冒険者の筋肉をみせつけてー
レイスト・メディウム:主動作で全力攻撃
GM/Bashi:では魔法使いが3m前に出て移動妨害です!
リジー:お前が止めるんかい
レイスト・メディウム:盾持ちだものw
シルファ・ベルフラワー:いや理にはかなってる(防護高いし)
lennon:(まあこっちはガンベルト持っていないから3発しか撃てないね。装弾できないから。)
リジー:魔法使いってなんだっけなぁ
筋肉魔法使い:「はっはっはまっするまっする!!」
ラナタス:その概念は忘れよう
筋肉魔法使い:「ごりまっちょおおお!」
筋肉魔法使い:攻撃します?
システム:レイスト・メディウムさんの命中判定 「吹っ飛べ」ロール(2d6+5-2+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5-2+1) → 11[5、6]+5-2+1 → 15
lennon:(こっちもマギシューになったから(?)
筋肉魔法使い:回避はむり!!!
筋肉魔法使い:かもん!
シルファ・ベルフラワー:2.0の頃から防護29とか言う魔法使いいるし驚くことでは・・・いやそんなことないな
システム:レイスト・メディウムさんのダメージ 「その程度の装甲なんぞ・・・」ロール(2d6+6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6+4) → 4[2、2]+6+4 → 14
レイスト・メディウム:間違えた
システム:レイスト・メディウムさんの「その程度の装甲なんぞ・・・」ロール(k35+6+4@12)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.35c[12]+10 → 2D:[6、2]=8 → 9+10 → 19
ラナタス:かってぇ・・
筋肉魔法使い:5てーん
lennon:(いやー移動妨害したから次のターンこっちはまた制限移動で乱戦に行けるのはありがたいな。(気が付く)
lennon:(かたーい!)
筋肉魔法使い:「きかーん」
リジー:至近距離ならターゲッティングいらないもんな
筋肉魔法使い:では乱戦形成。レノン君は独立状態です
筋肉魔法使い:お次の方!
ラナタス:バリーさんかな
バリー:筋肉魔法使いまで移動して、通常攻撃します
筋肉魔法使い:では、戦士が独立状態から移動妨害
筋肉戦士:「仲良くしようじゃないか」キラッ
レイスト・メディウム:筋肉の黒光りかな?
バリー:戦士しか殴れない、で良いですか?
筋肉戦士:いいえ。乱戦エリア内なので戦士と魔法使いどちらもなぐれます
バリー:じゃあ魔法使い殴ります
筋肉戦士:かもん!
システム:バリーさんのロール(2d+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 8[4、4]+5 → 13
筋肉戦士:あたる!
システム:バリーさんのヘビーメイスロール(k20@12+5)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[12]+5 → 2D:[6、6 5、3]=12、8 → 10、6+5 → 1回転 → 21
筋肉戦士:なにいいい
リジー:おおー
レイスト・メディウム:おお
ラナタス:すげぇ!
シルファ・ベルフラワー:(制限移動乱戦参加ならフォースとかもできたなぁ って思った)
lennon:(
シルファ・ベルフラワー:いいねぇ
筋肉魔法使い:「今のはいたかったいたかったぞおお!」
lennon:(すごーい)
バリー:「これでクルツ仕留めてしまいました・・・・」
筋肉魔法使い:7てーん
筋肉魔法使い:結構ピンチ
lennon:「え、クルツ?」
lennon:いやー聞き覚えがある名前だな()
バリー:クルツの対戦相手って設定です>レノンさん
筋肉魔法使い:GMもクリティカルだしたーい
リジー:これで、次のR魔法使いはリジ―が落とせると思うので
リジー:前衛の方々は戦士をぼっこぼこにしてくださいな
筋肉魔法使い:みんな終了ですか?
ラナタス:おわったよー
レイスト・メディウム:おk
バリー:以上です
リジー:おわりました
筋肉戦士:では筋肉戦士はキャッツアイ、マッスルベアー、薙ぎ払いで独立状態のレノン含めて全員殴ります
lennon:【】
筋肉戦士:これによりレノン君は乱戦中央に移動です
筋肉戦士:命中は一括で振りますね
筋肉戦士:ダメージは個別で上からにします
lennon:「うわ来た!」(驚き顔)(先誤送信した…恥ずかしい)
システム:筋肉戦士さんのマッスルダンベルなぎはらーい!ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 6[5、1]+8 → 14
システム:レイスト・メディウムさんの回避判定ロール(2d6+5-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5-2) → 6[4、2]+5-2 → 9
筋肉戦士:うーんダイスがふるわん
システム:バリーさんの回避ロール(2d+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 3[2、1]+5 → 8
システム:lennonさんの回避しますーロール(2d6+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 9[5、4]+7 → 16
筋肉戦士:うう、変転してもあたらん・・・当たった人は上の人からダメージ判定します
システム:筋肉戦士さんのダメージロール(2 2d6+17-3)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+17-3) → 11[5、6]+17-3 → 25
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+17-3) → 3[1、2]+17-3 → 17
lennon:「当たらないよー」
ラナタス:ひえぇ・・
筋肉戦士:2回目を反転して25にします!!
リジー:ひぇぇ
レイスト・メディウム:めんどくせぇ・・・ 防護点+ビートルスキンで17点くらった
筋肉戦士:本来なら魔法使いでとどめさしにいくんですけどシナリオの都合上(ガチ)後衛ねらいます
ラナタス:あれ?これ結構まずいぞ・・。
ラナタス:おっと、
ラナタス:こいやぁ
レイスト・メディウム:姫様が筋肉姫になってしまう! 気合入れないと
シルファ・ベルフラワー:火力的にねぇ・・・実値高いとこうなるよなぁ・・・
筋肉魔法使い:ラナタス起点でファイアーボールします。5人までなので全員にあたります
ラナタス:行使くださいな
筋肉魔法使い:行使まとめますね!ごめんなさい
ラナタス:行使は一括よー
システム:筋肉魔法使いさんのファイアーボールあと、マッスルと猫つかったことにしますねロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 8[5、3]+8 → 16
ラナタス:高いな・・
システム:ラナタスさんのロール(2d+7)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7) → 12[6、6]+7 → 19
システム:シルファ・ベルフラワーさんの抵抗ロール(2d6+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 5[1、4]+5 → 10
ラナタス:「筋肉なんかに屈したりしない!」
筋肉魔法使い:猫じゃないビートルスキンだ!
システム:ラナタスさんの鳥さんロール(2d+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 5[4、1]+4 → 9
システム:リジーさんのさすがに無理そうロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 5[1、4]+6 → 11
リジー:無理
リジー:ひーらーー!ひーらーー!
筋肉魔法使い:では先に抵抗したラナタスさんだけふりますね
ラナタス:おう!
レイスト・メディウム:メディーーク!w
システム:筋肉魔法使いさんのラナタス(ロール(k20+7@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20+7 → 2D:[1、2]=3 → 1+7 → 8
筋肉魔法使い:魔力7でしたすみません!
ラナタス:4点
筋肉魔法使い:残りの3人は上からのダメージです
システム:筋肉魔法使いさんの上からもらってくださいロール(3 k20+7@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+7 → 2D:[4、2]=6 → 4+7 → 11
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+7 → 2D:[4、1]=5 → 3+7 → 10
→ 3回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+7 → 2D:[5、1]=6 → 4+7 → 11
筋肉魔法使い:???しょっぼ
ラナタス:鳥さんが‥焼き鳥になる所だったぜ
lennon:(危ういー)
レイスト・メディウム:回ったら死人が出てるんやでこれw>GM
シルファ・ベルフラワー:変転でもぎりぎり回転しないですねぇ
リジー:11貰って残り16
筋肉魔法使い:大丈夫!
筋肉魔法使い:今回シナリオ裏でいろいろ用意してあるから!
筋肉魔法使い:多分大丈夫!
ラナタス:あとは、ドワーフか
シルファ・ベルフラワー:裏が出てこないことを祈ろう・・・
lennon:(シューターもいるね、ごくり)
筋肉弓:ではドワーフはラナタスを狙います。
シルファ・ベルフラワー:(あ、変転できるの戦士だけだったわ)
ラナタス:こいよぉ
システム:ラナタスさんのロール(2d)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 2[1、1] → 2
ラナタス:運命変転!
バリー:ないす
リジー:はい
レイスト・メディウム:草
筋肉弓:猫、熊使いますね
シルファ・ベルフラワー:これはつよい
筋肉弓:ってええ
レイスト・メディウム:ドワーフ
筋肉弓:つかいぞん!!!
ラナタス:ひらりっ!
GM/Bashi:さあて、PLターンですよ!
シルファ・ベルフラワー:これは全体ヒール撒くかぁ・・・さすがに
ラナタス:先に魔法使いを落としてもらっていいですか?
GM/Bashi:で、行動する前に少々お待ちを
レイスト・メディウム:敵巻き込まない?
ラナタス:ほいほい
リジー:ほいほい
バリー:ほいほい
シルファ・ベルフラワー:はいはい
システム:アイリス・ハーヴェスさんのウィスパーヒール行使ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 6[5、1]+8 → 14
アイリス・ハーヴェス:後衛のみなさんは8点HP回復してください!
リジー:やったぁ
シルファ・ベルフラワー:ヤッタネー
ラナタス:やったぜ
アイリス・ハーヴェス:「前に出てないから、先生も怒らないわよね?」
レイスト・メディウム:「これはなさか。助かる!」
lennon:「うわ、みんな大丈夫?」
ラナタス:えっと、リジーさん、先に筋肉魔法使いを落としてもらっていいですか?
アイリス・ハーヴェス:てことでギミックとしてPLターンの開始時回復してくれます
lennon:気つけば自分以外みんなボロボロだ(
ラナタス:そしたら、戦士はHP減っていないので、ヒール撒いても大丈夫だから
シルファ・ベルフラワー:「あ、でもマスターが・・・いやなんでもないです。戦闘に集中しましょう」
ラナタス:不足分は私もヒールします
lennon:治療はラナタスさんに任せていいと思いますね!
ラナタス:私一人だと足りないのよ・・
GM/Bashi:アイリスのMPと能力メモ3に軽く載せますね
リジー:筋肉魔法使い落としにいきますね!!
リジー:ターゲッティング、ソリバレ*2
リジー:魔法使いへしゅーと!
lennon:(バリーもいるからね。このターンで魔法使いおとしましょう)
GM/Bashi:ひえええ
ラナタス:「お願いします!」
ラナタス:「こいつら、ふざけた格好しているくせに厄介ですわ!」
システム:リジーさんのロール(2 2d6+8-2+1+1)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+8-2+1+1) → 9[4、5]+8-2+1+1 → 17
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+8-2+1+1) → 7[4、3]+8-2+1+1 → 15
リジー:よしヒット
リジー:だめーじいきまーす
筋肉魔法使い:「ふっふっふよけれぬわ!!!」
システム:リジーさんのロール(2 k10+5@11)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[11]+5 → 2D:[2、6]=8 → 4+5 → 9
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.10c[11]+5 → 2D:[4、5]=9 → 5+5 → 10
lennon:(そういえばいま筋肉魔法使いはあと何HPあります?)
リジー:19点、落とした!
シルファ・ベルフラワー:16
シルファ・ベルフラワー:落ちたねぇ
筋肉魔法使い:今ので-3
リジー:「仕留めさせてもらいます!」ぱぁーん!
筋肉魔法使い:「わが筋肉は不滅なりいいいいい!!!」チーン(生命抵抗は割愛、ごめんね)
lennon:「すごーい!やったよリジー!」
筋肉戦士:「兄弟!!?」
ラナタス:では、いくよー
レイスト・メディウム:「これが銃の力か」
筋肉戦士:前線の人数逆転により突破も可能です
ラナタス:鳥さん
ラナタス:乱戦に突っ込ませて、戦士を殴ります
筋肉戦士:はい!
システム:ラナタスさんのロール(2d+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 10[5、5]+6 → 16
ラナタス:回避どうぞ
システム:筋肉戦士さんの無理いいいロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 5[3、2]+3 → 8
筋肉戦士:はい
システム:ラナタスさんのロール(2d+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+1) → 6[5、1]+1 → 7
ラナタス:7点
ラナタス:では、私の行動
筋肉戦士:引いて3!
ラナタス:補助動作でゴーレムを解除
システム:キャラクターリストからストローバードが削除されました。
lennon:(ゴーレムは、マスターのターンの後で動く気が…)
シルファ・ベルフラワー:マリオネットある?
ラナタス:前後どちらでも行けたはず
シルファ・ベルフラワー:ないなら後固定よ
lennon:(もしかして2.0のルールと混ぜたかな)
ラナタス:変わったのか!?
ラナタス:あ・・・やってしまった。
筋肉戦士:今回はありということでいいですよ
lennon:(いえ、2.0でも後で動くよ)
筋肉戦士:前提でやってたなら仕方ないということで
筋肉戦士:・・・まあ今日はあり!!!
ラナタス:じゃあ、ゴーレムのダメージは
ラナタス:無しで!
ラナタス:ゴーレム消して
シルファ・ベルフラワー:一旦戻そう。うん
ラナタス:前衛に2倍拡大アースヒール
システム:ラナタスさんのロール(2d+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 9[6、3]+8 → 17
シルファ・ベルフラワー:さすがにこれ許可しちゃうとマリオネットって特技が死んでしまうので・・・
ラナタス:上から
筋肉戦士:なるほど。じゃあHPも70にしておきます!
システム:ラナタスさんのロール(k0+8@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.0+8 → 2D:[4、5]=9 → 3+8 → 11
筋肉戦士:コンジャラー欄読み込むべきだった
システム:ラナタスさんのロール(k0+8@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.0+8 → 2D:[6、2]=8 → 2+8 → 10
ラナタス:パリー11点
バリー:ありがとうございます。
レイスト・メディウム:ありです
ラナタス:レイスト10点
筋肉戦士:うーむ、気絶させないときの回復量中々ですね・・・
ラナタス:さぁ、お次どうぞ
ラナタス:素の魔力が高いからね
シルファ・ベルフラワー:あ、筋肉魔法使いって
シルファ・ベルフラワー:死亡ですか?
シルファ・ベルフラワー:気絶ですか?
筋肉戦士:今回は気絶扱いでお願いします!代わりに皆さんも自動気絶で構いません!(シナリオの都合)
シルファ・ベルフラワー:むぅ、じゃあ回復まわるなら召喚前提ですかねぇ
レイスト・メディウム:了解
筋肉戦士:だれもいなければレノンくんからどうぞ!
lennon:(そういえばダークミストまだ効いているね)
シルファ・ベルフラワー:死んでるならウィスパーヒールでもいいかなとか思ったんですけど
筋肉戦士:きいてるう!
ラナタス:あと3R残ります
ラナタス:弓にも作用しています
lennon:突破してシュータを乱戦に巻き込みたいです!
筋肉戦士:魔法使いは範囲外圧化にしていいですよ
筋肉戦士:扱い
筋肉弓:「ぬ、とうとうここまできたか」
シルファ・ベルフラワー:了解ですー
ラナタス:乱戦突破は、
ラナタス:此方が倍数存在しないとできないのよ
ラナタス:で、敵はブロッキングを持っているから
lennon:(あ、そういえば、バードいなくなった)
レイスト・メディウム:つまりもう一人前衛がいる
シルファ・ベルフラワー:とりぃいい
ラナタス:此方が4人いて、初めて5人目が抜けられるの
lennon:(こっちもブロッキング一人いるじゃない?)
lennon:(レイストさんの)
ラナタス:そうか!
レイスト・メディウム:そうやった
ラナタス:こいつは見逃してた!
筋肉弓:あ、よかったあってた(ブロッキング記述読んでた)
ラナタス:本人が忘れてた!
筋肉弓:www
リジー:レイスト君という防衛の要がいるから
リジー:レノン君ごーごー
ラナタス:あ、ということは
シルファ・ベルフラワー:現状2:4だからダメですね 2:5になって初めて突破できるんじゃない?
ラナタス:鳥を消してしまったのは痛恨のミスだ・・。
ラナタス:申し訳ない・・。
シルファ・ベルフラワー:倍を超えなきゃならないので
リジー:なるほど
lennon:シューターを乱戦に巻き込まれるなら後衛への脅威が下がると思いますので)
筋肉弓:バリー入れたら超えませんか?
lennon:(バリーさんいまも乱戦にいますので)
lennon:(先も一緒にダメージくったからw)
ラナタス:今、2+1+1ですよね
ラナタス:これで4
筋肉弓:あ、ごめんなさい、僕のミスですね
ラナタス:で、敵は2ですね・・・
ラナタス:すまない・・。
シルファ・ベルフラワー:結局乱戦内から外狙えばいいので弓巻き込んでも後衛の弓脅威は変わらないんですよね
筋肉弓:ラナタスさんのであってます・・・
レイスト・メディウム:目の前の敵から倒していこう! 脳筋
シルファ・ベルフラワー:でも戦士殴るなら先に動かしたい
ラナタス:動いてくださいな
筋肉弓:「(ふぃ~)」
lennon:ではキャッツアイ、ターゲットサイト使います。
ラナタス:シルファさんが先に動くらしいよー
ラナタス:回復魔法
lennon:(じゃあシルファーさんに)
シルファ・ベルフラワー:ごめんねぇ
シルファ・ベルフラワー:補助バリーにバクメB 乱戦中心起点でウィスパーヒール
lennon:(こちらこそごめん!)
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(2d)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 5[1、4] → 5
筋肉戦士:こっちのHPはフルだあ!!
シルファ・ベルフラワー:はい、4点回復で
シルファ・ベルフラワー:「ダメージ受けてないんですから、回復しても変わらないですよね!」
ラナタス:大分安定したね
筋肉戦士:「ぬう・・・」
lennon:では続いて先のバフに加えてクリティカルレイB使います。必殺攻撃も使いまーす
筋肉戦士:筋肉しか防御力ないんですよおお
システム:lennonさんの命中振りまーすロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 2[1、1]+6 → 8
筋肉戦士:お
lennon:(…ええ)
ラナタス:ああっと・・
筋肉戦士:ではピンゾロ1回目?ですかね
バリー:どんま
lennon:「ごめーん!やっちゃた…」
シルファ・ベルフラワー:ゴジッテーン
筋肉戦士:こちらでカウントして経験点はみんなに分配します
筋肉戦士:そうしないとグラップラーとか稼いじゃうんで・・・
シルファ・ベルフラワー:あ、そういう仕様だったんですね
lennon:(先からこっちの出目わるくない…?)
筋肉戦士:では、お次!!
筋肉戦士:特にいなければリスト順で!
ラナタス:バリーさんですかねぇ
バリー:筋肉戦士に通常攻撃します
筋肉戦士:かもん!
筋肉戦士:出目の悪さそっちに移りましたかね・・・
システム:バリーさんのロール(2d+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 7[2、5]+5 → 12
システム:筋肉戦士さんの回避ロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 6[5、1]+3 → 9
筋肉戦士:あたる!
システム:バリーさんのロール(k20@12+5)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.20c[12]+5 → 2D:[2、1]=3 → 1+5 → 6
筋肉戦士:2てん!
バリー:以上
レイスト・メディウム:では行きます
レイスト・メディウム:主動作で全力攻撃
レイスト・メディウム:戦士に向かって
システム:レイスト・メディウムさんの命中判定ロール(2d6+5+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+1) → 7[5、2]+5+1 → 13
システム:筋肉戦士さんのぬおおおよけろおおおおロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 11[5、6]+3 → 14
筋肉戦士:うおおおお!
ラナタス:よけたよ・・。
シルファ・ベルフラワー:避けるじゃん
レイスト・メディウム:わあ
lennon:(出目強い)
筋肉戦士:「っふ、鍛え方が足りないのではないか?」(安堵)
ラナタス:GMの手番ですね
筋肉戦士:しゃああ!薙ぎ払いじゃあ!!マッスルベアーも使いなおす!
lennon:(回避は必殺攻撃のせいで2でも下がったな…こわいよー)
シルファ・ベルフラワー:「マッスルベアーするときのあの動き何なんですかねぇ・・・」
システム:筋肉戦士さんの命中一括前衛3人へロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 3[1、2]+8 → 11
筋肉戦士:あれえええ
ラナタス:これはひどい
リジー:出目腐ってない???大丈夫???
システム:レイスト・メディウムさんの回避判定ロール(2d6+5-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5-2) → 10[5、5]+5-2 → 13
筋肉戦士:変転どこおお
システム:バリーさんの回避ロール(2d+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 5[3、2]+5 → 10
システム:lennonさんの回避しますよーロール(2d6+7-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+7-2) → 8[4、4]+7-2 → 13
レイスト・メディウム:っていうか対象誰?
筋肉戦士:一人でもあたってよかった・・・
ラナタス:薙ぎ払いだから全員
シルファ・ベルフラワー:薙ぎ払いなので全員ですね
レイスト・メディウム:おk
lennon:(薙ぎ払いは前衛全員にするから)
バリー:変転使います
シルファ・ベルフラワー:草
筋肉戦士:ぬわああああ
筋肉戦士:無慈悲
レイスト・メディウム:草
ラナタス:悲しいね
筋肉戦士:「人間めずるいぞ!!」
バリー:にんげんだもの あいお
lennon:(人間だものね)
筋肉戦士:弓の攻撃はまたラナタスです!
シルファ・ベルフラワー:「あなたもさっき使いませんでした?」
ラナタス:「また私ぃ!?」
レイスト・メディウム:「お前も人間だろうに・・・」>脳筋戦士
システム:筋肉戦士さんの命中、熊も使いなおしロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 8[4、4]+9 → 17
システム:ラナタスさんのロール(2d)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 6[1、5] → 6
ラナタス:当たったよ!
シルファ・ベルフラワー:次ターン位置変わったほうがいいのかな・・・
ラナタス:いや、狙撃持ちだから・・。
ラナタス:関係ない
シルファ・ベルフラワー:変わっても狙ってきそうだけどね
システム:筋肉戦士さんの一応ダメージを与える規則性はあるよ!ロール(2d+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 6[5、1]+12 → 18
lennon:「君も人間だろう?僕は羨ましいよ!」戦士へ
ラナタス:16点
シルファ・ベルフラワー:いや前の人狙ってる可能性もあるかなーって
ラナタス:「っう・・・!」
筋肉戦士:なるほど
シルファ・ベルフラワー:今の状況ならリジー狙ったほうが倒しにいけそうだし
筋肉戦士:さあ、そちらのターンです!けどお先に回復入れますね
ラナタス:助かるぅ・・
システム:筋肉戦士さんのラナタスにプラヒルロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 4[2、2]+8 → 12
リジー:たすかるぅ
筋肉戦士:12点回復してください
ラナタス:狙撃じゃなくて鷹の目か・・
ラナタス:たすかるぅ・・
筋肉戦士:ダメージを与えた対象に回復するってなんか奇妙な経験
シルファ・ベルフラワー:第三勢力あるとそうなる
ラナタス:では、こちらか・・・。
筋肉戦士:はい!
シルファ・ベルフラワー:一応位置変えます?
ラナタス:そうね
lennon:(ファナ欲しい顔で(目キラキラ)
リジー:位置は変えなくていいかな
リジー:どうせ鷹の目でなぐられるし
ラナタス:わかったわかった。どうどう
ラナタス:他に欲しい方は?
lennon:(確かに。鷹の目は厄介ですね)
ラナタス:ないなら、2倍拡大でファナティシズム
ラナタス:私とレノンさんに
システム:ラナタスさんのロール(2d+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 9[6、3]+8 → 17
ラナタス:ほい、命中+2/回避-2
lennon:(ラナタスさんも前線でます?)
ラナタス:あの狙撃手だけは許しません!一発殴ってやりますわ!」
lennon:「わーい、ありがとうー!」
ラナタス:お次どうぞ
シルファ・ベルフラワー:前衛コンジャラーだ・・・
筋肉戦士:あと一手番くらい戦士にほしいなあ
シルファ・ベルフラワー:んー、どうしようかな
シルファ・ベルフラワー:前衛にヴォーパルウェポンもありかな
リジー:んーー
リジー:この手番攻撃したら次リジ―装填なのよな
lennon:(こっちも後でコンジャラーあげて前衛コンジャラーにしようと思っていますー(ソーサラーもよさそうだけど)
筋肉戦士:前衛魔法使いってロマンありますよね。ターゲッティングいらないし!!
ラナタス:そこにぶっ倒れている前衛魔法使いいるやん
ラナタス:アレが理想形やで(
筋肉戦士:これは僕のロマンの塊です。いつかやってみたいけど絶対常時変わってるナイトメアはなんというか反感もらいそう・・・
ラナタス:前衛に割き殴ってもらいます?
ラナタス:先に殴ってもらいます?
リジー:そうですね、お願いします
lennon:(必殺攻撃+マルチアクション+魔力撃+変幻自在Ⅲは怖いですよー)
筋肉戦士:やってみたいいい(2.0時代レベル12ソーサラーまでしか経験ない)
レイスト・メディウム:では殴りまーす
筋肉戦士:かもん!
バリー:バリーはファイターとして育成します。
システム:レイスト・メディウムさんの命中判定 対象は戦士ロール(2d6+5+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+1) → 7[3、4]+5+1 → 13
システム:筋肉戦士さんの回避ロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 6[1、5]+3 → 9
筋肉戦士:無理!
リジー:マギテ4がはよほしい
リジー:クイックローダーがほしい
筋肉戦士:てか大体平均以下!!
筋肉戦士:たまにいいの出るけど
lennon:(あ、ⅡをⅢに入力間違いました)
システム:レイスト・メディウムさんのダメージロール(k30+6+4@12)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.30c[12]+10 → 2D:[1、5]=6 → 6+10 → 16
リジー:筋肉にかまけて回避がないからな。。。この戦士
シルファ・ベルフラワー:主動作で装填がきついもんね・・・
筋肉戦士:12点
lennon:では僕が殴っていいですか?
筋肉戦士:いやあでも今回まあまあ調整うまくいったんでよかったです
筋肉戦士:はいどうぞ!
筋肉戦士:(痛恨撃+6とかいれなくて本当に良かった・・・)
lennon:ターゲットサイト、クリティカルレイB、必殺攻撃でいきまーす
シルファ・ベルフラワー:変転痛恨撃はさすがにやめてください、しんでしまいます
システム:lennonさんのえい!ロール(2d6+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 11[6、5]+8 → 19
筋肉戦士:(テストプレイのバリーくんごめんね)
システム:筋肉戦士さんの回避ロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 7[2、5]+3 → 10
筋肉戦士:まあむり!
バリー:テストプレイのサンプルは30年前に散々付き合わされましたから慣れてますw
筋肉戦士:wwww歴史が深い
システム:lennonさんのスルーピック一本壊れてほしいなーロール(k13+7@8$1#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.13c[8]m[1]a[+1]+7 → 2D:[5、5]=1 → ** → 自動的失敗
レイスト・メディウム:草
lennon:(ええー)
lennon:(なんでー?!)
シルファ・ベルフラワー:何かミスってないかこれ
ラナタス:あれ?
筋肉戦士:ですね
レイスト・メディウム:C値の跡かしくない?
筋肉戦士:ちょっとコマンド詳しくないのであれですけど・・・
シルファ・ベルフラワー:$+1ですね
ラナタス:m1要らないね
筋肉戦士:もういっかいどうぞ!
リジー:がんばえ
lennon:(あっそうか+1でした)
システム:lennonさんのロール(k13+7@8$+1#1)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.13c[8]m[+1]a[+1]+7 → 2D:[4、6 2、6 4、1]=12、9、6 → 7、5、3+7 → 2回転 → 22
筋肉戦士:(GMとしてコマンドの勉強してませんでしたあ!!!乱戦でいっぱい)
筋肉戦士:んんん?
シルファ・ベルフラワー:スルーピックさようなら
筋肉戦士:18てーん
レイスト・メディウム:?
lennon:(あ丁度良く壊れていない)
lennon:(よかったね☆)
筋肉戦士:のこり38!!
筋肉戦士:まだ行動してない人!?
シルファ・ベルフラワー:2回転してるので破壊です・・・
レイスト・メディウム:バリーが残ってる?
シルファ・ベルフラワー:私もまだです
lennon:(三回で破壊じゃないの?)
リジー:ノ
筋肉戦士:ではリスト順で!
筋肉戦士:たくさんいた
lennon:(超えるって…)
筋肉戦士:戦士くんもつかなあ
シルファ・ベルフラワー:3回振られてるので破壊です・・・
lennon:(振り出しは二回目でしょう?)
lennon:(振り足し)
筋肉戦士:3回の攻撃なら破壊、3回のクリティカルなら1回残ってるかんじですかね?その武器については分からないのでなんともいえないですけど
シルファ・ベルフラワー:振り足しが2回以上行われてるなら破壊ですね なので破壊かと
筋肉戦士:記述が曖昧であれば今回はレノン君にとって都合のいい方で構いません!
筋肉戦士:シルファさんの言う通りなら破壊ですかね。あとでサプリ買っておこう
シルファ・ベルフラワー:上位のアンスルーピックが1回しか回転しないって記載からも裏付けかな、とは思います
筋肉戦士:じゃあ、申し訳ないですけど今回は破壊させていただく方向でお願いします!ごめんなさい!
筋肉戦士:お次行動したい人どうぞ!
シルファ・ベルフラワー:私後でお願いしますー
lennon:(【クリティカルによる〈振り足し〉が二回〈以上〉に壊れる】と書いたからね、まあこっちはどっちもいいから構わないよー)
バリー:「本気だしますか・・・・」補助動作で盾捨てて両手持ちにして、斬り返しで行きます
筋肉戦士:その記述だと破壊っぽいですねえ
筋肉戦士:うわああ殴りに来たあ
システム:バリーさんのロール(2d+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 6[5、1]+5 → 11
システム:Bashiさんが、入室しました。
lennon:「あ、壊れちゃった!もう一本持ててよかったー」
システム:Bashiさんが、入室しました。
lennon:と無邪気で笑っている。
Bashi:しつれい
システム:Bashiさんの回避ロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 7[4、3]+3 → 10
バリー:あ・・・(察し)
シルファ・ベルフラワー:GMおかえり!
Bashi:むりい
システム:バリーさんのロール(k30+5@12)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.30c[12]+5 → 2D:[4、5]=9 → 9+5 → 14
lennon:(おかえりー)
Bashi:なんか通信負荷かかるっぽいんですよねえ
Bashi:10点!
Bashi:さあどうぞ!
バリー:「やっぱりこれですね」以上
Bashi:まだ28ある!耐えれる!
リジー:ではいきまーーす
シルファ・ベルフラワー:ワンチャン落とせるかなぁ
リジー:残ってる弾丸は1発づつ、次のラウンドは装填だ
lennon:「もうちょっとで落とせるね!」目キラキラ
ラナタス:これで落とせたら強い
リジー:タゲサ、クリバレ*2でいいな
ラナタス:お願いします!
シルファ・ベルフラワー:やっちゃいなよ、そんな筋肉なんか!
システム:リジーさんの命中:対象戦士ロール(2 2d6+8+1+1-2)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+8+1+1-2) → 9[3、6]+8+1+1-2 → 17
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+8+1+1-2) → 6[5、1]+8+1+1-2 → 14
システム:Bashiさんの回避回避回避回避回避回避!!!!!ロール(2 2d6+3)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+3) → 3[2、1]+3 → 6
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+3) → 4[2、2]+3 → 7
Bashi:出目!!!!
ラナタス:いてこましたれー!
lennon:(出目w)
Bashi:2以下しかない!!!
システム:リジーさんのロール(2 k20+5@10)
→ 1回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+5 → 2D:[1、4]=5 → 3+5 → 8
→ 2回目: SwordWorld2.5 KeyNo.20c[10]+5 → 2D:[1、5]=6 → 4+5 → 9
GM/Bashi:おまたせいつものじゃん・・・
GM/Bashi:ふう
リジー:こっちも出目が酷いわ
リジー:17点
GM/Bashi:ではこちらのターン
GM/Bashi:もう勝がみえないのでこのターンの攻撃で打ち切りますねすみません
筋肉戦士:マッスルベアー、薙ぎ払いを前衛3人に!
ラナタス:そうか・・・残念です。
システム:筋肉戦士さんの命中ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 6[2、4]+9 → 15
シルファ・ベルフラワー:(動いてないけどまぁいっか)
筋肉戦士:あ、ごめんなさい!!
筋肉戦士:うごいていいですよ!!
筋肉戦士:もし倒せなかったらさっきの命中ということで
lennon:(ファイヤーボルトで落とす可能性ありそう?)
シルファ・ベルフラワー:ファイアボルトしますか
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(2d+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 8[2、6]+4 → 12
レイスト・メディウム:回せばいいのだ
システム:筋肉戦士さんの抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[5、2]+6 → 13
lennon:(こっちはファナ+必殺のせいで回避は2d6+1になったからおとせたらありがたいですね)
筋肉戦士:よし!
シルファ・ベルフラワー:k10+4@13/2
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(k10+4@13)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10+4 → 2D:[1、2]=3 → 1+4 → 5
シルファ・ベルフラワー:3てん
筋肉戦士:耐えた!
レイスト・メディウム:出目ぇ・・・
筋肉戦士:では命中15です
筋肉戦士:薙ぎ払いいい
システム:バリーさんの回避ロール(2d+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 11[5、6]+5 → 16
筋肉戦士:うしょん
バリー:ふう
筋肉戦士:その出目ください
lennon:(ヤバいですね☆)
バリー:やですw
システム:レイスト・メディウムさんの会費判定ロール(2d6+5-2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5-2) → 7[4、3]+5-2 → 10
システム:lennonさんの回避できなーいロール(2d6+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+1) → 9[4、5]+1 → 10
筋肉戦士:ダメージ行きます
ラナタス:折角入れたバフが・・。
システム:筋肉戦士さんのダメージ上からロール(2 2d6+14)
→ 1回目: SwordWorld2.5 (2D6+14) → 5[3、2]+14 → 19
→ 2回目: SwordWorld2.5 (2D6+14) → 6[3、3]+14 → 20
筋肉戦士:んん~~~
シルファ・ベルフラワー:平凡
筋肉戦士:僕の期待値は5。
レイスト・メディウム:12点くらった
筋肉戦士:はいと(涙)
lennon:(あ、ここでシューターに狙われるなら死ぬ)
筋肉戦士:でも残念今回の対象はリジーさんです!
lennon:(惜しい(?)
システム:筋肉戦士さんの命中!ロール(2d6+9)
→ SwordWorld2.5 (2D6+9) → 7[1、6]+9 → 16
筋肉弓:リジーさん回避どうぞ!
筋肉弓:今だからいいますけど一番体力のある後衛を狙ってます
ラナタス:つまり前に行けばいいのだな?
レイスト・メディウム:それは草
筋肉弓:まあそうなんですけどね!!
シルファ・ベルフラワー:そのようですねぇ
リジー:回避は
筋肉弓:そしたら戦士くんで狙いますけど!
システム:リジーさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 4[2、2] → 4
リジー:これしかない!
システム:筋肉弓さんのダメージロール(2d6+12)
→ SwordWorld2.5 (2D6+12) → 5[1、4]+12 → 17
リジー:15点
リジー:いきてる
シルファ・ベルフラワー:しなやす
筋肉弓:では、お時間少し伸びることにご了承いただいてPLターンどうぞ
ラナタス:回ってきたな・・・
筋肉弓:レノン君とリジーさんには回復入れますね
システム:筋肉弓さんのピンチェックロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 6[3、3] → 6
筋肉弓:お二人とも12点の回復です
lennon:(あっ先計算ミスしてて回避は2d6+3でした…まあ避けないからいいか)
lennon:「ありがとうー!」
ラナタス:動きます
アイリス・ハーヴェス:「私の護衛ならとっととそいつら倒しちゃいなさい!」
ラナタス:今乱戦が丁度4人なので
ラナタス:通常移動でここまで
アイリス・ハーヴェス:そうきたかああ!
アイリス・ハーヴェス:後ろに下がっておけばよかった
ラナタス:補助動作でナイフを仕舞う
ラナタス:平目のグラップラー技能で
シルファ・ベルフラワー:移動妨害で全員乱戦とかもできますねぇ なんて
ラナタス:武器:投げを選択
システム:ラナタスさんのロール(2d+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+2) → 6[2、4]+2 → 8
ラナタス:回避どうぞ
GM/Bashi:乱戦外から乱戦内への移動妨害はできないらしい?ので11、12m地点で妨害するしかないですかねえ(多分)
GM/Bashi:投げえええ!?
ラナタス:平目投げだ
リジー:投げ攻撃とか初めて見た
システム:GM/Bashiさんのうわ、こっちも平目だロール(2d6)
→ SwordWorld2.5 (2D6) → 8[5、3] → 8
GM/Bashi:同値!
ラナタス:くそっ・・とどかなかった・・。
lennon:こっちはこのターンのんきにヴォーピックを拾って主動作終了。
GM/Bashi:な、なんて恐ろしいことを考えるんだ
筋肉弓:「お前、魔法使いじゃなかったのか!?」
レイスト・メディウム:魔法技能持ちさん、戦士落としてほしい
筋肉弓:「前線に出るなんて何考えてんだ!?」
ラナタス:「うるさい!じゃあアンタの仲間は何なのですの?」
筋肉弓:「あれは、ただのかかしですな」
シルファ・ベルフラワー:あ、無理か、すみません
シルファ・ベルフラワー:8落とせるかな ファイアボルト
シルファ・ベルフラワー:宣言します
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(2d6+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 9[5、4]+4 → 13
システム:筋肉弓さんの抵抗ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[3、4]+6 → 13
レイスト・メディウム:レノンさんが打つのもワンチャンあったかもね
筋肉弓:よし!
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(k10@13+4)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.10+4 → 2D:[4、1]=5 → 2+4 → 6
筋肉弓:2残る!
筋肉弓:あ、抵抗してるか3ダメか
シルファ・ベルフラワー:半減なので3点です
筋肉弓:残り5点
レイスト・メディウム:特にいないなら動きます
筋肉弓:かもん!ってあ、レイスト君に回復入れてませんでしたねすみません。12回復していいですよ
シルファ・ベルフラワー:GOGO
lennon:(こっちは武器取るに主動作使っちゃた。まあみんなが仕留めると思いますよー)
レイスト・メディウム:補助動作でキャッツアイ、ビートルスキン 主動作で全力攻撃
筋肉弓:リジーさんも回復しておいてねえ~
システム:レイスト・メディウムさんの命中判定 「これで・・・」ロール(2d6+5+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+1) → 2[1、1]+5+1 → 8
筋肉弓:えええw
レイスト・メディウム:うっそw
シルファ・ベルフラワー:(必殺2回のほうがダメージ出てたかなぁと思いながら)
lennon:(こっち側ですね、レイストさん)
筋肉弓:「わが、筋肉は、不滅なり!!」
シルファ・ベルフラワー:「なんでここで転んでるんですかーっ!」
筋肉戦士:弓じゃないやいってるのw
lennon:(【命中で2出た人)
バリー:では筋肉戦士に斬り返しで行きます
筋肉戦士:「足腰が軟弱!そんなんじゃ大振りしてるだけでよけられるぞ!」
リジー:wwww
レイスト・メディウム:(´・ω・‘)人(´・ω・‘)ナカーマ >レノン
システム:バリーさんの命中判定ロール(2d+5)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5) → 10[5、5]+5 → 15
lennon:((´・ω・‘)人(´・ω・‘)ナカーマ)
システム:筋肉戦士さんのもしかして生き残れる?てか今日一度もファンブルしてない!ロール(2d6+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+3) → 9[3、6]+3 → 12
筋肉戦士:はーーーーい!!
筋肉戦士:出目いいのにいい
システム:バリーさんのロール(k30+5@12)
→ SwordWorld2.5 KeyNo.30c[12]+5 → 2D:[3、1]=4 → 4+5 → 9
筋肉戦士:うーむぴった死
シルファ・ベルフラワー:ジャストキルゥ
lennon:(これ丁度死んだね)
lennon:(ナイスバリー!)
筋肉戦士:「筋肉よ・・・」
筋肉戦士:残りは弓!
リジー:ないす
バリー:「・・・・筋肉は見た目じゃないですよ」
筋肉弓:「兄者!!くそうこうなれば奥の手を使うしかないのか・・・」
レイスト・メディウム:「やつめ、何をする気だ!?」
lennon:「わぁぁバリーかっこいい!」目キラキラ
シルファ・ベルフラワー:「あ。逃げるとか言いませんよね?」
筋肉弓:てことで行動はみなさん終わってますか?
レイスト・メディウム:はーい
シルファ・ベルフラワー:終わってますー
バリー:OKです
lennon:(終わったのです)
ラナタス:ええよー
筋肉弓:では、弓はお時間の都合で倒れたことにします!そして倒した前提のシナリオを進めます!
筋肉弓:ごめんなさい!
シルファ・ベルフラワー:はーい、みんなでボコったということで・・・
GM/Bashi:「くぅ・・・われらの筋肉では敵わないか・・・仕方ない『あの方』が言う通りこれを使うしかないか」
バリー:無問題です
lennon:(数 の 暴 力(この意味じゃない)
GM/Bashi:そういって取り出したのは一つのボタン
GM/Bashi:そしてそれを押す
筋肉弓:「われら筋肉感謝義兄弟生まれた場所は違えど死すべき時は同じ」
レイスト・メディウム:ぽちっとな?
リジー:「……一体、何を」
シルファ・ベルフラワー:そのボタンスリ判定で奪えたりしないかなぁ・・・
GM/Bashi: 魔航船が不自然な振動を繰り返し異音がすることに気がつく
アイリス・ハーヴェス:「この船の機関部は前方に・・・まさか彼らが!?」
筋肉弓: 「はーはっは・・・われらは命令された通りにやっただけだがな・・・ガクッ」
GM/Bashi:そして大きな爆発音とともに船の高度が下がっていく
lennon:「うぉ?!どうした?」驚く。
レイスト・メディウム:「自分ごと落ちるつもりか!」
GM/Bashi:てことで最後のイベントです!
GM/Bashi:8.魔航船を制御せよ    1.冒険者レベル+筋力Bで帆を張る  2.冒険者レベル+知力Bで荒ぶるマナを制御する  3.マギティック技能+器用Bで船を操縦する 何もしなければ軽減不可の100ダメージを受ける
GM/Bashi:1と2はそのまま達制値  3は達成値を倍にする
GM/Bashi:合計の値を100から引いてダメージ軽減できる
GM/Bashi:です、回復の時間はなし!リジーさんはHP21にしておいてね!
アイリス・ハーヴェス:「私はコアの制御に集中するわ!各自私の護衛として任務を全うしなさい!」
lennon:(こっちは2と3どっちも同じですね…)
バリー:1しか選択できない
リジー:マギテ器用なら補正+5ですね
ラナタス:2ですね
レイスト・メディウム:1ですね
シルファ・ベルフラワー:2かなぁ
リジー:2が一番出目たかいし2にしようかな。。。でもマギテだから申し訳ないキャラ性をとって3でいく!!!
アイリス・ハーヴェス:てことで各自できる技能で振ってください!
lennon:では3で判定振りまーす。
システム:ラナタスさんのロール(2d+8)
→ SwordWorld2.5 (2D6+8) → 9[3、6]+8 → 17
アイリス・ハーヴェス:機関部どころか操縦できるよ!
レイスト・メディウム:3は達成値倍だから選べるなら3でお願い
ラナタス:17!
システム:lennonさんの3で。まあ倍にするなら何とかなる…かもロール(2d6+2+2)
→ SwordWorld2.5 (2D6+2+2) → 7[4、3]+2+2 → 11
アイリス・ハーヴェス:はい!続いて皆さんどうぞ!
シルファ・ベルフラワー:ウィッシュ先で
システム:シルファ・ベルフラワーさんのウィッシュロール(2d+4)
→ SwordWorld2.5 (2D6+4) → 4[2、2]+4 → 8
システム:バリーさんの選択肢1ロール(2d+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 10[6、4]+6 → 16
lennon:(器用低いからごめんね。)
システム:シルファ・ベルフラワーさんの冒険者知力ロール(2d+5+1)
→ SwordWorld2.5 (2D6+5+1) → 7[4、3]+5+1 → 13
lennon:(倍にすると22でした)
アイリス・ハーヴェス:十分ですよ!
システム:レイスト・メディウムさんの選択肢1ロール(2d6+6)
→ SwordWorld2.5 (2D6+6) → 7[5、2]+6 → 13
システム:リジーさんのマギテ器用ロール(2d6+2+3)
→ SwordWorld2.5 (2D6+2+3) → 5[1、4]+2+3 → 10
リジー:倍になるなら20かな
アイリス・ハーヴェス:・・・合計101!!!
レイスト・メディウム:お、切りいったか
アイリス・ハーヴェス:落下していた船は着水する土壇場で制御を取り戻す
リジー:あぶないあぶない
lennon:(よかったね)
ラナタス:よかった
アイリス・ハーヴェス:さて皆さんはなんとか船を制御し無事たどり着いた皆さんは無事依頼を完了する
lennon:「うお、危なかった!」
アイリス・ハーヴェス:文章おかしいsry
アイリス・ハーヴェス:「ふぅ、色々あったけどあなた達のおかげで助かったわ。追加で報酬もわたすn・・・」
バリー:「何とか終えましたね」
《並木亭》カイル・キース:「ふむ、報酬も大切だが君はもう少し自分の立場というものを理解した方がいいのではないかな?ん?」アイアンクロー
シルファ・ベルフラワー:「いやぁ一時はどうなることかと思いましたがー、無事で何よりですね」
アイリス・ハーヴェス: 「いたいいたいいたい!!!私一応王女なんだけど!!!?」
レイスト・メディウム:「あ、そういえばあとで説教があると伝え忘れていたな」 小声
GM/Bashi:ww
lennon:「うん、初めて船操縦したよ!楽しかった!」
lennon:緊張感のない。
シルファ・ベルフラワー:「ですねぇ、私も一回忠告したんですけど・・・あれ、してなかった気もしますね」
GM/Bashi:はい、ということで《並木亭》2話 「護衛対象は・・・」を終了します!!
ラナタス:お疲れ様でしたー
バリー:お疲れ様でした。ありがとうございました。
シルファ・ベルフラワー:おつかれさまでしたー
GM/Bashi:報酬まとめるので RPなどしてまっててください!
lennon:お疲れ様でした!ありがとうございました!
レイスト・メディウム:お疲れ様でしたー
リジー:おつかれさまでした
lennon:「姫様も無事でよかった!」
レイスト・メディウム:「まあ、飛行船に乗ったことも、お姫様の誕生日パーティに参加できたのも貴重なことだ。いい依頼だった」
バリー:「全員揃って戻る事が出来て良かったです」
シルファ・ベルフラワー:「私はもうちょっと魔力面どうにかしたほうがよさそうですねぇ・・・まだまだ力不足です」
リジー:「私、機関部の見学がしたいのですが、姫様、機関部に入ってもよろしいですか?」
ラナタス:「本当に、考え付くかぎり今までで最高にむさくるしい相手でしたわ」
GM/Bashi:あ、今回は剣のかけらをもつ敵いなかったですけど王女様の護衛を完璧にしたということで名誉点30です
バリー:おお
lennon:「本当に楽しいだった!武器壊しちゃったけど!」
シルファ・ベルフラワー:「えぇ、もう筋肉はしばらく見たくないですねぇ。暑苦しいことこの上ない」
lennon:(それはありがたい)
シルファ・ベルフラワー:めいよてんわーい
lennon:「そうなの?そっちの筋肉もかっこいいと思うよ!」
GM/Bashi:メモ5にまとめました!
GM/Bashi:成長は3回なので各自今のうちにお願いします!
lennon:「僕もいつああなりたいな…」(ダメだよお願い(PLの声)
レイスト・メディウム:剣欠けじゃなくてこういう形の名誉点はなんか嬉しい!
GM/Bashi:よかったです!!
ラナタス:ありがとうございます
システム:バリーさんのロール(3 gr)
→ 1回目: SwordWorld2.5 [5、4]->(知力 or 生命力)
→ 2回目: SwordWorld2.5 [1、4]->(器用度 or 生命力)
→ 3回目: SwordWorld2.5 [5、3]->(知力 or 筋力)
システム:シルファ・ベルフラワーさんのロール(3 gr)
→ 1回目: SwordWorld2.5 [3、1]->(筋力 or 器用度)
→ 2回目: SwordWorld2.5 [4、4]->(生命力)
→ 3回目: SwordWorld2.5 [3、1]->(筋力 or 器用度)
システム:lennonさんのロール(gr3)
→ SwordWorld2.5 [1、2]->(器用度 or 敏捷度) | [4、3]->(生命力 or 筋力) | [5、3]->(知力 or 筋力)
ラナタス:3gr
レイスト・メディウム:3gr 成長
システム:ラナタスさんのロール(3 gr)
→ 1回目: SwordWorld2.5 [4、3]->(生命力 or 筋力)
→ 2回目: SwordWorld2.5 [4、1]->(生命力 or 器用度)
→ 3回目: SwordWorld2.5 [4、5]->(生命力 or 知力)
システム:リジーさんのロール(gr3)
→ SwordWorld2.5 [2、3]->(敏捷度 or 筋力) | [2、3]->(敏捷度 or 筋力) | [3、1]->(筋力 or 器用度)
システム:レイスト・メディウムさんの成長ロール(3 gr)
→ 1回目: SwordWorld2.5 [5、6]->(知力 or 精神力)
→ 2回目: SwordWorld2.5 [5、3]->(知力 or 筋力)
→ 3回目: SwordWorld2.5 [5、2]->(知力 or 敏捷度)
GM/Bashi:次のセッションも冒険者レベル4を上限にする予定なのでそこだけご理解お願いします!
リジー:敏捷、敏捷、器用
lennon:敏捷、筋力、知力にします。
シルファ・ベルフラワー:筋力 生命 筋力
バリー:生命力2、筋力1で。
GM/Bashi:次回セッションは明後日(明日)の火曜日、20時を予定してますのでよければまたご参加ください
ラナタス:次は無理かなー
シルファ・ベルフラワー:はーい
レイスト・メディウム:精神、筋力、敏捷で
lennon:次回は運が悪く予定かばった…
GM/Bashi:今回のセッションのコンセプトは乱戦の拡大と国へのパイプつなぎです!名誉点は実は途中の発相・・・
GM/Bashi:拡大→確認
lennon:まあこれから予定調整してできる限りいっぱい参加しますね。
GM/Bashi:投げとガンの使い方に関してはGMの想定の上をいかれましたね・・・
レイスト・メディウム:ではお疲れ様でしたー
GM/Bashi:はい。ぜひご参加ください!!
バリー:okです
システム:白猫さんが、退室しました。
GM/Bashi:お疲れさまでした!リプレイはすぐに上げておきます!よければコミュニティの方も確認ください!
シルファ・ベルフラワー:皆さまおつかれさまでした~
システム:あすかさんが、退室しました。
システム:Bashiさんが、退室しました。
lennon:ピンゾロ二回は全員に経験値100点?
システム:Bashiさんが、入室しました。
バリー:では失礼します。おやすみなさい
lennon:おやすみなさいませ
ラナタス:はい、お疲れ様です
システム:アイ・オウさんが、退室しました。
システム:マットさんが、退室しました。
リジー:おつかれさまでしたー
システム:Bashiさんが、退室しました。

 いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。